...

第15号 - 神奈川県立生命の星・地球博物館

by user

on
Category: Documents
117

views

Report

Comments

Transcript

第15号 - 神奈川県立生命の星・地球博物館
Web版
館長あいさつ
1995年に開館した当博物館は、いよいよ15年を数え、これまで430万
人を越える来館者をお迎えすることができました。ライブラリーの利用者や講
座あるいは観察会などへの参加者もふくめますと、当館はもっと多くの方々に
活用していただいております。景気の動向を反映した事業費の落込みや老朽化
した施設設備の更新ができないこともあって、皆さんのご希望にそえないこと
もありますが、来館される皆さんが新たな発見と驚きを体験できるようにと願
いながら、私たちは豊富な資料を揃える努力を続けております。
当館の基本的な活動である自然史研究、その成果は特別展や企画展として
公開されてきております。常設展示では、地球誕生から地球生命史、生物多
様性の不思議、神奈川と周辺の自然、および自然と人間の共生などについて、
基本的に大事なことを紹介しています。展示には、最新の学術上の発展を反
映させる必要がありますが、大がかりな展示更新ができないため、ジャンボブッ
ク展示やライブラリーのミニ企画展示コーナーにおいて、ほんの一部を手作り
で紹介するだけというのが現状です。
激しく変化してきた地球環境、進化と絶滅を繰返してきた地球生命、眼に
はみえなくても刻一刻と変化し続ける現在の自然、そこで繰り広げられる多様
な生物の活動、博物館はこうした変化を探りながら、資料収集を行っています。
これらは科学的な知的財産として次の世代さらに次の世代へと引き継がれ、そ
して大事なことや面白いことが未来の子どもたちへと伝えられていきます。この
ような役割を果たすことができるのは、博物館だけといってよいでしょう。そし
て博物館の活動を支えているのは、来館者の皆さんをはじめ、ボランティアや
友の会、そして県当局の皆さんです。
博物館活動の概略を年報としてここに記録し、博物館という襷に託して神奈
川県の科学的文化を未来へ繋いでいくために、皆さんのご理解とご協力をお
願い申し上げます。
2010年 12 月 24 日
神奈川県立生命の星・地球博物館
館長 斎
藤 靖 二
神奈川県立生命の星・地球博物館の使命
神奈川県立生命の星・地球博物館は、地球と生命・自然と人間
がともに生きることをテーマに活動する自然史博物館として、地球
全体の過去から現在にわたって幅広く、また、神奈川を中心に、
自然科学に関する資料を収集・収蔵管理し、次の世代に引き継ぐ。
あわせて、これらの資料を基にした調査・研究結果を原動力として、
生涯学習や学校教育の支援ならびに社会的貢献を行うことにより、
人々の心に地球の自然に対する愛着と感動を呼び起こすことを使
命とする。
シンボルマークは、生命の
根源 (DNA) を表すスパイラル
(らせん) をイメージしています。
スパイラルとは「時の流れ」を
現すものであり、脈々として地
球の営み、生命の進化の足跡をたどるものです。また同時に、
私たちの銀河系、地球とそこに生きるものすべてが属している
宇宙のかたちをシンボル化しているものです。
ロゴタイプは、視覚的、感覚的に訴える力が強く、他との
区別をはかるために設定しました。シンボルマークとの調和
を保ち、ニュートラルで読みやすいものをめざしました。
目次
館長あいさつ......................................................................................1
神奈川県立生命の星・地球博物館の使命...............................2
5.3. 博物館実習............................................................. 53
シンボルマーク・ロゴタイプ.........................................................2
5.4. 各種研修.................................................................. 54
5.5. ミュージアムライブラリーにおける学習支援活動.... 55
I 沿革................................................................................................4
5.6. 学習指導員による学習支援活動...................... 55
1. 沿革.........................................................................................4
5.7. 博物館のボランティア活動................................ 59
2. 2009 年度の主な出来事..................................................5
5.8. 友の会....................................................................... 62
II 機能................................................................................................6
6. 刊行物................................................................................. 65
1. 運営管理機能......................................................................6
6.1. 定期刊行物............................................................. 65
5.9. 広報........................................................................... 63
1.1. 事業体系.....................................................................6
6.2. 刊行物販売状況.................................................... 67
1.2. 組織..............................................................................7
7. 情報システム.....................................................................68
1.3. 職員名簿.....................................................................8
7.1. システムの概要......................................................68
1.4. 入館者.........................................................................9
7.2. サブシステムの紹介.............................................. 69
1.5. 歳入歳出決算............................................................9
7.3. インターネットの利用........................................... 70
2. 情報発信機能................................................................... 10
7.4. 情報提供.................................................................. 70
2.1. 常設展示.................................................................. 10
8. 連携機能............................................................................. 71
2.2. 特別展示.................................................................. 13
8.1. 神奈川県西部地域ミュージアムズ連絡会..... 71
2.3. 活動報告展およびその他の展示..................... 14
8.2. サロン・ド・小田原.............................................. 71
2.4. ミュージアムシアター........................................... 15
8.3. 館内施設等の状況................................................ 72
2.5. ビデオライブラリー.............................................. 17
III 資料............................................................................................. 73
2.6. ミューズ・フェスタ 2010.................................... 17
1. 条例・規則......................................................................... 73
3. シンクタンク機能............................................................. 19
1.1. 神奈川県立の博物館条例.................................. 73
3.1. 調査研究事業........................................................ 19
1.2. 神奈川県立の博物館組織規則......................... 74
3.2. 研究発表会............................................................. 19
1.3. 神奈川県立の博物館の利用等に関する規則....... 74
3.3. 研究助成金による研究....................................... 19
2. 館年表 ............................................................................. 76
3.4. 著作活動・学会発表等....................................... 20
2.1. 再編整備決定から開館まで.............................. 76
3.5. レファレンス件数................................................... 29
2.2. 開館から 2009 年度末まで............................... 76
3.6. 各種委員・役員・非常勤講師・その他......... 29
3. 統計資料.............................................................................80
3.7. 講師依頼等............................................................. 32
3.1. 利用者状況.............................................................80
3.8. 学術交流..................................................................34
3.2. 入館者実績............................................................. 82
3.9. 他施設・団体への協力........................................ 34
3.3. 特別展・企画展開催実績...................................84
3.10.外部研究者の受け入れ........................................34
3.4. 資料登録実績......................................................... 86
3.11.名誉館員..................................................................34
3.5. ホームページアクセス実績................................. 87
4. データバンク機能............................................................ 35
4. 調査研究関連資料..........................................................88
4.1. 資料概況.................................................................. 35
4.1.研究成果.....................................................................88
4.2. 図書資料収集状況............................................... 44
4.2. 研究成果(外部資金助成・共同研究等)
......... 96
4.3. 資料利用状況......................................................... 44
5. 施設概要............................................................................. 98
4.4. 資料燻蒸.................................................................. 45
5.1. 土地・建物.............................................................. 98
5. 学習支援機能.................................................................... 46
5.2. 設備...........................................................................99
5.1. 生涯学習への対応................................................ 46
5.3. 面積表.....................................................................101
5.2. 学校教育への対応................................................ 51
5.4. 平面図.....................................................................102
ご利用案内.....................................................................................104
–3–
I 沿革
1. 沿革
1986 年 12 月
第二次新神奈川計画において、博物館の再編整備が決定
1988 年
神奈川県立自然系博物館(仮称)を小田原市入生田に建設することが決定
7 月
12 月
1989 年
神奈川県立博物館整備構想懇談会(座長 : 渡邊 格(慶応大学名誉教授))から提言
3 月
神奈川県立自然系博物館(仮称)整備計画策定
4 月
教育庁社会教育部社会教育課に博物館建設準備班を設置
1990 年
3 月
自然系博物館の建設事業が、小田原市との協調事業となる
10 月
建築基本設計着手
1991 年
3 月
自然系博物館(仮称)建設用地(小田原市入生田)取得
4 月
組織改正により教育庁社会教育部社会教育課が、生涯学習部生涯学習課となる
10 月
1992 年
4 月
第一期造成工事着手
組織改正により生涯学習部博物館開設準備室となり、企画調整班、自然系整備班、人文系整備班、
展示・資料整備班の 4 班体制となる
10 月
自然系博物館(仮称)建築工事着工
自然系博物館(仮称)展示工事着工
1994 年 12 月
自然系博物館(仮称)建築工事竣工
1995 年
1 月 1 日 神奈川県立生命の星・地球博物館が機関設置され、管理部に管理課、経理課、企画情報部に企
3 月
画普及課、情報資料課及び学芸部の 3 部 4 課を置く
博物館法第 11 条の規定に基づく登録博物館となる
生命の星・地球博物館展示工事竣工
3 月 8 日 平成 6 年度第 1 回神奈川県博物館協議会(神奈川県立歴史博物館)
3 月 20 日 開館記念式典実施
3 月 21 日 一般公開開始
5 月 7 日 入館者 10 万人到達(41 日目)
9 月 24 日 入館者 30 万人到達(158 日目)
1996 年
4 月
4 月 17 日 入館者 50 万人到達(321 日目)
1997 年
7 月 23 日 入館者 100 万人到達(705 日目)
1998 年
3 月 30 日 天皇陛下・皇后陛下行幸啓
シンボルマーク製作
11 月 3 日 入館者 150 万人到達(1,090 日目)
2000 年
3 月 31 日 濱田隆士館長退任
4 月 1 日 青木淳一館長就任
8 月 6 日 入館者 200 万人到達(1,613 日目)
2001 年
3 月 27 日 神奈川県博物館協議会協議会を廃止
2002 年
7 月 19 日 入館者 250 万人到達(2,206 日目)
2004 年
5 月 25 日 入館者 300 万人到達(2,770 日目)
2006 年
3 月 31 日 青木淳一館長退任
4 月 1 日 管理課と経理課が統合され、管理課、企画情報部の企画普及課、情報資料課及び学芸部の 2 部
3 課となる。
斎藤靖二館長就任
7 月 8 日 入館者 350 万人到達(3,409 日目)
2008 年
8月 12 日 入館者 400 万人到達(4,062 日目)
–4–
2. 2009 年度の主な出来事
2009 年 4月 1日
定期人事異動
4月 18 日~ 5月 31 日 活動報告展「学芸員の活動報告」
4月 15 日~ 16 日
定期監査
5月 22 日
サロン・ド・小田原「神奈川県植物誌の魅力」
5月 12 日
防災訓練
6月 11 日
全国科学博物館協議会総会
6月 14 日~ 18 日
燻蒸
7月 18 日~ 11 月 8日 特別展「木の洞をのぞいてみたら~樹洞の生きものたち~」
7月 20 日~ 8月 31 日 夏休み中無休開館期間
7月 24 日
サロン・ド・小田原 in 小田原ラスカ「地球 46 億年の歴史を訪ねて」
8月 2日
自然科学講演会「洞の生きものから人々の歴史が見える」
9月 12 日
サロン・ド・小田原「樹洞さがしの旅から」
11 月 11 日
12 月 5日~ 2月 21 日 企画展「押し葉~古瀬 義 植物標本コレクション~」
防災訓練
2010 年 1月 9日
サロン・ド・小田原「プラントハンター フォーリーの生涯」
2月 25 日
全国科学博物館協議会総会
3月 13 日
ミューズ・フェスタ 2010
3月 20 日
サロン・ド・小田原「しんかい 6500 潜航記」
3月 20 日~4月4日
子ども自然科学作品展
博物館の再編整備の決定以降、2009 年度までの出来事の詳細
に関しては、資料の項(76 〜 78 ページ)に掲載した。
–5–
II 機能
1. 運営管理機能
1.1. 事業体系
運営管理機能
運営管理
人事、庶務、経理事務などの管理運営
施設維持管理などの財産管理
情報発信機能
展示事業
常設展の維持運営及び展示替え等
シアター、ライブラリーでの映像上映
展示解説書作成
特別展事業
特別展の計画,準備、開催
特別展図録作成
シンクタンク機能
調査研究
総合研究
学術交流
基礎研究(グループ研究、個別研究)
共同研究
生
文部科学省・日本学術振興会科学研究費補助金による研究
委託調査等
命
各種委員、役員学会、研究会シンポジウム等
の
データバンク機能
博物館資料の整備
収蔵資料加工整備
星
資料目録作成
収蔵資料データ整備
・
博物館資料の利用
地
球
資料収集、整理、保管
資料館外貸出
資料特別利用
学習支援機能
教育普及
講演会、各種講座などの開催
ボランティア育成
博
博物館実習生受入
友の会支援
物
ミュージアムライブラリー
レファレンス業務
自然科学関係図書等の整理、利用
館
博物館情報システムの利用
広報普及
広報事業計画の作成、実施
取材等の対応
定期的刊行物等の発行
博物館情報システム
博物館事業の支援
システムの開発
情報のデータベース化
外部機関とのネットワークの構築
連携機能
地域交流
地域交流会等の実施
館内施設
施設充実と利用者サービス
–6–
1.2. 組織
1.2.1. 組織および分掌
館長
副館長
管理課
人事、文書、個人情報の開示、財産管理、
諸設備の整備保全、予算、決算経理、物品調達
企画情報部
企画普及課
学習支援活動、広報、団体対応等の博物館
活動の企画、普及
情報資料課
博物館情報の企画、調整及び運用
動物・植物担当
学芸部
古生物・地球環境担当
博物館資料の収集保管、調査研究、展示
総合案内業務
外部委託
清掃業務
電話交換業務
施設の維持運営業務
警備業務
設備保守業務
館内施設
レストラン・フォーレ
ミュージアムショップ
施設の充実・来館者サービス
ともしびショップ
1.2.2. 職員構成
[平成 22 年 3 月 31 日現在]
区分
常勤
非常勤
合計
事 技 学 司 館 事 技 学 司 指
務 術 芸 [平成 22 年 4 月 1 日現在]
区分
常勤
非常勤
合計
事 技 学 司 館 事 技 学 司 指
務 術 芸 導
務 術 芸
職 職 員 書 長 職 職 員 書 員
館長
副館長
1
管理課
9
企 画 部長
1
企画普及課
4
情報部
情報資料課 1
小計
6
学芸部 部長
動物・植物
古生物・
地球環境
小計
合計
16
1
1 1
4
1
5
1
7
1
5
1
1 5
1
1
4
12
17
1
1 2 2
33
務 術 芸 導
職 職 員 書 長 職 職 員 書 員
1
1
11
1
14
3
19
1
8
館長
副館長
管理課
企 画 部長
情報部 企画普及課
情報資料課
小計
学芸部 部長
動物・植物
古生物・
地球環境
小計
合計
4
13
1 5
11
44
指導員=博物館学習指導員
再任用職員は常勤に含む
–7–
1
1
9
1
4
1
6
16
1 1
4
2 1
6 1
1
7
1
1
5
1
1 1 5
1
1
1
1
11
1
15
5
21
1
8
4
4
12
1
13
18 1 1 2 2 1 1 5
35
12 47
指導員=博物館学習指導員
再任用職員は常勤に含む
1.3. 職員名簿
管 理 課
[平成 22 年 3 月 31 日現在]
[平成 22 年 4 月 1 日現在]
職名
氏名
担当分野
職名
氏名
担当分野
館長(非常勤)
斎藤靖二
地学(堆積学)
館長(非常勤)
斎藤靖二
地学(堆積学)
副館長
鈴木信太郎
副館長
鈴木信太郎
課長
瀬戸 昇
課長
瀬戸 昇
副主幹
小林康人
副主幹
小林康人
〃
込山宣子
〃
込山宣子
主査(事務)
黒田不二穂
主査(事務)
黒田不二穂
管
〃
谷 康雄
〃
谷 康雄
理
主任主事
小野由紀子
主任主事
小野由紀子
主事
吉川ひとみ
主事
菊地俊太
課
〃 (再任用)
内田秀樹
〃(再任用)
内田秀樹
〃 ( 〃 )
飯田孝次
〃(再任用)
飯田孝次
非常勤技術嘱託
鍛代 勇
非常勤技術嘱託
鍛代 勇
非常勤事務補助
石川絵美
非常勤事務補助
石原明子
部長(兼情報資料課長)
石井正純
部長(兼情報資料課長)
石井正純
企画普及課長*
勝山輝男
植物(維管束植物)
企画普及課長*
勝山輝男
植物(維管束植物)
副主幹
笹尾賢二
副主幹
押野 裕
主任学芸員*
樽 創
古生物(哺乳類)
主任学芸員*
樽 創
古生物(哺乳類)
学芸員*
石浜佐栄子 地学(地球化学)
主任研究員*
山下浩之
地学(地球化学)
企 主事
秋元香織
秋元香織
企 主事
学芸員(再任用)* 新井一政
動物(両生・爬虫類)
学芸員(再任用)* 新井一政
動物(両生・爬虫類)
企 画
画 主事 (再任用)
山口佳秀
主事(再任用)
山口佳秀
画 普 〃 ( 〃 )
企 普 〃 (再任用)
片野美知子
宮崎信恵
及
非常勤学芸員
大坪 奏
自然誌
非常勤事務補助
木村恭子
情
画 及
非常勤事務補助
木村恭子
非常勤博物館
佐藤公司
課
報
情 課
非常勤博物館
佐藤正行
佐藤正行
学習指導員
部
報
学習指導員
神戸正雄
〃
神戸正雄
〃
小野澤英雄
〃
小野澤英雄
部
〃
山﨑省吾
〃
山﨑省吾
〃
稲葉榮次
(兼企画情報部長)
情 情報資料課長
報 副主幹
情報資料課長
(兼企画情報部長)
中里義男
情
資
主事
中島 勉
田口公則
古生物(貝類)
報
料 主任学芸員*
主任学芸員*
苅部治紀
動物(昆虫類)
課 非常勤司書
尾越佐緒里
資
主任学芸員*
田口公則
古生物(貝類)
部長
平田大二
地学(鉱物)
料
臨時司書
大澤澄子
チームリーダー
瀬能 宏
動物(魚類)
課 非常勤司書
小林瑞穂
広谷浩子
動物(霊長類)
動物 主任学芸員
部長
平田大二
地学(鉱物)
〃
田中徳久
植物(植物生態)
チームリーダー
瀬能
宏
動物(魚類)
・ 〃
苅部治紀
動物(昆虫類)
主任学芸員
広谷浩子
動物(霊長類)
佐藤武宏
動物(無脊椎動物)
学 植物 〃
動物
〃
田中徳久
植物(植物生態)
学芸員
加藤ゆき
動物(鳥類)
芸
・ 〃
佐藤武宏
動物(無脊椎動物)
担当 学芸員(再任用)
高桑正敏
動物(昆虫類)
学芸員
加藤ゆき
動物(鳥類)
部
学
植物
非常勤技術嘱託
相川 稔
〃
大西
亘
植物(維管束植物)
古生 チームリーダー
新井田秀一 環境科学(海洋光学)
芸 担当
学芸員(再任用)
高桑正敏
動物(昆虫類)
物・ 主任研究員
笠間友博
地学(地質)
部
非常勤技術嘱託
相川 稔
地球
主任学芸員
大島光春
古生物(哺乳類)
古生 チームリーダー
新井田秀一 環境科学(海洋光学)
環境
山下浩之
地学(岩石)
物・ 主任学芸員
担当 主任研究員
大島光春
古生物(哺乳類)
地球 主任研究員
笠間友博
地学(地質)
*学芸部を兼務
環境 学芸員
石浜佐栄子 地学(地球化学)
担当
*学芸部を兼務
–8–
1.4. 入館者
2009 年度の入館者数は 217,690 人であった。開館日数は 306 日であったため、1 日平均入館者数は 711.4 人であった。入
館者数の内訳は、有料入館者 87,628 人(全体比 40.3%)、無料入館者 130,062 人(全体比 59.7%)であった。内訳に関して
は、表およびグラフのとおりである。
なお、詳細な入館者統計に関しては、資料の項(2009 年度の利用者状況は 80 ~ 81 ページ・開館以来の入館者実績は 82
~ 83 ページ)に掲載した。
入館者状況
入館者の内訳
入館者数 1日平均 全体比
(人)
(人) (%)
成年個人
59,699
195.1
27.4
同上特展のみ
766
2.5
0.4
未成年・学生個人
2,341
7.7
1.1
56
0.2
0.0
有 同上特展のみ
高校生
1,371
4.5
0.6
料 同上特展のみ
20
0.1
0.0
入 65 歳以上
15,618
51.0
7.2
214
0.7
0.1
館 同上特展のみ
成年団体
2,819
9.2
1.3
者 未成年 ・ 学生団体
182
0.6
0.1
成年割引
4,052
13.2
1.9
未成年・学生割引
490
1.6
0.2
小計
87,628
286.4
40.3
園児
23,337
76.3
10.7
小学生
63,672
208.1
29.2
無
中学生
9,235
30.2
4.2
料 高校生
2,290
7.5
1.1
( 減免対象者含む )
入
65 歳以上
6,124
20.0
2.8
館 ( 減免対象者含む )
障害者
7,205
23.5
3.3
者
その他
18,199
59.5
8.4
小計
130,062
425.0
59.7
合計
217,690
711.4 100.0
障害者 3.3%
無料/その他
65歳以上 2.8%
8.4%
高校生 1.1%
成年個人
27.4%
中学生
有料
40.3%
4.2%
入館者
ijIJĸĭķĺı人
無料
小学生
29.2%
12.9%
59.7%
10.7%
有料/その他
園児
1.5. 歳入歳出決算
平成 21 年度歳入
科目
教育財産使用料
博物館使用料
受託事業収入
受講料収入
立替収入
雑入
合計
平成 21 年度歳出(人件費を含まず)
金額(千円)
内訳
2,413 レストランほか
建物等使用料
39,102 観覧料収入
常設展
35,731
特別展
3,371
4,000 森林総合研究所からの
受託研究費
100 県立機関活用講座受講料
1,320 レストランほか
電気・ガス・水道
1,506 展示解説書等販売収入
ライブラリー複写代
48,441
科目
維持運営費
展示事業費
金額(千円)
内訳
178,720 館の維持管理及び事業運営
17,820 総合案内業務
特別展の開催
調査研究事業費
6,499 総合研究・基礎研究
調査研究報告書の作成
資料整備費
5,100 博物館資料収集
収蔵展示資料修繕・加工
学習支援事業費
2,442 各種講座・講演会等の開催・図書等資料
整備・広報資料作成
県立機関活用講座
151 講座「フィールドワーク入門」
開催事業費
開催
情報システム整備費
1,893 データ入力等
合計
212,625
–9–
2. 情報発信機能
当博物館は「生命の星・地球」を基本テーマとして、46 億年にわたる地球の壮大な歴史と生命の営みの神秘性、そして神
奈川の自然について、実物資料を中心にストーリー性をもって分かりやすく展示している。
具体的には、4 つのサブテーマ及びジャンボブックで構成する常設展示と、特定テーマにより開催する特別展示、ハイビジョ
ンやクイズ映像を上映するミュージアムシアター、ミュージアムライブラリーに設けられているビデオライブラリーなどで来館
者に情報を発信している。
2.1. 常設展示
常設展示は、基本テーマ「生命の星・地球」を解説する「常設展示室」と、実物百科展示「ジャンボブック展示室」のほか、
ミュージアムライブラリー前に設置されている「情報コーナー」とエントランスホール「記念撮影コーナー」から構成される。
2.1.1. エントランスホール
エントランスホールでは、地球の陸、海、空という地球
シアター入口付近にアラスカヒグマの本剥製を 2005 年 11
の環境に生物を代表して、陸:恐竜(チンタオサウルス)、
月3日より展示している。この標本の背景には現地の風景
海:魚類(クシファクチヌス)、空:翼竜(アンハングエラとトゥ
写真が大きく飾られ、脇には写真撮影用にステージを設置
プクスアーラ)を展示した。
している。ウェルカムベアとして人気を博している。
また、
「記念写真コーナー」としてエントランスホール・
2.1.2. 常設展示室
基本テーマ「生命の星・地球」に沿ったストーリー展開
展示室 4「自然との共生を考える」では、生命を誕生さ
を見せるため、常設展示を次の 4 つのサブテーマに分けて
せ育みつづけてきた地球環境が、人類の活動により様々な
展示を行っている。
影響をうけ変化していることを、映像、画像資料を中心に
展示室 1「地球を考える」では、地球の形成過程や地球
展示している。
の仕組み、生命の誕生と生命の営みによって地球環境が
変わってきた様子などを、岩石、鉱物、化石などの標本類と、
「地球との共生を考える」展示室
画像、映像資料を活用して展示している。
「CPU ルーム前展示コーナー」展示更新
展示室 2「生命を考える」では、約 4 億年前から現在ま
[展示期間]2009 年 10 月 8 日〜
で、地球上のあらゆる環境に出現した多様な生物種と生命
[展示概要]地球観測衛星 Terra/ASTER VNIR の観測
の進化の過程について、動植物化石、動物剥製、昆虫標本、
した立体視用の画像について、観測軌道の異なるもの
植物標本などの実物資料を中心に展示している。
を連結処理を行って一枚にまとめ、壁面に掲出した。
展示室 3「神奈川の自然を考える」では、神奈川の大地
[展示資料]余色立体図「関東から中部」
の生い立ちと、神奈川の生物相や自然の現状について、岩
[担当]新井田秀一
石や化石、動物剥製、植物模型などで展示している。
2.1.3. ジャンボブック展示室
博物館が所蔵する動物、植物、化石、岩石、鉱物など
2009 年度の展示更新
膨大な標本類の一部を、系統分類、コレクション、個別テー
第 17 巻 神奈川の植物『四季のいろどり(春の植物)』
マなどに項目分けをして、巨大な本にみたてた展示ケース
〔展示期間〕2009 年 3 月 7 日〜 5 月 14 日
に収納し、
「実物百科事典」として展示している。
〔展示内容〕春の野山の花々
原色標本:オニグルミ・コブシ・ハハコグサ・ミツバツチグリ・
フジ・ツクバネソウほか
– 10 –
模型:カタクリ・イチリンソウほか
原色標本:テイカカズラ・ガガイモほか
〔担当〕勝山輝男・田中徳久
実:サルトリイバラ・マユミほか
〔協力〕植物ボランティア
〔担当〕勝山輝男・田中徳久
〔協力〕植物ボランティア
第 17 巻 神奈川の植物『四季のいろどり(夏の植物)』
〔展示期間〕2009 年 5 月 15 日〜 8 月 7 日
第 17 巻 神奈川の植物『四季のいろどり(春の植物)』
〔展示内容〕ウツギの名を持つ植物・カエデとシデの仲間
〔展示期間〕2010 年 2 月 20 日〜
原色標本:ウツギ・バイカウツギ・コゴメウツギ・イロハ
〔展示内容〕春の野山の花々
モミジ・ハウチワカエデ・サワシバほか
原色標本:ミミガタテンナンショウ、ミヤマキケマン、ウ
模型:ニシキウツギ・ベニバナツクバネウツギ
リハダカエデ、ザイフリボク、ほか
写真:イワシデ
模型:イチリンソウほか
〔担当〕勝山輝男・田中徳久
〔担当〕勝山輝男・田中徳久
〔協力〕植物ボランティア
〔協力〕植物ボランティア
第17巻 神奈川の植物
『四季のいろどり
(夏から秋の植物)
』
第 27 巻 トピックス『新しい箱根火山の形成史』
〔展示期間〕2009 年 8 月 8 日〜 12 月 18 日
〔展示期間〕2009 年 10 月 2 日〜
〔展示内容〕夏から秋の野山の草花・カエデとシデの仲間
〔展示内容〕近年考えられている箱根火山の新しい形成
原色標本:テンニソウ・ヤマハギ・ウメバチソウ・リンドウ・
史について、グラフィックと岩石で紹介するとともに、立
イロハモミジ・ハウチワカエデ・サワシバほか
体箱根火山模型に投影した最新の地質図で紹介した。
写真:イワシデ
なお、本展示は昨年度開催された特別展示「箱根火山」
〔担当〕勝山輝男・田中徳久
の展示を一部含む。
〔協力〕植物ボランティア
〔展示資料〕箱根火山の噴出物(溶岩類9点、軽石1点)、
第 17 巻 神奈川の植物『四季のいろどり(冬の植物)』
(多数)
〔展示期間〕2009 年 12 月 19 日〜 2010 年 2 月 19 日
〔担当〕山下浩之・笠間友博
〔展示内容〕冬枯れの植物と木の実
〔協力〕地学ボランティア
立体箱根火山地質模型、展示解説パネル3点、軽石人形
2.1.4. ミュージアムライブラリー情報コーナー
博物館 2 階「 ミュージアムライブラリー」前にある情報
[展示資料]
『高桑正敏の解体虫書』、白尾元理氏著書『世
コーナーは、最新の科学や研究情報、博物館に関連する
界のおもしろ地形』
『写真で見る火山の自然史』
『月のき
タイムリーな話題などを、いち早く来館者に提供すること
ほん』、種子島沖で採集された捕食痕のあるオオシラス
を目的として設置されている。このコーナーには主に紙面
ナガイとタマガイの標本、アナサンゴモドキ(ミレポラ)
による情報を提供する情報展示パネルと、標本や関連資
化石及びショウガサンゴ化石と、現生種のカンボクアナサ
料による情報を提供するウォールケースが設置されている。
ンゴモドキ及びショウガサンゴ、白尾元理氏撮影の写真
4点と関連資料4点(パホイホイ溶岩・チョーク・スエバ
イト・シェルサンド)
情報展示パネル
[展示内容]生命の星・地球博物館友の会の活動紹介
[担当]平田大二・佐藤武宏・門田真人・石浜佐栄子
[展示更新]随時
[担当]新井一政・博物館友の会広報部
地質の日関連展示
[展示内容]5 月 10 日の「地質の日」を記念して、神奈
川県内の地質図を紹介した。
ウォールケース
最長 3 か月を目安に、最新の情報を提供することを目的
[展示期間]2009 年 5 月 1 日〜 6 月 11 日
として展示替えを行った。
[展示資料]
「地質の日」ポスター1点、解説パネル3点、
20 万分の 1「神奈川県地質図(神奈川県 , 1978)」、20
広報誌「自然科学のとびら」56 号とその関連資料
万分の 1 地質図幅「東 京(地質 調査 所 , 1987)」、5 万
[展示内容]広報誌「自然科学のとびら」を拡大印刷し
分の 1 地質図幅「藤沢(地質調査所 , 1979)」
「横浜(地
て展示し、あわせて本文中で紹介した資料、関連資料
質調査所 , 1982)」、土地分類基本調査「横須賀・三崎」
を展示した。
および 5 万分の 1 表層地質図(神奈川県 , 1984)、神奈
[展示期間]2009 年 3 月 29 日〜 4 月 30 日
川県史および 2 万 5 千分の 1「丹沢東部地質図」
(神奈
– 11 –
川県 , 1978)、地質図に関連した展示物等写真 11 点、
広報誌「自然科学のとびら」58 号とその関連資料
地質ニュース(2009 年 2 月号「地質の日」特集)、地質
[展示内容]広報誌「自然科学のとびら」を拡大印刷し
図カタログ、5 万分の 1 地質図幅解説書 6 点、展示物ラ
て展示し、あわせて本文中で紹介した資料、関連資料
ベル 6 点
を展示した。
[担当]田口公則、平田大二
[展示期間]2009 年 11 月 11 日〜 11 月 29 日
[展示資料]
『ぞうきばやし』
『おみやにいったらむしがい
広報誌「自然科学のとびら」57 号とその関連資料
る』パネル3枚、貝殻みがきに使う材料と道具一式、
「し
[展示内容]広報誌「自然科学のとびら」を拡大印刷し
んかい 6500」で採集された岩石(かんらん岩、玄武岩、
て展示し、あわせて本文中で紹介した資料、関連資料
軽石)、しんかい 6500 潜航記念証、深海に沈めたカッ
を展示した。
プラーメンの容器3点、特別展「木の洞をのぞいてみたら」
[展示期間]2009 年 6 月 12 日〜 7 月 5 日
子どものための体験的スペースで使用された展示関連物
[展示資料]大英博物館に関する書籍についてのパネル
(体験展示に使われた映像(フォトフレーム)、ぬりえコー
1枚、フクロウの剥製1点、砂の性質を利用したおもちゃ
ナー解説、ムササビの座布団2点)
6点(玉砂舞楼5点、箱砂舞楼1点)、特別展「木の洞を
[担当]尾越佐緒里・田口公則・山下浩之・大島光春・
のぞいてみたら」のポスター原画(菊谷詩子画)
石浜佐栄子
[担当]大澤澄子・加藤ゆき・石浜佐栄子・広谷浩子
天皇陛下御在位二十年記念展示:天皇陛下とハゼのご研究
[展示内容]天皇陛下のハゼに関する研究業績を、論文・
写真で見る神奈川県の希少なチョウ類
[展示内容]神奈川県内の絶滅危惧種等の希少なチョウ
著書の別刷りや標本、写真などとともに展示した。
類を、菅井忠雄氏撮影による写真で紹介した。
[展示期間]2009 年 12 月 5 日〜 2010 年 1 月 24 日
[展示期間]2009 年 7 月 7 日〜 8 月 6 日
[展示資料]天皇陛下の執筆論文(別刷り)および著書、
[展示資料]神奈川県内の希少なチョウ類の写真 30 点
ハゼの液浸標本 40 点、日本魚類学会に参加された際の
[担当]高桑正敏
写真ほか
[担当]瀬能 宏
横浜開港 150 周年記念「横浜開港と神奈川の自然」
[展示内容]横浜開港によって西洋に輸出されたヤマユ
広報誌「自然科学のとびら」59 号とその関連資料
リや、お雇い外国人技術者ジョイネルが収集した魚類の
[展示内容]広報誌「自然科学のとびら」を拡大印刷し
標本、開港後の開発で使われたブラフ積みの石垣の石材
て展示し、あわせて本文中で紹介した資料、関連資料
について、紹介した。
を展示した。
[展示期間]2009 年 8 月 7 日〜 9 月 29 日
[展示期間]2010 年 1 月 26 日〜 2 月 16 日
[展示資料]ヤマユリと横浜開港に関するパネル4点、
[展示資料]
『チリメンモンスター』パネル、ホトケドジョ
ヤマユリの模型、カーチスのボタニカル・マガジン 88 巻
ウの液浸標本 7 点(東海ナガレ他)、軽石流堆積物 1 点
(西洋で初めて栽培されたヤマユリが描かれた)、日本の
センサーカメラと動物剥製
(アカネズミ、ヤマネ、ムササビ)
園芸商による輸出用のユリのカタログ3点
古瀬義氏植物標本コレクションの標本 2 点(モンパノキ、
お雇い外国人技術者ジョイネルに関するパネル1点、ジョ
フクギ)
イネルが収集した魚類に関するパネル2点・収集した魚
[担当]大澤澄子・瀬能宏・笠間友博・広谷浩子・田中徳久・
類と同種の標本3点
石浜佐栄子
ブラフ積み石垣の石材に関するポスター1枚・パネル1枚、
佐島石の標本1点
友の会活動報告展
[担当]勝山輝男・瀬能宏・笠間友博・2009 年度学芸
[展示内容]博物館友の会が 2009 年度に行った活動を、
員実習生
パネル、写真、講座のレジュメや成果品で紹介した。
[展示期間]2010 年 3 月 10 日〜 3 月 23 日
[展示資料]行事一覧パネル 2 点、講座風景の写真 19 点、
「海ゴミ GO ME!」
[展示内容]海に放置されたゴミと、ゴミによって傷つけ
『フィールドワークの達人』、講座テキスト 2 種、講座の
られた野生生物について紹介した。
成果品等(製本講座で製本された本 1 冊、葉脈スタンプ
[展示期間]2009 年 10 月 1 日〜 11 月 8 日
2 点、葉脈標本 8 点、変形菌模型フィギュア 1 点)
[展示資料]オオセグロカモメの剥製1点、釣り針にかかっ
[担当]博物館友の会
たコアホウドリの死骸1点、ゴイサギの剥製2点、クロア
シアホウドリのヒナの吐瀉物、海で拾ったゴミと解説パ
広報誌「自然科学のとびら」60 号とその関連資料
ネル一式
[展示内容]広報誌「自然科学のとびら」を拡大印刷し
[担当]神奈川野生動物救護連絡会・加藤ゆき
て展示し、あわせて本文中で紹介した資料、関連資料
– 12 –
土器2点、貝ビーズのネックレス1点)と講座風景写真
を展示した。
ヨロイボウズハゼの液浸標本2点
[展示期間]2010 年 3 月 25 日〜 4 月 23 日
台湾大学との間で取り交わされた “協議合作備忘録”
[展示資料]ライブラリー内の蜘蛛の本の場所と図書の
[担当]尾越佐緒里・石浜佐栄子・広谷浩子・瀬能宏・
並べ方に関するパネル、パンニング皿、丹沢産の砂金9
田中徳久
点、パンニング前・最中・終了後の砂、人類進化講座で
参加者が作った作品(紙粘土で作ったサル4点、縄文式
2.2. 特別展示
当館の持つシンクタンク機能としての調査研究や、データバンク機能としての資料収集などの成果を、広く県民に還元する
ため、当館特別展示室を使用して特別展・企画展を企画・開催している。2009 年度は特別展を 1 回、企画展を 1 回開催なお、
開館以来の開催実績に関しては、資料の項(84 〜 85 ページ)に掲載した。
2.2.1. 特別展
木の洞をのぞいてみたら 〜樹洞の生きものたち〜
と外来生物の関係を紹介)
[開催期間]2009 年 7 月 18 日(土)〜 11 月 8 日(日)
樹洞で遊ぼう(ムササビ変身体験コーナー・ぬり絵コー
[会場]特別展示室
ナー・クイズコーナー)
[協力]小田急グループ・JR 東日本横浜支社小田原地区
[展示点数]
[展示担当]広谷浩子・勝山輝男・苅部治紀・高桑正敏・
標本 350 点、樹洞 41 点、写真パネル 115 点、解説パ
加藤ゆき・丸野内淳介・大島光春・田口公則・石浜佐栄子
ネル 70 点、体験装置 2 点、そのほか(ぬいぐるみ・着ぐ
[展示協力]愛媛県立とべ動物園・九州大学附属図書館・
るみなど)28 点
京都大学附属図書館・
(財)東京動物園協会・静岡市立
[入場者数]103,527 人
日本平動物園・丹沢湖ビジターセンター・青木雄司・天
[関連行事]
羽眞吾・東 信行・荒谷邦雄・飯嶋一浩・石原龍雄・稲垣
講演会「洞の生き物から人々の歴史が見える」
政志・海野範幸・蛯沢博行・大西 拓・岡田 純・岡野美
実施日時:8 月 2 日(日)13 時 30 分〜 14 時 30 分
佐夫・尾園 暁・北垣憲仁・金井幸子・木村知美・木村洋子・
講演者:山形大学 永幡 嘉之 氏(昆虫写真家)
栗本篤臣・小島仁志・佐藤寛之・重永明生・高橋里恵・
シンポジウム「樹洞を語ろう」
高橋律子・土屋利行・内藤 明・中村浩志・長縄今日子・
実施日時:8 月 2 日(日)14 時 30 分〜 16 時 30 分
永幡嘉之・橋屋 誠・平田寛重・中田一治・半場良一・藤
パネリスト:財団法人自然環境センター 森 英章 氏/
田 宏・増永 元・森 英章・山口佳秀・山口喜盛・六波羅 聡・
若代彰路・学芸ボランティア
東京都環境局 小林 明 氏
講座「樹洞探検隊 (1) 昆虫を探せ!」
[内容]樹洞をメインテーマに、そこにすみくらす生きも
実施日時:7 月 25 日(土)10 時〜 15 時 のたちについて、剥製や写真などで紹介する。
講座「樹洞探検隊 (2) 動物を探せ!」
[ポスター・チラシ]菊谷詩子(原画)
・井上久美子(撮影)
・
広谷浩子・木村恭子
実施日時:8 月 29 日(土)16 時〜 19 時
講座「昆虫探検隊 (3) 樹洞を探せ!」
[展示項目]
実施日時:10 月 18 日(日)10 時〜 15 時
館長あいさつ 講座「樹洞にすむ動物の生活と体」
樹洞とはどんなものか(樹洞のでき方・実物のトチノキの
実施日時:10 月 31 日(土)・11 月 1 日(日)両日とも
樹洞をのぞいてみよう・いろいろな樹洞紹介)
10 時〜 16 時
樹洞の生きものたち(ほ乳類や鳥類、両生類、爬虫類、
サロン・ド・小田原「樹洞さがしの旅から」
両生類、昆虫、菌類など樹洞にくらす生きものを剥製や
実施日時:9 月 12 日(土)17 時 30 分〜 20 時
写真で紹介)
講演者:広谷浩子
樹洞と私たちのくらし(樹洞を利用したハチの飼養・樹洞
– 13 –
2.2.2. 企画展
企画展「押し葉—古瀬 義 植物標本コレクション—」
古瀬 義氏が発見した植物(命名した植物・献名された植
[開催期間]2009年 12月 5日
(土)〜 2010年 2月 21日
物ほか)
(日)60 日間
日本列島押し葉紀行(北海道・東日本・西日本・琉球・
[会場]特別展示室
小笠原の地域ごとの採集標本)
[協力]小田急グループ・JR 東日本横浜支社小田原地区
生命の星・地球博物館の植物標本(大場達之、高橋秀男、
[展示担当]田中徳久・勝山輝男
澤田武太郎、正宗厳敬・福山伯明らの採集標本、神奈
[展示協力]学芸ボランティア
川県植物誌のための証拠標本)
[内容]当館収蔵の古瀬義氏採集の植物標本を中心に、
生命の星・地球博物館の古瀬コレクション(古瀬コレ
大場達之、高橋秀男、澤田武太郎、正宗厳敬・福山伯
クションの採集地地図、採集地一覧ほか)
明らの採集標本、神奈川県植物誌のための証拠標本な
[資料点数]標本 165 点(古瀬氏採集押し葉 106 点、古
どを紹介した。
瀬氏以外の採集押し葉 57 点、その他 2 点)
[展示項目]
書籍など 13 点
館長あいさつ
写真・図など 47 点
古瀬 義氏の人となり
(略歴・古瀬コレクションの概要ほか)
[入場者数]9,553 人
2.3. 活動報告展およびその他の展示
特定の調査研究や資料収集に限らず、広く博物館活動を紹介し、また地域との連携協力の結果としての展示を、当館特別
展示室を中心として行うことがある。
2.3.1. 活動報告展
博物館業務は、調査研究、資料収集、教育普及、展
学ひろばの活動報告、神奈川県立生命の星・地球博物
示など、多岐にわたっているが、展示を除いて、その内容
館友の会の活動報告を紹介する展示を行った。
を紹介する機会は少ない。そこで、年間の活動を報告す
1. 調査研究事業の紹介
る機会を設け、博物館活動、特に学芸員の業務への理解
「2009 年度の活動を振り返って」
「博物館周辺の哺乳類
を深めてもらうことを目的として、活動報告展を実施して
生息状況について(その2):過去の分布状況」
「キサゴ
いる。
類にみられる対捕食戦略の進化」
「キサゴ類の対捕食戦
略」
「カナダガン捕獲大作戦〜外来種の生態情報の収集
活動報告展(2009 年度の活動報告)
をめざして」
「北アルプス高瀬渓谷におけるコブヤハズカ
[開催期間]2009 年 4 月 18 日(土)〜 5 月 11 日(日)
ミキリ属 2 種の分布」
「ネパール、ムスタンのカヤツリグ
開催日数は 37 日
サ科植物」
「神奈川県の植物相の特徴と変遷に関する研
[会場]特別展示室
究—次の神奈川県植物誌に向けて—」
「ボランティア参加
[入場者数]16,352 人
型入生田菌類誌の編纂」
「葉山−嶺岡構造帯の地球科
[企画担当]樽 創
学的研究〜神奈川最古の岩石を探る」
「伊豆・小笠原弧
[展示担当]新井一政・石浜佐栄子・大島光春・笠間友
北端部
(伊豆箱根地域)の地殻物質と基盤地質構造」
「古
博・加藤ゆき・勝山輝男・苅部治紀・木場英久・斎藤靖
海洋環境の変化を表すチャート層型取標本」
「日本の地
二・佐藤武宏・瀬能 宏・高桑正敏・田口公則・田中徳久・
形 〜いろいろなスケールの傾斜量図で見る〜」
「箱根
樽 創・新井田秀一・平田大二・広谷浩子・山下浩之(五十
二子山は複成火山だった!—複数回の噴火で形成された
音順),外来研究員
箱根二子山溶岩ドーム—」
「サイの化石 ‐大磯層の哺
[内容]
乳類‐」
「三浦半島北部における化学合成群集化石〜鎌
各学芸員が特に 1 つの事業を選んで紹介し、全体と
倉天園シロウリガイ化石〜」
「海洋調査船を使った地球の
して、博物館活動、学芸員の業務への理解を深めても
歴史の調査研究について」
「南フィリピン海パレスベラ海
らうことを目的として展示を行った。
盆の深成岩類の岩石学的研究〜 YK09-05 航海の成果」
ただし、個別研究の最終年度にあたっている学芸員
外来研究員「丹沢の森林・渓流生態系における哺乳類の
については、その成果を発表することを必須とした。
研究」
「神奈川県におけるコウモリ類の生息状況」
「ニホ
また、博物館教育普及事業に関連して、子ども自然科
ンザル骨形態における地理的変異の検討」
– 14 –
2. 資料収集事業の紹介
「身近な自然発見講座」
「船を使った海洋地質の調査
「ティラノサウルスもやってきた! 〜恐竜の歯コレク
研究」
「特別展「木の洞をのぞいてみたら」における子ど
ション〜」
ものための体験的展示」
3. 教育普及事業の紹介
2.3.2. その他の展示
子ども自然科学作品展
と拡大した。全作品に学芸員からのコメントを作成添付
[開催期間]2010 年3月 20 日(土)~4月4日 ( 日 )
し、終了後は作品、記念品とともに返却した。また期間
2009 年度内の開催日数は 11 日間(開催期間全体では
中に作品を出品した児童 ・ 生徒と学芸員との交流会を実
15 日間)
施し多くの出品者が参加した。
[会場]特別展示室
[作品]県西地区 27 校 106 点を展示(内訳:小田原市
[企画担当]笹尾 賢二
内小学校 15 校 56 点、小田原市内中学校9校 44 点、
[展示担当]高桑 正敏 博物館学習指導員
その他の中学校3校7点)
[内容]児童・生徒の自然科学への関心を高め、その取
[作品分野]動物 14 点・昆虫 17 点・植物 27 点・菌類7点・
り組みへの支援、奨励を目的に自然科学分野における研
地学 19 点・環境 14 点・その他8点
究作品を当館に集め、作品展を開催した。一昨年より対
[入場者数]2009 年度内の入場者数は 3,489 人(開催
象を小田原市内の小中学校から県西地区の小中学校へ
期間全体では 4,536 人)
2.4. ミュージアムシアター
展示の理解をより深めるために、200 インチの大型ハイビジョンスクリーンを使い、ハイビジョン映像(番組)と、子ども
も大人も楽しめるインタラクティブ・クイズ映像(番組選びとクイズの回答をボタンで選ぶ)を上映している。また、学会や講
演会開催時においてはメインの会場としても利用されている。
2.4.1. シアターの概要
座席は 308 席。車椅子用のスペースは 5 席。中央部に
のレシーバーを用いて、英語訳とハングル訳のナレーショ
ある 115 席(車椅子用 5 席を含む)に、インタラクティブ・
ンを聞くことができる。
クイズ回答用の 5 選択押しボタンスイッチを設置してある。
学会・講演会などを記録するためのテレビカメラが、固
照明設備は、場内の明るさを簡単にコントロールできる
定式 2 台、移動式 1 台用意され、カット編集ができるよう
ように、あらかじめコントロールパネルに設定してある。ま
に編集機が設置されている。
た、演者などを照らし出すためのスポット照明を用意してい
る。
シアター見取り図
上映設備は、200 インチ・リアプロジェクション方式を
採用したハイビジョンシステムを中心に、35mm スライド
映写機、16mm フィルム映写機を備えている。ハイビジョ
ン映像の送出は、フル規格や MUSE 規格レーザーディス
ステージ
クプレーヤーから行う。また、テレビやビデオ、レーザー
ディスクなどはハイビジョンに変換してから上映する仕組み
となっている。学会・講演会用に、実物投影機やフラット
ベッドスキャナー、電子白板を備え、映像を投影可能であ
る。これらの操作は、ステージ上や映写室の操作卓にある
簡単なコントロールパネルで行う。
同時通訳用ブースを用意してあり、国際的な催し物にも
対応できる。同時通訳された内容は、ワイヤレス方式のレ
映写室
通訳室
シーバーによって入場者に伝えられる。通常上映している
ハイビジョン番組「奇跡の旅立ち」と「生命の輪舞」はこ
5m
– 15 –
2.4.2. シアターの上映番組
ミュージアムシアターでは、ハイビジョン番組を 2 本(各
インタラクティブ・クイズ映像は、
「怪人ネイチャーラン
15 分)と、インタラクティブ・クイズ映像を 1 本(20 分)
ドの挑戦」と題した子どもも大人も楽しめるクイズ番組で
の計 3 本を上映している。
ある。これは、怪人ネイチャーランドが盗み出した水晶玉
ハイビジョン番組は、
「生命の星・地球」という博物館
を、来館者がクイズに正解することにより一つずつ取り返
の基本テーマと同じタイトルで常設展示の理解をより深め
していくといったストーリーで、来館者の答えがストーリー
るストーリーを映像で紹介している。2 本の番組タイトル
の展開を変えていくといった、インタラクティブ(相互作用)
は、
「生命の星・地球 奇跡の旅立ち」と「生命の星・地球
型の博物館オリジナル作品となっている。クイズのテーマ
生命の輪舞」である。
「奇跡の旅立ち」では、地球の誕生
は、
「地球は生きている」、
「植物は変身の天才だ!」、
「魚の
から、初期の生命の発生、そしてその生命との相互作用に
サバイバル」
「
、動物の足跡捜査隊」
「
、ヒトの謎を科学する!」
よって生命の星としての条件を整えてきた過程を説明して
の 5 種類である。
いる。
「生命の輪舞」では、生物の上陸以降をフォローし、
インタラクテイブ・クイズは、案内員がクイズの進行を行
進化とともに動物と植物の間の密接な関係を説明すること
い、ハイビジョン映像は、プログラム制御による自動上映
によって、私たち人類のあり方を問うている。
を行っている。
インタラクティブクイズのコース別利用状況
正答率
コース
選択テーマ テーマ別
テーマ
選択した人数
番号
の割合
上映回数
第1問
第2問
1
地球は生きている
4588
4.50%
24
20.60%
39.62%
2
植物は変身の天才だ!
