...

antralulcere胃癌

by user

on
Category: Documents
13

views

Report

Comments

Transcript

antralulcere胃癌
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65~74 歳、75 歳以上)
719
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
-------------------------------------- ------------------------------------AGE(years) Subgroup
~64
~74
75~
~64
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=44)
(N=15)
(N=28)
(N=83)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Nasopharyngitis
鼻咽頭炎
6( 75.0)
16( 36.4)
5( 33.3)
8( 28.6)
26( 31.3)
4( 16.0)
Back pain 背部痛
2( 25.0)
6( 13.6)
2( 13.3)
7( 25.0)
6( 7.2)
4( 16.0)
Constipation 便秘
0( 0.0)
1( 2.3)
1( 6.7)
1( 3.6)
6( 7.2)
3( 12.0)
Fall
転倒・転落
0( 0.0)
4( 9.1)
2( 13.3)
1( 3.6)
6( 7.2)
2( 8.0)
Headache 頭痛
0( 0.0)
1( 2.3)
2( 13.3)
0( 0.0)
8( 9.6)
1( 4.0)
Osteoarthritis 骨関節炎
0( 0.0)
3( 6.8)
1( 6.7)
0( 0.0)
7( 8.4)
2( 8.0)
Arthralgia 関節痛
1( 12.5)
3( 6.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
7( 8.4)
1( 4.0)
Contusion 挫傷
0( 0.0)
4( 9.1)
0( 0.0)
2( 7.1)
6( 7.2)
0( 0.0)
Dizziness 浮動性めまい
0( 0.0)
3( 6.8)
0( 0.0)
1( 3.6)
4( 4.8)
3( 12.0)
Seasonal allergy
季節性アレルギー
0( 0.0)
3( 6.8)
1( 6.7)
1( 3.6)
7( 8.4)
0( 0.0)
Upper respiratory tract inflammation 上気道の炎症
0( 0.0)
2( 4.5)
1( 6.7)
0( 0.0)
5( 6.0)
3( 12.0)
Cystitis 膀胱炎
1( 12.5)
0( 0.0)
1( 6.7)
1( 3.6)
6( 7.2)
0( 0.0)
Diarrhoea 下痢
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
3( 3.6)
2( 8.0)
Dermatitis contact 接触性皮膚炎
0( 0.0)
3( 6.8)
1( 6.7)
2( 7.1)
3( 3.6)
0( 0.0)
Eczema 湿疹
1( 12.5)
4( 9.1)
0( 0.0)
0( 0.0)
4( 4.8)
1( 4.0)
Injection site reaction 注射部位反応
1( 12.5)
6( 13.6)
1( 6.7)
1( 3.6)
2( 2.4)
2( 8.0)
Joint sprain 関節捻挫
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
4( 4.8)
0( 0.0)
Back injury 背部損傷
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
1( 3.6)
2( 2.4)
1( 4.0)
Blood alkaline phosphatase increased 血中アルカリホスファターゼ増加
0( 0.0)
2( 4.5)
0( 0.0)
1( 3.6)
1( 1.2)
2( 8.0)
Gastroenteritis
胃腸炎
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
4( 4.8)
0( 0.0)
Pain in extremity 四肢痛
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
3( 3.6)
1( 4.0)
Periodontitis
歯周炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
2( 2.4)
1( 4.0)
Tooth extraction
抜歯
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
3( 3.6)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-32.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65~74 歳、75 歳以上)(続き)
720
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
-------------------------------------- ------------------------------------AGE(years) Subgroup
~64
~74
75~
~64
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=44)
(N=15)
(N=28)
(N=83)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Arthropod sting
節足動物刺傷
0( 0.0)
3( 6.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
1( 4.0)
Asthma 喘息
1( 12.5)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
3( 3.6)
0( 0.0)
Dental treatment
歯科治療
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
2( 2.4)
0( 0.0)
Gastritis 胃炎
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
1( 3.6)
2( 2.4)
0( 0.0)
Heat rash 紅色汗疹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
3( 3.6)
0( 0.0)
Herpes simplex 単純ヘルペス
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
1( 4.0)
Insomnia 不眠症
0( 0.0)
2( 4.5)
0( 0.0)
1( 3.6)
2( 2.4)
0( 0.0)
Muscle spasms
筋痙縮
1( 12.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
3( 3.6)
0( 0.0)
Myalgia
筋痛
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
1( 3.6)
2( 2.4)
0( 0.0)
Periarthritis
関節周囲炎
1( 12.5)
1( 2.3)
1( 6.7)
0( 0.0)
3( 3.6)
0( 0.0)
Rhinitis allergic アレルギー性鼻炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
2( 2.4)
0( 0.0)
Abdominal pain 腹痛
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
1( 3.6)
0( 0.0)
1( 4.0)
Abdominal pain upper 上腹部痛
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Alanine aminotransferase increased
アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
2( 4.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Aspartate aminotransferase increased アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
2( 4.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Autonomic nervous system imbalance
自律神経失調
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 8.0)
Blood creatine phosphokinase increased 血中クレアチンホスホキナーゼ増加
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
1( 1.2)
0( 0.0)
Blood pressure increased 血圧上昇
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Cataract 白内障
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 4.0)
Cervicobrachial syndrome 頚腕症候群
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
1( 4.0)
Conjunctival haemorrhage 結膜出血
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-32.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65~74 歳、75 歳以上)(続き)
721
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
-------------------------------------- ------------------------------------AGE(years) Subgroup
~64
~74
75~
~64
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=44)
(N=15)
(N=28)
(N=83)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Conjunctivitis allergic アレルギー性結膜炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 4.0)
Cough 咳嗽
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 4.0)
Dental caries
齲歯
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
1( 1.2)
0( 0.0)
Dermatitis 皮膚炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 4.0)
Erythema 紅斑
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 4.0)
Gastroenteritis viral ウイルス性胃腸炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Haemorrhage subcutaneous 皮下出血
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Hyperuricaemia 高尿酸血症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 4.0)
Injection site bruising 注射部位内出血
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Musculoskeletal pain 筋骨格痛
1( 12.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 4.0)
Pollakiuria 頻尿
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Reflux oesophagitis
逆流性食道炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Spinal osteoarthritis 変形性脊椎炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 4.0)
Stomach discomfort 胃不快感
0( 0.0)
1( 2.3)
1( 6.7)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Stomatitis 口内炎
0( 0.0)
2( 4.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Tinnitus 耳鳴
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Toothache 歯痛
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
1( 3.6)
1( 1.2)
0( 0.0)
Vertigo
回転性めまい
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Vertigo positional
頭位性回転性めまい
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Vomiting 嘔吐
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Abdominal discomfort 腹部不快感
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Abdominal distension 腹部膨満
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Abdominal pain lower 下腹部痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Accident at home
家庭内事故
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-32.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65~74 歳、75 歳以上)(続き)
722
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
-------------------------------------- ------------------------------------AGE(years) Subgroup
~64
~74
75~
~64
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=44)
(N=15)
(N=28)
(N=83)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Alopecia areata
円形脱毛症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Anaemia
貧血
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Anorexia 食欲不振
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Arthritis 関節炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Asthenia 無力症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Asthenopia 眼精疲労
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Atrial fibrillation
心房細動
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Avulsion fracture 剥離骨折
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Benign neoplasm
良性新生物
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Blood pressure decreased 血圧低下
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Blood uric acid increased 血中尿酸増加
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Breast cancer
乳癌
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Bronchitis 気管支炎
1( 12.5)
1( 2.3)
1( 6.7)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Cellulitis 蜂巣炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Cheilitis 口唇炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Chest pain 胸痛
0( 0.0)
1( 2.3)
1( 6.7)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Chillblains 凍瘡
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Chondrocalcinosis pyrophosphate
ピロリン酸カルシウム結晶性軟骨石灰化症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Chronic respiratory failure 慢性呼吸不全
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Colonic polyp
結腸ポリープ
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Dental implantation
歯科インプラント埋込み
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Dermatitis psoriasiform 乾癬様皮膚炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Dizziness postural 体位性めまい
0( 0.0)
1( 2.3)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-32.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65~74 歳、75 歳以上)(続き)
723
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
-------------------------------------- ------------------------------------AGE(years) Subgroup
~64
~74
75~
~64
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=44)
(N=15)
(N=28)
(N=83)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Dyshidrosis 発汗障害
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Electrocardiogram T wave inversion
心電図T波逆転
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Epicondylitis
上顆炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Essential tremor
本態性振戦
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Feeling abnormal
異常感
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Foot fracture
足骨折
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Fungal infection
真菌感染
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Gamma-glutamyltransferase increased γ-グルタミルトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Gastric ulcer
胃潰瘍
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Gastrooesophageal reflux disease 胃食道逆流性疾患
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Genital haemorrhage
性器出血
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Gingival infection 歯肉感染
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Gingival swelling 歯肉腫脹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Haemorrhoids 痔核
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hepatic function abnormal 肝機能異常
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hepatic steatosis 脂肪肝
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Hernia repair
ヘルニア修復
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Herpes virus infection
ヘルペスウイルス感染
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Herpes zoster
帯状疱疹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Hypercalcaemia 高カルシウム血症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Hyperkeratosis 過角化
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Hypoglycaemia
低血糖症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Hypotension 低血圧
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-32.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65~74 歳、75 歳以上)(続き)
724
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
-------------------------------------- ------------------------------------AGE(years) Subgroup
~64
~74
75~
~64
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=44)
(N=15)
(N=28)
(N=83)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Ingrowing nail 嵌入爪
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Injection site erythema 注射部位紅斑
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Injury 損傷
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Intercostal neuralgia 肋間神経痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Intervertebral disc protrusion
椎間板突出
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Intestinal ischaemia 腸管虚血
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Intestinal polypectomy
腸ポリープ切除
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Iron deficiency anaemia 鉄欠乏性貧血
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Knee meniscectomy
膝半月板切除
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Loss of control of legs 足のもつれ
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Lumbar spinal stenosis
腰部脊柱管狭窄症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Lung adenocarcinoma
肺腺癌
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Malaise
倦怠感
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Meniere's disease
メニエール病
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Musculoskeletal chest pain 筋骨格系胸痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Musculoskeletal stiffness 筋骨格硬直
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Nail avulsion
爪裂離
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Nausea 悪心
1( 12.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Neck pain 頚部痛
1( 12.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Nephrolithiasis
腎結石症
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Neuritis 神経炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Neurosis 神経症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Normal tension glaucoma 正常眼圧緑内障
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Ocular hyperaemia 眼充血
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-32.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65~74 歳、75 歳以上)(続き)
725
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
-------------------------------------- ------------------------------------AGE(years) Subgroup
~64
~74
75~
~64
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=44)
(N=15)
(N=28)
(N=83)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Onycholysis 爪甲離床症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Orthostatic hypotension 起立性低血圧
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Otitis media 中耳炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Pain
疼痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Paronychia 爪囲炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Periarthritis calcarea
石灰沈着性関節周囲炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Pharyngitis 咽頭炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Pharyngolaryngeal discomfort
咽喉頭不快感
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Pharyngolaryngeal pain
咽喉頭疼痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Post herpetic neuralgia ヘルペス後神経痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Post procedural complication
処置後合併症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Psychosomatic disease 心身症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Pulmonary fibrosis 肺線維症
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Rash
発疹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Rhinitis 鼻炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Road traffic accident 交通事故
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Rotator cuff repair
肩回旋筋腱板修復
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Rotator cuff syndrome
肩回旋筋腱板症候群
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Sciatica 坐骨神経痛
0( 0.0)
1( 2.3)
1( 6.7)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Senile pruritus
老人性そう痒症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Skeletal injury
骨格損傷
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Skin chapped
ひび・あかぎれ
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Skin lesion excision 皮膚病変切除
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Sleep disorder 睡眠障害
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-32.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65~74 歳、75 歳以上)(続き)
726
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
-------------------------------------- ------------------------------------AGE(years) Subgroup
~64
~74
75~
~64
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=44)
(N=15)
(N=28)
(N=83)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Sudden hearing loss
突発難聴
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Tendonitis 腱炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Tenosynovitis
腱鞘炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Tinea infection
白癬感染
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Tinea pedis 足部白癬
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Tonsillitis 扁桃炎
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Tooth abscess
歯膿瘍
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Urinary tract infection 尿路感染
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Urticaria thermal
温熱蕁麻疹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
White blood cell count increased
白血球数増加
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Xeroderma 乾皮症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Amnesia
健忘
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Anal fissure 裂肛
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Anaphylactic reaction アナフィラキシー反応
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Aspiration joint
関節吸引
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Asteatosis 皮脂欠乏症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Benign neoplasm of skin 皮膚良性新生物
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Blepharitis allergic アレルギー性眼瞼炎
1( 12.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Bronchopulmonary aspergillosis allergic アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Carotid arteriosclerosis 頚動脈硬化症
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Cataract operation 白内障手術
0( 0.0)
3( 6.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Colitis ischaemic
虚血性大腸炎
1( 12.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Corneal erosion
角膜びらん
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-32.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65~74 歳、75 歳以上)(続き)
727
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
-------------------------------------- ------------------------------------AGE(years) Subgroup
~64
~74
75~
~64
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=44)
(N=15)
(N=28)
(N=83)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Cystitis haemorrhagic 出血性膀胱炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Diverticulum intestinal 腸憩室
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Dyspepsia 消化不良
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Enterocolitis
腸炎
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Eosinophil count increased 好酸球数増加
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Eye infection intraocular 感染性眼内炎
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Eye pain 眼痛
1( 12.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Fatigue
疲労
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Femoral neck fracture
大腿骨頚部骨折
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Flatulence 鼓腸
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Food poisoning 食中毒
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Fracture reduction 骨折整復
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Gastritis erosive
びらん性胃炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Gingival bleeding 歯肉出血
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Groin pain 鼡径部痛
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Helicobacter infection
ヘリコバクター感染
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hordeolum 麦粒腫
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Humerus fracture
上腕骨骨折
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Incisional drainage
切開排膿
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Influenza インフルエンザ
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Injection site haemorrhage 注射部位出血
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Joint contracture 関節拘縮
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Mass excision
腫瘤切除
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Meniscus lesion
半月板障害
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-32.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65~74 歳、75 歳以上)(続き)
728
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
-------------------------------------- ------------------------------------AGE(years) Subgroup
~64
~74
75~
~64
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=44)
(N=15)
(N=28)
(N=83)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Myalgia intercostal
肋間筋痛
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Nodal osteoarthritis 結節性変形性関節炎
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Oral herpes 口腔ヘルペス
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Photodermatosis
光線性皮膚症
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Platelet count decreased 血小板数減少
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Pyrexia
発熱
0( 0.0)
2( 4.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Raynaud's phenomenon レイノー現象
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Renal cyst 腎嚢胞
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Rhinorrhoea 鼻漏
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Rib fracture 肋骨骨折
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Suture insertion
縫合
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Syncope vasovagal 血管迷走神経性失神
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Tendon sheath lesion excision 腱鞘病変部切除
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Urticaria 蕁麻疹
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Ventricular extrasystoles 心室性期外収縮
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Wound 創傷
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------MedDRA Version: 11.0
[B3D-MC-GHDB], Program name: A_MT_SAFT01.SAS, Executed: 19JAN2009 14:07
LY333334
表 2.7.4.7-32.
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65 歳以上)
729
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~64
65~
~64
65~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=59)
(N=28)
(N=108)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Nasopharyngitis
鼻咽頭炎
6( 75.0)
21( 35.6)
8( 28.6)
30( 27.8)
Back pain 背部痛
2( 25.0)
8( 13.6)
7( 25.0)
10( 9.3)
Constipation 便秘
0( 0.0)
2( 3.4)
1( 3.6)
9( 8.3)
Fall
転倒・転落
0( 0.0)
6( 10.2)
1( 3.6)
8( 7.4)
Headache 頭痛
0( 0.0)
3( 5.1)
0( 0.0)
9( 8.3)
Osteoarthritis 骨関節炎
0( 0.0)
4( 6.8)
0( 0.0)
9( 8.3)
Arthralgia 関節痛
1( 12.5)
3( 5.1)
0( 0.0)
8( 7.4)
Contusion 挫傷
0( 0.0)
4( 6.8)
2( 7.1)
6( 5.6)
Dizziness 浮動性めまい
0( 0.0)
3( 5.1)
1( 3.6)
7( 6.5)
Seasonal allergy
季節性アレルギー
0( 0.0)
4( 6.8)
1( 3.6)
7( 6.5)
Upper respiratory tract inflammation 上気道の炎症
0( 0.0)
3( 5.1)
0( 0.0)
8( 7.4)
Cystitis 膀胱炎
1( 12.5)
1( 1.7)
1( 3.6)
6( 5.6)
Diarrhoea 下痢
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
5( 4.6)
Dermatitis contact 接触性皮膚炎
0( 0.0)
4( 6.8)
2( 7.1)
3( 2.8)
Eczema 湿疹
1( 12.5)
4( 6.8)
0( 0.0)
5( 4.6)
Injection site reaction 注射部位反応
1( 12.5)
7( 11.9)
1( 3.6)
4( 3.7)
Joint sprain 関節捻挫
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
4( 3.7)
Back injury 背部損傷
0( 0.0)
1( 1.7)
1( 3.6)
3( 2.8)
Blood alkaline phosphatase increased 血中アルカリホスファターゼ増加
0( 0.0)
2( 3.4)
1( 3.6)
3( 2.8)
Gastroenteritis
胃腸炎
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
4( 3.7)
Pain in extremity 四肢痛
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
4( 3.7)
Periodontitis
歯周炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
3( 2.8)
Tooth extraction
抜歯
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
3( 2.8)
Arthropod sting
節足動物刺傷
0( 0.0)
3( 5.1)
0( 0.0)
3( 2.8)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-33.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65 歳以上)(続き)
730
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~64
65~
~64
65~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=59)
(N=28)
(N=108)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Asthma 喘息
1( 12.5)
1( 1.7)
0( 0.0)
3( 2.8)
Dental treatment
歯科治療
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
2( 1.9)
Gastritis 胃炎
0( 0.0)
1( 1.7)
1( 3.6)
2( 1.9)
Heat rash 紅色汗疹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
3( 2.8)
Herpes simplex 単純ヘルペス
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
3( 2.8)
Insomnia 不眠症
0( 0.0)
2( 3.4)
1( 3.6)
2( 1.9)
Muscle spasms
筋痙縮
1( 12.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
3( 2.8)
Myalgia
筋痛
0( 0.0)
1( 1.7)
1( 3.6)
2( 1.9)
Periarthritis
関節周囲炎
1( 12.5)
2( 3.4)
0( 0.0)
3( 2.8)
Rhinitis allergic アレルギー性鼻炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
2( 1.9)
Abdominal pain 腹痛
0( 0.0)
1( 1.7)
1( 3.6)
1( 0.9)
Abdominal pain upper 上腹部痛
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
2( 1.9)
Alanine aminotransferase increased
アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
2( 3.4)
0( 0.0)
2( 1.9)
Aspartate aminotransferase increased アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
2( 3.4)
0( 0.0)
2( 1.9)
Autonomic nervous system imbalance
自律神経失調
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
2( 1.9)
Blood creatine phosphokinase increased 血中クレアチンホスホキナーゼ増加
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
1( 0.9)
Blood pressure increased 血圧上昇
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
2( 1.9)
Cataract 白内障
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
2( 1.9)
Cervicobrachial syndrome 頚腕症候群
0( 0.0)
1( 1.7)
1( 3.6)
1( 0.9)
Conjunctival haemorrhage 結膜出血
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.9)
Conjunctivitis allergic アレルギー性結膜炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.9)
Cough 咳嗽
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.9)
Dental caries
齲歯
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
1( 0.9)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-33.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65 歳以上)(続き)
731
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~64
65~
~64
65~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=59)
(N=28)
(N=108)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Dermatitis 皮膚炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.9)
Erythema 紅斑
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.9)
Gastroenteritis viral ウイルス性胃腸炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.9)
Haemorrhage subcutaneous 皮下出血
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
2( 1.9)
Hyperuricaemia 高尿酸血症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.9)
Injection site bruising 注射部位内出血
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.9)
Musculoskeletal pain 筋骨格痛
1( 12.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.9)
Pollakiuria 頻尿
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
2( 1.9)
Reflux oesophagitis
逆流性食道炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.9)
Spinal osteoarthritis 変形性脊椎炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.9)
Stomach discomfort 胃不快感
0( 0.0)
2( 3.4)
0( 0.0)
2( 1.9)
Stomatitis 口内炎
0( 0.0)
2( 3.4)
0( 0.0)
2( 1.9)
Tinnitus 耳鳴
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
2( 1.9)
Toothache 歯痛
0( 0.0)
1( 1.7)
1( 3.6)
1( 0.9)
Vertigo
回転性めまい
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.9)
Vertigo positional
頭位性回転性めまい
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.9)
Vomiting 嘔吐
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
2( 1.9)
Abdominal discomfort 腹部不快感
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Abdominal distension 腹部膨満
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Abdominal pain lower 下腹部痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Accident at home
家庭内事故
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Alopecia areata
円形脱毛症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
Anaemia
貧血
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
1( 0.9)
Anorexia 食欲不振
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-33.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65 歳以上)(続き)
732
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~64
65~
~64
65~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=59)
(N=28)
(N=108)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Arthritis 関節炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Asthenia 無力症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Asthenopia 眼精疲労
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Atrial fibrillation
心房細動
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Avulsion fracture 剥離骨折
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Benign neoplasm
良性新生物
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Blood pressure decreased 血圧低下
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
Blood uric acid increased 血中尿酸増加
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
Breast cancer
乳癌
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
Bronchitis 気管支炎
1( 12.5)
2( 3.4)
0( 0.0)
1( 0.9)
Cellulitis 蜂巣炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Cheilitis 口唇炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Chest pain 胸痛
0( 0.0)
2( 3.4)
0( 0.0)
1( 0.9)
Chillblains 凍瘡
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Chondrocalcinosis pyrophosphate
ピロリン酸カルシウム結晶性軟骨石灰化症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Chronic respiratory failure 慢性呼吸不全
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Colonic polyp
結腸ポリープ
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Dental implantation
歯科インプラント埋込み
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
Dermatitis psoriasiform 乾癬様皮膚炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Dizziness postural 体位性めまい
0( 0.0)
2( 3.4)
0( 0.0)
1( 0.9)
Dyshidrosis 発汗障害
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
Electrocardiogram T wave inversion
心電図T波逆転
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Epicondylitis
上顆炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Essential tremor
本態性振戦
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-33.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65 歳以上)(続き)
733
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~64
65~
~64
65~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=59)
(N=28)
(N=108)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Feeling abnormal
異常感
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Foot fracture
足骨折
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Fungal infection
真菌感染
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Gamma-glutamyltransferase increased γ-グルタミルトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
1( 0.9)
Gastric ulcer
胃潰瘍
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Gastrooesophageal reflux disease 胃食道逆流性疾患
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Genital haemorrhage
性器出血
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
Gingival infection 歯肉感染
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Gingival swelling 歯肉腫脹
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
Haemorrhoids 痔核
0( 0.0)
1( 1.7)
1( 3.6)
0( 0.0)
Hepatic function abnormal 肝機能異常
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
Hepatic steatosis 脂肪肝
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Hernia repair
ヘルニア修復
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Herpes virus infection
ヘルペスウイルス感染
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Herpes zoster
帯状疱疹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Hypercalcaemia 高カルシウム血症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Hyperkeratosis 過角化
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Hypoglycaemia
低血糖症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Hypotension 低血圧
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Ingrowing nail 嵌入爪
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
Injection site erythema 注射部位紅斑
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Injury 損傷
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Intercostal neuralgia 肋間神経痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Intervertebral disc protrusion
椎間板突出
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-33.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65 歳以上)(続き)
734
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~64
65~
~64
65~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=59)
(N=28)
(N=108)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Intestinal ischaemia 腸管虚血
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Intestinal polypectomy
腸ポリープ切除
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Iron deficiency anaemia 鉄欠乏性貧血
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
1( 0.9)
Knee meniscectomy
膝半月板切除
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Loss of control of legs 足のもつれ
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Lumbar spinal stenosis
腰部脊柱管狭窄症
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
1( 0.9)
Lung adenocarcinoma
肺腺癌
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Malaise
倦怠感
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Meniere's disease
メニエール病
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Musculoskeletal chest pain 筋骨格系胸痛
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
Musculoskeletal stiffness 筋骨格硬直
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
1( 0.9)
Nail avulsion
爪裂離
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Nausea 悪心
1( 12.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Neck pain 頚部痛
1( 12.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Nephrolithiasis
腎結石症
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
1( 0.9)
Neuritis 神経炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Neurosis 神経症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Normal tension glaucoma 正常眼圧緑内障
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Ocular hyperaemia 眼充血
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
1( 0.9)
Onycholysis 爪甲離床症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Orthostatic hypotension 起立性低血圧
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
Otitis media 中耳炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Pain
疼痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Paronychia 爪囲炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-33.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65 歳以上)(続き)
735
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~64
65~
~64
65~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=59)
(N=28)
(N=108)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Periarthritis calcarea
石灰沈着性関節周囲炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Pharyngitis 咽頭炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Pharyngolaryngeal discomfort
咽喉頭不快感
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Pharyngolaryngeal pain
咽喉頭疼痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Post herpetic neuralgia ヘルペス後神経痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Post procedural complication
処置後合併症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Psychosomatic disease 心身症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Pulmonary fibrosis 肺線維症
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
1( 0.9)
Rash
発疹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Rhinitis 鼻炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Road traffic accident 交通事故
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Rotator cuff repair
肩回旋筋腱板修復
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Rotator cuff syndrome
肩回旋筋腱板症候群
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Sciatica 坐骨神経痛
0( 0.0)
2( 3.4)
0( 0.0)
1( 0.9)
Senile pruritus
老人性そう痒症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Skeletal injury
骨格損傷
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Skin chapped
ひび・あかぎれ
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Skin lesion excision 皮膚病変切除
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Sleep disorder 睡眠障害
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Sudden hearing loss
突発難聴
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Tendonitis 腱炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
Tenosynovitis
腱鞘炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
Tinea infection
白癬感染
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Tinea pedis 足部白癬
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-33.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65 歳以上)(続き)
736
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~64
65~
~64
65~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=59)
(N=28)
(N=108)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Tonsillitis 扁桃炎
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
1( 0.9)
Tooth abscess
歯膿瘍
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Urinary tract infection 尿路感染
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Urticaria thermal
温熱蕁麻疹
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
White blood cell count increased
白血球数増加
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Xeroderma 乾皮症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Amnesia
健忘
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Anal fissure 裂肛
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Anaphylactic reaction アナフィラキシー反応
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Aspiration joint
関節吸引
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Asteatosis 皮脂欠乏症
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Benign neoplasm of skin 皮膚良性新生物
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Blepharitis allergic アレルギー性眼瞼炎
1( 12.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Bronchopulmonary aspergillosis allergic アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Carotid arteriosclerosis 頚動脈硬化症
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Cataract operation 白内障手術
0( 0.0)
3( 5.1)
0( 0.0)
0( 0.0)
Colitis ischaemic
虚血性大腸炎
1( 12.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Corneal erosion
角膜びらん
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Cystitis haemorrhagic 出血性膀胱炎
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Diverticulum intestinal 腸憩室
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Dyspepsia 消化不良
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Enterocolitis
腸炎
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Eosinophil count increased 好酸球数増加
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Eye infection intraocular 感染性眼内炎
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-33.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65 歳以上)(続き)
737
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~64
65~
~64
65~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=59)
(N=28)
(N=108)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Eye pain 眼痛
1( 12.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Fatigue
疲労
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Femoral neck fracture
大腿骨頚部骨折
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Flatulence 鼓腸
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Food poisoning 食中毒
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Fracture reduction 骨折整復
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Gastritis erosive
びらん性胃炎
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Gingival bleeding 歯肉出血
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Groin pain 鼡径部痛
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Helicobacter infection
ヘリコバクター感染
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hordeolum 麦粒腫
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Humerus fracture
上腕骨骨折
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Incisional drainage
切開排膿
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Influenza インフルエンザ
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Injection site haemorrhage 注射部位出血
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Joint contracture 関節拘縮
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Mass excision
腫瘤切除
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Meniscus lesion
半月板障害
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Myalgia intercostal
肋間筋痛
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Nodal osteoarthritis 結節性変形性関節炎
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Oral herpes 口腔ヘルペス
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Photodermatosis
光線性皮膚症
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Platelet count decreased 血小板数減少
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Pyrexia
発熱
0( 0.0)
2( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-33.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(64 歳以下、65 歳以上)(続き)
738
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~64
65~
~64
65~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=59)
(N=28)
(N=108)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Raynaud's phenomenon レイノー現象
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Renal cyst 腎嚢胞
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Rhinorrhoea 鼻漏
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Rib fracture 肋骨骨折
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Suture insertion
縫合
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Syncope vasovagal 血管迷走神経性失神
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Tendon sheath lesion excision 腱鞘病変部切除
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Urticaria 蕁麻疹
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Ventricular extrasystoles 心室性期外収縮
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Wound 創傷
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------MedDRA Version: 11.0
[B3D-MC-GHDB], Program name: A_MT_SAFT01.SAS, Executed: 19JAN2009 14:07
LY333334
表 2.7.4.7-33.
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(74 歳以下、75 歳以上)
739
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~74
75~
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=52)
(N=15)
(N=111)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Nasopharyngitis
鼻咽頭炎
22( 42.3)
5( 33.3)
34( 30.6)
4( 16.0)
Back pain 背部痛
8( 15.4)
2( 13.3)
13( 11.7)
4( 16.0)
Constipation 便秘
1( 1.9)
1( 6.7)
7( 6.3)
3( 12.0)
Fall
転倒・転落
4( 7.7)
2( 13.3)
7( 6.3)
2( 8.0)
Headache 頭痛
1( 1.9)
2( 13.3)
8( 7.2)
1( 4.0)
Osteoarthritis 骨関節炎
3( 5.8)
1( 6.7)
7( 6.3)
2( 8.0)
Arthralgia 関節痛
4( 7.7)
0( 0.0)
7( 6.3)
1( 4.0)
Contusion 挫傷
4( 7.7)
0( 0.0)
8( 7.2)
0( 0.0)
Dizziness 浮動性めまい
3( 5.8)
0( 0.0)
5( 4.5)
3( 12.0)
Seasonal allergy
季節性アレルギー
3( 5.8)
1( 6.7)
8( 7.2)
0( 0.0)
Upper respiratory tract inflammation 上気道の炎症
2( 3.8)
1( 6.7)
5( 4.5)
3( 12.0)
Cystitis 膀胱炎
1( 1.9)
1( 6.7)
7( 6.3)
0( 0.0)
Diarrhoea 下痢
0( 0.0)
0( 0.0)
4( 3.6)
2( 8.0)
Dermatitis contact 接触性皮膚炎
3( 5.8)
1( 6.7)
5( 4.5)
0( 0.0)
Eczema 湿疹
5( 9.6)
0( 0.0)
4( 3.6)
1( 4.0)
Injection site reaction 注射部位反応
7( 13.5)
1( 6.7)
3( 2.7)
2( 8.0)
Joint sprain 関節捻挫
0( 0.0)
0( 0.0)
5( 4.5)
0( 0.0)
Back injury 背部損傷
0( 0.0)
1( 6.7)
3( 2.7)
1( 4.0)
Blood alkaline phosphatase increased 血中アルカリホスファターゼ増加
2( 3.8)
0( 0.0)
2( 1.8)
2( 8.0)
Gastroenteritis
胃腸炎
1( 1.9)
0( 0.0)
4( 3.6)
0( 0.0)
Pain in extremity 四肢痛
1( 1.9)
0( 0.0)
3( 2.7)
1( 4.0)
Periodontitis
歯周炎
0( 0.0)
0( 0.0)
3( 2.7)
1( 4.0)
Tooth extraction
抜歯
0( 0.0)
0( 0.0)
4( 3.6)
0( 0.0)
Arthropod sting
節足動物刺傷
3( 5.8)
0( 0.0)
2( 1.8)
1( 4.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-34.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(74 歳以下、75 歳以上)(続き)
740
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~74
75~
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=52)
(N=15)
(N=111)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Asthma 喘息
2( 3.8)
0( 0.0)
3( 2.7)
0( 0.0)
Dental treatment
歯科治療
0( 0.0)
0( 0.0)
3( 2.7)
0( 0.0)
Gastritis 胃炎
1( 1.9)
0( 0.0)
3( 2.7)
0( 0.0)
Heat rash 紅色汗疹
0( 0.0)
0( 0.0)
3( 2.7)
0( 0.0)
Herpes simplex 単純ヘルペス
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.8)
1( 4.0)
Insomnia 不眠症
2( 3.8)
0( 0.0)
3( 2.7)
0( 0.0)
Muscle spasms
筋痙縮
1( 1.9)
0( 0.0)
3( 2.7)
0( 0.0)
Myalgia
筋痛
1( 1.9)
0( 0.0)
3( 2.7)
0( 0.0)
Periarthritis
関節周囲炎
2( 3.8)
1( 6.7)
3( 2.7)
0( 0.0)
Rhinitis allergic アレルギー性鼻炎
0( 0.0)
0( 0.0)
3( 2.7)
0( 0.0)
Abdominal pain 腹痛
0( 0.0)
1( 6.7)
1( 0.9)
1( 4.0)
Abdominal pain upper 上腹部痛
1( 1.9)
0( 0.0)
2( 1.8)
0( 0.0)
Alanine aminotransferase increased
アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加
2( 3.8)
0( 0.0)
2( 1.8)
0( 0.0)
Aspartate aminotransferase increased アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加
2( 3.8)
0( 0.0)
2( 1.8)
0( 0.0)
Autonomic nervous system imbalance
自律神経失調
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
2( 8.0)
Blood creatine phosphokinase increased 血中クレアチンホスホキナーゼ増加
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.8)
0( 0.0)
Blood pressure increased 血圧上昇
0( 0.0)
1( 6.7)
2( 1.8)
0( 0.0)
Cataract 白内障
0( 0.0)
1( 6.7)
1( 0.9)
1( 4.0)
Cervicobrachial syndrome 頚腕症候群
1( 1.9)
0( 0.0)
1( 0.9)
1( 4.0)
Conjunctival haemorrhage 結膜出血
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.8)
0( 0.0)
Conjunctivitis allergic アレルギー性結膜炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
1( 4.0)
Cough 咳嗽
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
1( 4.0)
Dental caries
齲歯
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.8)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-34.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(74 歳以下、75 歳以上)(続き)
741
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~74
75~
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=52)
(N=15)
(N=111)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Dermatitis 皮膚炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
1( 4.0)
Erythema 紅斑
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
1( 4.0)
Gastroenteritis viral ウイルス性胃腸炎
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.8)
0( 0.0)
Haemorrhage subcutaneous 皮下出血
0( 0.0)
1( 6.7)
2( 1.8)
0( 0.0)
Hyperuricaemia 高尿酸血症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
1( 4.0)
Injection site bruising 注射部位内出血
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.8)
0( 0.0)
Musculoskeletal pain 筋骨格痛
1( 1.9)
0( 0.0)
1( 0.9)
1( 4.0)
Pollakiuria 頻尿
0( 0.0)
1( 6.7)
2( 1.8)
0( 0.0)
Reflux oesophagitis
逆流性食道炎
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.8)
0( 0.0)
Spinal osteoarthritis 変形性脊椎炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
1( 4.0)
Stomach discomfort 胃不快感
1( 1.9)
1( 6.7)
2( 1.8)
0( 0.0)
Stomatitis 口内炎
2( 3.8)
0( 0.0)
2( 1.8)
0( 0.0)
Tinnitus 耳鳴
1( 1.9)
0( 0.0)
2( 1.8)
0( 0.0)
Toothache 歯痛
1( 1.9)
0( 0.0)
2( 1.8)
0( 0.0)
Vertigo
回転性めまい
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.8)
0( 0.0)
Vertigo positional
頭位性回転性めまい
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.8)
0( 0.0)
Vomiting 嘔吐
1( 1.9)
0( 0.0)
2( 1.8)
0( 0.0)
Abdominal discomfort 腹部不快感
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Abdominal distension 腹部膨満
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Abdominal pain lower 下腹部痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Accident at home
家庭内事故
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Alopecia areata
円形脱毛症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Anaemia
貧血
1( 1.9)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Anorexia 食欲不振
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-34.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(74 歳以下、75 歳以上)(続き)
742
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~74
75~
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=52)
(N=15)
(N=111)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Arthritis 関節炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Asthenia 無力症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Asthenopia 眼精疲労
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Atrial fibrillation
心房細動
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Avulsion fracture 剥離骨折
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Benign neoplasm
良性新生物
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Blood pressure decreased 血圧低下
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Blood uric acid increased 血中尿酸増加
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Breast cancer
乳癌
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Bronchitis 気管支炎
2( 3.8)
1( 6.7)
1( 0.9)
0( 0.0)
Cellulitis 蜂巣炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Cheilitis 口唇炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Chest pain 胸痛
1( 1.9)
1( 6.7)
1( 0.9)
0( 0.0)
Chillblains 凍瘡
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Chondrocalcinosis pyrophosphate
ピロリン酸カルシウム結晶性軟骨石灰化症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Chronic respiratory failure 慢性呼吸不全
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Colonic polyp
結腸ポリープ
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Dental implantation
歯科インプラント埋込み
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Dermatitis psoriasiform 乾癬様皮膚炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Dizziness postural 体位性めまい
1( 1.9)
1( 6.7)
0( 0.0)
1( 4.0)
Dyshidrosis 発汗障害
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Electrocardiogram T wave inversion
心電図T波逆転
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Epicondylitis
上顆炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Essential tremor
本態性振戦
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-34.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(74 歳以下、75 歳以上)(続き)
743
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~74
75~
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=52)
(N=15)
(N=111)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Feeling abnormal
異常感
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Foot fracture
足骨折
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Fungal infection
真菌感染
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Gamma-glutamyltransferase increased γ-グルタミルトランスフェラーゼ増加
1( 1.9)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Gastric ulcer
胃潰瘍
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Gastrooesophageal reflux disease 胃食道逆流性疾患
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Genital haemorrhage
性器出血
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Gingival infection 歯肉感染
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Gingival swelling 歯肉腫脹
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Haemorrhoids 痔核
0( 0.0)
1( 6.7)
1( 0.9)
0( 0.0)
Hepatic function abnormal 肝機能異常
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Hepatic steatosis 脂肪肝
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Hernia repair
ヘルニア修復
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Herpes virus infection
ヘルペスウイルス感染
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Herpes zoster
帯状疱疹
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Hypercalcaemia 高カルシウム血症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Hyperkeratosis 過角化
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Hypoglycaemia
低血糖症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Hypotension 低血圧
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Ingrowing nail 嵌入爪
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Injection site erythema 注射部位紅斑
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Injury 損傷
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Intercostal neuralgia 肋間神経痛
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Intervertebral disc protrusion
椎間板突出
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-34.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(74 歳以下、75 歳以上)(続き)
744
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~74
75~
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=52)
(N=15)
(N=111)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Intestinal ischaemia 腸管虚血
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Intestinal polypectomy
腸ポリープ切除
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Iron deficiency anaemia 鉄欠乏性貧血
0( 0.0)
1( 6.7)
1( 0.9)
0( 0.0)
Knee meniscectomy
膝半月板切除
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Loss of control of legs 足のもつれ
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Lumbar spinal stenosis
腰部脊柱管狭窄症
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
1( 4.0)
Lung adenocarcinoma
肺腺癌
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Malaise
倦怠感
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Meniere's disease
メニエール病
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Musculoskeletal chest pain 筋骨格系胸痛
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Musculoskeletal stiffness 筋骨格硬直
1( 1.9)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Nail avulsion
爪裂離
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Nausea 悪心
1( 1.9)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Neck pain 頚部痛
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Nephrolithiasis
腎結石症
1( 1.9)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Neuritis 神経炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Neurosis 神経症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Normal tension glaucoma 正常眼圧緑内障
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Ocular hyperaemia 眼充血
0( 0.0)
1( 6.7)
1( 0.9)
0( 0.0)
Onycholysis 爪甲離床症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Orthostatic hypotension 起立性低血圧
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Otitis media 中耳炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Pain
疼痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Paronychia 爪囲炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-34.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(74 歳以下、75 歳以上)(続き)
745
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~74
75~
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=52)
(N=15)
(N=111)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Periarthritis calcarea
石灰沈着性関節周囲炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Pharyngitis 咽頭炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Pharyngolaryngeal discomfort
咽喉頭不快感
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Pharyngolaryngeal pain
咽喉頭疼痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Post herpetic neuralgia ヘルペス後神経痛
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Post procedural complication
処置後合併症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Psychosomatic disease 心身症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Pulmonary fibrosis 肺線維症
1( 1.9)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Rash
発疹
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Rhinitis 鼻炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Road traffic accident 交通事故
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Rotator cuff repair
肩回旋筋腱板修復
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Rotator cuff syndrome
肩回旋筋腱板症候群
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Sciatica 坐骨神経痛
1( 1.9)
1( 6.7)
1( 0.9)
0( 0.0)
Senile pruritus
老人性そう痒症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Skeletal injury
骨格損傷
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Skin chapped
ひび・あかぎれ
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Skin lesion excision 皮膚病変切除
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Sleep disorder 睡眠障害
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Sudden hearing loss
突発難聴
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 4.0)
Tendonitis 腱炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Tenosynovitis
腱鞘炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Tinea infection
白癬感染
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Tinea pedis 足部白癬
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-34.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(74 歳以下、75 歳以上)(続き)
746
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~74
75~
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=52)
(N=15)
(N=111)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Tonsillitis 扁桃炎
1( 1.9)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Tooth abscess
歯膿瘍
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Urinary tract infection 尿路感染
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Urticaria thermal
温熱蕁麻疹
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
White blood cell count increased
白血球数増加
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Xeroderma 乾皮症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Amnesia
健忘
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Anal fissure 裂肛
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Anaphylactic reaction アナフィラキシー反応
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Aspiration joint
関節吸引
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Asteatosis 皮脂欠乏症
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Benign neoplasm of skin 皮膚良性新生物
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Blepharitis allergic アレルギー性眼瞼炎
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Bronchopulmonary aspergillosis allergic アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Carotid arteriosclerosis 頚動脈硬化症
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Cataract operation 白内障手術
3( 5.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Colitis ischaemic
虚血性大腸炎
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Corneal erosion
角膜びらん
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Cystitis haemorrhagic 出血性膀胱炎
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Diverticulum intestinal 腸憩室
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Dyspepsia 消化不良
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Enterocolitis
腸炎
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Eosinophil count increased 好酸球数増加
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Eye infection intraocular 感染性眼内炎
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-34.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(74 歳以下、75 歳以上)(続き)
747
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~74
75~
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=52)
(N=15)
(N=111)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Eye pain 眼痛
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Fatigue
疲労
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Femoral neck fracture
大腿骨頚部骨折
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Flatulence 鼓腸
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Food poisoning 食中毒
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Fracture reduction 骨折整復
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Gastritis erosive
びらん性胃炎
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Gingival bleeding 歯肉出血
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Groin pain 鼡径部痛
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Helicobacter infection
ヘリコバクター感染
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hordeolum 麦粒腫
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Humerus fracture
上腕骨骨折
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Incisional drainage
切開排膿
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Influenza インフルエンザ
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Injection site haemorrhage 注射部位出血
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Joint contracture 関節拘縮
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Mass excision
腫瘤切除
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Meniscus lesion
半月板障害
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Myalgia intercostal
肋間筋痛
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Nodal osteoarthritis 結節性変形性関節炎
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Oral herpes 口腔ヘルペス
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Photodermatosis
光線性皮膚症
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Platelet count decreased 血小板数減少
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Pyrexia
発熱
2( 3.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-34.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の有害事象の一覧(74 歳以下、75 歳以上)(続き)
748
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~74
75~
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=52)
(N=15)
(N=111)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Raynaud's phenomenon レイノー現象
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Renal cyst 腎嚢胞
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Rhinorrhoea 鼻漏
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Rib fracture 肋骨骨折
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Suture insertion
縫合
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Syncope vasovagal 血管迷走神経性失神
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Tendon sheath lesion excision 腱鞘病変部切除
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Urticaria 蕁麻疹
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Ventricular extrasystoles 心室性期外収縮
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Wound 創傷
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------MedDRA Version: 11.0
[B3D-MC-GHDB], Program name: A_MT_SAFT01.SAS, Executed: 19JAN2009 14:07
LY333334
表 2.7.4.7-34.
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の治験薬との因果関係を否定できない有害事象の一覧
(64 歳以下、65~74 歳、75 歳以上)
749
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
-------------------------------------- ------------------------------------AGE(years) Subgroup
~64
~74
75~
~64
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=44)
(N=15)
(N=28)
(N=83)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Blood alkaline phosphatase increased 血中アルカリホスファターゼ増加
0( 0.0)
2( 4.5)
0( 0.0)
1( 3.6)
1( 1.2)
2( 8.0)
Hyperuricaemia 高尿酸血症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 4.0)
Abdominal pain upper 上腹部痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Alanine aminotransferase increased
アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Aspartate aminotransferase increased アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Asthenia 無力症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Blood pressure decreased 血圧低下
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Blood uric acid increased 血中尿酸増加
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Breast cancer
乳癌
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Conjunctival haemorrhage 結膜出血
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Gamma-glutamyltransferase increased γ-グルタミルトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Headache 頭痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Hepatic function abnormal 肝機能異常
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Nephrolithiasis
腎結石症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Post procedural complication
処置後合併症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Pulmonary fibrosis 肺線維症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Rash
発疹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Stomach discomfort 胃不快感
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
White blood cell count increased
白血球数増加
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Anaemia
貧血
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-35.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の治験薬との因果関係を否定できない有害事象の一覧
(64 歳以下、65~74 歳、75 歳以上)(続き)
LY333334
表 2.7.4.7-35.
