...

日本語版 [PDF:2.33MB] - Radiation Effects Research Foundation

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

日本語版 [PDF:2.33MB] - Radiation Effects Research Foundation
目 次
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.1
編集者のことば .
RERFニュース
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.1
第44回理事会 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.3
スタッフニュース .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.4
来所研究員 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.5
来所研修生 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.5
2009年特別講演シリーズ .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.6
放影研研究員の受賞についての報告 .
国際会議・ワークショップ報告
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.9
「電離放射線の最新の健康への影響」会議 EvanB.Doupl
e.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.1
線量の不確実性に関するワークショップ Har
r
yM.Cul
l
i
ngs.
1
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.1
放射線研究パートナーシップに基づく国際シンポジウウム 小笹晃太郎 .
1
学術記事
原爆被爆者末梢血 Tリンパ球における染色体不安定性—I
nVi
voと
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.3
I
nVi
t
r
oの研究から 濱崎幹也、児玉喜明 .
1
ヒューマン・ストーリー
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.0
2
在韓被爆者健康診断・健康相談事業に参加して 赤星正純 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.1
看護課の業務(広島・長崎).
2
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.3
追悼文 .
2
調査結果
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.4
オープンハウスで発揮された放影研職員の底力 寺本隆信 .
2
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.5
DS02正誤表 .
2
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.6
承認された研究計画書 .
2
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.8
最近の出版物 .
2
このニューズレターは、放射線影響研究所(元ABCC;原爆傷害調査委員会)が発行してい
る。放影研は昭和50
年 4月 1日に日本の公益法人として発足した。その経費は日米両国政府が
分担し、日本は厚生労働省の補助金、米国はエネルギー省との契約に基づく米国学士院の補助
金が充てられている。
放影研は、平和目的の下に、放射線の医学的影響を調査研究し、被爆者の健康維持および福
祉に貢献するとともに、人類の保健福祉の向上に寄与することをその使命としている。
編 集 者:Ev
a
nB.Doupl
e
(主席研究員)
実務編集者:井川祐子(広報出版室)
編集方針:Upda
t
eに掲載されている投稿論文は、編集上の検討のみで、専門家による内容の審
査は受けていない。従って、その文中の意見は著者のものであり、放影研の方針や立場を表明
するものではない。
問い合わせ先:〒7320815広島市南区比治山公園52放影研事務局広報出版室
電話:0822613131
ファックス:0822637279
インターネット:www.
r
e
r
f
.
j
p
1
編集者のことば、RERFニュース
編集者のことば
新しい号の Upda
t
eへようこそ!
業績を広くお伝えできるよう努力しました。オープンハ
比治山に寒い季節が戻って参りました。日が短いため
ウスの展示などの詳細については本号の「調査結果」をご
に放影研のテニスコートは静かです。職員は年末の忙し
覧ください。
いスケジュールになんとか忘年会を入れようとしていま
この号にはまた、放影研の若手研究者の一人であり、最
すし、2
0
1
0年を迎える前に皆がこの一年の主な出来事を
近遺伝学部に配属された濱﨑幹也研究員による学術記事
振り返っています。
を掲載しております。この記事は、濱﨑研究員らが最近実
この号では、広島・長崎で成功裏に開催された放影研
施した末梢血リンパ球における染色体不安定性について
オープンハウスの主なプログラムを特集します。年に一度
の研究に関するものです。
開催されるこの行事は、一般市民と被爆者の方々への重
放影研は、免疫系の自然加齢に対する放射線の影響に
要な「窓」であり、来訪者に放影研の調査活動をより深く
ついての新しい研究を開始します。この大規模な 5カ年研
理解していただくとともに、重要な調査結果について説明
究においては、放影研研究員と日米両国の研究所の多く
する機会を当所の研究員に提供する場となっております。
の研究者との重要な共同研究が実施されます。米国国立
多数の学生や児童が熱心に見学している姿を見ると特に
アレルギー・感染症研究所からの資金により、放影研研
嬉しく思いました。例年同様、放影研職員は興味深い展示
究員は、放射線生物学/分子疫学部のこれまでの調査結
やデモンストレーションを通じて、被爆者の皆様と共同
果を基盤として、高齢者集団での疾患発生における免疫
研究者の方々のご協力に感謝しながら、放影研の使命と
の役割をより深く理解できるような新しい段階に研究を
進めたいと考えております。この研究の詳細については
Upda
t
e次号に掲載する予定です。
ABCCと放影研の両方で勤務された(1953-1989
)定
地憲爾元翻訳課長からメールをいただきました。定地氏
は、成人健康調査が 50周年を迎えたことを Up
d
a
t
eで知り
非常に嬉しく思った、また Se
y
mo
u
r
J
a
b
l
o
n氏が ABCCの
統合調査プログラムの策定に重要な役割を果たしたこと
をよく覚えていると述べておられます。いつもお願いして
いることですが、今後 Up
d
a
t
eでどのような記事を読みた
いかぜひお知らせください。
じゃあ、また!
l
e
編 集 長 Ev
a
n B.
Doup
実務編集者 井川祐子 広島研究所の 2009年度オープンハウス
第44回理事会を広島で開催
公益財団法人への移行について 2段方式を承認
第 4
4回理事会が 2009年 6月 24日と 25日の両日、広島
今後の研究計画への対応をはじめ、これまでの研究の成果
研究所講堂で開催された。冒頭、日米両国政府を代表して
と評価、これからの研究はどうあるべきかといった案件に
エネルギー省保健安全保障局の Pa
t
r
i
c
i
a
R.
Wo
r
t
h
i
n
g
t
o
n保
ついて活発な討議が交わされた。加えて、2008年 12月に
健安全部長と厚生労働省健康局総務課の眞鍋 馨課長補佐
新法が施行された公益法人制度改革について、特例民法
からあいさつがあり、議事に入った。
法人となった放影研は今後 5年以内に公益財団法人への
2
0
0
8年 6月の上級委員会からの答申を受けて検討した
移行完了を目指すが、これに関して今後必要とされる手続
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
2
RERFニュース
きなどを説明して助言を求めたのに対し、出席した非常勤
2日目には、前夜広島入りした Gl
e
nn S.
Podons
k
y米国
理事からは両国政府との調整および各理事への綿密な連
エネルギー省長官官房保健安全保障局長が最初にあいさ
絡が重要であるとの意見が出された。また、放影研の将来
つに立ち、オバマ大統領およびチュー長官就任の報告と、
の在り方については最重要課題の一つとしてこれまで幾
米国の厳しい財政事情にかかわらず資金提供を継続する
度も討議されてきたが、このたびの理事会では研究内容と
こと、今後とも日米両国政府が協力して引き続き研究支
併せて熱い議論が交わされた。
援を行う旨を述べた。その後プログラムに沿って議事が
最初の現状報告で大久保利晃理事長は、1)専門評議員
進められ、審議決定事項はすべて承認された。
会において放射線生物学/分子疫学部と遺伝学部が重点
最後に役員等の選任について審議が行われ、6月末で 4
的に評価されたこと、2)被曝線量推定に関して、個人線
Sh
o
r
e副理事
年の任期を終える大久保利晃理事長、Ro
y E.
量推定における課題の検討に着手することが専門評議員
長、寺本隆信常務理事、佐々木康人理事が再任され、J
o
h
n
会から支持されたことを受けて、個人面接調査票などの原
E.
Bur
r
i
s理事の後任として She
l
l
e
y A.
He
a
r
ne博士(米国
票に戻り被爆地点、遮蔽などの記録の再調査に着手する
ワシントン Pe
w慈善財団 Pe
w保健グループ担当理事)が
こと、3
)放影研が業務の見直しや組織の改革を迫られて
理事に就任。Da
v
i
d Wi
l
l
i
a
ms監事の 3年間の職務延長が承
いることについて、職員の意欲と能力を高め環境変化や業
認された。また、前任者の任期を引き継いだ Sa
l
l
y A.
務の多様化に対応できるよう、職員研修プログラムによる
Amu
n
d
s
o
n専門評議員の再任と、丹羽太貫専門評議員の後
研修を 2
0
0
8年 11月から実施していること、4
)生物試料
任として酒井一夫博士(放射線医学総合研究所放射線防
保存庫がスペース的にも財政的にも余裕のない状況にあ
護研究センター長)の選任が承認された。
ること、などについて報告した。
なお、次回理事会は 6月 21日から 23日までの 3日間、
国際協力については、国際協力関係活動への出席や、海
長崎で開催することが承認され、2日間の会議が閉会し
外からの視察・研修の受け入れ、共同事業の報告があり、
た。
また、研究活動を国内外に伝える広報活動では、外部の人
に分かりやすく理解できることを意図して、情報提供の充
出席者
実、マスメディアとの協力関係の確立において一層の努
理 事
力を払っていることが報告された。
大久保利晃 理事長
2
0
0
8年度の研究事業報告および決算、監査報告、なら
Ro
y E.
Shor
e
副理事長・研究担当理事
びに 2
0
0
9年度の研究事業計画は原案通り承認され、実行
寺本 隆信 常務理事
予算も前年とほぼ同じ内容で承認された。
國安 正昭 元ポルトガル共和国駐箚特命全権大使
上級委員会勧告への対応は、2008年の理事会で伺った
佐々木康人 日本アイソトープ協会常務理事
意見を踏まえて、今後の研究計画としての 5カ年計画の目
平良 専純 日本検疫衛生協会常務理事
標とプロジェクトタイプの研究運営、そして生物試料活
J
a
me
s
W.
Zi
gl
a
r
元米国上院守衛官
用方法の検討、国際的共同研究の拡大の 3点に分けて説
J
a
me
s
D.
Co
x
米国テキサス大学附属 M.
D.
An
d
e
r
s
o
n がん
明し、多くの貴重な意見をいただいた。
センター放射線腫瘍学部門教授兼部長
放影研の将来の方向付けにかかわる重要案件である公
J
ohn E.
Bur
r
i
s
Bur
r
oughs
We
l
l
c
o
me
基金会長
益財団法人への移行については、2010年 7月をめどに主
監 事
務官庁に新定款案の認可申請を行い、その後、公益認定申
河野 隆 広島総合法律会計事務所公認会計士・税理
請を内閣府に行うという 2段方式が承認された。このため
士
の最初の評議員選任方法に関する主務官庁への認可申請
Da
vi
d Wi
l
l
i
a
ms
米国学士院上級財政顧問
を行うことが正式に承認され、具体的な手続きを進めてい
専門評議員会共同座長
くことになった。
徳永 勝士 東京大学大学院医学系研究科国際保健学専
定員の削減問題については、研究活動の継続には研究
攻人類遺伝学分野教授
員の確保が最も重要な施策となっているところであり、
主務官庁等
その対策として研究員数枠の維持、若い優秀な研究員を
岡山 健二 厚生労働省健康局総務課指導調査室長
採用するための方策として国際的な視野を持つことの重
眞鍋 馨 厚生労働省健康局総務課課長補佐
要性など、研究活動への影響を最小限に留めるための対
日野原友佳子 厚生労働省健康局総務課課長補佐
策を講ずるよう求められた。
金山 和弘 厚生労働省健康局総務課課長補佐
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
3
RERFニュース
Gl
e
nn
S.
Podons
k
y
米国エネルギー省長官官房保健安全
任理事
i
n D.
Cr
o
wl
e
y
米国学士院学術会議地球生命研究部門
Ke
v
保障局長
Pa
t
r
i
c
i
a
R.
Wor
t
hi
ngt
on
米国エネルギー省保健安全保障
原子力・放射線研究委員会常任幹事
Da
ni
e
l
a
St
r
i
c
kl
i
n 米国学士院学術会議地球生命研究部門
局保健安全部長
De
a
n
C.
Hi
c
k
ma
n
米国エネルギー省保健安全保障局プロ
原子力・放射線研究委員会プログラム担当官
放影研
グラム主事
J
o
s
e
p
h
F.
We
i
s
s
米国エネルギー省保健安全保障局国際保
健調査部日本プログラム主事
秋本 英治 事務局長
Ev
a
n B.
Doupl
e
主席研究員
Ro
n
a
l
d
C.
Ch
e
r
r
y
米国エネルギー省エネルギー担当官・
日本事務所代表
中村 典 主席研究員
児玉 和紀 主席研究員
Wa
r
r
e
n
R.
Mu
i
r
米国学士院学術会議地球生命研究部門常
Dougl
a
s
C.
Sol
vi
e
副事務局長
広島研究所で開催された第 44回理事会の出席者
スタッフニュース
2
0
0
9年 6月 17日付で、Su
s
a
n M.
Ge
y
e
r統計部副主任研
で統計部部長代理に昇任しました。高橋規郎研究員は、
究員が退職しました。Ge
y
e
r博士は米国に帰国し、オハイ
2009年 11月 1日付で遺伝生化学研究室の任期付研究員と
オ州立大学医学部内科学教室准教授、および同大学の生物
して再雇用されました。
統計学センターの生物統計学上級研究員に着任しました。
疫学部の坂田 律研究員は、米国国立がん研究所の来所
浅川順一副部長、笠置文善副部長、濱谷清裕室長は 2009
研究員として 8カ月を米国で過ごしました。同研究員に
年 6月 30日をもって定年退職し、それぞれ遺伝学部、疫学
は、米国での経験について以下に少し書いてもらいまし
部、放射線生物学/分子疫学部の任期付研究員として
た。
2
0
0
9年 7月 1日付で再雇用されました。疫学部の西 信雄
最後に、濱﨑幹也博士が 2009年 9月 1日付で遺伝学部
副部長は 2009年 9月 30日付で退職し、国立健康・栄養研
の任期付研究員として採用されました。濱﨑研究員にも、
究所国際産学連携センターのセンター長に着任しました。
自己紹介と放影研の研究で関心のある分野について少し
N.
Ph
i
l
l
i
p
Ro
s
s統計部長が 2009年 10月 13日をもって
書いてもらいました(同研究員による 13ページの学術記
退職し、Ha
r
r
y M.
Cu
l
l
i
n
g
s副部長が 2009年 10月 14日付
事もご覧ください)。
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
4
RERFニュース
さか た
りつ
坂 田 律 た。短い期間ではありましたが、日本と米国との生活上、
2
0
0
8年 1
2月から 2009年 8月
仕事上の様々な違いに触れることができ、また、数多くの
までの 8カ月間、米国国立がん
良き友人を得たことは大きな成果でした。貴重な経験をす
研究所(NCI
)の放射線疫学部門
る機会を与えていただき感謝しております。
に行かせていただきました。放
はまさきかん や
射線疫学部門には放影研にも
濱 﨑幹
也 度々いらしている馬淵清彦先
私は 2001年 4月に放影研に
生、Cha
r
l
e
s
La
nd先 生、El
a
i
ne
入所し、それ以来、放射線生物
Ron先生がおられ、心強く、滞
坂田 律 研究員
学/分子疫学部の技術員として
在中もいろいろとお世話になり
働 い て き ま し た が、こ の た び
ました。主に Pe
t
e
r
I
n
s
k
i
p先生の良性婦人科系疾患に対す
2009年 9月 1日より遺伝学部細
る放射線治療を受けた女性の死亡率データの再解析に携
胞遺伝学研究室の任期付研究員
わり、現在、論文作成の最終段階です。
として採用されました。2003年
NCIの地下にはシャワールームを完備したジムがあり、
に広島大学大学院医歯薬学総合
仕事の合間に多くの職員が利用していました。私もランニ
研 究 科 に 社 会 人 枠 で 入 学 し、
濱﨑幹也 研究員
ングチームに参加し、お昼に NCI周辺の緑深い住宅地の
2009年 5月に博士課程を修了、
「試験管内でクローン増殖
中を走り、シャワーで汗を流して午後の仕事を始めてい
させた原爆被爆者 Tリンパ球は染色体不安定性を示さな
ました。
い」というテーマで学位を取得しました。学位取得に関
また、スーパーで売っている肉類、お惣菜、レストラン
し、ご指導いただいた先生方、また遺伝学部と放射線生物
の料理、すべて一人暮らしには量が多かったため、野菜中
学/分子疫学部の両部の皆様に心より感謝申し上げます。
心の自炊になり、とても健康的な生活を送りました。その
これからは放影研で習得した細胞遺伝学に関する技術を
ため、周囲の予想(期待?)とは裏腹に、渡米前後の体重
土台にして「生物学的線量推定調査」と「胎内被曝におけ
は変わらず、逆に体脂肪率が下がったほどで、こちらに
る染色体調査」のプロジェクトに参加する予定です。いま
帰って来ましてからは少々運動不足を感じております。
だ解明されていない問題に挑戦できることに大きな喜び
最初は私の前に 7カ月間滞在された古川恭治先生にお
を感じています。そして放影研の多くの優れた研究にかか
手伝いいただいて生活を始めましたが、あちらを発つ際
わっていきたいと思っています。どうぞよろしくお願い
は、新たにできたたくさんの友人に手伝ってもらいまし
いたします。
来所研究員
放影研研究員との共同研究のために、一部の研究者は
当てはめ・解釈、そして主要なモデルパラメータの信頼
一年を通して放影研に滞在しますが、数日から数週間、ま
区間の計算・解釈は基本的かつ重要な問題となり得る」
たは数カ月滞在する研究者もいます。7月 27
-28日に、
と指摘しました。この研修コースには、日本の様々な大学
米国ロヨラ大学シカゴ校数学・統計学教室の准教授で大
の研究者を含め、多くの参加者がありました。
学院プログラムの責任者でもある Ti
mot
hy E.