3252
2.30%
12
11.43%
40.22%
3
魚のサバイバル
9121
46.60%
246
71.71%
63.93%
4
動物の足跡捜査隊
7637
28.00%
148
33.87%
59.28%
5
ヒトの謎を科学する
7069
18.60%
98
46.39%
51.13%
2008 年3月 16 日はフェスタ時の特別上映とし、選択テーマはあらかじめ決定した。
第3問
49.45%
26.37%
39.37%
33.52%
33.37%
インタラクティブクイズ観覧者と参加者の関係
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10 月
11 月
12 月
1月
2月
3月
総入館者数
14992 25150 12473 22329 33642 14443 21500 19578
8265 10946 13532 20840
実施回数
34
49
32
48
93
36
40
41
31
40
38
46
観覧者
2406
4964
2300
3776
8510
2407
3098
2949
1299
2379
2382
3691
観覧率
16.05% 19.74% 18.44% 16.91% 25.30% 16.67% 14.41% 15.06% 15.71% 21.73% 17.60% 17.71%
クイズ参加者
2235
3721
1889
3241
7173
2142
2600
2690
1227
2181
2135
3074
参加率
92.89% 74.96% 82.13% 85.83% 84.29% 88.9% 9 83.93% 91.21% 94.4% 6 91.67% 89.63% 83.28%
観覧率=インタラクティブ観覧者数/総入館者数 参加率=クイズ参加者数/インタラクティブ観覧者数
2.4.3. シアターの上映回数
シアター上映プログラム
通常期は、午前・午後にハイビジョン映像「奇跡の旅立
ち」、ハイビジョン映像「生命の輪舞」、インタラクティブ・
クイズ映像「怪人ネイチャーランド」をそれぞれ 1 回ずつ、
計 6 回上映を行っている。
学校休業期と重なるつぎの多客期(4 月 1 日~ 5 日、4
月 29 日~ 5 月 6 日、7 月 18 日~ 8 月 31 日、3 月 26 日
~ 31 日)については、インタラクティブ・クイズを午後に
1 回増やし、計 7 回の上映を行った。
– 16 –
上映回
1
2
3
通常
4
5
6
1
2
3
多客期
4
5
6
7
時間
9:30 ~ 9:45
10:30 ~ 10:45
11:30 ~ 11:50
13:00 ~ 13:20
14:00 ~ 14:15
15:00 ~ 15:15
9:30 ~ 9:45
10:30 ~ 10:45
11:30 ~ 11:50
12:30 ~ 12:50
13:30 ~ 13:50
14:30 ~ 14:45
15:30 ~ 15:45
タイトル
奇跡の旅立ち
生命の輪舞
インタラクティブ
インタラクティブ
奇跡の旅立ち
生命の輪舞
奇跡の旅立ち
生命の輪舞
インタラクティブ
インタラクティブ
インタラクティブ
奇跡の旅立ち
生命の輪舞
2.4.4. その他の利用
講演会に使用し、学会などに会場を提供している。シ
なお、2009 年度については、機器故障により 7 月 15
アターを講演会場などに使用している時は、ハイビジョン
日~ 7 月 22 日の間、ミュージアムシアター上映を休止し
映像をエントランスホールに置いたテレビジョンにて上映
ている。
する。
2.5. ビデオライブラリー
ミュージアムライブラリーに設置されている 2 つのビデオブースで、ハイエイトビデオのビデオライブラリーを公開している。
来館者は、室内に設置されているプログラム一覧より、選択した上映番組を閲覧することができる。上映番組は NHK「地球
大紀行」をはじめとする自然科学番組と投稿ビデオ番組であり、併せて 384 本の番組のビデオライブラリーとなっている。
ビデオライブラリーは、SONY ワークステーション(NWS-1750)のプログラムにより、Hi8 ビデオライブラリーシステムを
管理している。従来、ワークステーションにて上映回数等の情報記録を行っていたが、機器故障により 2009 年度の上映記
録を消失している。
2.6. ミューズ・フェスタ 2010
「開かれた博物館」としての活動の充実と一層の発展を図るため、地元自治体や自治会、博物館友の会などとともに、地域
との交流を深め、県民の参加型事業として開館記念日事業を 2002 年度から実施している。
2.6.1. 開催概要
[日時]
[関連会議]
2009 年 3 月 13 日(土)、14 日(日)の 2 日間
・開館記念日事業懇話会
[場所]
平成 20 年 7 月 3 日(金)
当博物館 エントランスホール、ミュージアムシアター、特
・開館記念日事業実行委員会
別展示室、講義室、他
第 1 回 平成 21 年 9 月 4 日(金)・開催中止
[運営体制]
第 2 回 平成 21 年 10 月 22 日(木)・第1回の議事も併せ
参加団体 : 小田原市入生田自治会、小田原市教育委員会、
て討議
生命の星・地球博物館友の会、当博物館
第 3 回 平成 21 年 12 月 11 日(金)
第 4 回 平成 22 年 2 月 25 日(木)
2.6.2. 催し物等の概要
1. オープニングセレモニー 入生田祭囃子
「アメリカザリガニの在来生態系被害の概論」
(博物館・小田原市入生田自治会共催)
「アメリカザリガニが希少水生昆虫に与える影響とそ
[日時]2010 年 3 月 13 日(土)9 時 30 分〜
の対策」
[場所]博物館エントランスホール
「中池見湿地におけるアメリカザリガニ被害」
[内容]フェスタ 2010 の開催を祝って、地元の入生田山
「磐田市桶ヶ谷におけるアメリカザリガニの大発生と
神神社子供祭囃子のメンバーがお囃子を演奏
その影響」
参加者:90 人
「珠洲市における緊急雇用創出事業を活用したザリガ
ニ駆除」
2. シンポジウム「本当はこわいアメリカザリガニ」
(博物館
主催)
「川崎市麻生区はるひ野・黒川地域における駆除事例」
[日時]2010年 3月 13日(土)13時 30分〜 16時 40分
「川崎市多摩区生田における駆除事例」
[場所]ミュージアムシアター
「小田原市桑原における駆除事例」
[内容]アメリカザリガニが、
在来の生物に与える影響と希
[参加者]180 人
少生物をアメリカザリガニから守るための実践例を学ぶ。
– 17 –
3. すてきな折り紙~恐竜もつくれるよ~
[場所]当館ミュージアムシアター
(小田原市青少年課主催)
[内容]地元のコーラスグループ「エーデルワイス」によ
[日時]2010 年 3 月 13 日(土)10 時〜 15 時
る合唱
[場所]講義室
[参加者]80 人
[内容]折り紙作家の坂田英昭氏の指導による、恐竜や
10.マジックバルーンで遊ぼう(小田原市青少年課主催)
花などの折り紙作り。
[日時]2010 年 3 月 14 日(日)13 時〜 15 時
[参加者]160 人
[場所]エントランスホール
4. オカリナコンサート(博物館主催)
[内容]高校生ボランティアのジュニアリーダーによるバ
[日時]2010年 3月 13日(土)10時 10分〜 11時 10分
ルーンアート作り
[場所]エントランスホール
[参加者]130 人(当日参加)
[内容]土の笛・オカリナとキーボード、ギターとで春に
11. 子ども自然科学ひろば
ふさわしい曲を演奏
(博物館、博物館友の会、入生田自治会主催)
[参加者]130 人
[日時]2010年 3月 13日(土)
・14日(日)10時〜 15時
5. 童謡合唱(博物館主催)
[場所]特別展示室、講義室、実習実験室、前庭
[日時]2010 年 3 月 13 日(土)11 時 30 分〜 12 時
[内容]随時参加して、体験ができる9本のプログラムを
[場所]ミュージアムシアター
実施した
[内容]クレヨンの森保育園の園児による童謡の合唱
・
「折り紙ひろば」
[参加者]174 人(当日参加)
・
「翼竜を飛ばそう」
6. 学芸員と親しむ石垣山の歴史と自然
・
「森の動物たちと遊ぼう」
(小田原市郷土文化館主催)
・
「箱根木工製作実演」
[日時]2010 年 3 月 14 日(日)9 時 30 分〜 14 時
・
「のぞいてみよう!ちっちゃな世界」
[場所]博物館~石垣山・一夜城
・
「ミクロな世界を記念撮影」
[内容]学芸員の解説を交え、石垣山・一夜城の歴史と
・
「にじ色キラキラ~貝ガラをみがこう!」
自然を楽しみながら散策する
・
「宝石をさがそう! パンニング体験」
[参加者]22 人(事前申込)
・
「シュロの葉で昆虫を作ろう」
7「
. 怪人ネイチャーランドの挑戦」特別上映(博物館主催)
[参加者]2,400 人(入場無料)
[日時]2010 年 3 月 14 日(日)10 時〜 11 時 20 分
12. パネル展示・昔の紋様は何で描いた?
[場所]当館ミュージアムシアター
(小田原市郷土文化館主催)
[内容]大人気のインタラクティブクイズ映像、
「地球は
[日時]2010年 3月 13日(土)
・14日(日)10時〜 15時
生きている」、
「動物の足跡捜査隊」、
「植物は変身の天才
[場所]特別展示室
だ !」、
「どうぶつの親子全員集合」、
「魚のサバイバル」、
「動
[内容]原始・古代の土器などにつけられたさまざまな文
物の足跡捜査隊」の 3 タイトルを上映した。
様を、写真パネルや実物で紹介。体験コーナーを併設
[参加者]のべ 230 人(入場無料)
[参加者]250 人(当日参加)
8. 室内アンサンブル(博物館主催)
13. 手作り民芸品コーナー(入生田自治会主催)
[日時]2010年 3月 14日(日)10時 30分〜 11時 30分
[日時]2010年 3月 13日(土)
・14日(日)10時〜 15時
[場所]エントランスホール
[場所]当館講義室
[内容]県内で活動する「ライトハウス・アンサンブル」と
[内容]手作り玩具などの民芸品の展示即売
「大井室内合奏団」のジョイントコンサート
14. 地元入生田物産コーナー(入生田自治会主催)
[参加者]110 人
[日時]2010年 3月 13日(土)
・14日(日)10時〜 15時
9. お昼休みミニ・コンサート(入生田自治会主催)
[場所]当館講義室
[日時]2010 年 3 月 14 日(日)12 時〜 13 時
[内容]地元で採れたミカンや農作物の販売
– 18 –
3. シンクタンク機能
研究機関である博物館を支える学芸員は、県内はもとより、国内外のシンクタンクとしてさまざまな活動を行っている。こ
こでは、それらの活動を各項目ごとに取りまとめた。基本的には当館での活動を中心に項目分けし、各学芸員の自己申告に
基づき掲載している。しかし、記録の困難性から取り上げなかった活動も多い。特に各種資料の同定依頼や市民、マスコミ
などからの各種問い合わせなどのレファレンス業務に関しては、ここでは紹介されていないが相当な時間が費やされている。
3.1. 調査研究事業
調査研究活動に関する要項に基づき、総合研究 2 テーマ、グループ研究 1 テーマ、個別研究 20 テーマに関する研究を行っ
た。以下「研究担当者:研究テーマ」を掲載する。
総合研究
平田大二・笠間友博・新井田秀一・山下浩之・石浜佐栄子・
高橋直樹・河尻清和・谷口英嗣・蛯子貞二・川手新一・
勝山輝男:伊豆諸島青ヶ島の植物相
田中徳久:神奈川県植物群落データベース―詳細データ
ベースの整備―
小田原啓・柴田健一郎:葉山-嶺岡構造帯の地球科
学的研究~神奈川最古の岩石を探る~
樽 創:神奈川県内の第四系産微化石資料の研究
大島光春:日本産イノシシ類化石に関する研究(2)
田口公則:三浦半島北部における化学合成群集化石~鎌
グループ研究
倉天園シロウリガイ化石~
田中徳久・勝山輝男:神奈川県の維管束植物相の特徴
平田大二:伊豆・小笠原弧北端部(伊豆箱根地域)の地
と変遷に関する研究-次の「神奈川県植物誌」へ向
けて-
殻物質と基盤地質構造
笠間友博:石材として利用された箱根起源溶結凝灰岩の
研究
個別研究
新井田秀一:デジタル標高モデル(DEM)を用いた神奈
瀬能 宏 :神奈川県産メダカの保全生物学的研究(2)
川の地形解析
広谷浩子:博物館周辺の哺乳類生息状況について(その
2 )-過去の分布状況との対比を中心に-
山下浩之:南フィリピン海パレスベラ海盆の深成岩類の
岩石学的研究
苅部治紀:トンボ類における地球温暖化に伴う南方種の
石浜佐栄子:大磯丘陵に分布する新第三系の堆積場の
分布拡大について
再検討
佐藤武宏:キサゴ類にみられる対捕食戦略の進化
高桑正敏:神奈川県内のカミキリムシ科甲虫調査
加藤ゆき:神奈川県におけるシジュウカラガンの分布と
生息環境について
新井一政:博物館周辺の両生・爬虫類生息状況調査(石
垣山地区を中心に)
3.2. 研究発表会
前項(3.1.)の調査研究事業に関して、その研究計画発表会を 2009 年 4 月 23 日(木)に博物館講義室で開催した。
また、2009 年の研究成果については 2010 年 4 月 17 日(土)から 5 月 30 日(日)まで特別展示室で開催された「学
芸員の活動報告展」の中で研究成果の展示を行い、これに代えた。研究成果の報告は資料の項(88 ~ 91 ページ)に掲載
した。
3.3. 研究助成金による研究
日本学術振興会科学研究費補助金をはじめ外部助成金による研究と、共同研究や共同施設利用研究などについて、種類
別に「研究代表者(研究代表者を除く当館の分担者、連携研究者*または研究協力者**):研究テーマ」の順に掲載した。
研究組織、研究内容と成果の詳細については、資料の項(96 ~ 97 ページ)に掲載した。
– 19 –
3.3.1. 日本学術振興会科学研究費補助金による研究
基盤研究(A)
基盤研究(C)
松浦啓一ほか(瀬能 宏*):黒潮と日本の魚類相:ベル
笠間友博(平田大二・新井田秀一・山下浩之・石浜佐栄子)
:
トコンベヤーか障壁か
開発で失われた地質情報の収集・公開・教材化
小川義和ほか(平田大二**):科学リテラシーの涵養に
斎藤靖二(平田大二・笠間友博・新井田秀一・山下浩之・
資する科学系博物館の教育事業の開発・体系化と理論
石浜佐栄子):自然と歴史の融合プログラム開発と新し
構築
い博物館教育-火山と築城を例に-
田口公則(大島光春):博学連携による小中学校におけ
基盤研究(B)
下野 洋ほか(田口公則*):子どもの科学的表現を高
る地域地学資料展示の取組と子どもの変容
める環境学習プログラム作成ー自然のパターン把握を
出川洋介(勝山輝男・田中徳久):博物館を介したボラ
通して
ンティア参加型菌類相調査
大島光春(広谷浩子・田口公則・石浜佐栄子):子ども
のための展示開発-自然史博物館にふさわしい展示と
展示プラン-
基盤研究(B)海外学術調査
折橋裕二ほか(平田大二*):超背弧地域に産する玄武
星野卓司ほか(勝山輝男):カヤツリグサ科スゲ属植物の
岩質マグマの成因解明:第4のマグマ生成場として
分子系統解析と分類学的再検討
3.3.2. 各種助成金による研究
財団法人新技術開発財団 植物研究助成
東京地学協会研究・調査助成金
田中徳久(勝山輝男):
『伊豆半島植物誌』のためのデー
平田大二(笠間友博・山下浩之):箱根芦ノ湖湖底の微
タベース構築と地球温暖化の影響評価
地形および地質構造の高精度解析
3.3.3. 共同研究・共同施設利用研究
脆弱な海洋島をモデルとした外来種の生物多様性への
影響とその緩和に関する研究(独立行政法人森林総合
東京大学地震研究所一般共同研究
平田大二:南関東付加体中の凝灰岩ジルコン年代学と火
研究所)
苅部治紀:
(4)侵略的外来種グリーンアノールの食害に
山活動の時空的変遷
より破壊された昆虫相の回復に関する研究
3.4. 著作活動・学会発表等
[学会発表等]
斎藤靖二(さいとう やすじ) 地学(地質学)
[著作・報告書等]
平田大二・斎藤靖二・高橋正樹 , 2009 年 5 月 17 日 , 箱
斎藤靖二(分担執筆), 2009. 写真と図でみる日本の
根火山を中心とする小田原・箱根ジオパーク構想 . 日
地質 . 特定非営利活動法人地質情報整備・活用機構・
本地球惑星科学連合大会 2009 年大会 . 幕張メッセ国
独立行政法人産業技術総合研究所地質調査総合セン
際会議場 .
ター編 , 162pp. オーム社 .
斎藤靖二 , 2010. 日本の自然を支えている地質 . 日本列
広谷浩子(ひろたに ひろこ) 動物学(哺乳類)
島ジオサイト地質百選 II(全国地質調査業協会連合会・
特定非営利活動法人地質情報整備・活用機構 編), iii
[論文]
広谷浩子 , 2009. 霊長類学と博物館の接点は?研究者と
– vii. オーム社 .
市民をつなぐかけ橋としての活動 . 霊長類研究 , 24(4):
斎藤靖二(分担執筆), 2010. 博物館倫理規定に関する
413-420.
調査研究報告書 . 財団法人日本博物館協会(平成 21
広谷浩子 , 2010. 博物館で人類進化を学ぶ-博物館の
年度文部科学省委託事業図書館・博物館における地域
特性をいかした子ども向け学習プログラムの作成・実
の知の拠点推進事業), 116pp.
践について- . 神奈川県立博物館研究報告
(自然科学),
– 20 –
Phoxacromion kaneharai , a new genus and species
39: 39-44.
広谷浩子・長縄今日子 , 2010. 神奈川県丹沢産ツキノワ
of gobiid fish(Teleostei: Perciformes: Gobiidae)
グマの胃内容について . 神奈川県自然誌資料 ,(31):
from the Ryukyu Islands, Japan. Bulletin of the
89-94.
National Museum of Nature and Science, Series A
[普及的著作等]
(Zoology), Supplemnet 4, pp.107-117.
広谷浩子 , 2009. 樹洞探しの旅-特別展「木の洞をの
[著作・著書・調査報告書・資料等]
ぞいてみたら」に寄せて . 自然科学のとびら , 15(2):
瀬能 宏 , 2010. タイワンキンギョ . 野生生物保護学会
12-13.
編 , 野生動物保護の事典 , pp. 9-651. 朝倉書店 , 東京 .
広谷浩子・加藤ゆき , 2009. 森のアパート「樹洞荘」.
瀬能 宏・鈴木寿之 , 2010. ヨコシマイサキ属,ウラウ
特別展図録「樹洞」, pp.5-8, 神奈川県立生命の星・地
チフエダイ,ナガレフウライボラ. 野生生物保護学会編 ,
球博物館;樹洞と哺乳類 . 同書 , pp.9-25, 小田原.
野生動物保護の事典 , pp.648-649, 651-654. 朝倉書
広谷浩子 , 2010. サブ活動が支える子ども講座-人類進
店 , 東京 .
化講座 11 年のまとめから- . 自然科学のとびら ,16
瀬能 宏・高桑正敏 , 2010. 海外産メタリフェルホソア
(1): 2-3.
カクワガタの神奈川県での野外発見例 . 神奈川虫報 ,
広谷浩子 , 2010. もしもクマやヘビに出会ってしまった
(169): 16.
ら.神奈川県立生命の星・地球博物館 編 , 神奈川県
Motomura, H., K. Kuriiwa, E. Katayama, H. Senou,
立生命の星・地球博物館叢書- 1 フィールドワークの
G. Ogihara, M. Meguro, M. Matsunuma, Y. Takata,
達人 . p.22; 山で歩かない調査もある . 同書 . p.51; 野
T. Yoshida, M. Yamashita, S. Kimura, H. Endo, A.
生動物の動きを知る工夫 . 同書 . p.52; 野生動物には
Murase, Y. Iwatsuki, Y. Sakurai, S. Harazaki, K.
名札も背番号もない . 同書 . pp.53-54; 哺乳類調査の
Hidaka, H. Izumi & K. Matsuura, 2010. Annotated
スタイル . 同書 . pp.62-63; こだわり「双眼鏡」. 同書 .
checklist of marine and estuarine fishes of Yaku-
pp.64; 高地での動物観察はハード . 同書 . pp.65; 人
shima Isla nd, Kagoshima, sout her n Japa n. In
間の行動観察好きが高じて . 同書 . pp.108, 東海大学
Motomura, H. and K. Matsuura(eds.), Fishes of
出版会 , 秦野 .
Yaku-shima Island: A world heritage island in the
〔学会発表等〕
Osumi Group, Kagoshima Prefecture, southern
広谷浩子 , 2009 年 7 月 20 日 . 母になること、母でいる
Japan, pp. 65-247. National Museum of Nature and
こと-ニホンザルとヒトの母子関係比較 . 第 25 回日本
Science, Tokyo.
霊長類学会大会 公開シンポジウム , 中部学院大学 ,
瀬能 宏 , 2010. コゲウツボ . 環境省自然環境局野生
各務ヶ原 .
生物課編 , 改訂レッドリスト付属説明資料 : 汽水・淡水
魚類 , p.2. 環境省自然環境局野生生物課 , 東京 ; ナミ
瀬能 宏(せのう ひろし) 動物学(魚類)
ダカワウツボ , 同上 , p. 3; ホシイッセンヨウジ, 同上 , p.
[論文]
8; タニヨウジ, 同上 , p. 9; ヒメテングヨウジ, 同上 , p.
Motomura, H. & H. Senou, 2009. New records of
9; カワボラ, 同上 , p. 10; ヒゲソリオコゼ , 同上 , p. 11;
t he dwarf scorpionf ish, Sebastapistes fowleri
ヨコシマイサキ , 同上 , p. 12; ニセシマイサキ , 同上 , p.
(Actinopterygii: Scorpaeniformes: Scorpaenidae),
13; シミズシマイサキ, 同上 , p. 13; ヒルギギンポ, 同上 ,
from East Asia, and notes on Australian records of
p. 14; カワギンポ , 同上 , p. 15; ドロクイ, 同上 , p. 20;
the species. Species Diversity, 14(1): 1-8.
アミメカワヨウジ, 同上 , p. 28; ナガレフウライボラ, 同
Motomura, H., Y. Sakurai, H. Senou & H.-C. Ho,
上 , p. 28; アカメ, 同上 , p. 30; トゲナガユゴイ, 同上 , p.
2009. Morphological comparisons of the Indo-
31; メダカ北日本集団 , 同上 , p. 41; メダカ南日本集団 ,
West Pacific scorpionfish, Parascorpaena aurita,
同上 , p. 42; ナンヨウタカサゴイシモチ , 同上 , p. 43;
with a closely related species, P. picta , with first
コモチサヨリ, 同上 , p. 52; クルメサヨリ, 同上 , p. 52;
records of P. aurita from East Asia(Scorpaeniformes:
ナンヨウチヌ , 同上 , p. 53; アンピンボラ, 同上 , p. 56;
Scorpaenidae). ZOOTAXA,(2191): 41-57.
オニボラ, 同上 , p. 56; カマヒレボラ, 同上 , p. 57; モン
村瀬敦宣・内野啓道・森田康弘・瀬能 宏 , 2009. 小笠
ナシボラ, 同上 , p. 57; ハナダカタカサゴイシモチ, 同上 ,
原諸島から得られた日本初記録のイソギンポ科シシマ
p. 57; テッポウウオ , 同上 , p. 58; ゴマクモギンポ , 同
イギンポ(新称)Cirrisalarias bunares . 日本生物地理
上 , p. 58; ナリタイトヒキヌメリ, 同上 , p. 59; シラヌイ
学会報 , 64: 47-55.
ハゼ , 同上 , p. 61; 太平洋側湖沼系群のニシン, 同上 , p.
崎山直夫・瀬能 宏・樽 創 , 2010. 相模湾におけるウ
65; 琵琶湖のコイ野生型 , 同上 , p. 65; 有明海のスズキ,
バザメ(ネズミザメ目,ウバザメ科)の出現状況 . 神
同上 , p. 69; 沖縄島のクサフグ, 同上 , p. 71.
奈川自然誌資料 (31):
,
55-58.
[普及的著作等]
S h i b u k a w a , K . , T. S u z u k i & H . S e n o u , 2 010 .
瀬能 宏 , 2009. オオカズナギ . マリンダイビング, 41
– 21 –
(8): 179.
題 . ワークショップ 21 世紀の生物多様性研究(通算
瀬 能 宏 , 2009. 神 奈川のメダカはいま . かもめ広
第 4 回), 生物分布情報から探る生物多様性―観察情
場( 神 奈川県 行 政ネット : http://ss1106/www1106/
報の集積とその利用―, 国立科学博物館日本館 2F 講
kamome/cat2/2009/column200908.html).
堂.
瀬能 宏 , 2009. 生物多様性の基本単位である地域個
体群の保全を企業に求む! 自然保護 (511):
,
34.
苅部治紀(かるべ はるき) 動物学(昆虫類)
瀬能 宏 , 2009. ヤツトゲテンジクダイ. マリンダイビン
[論文]
グ, 41(10): 138.
Clausnitzer, V., V. J. Kalkman, M. Ram, B. Collen, J.
瀬能 宏 , 2009. イレズミハゼ属の 1 種 . マリンダイビ
E.M. Baillie, Matjaz Bedjanic, W. R.T. Darwall, K. B.
ング, 41(12): 157.
Dijkstra, R. Dow, J. Hawking, H. Karube, E. Malikova,
瀬能 宏 , 2010. イナズマヒカリイシモチ . マリンダイビ
D. Paulson, K. Schutte, F. Suhling, R. J. Villanueva,
ング, 42(2): 149.
N. von Ellenrieder, & K. Wilson, 2009. Odonata
瀬能 宏 , 2010. 海で安全に活動するために . 神奈川
enter t he biodiversity crisis debate: The f irst
県立生命の星・地球博物館編 , フィールドワークの達人 ,
global assessment of an insect group. Biological
p. 17. 東海大学出版会 , 秦野 ; 魚類調査のスタイル , 同
Conservation, 142(8): 1864-1869.
上 , pp. 68-73; 人との出会いからエンドレスなワークが
Karube,H., 2010. Endemic insects in the Ogasawara
始まる , 同上 , p. 109.
islands: Negative impacts of alien species and a
瀬能 宏 , 2010. クサウオ属の 1 種 . マリンダイビング,
potential mitigation strategy. Restoring the oceanic
42(4): 133.
island ecosystem. Impact and management of
荒尾一樹・山本裕泰・瀬能 宏 , 2010. 悩ましいボウズ
invasive alien species in the Bonin islands, 133-137.
ハゼ類の色 . 自然科学のとびら , 16(1): 4-5.
Springer.
[学会発表等]
苅部治紀 , 2009. 小笠原諸島のトンボ目の現状、特に固
瀬能 宏 , 2009 年 4 月 26 日 . メダカからみた北川の
有種の保全に向けた取り組みについて . 陸水学雑誌 ,
湿地の重要性 . 第 24 回相模湾海洋生物研究会研究発
70: 239-245.
表会 , 横須賀市自然・人文博物館 .
苅部治紀・守屋博文・林文男 , 神奈川県を中心としたカ
瀬能 宏・馬渕浩司・西田 睦 , 2009 年10月10 日. シー
ワトンボ属の分布 . 神奈川県立博物館研究報告 , 39:
ボルトとビュルゲル収集の日本産コイの標本 . 2009 年
25-34.
度日本魚類学会年会 , 東京海洋大学品川キャンパス .
[著作・著書・報告書・資料集等]
波戸岡清峰・瀬能 宏 , 2009 年 10 月 10-11 日 . 小笠
苅部治紀・小山茂樹 , 2010. 茅ヶ崎市でヤマトオサムシ
原諸島から採集されたウツボ科ウツボ属魚類の 1 未記
ダマシを再発見 . 神奈川虫報 (170):
,
10.
載種 . 2009 年度日本魚類学会年会 , 東京海洋大学品
秋山秀雄・苅部治紀 , 2010. 衝突版トラップ調査により
川キャンパス .
採集された西丹沢主稜部のカミキリモドキ科甲虫 . 神奈
渡井幹雄・森田康弘・瀬能 宏 , 2009 年 10 月 10-11 日 .
川虫報 (170):
,
37-39.
Stegastes insularis(スズメダイ科クロソラスズメダイ
苅部治紀・高桑正敏編 , 2010. 川崎市麻生区産を中心と
属)の分布に関する新知見 . 2009 年度日本魚類学会
した中山周平コレクション目録 , 神奈川虫報 ,(170):
年会 , 東京海洋大学品川キャンパス .
43-71.
瀬能 宏 , 2009 年 10 月 12 日 . 国内外来種とは何か?
苅部治紀 , 2009. 総論:昆虫の現状と保全への取り組
日本魚類学会市民公開シンポジウム : 国内外来魚問題
み . 特集「小笠原の昆虫の現状と保護」. 昆虫と自然 ,
の現状と課題 , 東京海洋大学品川キャンパス .
(581): 2-5.
瀬能 宏 , 2009 年 11 月 15 日 . 標準和名に求められる
西原昇吾・苅部治紀 , 2009. 池や田んぼの虫が消えた南
ものとは何か? 日本鞘翅学会第 22 回大会・日本昆虫
関東 . 昆虫と自然 (576):
,
13 - 20.
学会関東支部第 46 回大会合同大会公開シンポジウム :
苅部治紀 , 2009. 福岡県の水生昆虫の生息地保全や種
昆虫の和名について考える , 東京農業大学厚木キャン
の保護 . 福岡県の水生昆虫 , pp.160-176.
パス .
西原昇吾・苅部治紀,2010.水辺の侵略的外来種の排
瀬能 宏 , 2009 年 12 月 8 日 . 市民参加による画像デー
除手法,保全生態学の技法、pp.179-200. 東京大学
タベースの構築と学術研究への応用 , そして課題 . 東
出版会.
京大学海洋研究所共同利用シンポジウム : 水族館にお
[普及的著作]
ける水生生物研究と教育 , 現状と展望 , 東京大学海洋
苅部治紀 , 2009. 森のアパート樹洞の生き物たち4 珍
研究所 .
品昆虫のすみか . しんぶん赤旗 8 月 20 日 .
瀬能 宏 , 2009 年 12 月 14 日 . 市民参加による魚類画
苅部治紀 , 2009. 森のアパート樹洞の生き物たち6 樹
像データベースの構築と学術研究への応用,そして課
洞を動物を守ろう . しんぶん赤旗 9 月 3 日 .
– 22 –
苅部治紀・高桑正敏 , 2009. 樹洞と昆虫たち . 特別展
使ったデータ管理の工夫 , 同書 , pp.36-37; これも一
図録「樹洞」, p. 58;オオチャイロハナムグリ . 同書 ,
つのセレンディピティ?, 同書 , p.37; 後片づけ , 同書 ,
pp.65-66;オニホソコバネカミキリ . 同著 , pp.74-78;
p.38; 枠を区切って詳しく調べる , 同書 , p.57; 海岸線
ベニボシカミキリ類 . 同書 ,pp. 79;キイロハラビロトン
は変化する , 同書 , pp.58-59; 夜のフィールド , 同書 ,
ボ . 同書 , pp.80-81;埋められる樹洞 . 同書 , p.94.;原
p.59; 目をならすと見えてくる,水の生きもの , 同書 ,
生林と樹洞 . 同書 , p. 100, 小田原.
p.60; 底生生物調査のスタイル , 同書 , pp.74-77; こだ
苅部治紀 , 2009. 油断が命にかかわる池や湿地 . フィー
わり「耐水紙」, 同書 , p.78; こだわり「ザルとボウル」,
ルドワークの達人 , p.18.
同書 , p.79; こだわり「レジ袋」, 同書 , p.80-81; 角度
[学会発表等]
を測って線を引く , 同書 , p.106; 本の虫,フィールドへ
苅部治紀 , 2009 年 8 月 30 日 . 神奈川県および山梨県
出る , 同書 , p.110. 東海大学出版会 , 秦野 .
におけるホソミイトトンボの急速な分布拡大について .
佐藤武宏 , 2010. なぜカニは横歩きしかできないの?
日本蜻蛉学会大会 , 東北大学農学部 .
……脚の関節の動き方と生活で決まる . 子供の科学 ,
Yamaki,A., M. Shimomura, H. Karube & T. Kikuchi,
73(3): 46.
Sept.20-24.2009. Asellote isopod (Crustacea:
Isopoda)from soil habitats. The Crustacean Society
加藤ゆき(かとう ゆき) 動物学(鳥類)
Summer Meeting, Tokyo, Japan. (Poster session).
[普及的著作]
苅部治紀・北野忠・永幡嘉之・西原昇吾 , 2009 年 11 月
加藤ゆき , 2009. 「かもめ」のはなし . かもめ広場 , 神
14 日 . 侵略的外来種の侵入が希少ゲンゴロウ類の生
奈川県庁内報(イントラネット).
息に及ぼす影響 . 日本鞘翅学会・日本昆虫学会関東
広谷浩子・加藤ゆき , 2009. 森のアパート「樹洞荘」.
支部合同大会 , 東京農業大学(ポスター発表).
特別展図録 樹洞 , pp.5-8. 神奈川県立生命の星・地
苅部治紀・北野忠・永幡嘉之・西原昇吾 , 2009 年 11 月
球博物館 .
14 日 . ミズスマシの危機的な生息状況 . 日本鞘翅学
加藤ゆき , 2009. フクロウのすむ樹洞 . 自然科学のとび
会大会・日本昆虫学会関東支部合同大会 . 東京農業
ら , 15(2): 9.
大学 .
加藤ゆき , 2009. 外来種も樹洞で子育て ワカケホンセ
苅部治紀・戸田光彦 , 2009 年 12 月18 日 . グリーンアノー
イインコ . 特別展図録 樹洞 , p.52;意外!樹洞で卵
ルの昆虫群集への影響と個体群管理 . 国際シンポジ
を温めるカモ オシドリ . 同書 , pp.32-33;炎の鳥 ア
ウム「南の島のエイリアン~小笠原・沖縄の外来種
カショウビン. 同書 , pp.45-46;樹洞で子育て フクロ
管理~」. 東京大学弥生講堂 .
ウ . 同書 , pp.38-41;樹洞で子育てをする小鳥 . 同書 ,
苅 部 治 紀・北 野忠・田島文 忠・永 幡 嘉之・西原昇吾 ,
pp.47-50;樹 洞の宝石 ブッポウソウ . 同書 , pp.42-
2010 年 3 月 16 日 . 絶滅危惧種マルコガタノゲンゴロ
44;樹洞の代わりにみつけたもの . 同書 , pp.95-96;樹
ウの生息現状と絶滅原因-とくに水質から見た環境条
洞の作り手 キツツキ アオゲラ. 同書 , pp.34-37;樹
件-.日本生態学会第 57 回全国大会. 東京大学理学部 .
洞を使う鳥たち . 同書 , p.31;子育ては樹洞をふさいで
戸田光彦・苅部治紀 , 2010 年 3 月 17 日 . 小笠原諸島に
安全に オオサイチョウ. 同書 , p.51 小田原 .
おける外来生物ウシガエルの根絶達成 . 日本生態学会
加藤ゆき , 2009. 樹洞を作る鳥 使う動物 . しんぶん赤
第 57 回全国大会 . 東京大学理学部 .
旗(2009 年 8 月 27 日付).
加藤ゆき , 2009. . 神奈川県立生命の星・地球博物館 .
加藤ゆき , 2009. 小鳥の混群はどこで何をしている?.
佐藤武宏(さとう たけひろ) 動物学(無脊椎動物)
[その他学術的著作]佐藤武宏 , 2010. 書評「太古の光
はばたき (452):4.
,
景―先史世界の初期絵画表現―」. 化石 (87):
,
105-
加藤ゆき , 2009. ナベヅルのお食事メニューは多彩!.
106.
Birder, 23(11):41.
[普及的著作]
加藤ゆき , 2010. 安全確保・応急処置・通報 . 神奈川県
佐藤武宏 , 2009. 密航する海の生きもの . かもめ広場 ,
立生命の星・地球博物館編 , 神奈川県立生命の星・地
(2009.10). http://fs1167/www1167/kamome/
球博物館叢書1 フィールドワークの達人 , pp.27-28;
backnumber/2009/200910.html
鳥類調査のスタイル . 同書 , pp.66-67. 東海大出版会 ,
佐藤武宏 , 2010. フィールドへの旅を楽しむスケジュー
秦野 .
ルを . 神奈川県立生命の星・地球博物館 編 , 神奈川
[学会発表]
県立生命の星・地球博物館叢書- 1 フィールドワーク
加藤ゆき , 2009 年 9 月 20 日 . 博物館資料としての有害
の達人 , p.6; 出かける前にもう一度確認しておきたい
鳥獣駆除個体の活用 . 日本鳥学会 2009 年度大会 , 北
こと , 同書 , p.7; 穴が空いてた!, 同書 , p.8; 干潟では
海道大学水産学部 .
潮に注意 , 同書 , p.16; 海辺の危険な生きもの , 同書 ,
pp.23-24; 日焼けにご用心 , 同書 , p.26; パソコンを
– 23 –
勝山輝男(かつやま てるお) 植物学(維管束植物)
田中徳久(たなか のりひさ) 植物学(植物生態)
[論文]
[著書・調査報告・資料等]
勝山輝男・織田二郎 , 2009. コウヤハリスゲの屋久島産
田中徳久 , 2009. 台湾の植生景観の一端 . 横浜植物会
新変種,コケハリガネスゲ. 植物研究雑誌 , 84: 191-
年報 (38):
,
48-50. 横浜植物会 , 横浜 .
193.
鈴木照夫・飯野瑞子・田中徳久 , 2009. こども植物園
勝山輝男 , 2010. 北海道に帰化した日本新産帰化植物コ
2008 年の標本登録状況 . 横浜植物会年報 ,(38):
ツブアメリカヤガミスゲ. 莎草研究 (15):
,
1-6.
134-137.
[著書・調査報告・資料等]
渡邊重彦・田中徳久 , 2009. 植物研究雑誌にみる横浜
勝山輝男 , 2009. セリ科の新帰化植物ホシケチドメグサ.
植物会 . 横浜植物会創立 100 周年記念事業委員会編 ,
Flora Kanagawa,(69): 836.
横浜植物会の歴史-創立 100 周年記念誌- . pp.75-
勝山輝男 , 2009. ヤンバルハコベとオムナグサ. 横浜植物
83.
会創立 100 周年記念事業委員会編 , 横浜植物会の歴
渡邊重彦・田中徳久 , 2009. 横浜植物会年報総目次(創
史-創立 100 周年記念誌- . pp.341-344. 横浜植物会
刊号~第 38 号). 横浜植物会創立 100 周年記念事業
高桑正敏・勝山輝男・加藤ゆき . 2010. 秦野市渋沢丘陵
委員会編 , 横浜植物会の歴史-創立100周年記念誌-.
2009 年のアカボシゴマダラ . 神奈川虫報 ,(169):65-
pp.153-173.
66.
田中京子・渡邊重彦・田中徳久 , 2009. 会の例会の記
勝山輝男 , 2010. 伊豆諸島青ヶ島のスゲ属植物 . 莎草研
録(2)
(1971〔昭和 46〕年から 2009〔平成 21〕年).
究 (15):
,
7-9.
横浜植物会創立 100 周年記念事業委員会編 , 横浜植
矢野興一・正木智美・勝山輝男・星野卓二 , 2010. 大隅
物会の歴史-創立 100 周年記念誌- . pp.193-200.
諸島黒島(鹿児島県)のスゲ属植物 . 莎草研究 (15):
,
田中徳久 , 2009. 植物の学名に名を遺す横浜植物会会
11-19.
員 . 横浜植物会創立 100 周年記念事業委員会編 , 横
正木智美・矢野興一・勝山輝男・林 佳貴・星野卓二 ,
浜植物会の歴史-創立 100 周年記念誌- . pp.215-
2010. 対馬
(長崎県)で採集したスゲ属植物 . 莎草研究 ,
227.
(15): 29-40.
渡邊重彦・田中徳久 , 2009. 横浜植物会とその会員が
[普及的著作等]
携わった著作 . 横浜植物会創立 100 周年記念事業委
勝山輝男 , 2009. 木の立場から樹洞を考える . 自然科学
員会編 , 横浜植物会の歴史-創立 100 周年記念誌- .
のとびら , 15(2): 14.
pp.228-232.
勝山輝男, 2009. 樹洞ができるしくみ . 特別展図録 樹洞 ,
渡邊重彦・田中徳久 , 2009. 横浜植物会の顧問と運営
pp.1-2.;樹洞のいろいろ . 同書 , pp.98-99. 神奈川県立
委員、会員の伝記と記録、追悼文 . 横浜植物会創立
生命の星・地球博物館 . 小田原.
100 周年記念事業委員会編 , 横浜植物会の歴史-創立
勝山輝男 , 2010. 気候と気象の見方を身につける . 神奈
100 周年記念誌- . pp.240-242.
川県立生命の星・地球博物館編 , 神奈川県立生命の星・
高橋秀男・田中徳久 , 2009. 宮代コレクションのレッド
地球博物館叢書-1 フィールドワークの達人 , p.4; 山
データ植物と海外の標本 . 横浜植物会創立 100 周年
での歩き方 . 同書 , p.11; 山で道に迷わない方法 . 同書 ,
記念事業委員会編 , 横浜植物会の歴史-創立 100 周
p.13; もし道に迷ったら . 同書 , p.14; 天気の変化を予
年記念誌- . pp.298-319.
測する
「観天望気」. 同書 , p.19; ツタウルシにはご用心 .
田中徳久 , 2009. 横浜の植物相の特徴 . 横浜植物会創
同書 , p.25; まずは樹木から憶えよう . 同書 , p.47; 植
立 100 周年記念事業委員会編 , 横浜植物会の歴史-
物図鑑を使いこなす. 同書 , p.48; 自分のフィールドを
創立 100 周年記念誌- . pp.345-350.
もってみよう . 同書 , p.49; 植物調査のスタイル . 同書 ,
田中徳久 , 2009. 丹沢山地と箱根山地の植物相の相違 .
pp.86-88; コラム「森のデザート」. 同書 , p.89; もとも
横浜植物会創立 100 周年記念事業委員会編 , 横浜植
と山が好きだった . 同書 , p.112. 東海大出版会 , 秦野 .
物会の歴史-創立 100 周年記念誌- . pp.362-366.
[学会発表等]
田中徳久 , 2010. 茅ヶ崎市でコバナヤマモモソウ. Flora
勝山輝男 , 2009 年 5 月 30 日 . 南西諸島のオキナワヒメ
Kanagawa,(69): 843. 神奈川県植物誌調査会 , 小田
ナキリとアマミナキリスゲ. 第 20 回すげの会全国大会
原.
(福島大会)
,福島県白河市ホテル&コテージ白河関の里.
[普及的著作等]
鈴木宗典・下村昌也・伊藤隆・田中徳久・勝山輝男・關光・
佐々木あや子・田中徳久 , 2009. 丹沢谷太郎林道の春
村中俊哉 , 2009 年 9 月 17 日
(木)~ 20 日
(日). 伊豆・
植物(当日観察した主な植物)-平成 20 年度例会報
三浦半島固有キク植物におけるテルペノイドの解析 . 日
告- . 横浜植物会年報 ,(38): 81-82. 横浜植物会 ,
本植物学会第 73 回大会 , 山形大学 .
横浜 .
飯野瑞子・田中徳久 , 2009. 伊豆天城山のアマギシャク
ナゲ観察会(当日観察した主な植物)-平成 20 年度
– 24 –
例会報告- . 横浜植物会年報 ,(38): 85-87. 横浜植
シジラミの採集例 . 神奈川虫報 (166):
,
50-51.
物会 , 横浜 .
[学会発表]
佐々木あや子・田中徳久 , 2009. 箱根芦ノ湖西岸を歩く
清水優衣・大石和恵・鈴木倫太郎・田島木綿子・角田恒雄・
植物観察会(当日観察した主な植物)-平成 20 年度
山田格・坂東武治・藤瀬良弘・樽 創・村山司・丸山正 ,
例会報告- . 横浜植物会年報 ,(38): 99-100. 横浜
2009 年 5 月 30 日・31 日 . 鯨類における SLAM 分子
植物会 , 横浜 .
のモービリウイルス結合部位の解析. マリンバイオテク
田中徳久 , 2009. 横浜植物会の 100 周年に寄せて . 横
ノロジー学会 第 12 回大会 , 東京都・早稲田大学 .
浜植物会創立 100 周年記念事業委員会編 , 横浜植物
Ohishi, K., Y., Shimizu, R. Suzuki, Y., Tajima, T.
会の歴史-創立 100 周年記念誌- . pp.278-280.
Kakuda, T. Yamada, T. Bando, Y. Fujise, H. Taru, T.
田中徳久 , 2009. 古瀬義氏植物標本コレクション. 自然
Murayama & T. Maruyama, October 8-10, 2009.
科学のとびら ,(15)4: 31-32. 神奈川県立生命の星・
Signaling lymphocyte activation molecule(SLAM),
地球博物館 , 小田原 .
a moribillivirus receptor, in cetaceans: varations of
田中徳久 , 2009. 台湾大学での “協議合作備忘録簽約
the interface to the morbillivirus. 9th International
儀式” 報告 . 自然科学のとびら ,(16)1: 6. 神奈川県
Marine Biotechnology Conference(IMBC2010).
立生命の星・地球博物館 , 小田原 .
Quebec City Convention Centre, Quebec, Canada.
田中徳久 , 2010. 体のスケールと心の物差し . 神奈川県
立生命の星・地球博物館編 , 神奈川県立生命の星・地
大島光春(おおしま みつはる) 古生物学(哺乳類)
球博物館叢書-1 フィールドワークの達人 , p.50; 植
[著書・調査報告・資料等]
生調査のスタイル . 同書 , p.85. 東海大出版会 , 秦野 .
石浜佐栄子・大島光春・広谷浩子・田口公則 , 2010. 塗
[学会発表等]
り絵をコミュニケーションツールに使った子どものため
鈴木宗典・下村昌也・伊藤隆・田中徳久・勝山輝男・關光・
の展示について―2009 年度特別展における「ぬりえ
村中俊哉 , 2009 年 9 月 17 日(木)~ 20 日(日). 伊
de おめん」コーナーの実施報告―. 神奈川県立博物
豆・三浦半島固有キク植物におけるテルペノイドの解析 .
館研究報告(自然科学),(39): 45-52.
日本植物学会第 73 回大会 , 山形大学 .
大島光春・一寸木肇・飯島俊幸・斎藤有紀雄・露木和男・
田中徳久 , 2010 年 3 月 25 日(金)~ 28 日(日). 『伊
田口公則 , 2010. 小・中学校で学校ミュージアムを展
豆半島植物誌』のためのデータベース構築 . 日本植物
開する . 2007 ~ 2009 年度科学研究補助金基盤研究
分類学会第 9 回大会 , 愛知教育大学 .
(C)研究報告書 博学連携による小中学校における地
田中徳久 , 2010 年 3 月 28 日(日). 『伊豆半島植物誌』
域地学資料展示の取組と子どもの変容 , pp.4-5.
のためのデータベース構築 . 日本植物分類学会第 9 回
大島光春 , 2010. 学校で行う展示-簡単で見栄えの良い
大会公開シンポジウム「生物多様性保全における拠点
展示の小技 . 2007 ~ 2009 年度科学研究補助金基盤
機関の役割―COP10 を契機として」, 名古屋市科学館
研究(C)研究報告書 博学連携による小中学校にお
サイエンスホール .
ける地域地学資料展示の取組と子どもの変容 , pp.2224.
[普及的著作等]
樽 創(たる はじめ) 古生物学(哺乳類)
[論文]
大島光春 , 2009. 子どものための展示を考える . 自然科
Endo, H., H. Kobayashi, D. Koyabu, A. Hayashida, T.
学のとびら , 15(3): 23-24.
Jogahara, H. Taru, M. Oishi, T. Itou, H. Koie and T.
大島光春 , 2009. フィールドノート(野帳)のつけかた .
Sakai, 2009. The Morphological Basis of the Armor-
神奈川県立生命の星・地球博物館編 , 神奈川県立生命
Like Folded Skin of the Greater Indian Rhinoceros
の星・地球博物館叢書-1 フィールドワークの達人 ,
as a Thermoregulator. Mammal Study. 34(4):
p.30; スケッチの効果 . 同書 , p.33; 化石発掘のスタイ
195-200.
ル. 同書 , pp.90-93; フィールドは博物館 . 同書 , p.113.
Zin-Maung-Maung-Thein, Taru H., Takai M. & Fukuchi
東海大出版会 , 秦野 .
A., 2009. Rhinocerotid(Mammalia, Perissodactyla)
[学会発表等]
from the Late Miocene Oiso Formation, Kanagawa
笠間友博・山下浩之・平田大二・新井田秀一・石浜佐栄子・
Prefecture, Japan. Paleontological Research, 13(2)
:
大島光春・田口公則 , 2009 年 5 月 17 日 . 2520 人で
207-210.
つくった箱根火山 . 日本地球惑星科学連合 2009 年大
崎山直夫・瀬能 宏・樽 創 , 2010. 相模湾におけるウ
会 , 幕張メッセ国際会議場 .
バザメ(ネズミザメ目,ウバザメ科)の出現状況 . 神
田口公則・大島光春・一寸木肇・飯島俊幸・斎藤有紀雄・
奈川県自然誌資料 (31):
,
55-58.
露木和男 , 2009 年 8 月 23 日 . 学校ミュージアムの可
[著作・著書・調査報告書・資料等]
能性~地域地学資料の蓄積と活用 . 日本地学教育学
山内健生・樽 創 , 2009. 神奈川県初記録となるイノシ
会第 63 回全国大会 , 三重大学 .
– 25 –
田口公則・大島光春 , 2009 年 2 月 26 日 . 学校にミュー
探偵~地質調査の楽しみ . 同書 , p.114. 神奈川県立
ジアム文化を広げよう 博物館の活動プロセスの共有を
生命の星・地球博物館編 , 神奈川県立生命の星・地球
取り入れた博学連携 . 全国科学博物館協議会第 17 回
博物館叢書1 フィールドワークの達人 , 東海大出版
研究発表大会(ポスター発表), 仙台市科学館 .
会 , 秦野 .
田口公則 , 2010. 高い視点から位置を知る . 神奈川県
立生命の星・地球博物館 友の会通信 , 13(4): 4-5.
田口公則(たぐち きみのり) 古生物学(貝類)
[論文]
[学会発表等]
奥村 清・田口公則 , 2009. 福岡県海の中道海岸で採
笠間友博・山下浩之・平田大二・新井田秀一・石浜佐栄子・
集された現生カズウネイタヤ. ちりぼたん , 39(3-4):
大島光春・田口公則 , 2009 年 5 月 17 日 . 2520 人で
170-175.
つくった箱根火山 . 日本地球惑星科学連合 2009 年大
会 , 幕張メッセ国際会議場 .
[著作・著書・調査報告書・資料等]
石浜佐栄子・大島光春・広谷浩子・田口公則 , 2010. 塗
宇都宮正志・田口公則・間嶋隆一・和田秀樹・中村章子・
り絵をコミュニケーションツールに使った子どものため
岡田誠 , 2009 年 5 月 19 日 . 鮮新統上総層群浦郷層
の展示について―2009 年度特別展における「ぬりえ
から産出する冷湧水性化学合成化石群集 . 日本地球惑
de おめん」コーナーの実施報告―. 神奈川県立博物
星科学連合 2009 年大会 , 幕張メッセ国際会議場 .
田口公則・大島光春・一寸木肇・飯島俊幸・斎藤有紀雄・
館研究報告(自然科学),(39): 45-52.
田口公則 , 2010. 博物館等を活用した環境学習のあり方.
露木和男 , 2009 年 8 月 23 日 . 学校ミュージアムの可
能性~地域地学資料の蓄積と活用 . 日本地学教育学
下野科研報告書(印刷中)
田口公則 , 2010. 学校ミュージアムへの想い . 2007 ~
会第 63 回全国大会 , 三重大学 .
2009 年度 科 学 研 究 補助金基盤 研 究(C)研 究報告
田口公則・大島光春 , 2010 年 2 月 26 日 . 学校にミュー
書 博学連携による小中学校における地域地学資料展
ジアム文化を広げよう 博物館の活動プロセスの共有を
示の取組と子どもの変容 , p.3.
取り入れた博学連携 . 全国科学博物館協議会第 17 回
大島光春・一寸木肇・飯島俊幸・斎藤有紀雄・露木和男・
研究発表大会(ポスター発表), 仙台市科学館 .
