...

Cancer Pain Assessmentツールの臨床への普及

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

Cancer Pain Assessmentツールの臨床への普及
沖縄県立看護大学紀要第14号(2013年3月)
原著
Cancer Pain Assessmentツールの臨床への普及プロセス
吉澤 龍太1 神里 みどり2
【目的】WHOラダーに準じた疼痛緩和のプロセスを行うために、A病院に適したCancer Pain Assessmentツール
(以下CPAツール)を作成し、臨床で活用していく中で、どのように普及していくかというプロセスを明らかにす
ることを目的とした。
【方法】がん患者が入院する3病棟の看護師を対象として、研究者がガイドラインなどを参照に作成したCPAツー
ルを臨床に導入し、3カ月のフォローアップを行い、期間中の看護師との関わりを参与観察した。また導入後、計
9名の看護師に対して、半構成的面接法を行った。それらのデータを元に質的帰納的分析を行った。
【結果】抽出された8つのカテゴリーはツールの普及状況を表す4つの時期に分けられた。普及準備期では〈看護師
を含む多職種へのCPAツールの広報不足〉〈CPAツールの使用方法の不統一と戸惑い〉という問題があった。普及
促進期では、〈CPAツールを普及させるための病棟での取り組み〉が行われた。普及分岐点ではCPAツールが普及
した病棟では〈看護師が使用して感じたCPAツールの有用性の実感〉があり、普及しなかった病棟では〈CPAツ
ールの有用性を実感できなかった背景〉があった。浸透期では〈CPAツールの活用で生じた症状コントロールに
対する看護師の意識と行動の変化〉と〈看護師が使用して感じた患者にとってのCPAツールの有用性〉がみられ
た。継続・発展への課題では〈CPAツールの活用を継続していくための教育の必要性〉が明らかになった。
【結論】CPAツールが病棟へ普及していくプロセスは、リーダーやリンクナースなどの推進力となるスタッフとの
協働、CPAツールを効果的に活用するための病棟システムの調整やツールの簡便性への工夫が必要であり、看護
師がCPAツールを活用して臨床の中で意義あるものとして有用性を実感することが重要なプロセスであった。
キーワード:アセスメントツール、がん性疼痛、Translational Research
本におけるWHOラダーの認識度調査では、看護師
Ⅰ.はじめに
我が国の優先すべき健康問題とされているがん
も含めた医療従事者への認識度が低いことが報告
によって、多くの患者が身体だけでなく、心理社
さ れ て い る 4,5)。 ま た 、 一 般 的 に 知 ら れ て い る
会面、スピリチュアルな痛みに苦しんでいると言
WHOラダーは基本的に効果の弱い鎮痛薬から投与
われている 1)。その中で、がん性疼痛は持続する
し、段階的に弱オピオイド、強オピオイドへと変
痛みのため、がん患者のQOLを著しく低下させる
更していくこと、NSAIDsとオピオイドは併用であ
2)。そのため、痛みの症状は迅速、また適切な対
ることが望ましいことが言われている。しかし、
処が必要とされている。その対処法として、1982
実際の臨床においてオピオイドの調整は、WHOラ
年に発表された「WHO方式がん疼痛治療法」(以
ダーによる方略がそのまま当てはまるわけではな
下、WHOラダー)は、がん性疼痛を70~90%除痛
く、基本的な方略としたうえで、患者の個別性を
する方法であり、臨床試験で実証されたガイドラ
捉えたアセスメントと慎重な薬剤調整が必要とさ
インとして世界中に普及している 3)。しかし、日
れている。しかし、甲斐 6)らの急性の痛みを伴う
患者のアセスメント過程を明らかにした研究では、
1 独立行政法人 那覇市病院
一連のアセスメント過程に要する時間が約30分で
2 沖縄県立看護大学
−13−
吉澤龍太:Cancer Pain Assessmentツールの臨床への普及プロセス
あったと述べられている。このことから、WHOラ
ツールやガイドラインを臨床に普及させることを
ダーはそのエビデンスが実証されているガイドラ
目的としたTranslational Researchの必要性があっ
インでありながら、臨床で効果的に活用するには
たが、我が国において、褥瘡ケアや小児の疼痛緩
正確かつ熟考されたアセスメントが求められ、業
和でしか行われていない現状である。そこで本研
務過多な臨床で日常的に活用するには困難と言え
究では、成人がん患者のがん性疼痛へのケアを主
る。
体としたTranslational Researchを行った。
本研究のフィールドであるA病院においても、
研究目的
看護師または医師にWHOラダーが周知されている
WHOラダーに準じた疼痛緩和のプロセスを行う
とはいえず、独自の判断で薬剤が使用されている
ためのがん性疼痛アセスメントツールやガイドラ
現状である。また臨床において、患者一人ひとり
インを作成し、臨床現場へ導入していくことで、
から痛みの情報を収集し、アセスメントを行い、
A病院に適したツールとして普及していくプロセ
鎮痛薬を調整したりと、これらのことを多忙な業
スを明らかにすることである。
務内で行うのは困難な現状である。実際にWHOラ
ダーのようなEvidence-Based Practice(以下、EBP)
Ⅱ.研究方法
の実践を妨げる要因に「時間が足りない」ことも
1.研究デザイン
要因とされている7,8)。
Translational ResearchをTitler15)は、ヘルスケア
このような現状において、効果的な疼痛緩和を
において、個人や組織による臨床的決定を向上さ
行うため、看護師は患者の痛みについて正確なア
せるために、EBPの実行に影響する方略、介入、
セスメントとWHOラダーに準じた薬剤調整を一連
変数を明らかにすることであり、さらにEBPの実
