...

天使と悪魔についての真実

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

天使と悪魔についての真実
エペソ 2 章 1‐10 節 「恵みによる救い」
1A キリストの体 (1章)
1B 神の国を受け継ぐ者
2B いっさいを満たす方の満ちているところ
2A 罪からの救い
1B よみがえった者 1-7
2B 神の作品 8-10
本文
私たちは今日、教会とは何かについて学んでいきたいと思います。すでに四月、エペソ1章 1‐17 節を見ま
した。そして今日は 2 章を中心に見ていきたいと思います。
教会とは何でしょうか?一言でいえば何でしょうか?「イエス・キリストをあがめるところ」「礼拝するところ」と言
ってよいでしょう。1章では、神がキリストにあって私たちに何をしてくださったのか、そして聖霊が私たちにキリス
トにあってどのような働きをしてくださっているのかを知ることができました。
1A キリストの体 (1章)
1B 神の国を受け継ぐ者
私たちは、このように小さな集まりとして礼拝をしていますと、教会の意義も矮小化してしまう、小さくしてし
まいがちです。けれども、1章では、神がキリストにあって、天にあるもの、地にあるものの一切をキリストのうち
に集める(10 節)とあります。そしてその、神の国を、キリストにあって私たちが受け継ぐのだ、と教えています。
このような小さな者たちである私たちに、神は、国の指導者よりも、そしてビル・ゲイツのような億万長者よりも、
はるかに大きな力と富を受け継がせてくださるのです。私たちキリスト者は、神の国を受け継ぐ、神の子どもで
あります。
2B いっさいを満たす方の満ちているところ
そして、1 章 20-23 節にこう書いてあります。「神は、その全能の力をキリストのうちに働かせて、キリストを
死者の中からよみがえらせ、天上においてご自分の右の座に着かせて、すべての支配、権威、権力、主権の
上に、また、今の世ばかりでなく、次に来る世においてもとなえられる、すべての名の上に高く置かれました。ま
た、神は、いっさいのものをキリストの足の下に従わせ、いっさいのものの上に立つかしらであるキリストを、教会
にお与えになりました。教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちて
おられるところです。」やはり、教会はとてつもなく力と権威と、光栄のあるところです。イエス様がよみがえられて、
1
天に昇られました。その時に、すべての支配、権威、権力、主権の上に、イエス様の名を置かれました。これら
の支配、権威、権力、主権というのは天使の存在です。天使の中でも、悪い、堕落した天使、悪魔や悪霊
どももこれに含まれます。キリストは天にあるもの、地にあるものの一切の権威を持っておられます。
そのキリストが頭となって、そして教会はこの方が満ち満ちているところ、キリストのからだと呼ばれるぐらい、一
体となっているところであるということです。こんなすごい特権と栄光は、私たちは理解できないかもしれません。
それでパウロは、18 節で、「神の召しによって与えられる望みがどのように栄光に富んだものか、(・・・あなたが
たが知ることができますように。)」と祈っています。
だから、教会は社交場ではありません。友達を探しにいくところではありません。ご飯を食べにくるところでもあ
りません。そうではなく、今書かれたことを味わうために、キリストを礼拝しにするところです。私は、教会から他
の教会に移ってもよいかどうか悩んでいる人には、いつも次のアドバイスをします。「自分がその教会で、キリス
トをはっきりと見ることができるかどうか、礼拝を心から捧げることができるかどうか、それを判断基準にして決め
てください。」
2A 罪からの救い
そして 2 章は、神の驚くべき恵みについて話しています。このような、とてつもない大きな特権と祝福の中に入
っているのは、死んで神の怒りを受けるしかない罪人たちなのだ、ということです。教会生活が楽しいものになる
か、そうでないかを分ける分水嶺(=水の流れを分けるところ)は、自分がどこから来たかをしっかりと知って