田口公則 , 2010. 小・中学校で学校ミュージアムを展
田口公則 , 2010 年 3 月 6 日 . 博物館と学校の連携-化
開する . 2007 ~ 2009 年度科学研究補助金基盤研究
石ローンキットプログラムの思想- . 第 3 回博学連携
ワークショップ, 船の科学館 .
(C)研究報告書 博学連携による小中学校における地
域地学資料展示の取組と子どもの変容 , pp.4-5.
田口公則・門田真人 , 2010. 出前授業でミニミュージア
平田大二(ひらた だいじ) 地学(鉱物)
ム~地域の化石と石ころ . 2007 ~ 2009 年度科学研
[本論文]
究補助金基盤研究(C)研究報告書 博学連携による
平田大二・斎藤靖二・永幡寛三・寺島靖夫・岡田嘉夫・
小中学校における地域地学資料展示の取組と子どもの
加藤 昭 , 2010. 神奈川県山北町人遠の神縄逆断層
変容 , pp.16-18.
破砕帯中の赤鉄鉱-石英岩中の海緑石 . 神奈川県立
[普及的著作等]
博物館研究報告(自然科学),(39): 21-24pp,神奈
田口公則 , 2009. にじ色キラキラ,貝殻みがき . 初等理
川県立生命の星・地球博物館 .
[著書・調査報告・資料等]
科教育 , 43(5): 34-35.
Maruyama, S., S.Yanai, Y. Isozaki and D. Hirata, 2009.
田口公則 , 2009. 身近な素材で学校ミュージアム . 理科
教室 , 52(8): 94-95.
Japan's Island, Geology. Encycropedia of Islands.
Edit. R. G. Gillespie and D. A. Clague, 500-506, Univ.
田口公則 , 2009. ワークショップ “貝殻みがき” を研く .
自然科学のとびら , 15(3): 18-19.
California Press, Berkeley.
[普及的著作等]
田口公則 , 2009. 若い地層ほどベールに包まれる !? か
平田大二 , 2009. 自然系博物館の未来②小中学校との
もめ広場 かながわコラム , 2009 年 4 月記事 神奈川
県行政ネットワーク内 , 神奈川県 .
連携 . 科学 , 79(6): 688-691, 岩波書店 .
田口公則 , 2010. 地図を見よう . 神奈川県立生命の星・
平田大二 , 2010. 博物館が伝えるべきもの . 科学 , 80
地球博物館編 , 神奈川県立生命の星・地球博物館叢書
(3):225-227, 岩波書店 .
-1 フィールドワークの達人 , p.5; コレ,忘れて困っ
平田大二・岡田 篤・澤野 誠 , 2010. 博物館の活用で
た!電池切れだ! 同書 , p.8; 地形と自分の位置の記
理科授業を改革する-神奈川県立生命の星・地球博物
録法 . 同書 , pp.31-32; デジタルカメラ活用法 . 同書 ,
館での取り組みを通じて- . 理科の教育 , 59
(3):13-17,
日本理科教育学会 .
p.34; フィードの音集め . 同書 , p.35; 五感でフィールド
を読み取る . 同書 , p.55; 地質調査のスタイル . 同書 ,
平田大二 , 2010. サンフランシスコ&デンバー科学博物
館訪問記 . 神奈川県博物館協会報 (81):
,
53-63.
pp.94-96; こだわりクリノメーター . 同書 , p.97; フィー
平田大二 , 2010. 小田原・箱根地域の魅力的なジオパー
ルドで危険な目にあったこと . 同書 , p.106; 気分は名
– 26 –
ク資源-地形・地質 . 科学 EYES,51(2): 7-12, 神奈
露頭はどこにある. 同書, p.40; 波の特性を知る. 同書,
川県立川崎図書館 .
p.41; 風化を見分ける . 同書 , p.42; 地形と地層 同書 ;
[学会発表等]
pp.56; 火山灰調査のスタイル 同書 , pp.98-100; 油性
平田大二・齋藤靖二・高橋正樹 , 箱根火山を中心とした
ペン. 同書, p.99; 同書, 写真のスケールに1円玉を使う.
小田原・箱根ジオパーク構想 . 日本地球惑星科学連合
同書 , p.100; こだわり「岩石ハンマー」練習する人はい
2009 年大会 , 2009 年 5 月 17 日 , 幕張メッセ国際会
ないが,本当は練習が必要な道具 . 同書,p.101; こだ
議場 , 千葉 .
わり「岩石ハンマーのいろいろ」. 同書 , p.102; こだわ
笠間友博・山下浩之・平田大二・新井田秀一・石浜佐栄
り「草削り鎌」. 同書 , p.103; こだわり「長靴」. 同書 ,
子・大島光春・田口公則 , 2009 年 5 月 17 日 . 2520
p.105; 野外に出かけるのが日課 . 同書 , p.115, 東海大
人でつくった箱根火山~神奈川県立生命の星・地球博
学出版会 , 秦野 .
物館 箱根火山特別展ワークショップ報告~ . 日本地
[学会発表等]
球惑星科学連合 2009 年大会 , 幕張メッセ国際会議場.
笠間友博・山下浩之・平田大二・新井田秀一・石浜佐栄
根元謙次・坂本泉・滝野義幸・古河秀朗・藤巻三樹雄・
子・大島光春・田口公則 , 2009 年 5 月 17 日 . 2520
奈良宏平・椎野紗和日・佐野弘弥・山本聡一・作田理
人でつくった箱根火山~神奈川県立生命の星・地球博
香・高田真之介・斉藤靖二・平田大二・山下浩之・新
物館 箱根火山特別展ワークショップ報告~ . 日本地
井田秀一・石浜佐栄子・小田原啓 , 2009. 相模湾西部
球惑星科学連合 2009 年大会 , 幕張メッセ国際会議場.
根府川,白糸川河口周辺海域で観察された地すべり地
笠 間 友 博・萬 年一 剛・町 田 洋 , 2009 年 5 月 21 日 .
形 . 日本地質学会第116 学術大会 , 9月, 岡山理科大学 .
箱根火山活動期における外来角閃石型テフラ(予報).
日本地球惑星科学連合 2009 年大会 , 幕張メッセ国際
会議場.
新井田秀一(にいだ しゅういち) 環境科学
[論文]
新井田秀一 , 2010. 解像力の異なる数値標高モデルを用
山下浩之(やました ひろゆき) 地学(岩石)
いた傾斜量図による地形表現 . 神奈川県立博物館研
[著作・著書・調査報告書・資料等]
究報告(自然科学),(39): 1-19.
山下浩之 , 2009.8. 岩石学的検討による石材給源の推定
[学会発表等]
~箱根火山の安山岩を例に~ . 科学研究費補助金「中
笠間友博・山下浩之・平田大二・新井田秀一・石浜佐栄
世における石材加工技術~安山岩製石造物の加工と分
子・大島光春・田口公則 , 2009 年 5 月 17 日 . 2520
布~」発表資料集 , 1-8. 国立歴史民俗博物館 .
人でつくった箱根火山~神奈川県立生命の星・地球博
小田原啓・林広樹・山下浩之 , 2009.12. 神奈川県二宮
物館 箱根火山特別展ワークショップ報告~ . 日本地
町梅沢海岸の谷戸層の微化石年代 . 神奈川温地研報
球惑星科学連合 2009 年大会 , 幕張メッセ国際会議場 .
告 , 41; 47-50.
根元謙次・坂本泉・滝野義幸・古河秀朗・藤巻三樹雄・
奈良宏平・椎野紗和日・佐野弘弥・山本聡一・作田理香・
高田真之介・斉藤靖二・平田大二・山下浩之・新井田秀一・
石浜佐栄子・小田原啓 , 2009 年 9 月 6 日 . 相模湾西
[普及的著作]
山下浩之 , 2008.9. 「しんかい 6500」から見た海底 . 自
然科学のとびら , 15(3): 17.
山下浩之 , 2009.9. 「しんかい 6500」潜航記 . 自然科
部根府川,白糸川河口周辺海域で観察された地すべり
学のとびら , 15(3): 20-21.
地形 . 日本地質学会第 116 学術大会 , 9 月 , 岡山理科
[学会発表等]
大学 .
笠間友博・山下浩之・平田大二・新井田秀一・石浜佐栄
子・大島光春・田口公則 , 2009 年 5 月 17 日 . 2520 人
笠間友博(かさま ともひろ) 地学(火山)
でつくった箱根火山~神奈川県立生命の星・地球博物
[普及的著作]
館 箱根火山特別展ワークショップ報告~ . 日本地球
笠間友博・林 信太郎・萬年一剛 , 2009. 特定非営利
惑星科学連合 2009 年大会 , 幕張メッセ国際会議場.
法人日本火山学会第 16 回公開講座 火山学者と火山
根元謙次・坂本泉・滝野義幸・古河秀朗・藤巻三樹雄・
をつくろう! in 箱根・小田原 テキスト . 特定非営利
奈良宏平・椎野紗和日・佐野弘弥・山本聡一・作田理香・
活動法人日本火山学会 , 東京 , 26p.
高田真之介・斉藤靖二・平田大二・山下浩之・新井田秀一・
笠間友博 , 2009. 箱根火山 6 万 6 千年前の大噴火と謎 .
石浜佐栄子・小田原啓 , 2009 年 9 月 6 日 . 相模湾西
自然科学のとびら , 15(4): 26-27.
部根府川,白糸川河口周辺海域で観察された地すべり
笠間友博 , 2010. コレ,忘れて困った!サンプル袋がない .
地形 . 日本地質学会第 116 学術大会 , 9 月 , 岡山理科
神奈川県立生命の星・地球博物館叢書-1フィールド
大学 .
ワークの達人 , p.8; 移動手段はいろいろ . 同書 , p.10;
造成地での調査手続き . 同書 , p.12; 磯では濡れた場
石浜佐栄子(いしはま さえこ) 地学(堆積学)
所をチェック. 同書 , p.15; 魚に刺された話 . 同書 , p.24;
[著作・著書・調査報告・資料集等]
– 27 –
石浜佐栄子・大島光春・広谷浩子・田口公則 , 2010. 塗
[普及的著作等]
り絵をコミュニケーションツールに使った子どものため
高桑正敏 , 2009. 今月の本 / 日本産ヒラタムシ上科図説 .
の展示について ―2009 年度特別展における「ぬりえ
月刊むし (461):
,
57.
de おめん」コーナーの実施報告―. 神奈川県博物館
高桑正敏 , 2009. 横浜の動物 . 横浜市教育委員会・か
研究報告(自然科学),(39): 45-52.
ながわ検定協議会編、わかるヨコハマ . pp.65-87. 神
[普及的著作等]
奈川新聞社.
石浜佐栄子 , 2009. 「玉砂舞楼(たまさぶろう)」をつく
Takakuwa, M., 2009. My brief biography. Special
ろう . 自然科学のとびら , 15(2): 10-11.
Bulletin of the Japanese Society of Coleopterology,
石浜佐栄子 , 2010. 丹沢の砂金 . 自然科学のとびら , 16
Tokyo,(7): 27-29.
(1): 1.
苅部治紀・高桑正敏 , 2009. 樹洞と昆虫たち . 特別展
[学会発表等]
図録「樹洞」, p.58.
笠間友博・山下浩之・平田大二・新井田秀一・石浜佐栄
高桑正敏 , 2009. 樹洞がないと生きていけないカミキリ
子・大島光春・田口公則 , 2009 年 5 月 17 日 . 2520
ムシ. 特別展図録「樹洞」, pp.72-73.
人でつくった箱根火山~神奈川県立生命の星・地球博
高桑正敏 , 2009. ニホンミツバチとスズメバチ類 . 特別
物館 箱根火山特別展ワークショップ報告~ . 日本地
展図録「樹洞」, pp.82-85.
球惑星科学連合 2009 年大会 , 幕張メッセ国際会議場.
高桑正敏 , 2009. 伊豆諸島のふしぎな昆虫相 . 緑と水
のひろば (56):
,
14-15.
高桑正敏 , 2009. 熊田千佳慕さんをしのんで . 神奈川新
高桑正敏(たかくわ まさとし) 動物学(昆虫)
[著作・著書・調査報告書・資料等]
聞 8 月 21 日朝刊 .
Takakuwa, M., 2009.A bibliography of writings
高桑正敏 , 2009. 表紙写真解説~夜間活動性のアカア
by Masatoshi Takakuwa. Special Bulletin of the
シオオアオカミキリはなぜ美しいのか?~ . 神奈川虫
Japanese Society of Coleopterology, Tokyo,
(7)
:30-97.
報 (167):
,
ii.
高桑正敏 , 2009. 八重山諸島石垣島におけるカモタンハ
高桑正敏 , 2009. 晩秋の北陸マヤサンコブヤハズ探査
ナノミの記録 . 甲虫ニュース (166):
,
4.
行 . こぶ通信 (7):
,
10-11.
渡辺恭平・高桑正敏 , 2009. 奄美諸島徳之島のオビハナ
高桑正敏 , 2009. 木下オヤジ急逝! こぶ通信 ,(7):
ノミ属 2 種の記録 . 甲虫ニュース (166):
,
4.
15-16.
高桑正敏 , 2009. 大磯丘陵北西部におけるウスバシロ
高桑正敏 , 2009. 中峰さんのコブ博士誕生をお祝いして.
チョウの目撃 . 神奈川虫報 (167):
,
36.
こぶ通信 (7):
,
19.
瀬能 宏・高桑正敏 , 2010. 海外産メタリフェルホソア
高桑正敏 , 2009. 将来の昆虫相解明の担い手育て失敗
カクワガタの神奈川県での野外発見例 . 神奈川虫報 ,
談 . 昆虫担当学芸員協議会ニュース (18):
,
2.
(169): 16.
高桑正敏 , 2009. 表紙写真解説~ピンク色のコバネイナ
高桑正敏 , 2010. 南足柄市におけるウメエダシャクの発
ゴ~ . 神奈川虫報 (168):
,
ii.
生 . 神奈川虫報 (169):
,
65.
高桑正敏 , 2009. 落伍者続出? 2009 年台湾旅行 . 夢
高桑正敏・勝山輝男・加藤ゆき , 2010. 秦野市渋沢丘
虫 (20):
,
26-28.
陵 2009 年のアカボシゴマダラ. 神奈川虫報 ,(169):
高桑正敏 , 2009. にゅうふぇいす紹介 山上明さん . 夢
65-66.
虫 (20):
,
35-36.
小林敏男・高桑正敏 , 2010. 海老名市におけるサツマゴ
高桑正敏 , 2009. 「修行とは」~亡くなられた木下富夫さ
キブリの発見 . 神奈川虫報 (169):
,
66.
んの思いを代弁して~ . 花蝶風月 (139):
,
6-7.
高桑正敏・藤田 宏,2010.屋久島高地帯花之江周辺
高桑正敏 , 2009. ホソカタムシの誘惑
[書評]. 月刊むし ,
における昆虫調査.神奈川県立博物館研究報告(自然
(467): 46.
科学),
(39): 35-38.
高桑正敏 , 2010. 表紙写真解説~灰紫褐色型のハラビ
高桑正敏 , 2010. タテジマカミキリの神奈川県における
ロカマキリ~ . 神奈川虫報 (169):
,
ii.
生態 2 例および関連知見 . 神奈川虫報 (170):
,
1-5.
高桑正敏 , 2010. 神奈川県立生命の星・地球博物館編、
高桑正敏 , 2010. オオハナノミ科とハナノミ科(in 苅部治
フィールドワークの達人[分担執筆].viii+120pp. 東海
紀・高桑正敏編,川崎市麻生区産を中心とした中山周
大学出版会 , 秦野.
平昆虫コレクション目録).神奈川虫報(170):
,
52-53.
高桑正敏 , 2010. 表紙写真解説~木下富夫さんとフサヒ
高桑正敏 , 2010. カミキリムシ類(in 苅部治紀・高桑正
ゲルリカミキリ~ . 神奈川虫報 (170):
,
ii.
敏編,川崎市麻生区産を中心とした中山周平昆虫コレ
高桑正敏 , 2010. 神奈川県に定着したアカボシゴマダラ
クション目録).神奈川虫報 (170):
,
53-60.
~外来種問題について考える~ . 神奈川県自然保護協
高桑正敏,2010.改訂レッドリスト付属説明資料,昆
会ニュースレター (56):
,
3-8.
虫類
〔分担執筆〕.49pp. 環境省自然環境局野生生物課.
– 28 –
高桑正敏 , 2010. 中山周平先生と標本リストについて(in
苅部治紀・高桑正敏編,川崎市麻生区産を中心とした
東支部第 46 回大会,東京農業大学,厚木.
中山周平昆虫コレクション目録).神奈川虫報 (170):
,
高桑正敏,2010 年 2 月 20 日.伊豆箱根欠如要素とは
43-45.
~昆虫から見た神奈川県の生物地理の一側面~.日本
[学会発表等]
家屋害虫学会大会,東京農業大学.
高桑正敏,2009 年 6 月 20 日.神奈川県に定着したア
高桑正敏,2010 年 2 月 28 日.神奈川県におけるタテ
カボシゴマダラ~外来種問題について考える~.神奈
ジマカミキリの生態いくつか.神奈川昆虫談話会 2 月
川県自然保護協会総会,神奈川県立歴史博物館.
例会,横浜そごうレクチャールーム.
高桑正敏,2009 年 11 月 8 日.相模野欠如要素の存在
高桑正敏,2010 年 3 月 27 日.アカボシゴマダラの分
~三浦半島の生物地理の一側面~.三浦半島昆虫研
布拡大と,それに対する蝶愛好家の受け止め方.日本
究会 11 月例会,横須賀市自然人文博物館.
応用動物昆虫学会大会小集会,千葉大学.
中林博之・小林敏男・中峰 空・高桑正敏,2009 年 11
月 14 日.北アルプス高瀬渓谷におけるコブヤハズ 2 種
新井一政(あらい かずまさ) 動物学(両生・爬虫類)
の分布.日本鞘翅学会第 22 回大会・日本昆虫学会関
3.5. レファレンス件数
2009 年度の学芸員のレファレンス業務について、件数の表記が可能なものを分野別に問い合わせの手法によって分類し、
表に示した。なお、これらの問い合わせのうち、マスコミによる取材は 130 件あり、そのうち 21 件については報道された。
来館
メール
電話
手紙 /FAX
資料送付
出張
計
植物 昆虫 軟体動物・甲殻類 魚類 両生・爬虫類 鳥類 哺乳類 古生物 地質・岩石・鉱物 地球環境
計
65
84
110
49
13
13
1
31
97
8
471
42 173
113 857
0
18
4
100
55
0 1,362
67
99
59 100
48
17
9
45
67
14
525
12
22
0
6
0
3
0
0
0
0
43
12
8
0
6
0
0
0
0
1
0
27
0
6
2
2
0
1
0
1
1
0
13
198 392
284 1,020
61
52
14
177
221
22 2,441
3.6. 各種委員・役員・非常勤講師・その他
委員・役員に関しては、
「役職名(機関・団体名)」の順に記載した。非常勤講師に関しては、
「役職名「科目名」
(学校名)」
の順に記載した。査読については、和文誌については「雑誌名(依頼元)」を日本語で、欧文誌については「雑誌名(依頼元)」
を欧文で記載した。
関する委員会・委員長(海上保安庁)
斎藤靖二
[委員・役員]
日本地球掘削科学コンソーシアム(J-DESC)・会長(日
日本学術会議・連携会員(日本学術会議)
本地球掘削科学コンソーシアム)
国際地質科学連合
(IUGS)分科会・委員長
(日本学術会議)
地球惑星圏分科会・委員(日本学術会議)
国際地学オリンピック日本委員会・委員(NPO 法人国際
地学オリンピック日本委員会)
社会貢献分科会・委員(日本学術会議)
海洋研究開発機構地球内部変動センター・アドバイザー
科学・数学・技術初等中等教育検討分科会・委員(日本
(独立行政法人 海洋研究開発機構)
学術会議)
東京地学協会理事会・監事(社団法人 東京地学協会)
自然史・古生物学分科会・委員(日本学術会議)
東京地学協会 地学クラブ・世話人代表(社団法人 東京
国際地質科学連合分科会 国際古生物学協会(IPA)小
地学協会)
委員会・委員(日本学術会議)
日本博物館協会 棚橋賞選考委員会・委員(財団法人日
科学力増進分科会科学技術リテラシー小委員会・委員
(日
本博物館協会)
本学術会議)
日本博物館協会 子どものゆめ基金事業委員会・委員(財
文部科学省 南極地域観測統合推進本部・外部評価委員
団法人日本博物館協会)
(文部科学省)
日本博物館協会 博物館等倫理規定調査研究会・主査(財
海上保安庁 海洋の歴史的な資料等の保存および公開に
団法人 日本博物館協会)
– 29 –
野外自然博物館協会・評議員(財団法人 野外自然博物
日本生物地理学会報(日本生物地理学会)
館協会)
科学博物館後援会・評議員(財団法人 科学博物館後援
苅部治紀
会)
[委員・役員]
神奈川県博物館協会・理事(神奈川県博物館協会)
World Dragonfly Association ( 世界トンボ協会 ) 日本支
国立科学博物館 大学生のための自然史講座・講師(独
部副代表
立行政法人 国立科学博物館)
IUCN Dragonflies Specialist Group
国立科学博物館 サイエンスコミュニケーション・講師(独
ヨコハマナガゴミムシ保全対策検討会検討委員 首都高
立行政法人 国立科学博物館)
速道路公団
理数系学会教育問題連絡会・日本地球惑星科学連合担
鶴見川希少生物生態・保全検討委員会検討委員 国土交
当委員
通省京浜工事事務所
国立・国定公園総点検事業に係る懇談会・委員(財団法
日本蜻蛉学会和名検討委員会委員長
人 国立公園協会)
日本蜻蛉学会自然保護委員会マダラナニワトンボ部会
武田科学振興財団 理科教育振興奨励賞選考委員会・委
日本蜻蛉学会自然保護委員会小笠原特産種部会部会長
員(財団法人 武田学術振興財団)
日本鞘翅学会自然保護委員会委員
日本地質百選選定委員会・委員長
小笠原諸島世界自然遺産候補地科学委員会検討委員 環
高知大学海洋コア総合研究センター 運営協議会・委員
境省
(大学法人 高知大学)
小笠原諸島における外来ネズミ類対策検討会員 環境省
名古屋大学博物館 外部評価委員会・委員(大学法人 名
小笠原父島東平自然再生区検討委員 環境省
古屋大学)
小笠原諸島森林生態系保護地域保全管理委員会アドバ
イザー 林野庁
広谷浩子
小笠原固有森林生態系修復検討委員会委員 林野庁
[委員・役員]
小笠原兄島・弟島ノヤギ排除検討委員会検討委員 東京
小田原市郷土文化館協議会委員 小田原市教育委員会
都
厚木市野生鳥獣等総合対策協議会委員 厚木市
小笠原国立公園聟島列島植生回復調査検討委員会委員
神 奈川県 鳥 獣 総 合 対 策 協 議 会 サル 対 策 専 門 部 会 委
東京都
員 神奈川県環境農政部
東京都の保護上重要な野生生物種(島嶼部)専門部会
(昆虫類)委員
瀬能 宏
[委員・役員]
加藤ゆき
日本魚類学会評議員(日本魚類学会)
[委員・役員]
日本魚類学会自然保護委員会副委員長(日本魚類学会)
神奈川県鳥類目録編集委員会委員(日本野鳥の会神奈
日本魚類学会標準和名検討委員会委員長(日本魚類学
川)
会)
神奈川県カワウ対策委員会委員(神奈川県水産課)
日本分類学会連合加盟団体代表者(日本魚類学会)
周南市ツル保護協議会委員(山口県周南市)
日本生物地理学会評議員(日本生物地理学会)
希少野生動植物種保存推進員(環境省)
勝山輝男
平成 21年度第 3 次絶滅のおそれのある野生生物の選定・
[委員・役員]
評価検討会委員(環境省)
絶滅のおそれのある野生生物の選定・評価検討会植物Ⅰ
河川水辺の国勢調査「河川版・ダム湖版」スクリーニン
分科会委員(環境省)
グ委員会委員((財)リバーフロント整備センター)
日本植物分類学会絶滅危惧植物検討委員会委員(日本
平成 21 年度東京都の保護上重要な野生生物種」島しょ
植物分類学会)
部)哺乳類・爬虫類・魚類専門部会委員(東京都)
稀少野生動物保存推進員(植物)
(環境省)
[その他]
河川水辺の国勢調査スクリーニング・グループ委員(植物)
魚の会事務局(魚の会)
(財団法人リバーフロント整備センター)
[査読]
丹沢大山自然再生委員会委員
(丹沢大山自然再生委員会)
国立科学博物館研究報告 A 類(動物学)補遺(国立科
小田原市文化財保護委員(小田原市教育委員会)
学博物館)
小田原城跡八幡山古郭・総構保存管理計画策定委員会
魚類学雑誌(日本魚類学会)
委員(小田原市教育委員会)
保全生態学研究(日本生態学会)
史跡小田原城本丸・二の丸植栽管理計画策定委員会委
Species Diversity(日本動物分類学会)
員(小田原市教育委員会)
– 30 –
大和市文化財保護委員(大和市教育委員会)
[その他]
湯河原町文化財保護委員(湯河原町教育委員会)
神奈川地学会事務局(神奈川地学)
日本すげの会副会長(日本すげの会)
神奈川県植物誌調査会運営委員(神奈川県植物誌調査
新井田秀一
会)
[非常勤講師]
神奈川県植物誌調査会事務局(神奈川県植物誌調査会)
日本大学生物資源科学部非常勤講師 ( 後期集中 )「博物
館学各論」 日本大学生物資源科学部
田中徳久
[委員・役員]
笠間友博
神奈川県植物誌調査会運営委員(神奈川県植物誌調査
[委員・役員]
会)
日本地質学会代議員
神奈川県植物誌調査会事務局(神奈川県植物誌調査会)
日本地質学会関東支部幹事
横浜植物会運営委員(横浜植物会)
日本地質学会友の会検討委員会
神奈川県自然保護協会運営委員(神奈川県自然保護協
日本地質学会火山部会教育普及委員会
会)
日本火山学会事業委員会
植生学会企画委員会委員(植生学会)
日本火山学会学校教育委員会
自然史学会連合博物館部会委員
[その他]
[非常勤講師]
神奈川地学会事務局(神奈川地学)
日本女子大学非常勤講師(前期)
「博物館実習(A)」 日
本女子大学
石浜佐栄子
横浜国立大学教育人間科学部非常勤講師(後期)
「自然
[その他]
博物館学」 横浜国立大学
神奈川地学会事務局(神奈川地学)
樽 創
高桑正敏
[委員・役員]
[委員・役員]
日本古生物学会「化石」編集幹事(日本古生物学学会)
日本鞘翅学会常任幹事・編集委員・自然保護委員会委
日本第四紀学会「第四紀研究」編集委員(日本第四紀学
員長・和名検討委員会副委員長・合併検討委員会委員
会)
(日本鞘翅学会)
種名・標本検討委員会(日本哺乳類学会)
日本チョウ類保全協会幹事(NPO法人日本チョウ類保
[非常勤講師]
全協会)
東京農業大学アニマルセラピー学科非常勤講師(前期)
「動物形態・分類学」
(東京農業大学)
絶滅のおそれのある野生生物の選定・評価検討会昆虫
部会検討員(環境省)
[その他]
希少野生動植物種保存推進員(環境省)
神奈川地学会事務局(神奈川地学)
小笠原希少昆虫保護増殖事業連絡会議構成員(環境省)
河川水辺の国勢調査 陸上昆虫類スクリーニング・グルー
プ委員(国土交通省)
田口公則
[委員・役員]
鶴見川希少生物生態・保全対策検討委員会委員(国土
高等学校学習指導要領解説理科編作成協力者 2006
交通省京浜工事事務所)
年度~ 2009 年度(文部科学省)
ヨコハマナガゴミムシ保全対策検討会座長(首都高速道
日本共生科学会学会誌編集委員(日本共生科学会)
路公団)
[その他]
生物分類技能検定動物部門試験委員((財)自然環境研
神奈川地学会事務局(神奈川地学)
究センター)
東京都における保護上重要な野生生物の種に関する検
討会昆虫類専門部会委員
((財)自然環境研究センター)
平田大二
[委員・役員]
川崎市文化財保護審議会委員(川崎市)
「地質の日」事業推進実行委員会 委員長
[非常勤講師]
相模原市文化財保護審議会委員
日本大学生物資源科学部非常勤講師(後期集中)
「博物
川崎市立青少年科学館協議会委員
館学各論」
(日本大学生物資源科学部)
[非常勤講師]
玉川大学農学部非常勤講師(前期・後期)
– 31 –
3.7. 講師依頼等
講演、講座などの実施日順に、
「内容等(依頼元)場所(実施日)」について記載した。なお、学校(小・中・高・大・養護等)
への対応については、
「5.2 学校教育への対応」に記載した。
大多喜町(2009 年8月9日(日))
瀬能 宏
相模湾の魚の研究、今、昔(藤沢市教育委員会)神奈
ビオトープ池の環境保全作業(トンボ調査・保全ネット
川県立生命の星・地球博物館西側講義室(2009 年 4
ワーク)相模原市「プレジャーフォレスト」
(2009 年9
月 10 日)
月 20 日(日))
小田原のメダカの保全と課題(NPO 法人市民活動を支
ビオトープ池の環境保全作業 オオモノサシトンボ保全
える会)小田原市民会館 5F 第 3 会議室(2009 年 7
のための外来魚駆除作業(トンボ調査・保全ネットワー
月 4 日)
ク)NEC 我孫子事業場ビオトープ(2010 年3月 29 日
(土))
小田原のメダカの保全と課題(小田原市小学校教育研
究会)神奈川県立生命の星・地球博物館講義室(2009
年 8 月 25 日)
佐藤武宏
メダカからみた北川湿地の重要性(小田原市環境部環
磯の生きもの観察キャンプin三浦半島(NAFA子育て
境保護課)神奈川県立生命の星・地球博物館会議室
環境支援センター)三浦市小網代荒井浜(2009 年5
月 30 日(土)31 日 ( 日))
(2009 年 8 月 28 日)
相模湾小網代干潟におけるチゴガニのウェイビング行動
の観察と密度効果に関する予察的実験(東京大学理学
広谷浩子
樹洞にくらす生きものたち(県立自然環境保全センター)
系研究科)東京大学理学系研究科(2009 年 11 月 10
日(火))
県立自然環境保全センター(2009 年10月4日(日))
子ども自然科学探検隊(県立青少年センター科学部)当
野生動物の研究と博物館展示(日本野生動物医学会学
生部会)麻布大学獣医学部(2009 年12月5日(土))
館周辺(2009 年 12 月6日(日))
母になること、母でいること-ニホンザルとヒトの母
子関係比較−(日本霊長類学会)中部学院大学各務
加藤ゆき
親子自然体験教室 バードウォッチング(座間市東地区
原キャンパス(2009 年7月 20 日(月))
文化センター)当館実習実験室(2009 年10月12日
(月))
苅部治紀
神奈川の自然と野鳥(東林野鳥の会)当館講義室(2009
ヨツボシトンボ・オオイトトンボの調査とスイレン除去等
年8月19日(水))
の環境保全作業(トンボ調査・保全ネットワーク)相模
原市「プレジャーフォレスト」
(2009 年5月 10 日(日))
酒匂川の冬鳥ウォッチング
(開成パレットガーデン自治会)
酒匂川(2010 年1月23日(土))
県北部ホンサナエなどの初夏もの調査(トンボ調査・保
全ネットワーク)相模川沿岸 厚木市〜相模湖町
(2009
年5月 31 日 ( 日))
勝山輝男
新潟県保全作業と調査(トンボ調査・保全ネットワーク)
くずはの家 自然観察指導員養成講座(秦野市環境保全
新潟県村上市高根・松ノ木平周辺(2009 年6月 20
課)くずはの家 研修室(2009 年6月 21 日(日))
近くて深い丹沢 その魅力と現状について考える(丹沢
日(土)21 日(日))
ビオトープ池の環境保全作業
(トンボ調査・保全ネットワー
ブナ党)横浜市従会館(2009 年 11 月 15 日(日))
最近の帰化植物事情(自然環境保護センター)自然環境
ク)相模原市「プレジャーフォレスト」
(2009 年 10 月
10 日(土))
保護センター(2009 年 11 月 22 日(日))
新潟県保全作業と調査および秋田県調査(トンボ調査・
三浦半島の植物の特徴と希少種の保護(かながわトラス
保全ネットワーク)新潟県村上市高根・秋田県鳥海山
トみどり財団)当館 講 義 室・展 示室(2009 年 11 月
周辺(2009 年 10 月3日(土)・4日(日))
25 日(水))
グンバイトンボ、キロヤマトンボの観察会(トンボ調査・
保全ネットワーク)岐阜県・愛知県
(2009 年7月5日
(日))
ビオトープ池の環境保全作業(トンボ調査・保全ネット
丹沢・大山の植物誌(環境農政部森林課)当館講義室
(2010 年1月 26 日(火))
地域の歴史と文化探訪(湯河原町教育委員会)湯河原町
鍛冶屋方面(2010 年2月 12 日(金))
ワーク)相模原市「プレジャーフォレスト」
(2009 年8
月 28 日(金))
新治の自然環境と保全指標の考え方(よこはま里山研究
所 NORA)にいはる里山交流センター(2010 年3月6
ネアカヨシヤンマの観察 シャープゲンゴロウモドキの
環境保全作業(トンボ調査・保全ネットワーク)千葉県
日(土))
– 32 –
子ども自然科学探検隊(県立青少年センター科学部)当
新井田秀一
館周辺(2009 年 12 月6日(日))
私たちが守ります「緑の地球」
(国際ソロプチミスト海老
名)海老名市役所(2009 年6月6日(土))
田中徳久
横浜植物会 100 周年記念事業植物講座第 10 回「植物
笠間友博
分類の基礎」
(横浜植物会)横浜市こども植物園(2009
茅ヶ崎市で推測される地震の被害について(茅ヶ崎市男
年4月4日(土))
女参画課)茅ヶ崎市分庁舎(2009 年10月20日(火))
青葉区ハマロード・サポーター交流会「特定外来生物(植
おだわらシルバー大学 「箱根火山と地震」
(小田原市教
物)について」
(青葉土木事務所)青葉土木事務所
(2009
育委員会)当館講義室(2009 年7月7日(火))
年 12 月 11 日(金))
子どもチャレンジ 「ミニ火山を作ろう」
(二宮町教育委
横浜植物会例会「2009 年の植物界の話題」
(横浜植物
員会)当館実習実験室(2009 年8月23日(日))
会)横浜市こども植物園(2009 年 12 月 20 日(日))
火山の造形美(藤沢市教育文化センター)伊豆高原方面
シンポジウム谷戸のくらし野外ミュージアム「市民協働と
(2009 年8月3日(月))
博物館の視点」
(谷戸のくらし野外ミュージアム)横浜
青少年のための科学の祭典
(県立青少年センター科学部)
開国博Y 150 ヒルサイド会場(2009 年7月 12 日(日))
よこはまの森の恵み教室「横浜の森−現在の姿を知る—」
(横浜市環境創造局)市民活動支援センター(2010 年
県立青少年センター(2009 年8月9日(日))
科学と環境教育ミーティング(静岡県 科学と環境教育
ミーティング実行委員会)田貫湖ふれあい自然塾
(2010
3月2日(火))
年2月6日(土)・7 日(日))
子どもエコクラブ「バックヤード探検ツアー(小田原市環
境政策課)当館バックヤード(2010 年3月26日(金))
樽 創
市民カレッジ公開講座「海獣パレオパラドキシア」
(あき
る野市教育委員会)当館講義室・展示室(2009 年 12
山下浩之
月5日(土))
神奈川の自然「丹沢山地の成り立ち」
(東林野鳥の会)
バリアフリーについて(栃木県立博物館)当館講義室
当館講義室(2009 年8月19日(水))
(2010 年1月28日(木))
自然歴史案内人養成講座「伊豆半島の成り立ち」
(伊東
藤沢にもゾウがいた!!(川名自然フォーラム)藤沢産業
市観光課)当館講義室(2009 年8月25日(火))
センター(2010 年2月 28 日(日))
鉱物観察と鉱物について(ものがたり文化の会)当館講
義室(2010 年2月21日(日))
大島光春
化石と恐竜の話(小田原市教育委員会)当館実習実験室
高桑正敏
(2009 年11月 23 日(月))
館施設案内(かながわトラストみどり財団)当館講義室・
化石のレプリカ作り(藤沢市教育委員会)当館講義室
展示室(2009 年11月20日(金))
(2010 年3月 30 日(火))
神奈川県における昆虫相の変遷
(東海大学人間環境学科)
当館講義室(2009 年6月25日(木))
ヒメハルゼミの声を聴く会(早雲寺 箱根町教育委員会)
田口公則
遊水地貝化石のなぞ?「貝化石探しの楽しみ」
(境川流
早雲寺 講堂(2009 年7月9日(木))
域の自然景観を作る会)下飯田遊水地 境川遊水地
自然観察会「称名寺市民の森自然散策」
(かながわトラス
情報センター(2009 年 10 月 18 日(日))
トみどり財団)称名寺市民の森(2009 年8月9日(日))
平田大二
新井一政
NACS−J 自然観察指導員講習会(日本自然保護協
「博物館の裏側を探検しよう!」
(厚木市南毛利公民館)
会)富士ゼロックス 塚原研修所(2009 年7月19日
当館(2009 年9月 12 日(土))
(日))
– 33 –
3.8. 学術交流
当館で開催された様々な学会や研究会などの総会・例会について、
「それぞれの名称(担当者)」と、
「実施日(場所)参加者数」
について記載した。
平成 20 年度魚の会総会・平成 21 年度魚の会第 1 回講演
年 4 月 25 日(土)講義室(約 50 名)
会(瀬能 宏)2009年 5月 17日(日)(講義室)34名
日本火山学会(平田大二),2009 年 10 月 9 日- 12 日,
平成 21 年度 魚の会第 2 回講演会(瀬能 宏)2009 年
ミュージアム・シアター、講義室ほか 293 名
11 月 8 日(日)
(講義室)40 名
神奈川県植物誌調査会総会(勝山輝男・田中徳久)2009
3.9. 他施設・団体への協力
他博物館、学会などへの協力関係について、
「協力先「企画名」
(期間)協力内容(担当者)」を記載した。
箱根ジオパーク推進連絡会(斎藤靖二・平田大二)
湘南地球科学の会(平田大二・大島光春・山下浩之)
鉱物標本観察観察会(平田大二)
あしがらNST研究会(平田大二・田口公則)
3.10. 外部研究者の受け入れ
調査研究活動に関する陽光に基づき、外部研究者の受け入れを行っている。今年度は外来研究員を 13 名受け入れた。以
下に「外来研究員氏名:研究テーマ(受け入れ担当者)」を掲載する。なお、今年度の研究成果に関しては、資料の項(91
~ 95 ページ)に掲載した。
若代彰路:丹沢の森林・渓流生態系における哺乳類の研究
袴田和夫:テフロクロノロジーから見た箱根火山古期火山
(広谷浩子)
体の形成史(笠間友博)
山口喜盛:神奈川県におけるコウモリ類の生息状況(広谷
奥村 清:足柄山地足柄層群産出の貝化石群(田口公則)
浩子)
姉崎智子:神奈川県下の現 生哺乳類の形態変異に関す
佐久間将:本州中部におけるセスジアカムカデの分類学的
る研究―イノシシ、ニホンザル、ニホンジカを中心に―
研究(佐藤武宏)
(樽 創)
長谷川嘉則:酒匂川流域におけるツチガエルの集団間変異
門田真人:伊豆の中新世サンゴ礁生物化石から古環境を知
(新井一政)
る(田口公則)
丸野内淳介:
(1)路上死体に基づくヘビ分布記録(2)ホタ
藤原慎一:四肢動物の前肢における、運動時の姿勢と骨
ル個体群の 5 年間の変動(3)アカハライモリ腹部斑紋
格形態・筋重量比との関係(樽 創)
の解析(4)下北半島のカジカガエルの生息状況(新井一
柴田伊廣:付加体発達の間欠性(平田大二)
政)
3.11. 名誉館員
博物館名誉館員称号授与要綱に基づき、館長として勤務した職員、学芸員として 20 年以上勤務し、かつ研究上特に業績
のあった職員に対し、名誉館員を認定している。これまでに認定された「名誉館員氏名(認定年月日)」を以下に掲載する。
館長
村岡健作(2000 年 4 月 1 日)
濱田隆士(2000 年 4 月 1 日)
生出智哉(2000 年 4 月 1 日)
青木淳一(2006 年 4 月 1 日)
松島義章(2002 年 4 月 1 日)
中村一恵(2004 年 4 月 1 日)
学芸員
今永 勇(2005 年 4 月 1 日)
高橋秀男(2000 年 4 月 1 日)
奥野花代子(2009 年 3 月 31 日)
– 34 –
4. データバンク機能
博物館には、貴重な自然遺産を集積し、将来へ継承していく使命がある。ここでは、そのデータバンクとしての博物館の
機能として、博物館資料の整備および利用状況をまとめた。
4.1. 資料概況
4.1.1. 収蔵資料登録実績
2010 年 3 月 31 日現在の収蔵資料の登録実績は右表の
収蔵資料の登録実績
とおりである。なお、開館以来年度ごとの資料登録実績に
分野
関しては、資料の項(86 ページ)に掲載した。
哺乳類
鳥類
魚類
魚類写真
昆虫
軟体動物
甲殻類
甲殻類細密画
両生・爬虫類
動物その他
維管束植物
コケ
菌類・地衣類
藻類
植物その他
植生
化石
岩石
鉱物
地質・ボーリング
衛星画像
衛星処理画像
景観画像
合計
4.1.2. 購入資料
[哺乳類]合計3点
化石人類骨格レプリカ(アファレンシス猿人) 古人類骨格レプリカ(アジア人男性) ジャイアントパンダの頭骨レプリカ
[鳥類]合計 10 点
鳥類剥製(ハリオシギ・ケイマフリ・ブッポウソウ・クロトキ・
シロハヤブサ・ムラサキサギ・コサメビタキ・シベリアア
オジ 各1点 エゾライチョウ 2点)
[魚類]合計 62 点
原始的淡水魚類 36 点
相模湾とその関連水域の魚類 13 点
[昆虫]合計 330 点
樹洞性昆虫(アマミマルバネクワガタ・ヤエヤママエウバ
ネクワガタ・ヤクシマクロギス・ヤンバルクロギス・ヤエ
2008 年度ま 2009 年度の
での登録数
登録数
2,587
178
1,547
76
23,249
2,908
77,800
4,025
29,028
0
7,970
4,626
8,000
231
300
48
4
644
56
0
227,041
5,429
2,841
0
3,397
13,174
2,062
0
7
0
172
0
8,838
1,331
3,578
2,266
12,811
0
2
0
743
36
129
0
1,361
0
413,523
34,972
合計
2,765
1,623
26,157
81,825
29,028
12,596
8,231
348
648
56
232,470
2,841
16,571
2,062
7
172
10,169
5,844
12,811
2
779
129
1,361
448,495
ヤマクロギス 各1点 オキナワマルバネクワガタ 3 点
オオクワガタ・ヒラタクワガタ 各 4 点) 16 点
世界のトンボコレクション(台湾、香港、タイ、マレーシア、
ショートフェイスドベア骨格レプリカ(前肢) 1セット
アルゼンチンカメルーン産など)305 点
デスモスチルス・ヘスペルスの臼歯 1点
[岩石・鉱物]合計 2 点
アリバチ類(ボリビア、ペルー、チェコ産)9 点
ハゴロモの 1 種(ペルー産)5 点
地層剥ぎ取り資料(堆積構造)1 点
カマキリの 1 種(セレベス産)1 点
宮田層化石床露頭はぎとり標本 1 点
[衛星画像]合計 27 点
カメムシの 1 種(ボリビア産)5 点
カタゾウムシの1種(ボリビア産)3 点
地球観測衛星 ASTER データ 12 点
リノケルスフタマタクワガタ(インドネシア産)1 点
日本近海 30 秒グリッド水深データ 5 点
[画像]合計 2 点
インペラトールホソアカクワガタ(インドネシア産)1 点
[化石]合計 12 点、1 セット
南硫黄島展示用映像資料 2 点
琥珀(昆虫) 1 点
恐竜の歯 6点(デイノニクス、カルカロドントサウルス、
ディプロドクス・ティラノサウルス・パキケファロサウルス・
ステゴサウルス 各1点
ニホンハナガメのホロタイプレプリカ(腹甲・下顎) 1
セット
– 35 –
4.1.3. 寄贈資料
寄贈を受け、2009 年度に博物館情報システムへの登録
お、寄贈を受けたが、博物館情報システムに未登録の資
が完了した資料に関して、
「資料名 点数(寄贈者(敬称略))」
料に関しては、本項には掲載していない。
の順に記した。寄贈者が同一の場合には、当該年度の寄
また、PDF 版(ホームページ)では寄贈者の個人名は削
贈資料をまとめ、代表する資料名、合計点数を記した。な
除した。
海響館)
[哺乳類]合計 115 点
ヒョウモンシャチブリ 1 点(下関市立しものせき水族館
ニホンノウサギほか 4 点
海響館)
ニホンジネズミ 1 点
アサヒアナハゼほか 25 点
ヒメネズミほか 10 点
ゴンズイほか 3 点
ヒメヒミズほか 60 点
アイゴほか 11 点
ニホンカモシカ 1 点(松田警察署)
イバラタツほか 4 点(葛西臨海水族園)
ニホンジカ 1 点(足柄上地方事務所)
メダカ(南日本集団地域型不明)2 点(株式会社建設技
ニホンカモシカ 1 点(秦野警察署)
術研究所)
ニホンノウサギほか 17 点(秦野県有林事務所)
キタノアカヒレタビラほか 36 点
ハクビシン 1 点
ハナイシモチ 1 点
ニホンジカほか 2 点
シギウナギ 1 点
キツネ 1 点
ホトケドジョウ属の1種2 2 点
アフリカマナティー 1 点(大洋漁業)
アイナメほか 168 点
アメリカマナティー 1 点(読売ランド水族館)
アゴアマダイ属未同定種ほか 3 点
ゴールデンハムスター 1 点(上野動物園)
イセゴイほか 2 点
タヌキ 1 点
イドミミズハゼ近似種2ほか 21 点
ニホンカモシカ 1 点
ナガレホトケドジョウ 6 点
ニホンカモシカ 2 点(自然保護センター)
トサカハギ近似種ほか 9 点(静岡県水産技術研究所伊豆
ハツカネズミほか 9 点
分場)
アカエイほか 454 点
[鳥類]合計 12 点
アカヒレタビラほか 13 点
コハクチョウ 1 点
アオハタほか 18 点
イカル 1 点
イドミミズハゼほか 9 点
アオゲラほか 9 点(自然保護センター)
イロカエルアンコウ 1 点
エミュー 1 点(野毛山動物園)
カラスザメほか 7 点
アカエソ属未同定種ほか 6 点
[魚類]合計 2,752 点
カマキリほか 3 点
コボラほか 6 点
アオザメほか 5 点(新江ノ島水族館)
ハナスズキ属の1種1 1 点(クラブノア母島)
コイ 1 点(埼玉県農林総合研究センター水産研究所)
カリフォルニアネコザメほか 12 点(ブルーコーナージャパ
ヨリメハゼほか 3 点
ン)
アブラボテほか 13 点
未同定 6 点
サンゴタツ 2 点
ヒゲセジロハゼ 1 点
メダカ(南日本集団東瀬戸内型)1 点
ウスエイ 1 点(横浜・八景島シーパラダイス アクアリゾ
アカメフグほか 5 点
ーツ)
ゼブラウツボほか 8 点
サンカクハゼ属未同定種 1 点
ゴンズイほか 4 点
タテヤマベラほか 5 点(益田海洋プロダクション)
アカエイほか 99 点
ウキゴリほか 27 点
アワセイソハゼ属未同定種ほか 5 点
サケガシラ 1 点(神奈川県水産技術センター)
イレズミオオメエソほか 7 点
コイ 2 点(沖島漁業協同組合)
ネズミギス 1 点(神奈川県水産技術センター相模湾試験
アリアケギバチ 2 点
場)
ナカモトイロワケハゼ 1 点(下関市立しものせき水族館
アイカジカほか 245 点(秋田県水産振興センター)
– 36 –
アマゴ×ヤマメ 1 点
スミツキハナダイ 2 点
アブラハヤほか 31 点
キビレハタ 1 点
ヤマヒメほか 6 点(神奈川県水産技術センター相模湾試
アカササノハベラほか 12 点
験場)
マツダイ 1 点
アサヒアナハゼほか 7 点
サクラテンジクダイほか 4 点
アオタナゴほか 186 点
キバラヨシノボリほか 13 点
アオミシマほか 380 点
イソハゼ属未同定種ほか 9 点
メダカ(地域集団地域型不明)8 点
ホンテンスモドキ属の1種2 1 点
アオノメハタほか 353 点
アオハチハゼほか 66 点
アブラハヤほか 90 点(中央水産研究所、上田支所)
ヨコシマクロダイ 1 点
センニンフグほか 2 点(神奈川県立水産技術センター相
アカイサキほか 27 点
模湾試験場)
アオハタ 1 点
ツバクロエイ 1 点
リュウセイスズメダイ 1 点
アカササノハベラほか 138 点
イドミミズハゼほか 13 点
カガミダイほか 2 点
クロウミウマ 1 点
アオメエソほか 24 点
ブラックスポット・ダムゼルほか 3 点
アカメバルほか 28 点(東京海洋大学水産生物研究会)
オオメハゼほか 10 点
ヒノマルテンス1点
(東京都島しょ農林水産総合センター)
シボリキンチャクフグ 1 点
アオギハゼほか 17 点
アオハタ 1 点
アングイラ・オーストラリスほか 12 点
カタボシオオモンハゼほか 4 点
イセゴイほか 8 点
カワハギほか 4 点
アカメフグ 1 点
クロホシマンジュウダイほか 2 点
メダカ(南日本集団東日本型)1 点
ミジンベニハゼ 1 点
コクチモーリー 1 点(碧南海浜水族館)
カスリハゼ 1 点
キホウボウ科未同定属未同定種ほか 9 点
アイナメほか 36 点
アイランド・グレゴリーほか 148 点
ムスメハゼ 4 点
キンギョ1 点
ビオラリボンスズメダイ 1 点
ウキゴリほか 13 点
ケショウハゼほか 2 点
ロリカリア科未同定属未同定種 2 点
アカハタほか 19 点
クジャクハゼほか 5 点
アケボノハゼ×ハタタテハゼほか 7 点
ヒメクサアジ 1 点
マツダイ 1 点
シギウナギ 1 点
イソカサゴ属未同定種ほか 9 点
フェイア・ダブラ 3 点(Royal Ontario Museum)
シマイサキ 1 点
アイランド・グレゴリーほか 277 点
[魚類写真]合計 3,006 点
シャチブリ1 点
ヒポカンパス・デニセ 1 点
ソラスズメダイ 1 点
ルゾニクティス・タエニアタス 1 点
トゲナガユゴイ 1 点
オオモンハタ 1 点
ウミショウブハゼ属未同定種ほか 2 点
フリソデウオ 1 点
ナガハナダイ属未同定種ほか 2 点
ボウズハゼ 1 点
アイスズメダイほか 38 点
フサカサゴ科の1種 1 点
アミウツボほか 15 点
ヒイラギ 1 点
パンガシアノドン・ギガス 1 点
アポゴン・オセリコウダスほか 35 点
キザクラハゼほか 2 点
オオメハゼ 1 点
オヤビッチャ属未同定種ほか 13 点
オイランヨウジ 1 点
ハオコゼほか 3 点
エンマゴチ 1 点
シシマイギンポ 2 点
コロダイ 1 点
カシワハナダイ 1 点
イレズミハゼ属未同定種ほか 4 点
ナガセハゼ 1 点
ルリホシスズメダイ 1 点
アカネキンチャクダイほか 28 点
シマウミヘビ 1 点
イズヌメリほか 7 点
アイゴほか 344 点
キジハタほか 2 点
– 37 –
アイカジカほか 163 点
イシダイほか 8 点
アセウツボほか 37 点
アオスジエビスほか 2 点
クロソラスズメダイ 1 点
サツキハゼ属未同定種ほか 15 点
アケボノハゼほか 23 点
ケラマハナダイ 2 点
アオサハギほか 29 点