O’
Br
i
e
n博
この秋には、現在米国国立がん研究所(NCI
)の放射線
士が来所し、
「非線形統計モデルの応用」に関する一連の
疫学部門の研究員である馬淵清彦元放影研疫学部長が、
講義を行いました。O’
Br
i
e
n博士は、米国において、米国
放影研と NCIとの契約関連の作業のためにしばらく放影
統計学会主催の同様の短期研修コースを定期的に担当し
研に滞在しました。また、米国 Hi
r
o
So
f
t
I
n
t
e
r
n
a
t
i
o
n
a
l社主
ています。O’
Br
i
e
n博士は講義の中で、
「物理学的・医学的
席 研 究 員 の Da
l
e
Pr
e
s
t
on元 放 影 研 統 計 部 長、そ し て
事象のモデル化には非線形回帰モデルが線形モデルより
Dona
l
d Pi
e
r
c
e元放影研主任研究員も、多くの研究への協
も適切であることが多いと研究者はしばしば考えるが、効
力と指導のために来所しました。
率的な実験デザインの選択、適切な非線形モデルの選択・
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
5
RERFニュース
来所研修生
一年を通じて、様々な国から放影研に来所し、実験技術
術を習得すること、特にマウスモデルにおけるリンパ球サ
を学び研究を行う研修生が頻繁に見受けられます。来所
ブセットの頻度や細胞内活性酸素レベルに見られる放射
研修生は放影研研究員と緊密に協力しながら研究を行 線影響について調べることでした。Ko
v
a
l
e
v氏は MRRC
いますが、彼らの滞在費用は多くのフェローシップや自
の放射線生化学部門に所属し、遺伝的不安定性の研究を
国政府からの支援に支えられています。昨年は 2名の 行っています。同氏の放影研での目標は、低線量放射線が
来所研修生が、放射線被曝者医療国際協力推進協議会 誘発した遺伝的不安定性を調べるためのリン酸化ヒスト
(HI
CARE)
からの支援を受けて放影研に滞在しました。
ン H2AXの免疫蛍光検出法の習得と適用でした。二人の
HI
CAREの国際協力活動としては、世界中の放射線被曝
研修生は、放射線生物学/分子疫学部免疫学研究室の林
者医療に携わる医療関係者やその他の技術者の研修、広
奉権室長の指導の下、放影研での研修プログラムを修了
島の医師や専門家の放射線被曝国や被曝地域への派遣、
しました。
放射線被曝者の医療に関する知識の普及などが挙げられ
ます。
2
0
0
9年 9月 3日から 11月 6日まで、ラトビアのリガ・
ストラディン大学から Li
g
a
La
r
ma
n
e氏、および ロシア医
学アカデミー放射線医学研究センター(MRRC)から
Ol
e
g
Ko
v
a
l
e
v氏が来所し、放射線生物学/分子疫学部に
おいて研修を受け研究を実施しました。La
r
ma
ne氏は
2
0
0
8年 5月からリガ・ストラディン大学の生化学研究室
に勤務する傍ら、医学部博士課程の学生でもあります。同
氏は酸化ストレスと抗酸化物質の分野の研究に携わって
おり、ラトビアからチェルノブイリに赴いた汚染除去作業
者における長期的抗酸化療法の効果を調べています。同氏
の放影研での目標は、博士論文に利用する種々の実験技
長崎研究所を訪れたラトビアからの研修生 Li
ga Lar
maneさ
ん(左)とロシアからの研修生 Ol
eg Kov
al
evさん。右端は陶
山昭彦長崎疫学部長
2009年 特別講演シリーズ
2
0
0
9年 6月 19日、J
a
n
k
o Ni
k
o
l
i
c
hZu
g
i
c
h博士による特
共同センター長を務め、医学研究分野の El
i
z
a
be
t
h Bow-
別講演が「免疫老化における T細胞機能と恒常性:原因
ma
n記念教授でもあります。Ni
k
ol
i
c
hZugi
c
h博士は免疫
と影響」と題して行われました。Ni
k
o
l
i
c
hZu
g
i
c
h博士は米
系反応に対する老化影響分野の著名な専門家であり、免
国アリゾナ州ツーソンにあるアリゾナ大学医学部の免疫
疫老化への放射線影響に関する放影研の新しい研究の協
生物学研究室の責任者で、アリゾナ加齢研究センターの
力者の一人でもあります。
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
6
RERFニュース
放影研研究員の受賞についての報告
第2
6回角尾学術賞を受賞して
長崎・臨床研究部放射線科長 今泉美彩
こと、統計部、疫学部、情報技術部ほか多くの方々にご尽
力いただき、一丸となって研究を進めることができまし
た。私はこの研究を通して、放影研が今まで培ってきた技
つの お
本年 5月 2
5日、第 26回 角 尾 学術賞を受賞いたしまし
つの お
術、組織力のみならず、研究に対する誠実さや被爆者の
すすむ
た。この賞は、故 角尾
晋 元長崎医科大学学長の功績を顕
方々に対する献身や使命感などなど、数多くのことを勉
彰するため、毎年長崎県内で医学の分野において学術的
強させていただき、放影研で貴重な研究に携われたことの
貢献が認められる 40歳以下の研究者に長崎大学医学部よ
素晴らしさを実感しています。今後も甲状腺の研究を中心
り授与されます。角尾先生は、長崎医科大学の発展に多大
に頑張って参りますので、ご指導、ご鞭撻の程よろしくお
な貢献をされながら、学長在任中の 1945年 8月 9日、外
願いいたします。
来診療中に被爆され、52歳の若さで殉職されました。こ
のたび本賞を受賞させていただいたことで、私自身今後も
被爆者研究を継続していきたいという思いを一層強くし
広島大学分子内科学教授賞を受賞して
ています。
広島・臨床研究部研究員 立川佳美
受賞した研究テーマは、成人健康調査対象者のご協力
を得て行った「原爆被爆者の甲状腺疾患に関する研究」で
このたび、広島大学分子内科学教室(旧第 2内科)から
す。2
0
0
0年から 2003年にかけて、初めて広島・長崎合同
教授賞をいただきました。この賞は広島大学分子内科学に
の甲状腺検診を行ったところ、甲状腺の悪性腫瘍のみな
所属している者の中から、大学や研究機関など(関連病院
らず、良性結節の有病率も被曝線量と関連しており、被爆
は除く)で行った業績に対して贈られるものです。
時年齢が若いほど被曝の影響が大きいという結果でした。
私は平成 10年に医師免許を取得し、ちょうど 10年目
一方胎内被爆者の甲状腺結節は、若年被爆者と同等のリ
に当たる昨年(平成 20年)、今回賞をいただきました論文
スク比を認めるものの有意な被曝線量との関連は認めま
で学位を取得しました。この 10年を振り返ってみます
せんでした。以上の結果は、被爆後 50年以上生存されて
と、多くの方々に支えられ、ここまでくることができたの
いる方々の甲状腺結節にも原爆放射線の影響が認められ
だと深く感じます。私は 2年間の内科研修医を終える直前
ることを示した貴重な研究として評価していただきまし
に第 1子を出産しました。女医が子育てをしながら臨床医
た。
として働くことは、なかなか理解されないということもあ
この研究は、2000年から前任の富永 丹先生、宇佐俊郎
り、当時の私は臨床医として働くことをあきらめかけてい
先生の下に開始され、2001年から私が責任者として継続
ました。そんな時、当時の医局の先生から「第 2内科へ入
することになりました。当初は右も左も分からず不安な時
局し、出産後も臨床医として勤務しないか」という温かい
期もありましたが、広島・長崎の臨床研究部はもちろんの
お言葉をかけていただき、第 2内科に入局後、臨床医とし
て関連病院で 4年間勤務いたしました。
診療と子育てで
毎日慌しい生活を
送っている中で、
臨床を離れ、新た
に研究の分野へ進
むことには迷いを
感じていました。
しかし、当時勤務
しておりました病
院の先生方から、
長崎大学医学部記念講堂前にある角尾 晋博士の銅像の横で、
今泉美彩研究員
目次に戻る
「臨床は何歳になっ
てもできるが、研
賞状を手にした立川佳美研究員
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
7
RERFニュース
究を始めるのは若いうちだ」と励ましていただき、更に医
だけでなく、多くの行政の方やがん登録実務者が参加して
局の先生から「大学の抄読会に参加して一緒に勉強しな
います。よって、内容的というよりも見た目の部分が大き
いか」というお誘いもあり、思い切って抄読会に参加しま
かったのだと思います。ポスター発表では見た目もかな
した。結局、このことが放影研で研究を行う機会につな
り重要です。私がいつも心がけていることは、シンプルな
がったのだと思っております。今回、賞をいただいた論文
ことです。① 1 m 以上離れたところからも文字がはっき
は私が放影研に来て、最初に行った研究です。このたび、
り読めること、② 結果はできるだけグラフで表現し、平面
教授賞をいただいたことにより、
「学位を取得することが
グラフを使うこと(3Dグラフは表現とその解釈が難しい
終わりではなく、これからがスタートなのだ」と再度、自
ことがあるため)、③ 色のグラデーションを考えること
分の背中を押していただいたような気がします。
(赤と緑の使用は控えめに)④ グラフの横には一言ポイン
最後になりますが、これまでご指導いただきました医局
トになるコメントを添えることです。これらのポイントを
や関連病院の先生方、放影研職員の皆様、そして支え続け
押さえるとポスターはぐっと見やすくなります。今後と
てくれた家族に心から感謝いたします。これからもますま
も研究の中身とプレゼンテーションの腕を磨いていきた
す努力して参りたいと考えております。今後ともご指導ご
いと思います。皆様のご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し
鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。
上げます。
地域がん登録全国協議会で学術ポスター優秀賞を受賞
認知症研究が ASAD Be
s
t
Sc
i
e
nt
i
s
t
Awar
dを受賞、Wor
l
d 広島・疫学部研究員 杉山裕美
2
0
0
9年 9月 3-4日に新潟県で行われました地域がん登
Fe
de
r
at
i
on of
Ne
ur
ol
ogyニューズレターにも掲載
広島・臨床研究部副部長 山田美智子
録全国協議会第 18回総会研究会の学術ポスター部門にお
2009年 10月 11-13日にソウルで開催された第 3回
いて、
「広島県のがん罹患率」を報告し、優秀賞を受賞い
As
i
a
n Soc
i
e
t
y Ag
a
i
ns
t
De
me
nt
i
a
(ASAD)国際会議で Be
s
t
たしました。同時に地域がん登録室紹介部門では、広島
Sc
i
e
nt
i
s
t
Awa
r
dを受賞いたしました。研究計画書(RP)5
-
県、長崎県(放影研長崎研究所疫学部腫瘍組織登録室作
92に基づき 1992年に開始された認知症研究では認知機
成)がともに受賞し、喜びは大きくなりました。
能、認知症の罹患、リスク要因、認知症の合併症や予後な
広島県では現在、広島市地域がん登録、広島県腫瘍登録
どを調査しており、臨床研究部、疫学部、統計部、情報技
(いわゆる組織登録)、広島県地域がん登録の三つのがん
術部のご尽力で長期にわたって研究を継続してきました。
登録がありますが、2009年 8月 1日からはお互いの情報
この研究では認知症専門家のご指導が不可欠であり、広
を相互に利用し合う協定書が締結されました。このことに
島国際大学、広島大学脳神経内科、広島市の医療機関の先
より、広島県内全域において、採録情報や病理診断も含め
生方にご協力いただいております。
た詳細な情報を持つ罹患統計が計測できるようになりま
受賞した研究テーマは「反応時間は死亡ならびに認知
した。これまで広島県では肝臓がんの死亡率が高いことは
症を予測するか(Re
a
c
t
i
on t
i
me
a
s
a
pr
e
di
c
t
or
of
mor
t
a
l
i
t
y
分かっていましたが、肝臓がんの罹患率も全国と比べて
a
nd de
me
nt
i
a
)」と
高いことが分かりまし
いうものです。原
た。今後も広島県のがん
爆被爆が加齢を促
罹患率の動向を分析する
進するか否かを調
ことで、被爆者のがん罹
-
べる目的で 1970
患率の解釈のために、広
72年に測定された
島県におけるがん罹患の
生理学的機能の一
背景を明らかにしていき
つである反応時間
たいと思っています。
がその後の死亡と
今回受賞したポスター
認知症発症に関連
賞は、学会参加者全員に
し、中年期の反応
よる投票で決定されたも
のです。参加者は研究者
目次に戻る
ポスター賞の賞状を手に杉山
裕美研究員
が遅い人では死亡
と認知症のリスク
第 3回 ASAD国際会議で授与された
クリスタルの盾
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
8
RERFニュース
が高いことを報告しました。今回の学会ではアジアの国々
者として特に感じることは、報道や行政を含め多くの人が
における認知症研究の進展状況を確認することができ、シ
放射線の身体影響を誤解しており、もっと正しい知識の
ンポジウムではアメリカ、ヨーロッパにおけるアルツハイ
普及が必要であるということです。行政の施策の中には正
マー病の基礎研究、画像診断、治療法に関する最新の情報
しい知識が普及するだけで解決するものが幾つもありま
を得ることができました。
す。放射線の身体影響は、ウイルスなどのような原因物質
RP 5
9
2は被爆時の年齢が 13歳以上の成人健康調査受
は体の中に特定されず、がんなどの疾患の数が放射線を
診者を対象としておりますが、現在までの解析結果では放
浴びなかった人より多いという形で現れ、決して奇病・
射線被曝による認知機能障害や認知症発症の増加は認め
難病が発生するのではありません。この情報不足のために
られておりません。この結果は 2009年 3月に J
our
na
l
of
多くの人に長期にわたり健康不安を生じ、時に深刻な事
t
he
Ne
ur
ol
ogi
c
a
l
Sc
i
e
nc
e
s
に論文「原爆被爆者における認 態となることもあります。
知症発症率―放射線影響研究所成人健康調査」として この点から私は、住民一人一人に対し身体だけでなく
発表され、1
0月に Wo
r
l
d Fe
d
e
r
a
t
i
o
n o
f
Ne
u
r
o
l
o
g
yのニュー
心の健康管理を行うことを心がけました。これを通して放
ズレターで紹介されました。
射線の健康影響で悩んでいる人を性急に説得してはいけ
放影研で貴重な研究に携われていることを心より感謝
ないということも学びました。いつもそばにいて悩みの相
しております。今後とも、ご指導、ご鞭撻の程、よろしく
談相手になることです。この点で多少貢献できたのではな
お願い申し上げます。
いかと思います。
では正しい知識の普及のためにどのような方法がある
でしょうか。私は、放影研で発生する新しい知識が直接に
文部科学大臣賞―原子力防災対策功労者―を受賞して
広島・臨床研究部副部長 錬石和男
行政に反映されるような研修制度を作ることを提言した
いと思います。放影研では毎年何らかの新しい知見が発生
しており、それまでの知識はどんどん更新されています。
去る平成 2
1年 11月 6日、東京霞が関ビルの東海大学校
行政が根拠とする放射
友会館で平成 21年度原子力安全管理功労表彰の表彰式が
線の国際基準は、国に
行われ、私を含む 17名が中川正春文部科学副大臣から文
批准されるまでに 10年
部科学大臣賞の賞状と盾をいただきました。私の受賞理由
以上かかるからです。
は、1
9
9
9年 9月 30日の東海村 J
CO事故の際の住民健診、
更に、行政が得た新し
引き続き翌年以降、毎年 4月に定期的に行われるように
い知識を住民に恒常的
なった住民健診のすべてに私がかかわってきた貢献との
に提供する仕組みを併
ことです。誌面を借りて、この経験を通じ強く感じたこと
せて作ることも必要と
を述べさせていただきます。
思います。
何よりも犠牲となったお二人には本当にお気の毒なこ
最後に、この受賞は
とでした。ご冥福をお祈りいたします。事故後、国は省庁
支えていただいた多く
を越えて防災対策の整備を開始し、かなり整ってきまし
の方のお陰であり心か
た。しかし、私はまだ十分とは思いません。放射線の研究
ら感謝いたします。
目次に戻る
文部科学大臣賞の賞状と盾を
手に錬石和男副部長
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
9
国際会議・ワークショップ報告
「電離放射線の最新の健康への影響」会議
―実験研究と疫学調査をつなぐ架け橋―
主席研究員 Ev
a
n B.