のプロセスで行う必要があり、この一連のプロセ
行を促進、維持する介入の効果を検証することも
スを臨床の全ての看護師が簡便に、同じレベルで
含むと定義している。
実施するために、がん性疼痛のアセスメントツー
本研究では、その効果が実証されている痛みア
ルやWHOラダーに準じたガイドラインを臨床現場
セスメントシート、ガイドラインを基に研究者が、
で有効に活用できる介入が必要であると考えた。
臨床において看護師が活用できるようツールとし
実際に、小児のがん患者を対象にした有田 9)や笹
て作成し、簡便でより有効なものへと修正を繰り
木 10)の研究では、痛みアセスメントツールを用い
返す。これにより、ツールを臨床に普及させ、疼
ることで、患者の痛みは軽減し、患者・家族の満
痛緩和を行っていくプロセスを明らかにすること
足度を高めることが明らかにされている。
で、ツールの活用に影響する要素とその効果を検
証することである。
しかし、我が国ではツールを用いた痛みのアセ
スメントに関して多くの研究がされており 11-14)、
様々な痛みのアセスメントシートが開発されてい
2.研究対象
るが、それらのほとんどがアセスメントから薬剤
1)研究場所
調整までを一連のプロセスとしてつなげられる内
研究者が勤務するA病院のがん患者が入院して
容のツールではない。そのため、臨床の看護師が
いる外科病棟と2つの内科病棟の計3病棟で実施し
痛みのアセスメントを行った後に円滑に薬剤調整
た。A病院は沖縄県における二次救急医療機関で
が実践できるよう、ガイドラインを基としたツー
あり、また同時に地域がん診療連携拠点病院とし
ルの必要性が考えられた。
ての役割をもつ。
これらのことから、がん性疼痛のアセスメント
2)研究期間
−14−
沖縄県立看護大学紀要第14号(2013年3月)
医と連携して疼痛緩和を行っていくためのガイド
研究期間は準備期間と導入期間を含み、平成22
年6月~平成22年10月末までの約5カ月間であった。
ラインである。
ガイドラインは米国のNational Comprehensive
Cancer Network(以下NCCN) 19,20)やがん性疼痛
3)研究参加者
外科病棟、内科2病棟の計3病棟へのフォローア
治療ガイドライン 18)を参考にした。NCCNガイド
ップ期間では、研究者が病棟ラウンドを行う日に
ラインを選択した理由は、WHOラダーは痛みの強
勤務している看護師の中の約2~3名を対象とし、
さによる鎮痛薬の選択ならびに鎮痛薬の段階的な
フォローアップ終了後に各病棟の看護師長と2名の
使用法を示しており、NCCNガイドラインは痛み
看護師の計9名にインタビューを行った。
を数値化することでWHOラダーが示している使用
法をより詳細に明記しているからである。ガイド
3.Cancer Pain Assessmentツールの内容
ラインはフローチャート形式となっており、痛み
1)痛みアセスメントシート(図1)
の数値を軽度(1~3)、中等度(4~6)、重度(7~10)
痛みの部位、性質、強度と痛みによる睡眠障害
の3段階に分類され、鎮痛剤の最高血中濃度に達す
の有無、痛み増強の有無、痛みに対する患者の思
る時間で適切な痛みの評価が行われるようになっ
いや対応方法を確認する内容となっている。痛み
ている。さらに、神経障害性疼痛を予測するため
の性質は稲垣ら 16)の先行研究や短縮版McGill痛み
に、痛みアセスメントシートの項目で判断できる
質問票(日本語版) 17)を参考にした。痛みの強度
ようフローチャートに追加した。
はガイドライン 18) からNumeric Raring Scale、
この「ガイドライン・フローチャート」と前述
Verbal Rating Scale、Wong-Baker Face Scaleの臨
した「痛みアセスメントシート」の2つを総称して、
床ですでに普及している痛みの強度を測定する3つ
Cancer Pain Assessment(がん性疼痛アセスメン
のスケールを合わせたものを作成した。WHOのが
ト)ツールとし、本文中ではCPAツールと名称す
ん疼痛治療の目標である3段階を参考にして、痛み
る。
の強度を安静時の痛みと体動時の痛みの2つの項目
にし、睡眠障害の有無の項目を加えた。
4.CPAツール導入の流れ
この痛みアセスメントシートは患者自身による
1)ツールを臨床で活用するにあたり、A病院の緩
自己記入を基本とするため、対象となる患者は意
和ケアチームに属する医師や薬剤師によって、
識障害や精神疾患のない成人のがん患者とした。
CPAツールの信頼性について確認した。
記入方法はチェックシート方式で簡便性を重視し、
2)CPAツールを各病棟から選出された看護師によ
記入時間は約5分程度であった。痛みアセスメント
って構成されている緩和ケア委員会で検討し、修
シートに記入した内容を、看護師が電子カルテに
正を行った。緩和ケア委員会に属する各病棟の看
簡便に取り込めるよう、研究者が作成したEXCEL
護師にはリンクナースとしての役割を依頼した。
チャートへ入力することとした。
3)CPAツール導入前、研究者が各病棟の看護師を
2)ガイドライン・フローチャート(図2)
対象に、がん性疼痛アセスメントとWHOラダーの
痛みアセスメントシートで得られた情報から、
疼痛緩和に向けたアセスメントと薬剤調整の指標
必要性についての約30分間のミニレクチャーを計3
回実施した。
となることを目的としている。ペインスケールに
また7月下旬、対象となる看護師と院内の医師を
よって痛みを定量化し、その数値からフローチャ
含む他職種を対象とした講義を、院外の緩和ケア
ートに沿って看護師がアセスメントを行い、主治
専門医師を講師として招聘して、WHOラダーとオ
−15−
吉澤龍太:Cancer Pain Assessmentツールの臨床への普及プロセス
−16−
沖縄県立看護大学紀要第14号(2013年3月)