アカマンボウ 1 点
ハナカジカ 1 点
オオモンハゼ属未同定種ほか 14 点
アカマツカサ属未同定種 1 点
カジカ科未同定属未同定種ほか 2 点
ウケグチノホソミオナガノオキナハギほか 3 点
オキザヨリほか 2 点
ヘビギンポ属未同定種 1 点
アオギハゼほか 854 点
[軟体動物]合計 153 点
カスリハゼほか 6 点
エゾヒタチオビ 1 点
キララハゼ属の1種 C1 点
アオガイほか 129 点
アカニジベラほか 11 点
マメダコ 1 点
スナゴチ 1 点
オカモノアラガイ 19 点
アカハタほか 9 点
ユウレイイカ 1 点
オオメハゼほか 6 点
ユメノヒタチオビ 2 点
ケショウハゼほか 3 点
アゴアマダイ属未同定種ほか 10 点
[甲殻類]合計 143 点
キミオコゼ 1 点
オーストンガニ属の一種 1 点
イチモンスズメダイ 2 点
インドヘイケガニほか 11 点
ゴマウツボ 1 点
マツバガニ 1 点
モエギハゼ近似種1 1 点
イワオウギガニ 2 点
アカイソハゼほか 3 点
タイワンガザミ 1 点
ヒメニラミベニハゼ 1 点
イソクズガニほか 3 点
モヨウフグ 1 点
ヤックィノティア属の一種 1 点
バラムツ 1 点
ノコギリガザミ 1 点
イサキほか 11 点
アケウス 1 点
ベニハゼ属の1種19 1 点
シャコ 2 点
アイゴほか 528 点
オオヒラアシクモガニほか 5 点
ウミヘビ科の1種ほか 2 点
ミナミスナガニ 1 点
キンチャクダイ属の1種 1 点
タイワンガザミ 1 点
カンパチ 1 点
イソガニほか 43 点
グランモヌス・ユノカワイ 1 点
ベンケイガニ 7 点
クロアナゴほか 2 点
タイワンガザミ 1 点
ハマクマノミ 1 点
エンコウガニほか 12 点
イシガキフグほか 15 点
ヘパトゥス・エペリティクス 1 点
イダテンカジカほか 22 点
イソクズガニほか 27 点(長島高校生)
アイスズメダイほか 59 点
ヒラアシエゾイバラガニ 2 点(鳥羽水族館)
アカホシキンセンイシモチほか 13 点
チチュウカイミドリガニ 4 点
イサキほか 13 点
イボイチョウガニほか 4 点
ヨスジフエダイ 2 点
オオグソクムシ 1 点
ソラスズメダイ 1 点
オニノツノガニほか 10 点
チチブ属未同定種ほか 3 点
カゴシマオコゼ 1 点
[維管束]合計 4,981 点
エンマゴチ 1 点
アキイトスゲ 1 点 Iso-type 標本
パリオグロッサス・トリクェトルス 3 点
ミセンアオスゲ 1 点 Iso-type 標本
オトメハゼ 1 点
ビンゴヌカスゲ 1 点 Iso-type 標本
ハマフグほか 2 点
ナガバアメリカミコシガヤほか 2 点
シマイサキ 1 点
ヤマアイ 1 点
オニゴチほか 3 点
ハリグワ 1 点
アオギハゼほか 48 点
イワオモダカほか 10 点
– 38 –
イワヘゴほか 1,046 点
イヌアワほか 13 点
イワデンダ科の 1 種 1 点
アオスゲほか 8 点
シナノタイゲキ 1 点
ビッチュウヒカゲスゲ 1 点 Iso-type 標本
カワツルモほか 6 点
ホザキマスクサ 1 点 Iso-type 標本
ニシミゾソバ 1 点 Iso-type 標本
オオホタルサイコほか 43 点
コミゾソバ 1 点 Iso-type 標本
キンランほか 2 点
シオクグ 1 点
キキョウほか 3 点
ノチドメ 1 点
イブキジャコウソウほか 5 点
モミジチャルメルソウほか 37 点
アジサイほか 2 点
キランジソほか 530 点
オオササガヤ 1 点
エゾホソイほか 893 点
エダウチネズミムギ 2 点
イブキゼリモドキほか 9 点
サンショウバラほか 37 点
ムジナスゲほか 5 点
イナトウヒレン 12 点
エゾムラサキニガナほか 192 点
カナダコウガイゼキショウ 2 点
マスクサほか 2 点
ミツバウツギほか 2 点
アサガオガラクサほか 14 点
ヒロハヤマヨモギ 1 点
ツクシカンガレイ 1 点 Iso-type 標本
チャボノカタビラほか 2 点
ヤマナシ 1 点
コガネネコノメソウ 1 点
ヤマキタダケほか 13 点
Microstylis kotoensis ほか 3 点
アメリカブナ 4 点
チチブシラスゲ 1 点
アイダクグほか 41 点
シオガマギク 1 点
イワカガミほか 5 点
ハンカチノキ 1 点
アオホラゴケほか 378 点
チチブシラスゲ 1 点
カヤツリスゲほか 2 点
チチブシラスゲ 1 点
サツマスゲほか 3 点
チチブシラスゲ 1 点
サコスゲ 1 点
ホシケチドメグサ 2 点
マツバゼリ1 点
カワラマツバほか 171 点
アイナエ 2 点
カントウカンアオイほか 35 点
オオセキショウモほか 4 点
カエデドコロほか 119 点
オオフサモ 1 点
アゼガヤツリほか 164 点
アカザほか 12 点
アカメヤナギほか 23 点
ホソミアダン 1 点
エゾノコウボウムギ 1 点
クゲヌマラン 1 点
シラネワラビほか 4 点
ウスイロオクノカンスゲ 1 点 Iso-type 標本
カントウミヤマカタバミほか 3 点
コウヤハリスゲ 1 点 Iso-type 標本
ヒロハウラジロヨモギほか 5 点
サトヤマハリスゲ 1 点 Iso-type 標本
ヒヨドリバナほか 125 点
マメスゲ 1 点
Dendrobium longicalcaratum 1 点
ナルコスゲほか 6 点
ホソバヒカゲスゲほか 9 点
ツレサギソウ 1 点
クロヤツシロランほか 5 点
ヒラナス 1 点(西沢今朝道)
ツルウメモドキほか 3 点
トゲナシイチゴほか 2 点
ヨメナほか 6 点
イチリンソウほか 2 点
ムラサキシキブ 1 点
クマヤナギ 2 点
イヌビワほか 19 点
アオフタバランほか 4 点
イタビカズラほか 4 点
ウシオスゲ 1 点
モエギスゲほか 47 点
タカネトウウチソウほか 93 点
スダジイ 1 点
イタチガヤほか 23 点
Carex hirsutella 1 点
タイワントリアシほか 129 点
オオカグマほか 298 点
イノモトソウほか 24 点
ニシノホンモンジスゲほか 12 点
オオトキワシダほか 96 点
ハママツナ 1 点
ヌマツルギクほか 36 点
マメヅタラン属の 1 種 1 点
– 39 –
ホウザンスゲ 1 点
ワサビカレバタケほか 8 点
ヒサカキほか 2 点
ニレサルノコシカケ 1 点
シンジュガヤ 1 点
フルイタケ 1 点
ムベ 1 点
メダケの赤衣病菌 1 点
フウセンタケ属ほか 4 点)
[菌類・地衣類]合計 1,856 点
コロノフォラ属ほか 3 点
アスココリネ・サルコイデス 1 点
コツブタケ 1 点
オロシタケほか 2 点
ヒメワカフサタケほか 4 点(
アイゾメクロイグチほか 3 点
フサタケ 1 点
ツルボのクロボ病菌ほか 2 点
キラボシカタホコリ1 点
Hypomyces melanocarpus 1 点
オシアイフクロホコリ ) ほか 3 点
ビロードツエタケほか 2 点
アオモジホコリほか 132 点
ムラサキナギナタタケほか 23 点
アセタケほか 4 点)
ビロードクリイロイグチほか 2 点
カエンタケ 1 点
ハイイロイタチタケほか 13 点
クレオプス属 1 点
Asteroconium saccardoi 1 点
ヒポミケス・トレメリコラ 1 点
オオムラサキホコリほか 2 点
オオトガリコゲチャフクセンタケ 1 点
ミドリニガイグチほか 35 点
イネの稲麹病菌 1 点
モミジウロコタケほか 2 点
Sepedonium chlorinum 1 点
スエヒロタケ 1 点
コウツボホコリ1 点
アイコウヤクタケほか 12 点
ヒステリウム属ほか 3 点
シイタケ 1 点
スゲのサビ病菌ほか 2 点
ニセニクハリタケほか 2 点
イボセイヨウショウロ? 1 点
ウチワタケ 1 点
ワヒダタケほか 9 点
Nectriopsis 属 1 点
クロラッパタケ 1 点
ミヤマトンビマイ属 1 点
パルコエマンシア・コロナンティスポラほか 5 点
キヒラタケほか 2 点
ラミカンデラバー・ブレビスポルス 1 点
リティディステリウム属ほか 30 点
チャワンタケ属 1 点
ムラサキホコリ属ほか 2 点
カエンタケ 1 点
アナアキカタホコリほか 34 点
ミヤマザラミノヒトヨタケほか 49 点
マンネンタケほか 3 点
キヒダサカズキタケ 1 点
カンバタケ 1 点
ベニチャワンタケほか 4 点
ユキヤナギ・ウドンコ病菌ほか 2 点
ウラベニヤマイグチ 1 点
ホウキタケ属 3 点
オオミヤマトンビマイほか 2 点
ホウキタケ属ほか 4 点
ギグナルディア属? 1 点
アカダマタケほか 2 点
アミスギタケ 1 点
ハナガサタケほか 12 点
デマチウム科ほか 2 点
エクソフィアラ・カリキオイデスほか 5 点
シロウツボホコリ1 点
カレエダタケほか 4 点
ヒメスギタケ属 1 点
サガリハリタケほか 2 点
マメザヤタケ 1 点
フユイチゴのサビ病菌ほか 4 点
オオシロアリタケほか 102 点
コツブタケほか 2 点
ヒビワレニガイグチほか 2 点
ムラサキヤマンバほか 2 点
シロエノカタホコリ1 点
アミヒラタケ近縁種 1 点
ツキヨタケほか 2 点
カンバタケ 1 点
ハエカビ属? 1 点
グロムス属ほか 4 点
クロキのモチ病菌ほか 5 点
アラゲキクラゲほか 18 点
コレトトリクム・フシエンジェンチャングほか 2 点
ニセキンカクアカビョウタケ 1 点
ファネロカエテ属ほか 2 点
ハタケシメジほか 2 点
ウロコキイロイグチほか 3 点
ニオイコベニタケ 1 点
オオゴムタケほか 6 点
ボーベリア属 1 点
エダウチホコリタケモドキ 1 点
– 40 –
キヒダタケほか 2 点
アカモジホコリ1 点
Elaphomyces mutabilis ほか 2 点
パエキロミケス属 1 点
オオムラサキホコリほか 3 点
サルオガセ属ほか 3 点
コフキクロチャワンタケほか 13 点
ヒメスギタケ属ほか 2 点
マンネンタケ 1 点
ホウキタケ属 1 点
Hypomyces chlorinigenus 1 点
ヒドロプス属 1 点
トンビマイタケ 1 点
ミズタマカビの胞子のう1 点
ハルペラ・メルシナエほか 11 点
アケボノアワタケほか 18 点
Corynespora cassiicola 1 点
ベニソウメンタケ 1 点
ホコリタケほか 7 点
ムラサキホコリ属 1 点
フジウスタケ 1 点
サツマイモのウドンコ病菌ほか 2 点
Metarhizium 属 1 点
Cribrallia argillacea ほか 40 点
バッカクキン属 1 点
アカヤマドリほか 2 点
カヤタケ属 1 点
バージニアムラサキホコリほか 2 点
ニセチャアナタケモドキ(仮称)1 点
デンドロテレ属ほか 2 点
マルミノチャヒラタケほか 5 点
モディケラ・マレオラ 1 点
クダホコリ属 1 点
Hypomyces laeticolor ほか 35 点
コスモスの白斑病菌 1 点
ウラベニガサ属 1 点
Penicillium 属 1 点
ヒラタケ 1 点
コガネタケほか 3 点
アクロスペルマム属 1 点
ハナビラタケ 1 点
チョウチンホコリ1 点
ヒポミケスキン属 1 点
ユキラッパタケほか 65 点
シロソウメンタケ属 1 点
サンゴハリタケほか 4 点
Cordyceps 属 1 点
ホウキタケ属ほか 19 点
キホウシホウキタケほか 5 点
ヒトヨタケ属 1 点
ホウキタケ属ほか 3 点
センニンソウのサビ病菌 1 点
フシアミホコリほか 28 点
ノボリリュウタケ属 1 点
アワホネホコリほか 36 点
ニクウチワタケ 1 点
タチフンホコリほか 2 点
ササクレヒトヨタケほか 2 点
シロウツボホコリほか 2 点
ヒトクチタケ 1 点
タチフンホコリ1 点
フウセンホコリ属ほか 2 点
セイヨウショウロ属 1 点
ビロードクリイロイグチほか 11 点
ミネシメジほか 25 点
ケショウハツ 1 点
フサヒメホウキタケ属 1 点
ナガエノチャワンタケ 1 点
ヌナワタケほか 3 点
Herpomyces 属 2 点
コガネタケ 1 点
ツガサルノコシカケほか 42 点
メラノプシキウム・オヌマエ/ヤブニッケイ黒穂病菌ほか
デングノムギメシ 1 点
2点
コブリマメザヤタケほか 4 点
マメホコリ1 点
スジチャダイゴケ 1 点
ムジナタケほか 4 点
ニッケイタケ 1 点
シロススホコリ1 点
ミヤマチャウロコタケほか 12 点
ナメコ 1 点
ウスムラサキホウキタケほか 4 点
トガリアミガサタケ 1 点
シトネタケ属 1 点
ニッケイタケほか 3 点
ウラムラサキシメジ 1 点
クチベニタケほか 7 点
キンルリホコリ1 点
クチキトサカタケほか 6 点
ジクホコリ1 点
ヘビヌカホコリ1 点
ノウタケ属 1 点
ニセニクハリタケほか 3 点
ジクホコリ1 点
ケショウハツ 1 点
ツクツクボウシタケほか 3 点
キッコウアワタケほか 5 点
アオキ・ウドンコ病菌ほか 43 点
アオモジホコリほか 23 点
タコウキン科 1 点
– 41 –
シロキクラゲ属 1 点
カキノミタケほか 8 点
ヒメヒトヨタケほか 3 点
ウメ変葉病 1 点
スギタケ属 1 点
オサムシタケほか 2 点
ムラサキヤマンバ 1 点
コガサタケ属ほか 3 点
ジャガイモタケほか 3 点
ツガサルノコシカケほか 2 点
モミジウロコタケほか 2 点
ツバキキンカクチャワンタケ 1 点
アイコウヤクタケほか 25 点
ニセキンカクアカビョウタケほか 6 点
ナデシコのサビ病菌ほか 3 点
ウスキテングタケ 1 点
ヌメリハツほか 5 点
アミガサタケ 1 点
ドクツルタケ 1 点
キヒダフウセンタケ 1 点
ツクシクボウシタケほか 3 点
ユキラッパタケほか 45 点
ツバキキンカクチャワンタケ 1 点
ミクロチリウム属 1 点
コウジカビ属ほか 2 点
ナヨタケ属 1 点
ホコリタケ属 1 点
ヒロメノトガリアミガサタケほか 15 点
コマメホコリ1 点
チャヒラタケ属 1 点
スナジクズタケほか 2 点
Cordyceps 属 1 点
Claviceps 属 1 点
ウチワタケほか 5 点
ムラサキヤマンバ 1 点
シジゴスポラ属 1 点
アオモジホコリほか 27 点
バッカクキン属 1 点
ニセキンカクアカビョウタケ 1 点
Hypomyces melanocarpus ほか 2 点
アシボソノボリリュウほか 144 点
ヒポミケス・ヒアリヌス 1 点
ススホコリほか 2 点
ニッケイのクロボ病菌 1 点
ホウキタケ属 1 点
ブクリョウ 1 点
タコウキン科 1 点
ヒメサジタケほか 2 点
クロアシボソノボリリュウタケほか 5 点
テリエカタホコリほか 2 点
核菌類 1 点
アスナロのサビ病菌 1 点
アオキのスス病ほか 90 点
クロタマゴテングタケほか 12 点
フサタケほか 14 点
コレトトリクム・フシエンジェンチャング 仙人杖 1 点
コショウイグチ 1 点
ツバナシマツオウジほか 2 点
ヒラフスベ 1 点
ガマグチフクロホコリ1 点
ジャガイモタケ 1 点
タブノキキハダカビ 1 点
クロサイワイタケ属 1 点
テングタケ属 1 点
ハタケシメジほか 6 点
ハタケチャダイゴケ 1 点
オオワライタケほか 2 点
コフキサルノコシカケ 1 点
Rosellinia 属ほか 23 点
ホウキタケ属ほか 2 点
フミヅキタケ属 2 点
キッコウアワタケ 1 点
シロウツボホコリほか 2 点
キチャハツほか 5 点
モンパキン属 1 点
アセタケ属ほか 2 点
マゴジャクシほか 8 点
クロコブタケほか 5 点
仙人杖 1 点
ニセキンカクアカビョウタケ 1 点
ヤブソテツのスス病菌 1 点
ツツジ類モチ病菌ほか 3 点
ラカンパルフクロホコリほか 10 点
スジオチバタケ 1 点
仙人杖 1 点
ヒラタケ属 1 点
キハダのサビ病菌ほか 25 点
ホウキタケ属ほか 12 点
マユハキタケ 1 点
ジャガイモタケ 1 点
コナサナギタケ 1 点
フィラコラ属ほか 3 点
クチキツトノミタケ 1 点
ウラムラサキシメジ 1 点
ヒラフスベ? 1 点
エオクロナルティウム・ムスキコラ 1 点
オオイヌノフグリ球のう菌 1 点
ウツロイモタケ 1 点
メラノグラフィウム・ファスキクラータム 1 点
ツツジのモチ病菌ほか 3 点)
Pistillaria 属 1 点
オニフスベ 1 点
– 42 –
仙人杖ほか 2 点
[化石]合計 30 点
オドタケ 1 点
ポリアクロダス 1 点
ニオイオオタマシメジ 1 点
三葉虫の這い跡の一種(クルジアナ・セミプリカータ)
タマキクラゲ 1 点
ほか 2 点
ニオウシメジ 1 点
ナウマンゾウ臼歯レプリカ 1 点(神奈川県立鶴見高等学
マツカサモドキ亜種 1 点
校)
アラゲキクラゲほか 3 点
レピドシクリナの一種ほか 25 点
ヒメカバイロタケほか 4 点
北海道産アンモナイト1 点
ヒポミケスキン属 1 点
ウツボホコリほか 6 点
マコモのクロボ病菌ほか 2 点
カワラタケ 1 点
サケツバタケほか 4 点
ヒラタケほか 2 点
ニセキンカクアカビョウタケ 1 点
ベニタケ属 1 点
ウツボホコリ1 点
カタツブタケ属ほか 2 点
4.1.4. 採集その他による資料(新たに登録されたもの)
分野
哺乳類
鳥類
魚類
魚類写真
昆虫
軟体動物
登録数
分野
甲殻類
甲殻類細密画
両生・爬虫類
動物その他
維管束植物
4,473 コケ
63
64
156
1,019
登録数
分野
88 菌類・地衣類
48 藻類
644 植物その他
植生
448 化石
岩石
登録数
分野
11,318 鉱物
地質・ボーリング
衛星画像
衛星処理画像
1,301 景観画像
2,266
合計
4.1.5. 既存資料の加工
[哺乳類]
ヒガラ 本剥製 1点
ツチクジラ骨格(前肢) 1 組
コガラ 本剥製 1点
アカネズミ 本剥製 1点
ベニマシコ 本剥製 1点
ヤマネ 本剥製 1 点
キビタキ 本剥製 1点
[鳥類]
ホオアカ 本剥製 1点
トラフズク 本剥製 1点
オオコノハズク 本剥製 1点
– 43 –
登録数
36
21,924
4.2. 図書資料収集状況
2009 年度受入した和書の冊数は、購入が 22 冊、寄贈が 445 冊、編入が 2 冊、管理換が 14 冊であった。洋書については、
購入が 2 冊、寄贈が 46 冊であった。受入図書の合計は 531 冊である。そのほか CD-ROM の寄贈が 11 タイトルであった。
2009 年度受入図書(冊)
購入 寄贈 編入 管理換 合計
和書
22 445
2
14 483
洋書
2
46
0
0
48
合計
24 491
2
14
531
分野
国内刊行図書
国外刊行図書
購入国内雑誌
購入国外雑誌
寄贈国内雑誌
寄贈国外雑誌
ビデオソフト
CD-ROM
マイクロフィルム
合計
2010 年 3 月 31 日現在の所蔵資料総数は右表のとおりで
ある。
登録数
15,875(冊)
3,259(冊)
9(タイトル)
13(タイトル)
2,713(タイトル)
564(タイトル)
332(巻)
29(タイトル)
34(リール)
22,828(点)
4.3. 資料利用状況
4.3.1. 資料特別利用
博物館資料について、学術上の研究のため特に利用す
掲載などの利用が可能である。
る場合、
「資料の特別利用」の制度にて資料利用を提供し
2009 年度について、特別利用の利用数は次のとおりで
ている。特別利用を受ける際は、特別利用承認申請書を
ある。
提出し、承認を受け、博物館の資料を閲覧、計測、撮影、
分野別の特別利用の件数
利用の「その他」には、学術発表利用(たとえば、学会等発表、論文発表での画像掲載等)を含めた。標本:実物標本等、
画像:フィルム、プリントなどの画像、デジタル画像:デジタルカメラ等によるデジタル画像、属性データ:標本情報。
種別
動物 哺乳類
利用
標本
画像
鳥類
標本
画像
両生・爬虫類
標本
画像
魚類
標本
画像
デジタル画像
属性データ
昆虫
標本
画像
軟体動物・甲殻 標本
類・動物その他 画像
デジタル画像
植物
標本
画像
属性データ
古生物
標本
画像
デジタル画像
地球環境
標本
画像
デジタル画像
計
閲覧
件数
点数
1
30
撮影
件数
点数
2
52
解析
件数
点数
1
6
その他
件数
点数
1
2
1
2
28
1
12
3
33
1
1
1,568
6
1
200
10
1,877
1
1
6
12
1
8
3
7
8
– 44 –
85
4
合計
件数
点数
5
90
1
4
20
6,961
22
6,989
5
4
46
3,520
5
4
46
3,520
1
2
6
24
3
1
1
6
33
8
1,568
15
2
1
2
200
1
1
31 10,534
1
1
2
2
5
9
54 12,505
4.3.2. 資料館外貸出
博物館資料について、資料を借用し普及・教育などに利
ることができる。主な利用は、展示、掲載・放映などである。
用する場合、
「資料の館外貸出し」の制度にて資料利用を
2009 年度について、館外貸出しの利用数は次のとおり
提供している。資料の貸出しを受ける際は、館外貸出承認
である。
申請書を提出し、承認を受け、博物館資料を借用利用す
分野別の館外貸出の件数
標本:実物標本等、画像;フィルム、プリントなどの画像、デジタル画像:デジタルカメラ等によるデジタル画像、属性デー
タ:標本情報、その他資料:展示造作物、教材キット等。
種別
動物
利用
哺乳類
標本
画像
鳥類
標本
画像
両生・爬虫類
標本
画像
魚類
標本
画像
デジタル画像
属性データ
その他資料
昆虫
標本
画像
軟体動物・甲殻類・ 標本
動物その他
画像
デジタル画像
植物
標本
画像
その他資料
古生物
標本
画像
デジタル画像
その他資料
地球環境
標本
画像
デジタル画像
その他資料
博物館
デジタル画像
合計
展示
件数
点数
7
35
教材
件数
点数
掲載・放映
件数
点数
3
4
その他
件数
点数
合計
件数
点数
49
4
3
8
20
158
60
1
3
4
3
8
2
1
1
4
1
1
3
8
1
1
1
5
10
1
8
517
1
18
1
40
25
1
54
891
1
1
465
1
2
2
9
8
1
2
8
2
1
21
2
9
12
6
515
1
5
1
5
2
10
1
0
3
8
1
3
4
5
12
9
2
1
68
20
158
60
470
3
0
0
4
0
0
5
0
8
517
1
27
10
40
27
10
12
6
1,417
4.4. 資料燻蒸
博物館資料を良好な状態で保存するために、収蔵庫に対して燻蒸を実施した。
[期間]2009 年 6 月 15(月)〜 19 日(金)
[実施場所]収蔵庫(動物・植物・古生物・地球環境標本)
・
[内容]殺虫、殺卵、殺菌を目的とする密閉燻蒸
昆虫標本製作室
[使用薬剤]アルプ(酸化プロピレン・アルゴン混合ガス)
– 45 –
5. 学習支援機能
県民の生涯学習活動を様々な場面で支援することは、博物館の社会的使命の一つである。当館ではこれに応えるために企
画情報部を組織し、事務職員と研究職員(学芸員)とが協力態勢をとっている。この中で、県民の生涯学習支援を多種多様
な場面で数多く進めるとともに、学校教育支援にも取り組んでいる。
近年、県民の学ぼうとする意欲が高まる中で、生涯学習ニーズに応えるため、自然史博物館である当館の特質をいかした
自然科学講演会、各種の講座などの学習支援事業を展開している。
また、学校教育における支援要請、理科等の教科学習、総合的な学習の時間、インターンシップの受け入れ、教員の各種
研修の受け入れ、教材開発の支援などに応えた。
さらに、一般の方々や児童・生徒の自学自習の場として、ミュージアムライブラリーを設けている。ここには博物館学習指
導員が配置され、種々の学習相談に応じている。特に学校を中心とする団体での利用者には、要請に応じて学習指導員によ
るガイダンスの便宜もはかっている。
県民のボランティア活動等を受け入れたり支援することは、広く生涯学習の機会を確保することであるとともに、博物館の
社会的使命として重要な柱である。そのためボランティア活動の受け入れや養成講座の実施、博物館実習等の受け入れ、博
物館友の会の運営支援などの活動を通じて、市民・地域とともにある博物館を目指している。
5.1. 生涯学習への対応
5.1.1. 自然科学講演会等
本年度開催された、自然科学に関する館主催・共催の講
たちで実施された講演会等の行事について、以下に記した。
演会・シンポジウム、学会の開催に関連して一般公開のか
自然科学講演会(博物館主催行事に関連した一般の方々向け講演会)
講座名
実施日
実施場所
「洞の生きものから人々の歴史が見える」 8/2(日)講義室
ミューズ・フェスタ 2010 シンポジウム 3/13(土)ミュージアム
「本当は怖いアメリカザリガニ」
シアター
「アメリカザリガニの
在来生態系被害の概論」
「アメリカザリガニが希少水生昆虫に
与える影響とその対策」
「中池見湿地における
アメリカザリガニ被害」
「磐田市桶ヶ谷沼における
アメリカザリガニの大発生とその影響」
「珠洲市における緊急雇用創出事業を
活用したザリガニ駆除」
「川崎市麻生区はるひ野・黒川地域
における駆除事例」
「川崎市多摩区生田における駆除事例」
「小田原市桑原における駆除事例」
対象者
講師
一般
永幡嘉之
一般
所属
昆虫写真家
定員 応募者数 受講数
なし
45
45
なし
苅部治紀
当館学芸員
西原昇吾
東京大学
80
80
計
175
笹木智恵子 NPO法人
ウエットランド中池見
福井順治
静岡県磐田南高校
佐南谷信龍 石川県自然保護課
鉢嶺亮子
岩田臣生
高橋由季
はるひ野里山学校・
水辺のある里山を守る会
川崎自然調査団
小田原のメダカの会
他の機関との連携行事(博物館をとりまく諸機関との連携による講演会・シンポジウム・研究会等)
講座名
博物館友の会総会
「フィールドワークの達人」
実施日
実施場所
講師
4/5(日)ミュージアムシアター 勝山輝男
瀬能 宏
田口公則
高桑正敏
大島光春
広谷浩子
所属
当館企画普及課長
当館学芸員
当館学芸員
当館学芸員
当館学芸員
当館学芸員
受講数
75
(次ページへ続く)
– 46 –
(前ページから続く)
火山防災シンポジウム
10/ 9(金)ミュージアムシアター
-あすの火山防災を考える-
第一部
「箱根火山防災はどう変わった−噴火
防災警戒レベル導入を通して−」
「箱根火山の噴火の歴史と構造」 「最近の箱根火山の活動」
「噴火警戒レベル」
「箱根町の防災対策(レベル対応)」
「神奈川県の火山防災対策」
第二部
「大規模噴火時における広域火山防
災のあり方」
「北海道駒ヶ岳」
「桜島」
萬年一剛
棚田俊收
石垣祐三
勝俣 敏
杉原英和
神奈川県温泉地学研究所主任研究員
神奈川県温泉地学研究所主任研究員
横浜地方気象台火山防災官
箱根町防災対策課長
神奈川県温泉地学研究所企画調整担当部長
吉本充宏
石原和弘
「大規模噴火防災とは何か」
荒牧重雄
北海道大学理学部助教
京都大学防災研究所教授・
日本火山学会会長
東京大学名誉教授・
山梨県環境科学研究所長
火山学会秋季大会開催記念講演会 10/12
(月)ミュージアムシアター
「火山と私たちのくらし」
「火山はなぜ噴火するのか」 「実験で体験する火山噴火」 「箱根火山はどのようにしてできたか、
そしてこれからどうなるか」 「わかってきた箱根カルデラ」
魚の会 講演会
11/8(日)講義室
「ウナギの謎はどこまで解けたか?
―その回遊と産卵―」
第 6 回 公開講演会
2/28(日)ミュージアムシアター
「地層はどうやって地球の
歴史を語るのか」
「生命の誕生・進化と
地質活動をつなぐ水素」
200
83
寅丸敦志
笠間友博
高橋正樹
九州大学大学院理学研究院教授
当館学芸員
日本大学文理学部教授
萬年一剛
神奈川県温泉地学研究所主任研究員
塚本勝巳
東京大学海洋研究所教授
27
60
石浜佐栄子 当館学芸員
鈴木勝彦
海洋研究開発機構
地球内部ダイナミクス領域
計
445
5.1.2. 講座等
子ども自然科学ひろば(土・日曜日に開催する小中学生向け観察会 要事前申し込み)
講座名
春の野山の草花を観る
[野外観察]
境川遊水地化石ウォッチング
[野外観察と室内実習]
実施日
実施場所
4/18(土)舞岡ふるさと村
横浜市戸塚区
4/25(土)県立境川遊水地公園
4/26(日)実習実験室
磯の生きものウォッチング
[野外観察]
5/10(日)三ッ石海岸
9/ 6(日)真鶴町
海辺の野鳥観察会
[野外観察]
初夏の昆虫を探してみよう
[野外観察]
砂のひみつをさぐる
[室内実習]
樹洞探検隊 ~①昆虫を探せ~
[野外観察]
樹洞探検隊 ~②動物を探せ~
[野外観察]
展示室の岩石をさぐる[室内実習]
水辺の生き物観察会
[野外観察]
樹洞探検隊 ~③樹洞を探せ~
[野外観察]
菌類観察会
~キノコや変形菌、カビを探そう~
[野外観察]
5/17(日)照ヶ崎海岸
大磯町
5/30(土)秦野市名古木
6/ 6(土)実習実験室
7/25(土)箱根町
8/29(土)博物館周辺
9/ 5(土)展示室・実習実験室
9/27(日)南足柄市
10/18(日)博物館周辺
10/24(土)
対象者
小中学生と保護者
学生も可
小中学生と保護者
教員
講師
定員 応募数 受講数
田中徳久
40
34
25
勝山輝男
田口公則
30
70
24
大島光春
24
樽 創
小学生と保護者
佐藤武宏
40
157
48
田中徳久
95
39
加藤ゆき
小中学生と保護者
加藤ゆき
20
35
雨天
広谷浩子
中止
小学 4 年生~大人
高桑正敏
25
37
雨天
苅部治紀
中止
小学 4 年生~中学生 石浜佐栄子
12
24
10
山下浩之
小中学生と保護者
苅部治紀
20
142
22
高桑正敏
小~高校生と保護者 加藤ゆき
20
229
15
広谷浩子
小~高校生
山下浩之
20
21
19
20
小中学生と保護者
苅部治紀
20
88
瀬能 宏
小中学生と保護者
勝山輝男
20
56
15
広谷浩子
小~高校生と保護者 勝山輝男
30
56
28
大坪 奏
田中徳久
(次ページへ続く)
– 47 –
(前ページから続く)
樹洞にすむ動物の生活と体
[講義と室内実習]
川と海の小石の観察会
[野外観察]
動物ウォッチング
~絶滅の恐れのある動物たちを観察
しよう~[講義と室内実習]
アンモナイトの壁を調べよう
[室内実習]
骨のかたちを比べよう
~こども編~[室内実習]
いん石をさぐる
[室内実習]
計 18 講座
10/31(土)実習実験室
11/ 1(日)大型標本製作室
小学 4 年生~中学生 広谷浩子
加藤ゆき
樽 創
11/ 3(火 ・ 祝)新松田の酒匂川河原 小学 4 年生~中学生 平田大二
国府津海岸
とその保護者
山下浩之
石浜佐栄子
11/ 7(土)実習実験室
小中学生と保護者
広谷浩子
8(日)横浜動物園ズーラシア
加藤ゆき
11/21(土)講義室・展示室
12/19(土)実習実験室
1/31(日)実習実験室
小学 4 年生~ 6 年生
とその保護者・教員
小学 4 年生~ 6 年生
とその保護者
小学 4 年生~高校生
とその保護者
15
3
6
6
30
24
12
20
11
7
8
田口公則
12
11
7
大島光春
12
12
11
笠間友博
石浜佐栄子
30
23
17
416
1,128
363
延べ 22 日 夏休みに行った子ども向け講座(要事前申し込み)
講座名
貝がらのふしぎを調べよう ~ホタテの巻~[室内実習]
樹洞探検隊 ~昆虫を探せ!~
[野外観察]
貝がらのふしぎを調べよう ~アワビの巻~[室内実習]
貝がらのふしぎを調べよう ~アサリの巻~[室内実習]
貝がらのふしぎを調べよう ~サザエの巻~[室内実習]
私たちの祖先はだれ?
[室内実習]
ミニ火山を作ろう
[室内実習]
実施日
実施場所
7/19(日)実習実験室
対象者
小学 4 年生~大人
講師
田口公則
小中学生と保護者
20
108
22
12
20
6
8/ 2(日)当館実習実験室 小学 4 年生~大人
高桑正敏
苅部治紀
田口公則
佐藤武宏
佐藤武宏
12
18
13
13
8/ 9(日)当館実習実験室 小学 4 年生~大人
佐藤武宏
12
17
小学 4 年生~中学生
広谷浩子
20
2~6人までの家族
などのグループ
各回10組
小学生~高校生と
保護者
笠間友博
10 組
広谷浩子
加藤ゆき
20
20
13
209
147
170
229
16
11
31
29
24
15
計 108+30 組
974
192
7/25(土)箱根町
7/26(日)当館実習実験室 小学 4 年生~大人
8/20(木)当館実習実験室
8/21(金)
8/25(火)当館実習実験室
8/26(水)
8/27(木)
8/29(土)秦野市 白山神社
樹洞探検隊 ~動物を探せ!~
[野外観察]
計8講座 延べ11日 定員
12
応募者数 受講数
23
12
研究テクニック講座(専門的な内容の講座 要事前申し込み)
講座名
実施日
実施場所
カヤツリグサ科スゲ属植物の分類
4/29(水 ・ 祝)実習実験室
[講義と室内実習]
めざせ!昆虫博士[講義と室内実習] 5/ 5(火 ・ 祝)実習実験室
[講義と室内実習]
6/ 6(土)実習実験室
[野外観察] 6/ 7(日)秦野市弘法山
[講義と室内実習]
8/ 8(土)実習実験室
博物館対岸の地層レプリカ展示
博物館テラス
5/10(日)
および解説
骨のかたちを比べよう
実習実験室
5/24(日)
~大人編~[講義と室内実習]
先生のための地層と化石入門 2009
7/30(木)実習実験室
[野外観察と室内実習]
7/31(金)県立境川遊水地公園
8/ 1(土)実習実験室
標本活用講座 8/ 4(火)実習実験室
~先生のための哺乳類学入門~
8/ 5(水)
あなたのパソコンで地形を見る
8/11(火)実習実験室
[室内実習]
ダイバーのための魚類学講座
12/ 6(日)実習実験室
[室内実習]
12/13(日)
1/17(日)
1/24(日)
2/14(日)
2/21(日)
計8講座 延べ19日 – 48 –
対象者
高校生~大人
講師
勝山輝男
定員 応募数 受講数
30
35
34
小学 4 年生~大人 高桑正敏
苅部治紀
15
33
どなたでも
当日申込み
中学生~大人
笠間友博
平田大二
大島光春
なし
117
28
23
30
23
117
12
8
8
教員・一般
田口公則
大島光春
12
8
教員
広谷浩子
10
5
教員・一般
新井田秀一
20
21
6
6
7
5
5
20
中学生~大人
瀬能 宏
10
12
中止
7
計 109
246
5
5
中止
中止
7
7
336
身近な自然発見講座(対象を限定しない博物館周辺での野外観察の講座 定員なし・当日申し込み)
講座名
実施日
実施場所
4/ 8(水)博物館周辺
5/13( 水 )
6/10(水)
身近な自然発見講座
10/14(水)
11/11(水)
12/ 9(水)
計6講座
対象者
講師
どなたでも 高桑正敏
田中徳久
新井一政
勝山輝男
笠間友博
新井一政
高桑正敏
加藤ゆき
新井一政
高桑正敏
新井一政
田中徳久
新井一政
勝山輝男
広谷浩子
新井一政
延べ6日
定員 受講者数
なし
22
12
19
8
雨天中止
9
計
70
神奈川の自然を観察する講座(一般の方を対象とした県内の自然観察ポイントの探訪 要事前申し込み)
講座名
春の地形地質観察会
[野外観察]
実施日
実施場所
対象者
講師
定員 応募数
5/ 3(日 ・ 祝)大磯丘陵
小学 4 年生~大人 石浜佐栄子
40
78
小田原市国府津
平田大二
笠間友博
晩秋の地形地質観察会
12/ 5(土)中川大滝沢~ 小学 4 年生~大人 山下浩之
40
47
[野外観察]
中川温泉
笠間友博
山北町
平田大二
冬の樹木ウォッチング
12/13(日)池峰
小学 4 年生~大人 勝山輝男
20
30
[野外観察]
湯河原町
田中徳久
早春の地形地質観察会
3/ 7(日)生田緑地周辺 小学 4 年生~大人 笠間友博
40
64
[野外観察]
川崎市多摩区
計4講座
延べ4日
計 140
219
受講数
39
27
25
雨天中止
91
館長と話そう (当日受付)
講座名
実施日
実施場所
対象者
講 師
定員
応募組数 参加者数 子どもの数
館長と話そう 第1回 7/25(土)エントランスホール 小中学生と保護者 斎藤靖二 各回 6 組
6
15
7
第2回
8/ 1(土)
6
14
8
第3回
8/ 8(土)
6
15
9
第4回 8/15(土)
6
21
11
第5回 8/22(土)
6
18
9
第6回 8/29(土)
4
11
6
計 1 講座
延べ 6 日
計
34
94
50
県立機関活用講座(一般の方を対象とした有料講座 要事前申し込み)
講座名・講義題目
実施日
実施場所
対象者
講師
フィールドワーク 宇宙から見た
9/19(土)講義室
高校生以上 新井田秀一
入門
神奈川のフィールド
[室内講義と
フィールドワーク
10/ 4(日)真鶴町
渡部 孟
野外観察] 海岸編
三ツ石海岸周辺
勝山輝男
佐藤武宏
フィールドワーク
10/10
(土)秦野市
高桑正敏
山編
渋沢丘陵周辺
勝山輝男
佐藤武宏
加藤ゆき
フィールドワーク
川編
10/31
(土)山北町
谷峨周辺
フィールドワークの
楽しみ
11/ 7
(土)講義室
計 5 講座 20時間
飯島俊幸
田口公則
大島光春
石浜佐栄子
山下浩之
浜口哲一
講師所属
当館主任学芸員
定員 応募数 受講数
50
24
19
真鶴町 海の学校
当館企画普及課長
当館主任学芸員
当館学芸員
当館企画普及課長
当館主任学芸員
当館学芸員
15
あしがらNST研究会
当館主任学芸員
当館主任学芸員
当館学芸員
当館主任学芸員
神奈川大学教授
17
16
参加者延べ人数
参加者数
修了者数
延べ5日
– 49 –
18
85
20
16
5.1.3. 子ども自然科学ひろば
本事業は、文部科学省の「子ども居場所づくり新プラン」
である。
の一環として整備された、
「全国科学系博物館における地
今年度は身近なところから自然に興味を持ってもらうた
域子ども教室推進事業」を館独自に引き継いだもので、子
めに、学習指導員によって 11 回の「折り紙ひろば」が行わ
どもたちが自然について学習でき、自然への好奇心と理解
れた。多くの子供たちが参加し、恐竜や動物の折り紙に興
を深め、自然について考える力をつける場を設置するもの
じていた。
講座名
春の野山の草花を観る
[野外観察]
境川遊水地化石ウォッチング
[野外観察と室内実習]
実施日
実施場所
対象者
講師
定員 応募数 受講数
4/18(土)舞岡ふるさと村
小中学生と保護者
田中徳久
40
34
25
横浜市戸塚区
学生も可
勝山輝男
4/25(土)県立境川遊水地公園 小中学生と保護者教員 田口公則
30
70
24
大島光春
4/26(日)実習実験室
24
樽 創
磯の生きものウォッチング
5/10(日)三ッ石海岸
小学生と保護者
佐藤武宏
40
157
48
[野外観察]
真鶴町
田中徳久
9/ 6(日)
加藤ゆき
95
39
海辺の野鳥観察会
5/17(日)照ヶ崎海岸
小中学生と保護者
加藤ゆき
20
35 雨天中止
[野外観察]
大磯町
広谷浩子
初夏の昆虫を探してみよう
5/30(土)秦野市名古木
小学 4 年生~大人
高桑正敏
25
37 雨天中止
[野外観察]
苅部治紀
砂のひみつをさぐる
6/ 6(土)実習実験室
小学 4 年生~中学生
石浜佐栄子
12
24
10
[室内実習]
山下浩之
樹洞探検隊 ~①昆虫を探せ~
7/25(土)箱根周辺
小中学生と保護者
苅部治紀
20
142
22
[野外観察]
高桑正敏
※「いろいろ体験」
[室内実習]
8/ 8(土)実習実験室
子供とその保護者
友の会講師
29
※「要定川の魚と水生昆虫観察会」
8/ 8(土)小田原市要定川
子供から大人まで
瀬能 宏
30
29
[野外観察]
苅部治紀
※「バックヤード探検隊」
[室内実習]
8/ 9(日)バックヤード
小学生以上
大島光春
10
8
8
樹洞探検隊 ~②動物を探せ~
8/29(土)秦野市 白山神社
小~高校生と保護者
加藤ゆき
20
229
15
[野外観察]
広谷浩子
展示室の岩石をさぐる[室内実習]
9/ 5(土)展示室・実習実験室 小~高校生
山下浩之
20
21
19
水辺の生き物観察会
9/27(日)・南足柄市
小中学生と保護者
苅部治紀
20
88
20
[野外観察]
瀬能 宏
樹洞探検隊 10/18(日)博物館周辺
小中学生と保護者
勝山輝男
20
56
15
~③樹洞を探せ~
広谷浩子
[野外観察]
加藤ゆき
菌類観察会
10/24(土)博物館周辺
小~高校生と保護者
勝山輝男
30
56
28
~キノコや変形菌、カビを探そう~
田中徳久
[野外観察]
大坪 奏
樹洞にすむ動物の生活と体
10/31(土)実習実験室
小学 4 年生~中学生
広谷浩子
15
6
6
[室内実習]
加藤ゆき
11/ 1(日)大型標本製作室
樽 創
6
川と海の小石の観察会
11/ 3(火 ・ 祝)新松田の酒匂川河原 小学 4 年生~中学生と 平田大二
30
24
12
[野外観察]
・国府津海岸
その保護者
山下浩之
石浜佐栄子
動物ウォッチング
11/ 7(土)実習実験室
小中学生と保護者
広谷浩子
20
11
7
~絶滅の恐れのある動物たちを観察
加藤ゆき
8(日)横浜動物園
8
しよう~[講義と野外観察]
ズーラシア
アンモナイトの壁を調べよう
11/21(土)講義室・展示室
小学 4 年生~ 6 年生と 田口公則
12
11
7
[室内実習]
その保護者・教員
骨のかたちを比べよう
12/19(土)実習実験室
小学 4 年生~ 6 年生と 大島光春
12
12
11
~こども編~[室内実習]
その保護者
※「どんぐりのふしぎ」
[室内実習]
1/23(土)実習実験室
子供
友の会講師
20
中止
いん石をさぐる
1/31(日)実習実験室
小学 4 年生~高校生と 笠間友博
30
23
17
[室内実習]
その保護者
石浜佐栄子
計 22 講座
延べ 26 日
446 1169
429
※は友の会と共催の講座
夏休み 理科自由研究
なんでも相談コーナー
夏休み 標本の名前を調べよう
実施日
実施場所
7/18(土)~ ミュージアム
8/23(日)ライブラリー
8/23(日 ) 講義室
対象者
小 ・ 中学生
講師
定員 応募数 参加者数 子どもの数
学習指導員 なし
99
94
小学生~
学芸員
高校生と保護者
– 50 –
なし
26
11
計
125
105
実施日
実施場所
折り紙ひろば①
4/ 5(日)講義室
折り紙ひろば②
5/ 3(日)
折り紙ひろば③
6/ 7(日)
折り紙ひろば④
7/ 5(日)
折り紙ひろば⑤
8/ 2(日)
折り紙ひろば⑥
9/ 6(日)
折り紙ひろば⑦
10/ 4(日)
折り紙ひろば⑧
11/ 1(日)
折り紙ひろば⑨
12/ 6(日)
折り紙ひろば⑩
2/ 7(日)
折り紙ひろば⑪
3/ 7(日)
計 11 回
延べ 11 日
対象者
どなたでも
講師
学習指導員
定員
なし
応募組数
参加者数
子どもの数
37
123
56
59
188
96
43
142
83
59
125
76
109
407
198
57
173
78
29
84
43
49
145
70
40
159
86
64
194
92
96
333
173
計
642
2,073
1,051
5.1.4. 特別展関連講座
講座名
樹洞探検隊~①昆虫を探せ!~
[野外観察]
樹洞探検隊~②動物を探せ!~
[野外観察]
樹洞探検隊~③動物を探せ!~
[野外観察]
樹洞にすむ動物の生活と体
[講義と室内実習]
計4講座
実施日
実施場所
7/25(土)箱根町
対象者
小学生~中学生と
保護者
8/29(土)博物館周辺 小学生~高校生と
保護者
10/18(日)博物館周辺 小学生~中学生と
保護者
講師
定員 応募数 受講数
高桑正敏
20
108
22
苅部治紀
広谷浩子
20
229
15
加藤ゆき
勝山輝男
20
56
15
広谷浩子
加藤ゆき
10/31(土)実習実験室 小学 4 年生~中学生 広谷浩子
15
6
6
11/ 1(日)
加藤ゆき
6
樽 創
延べ5日
計 75
399
64
5.2. 学校教育への対応
5.2.1. 理科等の教科学習・講義への対応
実施日
内容・演題等 依頼元
5/21(木)地球の成り立ちと様々な鉱物の特徴
藤野シュタイナー高等学園
及び展示解説
5/23(土)地震や津波等の災害が起こる
三島市立中郷西中学校
メカニズムについて
6/ 5(金)外来生物に対する日本と
横浜女学院中学校
ニュージーランドの取り組みについて
7/23(木)SSH防災 箱根野外実習
神奈川県立西湘高等学校
8/21(金)SSH「二枚貝の殻形態について」
東京都立戸山高等学校
8/25(火)地学実習
穎明館中学
9/ 8(火)理科学習「土地のつくりと変化」
横浜市立鳥が丘小学校
火山の噴火実験
9/ 5(土)伊豆東部単成火山地域の現地研修
神奈川県立西湘高等学校
9/19(土)火を噴く大地を見る
「火山のモデル実験」千葉県立船橋高等学校
9/25(金)理科学習「土地のつくりと変化」
茅ヶ崎市立梅田小学校
火山の噴火実験
10/1(木)
「地層のでき方についての講義と実験」 横浜市立ろう特別支援学校
10/1(木)館内展示解説
千葉県立船橋高等学校
10/16
(金)理科学習「土地のつくりと変化」
小田原市立下府中小学校
火山の噴火実験
10/20(火)箱根火山を知るための観察指導
自由学園初等部
10/22(木)
「火山の話」
港区立赤羽小学校
10/25(日)SPP事業「菌類講座」
神奈川県立神奈川総合高等学校
10/27(火)理科学習「土地のつくりと変化」
藤沢市立湘南台小学校
火山の噴火実験
11/1(日)箱根火山と火山灰
神奈川県立神奈川総合高等学校
11/ 8(日)SPP事業「菌類講座」
神奈川県立神奈川総合高等学校
11/13(金)火山噴火実験
函嶺白百合学園中学校
12/11(金)箱根方面巡検
武蔵中学校
1/20(水)
「博物館学各論」
都留文科大学
– 51 –
対応者
平田大二
学年 人数
2
9
場所(空欄は当館)
笠間友博
1
38
広谷浩子
3
220
笠間友博
佐藤武宏
平田大二
笠間友博
1・2
1
1~3
6
24 箱根 大涌谷および当館
22
8 博物館及び周辺
80 横浜市立鳥が丘小学校
笠間友博
笠間友博
笠間友博
1・2
2
6
15 伊豆城ヶ崎海岸・大室山
25 千葉県立船橋高等学校
80 茅ヶ崎市立梅田小学校
石浜佐栄子
笠間友博
笠間友博
6
2
6
15
25
69
山下浩之
平田大二
大坪 奏
笠間友博
6
6
2
6
46 箱根 大涌谷および当館
11
40
40 藤沢市立湘南台小学校
笠間友博
大坪 奏
笠間友博
笠間友博
山下浩之
1
2
1
1
広谷浩子
3
20
40
60 函嶺白百合学園中学校
176 大観山
山伏峠
大涌谷
15 都留文科大学
(次ページへ)
(前ページより)
3/3(水)火山噴火実験
3/3(水)火山噴火実験
・5(金)
小田原市立山王小学校
箱根町立箱根中学校
3/9(火)鉱物の観察
・15(月)
箱根町立箱根中学校
3/22(日)SSH「講義 丹那断層」
3/28(日)火山噴火実験
名古屋市立向陽高等学校
静岡県立静岡高等学校地学部
笠間友博
平田大二
笠間友博
山下浩之
平田大二
笠間友博
山下浩之
笠間友博
笠間友博
6
1
39
80 箱根町立箱根中学校
1
80 箱根町立箱根中学校
2
39
1~2
9
計 1,325
5.2.2. 総合的な学習への対応
実施日
内容・演題等 5/26(火)総合的な学習 「ツバメについて」
6/23(火)外来生物に関する取材
7/24(金)恐竜について
7/30(木)サマープログラム 研究室・収蔵庫の見学
10/22(木)
「地域で働く人々に学ぶ」
10/22(木)
「フィールドワーク」調べ学習
11/ 5(木)
「一日探求日」
1/15(金)総合的な学習 「冬鳥の野鳥観察」
2/ 1(月)総合的な学習
「カナダガンの生態について・冬鳥の観察」
2/ 4(木)総合的な学習 「職業について」
2/ 6(土) 「未来の夢講座」
2/16(火)湯河原町の環境と変化について
3/16(火)総合的な学習
「地域の社会教育施設を訪ねる」
依頼元
山北町立三保小学校
自修館中等教育学校
埼玉県立春日部女子高等学校
県立横浜国際高等学校
御殿場市立御殿場中学校
相模原市立相模台中学
南足柄市立岡本中学校
山北町立三保小学校
山北町立三保小学校
対応者
学年 人数 場所(空欄は当館)
加藤ゆき
4
7 山北町立三保小学校
広谷浩子
3
1
大島光春
1
8
田中徳久
1 10
樽 創
1 215
笹尾賢二
1 12
学習指導員
1 20
加藤ゆき
4
7 丹沢湖周辺
加藤ゆき
4
7 山北町立三保小学校
海城中学校
神奈川県立大磯高等学校
湯河原町立吉浜小学校
小田原市立早川小学校
佐藤武宏
山下浩之
笠間友博
学習指導員
3
1
1
3
6 110
4 30
計 431
5.2.3. 職場体験学習
自分の進路を見つめ考える進路学習の中で、実
際に職場で職業体験を行う機会として、近隣の中
学校からの依頼が増えている。
実施日 内容・演題等 依頼元
8/26(水)職場体験学習 穎明館中学
9/ 2(水)職場体験学習 川崎市立南生田中学校
対応者 学年 人数
平田大二
3
2
笹尾賢二
1
3
田中徳久
10/28(水)職場体験学習 小田原市立城南中学校
笹尾賢二
2
3
田中徳久
11/ 5(木)職場体験学習 南足柄市立足柄台中学校 笹尾賢二
2
3
田中徳久
1/29(金)職場見学
小田原市立泉中学校
新井一政
1
7
2/ 3(水)職場体験学習 湯河原町立湯河原中学校 笹尾賢二
2
4
田中徳久
計 22
5.2.4. インターンシップの受け入れ
2002 年度より、高校生の就業体験実
習を受け入れている。
実施日
内容・演題等 依頼元
7/21
(火)