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
-------------------------------------- ------------------------------------AGE(years) Subgroup
~64
~74
75~
~64
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=44)
(N=15)
(N=28)
(N=83)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Back pain 背部痛
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Eosinophil count increased 好酸球数増加
0( 0.0)
1( 2.3)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Nausea 悪心
1( 12.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------MedDRA Version: 11.0
[B3D-MC-GHDB], Program name: A_MT_SAFT01.SAS, Executed: 19JAN2009 14:07
750
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の治験薬との因果関係を否定できない有害事象の一覧(64 歳以下、65 歳以上)
751
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~64
65~
~64
65~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=8)
(N=59)
(N=28)
(N=108)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Blood alkaline phosphatase increased 血中アルカリホスファターゼ増加
0( 0.0)
2( 3.4)
1( 3.6)
3( 2.8)
Hyperuricaemia 高尿酸血症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.9)
Abdominal pain upper 上腹部痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Alanine aminotransferase increased
アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
1( 0.9)
Aspartate aminotransferase increased アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
1( 0.9)
Asthenia 無力症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Blood pressure decreased 血圧低下
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
Blood uric acid increased 血中尿酸増加
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
Breast cancer
乳癌
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
Conjunctival haemorrhage 結膜出血
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Gamma-glutamyltransferase increased γ-グルタミルトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
1( 0.9)
Headache 頭痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Hepatic function abnormal 肝機能異常
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 3.6)
0( 0.0)
Nephrolithiasis
腎結石症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Post procedural complication
処置後合併症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Pulmonary fibrosis 肺線維症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Rash
発疹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Stomach discomfort 胃不快感
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
White blood cell count increased
白血球数増加
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
Anaemia
貧血
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Back pain 背部痛
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Eosinophil count increased 好酸球数増加
0( 0.0)
1( 1.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Nausea 悪心
1( 12.5)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------MedDRA Version: 11.0
[B3D-MC-GHDB], Program name: A_MT_SAFT01.SAS, Executed: 19JAN2009 14:07
LY333334
表 2.7.4.7-36.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における年齢別の治験薬との因果関係を否定できない有害事象の一覧(74 歳以下、75 歳以上)
752
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------AGE(years) Subgroup
~74
75~
~74
75~
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=52)
(N=15)
(N=111)
(N=25)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Blood alkaline phosphatase increased 血中アルカリホスファターゼ増加
2( 3.8)
0( 0.0)
2( 1.8)
2( 8.0)
Hyperuricaemia 高尿酸血症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
1( 4.0)
Abdominal pain upper 上腹部痛
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Alanine aminotransferase increased
アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加
1( 1.9)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Aspartate aminotransferase increased アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加
1( 1.9)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Asthenia 無力症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Blood pressure decreased 血圧低下
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Blood uric acid increased 血中尿酸増加
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Breast cancer
乳癌
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Conjunctival haemorrhage 結膜出血
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Gamma-glutamyltransferase increased γ-グルタミルトランスフェラーゼ増加
1( 1.9)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Headache 頭痛
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Hepatic function abnormal 肝機能異常
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Nephrolithiasis
腎結石症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Post procedural complication
処置後合併症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Pulmonary fibrosis 肺線維症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Rash
発疹
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Stomach discomfort 胃不快感
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
White blood cell count increased
白血球数増加
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.9)
0( 0.0)
Anaemia
貧血
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Back pain 背部痛
0( 0.0)
1( 6.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
Eosinophil count increased 好酸球数増加
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Nausea 悪心
1( 1.9)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------MedDRA Version: 11.0
[B3D-MC-GHDB], Program name: A_MT_SAFT01.SAS, Executed: 19JAN2009 14:07
LY333334
表 2.7.4.7-37.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における閉経理由別の有害事象の一覧
753
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------POSTMENOPAUSAL STATUS Subgroup
Surgical
Natural
Surgical
Natural
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=6)
(N=56)
(N=8)
(N=119)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Nasopharyngitis
鼻咽頭炎
4( 66.7)
21( 37.5)
2( 25.0)
31( 26.1)
Back pain 背部痛
2( 33.3)
7( 12.5)
2( 25.0)
15( 12.6)
Constipation 便秘
0( 0.0)
1( 1.8)
1( 12.5)
7( 5.9)
Fall
転倒・転落
1( 16.7)
4( 7.1)
1( 12.5)
8( 6.7)
Headache 頭痛
0( 0.0)
3( 5.4)
1( 12.5)
8( 6.7)
Osteoarthritis 骨関節炎
0( 0.0)
4( 7.1)
0( 0.0)
7( 5.9)
Arthralgia 関節痛
0( 0.0)
4( 7.1)
1( 12.5)
6( 5.0)
Contusion 挫傷
1( 16.7)
3( 5.4)
1( 12.5)
7( 5.9)
Dizziness 浮動性めまい
0( 0.0)
3( 5.4)
0( 0.0)
7( 5.9)
Seasonal allergy
季節性アレルギー
1( 16.7)
2( 3.6)
0( 0.0)
8( 6.7)
Upper respiratory tract inflammation 上気道の炎症
0( 0.0)
3( 5.4)
0( 0.0)
7( 5.9)
Cystitis 膀胱炎
1( 16.7)
1( 1.8)
0( 0.0)
6( 5.0)
Diarrhoea 下痢
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
5( 4.2)
Dermatitis contact 接触性皮膚炎
0( 0.0)
4( 7.1)
0( 0.0)
5( 4.2)
Eczema 湿疹
1( 16.7)
4( 7.1)
0( 0.0)
5( 4.2)
Injection site reaction 注射部位反応
0( 0.0)
7( 12.5)
0( 0.0)
5( 4.2)
Joint sprain 関節捻挫
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
5( 4.2)
Back injury 背部損傷
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 12.5)
3( 2.5)
Blood alkaline phosphatase increased 血中アルカリホスファターゼ増加
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
4( 3.4)
Gastroenteritis
胃腸炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
4( 3.4)
Pain in extremity 四肢痛
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
4( 3.4)
Periodontitis
歯周炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
4( 3.4)
Tooth extraction
抜歯
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
4( 3.4)
Arthropod sting
節足動物刺傷
0( 0.0)
3( 5.4)
1( 12.5)
2( 1.7)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-38.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における閉経理由別の有害事象の一覧(続き)
754
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------POSTMENOPAUSAL STATUS Subgroup
Surgical
Natural
Surgical
Natural
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=6)
(N=56)
(N=8)
(N=119)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Asthma 喘息
0( 0.0)
2( 3.6)
0( 0.0)
3( 2.5)
Dental treatment
歯科治療
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
3( 2.5)
Gastritis 胃炎
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
3( 2.5)
Heat rash 紅色汗疹
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 12.5)
2( 1.7)
Herpes simplex 単純ヘルペス
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
3( 2.5)
Insomnia 不眠症
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
3( 2.5)
Muscle spasms
筋痙縮
1( 16.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
3( 2.5)
Myalgia
筋痛
1( 16.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
3( 2.5)
Periarthritis
関節周囲炎
0( 0.0)
3( 5.4)
0( 0.0)
3( 2.5)
Rhinitis allergic アレルギー性鼻炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 12.5)
2( 1.7)
Abdominal pain 腹痛
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
1( 0.8)
Abdominal pain upper 上腹部痛
0( 0.0)
1( 1.8)
1( 12.5)
0( 0.0)
Alanine aminotransferase increased
アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
1( 0.8)
Aspartate aminotransferase increased アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
1( 0.8)
Autonomic nervous system imbalance
自律神経失調
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
1( 0.8)
Blood creatine phosphokinase increased 血中クレアチンホスホキナーゼ増加
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Blood pressure increased 血圧上昇
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
1( 0.8)
Cataract 白内障
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
2( 1.7)
Cervicobrachial syndrome 頚腕症候群
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
2( 1.7)
Conjunctival haemorrhage 結膜出血
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.7)
Conjunctivitis allergic アレルギー性結膜炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.7)
Cough 咳嗽
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Dental caries
齲歯
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.7)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-38.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における閉経理由別の有害事象の一覧(続き)
755
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------POSTMENOPAUSAL STATUS Subgroup
Surgical
Natural
Surgical
Natural
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=6)
(N=56)
(N=8)
(N=119)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Dermatitis 皮膚炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.7)
Erythema 紅斑
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.7)
Gastroenteritis viral ウイルス性胃腸炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Haemorrhage subcutaneous 皮下出血
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
1( 0.8)
Hyperuricaemia 高尿酸血症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Injection site bruising 注射部位内出血
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.7)
Musculoskeletal pain 筋骨格痛
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
2( 1.7)
Pollakiuria 頻尿
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
2( 1.7)
Reflux oesophagitis
逆流性食道炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Spinal osteoarthritis 変形性脊椎炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 12.5)
1( 0.8)
Stomach discomfort 胃不快感
0( 0.0)
2( 3.6)
1( 12.5)
1( 0.8)
Stomatitis 口内炎
1( 16.7)
1( 1.8)
0( 0.0)
2( 1.7)
Tinnitus 耳鳴
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
2( 1.7)
Toothache 歯痛
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
2( 1.7)
Vertigo
回転性めまい
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.7)
Vertigo positional
頭位性回転性めまい
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.7)
Vomiting 嘔吐
1( 16.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 1.7)
Abdominal discomfort 腹部不快感
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Abdominal distension 腹部膨満
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Abdominal pain lower 下腹部痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Accident at home
家庭内事故
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Alopecia areata
円形脱毛症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Anaemia
貧血
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
1( 0.8)
Anorexia 食欲不振
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-38.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における閉経理由別の有害事象の一覧(続き)
756
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------POSTMENOPAUSAL STATUS Subgroup
Surgical
Natural
Surgical
Natural
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=6)
(N=56)
(N=8)
(N=119)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Arthritis 関節炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Asthenia 無力症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Asthenopia 眼精疲労
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Atrial fibrillation
心房細動
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Avulsion fracture 剥離骨折
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Benign neoplasm
良性新生物
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Blood pressure decreased 血圧低下
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Blood uric acid increased 血中尿酸増加
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Breast cancer
乳癌
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Bronchitis 気管支炎
0( 0.0)
3( 5.4)
0( 0.0)
1( 0.8)
Cellulitis 蜂巣炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Cheilitis 口唇炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Chest pain 胸痛
0( 0.0)
2( 3.6)
0( 0.0)
1( 0.8)
Chillblains 凍瘡
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Chondrocalcinosis pyrophosphate
ピロリン酸カルシウム結晶性軟骨石灰化症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Chronic respiratory failure 慢性呼吸不全
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Colonic polyp
結腸ポリープ
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Dental implantation
歯科インプラント埋込み
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Dermatitis psoriasiform 乾癬様皮膚炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Dizziness postural 体位性めまい
0( 0.0)
2( 3.6)
0( 0.0)
1( 0.8)
Dyshidrosis 発汗障害
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Electrocardiogram T wave inversion
心電図T波逆転
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Epicondylitis
上顆炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 12.5)
0( 0.0)
Essential tremor
本態性振戦
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-38.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における閉経理由別の有害事象の一覧(続き)
757
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------POSTMENOPAUSAL STATUS Subgroup
Surgical
Natural
Surgical
Natural
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=6)
(N=56)
(N=8)
(N=119)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Feeling abnormal
異常感
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Foot fracture
足骨折
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Fungal infection
真菌感染
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Gamma-glutamyltransferase increased γ-グルタミルトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Gastric ulcer
胃潰瘍
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Gastrooesophageal reflux disease 胃食道逆流性疾患
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Genital haemorrhage
性器出血
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Gingival infection 歯肉感染
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Gingival swelling 歯肉腫脹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Haemorrhoids 痔核
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Hepatic function abnormal 肝機能異常
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Hepatic steatosis 脂肪肝
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hernia repair
ヘルニア修復
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Herpes virus infection
ヘルペスウイルス感染
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Herpes zoster
帯状疱疹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Hypercalcaemia 高カルシウム血症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Hyperkeratosis 過角化
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 12.5)
0( 0.0)
Hypoglycaemia
低血糖症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Hypotension 低血圧
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Ingrowing nail 嵌入爪
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Injection site erythema 注射部位紅斑
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Injury 損傷
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Intercostal neuralgia 肋間神経痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Intervertebral disc protrusion
椎間板突出
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-38.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における閉経理由別の有害事象の一覧(続き)
758
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------POSTMENOPAUSAL STATUS Subgroup
Surgical
Natural
Surgical
Natural
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=6)
(N=56)
(N=8)
(N=119)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Intestinal ischaemia 腸管虚血
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Intestinal polypectomy
腸ポリープ切除
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Iron deficiency anaemia 鉄欠乏性貧血
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
1( 0.8)
Knee meniscectomy
膝半月板切除
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Loss of control of legs 足のもつれ
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Lumbar spinal stenosis
腰部脊柱管狭窄症
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Lung adenocarcinoma
肺腺癌
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Malaise
倦怠感
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Meniere's disease
メニエール病
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Musculoskeletal chest pain 筋骨格系胸痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Musculoskeletal stiffness 筋骨格硬直
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
1( 0.8)
Nail avulsion
爪裂離
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Nausea 悪心
1( 16.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Neck pain 頚部痛
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
1( 0.8)
Nephrolithiasis
腎結石症
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
1( 0.8)
Neuritis 神経炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Neurosis 神経症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Normal tension glaucoma 正常眼圧緑内障
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Ocular hyperaemia 眼充血
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
1( 0.8)
Onycholysis 爪甲離床症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Orthostatic hypotension 起立性低血圧
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Otitis media 中耳炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Pain
疼痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Paronychia 爪囲炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-38.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における閉経理由別の有害事象の一覧(続き)
759
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------POSTMENOPAUSAL STATUS Subgroup
Surgical
Natural
Surgical
Natural
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=6)
(N=56)
(N=8)
(N=119)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Periarthritis calcarea
石灰沈着性関節周囲炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Pharyngitis 咽頭炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Pharyngolaryngeal discomfort
咽喉頭不快感
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Pharyngolaryngeal pain
咽喉頭疼痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Post herpetic neuralgia ヘルペス後神経痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Post procedural complication
処置後合併症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Psychosomatic disease 心身症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Pulmonary fibrosis 肺線維症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Rash
発疹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Rhinitis 鼻炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Road traffic accident 交通事故
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Rotator cuff repair
肩回旋筋腱板修復
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Rotator cuff syndrome
肩回旋筋腱板症候群
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Sciatica 坐骨神経痛
0( 0.0)
2( 3.6)
0( 0.0)
1( 0.8)
Senile pruritus
老人性そう痒症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Skeletal injury
骨格損傷
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Skin chapped
ひび・あかぎれ
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Skin lesion excision 皮膚病変切除
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 12.5)
0( 0.0)
Sleep disorder 睡眠障害
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Sudden hearing loss
突発難聴
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Tendonitis 腱炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Tenosynovitis
腱鞘炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Tinea infection
白癬感染
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Tinea pedis 足部白癬
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 12.5)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-38.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における閉経理由別の有害事象の一覧(続き)
760
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------POSTMENOPAUSAL STATUS Subgroup
Surgical
Natural
Surgical
Natural
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=6)
(N=56)
(N=8)
(N=119)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Tonsillitis 扁桃炎
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
1( 0.8)
Tooth abscess
歯膿瘍
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Urinary tract infection 尿路感染
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Urticaria thermal
温熱蕁麻疹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
White blood cell count increased
白血球数増加
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Xeroderma 乾皮症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Amnesia
健忘
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Anal fissure 裂肛
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Anaphylactic reaction アナフィラキシー反応
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Aspiration joint
関節吸引
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Asteatosis 皮脂欠乏症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Benign neoplasm of skin 皮膚良性新生物
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Blepharitis allergic アレルギー性眼瞼炎
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Bronchopulmonary aspergillosis allergic アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Carotid arteriosclerosis 頚動脈硬化症
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Cataract operation 白内障手術
0( 0.0)
3( 5.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Colitis ischaemic
虚血性大腸炎
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Corneal erosion
角膜びらん
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Cystitis haemorrhagic 出血性膀胱炎
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Diverticulum intestinal 腸憩室
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Dyspepsia 消化不良
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Enterocolitis
腸炎
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Eosinophil count increased 好酸球数増加
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Eye infection intraocular 感染性眼内炎
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-38.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における閉経理由別の有害事象の一覧(続き)
761
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------POSTMENOPAUSAL STATUS Subgroup
Surgical
Natural
Surgical
Natural
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=6)
(N=56)
(N=8)
(N=119)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Eye pain 眼痛
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Fatigue
疲労
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Femoral neck fracture
大腿骨頚部骨折
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Flatulence 鼓腸
1( 16.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Food poisoning 食中毒
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Fracture reduction 骨折整復
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Gastritis erosive
びらん性胃炎
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Gingival bleeding 歯肉出血
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Groin pain 鼡径部痛
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Helicobacter infection
ヘリコバクター感染
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hordeolum 麦粒腫
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Humerus fracture
上腕骨骨折
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Incisional drainage
切開排膿
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Influenza インフルエンザ
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Injection site haemorrhage 注射部位出血
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Joint contracture 関節拘縮
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Mass excision
腫瘤切除
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Meniscus lesion
半月板障害
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Myalgia intercostal
肋間筋痛
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Nodal osteoarthritis 結節性変形性関節炎
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Oral herpes 口腔ヘルペス
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Photodermatosis
光線性皮膚症
1( 16.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Platelet count decreased 血小板数減少
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Pyrexia
発熱
1( 16.7)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-38.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における閉経理由別の有害事象の一覧(続き)
762
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------POSTMENOPAUSAL STATUS Subgroup
Surgical
Natural
Surgical
Natural
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=6)
(N=56)
(N=8)
(N=119)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Raynaud's phenomenon レイノー現象
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Renal cyst 腎嚢胞
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Rhinorrhoea 鼻漏
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Rib fracture 肋骨骨折
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Suture insertion
縫合
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Syncope vasovagal 血管迷走神経性失神
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Tendon sheath lesion excision 腱鞘病変部切除
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Urticaria 蕁麻疹
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Ventricular extrasystoles 心室性期外収縮
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Wound 創傷
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------MedDRA Version: 11.0
[B3D-MC-GHDB], Program name: A_MT_SAFT01.SAS, Executed: 19JAN2009 14:07
LY333334
表 2.7.4.7-38.
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における閉経理由別の治験薬との因果関係を否定できない有害事象の一覧
763
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------POSTMENOPAUSAL STATUS Subgroup
Surgical
Natural
Surgical
Natural
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=6)
(N=56)
(N=8)
(N=119)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Blood alkaline phosphatase increased 血中アルカリホスファターゼ増加
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
4( 3.4)
Hyperuricaemia 高尿酸血症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Abdominal pain upper 上腹部痛
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 12.5)
0( 0.0)
Alanine aminotransferase increased
アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
1( 0.8)
Aspartate aminotransferase increased アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
1( 0.8)
Asthenia 無力症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Blood pressure decreased 血圧低下
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Blood uric acid increased 血中尿酸増加
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Breast cancer
乳癌
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Conjunctival haemorrhage 結膜出血
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Gamma-glutamyltransferase increased γ-グルタミルトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Headache 頭痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Hepatic function abnormal 肝機能異常
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Nephrolithiasis
腎結石症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Post procedural complication
処置後合併症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Pulmonary fibrosis 肺線維症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Rash
発疹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 0.8)
Stomach discomfort 胃不快感
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 12.5)
0( 0.0)
White blood cell count increased
白血球数増加
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Anaemia
貧血
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Back pain 背部痛
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Eosinophil count increased 好酸球数増加
0( 0.0)
1( 1.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Nausea 悪心
1( 16.7)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------MedDRA Version: 11.0
[B3D-MC-GHDB], Program name: A_MT_SAFT01.SAS, Executed: 19JAN2009 14:07
LY333334
表 2.7.4.7-39.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における既存骨折の有無別の有害事象の一覧
764
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------PREVIOUS VERTEBRAL FRACTURE Subgroup
No
Yes
No
Yes
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=38)
(N=29)
(N=82)
(N=54)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Nasopharyngitis
鼻咽頭炎
19( 50.0)
8( 27.6)
21( 25.6)
17( 31.5)
Back pain 背部痛
7( 18.4)
3( 10.3)
10( 12.2)
7( 13.0)
Constipation 便秘
1( 2.6)
1( 3.4)
6( 7.3)
4( 7.4)
Fall
転倒・転落
1( 2.6)
5( 17.2)
5( 6.1)
4( 7.4)
Headache 頭痛
1( 2.6)
2( 6.9)
6( 7.3)
3( 5.6)
Osteoarthritis 骨関節炎
2( 5.3)
2( 6.9)
7( 8.5)
2( 3.7)
Arthralgia 関節痛
1( 2.6)
3( 10.3)
6( 7.3)
2( 3.7)
Contusion 挫傷
2( 5.3)
2( 6.9)
5( 6.1)
3( 5.6)
Dizziness 浮動性めまい
0( 0.0)
3( 10.3)
5( 6.1)
3( 5.6)
Seasonal allergy
季節性アレルギー
1( 2.6)
3( 10.3)
5( 6.1)
3( 5.6)
Upper respiratory tract inflammation 上気道の炎症
1( 2.6)
2( 6.9)
4( 4.9)
4( 7.4)
Cystitis 膀胱炎
1( 2.6)
1( 3.4)
1( 1.2)
6( 11.1)
Diarrhoea 下痢
0( 0.0)
0( 0.0)
3( 3.7)
3( 5.6)
Dermatitis contact 接触性皮膚炎
3( 7.9)
1( 3.4)
2( 2.4)
3( 5.6)
Eczema 湿疹
5( 13.2)
0( 0.0)
2( 2.4)
3( 5.6)
Injection site reaction 注射部位反応
5( 13.2)
3( 10.3)
4( 4.9)
1( 1.9)
Joint sprain 関節捻挫
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
3( 5.6)
Back injury 背部損傷
0( 0.0)
1( 3.4)
2( 2.4)
2( 3.7)
Blood alkaline phosphatase increased 血中アルカリホスファターゼ増加
2( 5.3)
0( 0.0)
1( 1.2)
3( 5.6)
Gastroenteritis
胃腸炎
1( 2.6)
0( 0.0)
4( 4.9)
0( 0.0)
Pain in extremity 四肢痛
0( 0.0)
1( 3.4)
2( 2.4)
2( 3.7)
Periodontitis
歯周炎
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
2( 3.7)
Tooth extraction
抜歯
0( 0.0)
0( 0.0)
4( 4.9)
0( 0.0)
Arthropod sting
節足動物刺傷
2( 5.3)
1( 3.4)
0( 0.0)
3( 5.6)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-40.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における既存骨折の有無別の有害事象の一覧(続き)
765
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------PREVIOUS VERTEBRAL FRACTURE Subgroup
No
Yes
No
Yes
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=38)
(N=29)
(N=82)
(N=54)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Asthma 喘息
1( 2.6)
1( 3.4)
2( 2.4)
1( 1.9)
Dental treatment
歯科治療
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
2( 3.7)
Gastritis 胃炎
1( 2.6)
0( 0.0)
1( 1.2)
2( 3.7)
Heat rash 紅色汗疹
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
1( 1.9)
Herpes simplex 単純ヘルペス
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
1( 1.9)
Insomnia 不眠症
0( 0.0)
2( 6.9)
2( 2.4)
1( 1.9)
Muscle spasms
筋痙縮
1( 2.6)
0( 0.0)
3( 3.7)
0( 0.0)
Myalgia
筋痛
0( 0.0)
1( 3.4)
1( 1.2)
2( 3.7)
Periarthritis
関節周囲炎
0( 0.0)
3( 10.3)
3( 3.7)
0( 0.0)
Rhinitis allergic アレルギー性鼻炎
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
1( 1.9)
Abdominal pain 腹痛
0( 0.0)
1( 3.4)
1( 1.2)
1( 1.9)
Abdominal pain upper 上腹部痛
0( 0.0)
1( 3.4)
1( 1.2)
1( 1.9)
Alanine aminotransferase increased
アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加
2( 5.3)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 1.9)
Aspartate aminotransferase increased アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加
2( 5.3)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 1.9)
Autonomic nervous system imbalance
自律神経失調
1( 2.6)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Blood creatine phosphokinase increased 血中クレアチンホスホキナーゼ増加
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 3.7)
Blood pressure increased 血圧上昇
1( 2.6)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 1.9)
Cataract 白内障
0( 0.0)
1( 3.4)
1( 1.2)
1( 1.9)
Cervicobrachial syndrome 頚腕症候群
0( 0.0)
1( 3.4)
1( 1.2)
1( 1.9)
Conjunctival haemorrhage 結膜出血
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Conjunctivitis allergic アレルギー性結膜炎
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Cough 咳嗽
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 1.9)
Dental caries
齲歯
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 1.9)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-40.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における既存骨折の有無別の有害事象の一覧(続き)
766
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------PREVIOUS VERTEBRAL FRACTURE Subgroup
No
Yes
No
Yes
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=38)
(N=29)
(N=82)
(N=54)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Dermatitis 皮膚炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 1.9)
Erythema 紅斑
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Gastroenteritis viral ウイルス性胃腸炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 1.9)
Haemorrhage subcutaneous 皮下出血
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 3.7)
Hyperuricaemia 高尿酸血症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 1.9)
Injection site bruising 注射部位内出血
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Musculoskeletal pain 筋骨格痛
1( 2.6)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 1.9)
Pollakiuria 頻尿
0( 0.0)
1( 3.4)
1( 1.2)
1( 1.9)
Reflux oesophagitis
逆流性食道炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 1.9)
Spinal osteoarthritis 変形性脊椎炎
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Stomach discomfort 胃不快感
2( 5.3)
0( 0.0)
2( 2.4)
0( 0.0)
Stomatitis 口内炎
2( 5.3)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 1.9)
Tinnitus 耳鳴
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
2( 3.7)
Toothache 歯痛
0( 0.0)
1( 3.4)
1( 1.2)
1( 1.9)
Vertigo
回転性めまい
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 1.9)
Vertigo positional
頭位性回転性めまい
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 1.9)
Vomiting 嘔吐
0( 0.0)
1( 3.4)
1( 1.2)
1( 1.9)
Abdominal discomfort 腹部不快感
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Abdominal distension 腹部膨満
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Abdominal pain lower 下腹部痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Accident at home
家庭内事故
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Alopecia areata
円形脱毛症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Anaemia
貧血
1( 2.6)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Anorexia 食欲不振
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-40.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における既存骨折の有無別の有害事象の一覧(続き)
767
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------PREVIOUS VERTEBRAL FRACTURE Subgroup
No
Yes
No
Yes
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=38)
(N=29)
(N=82)
(N=54)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Arthritis 関節炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Asthenia 無力症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Asthenopia 眼精疲労
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Atrial fibrillation
心房細動
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Avulsion fracture 剥離骨折
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Benign neoplasm
良性新生物
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Blood pressure decreased 血圧低下
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Blood uric acid increased 血中尿酸増加
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Breast cancer
乳癌
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Bronchitis 気管支炎
0( 0.0)
3( 10.3)
0( 0.0)
1( 1.9)
Cellulitis 蜂巣炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Cheilitis 口唇炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Chest pain 胸痛
1( 2.6)
1( 3.4)
1( 1.2)
0( 0.0)
Chillblains 凍瘡
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Chondrocalcinosis pyrophosphate
ピロリン酸カルシウム結晶性軟骨石灰化症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Chronic respiratory failure 慢性呼吸不全
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Colonic polyp
結腸ポリープ
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Dental implantation
歯科インプラント埋込み
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Dermatitis psoriasiform 乾癬様皮膚炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Dizziness postural 体位性めまい
2( 5.3)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Dyshidrosis 発汗障害
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Electrocardiogram T wave inversion
心電図T波逆転
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Epicondylitis
上顆炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Essential tremor
本態性振戦
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-40.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における既存骨折の有無別の有害事象の一覧(続き)
768
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------PREVIOUS VERTEBRAL FRACTURE Subgroup
No
Yes
No
Yes
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=38)
(N=29)
(N=82)
(N=54)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Feeling abnormal
異常感
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Foot fracture
足骨折
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Fungal infection
真菌感染
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Gamma-glutamyltransferase increased γ-グルタミルトランスフェラーゼ増加
1( 2.6)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Gastric ulcer
胃潰瘍
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Gastrooesophageal reflux disease 胃食道逆流性疾患
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Genital haemorrhage
性器出血
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Gingival infection 歯肉感染
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Gingival swelling 歯肉腫脹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Haemorrhoids 痔核
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
1( 1.9)
Hepatic function abnormal 肝機能異常
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Hepatic steatosis 脂肪肝
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Hernia repair
ヘルニア修復
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Herpes virus infection
ヘルペスウイルス感染
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Herpes zoster
帯状疱疹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Hypercalcaemia 高カルシウム血症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Hyperkeratosis 過角化
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Hypoglycaemia
低血糖症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Hypotension 低血圧
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Ingrowing nail 嵌入爪
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Injection site erythema 注射部位紅斑
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Injury 損傷
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Intercostal neuralgia 肋間神経痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Intervertebral disc protrusion
椎間板突出
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-40.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における既存骨折の有無別の有害事象の一覧(続き)
769
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------PREVIOUS VERTEBRAL FRACTURE Subgroup
No
Yes
No
Yes
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=38)
(N=29)
(N=82)
(N=54)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Intestinal ischaemia 腸管虚血
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Intestinal polypectomy
腸ポリープ切除
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Iron deficiency anaemia 鉄欠乏性貧血
1( 2.6)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Knee meniscectomy
膝半月板切除
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Loss of control of legs 足のもつれ
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Lumbar spinal stenosis
腰部脊柱管狭窄症
0( 0.0)
1( 3.4)
1( 1.2)
0( 0.0)
Lung adenocarcinoma
肺腺癌
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Malaise
倦怠感
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Meniere's disease
メニエール病
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Musculoskeletal chest pain 筋骨格系胸痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Musculoskeletal stiffness 筋骨格硬直
0( 0.0)
1( 3.4)
1( 1.2)
0( 0.0)
Nail avulsion
爪裂離
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Nausea 悪心
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
1( 1.9)
Neck pain 頚部痛
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Nephrolithiasis
腎結石症
1( 2.6)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Neuritis 神経炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Neurosis 神経症
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Normal tension glaucoma 正常眼圧緑内障
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Ocular hyperaemia 眼充血
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Onycholysis 爪甲離床症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Orthostatic hypotension 起立性低血圧
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Otitis media 中耳炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Pain
疼痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Paronychia 爪囲炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-40.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における既存骨折の有無別の有害事象の一覧(続き)
770
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------PREVIOUS VERTEBRAL FRACTURE Subgroup
No
Yes
No
Yes
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=38)
(N=29)
(N=82)
(N=54)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Periarthritis calcarea
石灰沈着性関節周囲炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Pharyngitis 咽頭炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Pharyngolaryngeal discomfort
咽喉頭不快感
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Pharyngolaryngeal pain
咽喉頭疼痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Post herpetic neuralgia ヘルペス後神経痛
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Post procedural complication
処置後合併症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Psychosomatic disease 心身症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Pulmonary fibrosis 肺線維症
1( 2.6)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Rash
発疹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Rhinitis 鼻炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Road traffic accident 交通事故
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Rotator cuff repair
肩回旋筋腱板修復
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Rotator cuff syndrome
肩回旋筋腱板症候群
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Sciatica 坐骨神経痛
1( 2.6)
1( 3.4)
1( 1.2)
0( 0.0)
Senile pruritus
老人性そう痒症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Skeletal injury
骨格損傷
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Skin chapped
ひび・あかぎれ
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Skin lesion excision 皮膚病変切除
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Sleep disorder 睡眠障害
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Sudden hearing loss
突発難聴
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Tendonitis 腱炎
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Tenosynovitis
腱鞘炎
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Tinea infection
白癬感染
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Tinea pedis 足部白癬
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-40.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における既存骨折の有無別の有害事象の一覧(続き)
771
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------PREVIOUS VERTEBRAL FRACTURE Subgroup
No
Yes
No
Yes
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=38)
(N=29)
(N=82)
(N=54)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Tonsillitis 扁桃炎
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Tooth abscess
歯膿瘍
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Urinary tract infection 尿路感染
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Urticaria thermal
温熱蕁麻疹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
White blood cell count increased
白血球数増加
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Xeroderma 乾皮症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Amnesia
健忘
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Anal fissure 裂肛
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Anaphylactic reaction アナフィラキシー反応
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Aspiration joint
関節吸引
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Asteatosis 皮脂欠乏症
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Benign neoplasm of skin 皮膚良性新生物
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Blepharitis allergic アレルギー性眼瞼炎
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Bronchopulmonary aspergillosis allergic アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Carotid arteriosclerosis 頚動脈硬化症
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Cataract operation 白内障手術
2( 5.3)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Colitis ischaemic
虚血性大腸炎
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Corneal erosion
角膜びらん
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Cystitis haemorrhagic 出血性膀胱炎
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Diverticulum intestinal 腸憩室
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Dyspepsia 消化不良
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Enterocolitis
腸炎
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Eosinophil count increased 好酸球数増加
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Eye infection intraocular 感染性眼内炎
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-40.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における既存骨折の有無別の有害事象の一覧(続き)
772
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------PREVIOUS VERTEBRAL FRACTURE Subgroup
No
Yes
No
Yes
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=38)
(N=29)
(N=82)
(N=54)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Eye pain 眼痛
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Fatigue
疲労
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Femoral neck fracture
大腿骨頚部骨折
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Flatulence 鼓腸
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Food poisoning 食中毒
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Fracture reduction 骨折整復