いることです。神の恵みを知っているかどうかにかかっています。
1B よみがえった者 1-7
2:1 あなたがたは自分の罪過と罪との中に死んでいた者であって、2:2 そのころは、それらの罪の中にあってこ
の世の流れに従い、空中の権威を持つ支配者として今も不従順の子らの中に働いている霊に従って、歩ん
でいました。2:3 私たちもみな、かつては不従順の子らの中にあって、自分の肉の欲の中に生き、肉と心の望
むままを行ない、ほかの人たちと同じように、生まれながら御怒りを受けるべき子らでした。2:4 しかし、あわれ
み豊かな神は、私たちを愛してくださったその大きな愛のゆえに、2:5 罪過の中に死んでいたこの私たちをキリ
ストとともに生かし、・・あなたがたが救われたのは、ただ恵みによるのです。・・2:6 キリスト・イエスにおいて、と
もによみがえらせ、ともに天の所にすわらせてくださいました。2:7 それは、あとに来る世々において、このすぐれ
て豊かな御恵みを、キリスト・イエスにおいて私たちに賜わる慈愛によって明らかにお示しになるためでした。
神の恵みは、まるでダイヤモンドのような輝きを持っています。あるいはあまりにも美しくて、まぶしくなるほどの
花嫁にもたとえることができるでしょう。「恵み」の元々の意味は、「一方的な好意」です。自分が何もしていな
いのに、神が一方的に好意を抱いてくださっている、ということです。
2
そしてそのダイヤモンドのような輝きを知るには、その背景が真っ黒であることを知る必要があります。私たち
の人生における神の恵みの輝きを知るには、私たちの以前の生活がいかに真っ暗だったのかを知る必要があ
るのです。
1 節に、「あなたがたは、死んでいた者である」と書いています。みなさんの中で「北斗の拳」という漫画を読
んだ方はいらっしゃるでしょうか?その主人公、ケンシロウは、闘う相手を「あちゃ、あちゃ!」と拳で突きます。
相手は特にダメージを受けた様子はありません。けれども、ケンシロウはこういうのです、「お前はもう死んでい
る」。その後すぐに、相手の体が内側から破裂します。生きているのに、「お前はもう死んでいる」と宣告するの
です。
聖書は、人は死んでいると告げています。肉体は生きていても、罪と罪過の中で死んでいる、と言っているの
です。私たちは、これに抵抗を覚えます。「いや、私には何か良いものがあるはずだ。」と自分の内に善を探す
のです。そして、「自分で何とかして良くしていこう」と努力します。けれども、死んでいるから、どんな努力をして
も無駄なのです。
さらに、「世の流れに従って、空中で権威を持つ支配者に従っている」とあります。この空中で権威を持つ支
配者とは、悪魔のことです。「えっ、俺が悪魔に従っているって?」と怒る人がいるかもしれません。けれども、実
際にそうなのです。世の流れに従うというのは、ちょうど死んだ魚が川で下に流れていくしかないのと似ています。
生きた魚は流れに逆らって泳ぐことができますが、死ねばそのまま流れているのです。
イエス様を信じて、新しく生まれた人であれば、自分が世の流れに従っていただけなのを分かっていると思い
ます。「私は本当に、意味のないもの、中身のないこと、むなしいことを大事にしてきたな。」という気持ちがある
と思います。大切ではないものが最も大切であるかのように、世は教えます。それに対して何の疑問も持たず
に行ってきたのではないでしょうか?悪魔は世の神であると、聖書に書いてあります。世の流れに従うときに、
実は世の神である悪魔の言いなりに従っていただけなのです。
そして、「肉の欲のままに、肉と心の望むままに生きていた」と書いてあります。私たちは、自分が自分の願うこ
と、望んでいることのままに行きたいと願います。法律を破って捕まることがなければ、何でも行っていいではな
いか、と思います。そして教会で語られる、神の命令を聞くと窮屈だと思うのです。けれども、肉や心の望むま
まに生きていたら、その結末は滅びです。その人の尊厳が滅びます。その人の財産がなくなります。貴い夫婦
関係や、家族関係を壊します。自分の健康さえ損ないます。
そして行きつくところは、「神の怒り」です。「生まれながら御怒りを受けるべき子らでした。」とあります。神の
裁きを受けなければいけません。
3