ピオイド・鎮痛補助薬の使用方法についての講義
1)病棟ラウンドでの参与観察
研究者はCPAツール導入期間中、各病棟にラウ
を行った。講義時間は約90分間であった。
ンドを行い、その際、看護師との関わりの中で、
4)CPAツール導入1~2週間前に、各病棟に研究者
看護師の意識や行動の変化、CPAツールへの評価
がおもむき、約15分で研究の目的と内容、ツール
や意見をフィールドノートに記録した。ラウンド
導入の説明を行い、代表者として病棟の看護師長
をする時間帯はケア業務が集中する午前を避け、
に口頭と書面で研究参加の同意を得た。研究の協
14時から16時の間に各病棟約20~30分間であった。
力依頼とCPAツールのオリエンテーションは各病
2)CPAツール導入の対象となった各病棟の看護
棟で計2回実施した。
師への半構成的インタビュー
5)CPAツールを導入してから1か月は週2回、導
インタビューは、CPAツールが導入された3病棟
入後2~3か月間は週1回、病棟ラウンドを研究者が
の看護師、計9名を対象に行った。対象となる看護
行い、CPAツールの評価やアセスメントへのフォ
師は、看護師長に複数の候補者の選定を依頼し、
ローアップを行いながら、参与観察法でインフォ
その中から、幅広い意見が得られるよう経験年数
ーマルにデータ収集を行った。
やCPAツール活用に取り組む姿勢から研究者が決
6)CPAツール導入後の3ヶ月目上旬から中旬にか
定した。また各病棟の看護師長も管理者としての
けてインタビューを行った。緩和ケア委員会で、
研究への取組みやスタッフとは異なる視点からの
CPAツール導入の対象となった各病棟の看護師か
評価を聞くため、インタビュー対象者として依頼
ら、ツールを使用して疼痛緩和が図れた症例報告
した。インタビューの場所はプライバシーが守ら
会が行なわれた。
れる個室で行い、対象者が負担にならないよう約
30分以内で行った。インタビューの内容は半構成
的面接法で行った。面接内容は録音し、録音を拒
5.データ収集
図2 ガイドライン・フローチャート
−17−
吉澤龍太:Cancer Pain Assessmentツールの臨床への普及プロセス
否した対象者は許可を得て、面接中にフィールド
ノートに記録した。収集したデータを逐語録に作
7.倫理的配慮
成し質的帰納的に分析を行った。
対象者に対し、研究の参加・不参加は自由であ
ること、インタビュー中いつでも不参加を申し出
6.データ分析
ることができること、得られた情報は研究者以外
1)質的帰納的分析
に流出しないよう保管すること、情報は個人が特
対象病棟でのインタビューと病棟ラウンドの際
定されないようコード化することを説明し、同意
の参与観察から得られたデータは質的帰納的に分
を得た。本研究は沖縄県立看護大学倫理審査委員
析を行った。
会の承認を得た。
(1) 逐語禄から、CPAツールが臨床でどのような
効果をもたらしたか、また看護師によるCPAツー
Ⅲ.結果
ルの評価などをテーマとして内容を抜粋、要約し
1.対象者の基本的属性
イ ン タ ビ ュ ー 対 象 者 の 基 本 的 属 性 は 男 性 1名
た。これらのデータで類似しているものをまとめ、
サブカテゴリーを抽出した。
(11.1%)、女性8名(89.9%)の計9名であった。そ
(2) 抽出したサブカテゴリーから、CPAツールの
のうち3名が看護師長で1名が主任、5名がスタッフ
導入以前の問題や現状、経時的な変化や背景、今
の職位であった。平均経験年数は13±9.9年(範
後の課題を明らかにしながら抽象度を上げ、更に
囲:3-30)であった。インタビューは各対象者1回
同様のプロセスでカテゴリー化を行った。
ずつ、要した時間は平均で23分であった。
(3) 真実性の確保は、がん看護に精通した大学教
対象となった病棟は、外科病棟、呼吸器・消化
員や大学院生と逐語録やカテゴリーのピアレビュ
器内科病棟、血液内科病棟で、各病棟の在院日数
ーを行い、スーパーバイズを受けた。
は約11日間、約16日間、約32日間であった。
−18−
沖縄県立看護大学紀要第14号(2013年3月)
ーはそれぞれが個別なものではなく、時間の経過
2.臨床でのCPAツール普及状況のプロセス(表1、
と共に影響しあい、進行している傾向があったた
図3)
め、時期によって場面を分けて示した。時期は
CPAツールの普及状態と対象となった病棟の看
CPAツールの普及状況を表す内容で、CPAツール
護師の変化を述べる。
を導入した直後の普及準備期、普及するための取
以下、カテゴリーは【 】で、サブカテゴリー
り組みが行なわれた普及促進期、各病棟の普及状
は《 》で、具体例を「 」で示した。カテゴリ
況に違いがみられた普及分岐点、CPAツールが普
表1 看護師の有用性の実感に伴うCPAツールの普及状況プロセス
−19−
吉澤龍太:Cancer Pain Assessmentツールの臨床への普及プロセス
及した病棟で看護師からCPAツールの有用性の実
「うちができるのはフローチャートをまずはド
感がみられた浸透期、また今後の課題を表した継
クターの目のつく所に、(ナースステーションの)
続・発展への課題として分類した。ここでは、8つ
テーブルの上にドカンと大きいのを(A3サイズ)
のカテゴリーと19のサブカテゴリーが明らかにな
いつも置いている。これ(フローチャート)はず
った。
っと置いとく。わかってくれるまで、置いとく。」
1)普及準備期(8月上旬)
導入前に各病棟2回ずつ、CPAツールの使用方法
「アセスメントシートとかあって、(病棟で)火
のオリエンテーションを実施したが、各病棟で共
曜日に痛みの評価をしましょうって決めたので、
通して、CPAツールを認識していない、または認
そうやって決められていると、やらないとってい
識しているが使用していないという《病棟看護師
うのがあるので、ちゃんと時間を作ってゆっくり