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Gastritis erosive
びらん性胃炎
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Gingival bleeding 歯肉出血
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Groin pain 鼡径部痛
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Helicobacter infection
ヘリコバクター感染
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hordeolum 麦粒腫
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Humerus fracture
上腕骨骨折
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Incisional drainage
切開排膿
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Influenza インフルエンザ
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Injection site haemorrhage 注射部位出血
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Joint contracture 関節拘縮
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Mass excision
腫瘤切除
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Meniscus lesion
半月板障害
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Myalgia intercostal
肋間筋痛
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Nodal osteoarthritis 結節性変形性関節炎
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Oral herpes 口腔ヘルペス
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Photodermatosis
光線性皮膚症
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Platelet count decreased 血小板数減少
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Pyrexia
発熱
1( 2.6)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-40.
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における既存骨折の有無別の有害事象の一覧(続き)
773
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------PREVIOUS VERTEBRAL FRACTURE Subgroup
No
Yes
No
Yes
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=38)
(N=29)
(N=82)
(N=54)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Raynaud's phenomenon レイノー現象
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Renal cyst 腎嚢胞
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Rhinorrhoea 鼻漏
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Rib fracture 肋骨骨折
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Suture insertion
縫合
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Syncope vasovagal 血管迷走神経性失神
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Tendon sheath lesion excision 腱鞘病変部切除
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Urticaria 蕁麻疹
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Ventricular extrasystoles 心室性期外収縮
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Wound 創傷
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------MedDRA Version: 11.0
[B3D-MC-GHDB], Program name: A_MT_SAFT01.SAS, Executed: 19JAN2009 14:07
LY333334
表 2.7.4.7-40.
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHDB 試験(投与 12 ヵ月間)における既存骨折の有無別の治験薬との因果関係を否定できない有害事象の一覧
774
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Placebo
LY20
------------------------- -----------------------PREVIOUS VERTEBRAL FRACTURE Subgroup
No
Yes
No
Yes
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=38)
(N=29)
(N=82)
(N=54)
<Preferred Term>
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Blood alkaline phosphatase increased 血中アルカリホスファターゼ増加
2( 5.3)
0( 0.0)
1( 1.2)
3( 5.6)
Hyperuricaemia 高尿酸血症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
1( 1.9)
Abdominal pain upper 上腹部痛
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Alanine aminotransferase increased
アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加
1( 2.6)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Aspartate aminotransferase increased アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加
1( 2.6)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Asthenia 無力症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Blood pressure decreased 血圧低下
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Blood uric acid increased 血中尿酸増加
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Breast cancer
乳癌
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Conjunctival haemorrhage 結膜出血
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Gamma-glutamyltransferase increased γ-グルタミルトランスフェラーゼ増加
1( 2.6)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Headache 頭痛
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Hepatic function abnormal 肝機能異常
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Nephrolithiasis
腎結石症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Post procedural complication
処置後合併症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Pulmonary fibrosis 肺線維症
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
Rash
発疹
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Stomach discomfort 胃不快感
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.2)
0( 0.0)
White blood cell count increased
白血球数増加
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
1( 1.9)
Anaemia
貧血
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Back pain 背部痛
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Eosinophil count increased 好酸球数増加
1( 2.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Nausea 悪心
0( 0.0)
1( 3.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------MedDRA Version: 11.0
[B3D-MC-GHDB], Program name: A_MT_SAFT01.SAS, Executed: 19JAN2009 14:07
LY333334
表 2.7.4.7-41.
775
市販後の自発報告における死亡例の一覧
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
83
Male
20 ug, daily (1/D)
MAR-2006
Death
死亡
68
Female
20 ug, daily (1/D)
2006
17-SEP-2006
Intestinal infarction
腸梗塞
91
Female
20 ug, daily (1/D)
08-JUL-2007
Cardiac failure
心不全
Female
20 ug, daily (1/D)
68
Female
20 ug, daily (1/D)
13-MAR-2006
16-MAR-2006
Sepsis
敗血症
sepsis
敗血症
76
Female
20 ug, unknown
OCT-2006
Metastatic neoplasm
転移性新生物
Metastatic neoplasm
転移性新生物
16-DEC-2006
Not Reported
66
Female
15 mg, daily (1/D)
25-Feb-2005
Sudden death
突然死
Sudden death
突然死
25-APR-2005
Not Reported
66
Female
20 ug, daily (1/D)
22-MAR-2005
Sudden death
突然死
Sudden death
突然死
25-APR-2005
Unknown
65
Female
UNK, unknown
Cardiac arrest
心停止
Cardiac arrest
心停止
78
Female
20 ug, daily (1/D)
29-MAY-2005
27-SEP-2005
Death
死亡
Death
死亡
31-OCT-2005
Yes
64
Male
20 ug, daily (1/D)
31-JAN-2006
Myocardial infarction
心筋梗塞
Myocardial infarction
心筋梗塞
11-MAR-2006
No
死因
事象発現日
因果関係
02-FEB-2007
No
Intestinal infarction
腸梗塞
17-SEP-2006
No
Cardiac failure
心不全
JAN-2008
Not Reported
Death
死亡
Not Reported
No
Unknown
臨床的安全性の概要
(続く)
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
AU200702003264
AUSTRALIA
Spontaneous
BE200610002489
BELGIUM
Spontaneous
BE200801001254
BELGIUM
Spontaneous
BR200512000304
BRAZIL
Spontaneous
BR200607005336
BRAZIL
Spontaneous
BR200702002689
BRAZIL
Spontaneous
CA_050508098
CANADA
Spontaneous
CA_050508098
CANADA
Spontaneous
CA_050608273
CANADA
Spontaneous
CA_050808622
CANADA
Spontaneous
CA200603004195
CANADA
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
Female
20 ug, daily (1/D)
14-JUN-2005
12-MAR-2006
Death
死亡
84
Female
20 ug, daily (1/D)
24-APR-2006
Electrolyte imbalance
電解質失調
90
Male
20 ug, daily (1/D)
09-MAR-2006
29-APR-2006
73
Male
死因
因果関係
12-MAR-2006
Not Reported
Electrolyte imbalance
電解質失調
MAY-2006
Unknown
Subdural haematoma
硬膜下血腫
Subdural haematoma
硬膜下血腫
02-MAY-2006
No
Death
死亡
Death
死亡
2006
Not Reported
08-JAN-2007
No
Female
20 ug, daily (1/D)
12-SEP-2005
Death
死亡
Death
死亡
88
Female
20 ug, daily (1/D)
13-JAN-2007
16-APR-2007
Colorectal cancer
結腸直腸癌
Colorectal cancer
結腸直腸癌
Female
20 ug, daily (1/D)
31-JUL-2006
22-NOV-2006
Death
死亡
Death
死亡
26-FEB-2007
No
78
Female
20 ug, daily (1/D)
25-MAY-2006
Death
死亡
Death
死亡
29-MAR-2007
Not Reported
87
Female
20 ug, daily (1/D)
13-JAN-2007
Death
死亡
Death
死亡
28-MAR-2007
No
43
Female
20 ug, daily (1/D)
23-FEB-2007
24-MAY-2007
Death
死亡
Death
死亡
08-JUN-2007
NHCP
83
Female
20 ug, daily (1/D)
11-JUN-2007
22-JUN-2007
Death
死亡
Death
死亡
2007
Unknown
臨床的安全性の概要
事象発現日
2.7.4
776
報告症例番号
国
報告種類
CA200603005763
CANADA
Spontaneous
CA200605005265
CANADA
Spontaneous
CA200606005586
CANADA
Spontaneous
CA200609002874
CANADA
Spontaneous
CA200701002120
CANADA
Spontaneous
CA200704004123
CANADA
Spontaneous
CA200705000632
CANADA
Spontaneous
CA200705001151
CANADA
Spontaneous
CA200705003635
CANADA
Spontaneous
CA200705007165
CANADA
Spontaneous
CA200707001859
CANADA
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
No
(続く)
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
87
Female
20 ug, daily (1/D)
07-MAY-2006
17-MAY-2007
Pneumonia
肺炎
Pneumonia
肺炎
14-JUL-2007
No
09-JUN-2007
Death
死亡
Death
死亡
26-SEP-2007
Yes
Female
49
Male
20 ug, daily (1/D)
27-JUN-2006
SEP-2007
Death
死亡
Death
死亡
18-MAR-2008
Not Reported
84
Female
20 ug, daily (1/D)
23-MAY-2006
17-OCT-2007
Cardio-respiratory arrest
心肺停止
Hyponatraemia
低ナトリウム血症
12-DEC-2007
Unknown
84
Female
20 ug, daily (1/D)
23-MAY-2006
17-OCT-2007
Hyponatraemia
低ナトリウム血症
Hyponatraemia
低ナトリウム血症
18-OCT-2007
Unknown
84
Female
20 ug, daily (1/D)
23-MAY-2006
17-OCT-2007
Oral intake reduced
経口摂取減少
Hyponatraemia
低ナトリウム血症
2007
Unknown
75
Female
20 ug, daily (1/D)
19-FEB-2007
05-NOV-2007
Adrenal insufficiency
副腎機能不全
Adrenal insufficiency
副腎機能不全
OCT-2007
No
75
Female
20 ug, daily (1/D)
19-OCT-2007
Death
死亡
Death
死亡
16-MAR-2008
No
47
Female
20 ug, daily (1/D)
18-JUN-2007
Death
死亡
Death
死亡
18-MAR-2008
No
2.7.4
38
Female
20 ug, daily (1/D)
07-NOV-2006
13-DEC-2006
Myocardial infarction
心筋梗塞
Myocardial infarction
心筋梗塞
06-SEP-2008
Not Reported
臨床的安全性の概要
777
報告症例番号
国
報告種類
CA200709004629
CANADA
Spontaneous
CA200709006462
CANADA
Spontaneous
CA200710000892
CANADA
Spontaneous
CA200710007361
CANADA
Spontaneous
CA200710007361
CANADA
Spontaneous
CA200710007361
CANADA
Spontaneous
CA200711006090
CANADA
Spontaneous
CA200803004191
CANADA
Spontaneous
CA200803006139
CANADA
Spontaneous
CA200804001602
CANADA
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
報告症例番号
国
報告種類
CA200804001602
CANADA
Spontaneous
CA200804001602
CANADA
Spontaneous
CA200804001602
CANADA
Spontaneous
CA200804002265
CANADA
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
778
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
38
Female
20 ug, daily (1/D)
09-APR-2008
14-AUG-2008
Myocardial infarction
心筋梗塞
Myocardial infarction
心筋梗塞
06-SEP-2008
Not Reported
38
Female
20 ug, daily (1/D)
17-SEP-2007
30-MAR-2008
Myocardial infarction
心筋梗塞
Myocardial infarction
心筋梗塞
06-SEP-2008
Not Reported
38
Female
20 ug, daily (1/D)
AUG-2008
Myocardial infarction
心筋梗塞
Myocardial infarction
心筋梗塞
06-SEP-2008
Not Reported
91
Female
20 ug, daily (1/D)
05-MAR-2007
CA200804007439
CANADA
Spontaneous
81
Female
20 ug, daily (1/D)
12-APR-2007
16-APR-2008
CA200805005703
CANADA
Spontaneous
CA200810001824
CANADA
Spontaneous
CO200606002969
COLOMBIA
Spontaneous
CO200606002969
COLOMBIA
Spontaneous
CO200606002969
COLOMBIA
Spontaneous
77
Female
20 ug, daily (1/D)
JAN-2008
Pneumonia
肺炎
Hypercalcaemia of
malignancy
悪性腫瘍に伴う高カル
シウム血症
Death
死亡
Pneumonia
肺炎
Hypercalcaemia of
malignancy
悪性腫瘍に伴う高カル
シウム血症
Death
死亡
83
Female
20 ug, daily (1/D)
28-MAY-2008
Death
死亡
77
Female
20 ug, daily (1/D)
22-MAR-2006
23-APR-2006
77
Female
20 ug, daily (1/D)
77
Female
20 ug, daily (1/D)
No
28-MAY-2008
Yes
Death
死亡
SEP-2008
Yes
Intestinal obstruction
腸閉塞
Metabolic acidosis
代謝性アシドーシス
09-APR-2006
Not Reported
22-MAR-2006
23-APR-2006
Metabolic acidosis
代謝性アシドーシス
Metabolic acidosis
代謝性アシドーシス
Not Reported
22-MAR-2006
23-APR-2006
Renal failure
腎不全
Metabolic acidosis
代謝性アシドーシス
Not Reported
(続く)
臨床的安全性の概要
Not Reported
2.7.4
17-APR-2008
779
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
77
Female
20 ug, daily (1/D)
22-MAR-2006
23-APR-2006
Sepsis
敗血症
Metabolic acidosis
代謝性アシドーシス
68
Female
20 ug, daily (1/D)
23-MAY-2007
29-JUN-2007
Myocardial infarction
心筋梗塞
Myocardial infarction
心筋梗塞
77
Female
UNK, unknown
28-Nov-2003
Cardiac failure
心不全
Cardiac failure
心不全
90
Female
20 ug, daily (1/D)
Death
死亡
Death
死亡
06-Apr-2004
No
84
Female
20 ug, daily (1/D)
Dec-2003
May-2004
Death
死亡
Death
死亡
10-Aug-2004
No
66
Female
20 ug, unknown
2004
JAN-2007
Condition aggravated
状態悪化
Parkinson's disease
パーキンソン病
76
Female
20 ug, daily (1/D)
16-Sep-2004
01-Oct-2004
Cardiac failure
心不全
Cardiac failure
心不全
12-Jan-2005
No
Female
20 ug, unknown
Road traffic accident
交通事故
Death
死亡
13-Apr-2005
No
Female
20 ug, daily (1/D)
Mar-2004
Jul-2005
Injury
損傷
70
Female
20 ug, daily (1/D)
09-NOV-2005
Cerebral artery occlusion
大脳動脈閉塞
因果関係
Not Reported
03-JUL-2007
Not Reported
No
No
03-FEB-2006
No
No
臨床的安全性の概要
Cerebral artery occlusion
大脳動脈閉塞
事象発現日
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
CO200606002969
COLOMBIA
Spontaneous
CO200708000590
COLOMBIA
Spontaneous
DE_031212545
GERMANY
Spontaneous
DE_040513520
GERMANY
Spontaneous
DE_041014488
GERMANY
Spontaneous
DE_050115081
GERMANY
Spontaneous
DE_050315507
GERMANY
Spontaneous
DE_050515919
GERMANY
Spontaneous
DE_050816649
GERMANY
Spontaneous
DE200601002223
GERMANY
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
780
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
Female
20 ug, daily (1/D)
Female
UNK, UNK
12-AUG-2004
AUG-2004
67
Female
20 ug, daily (1/D)
11-MAY-2004
25-SEP-2005
71
Female
20 ug, daily (1/D)
79
Female
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
Death
死亡
Unknown
不明
Death
死亡
2006
No
Gastric haemorrhage
胃出血
26-SEP-2005
No
30-SEP-2004
05-FEB-2006
Death
死亡
Gastrointestinal
haemorrhage
胃腸出血
Death
死亡
Death
死亡
06-FEB-2006
No
21-APR-2005
2005
Cardiac failure
心不全
Cardiac failure
心不全
08-NOV-2005
No
No
Female
UNK, daily (1/D)
13-JUN-2005
JUL-2006
Death
死亡
Death
死亡
2006
No
72
Female
20 ug, UNK
21-AUG-2006
SEP-2006
Death
死亡
Death
死亡
SEP-2006
No
79
Female
2 ug, daily (1/D)
28-SEP-2006
05-OCT-2006
Cardiopulmonary failure
心肺不全
Cardiopulmonary failure
心肺不全
06-OCT-2006
Not Reported
68
Female
20 UNK, UNK
04-OCT-2004
20-MAR-2006
Respiratory failure
呼吸不全
Respiratory failure
呼吸不全
25-JUL-2006
No
2.7.4
68
Female
20 UNK, UNK
04-OCT-2004
20-MAR-2006
Shock
ショック
Respiratory failure
呼吸不全
2006
No
臨床的安全性の概要
報告症例番号
国
報告種類
DE200602001294
GERMANY
Spontaneous
DE200602005440
GERMANY
Spontaneous
DE200603000141
GERMANY
Spontaneous
DE200603000550
GERMANY
Spontaneous
DE200603002840
GERMANY
Spontaneous
DE200607005205
GERMANY
Spontaneous
DE200609003272
GERMANY
Spontaneous
DE200610001502
GERMANY
Spontaneous
DE200610002424
GERMANY
Spontaneous
DE200610002424
GERMANY
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
86
Female
20 ug, UNK
JUL-2006
SEP-2006
Cardiac failure
心不全
Cardiac failure
心不全
2006
No
24
Female
20 ug, daily (1/D)
DEC-2006
FEB-2007
Cardiac arrest
心停止
Cardiac arrest
心停止
FEB-2007
No
21-DEC-2006
Neoplasm progression
新生物進行
Condition aggravated
状態悪化
78
Female
No
83
Female
UNK, each evening
03-JAN-2007
07-MAR-2007
Cardiac failure
心不全
Cardiac failure
心不全
MAR-2007
No
83
Female
UNK, each evening
03-JAN-2007
07-MAR-2007
Pulmonary oedema
肺水腫
Cardiac failure
心不全
MAR-2007
No
65
Male
UNK, daily (1/D)
25-MAY-2005
JAN-2007
Left ventricular failure
左室不全
Left ventricular failure
左室不全
63
Male
20 ug, daily (1/D)
31-JAN-2006
27-APR-2007
Death
死亡
Death
死亡
27-APR-2007
No
67
Female
UNK, UNK
Death
死亡
Death
死亡
20-MAR-2006
Not Reported
46
Female
UNK, daily (1/D)
DEC-2004
Death
死亡
15-JUN-2006
Not Reported
2.7.4
82
Female
UNK, unknown
09-MAY-2007
27-JUL-2007
Hospitalisation
入院
18-OCT-2007
Not Reported
臨床的安全性の概要
781
報告症例番号
国
報告種類
DE200611001460
GERMANY
Spontaneous
DE200702003928
GERMANY
Spontaneous
DE200702004473
GERMANY
Spontaneous
DE200703005525
GERMANY
Spontaneous
DE200703005525
GERMANY
Spontaneous
DE200704000023
GERMANY
Spontaneous
DE200705007643
GERMANY
Spontaneous
DE200706004762
GERMANY
Spontaneous
DE200708000026
GERMANY
Spontaneous
DE200708002427
GERMANY
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
Multi-organ failure
多臓器不全
No
(続く)
782
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
82
Female
UNK, unknown
09-MAY-2007
27-JUL-2007
Multi-organ failure
多臓器不全
Multi-organ failure
多臓器不全
24-OCT-2007
Yes
82
Female
UNK, unknown
2007
Hospitalisation
入院
Multi-organ failure
多臓器不全
18-OCT-2007
Not Reported
82
Female
UNK, unknown
2007
Multi-organ failure
多臓器不全
Multi-organ failure
多臓器不全
24-OCT-2007
Yes
12-DEC-2006
05-AUG-2007
Sepsis
敗血症
Sepsis
敗血症
16-AUG-2007
Unknown
10-SEP-2007
No
80
Female
1 D/F, daily (1/D)
24-AUG-2007
Death
死亡
80
Female
20 ug, daily (1/D)
05-OCT-2007
Deep vein thrombosis
深部静脈血栓症
No
80
Female
20 ug, daily (1/D)
05-OCT-2007
Pulmonary embolism
肺塞栓症
No
Male
UNK, daily (1/D)
04-DEC-2007
Death
死亡
Death
死亡
77
Male
20 ug, unknown
13-NOV-2007
Female
20 ug, daily (1/D)
07-DEC-2007
08-FEB-2008
Cardiac failure
心不全
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Cardiac failure
心不全
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
DEC-2007
Not Reported
JAN-2008
Yes
No
臨床的安全性の概要
61
Male
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
DE200708002427
GERMANY
Spontaneous
DE200708002427
GERMANY
Spontaneous
DE200708002427
GERMANY
Spontaneous
DE200709000079
GERMANY
Spontaneous
DE200709002181
GERMANY
Spontaneous
DE200711000349
GERMANY
Spontaneous
DE200711000349
GERMANY
Spontaneous
DE200712002092
GERMANY
Spontaneous
DE200802002930
GERMANY
Spontaneous
DE200802003771
GERMANY
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
76
Female
20 ug, daily (1/D)
03-JAN-2008
Cardiac failure
心不全
Cardiac failure
心不全
FEB-2008
No
76
Female
20 ug, daily (1/D)
10-DEC-2007
Cardiac failure
心不全
Cardiac failure
心不全
FEB-2008
No
75
Female
20 ug, unknown
20-DEC-2007
Urosepsis
尿路性敗血症
Urosepsis
尿路性敗血症
05-FEB-2008
Yes
Male
20 ug, daily (1/D)
29-MAY-2007
Myocardial infarction
心筋梗塞
Death
死亡
01-APR-2008
Not Reported
Female
20 ug, daily (1/D)
18-FEB-2008
01-APR-2008
Influenza
インフルエンザ
Influenza
インフルエンザ
2008
Yes
Female
20 ug, daily (1/D)
18-APR-2008
Death
死亡
Death
死亡
MAY-2008
Yes
85
Female
20 ug, daily (1/D)
08-MAY-2008
Cardiac failure
心不全
Cardiac failure
心不全
JUN-2008
Yes
81
Female
UNK, unknown
MAY-2008
Death
死亡
Death
死亡
27-JUL-2008
Not Reported
73
Female
20 ug, daily (1/D)
06-NOV-2007
29-JAN-2008
Death
死亡
Death
死亡
29-JUL-2008
Yes
2.7.4
98
Female
UNK, unknown
28-MAY-2008
Colon cancer
結腸癌
Colon cancer
結腸癌
Yes
臨床的安全性の概要
783
報告症例番号
国
報告種類
DE200802004708
GERMANY
Spontaneous
DE200802004708
GERMANY
Spontaneous
DE200802006495
GERMANY
Spontaneous
DE200804000802
GERMANY
Spontaneous
DE200804004689
GERMANY
Spontaneous
DE200806004607
GERMANY
Spontaneous
DE200807000916
GERMANY
Spontaneous
DE200808002986
GERMANY
Spontaneous
DE200808004753
GERMANY
Spontaneous
DE200809000527
GERMANY
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
784
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
Female
20 D/F, daily (1/D)
15-MAY-2007
Cardiovascular disorder
心血管障害
Cardiovascular disorder
心血管障害
15-AUG-2008
Not Reported
Male
20 ug, daily (1/D)
MAR-2008
Myocardial infarction
心筋梗塞
Myocardial infarction
心筋梗塞
AUG-2008
No
Female
UNK, unknown
19-JUN-2008
Cardiac arrest
心停止
Cardiac arrest
心停止
Yes
80
Female
20 ug, daily (1/D)
23-JUN-2008
Septic shock
敗血症性ショック
Not Reported
80
Female
20 ug, daily (1/D)
23-JUN-2008
Septic shock
敗血症性ショック
Not Reported
80
Female
20 ug, daily (1/D)
23-JUN-2008
Bronchitis
気管支炎
Pneumonia
pneumococcal
肺炎球菌性肺炎
Septic shock
敗血症性ショック
Septic shock
敗血症性ショック
Not Reported
71
Female
20 ug, daily (1/D)
13-MAY-2005
24-AUG-2006
Pneumonia
肺炎
Respiratory arrest
呼吸停止
74
Female
20 ug, daily (1/D)
22-AUG-2006
27-SEP-2006
69
Male
20 ug, daily (1/D)
11-SEP-2006
30-NOV-2006
Cardiac arrest
心停止
Cardiac arrest
心停止
68
Male
20 , UNK
14-NOV-2007
Road traffic accident
交通事故
Road traffic accident
交通事故
Lung neoplasm malignant Lung neoplasm malignant
肺の悪性新生物
肺の悪性新生物
24-AUG-2006
No
SEP-2006
No
04-JAN-2007
No
Not Reported
臨床的安全性の概要
年齢
性別
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
DE200809000532
GERMANY
Spontaneous
DE200809001147
GERMANY
Spontaneous
DE200809002867
GERMANY
Spontaneous
DE200809003957
GERMANY
Spontaneous
DE200809003957
GERMANY
Spontaneous
DE200809003957
GERMANY
Spontaneous
DK200610002001
DENMARK
Spontaneous
DK200702005636
DENMARK
Spontaneous
DK200707000908
DENMARK
Regulatory Authority
DK200712001186
DENMARK
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
年齢
性別
投与量
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
Death
死亡
General physical health
deterioration
全身健康状態低下
Pancreatitis haemorrhagic
出血性膵炎
General physical health
deterioration
全身健康状態低下
Pancreatitis
膵炎
Female
死因
事象発現日
因果関係
Not Reported
77
Female
20 ug, daily (1/D)
DEC-2007
77
Female
20 ug, unknown
NOV-2007
54
Female
UNK, unknown
10-Dec-2003
02-Mar-2004
Hepatic failure
肝不全
Renal failure
腎不全
Not Reported
54
Female
UNK, unknown
10-Dec-2003
02-Mar-2004
Renal failure
腎不全
Renal failure
腎不全
Not Reported
75
Female
20 ug, daily (1/D)
14-JUN-2004
Sudden death
突然死
Sudden death
突然死
79
Female
UNK, unknown
23-Jul-2004
Death
死亡
Death
死亡
62
Female
20 ug, daily (1/D)
28-Jun-2004
Myocardial infarction
心筋梗塞
Myocardial infarction
心筋梗塞
24-Sep-2004
No
73
Female
20 ug, daily (1/D)
Oct-2004
Subdural haematoma
硬膜下血腫
Subdural haematoma
硬膜下血腫
22-Nov-2004
No
2.7.4
66
Female
20 ug, daily (1/D)
May-2004
Myocardial infarction
心筋梗塞
Myocardial infarction
心筋梗塞
05-Jan-2005
No
臨床的安全性の概要
785
報告症例番号
国
報告種類
ES200706006488
SPAIN
Spontaneous
ES200802002040
SPAIN
Spontaneous
ES200810007510
SPAIN
Spontaneous
EWC040438868
DENMARK
Spontaneous
EWC040438868
DENMARK
Spontaneous
EWC041141322
ITALY
Regulatory Authority
EWC041141463
SWEDEN
Spontaneous
EWC041241787
SWEDEN
Spontaneous
EWC050142197
SWITZERLAND
Spontaneous
EWC050142374
SWEDEN
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
JAN-2008
Yes
18-OCT-2008
No
01-NOV-2004
Yes
No
(続く)
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
72
Female
20 ug, daily (1/D)
03-Jan-2005
25-Jan-2005
Cardiogenic shock
心原性ショック
Cardiogenic shock
心原性ショック
Jan-2005
No
72
Female
20 ug, daily (1/D)
03-Jan-2005
25-Jan-2005
Viral myocarditis
ウイルス性心筋炎
Cardiogenic shock
心原性ショック
Jan-2005
No
71
Female
20 ug, daily (1/D)
22-Sep-2004
Respiratory failure
呼吸不全
Respiratory failure
呼吸不全
Jan-2005
No
82
Female
UNK, unknown
02-Feb-2005
No
70
Male
UNK, unknown
13-Nov-2004
23-Feb-2005
No
70
Female
20 ug, daily (1/D)
06-May-2004
10-Oct-2004
11-Oct-2004
No
81
Female
20 ug, daily (1/D)
Oct-2004
07-Feb-2005
Pancreatitis acute
急性膵炎
Pancreatitis acute
急性膵炎
12-Feb-2005
Yes
79
Female
20 ug, daily (1/D)
26-Oct-2004
20-Mar-2005
Cardiac failure
心不全
Respiratory failure
呼吸不全
29-Mar-2005
No
79
Female
20 ug, daily (1/D)
26-Oct-2004
20-Mar-2005
Respiratory failure
呼吸不全
Respiratory failure
呼吸不全
29-Mar-2005
No
2.7.4
79
Female
20 ug, daily (1/D)
07-Oct-2004
20-Mar-2005
Cardiac arrest
心停止
Cardiac arrest
心停止
20-Apr-2005
No
臨床的安全性の概要
786
報告症例番号
国
報告種類
EWC050142438
SPAIN
Spontaneous
EWC050142438
SPAIN
Spontaneous
EWC050242655
SWEDEN
Spontaneous
EWC050343107
NETHERLANDS
Spontaneous
EWC050343221
SPAIN
Spontaneous
EWC050443444
ITALY
Spontaneous
EWC050543864
SWITZERLAND
Spontaneous
EWC050543914
SWEDEN
Spontaneous
EWC050543914
SWEDEN
Spontaneous
EWC050544105
GREECE
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
Death
Death
死亡
死亡
Chronic obstructive
Death
pulmonary disease
死亡
慢性閉塞性肺疾患
Cerebrovascular accident Cerebrovascular accident
脳血管発作
脳血管発作
(続く)
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
Female
20 mg, unknown
23-Jul-2004
Anxiety
不安
Arteriosclerosis
動脈硬化症
NHCP
Female
20 mg, unknown
23-Jul-2004
Arteriosclerosis
動脈硬化症
Arteriosclerosis
動脈硬化症
NHCP
Female
20 mg, unknown
23-Jul-2004
Dyspnoea
呼吸困難
Arteriosclerosis
動脈硬化症
NHCP
Female
20 mg, unknown
23-Jul-2004
Myalgia
筋痛
Arteriosclerosis
動脈硬化症
NHCP
77
Female
20 ug, unknown
10-Mar-2004
Arrhythmia
不整脈
Myocardial infarction
心筋梗塞
No
77
Female
20 ug, unknown
10-Mar-2004
Cardiac failure
心不全
Myocardial infarction
心筋梗塞
No
77
Female
20 ug, unknown
10-Mar-2004
Myocardial infarction
心筋梗塞
Myocardial infarction
心筋梗塞
77
Female
20 ug, unknown
10-Mar-2004
Pneumonia
肺炎
Myocardial infarction
心筋梗塞
No
77
Female
20 ug, unknown
10-Mar-2004
Pulmonary embolism
肺塞栓症
Myocardial infarction
心筋梗塞
No
2.7.4
71
Female
20 ug, daily (1/D)
25-APR-2005
23-MAY-2005
Death
死亡
Death
死亡
Unknown
臨床的安全性の概要
787
報告症例番号
国
報告種類
EWC050544200
SWEDEN
Regulatory Authority
EWC050544200
SWEDEN
Regulatory Authority
EWC050544200
SWEDEN
Regulatory Authority
EWC050544200
SWEDEN
Regulatory Authority
EWC050744903
SWEDEN
Regulatory Authority
EWC050744903
SWEDEN
Regulatory Authority
EWC050744903
SWEDEN
Regulatory Authority
EWC050744903
SWEDEN
Regulatory Authority
EWC050744903
SWEDEN
Regulatory Authority
EWC050845399
DENMARK
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
事象発現日
10-Jan-2005
17-JUN-2005
因果関係
No
(続く)
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
71
Female
20 ug, daily (1/D)
25-APR-2005
23-MAY-2005
Pneumonia
肺炎
Death
死亡
23-MAY-2005
Unknown
87
Female
UNK, unknown
27-Jun-2005
No
68
Female
UNK, daily (1/D)
02-Jun-2005
08-Aug-2005
No
73
Female
UNK, unknown
03-May-2005
30-May-2005
13-Jun-2005
Unknown
67
Female
20 ug, daily (1/D)
16-Aug-2004
27-Feb-2005
Pneumonia
肺炎
Pneumonia
肺炎
02-Mar-2005
No
80
Female
20 ug, daily (1/D)
28-Jun-2005
Pancreatic carcinoma
膵癌
Respiratory failure
呼吸不全
80
Female
20 ug, daily (1/D)
28-Jun-2005
Respiratory failure
呼吸不全
Respiratory failure
呼吸不全
09-Sep-2005
No
73
Female
20 ug, daily (1/D)
04-NOV-2004
20-SEP-2005
Sudden death
突然死
Sudden death
突然死
21-SEP-2005
Yes
Female
20 ug, unknown
16-Aug-2005
20-Oct-2005
Pulmonary embolism
肺塞栓症
Pulmonary embolism
肺塞栓症
07-Nov-2005
Not Reported
2.7.4
75
Female
20 ug, daily (1/D)
Feb-2005
Death
死亡
Death
死亡
Mar-2005
Yes
臨床的安全性の概要
788
報告症例番号
国
報告種類
EWC050845399
DENMARK
Spontaneous
EWC050845528
NETHERLANDS
Spontaneous
EWC050845542
NETHERLANDS
Spontaneous
EWC050945995
SPAIN
Spontaneous
EWC050946081
DENMARK
Spontaneous
EWC051046568
NETHERLANDS
Spontaneous
EWC051046568
NETHERLANDS
Spontaneous
EWC051046615
ITALY
Spontaneous
EWC051046976
SAUDI ARABIA
Spontaneous
FR_050305990
FRANCE
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
Cerebrovascular accident Cerebrovascular accident
脳血管発作
脳血管発作
Salmonella sepsis
サルモネラ性敗血症
Salmonella sepsis
サルモネラ性敗血症
Acute myeloid leukaemia Acute myeloid leukaemia
急性骨髄性白血病
急性骨髄性白血病
No
(続く)
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
78
Female
20 ug, daily (1/D)
17-Sep-2004
17-Sep-2004
Lung infection
肺感染
Lung infection
肺感染
Feb-2005
No
82
Female
20 ug, daily (1/D)
19-Oct-2004
Lung infection
肺感染
Lung infection
肺感染
68
Female
20 ug, daily (1/D)
18-OCT-2004
Death
死亡
Death
死亡
24-JAN-2006
Unknown
70
Female
20 ug, daily (1/D)
24-OCT-2005
23-JUN-2006
Pneumonitis
肺臓炎
Pneumonitis
肺臓炎
27-JUN-2006
Yes
70
Female
20 ug, daily (1/D)
24-OCT-2005
23-JUN-2006
Yes
20 ug, daily (1/D)
MAY-2006
JUN-2006
JUN-2006
No
Female
UNK, UNK
22-SEP-2004
Pneumonitis
肺臓炎
General physical health
deterioration
全身健康状態低下
Hydronephrosis
水腎症
27-JUN-2006
83
Female
Pulmonary fibrosis
肺線維症
General physical health
deterioration
全身健康状態低下
Hydronephrosis
水腎症
10-DEC-2005
No
69
Female
20 ug, daily (1/D)
29-AUG-2006
Gastric cancer
胃癌
Gastric cancer
胃癌
SEP-2006
No
77
Female
20 ug, daily (1/D)
16-SEP-2005
Cardiac failure
心不全
Cardiac failure
心不全
25-SEP-2006
No
2.7.4
77
Female
20 ug, daily (1/D)
16-SEP-2005
Completed suicide
自殺既遂
Cardiac failure
心不全
25-SEP-2006
No
臨床的安全性の概要
789
報告症例番号
国
報告種類
FR_050606554
FRANCE
Spontaneous
FR_050807023
FRANCE
Spontaneous
FR200604004085
FRANCE
Spontaneous
FR200607002846
FRANCE
Spontaneous
FR200607002846
FRANCE
Spontaneous
FR200607004864
FRANCE
Spontaneous
FR200609002282
FRANCE
Spontaneous
FR200610000917
FRANCE
Spontaneous
FR200610004817
FRANCE
Spontaneous
FR200610004817
FRANCE
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
No
(続く)
790
年齢
性別
投与量
73
Female
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与開始日
投与終了日
23-OCT-2004
16-MAY-2006
有害事象名(PT)
死因
Chronic respiratory
failure
慢性呼吸不全
Cardiac arrest
心停止
Chronic respiratory
failure
慢性呼吸不全
Cardiac arrest
心停止
事象発現日
因果関係
NOV-2006
No
FEB-2007
No
20 ug, daily (1/D)
11-SEP-2006
71
Female
20 ug, daily (1/D)
21-FEB-2007
07-MAR-2007
Septic shock
敗血症性ショック
Septic shock
敗血症性ショック
26-MAR-2007
Not Reported
71
Female
20 ug, daily (1/D)
24-NOV-2006
16-FEB-2007
Septic shock
敗血症性ショック
Septic shock
敗血症性ショック
26-MAR-2007
Not Reported
85
Female
20 ug, daily (1/D)
18-OCT-2006
24-JAN-2007
Yes
46
Female
20 ug, daily (1/D)
15-JAN-2007
04-MAR-2007
No
81
Female
20 ug, daily (1/D)
01-AUG-2006
19-JAN-2007
No
73
Female
20 ug, daily (1/D)
25-APR-2006
07-JUN-2007
NHCP
72
Female
20 ug, daily (1/D)
21-MAR-2006
13-APR-2007
13-APR-2007
No
78
Female
20 ug, daily (1/D)
09-DEC-2005
APR-2007
No
Pulmonary embolism
Pulmonary embolism
肺塞栓症
肺塞栓症
Oesophageal varices
Oesophageal varices
haemorrhage
haemorrhage
食道静脈瘤出血
食道静脈瘤出血
Cerebrovascular accident Cerebrovascular accident
脳血管発作
脳血管発作
Death
死亡
Cerebrovascular accident Cerebrovascular accident
脳血管発作
脳血管発作
Cardiac failure
心不全
Respiratory failure
呼吸不全
(続く)
臨床的安全性の概要
81
Female
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
FR200612002904
FRANCE
Spontaneous
FR200702003977
FRANCE
Spontaneous
FR200702004923
FRANCE
Spontaneous
FR200702004923
FRANCE
Spontaneous
FR200703006629
FRANCE
Spontaneous
FR200704000427
FRANCE
Spontaneous
FR200704004768
FRANCE
Spontaneous
FR200704005416
FRANCE
Spontaneous
FR200705001022
FRANCE
Spontaneous
FR200705003093
FRANCE
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
791
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
78
Female
20 ug, daily (1/D)
09-DEC-2005
Respiratory failure
呼吸不全
Respiratory failure
呼吸不全
APR-2007
No
73
Female
20 ug, daily (1/D)
12-JUL-2006
05-SEP-2006
Death
死亡
Death
死亡
SEP-2006
Unknown
71
Female
20 ug, daily (1/D)
25-JAN-2005
02-NOV-2005
Cardiovascular disorder
心血管障害
Cardiovascular disorder
心血管障害
08-MAY-2007
No
75
Female
UNK, UNK
05-MAR-2005
26-AUG-2006
Death
死亡
Death
死亡
22-MAY-2007
No
83
Female
20 ug, daily (1/D)
07-DEC-2005
MAY-2007
No
83
Female
20 ug, daily (1/D)
28-FEB-2006
Dehydration
脱水
Dehydration
脱水
16-JUN-2007
Unknown
73
Female
20 ug, daily (1/D)
15-SEP-2006
Death
死亡
Death
死亡
29-JUN-2007
No
90
Female
20 ug, daily (1/D)
17-OCT-2006
No
20 ug, daily (1/D)
01-DEC-2006
JUL-2007
No
82
Female
20 ug, daily (1/D)
14-MAR-2007
OCT-2007
Cardio-respiratory arrest
心肺停止
Malignant neoplasm
progression
悪性新生物進行
Leiomyosarcoma
recurrent
再発平滑筋肉腫
25-JUL-2007
78
Female
Cardio-respiratory arrest
心肺停止
Malignant neoplasm
progression
悪性新生物進行
Leiomyosarcoma
recurrent
再発平滑筋肉腫
05-JUL-2007
No
Acute pulmonary oedema Acute pulmonary oedema
急性肺水腫
急性肺水腫
(続く)
臨床的安全性の概要
年齢
性別
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
FR200705003093
FRANCE
Spontaneous
FR200706000188
FRANCE
Spontaneous
FR200706001657
FRANCE
Spontaneous
FR200706003688
FRANCE
Spontaneous
FR200706004162
FRANCE
Spontaneous
FR200706006478
FRANCE
Spontaneous
FR200708000059
FRANCE
Spontaneous
FR200708000893
FRANCE
Spontaneous
FR200708003947
FRANCE
Spontaneous
FR200708004253
FRANCE
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
792
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
51
Female
20 ug, daily (1/D)
21-DEC-2006
57
Female
20 ug, daily (1/D)
20-DEC-2006
57
Female
20 ug, daily (1/D)
20-DEC-2006
57
Female
20 ug, daily (1/D)
20-DEC-2006
88
Female
有害事象名(PT)
死因
Congestive
cardiomyopathy
うっ血性心筋症
Anorexia nervosa
神経性無食欲症
General physical health
deterioration
全身健康状態低下
Malnutrition
栄養障害
Congestive
cardiomyopathy
うっ血性心筋症
Anorexia nervosa
神経性無食欲症
01-OCT-2004
事象発現日
因果関係
No
No
Anorexia nervosa
神経性無食欲症
AUG-2007
No
Anorexia nervosa
神経性無食欲症
AUG-2007
No
Hernial eventration
内臓ヘルニア
Hernial eventration
内臓ヘルニア
2007
No
82
Female
20 ug, daily (1/D)
27-SEP-2004
Death
死亡
Death
死亡
82
Female
20 ug, daily (1/D)
04-JAN-2007
Aortic aneurysm rupture
大動脈瘤破裂
Aortic aneurysm rupture
大動脈瘤破裂
13-NOV-2007
No
79
Female
20 ug, daily (1/D)
17-AUG-2007
Myocardial infarction
心筋梗塞
Myocardial infarction
心筋梗塞
03-DEC-2007
No
63
Female
20 ug, daily (1/D)
12-MAY-2007
Hepatic cirrhosis
肝硬変
Hepatic cirrhosis
肝硬変
63
Female
20 ug, daily (1/D)
12-MAY-2007
Pulmonary oedema
肺水腫
Hepatic cirrhosis
肝硬変
No
No
NHCP
(続く)
臨床的安全性の概要
12-NOV-2007
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
FR200709006046
FRANCE
Spontaneous
FR200710001423
FRANCE
Spontaneous
FR200710001423
FRANCE
Spontaneous
FR200710001423
FRANCE
Spontaneous
FR200710003776
FRANCE
Spontaneous
FR200710003823
FRANCE
Spontaneous
FR200711005804
FRANCE
Spontaneous
FR200712000865
FRANCE
Spontaneous
FR200712002327
FRANCE
Spontaneous
FR200712002327
FRANCE
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
793
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
85
Female
20 ug, daily (1/D)
08-DEC-2006
Pulmonary embolism
肺塞栓症
Pulmonary embolism
肺塞栓症
19-OCT-2007
Yes
66
Female
20 ug, daily (1/D)
25-SEP-2007
Death
死亡
22-JAN-2008
No
79
Female
20 ug, daily (1/D)
02-JUL-2007
Death
死亡
Death
死亡
Not Reported
94
Female
20 ug, daily (1/D)
Cardiac failure
心不全
Cardiac failure
心不全
Yes
96
Female
20 ug, daily (1/D)
Cardiac failure
心不全
Cardiac failure
心不全
Death
死亡
Death
死亡
2007
65
Female
13-FEB-2008
Yes
No
78
Female
20 ug, daily (1/D)
05-OCT-2006
Brain neoplasm
脳新生物
Brain neoplasm
脳新生物
03-MAR-2008
Not Reported
76
Female
20 ug, daily (1/D)
12-JAN-2007
Gastrointestinal necrosis
消化管壊死
Gastrointestinal necrosis
消化管壊死
MAR-2008
No
76
Female
20 ug, daily (1/D)
12-JAN-2007
Volvulus of small bowel
小腸捻転
Gastrointestinal necrosis
消化管壊死
2008
No
2.7.4
65
Female
20 ug, daily (1/D)
2003
2005
Cardiac disorder
心障害
Cardiac disorder
心障害
No
臨床的安全性の概要
報告症例番号
国
報告種類
FR200801001359
FRANCE
Spontaneous
FR200801005310
FRANCE
Spontaneous
FR200802003532
FRANCE
Spontaneous
FR200802003952
FRANCE
Spontaneous
FR200802003955
FRANCE
Spontaneous
FR200803001445
FRANCE
Spontaneous
FR200803002774
FRANCE
Spontaneous
FR200803006665
FRANCE
Spontaneous
FR200803006665
FRANCE
Spontaneous
FR200804001242
FRANCE
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
794
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
79
Female
20 ug, daily (1/D)
04-FEB-2007
15-MAY-2008
Myocardial infarction
心筋梗塞
Myocardial infarction
心筋梗塞
15-MAY-2008
Not Reported
73
Female
20 ug, daily (1/D)
24-SEP-2007
Cardiac arrest
心停止
Cardiac arrest
心停止
09-JUL-2008
Not Reported
76
Female
20 ug, daily (1/D)
20-MAR-2008
06-MAY-2008
Polycythaemia
赤血球増加症
Polycythaemia
赤血球増加症
22-APR-2008
Yes
79
Female
20 ug, daily (1/D)
29-MAY-2007
Mendelson's syndrome
メンデルソン症候群
Mendelson's syndrome
メンデルソン症候群
05-AUG-2008
No
77
Female
20 ug, daily (1/D)
MAR-2008
2008
Unknown
20 ug, daily (1/D)
10-JUN-2008
74
Female
20 ug, daily (1/D)
10-SEP-2008
03-NOV-2008
Death
死亡
Chronic lymphocytic
leukaemia
慢性リンパ性白血病
Myocardial infarction
心筋梗塞
2008
74
Male
Death
死亡
Chronic lymphocytic
leukaemia
慢性リンパ性白血病
Death
死亡
74
Female
20 ug, daily (1/D)
10-SEP-2008
03-NOV-2008
Myocardial infarction
心筋梗塞
79
Female
20 ug, daily (1/D)
29-MAR-2008
Death
死亡
DEC-2004
Cerebrovascular accident
脳血管発作
03-NOV-2008
Unknown
Myocardial infarction
心筋梗塞
03-NOV-2008
Unknown
Death
死亡
01-OCT-2008
Not Reported
DEC-2005
Unknown
臨床的安全性の概要
82
Female
No
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
FR200805004422
FRANCE
Spontaneous
FR200806006536
FRANCE
Spontaneous
FR200807003965
FRANCE
Regulatory Authority
FR200809000445
FRANCE
Spontaneous
FR200809006609
FRANCE
Spontaneous
FR200810004549
FRANCE
Spontaneous
FR200811002560
FRANCE
Spontaneous
FR200811002560
FRANCE
Spontaneous
FR200811003898
FRANCE
Spontaneous
GB200601000547
UNITED KINGDOM
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
報告症例番号
国
報告種類
795
投与量
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
85
Female
GB200602001775
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GB200602001775
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GB200602001778
UNITED KINGDOM
Spontaneous
71
Male
20 ug, UNK
Cardiac failure
心不全
71
Male
20 ug, UNK
Pulmonary fibrosis
肺線維症
63
Male
20 ug, daily (1/D)
GB200602002429
UNITED KINGDOM
Spontaneous
71
Female
20 ug, daily (1/D)
GB200602003930
UNITED KINGDOM
Spontaneous
79
Female
20 ug, daily (1/D)
GB200602003930
UNITED KINGDOM
Spontaneous
79
Female
20 ug, daily (1/D)
Lung cancer metastatic
転移性肺癌
1)おそらく肺癌と脳および骨への転移による死亡
2005
Neoplasm malignant
悪性新生物
Sepsis
敗血症
DEC-2005
DEC-2005
Atrial fibrillation
心房細動
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
The patient died of
probably a primary lung
cancer with cerebral and
bony metastases1)1
pulmonary fibrosis and
cardiac failure
肺線維症および心不全
pulmonary fibrosis and
cardiac failure
肺線維症および心不全
Neoplasm malignant
悪性新生物
diverticular perforation
leading to peritonitis and
fasciitis of leg, leading to
septicaemic shock and
death2)
pneumonia,COPD, atrial
fibrillation
肺炎、COPD および心
房細動
pneumonia,COPD, atrial
fibrillation
肺炎、COPD および心
房細動
事象発現日
因果関係
2006
No
No
No
JAN-2006
No
No
04-JAN-2006
No
04-JAN-2006
No
(続く)
臨床的安全性の概要
GB200602001518
UNITED KINGDOM
Spontaneous
死因
2.7.4
1
年齢
性別
LY333334
表 2.7.4.7-42.
2)憩室穿孔に起因する腹膜炎および脚の筋膜炎からの敗血症性ショックを引き起こし死亡
報告症例番号
国
報告種類
年齢
性別
投与量
LY333334
表 2.7.4.7-42.
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
796
20 ug, daily (1/D)
DEC-2005
GB200602003932
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GB200610000371
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GB200702000042
UNITED KINGDOM
Regulatory Authority
GB200702000042
UNITED KINGDOM
Regulatory Authority
GB200707005322
UNITED KINGDOM
Spontaneous
77
Female
20 ug, unknown
25-AUG-2005
Myocardial infarction
心筋梗塞
71
Female
20 ug, daily (1/D)
16-MAR-2006
84
Male
UNK, UNK
NOV-2005
NOV-2006
84
Male
UNK, UNK
NOV-2005
NOV-2006
Ovarian cancer
卵巣癌
Arteriosclerosis coronary
artery
冠動脈硬化症
Myocardial ischaemia
心筋虚血
35
Female
20 ug, daily (1/D)
19-JUL-2007
20-JUL-2007
GB200802001452
UNITED KINGDOM
Spontaneous
68
Female
20 ug, daily (1/D)
18-SEP-2007
06-NOV-2007
GB200802001452
UNITED KINGDOM
Spontaneous
68
Female
20 ug, daily (1/D)
18-SEP-2007
06-NOV-2007
Pneumonia
肺炎
Death
死亡
Clostridium difficile
sepsis
クロストリジウム・デ
ィフィシレ性敗血症
Pemphigoid
類天疱瘡
pneumonia,COPD, atrial
fibrillation
肺炎、COPD および心
房細動
Myocardial infarction
心筋梗塞
因果関係
04-JAN-2006
No
16-FEB-2006
No
Ovarian cancer
卵巣癌
Yes
Myocardial ischaemia
心筋虚血
Yes
Myocardial ischaemia
心筋虚血
Yes
Clostridium difficile
sepsis
クロストリジウム・デ
ィフィシレ性敗血症
Clostridium difficile
sepsis
クロストリジウム・デ
ィフィシレ性敗血症
22-JUL-2007
Unknown
05-MAY-2008
No
02-OCT-2007
Unknown
(続く)
臨床的安全性の概要
79
Female
事象発現日
2.7.4
GB200602003930
UNITED KINGDOM
Spontaneous
死因
報告症例番号
国
報告種類
年齢
性別
LY333334
表 2.7.4.7-42.
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
Renal failure acute
急性腎不全
死因
事象発現日
因果関係
20-JUN-2008
No
2007
No
JAN-2008
Not Reported
797
GB200802001452
UNITED KINGDOM
Spontaneous
68
Female
20 ug, daily (1/D)
18-SEP-2007
06-NOV-2007
GB200804001060
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GB200804001062
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GB200805004208
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GB200805004208
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GB200808003182
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GB200808003182
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GBS040314598
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GBS040314599
UNITED KINGDOM
Spontaneous
72
Female
20 ug, daily (1/D)
APR-2006
SEP-2007
Volvulus
腸の軸捻転
Clostridium difficile
sepsis
クロストリジウム・デ
ィフィシレ性敗血症
Volvulus
腸の軸捻転
75
Female
20 ug, daily (1/D)
AUG-2007
Death
死亡
Death
死亡
82
Female
20 ug, daily (1/D)
NOV-2006
MAY-2008
Intestinal ischaemia
腸管虚血
Intestinal ischaemia
腸管虚血
Not Reported
82
Female
20 ug, daily (1/D)
NOV-2006
MAY-2008
Postoperative adhesion
術後癒着
Intestinal ischaemia
腸管虚血
Not Reported
67
Female
UNK, unknown
Pneumonia aspiration
嚥下性肺炎
Respiratory failure
呼吸不全
67
Female
UNK, unknown
58
Female
UNK, unknown
63
Female
UNK, unknown
Respiratory failure
呼吸不全
Lower respiratory tract
infection
下気道感染
Death
死亡
Respiratory failure
呼吸不全
Lower respiratory tract
infection
下気道感染
Death
死亡
OCT-2008
No
OCT-2008
No
No
(続く)
臨床的安全性の概要
No
2.7.4
26-Dec-2003
798
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
67
Female
20 ug, daily (1/D)
15-Jan-2004
Pneumonia
肺炎
Pneumonia
肺炎
82
Female
20 ug, unknown
May-2004
Myocardial ischaemia
心筋虚血
Myocardial ischaemia
心筋虚血
25-Jul-2004
No
82
Female
20 ug, unknown
Sepsis
敗血症
Sepsis
敗血症
05-Sep-2004
No
56
Female
UNK, unknown
Jan-2004
Bronchial carcinoma
気管支癌
Bronchial carcinoma
気管支癌
No
83
Female
20 ug, daily (1/D)
May-2004
Bronchopneumonia
気管支肺炎
Bronchopneumonia
気管支肺炎
No
83
Female
20 ug, daily (1/D)
May-2004
Cellulitis
蜂巣炎
Bronchopneumonia
気管支肺炎
Not Reported
67
Female
20 ug, unknown
May-2004
Bronchopneumonia
気管支肺炎
Bronchopneumonia
気管支肺炎
Not Reported
77
Female
20 ug, daily (1/D)
06-Nov-2004
Myocardial ischaemia
心筋虚血
Myocardial ischaemia
心筋虚血
89
Female
20 ug, unknown
Jun-2004
Aortic aneurysm
大動脈瘤
Aortic aneurysm rupture
大動脈瘤破裂
事象発現日
因果関係
No
22-Feb-2005
No
No
臨床的安全性の概要
(続く)
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
GBS040615126
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GBS040815387
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GBS040915589
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GBS040915607
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GBS041216146
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GBS041216146
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GBS050216591
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GBS050216765
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GBS050316814
UNITED KINGDOM
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
報告症例番号
国
報告種類
年齢
性別
LY333334
表 2.7.4.7-42.
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与量
投与開始日
投与終了日
799
20 ug, unknown
Jan-2005
GBS050316851
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GBS050316856
UNITED KINGDOM
Regulatory Authority
GBS050316988
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GBS050417123
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GBS050818073
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GBS050918528
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GBS050918579
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GBS050918580
UNITED KINGDOM
Spontaneous
79
Female
20 ug, unknown
Jan-2005
77
Female
20 ug, daily (1/D)
04-Jan-2005
24-Feb-2005
57
Female
20 ug, daily (1/D)
42
Female
Septic arthritis
staphylococcal
ブドウ球菌性化膿性関
節炎
Staphylococcal sepsis
ブドウ球菌性敗血症
事象発現日
因果関係
Staphylococcal sepsis
ブドウ球菌性敗血症
03-Apr-2005
No
Staphylococcal sepsis
ブドウ球菌性敗血症
No
Cardiac failure acute
急性心不全
Cardiac failure acute
急性心不全
No
05-Dec-2003
Multi-organ failure
多臓器不全
Multi-organ failure
多臓器不全
20 ug, daily (1/D)
2004
Sepsis
敗血症
Sepsis
敗血症
68
Female
20 ug, unknown
01-Dec-2003
05-Mar-2005
Gallbladder perforation
胆嚢穿孔
Respiratory failure
呼吸不全
61
Male
20 ug, unknown
13-Aug-2005
63
Female
20 ug, daily (1/D)
13-OCT-2004
79
Female
UNK, unknown
Death
死亡
Carbon monoxide
poisoning
一酸化炭素中毒
Elderly
老年者
Death
死亡
Carbon monoxide
poisoning
一酸化炭素中毒
Old age
高齢
12-Mar-2005
No
No
05-Mar-2005
No
04-Oct-2005
No
DEC-2004
No
No
(続く)
臨床的安全性の概要
79
Female
死因
2.7.4
GBS050316851
UNITED KINGDOM
Spontaneous
有害事象名(PT)
800
年齢
性別
投与量
Female
UNK, unknown
72
Female
20 ug, daily (1/D)
88
Female
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
Death
死亡
Death
死亡
No
03-Nov-2004
27-Jul-2005
Gastric cancer
胃癌
Death
死亡
No
20 ug, daily (1/D)
01-OCT-2004
Cardiac failure
心不全
Cardiac failure
心不全
86
Female
20 ug, daily (1/D)
FEB-2006
JUL-2006
Sepsis
敗血症
Sepsis
敗血症
Female
20 ug, daily (1/D)
25-OCT-2004
Coronary artery disease
冠動脈疾患
43
Male
UNK, unknown
07-MAR-2006
20-MAY-2006
Death
死亡
Death
死亡
43
Male
UNK, unknown
30-MAY-2006
13-JUN-2006
78
Female
UNK, UNK
53
Female
UNK, UNK
Death
死亡
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Bronchiectasis
気管支拡張症
Death
死亡
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Respiratory failure
呼吸不全
26-NOV-2005
因果関係
No
Unknown
No
Not Reported
Not Reported
No
No
2.7.4
(続く)
臨床的安全性の概要
報告症例番号
国
報告種類
GBS050918581
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GBS051018588
UNITED KINGDOM
Spontaneous
GR200604002191
GREECE
Spontaneous
GR200607002554
GREECE
Spontaneous
GR200704004448
GREECE
Spontaneous
GR200803005451
GREECE
Literature
GR200803005451
GREECE
Literature
IE200704004052
IRELAND
Spontaneous
IE200704004055
IRELAND
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
報告症例番号
国
報告種類
年齢
性別
投与量
801
UNK, UNK
IE200704004055
IRELAND
Spontaneous
IE200704004057
IRELAND
Spontaneous
IE200704004060
IRELAND
Spontaneous
IE200704004061
IRELAND
Spontaneous
IE200704004063
IRELAND
Spontaneous
IE200704004063
IRELAND
Spontaneous
IE200803004309
IRELAND
Spontaneous
IL200606005256
ISRAEL
Spontaneous
53
Female
UNK, UNK
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
Complications of
transplant surgery
移植手術における合併
症
Respiratory failure
呼吸不全
死因
事象発現日
因果関係
Respiratory failure
呼吸不全
No
Respiratory failure
呼吸不全
No
67
Female
Bronchial carcinoma
気管支癌
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Respiratory failure
呼吸不全
Bronchial carcinoma
気管支癌
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Respiratory failure
呼吸不全
74
Female
Cardiac arrest
心停止
Cardiac arrest
心停止
No
74
Female
Myocardial infarction
心筋梗塞
Cardiac arrest
心停止
No
Death
死亡
71
Female
83
Female
UNK, UNK
82
Female
UNK, unknown
12-MAR-2008
Cardiac failure
心不全
86
Female
20 , daily (1/D)
06-OCT-2005
04-NOV-2005
Death
死亡
No
No
No
14-MAR-2008
No
22-MAR-2006
Unknown
(続く)
臨床的安全性の概要
53
Female
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
2.7.4
IE200704004055
IRELAND
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
90
Female
UNK, UNK
92
Female
20 mcg, daily (1/D)
04-AUG-2006
10-OCT-2006
Multi-organ failure
多臓器不全
52
Female
20 mcg, daily (1/D)
14-JUN-2006
Sudden death
突然死
45
Female
20 ug, daily (1/D)
22-JAN-2007
Renal failure
腎不全
95
Male
20 ug, UNK
29-JAN-2007
21-FEB-2007
Cardio-respiratory arrest
心肺停止
Female
20 ug, daily (1/D)
13-MAR-2008
APR-2008
Death
死亡
60
Male
20 ug, daily (1/D)
26-MAY-2008
Female
20 ug, daily (1/D)
Female
75
Female
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
Death
死亡
因果関係
No
OCT-2006
No
OCT-2006
Unknown
16-FEB-2007
Yes
FEB-2007
No
Death
死亡
AUG-2008
Not Reported
Asthma
喘息
Death
死亡
JUN-2008
Not Reported
08-JUL-2008
Death
死亡
Death
死亡
22-SEP-2008
Not Reported
UNK, unknown
2007
Death
死亡
Death
死亡
22-SEP-2008
Not Reported
20 ug, daily (1/D)
21-DEC-2005
30-MAR-2006
Cerebral haemorrhage
脳出血
Cerebral haemorrhage
脳出血
31-MAY-2006
No
臨床的安全性の概要
Multi-organ failure
多臓器不全
2.7.4
802
報告症例番号
国
報告種類
IL200703005588
ISRAEL
Spontaneous
IN200610002027
INDIA
Spontaneous
IN200610002028
INDIA
Spontaneous
IN200702003594
INDIA
Spontaneous
IN200702005091
INDIA
Spontaneous
IN200804003255
INDIA
Spontaneous
IN200806006491
INDIA
Spontaneous
IN200810003464
INDIA
Spontaneous
IN200810003464
INDIA
Spontaneous
IT200607002804
ITALY
Regulatory Authority
LY333334
表 2.7.4.7-42.