したがってこれらが、以前の私たちの姿です。以前、恵比寿での聖書の学びで、あるクリスチャンがこのような
ことを言われました。「一般の人々は、自分がどのように成功できるか、という哲学の中で生きている。」罪の中
で死んでいるのではなく、自分がどのようにしたら自分の願うような成功を果たすことができるかという考えで生
きています。そのために、キリストの福音を聞いてもどうしても受け入れられません。なぜなら、福音は、「あなた
はもう死んでいます。あなたに可能性はないのです。」という悪い知らせが出発点だからです。そして、教会に
通って自分がクリスチャンになったと思っていたとしても、こうした考え、哲学の中で生きているならば、神の恵み
の醍醐味は味わうことができません。
しかし、4 節です。「しかし、憐れみ豊かな神は」とあります。聖書で、「しかし」という言葉が出てきたら気を付
けてください。神は、はっきり対比させたいのです。前回学びましたが、私たちにとって大切なのは、初めに、「神
が私たちに行ってくださったこと」に目を留めることです。1章において、神がキリストにあって私たちのためにして
くださったことが書かれていました。そして、4 章で初めて、神の召しにふさわしいように歩みなさい、と私たちが
主に対して行うように勧めを受けています。けれども、私たちはどうしても、「私たちが行ったから、神がそれに応
答してくださる。」という考えを持っています。祈りも、讃美も、奉仕も大切です。けれども、それはあくまでも、
神が私たちのために行ってくださったことの応答であり、その逆ではないのです。
神は、「憐れみ豊か」であるとあります。ここの憐れみは、旧約聖書では「真実」という言葉で使われています
(例:ルツ 3:10)。ヘブル語では、「ヘセド」と言います。良くしてあげる義務はないのに、それでも愛している
から親切にすることを意味します。ルツ記では、ルツがしゅうとのナオミといっしょにイスラエルに戻る義務はこれっ
ぽっちもないのに、それでもナオミを愛しているので、共に帰ったのです。神はそのようなヘセドに豊かな方です。
神は、罪の中に死んでいて、肉の欲望のままに生きて、神の怒りを受けるしかないのに、それでも愛されて、
私たちを生かしてくださるのです。私たちが生きたいと願うならば、それは完全に神に拠っているのです。自分で
自分を生かそうとするなら、必ずつまずきます。けれども、自分をキリストの前に捨てて、自分の罪のために代
わりに死んでくださった、十字架につけられたイエスにただ自分の身をゆだねることによって、今度は神が自分を
引き上げてくださるのです。「血によってではなく、肉の欲求や人の意欲によってでもなく、ただ、神によって生ま
れたのである。(ヨハネ 1:13)」私たちが礼拝に集う時に、自分ではなくキリストが自分を生かすのだ、という
力と確信を与えられる、ということです。
そして 5 節、神はキリストと共に私たちを霊的に生かしてくださり、そして 6 節ですが、生かしてくださっただけ
でなく、ともに天のところに座らせてくださった、とあります。先ほどの 1 章 21 節を思い出してください。イエス様
はよみがえられて、あらゆる支配や、権威、権力、主権の上に、さらにすぐれた名を与えられました。それで、
神の右の座に着いておられます。そのキリストのうちに、私たちはいます。キリストがおられるところに、霊的に私
たちもいるのです。ですから、私たちも天のところに座らせていただいている、と言っているのです。
4
このような霊的位置に私たちは着いています。したがって使徒パウロのように、自分が圧倒的な勝利者であ
ると宣言することができます。「しかし、私たちは、私たちを愛してくださった方によって、これらすべてのことの中
にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。私はこう確信しています。死も、いのちも、御使いも、権威ある者
も、今あるものも、後に来るものも、力ある者も、高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリ
スト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。(ローマ 8:37-39)」先ほど読みましたよ