へのCPAツールの認識不足》がみられ、また薬剤
痛みについて話すことができた気がします。」
を処方する医師も認識していない《医師へのCPA
ツール周知不足》という現状であった。この現状
「IさんとかAさんとかも(緩和ケア委員会メン
から【看護師を含む多職種へのCPAツールの広報
バー)結構、積極的に皆に言ってくれているので、
不足】という問題が明らかになった。またCPAツ
定期的に、あと掲示板とかにも残してくれたりと
ールを認識している看護師でも、対象者がわから
か、なんか、痛みの評価ありますとか掲示板に入
ない、使用方法が看護師間で一致していないとい
っていると、朝来て受け持ちで見て、あ~あるん
う《対象となる患者の不特定とCPAツール活用の
だな~って、多分それもあると思います‥中略‥
未熟性》がみられ、【CPAツールの使用方法の不統
実際、今日やってねって、こんなやってやるんだ
一と戸惑い】が明らかになった。
よって教えてくれる人がいないと、多分なんかち
「え?(ツールのことを)聞いていないけど、
ゃんとできないのかなって・・・何か、頼りにな
ります。
(緩和ケア委員会メンバーが)いるだけで、
なんだろう?まだ見てないはず・・・」
多分違うと思います。」
「誰が対象者かわからない。入院患者全員にこ
のアセスメントシートを取るの?」
3)普及分岐点(8月中旬~9月中旬)
徐々にCPAツールが病棟へ普及してくると、臨
2)普及促進期(8月中旬)
看護師や医師へCPAツールが認識されていない、
床の場において、【看護師が使用して感じたCPAツ
使用法が統一されないという状況の中でも、看護
ールの有用性の実感】が現れた。それは患者に痛
師長を中心として【CPAツールを普及させるため
みアセスメントシートを用いることがきっかけと
の病棟での取り組み】が行なわれていた。それは
なり、《患者とのコミュニケーションツールとし
《CPAツールをアピールすることによる看護師や
ての有用性の実感》であったり、痛みアセスメン
医師への意識づけ》から始まり、各病棟が自発的
トシートが看護師間で情報を共有するツールとし
に《CPAツールを有効に使用するための病棟シス
て《情報収集や情報の共有におけるCPAツールの
テムの調整》をする場面がみられた。このような
有用性の実感》がみられた。また、ガイドライ
取り組みをスムーズに進めることができた背景に
ン・フローチャートは《ケアの指標としてのCPA
は、緩和ケア委員会メンバーや経験年数が豊富な
ツールの有用性の実感》をもたらし、痛みアセス
看護師などによる《CPAツールの活用を促進する
メントシートの記入の簡便さやEXCELチャートを
リンクナースの存在》が重要な役割を担っていた。
用いて記録の重複を避ける工夫は《臨床で使用す
−20−
沖縄県立看護大学紀要第14号(2013年3月)
る際の簡便性の実感》をもたらした。
役割不足》《看護師が実感できなかったCPAツー
ル活用の必要性》が挙げられた。それらは【CPA
「やっぱり痛みとか、がんっていうのを切り込
むのって、意外とこの人に触れていいのかなって
ツールの有用性を実感できなかった背景】として、
思ったりしてる‥中略‥今、実はこういうアセス
CPAツールが普及しない具体的な要因として明ら
メントシートを使っているんで、ちょっとお話聞
かになった。
かせてもらえませんかって言って、なんかきっか
「痛みアセスメントシートの使用と評価が定着
けになったりしますね。こういう物差しでうちは
しないのは、カンファレンスがないから。通常は、
やってるんですけどって言って・・・」
カンファレンスへつなげるために、患者を評価す
る。そのカンファレンスがないため、病棟看護師
「看護師には直接言わないけど、(痛みアセスメ
の患者への問題意識が薄いのではないかと思う。
ントシートを)書かせたら痛みがあったと初めて
○○さんは患者の声を聞いているが、その内容を
わかったことがある。
(痛みアセスメントシートは)
他のスタッフと共有し、ケアに活かすことができ
必要かなと思いました」
ていないと思う。」
「あの表(ガイドライン・フローチャート)とか見
「どっかの病棟は(再評価を)週一でやってい
て、痛み止めとか必要だったりするときは、先生
るって言っていて・・・そういう評価をしないか
には相談しやすくなった。チームで見て、あ、じ
ら結局、1回(痛みアセスメントシートを)とっ
ゃあ先生にあの表を(ガイドライン・フローチャ
て、終りになってしまっているのが病棟の現実だ
ート)持って行って、実際にこんなやっているん
と思うので・・・もし経過的に評価してみていく
ですけどって、先生にその場(看護師のチームカ
のであれば、
(再評価する)曜日をつけたりだとか、
ンファレンス)に入ってきてくれたことがありま
受け持ちがちゃんと評価をするっていう形で持っ
す。」
ていくなりしないと継続することは絶対に無理だ
と思います・・・だって、私もやりましたけど、
「このアセスメントシートは、前にも出てたん
その後誰もやっていないと思います。」
ですけど、毎回やらなくてもいいっていうことで、
痛みの種類が変わった時に口頭で聞いて、
(EXCELチャートに)入力すればいいっていうこ
「患者の問題を提示する要となる人がいなかっ
た。だから、評価が継続しない。」
とで、必ずこのシートを使わなくてもいいってい
うことで、できるだけ紙は利便性を考えたら、で
「自分はペインスケールは好きじゃない。ペイ
きるだけ無くして、本人たちがこなしていけば、
ンスケールを使用することに納得できない。人に
これでいいのかなって思います。」
よって痛みの程度や感じ方は違うし、例えば、老
人とかはうまく評価することもできない。ペイン
効果的にCPAツールが普及した病棟では、看護
スケールを使うことよりも、看護師が患者個人を
師の行動にいくつかの変化やCPAツールの有用性
見て評価することが必要なのではないかと思う。
への実感がみられたが、反対にCPAツールの普及