Renal failure
腎不全
(続く)
803
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
75
Female
20 ug, daily (1/D)
21-DEC-2005
30-MAR-2006
Pancytopenia
汎血球減少症
Cerebral haemorrhage
脳出血
23-MAY-2006
Yes
78
Male
20 ug, daily (1/D)
Lung cancer metastatic
転移性肺癌
Lung cancer metastatic
転移性肺癌
No
83
Male
20 ug, daily (1/D)
FEB-2007
APR-2007
Pulmonary embolism
肺塞栓症
Pulmonary embolism
肺塞栓症
No
85
Male
20 ug, daily (1/D)
15-FEB-2008
26-FEB-2008
Condition aggravated
状態悪化
12-MAY-2008
NHCP
85
Female
20 ug, daily (1/D)
25-OCT-2005
21-NOV-2005
Malignant melanoma
悪性黒色腫
21-NOV-2005
Yes
89
Female
20 ug, daily (1/D)
DEC-2007
Condition aggravated
状態悪化
Metastatic malignant
melanoma
転移性悪性黒色腫
Pneumonia
肺炎
73
Female
20 ug, daily (1/D)
08-JAN-2008
10-MAR-2008
Death
死亡
Death
死亡
76
Female
20 ug, daily (1/D)
02-MAR-2008
Death
死亡
Death
死亡
77
Female
20 ug, daily (1/D)
18-FEB-2005
12-FEB-2006
Myocardial infarction
心筋梗塞
Myocardial infarction
心筋梗塞
Cardiac death
心臓死
Cardiac death
心臓死
Yes
MAR-2008
Yes
Yes
12-FEB-2006
No
Not Reported
臨床的安全性の概要
86
Female
Pneumonia
肺炎
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
IT200607002804
ITALY
Regulatory Authority
LB200807001570
LEBANON
Spontaneous
MX200708005223
MEXICO
Spontaneous
MX200803000060
MEXICO
Spontaneous
MY200511002695
MALAYSIA
Spontaneous
MY200802004108
MALAYSIA
Spontaneous
MY200803004034
MALAYSIA
Spontaneous
MY200805004494
MALAYSIA
Spontaneous
NL200603003911
NETHERLANDS
Spontaneous
NL200605000362
NETHERLANDS
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
804
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
82
Female
UNK, unknown
2006
Cardiac failure
心不全
Cardiac failure
心不全
NOV-2006
No
82
Female
UNK, unknown
2006
Pneumonia
肺炎
Cardiac failure
心不全
NOV-2006
No
59
Female
20 ug, unknown
Sepsis
敗血症
Sepsis
敗血症
16-JUL-2007
Yes
62
Female
20 ug, daily (1/D)
Aspergillosis
アスペルギルス症
Aspergillosis
アスペルギルス症
JUN-2006
No
65
Female
20 ug, daily (1/D)
Death
死亡
29-JUN-2005
Not Reported
60
Female
20 ug, daily (1/D)
12-MAY-2005
Death
死亡
14-MAR-2006
Not Reported
74
Female
20 ug, daily (1/D)
08-MAR-2007
2008
Drowning
溺死
Drowning
溺死
16-OCT-2008
No
Female
Death
死亡
Death
死亡
Female
Death
死亡
13-JUN-2005
16-JUN-2005
No
No
臨床的安全性の概要
(続く)
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
NL200704003527
NETHERLANDS
Spontaneous
NL200704003527
NETHERLANDS
Spontaneous
NL200709006338
NETHERLANDS
Spontaneous
SA200610000082
SAUDI ARABIA
Spontaneous
SE200511003313
SWEDEN
Spontaneous
SE200603005901
SWEDEN
Spontaneous
SE200811002248
SWEDEN
Spontaneous
SG200808006020
SINGAPORE
Spontaneous
SK200612002330
SLOVAKIA
(Slovak
Republic)
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
805
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
77
Female
20 ug, daily (1/D)
OCT-2006
DEC-2006
Cardiac failure
心不全
No
77
Female
20 ug, daily (1/D)
OCT-2006
DEC-2006
Cerebrovascular accident
脳血管発作
No
69
Female
20 ug, daily (1/D)
19-NOV-2007
Biliary neoplasm
胆道新生物
79
Female
20 ug, daily (1/D)
01-OCT-2008
84
Female
20 ug, daily (1/D)
65
Female
UNK, unknown
65
Female
死因
Biliary neoplasm
胆道新生物
Cerebrovascular accident Cerebrovascular accident
脳血管発作
脳血管発作
事象発現日
因果関係
JAN-2008
No
OCT-2008
No
Death
死亡
15-OCT-2008
Not Reported
Feb-2003
Multiple myeloma
多発性骨髄腫
Pneumonia
肺炎
May-2003
Not Reported
UNK, unknown
Feb-2003
Pneumonia
肺炎
Pneumonia
肺炎
2003
Not Associated
65
Female
UNK, unknown
Feb-2003
Multiple myeloma
多発性骨髄腫
Pneumonia
肺炎
May-2003
Not Reported
65
Female
UNK, unknown
Feb-2003
Pneumonia
肺炎
Pneumonia
肺炎
2003
Not Reported
(続く)
臨床的安全性の概要
Death
死亡
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
SK200701005162
SLOVAKIA (Slovak
Republic)
Spontaneous
SK200701005162
SLOVAKIA (Slovak
Republic)
Spontaneous
SK200802001617
SLOVAKIA (Slovak
Republic)
Spontaneous
SK200810003146
SLOVAKIA (Slovak
Republic)
Spontaneous
TR200810005590
TURKEY
Spontaneous
US_030594844
UNITED STATES
Spontaneous
US_030594844
UNITED STATES
Spontaneous
US_030594844
UNITED STATES
Spontaneous
US_030594844
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
806
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
77
Male
UNK, unknown
Feb-2003
Myocardial infarction
心筋梗塞
Myocardial infarction
心筋梗塞
21-Apr-2003
Not Reported
Female
UNK, unknown
Myocardial infarction
心筋梗塞
92
Female
20 ug, daily (1/D)
Feb-2004
Feb-2004
92
Female
20 ug, daily (1/D)
Feb-2004
Feb-2004
Myocardial infarction
心筋梗塞
Gastric ulcer
haemorrhage
出血性胃潰瘍
Pneumonia
肺炎
81
Female
UNK, unknown
19-Mar-1999
31-Mar-1999
Death
死亡
81
Female
UNK, unknown
Apr-2003
54
Female
UNK, unknown
Nov-2003
May-2004
Death
死亡
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
54
Female
UNK, unknown
Nov-2003
May-2004
87
Female
UNK, unknown
Jan-2004
80
Female
UNK, unknown
20-May-2003
Feb-2004
Not Reported
Pneumonia
肺炎
Feb-2004
Not Reported
Death
死亡
10-Jun-2004
Not Associated
10-Jun-2004
Not Reported
10-Jul-2004
No
Jul-2004
No
Jun-2004
Not Reported
Aug-2003
Not Reported
Death
死亡
(続く)
臨床的安全性の概要
Pneumonia
肺炎
Death
死亡
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Cardiac failure
Multi-organ failure
congestive
多臓器不全
うっ血性心不全
Acute myeloid leukaemia Acute myeloid leukaemia
急性骨髄性白血病
急性骨髄性白血病
Death
死亡
Not Reported
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US_030695184
UNITED STATES
Spontaneous
US_030896822
UNITED STATES
Spontaneous
US_0402101136
UNITED STATES
Spontaneous
US_0402101136
UNITED STATES
Spontaneous
US_0406103660
UNITED STATES
Spontaneous
US_0406103660
UNITED STATES
Spontaneous
US_0408104609
UNITED STATES
Spontaneous
US_0408104609
UNITED STATES
Spontaneous
US_0408104725
UNITED STATES
Spontaneous
US_0408105109
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
投与量
83
Female
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
UNK, unknown
Anorexia
食欲不振
Dementia
認知症
83
Female
UNK, unknown
Dehydration
脱水
Dementia
認知症
Nov-2003
No
83
Female
UNK, unknown
Dementia
認知症
Dementia
認知症
Nov-2003
No
83
Female
UNK, unknown
Fatigue
疲労
Dementia
認知症
83
Female
UNK, unknown
Rheumatoid arthritis
関節リウマチ
Dementia
認知症
84
Female
20 ug, daily (1/D)
17-Aug-2004
Death
死亡
Death
死亡
30
Female
20 ug, daily (1/D)
28-Sep-2004
24-Dec-2004
Hepatic steatosis
脂肪肝
Sepsis
敗血症
28-Dec-2004
No
30
Female
20 ug, daily (1/D)
28-Sep-2004
24-Dec-2004
Sepsis
敗血症
Sepsis
敗血症
28-Dec-2004
No
81
Male
20 ug, daily (1/D)
28-APR-2005
Emphysema
肺気腫
Respiratory failure
呼吸不全
JUL-2005
No
81
Male
20 ug, daily (1/D)
28-APR-2005
Hypertension
高血圧
Respiratory failure
呼吸不全
JUL-2005
No
臨床的安全性の概要
年齢
性別
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
2.7.4
807
報告症例番号
国
報告種類
US_0411108220
UNITED STATES
Spontaneous
US_0411108220
UNITED STATES
Spontaneous
US_0411108220
UNITED STATES
Spontaneous
US_0411108220
UNITED STATES
Spontaneous
US_0411108220
UNITED STATES
Spontaneous
US_0412109506
BRAZIL
Spontaneous
US_0501110645
BRAZIL
Spontaneous
US_0501110645
BRAZIL
Spontaneous
US_0506118185
BRAZIL
Spontaneous
US_0506118185
BRAZIL
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
事象発現日
因果関係
Not Reported
Not Reported
Nov-2003
No
No
(続く)
808
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
81
Male
20 ug, daily (1/D)
28-APR-2005
Ileus paralytic
麻痺性イレウス
Respiratory failure
呼吸不全
Not Associated
81
Male
20 ug, daily (1/D)
28-APR-2005
Multiple myeloma
多発性骨髄腫
Respiratory failure
呼吸不全
No
81
Male
20 ug, daily (1/D)
28-APR-2005
Respiratory failure
呼吸不全
Respiratory failure
呼吸不全
81
Male
20 ug, daily (1/D)
28-APR-2005
Sepsis
敗血症
Respiratory failure
呼吸不全
81
Male
Emphysema
肺気腫
Respiratory failure
呼吸不全
JUL-2005
Not Associated
81
Male
Hypertension
高血圧
Respiratory failure
呼吸不全
JUL-2005
Not Associated
81
Male
Ileus paralytic
麻痺性イレウス
Respiratory failure
呼吸不全
Not Associated
81
Male
Multiple myeloma
多発性骨髄腫
Respiratory failure
呼吸不全
Not Associated
81
Male
Respiratory failure
呼吸不全
Respiratory failure
呼吸不全
81
Male
Sepsis
敗血症
Respiratory failure
呼吸不全
事象発現日
JUL-2005
因果関係
No
No
Not Associated
Not Associated
臨床的安全性の概要
JUL-2005
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US_0506118185
BRAZIL
Spontaneous
US_0506118185
BRAZIL
Spontaneous
US_0506118185
BRAZIL
Spontaneous
US_0506118185
BRAZIL
Spontaneous
US_0506118185
BRAZIL
Spontaneous
US_0506118185
BRAZIL
Spontaneous
US_0506118185
BRAZIL
Spontaneous
US_0506118185
BRAZIL
Spontaneous
US_0506118185
BRAZIL
Spontaneous
US_0506118185
BRAZIL
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
809
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
88
Female
20 ug, daily (1/D)
03-May-2005
Subdural haematoma
硬膜下血腫
Subdural haematoma
硬膜下血腫
May-2005
Yes
72
Male
20 ug, daily (1/D)
Jul-2003
Jan-2005
Hypoxia
低酸素症
Pulmonary fibrosis
肺線維症
No
72
Male
20 ug, daily (1/D)
Jul-2003
Jan-2005
Interstitial lung disease
間質性肺疾患
Pulmonary fibrosis
肺線維症
No
72
Male
20 ug, daily (1/D)
Jul-2003
Jan-2005
Female
40 ug, unknown
Nov-2003
Nov-2004
62
Female
20 ug, daily (1/D)
09-Jun-2005
91
Female
UNK, unknown
14-JUN-2004
17-OCT-2004
91
Female
UNK, unknown
25-NOV-2005
96
Female
20 ug, daily (1/D)
APR-2004
31-AUG-2005
51
Female
20 ug, daily (1/D)
NOV-2004
Pulmonary fibrosis
Pulmonary fibrosis
肺線維症
肺線維症
Acute respiratory distress Acute respiratory distress
syndrome
syndrome
急性呼吸窮迫症候群
急性呼吸窮迫症候群
Cardiovascular disorder
Cardiovascular disorder
心血管障害
心血管障害
Pancreatic carcinoma
Pancreatic carcinoma
metastatic
膵癌
転移性膵癌
Pancreatic carcinoma
Pancreatic carcinoma
metastatic
膵癌
転移性膵癌
Death
Accidental death
死亡
偶発的死亡
Death
死亡
Apr-2005
No
No
15-OCT-2005
No
15-OCT-2005
No
31-AUG-2005
No
26-AUG-2006
Not Reported
(続く)
臨床的安全性の概要
Death
死亡
No
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US_0506118198
UNITED STATES
Spontaneous
US_0506118836
UNITED STATES
Spontaneous
US_0506118836
UNITED STATES
Spontaneous
US_0506118836
UNITED STATES
Spontaneous
US_0506118951
UNITED STATES
Spontaneous
US_0510122639
BRAZIL
Spontaneous
US_0511123840
UNITED STATES
Spontaneous
US_0511123840
UNITED STATES
Spontaneous
US_0511123895
BRAZIL
Spontaneous
US200511001238
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
810
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
51
Female
20 ug, daily (1/D)
NOV-2004
68
Female
UNK, UNK
Female
20 ug, daily (1/D)
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
Death
死亡
OCT-2005
Unknown
01-SEP-2004
JUL-2005
Neurilemmoma
malignant
悪性神経線維鞘腫
Death
死亡
JUL-2005
Not Reported
27-DEC-2004
DEC-2005
Cardiopulmonary failure
心肺不全
85
Female
2005
Cardiac failure
心不全
Cardiac failure
心不全
NOV-2005
No
85
Female
2005
Myocardial infarction
心筋梗塞
Cardiac failure
心不全
NOV-2005
No
UNK, UNK
FEB-2004
2005
Lung cancer metastatic
転移性肺癌
72
Female
UNK, UNK
FEB-2004
2005
73
Female
UNK, UNK
AUG-2003
JUN-2005
64
Female
20 ug, daily (1/D)
01-SEP-2005
OCT-2005
Osteosarcoma metastatic
転移性骨肉腫
Metastatic malignant
melanoma
転移性悪性黒色腫
Bone neoplasm
骨新生物
87
Female
UNK, UNK
AUG-2004
23-AUG-2005
Respiratory failure
呼吸不全
No
Not Reported
Metastatic malignant
melanoma
転移性悪性黒色腫
Bone neoplasm
骨新生物
JUN-2005
No
No
No
(続く)
臨床的安全性の概要
72
Female
No
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200511001238
UNITED STATES
Spontaneous
US200512000382
UNITED STATES
Spontaneous
US200512002145
UNITED STATES
Spontaneous
US200512002311
UNITED STATES
Spontaneous
US200512002311
UNITED STATES
Spontaneous
US200512002320
UNITED STATES
Literature
US200512002320
UNITED STATES
Literature
US200601000683
UNITED STATES
Spontaneous
US200601000952
UNITED STATES
Spontaneous
US200601002154
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
87
Female
UNK, UNK
AUG-2004
23-AUG-2005
Sepsis
敗血症
死因
Cardio-respiratory arrest
心肺停止
87
Female
Cerebrovascular accident Cerebrovascular accident
脳血管発作
脳血管発作
Hypertension
高血圧
UNK, UNK
12-JAN-2006
Death
死亡
84
Male
UNK, UNK
FEB-2004
Condition aggravated
状態悪化
53
Female
20 ug, UNK
2004
Death
死亡
78
Male
UNK, UNK
04-FEB-2005
20-OCT-2005
Lung cancer metastatic
転移性肺癌
67
Female
UNK, UNK
26-JAN-2006
27-JAN-2006
Coronary artery disease
冠動脈疾患
56
Female
20 ug, UNK
26-JAN-2006
Death
死亡
Cerebrovascular accident
脳血管発作
Not Reported
05-AUG-2005
Cerebrovascular accident
脳血管発作
Not Reported
Not Reported
13-JAN-2006
No
Death
死亡
DEC-2005
NHCP
Death
死亡
DEC-2005
No
AUG-2005
No
Coronary artery disease
冠動脈疾患
28-JAN-2006
No
Death
死亡
FEB-2006
No
臨床的安全性の概要
Female
因果関係
No
87
Female
87
Female
事象発現日
2.7.4
811
報告症例番号
国
報告種類
US200601002154
UNITED STATES
Spontaneous
US200601002638
UNITED STATES
Spontaneous
US200601002638
UNITED STATES
Spontaneous
US200601002638
UNITED STATES
Spontaneous
US200601003196
UNITED STATES
Spontaneous
US200601003198
UNITED STATES
Spontaneous
US200601003670
UNITED STATES
Spontaneous
US200602000217
UNITED STATES
Spontaneous
US200602002848
UNITED STATES
Spontaneous
US200603000764
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
812
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
Female
UNK, UNK
2005
09-JAN-2006
Arteriosclerosis
動脈硬化症
Female
UNK, UNK
2005
09-JAN-2006
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Female
UNK, UNK
2005
09-JAN-2006
Pulmonary oedema
肺水腫
91
Male
20 ug, daily (1/D)
24-MAR-2005
Intestinal ischaemia
腸管虚血
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Intestinal ischaemia
腸管虚血
Cryptococcosis
クリプトコッカス症
Cryptococcosis
クリプトコッカス症
Cryptococcosis
クリプトコッカス症
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Cryptococcosis
クリプトコッカス症
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Male
Male
UNK, UNK
JUL-2005
10-DEC-2005
82
Female
UNK, UNK
JUL-2005
10-DEC-2005
82
Female
20 ug, daily (1/D)
64
Male
20 ug, UNK
Respiratory failure
呼吸不全
因果関係
No
No
No
31-MAR-2005
No
Not Associated
Not Reported
No
No
Cerebrovascular accident
脳血管発作
JAN-2006
No
Lung neoplasm malignant Lung neoplasm malignant
肺の悪性新生物
肺の悪性新生物
FEB-2005
No
(続く)
臨床的安全性の概要
82
Female
事象発現日
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200603000818
UNITED STATES
Spontaneous
US200603000818
UNITED STATES
Spontaneous
US200603000818
UNITED STATES
Spontaneous
US200603000823
UNITED STATES
Spontaneous
US200603002704
UNITED STATES
Spontaneous
US200603002704
UNITED STATES
Spontaneous
US200603004401
UNITED STATES
Spontaneous
US200603004401
UNITED STATES
Spontaneous
US200603006605
UNITED STATES
Spontaneous
US200603007123
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
813
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
83
Female
20 ug, daily (1/D)
15-MAY-2005
16-MAR-2006
86
Female
20 ug, daily (1/D)
SEP-2005
14-MAR-2006
82
Female
20 ug, daily (1/D)
APR-2005
82
Female
20 ug, daily (1/D)
Female
有害事象名(PT)
死因
Death
死亡
Subarachnoid
haemorrhage
くも膜下出血
Intestinal perforation
腸管穿孔
Death
死亡
Subarachnoid
haemorrhage
くも膜下出血
Septic shock
敗血症性ショック
APR-2005
Septic shock
敗血症性ショック
Septic shock
敗血症性ショック
29-MAR-2006
Death
死亡
95
Female
20 ug, daily (1/D)
FEB-2006
87
Female
20 ug, daily (1/D)
05-NOV-2005
87
Female
20 ug, daily (1/D)
05-NOV-2005
91
Female
因果関係
16-MAR-2006
NHCP
14-MAR-2006
No
No
No
No
Subdural haematoma
硬膜下血腫
Subdural haematoma
硬膜下血腫
Myocardial infarction
心筋梗塞
Myocardial infarction
心筋梗塞
Cerebrovascular accident Cerebrovascular accident
脳血管発作
脳血管発作
2006
No
No
10-MAR-2006
No
Respiratory failure
呼吸不全
Cerebrovascular accident
脳血管発作
16-MAR-2006
No
Aortic dissection
大動脈解離
Cardiac tamponade
心タンポナーデ
13-DEC-2005
Not Reported
臨床的安全性の概要
72
Female
事象発現日
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200604000518
UNITED STATES
Spontaneous
US200604000998
UNITED STATES
Spontaneous
US200604001521
UNITED STATES
Spontaneous
US200604001521
UNITED STATES
Spontaneous
US200604002260
UNITED STATES
Spontaneous
US200604002858
UNITED STATES
Spontaneous
US200604004032
UNITED STATES
Spontaneous
US200604004207
UNITED STATES
Spontaneous
US200604004207
UNITED STATES
Spontaneous
US200605000397
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
814
年齢
性別
投与量
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
91
Female
Cardiac tamponade
心タンポナーデ
Cardiac tamponade
心タンポナーデ
13-DEC-2005
Not Reported
91
Female
Pericardial haemorrhage
心嚢内出血
Cardiac tamponade
心タンポナーデ
13-DEC-2005
Not Reported
73
Male
20 ug, UNK
OCT-2003
Pneumonia
肺炎
Pneumonia
肺炎
01-FEB-2005
No
82
Female
20 ug, daily (1/D)
21-APR-2006
Ovarian cancer
卵巣癌
Ovarian cancer
卵巣癌
30-SEP-2006
No
NOV-2004
Pneumonia aspiration
嚥下性肺炎
Pneumonia aspiration
嚥下性肺炎
Sudden cardiac death
心突然死
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Myocardial infarction
心筋梗塞
Sudden cardiac death
心突然死
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Respiratory failure
呼吸不全
86
Female
87
Female
20 ug, UNK
Male
20 ug, daily (1/D)
29-NOV-2005
21-JAN-2006
Female
UNK, UNK
JAN-2004
Pneumonia aspiration
嚥下性肺炎
82
Female
UNK, UNK
MAR-2005
Death
死亡
Death
死亡
14-MAY-2006
No
04-MAY-2006
No
JAN-2006
No
01-APR-2006
No
Unknown
臨床的安全性の概要
90
Female
No
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200605000397
UNITED STATES
Spontaneous
US200605000397
UNITED STATES
Spontaneous
US200605000494
UNITED STATES
Spontaneous
US200605003104
UNITED STATES
Spontaneous
US200605003659
UNITED STATES
Spontaneous
US200605005551
UNITED STATES
Spontaneous
US200605006703
UNITED STATES
Spontaneous
US200606000208
UNITED STATES
Spontaneous
US200606001032
UNITED STATES
Spontaneous
US200606001449
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
815
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
76
Female
20 ug, UNK
02-NOV-2005
Female
UNK, UNK
2006
2006
Female
UNK, UNK
2006
2006
2004
Female
2004
Female
Female
有害事象名(PT)
死因
Haemorrhage intracranial
頭蓋内出血
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Pneumonia
肺炎
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Pneumonia
肺炎
Death
死亡
Death
死亡
Death
死亡
事象発現日
因果関係
No
No
No
No
No
26-FEB-2006
Not Reported
Male
20 ug, daily (1/D)
21-JAN-2006
Peptic ulcer haemorrhage
出血性消化性潰瘍
Respiratory failure
呼吸不全
No
Male
20 ug, daily (1/D)
21-JAN-2006
Respiratory failure
呼吸不全
Respiratory failure
呼吸不全
No
Male
20 ug, daily (1/D)
21-JAN-2006
Shock
ショック
85
Female
20 ug, daily (1/D)
25-AUG-2004
NOV-2005
Lung cancer metastatic
転移性肺癌
Respiratory failure
呼吸不全
metastatic cancer probably lung (primary
unclear)
初発不明の転移性肺癌
の可能性
No
28-APR-2006
Yes
(続く)
臨床的安全性の概要
US200606002369
UNITED STATES
Spontaneous
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200606001698
UNITED STATES
Spontaneous
US200606001988
UNITED STATES
Spontaneous
US200606001988
UNITED STATES
Spontaneous
US200606001988
UNITED STATES
Spontaneous
US200606001988
UNITED STATES
Spontaneous
US200606002352
UNITED STATES
Spontaneous
US200606002367
UNITED STATES
Spontaneous
US200606002367
UNITED STATES
Spontaneous
US200606002367
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
816
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
Male
20 ug, UNK
11-FEB-2005
Emphysema
肺気腫
Emphysema
肺気腫
25-MAY-2006
No
06-JAN-2006
No
Female
Death
死亡
96
Female
Cardiac arrest
心停止
Cardiac arrest
心停止
Not Reported
Death
死亡
27-JAN-2006
No
Male
Death
死亡
20-JAN-2006
No
81
Female
Urosepsis
尿路性敗血症
03-JAN-2006
Not Reported
69
Female
Pancreatic carcinoma
膵癌
85
Female
JUL-2004
Urosepsis
尿路性敗血症
No
90
Female
2006
Colitis
大腸炎
Death
死亡
03-APR-2006
Not Reported
90
Female
2006
Neoplasm
新生物
Death
死亡
17-MAR-2006
Not Reported
2.7.4
90
Female
2006
Venous thrombosis
静脈血栓症
Death
死亡
10-APR-2006
Not Reported
臨床的安全性の概要
報告症例番号
国
報告種類
US200606002404
UNITED STATES
Spontaneous
US200606002528
UNITED STATES
Spontaneous
US200606002531
UNITED STATES
Spontaneous
US200606002548
UNITED STATES
Spontaneous
US200606002593
UNITED STATES
Spontaneous
US200606002701
UNITED STATES
Spontaneous
US200606002952
UNITED STATES
Spontaneous
US200606002965
UNITED STATES
Spontaneous
US200606002965
UNITED STATES
Spontaneous
US200606002965
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
817
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
91
Female
UNK, UNK
OCT-2005
Road traffic accident
交通事故
Death
死亡
04-APR-2006
No
Death
死亡
82
Male
Female
MAY-2005
Female
Male
09-OCT-2005
No
Cerebrovascular accident Cerebrovascular accident
脳血管発作
脳血管発作
25-MAY-2006
Not Reported
Cerebrovascular accident Cerebrovascular accident
脳血管発作
脳血管発作
25-MAY-2006
No
09-OCT-2005
Unknown
08-APR-2006
No
Death
死亡
Death
死亡
Cardiac arrest
心停止
Female
Acute coronary syndrome Acute coronary syndrome
急性冠動脈症候群
急性冠動脈症候群
20 ug, daily (1/D)
DEC-2005
71
Female
20 ug, daily (1/D)
DEC-2005
Respiratory failure
呼吸不全
Acute coronary syndrome
急性冠動脈症候群
71
Female
20 ug, daily (1/D)
DEC-2005
Ventricular dysfunction
心室機能不全
79
Female
UNK, UNK
02-APR-2006
Acute coronary syndrome
急性冠動脈症候群
Arteriosclerosis coronary
artery
冠動脈硬化症
Arteriosclerosis
動脈硬化症
No
Unknown
Unknown
Not Reported
臨床的安全性の概要
71
Female
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200606003355
UNITED STATES
Spontaneous
US200606003734
UNITED STATES
Spontaneous
US200606004306
UNITED STATES
Spontaneous
US200606004306
UNITED STATES
Spontaneous
US200606004412
UNITED STATES
Spontaneous
US200606004591
UNITED STATES
Spontaneous
US200606004592
UNITED STATES
Spontaneous
US200606004592
UNITED STATES
Spontaneous
US200606004592
UNITED STATES
Spontaneous
US200606005340
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
818
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
71
Female
20 ug, daily (1/D)
24-JUN-2005
Sudden cardiac death
心突然死
Female
UNK, UNK
2004
AUG-2005
Infection
感染
2006
Emphysema
肺気腫
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Lobar pneumonia
大葉性肺炎
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Large intestinal
haemorrhage
大腸出血
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Male
80
Female
20 ug, UNK
MAR-2006
80
Female
20 ug, UNK
MAR-2006
95
Female
20 ug, UNK
JUN-2005
JUL-2006
89
Male
20 ug, daily (1/D)
FEB-2005
JUL-2006
73
Male
20 ug, UNK
2006
17-JUL-2006
81
Female
UNK, UNK
死因
事象発現日
因果関係
10-MAY-2006
No
Not Reported
Not Reported
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Lobar pneumonia
大葉性肺炎
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
MAR-2006
No
MAR-2006
No
07-JUL-2006
No
2006
No
20-JUL-2006
No
01-AUG-2006
No
(続く)
臨床的安全性の概要
年齢
性別
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200606005419
UNITED STATES
Spontaneous
US200607003573
UNITED STATES
Spontaneous
US200607004938
UNITED STATES
Spontaneous
US200608000952
UNITED STATES
Spontaneous
US200608000952
UNITED STATES
Spontaneous
US200608001294
UNITED STATES
Spontaneous
US200608001788
UNITED STATES
Spontaneous
US200608001790
UNITED STATES
Spontaneous
US200608002473
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
819
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
95
Female
20 ug, daily (1/D)
JAN-2003
86
Female
20 ug, daily (1/D)
07-JUL-2006
86
Female
20 ug, daily (1/D)
86
Female
20 ug, daily (1/D)
有害事象名(PT)
死因
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Bile duct stone
胆管結石
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Pancreatitis
膵炎
07-JUL-2006
Cholelithiasis
胆石症
07-JUL-2006
事象発現日
因果関係
Not Reported
03-SEP-2006
No
Pancreatitis
膵炎
03-SEP-2006
No
Pancreatitis
膵炎
Pancreatitis
膵炎
03-SEP-2006
No
86
Female
Bile duct stone
胆管結石
Pancreatitis
膵炎
03-SEP-2006
Not Reported
86
Female
Cholelithiasis
胆石症
Pancreatitis
膵炎
03-SEP-2006
Not Reported
86
Female
Pancreatitis
膵炎
Pancreatitis
膵炎
03-SEP-2006
Not Reported
21-JUL-2006
No
UNK, UNK
AUG-2004
JAN-2006
82
Female
20 ug, daily (1/D)
AUG-2005
82
Female
20 ug, daily (1/D)
AUG-2005
Death
死亡
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
Intestinal ischaemia
腸管虚血
No
No
(続く)
臨床的安全性の概要
75
Female
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200608004869
UNITED STATES
Spontaneous
US200608004989
UNITED STATES
Spontaneous
US200608004989
UNITED STATES
Spontaneous
US200608004989
UNITED STATES
Spontaneous
US200608004989
UNITED STATES
Spontaneous
US200608004989
UNITED STATES
Spontaneous
US200608004989
UNITED STATES
Spontaneous
US200608005755
UNITED STATES
Spontaneous
US200608006459
UNITED STATES
Spontaneous
US200608006459
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
820
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
82
Female
20 ug, daily (1/D)
AUG-2005
Pulmonary embolism
肺塞栓症
No
82
Female
20 ug, daily (1/D)
AUG-2005
Sepsis
敗血症
No
86
Female
10-NOV-2004
13-JUL-2006
UNK, UNK
2006
73
Female
UNK, UNK
2006
73
Female
UNK, UNK
2006
73
Female
UNK, UNK
2006
73
Female
UNK, UNK
2006
73
Female
UNK, UNK
2006
Cerebrovascular accident Cerebrovascular accident
脳血管発作
脳血管発作
Cardiac
failure
Adrenal insufficiency
congestive
副腎機能不全
うっ血性心不全
Cardiac failure
Cardiac failure
congestive
congestive
うっ血性心不全
うっ血性心不全
Cardiac failure
Cardiac valve disease
congestive
心臓弁膜疾患
うっ血性心不全
Cardiac failure
Coronary artery disease
congestive
冠動脈疾患
うっ血性心不全
Cardiac failure
Dementia
congestive
認知症
うっ血性心不全
Cardiac failure
Hypertension
congestive
高血圧
うっ血性心不全
事象発現日
23-JUL-2006
因果関係
Not Reported
No
No
No
2002
No
No
No
(続く)
臨床的安全性の概要
73
Female
死因
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200608006459
UNITED STATES
Spontaneous
US200608006459
UNITED STATES
Spontaneous
US200608006647
UNITED STATES
Spontaneous
US200609001233
UNITED STATES
Spontaneous
US200609001233
UNITED STATES
Spontaneous
US200609001233
UNITED STATES
Spontaneous
US200609001233
UNITED STATES
Spontaneous
US200609001233
UNITED STATES
Spontaneous
US200609001233
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
821
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
73
Female
UNK, UNK
2006
Pneumonia aspiration
嚥下性肺炎
88
Female
20 ug, daily (1/D)
AUG-2005
Oesophageal carcinoma
食道癌
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Oesophageal carcinoma
食道癌
88
Female
20 ug, daily (1/D)
AUG-2005
Oesophageal obstruction
食道閉塞症
Oesophageal carcinoma
食道癌
79
Male
20 ug, daily (1/D)
07-SEP-2006
10-SEP-2006
87
Female
UNK, UNK
2006
72
Female
UNK, UNK
25-SEP-2006
Respiratory failure
呼吸不全
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Cardiac arrest
心停止
Respiratory failure
呼吸不全
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Death
死亡
72
Female
UNK, UNK
25-SEP-2006
Death
死亡
Death
死亡
72
Female
UNK, UNK
25-SEP-2006
Ventricular fibrillation
心室細動
Death
死亡
02-OCT-2006
Not Reported
AUG-2005
Pulmonary hypertension
肺高血圧症
Pulmonary hypertension
肺高血圧症
13-JAN-2006
No
NOV-2005
2006
Colon cancer stage IV
結腸癌第4期
Colon cancer stage IV
結腸癌第4期
2006
No
67
Female
UNK, UNK
因果関係
2006
No
No
2006
No
SEP-2006
No
13-JUN-2006
No
Not Reported
Not Reported
(続く)
臨床的安全性の概要
78
Female
事象発現日
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200609001233
UNITED STATES
Spontaneous
US200609001939
UNITED STATES
Spontaneous
US200609001939
UNITED STATES
Spontaneous
US200609006041
UNITED STATES
Spontaneous
US200610000745
UNITED STATES
Spontaneous
US200610000949
UNITED STATES
Spontaneous
US200610000949
UNITED STATES
Spontaneous
US200610000949
UNITED STATES
Spontaneous
US200610001840
UNITED STATES
Spontaneous
US200610003312
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
822
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
88
Female
20 ug, daily (1/D)
2006
Renal failure
腎不全
Renal failure
腎不全
53
Female
UNK, UNK
JAN-2005
2005
Death
死亡
Myocardial infarction
心筋梗塞
Female
73
Female
Myocardial infarction
心筋梗塞
事象発現日
因果関係
No
MAY-2006
No
06-JUL-2006
No
SEP-2006
No
23-AUG-2006
Death
死亡
OCT-2005
Myocardial infarction
心筋梗塞
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Respiratory failure
呼吸不全
05-OCT-2006
No
14-AUG-2006
No
2006
No
90
Male
2005
AUG-2006
60
Male
2005
2006
Myocardial infarction
心筋梗塞
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Multi-organ failure
多臓器不全
60
Male
2005
2006
Respiratory failure
呼吸不全
Respiratory failure
呼吸不全
2006
No
91
Female
20 ug, UNK
31
Male
UNK, UNK
2005
Cardio-respiratory arrest
心肺停止
Drug toxicity
薬物毒性
07-NOV-2006
No
2.7.4
31
Male
UNK, UNK
2005
Narcotic intoxication
麻薬中毒
Drug toxicity
薬物毒性
07-NOV-2006
No
臨床的安全性の概要
報告症例番号
国
報告種類
US200610004235
UNITED STATES
Spontaneous
US200610004503
UNITED STATES
Spontaneous
US200610005175
UNITED STATES
Spontaneous
US200610005357
UNITED STATES
Spontaneous
US200611002322
UNITED STATES
Spontaneous
US200611005470
UNITED STATES
Spontaneous
US200611005498
UNITED STATES
Spontaneous
US200611005498
UNITED STATES
Spontaneous
US200612001231
UNITED STATES
Spontaneous
US200612001231
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
823
年齢
性別
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
有害事象名(PT)
死因
93
Female
APR-2005
Bronchopneumonia
気管支肺炎
93
Female
APR-2005
Cardio-respiratory arrest
心肺停止
93
Female
APR-2005
75
Male
JUL-2006
85
Female
MAY-2004
OCT-2005
85
Female
MAY-2004
OCT-2005
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Pneumonia
肺炎
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Death
死亡
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Death
死亡
65
Female
UNK, UNK
2006
85
Female
UNK, UNK
OCT-2006
66
Male
UNK, UNK
JUN-2006
28-FEB-2007
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Pneumonia
肺炎
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Death
死亡
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Death
死亡
事象発現日
因果関係
18-DEC-2006
No
18-DEC-2006
No
18-DEC-2006
No
DEC-2006
No
2006
No
2006
No
No
Not Reported
2007
Not Reported
(続く)
臨床的安全性の概要
投与開始日
投与終了日
投与量
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200612003724
UNITED STATES
Spontaneous
US200612003724
UNITED STATES
Spontaneous
US200612003724
UNITED STATES
Spontaneous
US200701003547
UNITED STATES
Spontaneous
US200701003553
UNITED STATES
Spontaneous
US200701003553
UNITED STATES
Spontaneous
US200701006238
UNITED STATES
Spontaneous
US200702002194
UNITED STATES
Spontaneous
US200703006008
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
報告症例番号
国
報告種類
US200704000174
UNITED STATES
Spontaneous
824
投与量
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与開始日
投与終了日
Female
20 ug, daily (1/D)
OCT-2005
JUL-2006
64
Female
20 ug, UNK
2005
APR-2007
71
Female
UNK, UNK
NOV-2005
71
Female
UNK, UNK
NOV-2005
71
Female
71
Female
有害事象名(PT)
死因
Transitional cell cancer of Transitional cell cancer of
renal pelvis and ureter
renal pelvis and ureter
metastatic
metastatic
腎盂および尿管の転移 腎盂および尿管の転移
性移行上皮癌
性移行上皮癌
Respiratory failure
呼吸不全
Subarachnoid
Intracranial aneurysm
haemorrhage
頭蓋内動脈瘤
くも膜下出血
Subarachnoid
Subarachnoid
haemorrhage
haemorrhage
くも膜下出血
くも膜下出血
Subarachnoid
Intracranial aneurysm
haemorrhage
頭蓋内動脈瘤
くも膜下出血
Subarachnoid
Subarachnoid
haemorrhage
haemorrhage
くも膜下出血
くも膜下出血
Lung neoplasm malignant Lung neoplasm malignant
肺の悪性新生物
肺の悪性新生物
20 ug, daily (1/D)
FEB-2007
60
Male
20 ug, daily (1/D)
FEB-2007
Metastases to liver
肝転移
59
Female
UNK, UNK
2007
Anoxic encephalopathy
無酸素性脳症
Lung neoplasm malignant
肺の悪性新生物
因果関係
SEP-2006
No
21-APR-2007
No
23-APR-2007
No
23-APR-2007
No
23-APR-2007
No
23-APR-2007
No
2007
No
05-MAY-2007
No
2007
Not Reported
(続く)
臨床的安全性の概要
60
Male
事象発現日
2.7.4
US200704005890
UNITED STATES
Spontaneous
US200705002793
UNITED STATES
Spontaneous
US200705002793
UNITED STATES
Spontaneous
US200705002793
UNITED STATES
Spontaneous
US200705002793
UNITED STATES
Spontaneous
US200705003851
UNITED STATES
Spontaneous
US200705003851
UNITED STATES
Spontaneous
US200705006699
UNITED STATES
Spontaneous
年齢
性別
LY333334
表 2.7.4.7-42.
825
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
59
Female
UNK, UNK
2007
59
Female
UNK, UNK
2007
88
Female
20 ug, daily (1/D)
MAY-2006
88
Female
20 ug, daily (1/D)
MAY-2006
76
Female
20 ug, UNK
24-JUL-2007
76
Female
有害事象名(PT)
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Emphysema
肺気腫
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Pneumonia
肺炎
死因
事象発現日
因果関係
Not Reported
Not Reported
Pneumonia
肺炎
MAR-2007
No
Pneumonia
肺炎
MAR-2007
No
Intestinal infarction
腸梗塞
Intestinal infarction
腸梗塞
AUG-2007
Yes
Intestinal infarction
腸梗塞
Intestinal infarction
腸梗塞
AUG-2007
Not Associated
84
Female
UNK, UNK
Cardiomyopathy
心筋症
Not Reported
84
Female
UNK, UNK
Cerebrovascular disorder
脳血管障害
Not Reported
84
Female
UNK, UNK
Myocardial ischaemia
心筋虚血
Not Reported
臨床的安全性の概要
(続く)
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200705006699
UNITED STATES
Spontaneous
US200705006699
UNITED STATES
Spontaneous
US200707006044
UNITED STATES
Spontaneous
US200707006044
UNITED STATES
Spontaneous
US200707006468
UNITED STATES
Spontaneous
US200707006468
UNITED STATES
Spontaneous
US200708004135
UNITED STATES
Spontaneous
US200708004135
UNITED STATES
Spontaneous
US200708004135
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
報告症例番号
国
報告種類
年齢
性別
投与量
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
Lung squamous cell
carcinoma stage
unspecified
肺扁平上皮癌、病期不
明
Scleroderma
強皮症
826
UNK, UNK
AUG-2005
SEP-2006
US200708004255
UNITED STATES
Spontaneous
US200708004255
UNITED STATES
Spontaneous
US200708004255
UNITED STATES
Spontaneous
US200708004371
UNITED STATES
Spontaneous
US200708005477
UNITED STATES
Spontaneous
US200708005844
UNITED STATES
Spontaneous
US200708005844
UNITED STATES
Spontaneous
US200708005971
UNITED STATES
Spontaneous
75
Female
UNK, UNK
APR-2005
FEB-2007
75
Female
UNK, UNK
APR-2005
FEB-2007
Pneumonia
肺炎
Scleroderma
強皮症
75
Female
UNK, UNK
APR-2005
FEB-2007
Scleroderma
強皮症
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Cerebral haematoma
脳血腫
Scleroderma
強皮症
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Cerebral haematoma
脳血腫
Emphysema
肺気腫
78
Female
UNK, UNK
Male
UNK, UNK
Male
Female
20 ug, daily (1/D)
2005
因果関係
09-AUG-2006
No
Yes
Yes
Yes
Not Reported
18-DEC-2006
Yes
Emphysema
肺気腫
2006
Yes
Emphysema
肺気腫
Emphysema
肺気腫
2006
Not Associated
Septic shock
敗血症性ショック
Septic shock
敗血症性ショック
28-APR-2007
No
臨床的安全性の概要
62
Male
Lung squamous cell
carcinoma stage
unspecified
肺扁平上皮癌、病期不
明
Myositis
筋炎
事象発現日
2.7.4
US200708004136
UNITED STATES
Spontaneous
76
Female
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
827
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
81
Male
20 ug, daily (1/D)
12-SEP-2005
2007
Anaemia
貧血
Emphysema
肺気腫
No
81
Male
20 ug, daily (1/D)
12-SEP-2005
2007
Emphysema
肺気腫
No
81
Male
20 ug, daily (1/D)
12-SEP-2005
2007
Emphysema
肺気腫
No
81
Male
20 ug, daily (1/D)
12-SEP-2005
2007
Emphysema
肺気腫
No
81
Male
20 ug, daily (1/D)
12-SEP-2005
2007
Emphysema
肺気腫
No
81
Male
20 ug, daily (1/D)
12-SEP-2005
2007
Atrial fibrillation
心房細動
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Emphysema
肺気腫
General physical
condition abnormal
全身健康状態異常
Hyperlipidaemia
高脂血症
Emphysema
肺気腫
No
81
Male
20 ug, daily (1/D)
12-SEP-2005
2007
Emphysema
肺気腫
No
81
Male
20 ug, daily (1/D)
12-SEP-2005
2007
Emphysema
肺気腫
No
81
Male
20 ug, daily (1/D)
12-SEP-2005
2007
Hypertension
高血圧
Idiopathic pulmonary
fibrosis
特発性肺線維症
Lung disorder
肺障害
Emphysema
肺気腫
No
81
Male
20 ug, daily (1/D)
12-SEP-2005
2007
Peptic ulcer haemorrhage
出血性消化性潰瘍
Emphysema
肺気腫
No
事象発現日
因果関係
臨床的安全性の概要
(続く)
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200708006206
UNITED STATES
Spontaneous
US200708006206
UNITED STATES
Spontaneous
US200708006206
UNITED STATES
Spontaneous
US200708006206
UNITED STATES
Spontaneous
US200708006206
UNITED STATES
Spontaneous
US200708006206
UNITED STATES
Spontaneous
US200708006206
UNITED STATES
Spontaneous
US200708006206
UNITED STATES
Spontaneous
US200708006206
UNITED STATES
Spontaneous
US200708006206
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
828
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
81
Male
20 ug, daily (1/D)
12-SEP-2005
2007
Pulmonary hypertension
肺高血圧症
Emphysema
肺気腫
No
81
Male
20 ug, daily (1/D)
12-SEP-2005
2007
Renal failure chronic
慢性腎不全
Emphysema
肺気腫
No
81
Male
20 ug, daily (1/D)
12-SEP-2005
2007
71
Male
20 ug, daily (1/D)
JUN-2006
2006
Skin disorder
皮膚障害
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
71
Male
20 ug, daily (1/D)
JUN-2006
2006
Emphysema
肺気腫
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Female
20 ug, UNK
Male
20 ug, UNK
57
Female
57
Female
Sepsis
敗血症
Cardiovascular disorder
心血管障害
2005
Hepatic cirrhosis
肝硬変
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
因果関係
No
12-NOV-2006
Not Reported
AUG-2006
Not Reported
2007
No
No
No
No
(続く)
臨床的安全性の概要
Hepatic cirrhosis
肝硬変
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
事象発現日
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200708006206
UNITED STATES
Spontaneous
US200708006206
UNITED STATES
Spontaneous
US200708006206
UNITED STATES
Spontaneous
US200708006554
UNITED STATES
Spontaneous
US200708006554
UNITED STATES
Spontaneous
US200708006780
UNITED STATES
Spontaneous
US200708007061
UNITED STATES
Spontaneous
US200709000181
UNITED STATES
Spontaneous
US200709000181
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
829
年齢
性別
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
57
Female
Lipoma
脂肪腫
57
Female
Pulmonary hypertension
肺高血圧症
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Myeloid leukaemia
骨髄性白血病
Female
投与量
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
Leukaemia monocytic
単球性白血病
UNK, UNK
79
Female
12-JUL-2007
30-AUG-2007
87
Female
20 ug, daily (1/D)
2006
87
Female
20 ug, daily (1/D)
2006
76
Male
01-APR-2007
UNK, UNK
2002
FEB-2003
70
Female
UNK, UNK
2002
FEB-2003
Renal failure
腎不全
Acute lymphocytic
leukaemia
急性リンパ性白血病
Respiratory failure
呼吸不全
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Myocardial infarction
心筋梗塞
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Acute lymphocytic
leukaemia
急性リンパ性白血病
Respiratory failure
呼吸不全
Respiratory failure
呼吸不全
因果関係
No
No
Yes
2007
No
NOV-2006
Yes
Yes
30-JUL-2007
Yes
2003
Yes
Yes
(続く)
臨床的安全性の概要
70
Female
Myocardial infarction
心筋梗塞
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
事象発現日
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200709000181
UNITED STATES
Spontaneous
US200709000181
UNITED STATES
Spontaneous
US200709001442
UNITED STATES
Spontaneous
US200709001830
UNITED STATES
Spontaneous
US200709001988
UNITED STATES
Spontaneous
US200709001988
UNITED STATES
Spontaneous
US200709002728
UNITED STATES
Spontaneous
US200709005150
UNITED STATES
Spontaneous
US200709005150
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
830
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
86
Female
20 ug, daily (1/D)
13-JAN-2007
10-MAY-2007
Appendicitis perforated
穿孔性虫垂炎
Pulmonary fibrosis
肺線維症
2007
Not Reported
86
Female
20 ug, daily (1/D)
13-JAN-2007
10-MAY-2007
Interstitial lung disease
間質性肺疾患
Pulmonary fibrosis
肺線維症
MAY-2007
Yes
MAR-2006
Respiratory failure
呼吸不全
Respiratory failure
呼吸不全
06-SEP-2006
Yes
Male
Hepatic failure
肝不全
Renal failure
腎不全
Not Reported
Male
Renal failure
腎不全
Renal failure
腎不全
Not Reported
82
Female
UNK, UNK
11-APR-2007
Cerebral haemorrhage
脳出血
Cerebral haemorrhage
脳出血
02-OCT-2007
Unknown
87
Male
UNK, UNK
AUG-2006
AUG-2007
Cardiac arrest
心停止
Myocardial rupture
心筋断裂
16-SEP-2007
Yes
87
Male
UNK, UNK
AUG-2006
AUG-2007
15-SEP-2007
Yes
83
Female
20 ug, daily (1/D)
FEB-2006
83
Female
20 ug, daily (1/D)
FEB-2006
Myocardial rupture
Myocardial rupture
心筋断裂
心筋断裂
Cardiac failure
Cerebrovascular accident
congestive
脳血管発作
うっ血性心不全
Cerebrovascular accident Cerebrovascular accident
脳血管発作
脳血管発作
08-SEP-2006
Yes
Yes
臨床的安全性の概要
71
Female
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200710002297
UNITED STATES
Spontaneous
US200710002297
UNITED STATES
Spontaneous
US200710003316
UNITED STATES
Spontaneous
US200710003465
UNITED STATES
Spontaneous
US200710003465
UNITED STATES
Spontaneous
US200710004030
UNITED STATES
Spontaneous
US200710004752
UNITED STATES
Spontaneous
US200710004752
UNITED STATES
Spontaneous
US200710005797
UNITED STATES
Spontaneous
US200710005797
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
831
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
Male
UNK, UNK
APR-2007
51
Male
DEC-2006
FEB-2007
Female
死因
Completed suicide
自殺既遂
Meningitis
staphylococcal
ブドウ球菌性髄膜炎
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Gun shot wound
銃創
Meningitis
staphylococcal
ブドウ球菌性髄膜炎
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Sarcoma
肉腫
Renal failure chronic
慢性腎不全
Female
78
Female
有害事象名(PT)
UNK, UNK
44
Female
事象発現日
因果関係
No
MAY-2007
Not Reported
Yes
Yes
MAY-2006
Sarcoma
肉腫
2007
Chronic hepatic failure
慢性肝不全
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Cardio-respiratory arrest
心肺停止
Chronic hepatic failure
慢性肝不全
Yes
Cardio-respiratory arrest
心肺停止
Not Reported
OCT-2007
Unknown
82
Female
20 ug, daily (1/D)
AUG-2007
82
Female
20 ug, daily (1/D)
AUG-2007
82
Female
20 ug, daily (1/D)
AUG-2007
Hypertension
高血圧
Cardio-respiratory arrest
心肺停止
Not Reported
2005
NOV-2007
Cardiac failure
心不全
Pneumonia
肺炎
Not Reported
23-OCT-2007
Not Reported
(続く)
臨床的安全性の概要
85
Female
Cardio-respiratory arrest
心肺停止
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200710005826
UNITED STATES
Spontaneous
US200710006000
UNITED STATES
Spontaneous
US200710006430
UNITED STATES
Spontaneous
US200710006430
UNITED STATES
Spontaneous
US200711002452
UNITED STATES
Spontaneous
US200711004418
UNITED STATES
Spontaneous
US200711004764
UNITED STATES
Spontaneous
US200711004764
UNITED STATES
Spontaneous
US200711004764
UNITED STATES
Spontaneous
US200711005130
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
832
年齢
性別
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
85
Female
2005
NOV-2007
Hypertension
高血圧
Pneumonia
肺炎
85
Female
2005
NOV-2007
Pneumonia
肺炎
Pneumonia
肺炎
2007
Not Reported
投与量
事象発現日
因果関係
Not Reported
82
Female
UNK, UNK
JUL-2007
Multiple fractures
多発性骨折
Multiple fractures
多発性骨折
21-NOV-2007
No
82
Female
UNK, UNK
JUL-2007
Osteoporosis
骨粗鬆症
Multiple fractures
多発性骨折
21-NOV-2007
No
81
Female
SEP-2007
Death
死亡
Ileus
イレウス
21-OCT-2007
Yes
81
Female
SEP-2007
Ileus
イレウス
Ileus
イレウス
SEP-2007
Yes
81
Female
SEP-2007
Renal failure
腎不全
Ileus
イレウス
SEP-2007
Yes
UNK, UNK
77
Female
20 ug, UNK
Cardiac disorder
心障害
Cardiac disorder
心障害
Yes
77
Female
20 ug, UNK
Myocardial infarction
心筋梗塞
Cardiac disorder
心障害
Not Reported
臨床的安全性の概要
2006
Acute myeloid leukaemia Acute myeloid leukaemia
急性骨髄性白血病
急性骨髄性白血病
79
Female
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200711005130
UNITED STATES
Spontaneous
US200711005130
UNITED STATES
Spontaneous
US200711005718
UNITED STATES
Spontaneous
US200711005718
UNITED STATES
Spontaneous
US200711005787
UNITED STATES
Spontaneous
US200711005787
UNITED STATES
Spontaneous
US200711005787
UNITED STATES
Spontaneous
US200712001916
UNITED STATES
Spontaneous
US200712002485
UNITED STATES
Spontaneous
US200712002485
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
Yes
(続く)
833
年齢
性別
投与量
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
Lung neoplasm malignant Lung neoplasm malignant
肺の悪性新生物
肺の悪性新生物
Female
Completed suicide
自殺既遂
Female
Completed suicide
自殺既遂
Not Reported
15-DEC-2007
Lung neoplasm malignant Lung neoplasm malignant
肺の悪性新生物
肺の悪性新生物
Female
Female
Neoplasm malignant
悪性新生物
Lung neoplasm malignant
肺の悪性新生物
因果関係
Yes
Yes
Yes
20 ug, daily (1/D)
13-NOV-2007
Respiratory failure
呼吸不全
Respiratory failure
呼吸不全
08-JAN-2008
No
76
Female
20 ug, daily (1/D)
13-JUN-2007
30-OCT-2007
Hepatic cirrhosis
肝硬変
Hepatic cirrhosis
肝硬変
2007
No
94
Female
UNK, UNK
APR-2007
Hip fracture
股関節部骨折
Hip fracture
股関節部骨折
10-JAN-2008
No
85
Male
2006
Cardiac disorder
心障害
JAN-2008
Not Reported
85
Male
2006
Cardiac disorder
心障害
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Death
死亡
87
Female
UNK, UNK
APR-2007
Cardiac disorder
心障害
Death
死亡
30-JAN-2008
Not Reported
No
臨床的安全性の概要
58
Female
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200712003732
UNITED STATES
Spontaneous
US200712004270
UNITED STATES
Spontaneous
US200712004621
UNITED STATES
Spontaneous
US200712004621
UNITED STATES
Spontaneous
US200801002245
UNITED STATES
Spontaneous
US200801005396
UNITED STATES
Spontaneous
US200801005929
UNITED STATES
Spontaneous
US200801006337
UNITED STATES
Spontaneous
US200801006337
UNITED STATES
Spontaneous
US200802000223
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
834
年齢
性別
投与量
Female
Female
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
20 ug, daily (1/D)
Acute respiratory failure
急性呼吸不全
Pneumonia
肺炎
AUG-2007
Yes
20 ug, daily (1/D)
Pneumonia
肺炎
Pneumonia
肺炎
AUG-2007
Yes
05-DEC-2007
Unknown
83
Female
2006
25-JAN-2008
Acute myeloid leukaemia Acute myeloid leukaemia
急性骨髄性白血病
急性骨髄性白血病
89
Female
UNK, UNK
JAN-2004
FEB-2005
Cerebral haemorrhage
脳出血
Cerebral haemorrhage
脳出血
16-NOV-2007
Yes
90
Female
UNK, UNK
16-APR-2007
14-NOV-2007
Renal failure
腎不全
Sepsis
敗血症
2007
No
90
Female
UNK, UNK
16-APR-2007
14-NOV-2007
Sepsis
敗血症
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Sepsis
敗血症
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Cardio-respiratory arrest
心肺停止
2007
No
03-FEB-2008
Yes
02-FEB-2008
Yes
81
Male
19-DEC-2007
81
Male
19-DEC-2007
78
Female
Cardio-respiratory arrest
心肺停止
Gastrointestinal
haemorrhage
胃腸出血
Cardio-respiratory arrest
心肺停止
Yes
Yes
(続く)
臨床的安全性の概要
78
Female
Hip fracture
股関節部骨折
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200802001817
UNITED STATES
Spontaneous
US200802001817
UNITED STATES
Spontaneous
US200802002383
UNITED STATES
Spontaneous
US200802002576
UNITED STATES
Spontaneous
US200802003696
UNITED STATES
Spontaneous
US200802003696
UNITED STATES
Spontaneous
US200802004630
UNITED STATES
Spontaneous
US200802004630
UNITED STATES
Spontaneous
US200802007007
UNITED STATES
Spontaneous
US200802007007
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
835
年齢
性別
投与量
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
2007
Renal failure
腎不全
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Death
死亡
Cardio-respiratory arrest
心肺停止
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Death
死亡
78
Female
90
Female
Female
事象発現日
因果関係
Yes
No
Not Reported
82
Male
20 ug, daily (1/D)
13-DEC-2007
Aortic stenosis
大動脈狭窄
Aortic stenosis
大動脈狭窄
29-APR-2008
Not Reported
96
Female
20 ug, daily (1/D)
23-MAR-2008
2008
Death
死亡
Death
死亡
09-JUN-2008
Not Reported
78
Female
UNK, UNK
Hepatic cirrhosis
肝硬変
2007
Yes
78
Female
UNK, UNK
2007
Adenocarcinoma
腺癌
31-MAR-2008
Unknown
78
Female
UNK, UNK
2007
Cachexia
悪液質
Death
死亡
Hepatic cirrhosis
肝硬変
Hepatic neoplasm
malignant
肝の悪性新生物
Hepatic neoplasm
malignant
肝の悪性新生物
Death
死亡
Cerebral haemorrhage
脳出血
Cerebral haemorrhage
脳出血
Female
2008
MAY-2008
Not Reported
MAY-2008
Unknown
(続く)
臨床的安全性の概要
Female
Unknown
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200802007007
UNITED STATES
Spontaneous
US200803001597
UNITED STATES
Spontaneous
US200803003241
UNITED STATES
Spontaneous
US200803003330
UNITED STATES
Spontaneous
US200804000227
UNITED STATES
Spontaneous
US200804002898
UNITED STATES
Spontaneous
US200805003292
UNITED STATES
Spontaneous
US200805003292
UNITED STATES
Spontaneous
US200805003423
UNITED STATES
Spontaneous
US200806000328
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
836
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
72
Male
20 ug, UNK
NOV-2007
72
Male
20 ug, UNK
NOV-2007
72
Male
20 ug, UNK
58
Female
有害事象名(PT)
死因
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Pneumonia
肺炎
Sepsis
敗血症
Sepsis
敗血症
2008
Yes
NOV-2007
Sepsis
敗血症
Sepsis
敗血症
2008
Yes
20 ug, daily (1/D)
20-MAY-2007
11-AUG-2008
Interstitial lung disease
間質性肺疾患
Interstitial lung disease
間質性肺疾患
78
Female
UNK, UNK
2007
Adenocarcinoma
腺癌
Adenocarcinoma
腺癌
78
Female
UNK, UNK
2007
Malignant ascites
悪性腹水
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
20 ug, daily (1/D)
MAY-2008
69
Female
20 ug, daily (1/D)
MAY-2008
Respiratory failure
呼吸不全
2004
2007
Metastatic renal cell
carcinoma
転移性腎細胞癌
Renal cell carcinoma
腎細胞癌
86
Female
Female
因果関係
Yes
Not Reported
APR-2008
Unknown
APR-2008
Unknown
11-SEP-2008
No
AUG-2008
Yes
AUG-2008
Yes
No
(続く)
臨床的安全性の概要
69
Female
Adenocarcinoma
腺癌
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
事象発現日
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200806001408
UNITED STATES
Spontaneous
US200806001408
UNITED STATES
Spontaneous
US200806001408
UNITED STATES
Spontaneous
US200807005366
UNITED STATES
Spontaneous
US200807006465
UNITED STATES
Spontaneous
US200807006465
UNITED STATES
Spontaneous
US200809005827
UNITED STATES
Spontaneous
US200809005944
UNITED STATES
Spontaneous
US200809005944
UNITED STATES
Spontaneous
US200810001282
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
837
報告症例番号
国
報告種類
US200810001317
UNITED STATES
Spontaneous
US200810001317
UNITED STATES
Spontaneous
US200810001317
UNITED STATES
Spontaneous
US200810001488
UNITED STATES
Spontaneous
US200810001488
UNITED STATES
Spontaneous
年齢
性別
投与量
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与開始日
投与終了日
76
Male
2006
76
Male
2006
76
Male
2006
Female
Female
20 ug, daily (1/D)
27-OCT-2006
US200810001573
UNITED STATES
Spontaneous
US200810001573
UNITED STATES
Spontaneous
US200810001573
UNITED STATES
Spontaneous
US200810001656
UNITED STATES
Spontaneous
70
Male
20 ug, daily (1/D)
27-OCT-2006
70
Male
20 ug, daily (1/D)
27-OCT-2006
70
Male
20 ug, daily (1/D)
27-OCT-2006
死因
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Pneumonia
肺炎
Respiratory failure
呼吸不全
No
Respiratory failure
呼吸不全
Not Reported
Respiratory failure
呼吸不全
Respiratory failure
呼吸不全
No
Arteriosclerosis
動脈硬化症
Aspiration
誤嚥
Aspiration
誤嚥
Bronchopulmonary
aspergillosis
気管支肺アスペルギル
ス症
Cardiac arrest
心停止
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Sideroblastic anaemia
鉄芽球性貧血
Aspiration
誤嚥
Yes
Cardiac arrest
心停止
Yes
Myeloid leukaemia
骨髄性白血病
Cardiac arrest
心停止
事象発現日
12-SEP-2008
26-SEP-2007
因果関係
Yes
Yes
Cardiac arrest
心停止
Yes
Cardiac arrest
心停止
Yes
Myeloid leukaemia
骨髄性白血病
2007
Not Reported
(続く)
臨床的安全性の概要
70
Male
有害事象名(PT)
2.7.4
US200810001573
UNITED STATES
Spontaneous
82
Female
LY333334
表 2.7.4.7-42.