・23
(木)高校生インターンシップ 県立湘南台高等学校
7/30(木)高校生インターンシップ 県立大清水高等学校
県立厚木東高等学校
7/31(金)高校生インターンシップ 県立厚木東高等学校
対応者 学年 人数
笹尾賢二
2
2
佐藤武宏
笹尾賢二 2・3
4
笹尾賢二
2
笠間友博
笹尾賢二 1・2
樽 創
2
2
1
計
13
8/6(木)
・7(金)高校生インターンシップ 光明相模原高等学校
明星学園高等学校
県立平塚商業高等学校
10/1(木)
・2(金)高校生インターンシップ 県立海洋科学高等学校 笹尾賢二
佐藤武宏
– 52 –
4
5.3. 博物館実習
5.3.1. 博物館実務実習
当館では自然系分野を専攻し、学芸員資格の取得をしよ
への配架)。
うとする学生を、博物館実習生として受け入れている。今
動物グループ(3 名)
年度は7大学8学部から 11 名の実習生を受け入れた(表)。
[担当]広谷浩子・佐藤武宏・加藤ゆき
実習は、企画情報部企画普及課が担当する 2 日間と学
[期間]8 月 1 日(土)~ 7 日(金)
芸部が担当する 7 日間の実習からなり、その詳細は以下の
[内容]動物の分類・学名に関するレクチャー、標本整理(ラ
とおりであった。
ベル貼り付け、収蔵庫への配架)。
実習日と主な実習内容
地球環境グループ(3 名)
全員共通実習(2 日間)担当 : 企画普及課職員
[担当]石浜佐栄子・笠間友博・山下浩之
[期日]7 月 30 日(木)・31 日(金)
[期間]8 月 22 日(土)~ 28 日(金)
[内容]オリエンテーション、館長講話、展示室・収蔵庫
[内容]ジャンボブック展示の更新作業、講座の補助。
など館内諸施設見学、各部長による館の概要・展示内容・
研究状況などのガイダンス。
グループ別実習(7 日間): 学芸各グループ担当
昆虫グループ 2 名
[担当]高桑正敏・苅部治紀
博物館実務実習受け入れ状況
[期間]8 月 2 日(日)・7(金)~ 8(土)・11 日(火)~
大学・学部等
東京農業大学・農学部
日本大学・文理学部
日本大学・生物資源科学部
東京学芸大学・環境教育課程
筑波大学・第一学群
神奈川大学・大学院
日本女子大学・理学部
日本獣医生命科学大学・獣医学部
14 日(金)
[内容]昆虫標本の製作、標本ラベルの取り付け、講座の
補助。
植物グループ(4 名)
[担当]勝山輝男・田中徳久
[期間]8 月 1 日(土)~ 7 日(金)
[内容]植物標本の台紙への貼り付け、標本整理(収蔵庫
人数
2
2
2
1
1
1
1
1
計
11
5.3.2. 博物館見学実習
当館では大学における学芸員養成課程のうち、博物館
博物館見学実習受け入れ状況
学の見学実習の一環として、専攻・専門分野を問わずこの
実施日
大学名
人数
担当
5/6(水・祝)フェリス女子大学国際交流学部
6 平田大二
6/6(土)桜美林大学リベラルアーツ学群
12 佐藤武宏
6/6(土)日本大学文理学部
6 平田大二
地球システム学科
6/25(木)東海大学教養学部人間環境学科 27 高桑正敏
8/4(火)麻布大学環境保健学部
20 山口佳秀
衛生技術学科
8/12(水)茨城大学教育学部
20 平田大二
9/12(土)名古屋大学大学院環境学研究科 44 平田大二
11/ 1(日)日本大学生物資源科学部
25 高桑正敏
11/ 7(土)桜美林大学リベラルアーツ学群
12 佐藤武宏
12/ 6(日)横浜国立大学
212 なし
12/12(土)東京家政学院大学
15 田中徳久
12/13(日)東海大学海洋学部
26 新井田秀一
12/20(日)東海大学海洋学部
29 新井田秀一
12/22(火)神奈川大学理学部
13 平田大二
1/ 17(日)東京都市大学
7 佐藤武宏
2/ 2(火)桜美林大学リベラルアーツ学群
7 笠間友博
2/11(木・祝)自由学園最高学部
12 山口佳秀
計 487
実習を受け入れている。一般向けの展示のみならず、館施
設全体の見学を通して、大学生に博物館の機能や社会的
意義を深く理解させることが目的である。この実習は企画
情報部企画普及課が担当し、大学側の希望がある場合に
はそれぞれの専門分野の学芸員が担当する。
今年度は 13 大学 17 件 487 名の見学実習を受け入れた。
– 53 –
5.4. 各種研修
5.4.1. 教員の各種研修の受け入れ
新採用の教員の研修受け入れ、小中学校の教育研究会や県立総合教育センターと連携し、様々な研修を行った。
実施日
内容・演題等 7/23(木)
「身近な自然を活用する
環境教育Ⅰ・Ⅱ研修講座」
7/24(金)
「身近な自然を活用する
環境教育Ⅰ・Ⅱ研修講座」
依頼元
総合教育センター
7/27(月)
「身近な自然を活用する
環境教育Ⅰ・Ⅱ研修講座」
7/22(水)・23(木)小学校 10 年経験者
社会体験研修
・24(金)
7/22(水)・23(木)中学校 5 年経験者
社会体験研修
・24(金)
総合教育センター
7/28(火)中学校・高等学校理科研修
「自然観察会のポイント」
8/5(水)夏季自然観察会
8/10(月)・12(水)小学校初任者 社会体験研修
・13(木)
8/8(土)
・9(日)・11(火)中学校初任者 社会体験研修
・15(土)・16(日)
8/17(月)理科総合講座3
「湘南台で潮干狩り?!」
8/21(金)
「サルからヒトへの進化
の過程での変化」
8/20(木)~ 23(日)小学校 10 年経験者
・26(水)社会体験研修
8/20(木)・23(日)小学校初任者 社会体験研修
8/21(金)神奈川県の地質・
箱根火山について
8/25(火)
「題材作りに活用できそうな
小田原の自然 ( メダカ)」
9/10(木)初任者研修講座
「神奈川の自然 ~箱根火山~」
10/1(木)町田市中学校教育研究会
理科部 一日研修
10/28(水)野外研修会「自然観察指導法」
中井町立井ノ口小学校
対応者
人数 場 所(空欄は当館)
山下浩之
20 県立総合教育センター
田口公則
山下浩之
20 西丹沢方面
田口公則
石浜佐栄子
山下浩之
20 県立総合教育センター
石浜佐栄子
笹尾賢二
1
小田原市立城南中学校
笹尾賢二
1
横浜市教育センター
平田大二
40
総合教育センター
横浜市立中学校教育研究会 平田大二
小田原市立国府津小学校
笹尾賢二
20 城ヶ島周辺
1
湯河原町立湯河原中学校
笹尾賢二
1
大和市教育研究所
田口公則
藤沢市中学校教育研究会
広谷浩子
茅ヶ崎市立梅田小学校
笹尾賢二
1
秦野市立西小学校
川崎市総合教育センター
笹尾賢二
平田大二
2
15
19 県立境川遊水地公園
・遊水地情報センター
15
小田原市小学校教育研究会 瀬能宏
32
総合教育センター
笠間友博
46 当館および箱根周辺
町田市中学校教育研究会
大島光春
20
神奈川県高等学校理科部会 勝山輝男
生物研修会
20 真鶴町立ケープ真鶴
および真鶴半島
5.4.2. 教員の各種研修の受け入れ
以下のとおり各種研修を受け入れた。
実施日
内容・演題等 依頼元
7/8(水)親子 PTA 活動「地層について」
箱根町立湯本小学校
9/3(木)研究学術機関等訪問研修「バックヤード見学」神奈川県立大磯高等学校
9/26(土)特別展・収蔵庫の見学および解説
神奈川理科サークル
3/26(金)
「県西部・西湘地区に見られる昆虫の仲間」 西湘科学の会
– 54 –
対応者
平田大二
笹尾賢二
田口公則
苅部治紀
人数 場所(空欄は当館)
29
30
10
40
計 99
5.5. ミュージアムライブラリーにおける学習支援活動
ミュージアムライブラリーでは、来館者の学習意欲に応えられるよう、自然誌関係の図書、雑誌等を揃え、自由に閲覧で
きる開架式環境と、閉架式図書資料等の閲覧が行える環境を整備している。また、博物館情報システムによる情報検索がで
きるほか、学芸員による学習相談や学校現場での豊かな経験を生かした学習指導員による学習相談、学校をはじめ各種諸団
体利用者の見学に関する支援を行っている。
2009 年度のライブラリー利用者は 87,370 人で、1 日平均利用者数は 286 人であった。
電話や文書による資料の問い合わせが 15 件あり、また有料ではあるがコピーサービスも行っており、延べ 361 件の申込が
あった。
5.6. 学習指導員による学習支援活動
当博物館は、県民の皆さんにより身近で開かれた博物館、学校との連携をはかる博物館、生涯学習を支援する博物館を
目指しており、これらの実現のために館全体で様々な事業に取り組んでいる。そのためのサポートとして6名の学習指導員(非
常勤)を配置している。
当館の学習指導員は、学校現場および博物館での豊かな経験を生かし、児童・生徒をはじめ一般の方々からのレファレン
スに関する業務や学習支援、学校をはじめ各種諸団体利用者へのサービスに関する業務を行っている。
5.6.1 学習支援・レファレンス業務
学習指導員はミュージアムライブラリーのカウンターに常
援を行っている。このほか、来館者のレファレンス受付や、
駐し、さまざまな相談に応じている。児童・生徒の質問を
博物館に持ち込まれた動植物や鉱物、化石の同定や質問
受け付けたり、自由研究等へのアドバイスを行ったり、設
に対して、学芸員との連携を図っている。
定された課題解決のためにその筋道を示したりする学習支
5.6.2 団体利用者へのサービス
[団体利用の申込受付]
[ガイダンスサービス]
学習指導員は、団体利用者からの電話、FAX、直接の
ガイダンスを希望した団体には所要時間 20 分程度で、
来館等に対応し、予約の申し込みを受け付けている。地
学習指導員が展示室の構成やおもな展示物の説明、館内
域や年齢など来館される方々は多岐にわたっている。
の見どころ等についてわかりやすく紹介し、利用にあたって
の注意事項のお願いをしている。本年度の利用状況は以
[下見見学への対応]
下のとおりである。
事前に下見のために来館した団体に対しては、施設を含
む館内の見どころ等を説明するほか、希望者には博物館の
展示を紹介したビデオテープの貸し出しも行っている。
この下見見学の多くは学校関係者や、障害のある方々の施
設・団体である。
月別ガイダンス対応状況
件数
人数
4月
26
1,668
5月
22
1,272
6月
34
2,048
7月
36
2,223
8月
20
947
9月
10月 11月 12月
21
36
27
19
1,114 2,610 1,275 1,075
– 55 –
1月
10
351
2月
25
1,193
3月
30
1,264
合計
306
17,040
平均
25
1,420
5.6.3. 団体利用状況
2009 年 度 の 団 体 入 館 利 用 は 1395 団 体、 人 数 は
34.6%になる。団体利用の中で、学校関係団体 787 団体、
72,646 人で、館全体の利用者 232,046 人に対する割合は
54,415 人、この数字は全団体 56%、全団体人数の 75%
月別種別利用状況
種別利用状況(団体数)
月
種 別
A 県内小学校
B 県内小学校以外の学校
C 県外小学校
D 県外小学校以外の学校
E 学校以外の教育機関・施設
F 病院、障害者施設、福祉施設
G 高齢者団体、趣味の会等
H 自治会、町内会、商店会等
I 企業、自治体、各種組合等
J 市民団体、NPO等
K 研究・研修会、学会等
L 外国人諸団体
M 旅行会社ツアー
N その他
4
学校関係合計
全 体 合 計
種別利用状況(人数)
月
種 別
A 県内小学校
B 県内小学校以外の学校
C 県外小学校
D 県外小学校以外の学校
E 学校以外の教育機関・施設
F 病院、障害者施設、福祉施設
G 高齢者団体、趣味の会等
H 自治会、町内会、商店会等
I 企業、自治体、各種組合等
J 市民団体、NPO等
K 研究・研修会、学会等
L 外国人諸団体
M 旅行会社ツアー
N その他
学校関係合計
全 体 合 計
5
6
7
8
9
10
11
12
1
2
3
計
割合
23
10
2
5
11
5
6
0
5
1
0
0
0
0
26
16
67
6
3
8
15
6
5
0
0
0
0
0
13
10
29
10
4
17
17
5
9
6
0
0
0
0
17
37
16
21
20
10
8
0
7
7
1
0
0
0
0
6
2
5
35
6
1
0
8
5
3
1
0
0
13
10
21
9
2
7
6
2
13
5
0
0
0
1
36
18
107
6
11
19
14
1
12
8
1
0
0
1
28
19
50
14
10
25
24
7
19
13
0
1
1
0
10
5
10
5
7
5
10
3
6
2
1
0
5
0
8
6
5
2
4
2
4
1
1
3
2
0
0
0
12
22
2
9
14
9
6
3
6
3
0
1
1
0
9
19
1
10
26
8
18
4
6
5
1
0
3
0
195
174
312
102
147
121
129
32
97
58
9
7
10
2
14.0%
12.8%
22.4%
7.3%
10.5%
8.7%
9.2%
2.3%
7.0%
4.2%
0.6%
0.2%
0.7%
0.1%
40
68
115
152
62
120
91
144
13
72
53
89
167
234
111
211
30
69
21
38
45
88
39
110
787
1,395
56%
100%
5
6
7
4
8
9
10
11
2,617 2,938 1,478 1,379
0 1,131 3,388 2,670
1,209 1,683
688 2,315
322
675 1,120
752
72 4,257 1,729 1,097
144 1,048 5,817 3,168
482
745
524 2,025
72
259
361 1179
317
149
215
952 1,454
26
297
282
139
215
416
215
149
241
587
627
142
357
410
206
16
97
398
460
0
134
135
0
0
60
9
208
85
81
211
226
298
360
453
555
20
0
169
174
140
171
255
308
0
0
0
16
35
0
18
0
0
0
0
254
25
0
0
29
0
0
0
0
0
0
0
24
0
0
0
0
0
21
15
0
12
805
260
517
286
283
88
315
62
118
30
15
0
95
0
1
2
3
850
120
267
33
74
138
99
20
9
78
48
0
0
0
829
897
317
300
493
202
383
67
287
49
0
98
33
0
322 18,407 25.3%
718 10,759 15.2%
27 18,460 25.4%
269 6535 9.0%
975 5,517 7.6%
201 3,218 4.4%
955 3,838 5.3%
64
759 1.0%
166 2,849 3.9%
125 1,519 2.1%
24
156 0.2%
0
406 0.2%
35
187 0.3%
0
36
0.1%
計
割合
4,380 9,623 4,419 6,816
538 3,113 10,686 7769 1,868 1,270 2,343 1,336 54,415 74.9%
5,083 10,559 5,975 8,859 2,655 4,089 12,718 1,0262 2,874 1,736 3,955 3,881 72,646 100%
(団体数) (団体種別利用人数)
300 250
053
003
052
200
002
150
051
100001
50 05
0
0
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
– 56 –
00
2000 4,000
4000
60008,0008000
12,000
10000
12000
16,000
14000
16000
20,00020000
18000
になる。特に、小学校の占める割合は学校関係団体人数
状況は下記図表の通りである。
の 36%になる。種別による利用状況および地域別の利用
月別地区別利用状況
地区別利用状況(団体数)
月
地 区
a 小田原市
b 足柄下郡
c 足柄上郡
d 二宮町・大磯町・平塚市
e 秦野、伊勢原
f 県央・県北
g 茅ヶ崎市・藤沢市・ 鎌倉市
h 横須賀市
i 横浜市
j 川崎市
k 東京
l 千葉
m 静岡
n その他
4
神奈川県合計
全 体 合 計
地区別利用状況(人数)
月
地 区
a 足柄下郡
b 足柄上郡
c 二宮町・大磯町・平塚市
d 秦野、伊勢原
e 県央・県北
f 茅ヶ崎市・藤沢市・鎌倉市
g 横須賀市
h 横浜市
i 川崎市
j 東京
k 千葉
l 静岡
m 静岡
n その他
神奈川県合計
全 体 合 計
4
5
6
7
8
9
10
11
12
1
2
3
計
2
1
1
5
14
8
5
1
3
0
16
2
1
9
5
2
1
6
13
11
4
3
15
2
36
16
9
29
4
5
1
8
3
8
5
2
17
3
33
8
6
17
11
1
1
2
8
9
9
11
24
11
36
3
9
9
3
0
3
3
4
9
10
2
17
2
11
2
2
4
9
1
1
2
3
5
4
10
9
2
22
8
5
8
11
3
5
8
8
25
10
0
14
0
27
72
9
42
6
2
6
5
13
14
19
13
29
3
29
35
15
22
1
0
3
2
6
3
2
3
10
5
10
8
7
9
4
0
4
1
3
1
3
1
6
2
7
0
5
1
12
2
3
8
11
9
3
2
6
2
14
2
4
10
11
1
0
7
13
9
12
0
10
5
14
1
9
18
40
68
62
152
56
120
87
144
53
72
46
89
84
234
110
211
35
69
25
38
58
88
68
110
5
6
7
20
431
273
477
56
182
112
25
29
14
6
54
483
550
430
156
1,624 1,405
97
441
806
767
348
374
584
690
355
445
338
203
142
872
83
855 1,274 1,573
0
29
51
803
495 2,532 1,552 2,659
209
588
399
122
17
839
231
425
339 1474
705
433
8
9
10
11
53
0
91
70
179
270
372
158
739
60
436
34
69
124
354
700
167
8
179
72
138
320
342
196
351
393
126
790
371
149 1,780
643
135
533 1019
978
0
725
267
751 1,281
45
0
50
984
973 1,623
344 3,505 1,709
154
587
675
211 2249 1192
12
17
0
53
96
101
58
181
168
542
289
363
386
279
341
79
18
29
57
99
111
86
48
160
37
255
157
81
178
神奈川
5.7%
1.3%
2.1%
4.1%
7.1%
8.0%
6.2%
3.4%
11.5%
2.7%
18.3%
11.3%
5.8%
12.8%
724 51.9%
1,395 100%
1
2
3
計
182
0
110
27
362
3
73
30
196
311
293
0
125
24
416
173
74
454
409
299
164
57
255
85
437
56
229
847
336 3,426 4.7%
14
821
1.1%
0 1,231 1.7%
172 3,378 4.6%
525 6,430 8.9%
166 5,663 7.8%
498 5,049 7.0%
0 3,671
5.1%
312 8,128 11.2%
144 1,867 2.6%
494 12,841 17.7%
16 7,368 10.1%
240 3,870 5.3%
964 8,903 12.2%
割合
4,023 5,126 3,088 5,220 1,992 2,396 5,404 5,063 1,505 1,294 2,386 2,167 39,664 54.6%
5,083 10,559 5,975 8,859 2655 4089 12,718 10,262 2,874 1,736 3,955 3,881 72,646 100%
(団体数) (団体地区別利用人数)
00
12,000 12000
300 250
200
150051
100 001
50 05 0
003
052
002
0
2000 4,000
4000
6000 8,0008000
10000
14000
県外
割合
a
b
c
d
e
f
g
h
i
j
k
l
m
n
– 57 –
県外
神奈川
県内地区別学校利用状況
小
地区
No
構成市町村
1
2
3
小田原市
箱根町・真鶴町・湯河原町
南足柄市・松田町・開成 町・大 井 町・
中井町・山北町
4 平塚市・二宮町・大磯町
5 厚木市・秦 野市・伊 勢原市・愛 川町・
清川村
6 海老名市・座間市・大 和 市・綾 瀬市・
相模原市
7 藤沢市・鎌倉市・茅ヶ崎市・寒川町
8 横須賀市・三浦市・逗子市・葉山町
9 横浜市
10 川崎市
合 計
割 合
学
校
小 学 校 以 外 の 学 校
全校種
全体に
小学校 県内で 地区内 各地区で 中学
高校
大学 各種支 保育園
合 計 占める
利用数 の割合 小学校数 の利用率 利用数 利用数 利用数 援学校 幼稚園
割合
18
9%
26
69%
6
3
0
5
11
43
12%
4
2%
9
44%
1
0
0
0
5
10
3%
11
6%
19
58%
2
0
0
0
5
18
5%
20
10%
35
57%
1
3
2
4
11
41
11%
30
15%
55
55%
3
1
3
1
19
57
15%
36
19%
129
28%
6
2
3
0
12
59
16%
18
21
32
5
195
9%
11%
16%
3%
100%
80
67
357
118
895
23%
31%
9%
4%
8
2
8
0
37
10%
0
1
6
0
16
4%
2
4
4
0
18
5%
0
0
3
0
13
4%
12
4
12
4
95
25%
40
32
65
9
374
100%
11%
9%
17%
2%
100%
52%
県内小学校の地区別利用数の割合
୼ॄঌȁijĦ
઀നࡔঌȁĸĦ
ภआ಴Ȇ૯೧಴Ȇൖ‫ࡔع‬಴ȁijĦ
‫؍‬ຩঌȁIJĴĦ
ධ௷໻ঌȆઐന಴Ȇ‫଼ٳ‬಴
Ȇఱ֔಴Ȇಎ֔಴Ȇ५ཤ಴ȁķĦ
‫؍‬ଌٖঌȆ२‫׆‬ঌ
ȆଐঊঌȆဩ५಴ȁIJIJĦ
໹೓ঌȆඵ‫ݠ‬಴Ȇఱ֙಴ȁIJıĦ
൥ాঌȆ‫ہ‬ாঌȆ‫ۅ‬ώॄঌȆ‫୼ێ‬಴ȁIJIJĦ
࢚࿐ঌȆ૱࿤ঌȆչସࡔঌ
ȆՔ୼಴Ȇୄ୼ఆȁIJķĦ
٬ჇྴঌȆज‫ۼ‬ঌȆఱგঌ
ȆիଳঌȆ௖࿅ࡔঌȁijıĦ
地区別の学校総数に対する利用数の割合
ĵıı
ĴĶĸ
ĴĶı
၌ဥ઀‫ࢷڠ‬
Ĵıı
๱၌ဥ઀‫ࢷڠ‬
ijĶı
ijıı
IJĶı
IJijĺ
IJıı
Ĺı
‫ࢷڠ‬௙ତ
Ķı
ı
IJIJĹ
ijķ
઀നࡔঌ
ĺ
ภआ಴
૯೧಴
ൖ‫ࡔع‬಴
ĴĶ
ĶĶ
໹೓ঌ
ඵ‫ݠ‬಴
ఱ֙಴
࢚࿐ঌ
૱࿤ঌ
չସࡔঌ
Ք୼಴
ୄ୼ఆ
ķĸ
IJĺ
ධ௷໻ঌ
ઐന಴
‫଼ٳ‬಴
ఱ֔಴
ಎ֔಴
५ཤ಴
٬Ⴧྴঌ
ज‫ۼ‬ঌ
ఱგঌ
իଳঌ
௖࿅ࡔঌ
– 58 –
൥ాঌ
‫ہ‬ாঌ
‫ۅ‬ώॄঌ
‫୼ێ‬಴
‫؍‬ଌٖঌ
२‫׆‬ঌ
ଐঊঌ
ဩ५಴
‫؍‬ຩঌ
୼ॄঌ
5.7. 博物館のボランティア活動
神奈川県立生命の星・地球博物館では、ボランティア活動を生涯学習の一環と位置づけ、登録制の博物館ボランティア制
度を設けている。活動内容は、資料整理や展示、調査研究、展示解説等さまざまである。登録制で、登録には職員推薦(随
時)あるいは入門(体験)講座の受講の二つの方法がある。登録は年度単位で、希望により更新できる。ボランティアの活動
は下図のように区分されていて、その中の希望する分野に登録し活動する。
活動区分は、
「学芸ボランティア」
「館運営ボランティア」
「展示解説ボランティア」に分かれている。
「学芸ボランティア」及び
「館
運営ボランティア」は、担当学芸員及び職員と活動日を調整しながら活動し、
「展示解説ボランティア」は各自の都合の良い
日に来館し、開館時間内に展示解説を行う。
5.7.1. 学芸ボランティア
博物館の各専門分野で、担当学芸員の指導・指示により、
により、標本作製の手法や手順が異なり、専門的な技術や
博物館資料の整理や調査研究への協力、標本作製、標本等
知識を習得する場ともなっている。
の資料のデータ入力などを主な活動内容としている。各分野
5.7.2. 展示解説ボランティア
展示解説ボランティアは、
「学芸ボランティア」
「館運営
障害者等を案内する誘導・案内がある。
ボランティア」の希望者と、
「誘導・案内ボランティア」に
なお、
「展示解説ボランティア」には、制服としてスタッ
より行われ、2002 年度から始まった活動である。
フジャンパーを貸与している。
この活動は、主に展示品を解説するスポット解説と視覚
2009 年度登録者総数
展示解説ボランティアと他分野との重複状況
学芸ボランティア
館運営ボランティア
展示解説ボランティア
計
男性
116
4
13
133
女性
109(1)
8 8 125(1)
計
225(1)
12 21 258(1)
男性
学芸ボランティアと重複
館運営ボランティアと重複
展示解説ボランティアのみ
計
カッコは学芸ボランティア内の他分野との重複状況
– 59 –
女性
16
3
13
32
計
10
3
8
31
26
6
21
53
5.7.3. 分野別登録人数と活動状況
分野別の登録人数と活動状況は下表のとおりである。
「館運営ボランティア」から活動希望者を募ったために重複
「展示解説ボランティア」の中には、
「学芸ボランティア」と
している人もいる。
平成 21 年度「博物館ボランティア」登録者 総数(実数)
計
229
4
55
(26)
286
259
学芸ボランティア ※ 1
館運営ボランティア
解説ボランティア ※ 1,2
合計(重複あり)
合計(重複なし) ※ 3
登録数
男性
108
0
35
(17)
141
125
女性
121
4
20
(9)
145
134
保険加入
計
男性
女性
213
102
111
3
0
3
50
34
16
(22)
(17)
(5)
260
133
127
234
118
116
※ 1 学芸ボランティア内、解説ボランティア内では、複数の専門分野間で重複登録(例 ; 魚類と地学)している者がいるため、
その重複を除いた実数を示した(下表参照)。
※ 2 解説ボランティアのうち、学芸ボランティアにも重複登録している者を除いた数をカッコ内に示した。
※ 3 解説ボランティア-学芸ボランティア間の重複を除いた、登録者の実数(=学芸ボラ+館運営ボラ+解説ボラのかっこ
内の数)
平成 21 年度「博物館ボランティア」登録者 内訳と活動状況
分野
学
芸
ボ
ラ
ン
テ
ィ
ア
植 物
植物
菌 類
哺乳類
魚 類
動物
昆 虫
軟体・甲殻類
鳥 類
地 学
地球環境 リモートセンシング
古生物
合計(重複あり)
合計(重複なし)※ 4
登録数
活動状況(延べ人数)
計 男性 女性 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月
31
10
21
39
38
13
53
30
38
44
29
26
25
31
49
45
20
25
45
42
46
64
31
33
59
40
34
57
37
68
13
2
11
6
6
8
7
11
7
13
12
15
14
18
19
56
25
31
33
35
25
26
31
19
25
19
35
33
38
26
12
9
3
6
11
9
7
11
3
4
5
4
5
6
4
3
1
2
8
6
4
8
6
5
6
6
6
6
6
6
8
4
4
4
7
6
6
7
2
4
7
3
6
5
4
38
22
16
59
36
51
68
30
59
50
47
33
40
48
53
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
28
16
12
16
29
11
8
14
9
23
19
9
17
11
16
234 109 125 216 210 173 247 171 175 228 184 165 203 200 245
229 108 121
合計
415
556
136
345
75
73
61
574
0
182
2,417
※ 4 学芸分野内で複数分野に重複登録している場合、重複を除いた数。
館 博物館学
運 ライブラリー
営 合計
スポット解説
解 誘導・案内
説 合計(重複あり)
合計(重複なし)※ 5
0
4
4
0
0
0
0
4
4
0
3
3
0
3
3
0
3
3
0
2
2
0
3
3
0
3
3
0
3
3
0
2
2
0
0
0
0
3
3
0
2
2
0
0
0
0
27
27
46
9
55
53
32
3
35
33
14
6
20
20
41
0
41
48
0
48
34
7
41
44
2
46
43
0
43
37
5
42
37
0
37
31
2
33
27
0
27
31
0
31
29
2
31
40
4
44
442
22
464
※ 5 解説分野内で複数分野に重複登録している場合、重複を除いた数。
延べ活動人数(展示解説含む) 2,908 名
– 60 –
5.7.4. ボランティア入門講座
当館でのボランティア活動を理解していただき、活動の
場を広く提供するために講座を開催している。その内容等
間の 3 ~5日間(分野別の講座が1~3日間)
[内容]博物館が受け入れ可能な分野で、ボランティア活
は表のとおりである。受講した方は、翌年度から当館でボ
ランティア活動をすることができる。
動を希望される方を対象とした講座。
[講座定員]8 分野 31 名、展示解説 10 名 計 42 名
[日時]2010 年2月 18 日(木)~2月 27 日(土)までの
[実施分野]5 分野 10 名、展示解説 8 名 計 18 名
講座日程
共通
日時
2/18(木)
10:00 〜 10:15
10:15 〜 11:00
11:00 〜 12:00
13:00 〜 15:00
内容
対象
開会、挨拶、日程・講座内容説明、概要説明、諸注意等
講義「当館のボランティア活動について」
(ボランティア担当)
施設案内(職員引率)、展示見学(各自)
各担当者紹介、各担当・分野ごとにオリエンテーション
応募者全員
応募者・現在活動中のボランティア
応募者全員
分野別
分野
維管束植物
哺乳類
魚類
昆虫
貝類
鳥類
古生物
展示解説
内容
研修
標本製作、情報システムへのデータ登録等 (2/25.26)
標本整理、情報システムへのデータ登録等 (2/26.27)
標本整理、魚類写真資料の整理等 (2/21)
標本整理、標本作製等(2/26.27)
標本整理、情報システムへのデータ登録等 (2/23)
標本整理、標本作製等(2/26,27)
古生物概論、標本・文献整理、データ登録等 (2/24.25)
展示解説のしかた、展示解説の実習 (2/21,23)
募集
申し 受講 修了
登録
日数 定員 込み 人数 人数 人数
2
5
5
2
2
2
2
5
0
2
2
2
1
3
0
1
1
1
2
5
5
1
1
1
1
5
5
2
3
0
1
5
5
4
4
4
2
10
4
8
8
8
共通
日時
2/27(土)
13:00 〜 14:00
14:00 〜 14:40
14:40 〜 15:00
内容
対象
活動・体験発表(現在活動中のボランティア)
応募者・現在活動中のボランティア
学芸ボランティアから (地学分野から深澤良子さん)
意見交換 ・ 質疑応答
ボランティア登録の案内、活動分野の登録、事務連絡 ・ 閉会
– 61 –
応募者全員
登録希望者
5.8. 友の会
「生命の星・地球博物館友の会」は、博物館を広く活用し、博物館活動を支援するとともに、会員相互の交流を図ることを
目的に 1996 年度に発足した。
5.8.1. 事務部・広報部・企画部の活動
事務局は、会員の互選によって選出された役員によって
広報部
運営され、博物館と会員相互の親睦を深める事業や友の
1.会報「友の会通信」を 4 回(通巻 64 ~ 67 号)発行
会の普及と発展のために必要な事業を積極的に展開した。
2.友の会HP、ブログの管理および運営
また、博物館との共催でサロン・ド・小田原(5 回、※ ペー
3.友の会年間行事一覧表作成、配布
ジ参照)やミューズフェスタを行った。ミューズフェスタで
4.友の会活動に関わる情報の保存・管理
は博物館と協力して「子供自然科学ひろば」に参加すると
5.友の会活動紹介コーナーの展示
ともに、友の会の活動紹介と会員勧誘などを行った。
6.
「フィールドワークの達人」出版事業
7.
「自然科学のとびら・友の会」版発行 4回(通巻 50
事務部
~ 53 号)
1. 総会 2009 年 4 月 5 日(日)に実施
2. 役員会 8 回実施し、以下の事項を検討し、実施した。
企画部
1)継続的な友の会運営のあり方(改選期に向けて)
友の会が主催する観察会や講座を企画し、それらが円
2)博物館との連携強化(連絡会の実施)
滑に実施できるように博物館側との調整を行い、以下の講
3)図書(フィールワークの達人)出版事業の展開
座を実施し、延べ 409 名が参加した。
(別表のとおり)
4)ミューズフェスタ実行委員会
行事名
開催日
実施場所
総会イベント 公開講座
4/5(日)シアター
「フィールドワークの愉しみ」
植物観察会「高麗山の春を歩く」 4/10(金)大磯高麗山
三浦半島「葉山芝崎」で
4/25(土)三浦半島葉山海岸
幻の付加体観察
植物観察会
5/8(金)富士市丸火自然公園
「富士山の自然を楽しむ」
早川の野鳥観察会
5/9(土)早川下流域
大人のための自然不思議発見講座 5/16(土)実習実験室
「微化石が語ること」
こども植物おもしろ発見講座
早川水系の源を探る!Part12
「須雲川上流の自然観察会」
「土の中の虫ウオッチング」
~カニムシと草花あそび~
西丹沢山北町「湯本平流域」で
砂金パンニング
子ども自然科学ひろば
「いろいろ体験」
要定川の魚と水生昆虫観察会
子ども自然科学ひろば
「バックヤード探検隊」
植物観察会
「泊って楽しむ栂池自然園」
植物観察会
「湯坂路の秋草ウオッチング」
金時山から考える
新・箱根火山形成モデル
対象者
講師
大島光春ほか
学芸員 6 名
大人
勝山輝男
子供から大人まで 蛯子貞二
所属
当館学芸員
定員 参加者数
75
当館学芸員
友の会
25
35
40 雨天中止
大人
勝山輝男
当館学芸員
35
24
子供・大人
大学生以上
川崎英憲
河潟俊吾
友の会
横浜国立大学
教育人間科学部
准教授
当館学芸員
友の会
15
4
10
20
10
玉川大学准教授
当館学芸員
30
31
鶴見大学
短期大学部
保育科准教授
友の会
当館学芸員
プランクトン研究
家
友の会
当館学芸員
25
25
会員
樽創
子供
友の会
(会員外参加可) 植物グループ
5/30(土)箱根玉川大学演習林 子供から大人まで 杉本和永
笠間友博
新井一政
7/11(土)博物館周辺および
小中学生と
佐藤英文
実験実習室
その保護者
5/23(土)実習実験室
7/25(土)西丹沢湯本平
8/8(土)実習実験室
子供から大人まで 蛯子貞二
山下浩之
子供とその保護者 小田部家邦
(会員外参加可) 友の会スタッフ
8/8(土)小田原市要定川
子供から大人まで 瀬能 宏
(会員外参加可)
8/9(日)博物館バックヤード 小学生以上
大島光春
(会員外参加可)
8/28・29 長野県栂池自然園
大人
勝山輝男
(金・土)
10/6(火)箱根湯坂道
大人
勝山輝男
10/18(日)箱根金時山
大人・子供と
その保護者
山下浩之
40 雨天中止
29
29
当館学芸員
10
8
当館学芸員
30
29
当館学芸員
25 雨天中止
当館学芸員
40
22
(次ページへ)
– 62 –
(前ページより)
鎌倉の第四紀層巡検
11/14(土)鎌倉天園
~朝比奈切通し
11/15(日)実習実験室
大人・子供と
田口公則
その保護者
第3回 製本講座
中学生以上
黒沢知子
(会員外参加可)
早川水系の歴史と文化の探訪!
11/28(土)石垣山~佐奈田霊社 子供から大人まで 勝山輝男
Part8「早川下流の自然観察会」
笠間友博
新井一政
こども植物おもしろ発見講座
1/23(土)実習実験室
子供
友の会
「どんぐりのふしぎ」
植物グループ
植物観察会「冬の樹木を楽しむ」 1/30(土)博物館周辺および
大人
友の会
実験実習室
植物グループ
地図をたのしもう
2/7(日)石垣山および
大人
新井田秀一
実験実習室
「静岡県駿河小山のテラフ巡検」 2/13(土)駿河小山
子供から大人まで 笠間友博
当館学芸員
40 雨天中止
友の会
10
6
当館学芸員
30
22
友の会
20
中止
友の会
20
31
当館学芸員
20
19
当館学芸員
40 雨天中止
5.9. 広報
博物館広報活動は、広く館の認知度を向上させること及び常設展示をはじめ特別展・企画展といった資料展示や、各種の観
察会・講演会といった学習支援活動などを広く告知し、来館・参加を呼びかけることを目的としている。
2009 年度の広報活動は、前年度に引き続き催し物案内など広報印刷物の作成・配布と、
マスメディア等への情報提供を行った。
5.9.1. 広報印刷物の作成・配布
主な広報として、特別展・観察会・講演会など 1 年間の
のチラシ、
「ミューズ・フェスタ 2010」のチラシを下記の表
各種催し物を告知するため催し物案内、特別展・企画展
のとおり作成・配布した。
開催にあわせポスターとチラシ、
「子ども自然科学ひろば」
特別展
「木の洞をのぞいてみたら〜樹洞の生き物たち〜」チラシ
(表面)
– 63 –
企画展
「押し葉〜古瀬 義 植物標本コレクション〜」チラシ
(表面)
ポスター・チラシ作成状況
月
印刷物名
仕様(規格、印刷、色数)
6 特別展「木の洞をのぞいてみたら~樹洞 ① B1 判(JR 帯付) ② B1 判(小田急帯付)
の生きものたち~」ポスター
③ B2 判 ④ A3 判、オフセット印刷、4 色刷り
特別展「木の洞をのぞいてみたら~樹洞
の生きものたち~」チラシ
「子ども自然科学ひろば 2009 年夏(その
1、その 2)」チラシ 9「子ども自然科学ひろば 2009 年秋」チ
ラシ
11 企画展「押し葉~古瀬 義 植物標本コレ
クション~」ポスター
A4 判、オフセット印刷、
表面 4 色・裏面 1 色刷り
① A3 判
② B4 判、館内簡易印刷、片面 2 色刷り(2 種)
① A3 判
② B4 判、館内簡易印刷、片面 2 色刷り
① B1(JR 帯付) ② B1(小田急帯付) ③ B1
④ B2 ⑤ A3、①~④館内簡易印刷⑤オフセット
印刷、4 色刷り
企画展「押し葉~古瀬 義 植物標本コレ A4 判、オフセット印刷、
クション~」チラシ
表面 4 色・裏面 1 色刷り
12「子ども自然科学ひろば 2009 年~ 2010 ① A3 判
年冬」チラシ ② B4 判、館内簡易印刷、片面 2 色刷り
1「ミューズ・フェスタ 2010」チラシ
A4 判、オフセット印刷、両面 4 色刷り
3「子ども自然科学ひろば 2010 年春(その ① A3 判
1、その 2)」チラシ ② B4 判、館内簡易印刷、片面 2 色刷り(2 種)
「催し物のご案内」
A3 判、オフセット印刷、両面 1 色刷り
部数
主な配布先
件数
① 50 ② 150 ①② H ③ A,C,D,E,F,J 3,874
③ 2,700
④I
④ 500
85,000
A,B,C,D,E,F,G,J
①各 2,500
②各 1,500
① 2,500
② 1,500
① 15 ② 21
③ 12 ④ 10
⑤ 1,000
10,000
① 2,500
② 1500
30,000
①各 2,500
②各 1,500
30,000
①② J
77
①② J
77
①② H ③④ F ⑤ 1,551
C,D,E,F,I,J
A,C,D,E,F,G,J
①② J
77
A,C,D,E,F,G,I 2,653
①② J
77
A,B,C,D,E,F,G,J 3,818
主な配布先の凡例.
A:県内小 ・ 中 ・ 高校等; B:県外 ( 東京 ・ 静岡 ) 小 ・ 中 ・ 高校等; C:県内図書館; D:県内公民館 ・ 地区センター; E:博物館園;
F:県市町村情報提供窓口; G:マスメディア; H:小田急電鉄、箱根登山鉄道、JR 東日本; I:近隣 2 市 8 町各自治会;
J:足柄上 ・下地区公立小 ・ 中学校
5.9.2. マスメディア等への情報提供
博物館の行う各種催し物の案内は、地元の小田原記者
向けにも情報提供する一方、前日に内覧会を催すなど様々
クラブへ定期的に提供している。また、当館は観光地箱根・
なかたちで広報展開を図った。
小田原エリアにあるため、旅行情報誌やアミューズメント
この 1 年間の紹介記事件数は、確認したものだけでも
情報誌などに無償で施設紹介されており、非常に恵まれた
180 件あった。その内訳は、新聞 23 件、雑誌・図書類 26 件、
環境にある。これら情報誌とは定期的に情報の更新を行っ
広報紙・情報紙 65 件、テレビ 28 件、ラジオ 5 件、ウェ
ている。
ブサイト等インターネット 32 件、その他 1 件である。これ
特別展や企画展といった企画展示の話題は、マスメディ
は掲載社からの連絡に基づくもので、実際の記事件数はこ
アで取り上げられる率が高いため、小田原記者クラブ以外
の数倍にのぼると思われる。特に、ウェブサイトでの掲載
にケーブルテレビ、コミュニティ FM 局など中小のメディア
頻度に関しては未知数である。
– 64 –
6. 刊行物
6.1. 定期刊行物
博物館の調査研究の成果として、
「神奈川県立博物館研究報告(自然科学)」39 号を刊行した。本誌は、国内外の研究機関、
大学、博物館等に配布している。
神奈川県内の自然誌に関する研究成果の公表、記録を目的とした、
「神奈川自然誌資料」第 31 号を刊行した。今年度は
投稿規定を一部改定した。本誌は、主な研究機関(一部海外を含む)、大学、博物館、学会、研究会、同好会等に配布し
ている。
博物館の広報誌として、
「自然科学のとびら」を年 4 号刊行した。一般利用者向けに、博物館からの情報をわかりやすく提
供することを目的としている。主な内容は、自然科学に関する情報、最新のトピックスの紹介、研究成果、資料紹介、博物館
の講演会、展示、行事等に関するものなどである。本誌は、県内中学校、高等学校、大学、図書館、全国の博物館等に配
布している。また、同様の内容をホームページ(http://nh.kanagawa-museum.jp/tobira/index.html)で紹介している。
前年度の博物館活動に関して、その概要を紹介する「神奈川県立生命の星・地球博物館年報」14 号(2008 年度)を刊行
した。本誌は、国内の主な博物館、県内の研究機関、行政機関等に配布している。
6.1.1. 研究報告
[号数]39 号
カワトンボ属の分布
[発行日]2010 年 3 月 24 日
高桑正敏・藤田 宏:屋久島高地帯花之江河における
[発行数]1,000 部
昆虫類調査
[編集担当]笠間友博
広谷浩子:博物館で人類進化を学ぶ -博物館の特性を
[内容]
いかした子ども向け学習プログラムの作成・実践につ
地球科学
いて-
新井田秀一:解像力の異なる数値標高モデルを用いた
その他
傾斜量図による地形表現
石浜佐栄子・大島光春・広谷浩子・田口公則:塗り絵
平田大二・斎藤靖二・永幡寛三・寺島靖夫・岡田嘉夫・
をコミュニケーションツールに使った子どものための
加藤 昭:神奈川県山北町人遠の神縄逆断層破砕帯
展示について - 2009 年度特別展における「ぬりえ
中の赤鉄鉱-石英岩中の海緑石
de おめん」コーナーの実施報告-
動物学
苅部治紀・守屋博文・林 文男:神奈川県を中心とした
6.1.2. 神奈川自然誌資料
[号数]31 号
された人工干潟とその周辺における多毛類を中心とし
[発行日]2010 年 3 月 24 日
た底生生物相
[発行部数]700 部
倉持卓司・高橋清人:相模湾より採集されたショウサイフ
[編集担当]佐藤武宏・高桑正敏
グに寄生したヒダビルの記録
[内容]
川島逸郎・辻 功:三浦半島南部におけるネアカヨシヤ
洲澤 譲・洲澤多美枝・福嶋 悟:神奈川県および周辺
ンマおよびカトリヤンマの記録
のカワモズク属(淡水紅藻)の分布
松島義章・苅部幸世:鎌倉市植木こじか公園におけるセ
倉持敦子・倉持卓司:相模湾産ブドウガイにおいて観察
ミのぬけがら調査その 3―2002 ~ 2005 年の記録―
された孵化形態の多型
中村静男・飯田佳津子・出川洋介:日本初記録のタケノ
植田育男・西 栄二郎・眞田将平・下迫健一郎:横浜港
ウチエゴアブラムシの二次寄生世代とその虫こぶにつ
内の人工干潟におけるミドリイガイの越冬時温度条件
いて
伊藤寿茂・古川大恭・田中俊之・根本 卓・勝呂尚之:
神奈川県で確認されたイシガイ科二枚貝の生息
崎山直夫・瀬能 宏・樽 創:相模湾におけるウバザメ(ネ
ズミザメ目,ウバザメ科)の出現状況
西 栄二郎・植田育男・坂本昭夫・杉原奈央子・下迫健
齋藤和久・金子裕明・勝呂尚之:相模川水系の魚類相
一郎・眞田将平:横浜港湾空港技術調査事務所に造成
加藤健一:静岡県で採集されたタニヨウジ
– 65 –
丸 野 内 淳介:小 田 原市入 生 田におけるタカチホヘビ
ンの横浜市内への進出について
Achalinus spinalis の記録
広谷浩子・長縄今日子:神奈川県丹沢産ツキノワグマの
吉田裕樹・石川康裕・佐藤友哉・馬場好一郎・藤吉正明:
胃内容について
秦野市弘法山公園において 2006 年から 2008 年まで
青木雄司・柳川美保子・金田正人・黒田貴綱・秋山幸也・
に観察された鳥類
鈴木藤子・二宮孝子・早川広美・繁田真由美・万行弘倫・
山口喜盛・山口尚子:丹沢山地のトンネルで確認された
荘司たか志・半場良一・藤吉敬子:神奈川県における
カヤネズミ Micromys minutus の分布
コウモリ類
板橋正憲・和田優子・富岡由香里・菊地昭夫:ハクビシ
6.1.3. 自然科学のとびら
自然科学のとびら 15 巻 2 号通巻 57 号
[発行部数]1,600 部
[発行日]2009 年 6 月 15 日
[編集担当]石浜佐栄子
[発行部数]1,600 部
[内容]
[編集担当]石浜佐栄子
丸山琢也(山梨県立吉田高等学校)・奥山誠一(山梨県
[内容]
立甲府東高等学校)・宮崎淳一(山梨大学教育人間科
加藤ゆき:表紙「フクロウのすむ樹洞」
学部):表紙「『東海ナガレ』の色彩変異個体」
石浜佐栄子:
『玉砂舞楼(たまさぶろう)』をつくろう」
笠間友博:
「箱根火山 6 万 6 千年前の大噴火と謎」
広谷浩子:
「樹洞探しの旅 −特別展『木の洞(うろ)を
若代彰路:
「丹沢の夜の野生動物 −センサーカメラが写
のぞいてみたら』に寄せて」
しだした生態−」
勝山輝男:
「木の立場から樹洞を考える」
大澤澄子:ライブラリー通信「チリモン」
大澤澄子:ライブラリー通信「大英博物館」
田中徳久:
「古瀬 義 氏 植物標本コレクション」
苅部治紀:
「樹洞と虫たち −珍品たちのすみか−」
自然科学のとびら 16 巻 1 号通巻 60 号
自然科学のとびら 15 巻 3 号通巻 58 号
[発行日]2010 年 3 月 15 日
[発行日]2009 年 9 月 15 日
[発行部数]1,600 部
[発行部数]1,600 部
[編集担当]石浜佐栄子
[編集担当]石浜佐栄子
[内容]
[内容]
石浜佐栄子:表紙「丹沢の砂金」
山下浩之:表紙「『しんかい 6500』から見た海底」
広谷浩子:
「サブ活動が支える子ども講座 −人類進化講
田口公則:
「ワークショップ “貝殻みがき” を研く」
座 11 年のまとめから−」
山下浩之:
「『しんかい 6500』潜航記」
荒尾一樹((株)環境科学研究所)・山本裕康(神奈川
尾越佐緒里:ライブラリー通信「ぞうきばやし・おみやに
県内水面試験場)・瀬能 宏:
「悩ましいボウズハゼ類
いったらむしがいる」
の色」
大島光春:
「子どものための展示を考える」
田中徳久:
「台湾大学での “協議合作備忘録簽約儀式”
報告」
尾越佐緒里:ライブラリー通信「日本産クモ類」
自然科学のとびら 15 巻 4 号通巻 59 号
[発行日]2009 年 12 月 15 日
石浜佐栄子:
「『パンニング』で砂を調べる」
6.1.4. 神奈川県立生命の星・地球博物館年報
[号数]14 号
[内容]
[発行日]2009 年 12 月 16 日
沿革・事業報告(運営管理機能・情報発信機能・シンク
[発行部数]700 部
タンク機能・データバンク機能・学習支援機能・刊行物・
[編集担当]吉川ひとみ・樽 創・大島光春
情報システム・連携機能)・資料
– 66 –
6.2. 刊行物販売状況
刊行物名
展示解説書
単価
1,500
販売部数
201
刊行物名
フットのひとりごと
単価
900
地球 SOS
500
27
神奈川県植物誌 2001
絶滅した生物
500
30
展示案内 生命あふれる不思議な星
販売部数
17
9,800
60
420
309
貝からの伝言
500
27
化石どうぶつ園
1,100
21
櫻井コレクションの魅力
400
20
神奈川県レッドデータ生物調査報告書 2006
2,000
44
1,000
6
800
45
日本の魚学・水産学事始め
オオカミとその仲間たち
1,100
19
カニの姿
1,200
13
読みもの ナウマンゾウがいた!