痛みは数字で表すものではないと思う。評価する
が困難だった病棟もあった。その背景には《CPA
ことで痛みを表せるのか、また数字で患者の内面
ツールを用いての情報共有へのカンファレンス不
までみることができるのか疑問を感じている…中
足》《継続しない記録や評価》《リンクナースの
略…アセスメントシートがないと患者の痛みの声
−21−
吉澤龍太:Cancer Pain Assessmentツールの臨床への普及プロセス
が聞けないの?看護師が患者の本質、その人自身
思ったりとかもして、それってどうしたらいいん
を見ないと、いけないんじゃないの?」
ですか?なんだろ・・・倦怠感とか、問診をとり
ながら、痛くはないんだけどみたいな、ただだる
くてって、これってとれるの?とかって、言われ
4)浸透期(9月中旬~10月)
た時とか・・・」
看護師がCPAツールの有用性を感じていると、
それは直接、患者へのケアにも影響がみられた。
看護師がCPAツールの有用性を実感し、実際に
痛みについて以前は漫然とスケールを確認してい
臨床現場での意識と行動が変化することで、患者
たが、《看護師の疼痛コントロールに対する意識
からの良好な反応を感じ取ることができるように
と行動の変化》がみられ、CPAツールを使用しな
なった。「アセスメントシートを使用することで、
がら積極的に痛みをコントロールするよう働きか
患者も看てくれているんだなって、喜んでいます」
けるようになった。痛みについてコントロールが
と、以前よりも患者の痛みの声を聞くことができ、
できるようになると、看護師は痛み以外の症状に
《CPAツールによる患者と医療者との痛みの共
も視点が向けられるようになった。「呼吸苦や倦怠
有》へとつながっていた。また看護師長は、ラウ
感を訴える人も多くて、どうしたらって思うよう
ンドしていると以前に比べ、「痛みに苦しむ人が少
になった」と《痛み以外の症状に対するケアの必
なくなってきた」と実感していた。CPAツールを
要性についての意識の向上》がみられ、これらの
使用することで、《疼痛緩和へつなげられた看護
意識と行動は【CPAツールの活用で生じた症状コ
師の実感》となり【看護師が使用して感じた患者
ントロールに対する看護師の意識と行動の変化】
にとってのCPAツールの有用性】が感じられるよ
として見られるようになった。
うになっていた。
「今まで皆、ペインスケールまでは見ていたん
「これやることで患者さんとかも見てくれてい
ですよ。でもペインスケールを見て、次の行動の
るんだなって分かるみたいで、今いますけど、一
どこに目をつけたらいいのか、がわかっていなか
人使っている人が・・・ちょっと難しい人なの
ったので、次の段階、(ガイドライン・フローチャ
で・・・でも、結構喜んで、結構喋ってくれてい
ートの痛みの評価から、医師への報告まで)目の
るみたい、って言っていました。」
付けどころが見えてますよね…中略…スケール表
は6なのに、そこから先が動けない私たちが、経験
「(痛みがコントロールできたことで)表情が変
年数でね。今はそうじゃない、新人看護師が確実
わったのは驚きましたよ。あ、この人こんな風な
に動いていますからね、これ(ガイドライン・フ
穏やかな表情があるんだ~、ずっと眉間が寄って
ローチャート)を見て。」
いて、いつも私たちに当たっていたのですけ
ど・・・先生には痛みを言わないで我慢してて、
「あと痛みと呼吸苦だったり、あと倦怠感とか
で、ナース皆に当たって、あんまり笑ったりとか、
って評価がよくわからなくって、結構、痛みでは
ありがとうとか言わなかったんですけど、
(患者が)
ないけど、倦怠感として訴える人も多いなってと
動けるようになりましたって・・・」
いうのもあって、それはどうしたらいいんだろう
5)継続・発展への課題
って、このアセスメントシートを通して思うよう
看護師長を始め、看護師もCPAツールの有用性
になった。‥中略‥で、そういう時にはまたどう
しようかなとか、どうしたらいいのかなとかって、
−22−
を感じ始めたが、今後も継続的に活用していくた
沖縄県立看護大学紀要第14号(2013年3月)
めに、必要としていることは看護師への教育であ
組み】では、看護師長とリンクナースが中心とな
った。「定期的なスタッフの教育とCPAツールの説
り、医療者へのCPAツールのアピールや活用しや
明、モデル患者を使用した予行演習があればいい
すいようなシステムの調整などCPAツール導入の
と思う」など《事例を用いた継続的な教育プログ
ための様々な取り組みを行っており、導入を促進
ラムの必要性》が聞かれ、それは【CPAツールの
する大きな要因であったと考える。Titlerら21)が述
活用を継続していくための教育の必要性】として
べるように、リーダーやリンクナース達の取り組
明らかになった。
みが、看護師によるツールの活用という行動の変
「でも勉強会あったら参加したい。‥中略‥やっぱ
容に、効果的に作用していったと考える。濱田ら22)
り触らなくなる(勉強会に参加しない)とわから
も、ツール導入後、研究者がケア効果の共有とそ
なくなるし、しょっちゅう触っている(勉強会に
の評価を看護師に伝達しながら、推進力となるス
参加する)とこういう意識づけはあるし・・・定
タッフを支援することの重要性を述べている。
期的にあったほうが、まあ多すぎてもまた多分大
CPAツールが普及した病棟の特徴として、【看護
変だと思うかもしれないけど、ただ短時間とかで
師が使用して感じたCPAツールの有用性の実感】
あればいいかもと思う。」
がみられた。看護師は実際の業務で活用するうえ
で、統一した視点での情報収集とアセスメントを
Ⅳ.考察
行い、薬剤の調整や医師との連携を行うという一
1.CPAツール普及の促進要因
連の過程において看護師自身の行動が疼痛緩和へ
CPAツールの導入直後に直面した問題では、【看
つながっていると意識することができたと考える。