838
年齢
性別
投与量
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与開始日
投与終了日
Female
70
Female
JUN-2006
60
Female
27-JUL-2005
20 ug, daily (1/D)
SEP-2006
SEP-2008
73
Female
20 ug, UNK
MAY-2007
69
Female
20 ug, daily (1/D)
Feb-2003
84
Female
20 ug, daily (1/D)
04-Mar-2003
18-Mar-2003
84
Female
UNK, unknown
96
Female
20 ug, daily (1/D)
93
Male
20 ug, daily (1/D)
死因
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Amyotrophic lateral
sclerosis
筋萎縮性側索硬化症
Death
死亡
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Death
死亡
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Amyotrophic lateral
sclerosis
筋萎縮性側索硬化症
Death
死亡
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Death
死亡
Glioblastoma multiforme Glioblastoma multiforme
多形性神経膠芽細胞腫 多形性神経膠芽細胞腫
事象発現日
因果関係
No
25-JAN-2008
Unknown
Not Reported
Yes
2008
Yes
04-Mar-2003
No
Myocardial infarction
心筋梗塞
Myocardial infarction
心筋梗塞
2003
Yes
Myocardial infarction
心筋梗塞
Myocardial infarction
心筋梗塞
2003
Not Reported
26-Mar-2003
Jul-2003
Death
死亡
17-Apr-2003
2003
Coma
昏睡
Death
死亡
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
No
Nov-2003
Not Reported
(続く)
臨床的安全性の概要
83
Female
有害事象名(PT)
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
US200810001660
UNITED STATES
Spontaneous
US200810001670
UNITED STATES
Spontaneous
US200810002638
UNITED STATES
Spontaneous
US200811000789
UNITED STATES
Spontaneous
US200811004919
UNITED STATES
Spontaneous
USA030229965
UNITED STATES
Spontaneous
USA030331264
UNITED STATES
Spontaneous
USA030331264
UNITED STATES
Spontaneous
USA030433613
UNITED STATES
Spontaneous
USA030435063
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
839
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
93
Male
20 ug, daily (1/D)
17-Apr-2003
2003
Respiratory failure
呼吸不全
63
Male
UNK, unknown
Mar-2003
Multiple myeloma
多発性骨髄腫
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Multiple myeloma
多発性骨髄腫
81
Female
20 ug, daily (1/D)
17-Feb-2003
81
Female
20 ug, daily (1/D)
17-Feb-2003
81
Female
20 ug, daily (1/D)
17-Feb-2003
Cardiac arrest
心停止
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Pneumothorax
気胸
81
Female
UNK, unknown
81
Female
UNK, unknown
81
Female
UNK, unknown
81
Female
因果関係
15-Nov-2003
No
Apr-2003
No
Cardiac arrest
心停止
08-Nov-2003
No
Cardiac arrest
心停止
2003
No
Cardiac arrest
心停止
08-Nov-2003
No
Cardiac arrest
心停止
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Pneumothorax
気胸
Cardiac arrest
心停止
08-Nov-2003
No
Cardiac arrest
心停止
2003
No
Cardiac arrest
心停止
08-Nov-2003
No
Cardiac arrest
心停止
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Cardiac arrest
心停止
08-Nov-2003
Not Associated
Cardiac arrest
心停止
2003
Not Associated
(続く)
臨床的安全性の概要
81
Female
事象発現日
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
USA030435063
UNITED STATES
Spontaneous
USA030536005
UNITED STATES
Spontaneous
USA030536362
UNITED STATES
Spontaneous
USA030536362
UNITED STATES
Spontaneous
USA030536362
UNITED STATES
Spontaneous
USA030536362
UNITED STATES
Spontaneous
USA030536362
UNITED STATES
Spontaneous
USA030536362
UNITED STATES
Spontaneous
USA030536362
UNITED STATES
Spontaneous
USA030536362
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
840
年齢
性別
投与量
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
Pneumothorax
気胸
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
Death
死亡
Cardiac arrest
心停止
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
Death
死亡
Death
死亡
Death
死亡
No
Death
死亡
Death
死亡
Not Associated
81
Female
71
Female
UNK, unknown
04-Feb-2003
83
Female
UNK, unknown
19-May-2003
25-May-2003
61
Female
20 ug, daily (1/D)
09-Jun-2003
61
Female
事象発現日
因果関係
08-Nov-2003
Not Associated
27-Mar-2003
Unknown
No
88
Female
20 ug, other
05-NOV-2003
03-FEB-2004
Arteriosclerosis
動脈硬化症
Cardio-respiratory arrest
心肺停止
No
88
Female
20 ug, other
05-NOV-2003
03-FEB-2004
Cardio-respiratory arrest
心肺停止
Cardio-respiratory arrest
心肺停止
No
88
Female
20 ug, other
05-NOV-2003
03-FEB-2004
Eating disorder
摂食障害
Cardio-respiratory arrest
心肺停止
No
83
Male
UNK, unknown
Mar-2003
Jun-2003
Intestinal ischaemia
腸管虚血
Intestinal ischaemia
腸管虚血
05-Jun-2003
No
2.7.4
70
Female
20 ug, daily (1/D)
14-Jul-2003
Death
死亡
Death
死亡
2005
Not Reported
臨床的安全性の概要
報告症例番号
国
報告種類
USA030536362
UNITED STATES
Spontaneous
USA030537310
UNITED STATES
Spontaneous
USA030537771
UNITED STATES
Spontaneous
USA030639081
UNITED STATES
Spontaneous
USA030639081
UNITED STATES
Spontaneous
USA030639248
UNITED STATES
Spontaneous
USA030639248
UNITED STATES
Spontaneous
USA030639248
UNITED STATES
Spontaneous
USA030639514
UNITED STATES
Spontaneous
USA030741935
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
841
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
92
Female
UNK, daily (1/D)
Jul-2003
Aug-2003
92
Female
UNK, daily (1/D)
Jul-2003
Aug-2003
92
Female
UNK, daily (1/D)
Jul-2003
Aug-2003
有害事象名(PT)
死因
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Death
死亡
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
Death
死亡
Osteoporosis
骨粗鬆症
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
92
Female
92
Female
Osteoporosis
骨粗鬆症
92
Female
事象発現日
因果関係
22-Feb-2003
No
Nov-2003
No
No
22-Feb-2003
Not Associated
Nov-2003
Not Associated
Not Associated
65
Female
UNK, unknown
86
Male
20 ug, daily (1/D)
Jul-2003
Pulmonary embolism
肺塞栓症
Pulmonary embolism
肺塞栓症
Sep-2003
Unknown
81
Male
20 ug, daily (1/D)
21-Aug-2003
Pneumonia
肺炎
Pneumonia
肺炎
03-Sep-2003
No
78
Male
20 ug, daily (1/D)
Feb-2003
Dyspnoea
呼吸困難
Respiratory failure
呼吸不全
04-Jun-2004
No
No
臨床的安全性の概要
(続く)
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
USA030742100
UNITED STATES
Spontaneous
USA030742100
UNITED STATES
Spontaneous
USA030742100
UNITED STATES
Spontaneous
USA030742100
UNITED STATES
Spontaneous
USA030742100
UNITED STATES
Spontaneous
USA030742100
UNITED STATES
Spontaneous
USA030845798
UNITED STATES
Spontaneous
USA030946113
UNITED STATES
Spontaneous
USA030946685
UNITED STATES
Spontaneous
USA030947889
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
842
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
78
Male
20 ug, daily (1/D)
Feb-2003
Respiratory failure
呼吸不全
Respiratory failure
呼吸不全
04-Jun-2004
No
78
Male
Dyspnoea
呼吸困難
Respiratory failure
呼吸不全
04-Jun-2004
Not Associated
78
Male
Respiratory failure
呼吸不全
Respiratory failure
呼吸不全
04-Jun-2004
Not Associated
20 ug, daily (1/D)
08-Jul-2003
31-Dec-2003
Dyspnoea
呼吸困難
Pulmonary fibrosis
肺線維症
31-Dec-2003
No
73
Female
20 ug, daily (1/D)
08-Jul-2003
31-Dec-2003
Pneumonia
肺炎
Pulmonary fibrosis
肺線維症
31-Dec-2003
No
73
Female
20 ug, daily (1/D)
08-Jul-2003
31-Dec-2003
Pulmonary fibrosis
肺線維症
Pulmonary fibrosis
肺線維症
31-Dec-2003
No
90
Female
20 ug, daily (1/D)
18-Dec-2002
18-Jan-2004
21-Jan-2004
No
79
Male
20 ug, daily (1/D)
16-Jun-2003
Respiratory arrest
呼吸停止
Respiratory arrest
呼吸停止
03-Apr-2004
Not Reported
74
Female
20 ug, daily (1/D)
Aug-2003
21-Oct-2003
Metastasis
転移
Multiple myeloma
多発性骨髄腫
74
Female
20 ug, daily (1/D)
Aug-2003
21-Oct-2003
Multiple myeloma
多発性骨髄腫
Multiple myeloma
多発性骨髄腫
Cerebrovascular accident Cerebrovascular accident
脳血管発作
脳血管発作
21-Oct-2003
No
No
臨床的安全性の概要
73
Female
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
USA030947889
UNITED STATES
Spontaneous
USA030947889
UNITED STATES
Spontaneous
USA030947889
UNITED STATES
Spontaneous
USA031049667
UNITED STATES
Spontaneous
USA031049667
UNITED STATES
Spontaneous
USA031049667
UNITED STATES
Spontaneous
USA031049814
UNITED STATES
Spontaneous
USA031050251
UNITED STATES
Spontaneous
USA031051179
UNITED STATES
Spontaneous
USA031051179
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
843
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与量
投与開始日
投与終了日
91
Female
UNK, UNK
79
Female
20 ug, daily (1/D)
15-Jul-2003
47
Female
UNK, unknown
Mar-2003
47
Female
UNK, unknown
Mar-2003
37
Male
20 ug, daily (1/D)
23-Sep-2003
37
Male
20 ug, daily (1/D)
23-Sep-2003
37
Male
20 ug, daily (1/D)
23-Sep-2003
Cardiac arrest
心停止
49
Male
20 ug, daily (1/D)
16-Dec-2003
50
Female
50
Female
有害事象名(PT)
死因
Deep vein thrombosis
深部静脈血栓症
Deep vein thrombosis
深部静脈血栓症
Death
Death
死亡
死亡
Acute respiratory distress Acute respiratory distress
syndrome
syndrome
急性呼吸窮迫症候群
急性呼吸窮迫症候群
Acute respiratory distress
Pancreatitis
syndrome
膵炎
急性呼吸窮迫症候群
Acute myocardial
Arteriosclerosis
infarction
動脈硬化症
急性心筋梗塞
Arteriosclerosis
Arteriosclerosis
動脈硬化症
動脈硬化症
事象発現日
因果関係
Not Reported
10-Mar-2004
No
2003
No
2003
No
13-Dec-2003
No
13-Dec-2003
No
Arteriosclerosis
動脈硬化症
13-Dec-2003
No
Pneumonia
肺炎
Pneumonia
肺炎
Jan-2004
No
UNK, unknown
Arrhythmia
不整脈
Cardiomyopathy
心筋症
Jan-2004
No
UNK, unknown
Cardiomyopathy
心筋症
Cardiomyopathy
心筋症
Jan-2004
No
(続く)
臨床的安全性の概要
年齢
性別
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
USA031151579
UNITED STATES
Spontaneous
USA031152251
UNITED STATES
Spontaneous
USA031254111
UNITED STATES
Spontaneous
USA031254111
UNITED STATES
Spontaneous
USA031254701
UNITED STATES
Spontaneous
USA031254701
UNITED STATES
Spontaneous
USA031254701
UNITED STATES
Spontaneous
USA040157038
UNITED STATES
Spontaneous
USA040157226
UNITED STATES
Spontaneous
USA040157226
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
844
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
73
Male
20 ug, daily (1/D)
23-Sep-2003
Death
死亡
Death
死亡
04-Dec-2003
Not Reported
73
Male
20 ug, daily (1/D)
23-Sep-2003
Dyspnoea
呼吸困難
Death
死亡
Not Reported
73
Male
20 ug, daily (1/D)
23-Sep-2003
Fall
転倒・転落
Death
死亡
Not Reported
73
Male
20 ug, daily (1/D)
23-Sep-2003
Gait disturbance
歩行障害
Death
死亡
Not Reported
73
Male
20 ug, daily (1/D)
23-Sep-2003
Pneumonia
肺炎
Death
死亡
Not Reported
84
Female
UNK, unknown
06-Mar-2003
Abdominal neoplasm
腹部新生物
Neoplasm malignant
悪性新生物
82
Female
UNK, unknown
Death
死亡
Death
死亡
Not Reported
97
Female
20 ug, daily (1/D)
May-2003
Sepsis
敗血症
Sepsis
敗血症
No
97
Female
20 ug, daily (1/D)
May-2003
Unresponsive to stimuli
刺激無反応
78
Female
20 ug, daily (1/D)
Nov-2003
Crohn's disease
クローン病
Sepsis
敗血症
Pseudomembranous
colitis
偽膜性大腸炎
Jan-2004
No
No
2.7.4
No
臨床的安全性の概要
報告症例番号
国
報告種類
USA040158042
UNITED STATES
Spontaneous
USA040158042
UNITED STATES
Spontaneous
USA040158042
UNITED STATES
Spontaneous
USA040158042
UNITED STATES
Spontaneous
USA040158042
UNITED STATES
Spontaneous
USA040258116
UNITED STATES
Spontaneous
USA040258857
UNITED STATES
Spontaneous
USA040259541
UNITED STATES
Spontaneous
USA040259541
UNITED STATES
Spontaneous
USA040259937
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
845
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与量
投与開始日
投与終了日
78
Female
20 ug, daily (1/D)
Nov-2003
54
Female
20 ug, daily (1/D)
26-Feb-2004
26-Feb-2004
82
Female
20 ug, daily (1/D)
02-Jun-2003
82
Female
60 mg, daily (1/D)
75
Female
UNK, unknown
75
Female
UNK, unknown
Cerebrovascular accident
脳血管発作
75
Female
UNK, unknown
Coronary artery disease
冠動脈疾患
55
Male
20 ug, daily (1/D)
12-Feb-2003
55
Male
20 ug, daily (1/D)
55
Male
20 ug, daily (1/D)
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
Pseudomembranous
colitis
偽膜性大腸炎
Lung cancer metastatic
転移性肺癌
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Death
死亡
Pseudomembranous
colitis
偽膜性大腸炎
Lung cancer metastatic
転移性肺癌
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Death
死亡
12-Feb-2003
Failure to thrive
成長障害
Death
死亡
No
12-Feb-2003
Fluid overload
水分過負荷
Death
死亡
No
No
No
No
No
Nov-2003
No
No
Nov-2003
No
11-Feb-2004
No
(続く)
臨床的安全性の概要
年齢
性別
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
USA040259937
UNITED STATES
Spontaneous
USA040260372
UNITED STATES
Spontaneous
USA040360584
UNITED STATES
Spontaneous
USA040360584
UNITED STATES
Spontaneous
USA040360690
UNITED STATES
Spontaneous
USA040360690
UNITED STATES
Spontaneous
USA040360690
UNITED STATES
Spontaneous
USA040360697
UNITED STATES
Spontaneous
USA040360697
UNITED STATES
Spontaneous
USA040360697
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与量
投与開始日
投与終了日
55
Male
20 ug, daily (1/D)
12-Feb-2003
55
Male
20 ug, daily (1/D)
12-Feb-2003
55
Male
20 ug, daily (1/D)
55
Male
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
Gastrointestinal
haemorrhage
胃腸出血
Pneumonia
肺炎
Death
死亡
04-Feb-2004
No
Death
死亡
30-Jan-2004
No
12-Feb-2003
Pneumothorax
気胸
Death
死亡
04-Feb-2004
No
20 ug, daily (1/D)
12-Feb-2003
Renal failure
腎不全
Death
死亡
No
55
Male
20 ug, daily (1/D)
12-Feb-2003
Sepsis
敗血症
Death
死亡
No
55
Male
20 ug, daily (1/D)
12-Feb-2003
Thrombocytopenia
血小板減少症
Death
死亡
No
55
Male
20 ug, daily (1/D)
12-Feb-2003
Weight decreased
体重減少
Death
死亡
No
87
Female
20 ug, daily (1/D)
15-Jan-2004
14-Feb-2004
Starvation
飢餓性衰弱
Starvation
飢餓性衰弱
No
64
Female
20 ug, daily (1/D)
21-Jan-2004
30-Jan-2004
Staphylococcal sepsis
ブドウ球菌性敗血症
Staphylococcal sepsis
ブドウ球菌性敗血症
No
91
Female
20 ug, daily (1/D)
Jul-2003
Coronary artery disease
冠動脈疾患
Coronary artery disease
冠動脈疾患
No
臨床的安全性の概要
年齢
性別
2.7.4
846
報告症例番号
国
報告種類
USA040360697
UNITED STATES
Spontaneous
USA040360697
UNITED STATES
Spontaneous
USA040360697
UNITED STATES
Spontaneous
USA040360697
UNITED STATES
Spontaneous
USA040360697
UNITED STATES
Spontaneous
USA040360697
UNITED STATES
Spontaneous
USA040360697
UNITED STATES
Spontaneous
USA040361860
UNITED STATES
Spontaneous
USA040362967
UNITED STATES
Spontaneous
USA040464025
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
91
Female
20 ug, daily (1/D)
Jul-2003
Myocardial infarction
心筋梗塞
Coronary artery disease
冠動脈疾患
06-Jan-2004
Not Reported
91
Female
20 ug, daily (1/D)
Jul-2003
Pneumonia
肺炎
Coronary artery disease
冠動脈疾患
06-Jan-2004
Not Reported
91
Female
20 ug, daily (1/D)
Jul-2003
Ventricular fibrillation
心室細動
Coronary artery disease
冠動脈疾患
81
Female
UNK, daily (1/D)
09-Mar-2004
01-Apr-2004
Death
死亡
Death
死亡
02-Apr-2004
Not Reported
78
Male
UNK, unknown
MAY-2003
2005
Arrhythmia
不整脈
04-OCT-2005
Unknown
78
Male
UNK, unknown
MAY-2003
2005
78
Male
UNK, unknown
MAY-2003
2005
Arrhythmia
不整脈
Arteriosclerosis coronary
artery
冠動脈硬化症
Sudden death
突然死
Arrhythmia
不整脈
04-OCT-2005
Not Reported
62
Female
20 ug, daily (1/D)
19-May-2003
Oct-2003
Myocardial infarction
心筋梗塞
Pneumonia
肺炎
Oct-2003
Not Reported
62
Female
20 ug, daily (1/D)
19-May-2003
Oct-2003
Peptic ulcer perforation
穿孔性消化性潰瘍
Pneumonia
肺炎
Oct-2003
Not Reported
2.7.4
62
Female
20 ug, daily (1/D)
19-May-2003
Oct-2003
Peritonitis
腹膜炎
Pneumonia
肺炎
Oct-2003
Not Reported
臨床的安全性の概要
847
報告症例番号
国
報告種類
USA040464025
UNITED STATES
Spontaneous
USA040464025
UNITED STATES
Spontaneous
USA040464025
UNITED STATES
Spontaneous
USA040464154
UNITED STATES
Spontaneous
USA040465379
UNITED STATES
Spontaneous
USA040465379
UNITED STATES
Spontaneous
USA040465379
UNITED STATES
Spontaneous
USA040465955
UNITED STATES
Spontaneous
USA040465955
UNITED STATES
Spontaneous
USA040465955
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
No
Arrhythmia
不整脈
Not Reported
(続く)
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
62
Female
20 ug, daily (1/D)
19-May-2003
Oct-2003
Pneumonia
肺炎
Pneumonia
肺炎
Oct-2003
No
62
Female
20 ug, daily (1/D)
19-May-2003
Oct-2003
Renal failure
腎不全
Pneumonia
肺炎
Oct-2003
Not Reported
85
Female
UNK, unknown
07-Jan-2003
28-Mar-2004
Pneumonia
肺炎
Pneumonia
肺炎
2004
No
75
Male
UNK, unknown
Mar-2003
04-Jan-2004
Cardiovascular disorder
心血管障害
Cardiovascular disorder
心血管障害
04-Jan-2004
No
75
Male
UNK, unknown
Mar-2003
04-Jan-2004
Carotid artery disease
頚動脈疾患
Cardiovascular disorder
心血管障害
Nov-2003
Not Reported
75
Male
UNK, unknown
Mar-2003
04-Jan-2004
Cardiovascular disorder
心血管障害
Nov-2003
Not Reported
75
Male
UNK, unknown
Mar-2003
04-Jan-2004
Cardiovascular disorder
心血管障害
Jun-2003
Not Reported
78
Female
20 ug, daily (1/D)
29-Apr-2004
16-Jun-2004
Hyperparathyroidism
副甲状腺機能亢進症
Spinal compression
fracture
脊椎圧迫骨折
Asthenia
無力症
Cardiac disorder
心障害
May-2004
Not Reported
78
Female
20 ug, daily (1/D)
29-Apr-2004
16-Jun-2004
Cardiac arrest
心停止
Cardiac disorder
心障害
16-Jun-2004
No
2.7.4
78
Female
20 ug, daily (1/D)
29-Apr-2004
16-Jun-2004
Cardiac disorder
心障害
Cardiac disorder
心障害
No
臨床的安全性の概要
848
報告症例番号
国
報告種類
USA040465955
UNITED STATES
Spontaneous
USA040465955
UNITED STATES
Spontaneous
USA040566425
UNITED STATES
Spontaneous
USA040568171
UNITED STATES
Spontaneous
USA040568171
UNITED STATES
Spontaneous
USA040568171
UNITED STATES
Spontaneous
USA040568171
UNITED STATES
Spontaneous
USA040568286
UNITED STATES
Spontaneous
USA040568286
UNITED STATES
Spontaneous
USA040568286
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
849
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
78
Female
20 ug, daily (1/D)
29-Apr-2004
16-Jun-2004
Coma
昏睡
Cardiac disorder
心障害
16-Jun-2004
No
78
Female
20 ug, daily (1/D)
29-Apr-2004
16-Jun-2004
Dyspnoea
呼吸困難
Cardiac disorder
心障害
16-Jun-2004
No
78
Female
20 ug, daily (1/D)
29-Apr-2004
16-Jun-2004
16-Jun-2004
No
74
Female
UNK, daily (1/D)
Jan-2002
04-Jan-2004
No
85
Female
20 ug, daily (1/D)
Jun-2003
Sep-2003
Respiratory arrest
呼吸停止
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Myocardial infarction
心筋梗塞
Jan-2004
No
65
Female
20 ug, daily (1/D)
29-Aug-2003
21-May-2004
May-2004
No
65
Female
20 ug, daily (1/D)
29-Aug-2003
21-May-2004
May-2004
No
94
Female
20 ug, daily (1/D)
25-Mar-2003
21-Apr-2004
No
86
Female
20 ug, daily (1/D)
08-Mar-2003
Diverticulitis
憩室炎
Intestinal perforation
腸管穿孔
Aug-2003
No
86
Female
20 ug, daily (1/D)
08-Mar-2003
Intestinal perforation
腸管穿孔
Intestinal perforation
腸管穿孔
Sep-2003
NHCP
Cardiac disorder
心障害
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Myocardial infarction
心筋梗塞
Pneumonia
Acute respiratory failure
pneumococcal
急性呼吸不全
肺炎球菌性肺炎
Pneumonia
Pneumonia
pneumococcal
pneumococcal
肺炎球菌性肺炎
肺炎球菌性肺炎
Cerebrovascular accident Cerebrovascular accident
脳血管発作
脳血管発作
(続く)
臨床的安全性の概要
年齢
性別
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
USA040568286
UNITED STATES
Spontaneous
USA040568286
UNITED STATES
Spontaneous
USA040568286
UNITED STATES
Spontaneous
USA040568402
UNITED STATES
Spontaneous
USA040568823
UNITED STATES
Spontaneous
USA040669350
UNITED STATES
Spontaneous
USA040669350
UNITED STATES
Spontaneous
USA040669569
UNITED STATES
Spontaneous
USA040669945
UNITED STATES
Spontaneous
USA040669945
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
850
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
71
Male
UNK, unknown
Dec-2003
Death
死亡
Death
死亡
08-Jun-2004
Not Reported
67
Female
20 ug, daily (1/D)
15-MAR-2004
18-JUN-2006
17:30
No
Female
UNK, unknown
Dehydration
脱水
Pneumonia
肺炎
No
Female
UNK, unknown
Parkinson's disease
パーキンソン病
Pneumonia
肺炎
No
Female
UNK, unknown
83
Female
UNK, daily (1/D)
FEB-2004
FEB-2006
83
Female
UNK, daily (1/D)
FEB-2004
FEB-2006
Pneumonia
肺炎
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Mitral valve
incompetence
僧帽弁閉鎖不全症
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Mitral valve
incompetence
僧帽弁閉鎖不全症
Dehydration
脱水
Pneumonia
肺炎
Mitral valve
incompetence
僧帽弁閉鎖不全症
Mitral valve
incompetence
僧帽弁閉鎖不全症
Mitral valve
incompetence
僧帽弁閉鎖不全症
Mitral valve
incompetence
僧帽弁閉鎖不全症
Renal failure
腎不全
83
Female
83
Female
20 ug, daily (1/D)
11-Jun-2004
No
09-JUN-2004
No
14-MAR-2006
No
09-JUN-2004
Not Reported
14-MAR-2006
Not Reported
Aug-2004
Not Reported
(続く)
臨床的安全性の概要
97
Female
Cerebrovascular accident Cerebrovascular accident
脳血管発作
脳血管発作
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
USA040670112
UNITED STATES
Spontaneous
USA040670141
UNITED STATES
Spontaneous
USA040670417
UNITED STATES
Spontaneous
USA040670417
UNITED STATES
Spontaneous
USA040670417
UNITED STATES
Spontaneous
USA040670603
UNITED STATES
Spontaneous
USA040670603
UNITED STATES
Spontaneous
USA040670603
UNITED STATES
Spontaneous
USA040670603
UNITED STATES
Spontaneous
USA040670706
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
報告症例番号
国
報告種類
USA040670706
UNITED STATES
Spontaneous
USA040670853
UNITED STATES
Spontaneous
USA040670855
UNITED STATES
Spontaneous
USA040670855
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
851
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
97
Female
20 ug, daily (1/D)
11-Jun-2004
Renal failure
腎不全
Renal failure
腎不全
Aug-2004
Not Reported
76
Female
20 ug, daily (1/D)
01-JUN-2004
FEB-2005
Death
死亡
Death
死亡
17-DEC-2005
Not Reported
70
Female
UNK, unknown
Brain stem thrombosis
脳幹血栓症
Brain stem thrombosis
脳幹血栓症
70
Female
UNK, unknown
Sepsis
敗血症
USA040771950
UNITED STATES
Spontaneous
72
Female
UNK, daily (1/D)
2003
USA040771950
UNITED STATES
Spontaneous
72
Female
UNK, daily (1/D)
2003
USA040772255
UNITED STATES
Spontaneous
USA040772255
UNITED STATES
Spontaneous
USA040772332
UNITED STATES
Spontaneous
60
Female
20 ug, daily (1/D)
01-Jul-2004
Diffuse large B-cell
lymphoma
びまん性大細胞型B細
胞性リンパ腫
Lung disorder
肺障害
Brain stem thrombosis
脳幹血栓症
Diffuse large B-cell
lymphoma
びまん性大細胞型B細
胞性リンパ腫
Diffuse large B-cell
lymphoma
びまん性大細胞型B細
胞性リンパ腫
Lung disorder
肺障害
Lung disorder
肺障害
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Lung disorder
肺障害
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
20 ug, daily (1/D)
Apr-2003
05-Jun-2004
No
Not Reported
No
No
Jun-2004
Not Associated
No
臨床的安全性の概要
61
Female
May-2004
2.7.4
60
Female
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
No
(続く)
852
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
61
Female
20 ug, daily (1/D)
Apr-2003
05-Jun-2004
Cardiac valve disease
心臓弁膜疾患
61
Female
20 ug, daily (1/D)
Apr-2003
05-Jun-2004
Myocardial infarction
心筋梗塞
75
Female
UNK, unknown
18-Aug-2003
Death
死亡
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Death
死亡
80
Male
20 ug, daily (1/D)
Feb-2003
Sep-2003
90
Female
UNK, unknown
Feb-2004
05-Feb-2004
Cerebral haemorrhage
脳出血
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
90
Female
UNK, unknown
Feb-2004
05-Feb-2004
90
Female
UNK, unknown
Feb-2004
05-Feb-2004
74
Female
20 ug, daily (1/D)
Oct-2003
12-Apr-2004
82
Female
20 ug, daily (1/D)
Jun-2004
Jan-2005
Infection
感染
Colon cancer metastatic
転移性結腸癌
82
Female
20 ug, daily (1/D)
Jun-2004
Jan-2005
Metastases to liver
肝転移
Colon cancer metastatic
転移性結腸癌
Cerebral haemorrhage
脳出血
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Cardiac failure
Oral intake reduced
congestive
経口摂取減少
うっ血性心不全
Cardiac failure
Pulmonary oedema
congestive
肺水腫
うっ血性心不全
Lung neoplasm malignant Lung neoplasm malignant
肺の悪性新生物
肺の悪性新生物
事象発現日
因果関係
18-May-2004
Not Reported
Jun-2004
No
No
Sep-2003
No
23-Feb-2004
Not Reported
23-Feb-2004
Not Reported
23-Feb-2004
Not Reported
May-2004
No
2005
No
No
(続く)
臨床的安全性の概要
年齢
性別
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
USA040772332
UNITED STATES
Spontaneous
USA040772332
UNITED STATES
Spontaneous
USA040772687
UNITED STATES
Spontaneous
USA040773834
UNITED STATES
Spontaneous
USA040773996
UNITED STATES
Spontaneous
USA040773996
UNITED STATES
Spontaneous
USA040773996
UNITED STATES
Spontaneous
USA040774114
UNITED STATES
Spontaneous
USA040875520
UNITED STATES
Spontaneous
USA040875520
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与量
投与開始日
投与終了日
82
Female
20 ug, daily (1/D)
Jun-2004
Jan-2005
74
Male
UNK, unknown
Feb-2003
Mar-2003
87
Female
20 ug, unknown
25-Aug-2004
87
Female
20 ug, unknown
83
Male
有害事象名(PT)
死因
Sepsis
敗血症
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Death
死亡
Colon cancer metastatic
転移性結腸癌
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Death
死亡
25-Aug-2004
Pneumonia
肺炎
Death
死亡
20 ug, daily (1/D)
Feb-2004
Death
死亡
Death
死亡
14-Aug-2004
No
83
Male
20 ug, daily (1/D)
Feb-2004
Metastatic neoplasm
転移性新生物
Death
死亡
18-Jul-2004
No
83
Male
20 ug, daily (1/D)
Feb-2004
Spinal cord compression
脊髄圧迫
Death
死亡
Jul-2004
No
65
UNK
UNK, unknown
Death
死亡
Death
死亡
77
Female
20 ug, UNK
Feb-2003
31-May-2004
Pneumonia
肺炎
Pneumonia
肺炎
2004
No
47
Female
20 ug, daily (1/D)
Nov-2003
Lung cancer metastatic
転移性肺癌
Lung cancer metastatic
転移性肺癌
10-Aug-2004
Unknown
臨床的安全性の概要
年齢
性別
2.7.4
853
報告症例番号
国
報告種類
USA040875520
UNITED STATES
Spontaneous
USA040876120
UNITED STATES
Spontaneous
USA040876793
UNITED STATES
Spontaneous
USA040876793
UNITED STATES
Spontaneous
USA040977073
UNITED STATES
Spontaneous
USA040977073
UNITED STATES
Spontaneous
USA040977073
UNITED STATES
Spontaneous
USA040977176
UNITED STATES
Spontaneous
USA040978094
UNITED STATES
Spontaneous
USA040978853
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
事象発現日
因果関係
2005
No
09-Feb-2004
No
Aug-2004
Yes
Not Reported
Not Reported
(続く)
854
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
87
Female
20 ug, daily (1/D)
25-Jul-2003
14-Oct-2003
Arrhythmia
不整脈
Ovarian cancer
卵巣癌
08-Jul-2004
No
87
Female
20 ug, daily (1/D)
25-Jul-2003
14-Oct-2003
Cardiac arrest
心停止
Ovarian cancer
卵巣癌
08-Jul-2004
No
87
Female
20 ug, daily (1/D)
25-Jul-2003
14-Oct-2003
Hypoxia
低酸素症
Ovarian cancer
卵巣癌
07-Jul-2004
No
87
Female
20 ug, daily (1/D)
25-Jul-2003
14-Oct-2003
Ovarian cancer
卵巣癌
Ovarian cancer
卵巣癌
01-Jul-2004
No
57
Female
20 ug, daily (1/D)
Apr-2003
Bradycardia
徐脈
Cerebrovascular accident
脳血管発作
Oct-2004
Not Reported
57
Female
20 ug, daily (1/D)
Apr-2003
Oct-2004
No
57
Female
20 ug, daily (1/D)
Apr-2003
08-Oct-2004
No
57
Female
20 ug, daily (1/D)
Apr-2003
57
Female
20 ug, daily (1/D)
Apr-2003
Spinal fracture
脊椎骨折
Cerebrovascular accident
脳血管発作
78
Male
20 ug, daily (1/D)
02-May-2003
Angiopathy
血管障害
Angiopathy
血管障害
Cerebrovascular accident Cerebrovascular accident
脳血管発作
脳血管発作
Chronic obstructive
Cerebrovascular accident
pulmonary disease
脳血管発作
慢性閉塞性肺疾患
Sepsis
Cerebrovascular accident
敗血症
脳血管発作
Not Reported
No
臨床的安全性の概要
22-Nov-2003
Not Reported
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
USA041080911
UNITED STATES
Spontaneous
USA041080911
UNITED STATES
Spontaneous
USA041080911
UNITED STATES
Spontaneous
USA041080911
UNITED STATES
Spontaneous
USA041080945
UNITED STATES
Spontaneous
USA041080945
UNITED STATES
Spontaneous
USA041080945
UNITED STATES
Spontaneous
USA041080945
UNITED STATES
Spontaneous
USA041080945
UNITED STATES
Spontaneous
USA041080999
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
855
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
78
Male
20 ug, daily (1/D)
02-May-2003
Renal failure
腎不全
Angiopathy
血管障害
Nov-2003
No
78
Male
20 ug, daily (1/D)
02-May-2003
Sepsis
敗血症
Angiopathy
血管障害
Nov-2003
No
67
Female
UNK, unknown
18-Mar-2004
27-Sep-2004
81
Female
UNK, unknown
07-Nov-2003
Fat embolism
脂肪塞栓症
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
81
Female
UNK, unknown
07-Nov-2003
Cardiogenic shock
心原性ショック
81
Female
UNK, unknown
07-Nov-2003
Coronary artery disease
冠動脈疾患
68
Female
UNK, unknown
Jul-2004
Female
20 ug, unknown
May-2004
Jan-2005
85
Female
UNK, unknown
Jan-2005
15-Jan-2005
Scleroderma
強皮症
Pancreatic carcinoma
metastatic
転移性膵癌
Aphasia
失語症
Fat embolism
脂肪塞栓症
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
Scleroderma
強皮症
85
Female
UNK, unknown
Jan-2005
15-Jan-2005
Asthenia
無力症
No
30-Sep-2004
No
30-Sep-2004
Not Reported
Not Reported
No
Death
死亡
No
18-Jan-2005
Not Reported
Death
死亡
18-Jan-2005
Not Reported
(続く)
臨床的安全性の概要
Death
死亡
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
USA041080999
UNITED STATES
Spontaneous
USA041080999
UNITED STATES
Spontaneous
USA041081196
UNITED STATES
Spontaneous
USA041081882
UNITED STATES
Spontaneous
USA041081882
UNITED STATES
Spontaneous
USA041081882
UNITED STATES
Spontaneous
USA041285446
UNITED STATES
Spontaneous
USA050189202
UNITED STATES
Spontaneous
USA050289592
UNITED STATES
Spontaneous
USA050289592
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
856
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
85
Female
UNK, unknown
Jan-2005
15-Jan-2005
Cholelithiasis
胆石症
Death
死亡
07-Jan-2005
Not Reported
85
Female
UNK, unknown
Jan-2005
15-Jan-2005
Death
死亡
Death
死亡
18-Jan-2005
No
85
Female
UNK, unknown
Jan-2005
15-Jan-2005
Unresponsive to stimuli
刺激無反応
Death
死亡
18-Jan-2005
Not Reported
81
Female
20 ug, unknown
03-Dec-2004
Cardiac failure
心不全
Jan-2005
No
81
Female
20 ug, unknown
03-Dec-2004
81
Female
20 ug, unknown
03-Dec-2004
81
Female
UNK, unknown
2002
Sep-2004
81
Female
UNK, unknown
2002
Sep-2004
81
Female
UNK, unknown
2002
Sep-2004
Cardiac failure
心不全
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Mitral valve
incompetence
僧帽弁閉鎖不全症
Cardiac failure
心不全
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Mitral valve
incompetence
僧帽弁閉鎖不全症
Cardiac failure
心不全
Not Reported
Cardiac failure
心不全
Jan-2005
Not Reported
Cardiac failure
心不全
Jan-2005
Not Reported
Cardiac failure
心不全
Cardiac failure
心不全
Not Reported
Jan-2005
Not Reported
臨床的安全性の概要
(続く)
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
USA050289592
UNITED STATES
Spontaneous
USA050289592
UNITED STATES
Spontaneous
USA050289592
UNITED STATES
Spontaneous
USA050289799
UNITED STATES
Spontaneous
USA050289799
UNITED STATES
Spontaneous
USA050289799
UNITED STATES
Spontaneous
USA050289799
UNITED STATES
Spontaneous
USA050289799
UNITED STATES
Spontaneous
USA050289799
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
857
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
91
Female
20 ug, daily (1/D)
Jan-2005
Angina pectoris
狭心症
91
Female
20 ug, daily (1/D)
Jan-2005
Cardiac disorder
心障害
91
Female
20 ug, daily (1/D)
Jan-2005
Fall
転倒・転落
91
Female
20 ug, daily (1/D)
Jan-2005
Hypertension
高血圧
91
Female
20 ug, daily (1/D)
Jan-2005
Irritable bowel syndrome
過敏性腸症候群
91
Female
20 ug, daily (1/D)
Jan-2005
Multi-organ failure
多臓器不全
91
Female
20 ug, daily (1/D)
Jan-2005
Rib fracture
肋骨骨折
91
Female
20 ug, daily (1/D)
Jan-2005
76
Female
UNK, unknown
04-MAR-2005
Small intestinal
obstruction
小腸閉塞
Small intestinal
obstruction
小腸閉塞
Small intestinal
obstruction
小腸閉塞
Small intestinal
obstruction
小腸閉塞
Small intestinal
obstruction
小腸閉塞
Small intestinal
obstruction
小腸閉塞
Small intestinal
obstruction
小腸閉塞
Small intestinal
obstruction
小腸閉塞
Myocardial infarction
心筋梗塞
Small intestinal
obstruction
小腸閉塞
Myocardial infarction
心筋梗塞
事象発現日
因果関係
Not Reported
Not Reported
Not Reported
Not Reported
Not Reported
Not Reported
Not Reported
Not Reported
23-AUG-2005
No
(続く)
臨床的安全性の概要
年齢
性別
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
USA050392604
UNITED STATES
Spontaneous
USA050392604
UNITED STATES
Spontaneous
USA050392604
UNITED STATES
Spontaneous
USA050392604
UNITED STATES
Spontaneous
USA050392604
UNITED STATES
Spontaneous
USA050392604
UNITED STATES
Spontaneous
USA050392604
UNITED STATES
Spontaneous
USA050392604
UNITED STATES
Spontaneous
USA050392607
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
報告症例番号
国
報告種類
USA050392607
UNITED STATES
Spontaneous
USA050392854
UNITED STATES
Spontaneous
USA050392854
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
858
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
76
Female
UNK, unknown
04-MAR-2005
Pulmonary fibrosis
肺線維症
Myocardial infarction
心筋梗塞
AUG-2005
No
76
Female
UNK, unknown
Jul-2004
Pneumonia
肺炎
Death
死亡
08-Mar-2005
No
76
Female
UNK, unknown
Jul-2004
Death
死亡
08-Mar-2005
Not Reported
USA050392854
UNITED STATES
Spontaneous
76
Female
UNK, unknown
Jul-2004
USA050393347
UNITED STATES
Spontaneous
USA050393347
UNITED STATES
Spontaneous
USA050393347
UNITED STATES
Spontaneous
USA050393866
UNITED STATES
Spontaneous
USA050394283
UNITED STATES
Spontaneous
79
Female
UNK, daily (1/D)
Jun-2003
Renal failure acute
急性腎不全
Systemic lupus
erythematosus
全身性エリテマトーデ
ス
Cardiac failure
心不全
Renal failure
腎不全
09-Oct-2004
NHCP
79
Female
UNK, daily (1/D)
Jun-2003
Hypertension
高血圧
Renal failure
腎不全
09-Oct-2004
NHCP
79
Female
UNK, daily (1/D)
Jun-2003
Renal failure
腎不全
Renal failure
腎不全
09-Oct-2004
NHCP
88
Female
UNK, unknown
51
Female
20 ug, daily (1/D)
Death
死亡
Cardiac failure
心不全
Coronary artery disease
冠動脈疾患
No
(続く)
臨床的安全性の概要
Arteriosclerosis
動脈硬化症
No
2.7.4
26-Nov-2004
Not Reported
859
報告症例番号
国
報告種類
USA050394283
UNITED STATES
Spontaneous
USA050494744
UNITED STATES
Spontaneous
USA050494744
UNITED STATES
Spontaneous
USA050494744
UNITED STATES
Spontaneous
USA050494854
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与開始日
投与終了日
51
Female
20 ug, daily (1/D)
26-Nov-2004
79
Male
UNK, unknown
Apr-2003
12-Sep-2004
79
Male
UNK, unknown
Apr-2003
12-Sep-2004
79
Male
UNK, unknown
Apr-2003
12-Sep-2004
Respiratory failure
呼吸不全
90
Female
20 ug, daily (1/D)
17-Nov-2004
USA050496625
UNITED STATES
Spontaneous
80
Female
20 ug, daily (1/D)
26-Jun-2003
USA050496625
UNITED STATES
Spontaneous
USA050597502
UNITED STATES
Spontaneous
USA050597502
UNITED STATES
Spontaneous
80
Female
20 ug, daily (1/D)
26-Jun-2003
81
Female
20 ug, daily (1/D)
Oct-2004
May-2005
Aortic aneurysm rupture
大動脈瘤破裂
Lung squamous cell
carcinoma stage
unspecified
肺扁平上皮癌、病期不
明
Metastases to central
nervous system
中枢神経系転移
Cardiac failure chronic
慢性心不全
81
Female
20 ug, daily (1/D)
Oct-2004
May-2005
Diabetes mellitus
糖尿病
有害事象名(PT)
死因
Coronary artery disease
冠動脈疾患
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Coronary artery disease
冠動脈疾患
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Chronic obstructive
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
Aortic aneurysm rupture
大動脈瘤破裂
事象発現日
因果関係
No
No
No
No
27-Mar-2005
No
Lung cancer metastatic
転移性肺癌
Yes
Lung cancer metastatic
転移性肺癌
Yes
Cardiac failure chronic
慢性心不全
Unknown
Cardiac failure chronic
慢性心不全
Unknown
(続く)
臨床的安全性の概要
投与量
2.7.4
年齢
性別
860
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与量
投与開始日
投与終了日
81
Female
20 ug, daily (1/D)
Oct-2004
May-2005
82
Female
20 ug, daily (1/D)
Mar-2005
27-Apr-2005
82
Female
20 ug, daily (1/D)
Mar-2005
27-Apr-2005
84
Female
UNK, unknown
17-May-2004
79
Male
UNK, unknown
Aug-2004
Female
UNK, unknown
Female
UNK, unknown
87
Female
UNK, unknown
87
Female
UNK, unknown
88
Female
UNK, unknown
有害事象名(PT)
死因
Hypertension
高血圧
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
Cardiac failure chronic
慢性心不全
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
Acute myocardial
Hypotension
infarction
低血圧
急性心筋梗塞
Cerebrovascular accident Cerebrovascular accident
脳血管発作
脳血管発作
Metastases to bone
骨転移
Adenocarcinoma
腺癌
Hepatic cirrhosis
肝硬変
Hepatic cirrhosis
肝硬変
事象発現日
Unknown
27-Apr-2005
No
27-Apr-2005
No
10-Sep-2004
No
Dec-2004
Not Reported
No
Lung neoplasm malignant Lung neoplasm malignant
肺の悪性新生物
肺の悪性新生物
30-Apr-2005
04-Jun-2005
Hepatic failure
肝不全
Pancreatic carcinoma
metastatic
転移性膵癌
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
因果関係
Not Reported
Hepatic failure
肝不全
APR-2005
Unknown
Hepatic failure
肝不全
JAN-2005
Unknown
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
No
(続く)
臨床的安全性の概要
年齢
性別
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
USA050597502
UNITED STATES
Spontaneous
USA050598204
UNITED STATES
Spontaneous
USA050598204
UNITED STATES
Spontaneous
USA050598794
UNITED STATES
Spontaneous
USA050598920
UNITED STATES
Spontaneous
USA050599130
UNITED STATES
Spontaneous
USA0506100137
UNITED STATES
Spontaneous
USA0506100157
UNITED STATES
Spontaneous
USA0506100157
UNITED STATES
Spontaneous
USA0506100194
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
861
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
87
Female
UNK, unknown
Aug-2004
Death
死亡
Death
死亡
85
Female
20 ug, daily (1/D)
12-Jul-2004
Jan-2005
Respiratory failure
呼吸不全
Respiratory failure
呼吸不全
66
Male
UNK, unknown
11-JUN-2005
84
Male
UNK, unknown
Jun-2004
87
Female
UNK, unknown
12-Jul-2005
13-Jul-2005
Cardiac arrest
心停止
Metastatic carcinoma of
the bladder
膀胱の転移性癌
Cardiac failure
心不全
87
Female
UNK, unknown
12-Jul-2005
13-Jul-2005
87
Female
UNK, unknown
12-Jul-2005
13-Jul-2005
86
Female
UNK, unknown
JUN-2005
86
Female
UNK, unknown
JUN-2005
81
Female
UNK, unknown
2005
Cardiac arrest
心停止
Metastatic carcinoma of
the bladder
膀胱の転移性癌
Cardiac failure
心不全
Diverticulum
oesophageal
食道憩室
Pneumonia aspiration
嚥下性肺炎
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
Cardiac failure
congestive
うっ血性心不全
Atrial fibrillation
心房細動
Cardiac failure
心不全
Cardiac failure
心不全
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
Acute myocardial
infarction
急性心筋梗塞
Cardiac disorder
心障害
事象発現日
因果関係
No
Jan-2005
No
09-JUL-2005
No
Sep-2004
No
No
24-Jul-2005
No
No
09-JUL-2005
No
09-JUL-2005
No
No
(続く)
臨床的安全性の概要
年齢
性別
2.7.4
報告症例番号
国
報告種類
USA0506100217
UNITED STATES
Spontaneous
USA0506100309
UNITED STATES
Spontaneous
USA0506101057
UNITED STATES
Spontaneous
USA050699944
UNITED STATES
Spontaneous
USA0507102853
UNITED STATES
Spontaneous
USA0507102853
UNITED STATES
Spontaneous
USA0507102853
UNITED STATES
Spontaneous
USA0507102978
UNITED STATES
Spontaneous
USA0507102978
UNITED STATES
Spontaneous
USA0508105020
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
81
Female
UNK, unknown
2005
Cardiac disorder
心障害
Cardiac disorder
心障害
No
81
Female
UNK, unknown
2005
Depression
うつ病
Cardiac disorder
心障害
No
81
Female
UNK, unknown
2005
Diabetes mellitus
糖尿病
Cardiac disorder
心障害
No
81
Female
UNK, unknown
2005
Dyspnoea
呼吸困難
Cardiac disorder
心障害
81
Female
UNK, unknown
2005
Hyperparathyroidism
副甲状腺機能亢進症
Cardiac disorder
心障害
77
Female
20 ug, unknown
19-Jul-2005
Sepsis
敗血症
Sepsis
敗血症
Male
UNK, unknown
Oct-2004
Oct-2004
Cardiac disorder
心障害
Emphysema
肺気腫
Not Reported
Male
UNK, unknown
Oct-2004
Oct-2004
Emphysema
肺気腫
Emphysema
肺気腫
No
Male
UNK, unknown
Oct-2004
Oct-2004
Lung disorder
肺障害
Emphysema
肺気腫
Not Reported
2.7.4
73
Male
20 ug, unknown
Dyspnoea
呼吸困難
Myocardial infarction
心筋梗塞
Not Reported
臨床的安全性の概要
862
報告症例番号
国
報告種類
USA0508105020
UNITED STATES
Spontaneous
USA0508105020
UNITED STATES
Spontaneous
USA0508105020
UNITED STATES
Spontaneous
USA0508105020
UNITED STATES
Spontaneous
USA0508105020
UNITED STATES
Spontaneous
USA0508105481
UNITED STATES
Spontaneous
USA0508105509
UNITED STATES
Spontaneous
USA0508105509
UNITED STATES
Spontaneous
USA0508105509
UNITED STATES
Spontaneous
USA0508105702
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
事象発現日
Sep-2005
因果関係
No
Unknown
Jul-2005
2005
No
(続く)
報告症例番号
国
報告種類
USA0508105702
UNITED STATES
Spontaneous
USA0508105702
UNITED STATES
Spontaneous
年齢
性別
投与量
73
Male
USA0508105968
UNITED STATES
Spontaneous
863
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
投与開始日
投与終了日
有害事象名(PT)
死因
事象発現日
因果関係
20 ug, unknown
Heart disease congenital
先天性心臓疾患
Myocardial infarction
心筋梗塞
2005
Not Reported
73
Male
20 ug, unknown
Myocardial infarction
心筋梗塞
2005
Not Reported
Female
UNK, unknown
Hodgkin's disease
ホジキン病
31-DEC-2004
NHCP
Female
UNK, unknown
Aortic valve replacement
大動脈弁置換
Myocardial infarction
心筋梗塞
Hodgkin's disease
lymphocyte depletion
type stage unspecified
リンパ球減少型ホジキ
ン病、病期不明
Cardiac disorder
心障害
Feb-2005
Not Reported
Female
UNK, unknown
Cardiac disorder
心障害
Cardiac disorder
心障害
Feb-2005
No
78
Female
UNK, unknown
Right ventricular failure
右室不全
Right ventricular failure
右室不全
82
Female
20 ug, daily (1/D)
15-Jul-2005
11-Aug-2005
51
Female
UNK, unknown
Jul-2004
Completed suicide
自殺既遂
71
Female
UNK, unknown
Oct-2003
15-Mar-2005
Acute respiratory failure
急性呼吸不全
Aug-2005
No
Completed suicide
自殺既遂
2005
Not Reported
Acute respiratory failure
急性呼吸不全
13-Feb-2005
No
臨床的安全性の概要
Cerebrovascular accident Cerebrovascular accident
脳血管発作
脳血管発作
Not Reported
2.7.4
USA0508106328
UNITED STATES
Spontaneous
USA0508106328
UNITED STATES
Spontaneous
USA0508106576
UNITED STATES
Spontaneous
USA0509107617
UNITED STATES
Spontaneous
USA0509107621
UNITED STATES
Spontaneous
USA0509108087
UNITED STATES
Spontaneous
LY333334
表 2.7.4.7-42.