樹洞
1,000
計
– 67 –
204
1,043
7. 情報システム
7.1. システムの概要
博物館情報システムは、当館が目指す以下のような新しい博物館を支えるシステムとして整備されることとなった。
・高度情報化における自然・文化の情報センター
・映像資料等、新しい形態の資料の収集・保存と活用の拠点
・他の博物館、学習文化施設等とのネットワークの拠点
上記の 3 システムは、1995 年度より稼動している「収蔵資料管理システム」、
「展示情報システム」の 2 つのサブシステム
により構成され、これらを有機的に機能させることにより博物館業務の柱であるところの資料の収集・管理、研究、展示活
動を支援する。
なお、研究成果の公開や広報・普及活動に関するお知らせに対しては、当初、別のサブシステムが計画されていたが、現
在はインターネットの普及により博物館のホームページをもって代替運用している。
当システムは当館と県立歴史博物館が共同で開発を行い、2000 年度および 2005 年度には、機器の更新および新 OS
に対応したシステムへの移行作業を行った。さらに、2006 年度には Update サーバを追加導入し、クライアントマシンの
Windows Update が効率よく行うことができるようになり、管理もしやすくなった。2010 年 3 月 31 日現在の、博物館情報シ
ステムの機器構成は下表の通りである。なお、各機器は 100BASE-FX、10/100BASE-TX により TCP/IP プロトコルで接続さ
れている。
機器構成表
場所
機器名
機種名
使用 OS・ソフト等
CPU ルーム
収蔵管理サーバ 富士通 PRIMERGY RX300
RedHat Linux ES3
収蔵管理サーバ 富士通 PRIMERGY RX600
RedHat Linux ES3
展示情報サーバ 富士通 PRIMERGY RX300
RedHat Linux ES3
WEB サーバ
富士通 PRIMERGY RX300
RedHat Linux ES3
Mail サーバ
富士通 PRIMERGY RX300
RedHat Linux ES3
Update サーバ 富士通 PRIMERGY BX620 S2
Windows 2003 Server SP1
研究用 WS
富士通 CELSIUS N430
WindowsXP Professional
職員用端末
富士通 FMV-E5210
WindowsXP Professional
ミュージアムライブラリー 来館者用端末
富士通 FMV-E620
WindowsXP Professional 職員用端末
富士通 FMV-E5210 他
WindowsXP Professional 他 研究室・バックヤード
画像入力用
富士通 CELSIUS N440
WindowsXP Professional 職員用端末
富士通 FMV-E630 他
WindowsXP Professional 他 – 68 –
メモリ
ディスク容量
4GB
146GB
1GB
36GB
2GB
72GB
2GB
72GB
2GB
72GB
2GB
73GB × 2
2GB
160GB
1GB
160GB
256MB
40GB
1GB
160GB
2GB
160GB
1GB
160GB
数量
備考
1 収蔵資料管理システム(管理部)
4 収蔵資料管理システム(データ部)
1 展示情報システムの管理
1 ホームページの管理
1 メール情報の管理
1 Windows Update の管理
2 衛星画像処理や分布図の作成など
2
4 展示情報システムの閲覧など
3
1
21
7.2. サブシステムの紹介
7.2.1. 収蔵資料管理システム
収蔵資料管理システムの登録実績
分野
収蔵資料管理システムでは、これまで分野や個人ごとに
カードやパソコン等で個別に管理されていた収蔵資料情報
を、サーバと呼ばれるコンピュータで一元管理するととも
に、資料の画像情報の管理も行う。このサブシステムは博
物館情報システムの中核となるシステムであり、資料の受
入からラベル等の印刷やダウンロードまでをカバーできる。
当サブシステムは、
『神奈川県植物誌 1988』および『神
奈川県植物誌 2001』の証拠標本を含む『維管束植物デー
タベース』や、ダイバーや釣り人などが撮 影した魚の写
真を属性情報とともにデータベース化した『魚類写真デー
タベース』など、約 20 のデータベースから構成され、館
外資料の情報を格納するデータベースも準備されている。
2003 年度より、書籍 ( 図書・雑誌 ) についても収蔵資料
管理システムで取り扱われている。その登録状況を右表に
示した。
またこれらの情報は、研究への利用はもちろん、一部で
はあるがミュージアムライブラリーで公開されている。なお
情報提供の項(70 ページ)の表に示したように、本システ
ムにより維持・管理されているデータの一部は、独立行政
哺乳類
鳥類
魚類
魚類写真
昆虫
軟体動物
甲殻類
甲殻類細密画
両生・爬虫類
動物その他
維管束植物
コケ
菌類・地衣類
藻類
植物その他
植生
化石
岩石
鉱物
地質・ボーリング
衛星画像
衛星処理画像
景観画像
計
図書
雑誌
法人国立科学博物館などとの協働により、インターネット
を利用して外部に公開されている。
計
2008 年度ま
での登録数
2,587
1,547
23,249
77,800
29,028
7,970
8,000
300
4
56
227,041
2,841
3,397
2,062
7
172
8,838
3,578
12,811
2
743
129
1,361
413,523
2009 年度の
登録数
178
76
2,908
4,025
0
4,626
231
48
644
0
5,429
0
13,174
0
0
0
1,331
2,266
0
0
36
0
0
34,972
計
2,765
1,623
26,157
81,825
29,028
12,596
8,231
348
648
56
232,470
2,841
16,571
2,062
7
172
10,169
5,844
12,811
2
779
129
1,361
448,495
16,182
3,098
19,280
531
140
671
16,713
3,238
19,951
7.2.2. 展示情報システム
ミュージアムライブラリーにおいて、展示室で見られる
を、検索システムにより分かりやすく提供している。下表
資料や解説文からさらに深く踏み込んだ学習への欲求を持
のうち、
「画像で見る歴史と文化」は県立歴史博物館の提
つ利用者に対して、研究に基づく博物館独自の新鮮な情報
供である。
展示情報システムのメニュー
タイトル
メニュー
神奈川の自然 鳥類
植物
チョウ
トンボ
相模湾の魚
コケ
鉱物
関東ローム層
菌類
酒井コレクション細密画
日本で見られる恐竜
図書 ・ 雑誌検索
画像で見る 浮世絵
歴史と文化
絵馬
関東大震災
水墨画
古地図
横浜正金銀行
真葛焼
後北条関係文書
東海道分間絵図
概要
神奈川に生息する鳥、218 種の画像や解説文、分布図や鳴き声を提供する。
神奈川に自生している植物、2,990 種の画像や解説文を提供する。
神奈川に生息するチョウ、100 種の画像や解説文を提供する。
神奈川に生息するトンボ、79 種の画像や解説文を提供する。
相模湾の代表的な魚、329 種の画像や解説文を提供する。
神奈川県でよく見かけるコケ、66 種の画像や解説文を提供する。
神奈川県に産する主な鉱物、126 種の画像や解説文を提供する。
神奈川の主要な火山灰層、1,013 点の画像や解説文を紹介する。
神奈川県で見られるさまざまな菌類、164 種の画像や解説文を提供する。
酒井恒博士夫妻が描かれたカニ原色細密画、660 種の画像を提供する。
国内の博物館で展示されている恐竜について、画像や解説文を提供する。
当館のライブラリで所蔵している図書 16,713 冊、雑誌 3,238 タイトルが検索できるように提供している。
約 7,000 点ある博物館所蔵の浮世絵の中から、浮世絵の変遷、神奈川や横浜など身近な地域を描いたもの、
有名な浮世絵師達の作品、江戸時代の風俗を描いたものなど、テーマ毎に選択した 230 点の浮世絵を紹介。
神奈川県でよく見ることが出来る絵馬、とても珍しい絵馬など 125 点を紹介
震災時の惨状等を伝える写真資料 70 点を紹介
平成 10 年度、開催した水墨画の特別展に出品された作品の中から代表的な作品 85 点を紹介。
平成 9 年度、開催した古地図の特別展に出品された作品の中から代表的な作品 85 点を紹介。
かつて世界三大為替銀行の一つに数えられた横浜正金銀行の写真資料 221 点を紹介。
かつて世界に名を知られた横浜の焼き物の中から 46 点を紹介
戦国大名北条氏の多様な文書の世界を人物などとともに紹介(118 点)。
東海道の情景を描いた道中案内記(1 点)を紹介。拡大画像は、Flash プログラムにより、さらに画像を拡
大し、細部まで見ることが可能。
神奈川の職人の 神奈川県指定有形民俗文化財「神奈川の職人の道具コレクション」のうち、大山木地師・小田原物差職人・
道具
下駄職人・傘職人の道具(338 点)を紹介。
– 69 –
7.3. インターネットの利用
7.3.1. ホームページ
小田原市と共同で 1995 年 10 月より開設していた Web サイト(ホームページ)は、当館へのサーバの設置に伴い、2006
年 2 月より博物館独自の運用に切り替えた。ホームページでは博物館に関する様々な情報を提供しているが、そのトップペー
ジへのアクセス数を示したのが下の表である。
1997 年度以降のアクセス実績に関しては、資料の項(87 ページ)に掲載した。
月別 Web トップページカウント数
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10 月
11 月
12 月
1月
2月
3月
計
月平均
人数 13,374 16,241 14,482 19,499 23,293 17,184 16,240 13,204 11,230 16,388 15,478 19,352 195,965 16,330.4
7.3.2. 連携サイト
独立行政法人国立科学博物館のデータベースサイトと連携して、魚類写真資料データベースは 2001 年より、FishPix は
2003 年より当館の魚類画像を公開している。
2004 年度以降のそれぞれのページへのアクセス実績(画像ダウンロード数は含まない)に関しては、資料の項(87 ページ)
に掲載した。
連携して情報を公開している Web ページ
タイトル(HP アドレス)
魚類写真資料データベース
http://research.kahaku.go.jp/zoology/photoDB/
概 要
年間アクセス件数
魚類 62,665 件の画像を提供している。研究分野で公的
2,550,248 件
機関が提供する画像データベースでは世界最大級。
FishPix
http://fishpix.kahaku.go.jp/fishimage-e/index.html
上記の英語版として、魚類 55,254 件を提供している。
2,517,896 件
7.4. 情報提供
7.4.1. 他サイトへの情報提供
当館が積極的に関わり情報を公開している Web サイトなどについて表にまとめた。
博物館の情報を公開している Web ページ
タイトル(HP アドレス)
Fish Databases of Japan
http://fishdb.kahaku.go.jp/cgi-bin/WebObjects/ichthy1.woa
概 要
提供件数
国内 9 つの研究機関の所蔵標本を横断的に検索できる
7,893 件
システム。タイプ標本の画像表示や、標本の採集地を
地図上に表示するシステムも含む。
固定型データベースとして、地球のからくり・神奈川の
約 2,500 件
大地・地球地学紀行、増殖型データベースとして、身近
な自然史・砂の自然史を公開。
Terra[地球]の資料館
http://www1.tecnet.or.jp/index01.html
7.4.2. GBIF への情報提供
GBIF(Global Biodiversity Information Facility: 地球規
ジアムネット)として国立科学博物館経由で GBIF に提供
模生物多様性情報機構)とは、生物多様性に関するデー
されたデータが国内向けに公開されている。
タを各国・各機関で収 集し、ネットワークを通じて全世
2006 年度より、当館を含む神奈川県内の博物館及び
界的に利用することを目的とする国際協力による科学プロ
関連施設が連携をはかり、自然史標本情報の整備を行
ジェクトである。プロバイダごとにデータが蓄積され、そ
うなどを目的に、
「自然史標本データベース神奈川委員
の数は GBIF 全体では 1 億 8 千万以上となっている。また、
会」が設置されている。2009 年度について、自然史標本
独立行政法人国立科学博物館が中心となり推進している
データベース神奈川委員会への参加館は全5館で、全体で
自然史標本データ整備事業では、S-Net(サイエンスミュー
124,000 件の自然史標本情報の提供を行った。
2009 年度自然史標本データベース神奈川委員会参加館
当館からの 2009 年度標本情報提供件数
厚木市郷土資料館
コレクション名
維管束植物標本
魚類コレクション
魚類写真資料データベース
甲殻類コレクション
哺乳類標本
合計
相模原市立博物館
平塚市博物館
横須賀市自然・人文博物館
神奈川県立生命の星・地球博物館
– 70 –
提供件数
44,000 件
5,000 件
22,000 件
3,000 件
1,000 件
75,000 件
8. 連携機能
当館では、連携機能を活かした事業として、継続的なネットワーク事業、共催事業を実施するとともに、館内施設による
利用者サービスを行っている。
8.1. 神奈川県西部地域ミュージアムズ連絡会(WESKAMS)
神奈川県西部地域ミュージアムズ連絡会は、
「神奈川県西部地域にあるミュージアムがネットワーク化をはかり、これから
の新しいミュージアムのありかたを考えていこう」と当館のよびかけのもとに 1996 年 7 月に発足したものである。会の愛称を
WEST KANAGAWA MUSEUMS を略して「WESKAMS(ウエスカムズ)」と名付け、その事務局を当館においている。
[­会議の開催]
会議の開催
WESKAMS の目的を達成させるための事業について、
開催日
7/17
(金)
3/5
(金)
企画の方向性も含めて協議・検討する場として「館園長・
協力者会議」を開催している。2009 年度は表のとおりで
ある。 [ミュージアム・リレーの開催]
会議の名称
館園長・協力会員
会議(第27回)
館園長・協力会員
会議(第28回)
開催場所
箱根ガラスの森
美術館
生命の星・地球
博物館
出席者数
12 館園 22 名
協力会員 3 名
17 館園 25 名
協力会員 4 名
WESKAMS の連携・協力事業の1つとして、1997 年 10
当館での開催は3月5日に実施し、第 150 走(リレーな
月からミュージアム・リレーと名付けた活動を毎月1回、持
ので走と数える)を迎えた。
ち回りで各館園をつなぎながら実施している。
8.2. サロン・ド・小田原
サロン・ド・小田原は、博物館と友の会の共催による講演会形式の集いである。市民のみなさんが学芸員、研究者と気軽
に交流できる場をつくることを目的としている。第1部の話題提供(講演)では、館長、学芸員や外部研究者等により研究活
動、調査報告、博物館活動、最近のトピック等々の紹介がなされる。第2部の交流会では、第1部の話題提供に関連した資
料等を話題にし、軽食を囲みながら参加者と話題提供者らが交流を深めることをねらいとしている。第1部の話題提供、第
2部の交流会を併せてサロンと位置づけ、いわゆるサイエンスカフェのように話題提供者を含めた参加者みなさん、博物館ス
タッフのコミュニケーションを深める場をつくろうという試みです。
[会場] 生命の星・地球博物館講義室およびレストラン
第 86 回サロン・ド・小田原「神奈川県植物誌の魅力」
30 名
[参加数者]
[開催日] 2009 年 5 月 22 日(金曜)
[話題提供] 城川四郎 氏(神奈川県植物誌調査会代表)
生命の星・地球博物館講義室およびレストラン
[会場]
第 89 回サロン・ド・小田原「プラントハンター フォーリー
[参加数者] 40 名
の生涯」
2010 年 1 月 9 日(土曜)
[開催日]
第 87 回サロン・ド・小田原「地球 46 億年の歴史を訪ねて」
勝山輝男(生命の星・地球博物館学芸員)
[話題提供]
2009 年 7 月 24 日(金曜)
[開催日]
[会場] 生命の星・地球博物館講義室およびレストラン
[話題提供]平田大二(生命の星・地球博物館学芸部長)
44 名
[参加数者]
小田原ラスカ Ume サロン
[会場]
[参加数者] 36 名
第 90 回サロン・ド・小田原「しんかい 6500 潜行紀」
2010 年 3 月 20 日(土曜)
[開催日]
第 88 回サロン・ド・小田原「樹洞さがしの旅から」
山下浩之(生命の星・地球博物館学芸員)
[話題提供]
2009 年 9 月 12 日(土曜)
[開催日]
[会場] 生命の星・地球博物館講義室およびレストラン
[話題提供] 広谷浩子(生命の星・地球博物館学芸員)
74 名
[参加数者]
– 71 –
8.3. 館内施設等の状況
当館では利用者へのサービス充実のため、売店「ミュージアムショップ」、レストラン「フォーレ」、喫茶「あーす」の各施設
を外部からのテナントにより設置している。
ミュージアムショップ(1 階)
感動や驚きの余韻を語り合う空間として重要であり、利用
“生涯学習施設としての博物館” におけるミュージアム
者サービスの一翼を担っている。
ショップなので、展示内容と関連した物をできるだけ世界
メニューは、サンドイッチなどの軽食から、ハンバーグ、
中から取り寄せている。例えば、中国遼寧省やアメリカ・
カレーライスなどの洋食、箱根そばをセットにした和食な
ユタ州の化石、アメジスト、水晶、メノウはブラジル、モ
どを用意している。また、ケーキ・メニューなども充実して
ルダバイトはチェコからなど展示物の秘めたメッセージの
おり、老若男女に対応できる品揃えとなっている。利用状
伝わるグッズを販売している。また、特別展に際しては、
況は、日曜日、祝日、春・夏休み等、学校の休みの日に
それぞれの展示コンセプトにあわせて特別コーナーを設置
は利用者が多く混雑するが、夏季期間中にテラスの部分を
している。
利用した野外席を用意し、混雑の緩和を図っている。
また、博物館とショップスタッフとの定期ミーティングを
今後も、博物館及び地域のレストランとしての特色をだ
通して、博物館におけるミュージアムショップのあり方や扱
すため、利用者のニーズを意識し、内容の充実と明るく雰
うグッズについて検討を行っている。それによって当館学
囲気の良いレストランを目指していく。
芸員の執筆による博物館刊行物の発行や自然科学系書籍
の充実、オリジナル商品の開発などの成果をあげた。
ともしびショップ「あーす」
(1 階)
博物館の来 館者が、その感動や驚きを持ち帰り、ま
「ともしびショップ」は、障害者の社会参加の促進、就
た行ってみようと思って頂けるような空間づくりを実施し
労の場の確保の視点から、障害者の働ける場として設置さ
ている。
れており、当ショップは県内では 4 店目にあたる。
ショップ「あーす」は来館者の休憩場所として喫茶を営
レストラン「フォーレ」
(3 階)
業しているほか、市内の入所施設・作業所等での自主製品
早川のせせらぎ、緑の山並みに囲まれたロケーションの
の販売も行っている。
博物館レストランは、見学による「博物館疲労」を癒し、
ミュージアムショップ
レストラン「フォーレ」
– 72 –
ともしびショップ「あーす」
III 資料
1. 条例・規則
1.1. 神奈川県立の博物館条例
神奈川県立の博物館条例
第 6 条 既に納付された観覧料は、還付しない。ただし、教育委
昭和 41 年 10 月 7 日
員会が災害その他特別の事情により還付するのを適当と認めた
条例 43 号
ときは 、この限りではない 。
(趣旨)
(資料の特別利用)
第1条 この条例は、神奈川県立の博物館の設置、管理等に関し
第 7 条 博物館資料を学術上の研究のため特に利用しようとする
必要な事項を定めるものとする 。
者は 、 教育委員会の承認を受けなければならない 。
(設置)
(利用の制限)
第 2 条 博物館法(昭和 26 年法律第 285 号)に基づき、次の
第 8 条 教育委員会は、博物館の利用者が次の各号のいずれか
とおり神奈川県立の博物館(以下 「 博物館 」 という。)を設置
に該当する場合には 、その利用を制限することができる 。
する 。
(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき 。
(2) 他の利用者に著しく迷惑をかけるおそれがあると認めると
名称
位置
目的
神奈川県立 横 浜 市 中 区 神奈川の文化及び歴史に関する資
歴史博物館 南 仲 通 5 丁 目 料の収 集、保管及び展示並びに
60 番地
これに関する調査研究、情報提
き。
(3) 施設 、 博物館資料等を損傷するおそれがあると認めるとき。
(4) その他教育委員会が必要と認めるとき 。
供等を行い、県民の学習活動を
(委任)
支援すること。
神奈川県立 小 田 原 市 地球及び生命の営みに関する資料
生 命 の 星・ 入生田 499 番地 の収集、保管及び展示並びにこれ
地球博物館
に関する調査研究、情報提供等
第 9 条 この条例に定めるもののほか、博物館の管理等に関し
必要な事項は、教育委員会規則で定める。
別表(第 4 条関係)
を行い、県民の学習活動を支援
すること。
(職員)
第 3 条 博物館に、事務職員、技術職員その他の所要の職員を
置く 。
(観覧料の納付)
第4条 博物館に展示している博物館資料を観覧しようとする者
は、別表に定める額の観覧料を納めなければならない。ただし、
公開の施設に展示している博物館資料の観覧については、この
限りでない 。
2前項本文の規定にかかわらず、特別な企画の展覧会を開催する
場合の観覧料は、神奈川県教育委員会(以下 「 教育委員会 」 と
いう。)がその都度定めることができる。
3前 2 項の観覧料は 、 前納とする 。
区分
個人
20 歳 以 上 65 歳
未満の者
1 人につき
(学生及び高校生 300 円
を除く。)
神 奈 川 県 立 20 歳 未 満 の 者
歴 史 博 物 館(高校生を除く。) 同
学生(65 歳 以 上 200 円
の者を除く。)
65 歳以上の者 同
高校生
100 円
20 歳 以 上 65 歳
未満の者
1 人につき
(学生及び高校生 510 円
を除く。)
神奈川県立
20 歳 未 満 の 者
生 命 の 星・
(高校生を除く。) 同
地球博物館
学生(65 歳 以 上 300 円
の者を除く。)
65 歳以上の者 同
高校生
100 円
20 人以上の団体
1 人につき
250 円
同
150 円
同
100 円
1 人につき
400 円
同
200 円
同
100 円
(観覧料の減免)
備考 1 学生とは 、 法第 1 条に規定する大学及び高等専門学校 、
第 5 条 前条第 1 項本文及び第 2 項の規定にかかわらず、教育
法第 124 条に規定する専修学校並びに法第 134 条第 1 項に規
委員会は、次の各号のいずれかに該当する者については、観覧
定する各種学校に在学する者をいう。
料を減免することができる 。
2学齢に達しない者並びに法第 1 条に規定する小学校 、中学校の
(1) 教育委員会が開催する行事に参加する者
前期課程及び特別支援学校並びにこれらに準ずる教育施設に
(2) 教育課程に基づく教育活動として入館する児童及び生徒の
在学する者は 、 無料とする 。
引率者
(3) その他教育委員会が適当と認めた者
(観覧料の不還付)
– 73 –
1.2. 神奈川県立の博物館組織規則
神奈川県立の博物館組織規則
(1) 博物館活動の企画及び調整に関すること 。
昭和 41 年 11 月 18 日
(2) 博物館活動の普及及び広報に関すること 。
教育委員会規則第 10 号
(3) 博物館活動に関する講演会 、 講習会 、 研究会等の開催に関
(趣旨)
すること 。
第 1 条 この規則は 、 神奈川県立の博物館の組織に関し必要な
(4) 他の博物館その他教育、学術又は文化に関する施設、団体
事項を定めるものとする 。
等との連絡 、 協力及び情報の交換に関すること 。
(部等の設置)
(情報資料課の事務)
第 2 条 神奈川県立の博物館に 、 次の部及び課を置く 。
第 6 条 神奈川県立歴史博物館の情報資料課においては 、 次の
管理課
事務を分掌する 。
企画情報部
(1) 人文科学等に関する図書等の収集、整理、保管及び閲覧に
企画普及課
関すること 。
情報資料課
(2) 博物館情報システムの運用に関すること 。
学芸部
2神奈川県立生命の星・地球博物館の情報資料課においては、
(管理課の事務)
次の事務を分掌する 。
第 3 条 管理課においては 、 次の事務を分掌する 。
(1) 自然科学等に関する図書等の収集、整理、保管及び閲覧に
(1) 公印に関すること 。
関すること 。
(2) 文書の収受 、 発送 、 保存 、 閲覧等に関すること 。
(2) 博物館情報システムの総合的企画及び調整並びに運用に関
(3) 個人情報の開示 、 訂正 、 利用停止等に関すること 。
すること 。
(4) 人事に関すること 。
(学芸部の事務)
(5) 財産の管理及び館内の秩序の維持に関すること 。
第 7 条 学芸部においては 、 次の事務を分掌する 。
(6) 予算の経理に関すること 。
(1)博物館資料の収集、製作、整理、保管、展示、解説及び
(7) 観覧料の徴収に関すること 。
指導に関すること 。
(8) 物品の調達及び処分に関すること 。
(2)博物館資料の専門的及び技術的な調査研究に関すること 。
(9) 寄贈品の受納並びに寄託品の受納及び返納に関すること。
(委任)
(10) その他他部課の主管に属しないこと 。
第 8 条 この規則の施行に関し必要な事項は 、 神奈川県教育委員
(企画普及課の事務)
会教育長が定める 。
第 5 条 企画普及課においては 、 次の事務を分掌する 。
1.3. 神奈川県立の博物館の利用等に関する規則
神奈川県立の博物館の利用等に関する規則
(4) 条例第 7 条の規定により利用を承認すること 。
昭和 41 年 11 月 18 日
教育委員会規則第 9 号
(5) 条例第 8 条の規定により利用を制限すること 。
(休館日等)
(趣旨)
第 3 条 神奈川県立歴史博物館及び神奈川県立生命の星・地球
第 1 条 この規則は 、 神奈川県立の博物館の利用等に関し必要な
博物館 ( 以下 「 博物館 」 という 。) の休館日は 、 次のとおりとす
事項を定めるものとする 。
る。
(権限の委任)
(1) 月曜日 ( 国民の祝日に関する法律 ( 昭和 23 年法律第 178 号 )
第 2 条 次に揚げる神奈川県教育委員会の権限は 、 神奈川県教育
に規程する休日 ( 以下「国民の祝日等」という。) に当たると
委員会教育長 ( 以下 「 教育長 」 という 。) に委任する 。
きを除く。)
(1) 神奈川県立の博物館条例 ( 昭和 41 年神奈川県条例第 43
(2) 国民の祝日等の翌日 ( 土曜日、日曜日又は国民の祝日等に
号 。 以下 「 条例 」 という 。) 第 4 条第 2 項の規定により観覧
当たるときを除く。)
料を定めること 。
(3) 12 月 28 日から翌年1月4日まで
(2) 条例第 5 条の規定により観覧料を減免すること 。
(4) その他教育長が定める日
(3) 条例第 6 条ただし書の規定により観覧料の還付を認めるこ
2前項の規定にかかわらず、教育長は、必要があると認めるとき
と。
は 、 臨時に博物館を開館することができる 。
– 74 –
(開館時間等)
部科学大臣の指定した博物館に相当する施設
第 4 条 開館時間は 、 次のとおりとする 。
(2) 社会教育法 ( 昭和 24 年法律第 207 号)第 21 条に規定す
名称
開館時間
神奈川県立 午前 9 時 30 分から午後 5 時まで。ただし、午後
(3) 国立の図書館及び図書館法 ( 昭和 25 年法律第 118 号)第
る公民館
歴史博物館 4 時 30 分以降は、入館することができない。
神奈川県立 午前 9 時から午後 4 時 30 分まで。ただし、午後
生命の星・
地球博物館 4 時以降は、入館することができない。
2 条第 1 項に規定する図書館
(4) 学校教育法 ( 昭和 22 年法律第 26 号 ) 第 1 条に規定する学
校
(5) その他教育長が適当と認めるもの
2前項の規定による承認を受けようとするものは 、 館外貸出承認
申請書を教育長に提出し 、 館外貸出承認書の交付を受けなけ
2前項の規定にかかわらず 、 教育長は 、 必要があると認めるとき
ればならない 。
は 、これを変更することができる 。
(観覧券の交付)
(館外貸出しの期間)
第5条 教育長は 、 博物館に展示している博物館資料を観覧する
第 11 条 博物館資料の館外貸出しの期間は 、30 日以内とする 。
ため 、 条例第 4 条の規定により観覧料を納めた者に観覧券を
ただし 、 教育長は特に必要があると認めるときは、これを延長
することができる 。
交付するものとする 。
2前項の館外貸出しの期間は 、 博物館が当該博物館資料を引き
(観覧料の減免申請)
渡した日から起算してその返還を受ける日までの日数により算
第6条 観覧料の減免を受けようとする者は 、 あらかじめ 、 観覧
定するものとする 。
料減免申請書を教育長に提出し 、 観覧料減免承認書の交付を
3教育長は、館務の都合により必要があるときは、博物館資料の
受けなければならない 。
館外貸出しの期間中であっても 、 当該博物館資料の返還を求め
(観覧料の還付申請)
ることができる 。
第7条 観覧料の還付を受けようとする者は 、 観覧料還付申請書
に観覧券を添えて教育長に提出し 、 観覧料還付承認書の交付
(館外貸出しをした資料の利用方法)
第 12 条 博物館資料の館外貸出しを受けたものは 、 当該博物館
を受けなければならない 。
資料を 、 承認を受けた利用の目的又は場所以外の目的又は場所
(資料の特別利用)
で 、 利用してはならない 。
第8条 条例第 7 条の規定により博物館資料の特別利用の承認を
受けようとする者は 、 特別利用承認申請書を教育長に提出し 、
(資料滅失等の届出)
第 13 条 博物館資料の館外貸出しを受けたものは 、 当該博物館
特別利用承認書の交付を受けなければならない 。
資料を滅失し 、 又は損傷したときは 、 直ちに資料滅失 ( 損傷 )
(利用の方法)
届出書を教育長に提出しなければならない 。
第9条 博物館を利用する者は 、 博物館の管理上必要な事項を
守り 、 職員の指示に従わなければならない 。
(寄託を受けた資料の利用の制限)
第 14 条 寄託を受けた博物館資料の館外展示及び館外貸出しは、
(資料の館外貸出し)
寄託者の承諾がある場合のほかは、行うことができない 。
第 10 条 次に掲げるものは 、 教育長の承認を受けて博物館資料
の館外貸出しを受けることができる 。
(委任)
第 15 条 この規則の施行に関し必要な事項は 、 教育長が定める。
(1) 国立の博物館、博物館法 ( 昭和 26 年法律第 285 号)第 2
条第 1 項に規定する博物館及び同法第 29 条の規定により文
– 75 –
2. 館年表
2.1. 再編整備決定から開館まで
4 月
1986 年
12 月
第二次新神奈川計画において、博物館の再編整備が
涯学習部生涯学習課となる
決定
1988 年
7 月
12 月
組織改正により教育庁社会教育部社会教育課が、生
10 月
第一期造成工事着手
建築実施設計着手
展示実施設計着手
神奈川県立自然系博物館(仮称)を小田原市入生田
に建設することが決定
1992 年
神奈川県立博物館整備構想懇談会
(座長 : 渡邊 格
(慶
4 月
応大学名誉教授))から提言
組織改正により生涯学習部博物館開設準備室となり、
企画調整班、自然系整備班、人文系整備班、展示・
資料整備班の 4 班体制となる
6 月
第二期造成工事着手
神奈川県立自然系博物館(仮称)整備計画策定
8 月
博物館情報システム開発プロポーザル実施
神奈川県立自然系博物館(仮称)展示計画策定
博物館情報システム開発調査設計着手
教育庁社会教育部社会教育課に博物館建設準備班
10 月
自然系博物館(仮称)建築工事着工
を設置
自然系博物館(仮称)展示工事着工
1989 年
3 月
4 月
11 月
神奈川県立自然系博物館(仮称)資料収集委員会(委
員長 : 上田誠也(東京大学名誉教授))発足
1993 年
12 月
展示設計プロポーザル実施
4 月
博物館情報システム開発着手
展示基本設計着手
6 月
第三期造成工事着手
1990 年
2 月
3 月
1994 年
建築設計プロポーザル実施
6 月
第四期造成工事着手
建築調査設計着手
12 月
自然系博物館(仮称)建築工事竣工
自然系博物館の建設事業が、小田原市との協調事業
神奈川県立博物館条例一部改正
となる
1995 年
神奈川県立自然系博物館(仮称)資料収集計画策定
1 月 1 日
博物館情報システム整備計画策定
9 月
10 月
管理部に管理課、経理課、企画情報部に企画普及課、
博物館情報システム実施計画策定
情報資料課及び学芸部の 3 部 4 課を置く
建築基本設計着手
3 月
博物館法第 11 条の規定に基づく登録博物館となる
生命の星・地球博物館展示工事竣工
3 月 20 日 開館記念式典実施
1991 年
3 月
神奈川県立生命の星・地球博物館が機関設置され、
自然系博物館(仮称)建設用地(小田原市入生田)
3 月 21 日 一般公開開始
取得
2.2. 開館から 2009 年度末まで
11 月 4 日 日本鱗翅学会創立 50 周年記念大会(11 月 5 日
1995 年
まで)
3 月 21 日 一般公開開始
11 月 10 日
4 月 29 日 開館記念講演会 「 地球を歩いてみませんか」濱
1995 年度第 1 回神奈川県博物館協議会(神奈川
県立歴史博物館)
田隆士・中 雄一
5 月 7 日 入館者 10 万人到達(開館 41 日目)
6 月 22 日 紺綬褒章の伝達式(櫻井都美子・小泉明裕)
1996 年
9 月 6 日 ジブチ共和国大統領ご視察
2 月 28 日 1995 年度第 2 回神奈川県博物館協議会(当館)
9 月 24 日 入館者 30 万人到達(開館 158 日目)
3 月 1 日
特別展「中津層出土のサル化石」
(5 月 12 日まで)
3 月 20 日 開館 1 周年記念講演会「自然史(誌)系博物館の
10 月 7 日 特別展「チョウとガの世界」(11 月 26 日まで)
– 76 –
位置づけ」沼田 眞・中川志郎・濱田隆士
11 月 6 日
日本蜻蛉学会大会(11 月 7 日まで)
11 月 12 日
天皇陛下ご在位 10 周年慶祝事業 無料公開
4 月 17 日 入館者 50 万人到達(開館 321 日目)
11 月 14 日
みなかんネットワーク大会
6 月 1 日
11 月 25 日
1999 年度第 1 回神奈川県博物館協議会
6 月 8 日 「新収集資料展」
(6 月 23 日まで)
11 月 27 日
常設展示化石標本 3 点の盗難を確認
7 月 20 日
特別展「追われる生きものたち」
(9 月 23 日まで)
12 月 9 日
常設展示化石標本 10 点の盗難を確認
9 月
ガイダンスビデオ製作
12 月 11 日
企画展「カラー魚拓の世界」
(1 月 16 日)
4 月
10 月 24 日
シンボルマーク製作
学習指導員による団体サービス(ガイダンス)充実
1996 年度第 1 回神奈川県博物館協議会
12 月 20 日 「ゆく年くる年展」
(1 月 31 日まで)
2000 年
3 月 18 日
ざして」
(5 月 14 日)
1997 年
3 月 1 日
エントランスガイダンス開始
3 月 20 日
3 月 1 日
特別展「櫻井コレクションの魅力」
(5 月 11 日まで)
3 月 23 日
3 月 12 日
1996 年度第 2 回神奈川県博物館協議会
開館 5 周年記念講演会「博物館は宝の山 !」
Xu Daosheng(湖北省博物館)・Jang, Sang-Hoon
(韓国国立中央博物館)ほか視察
3 月 20 日 開館 2 周年記念講演会「3 年目を迎える博物館の
開館 5 周年記念 活動報告展「開かれた博物館をめ
3 月 31 日
濱田隆士館長退任
新しい活動・博物館をこんなふうに利用してみま
4 月 1 日 青木淳一館長就任
せんか」浜口哲一・濱田隆士
5 月 13 日 日本土壌動物学会第 23 回大会(5 月 14 日まで)
バリアフリー音声ガイドサービス開始
7 月 15 日
3 月 21 日
日本植物分類学会第 27 回大会(3 月 23 日まで)
8 月 6 日 入館者 200 万人到達(開館 1,613 日目)
7 月 20 日
特別展「地球再発見」
(11 月 3 日まで)
7 月 23 日
入館者 100 万人到達(開館 705 日目)
10 月 6 日 2000 年度日本魚類学会年会年会(10 月 9 日まで)
11 月 12 日
1997 年度第 1 回神奈川県博物館協議会
10 月 15 日 200 万人達成記念展示「写真コンテスト応募作品」
11 月 15 日
日本鞘翅学会第 10 回記念大会(11 月 16 日まで)
11 月 30 日
9 月 23 日
特別展「サルがいて、ヒトがいて」
(9 月 3 日まで)
企画展「切手で語る魚類の世界」
(11 月 5 日まで)
2000 年度第 1 回神奈川県博物館協議会
12 月 20 日 「ゆく年くる年展」
(1 月 31 日まで)
2001 年
2 月 10 日 特別展「ふしぎ大陸 南極展」
(4 月 8 日)
1998 年
1 月 30 日 日本古生物学会 1998 年年会(2 月 1 日まで)
3 月 20 日 開館 6 周年記念講演会「自然史(誌)を楽しむ〜
2 月 1 日 特別展
「フランツ・ヒルゲンドルフ展」
(3月31日まで)
いま箱根の自然は〜」
3 月 12 日 1997 年度第 2 回神奈川県博物館協議会
3 月 27 日
2000 年度第 2 回神奈川県博物館協議会
3 月 21 日
3 月 27 日
神奈川県博物館協議会協議会を廃止
開館 3 周年記念事業
「生命の星・地球フェスタ'98」
(3
月 29 日まで)
4 月 15 日 青木淳一館長が南方熊楠賞を受賞
3 月 30 日 天皇陛下・皇后陛下行幸啓
7 月 20 日
4 月 4 日 日本動物分類学会第 34 回大会(4 月 5 日まで)
特別展「神奈川の植物・その 10 余年の変化」
(9
月 16 日まで)
4 月 25 日 企画展「植物画で観る山の花」
(5 月 24 日まで)
10 月 19 日
中国遼寧省職員視察
7 月 18 日 特別展「オオカミとその仲間たち」
(9 月 27 日まで)
10 月 20 日
特別展「地球を見る〜宇宙からみた神奈川」
(12 月
8 月 26 日
日本第四紀学会 1998 年大会(8 月 28 日まで)
16 日まで)
9 月 12 日
中国遼寧省友好代表団来館
11 月 9 日
ミュージアム・リレー第 50 走達成記念講演会
10 月 24 日
企画展「ふれる彫刻展 Part 2」
(11 月 23 日まで)
11 月 22 日
ミュージアム・リレー第 50 走達成記念シンポジウム
10 月 29 日
1998 年度第 1 回神奈川県博物館協議会
11 月 23 日
日本蜻蛉学会(11 月 25 日まで)
11 月 3 日
入館者 150 万人到達(開館 1,090 日目)
12 月 12 日 「新収集資料展」
(1 月 10 日まで)
2002 年
1 月 4 日 企画展「地球の息吹・富士彩彩」
(1 月 27 日まで)
2 月 16 日 企画展「みんなの手づくり恐竜展」
(3 月 17 日まで)
1999 年
1 月 30 日 特別展「カニの姿」
(3 月 31 日)
2 月 21 日 博物館課題研究会「博物館のめざすべき方向」
3 月 19 日 1998 年度第 2 回神奈川県博物館協議会
3 月 19 日 箱根フリーパス対象施設に参加
3 月 20 日 「トーキングサイン・ガイドシステム」発表会
3 月 21 日
4 月 24 日
企画展「北アルプスの四季」
(5 月 30 日まで)
7 月 17 日
特別展
「海から生まれた神奈川」開催
(9 月 5 日まで)
の生物」
4 月 27 日 「新収集資料展」
(6 月 2 日まで)
8 月 4 日 中国科学院南京地質古生物学研究所所長ほか視察
10 月 1 日
開館 7 周年記念シンポジウム「蝕まれるかながわ
7 月 19 日 入館者 250 万人到達(開館 2,206 日目)
特別展「のぞいてみよう !5 億年前の海」
(11 月 28
日まで)
250 万人達成感謝ウィーク
7 月 20 日
– 77 –
特別展「人と大地と」
(9 月 29 日まで)
7 月 21 日 「自然を楽しむみち」案内板贈呈式
12 月 7 日
の企画普及課、情報資料課及び学芸部の 2 部 3
特別展「ザ・シャーク」
(3 月 2 日)
課となる。
2003 年
斎藤靖二館長就任
4 月 29 日
活動報告展「学芸員の活動報告展」
(5 月 28 日ま
7 月 15 日
特別展「ふしぎな生きもの 菌類」
(11 月 5 日まで)
1 月 30 日 博物館課題研究会「博物館の独立行政法人化の動
で)
きと現状について」
3 月 11 日
全国科学博物館協議会総会(3 月 12 日まで)
7 月 8 日
入館者 350 万人到達(開館 3,409 日目)
3 月 21 日
ミューズ・フェスタ 2003(3 月 22 日まで)
7 月 17 日
夏休み期間中無休(8 月 28 日まで)
3 月 28 日
青木淳一館長が小田原城下町大使に就任
11 月 12 日
自然史学会連合講演会「教科書で学べない自然史」
12 月 9 日
企画展「パノラマにっぽん」
(2 月 25 日まで)
4 月 26 日 企画展「活動報告展・学芸員のお仕事」
(6 月 8 日
まで)
7 月 19 日 特別展「侵略とかく乱のはてに」
(9 月 15 日まで)
7 月 20 日
2007 年
夏休み期間中、17 時 30 分まで開館時間延長(8
2 月 28 日 全国科学博物館協議会理事会総会
月 31 日まで)
3 月 17 日
ミューズ・フェスタ 2007(3 月 18 日まで)
8 月 2 日 日本蘚苔類学会(8 月 3 日まで)
3 月 17 日
活動報告展「みんなの活動報告展」
(5 月 6 日まで)
8 月 12 日 教育委員視察
3 月 30 日 博物館課題研究会
10 月 25 日
松沢成文知事来館
11 月 1 日
特別展「丹沢の自然」
(1 月 25 日)
7 月 21 日 特別展「ナウマンゾウがいた!」
(11 月 4 日まで)
7 月 21 日 夏休み期間中無休(8 月 31 日まで)
12月 8日 企画展
「日本最後の秘境 南硫黄島」
(2月24日まで)
2004 年
3 月 9 日 博物館課題研究会「博物館評価の現状とその実例
について」
2008 年
3 月 20 日 ミューズ・フェスタ 2004(3 月 21 日まで)
3 月 11 日 博物館課題研究会
4 月 24 日
企画展「きのこアート展」
(6 月 6 日まで)
3 月 15 日 ミューズ・フェスタ 2008(3 月 16 日まで)
5 月 25 日
入館者 300 万人到達(開館 3,770 日目)
3 月 22 日 子ども自然科学作品展(4 月 6 日まで)
7 月 17 日
特別展
「東洋のガラパゴス 小笠原」
(10 月31日まで)
4 月 19 日 活動報告展
「学芸員の活動報告展」
(5 月 18 日まで)
7 月 21 日
夏休み期間中、17 時 30 分まで開館時間延長(8
7 月 19 日 特別展「箱根火山いま証される噴火の歴史」
月 31 日まで)
11 月 20 日
日本鞘翅学会第 17 回大会(11 月 21 日まで)
12 月 18 日
企画展「+ 2℃の世界」
(2 月 27 日まで)
8 月 12 日 入館者 400 万人到達(開館 4,062 日目)
12 月 6 日 企画展「46 億年 地球のしごと」
(2 月 22 日まで)
2009 年
3 月 10 日 博物館課題研究会「展示照明の現状と課題」
2005 年
3 月 8 日 博物館課題研究会「指定管理者制度とその導入の
3 月 14 日 ミューズ・フェスタ 2009(3 月 15 日まで)
動向について」
3 月 20 日 子ども自然科学作品展(4 月 5 日まで)
3 月 20 日 ミューズ・フェスタ 2005(3 月 21 日まで)
4 月 18 日 活動報告展
「学芸員の活動報告展」
(5 月 31 日まで)
4 月 1 日 「博物館 10 年の歩み」
(4 月 10 日まで)
7 月 18 日 特別展「木の洞をのぞいてみたら」
(11 月 8 日まで)
4 月 29 日 「収蔵資料展」
(5 月 29 日まで)
7 月 20 日 夏休み期間中無休(8 月 31 日まで)
7 月 16 日
特別展「化石どうぶつ園」
(11 月 6 日まで)
12 月 5 日 企画展「押し葉 古瀬 義 植物標本コレクション」
7 月 18 日 夏休み期間中無休(8 月 29 日まで)
12 月 10 日
(2 月 21 日まで)
企画展「丹沢〜むかし・今・あした〜」
(2 月 12 日ま
で)
2010 年
3 月 13 日 ミューズ・フェスタ 2010(3 月 14 日まで)
3 月 20 日 子ども自然科学作品展(4 月 4 日まで)
2006 年
1 月 14 日
ミュージアム・リレー第 100 走達成記念行事(1 月
3 月 23 日
博物館課題研究会「指定管理者の指定を受けて」
15 日まで)
3 月 18 日 ミューズ・フェスタ 2006(3 月 19 日まで)
3 月 18 日 「マイミュージアム・みんなの活動報告・マイミュー
ジアム写真展」
(4 月 10 日まで)
3 月 31 日
青木淳一館長退任
4 月 1 日 管理部と経理課が廃止され、管理課、企画情報部
– 78 –
– 79 –
3. 統計資料
3.1. 利用者状況
3.1.1. 2009 年度の入館者状況
月
開館日数
入館者数
成年個人
有 同上特展のみ
未成年・学生個人
料 同上特展のみ
高校生
同上特展のみ
入 65 歳以上
同上特展のみ
成年団体
館 未成年・学生団体
成年割引
者 未成年・学生割引
小計
園児
無 小学生
料 中学生
高校生
入
65 歳以上
館 障害者
者 その他
小計
合計
1 日平均(人)
前年比(%)
特別展示室の入室者数
成年
未成年・学生
有料 高校生
65歳以上
小計
無料
合計
4月
5月
6月
7月
8月
9月
26
25
22
28
31
25
4,021
0
126
0
6,469
0
177
0
3,051
0
77
0
46
0
104
3
4,300
1,136
4,373
506
668
1,971
353
1,685
10,692
14,992
576.6
76.6
301
0
213
5
7,165
1,959
9,670
1,925
207
2,036
466
1,722
17,985
25,150
1,006.0
86.0
246
15
72
1
3,462
963
3,977
437
397
1,657
588
992
9,011
12,473
567.0
52.8
5,591
141
141
2
143
1
1,674
28
281
0
445
11
8,458
4,080
5,671
1,443
55
27
733
1,862
13,871
22,329
797.5
116.1
11,694
367
483
14
495
10
2,453
90
190
23
999
103
16,921
3,348
8,009
1,959
20
106
827
2,452
16,721
33,642
1,085.2
86.4
2,336
55
53
512
2,956
9,043
11,999
7,177
316
264
1,479
9,236
23,957
33,193
4,608
4,608
12,880
12,880
10 月
27
11 月
12 月
1月
24
24
24
4,181
118
284
31
110
7
1,269
38
291
45
469
71
6,914
1,594
3,595
233
67
25
566
1,449
7,529
14,443
577.7
98.3
3,608
3,547
105
35
125
98
2
7
72
53
1
1
1,767
2,062
53
5
321
591
0
90
196
216
12
13
6,262
6,718
1,459
1,333
10,018
6,922
702
732
51
692
24
160
803
869
2,181
2,152
15,238 12,860
21,500 19,578
796.3
815.8
81.5
86.7
2,227
0
105
0
60
0
1,172
0
96
0
184
16
3,860
661
2,157
337
2
25
359
864
4,405
8,265
344.4
93.2
4,421
0
113
0
84
0
954
0
79
0
267
25
5,943
1,520
2,598
158
2
0
439
286
5,003
10,946
456.1
113.4
2,409
214
74
536
3,233
10,640
13,873
2,118
77
39
689
2,923
15,689
18,612
2,647
2,647
3,621
3,621
565
31
13
152
761
4,316
5,077
(右ページへ続く)
3.1.2. 2009 年度特別展示室入場者状況
入場者数
有料
無料
計
企画名
期間
日数
20 歳以上 20 歳未満 高校生 65 歳以上 小計
学生を除く 学生
子ども自然科学作品展(2008 年度) 4/1(水)〜 4/5(日)
5
1,136
1,136
学芸員の活動報告展
4/18(土)〜 5/31(日) 37
16,352 16,352
木の洞をのぞいてみたら
7/18(土)〜 11/8(日)
105
29,210
1,386
886
6,736 38,218 63,645 101,863
~樹洞の生きものたち~
押し葉
12/5(土)〜 2/21(日)
60
9,553
9,553
~古瀬 義 植物標本コレクション~
子ども自然科学作品展(2009 年度) 3/20(土)〜 3/31(水)
11
3,489
3,489
計
218
29,210
1,386
886
6,736 38,218 94,175 132,393
– 80 –
月
2月
開館日数
3月
24
入館者数
成年個人
有 同上特展のみ
未成年・学生個人
料 同上特展のみ
高校生
同上特展のみ
入 65 歳以上
同上特展のみ
成年団体
館 未成年・学生団体
成年割引
者 未成年・学生割引
小計
園児
無 小学生
料 中学生
高校生
入
65 歳以上
館 障害者
者 その他
小計
合計
1 日平均(人)
前年比(%)
計
26
4,231
6,658
0
0
232
380
0
0
82
272
0
0
1,527
2,740
0
0
197
180
0
9
316
571
89
141
6,674 10,951
2,297
2,987
2,762
3,920
230
573
39
90
28
65
528
674
974
1,580
6,858
9,889
13,532 20,840
563.8
801.5
119.2
108.5
特別展示室の入室者数
成年
未成年・学生
有料
小計
無料
計
3,285
3,285
0
1 日平均
構成比
前年比
累計(*)
306
59,699
766
2,341
56
1,371
20
15,618
214
2,819
182
4,052
490
87,628
23,337
63,672
9,235
2,290
6,124
7,205
18,199
130,062
217,690
711.4
93.8
1 日平均
構成比
4,562
(人)
(%)
(%)
(人)
195.1
27.4
94.6
1,421,729
311.6
2.5
0.4
103.5
24,862
5.4
7.7
1.1
104.6
50,324
11.0
0.2
0.0
105.7
1,375
0.3
4.5
0.6
1,371
0.3
0.1
0.0
20
0.0
51.0
7.2
15,618
3.4
0.7
0.1
214
0.1
9.2
1.3
105.3
143,008
31.3
0.6
0.1
123.8
5,763
1.3
13.2
1.9
117.7
31,302
6.9
1.6
0.2
117.5
3,391
0.7
286.4
40.3
120.4
1,698,977
372.4
76.3
10.7
98.0
342,688
75.1
208.1
29.2
93.2
1,117,092
244.9
30.2
4.2
96.1
204,232
44.8
7.5
1.1
43.3
119,499
26.2
20.0
2.8
23.0
496,927
108.9
23.5
3.3
100.3
118,994
26.1
59.5
8.4
98.4
257,794
56.5
425.0
59.7
81.6
2,657,226
582.5
711.4
100.0
93.8
4,354,681
954.6
(*)一般公開開始(1995 年 3 月 21 日)からの累計
14,605
693
443
3,368
19,109
84,418
103,527
(%)
32.6
0.6
1.2
0.0
0.0
0.0
0.4
0.0
3.3
0.1
0.7
0.1
39.0
7.9
25.7
4.7
2.7
11.4
2.7
5.9
61.0
100.0
入館者数記録
最高入館者数: 2,039 人 4 月 24 日(木)
最低入館者数: 130 人 6 月 10 日(火)
3.1.3. その他の博物館利用者
施設利用者数
ライブラリー利用者
講座・講演会
サロン・ド・小田原
研修・実習・学校
その他
計
4月
5月
7,257 10,212
292
440
40
0
60
75
7,624 10,752
6月
5,722
224
266
7月
8月
9,668 13,417
177
619
36
181
190
6,212 10,062 14,226
9月
10 月
11 月
12 月
5,852 7,759 6,510 3,674
231
189
203
241
30
333
517
180
259
0
283
27
6,446 8,748 6,920 4,174
1月
4,852
17
44
36
4,949
2月
5,393
208
3月
7,054
333
74
34
317
60 4,128
5,695 11,906
計
87,370
3,174
224
2,373
4,573
97,714
・
「講座・講演会」には、博物館主催または共催の講座や講演会、友の会主催または共催の講座や講演会など、観覧券の発券を伴わない利用者を含む。
・
「研修・実習・学校」には、職場体験研修、新採用研修、博物館実習や、学校の課外活動など、観覧券の発券を伴わない利用者を含む。
・
「その他」には、ミューズ・フェスタの参加者および、博物館が開催に協力した各種催し物の利用者の人数を示した。
・利用人数は、実際に利用した人数(延べ人数)によって算出している(3日間の講座で各日40人参加した場合、120人と算出)。
– 81 –
3.2. 入館者実績
年度
開館日数
1994 年度 1995 年度 1996 年度 1997 年度 1998 年度 1999 年度 2000 年度 2001 年度 2002 年度 2003 年度
10
297
301
301
299
298
301
307
307
303
10,541
176,762
501
5,365
138,362
1,725
4,942
66
131,314
1,614
5,190
70
121,257
1,297
4,470
61
98,259
1,005
3,497
43
88,236
2,413
3,181
123
82,620
2,406
2,826
101
84,153
4,114
2,918
352
84,090
2,118
2,588
123
16,159
1,119
138
2
144,503
13,232
523
63
1
116,623
10,534
394
68
5
104,954
7,784
204
239
29
96,209
7,761
377
3,428
281
103,384
6,509
214
4,258
458
100,358
成年個人
有 同上特展のみ
未成年・学生個人
料 同上特展のみ
高校生
同上特展のみ
入 65歳以上
同上特展のみ
成年団体
館 未成年・学生団体
成年割引
者 未成年・学生割引
小計
177
23
18,745
629
20,670
496
11,242
201,501
166,261
19,615
431
93
18
158,345
園児
無 小学生
料 中学生
高校生
入
65 歳以上
館 障害者
者 その他
小計
2,078
5,921
1,095
470
1,811
235
1,522
13,132
27,035
90,094
23,232
12,341
49,686
10,535
38,786
251,709
22,416
80,892
20,076
14,130
52,755
8,991
28,411
227,671
25,164
82,556
19,751
12,493
50,878
8,776
19,224
218,842
26,034
81,453
15,591
10,068
45,155
8,555
18,066
204,922
21,311
75,182
13,965
7,892
38,380
6,615
15,150
178,495
19,741
72,144
12,234
7,167
33,293
7,284
13,349
165,212
18,829
69,195
11,260
7,510
29,579
8,899
12,997
158,269
22,267
71,091
12,992
7,014
29,868
7,818
13,191
164,241
22,384
79,289
11,165
6,678
28,599
8,117
12,261
168,493
計
平均入館者数
指数(95 年度= 100)
24,374
2,437.4
5.4
453,210
1,526.0
100.0
393,932
1,308.7
86.9
377,187
1,253.1
83.2
349,425
1,168.6
77.1
295,118
990.3
65.1
270,166
897.6
59.6
254,478
828.9
56.2
267,625
871.7
59.1
268,851
887.3
59.3
6,152
5/4
148
1/12
5,007
5/5
147
12/24
4,148
5/4
94
1/15
4,221
5/3
153
1/14
3,324
5/4
107
1/14
3,110
7/25
113
2/6
2,722
4/30
72
9/11
2,899
5/31
149
12/10
2,899
8/17
91
12/18
最高入館者数
日付
最低入館者数
日付
(右ページへ続く)
– 82 –
年度
開館日数
2004 年度 2005 年度 2006 年度 2007 年度 2008 年度 2009 年度
計
比率(%)
299
305
309
311
308
306
4,562
73,639
1,140
2,591
75
69,510
1,818
2,426
68
73,266
1,911
2,562
125
66,940
1,795
2,433
59
63,081
740
2,239
53
5,011
242
4,178
416
87,292
4,201
304
3,806
422
82,555
4,126
235
3,688
400
86,313
3,243
242
3,847
453
79,012
2,676
147
3,444
417
72,797
59,699
766
2,341
56
1,371
20
15,618
214
2,819
182
4,052
490
87,628
1,421,729
24,862
50,070
1,375
1,371
20
15,618
214
143,262
5,762
31,302
3,392
1,698,977
32.65
0.57
1.15
0.03
0.03
0.00
0.36
0.01
3.29
0.13
0.72
0.08
39.01
19,999
73,015
9,253
8,050
26,751
6,853
11,155
155,076
21,090
67,324
11,406
6,617
26,968
7,753
10,299
151,457
23,182
68,475
12,044
6,862
26,683
7,346
10,644
155,236
24,015
68,457
11,321
4,631
23,733
6,832
14,649
153,638
23,806
68,332
9,612
5,286
26,664
7,180
18,369
159,249
23,337
63,672
9,235
2,290
6,124
7,205
18,199
130,062
342,688
1,117,092
204,232
119,499
496,927
118,994
256,272
2,655,704
7.87
25.65
4.69
2.74
11.41
2.73
5.88
60.99
計
242,368
平均入館者数
810.6
指数(95 年度= 100)
53.5
234,012
767.3
51.6
241,549
781.7
53.3
232,650
748.1
51.3
232,046
753.4
51.2
217,690
711.4
48.0
4,354,681
954.6
100.00
2,482
10/27
77
12/20
2,316
7/23
72
1/12
2,681
10/26
66
1/9
2,039
4/24
130
6/10
2,836
5/5
106
12/4
6,152
95/5/4
66
08/1/9
成年個人
有 同上特展のみ
未成年・学生個人
料 同上特展のみ
高校生
同上特展のみ
入 65歳以上
同上特展のみ
成年団体
館 未成年・学生団体
成年割引
者 未成年・学生割引
小計
園児
無 小学生
料 中学生
高校生
入
65 歳以上
館 障害者
者 その他
小計
最高入館者数
日付
最低入館者数
日付
2,979
5/4
83
1/14
– 83 –
3.3. 特別展・企画展開催実績
年度
1995
1996
1997
1998
1999
タイトル
開期
特別展
特別展
企画展
特別展
企画展
企画展
特別展
チョウとガの世界
日本最古の霊長類・中津層出土のサル化石
新収資料展
追われる生きものたち
文化財保護ポスター展
ゆく年くる年展
櫻井コレクションの魅力
─偉大なアマチュア自然科学者の軌跡─
ふれる彫刻 100 展
地球再発見─新しい地球像をもとめて─
文化財保護ポスター展
新収集資料展
ゆく年くる年展
日本の魚学・水産学事始め
─フランツ・ヒルゲンドルフ展─
植物画で観る山の花─小林政紘作品集より─
オオカミとその仲間たち─イヌ科動物の世界─
ふれる彫刻 Part 2 ─地球の心を彫る!