Do
upl
e
2
0
0
9年 5月 4-6日にワシントンのジョージタウン大
腺がん、肺がんにおける放射線と喫煙の相互効果、放射線
学カンファレンスセンターで開かれた会議には、H1N1イ
と認識能障害、介入医療を行う開業医の放射線被曝線量
ンフルエンザ発生の脅威にもかかわらず、放影研から 6人
など興味深い多様なテーマについて、合計 100件のポス
の研究者が出席した。Ro
y Sh
o
r
e放影研副理事長・研究担
ター発表が行われた。放影研の西 信雄副部長ら、坂田 当理事を含む組織委員会により企画されたこの学際的会
律研究員ら、Ha
r
r
y Cu
l
l
i
n
g
s副部長らがそれぞれ作成した、
議は、放射線科学分野における新たなデータと課題に着
「寿命調査集団(LSS)を対象にした新しい郵便調査」、
「婦
目し、約 1
5
0人の出席者の相互協力・交流を図ることを
人科系がん罹患に対する放射線リスク評価における他の
目的として開催された。12の学術セッションがあり、放
因子の影響」
、
「日本人原爆被爆者の歯の推定ガンマ線量」
射線被曝集団の実験的生物学研究から疫学調査までの幅
と題するポスター発表が行われた。Da
v
i
d Ri
c
h
a
r
d
s
o
n元放
広いテーマについて、放射線生物学・線量推定・疫学・
影研来所研究員(ノースカロライナ大学)は、
「日本人原
統計学の各分野から合計 36人の招待講演者が発表を行っ
爆被爆者における電離放射線と白血病死亡率の関係、
た。放影研の古川恭治研究員(原爆被爆者の肺がんリスク
1950-2000年」と題して、放影研研究員との共同研究に
における放射線と喫煙の相互効果)
、楠 洋一郎部長代理
ついて発表を行った。
(原爆被爆者の高齢化と免疫学的変化)および Sh
o
r
e副理
会議の冒頭で、バイスタンダー効果などの放射線の健
事長・研究担当理事(低/中程度の放射線量における白
康影響に重要な役割を果たすと考えられる主要な生物学
内障リスク:百聞は一見にしかず[ただし見ないで信じる
的事象について包括的検討が行われた。マイクロビーム
こともできる]
)を含むすべての招待講演者の発表は Ra
-
実験の結果や、組織外植片などの三次元培養細胞モデル
di
a
t
i
on
Re
s
e
a
r
c
h誌の付録に掲載される。この会議の主催
を用いた研究および i
nv
i
v
o研究の成果が発表された。そ
者は、米国国立がん研究所、ジョージタウン大学医療セン
の他、ゲノム不安定性、バイスタンダー効果、がん疫学に
タ ー、He
l
mhol
t
z
Ze
nt
r
um Munc
he
n、米 国 国 立 ア レ ル
おける低線量高感受性などの放射線に起因する影響を説
ギー・感染症研究所および米国環境保護庁であった。
明しようとする試みについても発表された。丹羽太貫博士
二つのポスター・セッションでは、線質の影響、機序
(放射線医学総合研究所、放影研専門評議員)は幹細胞の
モデル、非標的影響、ゲノム不安定性、生物線量推定、線
放射線生物学的特性について説明し、幹細胞が特定の固
量再構築、線量の不確実性、医用放射線と生殖細胞突然変
形がんのイニシエーションの標的となり得る証拠を示し
異、フランス領ポリネシアとチェルノブイリにおける甲状
た。
肺がんリスクに対する放射線と喫煙の交絡効果について発表
する古川恭治研究員
婦人科系がんに関連すると考えられる因子を調整した過剰相
対リスクについてポスター発表を行った坂田 律研究員(右)
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
10
国際会議・ワークショップ報告
2日目の午前中の会議では、放射線作業従事者における
の使用の急速な増加によるリスクと利益に関するもので
発がん影響の定量化に重点が置かれた。チェルノブイリ
あった。CTスキャンの年間件数は日米両国で急速に増加
の事故処理作業従事者におけるリンパ造血系悪性腫瘍お
している(米国で約 7千万件。日本における 1人当たりの
よび甲状腺がん、英国の全国放射線業務従事者登録の第
CTスキャンの数は世界一)。現在、年間医用放射線被曝の
3回解析に基づく職業放射線被曝後の死亡率・がん罹患
ほぼ半分が CTスキャンによるものであり、その多くは小
率、ウラン鉱山労働者における肺がんリスクに対するラド
児患者を対象としている。Br
e
n
n
e
r博士は、
「CTによるリ
ン被曝と喫煙の同時影響、医用放射線作業従事者におけ
スクは小さいものの、何百万回ものスキャンが行われる
るがんリスク、ドイツのウラン鉱山労働者コホート(肺が
と、特に小児用 CTについては、今後数年のうちに公衆衛
んとそれ以外のがんのリスクとラドン被曝との関係)の最
生上の懸念を生じる恐れがある」と述べた。
新調査結果、ドイツの航空機乗組員におけるがん死亡率の
J
u
l
i
a
n Pr
e
s
t
o
n博士(米国環境防護庁)による二つ目の基
第 2回追跡調査の結果などについて発表が行われた。
調講演は、放射線リスク認識・伝達・政策に重点を置い
午後の部は環境被曝による部位別の発がんに重点が置
たものであった。Pr
e
s
t
o
n博士は、
「渡るべき橋は実際二つ
かれた。Da
l
e
Pr
e
s
t
on元放影研統計部長(米国 Hi
r
oSof
t
あり、一つは環境観測から疫学に向かうもので、もう一つ
I
n
t
e
r
n
a
t
i
o
n
a
l社)は、
「マヤック施設作業員およびテチャ川
は科学とリスク管理、そして一般市民をつなぐものであ
沿岸住民に関する調査に基づく部位別リスク推定値に大
る」と述べた。リスクを正しく捉えることは非常に困難で
きな変動が見られるのは主に過剰例が少ないためである」
ある。というのは、健康に対する悪影響を予測する数字
と述べた。古川研究員は、LSSコホートにおける肺がんリ
は、それがいかに小さいものであれ、通常リスクを嫌い、
スクに対する喫煙と放射線の同時影響に関する調査の結
「リスクゼロ」
(しばしば非現実的で高価であり、かつ実現
果を報告した。古川研究員は、
「喫煙と放射線の相互作用
不可能)を好む一般市民にとっては容認し難いと見なさ
により、過剰相対リスク(ERR)は年齢の増加に伴い減少
れるからである。
し、軽度喫煙者には超相乗的(s
upe
r
mul
t
i
pl
i
c
a
t
i
ve
)であ
会議の最後に、Sh
o
r
e副理事長を含む専門家パネルが意
り、重度喫煙者には相加的(a
ddi
t
i
ve
)または準相加的
見を発表した。パネリストは、各自が将来の研究で重点項
(s
u
b
a
d
d
i
t
i
v
e
)である」と述べた。
目とみなし、今後埋めていくべき二つの最も重要な「情報
3日目の会議では、放射線治療の晩発健康影響と心臓血
ギャップ」を指摘するよう求められた。強度変調放射線治
管疾患・白内障・非悪性甲状腺疾患などの放射線に関連
療(I
MRT:放射線ビームが多くの異なる角度から身体に
した非悪性状態に重点が置かれた。放射線被曝と非悪性
入り、高い精度で腫瘍に到達する)や定位的手術照射
状態に関するセッションでは、原爆被爆者の免疫系に対
(SRS:強力な集中ビームで病変組織を破壊する)などの
する放射線の影響に関する放影研での調査結果(多くの
がん治療の新技術が放射線治療のスタイルを変えつつあ
影響は高齢者集団で見られる正常な免疫老化と類似して
り、正常組織への若干の散乱を伴う高線量放射線による
いる)を楠部長代理が検討したものが(Ev
a
n Do
u
p
l
e主席
治療が少ない回数で実施できるようになるだろうという
研究員により)発表された。更に、放射線量増加に伴う血
報告があった。その他のパネリストは、
(a
)内部線量と外
漿中炎症性サイトカインレベルの増加は、原爆被爆者にお
部線量を統合し、実際に役に立つモデルなど、線量推定の
ける心臓血管疾患などの炎症関連疾患が炎症応答亢進に
ためのより優れたモデルを開発すること、
(b)生物線量推
関連する T細胞の免疫変化によって発生するかもしれな
定およびデータプールの方法を改善すること、
(c
)胃腸管
いという仮説を裏付けていることが放影研の調査結果か
がんなど、放射線関連リスクが明確にされていない特定の
ら示唆される。また Sh
o
r
e副理事長は、放射線による白内
腫瘍の重点的研究を行うこと、
(d)バイオマーカーおよび
障発生に関する放影研調査の最新結果について報告し、
生物学を基盤とした線量反応モデルを改善すること、など
白内障外科手術率に明らかな線量反応が認められ、線量
を提起した。
閾値は以前考えられていたものよりも低いことが示唆さ
世界の主要な放射線被曝者集団の幾つかに関する放射
れると述べた。これらの調査結果は、その他の調査の同様
線疫学調査の現状について重要な情報を受け取ったと感
の結果と共に、様々な放射線防護機関が眼の水晶体の放
じた 6人の放影研研究者は、会議期間中ずっと雨天で
射線被曝基準を再評価する契機となった。
あったにもかかわらず意気消沈することはなかった。こ
最後のセッションでは二つの基調講演が行われた。
の会議は小笹晃太郎疫学部長にとっては特に重要な会議
Da
vi
d
Br
e
nne
r博士(コロンビア大学)による最初の講演
となった。小笹部長は、今回のワシントンへの初訪問で国
は、高線量被曝を伴う医療技術の一つである CTスキャン
際的な放射線研究者と貴重な討論を行い、またメリーラ
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
1
1
国際会議・ワークショップ報告
ンド州ロックビルにある米国国立がん研究所の放射線疫
交絡因子、過剰例が少ないことなど、幾つかの制約要因が
学部門を訪問した。上述した調査集団の幾つかは大規模
認められた。我々は全員、会議の幾つかの場面において、
であるが(チェルノブイリ事故処理作業従事者 240,
000
放影研で実施されている調査研究の結果が引き続き重要
人、チェルノブイリ地域からの避難住民 116,
000人、チェ
であること、またそれに対して引き続き関心が持たれてい
ルノブイリ事故で 555 KBq/
m2未満の Cs
137に被曝した
ることを改めて認識した。科学者が基礎研究と疫学の溝
5
,
0
0
0
,
0
0
0人)
、ほとんどの調査には、線量推定の不確実性
を埋めるためには生物物理学と機序に関連したより高度
が大きいこと、健康な作業者の影響、追跡期間が比較的短
な知識が必要であること、そして人類がそれをなし得たな
いこと、平均放射線量が低いこと、
(既知および不明の)
らば大きな恩恵がもたらされることは明らかである。
線量の不確実性に関するワークショップ
統計部部長代理 Ha
r
r
y
M.
Cul
l
i
ngs
「線量の不確実性が線量反応に及ぼす影響」と題した
研副理事長・研究担当理事により述べられた。原爆被爆
ワ ー ク シ ョ ッ プ が、2009年 5月 8日、ワ シ ン ト ン の
者、チェルノブイリ事故によりヨウ素 131放射性降下物
ジョージタウン大学カンファレンスセンターで開催され
に被曝した子どもたち、カザフスタンで行われた核実験に
た。ワークショップは米国国立がん研究所(NCI
)放射線
よる放射性降下物に被曝したカザフスタン住民、という電
疫学部門の An
d
r
e
Bo
u
v
i
l
l
e博士の企画によるもので、前の
離放射線に被曝した大規模集団を対象とした三つの事例
記事で報告されている「電離放射線の最新の健康への影
研究が検証された。事例研究それぞれについて、
(1)不確
響」会議と併せて開催された。主催者によると、ワーク
実性の数量化と構成決定、
(2)線量反応の評価、
(3)可能な
ショップ開催の目的は、
「疫学調査において個人線量推定
改善点、に関する三つの発表が行われた。Ha
r
r
y Cul
l
i
ngs
値における不確実性が統計的検出力および線量反応の形
放影研統計部副部長(当時)は、原爆被爆者についての不
状にどのように影響を及ぼすかを探り、線量の不確実性の
確実性の数量化と構成決定に関して発表した。演者のう
影響を考慮するために現在用いられている方法を検討す
ち 8人はかつて放影研で研究を行ったことがある研究者
る」ことであった。このワークショップは、1997年に
だった。ワークショップは、ジョンズ・ホプキンス大学
NCIにより同じテーマで開かれたワークショップの後を
の名高いベイズ統計学者である To
m Lo
u
i
s博士が司会を
受けて開催された。
務めたパネルディスカッションで締めくくられた。なお、
ワークショップは、線量研究者、統計学者、疫学研究者
Oa
k Ri
d
g
e
/
SENSEの Owe
n Ho
f
f
ma
n博士が Bo
u
v
i
l
l
e博士
のそれぞれの視点から見た線量の不確実性の問題に関す
と共同で討論の報告書作成に取り組んでおり、コンセンサ
る発言で始まった。疫学研究者の観点は Ro
y Shor
e放影
ス・レポートが出される予定である。
放射線研究パートナーシップに基づく国際シンポジウム
広島・疫学部長 小笹晃太郎
2
0
0
9年 9月 14日と 15日に「放射線研究パートナー
今回のシンポジウムは、今までの一連の研究の総括的報告
シップ」に基づく国際シンポジウムが放影研広島研究所
と今後の活動の方向性を探るものとして、
「生活習慣など
で開催された。本パートナーシップは、疫学統計学領域
の要因による放射線影響への修飾や交絡、郵便調査デー
の若手研究者における放射線影響研究の促進および人材
タの利用」をテーマとして、放影研国際交流調査研究事業
交流を目的として、2006年よりワシントン大学と久留米
の支援を受けて行われた。14日午前中は、放影研の児玉
大学バイオ統計センターと放影研との間で行われてきた。
和紀主席研究員、ワシントン大学の Sc
o
t
t
Da
v
i
s教授およ
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
12
国際会議・ワークショップ報告
び久留米大学の角間辰之教授により、それぞれの立場から
体験として感ずることができたという感想も示された。放
の本パートナーシップの総括と今後の課題が語られ、そ
影研からは、研究員が定期的にワシントン大学を訪問して
の後、Da
v
i
s教授と同大学 Ke
n
n
e
t
h Ko
p
e
c
k
y教授、および
研究打ち合わせを行ってきたほか、Gr
a
n
t研究員が博士課
角間教授による本日のテーマに関する理論および方法論
程大学院生として疫学のエキスパートとなるための教育
上の基調講演が行われた。
を受ける機会も得た。我々3機関は今後も引き続き、活動
午後には放射線影響のがんリスクに関する各個別研究
資金を探し出して、本パートナーシップを継続する価値
の発表が行われた。すなわち、放影研疫学部 Er
i
c
Gr
a
n
t研
があると合意した。共通の課題としては、大学院生のト
究員による膀胱がんの研究、疫学部の西 信雄副部長とワ
レーニングなどに適用可能で、放影研として系統的に解
シントン大学 Chr
i
s
t
ophe
r
Li助教授による二次がんの研
析を進めていく必要のあるものとして、今回のテーマとも
究、ワシントン大学の Er
i
n Se
mme
n
s大学院生および J
e
a
n なった、過去の郵便調査で収集された生活習慣などの因
Mc
Do
u
g
a
l
l大学院生による大腸がんおよび乳がんの研究、
子の、放射線の健康影響に対する修飾や交絡を解析する
久留米大学からの来所研究員である疫学部の野中美佑研
ことなどが例示された。本パートナーシップの今後の更
究員による量反応関係のリスクモデルに関する研究、統計
なる発展を期待するものである。
部 Wa
n
Li
n
g
Hs
u研究員による因果モデルに関する研究で
ある。いずれも、近々に論文として公表さ
れる予定となっている。
1
5日には今までの総括を踏まえて今後の
活動の方向性について活発な議論が行われ
た。久留米大学からの人材交流として、坂
田 律研究員が疫学部に就職し、野中研究員
が疫学部来所研究員として研究に従事する
など活発な関係を築いている。ワシントン
大学からは、上述の 2人を含む大学院や研
究者が放影研のデータに基づいて放射線の
健康影響に関する研究成果を挙げてきた。
彼らからは、単に放影研のデータを扱うだ
けでなく、交流の一環として広島研究所に
滞在することにより、被爆地広島を自身の
目次に戻る
広島研究所で開催された放射線研究パートナーシップに基づく国際シンポ
ジウムの参加者
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
13
学術記事
原爆被爆者末梢血 Tリンパ球における染色体不安定性
*
I
nVi
v
oと I
nVi
t
r
oの研究から 濱﨑幹也 児玉喜明
放射線影響研究所 遺伝学部
*
この原稿は以下の論文を基に作成した。
参考文献 1.