(続く)
864
報告症例番号
国
報告種類
USA0509108087
UNITED STATES
Spontaneous
USA0510110667
UNITED STATES
Spontaneous
USA0510112128
UNITED STATES
Spontaneous
USA0510112128
UNITED STATES
Spontaneous
USA0510112128
UNITED STATES
Spontaneous
合計 541
MedDRA Ver 11.0
LY333334
表 2.7.4.7-42.
市販後の自発報告における死亡例の一覧(続き)
年齢
性別
投与量
投与開始日
投与終了日
71
Female
UNK, unknown
Oct-2003
15-Mar-2005
69
Female
20 ug, daily (1/D)
01-SEP-2005
15-SEP-2005
74
Female
20 ug, daily (1/D)
06-MAY-2004
74
Female
20 ug, daily (1/D)
06-MAY-2004
74
Female
20 ug, daily (1/D)
06-MAY-2004
有害事象名(PT)
死因
Chronic obstructive
Acute respiratory failure
pulmonary disease
急性呼吸不全
慢性閉塞性肺疾患
Ureteric cancer metastatic Ureteric cancer metastatic
転移性尿管癌
転移性尿管癌
Chronic
obstructive
Aneurysm
pulmonary disease
動脈瘤
慢性閉塞性肺疾患
Chronic obstructive
Chronic obstructive
pulmonary disease
pulmonary disease
慢性閉塞性肺疾患
慢性閉塞性肺疾患
Chronic obstructive
Sudden death
pulmonary disease
突然死
慢性閉塞性肺疾患
事象発現日
因果関係
13-Feb-2005
No
22-AUG-2005
No
Not Reported
Not Reported
Not Reported
Lilly Safety System(LSS)
2.7.4
臨床的安全性の概要
LY333334
表 2.7.4.7-43.
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHCS 試験で認められた重篤な有害事象の詳細(翻訳)
GHCS 試験
012-1212
報告用語:一過性脳虚血発作(Transient ischaemic attack)、MedDRA(基本語):一
過性脳虚血発作(Transient ischaemic attack)
被験者 012-1212 は、65 歳の女性であり、一過性脳虚血発作(transient ischaemic
attack)により入院した。本被験者は、2005 年 7 月 22 日にテリパラチド 20 μg 群に無
作為に割り付けられた。2005 年 7 月 22 日から 2006 年 1 月 6 日まで治験薬の投与を
受けた。本被験者は、2005 年 10 月 6 日の旅行中、着席しているときに、意識消失
(loss of consciousness)及び嘔吐(vomiting)を発現した。本被験者は入院し、入院
中に、ECG と MRI の検査を受け、特に異常は認められなかった。Osmosal 及び
Lactec の点滴、並びに Acetylsalicylate Calcium 及び Teprenone の投与の後、本被験者
は 2005 年 10 月 7 日に退院した。2005 年 10 月 11 日に、別の病院で ECG と MRI の検
査を受け、異常は認められなかった。2005 年 10 月 14 日に、治験担当医師により頸
動脈の超音波検査を受け、左頸動脈にプラークが認められた。治験担当医師は、本
事象は動脈硬化症(arteriosclerosis)に起因するものと考えられるため、本事象と治
験薬、ペン型注入器又は治験手順との因果関係はないと判断した。本被験者は治験
を完了した。本被験者は、カルシウム・ビタミン D 補給剤を 2005 年 7 月 5 日から
2006 年 1 月 19 日まで服用した。
013-1311
報告用語:食欲低下(impaired appetite)、MedDRA(基本語):食欲減退
(Decreased appetite)
被験者 013-1311 は、85 歳の女性であり、食欲減退(decreased appetite)により入院
した。本被験者は、2004 年より、合併症として逆流性食道炎(reflux oesophagitis)
を有していた。本被験者は、2005 年 9 月 12 日にテリパラチド 40 μg群に無作為に割
り付けられた。2005 年 9 月 12 日から 2005 年 9 月 20 日まで治験薬の投与を受けた。
本被験者は、2005 年 9 月 20 日に高度の食欲減退を発現し、同日入院した。入院中、
KN3B及びRIMEFA 3Bの点滴を受けた。本被験者は、2005 年 9 月 30 日に、被験者の
意思により本試験を中止した(*)。Visit 15 の後、POTACOL-R、GLUCOSE及び
FURSULTIAMINEの点滴を受けた。本被験者は 2005 年 10 月 5 日に再び入院し、
KN3B、ALINAMIN-F及びCITICOLINEの投与を受けた。治験担当医師は、本事象は
夏の暑さと被験者の年齢に起因する体力低下によるものであり、本事象と治験薬、
ペン型注入器又は治験手順との因果関係はないと判断した。本被験者は、2005 年 10
月 14 日に、被験者の意思により本試験を中止した(*)。本被験者は、カルシウム・
ビタミンD補給剤を 2005 年 8 月 24 日から 2005 年 9 月 19 日まで服用した。
(*)本被験者は、2005 年 9 月 30 日の来院時に被験者の意思により試験中止が決定
され、2005 年 10 月 14 日に後観察期間を終了した。
016-1608
報告用語:左手人差し指の中手骨の外傷性骨折(Traumatic fracture of matacarpal bone
in the left index finger)、MedDRA(基本語):手骨折(Hand fracture)
被験者 16-1608 は、70 歳の女性であり、中等度の外傷性手骨折(traumatic hand
fracture)により入院した。本被験者は、2005 年 6 月 30 日(*)にテリパラチド 10 μg
群に無作為に割り付けられた。2005 年 6 月 30 日から 2005 年 12 月 14 日まで治験薬
の投与を受けた。本被験者は、2005 年 7 月 29 日の自宅での作業中に左第 2 指にブロ
ックを落とし、左第 2 中手骨を骨折した。2005 年 8 月 1 日に入院し、2005 年 8 月 2
日に手術を受けた。手術後、左第 2 指はギプスで固定された。本被験者は 2005 年 8
月 10 日に退院し、2005 年 8 月 31 日にギプスが外された。治験担当医師は、2005 年
9 月 12 日に、X線撮影により本事象が回復したことを確認した。治験担当医師は、
本被験者に“浮動性めまい”のような特別な事象の発現は認められず、本事象は偶
発的事故によるものであることから、本事象と治験薬、ペン型注入器又は治験手順
865
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHCS 試験
との因果関係はないと判断した。本被験者は治験を完了した。本被験者は、カルシ
ウム・ビタミンD補給剤を 2005 年 6 月 9 日から 2005 年 12 月 25 日まで服用した。
(*)
当該治験の総括報告書には、“30 Jul 2005”と記載されている。
表 2.7.4.7-44.
GHDB 試験で認められた重篤な有害事象の詳細(翻訳)
GHDB 試験
001-0111
報告用語:良性発作性頭位性回転性めまい(Benign paroxysmal positional vertigo)、
MedDRA(基本語):頭位性回転性めまい(vertigo positional)
被験者 001-0111 は 71 歳アジア人女性で、盲腸手術(caecum operation)(1990 年)
などの既往を有していた。アレルギー反応(allergic reaction)や喫煙、飲酒習慣はな
い。Precipitated calcium carbonate、magnesium carbonate 及び cholecalciferol の配合錠
(2007 年 7 月 2 日から 1 日 2 錠)を併用していた。骨粗鬆症(osteoporosis)に対
し、2007 年 8 月 2 日から治験薬の皮下投与を開始した。治験薬開始から 2 ヵ月後の
2007 年 10 月 1 日午前 9 時頃、覚醒時に回転性めまい(vertigo)及び嘔吐
(vomiting)〔嘔吐(vomiting)は 1 回のみ〕を発現した。病院の耳鼻咽喉科を受診
し、良性発作性頭位性回転性めまい(benign paroxysmal positional vertigo)と診断さ
れ、入院(hospitalization)した。治験担当医師の指示により、当日は治験薬及び配
合錠の投与を中止した。回転性めまい(vertigo)に対し静注 bicarbonate sodium 及び
経口 betahistine hydrochloride を、嘔吐(vomiting)予防に経口 domperidone を、中耳
炎(otitis media)予防に点耳 ofloxacin の投与を受けた。2007 年 10 月 2 日に、治験薬
及び配合錠を再開した。2007 年 10 月 3 日に回転性めまい(vertigo)が寛解し、退院
した。2007 年 12 月 12 日に回転性めまい(vertigo)の治療薬を中止した。耳鼻咽喉
科医は、良性発作性頭位性回転性めまい(benign paroxysmal positional vertigo)は本
被験者の年齢層によく見られる症状で、治験薬と因果関係はないと判断した。治験
担当医師も耳鼻咽喉科医と同一の見解で、回転性めまい(vertigo)と治験薬又は治
験手順の間に因果関係はないと判断した。フォローアップなし。症例報告を終了。
002-0205
報告用語:血圧低下(blood pressure decreased)、MedDRA(基本語):血圧低下
(blood pressure decreased)
被験者 002-0205 は 60 歳女性で、入院(hospitalization)(50 歳の頃、3 ヵ月間神経科
に入院し、warfarin による治療を受けた)、浮動性めまい(dizziness)(2006 年に病
院に搬送された)などの既往を有していた。陳旧性脳塞栓症(old cerebral
embolism)(50 歳時に発現)、高血圧(hypertension)、気管支喘息(bronchial
asthma)、慢性蕁麻疹(chronic urticaria)、爪白癬(nail tinea)、腰痛(lumbago)、
変形性脊椎症(spondylosis deformans)、胃炎(gastritis)、胃ポリープ(gastric
polyps)及び結膜炎(conjunctivitis)などが併存していた。複数の薬剤及び骨粗鬆症
(osteoporosis)に対し precipitated calcium carbonate、magnesium carbonate 及び
cholecalciferol の配合錠(2007 年 7 月 20 日~2008 年 3 月 6 日)を併用していた。骨
粗鬆症(osteoporosis)に対し、2007 年 8 月 31 日から 1 日 1 回午前中に治験薬の皮下
投与を開始した。2008 年 2 月 15 日(午前 11 時)に治験担当医師を受診し(定期来
院 12 回目)、採血(食前)、採尿、心電図(ECG)、胸椎 X 線検査及び二重 X 線
吸収測定(DXA)を受けた。血圧(BP)は 123/83mmHg(座位)、脈拍数(P)は
66bpm で、ECG で臨床上の異常は認められなかった。午後 1 時 30 分に、治験担当医
師より、平常状態であることを告げられ、皮下投与によりその日の治験薬を受け
た。診察室を(自分で歩いて)出て、待合室のベンチに座った。治験薬開始から 5.5
ヵ月後のこの日(2008 年 2 月 15 日)の午後 1 時 45 分、(座位のまま)浮動性めま
い(dizziness)及び吐き気(feeling of queasy)を訴え、床に倒れた。二人の介助で車
866
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHDB 試験
椅子に乗せ、仰臥位に寝かせた。症状は顔色不良(complexion ill)、冷汗(cold
sweat)、軽度のあくび(yawn)、対光反射(light reflex)あり、呼び掛けへの反応
あり、眼振(nystagmus)なし、BP 約 60/40mmHg(下肢挙上)、P 60bpm、血糖値
(BS)118mg/dL であった。静脈ラインが確保され、lactated Ringer's solution 500mL
の投与を受けた。ER に移り、ECG、X 線検査、頭部コンピュータ断層撮影検査
(CT)及び血液検査を受けた。日本昏睡尺度(1:見当識はあるが、意識清明ではな
い、0:意識清明)は 1-0 であった。手指のしびれ感(numbness of fingers)があっ
た。ECG、X 線検査、血液検査の結果は異常なしであった。関連する血液検査の結
果は、白血球数 3740/uL、赤血球数 4030000/uL、ヘモグロビン量 13.4g/dL、ヘマトク
リット値 37.2%、血小板数 151000/uL、活性部分トロンボプラスチン時間(APTT)
26.7 秒(比 0.92)、プロトロンビン時間(PT)13.2 秒(正常値 10.8~12.6 秒)(比
1.06、INR 1.05)、フィブリノゲン 306.1mg/dL、トロンボテスト(TT)53.9%、BS
146mg/dL、pCO2 34.5mmHg、pO2 70.3mmHg であった。頭部 CT では右頭頂葉に低吸
収域(LDA)が認められ、出血性梗塞(haemorrhagic infarction)後の状態と判断され
た(その後、この LDA は 50 歳で発現したと考えられた)。医師は本事象を血圧低
下(decreasing of blood pressure)(その他の重篤な事象)によるものと判断した。抗
凝固剤療法が必要となり、主治医により同療法を受けることになった。同日(午後 4
時 30 分)の BP は 100/64mmHg、P は 56bpm であった。浮動性めまい(dizziness)、
吐き気(feeling of queasy)及び手指のしびれ感(numbness of fingers)は寛解した
(事象寛解)。本被験者は疲労(fatigue)を感じていた。投与終了後タクシーで帰宅
した。2008 年 2 月 16 日に warfarine の投与を開始した。2008 年 2 月 22 日に来院し
た。この時の BP は 125/94mmHg、P は 68bpm で、血液検査及び ECG を受けた(正
常)。2008 年 3 月 7 日に来院し、血液検査、BP(136/97mmHg)及び脈拍数
(65bpm)の測定を受けた。治験担当医師は、本事象の発現誘因が認められないた
め、血圧低下(decreasing of blood pressure)と治験薬との因果関係は否定できなかっ
た。本事象の原因としては、併存状態、偶発症例、治験薬などが考えられる。治験
担当医師は、本事象と治験手順との因果関係はないと判断した。フォローアップは
請求せず。
005-0506
報告用語:気管支喘息(asthma bronchial)、MedDRA(基本語):喘息(asthma)
被験者 005-0506 は 58 歳アジア人女性で、既往歴は不明。気管支喘息(bronchial
asthma)が併存し、及び年 1、2 回喘息発作(asthmatic attack)を発現していた。2007
年 5 月 9 日に本試験(B3D-JE-GHDB)に登録、参加に同意し、同日、precipitated
calcium carbonate、magnesium carbonate 及び cholecalciferol の配合錠 1 日 2 錠を開始し
た。budesonide、montelukast sodium 及び tulobuterol などを併用していた。骨粗鬆症
(osteoporosis)に対し、2007 年 6 月 14 日から治験薬の皮下投与を開始した。治験薬
開始から約 6 ヵ月後の 2007 年 12 月 1 日正午頃、呼吸困難(dyspnoea)をきたし、救
急治療室に入室した。気管支喘息発作(bronchial asthmatic attack)のため入院した。
Bromhexine hydrochloride、theophylline、fluticasone propionate、補液、aminophylline、
hydrocortisone sodium succinate、tyloxapol 及び orciprenaline sulfate の投与を受けた。
2007 年 12 月 3 日に本事象から回復し、退院した。2007 年 12 月 1 日から 2007 年 12
月 3 日の間治験薬を一時的に中断し、2007 年 12 月 4 日に再開した。その後、
salmeterol xinafoate の吸入を受けた(頓用)。2008 年 2 月 1 日の時点で治験薬を継続
していた。治験担当医師は、本事象は本被験者の気管支喘息(bronchial asthma)の
基礎疾患によるもので、治験薬又は治験手順との因果関係はないと判断した。フォ
ローアップは請求せず。
006-0604
報告用語:アナフィラキシー(anaphylaxis)、MedDRA(基本語):アナフィラキシ
ー反応(anaphylactic reaction)
被験者 006-0604 は 65 歳アジア人女性で、既往歴又は併存状態はなかった。
precipitated calcium carbonate、magnesium carbonate 及び cholecalciferol の配合錠を併用
867
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHDB 試験
していた(2007 年 4 月 2 日から 1 日 2 錠)。2007 年 5 月 11 日から原発性骨粗鬆症
(primary osteoporosis)に対し、治験薬の皮下投与を開始した。2007 年 8 月 19 日正
午頃、昆虫(詳細不明)に噛まれた。治験薬開始から 3 ヵ月 1 週間後の 2007 年 8 月
20 日午前 0 時頃、両側眼瞼浮腫(bilateral eyelid oedema)、悪心(nausea)、頭痛
(headache)、浮動性めまい(dizziness)及び呼吸困難(dyspnoea)を発現し、来院
した。アナフィラキシー(anaphylaxis)と診断され、静注 hydrocortisone sodium
succinate 200mg の単回投与及び経口 chlorpheniramine maleate 6mg 投与(2007 年 8 月
26 日まで)による治療を開始した。眼瞼浮腫(eyelid oedema)は顕著なままであっ
たが、呼吸困難(dyspnoea)はなく、全身状態は良好になった。同日午後 2 時には、
回復傾向が見られ、退院した。2007 年 8 月 20 日以降、治験薬及び併用薬
(precipitated calcium carbonate、magnesium carbonate 及び cholecalciferol の配合薬)を
中止していた。2007 年 8 月 23 日に両側眼瞼浮腫(bilateral eyelid oedema)が消失し
た。2007 年 8 月 29 日には、症状がなく、アナフィラキシー(anaphylaxis)治療も不
要であったことから、完全回復とした。同日、治験薬及び precipitated calcium
carbonate、magnesium carbonate 及び cholecalciferol の配合薬を再開した。2007 年 8 月
30 日の時点で、本被験者の状態は良好であった。治験担当医師は、アナフィラキシ
ー(anaphylaxis)は昆虫に刺されたことによる偶発的事象で、治験薬、ペンデバイス
又は治験手順との間に因果関係はないと判断した。フォローアップは請求せず。症
例報告を終了。
009-0905
報告用語:腸炎(enterocolitis)、MedDRA(基本語):腸炎(enterocolitis)
被験者 009-0905 は 70 歳アジア人女性で、腸ポリープ切除(intestinal polypectomy)
(1999 年)、外傷性左足関節部骨折(traumatic fracture of left ankle)(2003 年)、季
節性アレルギー(seasonal allergy)(1972 年以降)、便秘(constipation)(1960 年以
降)及び徐脈(bradycardia)(2007 年 3 月 1 日以降)などの既往を有していた。
Enalapril maleate 及び precipitated calcium carbonate、magnesium carbonate 及び
cholecalciferol の配合薬(2007 年 3 月 1 日から 1 日 3 錠)などを併用していた。2007
年 3 月 29 日から骨粗鬆症(osteoporosis)に対し、治験薬の皮下投与を開始した。
2007 年 8 月 24 日午前 5 時 30 分に治験薬の最終投与を受けた。2007 年 8 月 25 日に左
下腹部痛(left lower quadrant pain)及び発熱(fever)(38.5℃)を発現した。治験薬
開始から約 5 ヵ月後の 2007 年 8 月 26 日に、他院を受診し、急性腸炎(acute
enterocolitis)と診断され入院した。静注 cefmetazole sodium、筋肉内 scopolamine
butylbromide、経口 sennoside 及び輸液(KN 溶液 3B)の投与を受けた。2007 年 8 月
30 日には、回復傾向が見られ、退院した。2007 年 9 月 8 日に、腹部膨満(abdominal
distension)を訴え、検査のため再入院した。結腸内視鏡検査及びコンピュータ断層
撮影検査では顕著な異常は認められなかった。2007 年 9 月 9 日に急性腸炎(acute
enterocolitis)が寛解し、退院した。2007 年 9 月 13 日に定期来院し、治験担当医師に
急性腸炎(acute enterocolitis)について報告した。入院中は治験薬を一時中断してい
た。治験担当医師は、腸炎(enterocolitis)は短期間で寛解したため、おそらく細菌
又はウイルス感染による偶発的事象で、治験薬又は治験手順との間に因果関係はな
いと判断した。フォローアップなし。症例報告を終了。
010-1003
報告用語:大腿骨頚部骨折(femoral neck fracture)、MedDRA(基本語):大腿骨頚
部骨折(femoral neck fracture)
被験者 010-1003 は 78 歳アジア人女性で、既往歴はなし。2007 年 3 月 20 日以降の骨
粗鬆症(osteoporosis)に加え、高血圧(hypertension)、変形性椎間板すべり症
(slipped degenerative intervertebral discs)及び緑内障(glaucoma)が併存していた。
Precipitated calcium carbonate、magnesium carbonate 及び cholecalciferol の配合薬(2007
年 4 月 4 日から 2007 年 7 月 7 日まで 1 日 2 錠)及び benidipine hydrochloride などを併
用していた。2007 年 5 月 8 日から骨粗鬆症(osteoporosis)に対し、治験薬の皮下投
与を開始した。治験薬開始から 2 ヵ月後の 2007 年 7 月 8 日午後 9 時に転倒し、左大
868
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHDB 試験
腿骨頚部骨折(fractured her left femoral neck)を負った。他院に入院し、矯正治療と
して手術を受けた。本事象発現後、治験薬は中止した(最終投与 2007 年 7 月 8
日)。治験担当医師がフォローアップを試みたが、入院中の詳細な情報は得られな
かった。入院後、本被験者は本試験を脱落した。2007 年 10 月 8 日に本事象から回復
し、退院した。2008 年 1 月 11 日の時点でリハビリを受けており、健康状態は良好で
あった。治験担当医師は、左大腿骨頚部骨折(left femoral neck fracture)は事故によ
るもので、治験薬及び治験手順との間に因果関係はないと判断した。フォローアッ
プ請求中。
011-1101
報告用語:アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(bronchopulmonary aspergillosis
allergic)、MedDRA(基本語):アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
(bronchopulmonary aspergillosis allergic)
被験者 011-1101 は 71 歳アジア人男性で、前立腺摘除(prostatectomy)及びL3 椎体形
成術(L3 vertebroplasty)などの既往を有していた。難治性再発逆流性食道炎
(intractable recurrent reflux oesophagitis)、白内障(cataract)、神経性頻尿(nervous
pollakiuria)、高尿酸血症(hyperuricaemia)及び腰痛(low back pain)が併存してい
た。肺疾患(lung disease)の既往歴及びステロイド治療歴はなかった。複数の薬剤
を併用していた。2007 年 4 月 16 日に本試験(B3D-JE-GHDB)に登録、参加に同意
し、同日、precipitated calcium carbonate、magnesium carbonate及びcholecalciferolの配
合錠を開始した。2007 年 4 月 16 日時点の臨床検査データは、白血球数(WBC)
6440/mm3、好中球(Neut)47%、好酸球(EOS)8%であった。2007 年 5 月 7 日に咳
嗽(cough)を発現し、salicylamide、acetaminophen、anhydrous caffeine、promethazine
methylenedisalicylateによる治療を受けた。咳嗽(cough)は改善傾向にあったが、治
験薬開始後も持続した。2007 年 5 月 21 日から骨粗鬆症(osteoporosis)に対し、治験
薬の皮下投与を開始した。この時、咳嗽(cough)を訴えていた。2007 年 5 月 23 日
から 2007 年 6 月 18 日の間に、咳嗽(cough)などの症状に対し、複数の併用薬
(tulobuterol hydrochloride、suplatast tosilate、 dextromethorphan hydrobromide、
dequalinium chloride、clarithromycin、betamethasone/chlorpheniramine maleate、prunus
serotina bark、carbocisteine、azelastine、gatifloxacin、theophylline及びdextromethorphan
hydrobromide)を開始した。2007 年 6 月 18 日の胸部単純X線検査で炎症性陰影が認
められた。同日の臨床検査データはWBC 8640、Neut 42%及びEOS 27%であった。
2007 年 6 月 19 日の胸部単純コンピュータ断層撮影検査(CT)でも炎症性陰影が認
められた。2007 年 7 月 9 日の時点で咳嗽(cough)が持続しており、胸部単純CTを
受けた(結果不明)。臨床検査データでは、WBC 8790、EOS 12%であり好中球は
57%に増加した。同日、治験薬を中止した。治験薬開始から 7 週間後、治験薬中止
翌日の 2007 年 7 月 10 日に、入院し、気管支鏡検査、細胞診、培養、皮膚プリック
テスト、気管支過敏性検査、血液検査、コンピュータ断層撮影検査などの画像検査
の結果(詳細不明)から、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(allergic
bronchopulmonary aspergillosis)と診断された。入院中はphosphate/prunus serotina
bark、cefditoren pivoxil、itraconazole、fluticasone propionate及びsalmeterol xinafoateな
どによる矯正治療を受けた。2007 年 7 月 27 日には、回復傾向が見られ、退院した。
2007 年 8 月 3 日の検査では、好中球が増加し、胸部単純X線検査で炎症性陰影の増
加が認められた。この時、咳嗽(cough)及び喀痰(sputum)は改善傾向にあった。
2007 年 8 月 10 日には咳嗽(cough)や喀痰(sputum)などの症状は安定し、好中球
も減少した。2007 年 8 月 24 日時点で、本事象は改善傾向にあった。2007 年 9 月 12
日にアレルギー性気管支肺アスペルギルス症(allergic bronchopulmonary
aspergillosis)の確定診断を受けた(発症日 2007 年 7 月 10 日)。2007 年 9 月 21 日の
胸部単純X線検査で炎症性陰影の改善が認められ、dextromethorphan hydrobromide、
carbocisteine及びfluticasone propionateを中止した(最終投与 2007 年 9 月 20 日)。
2007 年 10 月 18 日にitraconazoleを中止した。2007 年 10 月 19 日には、咳嗽(cough)
や喀痰(sputum)などの症状が消失し、好中球も正常値に戻ったことから、回復と
869
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHDB 試験
した。Salmeterol xinafoateの投与は継続した。治験担当医師は本事象と治験薬との間
に因果関係はないと判断した。また、咳嗽(cough)発現前に開始したprecipitated
calcium carbonate、magnesium carbonate及びcholecalciferolの配合錠の安全性情報を基
に、本事象と治験手順の間にも因果関係はないと判断した。フォローアップは請求
せず。
016-1601
報告用語:慢性呼吸不全(chronic respiratory failure)、MedDRA(基本語):慢性呼
吸不全(chronic respiratory failure)
被験者 016-1601 は 72 歳男性で、2007 年 2 月 27 日に骨粗鬆症(osteoporosis)と診断
された。慢性呼吸不全(chronic respiratory failure)が併存しており、本試験前に在宅
酸素療法の導入が検討された。肺気腫(emphysema)、慢性気管支炎(chronic
bronchitis)、慢性胃炎(chronic gastritis)、腰痛(lumbago)、頚椎症(cervical
spondylosis)、過敏症候群(hypersensitivity syndrome)、不眠症(insomnia)、両側
変形性膝関節症(gonarthrosis of both knees)、便秘(constipation)、多発性上室性期
外収縮(multiple supraventricular extrasystoles)及び逆流性食道炎(reflux
oesophagitis)が併存していた。アレルギー歴、喫煙歴、飲酒歴、その他の疾患歴は
なかった。複数の薬剤を併用していた。2007 年 4 月 26 日から骨粗鬆症
(osteoporosis)に対し、治験薬の皮下投与を開始した。治験薬開始後、重篤ではな
い頭痛(headache)及び胸痛(chest pain)を発現したが、治療せずに完全寛解した。
2007 年 6 月 28 日に、2、3 日間持続する疲労(fatigue)を訴えた。2007 年 6 月 28 日
の血液ガス分析の結果は pH 7.38、二酸化炭素分圧(PCO2)52mmHg、酸素分圧
(PO2)57mmHg、重炭酸イオン(HCO3-)30mmol/L であった。2007 年 7 月 30 日
に、呼吸窮迫(respiratory distress)及び倦怠感(malaise)を訴えた。同日の末梢動脈
酸素飽和度(SpO2)は 87%であった。2007 年 9 月 10 日の時点で、疲労(fatigue)
は持続していた。治験薬開始から約 4.5 ヵ月後の 2007 年 9 月 13 日に、労作性呼吸困
難(difficulty in breathing on exertion)及び疲労(fatigue)を訴え、慢性呼吸不全
(chronic respiratory failure)増悪による在宅酸素療法導入のため、他院に入院した。
1 週間の入院予定であった。2007 年 9 月 23 日に退院した。2007 年 10 月 5 日に治験
担当医師を受診し、本事象は改善傾向にあると判断された。2008 年 7 月 21 日に側腹
部痛(flank pain)及び呼吸困難(dyspnoea)を発現した。2008 年 7 月 24 日に、猛暑
による体力低下(decreased strength)による側腹部痛(flank pain)、呼吸困難
(dyspnoea)及び食欲不振(anorexia)のため他院に入院した。2008 年 7 月 25 日に
他院に転院した。2008 年 7 月 28 日から呼吸リハビリを開始し、8 月 23 日に終了し
た。2008 年 8 月 22 日に治験薬を中止した。2008 年 8 月 26 日に退院し、本事象は回
復傾向にあると考えられた。2008 年 8 月 29 日に検査(データなし)のため治験担当
医師を受診した。治験担当医師は、慢性呼吸不全(chronic respiratory failure)の増悪
は長引く猛暑で本被験者の状態が悪化したことによるもので、本事象と治験薬及び
治験手順との間に因果関係はないと判断した。フォローアップなし。
016-1605
報告用語:左眼白内障(left cataract)、MedDRA(基本語):背部痛(back pain)
被験者 016-1605 は 73 歳女性で、腰椎(L1 及び L2)圧迫骨折〔lumbar (L1 and L2)
vertebral compression fracture〕、腰部脊柱管狭窄症(lumbar spinal stenosis)、腰痛
(lumbago)、変形性脊椎症(spondylosis deformans)、左眼白内障(left cataract)、
不眠症(insomnia)、緊張性頭痛(tension headache)、便秘(constipation)、痔核
(haemorrhoids)、裂肛(anal fissure)、腺腫様甲状腺腫(adenomatous goitre)が併
存していた。胃潰瘍(gastric ulcer)及び十二指腸潰瘍(duodenal ulcer)の既往を有
していた。2006 年 10 月 24 日に骨粗鬆症(osteoporosis)と診断された。2007 年 4 月
11 日に本試験(B3D-JE-GHDB)に登録、参加に同意した。アレルギー、喫煙又はア
ルコール乱用歴はない。治験薬投与前にコルセットを使用していた。複数の薬剤
(precipitated calcium carbonate、magnesium carbonate 及び cholecalciferol の配合錠、
ethyl aminobenzoate など)を併用していた。2007 年 5 月 23 日から骨粗鬆症
870
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHDB 試験
(osteoporosis)に対し、治験薬の皮下投与を開始した。2008 年 3 月 4 日に、約 10 日
前からの腰痛悪化(aggravated lumbago)を訴えた。X 線検査で新たな骨折
(fracture)は認められなかった。2008 年 3 月 7 日に腰痛(low back pain)〔外傷
(traumatic injury)なし〕を発現し、コルセットなしでは歩行不能となった。2008 年
3 月 12 日の磁気共鳴画像(MRI)で腰椎(L5)圧迫骨折〔lumbar (L5) vertebral
compression fracture〕が認められた。疼痛(pain)は改善し、歩行可能となった。
2008 年 3 月 26 日に腰痛(low back pain)から回復し、歩行可能となった。2008 年 4
月 16 日の X 線検査で腰椎(L4)骨折〔lumbar (L4) vertebral fracture〕が認められ
た。治験薬開始から約 1 年後の 2008 年 5 月 12 日に覚醒時腰痛悪化(aggravated
lumbago)を発現し〔入院(hospitalization)〕、歩行困難(difficulty in walking)〔外
傷(traumatic injury)なし、下肢神経症状(lower leg nervous symptom)なし〕となっ
た。2008 年 5 月 14 日の X 線検査及び MRI で腰椎(L3)圧迫骨折〔lumbar (L3)
vertebral compression fracture〕が疑われたが、L3 腰椎圧迫骨折(L3 vertebral
compression fracture)の最終診断はされなかった。同日、身体運動困難(difficulty in
body motion)により入院した。不特定の矯正治療を受けた。同日、腰痛悪化
(aggravated lumbago)のため治験薬を中止した。2008 年 5 月 16 日に、体幹固定を受
けた。固定後、疼痛(pain)は軽減した。入院中にリハビリを受けた。4 週間以内に
体幹固定をハードコルセットに変更する予定であった。2008 年 5 月 26 日に、リハビ
リテーション病院に転院した。入院期間は約 1 ヵ月であった。2008 年 6 月 4 日時点
で、本事象は寛解していなかった。2008 年 6 月 13 日に体幹固定をハードコルセット
に変更した。2008 年 6 月 17 日に、腰痛(lumbago)が再発した。2008 年 6 月 19 日時
点で、腰痛(lumbago)は悪化していた〔L1 腰椎圧迫骨折(L1 vertebral compression
fracture)悪化〕。治験担当医師は、腰痛(lumbago)の持続は L1 腰椎圧迫骨折悪化
(aggravated L1 vertebral compression fracture)によるものと判断した。2008 年 7 月 2
日に precipitated calcium carbonate、magnesium carbonate 及び cholecalciferol の配合錠
を中止した。骨折(fracture)を伴う腰痛(lumbago)以外に異常はなかった。治験担
当医師は、腰痛悪化(aggravated lumbago)と治験薬及び治験手順との間に因果関係
はなく、脆弱性腰痛圧迫骨折(brittle vertebral compression fracture)と関連性がある
と判断した。また、歩行困難(difficulty in walking)は腰痛悪化(aggravated
lumbago)と一致しているとした。追加情報請求予定なし。症例報告を終了。
022-2203
報告用語:肩関節周囲炎(periarthritis scapulohumeralis)、MedDRA(基本語):肩
回旋筋腱板症候群(rotator cuff syndrome)
被験者 022-2203 は 72 歳女性で、関連病歴はない。2006 年 5 月 23 日に骨粗鬆症
(osteoporosis)を発現した。1997 年に、原因不明の右肩の疼痛(right shoulder pain)
が時々発現し、他院で保存的治療を受けた。2004 年に、疼痛(pain)が右肩前面か
ら外側に放散した。2007 年 3 月 27 日から他院で、肩甲骨神経ブロック注射、発痛点
注射及び理学療法を受けた。頚肩腕症候群(neck, shoulder and arm syndrome)、右肩
関節周囲炎(right scapulohumeralis periarthritis)、慢性胃炎(chronic gastritis)、高脂
血症(hyperlipidaemia)及び不眠症(insomnia)が併存していた。複数の薬剤を併用
していた。2007 年 9 月 6 日から骨粗鬆症(osteoporosis)に対し、治験薬の皮下投与
を開始した。治験薬開始から約 2 週間後の 2007 年 9 月 21 日に他院で受けた磁気共
鳴画像(MRI)で右肩回旋筋腱板断裂(right rotator cuff tear)が認められた。2007 年
10 月 18 日に、精密検査及び治療のため治験担当医師を受診した。棘上腱及び棘下腱
断裂(rupture of supraspinatus tendon and infraspinatus tendon)と診断された。2007 年
11 月 14 日に入院した。2007 年 11 月 15 日に、全身麻酔及び腕神経ブロック下で関節
鏡下手術による肩回旋筋腱板修復(rotator cuff repair)を受けた。2007 年 11 月 19 日
に理学療法を開始した。2007 年 12 月 12 日に退院し、本事象は寛解した。2008 年 2
月 26 日の時点で外来でリハビリを受けていた。治験薬は継続した。治験担当医師
は、MRI では 2007 年 9 月 21 日に本事象が認められたが、治験薬開始前に発現して
いたと考えられ、治験薬及び治験手順との間に因果関係はないと判断した。追加情
871
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHDB 試験
報請求中。
025-2515
報告用語:腹痛(abdominal pain)、MedDRA(基本語):腹痛(abdominal pain)
報告用語:肺腺癌(lung adenocarcinoma)、MedDRA(基本語):肺腺癌(lung
adenocarcinoma)
被験者 025-2515 は 81 歳アジア人男性で、元喫煙者(ex-smoker)で、肺結核
(pulmonary tuberculosis)、虫垂切除(appendicectomy)、包茎手術(phimosis
surgery)、高度のカンジダ性食道炎(candidal oesophagitis)、白内障手術(cataract
operation)及び両肩開放授動術(bilateral shoulder open mobilization operation)などの
既往を有していた。肩拘縮(shoulder contracture)、変形性膝関節症
(gonarthrosis)、肩関節周囲炎(periarthritis scapulohumeralis)、変形性脊椎症
(spondylosis deformans)及び便秘(constipation)が併存していた。2007 年 1 月から
2007 年 4 月の間にコンピュータ断層撮影検査(CT)で縦隔リンパ節腫脹
(lymphadenopathy mediastinal)が指摘された。骨粗鬆症(osteoporosis)に対する
precipitated calcium carbonate、magnesium carbonate 及び cholecalciferol の配合錠(2007
年 5 月 7 日~2008 年 4 月 23 日、1 日 2 錠)、donepezil hydrochloride、ハーブエキス
及び magnesium oxide などを併用していた。2007 年 6 月 4 日から骨粗鬆症
(osteoporosis)に対し、治験薬の皮下投与を開始した。2008 年 2 月 19 日に腹痛
(abdominal pain)を発現し、漢方薬の投与を受けた。2008 年 2 月 21 日に下痢
(diarrhoea)を発現し、治験担当医師を受診し、矯正治療として bacillus
subtilis/lactobacillus acidophilus/streptococcus faecalis が処方された。2008 年 2 月 22 日
に、腹痛(abdominal pain)の持続のため、再度、治験担当医師を受診した。矯正治
療として loperamide hydrochloride が処方された。治験薬開始から約 9 ヵ月後の 2008
年 2 月 29 日に腹痛(abdominal pain)を発現し、治験担当医師を受診した。同日、腸
閉塞(intestinal obstruction)の疑いで、救急車で他院に搬送された。腹痛(abdominal
pain)のため入院した。生理食塩水による結腸洗浄及び輸液による矯正治療を受け
た。腹部コンピュータ断層撮影検査(CT)の結果、腸閉塞(intestinal obstruction)は
否定され、便秘(constipation)による急性腹痛(acute abdominal pain)と診断され
た。2008 年 2 月 29 日から 2008 年 3 月 3 日まで絶食し、電解質、ブドウ糖、ビタミ
ンサプリメント及びアミノ酸の輸液を受けた。2008 年 3 月 3 日に腹痛(abdominal
pain)は回復した。2008 年 3 月 4 日の結腸内視鏡検査では異常はなかった。2007 年 3
月 7 日に退院した。治験薬は継続していた。2007 年秋から持続する咳嗽(cough)の
ため 2008 年 3 月中旬に受けた X 線検査で、肺に陰影が認められた。2008 年 3 月 28
日の CT で右肺に陰影が認められた。同日、左頚部吸引細胞診を受けた。2008 年 3
月 28 日の細胞診の結果から、原発性肺癌〔primary lung cancer(クラス V 腺癌)〕と
診断された。2008 年 4 月 8 日に治験薬を中止した。2008 年 4 月 10 日には咳嗽
(cough)以外の顕著な症状は見られなかった。2008 年 4 月 17 日の報告時には肺癌
(lung cancer)は回復していなかった。肺癌(lung cancer)に対する矯正治療はせ
ず、経過観察の予定である。2008 年 5 月 26 日の時点で、肺癌(lung cancer)は回復
していなかった。治験担当医師は、腹痛(abdominal pain)は、便秘(constipation)
の偶発的悪化によるもので、治験薬及び治験手順との間に因果関係はないと判断し
た。また、本被験者が高齢で喫煙の既往があることを考慮すると、肺癌(lung
cancer)は偶発的に発現したもので、治験薬及び治験手順との間に因果関係はないと
判断した。さらに、2007 年春に見つかった縦隔リンパ節腫脹(lymphadenopathy
mediastinal)と肺癌(lung cancer)との関係は不明であるが、2008 年 3 月 28 日の診
断時点での癌(cancer)の進行状態を考慮すると、治験薬開始前に肺癌(lung
cancer)を発現していたと考えるのが妥当であるとしている。フォローアップは請求
せず。症例報告を終了。
028-2803
872
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHDB 試験
報告用語:大腸ポリープ(large intestine polyp)、MedDRA(基本語):結腸ポリー
プ(colonic polyp)
報告用語:蜂巣炎(cellulitis)、MedDRA(基本語):蜂巣炎(cellulitis)
報告用語:偽痛風(pseudogout)、MedDRA(基本語):ピロリン酸カルシウム結晶
性軟骨石灰化症(chondrocalcinosis pyrophosphate)
被験者 028-2803 は 67 歳アジア人女性で、急性肺炎(acute pneumonia)(2007 年 4 月
10 日~2007 年 4 月 21 日)などの既往を有していた。変形性腰椎症(lumbar
spondylosis deformans)、変形性膝関節症(gonarthrosis)及び右股関節痛(right
coxalgia)が併存していた。precipitated calcium carbonate、magnesium carbonate 及び
cholecalciferol の配合錠(2007 年 3 月 27 日~2007 年 8 月 12 日、1 日 2 錠)などを併
用していた。2007 年 5 月 8 日から骨粗鬆症(osteoporosis)に対し、治験薬の皮下投
与を開始した。治験薬開始後(日付不明)の検診で大腸ポリープ(large intestine
polyp)が見つかった。2007 年 8 月 12 日に治験薬を中止した。治験薬開始から 3.5 ヵ
月後、治験薬中止 11 日目の 2007 年 8 月 22 日に入院し、ポリープ切除
(polypectomy)を受け、大腸ポリープ(large intestine polyp)は回復した。同日、胃
内視鏡検査を受けた(結果不明)。2007 年 8 月 25 日に点滴注射部位の右手首痛
(right wrist pain)が発現した。静注 sulbactam sodium、経口 levofloxacin 及び
acetaminophen による矯正治療を開始した。治験薬中止 16 日目の 2007 年 8 月 27 日
に、右手首蜂巣炎(cellulitis of right wrist)と診断された。治験薬中止 18 日目の 2007
年 8 月 29 日に、左膝関節痛、左足首痛、左肩関節痛(pains in left knee, left ankle, left
shoulder)及び下肢の痺れ(numbness of her leg)が発現した。X 線検査で、左肩関
節、左膝関節及び左足首石灰化(calcification of left shoulder, left knee and left ankle)
が認められた。左膝関節は顕著に触知可能で、関節穿刺で得られた関節液 30mL 中
に不特定の沈着が認められた。偽痛風発作(pseudogout attack)と診断され、その
後、2007 年 9 月 6 日に多関節偽痛風(pseudogout of multiple joints)の確定診断を受
けた。2007 年 8 月 31 日に、偽痛風(pseudogout)による蜂巣炎(cellulitis)に対し、
diclofenac sodium 及び cefaclor の投与を受けた。2007 年 9 月 2 日に右膝関節痛(right
knee pain)を訴えたが、他の部位の疼痛(pain)は改善傾向にあり、経過観察を受け
た。2007 年 9 月 4 日には、右膝関節痛(right knee pain)は改善傾向にあったが、右
手首痛(right wrist pain)は持続していた。歩行器を使用した。2007 年 9 月 5 日に他
院に移り、多発性関節炎(polyarthritis)の発現が考えられた。膝、足首、肩及び右
手首の X 線検査を受けた。偽痛風(pseudogout)による蜂巣炎(cellulitis)に対し、
diclofenac sodium 及び ketoprofen の投与を受けた。2007 年 9 月 6 日の報告時点で大腸
ポリープ(large intestine polyp)は回復していた。2007 年 9 月 6 日に、C 反応性蛋白
(CRP)が 3.53mg/dL(正常値 0.3mg/dL 以下、実測日不明)で、X 線検査(2007 年
9 月 5 日実施)で関節にピロリン酸カルシウムの白い陰影が認められたことから、多
関節偽痛風(pseudogout of multiple joints)の確定診断を受けた。同日、X 線検査、心
電図及び血液・尿検査を受けた(結果不明)。2007 年 9 月 10 日に、右膝関節および
右手首痛(pains in right knee and right wrist)を訴え、右膝に methylprednisolone acetate
及び mepivacaine hydrochloride の皮下注射を受けた。2007 年 9 月 11 日には右膝関節
および右手首痛(pains in right knee and right wrist)は改善した。同日の心エコー像に
異常はなかった。2007 年 9 月 14 日の CRP は 1.56mg/dL であった。右膝屈曲時の右
膝関節痛(right knee pain)を訴えた。下肢のしびれ感(numbness of leg)は改善傾向
にあった。2007 年 9 月 20 日には下肢のしびれ感(numbness of leg)及び右膝関節痛
(right knee pain)は寛解した。2007 年 9 月 21 日には CRP は 0.37mg/dL に減少し
た。右手首蜂巣炎(cellulitis of right wrist)及び多関節偽痛風(pseudogout of multiple
joints)は改善傾向にあり、同日退院した。2007 年 9 月 28 日に治験担当医師を受診
した。この時、下肢痛(leg pain)はなかったが、右手首に軽度の疼痛(pain)があ
り、多発性関節痛(multiple joint pains)予防に prednisolone が処方された(頓用)。
右手首痛(right wrist pain)により治験薬の自己注射を継続できなかったため本試験
を脱落した。2007 年 11 月 10 日の時点で、軽度の右手首関節痛(right wrist
873
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHDB 試験
arthralgia)は持続していた。2007 年 11 月 22 日に CRP は 0.13mg/dL と正常値まで減
少し、その他の臨床検査データも正常範囲内であった。2007 年 12 月 6 日に右手首蜂
巣炎(cellulitis of right wrist)及び多関節偽痛風(pseudogout of multiple joints)は回復
した。治験担当医師は、本事象と治験薬及び治験手順との間に因果関係はないと判
断した。フォローアップなし。
029-2914
報告用語:急性虚血性大腸炎(acute ischaemic colitis)、MedDRA(基本語):虚血
性大腸炎(colitis ischaemic)
被験者 029-2914 は 64 歳アジア人女性で、虫垂炎(appendicitis)、虫垂切除
(appendicectomy)(1963 年)及び左足関節外果骨折(fracture of left lateral
malleolus)(1976 年)の既往を有していた。副作用の既往はない。便秘
(constipation)(1978 年以降)、糖尿病(diabetes mellitus)(2003 年以降)及び高
血圧(hypertension)(2003 年以降)が併存していた。高血圧(hypertension)に対す
る amlodipine besilate 及び temocapril hydrochloride、糖尿病(diabetes mellitus)に対す
る glimepiride 及び骨粗鬆症(osteoporosis)に対する precipitated calcium carbonate、
magnesium carbonate 及び cholecalciferol の配合錠などを併用していた。2007 年 8 月 10
日から骨粗鬆症(osteoporosis)に対し、治験薬(テリパラチド又はプラセボ)の皮
下投与を開始した。治験薬開始から約 8 ヵ月後の 2008 年 4 月 18 日の夜間に、腹痛
(abdominal pain)を発現し、救急車で病院に搬送された。血便(bloody stool)及び
メレナ(melaena)が認められた。採血を行い、輸液及び経口 levofloxacin、経口
streptococcus faecalis 及び経口 scopolamine butylbromide が処方された。被験者の意思
により、2008 年 4 月 18 日に治験薬を中断した。2008 年 4 月 19 日に腹痛(abdominal
pain)が発現し、自宅で安静にしていた。scopolamine を頓用し、経過観察を受け
た。2008 年 4 月 20 日に血便(bloody stool)及びメレナ(melaena)が認められた。
2008 年 4 月 21 日に腹痛(abdominal pain)が悪化し、かかりつけ内科医を受診し、
消化器外科を紹介された。同日、この消化器外科を受診し、大腸内視鏡検査及び輸
液を受けた。急性虚血性大腸炎(acute ischaemic colitis)と診断され、かかりつけ内
科医により levofloxacin 及び streptococcus faecalis が処方された。2008 年 4 月 22 日に
scopolamine を服用したが、腹痛(abdominal pain)が改善しなかったため、かかりつ
け内科医を受診し、scopolamine の筋注投与を受けた。症状が改善しなかったため、
2008 年 4 月 23 日にかかりつけ内科医の病院に入院した。絶食し、2008 年 4 月 23 日
及び 24 日に輸液を受けた。2008 年 4 月 25 日に薄いお粥を食べ、輸液を受けた。
2008 年 4 月 27 日には腹痛(abdominal pain)の悪化、血便(bloody stool)又はメレナ
(melaena)は認められなかった。同日、被験者の都合により退院した。2008 年 4 月
29 日に levofloxacin 及び streptococcus faecalis を中止した。2008 年 4 月 30 日には症状
が安定した。報告者の病院を受診し、症状に関する詳細な質問に回答した。2008 年
4 月 21 日以来(大腸内視鏡検査の準備以降)、ガス排出のみで排便がなかったた
め、2008 年 5 月 1 日にかかりつけ内科医により magnesium oxide が処方された。2008
年 5 月 4 日に magnesium oxide を 1g 服用し、排便があった。腹痛(abdominal
pain)、血便(bloody stool)又はメレナ(melaena)は認められず、急性虚血性大腸
炎(acute ischaemic colitis)は寛解した。2008 年 5 月 16 日に治験薬を再開した。2008
年 8 月 1 日に治験薬を中止した。2008 年 8 月 2 日にテリパラチド 20μg/日の皮下投
与を開始した。テリパラチドは継続した。治験担当医師は、本事象と治験薬及び治
験手順との間に因果関係はないと判断した。治験担当医師は、本事象と糖尿病
(diabetes mellitus)、高血圧(hypertension)及び本被験者の年齢との関連性が考え
られるとしている。追加情報は請求せず。症例報告を終了。
031-3106
報告用語:乳癌(breast cancer)、MedDRA(基本語):乳癌(breast cancer)
被験者 031-3106 は 61 歳アジア人女性で、2007 年 5 月 9 日に骨粗鬆症
(osteoporosis)と診断された。骨粗鬆症(osteoporosis)に対し precipitated calcium
carbonate、magnesium carbonate 及び cholecalciferol の配合錠(2007 年 7 月 27 日~
874
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHDB 試験
2008 年 8 月 4 日、1 日 2 錠)を併用していた。2007 年 8 月 24 日から骨粗鬆症
(osteoporosis)に対し、治験薬(テリパラチド又はプラセボ)の皮下投与を開始し
た。治験薬開始から約 1 年後の 2008 年 8 月 4 日に検診を受け、マンモグラフィーで
異常が認められた。針吸引生検後、右乳癌(right breast cancer)と診断され、これは
医学的に重要であると考えられた。細胞診の結果、核-細胞質(N/C)比の高値及び
濃染核が認められた。散在性異形成細胞(scattered dysplastic cell)及び不整細胞凝集
(irregular cell clump)が認められた。乳癌はクラス V と判定された。同日、治験薬
を中止した。2008 年 8 月 12 日の核磁気共鳴画像(MRI)で、約 4cm の病変が確認さ
れた。MRI では主に右胸の領域 A(region A)と領域 C(region C)の一部にわたっ
て巨大腫瘤(large mass)が認められた。腫瘤(mass)径は約 4cm で、明瞭に形成さ
れていた。巨大腫瘤(large mass)に隣接して、結節(nodules)がいくつか認めら
れ、同様の病変と考えられた。結節(nodules)を含む癌全体の径は最大約 5cm であ
った。腫瘍(tumor)は乳頭直下まで達しており、隙間はほとんどないと見られた。
精密検査で、転移性疾患(metastatic disease)は認められなかった。本被験者は、
2008 年 8 月 19 日に、乳癌(breast cancer)のため、本試験を脱落した。2008 年 8 月
21 日に入院し、翌日、全身麻酔下で乳房全切除及びリンパ節切除を受けた。術中使
用した薬剤は acetated Ringer's solution 1,000mL、cefazolin 2g、diclofenac 50mg(坐
薬)、glucose/acetated Ringer's solution 500mL、fentanyl 0.2mg、remifentanil 4mg、
rocuronium 50mg、atropine 1 アンプル、neostigmine 1mg、4% 1mL ephedrine 1 アンプ
ル及び 50mg/5mL flurbiprofen axetil 1 アンプルなどであった。2008 年 8 月 29 日に退
院し、本事象は寛解した。治験担当医師は、本被験者が約 1 年間治験薬の投与を受
けており、本事象が治験薬開始前に存在していたか否かを確認することができない
ため、本事象と治験薬との因果関係は否定できないと判断した。治験担当医師は、
本事象と併用薬(precipitated calcium carbonate、magnesium carbonate の配合錠)及び
治験手順との間に因果関係はないと判断した。2008 年 8 月 22 日のフォローアップ情
報を最初の情報とともに入力した。
015-1505
報告用語:回転性めまい(vertigo)、MedDRA(基本語):回転性めまい(vertigo)
報告用語:嘔吐(vomiting)、MedDRA(基本語):嘔吐(vomiting)
報告用語:気管支炎(bronchitis)、MedDRA(基本語):気管支炎(bronchitis)
被験者 015-1505 は 77 歳女性で、腰部脊柱管狭窄症(lumbar spinal stenosis)、両肩関
節周囲炎(both periarthritis scapulohumeralis)、腰痛(low back pain)、背部痛(back
pain)、高脂血症(hyperlipidemia)、糖尿病(diabetes mellitus)、慢性胃炎(chronic
gastritis)、便秘(constipation)、両側白内障(bilateral cataracts)、胆石
(gallstones)、右腎嚢胞(right renal cyst)、上肢痛(painful arm)を合併していた。
本被験者は、虫垂炎(appendicitis)、腸閉塞(intestinal obstruction)、十二指腸潰瘍
(duodenal ulcer)、結膜炎(conjunctivitis)、転倒(loss of posture)、骨折による疼
痛(pain with fracture)の既往歴を有していた。precipitated calcium carbonate、
magnesium carbonate 及び cholecalciferol の配合錠を含む、複数の併用薬を使用してい
た。2007 年 4 月 18 日から骨粗鬆症のために治験薬の投与を開始した。2008 年 4 月
17 日にテリパラチド(LY333334)20 μg/day の皮下投与を受けた。2008 年 5 月 31 日
に、本被験者は整形外科医院から帰宅する際に、突然回転性めまい(vertigo)及び
嘔吐(vomiting)を発現した。同日に治験担当医師の診断を受け、次の治療を受け帰
宅した:electrolyte fluid、metoclopramide、sodium bicarbonate、domperidone (oral and
suppository)。治験薬投与開始後約 1 年と 1 ヵ月、テリパラチド(LY333334)投与開
始から約 1 ヵ月半後の 2008 年 6 月 1 日に、本被験者はまだ同様の症状が続いていた
ため入院した。頭部コンピュータ断層撮影法(CT)と磁気共鳴映像法(MRI)を受
けた。CT と MRI の結果、特に異常は認められなかった。本被験者は、lactate Ringer
solution、metoclopramide、electrolyte fluid、sodium bicarbonate による治療を受けた。
2008 年 6 月 2 日に、lactate Ringer solution、metoclopramide、electrolyte fluid、sodium