新収集資料展
カニの姿─酒井コレクションから─
北アルプスの四季─岳をめぐりて
海から生まれた神奈川
─伊豆・小笠原弧の形成と活断層─
のぞいてみよう!5億年前の海
─三葉虫が見た世界─
カラー魚拓の世界
平成 11 年度活動報告展 開かれた博物館をめざして
─生命の星・地球博物館の5年間の歩み─
サルがいて、ヒトがいて
─野生動物との共存を考える─
切手で語る魚類の世界
田中茂穂博士と魚学研究ゆかりの品々
ふしぎ大陸 南極展
神奈川の植物 その 10 余年の変化
地球を見る〜宇宙から見た神奈川〜
地球の息吹 富士彩々
みんなの手づくり恐竜展
神奈川の自然を蝕む移入生物たち
新収資料展
人と大地と─ Wonderful Earth ─
ザ・シャーク
〜鮫の進化と適応・ケースコレクションより〜
日本の自然にヘラクレスはいらない
─移入昆虫がもたらす諸問題を考える─
友の会活動報告および活動紹介展
活動報告展─学芸員のお仕事
侵略とかく乱のはてに─未来へつなげる自然とは─
丹沢の自然
きらわれものだョ、全員集合!
─きらわれものたちの意外な素顔─
博物館友の会活動報告および活動紹介展
活動報告展─学芸員の腕自慢
きのこアート展
東洋のガラパゴス 小笠原
─固有生物の魅力とその危機─
+2℃の世界〜縄文時代に見る地球温暖化〜
博物館 10 年の歩み・友の会活動紹介
収蔵資料展
化石どうぶつ園─北アメリカ漸新世の哺乳類─
1995 年 10 月 7 日〜 11 月 26 日
1996 年 3 月 1 日〜 5 月 12 日
1996 年 6 月 8 日〜 6 月 23 日
1996 年 7 月 20 日〜 9 月 23 日
1996 年 12 月 5 日〜 12 月 15 日
1996 年 12 月 20 日〜 1997 年 1 月 31 日
1997 年 3 月 1 日〜 5 月 11 日
41
63
13
58
10
30
61
1997 年 5 月 23 日〜 6 月 22 日
1997 年 7 月 20 日〜 11 月 3 日
1997 年 12 月 6 日〜 12 月 14 日
1997 年 11 月 15 日〜 11 月 24 日
1997 年 12 月 20 日〜 1998 年 1 月 11 日
1998 年 2 月 1 日〜 3 月 31 日
25
─
─
─
92 18,033 46,886 64,919
8
─
─
─
9
─ 6,374 6,374
12
─ 2,997 2,997
48 1,557 7,398 8,955
1998 年 4 月 25 日〜 5 月 24 日
1998 年 7 月 18 日〜 9 月 27 日
1998 年 10 月 24 日〜 11 月 23 日
1998 年 12 月 12 日〜 1999 年 1 月 10 日
1999 年 1 月 30 日〜 3 月 31 日
1999 年 4 月 24 日〜 5 月 30 日
1999 年 7 月 17 日〜 9 月 5 日
26
─ 13,375 13,375
61 17,714 30,588 48,302
26
─ 14,316 14,316
12
─ 4,168 4,168
51 3,746 14,228 17,974
32
─ 15,119 15,119
43 8,585 16,807 25,392
1999 年 10 月 1 日〜 11 月 28 日
49
4,690 21,470 26,160
1999 年 12 月 11 日〜 2000 年 1 月 16 日
2000 年 3 月 18 日〜 5 月 14 日
24
52
─ 6,082 6,082
─ 17,647 17,647
2000 年 7 月 15 日〜 9 月 3 日
43
9,949 24,359 34,308
2000 年 9 月 23 日〜 11 月 5 日
2000 年 10 月 7 日〜 10 月 8 日
2001 年 2 月 10 日〜 4 月 8 日
2001 年 7 月 20 日〜 9 月 16 日
2001 年 10 月 20 日〜 12 月 16 日
2002 年 1 月 4 日〜 1 月 27 日
2002 年 2 月 16 日〜 3 月 17 日
2002 年 3 月 21 日〜 4 月 21 日
2002 年 4 月 27 日〜 6 月 2 日
2002 年 7 月 20 日〜 9 月 29 日
2002 年 12 月 7 日〜 2003 年 3 月 2 日
42
─ 11,797
2
─
600
49 2,141 11,643
51 6,197 10,886
50 6,511 13,628
22
─ 7,708
25
─ 14,003
26
─ 13,029
34
─ 3,363
64 12,891 23,674
68 11,840 19,211
2003 年 3 月 21 日〜 4 月 6 日
17
2003 年 4 月 26 日〜 6 月 8 日
2003 年 7 月 19 日〜 9 月 15 日
2003 年 11 月 1 日〜 2004 年 1 月 25 日
2004 年 3 月 20 日〜 4 月 4 日
38
─ 18,711 18,711
51 14,109 25,477 39,586
69 6,186 11,376 17,562
14
─ 8,263 8,263
2004 年 4 月 24 日〜 6 月 6 日
33
2004 年 7 月 17 日〜 10 月 31 日
93 17,602 31,862 49,464
企画展
特別展
企画展
企画展
企画展
特別展
企画展
特別展
企画展
企画展
特別展
企画展
特別展
特別展
企画展
企画展
2000
特別展
企画展
企画展
特別展
2001
特別展
特別展
企画展
企画展
企画展
2002
企画展
特別展
特別展
2003
2004
企画展
企画展
企画展
特別展
特別展
企画展
企画展
企画展
企画展
特別展
企画展
企画展
2005
企画展
(続く)
特別展
日数
入館者
無料
13,655
94,566
10,501
33,475
1,471
10,194
40,848
種別
有料
3,247
─
─
19,011
─
─
─
─
9,442
計
16,902
94,566
10,501
52,486
1,471
10,194
40,848
11,797
600
13,784
17,083
20,139
7,708
14,003
13,029
3,363
36,565
31,051
9,442
─ 28,714 28,714
2004 年 12 月 18 日〜 2005 年 2 月 27 日 56
─ 23,669 23,669
2005 年 3 月 20 日〜 4 月 10 日
20
─ 5,180 5,180
2005 年 4 月 29 日〜 5 月 29 日
26
─ 15,925 15,925
2005 年 7 月 16 日〜 11 月 6 日
105 22,243 54,988 77,231
(次ページへ続く)
– 84 –
(前ページから続く)
年度
種別
タイトル
2005 企画展 丹沢〜むかし・今・あした〜
(続き)企画展 マイミュージアム・みんなの活動報告展
2006
・マイミュージアム写真展
企画展
特別展
企画展
企画展
2007
特別展
企画展
2008 企画展
特別展
企画展
2009 企画展
特別展
企画展
学芸員の活動報告展
ふしぎな生きもの菌類—動物?植物?それとも?—
パノラマにっぽん 地球観測衛星の魅力
みんなの活動報告展
ナウマンゾウがいた! 〜温暖期の神奈川〜
日本最後の秘境 南硫黄島
学芸員の活動報告展
箱根火山 いま証される噴火の歴史
46 億年 地球の仕事
〜地質写真家がみた世界の地形〜
学芸員の活動報告展
木の洞をのぞいてみたら~樹洞の生きものたち~
押し葉 古瀬 義 植物標本コレクション
開期
2005 年 12 月 10 日〜 2006 年 2 月 12 日
2006 年 3 月 18 日〜 4 月 9 日
日数
51
19
入館者
有料
無料
計
─ 14,785 14,785
─ 9,997
9,997
2006 年 4 月 29 日〜 5 月 28 日
2006 年 7 月 15 日〜 11 月 5 日
2006 年 12 月 9 日〜 2007 年 2 月 25 日
2007 年 3 月 17 日〜 5 月 6 日
2007 年 7 月 21 日〜 11 月 4 日
2007 年 12 月 8 日〜 2008 年 2 月 24 日
2008 年4月 19 日〜 5 月 18 日
2008 年7月 19 日〜 11 月 19 日
2008 年 12 月6日〜 2009 年 2 月 22 日
26
─ 12,716
106 18,408 54,099
64
─ 15,939
45
─ 16,883
100 20,016 57,007
65
─ 24,476
27
─ 15,041
106 20,312 44,001
62
─ 14,954
2009 年 4 月 18 日~ 5 月 31 日
2009 年 7 月 18 日~ 11 月 8 日
2009 年 12 月 5 日~ 2010 年 2 月 21 日
37
─ 16,352 16,352
105 19,109 84,418 103,527
60
─ 9,553
9,553
– 85 –
12,716
72,507
15,939
16,883
77,023
24,476
15,041
64,313
14,954
3.4. 資料登録実績
分野
哺乳類
鳥類
魚類
魚類写真
昆虫
軟体動物
甲殻類
甲殻類細密画
両生・爬虫類
動物その他
維管束植物
コケ
菌類・地衣類
藻類
植物その他
植生
化石
岩石
鉱物
地質・ボーリング
衛星画像
衛星処理画像
景観画像
小計
1994 年度
1995 年度
1996 年度
1997 年度
1998 年度
1999 年度 2000 年度
2001 年度
2002 年度
1,432
65
1
0
0
0
417
170
846
* 6,248
26,839
3,390
0
733
3,492
817
1
0
3,108
5,364
742
114
0
1,621
6,005
623
705
4,218
640
6,440
6
2,616
0
428
7,110
0
0
12
1,343
3,402
0
36
0
1,722
7,211
0
147
0
0
167,334
2,670
0
0
2,310
14
2
0
4,003
83
459
28
4,494
6
218
4
5,352
7
1,717
2
3,754
61
1,001
11
0
0
0
0
1,333
0
0
0
0
5
0
0
2
0
2,220
0
181
1
3,477
492
0
0
21
259
92
0
594
52
0
0
2,304
32
0
0
0
0
0
0
72
0
0
0
0
10
24
1,173
1,472
0
1345
211,161
11,403
14,251
18,564
19,118
12,370
5,281
13,262
1345
211,161
11,403
14,251
18,564
19,118
12,370
5,281
13,262
1345
図書
雑誌
小計
計
* 1995 年度の魚類写真の登録件数は、1994 年度の登録件数と分割して掲載したため、年報第 13 号までの数値とは異なる。
分野
哺乳類
鳥類
魚類
魚類写真
昆虫
軟体動物
甲殻類
甲殻類細密画
両生・爬虫類
動物その他
維管束植物
コケ
菌類・地衣類
藻類
植物その他
植生
化石
岩石
鉱物
地質・ボーリング
衛星画像
衛星処理画像
景観画像
小計
2003 年度 2004 年度 2005 年度 2006 年度 2007 年度 2008 年度 2009 年度
64
4
2,583
813
1
12
439
6
194
149
3,127
1,986
0
397
559
142
634
212
2,377
6,253
0
136
1,520
152
0
1,507
0
0
0
1,981
0
0
0
9,879
0
0
8
10,136
0
0
0
40
3
128
0
0
401
0
64
0
0
0
0
0
0
0
86
434
5
0
27
16,110
7,115
6,455
0
58
1
0
11,061
1
0
70
378
28,002
小計
11,355
2,730
14,085
886
95
981
772
51
823
計
30,195
8,096
7,278
図書
雑誌
8
21
879
13,361
0
9
0
1,635
3780
0
93
15
0
1,281
0
0
合計
0
0
17
0
0
0
234
42
983
22,704
482
281
2,207
4,990
0
314
1,237
0
4
3
13,677
0
0
2,062
0
0
19
1,008
0
0
81
17
0
26,382
178
76
2,908
4,025
0
4,626
231
48
644
0
5,429
0
13,174
0
0
0
1,331
2,266
0
0
36
0
0
34,972
2,765
1,623
26,157
81,825
29,028
12,596
8,231
348
648
56
232,470
2,841
16,571
2,062
7
172
10,169
5,844
12,811
2
779
129
1,361
448,495
900
58
958
970
107
1,077
1,299
57
1,356
531
140
671
16,713
3,238
19,951
28,960
23,781
27,738
35,643
468,446
– 86 –
3.5. ホームページアクセス実績
月\年度 1994 年度 1995 年度 1996 年度 1997 年度 1998 年度 1999 年度 2000 年度 2001 年度 2002 年度 2003 年度
4月
186
1,237
2,574
3,549
*
7,541
11,979
5月
282
1,916
2,908
4,954
5,211
8,468
11,848
6月
441
1,598
2,885
4,709
5,852
*
14,055
7月
655
1,807
2,334
4,836
8,717
9,025
16,531
8月
774
1,847
4,083
6,514
*
15,503
20,083
9月
683
1,960
3,197
5,412
*
11,642
12,989
10 月
497
1,784
3,070
6,496
7,801
9,031
14,232
11 月
513
1,721
3,137
5,280
8,632
7,231
11,960
12 月
582
1,648
3,116
4,486
6,154
7,414
9,984
1月
919
1,913
3,781
6,052
7068
11,210
11,551
2月
834
1,954
3,623
6,053
6,471
12,125
9,583
3月
1,136
2,413
3,845
5,878
5,319
11,185
9,405
計 7,502
21,798
38,553
64,219
61,225 110,375 154,200
1 日平均
20.55
59.72
105.34
175.94
223.45
329.48
421.31
* 2001 年 4・8・9 月と 2002 年 6 月はマシントラブルのためカウントできなかった。
月\年度 2004 年度 2005 年度 2006 年度 2007 年度 2008 年度 2009 年度
計
4月
11,071
15,489
15,131
15,404
17,371
13,374
5月
13,215
11,870
15,950
16,176
18,322
16,241
6月
15,225
14,086
12,910
14,200
15,401
14,482
7月
14,975
14,781
16,799
19,207
18,089
19,499
8月
16,654
19,838
22,899
25,040
26,442
23,293
9月
13,885
13,081
17,050
17,456
16,232
17,184
10 月
13,843
14,690
17,037
18,089
16,157
16,240
11 月
12,685
10,995
13,615
14,307
13,131
13,204
12 月
11,129
9,720
11,474
12,054
11,249
11,230
1月
12,471
12,993
14,008
15,464
13,281
16,388
2月
11,680
11,580
13,607
14,965
12,386
15,478
3月
10,523
13,494
13,934
16,465
14,377
19,352
計
157,356 162,617 184,414 198,827 192,438 195,965 1,549,489
1 日平均
431.11
445.53
505.24
543.24
527.23
536.89
魚類写真資料データベースのアクセス実績
月\年度 2004 年度 2005 年度 2006 年度 2007 年度 2008 年度 2009 年度
計
4月
47,255
46,780
45,922
57,539 137,916 150,817
5月
74,039 104,956
58,909
71,761 150,828 195,644
6月
91,066
69,723 122,279
78,758 178,587 200,873
7月
67,637
70,072
69,243
81,354 159,772 234,499
8月
83,478
65,143
88,351
74,106 176,301 253,014
9月
73,094
62,263
67,073 124,548 181,762 264,911
10 月
75,888
58,384
72,178
80,681 181,160 229,439
11 月
96,733
52,493 119,373
67,337 210,195 204,631
12 月
62,898
46,019 183,592
59,725 176,321 224,470
1月
71,109
51,530 131,002
74,547 189,893 189,218
2月
52,646
50,628
57,062
89,859 180,884 192,874
3月
52,297
69,560
92,281 135,013 167,672 209,858
計
848,140 747,551 1,107,265 995,228 2,091,291 2,550,248 8,339,723
1 日平均
2,323.67 2,048.08 3,033.60 2,719.20 5,729.56 6,986.98
FishPix のアクセス実績
月\年度 2004 年度 2005 年度 2006 年度 2007 年度 2008 年度 2009 年度
計
4月
2,582
3,628
6,025
23,322
93,407 198,882
5月
1,815
3,241
19,151
20,875
97,873 190,396
6月
1,632
2,847
26,860
11,711 105,304 193,091
7月
2,256
3,085
5,211
36,591 105,263 245,872
8月
2,325
3,552
6,187
17,546
72,746 243,776
9月
2,594
11,439
11,383
13,313
99,085 256,904
10 月
3,014
12,151
5,025
13,082 111,006 168,057
11 月
1,886
19,552
31,976
12,701 152,864 203,718
12 月
2,023
11,909 115,316
15,835 138,370 224,076
1月
2,977
10,533
77,525
27,230 159,608 199,485
2月
2,845
6,826
11,527
35,556 243,747 177,801
3月
3,843
22,504
48,529 103,001 332,195 215,838
計
29,792 111,267 364,715 330,763 1,711,468 2,517,896 5,065,901
1 日平均
81.62
304.84
999.22
903.72 4,688.95 6,898.35
– 87 –
4. 調査研究関連資料
4.1. 研究成果
[研究内容]
葉山-嶺岡構造帯の地球科学的研究~神奈川最古
の岩石を探る~
総合研究「神奈川県植物誌 2001」により収集された膨
[研究の種類]博物館基礎研究(総合研究)
大な標本データをもとにし、神奈川県産の維管束植物の
[研究期間]2007 ~ 2010 年度(4 年計画の 3 年目)
分布特性や植物地理学的な位置づけ、生態的特徴などを
[研究担当者]平田大二・笠間友博・新井田秀一・山下浩之・
明らかにする。また、その過程で収集された未同定標本の
石浜佐栄子・高橋直樹・河尻清和・谷口英嗣・蛯子貞二・
整理を進めるとともに、
「2001」刊行以降の神奈川県の維
川手新一・小田原啓・柴田健一郎
管束植物相の現状とその変遷を記録し続けることも本研究
の重要な目的の一つである。平成 19 年度よりの 3 ヶ年
(平
[研究内容]
三浦半島中央部の葉山から横須賀にかけて、さらに房
成 19 〜 21 年度)計画で、これらの目的を達するとともに、
総半島中央部の嶺岡山地にかけて続く隆起帯は葉山-嶺
これまでの解析の過程で明らかになったデータベース上の
岡構造帯とよばれており、5000 万~ 1500 万年前に形成
課題などを整理し、次の「神奈川県植物誌」改訂へ向けて
された堆積岩類と、4500 万~ 4000 万年前に噴出した玄
の問題を精査する。なお、本研究は、総合研究で共同研
武岩質枕状溶岩、4000 万年前から 1600 万年前に形成さ
究者であった神奈川県植物誌調査会ほかの諸機関とも連
れた石灰岩、2000 万年前に形成された安山岩、時代未祥
携して研究を進めている。
の蛇紋岩などのさまざまな岩石が複雑に入り混じって分布
1)植物相の解析
している。
神奈川県全体の植物地理学的解析(田中 , 2003)やレ
本研究においては、房総半島の超苦鉄質岩体の岩石学
ッドデータ植物の分布の解析(田中 , 2005)に続き、県内
的検討や、三浦半島の葉山層群や小仏山地の相模湖層群・
の帰化植物の分布の拡大について解析した(田中・勝山 ,
小仏層群、および大磯丘陵の新第三系のジルコン年代測
2008)。その結果を以下に示す。
定や、葉山-嶺岡構造帯とその西方延長である大磯丘陵、
①『神奈川県植物誌 1988』、
『神奈川県植物誌 2001』の
相模湖層群および小仏層群(四万十帯)の岩石類の分布
ための調査で採集された帰化植物は、標本点数、分類群
と記載、年代論など再確認を進めている。
ともに増大している。
1)ジルコン年代測定用の凝灰岩試料については、三浦
房総半島の鴨川層群、嶺岡層群の試料収集と年代測定を
② オニウシノケグサ Festuca arundinacea 、 アリタソウ
Chenopodium ambrosioides var. ambrosioides 、 メ マ
ツヨ イグ サ Oenothera biennis 、 ハ ル ジ オン Erigeron
philadelphicu s、ヒメジョオン Stenactis annuus、コヌカ
グサ Agrostis gigantea 、シロツメクサ Trifolium repens
実施する計画である。
などは、
『神奈川県植物誌 1988』のための調査の際に、
2)三浦半島の葉山層群中に、これまでには報告されてい
すでに神奈川県内に広く分布しており、その後、分布を拡
ない火成岩礫を発見した。その岩石学的検討を進めてい
大していない。ただし、これらの帰化植物は、近年、分布
る。関東地方の基盤岩類との比較検討を予定している。
を拡大していないことは明らかだが、減少しているかどうか
3)数値情報地図(DEM)を使い、地表面の傾斜量を表
は、標本データベースからは検証できない。
現した傾斜量図の作成した。今後、断層分布や地質図等
③ウラジロチチコグサ Gnaphalium spicatum 、タチチチ
の他のデータとのレイヤーリング作業を行い、当該地域の
コグサ Gnaphalium calviceps 、ユウゲショウ Oenothera
隆起変動地形について判読を行う。
rosea、ミチタネツケバナ Cardamine hirsuta 、アメリカフ
なお、本研究は生命の星・地球博物館外の研究者との
ウロ Geranium carolinianum などは、
『神奈川県植物誌
共同研究として進めており、その成果を 2010 年度開催予
2001』のための調査以降、急速に分布を広げた。
定の日本列島形成史をテーマとした特別展にて公開すると
2)植物相の現状と変遷の記録
ともに、関係博物館等の展示や普及事業等においても利
この研究期間中、神奈川県内で新たに記録された植物
活用する予定である。
や古い記録のみが知られていて再発見された植物の主なも
半島の葉山層群と小仏山地の相模湖層群および小仏層群、
大磯丘陵の高麗山層群について収集を行い、ジルコン試
料の抽出とウラン―鉛年代の測定を実施中である。今後、
のは以下の通りである。
①タンザワサカネラン Neottia inagakii Yagame, Katsuy
神奈川県の維管束植物相の特徴と変遷に関する研究
—次の「神奈川県植物誌」へ向けて—
et Yukawa(ラン科):2008 年に新種として記載された。
[研究の種類]博物館基礎研究(グループ研究)
神奈川県の固有種としては、サガミジョウロウホトトギスが
[研究期間]2007 ~ 2009 年度(3 年計画の 3 年目)
知られていたが、これはスルガジョウロウホトトギスの変
[研究担当者]田中徳久・勝山輝男
種ともされるので、“種” レベルでは、唯一の神奈川県固
– 88 –
有種。
博物館周辺の哺乳類生息状況について(その 2)
-過去の分布状況との対比を中心に-
②ホシケチドメグサ Bowlesia incana Ruiz et Pav.
(セリ科)
:
2009 年 3 月、藤沢市で採集された南米〜アメリカ合衆国
[研究の種類]博物館基礎研究(個別研究)
南西部原産の日本新産の帰化植物。テキサス州北部では
[研究期間]2007 ~ 2009 年度(3 年計画の 3 年目)
芝生の雑草として急速に広がったと言われ、広がらないう
[研究担当者]広谷浩子
ちに駆除した方が良いかもしれない。
[研究内容]
③ツレサギソウPlatanthera japonica(Thunb.)Lindl.(ラ
当館には、1960 年代より収集された小型哺乳類の標本
ン科):2009 年、横浜市青葉区で記録された。横浜市内
が多数あり、また 1999 年には箱根町の強羅博物館より
のツレサギソウの記録は、
『神奈川懸植物目録』
(1933)
多数の標本が移管された。本研究では、これらを整理し、
にあるのみで,標本や写真等の資料は残されておらず、75
希少種のチェックや当時の生息状況の把握をおこなった。
年振りの記録である。神奈川県内では、津久井町と箱根町、
(1)当館の標本から
愛川町の標本がある。
当館には、1980 年代までの標本が 1,200 点余りある。
④ムラサキナギナタガヤVulpia octoflora(Walt.)Rydb.
(イ
このうち、食虫・翼手・げっ歯類は 1,080 種で、全体の約
ネ科):海老名市で 2005 年 6 月に採集された。北アメリ
90%にあたる。神奈川県内標本に限り、種別・年度別に
カ原産で、西日本を中心に関東以西の各地で記録されてい
整理した。1960 年代・70 年代の標本が多く、アカネズミ、
る帰化植物。相模原市でも記録された。
ヒメネズミ、ヒミズの点数が圧倒的に多かった。採集地は、
⑤ツルコウゾ Broussonetia kaempferi Siebold(クワ科):
藤野・津久井から丹沢地域、箱根地域、三浦半島にまで
藤沢市で 2007 年 4 月に採集された。本州の山口県、四国、
九州に分布が知られていたが、藤沢市に出現した。
及ぶ。
(2)強羅博物館標本から
⑥コゴメカゼクサ Eragrostis japonica (Thunb.)Trin.(イ
全部で 600 点の哺乳類標本が寄贈された。このうち、
ネ科):秦野市で 2006 年 9 月に採集された。これまで小
食虫・翼手・げっ歯類が 550 点と全体の 90%以上を占め
田原市と大井町の 1980 年代以前の標本のみがあり、
『神
ていた。採集年は 1950 年代から 1980 年代までにわたっ
奈川県レッドデータ生物調査報告書 2006』では絶滅種と
ていた。これを種別、年度別に整理して、箱根地域の小
されていた。
型哺乳類の分布状況の標準版を作成することにした。強羅
⑦オオアゼテンツキ Fimbristylis bisumbellata (Forsk.)
博物館の標本は、1970 年代・80 年代に採集されたもの
Bubani( カヤツリグサ科):藤沢市で 2006 年 10 月に採
が多く、アカネズミ、ヒメネズミ、ヒミズ、アズマモグラの
集された。国内では古くから沖縄県に知られ、近年、千葉
点数が多かった。また、コウモリ類も比較的多く認められ
県から報告されている。人や水鳥による移入の可能性もあ
た。現在、同定作業を進めているが、少なくとも 5 種以上
るが、撹乱により埋土種子から発芽、出現したと思われる。
が生息していたようだ。
⑧シマツユクサ Commelina diffusa Burm.(ツユクサ科):
(3)まとめ
伊勢原市で 2008 年 9 月に採集された。熱帯に広く分布し、
今回は、過去の分布状況の把握だけに終わったが、こ
国内では、鹿児島県以南の分布が知られていたが、近年、
の結果を現況と対比させるためには、小型哺乳類の生息
静岡県、千葉県、埼玉県、熊本県などから報告されている。
状況把握が急務である。
⑨トウゴクシソバタツナミScutellaria abbreviata H.Hara
本研究の前に行なった現況把握の研究(その1)及びレ
(シソ科):相模原市で 2008 年 7 月に記録された。これ
ッドデータ生物調査から、西湘地域の哺乳類の分布状況
まで『神奈川県植物誌』
(1958)などに記録はあったが、
は、近年大きく変化していることが明らかになっている(神
長く証拠となる標本や写真が確認できなかった。
奈川県レッドデータ生物調査報告書、1995・2006)。ニホ
3)次の「神奈川県植物誌」改訂へ向けて
ンジカやイノシシなどの大型哺乳類が分布を拡大し、アラ
総合研究で共同研究者であった神奈川県植物誌調査会
イグマ、タイワンリスなどの移入哺乳類の定着も確実とな
ほかの諸機関と検討を続けている。“印刷物” としての「植
った。このような変化が、在来の中小型哺乳類の生息状
物誌」の必要性や、
『神奈川県植物誌 1988』、
『神奈川県
況にどのように影響するのか、現況把握のための調査を継
植物誌 2001』のための調査と同等の調査レベルが維持
続しながら、さらに解析を進めていきたい。
できるかの人的動員力、県内各機関の標本処理能力、収
容力などからの再検討、標本採集地を記録する際の緯度・
キサゴ類にみられる対捕食戦略の違い
経度、国土基本メッシュ(3 次メッシュ)の測地系の移行
[研究の種類]博物館基礎研究(個別研究)
問題などが現状の課題である。これらに関しては、さらに
[研究期間]2007 ~ 2009 年度(3 年計画の 3 年目)
今後も検討を進め、新「神奈川県植物誌」の調査の体制
[研究担当者]佐藤武宏
づくり、新「神奈川県植物誌」のイメージの決定と進めて
[研究内容]
行く予定である。
ニシキウズガイ科サラサキサゴ属に分類される、キサゴ
Umbonium costatum 、イボキサゴ U. moniliferum 、ダン
ベイキサゴ U. giganteum は、共に関東地方とその周辺の
– 89 –
潮間帯〜潮下帯に著しく高密度な群集を形成して生息し、
なかった。
肉食性生物にとっての餌生物としての地位を持つ。
鎌倉天園のシロウリガイ化石産地周辺の地表地質調査と
一般に被食者となる生物は、捕食から身を守るために何
横浜国立大学間嶋研究室により掘削されたボーリングコア
らかの対捕食戦略を持つとされ、進化の過程でその戦略
資料を用いて、鎌倉天園の地質について詳細な調査を行っ
を発展させたり、戦略の取捨選択をおこなったりしてきて
た。鎌倉天園のシロウリガイ化石が密集層の下位(ボーリ
いると考えられている。しかし、比較的近縁な巻貝の種間
ング深度約 20m)に、ザクロ石を含む白色のテフラ層を
でこのような対捕食戦略の一致や相違について比較をおこ
見出した。これは、稲垣ほか(2007)で報告された KGP
なった例はほとんどない。そこで、キサゴ類 3 種について
に対比されるほか、中津層群大塚層下部の Mk19(野田・
その対捕食戦略の比較をおこなった。
奥村 2002)とも対比される鍵層となる。このテフラから
神奈川県の湘南海岸潮下帯において採集されたキサゴ、
推測される年代は、約 250 万年前である。
ダンベイキサゴと、千葉県の盤洲干潟潮間帯において採集
鎌倉天園には上総層群浦郷層が分布し、天園の露頭で
されたイボキサゴを対象に、それぞれの生息密度、生殖腺
は下部に斜交層理の発達した凝灰質中粒〜粗粒砂岩が見
の観察による繁殖期の推定、殻サイズ組成の混合正規分
られる。露頭上部には、斜交層理が少なくなり、シロウリ
解による成長解析、捕食修復痕と破壊性捕食痕の計数に
ガイ類等大型二枚貝化石を含む凝灰質中粒〜粗粒砂岩が
よる捕食頻度と捕食回避能力の推定、殻強度測定をおこ
見られる。大型二枚貝化石の高い密集は、天園の岩場周
ない、相互に比較した。
辺に限られている。
その結果、イボキサゴとダンベイキサゴの対捕食戦略は
天園の岩場の炭酸塩コンクリーションについて、自生炭
よく似ているものの、キサゴの対捕食戦略は他の 2 種の対
酸塩の同位体組成分析の結果は、炭素同位対比は低い値
捕食戦略とはまったく異なることが明らかになった。すな
を示した。このことは、自生炭酸塩が嫌気的メタン酸化の
わち、イボキサゴとダンベイキサゴは捕食に対して、多産
影響を受けて沈殿したことを示唆している。
多死で短い世代時間と早い成長スピードという戦略、いわ
上記の内容の一部は、日本地球惑星科学連合大会にお
ば質より量という戦略で個体群を維持していた。一方で、
いて田口・間嶋(2007)、宇都宮ほか(2009)にて発表した。
キサゴはゆっくり時間をかけて成長し物理的に強固な殻を
持つことによって捕食に対して抵抗するという戦略、いわ
伊豆・小笠原弧北端部(伊豆箱根地域)の地殻物質
と基盤地質構造
ば量より質という戦略で個体群を維持していた。
先行研究と照らし合わせてみたところ、形態による系統
[研究の種類]博物館基礎研究(個別研究)
推定ではキサゴとイボキサゴがより近縁であるとされ、分
[研究機関]2007 ~ 2009 年度(3 年計画の 3 年目)
子科学的手法を用いた系統推定ではキサゴとダンベイキサ
[研究担当者]平田大二
ゴがより近縁であるとされているが、今回の結果はイボキ
[研究内容]
サゴとダンベイキサゴの対捕食戦略がよく似ているという
北部伊豆・小笠原弧の地殻構造は、海域では地震波速
ものであり、推定されていた双方の系統とも調和的な結果
度により下部、中部、上部の地殻に分けられている。陸域
にはならなかった。このことについては更に詳しく研究を
では伊豆・小笠原弧北端部の丹沢山地に、中部地殻を構
進める必要があると考えられる。
成していた複合深成岩体が表れている。しかし、プレート
境界より南の箱根を含む伊豆地域では、深成岩体の露出
はなく火山岩中の捕獲岩や、堆積岩中の礫岩に限られて
三浦半島北部における化学合成群集化石~鎌倉天園
シロウリガイ化石~
いて、地殻物質に関する岩石学的なデータも少ない。また、
[研究の種類]博物館基礎研究(個別研究)
地震波速度解析の解像度も不十分であり、地殻構造はま
[研究機関]2006 ~ 2009 年度(4 年計画の 4 年目)
だよくわかっていない。本研究では、伊豆箱根地域の地質
[研究担当者]田口公則
構造を解明することを本研究の目的として、箱根火山の基
[研究内容]
盤岩類や箱根火山起源の火山灰層に含まれる深成岩礫つ
神奈川県鎌倉の天園には、シロウリガイ化石が密集して
いて岩石学的検討とジルコン年代測定を行った。
産することが知られている。大型二枚貝のシロウリガイ類
箱根町宮ノ下に露出する凝灰角礫岩中と,箱根町塔ノ
(Calyptogena )は、海底からの硫化水素やメタンを含む
沢で掘削されたボーリング試料の凝灰角礫岩中に、複数
湧水域に生息する、いわゆる化学合成群集の構成生物で
の深成岩礫を確認した。鉱物組み合わせと鉱物モード組
ある。
成から、いずれも斑レイノーライトであることが判明した。
三浦・房総地域の新生界からシロウリガイの化石産出が
両試料の全岩化学分析値の平均値(wt.%)は SiO2=48.8,
知られ、三浦半島では三浦層群三崎層、池子層、上総層
Al2O3=17.8, Fe2O3=9.7, MgO=8.8, Na2O=0.8, K2O=0.02
群浦郷層、野島層からの産出報告がある。この中で、鎌
であった。両試料についてフィッション・トラック法および
倉天園のシロウリガイ化石は密集した産状を示し、上総層
U-Pb 法によるジルコン年代測定を行った結果,いずれも
群下部に知られるシロウリガイ産地の中で唯一自生的産状
形成時期は 500 万~ 400 万年前を示した。
を示していると報告されてきたが、その詳細は明らかでは
これらの結果から、箱根・伊豆地域の地下には 500 万
– 90 –
~ 400 万年前に形成された斑レイノーライトがあることが
哺乳類に加え、カメラには様々な鳥類の画像も残ってい
判明した。しかし、この斑レイノーライトが中部地殻を構
た。現在種名等を同定中である。調査場所を上手に選択
成するものなのか、あるいはほぼ同時代に形成された早川
すれば、哺乳類だけでなく鳥の生態、生息状況をも観察
凝灰角礫岩をもたらした火山活動のマグマの痕跡なのかに
することができることが明らかになった。
ついては、今後の検証が必要である。また、本地域周辺
以上より、自動撮影調査は哺乳類・鳥類の野外調査の
の伊豆半島北部の白浜層群や,三浦・房総半島に分布する
方法として優れており、他の調査方法を組み合わせること
三浦層群などに含まれる多量の火山噴出物の起源の可能
によって、動物種の多様性や生態を把握できるものと考え
性もある。
る。
上記研究成果の一部は、特別展図録「樹洞」のおよび「自
然科学のとびら」
(2009 年第 4 号)に掲載された。
丹沢の森林・渓流生態系における哺乳類の研究
[研究の種類]外来研究員による研究
[研究機関]2009 年度(1 年間)
神奈川県におけるコウモリ類の生息状況
[研究担当者]若代彰路
[研究の種類]外来研究員による研究
[研究内容]
[研究機関]2009 年度(9 ヶ月)
2006 年以来、西丹沢の大又沢周辺において、シャーマ
[研究担当者]山口喜盛
ントラップによる捕獲調査や自動撮影カメラを用いて、種々
[研究内容]
の環境における小型哺乳類の生息状況を調査研究してい
神奈川県では、著者らによってこの約 10 年間に行われ
る。
た調査で、コウモリ類の生息状況が少しずつ明らかになっ
今年度は、樹洞生態系のうち、特に地上に近い樹洞に
てきた。しかし、コウモリ類は夜行性で、人の耳に聞こえ
着目して、樹洞の中と周辺に集まる動物の生息状況を自動
る声をほとんど出さずに飛翔するため、調査はなかなか進
撮影カメラにより調査した。
まない。コウモリ類は昼間の休息所に、トンネルを利用す
自動撮影カメラによって確認できた哺乳類は、以下の8
ることがわかっているため、今回は、丹沢山地において、
種であった。
4 地域 10 のトンネルを調べた。調査を行ったのは、宮が
食虫類:ヒミズ、ジネズミ
瀬湖畔の清川トンネル、神の川の四つのトンネル、丹沢湖
げっ歯類:リス、モモンガ、ヤマネ、スミスネズミ、
畔の四つのトンネル、大山の阿夫利トンネルであった。
ヒメネズミ
調査の結果、コキクガシラコウモリ、モモジロコウモリ、
食肉類:テン
ユビナガコウモリ、テングコウモリ、ウサギコウモリの 5 種
このうち、樹洞の中に生息していたのは、ヒメネズミと
を確認した。ウサギコウモリは神奈川県初記録である(未
スミスネズミの2種で、互いに近くに巣穴を掘って生活して
発表)。
いた。スミスネズミは、地上だけでなく木の幹にも上って
コウモリが確認されたのは、宮ケ瀬湖畔の清川トンネル、
いることが確認された。
神の川の三つのトンネル、丹沢湖畔のひとつのトンネルで
これら2種以外の哺乳類は、樹洞の周辺から訪問してい
あった。清川トンネルで確認されたモモジロコウモリの数
たものと思われる。自動撮影により、各種のさまざまな生
は約 108 頭で、丹沢では最大の生息地になり、神奈川県
態が記録された。
内では箱根芦ノ湖の箱根用水に次ぐものである。このトン
リスは秋になると、樹洞の入り口付近に球果を運びこみ、
ネルは一般車が通行できないため、多くのコウモリが集ま
貯食していた。
っていたものと考えられる。このモモジロコウモリは、丹
モモンガは樹洞の中に生息するカマドウマだけでなく木
沢においては、これまで西丹沢の酒匂川流域のみの記録で
の芽も採食していた。本種はこれまで樹上性の強い動物と
あったが、今回の調査で東丹沢と北丹沢で初めて記録され
考えられていたが、かなり頻繁に地上に下りて採餌するこ
た。ユビナガコウモリの確認された宮が瀬と神の川は本種
とが調査により明らかになった。
の県内最北の記録であった。神の川のトンネルには、天井
ヤマネは調査した樹洞の周辺に少なくとも3頭生息して
部に円筒状の穴がいくつか空いており、この穴が休息場に
いると推定された。体サイズから判断してすべてが成獣で
利用されていた。ここで確認されたテングコウモリは、県
あった。これだけ多くの成獣が接近して過ごすことは大変
内では記録がきわめて少なく、環境省 RDB においても絶
珍しく、今後も観察を続けたい。
滅危惧Ⅱ類に指定されている。今回は秋期と冬期に確認さ
ヒミズ、ジネズミが樹洞を訪問して、何をしていたのか、
れた。テングコウモリの県内における冬眠記録は初めてで
写真からは判断できなかった。
ある。ウサギコウモリは、冬期に 1 頭が確認された。
小型哺乳類が樹洞を訪問する大きな目的は、採食であ
る。樹洞の中には、カマドウマなどのさまざまな昆虫が生
本州中部地域におけるセスジアカムカデの分類学的
研究
息するため、これにひかれたものと思われる。一方、食肉
類のテンは、このようにして集まってくる小型哺乳類を捕食
[研究の種類]外来研究員による研究
する目的で樹洞に近づいてきたものと考えられる。
[研究機関]2009 年度(1 年間)
– 91 –
[研究担当者]佐久間 将
の境界を詳細に調べるために、Kanto group と XY group
[研究内容]
の境界に近い酒匂川流域におけるツチガエルの集団間変
セ ス ジ ア カ ム カ デ Scolopocryptops rubiginosus L.
異を調査する。また、この研究を通じて減少が報告されて
Koch, 1878(オオムカデ目:メナシムカデ 科)は、日本
いるツチガエルの分布域調査にも寄与したい。
では北海道から沖縄にかけて分布する、最も普通なムカ
今年度はその研究の端緒として、繁殖地の確認を行った、
デ類の一種であり、国内では台湾、中国および北米にも
その結果、南足柄市、狩川の上山下橋上流側、上山下橋
産する分布の大変広い種である。日本産のものは、その
下流側、神崎橋の周辺の3箇所において個体又は鳴き声を
形態から S. r. rubiginosus (L. Koch, 1878)および S. r.
kasimensis(Miyoshi, 1957)の二亜種に分類されている。
確認した。来年度は引き続き繁殖地の調査を行い、個体
ムカデ類を含む多足類は、一般的に土壌棲で拡散能力が
行う。
の捕獲が出来たならば、形態計量形質や染色体の調査を
低く、種内の地域集団化や遺伝的な分化が生じている可
能性が考えられる。しかしながら、日本のムカデ類相は、
こで本研究では、神奈川県を含む本州中部地域に生息す
(1)路上死体に基づくヘビ分布記録
(2)ホタル個体群の 5 年間の変動
(3)アカハライモリ腹部斑紋の解析
(4)下北半島のカジカガエルの生息状況
る本種集団において、その形態および遺伝的構造から、
[研究の種類]外来研究員による研究
集団の分化と集団内の多様性の程度を明らかにし、本種
[研究機関]2009 年度(1 年間)
を分類学的に再検討することを目的とする。本州中部地域
[研究担当者]丸野内淳介
これまでに多くの種が分類、記載されているものの、分子
系統学的手法を導入した研究は少ないのが現状である。そ
(長野県、静岡県、山梨県、神奈川県)各地で採集を行い、
採集した個体はエタノール液浸標本とし、形態観察および
[研究内容] (1)路上死体に基づくヘビ分布記録
遺伝子解析に用いた。
2003 年 8 月 10 日に小田原市入生田の箱根登山鉄 道
現在までに、長野県、静岡県および神奈川県で本種個
入生田駅入口の西側の線路に沿った路上でタカチホヘビ
体を採集した。得られた標本の観察から、長野県産個体
Achalinus spinalis の死体が発見された。県内の事例など
と静岡県産個体の間では体色と体長に明瞭な差異が認め
により周辺の人家の庭、山林、あるいは線路の砂利の間隙
られたが、16SrRNA 遺伝子の解析では有意な結果は得ら
に生息していた可能性が考えられた。
(丸野内淳介(2009)
れていない。また、他の地域における標本数は不十分であ
小田原市入生田におけるタカチホヘビ Achalinus spinalis
り、特に山梨県における本種の多産地は未だ見つかってい
の記録.神奈川自然誌資料(31): 73-74.)
ない。引き続き、山梨県および神奈川県で重点的に採集
なお、平成 20 年度にまとめた結果については、下記の
を行う必要がある。また、16SrRNA 遺伝子以外の遺伝子
ように発表した。
も解析に導入することも検討している。
丸野内淳介(2009)広島県東広島市二神山山麓における
シロマダラとヤマカガシの路上死体の記録.爬虫両棲類学
会報.2009(2):106-108.