護師を含む多職種へのCPAツールの広報不足】と
有田9)の研究でも、看護師がツールを活用するこ
【CPAツールの使用方法の不統一と戸惑い】がみら
とで、患者の疼痛緩和につながっていると実感で
れた。導入前に講義の実施やオリエンテーション
き、ケアを継続するための力や自信につながって
を実施していたにも関わらず、看護師間でCPAツ
いくことを明らかにしている。このように、CPA
ールを認識されていない現状があった。準備期間
ツールの活用が効果的なケアへとつながるという
が1か月と短い期間であったことが原因であると
有用性の実感が成功体験となり、看護師のケアへ
考えられる。ツールの存在や使用方法をスタッフ
の意識向上を導くと考える。また、この期間にみ
に認識されることは、ツールを活用するうえでの
られたCPAツールの簡便性も導入における重要な
重要要素である。Titlerら21)もケア提供者がそれぞ
要素である。CPAツールを活用するために、業務
れの臨床現場において、研究結果に裏付けされた
の負担が増加する、また時間がかかると、看護師
ツールを使用するには、そのツールの知識と技術
はCPAツールを使用しなくなる恐れがある。その
を持つことが重要であると述べている。そのため
ため、本研究においてCPAツールは簡便性を重視
には、ツールを使用するスタッフへの教育、看護
して、短時間で活用できるように作成したことが
師長やリンクナースの活用、またコンサルテーシ
効果的であったと考える。濱田ら 22)も研究におい
ョンを通しての伝達、ポスターなど視覚的な広報
て、開発されたエビデンスに基づくツールをその
も方法の一つとして述べている。CPAツール導入
まま臨床で当てはめるのではなく、原理原則を大
までには、充分な準備期間を確保し、これらの方
事にしながら、臨床に適する形で使いやすいツー
法を組み合わせたCPAツールの広報が必要である
ルにするため、可能な範囲でスタッフと共に修正
と考える。
することが必要と述べられている。
【CPAツールを普及させるための病棟での取り
これらのことから、CAPツールが病棟へ普及す
−23−
吉澤龍太:Cancer Pain Assessmentツールの臨床への普及プロセス
る促進要因には、スッタフに認識されるよう充分
自信を持ち、疼痛緩和への意識を高めたと考える。
な広報と情報提供、管理者・リンクナースなどの
松岡ら23)の研究においても、痛みのアセスメント
推進力となるスタッフとの協働、成功体験による
ツールを導入したことで、看護師が実践の場でそ
CPAツールの有用性の実感、CPAツールの簡便性
の効果を体験し、患者や家族、看護師間で効果を
が重要であると考える。
共有することが知識的側面での変化の強化につな
がったと述べている。疼痛以外の症状に対する意
識は、このような積極的な疼痛緩和を行うことで、
2.CPAツール普及の阻害要因
CPAツールが普及しなかった病棟の特徴には、
【ツールの有用性を実感できなかった背景】がみら
患者にとっても優先すべき問題であった痛みが解
消され、患者や看護師が共に痛み以外の症状に視
れた。CPAツールを用いたカンファレンスがなく、
野を広げることができたと考える。つまり、CPA
痛みについての評価や記録が単発的であることは、
ツールを導入したことで、ある程度の疼痛緩和の
看護師間での連帯感を生まず、CPAツールを活用
効果があったと評価できる結果であったと考える。
しても、その後ケアが継続しないことが考えられ
また同時に痛みアセスメントシートを用いての患
る。有田9)の研究でも、実際にツールを活用して
者からの詳細な問診は、看護師の聴くという姿勢
もタイムリーなカンファレンスが行われず、効果
を形成し、患者の潜在していた、倦怠感など疼痛
的な緩和ケアにつながっていかない場面があり、
以外の問題を表出しやすい環境作りにつながると
タイムリーなカンファレンスの場を設定する技術、
考える。
緩和ケアがチームで行える環境を整える技術の重
【看護師が使用して感じた患者にとってのCPA
要性を述べている。また、先述したCPAツール普
ツールの有用性の実感】では、看護師は、CPAツ
及の促進要因からもわかるように、CPAツール導
ールを活用することで、痛みの問題を看護師と共
入の推進力となるリンクナースの不在や看護師が
有できたという患者の喜びを感じること、また実
CPAツールの必要性を実感できていないことは、
際に患者の疼痛緩和が行なえていると実感してい
CPAツール普及に関して影響が大きいことが考え
る場面がみられた。痛みアセスメントシートを用
られる。 いて、患者と共に痛みや抱えている問題を話し合
ただ各病棟の特徴から、がん患者の在院日数に
うことによって、患者は「看護師にわかってもら
明らかな差があり、在院日数が長期である病棟は、
っている」と感じることとなり信頼関係が構築さ
それぞれのがん患者を長期でケアを繰り返す中で、
れると考える。また実際に、患者の疼痛緩和とな
CPAツールの必要性を実感することができたが、
ったという実感は、非常に重要である。松岡ら23)
在院日数が短期の病棟では、必要性を実感する時
の研究でもケア効果を高めるツールを導入する場
間が足りなかったことも影響していると考える。
面での看護師の注目すべき変化として、看護師の
意識・態度・ケアの変化が患者のケア参加を高め、
苦痛の緩和につながり、患者のそうした良い変化
3.CPAツール導入よる看護師の変化
【CPAツールの活用で生じた症状コントロール
を捉えた看護師が、自分たちのケアを再度評価し、
に対する看護師の意識と行動の変化】では、疼痛
看護の喜びを感じるという相互的な関係があるこ
緩和への積極的な行動と痛み以外の症状に対する
とを明らかにしている。本研究においても、CPA
意識の変化がみられた。これまで患者の痛みをス
ツールを活用し疼痛緩和を行うことで、患者の反
ケール化しても、先に進めないでいた看護師が