Koda
ma
Y,
Oht
a
ki
K,
Na
ka
no M,
Ha
ma
s
a
ki
K,
Awa
AA,
La
ga
r
de
F
,
Na
ka
mur
a
N.
Cl
ona
l
l
y e
xpa
nde
d Tc
e
l
l
popul
a
t
i
ons
i
n a
t
omi
c
bomb
s
ur
vi
v
or
s
do not
s
ho
w e
xc
e
s
s
l
e
v
e
l
s
of
c
hr
o
mo
s
o
me
i
ns
t
a
bi
l
i
t
y
.
Radi
atRe
s
164:
618–26,
2005.
参考文献 2.
Ha
ma
s
a
ki
K,
Kus
unoki
Y,
Na
ka
s
hi
ma
E,
Ta
ka
ha
s
hi
N,
Na
ka
c
hi
K,
Na
ka
mur
a
N,
Koda
ma
Y.
Cl
ona
l
l
y e
xpa
nde
d T l
ymphoc
yt
e
s
f
r
om a
t
omi
c
bomb
s
ur
vi
v
or
s
i
nv
i
t
r
o
s
ho
w no e
vi
de
nc
e
of
c
yt
oge
ne
t
i
c
i
ns
t
a
bi
l
i
t
y
.
Radi
atRe
s
172:
234–43,
2009.
背 景
3
発されたものなのか、あるいは、被爆後のゲノム不安定性
によるものなのかを区別する良い方法がないことである。
1
9
9
2年、英国の Ka
d
h
i
mら はアルファ線を照射したマ
この点を解決するために我々は二つの方法を採用した。
ウスの骨髄細胞では、i
nv
i
t
r
oの培養で何世代も細胞分裂
一つは、原爆被爆者の末梢血 Tリンパ球で時おり観察さ
を経た後でも非クローン性の新たな染色体異常(主とし
れる染色体異常クローン細胞集団を利用した i
nv
i
v
o調 て染色分体型の異常)が生じやすいことを報告した。この
1
査であり、
もう一つは被爆者の末梢血 Tリンパ球をク
現象は電離放射線に被曝した細胞が受けた直接の損傷と
ローニングし、試験管内で長期培養した i
nv
i
t
r
o調査であ
は異なり、放射線が誘発した遅延性のゲノム不安定性と
る。2
考えられた。その後多くの研究者たちはこのような不安定
I
nVi
v
o
調査
性が放射線発がんの機構の本質ではないかと考え、現在で
は染色体異常だけでなく突然変異や細胞死といった他の
染色体異常クローン
エンドポイントも不安定性の指標として認識されてい
原爆被爆者のリンパ球で観察される染色体異常クロー
4–8
る。 放射線誘発ゲノム不安定性に関する報告でマウス
ンとは、1回の調査で同一の染色体異常が 3個以上観察さ
や培養細胞を使ったものは数多くあるが、ヒト正常細胞
れる場合と定義している。そのような染色体異常クロー
における情報はまだ少ない。実際にヒト、特に 60年以上
ンは例外なく転座や逆位といった安定型染色体異常であ
前に被曝した原爆被爆者の体内に染色体不安定性が生じ
る。染色体異常クローンは原爆放射線で生じた深刻な血
ているかどうかまだ不明な点が多い。
液幹細胞レベルの枯渇の中を生き延びた幹細胞から生じ
放影研の遺伝学部細胞遺伝学研究室では、個々の原爆
たものと考えられている。個々の染色体異常クローンの
被爆者に与えられている物理学的推定線量の推定値の補
末梢血リンパ球中に占める割合は様々であり、多い例で
完、あるいはその推定値の誤差について情報を提供するた
は約 50
%もの細胞が単一の染色体異常を示す場合もあっ
めに、有効な生物学的線量推定法としての染色体調査を
た。また、この染色体異常クローンは被曝後比較的早い時
続けている。この調査では、不安定型染色体異常(二動原
9
期に形成されると考えられている。
従って、原爆被爆者
体染色体[d
i
c
e
n
t
r
i
c
s
]や環染色体[r
i
n
g
s
])が被爆後の時間
の末梢血 Tリンパ球中の染色体異常クローン細胞集団に
経過により体内から消失してしまうため、転座(t
r
a
n
s
l
o
c
a
-
新たな異常が見つかれば、それは原爆放射線の直接的な
t
i
o
n
s
)や逆位(i
n
v
e
r
s
i
o
n
s
)といった安定型染色体異常を調
影響ではなく、被曝後の細胞増殖の過程におけるゲノム不
べている。原爆被爆者の染色体不安定性を検討する際の問
安定性の結果であると考えることができる(図 1)。そこで
題点は、観察される染色体異常が 1945年の被爆後すぐに誘
我々は原爆被爆者リンパ球中の染色体異常クローン細胞
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
14
学術記事
図1
.
放射線によって生じた染色体異常(主に転座)を持ったリンパ球系前駆細
胞(幹細胞)は生体内でクローン増殖し、全 Tリンパ球集団の一部を構成
する。クローン細胞集団中に検出される新たな転座はゲノム不安定性の結
果生じたと考えられる。
集団を数多く集め、そこに新たに誘導された安定型染色
め、血液提供以前にがんの放射線治療歴のある人は調査
体異常(転座)の頻度を調べた。
対象から除いている。
調査対象者と方法
結 果
G バンド法
G バンド解析
主に 1
9
8
0年代(被曝後平均 41年を経過)に採血が行わ
Gバンドデータを解析した結果、18人の原爆被爆者に
れた調査で、対象者は被曝線量が 1 Gy以上の近距離被爆
おいて合計 22種類の染色体異常クローン(合計 952細胞)
者5
0人である。各対象者について、採血は 2年ごとに数
を認めた(表 1A)。この 18人の平均被曝線量は 2.
5 Gy
回(3- 6回)行われ、それぞれ 48時間培養後、通常法に
(0.
8
-3.
6 Gy
)である。これらの 952個のクローン細胞を
より染色体標本を作製した。Gバンド法による 1人当たり
詳細に解析した結果、7細胞で付加的転座を確認した。し
の合計分析細胞数は平均 760個である(総分析細胞数は
かし、この 7細胞のうちの 2個は同一対象者(対象者 3
)
約3
8
,
0
0
0個)
。染色体異常クローンの解析をそれぞれの対
で発見された同一の異常 [
t
(
7;
14)
]
であり、サブクローンと
象者について行い、最終的に 10個以上の細胞で確認され
考えられることから 1個の異常と数えた。その結果新たに
た染色体異常クローンを今回の解析対象とした。
誘発された転座の頻度は 0.
6
%(6/
951
)であった。
mFI
SH 法
mFI
SH 解析
過去の調査で染色体異常クローンを高頻度に持つこ 表 1Bに示すように 3人の対象者(対象者 2と 4は Gバ
とが知られている高線量被爆者 3人を対象とした(2例 ンド分析と同じ対象者)で 6種類の染色体異常クローン
は Gバンド分析と重複)。3例の採血は 2000-2002年に
を認めた。合計 333個のクローン細胞を分析し、4個の付
行われ、4
8時間培養後、通常の方法で染色体標本を作 加的転座を確認した(1.
2
%)。
製した。多色 FI
SH(mFI
SH)には Vys
i
s社(米国イリノ イ州 Downe
r
s
Gr
ove
)の 24色プローブ(Spe
c
t
r
a
Vi
s
i
on 自然発生頻度との比較
2
4
Col
or
WCP MFI
SH As
s
a
y
)を用い、染色方法は同社 今回の調査において、対象者からの採血はその多くが
のマニュアルに従った。画像取り込みおよび解析には
放射線被曝後約 40年を経過してから行われており、血液
Cy
t
o
Vi
s
i
o
n
Ch
r
o
mo
Fl
u
o
r
Sy
s
t
e
m(Ap
p
l
i
e
d I
ma
g
i
n
g社、英国
提供者の平均検査時年齢は約 61歳である。一方、末梢血
wc
a
s
t
l
e
u
p
on Tyne
)を使用した。この方法を用いて、各
Ne
中の転座の自然発生頻度は年齢と共に増加することが知
例につき染色体異常クローンの総数が 100を超えるまで
10
られている。
従って、この条件の下で、染色体異常ク
分析を行った。なお、本調査では、次の i
nv
i
t
r
o調査も含
ローン細胞集団で見つかった付加的異常頻度と比較する
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
15
学術記事
対照としては、40歳前後の人の自然発生転座頻度を取れ
に、この値と比べて、Gバンド法および mFI
SH法で今回
ばよいことになる(転座の自然発生率は年齢の増加に伴い
確認された付加的転座頻度(0.
6
%および 1.
2
%)はどちら
10
直線的以上の割合で増大するため、 0-40歳までの 40
も高い値ではなかった。従って、放射線被曝により、転座
年は 2
0
-6
0歳までの 40年よりも転座生成は少ない)。そ
型染色体異常の頻度を上昇させるような染色体不安定性
こで、過去に我々の研究室で行った胎内被爆者のデータ
は認められなかった。
から Gバンド法により分析した推定被曝線量が 5 mGy以
I
nVi
t
r
o調査
下の対照群 1
81人のデータを対照として用いた。11 この胎
内被爆者に対する採血は 1985年に行われたもので、検査
次に我々は、原爆被爆者由来の末梢血 Tリンパ球を試
時年齢が 4
1歳と条件を満たしている。この対照群での転
験管内(i
nv
i
t
r
o
)でクローン増殖させ、長期培養中に出現
座頻度は 1
.
2
%(219/
17,
878
)であった。表 1に示すよう
する付加的な染色体異常を mFI
SH法で評価することを試
表1
.
I
nvi
vo 染色体異常クローン細胞における付加的転座の頻度
対象者
染色体異常クローン
番号a)
クローン細胞数
付加的転座を持つ
(クローン細胞
c
) 付加的転座
b) クローン細胞数
の割合)
(%)
A.
G バンド法による解析
1
t
(
3;
4)
10 (
1
.
4%)
0
2
t
(
2;
4)
48 (
10%)
1
1
t
(
1;
13)
t
(
12;
19)
3
t
(
2;
12)
336 (
14%)
2 (
1)
t
(
7;
14)
41
t
(
4;
6)
,
t
(
5;
13)
62 (
5.
8%)
1
t
(
2;
10)
42
t
(
1;
2)
,
t
(
2;
15)
10 (
0.
9%)
0
5
t
(
X;
2)
20 (
2.
9%)
0
6
t
(
1;
6)
24 (
4.
0%)
0
7
t
(
X;
1)
,
i
nv(
2)
13 (
1
.
8%)
0
8
t
(
2;
18)
34 (
4.
0%)
0
9
t
(
X;
5)
1
1 (
2.
0%)
0
10
t
(
X;
2)
16 (
1
.
8%)
0
1
11
t
(
6;
9)
54 (
6.
3%)
1
1
12
t
(
X;
16)
40 (
4.
7%)
0
1
13
t
(
14;
15)
12 (
1
.
4%)
1
12
t
(
10;
17)
,
t
(
20;
1
1)
(
1
1;
22) 14 (
1
.
8%)
0
13
t
(
5;
21)
,
t
(
8;
10)
72 (
6.
1%)
0
14
t
(
13;
15)
32 (
4.
4%)
0
15
t
(
4;
5)
10 (
1
.
1%)
0
16
t
(
X;
15)
41 (
7
.
0%)
0
171
t
(
2;
4)
18 (
2.
5%)
0
172
t
(
1;
2)
,
del
(
5)
1
1 (
1
.
5%)
0
18
t
(
6;
10)
,
t
(
1
1;
17)
,
del
(
5) 64 (
8.
8%)
0
合計
t
(
5;
18)
t
(
7;
14)
952細胞 (
6.
2%) 7細胞 (
6事象 )
0.
6%
t
(
1;
1
1)
t
(
1;
16)
t
(
1;
17)
B.
mFI
SH法による解析
2
t
(
2;
4)
10
1 (
51%)
1
1
1
41
t
(
4;
6)
,
t
(
5;
13)
65 (
12%)
0
42
t
(
1;
2)
,
t
(
2;
15)
31 (
5.
5%)
0
43
t
(
16;
20)
26 (
4.
7%)
0
44
t
(
4;
8)
10 (
1
.
8%)
0
19
i
nv(
1)
,
del
(
5)
100 (
38%)
1
t
(
1;
5;
14)
合計
333細胞
4細胞
1
.
2%
a)
ハイフンの付いた番号は同一対象者に見つかった複数のクローンを示す。
括弧は全分析細胞におけるクローン頻度を示す。
括弧は同一の付加的異常を単一事象として数えた値を示す。 t
= 転座、i
nv = 逆位、del
= 欠失
b)
c
)
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
16
学術記事
図 2.
染色体不安定性が長期間の培養で生じるかどうか調べるために原爆被爆
者由来の Tリンパ球を i
nvi
t
r
oでクローン増殖させた。
みた。これは末梢血 Tリンパ球を i
nv
i
t
r
oでクローン増殖
結 果
させること、つまり長期間、細胞分裂回数を強制的に増大
原爆被爆者から得られた Tリンパ球クローン
させることが新たな染色体異常の誘発に影響するかどう
本研究では、高線量被曝群 2例(対象者 2と 4)と対照
かを検証したものである(図 2)。
群 2例(対象者 20と 21
)から合計 66個の Tリンパ球ク
ローンを得た。
調査対象者と方法
(対象者 2)全 22クローンのうち正常核型が 8個、i
n
末梢血リンパ球は 4人(いずれも女性)の原爆被爆者か
v
i
v
o染色体異常クローン [
t
(
2;
4)
]
が 8個、その他の構造異
ら得た。4例のうち 2例は推定被曝線量がそれぞれ 1.
2 Gy
常が 5個、数的異常が 1個。
(対象者 2
)と 2.
0 Gy
(対象者 4)の高線量被曝者である。
(対象者 4)14クローンのうち正常核型が 4個、i
nv
i
v
o
いずれも i
nv
i
v
o由来の染色体異常クローンを高頻度(10-
染色体異常クローン [
t
(
4;
6)
,
t
(
5;
13)
]
が 5個、その他の構造
5
0
%)に保有することが知られており、前述の i
nv
i
v
o調
異常が 4個、数的異常が 1個。
査でも調査対象とした。これら 2例の染色体異常クロー
(対象者 20
)12クローンのうち正常核型が 10個、その
ンは今回の調査でも確認されている(後述)
。他の 2例は
他の構造異常が 1個、数的異常が 1個。
対象者 2と 4にそれぞれ性、年齢を合わせた対照者である
)18クローンのうち正常核型が 14個、数的
(対象者 21
(対象者 2
0と 21
。推定被曝線量はいずれも 5 mGy以下)
。
異常が 4個。
各対象者で得られた数的異常のクローンは、その大部
Tリンパ球のクローニングと培養
分が X染色体に絡んだものであった。X染色体異数性は
2
Tリンパ球のクローニングは通常の方法 を用い、染色体
高齢女性のリンパ球培養で一般的に生じることが知られ
6
7
解析に必要な 10
-10
個の細胞に達するまで培養を行っ
ているので13 これらのクローンは表 2では正常核型とし
た。対象者 2
、20
、21の平均培養日数は約 4週間であり、
て分類した。
各クローンの平均分裂回数は 23
-25回であった。対象者
4に関しては以前にクローン化し凍結保存していたもの12 2
を解凍し、2
4穴プレートで上記と同じ条件で培養した。
mFI
SH 法により検出された付加的な染色体異常
各対象者で検出された付加的な染色体異常の分析結果
を表 2に示す。ここではケースごとの頻度の結果と、高線
mFI
SH 法
量被曝群と対照群をそれぞれプールした結果も示してい
増殖中の Tリンパ球クローンに 2時間のコルセミド処
る。表に見られるように各例で様々なタイプの付加的異
理を行い、エアードライ法により染色体標本を作成し、各
常が観察された(図 3)。
クローンについて 100個の細胞を分析した。使用した
長期培養中に新たに生じた付加的染色体異常頻度につ
mFI
SH法は前述の i
nv
i
v
o調査と同じである。
いて統計解析を行い、染色体不安定性における原爆放射線
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
17
学術記事
表 2.