酒匂川流域におけるツチガエルの集団間変異
[研究の種類]外来研究員による研究
本研究課題について特徴的なものがまとめられたので、
[研究機関]2009 年度(1 年間)
平成 21 年度において終了する。
[研究担当者]長谷川嘉則
(2)ホタル個体群の 5 年間の変動
[研究内容]
広島県東広島市の広島大学 構内の川と湿地において
ツチガエル Rana rugosa は、極東ロシアから中国、韓
生 息するゲンジボタル Luciola cruciata とヘイケボタル
国まで広範囲に生息しており、日本においても北海道か
Luciola lateralis 成虫の出現状況を 1997 年から 2001 年
ら鹿児島まで広範囲に分布している。神奈川県における
まで 5 年間記録した。ゲンジボタルの出現期間内の最多
2006 年のレッドデータ生物報告書では、県カテゴリーと
出現個体数は 5 年間で 5 個体から 20 個体の間で変動し、
して要注意種に判定されており、減少が報告されている(新
一方的な増加ないし減少傾向になかった。上流部のコンク
井、2006)。一方、本邦産のツチガエルについては大きな
リート三面張りの区間におけるゲンジボタルの出現数が下
集団間変異があることが報告され、性決定機構が同一種
流側に隣接する底面が砂礫である区間よりも高い傾向にあ
内の地域集団によって XY 型と ZW 型が存在する世界で唯
った。条件によっては人工的な河川環境においてもゲンジ
一の両生類である(Ogata et al., 2006)。さらに、Mating
ボタルは生息し、多自然工法などへの改修へも慎重な対策
call の集団間変異の幅も大きく、一鳴きの継続時間が集団
が求められる。
間で5倍も異なることが報告されている(Hasegawa et ai.,
ヘイケボタルの最多出現個体数は、上流側の湿地では 2
1999)。Kanto group として分類されている関東地域のツ
個体から 8 個体の間で変動した。一方で下流側の菖蒲園
チガエルは性染色体の形態が分化しておらず古い形態を
においては、記録を始めた 1999 年の 2 個体から 2001 年
とどめているが、静岡以西の三重までの XY group は性染
は 58 個体と増加した。両湿地の環境の違いについて調べ
色体の形態が分化している。私は、上記 2 groups の変異
る必要があるが、上流側の湿地に生息するアメリカザリガ
– 92 –
ニ Procambarus clarkii がヘイケボタル密度を抑制してい
の 1,460m である.100-200m にはすべての種が生息可能
る可能性がある。
であるから、本層が形成された深さとして 100 - 200m を
(3)アカハライモリ腹部斑紋の解析
推定することができる。
1993 年から 1995 年に愛媛県と広島県で採集されたア
本層に部分的に発達している泥岩・礫岩互層の境界の
カハライモリ Cynops pyrrhogaster の腹部斑紋は、黒斑
礫岩層の部分(ポケット状)から浅海性のAtrina japonica
が縦 2 列に並ぶ型が多数を占め、腹部を黒く波状に縁取
(0-20m, fsm)、Pinna bicolor (0-10m, fs)、Umbonium
る型、黒点が点在する型、ほとんど斑紋の無い型が見られ
た。1956 年から 1960 年に採集された愛媛県と広島県の
costatum(0-20m, s)、Meretrix lusoria(0-20m, sm)を
採集した。これらのうち Atrina japonica、Pinna bicolor
アカハライモリの斑紋(Sawada, 1963, J. Sci. Hiroshima
は薄質で大きな殻を有するにもかかわらず、殻の破損程度
Univ. B-1 21:135-165.)と同様の傾向にあると思われるが、
は軽微であることから、これらの種は急激な海底の落ち込
斑紋の雌雄差、各県内ならびに県間の個体群間の違いな
みによって 20m 以浅の海から 100 - 200m の海底に一挙
ど調査していく必要がある。
に移動したものであることが考えられる。殻の内部には礫
カジカガエル Buergeria buergeri の分布北限である下
岩層と同質の小礫が充填していた。Umbonium costatum、
Meretrix lusoria は泥岩の部分から採集された。キサゴ
北半島において、下北郡大間町の奥戸川を 1996 年に調査
は小型で、変形が著しい。また、ハマグリはほとんど原形
した。河口から 500-1500 m 上流の区間においてカジカガ
をとどめていない。この 2 種は生息場所から堆積場所ま
エルを確認した。それより上流の林間を流れる区間におい
でかなりの時間をかけて移動したものと考えられ、Atrina
てはカジカガエルを確認できなかった。カジカガエルが確
japonica、Pinna bicolor とは海底における移動の形態が
認された区間では川の水面は開放された日光のあたる状態
異なっていたものと思われる。
であり、上流側の水面は樹冠に覆われていた。
Loc. 6(清水小裏)は細砂泥からなっている。ここか
(4)下北半島のカジカガエルの生息状況
今後は奥戸川におけるダム建設により川の環境が変化し、
ら産出する化石のうち産出 個体 数が 5 個以 上のものは
カジカガエルの生息状況も変化することが予測される。
(投
Cryptonatica janthostomoides (10-50m, fs)、Dosinella
peniculata (5-30m, m)など 9 種である。これらの化石
稿準備中)
の生息深度レンジは 0-50 m で、50 m 以深生息種は含
まれていない。最も浅いところに生息するMya arenaria
テフロクロノロジーから見た箱根火山古期火山体の
形成史
oonogai (0-10m)を除くすべての種が生息可能な深度は
[研究の種類]外来研究員による研究
10-20m である。完全な自生的産状を示すものは少なく、
[研究機関]2009 年度(1 年間)
多くは半自生的であるが、殻が破損したものや殻表の彫刻
[研究担当者]袴田和夫
が失われているものは少ないので底流による移動は短距離
[研究内容]
・ 短時間に限られていたものと思われる。本産地から採集
した種は、縄文時代の貝類遺骸について松島(1979)が
足柄山地足柄層群産出の貝化石群
提唱した種の組み合わせと環境との関係による、B 群集お
[研究の種類]外来研究員による研究
よび C 群集の構成種が一部の種を除いて含まれている。
[研究機関]2009 年度(1 年間)
縄文時代の貝類の組み合わせと環境との対応が足柄層群
[研究担当者]奥村 清
堆積時代にまで敷衍できるものと仮定すると、Loc. 6 の堆
[研究内容]
積環境は内湾水域、湾の中央部、砂質底、またはシルト
私は昨年に引き続き、表題の課題を中心に研究を行っ
~泥底、上部浅海底~潮間帯下部であったことが推定で
た。研究成果は、研究の途中で、示唆や助言をいただい
きる。
た田口公則・小柳建興両氏との共同研究として近く発表す
る予定である。今回の中間報告は紙面の都合で比較的多
神奈川県下の現生哺乳類の形態変異に関する研究
―イノシシ、ニホンザル、ニホンジカを中心に―
数の貝化石が採集できた Loc.3
(谷峨)と Loc.6
(清水小裏)
の化石群の特徴とそれから推定される堆積環境について主
[研究の種類]外来研究員による研究
として述べる。
[研究機関]2009 年度(1 年間)
この両地点間は 1,130m、両地点を結ぶ直線の方向は
[研究担当者]姉崎智子
地層の走向と大略直交し、この間における地層の平均傾
[研究内容]
斜角は 40°であるから、層準の上では 720m の隔たりが
本年度は、ニホンザル(Macaca fuscata )骨形態を神
ある。Loc. 3(谷峨)の泥岩 ・ 細粒砂岩から産出する化石
奈川県内の資料と他地域について、地理的変異を時空間
の多くは自生的な産状を示し、産出個体数の多い(5 個体
的に検討した。本年度は、特に下顎小臼歯・大臼歯の頬
以上)ものは Acila divaricata(50-335m, fm)など8種。
舌径に着目し、分析を行った。
もっとも浅い海底に生息できる種は Acila insignis で 0 m、
分析の対象としたのは、考古遺跡 11 カ所、現生個体群
もっとも深いところに生息できるのは Ennucula nipponica
7 カ所である。小臼歯、大臼歯頬舌径 8 項目に基づき LSI
– 93 –
法を用いて分析を行った。なお、今回はオスの資料に限っ
集した。松崎町江奈の湯ヶ島層桜田層石灰岩よりサザエ類
て比較を行った。
の仲間でこれまでに日本列島では産出していないタイプが
分析の結果、神奈川県、福井県、長野県の考古資料
複数種見つかり更に精査中であり熱帯性巻貝の専門家に
は現生資料よりも臼歯頬舌径が比較的大きい傾向が示さ
同定いていただいている。
れた。一方で、鹿児島県の考古資料は、現生大分県資料
今年度は伊豆半島の基盤をなす地層の中で最下部の仁
の大きさの範囲内であった。また、千葉県の考古資料は、
科層群からの化石発見にも挑戦した、しかし露頭で確認
遺跡間で大きさに差異が認められ、現生資料よりも大きい、
できる化石は見つからなかった、代わりに枕状溶岩を3地
あるいは、小さい資料が認められた。
点で新たに見つけることができた。仁科層群堆積の 20 -
このことから、ニホンザルの臼歯サイズに認められる相
17Ma 頃の伊豆は海底火山の時代であり、火山島はまだ誕
違は、地理的な要因に大きく起因していることが想定され、
生していなかったと思われる。仁科層群の岩石相は火山角
九州地域のニホンザルは縄文時代から小さい傾向がある
礫岩や溶岩または沖合性堆積物が主であり円礫層はない。
一方で、本州地域においては、現生と比べて比較的大きい
そこからは浅い海がまだ存在していなかったことが見えてく
頬舌径を有するサルが縄文時代には生息していたことが推
る。古伊豆の火山島が誕生するのはやはり湯ヶ島層の石灰
定される。
岩が示している 16-15Ma・中新世前期末-中期にかけて
今後の課題であるが、日本列島におけるニホンザルの地
であることを追認できた。
理的変異の成立過程について検討するには、今後さらに各
以上の知見は、
「丹沢山地の生い立ち」に重なる部分が
地域において資料を蓄積する必要がある。また、臼歯のサ
多くあり、フィリピン海プレートの活動が丹沢・伊豆をセッ
イズと身体サイズの相関性についても、これまで十分な研
トにして南の海底で誕生させていたと思わせるものである。
究が成されてきていない。
以上のような物語を、伊豆新聞からの依頼でコラム「伊
今後は、神奈川県のサル個体群を中心に現生および考古
豆路」欄へ 6 回の連載で書いた。地元の皆さんに分かり
資料のデータを増加させるとともに、現生資料については、
やすく書いたつもりであるが「化石が語る伊豆半島物語・
外部計測値などとの相関性についても検討を行っていく予
1500 万年前の伊豆火山島」のイメージをお伝えできたな
定である。
ら幸甚である。
伊豆の中新世サンゴ礁生物化石から古環境を知る
四肢動物の前肢における、運動時の姿勢と骨格形態・
筋重量比との関係
[研究の種類]外来研究員による研究
[研究機関]2009 年度(1 年間)
[研究の種類]外来研究員による研究
[研究担当者]門田真人
[研究機関]2009 年度(1 年間)
[研究内容]
[研究担当者]藤原慎一
調査は 5 年目となった、平成 21 年度は、これまでの成
[研究内容]
果を調査地の地元に還元する地学的歴史観の普及活動に
四肢動物の関節面の立体形状は、その関節の可動範囲
積極的に取り組んだ。その活動を通して新たな情報が地
を制限する重要な要素のひとつである。そのため、絶滅四
元の方から沢山寄せられた。H21 年度に伊豆半島で実施
肢動物においても四肢の関節面形状を把握することができ
した巡検は 3 回、そのうち 2 回は静岡県地学会の依頼で
れば、関節の可動生きをより確からしく復元することがで
あった。学校での授業は 4 回、地元の自然愛好家の方々
き、その動物の生態の復元につながると期待される。しか
との化石調査は 6 回、市民対象の講演を 2 回実施した。
し、ワニや鳥類を含めた主竜類の仲間は、骨端が厚い軟
それらの活動を経て得られた「伊豆半島生い立ち」のイ
骨で覆われるため、骨表面の形状と軟骨で覆われた関節
メージと地学的教材資源の概略は次のようである。
面の形状を対応させることが困難である。さらに、ワニ類
伊豆半島の化石産出露頭は、下田の白浜地域の白浜層
では肘関節の関節面の記載もなされていない。本研究で
を除いて他はいずれも小規模であり、多数回繰り返しての
は、アメリカアリゲーター(KPM-NFR16)を用いて肘関節
巡検や化石採集活動は地学的資源保全面から考えると継
の観察を行なった。その他多くの四肢動物との比較の結
続が難しいことが分かってきた。その中でも、湯ヶ島層か
果、ワニ類は下記に挙げるような鳥類の肘関節と類似した
ら得られる「南の海にあった伊豆」の証拠は小さな石灰岩
関節面の形状をしていることが判明した。上腕骨遠位に
露頭からで、日本列島のどの地域にもない貴重な熱帯性サ
は外側顆と内側顆の間に olecranon fossa と呼ばれる凹部
ンゴ礁生物群が見つかってきた。しかし規模の小さな露頭
が確認され、それが関節面の後端の位置を規定していた。
は道路工事や自然災害などで消失や、養護壁で覆われて
一方の前腕近位では、上腕の凹凸に対応するように、尺骨
観察ができなくなっていた。
近位の関節面中央部に intercotylar process と呼ばれる
そんな中で新たに見つかった化石をいくつかをあげる。
突起が観察された。肘関節を伸展させると、intercotylar
伊豆市修善寺牧ノ郷の湯ヶ島層群加殿層石灰岩から、伊
process が olecranon fossa にはまることで、それ以上の
豆半島では 3 個目のオウムガイ類 Aturia cubaensis を採
伸展を抑制する。軟組織を除去した後に骨表面を観察する
と、上述の構造に対応すると思われるわずかな凹凸は認識
– 94 –
されたが、構造を対応させることは非常に困難である。非
まず LA-ICPMS を用いた U-Pb 手法を初めて付加体に適
鳥類恐竜や翼竜はワニや鳥類と同様に主竜類の仲間であ
用した。三浦・房総の新しい付加体堆積層において、化石
り、彼らもワニや鳥類と同様の肘関節構造をしていたと考
年代と本手法年代がよく整合していることから、本手法の
えられる。絶滅主竜類で四肢の可動範囲を復元するには
信頼性が確認された。その結果、これまで 120-15 Ma 程
大きな注意が必要である。また、現生の主竜類においても
度で用いられていた手法が、3-5 Ma まで適用できること
軟組織の立体形状に対する知識は不十分であり、現生・化
が分かった。ただし付加体では火山灰の含有量が少ない
石を問わず、主竜類の運動機能を理解するためには、それ
ために信頼性が減少するので、今後より慎重なサンプリン
らの構造を保存していく試みが今後重要になってくる。
グにより確度の向上を図ることが必要である。また、加重
研究成果
平均を用いた年代について、これまでガウス分布を仮定し
Shin-ichi Fujiwara, Hajime Taru and Daisuke Suzuki.
て誤差を評価していたのを、天然のジルコン結晶の生成過
2010. Shape of articular surface of crocodilian
程を考慮した分布に基づいた TuffZirc 年代へと改善した。
(Archosauria)elbow joints and its relevance to
本手法を過去の付加体に適用した。牟岐メランジュ試料
sauropsids. Journal of Morphology .
の年代決定により、沈み込み・付加が断続的に起こってい
ることが示された。一方、延岡の順序外断層(OOST)の
下盤は 45 Ma、上盤は 80 Ma とそれぞれの堆積年代が見
付加体発達の間欠性
[研究の種類]外来研究員による研究
積もられた。これは化石による上盤年代(50-60 Ma)よ
[研究機関]2009 年度(9 ヶ月)
りも古い。新たな手法(TuffZirc 年代)を導入し、誤差の
[研究担当者]柴田伊廣
見積もりを試みた。サンプルされた岩石が火山性のもので
[研究内容]
ない可能性があるため、80 Ma の信頼性は検証するにい
沈み込み帯における物質収支を解明する上で、付加体に
たらなかったが、今後付加体中の OOST の発達過程に重
おける付加過程(時間変動)を正確に把握することが重要
要な示唆を与える可能性がある。
である。しかしながら、変形著しいメランジュの基質からは、
現 在 進 行 中 の IODP 南 海トラ フ 地 震 発 生 帯 掘 削
保存のよい微化石はほとんど産出されず、そのため精度良
(NanTroSEIZE)では、熊野前弧海盆の堆積層下部、過
く年代決定するのは困難であった。そこで本研究では、火
去の付加体との境界付近で、2-5 Ma に hiatus があること
山灰層に含まれるジルコンを、レーザーアブレーション質
が示された。その後分岐断層(OOST が活動したものと考
量分析装置
(以下 LA-ICPMS)を用いた U-Pb 手法を改良し、
えられる)が活動を開始してその上盤が傾斜し、堆積が開
80 Ma から 3-5 Ma までの年代レンジにわたって、同じ精度・
始されたことが分かっている。過去においても、このよう
確度で統一的に決定することを目的とし、得られた結果を
な間欠的なテクトニクス活動が起こっていることが、本研
陸上の付加体に適用してその変動過程の再現を試みた。
究から示唆された。
– 95 –
研究(C)
4.2. 研究成果(外部資金助成・共同研究等)
[課題番号]20605018
[研究期間]2007 ~ 2009 年度(3年計画の3年目)
子どもの科学的表現を高める環境学習プログラム作
成ー自然のパターン把握を通して
[研究組織]田口公則(研究代表者)・大島光春(研究分
[助成金の種類]日本学術振興会科学研究補助金 基盤研
担者)・露木和男(連携研究者:早稲田大学教育学部)・
究(B)
飯島俊幸(研究協力者)・一寸木肇(研究協力者:大井町
[研究期間]2007 ~ 2009 年度(3年計画の3年目)
立上大井小学校)・斎藤有紀雄(研究協力者:横浜市立森
[研究組織]下野 洋(研究代表者:星槎大学)
・遠藤 忠(宇
中学校)
都宮大)・大塚 豊(広島大)・岡本弥彦(麻布大)・川野
[研究内容・成果]
辺 敏(星槎大)・金 泰勲(星槎大)・五島政一(国立教育
本研究の目標は、地学資料の展示実践を通じて「子ども
政策研)・坂上寛一(星槎大)・境 智洋(北海道教育大)・
や教師が、モノと接するときに、日常的にモノを展示し触
澤野由紀子(聖心女子大)・関 啓子(一橋大)・田口公則・
れさせることで、何らかの学習が促進されるか」を知るこ
高橋 修(東京学芸大)・坪内俊憲(星槎大)・鳩貝太郎(国
とである。理科室をはじめとする学校の日常空間にてどの
立教育政策研)
・藤田郁男(星槎大)
・森川和子(星槎大)
・
ような展示が行えるのか、そして展示は子どもや教師にど
谷田部玲生(桐蔭横浜大)・岡田和徳(星槎大)
のような変容をもたらすのか。本研究では、展示利用者に
[研究内容・成果]
行動化を促す仕掛けとしての「展示」を多面的に試行した。
(1)本研究の重要な位置を占める「自然の環境パターン」
学校での展示活動に関して、大井町立上大井小、横浜
と「パターン把握」の定義づけについては、身の周りの自
市立森中、秦野市立本町小等で実践的な取り組みを行っ
然環境をシステマティック(体系的)に、すなわち事象相
た。また、地域の地学的素材、とくに化石等の調査研究
互のつながりや時間的・空間的な視点でとらえることがで
に関して、山北町立清水小、山北町立清水中、横浜市立
きるものを「環境パターン」と呼ぶことにする。
大道中等の学区地域にて自然史調査を行った。
その環境パターンとは、自然環境の中に潜む次のような科
学校ミュージアムと呼べる活動は、自由な博物館活動が
学的な事象を指す。
可能である。また、学校ミュージアムの場が存在は、児童・
① 比較観察の対象となる事象
生徒、教員が「コミュニケーション」、
「探究・発見」、
「編集・
② 関連性をもつ事象
構成」、
「表現」の興味を深めて活動を展開する場の提供
③ 変化を読み取ることが可能な事象などの科学的な事象
につながる有効性が捉えられた。
「パターンの把握」については、自然体験や野外学習で
学校という現場において博物館的活動を活かした学習は
五感を用いて、自然環境にみられる「比較観察の対象とな
可能である。そして、学校ミュージアムの実践は、児童・
る事象」
「関連性をもつ事象」
「変化を読み取ることが可能
生徒、教員の興味関心を高め、知的好奇心を育む場とな
な事象」などの自然事象を通してそこに見られる事実や関
り、また、それぞれの情報発信の場となる。展示情報によ
連性の発見、比較・類推を行う活動を通して自然の変化に
る興味関心の高まりが、フィールドへの誘いとなり主体な
関する科学的知識、概念を獲得し、思考力を高める技法
活動へとつながる事例も見出された。学校ミュージアムと
の一つであるというよう共通理解を持った。
いう営みは、学校現場において新たな活動として捉えられ
このパターン把握により見つけた事実や事象相互の関連
るが、これまでの学校の営みである授業、教材、カリキュ
性、事象の比較やそれらからの類推によって得られた自然
ラムという視点をふまえると、それらは学校ミュージアムの
の変化に関する内容を図、スケッチ、簡潔な文章で表現し
活動に当てはまることわかった。すなわち、学校ミュージ
第三者に伝え互いに意見交流を図ることができるようにな
アム活動は、子どもたちのみならず教員にとっても有効な
ることが望ましいのである。
活動の場となることが示唆された。これらの成果は、報告
(2)海外の環境学習については、ロシア極東地域と中国
書「博学連携による小中学校における地域地学資料展示
の北京、上海地区を対象として調査を行い、そこでのさら
の取組と子どもの変容」
(田口編 , 2010)等で広く公開した。
なる成果と課題を最終報告書にまとめた。
また、国内の環境教育実施状況調査は岐阜県を中心と
子どものための展示開発-自然史博物館にふさわし
い展示と展示プラン-
して行い、その結果は最終報告書に掲載した。
(3)平成 19-21 年度の間に、岐阜県内と北海道芦別市内
[助成金の種類]日本学術振興会科学研究費補助金 基盤
での実験授業を重ね、環境学習プログラムの枠組みを構
研究(C)
成し、研究協力者の手によって 67 例の環境学習事例の指
[課題番号]19611018
導案をまとめ、それらを最終報告書に収録した。
[研究期間]2008 ~ 2011 年度(4年計画の2年目)
[研究組織]大島光春(研究代表者)
・広谷浩子・田口公則・
石浜佐栄子(研究分担者)
[研究内容・成果]
博学連携による小中学校における地域地学資料展示
の取組と子どもの変容
本研究では対象を特に “子ども” に絞って、展示という
[助成金の種類]日本学術振興会科学研究費補助金 基盤
博物館がもっとも得意とするメディアを活用して、自然への
– 96 –
興味を喚起する方法を研究し、自然史博物館にふさわしい
備、実際の植物相調査、分布データの解析による地球温
展示を開発することを目的とする。展示が、子どもとフィー
暖化の影響評価の 3 つの部分よりなっており、伊豆半島産
ルドとを結び、自然史科学への入り口となるような展示プラ
維管束植物のデータベースの整備は、神奈川県立生命の星・
ンを作成して成果とする。
地球博物館の所蔵標本データの精査・整備と文献資料の
H21 年度は国内の他博物館における “子どものための展
データベース化に基づいている。ここでは、伊豆半島産維
示” 事例調査を継続し、各館の方向性や手法を検討した。
管束植物のデータベースの整備状況について報告する。
当館特別展「木の洞をのぞいてみたら-樹洞の生きものた
①生命の星・地球博物館の所蔵標本のうち、伊豆半島産
ち-」において、体験的展示を試行した。
のものは、平成 21 年度までに本研究の一環として収集し
事例調査では、昨年度に続き歴史系博物館や自動車博
た標本なども加え(一部未登録あり)、約 6,500 点、1,600
物館も含め、科学館、総合博物館、自然史博物館、大型
分類群になる。これらの標本の採集地は、熱海市岩戸山
児童館等 20 以上の館を訪れた。また、大手展示業者も
周辺、下田市須崎周辺を除いてカウントすると、沼ノ川が
訪問し、展示デザインや展示装置のデモンストレーション、
300 回近くと圧倒的に多く、浄蓮の滝、八幡野、天城山、
ディスプレイ用材料のライブラリなどを見学した。照明製
十国峠、白川などが 100 回を超える。ただし、万二郎岳
作会社のレクチャーを受ける機会もあり、フィルターを使っ
や万三郎岳、八丁池なども含めると天城山が圧倒的に多い。
た色温度の変換等の実習を行えた。これらの経験も加味
②『静岡県植物誌』
(杉本 , 1984)および『伊豆の植物』
(杉
して、次年度に向けて、調査結果から上記目的の達成に有
本 , 1962)に掲載されている伊豆半島産植物の和名と、こ
効な要素を取り出すため、分析を行っている。
れらに記載されている分布記録地(採集地)の情報をデー
特別展「木の洞を~」においては、本編の内容に関連さ
タベース化した。
『伊豆の植物』には約 2,000 分類群、
『静
せた 3 つの体験的展示からなる子どものための展示「樹洞
岡県植物誌』には伊豆半島産として約 2,300 分類群が登
であそぼう!」を制作した。
「のぞいてみよう!」は特別展
載されていた。分布記録地としては、
『伊豆の植物』では、
のメイキング画像デジタルフォトフレームでスライドショーに
天城山が 500 回近く出現し、猫越峠、函南山、稲取など
した。
「ぬりえ de おめん」は、特別展ポスターの作者・菊
が 100 回を超える。
『静岡県植物誌』ではやはり天城山が
谷詩子氏の手によるムササビ他全 4 種類のぬり絵を楽しん
圧倒的に多いが、広域地名を除くと、
『伊豆の植物』とは
でもらい、家ではそれをはさみで切り抜いてお面を作れる
多少異なり、下田、河津、伊東が多い。
ようにした。
「ムササビ飛んでみよう!」は飛行中のムササ
③ここまでに整備したデータベースにより、100 分類群以
ビの視線(自主製作のロープウェイ)で撮影した映像をモ
上が記録・採集された分布記録地(採集地)について、シ
ニタに写しだし、着ぐるみを着てうつぶせになって見ると風
ダ植物、裸子植物、単子葉植物、離弁花植物、合弁花植
が送られてくるものである。この試行を通じて、身近な機
物の上位分類別に図に示した。赤堀ほか(2009)の熱海
材の活用、遊びを通じた自然科学への興味喚起など、今
市岩戸山周辺地域や近田ほか(2006)の下田市須崎周辺
後の開発に有効な経験とデータが得られた。
のようなまとまった植物相調査が実施された地域では、各
上位分類群が網羅的に記録されているが、他の地域では
『伊豆半島植物誌』のためのデータベース構築と地球
温暖化の影響評価
偏りがある。特に、一部でシダ植物の記録が突出している
[助成金の種類]新技術開発財団 植物研究助成
分類群以下の植物が記録)の存在も明らかになった。この
[研究種別]特定研究
ような地域の存在については、本研究の成果のひとつでも
[研究期間]2008 ~ 2010 年度(3 年計画の 2 年目)
あるが、今後の植物相調査の重点地域と位置づけ、記録
[研究組織]田中徳久
(研究代表者)
・勝山輝男
(研究協力者)
植物の増大に努めたい。
[研究内容]
なお、ここで報告した内容の一部は、日本植物分類学
(1)研究目的
会第 9 回大会(愛知教育大学 2010 年 3 月 25 〜 28 日)
のが目立つ。また、植物の記録の空白域(実際には 100
『伊豆半島植物誌』
(仮称)作成のためのデータベースを
において、ポスター発表した。
構築し、その一助をなし、その分布情報を解析することで、
近年の地球温暖化の影響評価を試みることを目的とする。
(2)研究方法
神奈川県立生命の星・地球博物館の所蔵標本データお
よび文献資料により伊豆半島産維管束植物のデータベース
を整備するとともに、熱海市および他の伊豆半島地域の植
物相調査を進め、標本資料の収集とデータベース化を行う。
さらに、その分布データを解析し、地球温暖化の影響評
価を行う。
(3)研究成果
本研究は、伊豆半島産維管束植物のデータベースの整
– 97 –
5. 施設概要
5.1. 土地・建物
[土地概要]
本館
連絡橋 EV 棟
所在地
小田原市入生田 499 番地
敷地面積
22,460.90 ㎡
153.60 ㎡
地目
宅地
宅地
用途
無指定(一部住居地域)
住居地域
建ぺい率
70%(住居 60%)
60%
容積率
400%(住居 200%)
200%
現況
国 道一 号 線と早川とにはさま
れ、交通の便、自然環境ともに
恵まれた位置
[建物概要]
本館
連絡橋 EV 棟
構造
鉄骨鉄筋コンクリート造り
鉄筋コンクリート造り
規模
地下 1 階地上 4 階建て
地上 2 階建て
建築面積
8,218.11 ㎡
30.97 ㎡
延床面積
19,020.14 ㎡
43.86 ㎡
最高高さ
(地下駐車場 4,800.14 ㎡含む)
23.25 m
[各階別面積]
面積
主要室
地下1階
5,852.14 ㎡ 駐車場・機械室等
1階
7,427.00 ㎡ エントランスホール・ミュージアムシア
ター・常設展示室・特別展示室・収蔵庫・
2階
3階
4階
塔屋
合計
講義室等
2,166.00 ㎡ ミュージアムライブラリー・事務部門等
3,017.00 ㎡ 常設展示室・ジャンボブック展示室・レ
ストラン・実習実験室等
506.00 ㎡ 機械室等
52.00 ㎡
19,020.14 ㎡
[用途別面積]
(本館)
エントランススペース
展示スペース
学習スペース
収蔵スペース
研究スペース
管理・その他 地下駐車場
合計
984.00 ㎡
5,075.00 ㎡
867.00 ㎡
1,433.00 ㎡
804.00 ㎡
5,057.00 ㎡
4,800.14 ㎡
19,020.14 ㎡
[建物仕上げ]外部(本館)
外部仕上げ
屋根
(勾配屋根)カラーステンレス
(陸屋根)アスファルト防水下地押えコンクリート
外壁
御影石ジェットバーナー仕上げ・二丁掛け磁器質タイル
建具
及びカラーアルミタイル張り
カラーアルミサッシ・ステンレスサッシ・スチールサッシ
[建物仕上げ]内部(本館・主な箇所のみ)
エントランスホール
床
御影石ジェットバーナー仕上げパターン張り
壁
大理石本磨き及びカラーアルミパネル張り
天井
カラーアルミ吸音パネル
展示室
床
カーペットタイル敷 壁
PB下地ガラスクロスEP
天井
メッシュ天井
シアター
床
カーペットタイル敷
壁
銘木練付けCL及び有孔ケイカル板張り 天井
繊維強化石膏ボード貼り
収蔵庫
床
コンクリート金ゴテ下地エポキシ樹脂塗り
壁
コンクリート下地吹きつけコート
天井
デッキプレートOP
[設計・施工]
(本館)
設計
建築
㈱国設計
設備
㈱国設計
展示
㈱丹青社
造成
中野設計工務㈱
施工監理
建築
㈱国設計
設備
㈱国設計
展示
㈱日本科学技術振興財団
造成
中野設計工務㈱
施工
建築
清水・小田急・渡辺・田中特定建設工事共同企業体
電気 東芝プラント・安部・増子特定建設工事共同企業体
空調
トーヨコ理研・ナミレイ・新陽特定建設工事共同企業体
衛生
ダイセツ・トウカイ特定建設工事共同企業体
昇降機 ㈱日立製作所
展示
㈱丹青社
造成 ㈱杉山組・㈱若林組・箱根建設㈱・㈱加藤組
㈱吉沢組・日本鋼管工事㈱・㈱秋山組
外構
土谷建設㈱、( 有 ) 菊原建設
植栽
㈱加藤造園・( 有 ) 深谷造園・栄立造園土木・緑栄造園
土木特定建設工事共同企業体
工事期間
建築工事
展示工事
平成4年 10 月 10 日~平成6年 12 月 20 日
平成4年 10 月 10 日~平成7年 3 月 1日
[設計・施工]
(連絡橋 EV 棟)
設計・施工 中野設計工務株式会社
建築
内田建設㈱
電気
( 有 ) 昭栄社
昇降機
日本オーチスエレベーター㈱
– 98 –
5.2. 設備
5.2.1. 一般設備
[電気設備]
受配 受電電圧 3 相 3 線式 6.6kV 50Hz
電設 変圧器容量 2,175kVA(乾式モールド形)
進相コンデンサー 327kvar
備
高圧母線 5 系統
低圧幹線 98 系統
自家発電設備 原動機 ガスタービンエンジン
360PS(48,738rpm) 発電機ブラシなし交流発電機 300kVA Pf0.8(1,500rpm)
起動方式 直流電動機起動式 太陽光発電設備 出力電気方式 三相3線式 210V
公称出力 7.5KW
システム構成 系統連携型
蓄電池設備
種類 シール形ポケット式アルカリ電池
公称電圧
103.2V(86 セル)
容量
350Ah(5 時間率)
用途 受配電機器操作用・非常灯用
電話設備
交換機 デジタル交換機
局線容量
72 回線(50 回線実装)
内線容量
240 回線(150 回線実装)
電気時計設備 親時計 水晶発振式
(出力 2 回線)
子時計
アナログ式
29 台
デジタル式
5台
ソーラー時計
1台
駐車場管理設備 地下駐車場の満・空車表示
1式
その他
身障者警報呼出表示装置・避雷針設備・
インターホン設備・テレビ共聴設備
[空調設備]
空調方式
熱源機器
空調機等
換気設備
自動制御設備
中央式 定風量(CAV)単一ダクト方式 中央式 各階ゾーンユニット方式+ 2 管式
FC ユニット併用方式
パッケージ式個別空調方式(特殊用途室)
ガス吸収冷温水機 200RT
3台
ユニット型空調機
16 台
ファンコイルユニット
53 台
ビルマルチエアコン
37 台
パッケージエアコン
7組
第 1 種及び第 3 種
給気ファン 7 台
排気ファン 44 台
中央監視装置 1 式
[衛生設備]
受水槽
75t
雨水槽
300 t
中水槽
28 t
中水処理装置
5t/h 1 台 1 台
加圧給水
540 ℓ /min 1 組(上水用)
ポンプユニット
加圧給水
1,470 ℓ /min 1 組(中水用)
ポンプユニット
汚水ポンプ
300 ℓ /min
2台
雑排水ポンプ
300 ℓ /min
2台
雨水ポンプ
1,000 ℓ /min
6台
雨水ポンプ
200 ℓ /min
2台
湧水ポンプ
200 ℓ /min
2台
ガス設備
地下 1 階に都市ガス(13A)を引き込み、ガス吸収冷温水機
レストラン、ともしびショップ等に供給
[昇降機設備]
1 号機
乗用(展望用車椅子仕様) B1F, 1F, 2F, 3F 停止
13 人乗り
2 号機
乗用(車椅子仕様)
45 m/min(電動式)
B1F, 1F, 3F 停止
11 人乗り
3 号機
乗用(車椅子仕様)
1F, 3F 停止
60 m/min(油圧式)
11 人乗り
4 号機
荷物用
60 m/min(油圧式)
1F, 2F, 3F 停止
3,000 kg
連絡橋
乗用(車椅子仕様)
1F, 2F 停止
30 m/min(油圧式)
11 人乗り
エスカ (1200 型・車椅子兼用)
レーター
[防災設備]
自動火災報知設備
受信機 P 型 1 級
防災連動制御盤
熱感知器・煙感知器 1 式
消火設備
屋内消火栓 40 箇所
屋内消火ポンプユニット
屋外消火栓 6 箇所
屋外消火ポンプユニット
泡消火設備(地下 1 階駐車場)
薬剤量
45 m/min(油圧式)
1F 〜 3F
30 m/min(電動式)
70 回線
40 回線
140ℓ/min 1 台
700ℓ/min 1 台
600ℓ
泡ヘッド
696 個
泡消化ポンプユニット
1,120ℓ/min 1 台
移動式粉末消火器(駐車場他)
9台
連結散水設備(地下 1 階部分)ヘッド数
12 個
誘導灯設備(避難口・通路・階段)
166 台
ガス漏れ警報器 検知器
12 個 受信機 1 台
非常用・業務用放送設備(非常用電源内蔵)
電力増幅器
360W 2 台
電力増幅器
120W 2 台
スピーカー
232 個
排煙設備
排煙機(廊下系統)
15,800 ㎥ /h 1 台
排煙機(一般系統)
38,000 ㎥ /h 1 台
ITV 設備
本館監視用
固定カメラ
8台
可動カメラ
8台
モニターテレビ 17 型 4 台× 2 箇所
連絡橋 EV 監視用
固定カメラ
3台
モニターテレビ 17 型 3 台× 2 箇所
[その他の設備]
自動扉設備
エントランスホール等の出入口に設置 8 台
自動散水設備(人工地盤植栽部分の灌水用)
東側前庭 8 系統・3 階テラス 11 系統
カスケード設備(人工滝)
間口 24m 高さ 3m 水量 2.5 ㎥ /min 照明付き
– 99 –
5.2.2. 研究設備
[大型標本製作室]
品名
型番(メーカー)
ロックトリマー(岩石粉砕機)
(IWAMOTO)
ジョークラッシャー ( 岩石粉砕機)
2002-EX( 吉田製作所 )
大型岩石カッター(自動送り)
SC-14( ニチカ )
中型岩石カッター
MC-442( マルトー )
小型岩石カッター
MC-100( マルトー )
旋盤
FS450A(TOYOAS)
超音波洗浄器
B-62(Brainson)
ふるい震とう器
NVS-200(C.M.T.)
岩石研磨回転台
RP-5( マルトー )
卓上帯のこ台
(PROXXON)
遊星ポッド型ボールミル
LA-P04( 伊藤製作所 )
解剖台
[標本製作室]
品名
型番(メーカー)
マイクロカッター
MC-201( マルトー )
自動メノウ乳鉢
( 日本地科学社 )
撮影装置付き偏光顕微鏡
Optiphoto2-Pol( ニコン )
撮影装置付き双眼実体顕微鏡
SZH-10( オリンパス )
プレパラップ(岩石薄片作成装置)
MG-300( マルトー )
プラノポール(精密研磨台)
Planopol-V(Struers)
ディスコプラン(岩石切断研磨装置) Discoplan-TS(Struers)
エポバック(岩石試料作成用真空装置)Epovac(Struers)
真空装置
G-50S( 真空機工 )
自動染色装置
DRS-601( サクラ精機 )
ミクロトーム
HM340( カールツァイス )
パラフィン伸展器
PS-52( サクラ精機 )
パラフィン溶融機
( アルプ )
荷重計測器
FGS-50V-L( 日本電産シンポ )
デジタルフォースゲージ
FGX-R20, FGC-10( 日本電産シンポ )
デジタルマイクロスコープ
VHX-900( キーエンス )
透過型ノマルスキー式微分干渉顕微鏡 BX50-33-DIC、BX51( オリンパス )
位相差顕微鏡
BX50-33-PHD( オリンパス )
実体顕微鏡
SZX12( オリンパス )
デジタル顕微鏡撮影装置
DP-12( オリンパス )
実体顕微鏡および描画装置セット
SMZ-10A( ニコン )
ツルグレン装置
B-1( 伊原電子工業 )
植物標本乾燥機
( 入江製作所 )
燻蒸器
( 特許理化興業 )
ドラフト
( ダルトン )
[化学分析室]
品名
型番(メーカー)
精密天秤
RC210P(Sartorius)
化学天秤
Laboratory LC4200S(Sartorius)
免震台
全自動蒸留水製造装置
GSR-200(Advantec)
ビードサンプラー
NT-2100( 東京科学 )
ピストンシリンダー型高圧発生装置
A1 型 ( トライエンヂニアリング )
マッフル炉
STR-11K(ISUZU 製作所 )
乾燥機(Dry Oven)
ANS-111S(ISUZU 製作所 )
超音波洗浄器
UT53N(SHARP)
エアコンプレッサー
PA800S( 日立製作所 )
電気泳動装置
Bio-Rad 他
凍結乾燥機
VD-31 他 (TAITEC 他 )
限外濾過器
XX80(MILLIPORE)
HPLC 装置
PU-980 他 ( 日本分光 )
吸光光度計
MPR・4Ai(TOSOH)
アルミブロック恒温槽
DTU-1B(TAITEC)
冷蔵庫
SMR-120YAG(SANYO)
遠心分離機
CFS-300, CFA-12(IWAKI)
マルチポイントスターラー
F-6A(TAITEC)
ディープフリーザー
BFH-110(ESPEC)
オートクレーブ
SS240( トミー精工 )
ポータブルクリーンベンチ
APC4 型 (iuchi)
乾熱滅菌器
DS-450(iuchi)
ドラフト
( ダルトン )
[冷凍乾燥室]
数量
品名
型番(メーカー)
1 台 大型冷蔵庫
ERA-Z30B
1 台 中型冷蔵庫
RS-5203( 日立フリーザー )
2 台 インキュベーター
PCI-301(AS ONE)
1 台 凍結乾燥機
RLE Ⅱ (KYOWAC)
1 台 [試料分析室]
1台
品名
型番(メーカー)
1 台 蛍光 X 線分析装置
XRF-1500( 島津製作所 )
1 台 試料固結装置(Briquetting Machine) MP-35( 島津製作所 )
2 台 走査型電子顕微鏡
JSM-5410LV( 日本電子 )
1 台 金蒸着装置
JFC-1200( 日本電子 )
1 台 臨界点乾燥装置
JCPD-5( 日本電子 )
1 台 炭素蒸着装置
SC-701C( サンユー )
一眼レフデジタルカメラ(ボディー)
D70( ニコン )
数量 デジタルプロジェクター
V-1100Z( プラス )
1 台 [写真室]
1台
品名
型番(メーカー)
1 式 撮影装置付き偏光顕微鏡
Optiphoto2-Pol( ニコン )
1 台 軟 X 線非破壊検査装置
CMB-2( ソフテックス )
1 台 中判カメラ
Mamiya RB67( マミヤ )
1 台 カラー撮影用照明
HMI-575(broncolor)
1 式 マクロ撮影装置
( オリンパス )
1 式 一眼レフカメラ
F70, F90( ニコン )
1 式 レンズ用デシケータ-
1 台 紫外線撮影用レンズ
UV-Nikkor( ニコン )
1 台 デジタル一眼レフカメラ
D1X( ニコン )
1 台 フィルム用冷蔵庫
MR-18-H( 三菱電機 )
1 台 暗室用具
1 式 [化石ラボ]
2台
品名
型番(メーカー)
1台 コンプレッサー
( 日立製作所 )
2 台 サンドブラスター
CH-4000(WULSUG)
1 台 エアスクライバー(小型削岩機)
CP9361 他 (Chicago Pneumatic 他 )
1 台 デンティストドリル
(Sverital)
1 台 実体顕微鏡
(ユニバーサルスタンド付き)SMZ-2B( ニコン )
1 式 集塵機
VF-5(AMANO)
1 台 [実習実験室]
1台
品名
型番(メーカー)
1 台 実習・研究用生物顕微鏡
CHT( オリンパス )
2 台 偏光顕微鏡
LABOPHOTO 2-POL( ニコン )
ビデオマイクロスコープ
VMS-70(SCALAR)
数量 実習用実体顕微鏡
SZ40( オリンパス )
1 台 透過型落射光顕微鏡
BX60F( オリンパス )
1 台 ツルグレン装置
2 台 エアサンプラー
LV-100( 横河電機 )
1 台 [収蔵庫]
1式
品名
型番(メーカー)
1 式 電気炉
MAX1200℃ ( 石塚電気製作所 )
1 台 電気炉
MAX1500℃ ( 石塚電気製作所 )
1 台 ボルトスライダー(トランス)
S-260-20(200V)(Yamabishi Electoric)
1 台 ボルトスライダー(トランス)
S-260-50(200V)(Yamabishi Electoric)
1 台 パワーコントローラー
( 石塚電気製作所 )
1 式 パワーコントローラー
MODEL-SU( チノー )
1 式 ロックトリマー(改)
A 型 (IWAMOTO)
1 台 実体顕微鏡
SZH10( オリンパス )
1 式 測微計測装置
1 台 [学芸部]
1台
品名
型番(メーカー)
1 台 夜間暗視スコープ
M-994(Litton Electric Devices)
2 台 テレメトリー受信機
RX900(TELEVILT)
1 台 テレメトリー受信機
FI-290MkII( ヤエス )
1 台 実体顕微鏡
SZH10( オリンパス )
1 台 実体顕微鏡
SMZ-10A( ニコン )
1 台 [その他]
1台
品名
型番(メーカー)
1 台 水中撮影写真機材
( ニコン / アンティス )
骨格標本作成槽
大型脊椎動物骨格標本作成用砂場
携帯型 GPS
FG-0210( エンペックス )
大型体重計
TRU・TEST SR2000( フジヤ商会 )
– 100 –
数量
1台
1台
3台
1台
数量
1式
1台
1式
1台
1台
1台
1台
1台
数量
1式
1台
1式
2台
1式
2台
2台
1台
1式
1台
1式
数量
1台
1台
4台
2台
2台
2台
数量
15 台
7台
1台
24 台
2台
1台
1台
数量
1台
1台
1台
1台
1式
1式
1台
1台
1台
数量
1式
1台
2台
2台
2台
数量
1式
1式
1式
3台
1式
5.3. 面積表
[エントランススペース]
室名
面積(㎡)
エントランスホール
782
(救護室)
(15)
(幼児室)
(13)
(ミュージアムショップ)
(26)
(ともしびショップ)
(35)
(ロッカー室)
(17)
レストラン
202
小計
984
[展示スペース]
室名
面積(㎡)
ミュージアムシアター
467
1 階総合展示室
2,348
(化石ラボラトリー)
(32)
3 階総合展示室
1,245
(CPU ルーム)
(93)
ジャンボブック展示室
581
(ジャンボブック編集室)
(45)
特別展示室
434
(準備室 1)
(74)
(準備室 2)
(44)
小計
5,075
[学習スペース]
室名
面積(㎡)
講義室
306
(16)
139
302
120
867
(講師控室)
実習実験室
ミュージアムライブラリー
書庫
小計
[収蔵スペース]
室名
小計
面積(㎡)
1,260
77
96
1,433
室名
館長室
第 1 会議室
第 2 会議室
管理課事務室
企画情報部事務室
ボランティア・友の会事務局室
学習指導員室
司書室
電話交換室
更衣室
警備員室
(簡易宿泊室)
湯沸室
総合案内員室
中央監視室
機械室・電気室等
倉庫
トイレ
搬入口スペース
その他(廊下・階段等)
小計
面積(㎡)
47
42
42
91
83
34
49
39
13
13
29
(14)
11
24
29
1,824
119
332
70
2,166
5,057
収蔵庫 1
収蔵庫 2
液浸標本収蔵庫
[管理スペース]
[地下駐車場]
室名
地下駐車場
[研究スペース]
室名
学芸員室
共同研究室
試料分析室
化学分析室
(化学天秤室)
クリーンルーム(1)
クリーンルーム(2)
標本製作室
燻蒸室
乾燥室
昆虫標本製作室
冷凍乾燥室
大型標本製作室
液浸標本製作室
液浸標本準備室
写真室
準備室
小計
(清掃作業室)
(トイレ)
(機械室)
面積(㎡)
246
39
74
44
(5)
12
8
173
11
9
17
39
72
13
13
18
16
804
小計
面積(㎡)
4,800.14
(32)
(59)
(34)
4,800.14
カッコ内の数字は内数
本館延床面積
19,020.14(㎡)
連絡橋 EV 棟
43.86(㎡)
総延床面積
– 101 –
19,064.00(㎡)
5.4. 平面図
– 102 –
略字
フロア
機 4 3 2 1
EV
3 2 1
男
3 2 1
女
3 2 1
ESC
3 2 1
多
3 2 1
編
3
厨
3
湯
2 1
倉
2 1
長
2
副
2
管
2
企
2
学
2
動
2
植
2
古
2
司
2
指
2
案
2
ボ
2
交
2
B
B
B
B
室名
機械室
エレベーター
男性トイレ
女性トイレ
エスカレーター
多目的トイレ
ジャンボブック編集室
厨房
給湯室
倉庫
館長室
副館長
管理課
企画情報部室
学芸部長室
学芸部(動物)研究室
学芸部(植物)研究室
学芸部(古生物・博物館学)研究室
司書室
学習指導員室
総合案内員室
ボランティア・友の会事務局室
電話交換室
略字
交
会
共
昆収
書
昆製
ド
地
売
と
救
幼
プ
訳
映
ロ
液収
搬
荷
大
標
液製
冷
フロア
室名
2
電話交換室
2
会議室
2
共同研究室
2
昆虫標本収蔵庫
2
書庫
2
昆虫標本製作室
1 B ドライエリア
1
学芸部(地球環境)研究室
1
ミュージアムショップ
1
ともしびショップ
1
救護室
1
幼児室
1
プロジェクター室
1
通訳室
1
映写室
1
ロッカー室
1
液浸標本収蔵庫
1
搬入口
1
荷解室
1
大型標本製作室
1
標本製作室
1
液浸標本製作室
1
冷凍乾燥室
– 103 –
略字
冷
燻
乾
化
秤
ク
試
写
暗
用
準
警
監
清
電
発
蓄
空
ポ
フロア
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
室名
B
B
B
B
B
B
B
B
冷凍乾燥室
燻蒸室
乾燥室
化学分析室
秤量室
クリーンルーム
試料分析室
写真室
暗室
調査用具倉庫
準備室
警備員室
中央監視室
清掃作業員室
電気室
自家発電機室
蓄電池室
空調機械室
ポンプ室
ご利用案内
開館時間
入館料
9:00 〜 16:30(入館は 16:00 までです。
)
下記表のとおりです。
このほかに、別途料金が必要な特別展を開催することが
休館日
月曜日(祝日・振替休日にあたる場合は翌平日休館。また、
夏季(海の日〜 9 月の第 1 日曜日まで)は毎日開館しま
す。)
館内設備点検の日(奇数月の第 2 火曜日)
年末年始(12 月 29 日〜 1 月 3 日)
あります。
区分
20 歳以上(学生を除く)
20 歳未満・学生
高校生・65 歳以上
中学生以下
個人
510 円
300 円
団体(20 人以上)
400 円
200 円
100 円
無料
高校生・65 歳以上は平成 21 年 7 月 1 日より料金改正
ミュージアムシアター
定時間帯に、博物館の基本テーマ「生命の星・地球」のガイダンス映像や、観客参加型のインタラクティブクイズ映像を、
上映しています。
タイトル
生命の星・地球 奇跡の旅立ち
生命の星・地球 生命の輪舞
インタラクティブクイズ
怪人ネイチャーランドの挑戦
通常期
第1回
第2回
9:30 〜 9:45
14:00 〜 14:15
10:30 〜 10:45
15:00 〜 15:15
春休み・夏休み・ゴールデンウィーク期間
第1回
第2回
第3回
9:30 〜 9:45
14:30 〜 14:45
10:30 〜 10:45
15:30 〜 15:45
11:30 〜 11:50
11:30 〜 11:50
13:00 〜 13:20
12:30 〜 12:50
交通
駐車場には限りがありますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。
神奈川県立生命の星・地球博物館年報 第 15 号(2009 年度)
発行日
発行者
印刷所
編集担当
2011 年 2 月 25 日
神奈川県立生命の星・地球博物館
館長 斎藤靖二
〒 250-0031 神奈川県小田原市入生田 499
電話(0465)21-1515 FAX(0465)23-8846
http://nh.kanagawa-museum.jp/
(株)あしがら印刷
小野由紀子(管理課)・樽 創(企画情報部)・大島光春(学芸部)
13:30 〜 13:50
Fly UP