bicarbonate による治療を受けた。同日夕方に回復の傾向が認められ、betahistine
875
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHDB 試験
mesilate の投与を受けた。2008 年 6 月 3 日に、lactate Ringer solution、
metoclopramide、electrolyte fluid、sodium bicarbonate による治療を受けた。betahistine
mesilate は中止した。2008 年 6 月 4 日に、lactate Ringer solution, metoclopramide,
electrolyte fluid, sodium bicarbonate による治療を受けた。2008 年 6 月 5 日に、lactate
Ringer solution、metoclopramide、electrolyte fluid、sodium bicarbonate による治療を受
けた。2008 年 6 月 5 日に本被験者は回復し始め、数日間の入院が予定された(退院
予定日:2008 年 6 月 16 日)。2008 年 6 月 5 日の後、補液療法は受けなかった。2008
年 6 月 7 日(午前 9 時)に、回転性めまいと嘔吐は回復した。betahistine mesilate は
必要時のために処方されたが、本被験者は服用しなかった。2008 年 6 月 16 日(午後
2 時)に、本被験者は退院した。2008 年 6 月 8 日から 6 月 16 日まで、本被験者は診
察は受けたが、薬剤による治療は受けなかった。テリパラチド(LY333334)の投与
は継続した。治験担当医師は、本事象と治験薬又は precipitated calcium carbonate、
magnesium carbonate 及び cholecalciferol の配合錠との因果関係はないと判断した。治
験担当医師は、原因疾患は不明だが、本事象は偶発的な事象であるとした。追加情
報請求予定なし。症例報告を終了。
被験者 015-1505 は 77 歳女性で、腰部脊柱管狭窄症(lumbar spinal stenosis)、両肩関
節周囲炎(both periarthritis scapulohumeralis)、腰痛(low back pain)、背部痛(back
pain)、高脂血症(hyperlipidemia)、糖尿病(diabetes mellitus)、慢性胃炎(chronic
gastritis)、便秘(constipation)、両側白内障(bilateral cataracts)、胆石
(gallstones)、右腎嚢胞(right renal cyst)、上肢痛(painful arm)、内痔核(internal
haemorrhoids)を合併していた。本被験者は、虫垂炎(appendicitis)、腸閉塞
(intestinal obstruction)、十二指腸潰瘍(duodenal ulcer)、結膜炎(conjunctivitis)、
転倒(loss of posture)、骨折(fracture)、骨折による疼痛(pain with fracture)の既
往歴を有していた。precipitated calcium carbonate、magnesium carbonate 及び
cholecalciferol の配合錠を含む、複数の併用薬を使用していた。本被験者は、テリパ
ラチド(LY333334)投与中に回転性めまい(vertigo)及び嘔吐(vomiting)を発現し
た(入院日:2008 年 6 月 1 日、退院日:2008 年 6 月 16 日)。2007 年 4 月 18 日から
骨粗鬆症のために治験薬の投与を開始した。2008 年 4 月 17 日にテリパラチド
(LY333334)20 μg/day の皮下投与を受けた。2008 年 6 月 23 日に、本被験者は食欲
不振(anorexia)及び倦怠感(malaise)を伴う気管支炎(bronchitis)により医師の診
察を受けた。本被験者は、5% glucose injection 300 ml、metoclopramide、vitamin B1
B6 B12 の静脈投与を受け、帰宅した。2008 年 6 月 24 日に、本被験者は継続する症
状のために医師の診察を受け、5% glucose injection 300 ml、metoclopramide、
aminophyllin の静脈投与を受けて帰宅した。治験薬投与開始後約 1 年と 2 ヵ月、テリ
パラチド(LY333334)投与開始後約 2 か月の 2008 年 6 月 25 日に、本被験者は発熱
(pyrexia)(37.6 度)及び体力喪失(loss of physical strength)のために医師の診察を
受けた。5% glucose injection 300 ml、aminophyllin、betamethasone sodium phosphate の
静脈投与を受けた。その後、入院治療のために、治験担当医師の施設に問い合わせ
た。胸部 X 線撮影の結果、肺炎などの異常は認められなかった。入院後、lactate
Ringer solution 及び metoclopramide の静脈投与を受けた。2008 年 6 月 26 日に、
cefmetazole sodium、lactate Ringer solution、metoclopramide の静脈投与を受け、発熱の
ために sulpyrine の筋注を受けた。2008 年 6 月 27 日に、cefmetazole sodium、lactate
Ringer solution、metoclopramide の静脈投与を受けた。昼食後、dl-methylephedrine
hydrochloride と syrup of cherry bark extract and ambroxol hydrochloride の 4 日分の処方
を受けた。2008 年 6 月 28 日に、cefmetazole sodium、lactate Ringer solution、
metoclopramide の静脈投与を受けた。2008 年 6 月 29 日に、cefmetazole sodium、
lactate Ringer solution、metoclopramide の静脈投与を受けた。2008 年 6 月 30 日に、
lactate Ringer solution、metoclopramide の静脈投与を受けた。2008 年 7 月 1 日に、
lactate Ringer solution、metoclopramide の静脈投与を受けた。dl-methylephedrine
hydrochloride と syrup of cherry bark extract and ambroxol hydrochloride の 4 日分の処方
876
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHDB 試験
を受けた。2008 年 7 月 5 日に、発熱(pyrexia)及び咳嗽(cough)が回復したため、
dl-methylephedrine hydrochloride と syrup of cherry bark extract and ambroxol
hydrochloride の投与は中止した。2008 年 7 月 12 日に気管支炎(bronchitis)が回復
し、本被験者は退院した。テリパラチド(LY333334)の投与は継続した。治験担当
医師は、本事象と治験薬、治験手順又は precipitated calcium carbonate、magnesium
carbonate 及び cholecalciferol の配合錠との因果関係はないと判断した。治験担当医師
は、本事象は偶発的な事象であるとした。追加情報請求予定なし。症例報告を終
了。
017-1717
報告用語:肺炎(pneumonia)、MedDRA(基本語):肺炎(pneumonia)
本被験者は 74 歳のアジア人女性であった。本被験者に関連する既往歴はなかった。
本被験者は複数の併用薬を使用していた。本被験者は 2007 年 9 月 4 日よりペン型注
入器を用いて治験薬の皮下投与を開始し、precipitated calcium carbonate、magnesium
carbonate 及び cholecalciferol の配合錠を服用した(2007 年 7 月 31 日から 2009 年 1 月
15 日まで 1 日 2 錠)。2008 年 8 月 27 日に、本被験者は二重盲検比較期間を終了して
オープン期間に移行した。2009 年 1 月 10 日に、本被験者は咳嗽(cough)及び鼻汁
(nasal discharge)を発現した。2009 年 1 月 13 日に 38 度の発熱が認められた。オー
プン期間における約 5 ヵ月間の治験薬の投与後の 2009 年 1 月 14 日の夜、40 度まで
の発熱(fever)及び倦怠感(malaise)が認められた。diclofenac sodium suppository 25
mg の投与を受けた。2009 年 1 月 25 日に主治医の診察を受け、血液検査を受けた。
chlorpheniramine maleate の投与を受けた。cefditoren pivoxil が処方された。2009 年 1
月 16 日に、血液検査の結果、本被験者は別の病院に入院した(炎症レベル:高、血
糖値:286 mg/dL)。胸部コンピュータ断層撮影法(CT)の結果、右中葉から下葉に
浸潤影が認められ、肺炎(pneumonia)と診断された。2009 年 1 月 21 日まで、
sulbactam sodium_ampicillin sodium の静脈投与を受けた。痰培養の結果、インフルエ
ンザウイルス陽性であった。2009 年 1 月 16 日まで治験薬の投与を受けた。2009 年 1
月 19 日に熱が下がり、回復に向かった。胸部 CT の結果、異常は認められなかっ
た。codeine phosphate の投与を受けた。2009 年 1 月 22 日に、熱は正常な状態に戻っ
た。医師はほぼ回復したと判断し、本被験者は退院した。退院時に amoxicillin が処
方された。2009 年 1 月 23 日に、本被験者は precipitated calcium carbonate、magnesium
carbonate 及び cholecalciferol の配合錠の 1 日 2 錠の服用を再開した。2009 年 1 月 27
日に治験担当医師の病院へ来院した。治験薬を再開した。本被験者は気分不良
(feeling bad)及び疲労(fatigue)を報告し、血液検査の結果は正常であった。血糖
値は 78 mg/dL であり、hemoglobin A1c は 5.7 %であった。2009 年 2 月 13 日に治験担
当医師を来院し、肺炎(pneumonia)の回復を確認した。肺炎は主に感染によると考
えられた。試験期間中、免疫系には特に問題は認められず、易感染性患者ではなか
った。そのため、治験担当医師は、本事象と治験薬又は治験手順との因果関係はな
いと判断した。
020-2007
報告用語:両側白内障(bilateral cataracts)、MedDRA(基本語):白内障
(cataract)
本被験者は 70 代のアジア人女性であった。本被験者は 1994 年 1 月 5 日に骨粗鬆症
と診断されていた。2003 年 12 月 20 日の眼科検査で初発両側白内障(incipient
bilateral cataracts)、両側混合乱視(bilateral mixed astigmatism)、両側乾性角結膜炎
(bilateral keratoconjunctivitis sicca)とも診断されていた。また、本被験者は 2005 年
2 月 15 日以降、両側老眼(bilateral presbyopia)とされ、腰椎の骨関節炎
(osteoarthritis of lumbar spine)、高血圧(hypertension)、高脂血症
(hyperlipidaemia)、慢性胃炎(chronic gastritis)、胸膜石灰化(pleural
calcification)、両側軟骨石灰化症(bilateral chondrocalcinosis)、肺結核の後遺症
(late effects of pulmonary tuberculosis)、右肩関節周囲炎(right periarthritis
scapulohumeralis)、右肩関節拘縮(right contracture of joint of shoulder region)、不眠
877
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHDB 試験
症(insomnia)及び両側正常眼圧緑内障(bilateral normal tension glaucoma)を合併し
ていた。本被験者は肺結核(pulmonary tuberculosis)の既往歴を有していた。本被験
者には妊娠、アレルギー要因、喫煙又はアルコール摂取のようなリスクファクター
はなかった。骨粗鬆症のために precipitated calcium carbonate、magnesium carbonate 及
び cholecalciferol の配合錠(2007 年 5 月 22 日から 1 日 2 錠、継続中)を含む複数の
併用薬を使用していた。本被験者は 2007 年 6 月 26 日よりペン型注入器を用いて治
験薬〔テリパラチド(LY333334)又はプラセボ〕の皮下投与を開始した。2007 年
12 月 26 日に、眼科検査で正常眼圧緑内障(normal tension glaucoma)と診断された
が、それは非重篤事象と報告された。2008 年 4 月 3 日に、本被験者は latanoprost 投
与による治療を受けた。2008 年 5 月 26 日、本被験者は眼科診察を受け、右眼が突然
見にくくなったことを訴えた。眼科医は右白内障手術(right cataract operation)を提
案した。2008 年 6 月 24 日に、本被験者は治験担当医師の診察を受け、二重盲検比較
期間を終了した。2008 年 6 月 25 日に、本被験者は右白内障手術(right cataract
operation)のために入院した。水晶体乳化及び眼内レンズ植え込みが問題なく施行さ
れた。同日から、本被験者は、オープン期間に移行して、ペン型注射器を用いたテ
リパラチド(LY333334)20 μg/day の皮下投与を開始した。2008 年 6 月 27 日に、本
被験者は良好な状態で退院した。事象は回復した。2008 年 7 月 15 日に、治験薬投与
は継続されていた。治験担当医師は、本被験者は加齢による白内障(cataract)を合
併していたため、右白内障(right cataract)と、治験薬及び治験手順との因果関係は
ないと判断した。追加情報請求中。
025-2516
報告用語:腸閉塞(intestinal obstruction)、MedDRA(基本語):腸閉塞(intestinal
obstruction)
本被験者は 76 歳又は 77 歳のアジア人女性であった。本被験者は、両側変形性膝関
節症(bilateral gonarthrosis)、高脂血症(hyperlipidaemia)、高血圧(hypertension)
及び乾癬様皮膚炎(psoriasiform dermatitis)の既往歴を有していた。併用薬には、
hyaluronate、mepivacaine、ketoprofen、itavastatin、diltiazem、difluprednate、
heparinoid、carpronium(毛髪成長のため)、骨粗鬆症のための precipitated calcium
carbonate、magnesium carbonate 及び cholecalciferol の配合錠(2007 年 5 月 8 日から
2008 年 8 月 21 日まで 1 日 2 錠)があった。本被験者は骨粗鬆症のために 2007 年 6
月 5 日よりペン型注入器を用いて治験薬〔テリパラチド(LY333334)又はプラセ
ボ〕の皮下投与を開始した。2008 年 6 月 3 日に本被験者は二重盲検比較期間を終了
し、翌日からオープン期間に移行して、ペン型注射器を用いたテリパラチド
(LY333334)20 μg/day の皮下投与を開始した。治験薬開始からおよそ 1 年 2 ヵ月後
の 2008 年 8 月 21 日の 23 時ごろ、本被験者は睡眠中に腹痛(abdominal pain)を発現
した。同日に治験薬投与を中止した。2008 年 8 月 22 日の 2 時ごろ、本被験者は腹痛
(abdominal pain)が続くため、他院で診察を受けた。腹部の単純 X 線撮影と超音波
検査を受けたが、異常はみられなかったため、便秘(constipation)による腹痛
(abdominal pain)と考えられた。浣腸薬でも症状は改善せず、鎮痛薬が投与され
た。6 時ごろ、静脈内輸液投与により疼痛(pain)は改善し、帰宅した。同日、本被
験者は、腹部 X 線写真と紹介状を持ってプライマリケア内科医の診察を受けた。内
科医は、腹痛原因として、便秘(constipation)以外の他の疾患を疑い、大学病院で
の診察を勧めた。大学病院来院時、重度腹痛(abdominal pain)及び悪心(nausea)
は続いていた。そのため、本被験者は広範な検査を受けるために入院した。2008 年
8 月 22 日から 2008 年 9 月 7 日までの入院期間中、本被験者は、抗生物質
(ceftriaxone sodium 及び cefmetazole sodium)の投与、絶食療法、並びに maintenance
medium、mixed amino acid_carbohydrate_electrolyte_vitamin の配合薬、
benfotiamine_B6_B12 の配合薬、glucose 入り maintenance medium、bisacodyl、soybean
oil、isosorbide dinitrate、diclofenac sodium、metoclopramide、scopolamine
butylbromide、panthenol、acetated ringer、hydroxyzine pamoate、famotidine、
flurbiprofen axetil、lactated ringers solution などの複数の投薬を受けた。meglumine
878
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHDB 試験
sodium amidotrizoate も投与された。2008 年 8 月 28 日、造影剤として gastrografin を使
用した X 線検査から、小腸に過剰なガスがあるために、腸閉塞の原因を特定できな
いことが判明した。2008 年 8 月 29 日に行った腹部コンピュータ断層撮影法(CT)
から、小腸に狭窄域があることが明らかになり、そのために腸閉塞(intestinal
obstruction)をきたしたと判断された。2008 年 9 月 1 日、腸閉塞(intestinal
obstruction)を解消するために手術が行われた。盲腸周囲の腸間膜癒着(mesenteric
adhesion)と小腸重積症(small intestine intussusception)以外に異常は確認されなかっ
た。術中、本被験者は、propofol、suxamethonium chloride、vecuronium bromide、
nicardipine hydrochloride、fentanyl、ephedrine hydrochloride、remifentanil
hydrochloride、atropine sulfate、及び neostigmine bromide の投与を受けた。術後、腹痛
(abdominal pain)及び悪心(nausea)を伴う腸閉塞(intestinal obstruction)は回復し
た。2008 年 9 月 11 日、本被験者は良好な状態となり、薬剤の処方を受けることなく
退院した。本被験者の治験中止が決定された。治験担当医師は、腸閉塞(intestinal
obstruction)と治験薬及び治験手順との因果関係はないと判断した。腸管運動障害
(intestinal movement disorder)によるこのような事象は高齢者で一般的に認められる
ため、治験担当医師は、腸閉塞(intestinal obstruction)を偶発事象と考えた。
025-2517
報告用語:動脈解離(artery dissection)、MedDRA(基本語):動脈解離(artery
dissection)
本被験者は 65 歳又は 66 歳のアジア人女性であった。合併症又は既往歴は報告され
なかった。本被験者は、骨粗鬆症のために、precipitated calcium carbonate、
magnesium carbonate 及び cholecalciferol の配合錠を服用していた(2007 年 5 月 8 日か
ら 1 日 2 錠)。その他には併用薬を使用していなかった。2007 年 6 月 7 日に、骨粗
鬆症のためにペン型注入器を用いて治験薬〔テリパラチド(LY333334)又はプラセ
ボ〕の皮下投与を開始した。2008 年 6 月 5 日に本被験者は二重盲検比較期間を終了
し、2008 年 6 月 6 日からオープン期間に移行して、ペン型注射器を用いたテリパラ
チド(LY333334)20 μg/day の皮下投与を開始した。2008 年 8 月 20 深夜、本被験者
は高度の頭痛のために医師の診察を受け、コンピュータ断層撮影法(CT)撮影を受
けた。CT 像では異常は見られなかったが、高度の頭痛が持続するため、本被験者は
別の病院へ移送された。2008 年 8 月 21 日、本被験者は検査のために入院した。磁気
共鳴映像法(MRI)では異常はみられなかった。2008 年 8 月 21 日に実施された磁気
共鳴血管造影法(MRA)及び 2008 年 8 月 22 日に実施された CT 血管造影法から、
脳動脈解離(cerebral artery dissection)が疑われた。2008 年 8 月 27 日に行われた脳動
脈血管造影により、左椎骨-脳底動脈解離が判明した。2008 年 8 月 28 日に、専門医
及び治験担当医師の判断でテリパラチド(LY333334)投与は中止された。本被験者
は次のような複数の投薬治療を受けた:loxoprofen sodium(2008 年 8 月 20 日、2008
年 8 月 23 日から 2008 年 9 月 3 日まで)、metoclopramide(2008 年 8 月 20 日)、輸
液 2 種(それぞれ 2008 年 8 月 21 日及び 2008 年 8 月 22 日)、diclofenac sodium
(2008 年 8 月 21 日から 2008 年 8 月 23 日)、lansoprazole(日付不明)、magnesium
oxide(2008 年 8 月 24 日から 2008 年 9 月 2 日まで)及び hydroxyzine hydrochloride
(2008 年 8 月 27 日)。2008 年 9 月 3 日、頭痛(headache)症状は緩和し、本被験者
は退院した。退院時、loxoprofen sodium、teprenone 及び magnesium oxide が処方され
た。2008 年 9 月 4 日には、頭痛(headache)は消退しており、回復していた。2008
年 9 月 19 日、本被験者は病院に来院した(Visit 99)。退院後、頭痛(headache)は
認められず、本被験者は退院時に処方された薬剤を服用していなかった。2008 年 10
月 2 日、MRI 像では、動脈解離(artery dissection)の大きさ及び数に変化はみられな
かった。報告時(2008 年 10 月 21 日)、本被験者は回復していた。専門医及び治験
担当医師は、本事象は、おそらく年齢又は体質により偶発的に発現したものであ
り、治験薬及び治験手順との因果関係はないと判断した。追加情報入手は期待でき
なかった。
879
LY333334
表 2.7.4.7-45.
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験で認められた重篤な有害事象の詳細(翻訳)
GHAC 試験
症例番号:001-7010
報告用語:卵巣嚢胞(OVARIAN CYST),クラス:嚢胞(CYST)
GHAC 試験の被験者 001-7010 は卵巣嚢胞(ovarian cyst)の SAE を発現した。嚢胞
(cyst)は 1997 年 8 月 6 日に超音波診断により右卵巣に見つかった。1997 年 10 月 9
日の手術後に嚢胞(cyst)は良性と診断された。1997 年 10 月 6 日に本被験者は本事
象と関連性のない理由で本試験を中止した。治験担当医師は、本事象と治験薬との
因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本剤の作用機序と臨床安全性データを
考慮すると、本事象と治験薬との因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:001-7011
報告用語:伝音難聴(CONDUCTIVE HEARING LOSS),クラス:難聴(DEAFNESS)
報告用語:人工中耳置換術(SURGICAL CORRECTION OF MIDDLE EAR BIOPROSTHESIS DISPLACEMENT),クラス:外科手術手技*(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 001-7011 は、伝音難聴(conductive hearing loss)の SAE を発現
した。本被験者は伝音難聴(conductive hearing loss)の既往を有しており、本試験参
加前から人工中耳を装着していたが、症状は悪化していた。1998 年 6 月 26 日に手術
を受け、人工中耳を交換した。手術中に人工中耳を再装着し、本被験者の聴力は顕
著に改善した。治験担当医師は、本被験者は伝音難聴(conductive hearing loss)の既
往歴があり、人工中耳を装着していることから、本事象と治験薬又は治験手順の間
に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本剤の作用機序と臨床の安全性デー
タを考慮すると、本事象と治験薬との因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:001-7015
報告用語:背部痛(BACK PAIN),クラス:背部痛(BACK PAIN)
報告用語:L4-5 脊柱管狭窄症(L4-5 SPINAL STENOSIS),クラス::骨障害(BONE
DISORDER)
報告用語:腰髄神経根障害(LUMBAR RADICULOPATHY),クラス:ニューロパシー
(NEUROPATHY)
報告用語:椎弓切除術(LAMINECTOMY),クラス:外科手術手技*(SURGICAL
PROCEDURE)
報告用語:椎間孔拡大術(FORAMINOTOMY),クラス:外科手術手技*
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 001-7015 は脊柱管狭窄症(spinal stenosis)の SAE を発現した。
本被験者は既往歴として、1979 年から背部痛(back pain)、1997 年 8 月 1 日から脊
柱管狭窄症(spinal stenosis)及び腰椎神経根障害(lumbar radiculopathy)を有してい
た。1998 年 10 月 21 日に本被験者は腰椎の整形外科手術予定のため入院した。治験
担当医師は、これらは合併症として有していた事象であり、続発的な症状の進行は
本事象の自然経過であることから、本事象と治験薬との間に因果関係はないと判断
した。臨床の安全性データと本被験者の背部痛(back pain)の既往歴を考慮する
と、本事象と治験薬との因果関係はないと考えられた。
症例番号:003-7034
報告用語:右股関節部骨折(RIGHT HIP FRACTURE)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
GHAC 試験の被験者 003-7034 は、右股関節部骨折(right hip fracture)の重篤な有害
事象を発現した。本被験者は既往歴として、1996 年から低骨密度(low bone
density)、腰痛(lower back pain)、1986 年から右大腿部循環低下(decreased
circulation in her right thigh)を有していた。1998 年 4 月 12 日に玩具につまずいて転
倒し、股関節部骨折(hip fracture)を負った。入院し、1998 年 4 月 13 日に股関節部
の外科的修復を受けた。1998 年 5 月 1 日に退院した。治験担当医師は、本被験者は
治験開始前から骨密度が低かったことから、本事象と治験薬又は治験手順の間に因
果関係はないと判断した。臨床の安全性データと本被験者の低骨密度(low bone
880
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
density)の既往歴を考慮すると、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。
症例番号:003-7044
報告用語:自殺念慮(SUICIDAL IDEATION)、クラス:うつ病(DEPRESSION)
報告用語:うつ病(DEPRESSION)、クラス:うつ病(DEPRESSION)
報告用語:難治性背部痛(INTRACTABLE BACK PAIN)、クラス:背部痛(BACK
PAIN)
報告用語:神経根障害(RADICULOPATHY)、クラス:ニューロパチー
(NEUROPATHY)
報告用語:脊柱管狭窄症(SPINAL STENOSIS)、クラス:骨障害(BONE
DISORDER)
報告用語:腰椎間板ヘルニア(HERNIATED LUMBAR DISC)、クラス:背部痛
(BACK PAIN)
報告用語:腰椎椎弓切除及び腰椎固定(LUMBAR LAMINECTOMY & FUSION)、
クラス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:部分的椎間板切除(PARTIAL DISCECTOMY)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 003-7044 は、左肋骨骨折(fractured left rib)の重篤な有害事象
を発現した。1997 年 3 月 9 日にドアのノックを聞いて慌てて出ようとしたところ、
壁にぶつかり左鎖骨と肋骨 2 本を骨折した。友人が救急車を呼び、病院に搬送、入
院した。病院では本被験者自ら精神病棟に入院した。既往歴として 16 年前から不眠
症(insomnia)を有していた。うつ病(depressive episode)で精神科医の診療を受け
ていたと考えられた。鎮静剤 Ambien を中止し、Paxil と Trazedone に切り替えた。
1997 年 3 月 17 日に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はない
と判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象と治験薬
との因果関係を示唆する根拠はない。
また、GHAC 試験の被験者 003-7044 は、難治性背部痛(intractable back pain)の重篤
な有害事象を発現した。本被験者は 1997 年 5 月 25 日に 1997 年 5 月 14 日から発症し
ていた高度背部痛(back pain)のため入院した。過去に負傷したことはないとのこ
とであった。医師の診察を受けステロイドの硬膜外注射を受けていたが、改善して
いなかった。1997 年 5 月 25 日から 28 日の入院中、磁気共鳴断層撮影を実施し、L4L5 脊柱管狭窄症(spinal stenosis)と過去の L2 骨折(fracture)が確認された。表面
に極細のトリガーポイント注射を行い一時的に軽快したものの、その効果は持続し
なかった。ステロイドの硬膜外注射を受けて退院した。1997 年 6 月 15 日に再入院
し、L2-L3 及び L4-L5 狭窄部位の減圧のため L3 及び L4 の椎弓切除術
(laminectomy)を受けた。術中に骨粗鬆症であることが判明した。また、L4 下面骨
折(fracture)のため L4-L5 固定術(fusion)が必要であった。1997 年 6 月 19 日に退
院した。疼痛(pain)が持続し、1997 年 8 月 18 日に部分的椎間板切除(partial
discectomy)が必要になった。1997 年 9 月 1 日まで入院し、理学療法士及び作業療法
士による治療を受けた。1997 年 7 月に治験薬投与を中止した。治験スタッフによる
最後の診察は、治験実施計画書で規定された最大ステロイド量を超えるために試験
中止来院を行った 1997 年 12 月 18 日であった。治験担当医師は、本事象と治験薬と
の因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮する
と、本事象と治験薬との因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:003-7200
報告用語:複視(DOUBLE VISION)、クラス:複視(DIPLOPIA)
GHAC 試験の被験者 003-7200 は、複視(diplopia)の重篤な有害事象を発現した。初
回治験薬投与は 1997 年 6 月 20 日であった。1998 年 10 月 6 日に突然複視(double
vision)を発症した。本被験者は既往歴として、複視(diplopia)の初回発症後の
1996 年に診断された良性脳腫瘍(benign brain tumor)を有していた。複視(double
vision)のため検査入院した。MRI は正常であった。神経外科医と外科医の診察を受
けたが、複視(diplopia)の原因は特定されなかった。眼帯をつけて退院し、転倒し
881
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
ないために杖を使うよう指示された。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関
係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象
と治験薬との因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:004-7070
報告用語:マロリー・ワイス裂傷(MALLORY WEISS TEAR)、クラス:食道出血
(ESOPHAGEAL HEMORRHAGE)
GHAC 試験の被験者 004-7070 は、マロリー・ワイス裂傷(mallory weiss tear)による
入院の重篤な有害事象を発現した。初回治験薬投与は 1997 年 4 月 9 日であった。最
終被験薬投与は 1998 年 12 月 9 日であった。治験薬中止から 3 週間近く後に食道潰
瘍(esophageal ulcer)を発症した。食後に突然吐血(vomiting of blood)した。直ち
に病院に搬送され、輸血を受けた。食道潰瘍(esophageal ulcer)と診断され、1998
年 12 月 30 日に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと
判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象と治験薬と
の因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:005-7094
報告用語:骨棘(BONE SPURS)、クラス:骨障害(BONE DISORDER)
報告用語:左肩痛(L SHOULDER PAIN)、クラス:疼痛(PAIN)
報告用語:左肩骨棘摘出(L SHOULDER BONE SPUR REMOVAL)、クラス:外科
手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:発熱(FEVER)、クラス:発熱(FEVER)
報告用語:大腸菌性尿路感染(URINARY TRACT INFECTION E-COLI)、クラス:
尿路感染(URINARY TRACT INFECTION)
報告用語:敗血症(SEPSIS)、クラス:敗血症(SEPSIS)
報告用語:尿路感染(URINARY TRACT INFECTION)、クラス:尿路感染
(URINARY TRACT INFECTION)
報告用語:倦怠感(MALAISE)、クラス:倦怠感(MALAISE)
GHAC 試験の被験者 005-7094 は、左肩痛(left shoulder pain)の重篤な有害事象を発
現した。左肩痛(left shoulder pain)は 1998 年 2 月 1 日から発現し、1998 年 4 月 29
日に左肩から骨棘(bone spur)を外科的に摘出した。1998 年 4 月 30 日に退院した。
治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本被験者はプラ
セボ投与を受けていたため、本事象と治験薬との因果関係はない。
また、GHAC 試験の被験者 005-7094 は、尿路感染(urinary tract infection)によるも
のと考えられる敗血症(sepsis)の重篤な有害事象を発現した。1998 年 7 月 20 日に
血液培養陽性(positive blood cultures)のため入院し、1998 年 8 月 3 日に敗血症
(septicemia) のため再入院した。抗生物質を静脈内投与した。1998 年 9 月 3 日に原
因不明の低グレードの発熱(fever)と全身倦怠(general malaise)を訴えて入院し
た。発熱(fever)は 1998 年 7 月 20 日の発症以来持続しているとのことであった。
敗血症(sepsis)の既往歴があったため、感染ではないことを確認するために入院し
た。感染は認められず、1998 年 9 月 9 日に退院した。退院時の記録によれば、入院
中に発熱は見られなかった。治験は継続するが、入院中に服薬しなかったことがあ
るかどうかは不明である。治験担当医師は、これらの事象と治験薬又は治験手順の
間に因果関係はないと判断した。治験担当医師は、血液培養陽性(positive blood
cultures)は尿路感染(urinary tract infection)又は検体採取時の菌混入によるものと
判断した。発熱(fever)は尿路感染(urinary tract infection)によるものと考えられ
た。尿路感染(urinary tract infection)は不衛生、機械的刺激、石鹸による刺激、又は
糖尿病(diabetes)悪化によるものと考えられた。敗血症(sepsis)は抗生物質治療に
感受性のない尿路感染(urinary tract infection)によるものであった。治験担当医師
は、1998 年 9 月 3 日の入院以降の倦怠感(malaise)及び発熱(fever)は治験薬又は
治験手順との間に因果関係はなく、前回の手術以降の膝関節及び肩関節の関節炎
(arthritis)による炎症反応によるものと判断した。本被験者はプラセボ投与を受け
ていたため、本事象と治験薬との因果関係はない。
882
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
症例番号:005-7097
報告用語:腸閉塞(BOWEL OBSTRUCTION)、クラス:腸閉塞(INTESTINAL
OBSTRUCTION)
報告用語:腹痛(ABDOMINAL PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:腸癒着(BOWEL ADHESIONS)、クラス:胃腸障害
(GASTROINTESTINAL DISORDER)
報告用語:腸癒着の外科的除去(SURGICAL REMOVAL OF BOWEL
ADHESIONS)、クラス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 005-7097 は、腸閉塞(bowel obstruction)及び腹痛(abdominal
pain)の重篤な有害事象を発現した。腸閉塞(bowel obstruction)のため 1998 年 9 月
6 日に入院し、1998 年 9 月 10 日に癒着解除のため手術が実施された。1998 年 9 月 14
日に退院した。治験担当医師は、これらの事象と治験薬又は治験手順の間に因果関
係はないと判断した。1960 年から便秘を有していた。本剤の作用機序と臨床の安全
性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はな
い。
症例番号:005-7102
報告用語:狭心症(ANGINA)、クラス:狭心症(ANGINA PECTORIS)
報告用語:冠動脈狭窄(CORONARY ARTERY STENOSIS)、クラス:冠動脈疾患
(CORONARY ARTERY DISORDER)
報告用語:心臓カテーテル(CARDIAC CATHERIZATION)、クラス:外科手術手
技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 005-7102 は、狭心症(angina)及び冠動脈狭窄(coronary artery
stenosis)の重篤な有害事象を発現した。狭心症(angina)症状のため 1998 年 3 月 31
日に入院した。心臓カテーテル(cardiac catheterization)が行われ、左下行前動脈の
50%狭窄(stenosis)及び右冠動脈の 30%狭窄(stenosis)が認められた。isosorbide
mononitrate(Imdur)及び metoprolol が投与された。metoprolol、Cardizem、Imdur、
aspirin、nitroglycerin が処方され、退院した。1985 年から高血圧(hypertension)の既
往歴を有していた。治験担当医師は、これらの事象と治験薬との因果関係はないと
判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラ
チドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:006-0318
報告用語:左肘骨折(LEFT ELBOW FRACTURE)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:肘手術(ELBOW SURGERY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 006-0318 は、左肘骨折(left elbow fracture)の重篤な有害事象を
発現した。1997 年 12 月 21 日に転倒したが、その時は医師の診察を受けなかった。
1997 年 12 月 30 日に入院した。1997 年 12 月 31 日に左肘骨折のため手術が実施され
た。1998 年 1 月 2 日に退院した。その後の整形外科医による追跡検査及び X 線検査
で骨折が正常に回復したことが確認された。治験担当医師は、本事象と治験薬との
因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、
本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:008-7171
報告用語:胸部不快感(CHEST DISCOMFORT)、クラス:胸痛(CHEST PAIN)
報告用語:失神(SYNCOPE)、クラス:失神(SYNCOPE)
GHAC 試験の被験者 008-7171 は、失神(syncope)の重篤な有害事象を発現した。非
常に暑かった 1997 年 4 月 30 日、店から出て来た本被験者は、首の両側に鈍痛(dull
ache)を感じ、汗ばみ、失神した。熱疲労(heat exhaustion)及び胸部不快感(chest
discomfort)が疑われたので緊急治療室 で診察を受け、経過観察及び検査のため入院
した。熱射病(heat stroke)ではないと診断された。身体検査で異常は認められなか
883
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
った。虚血性 EKG 変化は認められず、胸痛及び頚部痛が再度発現することはなかっ
た。心筋灌流スキャンで中隔に微かな異常が認められた。明らかに血流が低下する
冠動脈疾患の徴候は見られなかったが、過去の中隔心筋梗塞(septal myocardial
infarction)が覗われた。クレアチニンキナーゼ、完全血球算定、生化学検査項目
は、血漿グルコース(196 mg/dL)を除き、正常範囲内であった。1997 年 5 月 1 日に
退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本被
験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はな
い。
症例番号:010-1172
報告用語:運動失調(ATAXIA)、クラス:運動失調(ATAXIA)
GHAC 試験の被験者 010-1172 は、運動失調(ataxia)の重篤な有害事象を発現した。
1997 年 12 月 8 日に高度の右大腿部痛(pain of the right thigh)を訴え、病院に搬送さ
れ、2 晩入院した。帯状疱疹(herpes zoster)と診断され、症状軽減及び鎮痛のため
Elavil が処方された。この薬が原因で運動失調(ataxia)を発症し(主治医の意
見)、1997 年 12 月 10 日に転倒した。入院し、1997 年 12 月 11 日に再度転倒し、頭
部に挫傷(contusion)を負った。2 晩入院した。治験担当医師は、これらの事象と治
験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮
すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:011-7219
報告用語:転移性乳癌(METASTATIC BREAST CARCINOMA)、クラス:乳癌
(BREAST CARCINOMA)
GHAC 試験の被験者 011-7219 は、乳癌(breast carcinoma)の重篤な有害事象のため
本試験を中止した。1997 年 9 月 15 日から右肩痛(shoulder pain)を訴え始めた。疼
痛(pain)は持続し、1998 年 4 月 12 日に医師の診察を受け、胸部 X 線検査で肺野に
疑わしい小結節(nodules)が認められた。コンピュータ断層撮影が実施され、両側
に複数の様々な大きさの肺転移が散在していた。原発は乳癌(breast carcinoma)だ
と考えられた。手術又は化学療法、あるいはその両方が実施されることになると考
えられた。1986 年にリンパ腺癌(lymph gland cancer)及び乳癌(breast cancer)と診
断され、右乳房切除(mastectomy)が実施されていた。喫煙歴はなかった。1988 年
1 月から 1988 年 7 月まで Premarin を服用していた。毎年のマンモグラムは正常であ
った。本試験は中止した。治験担当医師は、これらの事象とテリパラチドとの因果
関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリ
パラチドとの因果関係はない。
症例番号:011-7239
報告用語:腹痛(ABDOMINAL PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:腸壊疽(GANGRENOUS INTESTINE)、クラス:腸壊疽(INTESTINAL
GANGRENE)
報告用語:悪心(NAUSEA)、クラス:悪心(NAUSEA)
報告用語:嘔吐(VOMITING)、クラス:嘔吐(VOMITING)
報告用語:外科的癒着(SURGICAL ADHESIONS)、クラス:胃腸障害
(GASTROINTESTINAL DISORDER)
報告用語:嘔吐(EMESIS)、クラス:嘔吐(VOMITING)
報告用語:イレウス脱水(ILEUS DEHYDRATION)、クラス:脱水
(DEHYDRATION)
GHAC 試験の被験者 011-7239 は、腸閉塞(intestinal blockage)の重篤な有害事象を
発現した。2 日間悪心(nausea)、嘔吐(vomiting)、急性腹痛(abdominal pain)を
訴え、1998 年 3 月 27 日に緊急治療室を来訪した。CT スキャンで腸壊疽(gangrenous
intestine)及び結腸のねじれ(twisted colon)による腸閉塞(intestinal blockage)と診
断された。1997 年 8 月から鼓腸増加(increased flatulence)、1997 年 5 月から便秘
(constipation)が認められていた。1998 年 7 月 24 日に胃痛(stomach pain)を訴え
884
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
再度緊急治療室を来訪した。1998 年 3 月に実施された手術による癒着(adhesions)
と診断された。しかし、コンピュータ断層撮影及び X 線検査で腸閉塞(intestinal
blockage)及び腸壊疽(intestinal gangrene)は認められなかった。白血球数は
18,000/μL であった。1998 年 7 月 28 日に癒着除去のため手術が実施された。悪心
(nausea)及び嘔吐(vomiting)が約 4 日間持続し、1998 年 11 月 4 日に入院した。
脱水(dehydration)と診断され、治療が行われた。矯正治療として悪心治療薬投与及
び静脈内水分補給が行われた。1998 年 11 月 10 日に退院した。治験担当医師は、イ
レウス脱水(ileus dehydration)、悪心(nausea)、嘔吐(vomiting)と治験薬又は治
験手順の間に因果関係はないと判断した。悪心(nausea)及び嘔吐(vomiting)は、
既往する腸閉塞(intestinal blockage)、便秘(constipation)、現在の胃腸障害
(gastrointestinal distress)によるものと考えられた。脱水(dehydration)は悪心
(nausea)及び嘔吐(emesis)によるものである。治験担当医師は、後のこれらの事
象は先の手術が直接の原因であり、治験薬又は治験手順との間に因果関係はないと
判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラ
チドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:012-7244
報告用語:急性腎感染(ACUTE KIDNEY INFECTION)、クラス:感染
(INFECTION)
報告用語:右回旋筋腱板骨棘(BONE SPUR ON RIGHT ROTATOR CUFF)、クラ
ス:骨障害(BONE DISORDER)
GHAC 試験の被験者 012-7244 は、急性腎感染(acute kidney infection)の重篤な有害
事象を発現した。腰痛(lower back pain)などのインフルエンザ様症状のため 1998
年 10 月 3 日に入院し、急性腎感染(acute kidney infection)と診断された。抗生物質
が処方され、1998 年 10 月 6 日に退院した。主治医によれば、1998 年 10 月 24 日には
完全に回復していた。治験担当医師は、本事象とテリパラチドとの因果関係はない
と判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパ
ラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
また、GHAC 試験の被験者 012-7244 は、右回旋筋腱板骨棘(bone spur of the right
rotator cuff)の重篤な有害事象を発現した。右肩痛(shoulder pain)が発現し、1998
年 12 月 8 日の X 線検査で右回旋筋腱板に骨棘(bone spur)が認められた。1998 年
12 月 15 日に実施された追跡正射影で右回旋筋腱板断裂(tear on the right rotator
cuff)が認められた。骨棘(bone spur)を除去する手術を受けるため 1998 年 12 月 17
日に入院した。1998 年 12 月 18 日に退院した。治験担当医師は、本事象とテリパラ
チドとの因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮
すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:012-7260
報告用語:直腸出血(RECTAL BLEEDING)、クラス:直腸出血(RECTAL
HEMORRHAGE)
報告用語:内痔核(INTERNAL HEMORRHOIDS)、クラス:直腸障害(RECTAL
DISORDER)
GHAC 試験の被験者 012-7260 は、直腸出血(rectal bleeding)による入院の重篤な有
害事象を発現した。1997 年 6 月 16 日から 1998 年 12 月 9 日まで治験薬が投与され
た。直腸出血(rectal bleeding)のため 1998 年 12 月 8 日に入院した。結腸鏡検査で内
痔核(internal hemorrhoids)からの出血(bleeding)が認められた。輸血は実施され
なかった。1998 年 12 月 8 日に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果
関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事
象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:013-0103
報告用語:右大腿骨骨折(FRACTURE-RT FEMUR)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
885
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
報告用語:肺炎の疑い(PRESUMED PNEUMONIA)、クラス:肺炎
(PNEUMONIA)
報告用語:発熱(FEVER)、クラス:発熱(FEVER)
報告用語:低血圧(HYPOTENSION)、クラス:低血圧(HYPOTENSION)
報告用語:低酸素症(HYPOXIA)、クラス:低酸素症(HYPOXIA)
報告用語:肺水腫(PULMONARY EDEMA)、クラス:肺水腫(LUNG EDEMA)
報告用語:左後腹膜出血(RETROPERITONEAL BLEED LEFT SIDE)、クラス:後
腹膜出血(RETROPERITONEAL HEMORRHAGE)
報告用語:鼻血(NOSEBLEED)、クラス:鼻出血(EPISTAXIS)
報告用語:尿路性敗血症(UROSEPSIS)、クラス:敗血症(SEPSIS)
GHAC 試験の被験者 013-0103 は、転倒及び右大腿骨骨折(fracture of the right femur)
並びに後腹膜出血(retroperitoneal bleed)の重篤な有害事象を発現した。1997 年 5 月
20 日に自宅で滑って転倒した。病院に搬送され、右遠位大腿骨粉砕骨折
(comminuted distal right femoral fracture)のため整形外科病棟に入院した。酸素飽和
度が低く(91%)換気不良で、翌日、元気がなく、熱があり、低血圧であった。肺
塞栓症(pulmonary embolism)、高度の肺炎(pneumonia)、心筋梗塞(myocardial
infarction)、大動脈解離(aortic dissection)、心タンポナーデ(cardiac
tamponade)、深部静脈血栓症(deep vein thrombosis)と診断された。その後 4 日間
warfarin が投与された。入院 5 日目にヘマトクリットの減少が認められた。経鼻胃吸
引物及び大便に出血は認められなかった。濃縮赤血球 2 単位を輸血した。入院 7 日
目にヘマトクリットが突然減少し、腹部コンピュータ断層撮影で後腹膜に血腫
(hematoma)の臨床像と一致する大きい腫瘤(mass)が認められた。再度の CT ス
キャンで後腹膜血腫(retroperitoneal hematoma)の増大は認められなかったので、こ
の時点で外科的除去は不要であった。入院中に悪心(nausea)、筋痙縮(muscle
spasms)、息切れ(shortness of breath)、肺水腫(pulmonary edema)、便秘
(constipation)、胃炎(gastritis)、うつ病(depression)、不眠症(insomnia)、発
熱(fever)、左第二足指爪の感染(infection in the second left toenail)も発現した。
1997 年 6 月 3 日に退院した。治験担当医師は、これらの事象と治験薬との因果関係
はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象と
テリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
また、GHAC 試験の被験者 013-0103 は、鼻血(nose bleed)の重篤な有害事象を発現
した。1998 年 6 月 12 日に高度の鼻血(nose bleed)が発現した。自宅に呼ばれた救
急医療士による治療で鼻血(nose bleed)は止まった。気分が悪くなり、緊急治療室
に搬送され、そこで再度鼻血(nose bleed)が出て、詰め物が必要であった。1998 年
6 月 13 日に ER を退出したが、帰宅中に再度鼻血(nose bleed)が出たため、入院し
た。更に 2 回鼻血(nose bleed)が出て、焼灼術が必要であった。血液 2 パイントを
輸血し、鼻に詰め物をした。1998 年 6 月 18 日に退院した。1998 年 7 月 9 日に鼻血
(nosebleed)は止まった。1998 年 7 月 21 日現在、血圧は常に正常で、経過は良好で
あった。最終治験薬投与は 1998 年 6 月 12 日であった。本被験者は、関節リウマチ
(rheumatoid arthritis)のため注射が困難なので試験中止を決定した。治験担当医師
は、本事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。治験担当医師
も主治医も本事象はアテローム性動脈硬化症(atherosclerosis)によるものと判断し
た。 本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドと
の因果関係を示唆する根拠はない。
また、GHAC 試験の被験者 013-0103 は、本試験中止後に尿路感染(urinary tract
infection)の重篤な有害事象を発現した。尿路感染(urinary tract infection)のため
1998 年 11 月 30 日に入院した。1998 年 12 月 3 日に退院した。治験担当医師は、本事
象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データ
を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:013-0113
報告用語:胃腸出血(GASTROINTESTINAL BLEED)、クラス:胃腸出血
886
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
(GASTROINTESTINAL HEMORRHAGE)
GHAC 試験の被験者 013-0113 は、胃腸出血(gastrointestinal bleeding)の重篤な有害
事象を発現した。黒いタール様便(black tarry stools)及び嘔吐(vomiting)を訴えて
1998 年 8 月 18 日に入院した。症状は 1998 年 8 月 17 日から発現した。入院中、内視
鏡検査及び結腸鏡検査が実施され、憩室性疾患(diverticular disease)が認められたも
のの、出血部位は認められなかった。1998 年 8 月 18 日のヘマトクリット値は低かっ
たが、血液 2 単位を輸血すると安定した。1998 年 8 月 20 日に退院し、退院時の記録
によれば、出血部位は特定されなかった。治験担当医師は、胃腸出血
(gastrointestinal bleeding)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はなく、おそらく
骨関節炎(osteoarthritis)に対する非ステロイド性抗炎症薬の使用によるものと判断
した。1998 年 8 月 18 日に抗炎症薬の服用を中止した。本剤の作用機序と臨床の安全
性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はな
い。
症例番号:013-7289
報告用語:SIADH(SIADH)、クラス:ADH 不適合分泌(ADH INAPPROPRIATE)
報告用語:失神(FAINTING)、クラス:失神(SYNCOPE)
GHAC 試験の被験者 013-7289 は、失神(fainting)及び抗利尿ホルモン分泌不適合症
候群 SIADH(syndrome of inappropriate antidiuretic hormone:SIADH)の重篤な有害事
象を発現した。1998 年 1 月 21 日から感冒(cold)による錯乱(confusion)が発現し
ていた。1998 年 1 月 28 日に約 1 分間の失神エピソード(episode of syncope)が発現
し、椅子から転落した。約 10 秒間意識がなかった。緊急治療室に搬送され、ナトリ
ウム 118 meq/L、クロライド 80 meq/L、クレアチニン 0.5 mg/dL で、著しい低ナトリ
ウム血症(hyponatremia)であることが判明した。血清電解質及び浸透圧より血清浸
透圧は 240 mosm/kg、尿浸透圧は 480 mosm/kg、尿中ナトリウムは 86 meq/日で、
SIADH であった。lasix 及び saline が投与された。1998 年 1 月 30 日に transitional care
unit(ICU と一般病棟の中間的存在)に移された。鼻閉(nasal congestion)、咳嗽
(cough)、胸部喘鳴(chest wheezing)が見られた。胸部 X 線検査は問題なかった。
SIADH の原因不明のまま 1998 年 2 月 2 日に退院した。治験担当医師は、これらの事
象事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と
臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する
根拠はない。
症例番号:013-7295
報告用語:腹痛(ABDOMINAL PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:神経根障害(RADICULOPATHY)、クラス:ニューロパチー
(NEUROPATHY)
Patient GHAC-013-7295 experienced serious adverse events of abdominal pain and
radiculopathy. On 5 Mar 1997, the patient developed acute abdominal pain, so she went to
the emergency room and was admitted for observation. An ultrasound of the aorta,
abdominal chest x-ray, and CT of abdomen and pelvis were normal and a pelvic ultrasound
revealed no masses. An electromyogram / nerve conduction study revealed evidence of
possible L3 radiculopathy and an MRI showed evidence of L3/4 nerve root impingement. The
diagnosis was thoracic and lumbosacral radiculopathy of unclear etiology. The patient was
discharged from the hospital on 6 Mar 1997. The investigator indicated the events were
not related to study drug. Taking into consideration the mechanism of action and
clinical safety data, there is no evidence to suspect a relationship between テリパラチド and
the adverse event.