I
nvi
t
r
oでクローン増殖させた Tリンパ球コロニーに検出された付加的染色体異常の頻度
核 型
t
der
di
c
dup
del
f
合 計
2
正 常
900
7
5
0
0
21
12
45
i
nvi
voクローン
[
t
(
2;
4)
]
800
5
3
1
2
18
12
41
500
3
4
19
0
9
4
39
その他の異常
合 計
4
分 析
細胞数
付加的染色体異常
対象者
番号
2,
200 15 (
0.
7%) 12 (
0.
6%) 20 (
0.
9%) 2 (
0.
1%) 48 (
2.
2%) 28 (
1
.
3%) 125 (
5.
7%)
正 常
500
1
1
0
2
8
10
22
i
nvi
voクローン
[
t
(
4;
6)
,
t
(
5;
13)
]
500
3
6
1
5
12
9
36
400
1
0
1
2
5
4
13
その他の異常
合 計
被曝群(対象者 2 + 4)
1,
400 5 (
0.
4%) 7 (
0.
5%) 2 (
0.
1%) 9 (
0.
6%) 25 (
1
.
8%) 23 (
1
.
6%) 71 (
5.
1%)
3,
600 20 (
0.
6%) 19 (
0.
5%) 22 (
0.
6%) 1
1 (
0.
3%) 73 (
2.
0%) 51 (
1
.
4%) 196 (
5.
4%)
20
正 常
その他の異常
21
1,
100
3
8
0
3
12
15
41
100
0
0
0
0
2
0
2
合 計
1,
200 3 (
0.
3%) 8 (
0.
7%) 0 (
0.
0%) 3 (
0.
3%) 14 (
1
.
2%) 15 (
1
.
3%) 43 (
3.
6%)
正 常
1,
800 4 (
0.
2%) 2 (
0.
1%) 2 (
0.
1%) 3 (
0.
2%) 40 (
2.
2%) 25 (
1
.
4%) 76 (
4.
2%)
対照群(対象者 20 + 21) 3,
000 7 (
0.
2%) 10 (
0.
3%) 2 (
0.
1%) 6 (
0.
2%) 54 (
1
.
8%) 40 (
1
.
3%) 1
19 (
4.
0%)
t
= 転座、der
= 派生染色体、di
c = 二動原体染色体、dup = 重複、del
= 欠失、f
= 断片
の影響を検討した。その結果、mFI
SH法で最も検出力が
体異常クローン群(被曝群の核型の異なる三つの集団の
高い交換型で、かつ安定型異常である転座(t
)と派生染色
中で付加的異常率が最も高い)と対照者の正常細胞群と
体(d
e
r
)の合計頻度は、高線量被曝群で 1.
1
%(39/
3,
600
)、
の比較を行った。表 3に示すように、この場合も有意な差
対照群で 0
.
6
%(17/
3,
000
)であり、被曝群でやや高い傾向
は認められなかった(P = 0.
114と P = 0.
130)。
が見られたが統計学的に有意差は認められなかった(P = これまで述べてきたように、i
nv
i
t
r
oでクローン増殖さ
0
.
1
0
1
、表 3
)
。また、構造異常全体の頻度についても被曝
せた原爆被爆者のリンパ球において染色体不安定性の存
群と対照群で有意な差はなかった(P = 0.
142
)。
在を明瞭に示唆する証拠は得られなかった。
次に核型の違いによる差を検討するため、i
nv
i
v
o染色
図 3.
mFI
SH法による新たに生じた染色体異常の検出(表 2、対象者 2、i
nvi
voクローン)。パネル a:転座のみ、
46,
XX,
t
(
2;
4)
。パネル b:転座 + 新たな非クローン性の異常、46,
XX,
t
(
2;
4)
,
der
(
4)
t
(
4;
9)
。矢印は 2番染色体と
4番染色体との間の転座を示し、矢先は 4番染色体と 9番染色体が関係した付加的異常(派生染色体)を示
す。2本ある 9番染色体は正常である。
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
18
学術記事
表 3.
付加的染色体異常頻度の統計解析
t
+ der
すべての構造異常
39/
3,
600 ö
(
1
.
1%) ÷
÷*
P = 0.
10
1
17/
3,
000 ÷
÷
(
0.
6%) ø
196/
3,
600 ö
(
5.
4%) ÷
÷
17/
1,
300 ö
(
1
.
3%) ÷
77/
1,
300 ö
(
5.
9%) ÷
対照群(正常のみ) 17/
2,
900 ÷
÷
(
0.
6%) ø
1
17/
2,
900 ÷
÷
(
4.
0%) ø
被曝群
(対象者 2 + 4)
対照群
(対象者 20 + 21)
i
nvi
vo 染色体
異常クローン群
÷*
P = 0.
1
14
1
19/
3,
000 ÷
÷
(
4.
0%) ø
*P= 0.
142
÷*
P= 0.
130
*擬似尤度法での Wal
d検定
染色体不安定性が観察されなかった理由
また、不安定性が観察されなかった原因に、原爆被爆者
の中で放射線誘発ゲノム不安定性を誘発しやすい遺伝的
以上のように、我々は原爆被爆者の末梢血 Tリンパ球
素因を持っている人は、被爆後早い時期にがんで亡く
における放射線誘発染色体不安定性について i
nv
i
v
oと i
n
なっている可能性が指摘されるかもしれない。しかし、原
v
i
t
r
oの両面から検討したが、いずれも染色体不安定性を
爆被爆者における固形がんは被爆後かなりの時間を経過
示唆するデータを得ることはできなかった。
してから増え始め、今でも自然発生レベルの増加と同様に
ヒトの正常細胞を用いた研究において、染色体異常を
増加し続けていることから理由としては考えにくい。
指標として放射線誘発ゲノム不安定性を調べた報告には、
いずれにしても、ヒト正常細胞における放射線誘発遺伝
不安定性の存在に肯定的なものと否定的なものがあり、調
的不安定性に関する情報は少ないので、これからもデー
14–26
その理由としては
タを蓄積していくことが大切だと考える。最近、原爆被爆
個人の遺伝的背景の違い(例えば放射線感受性)などが考
者において骨髄異形成症候群(MDS)の相対リスクの上昇
えられる。遺伝的要因が影響するならば、今回我々が行っ
が報告され、放射線発がんにおける造血幹細胞レベルでの
た調査規模(19人からの 1,
300細胞を調べた i
nv
i
v
o調査、
ゲノム不安定性の関与が示唆された。27 このことから、原
4人からの 6
,
600細胞を調べた i
nv
i
t
r
o調査)では、遺伝的
爆被爆者の造血幹細胞の放射線誘発ゲノム不安定性の更
背景の多様性を考慮すると十分でなかったのかもしれな
なる研究が重要だと考えられる。もし、原爆被爆者の造血
い。言い換えれば、ゲノム不安定性は、存在するとして
幹細胞レベルでのゲノム不安定性についての情報が得ら
も、今回実施した調査規模のレベルで検出できるほど高頻
れれば、i
nv
i
v
oにおける放射線誘発ゲノム不安定性に関
度ではないのかもしれない。
する新たな知見となると考えられる。
査結果は必ずしも一致していない。
参考文献
1
.
Koda
ma
Y,
Oht
a
ki
K,
Na
ka
no
M,
Ha
ma
s
a
ki
K,
Awa
AA,
La
ga
r
de
F
,
Na
ka
mur
a
N.
Cl
ona
l
l
y
e
xpa
nde
d
Tc
e
l
l
p
o
p
u
l
a
t
i
o
n
s
i
n
a
t
omi
c
b
o
mb
s
u
r
v
i
v
o
r
s
d
o
n
o
t
s
h
o
w e
x
c
e
s
s
l
e
v
e
l
s
o
f
c
h
r
omo
s
o
me
i
n
s
t
a
b
i
l
i
t
y
.
Ra
d
i
a
tRe
s
1
6
4
:
6
1
8
2
6
,
2
0
0
5
.
2
.
Ha
ma
s
a
ki
K,
Kus
unoki
Y,
Na
ka
s
hi
ma
E,
Ta
ka
ha
s
hi
N,
Na
ka
c
hi
K,
Na
ka
mur
a
N,
Koda
ma
Y.
Cl
ona
l
l
y
e
xpa
nde
d
T l
ymphoc
yt
e
s
f
r
om a
t
omi
c
bomb
s
ur
vi
v
or
s
i
nv
i
t
r
o
s
ho
w no
e
vi
de
nc
e
of
c
yt
oge
ne
t
i
c
i
ns
t
a
bi
l
i
t
y
.
Ra
d
i
a
tRe
s1
7
2
:
2
3
4
4
3
,
2
0
0
9
.
3
.
Ka
dhi
m MA,
Ma
c
dona
l
d
DA,
Goodhe
a
d
DT,
Lor
i
mor
e
SA,
Ma
r
s
de
n
SJ
,
Wr
i
ght
EG.
Tr
a
ns
mi
s
s
i
on
of
c
h
r
omo
s
oma
l
i
n
s
t
a
b
i
l
i
t
y
a
f
t
e
r
p
l
u
t
o
n
i
um a
l
p
h
a
p
a
r
t
i
c
l
e
i
r
r
a
d
i
a
t
i
o
n
.
Na
t
u
r
e
3
5
5
:
7
3
8
4
0
,
1
9
92
.
4
.
Be
df
or
d
J
S,
De
we
y
WC.
Ra
di
a
t
i
on
Re
s
e
a
r
c
h
Soc
i
e
t
y
1
9
5
2
–
2
0
0
2
.
Hi
s
t
or
i
c
a
l
a
nd
c
ur
r
e
nt
hi
ghl
i
ght
s
i
n
r
a
d
i
a
t
i
o
n
b
i
o
l
o
g
y
:
Ha
s
a
n
y
t
h
i
n
g
i
mp
o
r
t
a
n
t
b
e
e
n
l
e
a
r
n
e
d
b
y
i
r
r
a
d
i
a
t
i
n
g
c
e
l
l
s
?
Ra
d
i
a
tRe
s
1
5
8
:
2
5
1
9
1
,
2
0
0
2.
5
.
Mor
ga
n
WF.
Non
t
a
r
ge
t
e
d
a
nd
de
l
a
ye
d
e
f
f
e
c
t
s
of
e
xpos
ur
e
t
o
i
oni
z
i
ng
r
a
di
a
t
i
on:
I
.
Ra
di
a
t
i
on
i
nduc
e
d
g
e
n
omi
c
i
n
s
t
a
b
i
l
i
t
y
a
n
d
b
y
s
t
a
n
d
e
r
e
f
f
e
c
t
s
i
nv
i
t
r
o
.
Ra
d
i
a
tRe
s
1
5
9
:
5
6
7
8
0
.
2
0
0
3
.
6
.
Mor
ga
n
WF
.
Non
t
a
r
ge
t
e
d
a
nd
de
l
a
ye
d
e
f
f
e
c
t
s
of
e
xpos
ur
e
t
o
i
oni
z
i
ng
r
a
di
a
t
i
on:
I
I
.
Ra
di
a
t
i
on
i
nduc
e
d
ge
nomi
c
i
ns
t
a
bi
l
i
t
y a
nd
bys
t
a
nde
r
e
f
f
e
c
t
s
i
nv
i
v
o,
c
l
a
s
t
oge
ni
c
f
a
c
t
or
s
a
nd
t
r
a
ns
ge
ne
r
a
t
i
ona
l
e
f
f
e
c
t
s
.
Radi
at
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
19
学術記事
Re
s
1
5
9
:
5
8
1
9
6
,
2
0
0
3
.
7
.
Wr
i
ght
EG,
Coa
t
e
s
PJ
.
Unt
a
r
ge
t
e
d
e
f
f
e
c
t
s
of
i
oni
z
i
ng
r
a
di
a
t
i
on:
I
mpl
i
c
a
t
i
ons
f
or
r
a
di
a
t
i
on
pa
t
hol
ogy
.
Mu
t
at
Re
s5
9
7
:
1
1
9
3
2
,
2
0
0
6
.
8
.
Ul
l
r
i
c
h
RL,
Ponna
i
ya
B.
Ra
di
a
t
i
on
i
nduc
e
d
i
ns
t
a
bi
l
i
t
y
a
nd
i
t
s
r
e
l
a
t
i
on
t
o
r
a
di
a
t
i
on
c
a
r
c
i
noge
ne
s
i
s
.
I
ntJ
Ra
d
i
a
tBi
o
l
7
4
:
7
4
7
5
4
,
1
9
9
8
.
9
.
Sa
l
a
s
s
i
di
s
K,
Sc
hmi
d
E,
Pe
t
e
r
RU,
Br
a
s
e
l
ma
nn
H,
Ba
uc
hi
nge
r
M.
Di
c
e
nt
r
i
c
a
nd
t
r
a
ns
l
oc
a
t
i
on
a
na
l
ys
i
s
f
or
r
e
t
r
os
pe
c
t
i
v
e
dos
e
e
s
t
i
ma
t
i
on
i
n
huma
ns
e
xpos
e
d
t
o
i
oni
z
i
ng
r
a
di
a
t
i
on
dur
i
ng
t
he
Che
r
nobyl
nuc
l
e
a
r
po
we
r
p
l
a
n
t
a
c
c
i
d
e
n
t
.
Mu
t
a
tRe
s
3
1
1
:
3
9
4
8
,
1
9
9
4
.
1
0
.
Si
g
u
r
d
s
o
n
AJ
,
Ha
M,
Ha
u
p
t
ma
n
n
M,
Bh
a
t
t
i
P,
Sr
a
m RJ
,
Be
s
k
i
d
O,
Ta
wn
EJ
,
Wh
i
t
e
h
o
u
s
e
CA,
Li
n
d
h
o
l
m C,
Na
ka
no
M,
Koda
ma
Y,
Na
ka
mur
a
N,
Vor
obt
s
o
v
a
I
,
Oe
s
t
r
e
i
c
he
r
U,
St
e
pha
n
G,
Yong
LC,
Ba
uc
hi
nge
r
M,
Sc
hmi
d
E,
Chung
HW,
Da
r
r
oudi
F
,
Roy
L,
Voi
s
i
n
P
,
Ba
r
qui
ne
r
o
J
F
,
Li
vi
ngs
t
on
G,
Bl
a
ke
y D,
Ha
ya
t
a
I
,
Zha
ng
W,
Wa
ng
C,
Be
nne
t
t
LM,
Li
t
t
l
e
f
i
e
l
d
LG,
Edwa
r
ds
AA,
Kl
e
i
ne
r
ma
n
RA,
Tuc
ke
r
J
D.
I
nt
e
r
na
t
i
ona
l
s
t
u
d
y
o
f
f
a
c
t
o
r
s
a
f
f
e
c
t
i
n
g
h
uma
n
c
h
r
omo
s
ome
t
r
a
n
s
l
o
c
a
t
i
o
n
s
.
Mu
t
a
tRe
s
6
5
2
:
1
1
2
2
1
,
2
0
0
8
.
1
1
.
Oht
a
ki
K,
Koda
ma
Y,
Na
ka
no
M,
I
t
oh
M,
Awa
AA,
Col
ogne
J
,
Na
ka
mur
a
N.
Huma
n
f
e
t
us
e
s
do
not
r
e
gi
s
t
e
r
c
hr
omos
ome
da
ma
ge
i
nf
l
i
c
t
e
d
by
r
a
di
a
t
i
on
e
xpos
ur
e
i
n
l
ymphoi
d
pr
e
c
ur
s
or
c
e
l
l
s
e
xc
e
pt
f
or
a
s
ma
l
l
b
u
t
s
i
g
n
i
f
i
c
a
n
t
e
f
f
e
c
t
a
t
l
o
w do
s
e
s
.
Ra
d
i
a
tRe
s
1
6
1
:
3
7
3
9
,
2
0
0
4
.
1
2
.
Kus
unoki
Y,
Koda
ma
Y,
Hi
r
a
i
Y,
Kyoi
z
umi
S,
Na
ka
mur
a
N,
Aki
ya
ma
M.
Cyt
oge
ne
t
i
c
a
nd
i
mmunol
ogi
c
i
de
nt
i
f
i
c
a
t
i
on
of
c
l
ona
l
e
xpa
ns
i
on
of
s
t
e
m c
e
l
l
s
i
nt
o
T a
nd
B l
ymphoc
yt
e
s
i
n
one
a
t
omi
c
bomb
s
ur
vi
v
or
.
Bl
o
o
d 8
6
:
2
1
0
6
1
2
,
1
9
9
5
.
1
3
.
Fi
t
z
g
e
r
a
l
d
PH.