応と相互作用によって、看護師の意識の向上と成
CPAツールをケアの指標として活用することで、
長につながったと考える。
−24−
沖縄県立看護大学紀要第14号(2013年3月)
本研究では対象者が看護師のみであったが、今
後は医師や他職種を巻き込むことで、CPAツール
4.今後の課題
【CPAツールの活用を継続していくための教育
を洗練し、病院全体でのシステムとして組み込ん
の必要性】では、今後もCPAツールを継続、発展
でいく必要がある。
させ、さらにアセスメントを深めるための教育の
また本研究では3か月間という短期間のフォロー
必要性が求められた。インタビューの中で看護師
であったが長期間でのフォローアップと継続的な
は、短時間で、定期的に繰り返し行う講義や勉強
教育を行っていき、CPAツールの活用によるがん
会を希望していた。またイメージしやすいように、
患者の疼痛緩和への影響を評価していくことが課
事 例 を 用 い る 提 案 も 聞 か れ た 。 Marlies 24) や
題である。
MacLaren25)らは、看護師への短時間での教育プロ
謝 辞
グラムは、その後の継続的な実践サポートとコン
サルテーションを必要としているが、知識向上に
本研究にご協力いただいたA病院看護部長、各
有効であると述べている。また事例による演習は、
病棟看護師長、インタビュー対象者の方々、ツー
看護師の過去の経験を振り返り、評価することで
ルを活用していただいた各病棟看護師の皆様、ま
新しい見解と行動の変化につながると考える。山
た本稿をまとめる際ご指導をいただいた指導教員
本26)も良い看護教育には「例を用いて学習内容へ
に心より感謝いたします。本論文は、平成22年度
の理解を促す」「モデルを示す」「経験から学習を
沖縄県立看護大学大学院保健看護研究科の修士論
促す」ことを挙げている。このように短時間での
文の一部を修正したものである。
教育プログラムと過去に経験した事例による演習
を組み合わせた教育プログラムの構築が今後の課
引用文献
題として必要とされている。
1) Twycross R,Wilcock A : Symptom Management in
Advanced Cancer, third edition (2002)/武田文和
Ⅴ. 結論
(2003):トワイクロス先生のがん患者の症状マ
本 研 究 で WHOラ ダ ー に 準 じ た Cancer Pain
ネジメント, 医学書院, 東京.
Assessmentツールを臨床に普及させるプロセスを
2) 日本緩和医療学会「がん性疼痛治療ガイドラ
明らかにすることができた。このプロセスの中で、
イン」作成委員会(2000):Evidence-Based
リーダーやリンクナースの推進力となるスタッフ
Medicineに則ったがん疼痛治療ガイドライン,
との協働、CPAツールを効果的に活用するための
真興交易㈱医書出版部,東京.
病棟システムの調整やツールの簡便性への工夫が
3) 森田雅之,松本禎之(2008):ナースのため
必要であり、看護師がCPAツールを活用して臨床
の鎮痛薬によるがん疼痛治療法(第2版),1-26,
の中で意義あるものとして有用性を実感すること
医学書院,東京,21-26.
が重要な促進要素であった。
4) 三木徹生,中條政敬,愛甲孝,岩城周子,上
このプロセスの中で、看護師は自信をもって痛
原充世,江口恵子,小倉雅,落合美智子,上村
みへのケアを行い、患者の身体症状に対する意識
裕一,上湊博美,斎藤裕,迫田喜久男,高平百
の向上と患者との相互作用による成長していく変
合子,種村完冶,堂園晴彦,中俣直子,長倉伯
化をみることができた。
博,平川忠敏,牧角寛朗,牧野正興,松崎勉,
的場康徳,宮崎康博,吉田恵子,吉見太郎 (2006):
がん性疼痛緩和についての医師へのアンケート
研究の限界
−25−
吉澤龍太:Cancer Pain Assessmentツールの臨床への普及プロセス
結果‐WHOラダーの医師の認知度‐,緩和医療
集:小児看護,30,103-105.
学,8(4),385-392.
15) Titler MG (2010) : Translation Science and
5) 野上龍太郎,樋口マキエ (2006):麻薬性鎮痛
Context,Research and Theory for Nursing
薬使用に関する看護職の認識‐WHOラダーを基
Practice,24 (1),35-55.
に‐,九州看護福祉大学紀要,8(1),59-68.
16) 稲垣聡美,加藤勝義,丸山昌広,新美雅規,
斎藤寛子,中野一子,野田幸裕,鍋島俊隆
6) 甲斐仁美,桜井礼子,藤内美保,草間朋子
(2006):がん患者が訴える痛みの表現に基づく
(2007):「急性の痛み」を伴う患者のアセスメ
痛みの評価(第2報)-愛知県病院薬剤師会疼痛
ント過程の分析-アセスメントシート作成に必
質問票(APQ)を用いた鎮痛薬・鎮痛補助薬選
要な情報入手のために-,看護教育,48(3),
択方法の検討‐,医療薬学,32(8),788-804.
257-264.
17) Yamaguchi M,Kumano H,Yamauchi Y,
7) Parahoo K, Barr O, McCaughan E (2000):
Kadota Y,Iseki M (2007):The development
Research utilization and attitudes towards research
of a Japanese version of the Short-form McGil
among learning disability nurses in Northern Ireland,
Pain Questionnaire,The Journal of the japan
Journal of Advanced Nursing,31(3),607-613.