うに、すべての支配、権威、権力、主権の上に、イエス様の名が置かれました。キリストにあって私たちも、どん
な悪の勢力にあっても、どんな迫害や、苦しみがあっても、キリストにある神の愛から私たちを引き離すことは決
してないのです。
そして 7 節の言葉です。神のこのすぐれた恵みは、あとに来る世々において明らかにする、とのことですが、神
の恵みを明らかにするのに、世々、すなわち永遠を必要とする、というのです。私たちが受けた救い、その恵み
は、永遠を使ってもそれを明らかにするのに足りないとパウロは言います。私は、どこかで神の恵みは知っている
という、勝手な思いを抱いてしまいます。とんでもないことです。神の恵みは、どんなに経っても、どんなに深く知
ったと思っても、大海の一滴のようにしか知らないのです。
2B 神の作品 8-10
2:8 あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神
からの賜物です。2:9 行ないによるのではありません。だれも誇ることのないためです。2:10 私たちは神の作
品であって、良い行ないをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行ないに歩
むように、その良い行ないをもあらかじめ備えてくださったのです。
パウロは、これまで話してきたことを改めてまとめ、強調しています。それは、徹頭徹尾、救いは神の恵みに
拠るのだ、ということです。神の恵みであるならば、人の行いではないのです。神がキリストにあって一方的に行
ったことであって、人はそのことに何一つ貢献することはないし、貢献できないのです。もし、このことを深く悟って
いるならば、みなさんの教会生活は豊かなものになります。もし、このことを悟っていなければ、その人はクリスチ
ャンのように教会生活を送っているのかもしれませんが、実は心の中が渇く、喜びがない、平安がない、そして
神の愛が分からない、そこでなぜ教会に来ているのか分からなくなってくる、ということになります。
そして、次に大事なのは、神の恵みは、私たちのその後の行いにおいても恵みなのだ、ということです。行いに
よって救われることはありませんが、良い行いのために私たちは救われました。天国への切符をもらったら、残り
の生活はどのように過ごしてもよい、と考えていたら、その人は神の救いの意味を分かっていない、ということで、
本当に救われたかどうか分かりません。
そして大事なのは、良い行いでさえも、神によって備えられた、ということです。多くの人が、救いは神の恵み
によるけれども、その後は行いによって完成させなければいけない、と思います。いいえ、間違いです。神が私た
5
ちに恵みを与えてくだされば、私たちには自分ではできなかったことがキリストにあってできるようになります。信
仰によって、一歩踏み出す時、それは行いとして現れます。信仰には必ず行いが表れます。行いのない信仰
は、死んでいます。信仰と行いは一つのパッケージに入っており、しかも信仰から入口ではいり、信仰によって
出ていくときに行いも伴っているのです。
その結果、教会が良い行いの実を結んでいます。私たちは神の作品と呼ばれています。これはギリシヤ語で
は、ポエマ、英語のポエムのことです。神がご自分の恵みを詩にしてしたためる時に、私たちの良い行いがその
美しい神の詩なのだ、ということです。
いかがでしょうか?「教会とは何か?」という質問に対して、はっきりとした答えが出たでしょうか?ここで自分
に問わなければいけないことは、「自分は神の恵みに立っているかどうか」ということです。ここに表された、神の
豊かな憐れみ、その偉大な愛に自分自身を置いているか、ということです。自分自身がまったく死んでいたとい
うことを知っていたかどうか、ということです。そして神はキリストにあって自分を生かしてくださること、それだけで
なく、どんな悪の勢力も自分に対して無力であり、自分は天にキリストと共に着いているんだ、ということです。
このことが分かれば、おのずと良い行いをしています。それが神が願われている実、ご自分の作品です。
6
Fly UP