A me
c
h
a
n
i
s
m o
f
X c
h
r
o
mo
s
o
me
a
n
e
u
p
l
o
i
d
y
i
n
l
y
mp
h
o
c
y
t
e
s
o
f
a
g
i
n
g
wome
n
.
Hu
ma
n
g
e
n
e
t
i
k
2
8
:
1
5
3
8
,
1
9
7
5
.
1
4
.
Ma
r
t
i
ns
MB,
Sa
ba
t
i
e
r
L,
Ri
c
oul
M,
Pi
nt
on
A,
Dut
r
i
l
l
a
ux
B.
Spe
c
i
f
i
c
c
hr
omos
ome
i
ns
t
a
bi
l
i
t
y
i
nduc
e
d
by
h
e
a
v
y
i
o
n
s
:
A s
t
e
p
t
o
wa
r
d
s
t
r
a
n
s
f
o
r
ma
t
i
o
n
o
f
h
uma
n
f
i
b
r
o
b
l
a
s
t
s
?
Mu
t
a
tRe
s
2
8
5
:
2
2
9
3
7
,
1
9
9
3
.
1
5
.
Sa
b
a
t
i
e
r
L,
Du
t
r
i
l
l
a
u
x
B,
Ma
r
t
i
n
MB.
Ch
r
omo
s
oma
l
i
n
s
t
a
b
i
l
i
t
y
.
Na
t
u
r
e
3
5
7
:
5
4
8
,
1
9
9
2
.
1
6
.
Sa
b
a
t
i
e
r
L,
Le
b
e
a
u
J
,
Du
t
r
i
l
l
a
u
x
B.
Ch
r
o
mo
s
o
ma
l
i
n
s
t
a
b
i
l
i
t
y
a
n
d
a
l
t
e
r
a
t
i
o
n
s
o
f
t
e
l
o
me
r
i
c
r
e
p
e
a
t
s
i
n
i
r
r
a
d
i
a
t
e
d
h
uma
n
f
i
b
r
o
b
l
a
s
t
s
.
I
n
tJRa
d
i
a
tBi
o
l6
6
:
6
1
1
3
,
1
9
9
4
.
1
7
.
Roy
K,
Koda
ma
S,
Suz
uki
K,
Wa
t
a
na
be
M.
De
l
a
ye
d
c
e
l
l
de
a
t
h,
gi
a
nt
c
e
l
l
f
or
ma
t
i
on
a
nd
c
hr
omos
ome
i
n
s
t
a
b
i
l
i
t
y
i
n
d
u
c
e
d
b
y Xi
r
r
a
d
i
a
t
i
o
n
i
n
h
uma
n
e
mb
r
y
o
c
e
l
l
s
.
JRa
d
i
a
tRe
s4
0
:
3
1
1
2
2
,
1
9
9
9
.
1
8
.
Oj
i
ma
M,
Ha
ma
no
H,
Suz
uki
M,
Suz
uki
K,
Koda
ma
S,
Wa
t
a
na
be
M.
De
l
a
ye
d
i
nduc
t
i
on
of
t
e
l
ome
r
e
i
n
s
t
a
b
i
l
i
t
y
i
n
n
o
r
ma
l
h
u
ma
n
f
i
b
r
o
b
l
a
s
t
c
e
l
l
s
b
y
i
o
n
i
z
i
n
g
r
a
d
i
a
t
i
o
n
.
JRa
d
i
a
tRe
s
4
5
:
1
0
5
1
0
,
2
0
0
4
.
1
9
.
Du
g
a
n
LC,
Be
d
f
o
r
d
J
S.
Ar
e
c
h
r
omo
s
o
ma
l
i
n
s
t
a
b
i
l
i
t
i
e
s
i
n
d
u
c
e
d
b
y
e
x
p
o
s
u
r
e
o
f
c
u
l
t
u
r
e
d
n
o
r
ma
l
h
u
ma
n
c
e
l
l
s
t
o
l
o
w o
r
h
i
g
h
LET r
a
d
i
a
t
i
o
n
?
Ra
d
i
a
tRe
s1
5
9
:
3
0
1
1
1
,
2
0
0
3
.
2
0
.
Hol
mbe
r
g
K,
Me
i
j
e
r
AE,
Aue
r
G,
La
mbe
r
t
BO.
De
l
a
ye
d
c
hr
omos
oma
l
i
ns
t
a
bi
l
i
t
y
i
n
huma
n
Tl
ymphoc
yt
e
c
l
o
n
e
s
e
x
p
o
s
e
d
t
o
i
o
n
i
z
i
n
g
r
a
d
i
a
t
i
o
n
.
I
n
tJRa
d
i
a
tBi
o
l
6
8
:
2
4
5
5
5
,
1
9
9
5
.
2
1
.
Sa
l
oma
a
S,
Hol
mbe
r
g
K,
Li
ndhol
m C,
Mus
t
one
n
R,
Te
kk
e
l
M,
Ve
i
de
r
ba
um T,
La
mbe
r
t
BO.
Chr
omos
oma
l
i
n
s
t
a
b
i
l
i
t
y
i
ni
nv
i
v
o r
a
d
i
a
t
i
o
n
e
x
p
o
s
e
d
s
u
b
j
e
c
t
s
.
I
n
tJRa
d
i
a
tBi
o
l7
4
:
7
7
1
9
,
1
9
9
8
.
2
2
.
Hof
ma
n
Hut
he
r
H,
Pe
uc
k
e
r
t
H,
Ri
t
t
e
r
S,
Vi
r
s
i
k
Kopp
P
.
Chr
omos
oma
l
i
ns
t
a
bi
l
i
t
y
a
nd
de
l
a
ye
d
a
popt
os
i
s
i
n
l
o
n
g
t
e
r
m Tl
y
mp
h
o
c
y
t
e
c
u
l
t
u
r
e
s
i
r
r
a
d
i
a
t
e
d
wi
t
h
c
a
r
b
o
n
i
o
n
s
a
n
d
X r
a
y
s
.
Ra
d
i
a
tRe
s
1
6
6
:
8
5
8
6
9
,
2
0
0
6
.
2
3
.
Ka
dhi
m MA,
Ma
r
s
de
n
SJ
,
Wr
i
ght
EG.
Ra
di
a
t
i
on
i
nduc
e
d
c
hr
omos
oma
l
i
ns
t
a
bi
l
i
t
y
i
n
huma
n
f
i
br
obl
a
s
t
s
:
Te
mp
o
r
a
l
e
f
f
e
c
t
s
a
n
d
t
h
e
i
n
f
l
u
e
n
c
e
o
f
r
a
d
i
a
t
i
o
n
q
u
a
l
i
t
y
.
I
n
tJRa
d
i
a
tBi
o
l
7
3
:
1
4
3
8
,
1
9
9
8
.
2
4
.
Ka
dhi
m MA,
Lor
i
mor
e
SA,
To
wns
e
nd
KM,
Goodhe
a
d
DT,
Buc
kl
e
VJ
,
Wr
i
ght
EG.
Ra
di
a
t
i
on
i
nduc
e
d
g
e
n
o
mi
c
i
n
s
t
a
b
i
l
i
t
y
:
De
l
a
y
e
d
c
y
t
o
g
e
n
e
t
i
c
a
b
e
r
r
a
t
i
o
n
s
a
n
d
a
p
o
p
t
o
s
i
s
i
n
p
r
i
ma
r
y
h
u
ma
n
b
o
n
e
ma
r
r
o
w c
e
l
l
s
.
I
n
t
JRa
d
i
a
tBi
o
l6
7
:
2
8
7
9
3
,
1
9
9
5
.
2
5
.
Ta
wn
EJ
,
Wh
i
t
e
h
o
u
s
e
CA,
Ma
r
t
i
n
FA.
Se
q
u
e
n
t
i
a
l
c
h
r
omo
s
o
me
a
b
e
r
r
a
t
i
o
n
a
n
a
l
y
s
i
s
f
o
l
l
o
wi
n
g
r
a
d
i
o
t
h
e
r
a
p
y
— n
o
e
v
i
d
e
n
c
e
f
o
r
e
n
h
a
n
c
e
d
g
e
n
omi
c
i
n
s
t
a
b
i
l
i
t
y
.
Mu
t
a
tRe
s4
6
5
:
4
5
5
1
,
2
0
0
0
.
2
6
.
Whi
t
e
hous
e
CA,
Ta
wn
EJ
.
No
e
vi
de
nc
e
f
or
c
hr
omos
oma
l
i
ns
t
a
bi
l
i
t
y
i
n
r
a
di
a
t
i
on
wor
ke
r
s
wi
t
h
i
nv
i
v
o
e
x
p
o
s
u
r
e
t
o
p
l
u
t
o
n
i
um.
Ra
d
i
a
tRe
s
1
5
6
:
4
6
7
7
5
,
2
0
0
1
.
8
3
1
6
1
7
6
,
2
0
0
8
.
2
7
.
朝長万左男。原爆白血病研究の過去・現在・未来。長崎医学会雑誌 (特集号):
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
20
ヒューマン・ストーリー
在韓被爆者健康診断・健康相談事業に参加して
長崎・臨床研究部長 赤星正純
【概要】
ウル赤十字病院と協力して第 1回目の本格的事業が実施
南米・北米に在住している原爆被爆者については、広
されました。在韓被爆者は韓国全土にわたり居住されてい
島県を中心に以前から健康診断・健康相談事業が実施さ
るため、その後、在韓被爆者が比較的多く居住されている
れていましたが、在韓被爆者を対象とした事業は行われて
大 邱 、陜川、 釜山 、 馬山 、 光 州、 平澤、大田の各都市・地
いませんでした。日本政府の委託を受けた長崎県と、韓国
域において、各地の赤十字病院の協力を得ながら、年 2回
テ
グ
プサン
マサン
クァンジュ
政府の委託を受けた大韓赤十字社は、在韓被爆者を対象
の頻度で平成 21年 9月までに計 9回の本格的「在韓被爆
に被爆者健康手帳の発給、渡日治療の支援を行うことを
者健康診断・健康相談事業」が実施されました。現在は 2
目的として「在韓原爆被爆者支援事業」契約を平成 15年
回り目の本格的事業が実施されています。毎回この事業
8月に締結し、この事業の一環として「在韓被爆者健康診
に対する在韓被爆者の関心は高く、対象者の約 72
%が前
断・健康相談事業」を平成 16年度より開始しました。こ
もって実施される各地域の赤十字病院での健診を受診し、
の事業の目的として、
「健康検診を通して疾病の初期発見
健診を受診された方の約 83
%が日本人医師の行う最終診
および初期治療を図り、日本の原爆専門医師との相談で、
断・健康相談に参加されています。
原爆後遺症に対する不安感を解消し、原爆被爆者の健康
【被爆者健康診断・健康相談事業の内容】
増進を図る」ことが挙げられています。
平成 1
7年度から約 2,
400人の在韓被爆者を対象に実施
事前に赤十字病院で受ける検診は、総合健診(被爆者健
される本格的事業の問題点などを把握するために、まず平
康手帳および被爆者確認証の所持者)と一般健診(手帳未
ハプチョン
テジョン
ピョンテク
成1
6年に農村地域の 陜 川と、
都市部の 大田 、
平 澤で計
所持者)に大きく分けられます。総合健診の内容は、放影
2回の試験的相談事業が実施されました。この試験的事業
研の成人健康調査の通常健診と比べて遜色のないものと
の結果を基にして、本格的な「在韓被爆者健康診断・健康
考えられ、この健診結果に基づいて、各赤十字病院の健診
相談事業」では、前もって地域の赤十字病院で健診を行
担当医が前もって総合判定(診断)と総合所見(対象者へ
い、その検査結果、臨床診断、ならびに相談事業当日に聴
の注意事項)の記載を行い、韓国赤十字社の担当者により
取された問診票を参考にしながら日本人医師が最終診
すべてが日本語訳されます。心電図、胸部 X線、CT検査、
断・健康相談を行うことが決定されました。
胃内視鏡、腹部超音波、マンモグラフィーについては、最
これに基づき平成 17年 6月にまずソウルにおいて、ソ
終診断・健康相談期間中にも必要に応じて実物が見られ
るように各病院から貸与・準備していただ
いており、担当者の努力にはいつも敬意を
表しています。また、1年前からは、長崎大
学病院の永井 隆記念国際ヒバクシャ医療セ
ンターと大韓赤十字社との協力により、こ
れまでの「在韓被爆者健康診断・健康相談
事業」で得られた検査データおよび診断名
がデータベース化され、我々が行う最終診
断・健康相談時にも利用できるようになり、
大変役に立っています。これが縁となった
のか、ヒバクシャ医療センターの担当医師
は大韓赤十字社の方と今年国際結婚をなさ
いました。
最終診断・健康相談当日には、ボラン
在韓被爆者健康診断・健康相談事業による健診団の一行と韓国側のスタッ
フ。前列右から 4人目が筆者の赤星正純部長
目次に戻る
ティアの看護師により体温・血圧測定と問
診票の作成が行われます。この問診票と日
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
21
ヒューマン・ストーリー
本語訳された健診結果を基にして、私たち日本人医師が
り、日本人医師にとっては初めての経験でした。
約 1時間をかけていろいろとお話を伺ったり、また病気の
在韓被爆者の多くは、既に被爆者手帳または被爆時状
ことについて説明をしながら最終診断を行い、必要に応じ
況確認証のいずれかを所持しており、医療助成を受けてい
て韓国人医師に対して精密検査ならびに治療方針につい
ますが、中にはいずれも所持していない在韓被爆者の方も
ての助言を行います。南米・北米健診とは異なり、ほとん
おり、これらの方については長崎県・市および大韓赤十字
どの方が日本語を理解しないか、または聞き取りはできて
社の職員が被爆者手帳または被爆時状況確認証取得に向
も話せないので、それぞれの医師に専属の通訳が付きます
けての相談に応じています。これに加え、長崎県・市およ
が、彼女たちの努力にはいつも感謝しています。
び大韓赤十字社の職員は、健康管理手当、原爆症認定およ
韓国の方はオンドルでの生活が基本となっているため
び渡日治療支援事業などの行政的手続きの相談にも応じ
か、腰や膝に痛みを抱えている方が多いようです。このた
ています。
め整形外科医、理学療法師および健康体操を指導する看
本格的事業には平均して、日本側からは内科医師 5名、
護師もこの事業には参加しています。韓国では整形外科手
整形外科医師 1名、理学療法師 1名、看護師 1名、長崎
術後のリハビリが十分には行われていないため、理学療法
県・市職員 4名が参加し、韓国側からは韓国人医師 1名、
師によるリハビリ方法の指導ならびに看護師による健康
大韓赤十字社職員 9名、通訳 8名、大韓赤十字社ボラン
体操は大変評判が良いようです。
ティア 6名、ボランティア看護師 4名が参加しています。
在韓被爆者で認められる疾患の多くは、生活習慣病(肥
これら両国の多くの方々の協力と相互理解の下、これま
満、脂肪肝、高血圧、糖尿病、がんなど)で、日韓で罹病
で通算 9回の「在韓被爆者健康診断・健康相談事業」を無
している病気に差はないようでした。ただ陜川では川魚を
事に行うことができたことに感謝しつつ、これから行われ
生で食べるせいか、肝吸虫症に罹患している方が数人お
る事業もまた実り多いものとなることを期待しています。
看護課の業務(広島・長崎)
1
9
4
7年に原爆傷害調査委員会(ABCC)が研究を開始し
ものすべてに目をみはるばかりでまるで看護学生のようで
た当時、2名であった看護師は、研究の拡大に伴って暫時
あった。今日の繁栄しか知らない人には笑い種であるが、
増員され、5
0年前の成人健康調査(AHS)開始時には、広
ペーパータオルも初めてこの時見て使い捨てであること
島4
0名、長崎 16名となりました。一般の医療機関とは全
も驚きの一つであり、使い捨てが惜しくて一度使っては
く異なる状況での看護が要求され、彼女らは特に調査対
たたんで棚の端においては、“
n
o g
o
o
d
”と Mi
s
s
Ca
v
a
g
n
a
r
o
象者の心情面への配慮に心を砕きながら ABCC-放影研
にしかられて赤面した」と、回想録に書いておられます。
の看護を作り上げ、研究の実施に多大な貢献をしてきま
AHS初期には入院施設があり、看護師は病室と外来を
した。以下の報告は、AHS開始 50周年、すなわち 2年に
一定期間で交代する交代制で、病室には十数名の入院
一度の健診が 25回目のサイクルを迎えるに当たり、現在
ベッドがあり、疾患は主に血液疾患でした。当時は米国人
の看護師長である桑本美千子さん(広島)と山下由美子さ
医師も多く、患者である対象者の方は会話も十分できず、
ん(長崎)が過去を振り返ってまとめた手記からの抜粋で
不安な入院生活であったと推察されます。外国人医師と
す。
患者である対象者の方との間の意思疎通など、当時の看
護師諸先輩方の苦労も大変であったろうと思います。ま
AHSが始まった当時は、苦労と驚きの連続だったよう
た、外来においては、元看護課長の一人は次のように回想
Loui
s
e
Ca
v
a
gna
r
oで
です。初代看護課長は米国人の Mi
s
s
しておられます。
「当時の診察の流れは今日とは異なり、
した。日本人看護課長として 2代目であった故渡辺千代
検査、日本人医師の診察の後に、外国人医師によるチェッ
子氏は、ABCC初期の頃について、
「戦後の日本の医学、
クがあり、この待ち時間の間に対象者の方が被爆当時の
特に看護は、米国の影響を受けて発展してきたが、ABCC
ことをお話しになることがありました。聴くのに辛いこと
はその膝元とも言える職場で、日々の業務の中で留学した
もありましたが、広島と長崎で起こったこの悲惨な現実
に等しい多くのことを学ぶことができた。見るもの、聞く
をしっかり見据えるためにとても大切であることを知り
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
22
ヒューマン・ストーリー
ました」
。
違って対象者の大部分の方は健康な方であり、都合をつ
1
9
7
2年、研究方針の変更で私たちの業務も変更されま
けてもらって来所をお願いしたお客様です。中には、良か
した。検査や治療の場であった病室は閉鎖され、外来健診
れと思ってアドバイスした健康指導が余計なお世話と気
および、h
o
me
v
i
s
i
tと h
o
s
p
i
t
a
l
v
i
s
i
t
(来所不可能な対象者の
分を害されたり、多くの問診聴取に時間を取られて長時
方を家庭や病院施設へ訪問すること)が引き続き行われ
間の滞在となったりすることもあります。これまで AHS
ることになりました。訪問診察は半日で 2
-3人の対象者
に協力してくださった対象者の方の高齢化は益々進み、
を訪問しなければならないので、時間に追われて必要な検
私たちのアプローチの仕方も変化を求められています。
査のみに終わり、十分なお話やアドバイスができない場合
より良い対応は何かを、絶えず模索し続けることがこれか
もありましたが、限られた時間の中でできるだけアドバイ
らも私たちの課題であると思います。
スなどをするように心がけました。当初、白衣で訪問して
看護課では、受診に来られた方一人一人を大事にし、そ
いましたが、対象者の方から近所が注目するので白衣での
の人に適した接遇をすることによって対象者の方と信頼
訪問は困るなどの要望があり、現在では名札を付けて私服
関係が結ばれ、一人も欠けることなく 2年後も来所してい
で訪問するように工夫しています。また、外来において
ただけるよう努力がなされてきました。対象者の中には研
も、更衣していただくガウン、スリッパにも検討を重ね
究所自体への不満に加えて、質問の内容に立腹され、苦情
て、機能性、快適性を配慮し、改善してきました。
を述べられる方、長年協力してきたのに、なぜ病気が早期
看護師にとって大切なことは、対象者の方の個人的な
に発見できなかったのか、と気持ちをぶつけられる方もお
気持ちや背景を理解することです。対象者の中には、
「健
られます。時には、次からは来ないと言われる方もいま
診を受けに来たくなかったのだけれど、何度も何度も誘
す。そのような際には、特に臨床渉外課と連絡を取り合
われるので断りきれず不本意ながら来所した」
、
「迎えに来
い、対象者の方が不安を感じられたところ、不満に思われ
られるから仕方なしに来た」という方もいます。来所して
たところを的確に伝え、次に臨床渉外課でコンタクトする
いただいた対象者の方々のその思いに配慮しながら、い
際に役立つよう努力がなされてきました。
かに快適に過ごしていただき無事にお送りするかが、ナー
ABCC初期の頃の日本国民の衛生・栄養状態は悪く、
スに課せられた使命であり、私たちがいつも心に留めてい
感染症を患う方が来所することもありました。そのような
ることです。これは ABCC時代から変わっていない私た
時には感染防止には特に気を使っていました。診察終了
ちの姿勢です。
後は診察室内の壁に至るまで消毒薬で清拭し、使用した
健診後に対象者の方から礼状をいただくことがありま
すべてのリネン類の滅菌などを行いました。貧血のある対
すが、その中の多くが、
「話をよく聴いてもらった」、
「適
象者には、正常値になるまで鉄剤を投与したり、なかなか
切なアドバイスを受けた」というものです。一般の病院と
治らなかった全身の湿疹が当所の軟膏で治癒した時には
大変喜ばれたこともあります。看
護課での特殊検査としては、胃カ
メラや、骨髄穿刺なども行ってい
ました。白血病の疑いのある対象
者の方には、骨髄穿刺を行い、当
所で行った検査データと共に病院
紹介を行っていました。長崎では
入院治療は行っていませんでした
が、薬品は整備されており、医師
の指示によって、上記のように貧
血や皮膚疾患などには限定的に与
薬していました。
初代看護課長の Ms
.