Society of Pain Clinicians,14(1),9-14.
8) Retsas A (2000) : Barriers to using research
18) 日本緩和医療学会 緩和医療ガイドライン作
evidence in nursing practice,Journal of Advanced
成委員会(2010):がん疼痛の薬物療法に関す
Nursing,31(3),599-606.
るガイドライン2010年版,金原出版株式会社,
9) 有田直子(2009):痛みアセスメントツール
東京.
を使用した痛み緩和ケアの効果,看護研究,
42(6),397-407.
19) National Comprehensive Cancer Network‐
Clinical Practice Guidelines in Oncology Adult
10) 笹木忍(2009):子どもとその家族中心の疼
Cancer Pain Vol.2010.
痛緩和ケアをめざして,看護研究,42(6),419-
http://www.nccn.org/professionals/physician
424.
_gls/f_guidelines.asp (2010年5月現在)
11) 片田範子(2009):translational researchとし
20) 井上勝一,武田文和訳 (2003):NCCN
ての小児の疼痛緩和方法の開発,看護研究,
2002年版実地診療ガイドラインがん疼痛,癌の
42(6),387-396.
臨床,50(2),155-174.
12) 桑田由佳(2009):がん性疼痛コントロール
21) Titler MG, Everett LQ (2006): Making EBP Part
についての看護介入を考えて~疼痛アセスメン
of Clinical Practice-The IOWA Model,Teaching
トシートを作成して~,逓信医学,61(1),38-
Evidence-Based Practice in Nursing,New York,295-
43.
324.
13) 長澤昌子,熊谷妃小江,立花弘子(2002):
http://proquest.umi.com/pqdweb?index=0&did=
一般病棟のがん性疼痛患者に疼痛アセスメント
1618350381&SrchMode=2&sid=1&Fmt=6&VInst=
用紙と標準看護計画を活用した効果,日本看護
PROD&VType=PQD&RQT=309&VName=PQD&
学論文集:成人看護Ⅱ,33,383-385.
TS=1296108844&clientId=67232
14) 門倉さゆり,渡部和子,星野早苗(1999):
(2011年1月現
在)
小児の痛みのコントロール-アセスメントツー
22) 濱田米紀,有田直子,笹木忍,田村恵美,西
ルを用いることの効果-,日本看護学術論文
原佳奈美,松岡真里,内正子,三宅玉恵,三宅
−26−
沖縄県立看護大学紀要第14号(2013年3月)
一代,片田範子 (2009):小児の痛み緩和ケア
Pain Knowledge and Attitude-,Journal of Pain and
ツール導入過程におけるCNSの技術と役割の明
Symptom Management,19(6),457-467.
確化,看護研究,42(6),445-457.
25) MacLaren JE, Cohen LL, Karkin KT,
23) 松岡真里,加藤真知子,鎌田真紀(2009):
Shelton EN ( 2008) : Training Nursing
子どもと親の痛み緩和ケアへの評価および看護
Students in Evidence-Based Techniques for
師の意識・態度・ケアの変化,看護研究,42(6),
Cognitive-Behavioral Pediatric Pain Management,
409-417.
NursingEducation,47(8),351-358.
24) Marlies E.J.de Rond, Rianne de Wit, Frist
26) 山本裕子(2009):アメリカの看護教員の視
S.A.M.van Dam,Brigitte Th.M.van Campen,Yvonne
点からみた良い看護教育ストラテジー,日本看
M.den Hartog,Rietje M.A.Klievink(2000):A Pain
護学教育学会誌,19(1),61-69.
Monitoring Program for Nurses-Effects on Nurses’
−27−
Journal of Okinawa Prefectural College of Nursing No.14 March 2013.
Original Article
The Utility and Dissemination Process of Cancer Pain Assessment Tools
into Clinical Practice
Ryuta Yoshizawa1)
Midori Kamizato2)
【Purpose】
The purpose of this study was to explore the utility and dissemination process of Cancer Pain Assessment (CPA)
tools that adapted to clinical setting to relieve cancer pain in accordance with WHO ladder.
【Methods】
The researcher introduced original assessment tools to clinical nurses, who have been working three wards in a
hospital. After introduction, the researcher supported clinical nurses for three months as a participant observation.
After three months, data was collected by semi-structured interviews from nine nurses of three wards, and
analyzed by qualitative and inductive methods.
【Results】
Dissemination process of assessment tools found four stages with eight categories. A stage of the preliminary
dissemination, the wards had problems of “a lack of information of CPA tools for multidisciplinary and includes
nurses”
, “inconsistency and confusion of how to use CPA tool”. A stage of the promotable dissemination, the nurses
of each wards practiced “approach to disseminate CPA tools for nurses on wards”. A stage of the Junctional
dissemination, the wards that CPA tools were disseminated had “actually feeling of utility for nurses use CPA tool”,
whereas the wards that CPA tool were not disseminated had “background in which utility of CPA tool were not
able to be actually felt”. A stage of the dissemination, the wards had “the nurse's action and consideration change
into symptom control caused by use of CPA tool” and “Utility of CPA tools for patients who felt it by using”.
Subject to continuance and development, the wards explored “necessity of education to continue use of CPA tool”
.
【Conclusions】
It was necessary for the process of CPA tools’ dissemination into clinical settings as follows ; first, collaboration with
the staff such as the leaders and link nurses who will be the driving force to disseminate CPA tool ; second,
adjustment system to make best use of CPA tool, and device of ease for CPA tool. Finally, it was important that
nurses who were using CPA tools realize feeling of utility and meaning into clinical settings.
Key word:assessment tools, cancer pain, translational research
1 Naha
City Hospital
2 Okinawa
Prefectural College of Nursing
−28−
Fly UP