...

事 業 内 容 製 品 - いわて産業振興センター

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

事 業 内 容 製 品 - いわて産業振興センター
いわて の 仕事録
事業内容 で製品 で、
目指す は世界オンリーワン
わざ
3
2
6
1
【支援企業紹介】盛岡市
4
5
7
8
盛岡市に拠点を置きつつ、宇宙航空産業で使われるような高周波電
16台 の 各 種 ワイヤ・ボン
ディング・マシンを所 有 、マ
ニュア ル 操 作 で 周 波 数
110GHz以上のミリ波帯機
器の製造を手掛ける技術力。
2 回 路は3種 のボンディン
グ・マシンを駆使し製作。
3高周波の電子回路は樹脂
の代わりにアルミナなどの素
材に金の薄膜を付けた基板
が使われている。
4 製品は高周波特性測定を
経て完成となる。最新の測定
器は当センターが認定支援機
関となり、
ものづくり補助金を
利用して購入した。
5自社で切削加工したフィル
タ。共振の原理で電波信号の
選択を可能とし、携帯電話を
はじめあらゆる工業製品の
求める周波数や帯域に合せ
て作られるため、形状は実に
様々。
6社内で試用されるミリ波
レーダから偶然、壁内透視が
可能なことを発見した。
7(独)電子航法研究所の依
頼で製作したミリ波レーダ。
8敷地内にある機械加工部
門。多くの依頼が舞い込む。
[いわて産業振興センター活用事例]
マイクロウェーブ展への出展助成事業や、ビ
ジネスマッチングに参加、業界トップ企業や研
究機関との提携を実現。今後は産学官、企業
間連携を強化するのが目標
アールエフテストラボ有限会社
子回路の設計と製造を手がけているRFtestLab。
「まさにニッチ分
日本とは逆を行くアメリカの
ものづくりにチャンスを見出す
ダーアシスト等の無線アプリケーション
を習得、投資を抑えるため中古機器を
海外でもほぼ例がない。
製作、無人ロボットへの搭載を目指し
で需要が増加している。
だがサプライ
少しずつ買い揃え、時に修理も行っ
ともすれば「精度」競争に陥りがち
実証実験が進められている。
しかも
ヤーとしての企業は一部の大手メー
た。
こうして得た知識も、
そのまま起業
の日本製造業を、
森沢社長は「消耗戦
レーダ開発中に建築構造物の壁内透
「ラジオへの興味に始まり、高校時
カーを除き、国内にはほとんどない。森
後の強みとなった。
になっている」
と危惧、
「加工精度に頼
視が可能なことも発見、
「たとえば中古
代からずっと電気回路のことばかり考
沢社長は起業前に先進地・アメリカの
らず、電気的性能をあげることが重
住宅など老朽化したインフラへの展開
えていました」。
そんな情熱と強い意志
工場などを視察、その現場に衝撃を
が、多くの困難を越えて新たな道を拓
受けた。
いた。盛岡市にあるRFtestLab(アー
「工場はビルの一室などで従業員
ルエフテストラボ)有限会社は、
森沢茂
野」
と自社を評する森沢茂紀社長の考える戦略、最終目標は何か。
単製品をオンデマンドで製作。
工業界のニッチで業績を伸ばす
要」
という。形状や大きさが性能を決定
や、火災や災害等視界がきかない現
するフィルタ類などは、組立工程や製
場でのモニタ管理にも役立つ可能性
造後の調整により性能が劇的に向上
がある」と森沢社長はいう。
こちらも
は数人。
そこでベア・チップ半導体にマ
そんな同社をオンリーワンと評する
する。
これは人の手でしか実現し得な
ハードウェアはほぼ完成、商品化も見
紀社長が20年以上培ってきた技術と
ニュアル操作のワイヤ・ボンディング・マ
理由は、
アメリカの手法を採用しつつも
い部分であり、実は電気関連メーカー
えてきた。
アイディアをもとに設立した、
オンリーワ
シンで、
マイクロ波コンポーネンツを手
「日本らしさ」、
つまりNC工作機械によ
や研究機関が一番欲しがる技術力な
高周波、
なかでもミリ波を使う工業
ン企業である。
作りしていたんです」。
る製造部門を有する点だ。電波フィル
のだ。
製品はそれほど多くはないが、
「ロケッ
同社の事業は「ミリ波」や「マイクロ
同じ工業製品でも大量生産・分業
タや 導 波 管などの機 構 部 品をコン
創業から9年ながら、すでに医療機
トや航空機のように付加価値の高いも
波」
と呼ばれる高周波回路の設計製
化に進む日本と対極の「単品製作」
ピュータによるシミュレーションに頼る割
器MRIの高周波電源はじめ人工衛星
のほど単品、
しかもオンデマンドが求め
森沢 茂紀 代表取締役社長
造。
アメリカでは宇宙航空や軍需産
「手作業」に可能性を見出した森沢社
合を下げて直接製造、納期・コストの
搭載用フィルターなど、同社の開発実
られる」
と森沢社長。
目指すのは産業
業とともに発展してきた産業分野で、
長は、高周波用の半導体には欠かせ
短縮に繋げている。
このように設計か
績は多岐に渡る。近年は
(独)電子航
ピラミッドの頂点、
オンリーワンのものづ
日本でも近年は携帯電話や車載レー
ないワイヤ・ボンディングのマシン操作
ら製造までの一貫体制を敷く企業は、
法研究所の依頼を受けミリ波レーダを
くりだ。
全工程を自社で行う。ものづくりの原点です
技アリ!ポイント
子どもの頃に叔父の工場で見た、
一貫生産のものづくりが原点。
どんなに加工精度を上げてもバラツキが
伴う半導体では最後の手作業が必須で、
高度な製品ほどこの
「調整力」
が求められる。自ら設計・製造、
組
立ができるのは最大の強みですね。
企 業 デ ー タ
会 社 名
本 社
E-mail
代 表 者
アールエフテストラボ有限会社
盛岡市みたけ4-2-2
[email protected]
森沢 茂紀
創 業
従 業 員
業 種
U R L
平成17年(2005)11月
3名
高周波回路の設計・試作・製造
http://www.RFtestLab.com
産業情報いわて
3
Fly UP