Ca
va
gna
r
o
は長崎にもしばらく滞在され、指
導を受けることもありました。
a
r
oは、Ma
nua
l
of
Nur
s
Ms
.
Ca
v
a
gn
1953年当時の看護課スタッフ(広島)
目次に戻る
i
n
g Pr
o
c
e
d
u
r
e
sの翻訳版を基に看護
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
23
ヒューマン・ストーリー
手順を作成され、以降、手直しをしながら使用してきまし
くすことも看護婦の業務と心得ている」。
た。その改訂版が、1967年に広島の渡辺看護課長を中心
ABCCは疫学研究機関であり、手順の標準化は最も重
に作成され、その後、三版まで出版されています。AHS調
要です。そのためには、広島・長崎両研究所の間で、常に
査開始当時の長崎の看護課長、故大木貞子氏は、看護師の
密接な連絡を取り合うことが必要となります。AHS健診
心得を以下のように記しておられます。
「看護婦は、人間
の成功は、様々な業務を一貫してこなし、熟練した技術を
の健康に必要な基本的なものを理解し、それを必要として
持ち、対象者と最初に接する者としての忍耐と理解力を
いる人に最もよく応え得る存在で、その目的達成のために
備えた、広島・長崎の看護師の働きによるところが大きい
は社会の科学的進歩に合わせて看護知識を備え、個人や
と思われます。長崎の山下看護課長が次のように述べてい
社会の必要に応じてその知識を十分活用し、他の専門職、
る通りなのです。
「今でも定年で退職した看護師の名前を
例えば医師、薬剤師などの分野の活動と協調・協同作業
挙げて、懐かしがられる方が少なくなく、そのような時に
ができる能力が必要である。ABCCにおいては特に、患者
は対象者との間に長年の信頼関係が築かれているのを感
の周囲に信頼と安心の雰囲気を作り出すために最善を尽
じます」。
Sc
hul
l夫人を偲んで
Wi
l
l
i
a
m J
.
Sc
hul
l博士の夫人である Vi
c
t
or
i
a
Ma
r
ga
r
e
t
Sc
hul
lさんが長い闘病の末、2009年 10月 13日に亡くな
られたとの悲しい知らせが放影研関係者にもたらされま
した。1
2年 3月 11日生まれの Sc
h
u
l
l夫人は享年 87才
9
2
でした。Sc
h
u
l
l夫妻は最近 63回目の結婚記念日を迎えら
れたばかりでした。Vi
c
k
iの名で親しまれていた Sc
h
u
l
l夫
人が広島で夫と共に住むようになったのは ABCC初期の
1
9
4
9年のことでした。これは米国学術会議で働くことに
なった Sc
h
u
l
l博士が ABCCに赴任した少し後でしたが、
広島での住居が利用可能となってすぐのことでした。こ
れを契機に Sc
h
u
l
l夫人は日本の文化に親しむと同時に流
暢な日本語も習得されました。Sc
h
u
l
l博士は 50年近くの
1987年のさよならパーティーで Wi
l
l
i
am J
ac
k Schul
l博士
(左)と Vi
ct
or
i
a夫人。右端は重松逸造元放影研理事長
間に何度か ABCC-放影研に赴任されており、最近では
1
9
9
6年 5月 2
2日に副理事長・研究担当理事に着任されま
したが(1
9
9
7年 1月 22日退任)、そうするための励ましの
一助となっていたのは寄り添う夫人の存在だったのです。
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
24
調査結果
オープンハウスで発揮された放影研職員の底力
常務理事 寺本隆信
2
0
0
9年 8月 5-6日広島、8-9日長崎で、放影研オープ
1,
355人)、逆に、お一人お一人に丁寧な説明ができました
ンハウスが開催されました。もう広島で 15回目、長崎で
ので、とても良かったと思っています。長崎の来場者数
1
3回目となる夏の恒例の行事です。毎年訪れてくださる
は、なんと 46
%増えました(前年 388人)。長崎も衆議院
ような被爆者の方、地元の方、職員のご家族もいらっしゃ
選挙中であったことは変わりないのですが、夏休み中の
れば、初めて日本全国あるいは世界各国から広島・長崎
学童保育施設に働きかけ、学習プログラムに組み込んでい
の原爆被災者慰霊の日に尋ねて来られる方もいらっしゃ
ただいたことが特に効果的でした。当日は、子どもたちが
います。この機会に、放影研のことを知っていただこう
順番に、顕微鏡で自分の細胞を見たり、マイナス 196度の
と、年始めにテーマや企画を決め、春頃から実行委員会を
液体窒素で花がカチカチになるのを見たりして、恐らく初
設けて、準備を行います。今年のテーマは、
「国際協力で
めての科学実験を体験しました。
築く放射線と健康の科学」でした。この未来志向のテーマ
長崎は今年、土曜日、日曜日の開催となりました。職員
は、放影研の将来構想の中で、共同研究を拡大し、世界の
の皆さんやご家族にとって負担であったことは間違いあ
研究拠点を目指していることの反映です。このテーマに
りません。数年前の広島もそうでした。しかし、この行事
よる特別展示では、世界の研究所、国際機関と放影研との
の意味を考え、原爆被災者慰霊の日とその前日に行うと
協力、世界各国から研修のために訪れる研究者、放影研研
いう方針を堅持してきたわけです。一方、広島では、緑の
究者たちの世界での活躍が、世界地図パネルの中で紹介
会の皆さんがオープンハウスの日に合わせ、ヒマワリの花
されました。世界の 5大陸と結ぶ放影研の国際交流に、眼
を見事に咲かせてくださいました。研究施設にありがち
を見開いて驚かれた国会議員の方々が、
「応援するから
な、冷たく、人を受け付けないような印象は、いつの間に
ね」と力強くおっしゃってくださったのは、とても嬉しい
か消えたようです。
ことでした。
役職員の皆様、放影研労働組合のご協力に心より感謝
今年のオープンハウスで特筆すべきことは、これまで
申し上げます。
以上に職員参加が徹底され、様々な創意工夫が生かされ
放影研オープンハウス 来場者数の推移
たことです。しかも職員研修を兼ねて、接遇などの指導を
受け、これが現場で生かされました。ポスター・チラシ作
年度
2004
2005
2006
2007
2008
2009
りや展示で、広島研究所と長崎研究所の協力も一段と進
広島
長崎
850
230
1,
062
306
1,
382
528
967
484
1,
355
388
617
566
1,
080
1,
368
1,
910
1,
451
1,
7
43
1,
183
みました。
来場者数は、広島 617人、長崎 566人でした。広島は、
計
衆議院選挙の影響を受け、大幅に減りましたが(前年
ほお
綿棒で採取してもらった頬の内側の細胞を顕微鏡で観察する子どもたち(長崎研究所の 2009年度オープンハウス)
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
25
調査結果
DS02 正誤表
「広島および長崎における原子爆弾放射線被曝線量の再
第 12章 表 7 860ページ
評価(DS0
2
)」のような 2巻に及ぶ報告書を出版する過程
で、検討を重ねるうちに幾つかの誤字や技術的な誤りが生
中性子のエネルギーグループの上限を以下のように置
じるというのは予想外のことではない。放影研は、以下の
き換える。
訂正箇所について指摘を受けた。
第 4章 表 5
A 249ページ
表のタイトル:DS02爆心座標を “27.
721” から “26.
721” に変更(注:変更は英語版のみ。日本語版では既に 26.
721
であるため変更不要)。
目次に戻る
Gr
oup
Number
Upper
ener
gy
bound (
MeV)
Neut
r
ons
(以前に公表された値)
3
4
19
20
21
22
43
(
1
.
45E+1)
(
1
.
40E+1)
(
2.
05E+0)
(
1
.
61E+0)
(
1
.
26E+0)
(
1
.
03E+0)
(
5.
71E5)
修正値
1
.
49E+1
1
.
42E+1
2.
31E+0
1
.
83E+0
1
.
42E+0
1
.
1
1E+0
1
.
07E5
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
26
承認された研究計画書
承認された研究計画書、2009 年 4 月-9 月
小安重夫、Donna
Mur
a
s
ko、Ma
r
c
e
l
RM va
n de
n Br
i
nk、
Na
nc
y R Ma
nl
e
y
、J
a
nko Ni
kol
i
c
hZugi
c
h
、平林容子、岩 RP 1
0
9
保存血清を用いた肝細胞癌の進展促進要因
間厚志、井上 達、稲葉カヨ、Thoma
s
M Se
e
d
、Eva
n B に関するコホート内症例対照研究(RP 1
0
4の補遺)
Doupl
e
、中地 敬
大石和佳、藤原佐枝子、J
ohn B Col
ogne
、赤星正純、西 放影研の疫学および臨床調査では長年の間、原爆被爆
信雄、鈴木 元、柘植雅貴、茶山一彰
者において年齢に関連する免疫系/炎症関連疾患の有意
本研究計画書は RP 104の補遺である。RP 104の目的
なリスク増加を示す所見が認められてきた。更に、免疫系
は、放射線被曝、肝炎ウイルス感染および生活習慣関連因
に認められたこのような放射線の影響は、単純な加齢に関
子が、肝細胞癌(HCC)発生のリスクに及ぼす影響につい
連する影響に類似している。本調査の目的は、年齢と放射
て調査することである。我々は、この研究において、B型
線被曝線量を関数として個人の免疫および炎症状態を評
および C型肝炎ウイルス感染、肥満、飲酒が HCCの独立
価し、被爆者における免疫系および体細胞突然変異への
したリスク要因であることを明らかにした。また、現在継
放射線の影響を予想するための総合的スコアリング・シ
続中の詳細な解析においても、肝炎ウイルス感染の有無に
ステムを構築することである。横断的解析では広島成人健
かかわらず放射線被曝が HCCリスクの増加に寄与するこ
康調査(AHS)対象者約 2,
300人と広島に生存している拡
とが示唆されている。本補遺研究計画書では更に、このコ
大若年 AHSコホートの 1,
300人を含む。縦断的解析では
ホート内症例対照研究(RP 104
)の対象者の保存血清を
2000
-2002年に試料の収集されている 2,
300人の AHS対
用いて、HCCの重要な進行促進要因と考えられている、
象者の中から線量群、年齢群、および性に基づき層別化無
慢性炎症およびインスリン抵抗性に関連したバイオマー
作為抽出で AHS対象者 300人のサブセットを無作為に選
カーを測定し、HCCリスクへの寄与について検討する。
別する。無作為抽出で選ばれた 300人の各々について
2000-2002年と 2010-2012年に収集された各 2サンプ
RP 2
0
9
原爆被爆者における放射線治療後の二次が
ルから成る 600の血漿サンプル(10年間隔で各対象者ご
んリスクに関する研究
とに 1組の試料が得られる)を用いて抗体チップアレイに
吉永信治、西 信雄、早田みどり、赤羽恵一、土居主尚、
より生体指標を測定する。また、同じ 600の試料から得ら
森脇宏子、Wa
nLi
ng Hs
u
、飛田あゆみ、山田美智子、片山
れた DNAを用いてテロメア長を調べる。胸腺の老化指標
博昭、島田義也、藤原佐枝子、赤星正純、陶山昭彦、笠置
に対する放射線被曝の影響を病理学的検討および分子解
文善、小笹晃太郎
析によって評価する。これらの結果を用いて、免疫に関連
原爆被爆者におけるがんリスクの研究は主に原爆放射
する健康とその免疫状態が異なる年齢群と放射線群でど
線との関係に焦点が当てられ、その他の放射線源はあまり
う変化するのかを効果的に評価するための総合的スコア
注目されてこなかった。本研究の主要な目的は、二つの異
リング・システムを構築する。
なる時期に受けた原爆放射線と治療用放射線の複合影響
を評価することである。研究対象集団は、寿命調査集団の
RP 4
0
9
ワクチン接種応答に対する放射線被曝と加
うち、先行研究で放射線治療を受けたと確認された集団
齢の影響
である。主要な関心のある結果は、放射線治療後のがん罹
林 奉権、楠 洋一郎、今井一枝、吉田健吾、三角宗近、
患および死亡である。これら二次がんのリスクを治療用放
大石和佳、藤原佐枝子、小笹晃太郎、Su
s
a
n M Ge
y
e
r
、安友
射線の線量との関係から解析することに加え、放射線治
康二、小安重夫、Gr
e
gor
y D Se
mp
o
ws
ki
、Donna
Mu
r
a
s
k
o
、
療に関連した二次がんリスクの原爆放射線による修飾効
Ma
r
c
e
l
RM va
n de
n Br
i
nk、Na
nPi
n We
ng、Na
nc
y R Ma
nl
e
y、
果についても解析を行う。本研究により、異なる二つの時
J
a
n
k
o Ni
k
o
l
i
c
hZu
g
i
c
h
、平林容子、岩間厚志、井上 達、稲
期に受けた 2種類の放射線ががんリスクに与える影響に
葉カヨ、Tho
ma
s
M Se
e
d
、Ev
a
n B Doupl
e
、中地 敬
ついて新たな洞察が得られるであろう。
我々のこれまでの調査で、過去の放射線被曝は、個人の
ワクチン予防効果に密接な関係のあるナイーブ T細胞と
RP 3
0
9
加齢と放射線に関連した免疫能の総合的評
I
L2産生細胞の相対数の減少に関連することが明らかに
価システムの構築
なった。免疫系の機能低下に加えて、一部の原爆被爆者に
林 奉権、楠 洋一郎、今井一枝、吉田健吾、伊藤玲子、
おいて、原爆被爆後 60年以上が経過してもいまだに持続
大石和佳、藤原佐枝子、小笹晃太郎、古川恭治、Sus
a
n M 性の炎症状態の傾向が観察されている場合もある。従っ
Ge
y
e
r
、Na
n
Pi
ng We
ng
、Gr
e
gor
y D Se
mp
o
ws
ki
、安友康二、
て、原爆被爆者における免疫機能の低下がワクチン応答を
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
承認された研究計画書
27
変えるのかどうかを調べることは重要である。本調査は、
ター)で解析されることになる。循環血液中の HSC の細
高齢者のインフルエンザワクチンに反応する免疫能に対
胞数や機能に加齢および放射線量が関係する有意な変化
して過去の放射線被曝が及ぼす影響を評価することを目
が認められれば、原爆放射線が造血リンパ系の加齢を促進
的とする。本調査では、成人健康調査(AHS)対象者の被
したという我々の作業仮説を支持するであろう。更に、循
曝線量群、年齢群、性により層別化された集団から無作為
環血液中の DCの細胞数や機能に加齢および放射線量が
に抽出された 50人と 300人を対象に、それぞれ予備的調
関係する有意な変化が認められれば、原爆放射線による初
査と本格調査を行う。AHS対象者には 3年をかけて調査
動免疫および適応免疫への影響は恐らく DC集団が T細
への参加を依頼する。ワクチン投与前と投与 3週間後に血
胞抑制を行うタイプに偏向したためであるという我々の
漿およびリンパ球試料を収集・保存する。主たるエンドポ
仮説を支持するであろう。原爆被爆者におけるこれらの研
イントは、ワクチン投与前と 3週間後の抗インフルエンザ
究を更に強めるために、a
)HSCおよび DC集団の放射線
ウイルス抗体価の変化である。解析の対象となる二次的な
照射後の機能ならびに分化を試験管内あるいは生体内で
エンドポイントには、サイトカインおよび炎症関連蛋白
調べる測定系を開発し、b)これらの細胞集団が免疫老化
質、リンパ球サブセット、細胞内活性化マーカー(mRNA
にかかわる放射線生物学的機序を明らかにしていく。
と蛋白質)
、HLA遺伝子型などである。これらのパラメー
タを、年齢と過去の被曝放射線量との関連から解析する。
RP 5
0
9 放射線被曝と加齢の造血幹細胞(he
mat
o
poi
e
t
i
c
s
t
e
m c
e
l
l
;
HSC)および樹状細胞(de
ndr
i
t
i
c
c
e
l
l
;
DC)に及ぼす影響─細胞数および機能の解析
楠 洋一郎、吉田健吾、林 奉権、
Sus
a
n M Ge
ye
r
、三角
宗近、大石和佳、藤原佐枝子、小笹晃太郎、平林容子、岩
間 厚 志、小 安 重 夫、安 友 康 二、井 上 達、稲 葉 カ ヨ、
Na
nc
y
R Ma
nl
e
y、Ma
r
c
e
l
RM va
n de
n Br
i
nk、Gr
e
gor
y D Se
mpows
ki
、J
a
nko Ni
kol
i
c
hZugi
c
h
、Na
nPi
ng We
ng、
Donna
Mur
a
s
ko、Thoma
s
M Se
e
d、Eva
n B Doupl
e
、中地 敬
ある程度以上の電離放射線は血液細胞の恒常的産生の
減弱をもたらし、免疫系の構成を損なう。近年のマウスを
用いた研究から、加齢には適応免疫のみならず造血機能の
低下が伴うことが示唆されている。樹状細胞(de
ndr
i
t
i
c
c
e
l
l
;
DC)は病原体に対する初期免疫応答の重要な担い手
であるばかりでなく、適応免疫の制御にも決定的な役割を
持つと考えられている。本研究では、本来恒常的に制御さ
れるべき造血幹細胞 (h
e
ma
t
o
p
o
i
e
t
i
c
s
t
e
m c
e
l
l
;
HSC)および
DCの細胞数および機能が、以前の原爆放射線被曝ならび
に加齢によって、いかなる影響を受けて変化したか解析
する。そのために、広島の成人健康調査(AHS)協力者数
百人について、循環血液中の HSC と DC ついて調べる。
AHS 協力者から供与される血液試料は主に放影研で解析
されるが、一部の測定は共同研究者によって放影研以外
の施設で行われる。すなわち、樹状細胞機能分子の測定
は、全 RNAと培養上清を用いて、米国の研究室(Du
k
e大
学)で行われる。また、造血幹細胞の自己再生能と分化能
は、放影研で測定方法を十分に習得できなかった場合に
は、米国の別の研究室(Sl
oa
nKe
t
t
e
r
i
ng記念がんセン
目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
28
最近の出版物
最近の出版物
藤原佐枝子:生活習慣と骨密度。成人病と生活習慣病 2
0
0
9
(
Ma
y
)
;
39(
5)
:
51923.
藤原佐枝子:
「骨粗鬆症と圧迫骨折」骨粗鬆症の疫学的背
景。臨床画像 2009 (
Augus
t
)
;
25(
8)
:
8227.
藤原佐枝子:FRAX® による骨折リスク評価。リウマチ科 2
0
0
9
(
Ma
r
c
h)
;
41(
3)
:
299305.
Fur
uka
wa
K,
Col
ogne
J
B,
Shi
mi
z
u Y,
Ros
s
NP
.
Pr
e
di
c
t
i
ng f
u
t
u
r
e
e
x
c
e
s
s
e
v
e
nt
s
i
n r
i
s
k a
s
s
e
s
s
me
nt
.
Ri
s
k a
na
l
ys
i
s
2009 (
J
u
n
e
)
;
2
9
(
6)
:
88599.
(
放影研報告書 608
)
Gr
a
nt
EJ
,
Shi
mi
z
u Y,
Ka
s
a
gi
F,
Cul
l
i
ngs
HM,
Shor
e
RE.
di
a
t
i
on
unl
i
ke
l
y t
o be
r
e
s
pons
i
bl
e
f
or
hi
gh c
a
nc
e
r
r
a
t
e
s
Ra
a
mong
di
s
t
a
l
Hi
r
os
hi
ma
Abomb
s
ur
vi
v
or
s
.
En
vi
r
onme
nt
a
l
He
a
l
t
h
a
n
d
Pr
e
v
e
n
t
i
v
e
Me
d
i
c
i
n
e
2009 (
J
u
l
y
)
;
14(
4)
:
2479.
(放影研解説・総説シリーズ 109
)
Ha
ma
s
a
ki
K,
Kus
unoki
Y,
Na
ka
s
hi
ma
E,
Ta
ka
ha
s
hi
N,
Na
k
a
c
h
i
K,
Na
ka
mur
a
N,
Koda
ma
Y.
Cl
ona
l
l
y e
xpa
nde
d T l
ymphoc
yt
e
s
f
r
o
m a
t
omi
c
bomb
s
ur
vi
v
or
s
i
nv
i
t
r
o
s
ho
w no e
vi
de
nc
e
of
c
yt
oge
ne
t
i
c
i
ns
t
a
bi
l
i
t
y
.
Ra
di
a
t
i
on Re
s
e
a
r
c
h 2
0
0
9
(
Au
g
us
t
)
;
172(
2)
:
23443.
(
放影研報告書 1608
)
大石和佳、柘植雅貴、茶山一彰:HBV遺伝子型と B型慢
性肝炎の予後。臨牀消化器内科 2009 (
J
une
)
;
24(
6)
:
6539.
大久保利晃(編)
:平成 20年度厚生労働省委託事業 原爆
症調査研究事業報告書。2009 (
J
ul
y)
:
81 p.
Ri
c
ha
r
ds
on
DB,
Sugi
ya
ma
H,
Ni
s
hi
N,
Sa
ka
t
a
R,
Shi
mi
z
u Y,
Gr
a
nt
EJ
,
Soda
M,
Hs
u WL,
Suya
ma
A,
Koda
ma
K,
Ka
s
a
g
i
F.
I
o
n
i
z
i
n
g r
a
d
i
a
t
i
o
n a
n
d l
e
u
k
e
mi
a
mo
r
t
a
l
i
t
y a
mo
n
g J
a
pa
ne
s
e
a
t
omi
c
bomb
s
ur
vi
vor
s
,
1950–2000.
Ra
di
a
t
i
on Re
s
e
a
r
c
h
2
009 (
Se
pt
e
mb
e
r
)
;
172(
3)
:
36882.
(放影研報告
書 2
0
9
)
Ri
c
ha
r
ds
on
DB,
Sugi
ya
ma
H,
Wi
ng S,
Sa
ka
t
a
R,
Gr
a
nt
EJ
,
Shi
mi
z
u
Y,
Ni
s
hi
N,
Ge
ye
r
S,
Soda
M,
Suya
ma
A,
Ka
s
a
gi
F,
Ko
d
a
ma
K.
Po
s
i
t
i
v
e
a
s
s
o
c
i
a
t
i
o
n
s
b
e
t
we
e
n i
o
n
i
z
i
n
g r
a
d
i
a
t
i
on
a
nd
l
ymphoma
mor
t
a
l
i
t
y a
mong me
n.
Ame
r
i
c
a
n J
our
n
a
l
o
f
Ep
i
d
e
mi
o
l
o
g
y 2009 (
Ap
r
i
l
)
;
169(
8)
:
96976.
(
放影研
0
8
)
報告書 8-
Ge
ne
t
i
c
Ef
f
e
c
t
s
of
Low Dos
e
Ra
di
a
t
i
on Expos
ur
e
200
8
(
Oc
t
obe
r
)
,
pp 159.
Ta
ka
ha
s
hi
N,
Sa
t
oh Y,
Koda
i
r
a
M,
Ka
t
a
ya
ma
H.
La
r
ge
s
c
a
l
e
c
opy numbe
r
v
a
r
i
a
nt
s
(
CNVs
)
de
t
e
c
t
e
d i
n di
f
f
e
r
e
nt
e
t
hni
c
huma
n popul
a
t
i
ons
.
Ke
hr
e
r
Sa
wa
t
z
ki
H,
Coope
r
DN,
e
ds
.
Cop
y Numbe
r
Va
r
i
a
t
i
on a
nd Di
s
e
a
s
e
.
Ba
s
e
l
:
Ka
r
ge
r
;
2009
,
pp 22433.
豊島めぐみ、習 陽、久保 圭、濱崎幹也、楠 洋一郎、
本田浩章、増田雄司、渡辺敦光、神谷研二:損傷乗り越
え DNA合成酵素 Re
v1の突然変異誘発への寄与。長崎
医学会雑誌 2008
(Se
pt
e
mb
e
r
25
);
83
(特集号):
3679.
Ya
ma
da
M,
Mi
mor
i
Y,
Ka
s
a
gi
F,
Mi
ya
c
hi
T,
Ohs
hi
t
a
T,
Sa
s
a
ki
H.
I
nc
i
de
nc
e
a
nd r
i
s
ks
of
de
me
nt
i
a
i
n J
a
pa
ne
s
e
wome
n:
Ra
di
a
t
i
on Ef
f
e
c
t
s
Re
s
e
a
r
c
h Founda
t
i
on Adul
t
He
a
l
t
h St
udy
.
J
our
na
l
of
t
he
Ne
ur
ol
ogi
c
a
l
Sc
i
e
nc
e
s
2009
;
283:
5761.
Yos
hi
da
K,
Kubo Y,
Kus
unoki
Y,
Mor
i
s
hi
t
a
Y,
Na
ga
mur
a
H,
Ha
ya
s
hi
I
,
Kyoi
z
umi
S,
Se
ya
ma
T,
Na
ka
c
hi
K,
Ha
ya
s
hi
T.
Ca
s
p
a
s
e
i
n
d
e
p
e
n
d
e
n
t
c
e
l
l
d
e
a
t
h wi
t
h
o
u
t
g
e
n
e
r
a
t
i
o
n o
f
r
e
a
c
t
i
v
e
o
x
y
g
e
n s
p
e
c
i
e
s
i
n i
r
r
a
d
i
a
t
e
d MOLT4 h
u
ma
n l
e
u
k
e
mi
a
c
e
l
l
s
.
Ce
l
l
ul
a
r
I
mmunol
ogy 2009 (
Ma
r
c
h)
;
255:
618.
(放
影研報告書 1008
)
放影研データを使った外部研究者による論文
ここには一般公開している放影研のデータを使った外
部機関の研究者による出版物の情報を載せています。
Li
t
t
l
e
MP
.
Ca
nc
e
r
a
nd nonc
a
nc
e
r
e
f
f
e
c
t
s
i
n J
a
pa
ne
s
e
a
t
omi
c
bomb
s
ur
vi
v
or
s
.
J
our
na
l
of
Ra
di
ol
ogi
c
a
l
Pr
ot
e
c
t
i
on 200
9
(
J
une
)
;
29(
2A)
:
A4359.
Li
t
t
l
e
MP.
He
t
e
r
o
g
e
n
e
i
t
y o
f
v
a
r
i
a
t
i
o
n o
f
r
e
l
a
t
i
v
e
r
i
s
k b
y a
g
e
a
t
e
x
p
o
s
u
r
e
i
n t
h
e
J
a
p
a
n
e
s
e
a
t
o
mi
c
b
o
mb
s
u
r
v
i
v
o
r
s
.
Ra
d
i
a
t
i
o
n
a
nd En
vi
r
onme
nt
a
l
Bi
ophys
i
c
s
2009 (
Augus
t
)
;
48(
3)
:
253
62.
Shor
e
RE.
Lo
wdos
e
r
a
di
a
t
i
on e
pi
de
mi
ol
ogy s
t
udi
e
s
:
St
a
t
us
a
n
d
i
s
s
u
e
s
.
He
a
l
t
h Ph
ys
i
c
s
2009;
97:
4816.
Ta
ka
ha
s
hi
N,
Sa
t
oh Y.
St
udi
e
s
of
t
r
a
ns
ge
ne
r
a
t
i
ona
l
e
f
f
e
c
t
s
f
ol
l
owi
ng
Abomb i
r
r
a
di
a
t
i
on.
Ta
na
ka
S,
Fuj
i
ka
wa
K,
Ogur
a
K,
Ta
na
ka
K,
Oghi
s
o Y,
e
ds
.
Ca
r
c
i
noge
ne
s
i
s
a
nd Ge
n
e
t
i
c
Ef
f
e
c
t
s
o
f
Lo
w Do
s
e
Ra
d
i
a
t
i
o
n Ex
p
o
s
u
r
e
.
Ao
mo
r
i
:
I
ns
t
i
t
ut
e
f
or
En
vi
r
onme
nt
a
l
Sc
i
e
nc
e
s
(
I
ES)
;
Pr
oc
e
e
di
ngs
of
t
he
I
nt
e
r
na
t
i
ona
l
Sympos
i
um on Ca
r
c
i
noge
ne
s
i
s
a
nd 目次に戻る
RERFUp
d
a
t
eV
o
l
u
me2
0
,I
s
s
u
e2
,2
0
0
9
Fly UP