GHAC 試験の被験者 013-7295 は、腹痛(abdominal pain)及び神経根障害
(radiculopathy)の重篤な有害事象を発現した。1997 年 3 月 5 日に急性腹痛
(abdominal pain)を発症して緊急治療室を来訪し、経過観察のため入院した。大動
脈の超音波検査、腹部・胸部 X 線検査、腹部及び骨盤 CT は正常で、骨盤超音波検
査で腫瘤は認められなかった。筋電図/神経伝導検査で L3 神経根障害
(radiculopathy)が示唆され、MRI で L3/4 神経根障害(nerve root impingement)が確
887
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
認された。原因不明の胸部及び腰仙部神経根障害(thoracic and lumbosacral
radiculopathy)と診断された。1997 年 3 月 6 日に退院した。治験担当医師は、これら
の事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性デ
ータを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:014-7304
報告用語:左殿部痛(LEFT HIP PAIN)、クラス:関節痛(ARTHRALGIA)
報告用語:左人工股関節置換(LEFT HIP REPLACEMENT)、クラス:関節障害
(JOINT DISORDER)
GHAC 試験の被験者 014-7304 は、殿部痛(hip pain)の重篤な有害事象を発現した。
左殿部痛(hip pain)及び歩行困難のため 1998 年 1 月 28 日に整形外科医の診察を受
け、人工股関節置換(hip replacement)が勧められた。1998 年 3 月 10 日に左人工股
関節置換(left hip replacement)術が実施された。治験担当医師は、本事象と治験薬
との因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮する
と、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:015-7366
報告用語:気管支炎(BRONCHITIS)、クラス:気管支炎(BRONCHITIS)
GHAC 試験の被験者 015-7366 は、肺気腫(emphysema)の重篤な有害事象を発現し
た。肺気腫(emphysema)及び気管支炎(bronchitis)のため 1997 年 6 月 12 日入院し
た 。albuterol inhaler、Atrovent inhaler、oxygen、prednisone、Lanoxin、doxycycline が
投与された。治験担当医師は、これらの事象と治験薬との因果関係はないと判断し
た。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関
係はない。
症例番号:018-0067
報告用語:膀胱感染(BLADDER INFECTION)、クラス:膀胱炎(CYSTITIS)
報告用語:ウイルス症候群(VIRAL SYNDROME)、クラス:インフルエンザ症候
群(FLU SYNDROME)
報告用語:カンジダ症(THRUSH)、クラス:口腔モニリア症(ORAL
MONILIASIS)
報告用語:酵母菌性腟炎(YEAST VAGINITIS)、クラス:腟炎(VAGINITIS)
GHAC 試験の被験者 018-0067 は、感染(infection)による入院の重篤な有害事象を
発現した。1997 年 7 月 31 日から 1997 年 8 月 2 日まで入院した。膀胱感染(bladder
infection)ではないと診断された。退院時の診断名はカンジダ症(thrush)、酵母菌
性腟炎(yeast vaginitis)、ウイルス症候群の疑い(probable viral syndrome)であっ
た。入院中の症状は悪寒(chills)、脱力(weakness)、腟そう痒(vaginal
itching)、口渇(thirst)などであった。治療は薬物療法であった。治験担当医師
は、これらの事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投
与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:018-7423
報告用語:右大腿骨大転子癒着不能(NONUNION GREATER TROCHANTER R
FEMUR)、クラス:関節障害(JOINT DISORDER)
報告用語:右股関節骨移植((R) HIP BONE GRAFT)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:一過性脳虚血発作(TRANSIENT ISCHEMIC ATTACK)、クラス:脳虚
血(CEREBRAL ISCHEMIA)
報告用語:右股関節脱臼((R) HIP DISLOCATION))、クラス:関節障害
(JOINT DISORDER)
報告用語:右股関節非観血的整復(CLOSED RIGHT HIP REDUCTION)、クラス:
外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:右人工股関節全置換(TOTAL RIGHT HIP REPLACEMENT)、クラス:
関節障害(JOINT DISORDER)
888
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
GHAC 試験の被験者 018-7423 は、股関節脱臼(dislocated hip)の重篤な有害事象を
発現した。初回治験薬投与は 1997 年 1 月 30 日であった。最初の転倒による外傷は
1996 年、最初の人工股関節全置換(total hip replacement)は 1996 年 7 月で、いずれ
も無作為割付けの前であった。1998 年 10 月 14 日 に物を拾おうとして車椅子から身
を乗り出したところ、突然右殿部が「ポン」と音がして、高度の疼痛(pain)を感じ
た。緊急治療室に搬送され、右股関節脱臼 (hip dislocation)と診断され、同日外科
的矯正が必要となった。1998 年 10 月 17 日に退院した。1998 年 12 月 9 日に本被験者
から 1998 年 11 月 20 日に再度股関節が脱臼したと電話で報告があった。右人工股関
節置換(hip replacement)のため 1998 年 12 月 1 日から 1998 年 12 月 6 日まで入院し
た。治験担当医師は、これらの事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤
の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関
係を示唆する根拠はない。
GHAC 試験の被験者 018-7423 は、一過性脳虚血発作(transient ischemic attack)によ
る入院の重篤な有害事象を発現した。右脱力(weakness)、軽度の不明瞭発語
(slurring of speech)が認められ、1998 年 2 月 25 日に入院した。一過性脳虚血発作
(transient ischemic attack)と診断され、1998 年 2 月 26 日に退院した。頚動脈超音波
検査は陰性であった。症状は退院前に消失した。1998 年 2 月 25 日に実施された MRI
で脳梗塞(cerebral infarct)は否定された。薬物治療を受け、事象中も治験薬投与は
継続した。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤
の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関
係を示唆する根拠はない。
症例番号:019-0694
報告用語:間欠性狭心症(ANGINA-INTERMITTENT)、クラス:狭心症(ANGINA
PECTORIS)
報告用語:胸痛(CHEST PAIN)、クラス:胸痛(CHEST PAIN)
GHAC 試験の被験者 019-0694 は、狭心症(angina)の重篤な有害事象を発現した。
1997 年 9 月 13 日に入院し、1997 年 9 月 15 日に順調に退院した。初回治験薬投与は
1997 年 4 月 22 日であった。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと
判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラ
チドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:019-7453
報告用語:肺炎(PNEUMONIA)、クラス:肺炎(PNEUMONIA)
報告用語:脱水(DEHYDRATION)、クラス:脱水(DEHYDRATION)
GHAC 試験の被験者 018-7423 は、肺炎(pneumonia)及び脱水(dehydration)による
入院の重篤な有害事象を発現した。1998 年 5 月 5 日から 1998 年 5 月 8 日まで入院し
た。休暇中に発熱(fever)及び咳嗽(cough)が発現した。入院中、抗生物質及び
IV 輸液が投与された。また、胸部 X 線検査及び洞の CT スキャンが実施された。治
験担当医師は、これらの事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用
機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示
唆する根拠はない。
症例番号:019-7454
報告用語:左回旋筋腱板損傷((L) INJURED ROTATOR CUFF)、クラス:ミオパ
チー(MYOPATHY)
報告用語:左回旋筋腱板修復(LEFT ROTATOR CUFF REPAIR)、クラス:外科手
術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 019-7454 は、左回旋筋腱板断裂(tear in her left rotator cuff)によ
る入院の重篤な有害事象を発現した。1997 年 2 月 22 日にランプを持ち上げている時
に肩を負傷した。肩の MRI で断裂、主に棘上の左遠位鎖骨の変性関節疾患
(degenerative joint disease)及び前肩峰インピンジメント(impingement)が確認され
た。1997 年 4 月 8 日に左肩減圧術及び回旋筋腱板修復が実施された。1997 年 4 月 9
889
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
日に退院した。術後合併症は見られなかった。初回治験薬投与は 1997 年 1 月 8 日で
あった。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本被験
者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:019-7459
報告用語:失神エピソード(SYNCOPE EPISODE)、クラス:失神(SYNCOPE)
GHAC 試験の被験者 019-7459 は、失神エピソード(syncopal episode)による入院の
重篤な有害事象を発現した。初回治験薬投与は 1997 年 1 月 8 日であった。失神・転
倒して頭部を打った。治験薬注射から約 5 分後のことであった。CT スキャン及び身
体検査は正常であった。失神エピソード(syncopal episode)の前に悪心(nausea)、
脱力(weakness)、発汗(diaphoresis)が見られた。意識消失(loss of
consciousness)は約 15 分間であったと推定された。尿失禁(urinary incontinence)が
あった。1997 年 1 月 9 日に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関
係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパ
ラチドとの因果関係はない。
症例番号:020-7508
報告用語:子宮脱(PROLAPSED UTERUS)、クラス:子宮弛緩(UTERINE
ATONY)
報告用語:右水腎症(RIGHT HYDRONEPHROSIS)、クラス:水腎症
(HYDRONEPHROSIS)
報告用語:右尿管ステント装着(RIGHT URETERAL STENT PLACEMENT)、クラ
ス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 020-7508 は、腹痛(abdominal pain)による入院の重篤な有害事
象を発現した。治験薬投与は 1997 年 4 月 18 日から 1998 年 12 月 9 日までであった。
高度の腹痛(abdominal pain)のため 1998 年 12 月 12 日に緊急治療室に搬送された。
腎閉塞(kidney blockage)と診断され、鎮痛薬が処方されて帰宅した。腹痛
(abdominal pain)のため 1998 年 12 月 14 日に再度緊急治療室に搬送され、帰宅し
た。1998 年 12 月 15 日に入院した。1998 年 12 月 21 日に腎閉塞(kidney blockage)
を緩和するためステント装着(stent placement)手術が実施された。1998 年 12 月 24
日に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。
本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係は
ない。
症例番号:022-0092
報告用語:右腕骨折(BROKEN RIGHT ARM)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
GHAC 試験の被験者 022-0092 は、転倒時の右腕骨折(fracture of her right arm)によ
る入院の重篤な有害事象を発現した。1997 年 2 月 28 日に転倒して入院し、同日に緊
急手術が実施された。ピンが留置され、鎮痛薬が投与された。初回治験薬投与は
1997 年 4 月 21 日であった。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと
判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラ
チドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:022-7542
報告用語:人工股関節置換(HIP REPLACEMENT)、クラス:関節障害(JOINT
DISORDER)
報告用語:右腹部ヘルニア((R)ABDOMINAL HERNIA)、クラス:ヘルニア
(HERNIA)
GHAC 試験の被験者 022-7542 は、股関節手術による入院の重篤な有害事象を発現し
た。1997 年 2 月 19 日から 1997 年 2 月 27 日まで入院した。右股関節の変性関節疾患
(degenerative joint disease)のため人工股関節置換術が実施された。初回治験薬投与
は 1997 年 1 月 22 日であった。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はな
いと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリ
890
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
パラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
GHAC 試験の被験者 022-7542 は、腹部ヘルニア(abdominal hernia)による入院の重
篤な有害事象を発現した。1998 年 5 月 4 日に右腹痛(abdominal pain)が発現した。
同日に緊急の右ヘルニア修復が実施された。3 日間入院し、術後の経過は良好であっ
た。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用
機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示
唆する根拠はない。
症例番号:023-7571
報告用語:上唇及び左後頚部の皮膚癌(SKIN CANCER UPPER LIP & BACK OF
LEFT NECK)、クラス:皮膚癌(SKIN CARCINOMA)
報告用語:入院を要する左股関節部骨折(FRACTURE OF LEFT HIP REQUIRING
HOSPITALIZATION)クラス:事故による外傷(ACCIDENTAL INJURY)
GHAC 試験の被験者 023-7571 は上唇及び後頚部の皮膚癌(skin cancer)の重篤な有
害事象を発現した。本被験者は、1997 年 4 月 30 日に皮膚科を受診し、左頚部、左上
唇及び後頚部の皮膚の生検を受けた。病理報告では左頚部の日光性角化症(actinic
keratosis)、左上唇の基底細胞癌(basal cell carcinoma)及び後頚部の扁平上皮癌
(squamous cell carcinoma)の所見であった。1997 年 5 月 12 日から 10 日間の放射線
治療(radiation treatment)を受けた。31 年間の喫煙歴を有していた。治験担当医師
は、本事象とテリパラチドの間に因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ
投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
GHAC 試験の被験者 023-7571 は左股関節部骨折(fracture of left hip)の重篤な有害事
象のため試験を中止した。1997 年 8 月 12 日に実施された骨スキャン(bone scan)で
左股関節部骨折(fracture of left hip)と診断された。手術のため 1997 年 8 月 18 日に
入院し、左股関節に 2 本のピンを刺入した。1997 年 8 月 21 日に療養所に移り、そこ
で 1 週間滞在した。その時高度の疼痛(pain)を有していたため、1997 年 8 月 10 日
に治験薬の投与を中止し、その後試験を中止した。治験担当医師は、本事象とテリ
パラチドの間に因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていた
ため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:024-7602
報告用語:骨関節炎(OSTEOARTHRITIS)、クラス:関節炎(ARTHRITIS)
報告用語:頻脈(TACHYCARDIA)、クラス:頻脈(TACHYCARDIA)
GHAC 試験の被験者 024-7602 は、関節炎(arthritis)の重篤な有害事象を発現した。
初回治験薬投与は 1997 年 4 月 22 日であった。骨関節炎(osteoarthritis)悪化のため
待機的な右人工膝関節全置換術が予定されていた。手術は 1998 年 5 月 15 日に実施
された。入院中の 1998 年 5 月 17 日に頻脈(tachycardia)が発現した。これは失血
(blood loss)及びヘモグロビン減少(decreased hemoglobin)による低血圧
(hypotension)によるものであった。血液 4 単位が輸血された。また、遠隔測定が
実施された。1998 年 5 月 22 日にリハビリ病棟に移され、1998 年 6 月 2 日に帰宅し
た。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用
機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示
唆する根拠はない。
症例番号:024-7603
報告用語:不慮の転倒による頤裂傷(CHIN LACERATION DUE TO ACCIDENTAL
FALL)、クラス:事故による外傷(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:不慮の転倒による顎の骨折(JAW FRACTURE DUE TO ACCIDENTAL
FALL)、クラス:事故による外傷(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:不慮の転倒による肋骨骨折(RIB FRACTURES DUE TO ACCIDENTAL
FALL)、クラス:事故による外傷(ACCIDENTAL INJURY)
GHAC 試験の被験者 024-7603 は、転落による入院の重篤な有害事象を発現した。初
回治験薬投与は 1997 年 4 月 8 日であった。1998 年 9 月 25 日につまずいて 4 段ほど
891
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
転落し、緊急治療室に搬送され入院した。脊髄 X 線検査及び頭部 CT スキャンが実
施された。胸部 X 線検査で第 2 及び第 4 肋骨の前肋骨骨折が認められたが、気胸
(pneumothorax)、浸潤(infiltrate)、滲出液(effusion)は見られなかった。また、
心臓シルエットは正常であった。頭部 CT で頭蓋底骨折(basilar skull fracture)では
ないことが確認された。側頭骨 CT で condylar head の内側変位(medial
displacement)を伴う両側 condylar neck の粉砕骨折(comminuted fracture)であること
が確認された。両側 condylar head の脱臼(dislocation of the condylar head)が見られ
た。また、左顎関節後壁を形成する左側頭骨の鼓室部骨折も認められた。左耳から
の出血、頤裂傷、左顎挫傷・骨折、肋骨骨折(2 本)が認められた。頤裂傷は 9 針縫
った。1998 年 9 月 27 日に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係
はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラ
チドとの因果関係はない。
症例番号:026-7666
報告用語:顔面基底細胞癌(BASAL CELL CARCINOMA TO FACE)、クラス:皮膚
癌(SKIN CARCINOMA)
GHAC 試験の被験者 026-7666 は、癌(cancer)の重篤な有害事象を発現した。治験
薬投与は 1997 年 5 月 9 日から 1998 年 12 月 8 日までであった。顔面の左こめかみ部
分に基底細胞癌(basal cell carcinoma)を発症した。1999 年 1 月 29 日に癌を摘出し
た。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用
機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示
唆する根拠はない。
症例番号:026-7669
報告用語:悪性線維性組織球腫(MALIGNANT FIBROUS HISTIOCYTOMA)、クラ
ス:新生物(NEOPLASM)
GHAC 試験の被験者 026-7669 は、悪性線維性組織球腫(malignant fibrous
histiocytoma)の重篤な有害事象のため本試験を中止した。1998 年 4 月 29 日の治験来
院時に右大腿部に 7 cm の硬い組織腫瘤(tissue mass)が認められた。本被験者は数
週間前から腫瘤に気づいていた。直ちに治験薬投与を中止するよう指示された。
1998 年 5 月 5 日に右大腿部の磁気共鳴画像検査を実施した。転移性疾患は認められ
なかったと口頭で報告された。胸部 CT スキャンが 2 回実施されたが、いずれも陰性
であった。1998 年 5 月 21 日の生検で悪性線維性組織球腫(malignant fibrous
histiocytoma)であることが確認された。右大腿部軟部組織肉腫(soft tissue sarcoma)
切除の前に術前放射線療法が実施された。最終病理報告では悪性線維性組織球腫
(malignant fibrous histiocytoma)であった。切除された肉腫の断端は陰性であった。
放射線療法の顕著な効果が腫瘍に認められた。1998 年 6 月 2 日に本試験を中止し
た。1998 年 12 月 18 日に身体検査が実施された。本被験者は約 1 cm の左上腕病変と
その下内側の斑状出血部分に気づいていた。また、左大腿部前外側の皮膚の下にあ
る小さい病変にも気づいていた。上腕の病変は柔らかく、左大腿部は無症候であっ
た。頚動脈雑音は認められなかった。腋窩に 2/6 全収縮期雑音(holosystolic
murmur)が認められた。肺に異常はなかった。乳房は正常で、右上部が若干隆起し
ていた。腹部に肝脾腫大(hepatosplenomegaly)は認められなかった。体調は良好で
あったが、1 日約 4 回排便があり、体重が 35 ポンド減少した。下痢(diarrhea)は放
射線の影響によるものと考えられた。喫煙歴はなかった。治験担当医師は、本事象
と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の
安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠は
ない。
右大腿部軟部組織肉腫(soft tissue sarcoma)切除のため、治験薬中止から 3 ヵ月後の
1998 年 8 月 4 日に入院した。1999 年 8 月 4 日の病理報告で悪性線維性組織球腫
(malignant fibrous histiocytoma)と確定診断された。1999 年 8 月 12 日にリハビリテ
ーションケアセンターに移された。1999 年 8 月 19 日にリハビリテーションセンター
から退院して帰宅した。右大腿部手術部位が治癒しないので 1999 年 8 月 24 日に再
892
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
入院した。漿液腫(seroma)及び創し開(wound dehiscence)に対して洗浄及びデブ
リードマン、続いて外科的縫合が行われた。入院中、漿液腫(seroma)が再形成さ
れたので、1999 年 9 月 10 日に右大腿部漿液腫(seroma)の切開排膿が行われた。
hemovac ドレーンを装着したまま 1999 年 9 月 11 日に退院した。順調に回復し、職場
に復帰した。治験担当医師は、漿液腫(seroma)の重篤な有害事象と治験薬又は治
験手順の間に因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを
考慮すると、これらの事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:028-7727
報告用語:放屁(GAS)、クラス:鼓腸(FLATULENCE)
報告用語:腹痛(ABDOMINAL PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:穿孔性胃潰瘍(PERFORATED GASTRIC ULCER)、クラス:穿孔性胃潰
瘍(PERFORATED STOMACH ULCER)
報告用語:試験開腹と大網パッチ修復(EXPLORATORY LAPAROTOMY WITH
OMENTAL PATCH REPAIR)、クラス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:口唇基底細胞癌(BASAL CELL CARCINOMA ON LIP)、クラス:皮膚
癌(SKIN CARCINOMA)
報告用語:頤基底細胞癌(BASAL CELL CARCINOMA ON CHIN)、クラス:皮膚癌
(SKIN CARCINOMA)
初回治験薬投与は 1997 年 3 月 27 日であった。高度の腹痛(abdominal pain)を訴
え、1998 年 3 月 26 日に入院した。穿孔性潰瘍(perforated ulcer)の手術が実施され
た。本事象及び暗色便(dark stool)が発現するまでの 3 週間放屁(gas)が持続した
が、本被験者は慢性便秘(constipation)によるものと考えた。1998 年 3 月 26 日の立
位胸部 X 線検査で右隔膜の下に遊離ガスが認められた。1998 年 3 月 30 日に退院し
た。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はなく、消化性潰瘍疾患(peptic
ulcer disease)を引き起こすことが知られている非ステロイド性抗炎症薬の長期使用
によるものと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリ
パラチドとの因果関係はない。
GHAC 試験の被験者 028-7727 は、癌(cancer)の重篤な有害事象を発現した。上唇
病変及び頤小結節の生検が実施された。上唇病変は約 2 ヵ月前から、頤小結節は 15
年前から見られた。生検で基底細胞癌であることが確認された。1999 年 2 月 1 日に
切除が予定されている。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判
断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因
果関係はない。
症例番号:030-0725
報告用語:僧帽弁障害(MITRAL VALVE DISORDER)、クラス:心血管障害
(CARDIOVASCULAR DISORDER)
報告用語:息切れ(SHORTNESS OF BREATH)、クラス:呼吸困難(DYSPNEA)
報告用語:起坐呼吸(ORTHOPNEA)、クラス:呼吸困難(DYSPNEA)
報告用語:うっ血性心不全(CONGESTIVE HEART FAILURE)、クラス:うっ血性
心不全(CONGESTIVE HEART FAILURE)
GHAC 試験の被験者 030-0725 は、うっ血性心不全(congestive heart failure)の重篤な
有害事象を発現した。初回治験薬投与は 1997 年 4 月 24 日であった。1997 年 2 月 15
日から呼吸困難(dyspnea)が発現した。急性うっ血性心不全(congestive heart
failure)、起坐呼吸(orthopnea)、労作性呼吸困難(dyspnea on exertion)と診断さ
れ、1997 年 7 月 16 日に入院した。心臓カテーテルで重大な僧帽弁不全(mitral
insufficiency)及び僧帽弁石灰化(calcified mitral valve)が確認された。1997 年 7 月
16 日の EKG は正常であった。その際の肺評価は陰性であった。1997 年 7 月 17 日に
僧帽弁置換が実施された。術後出血(post-operative bleeding)が見られ、右側に胸腔
チューブを留置して対処した。その後、容量過負荷(volume overload)、少量の胸水
(pleural effusion)、COPD、うっ血性心不全(congestive heart failure)による中等度
の肺機能不全(pulmonary dysfunction)を発症した。これには利尿薬が投与された。
893
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
COPD の治療は呼吸器科医が行った。Coumadin 投与が開始された。リハビリ中に徐
脈頻脈症候群(tachy-bradycardia syndrome)が発現し、心拍数をコントロールするペ
ースメーカー及び薬剤治療が必要になった。1997 年 7 月 18 日に EKG 異常から接合
部調律(junctional rhythm)であることが確認された。心拍数が 1 分間あたり 37 拍減
少した。1997 年 7 月 19 日の胸部 X 線検査で左肺底無気肺(left basilar atelectasis)増
加及び胸水(pleural effusion)が確認された。利尿及びペースメーカー留置により著
しい改善が認められた。自宅療養の準備を整え、1997 年 7 月 30 日に退院した。
Coumadin 療法のため本試験を中止した。治験担当医師は、これらの事象と治験薬と
の因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮する
と、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:030-7808
報告用語:胸部絞扼感(CHEST TIGHTNESS)、クラス:胸痛(CHEST PAIN)
GHAC 試験の被験者 030-7808 は、胸部絞扼感(chest tightness)による入院の重篤な
有害事象を発現した。1998 年 1 月 21 日に入院した。初回治験薬投与は 1997 年 5 月 4
日であった。EKG は正常であったが、下壁心筋梗塞(inferior wall myocardial
infarction)の可能性は否定できなかった。時折期外収縮(premature beats)が認めら
れたが、その他の異常はなかった。連続 EKG で前部 ST-T 変化(anterior ST-T
changes)は認められたものの、重大な異常はなかった。心臓カテーテルで血栓を形
成していると考えられる無動部分が 1 ヵ所確認された。Coumadin 投与を受けながら
退院し、治験実施計画書の規定に従って本試験を中止した。治験担当医師は、本事
象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データ
を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:031-7825
報告用語:胸痛(CHEST PAIN)、クラス:胸痛(CHEST PAIN)
報告用語:胃食道逆流(GASTRO ESOPHAGEAL REFLUX)、クラス:胃腸障害
(GASTROINTESTINAL DISORDER)
報告用語:心窩部痛(EPIGASTRIC PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:貧血(ANEMIA)、クラス:貧血(ANEMIA)
報告用語:心房細動(ATRIAL FIBRILLATION)、クラス:心房細動(ATRIAL
FIBRILLATION)
報告用語:前庭部胃炎(ANTRAL GASTRITIS)、クラス:胃炎(GASTRITIS)
GHAC 試験の被験者 031-7825 は、胸痛(chest pain)の重篤な有害事象を発現した。
1997 年 1 月 17 日に入院し、1997 年 1 月 18 日に退院した。おそらく胃食道逆流
(gastroesophageal reflux)であると診断された。治験担当医師は、本事象と治験薬と
の因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象
とテリパラチドとの因果関係はない。
GHAC 試験の被験者 031-7825 は、心窩部胸痛(epigastric chest pain)の重篤な有害事
象を発現した。心房細動(atrial fibrillation)及び頻回心室応答(rapid ventricular
response)のため 1997 年 3 月 26 日に入院した。薬物療法のみでは奏効しなかった。
また、原因不明の貧血(anemia)と診断された。1997 年 4 月 2 日に内視鏡検査及び
結腸鏡検査が実施された。鉄欠乏性貧血(iron deficient anemia)であった。更に、軽
度の前庭部胃炎(antral gastritis)、軽度の食道炎(esophagitis)、結腸ポリープ
(colon polyp)、憩室症(diverticulosis)と診断された。入院が 1997 年 4 月 4 日まで
延長された。治験担当医師は、これらの事象と治験薬との因果関係はないと判断し
た。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関
係はない。
症例番号:031-7835
報告用語:背部痛(BACK PAIN)、クラス:背部痛(BACK PAIN)
報告用語:股関節部骨折(FRACTURED HIP)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
894
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
GHAC 試験の被験者 031-7835 は、左股関節部骨折(fractured left hip)による入院の
重篤な有害事象を発現した。1997 年 4 月 21 日に転倒して入院し、1997 年 4 月 22 日
に観血的整復及び内固定が実施された。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果
関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事
象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
GHAC 試験の被験者 031-7835 は、背部痛(back pain)の重篤な有害事象を発現し
た。1997 年 5 月 29 日から 1997 年 6 月 4 日まで入院した。別の市に住む姪と暮らす
ために引っ越しすることになり、本試験への参加が継続できなくなった。治験担当
医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の
安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠は
ない。
症例番号:032-7846
報告用語:左乳房乳癌(BREAST CANCER、LEFT BREAST)、クラス:乳癌
(BREAST CARCINOMA)
報告用語:左乳房の部分乳房切除及び腋窩リンパ節症(PARTIAL MASTECTOMY
WITH AXILLARY LYMPHADENOPATHY LEFT BREAST)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 032-7846 は、左乳房乳癌(breast cancer、left breast)の重篤な有
害事象のため本試験を中止した。1997 年 7 月 14 日に毎年定期的に受けるマンモグラ
ムを受け、左乳房に病変が確認された。これらの変化は前回の検査では見られなか
った。1997 年 8 月 28 日に直視下生検が実施され、病変が癌であることが確認され
た。1997 年 9 月 8 日に部分乳房切除(partial mastectomy)及び腋窩リンパ節切除
(axillary lymphadenectomy)が実施された。合併症を発症することなく回復し、1997
年 9 月 10 日に退院した。手術部位が治癒したら放射線療法を開始する予定である。
40 年間の喫煙歴があった。1979 年から 1981 年まで HRT(種類は不明)を受けてい
た。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本被験者は
プラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:034-7909
報告用語:右脛基底細胞癌-増殖(GROWTH -RIGHT SHIN(BASAL CELL
CARCINOMA))、クラス:皮膚癌(SKIN CARCINOMA)
報告用語:鼻出血-複数回(EPITAXIS-MULTIPLE)、クラス:鼻出血
(EPISTAXIS)
GHAC 試験の被験者 034-7909 は、鼻出血(epistaxis)の重篤な有害事象を発現し
た。初回治験薬投与は 1997 年 1 月 7 日であった。1997 年 10 月 17 日に鼻出血
(epistaxis)を訴えて緊急治療室を来訪し、鼻に詰め物をして帰宅した。1997 年 10
月 18 日も出血(bleeding)が続いて再度緊急治療室を来訪し、鼻に詰め物をして帰
宅した。1997 年 10 月 19 日には出血が更にひどくなり、再度緊急治療室を来訪した
が、出血を止めることができなかった。1997 年 10 月 20 日に入院した。出血は 1997
年 10 月 22 日まで持続した。1997 年 10 月 24 日に詰め物を外した。治験担当医師
は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受
けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
GHAC 試験の被験者 034-7909 は、癌(cancer)の重篤な有害事象を発現した。本被
験者によれば、右脛で 5 年間増殖していた病変の生検が 1998 年 11 月 19 日に実施さ
れ、基底細胞癌(basal cell carcinoma)と診断された。1998 年 11 月 30 日に増殖した
病変は切除された。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断し
た。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関
係はない。
症例番号:037-1003
報告用語:左下肢骨折(LEFT LEG FRACTURE)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
895
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
GHAC 試験の被験者 037-1003 は、転倒(fall)による入院の重篤な有害事象を発現し
た。左下肢を骨折し(fractured her left leg)、手術のため 1997 年 11 月 2 日に入院し
た。1997 年 11 月 2 日の膝 X 線検査で膝蓋骨中間部の横骨折(transverse fracture)で
あることが確認された。膝蓋骨表面前部に顕著な軟部組織腫脹(soft tissue swelling)
が認められた。上膝蓋滲出液(suprapatellar effusion)が見られた。1997 年 11 月 3 日
に骨折した膝蓋骨の内固定による観血的整復が実施された。術後の膝 X 線検査で、
左膝蓋骨に留置した 2 本のピンと 8 本のワイヤが粉砕骨折(comminuted fracture)部
位を貫通しているのが確認された。紅斑(erythema)、分泌物(discharge)、腫脹
(swelling)は見られなかった。下肢外側に斑状出血(ecchymosis)が認められた。
膝固定装具が装着され、理学療法が実施された。1997 年 11 月 6 日に退院した。足の
動性浮腫(dependent edema)のため 1997 年 11 月 8 日に緊急治療室を来訪した。本
被験者によれば、退院翌日足を上げていなかった。膝窩動脈脈(popliteal pulse)及
び足脈拍(pedal pulse)が認められた。ふくらはぎは柔らかく、圧痛はなかった。放
射線科医によれば、血栓症(thrombosis)ではなかった。左足を上げておくよう指示
されて 4 時間後に退院した。初回治験薬投与は 1997 年 2 月 27 日であった。治験担
当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投
与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:039-1066
報告用語:転移性卵巣癌(METASTATIC OVARIAN CANCER)、クラス:癌
(CARCINOMA)
GHAC 試験の被験者 039-1066 は、癌(cancer)の重篤な有害事象を発現した。治験
薬投与は 1997 年 2 月 11 日から 1998 年 10 月 1 日までであった。右上腹部痛(right
upper quadrant pain)、嘔吐(vomiting)、下痢(diarrhea)のため、1997 年 11 月 22
日に主治医の診察を受けた。精密検査で腹水(ascites)を伴う骨盤腔内腫瘤(pelvic
mass)が確認された。診断のための開腹術が実施され、転移性卵巣癌(metastatic
ovarian carcinoma)であることが判明した。腹式子宮摘出術、両側卵管卵巣摘出術、
病期分類が実施された。現在、化学療法及び中心静脈カテーテルが必要である。
1998 年 10 月 1 日に治験薬投与を中止し、本試験を中止する。治験担当医師は、本事
象と治験薬との因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていた
ため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:039-1070
報告用語:ROBINUL に対するアレルギー(ALLERGY TO ROBINUL)、クラス:ア
レルギー反応(ALLERGIC REACTION)
報告用語:胸痛(CHEST PAIN)、クラス:胸痛(CHEST PAIN)
報告用語:心窩部痛(EPIGASTRIC PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:術後の悪心・嘔吐(POST OP NAUSEA/VOMIT)、クラス:悪心・嘔吐
(NAUSEA AND VOMITING)
報告用語:右回旋筋腱板断裂(RIGHT ROTATOR CUFF TEAR)、クラス:ミオパチ
ー(MYOPATHY)
報告用語:右回旋筋腱板修復(RIGHT ROTATOR CUFF REPAIR)、クラス:外科手
術手技(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:部分的肩峰切除術(PARTIAL ACROMIONECTOMY)、クラス:外科手
術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 039-1070 は、右回旋筋腱板断裂(right rotator cuff tear)の重篤な
有害事象を発現した。初回治験薬投与は 1997 年 6 月 5 日であった。外科的修復のた
め 1998 年 7 月 27 日に入院した。術前投薬(Robinul 及び Morphine)直後に高度の激
しい胸痛(chest pain)及び心窩部痛(epigastric pain)が発現した。心事象の発現に
備えて重症管理室に搬送された。鎮痛のため nitroglycerin(舌下)及び morphine が投
与された。EKG 及び X 線検査で特筆すべき所見はなかった。タリウムストレス試験
も実施された。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。
胸痛(chest pain)は術前投薬によるものであった。本剤の作用機序と臨床の安全性
896
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
GHAC 試験の被験者 039-1070 は、右回旋筋腱板修復(right rotator cuff repair)の重篤
な有害事象を発現した。これは先の胸痛(chest pain)のため延期された手術であっ
た。過去 1 年間に右肩痛(shoulder pain)が激しくなってきたので、1998 年 7 月 30
日に手術が実施された。部分的肩峰切除術(partial acromionectomy)であった。術後
の悪心・嘔吐(post-operative nausea and vomiting)が発現した。治験担当医師は、本
事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性デー
タを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:040-1090
報告用語:食道痙攣(ESOPHAGEAL SPASM)、クラス:食道炎(ESOPHAGITIS)
GHAC 試験の被験者 040-1090 は、1997 年 1 月 17 日に胸骨下痛(substernal pain)の
重篤な有害事象を発現した。Mylanta を服用してすぐに軽快した。経過観察のため一
晩入院した。ストレス試験で特に心臓に問題はなかった。EKG、胸部 X 線検査、血
液検査はすべて正常であった。1997 年 1 月 18 日に退院し、Zantac の服用が指示され
た。食道炎(esophagitis)と診断された。本事象発現時、息切れ(shortness of
breath)も見られ、少しめまいがした。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関
係はないと判断した。本剤の作用機序、臨床の安全性データ、本被験者の十二指腸
潰瘍(duodenal ulcer)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係
を示唆する根拠はない。
症例番号:040-1096
報告用語:右肩痛(PAIN SHOULDER(RT))、クラス:疼痛(PAIN)
報告用語:頚部痛(NECK PAIN)、クラス:頚部痛(NECK PAIN)
報告用語:顎痛(JAW PAIN)、クラス:疼痛(PAIN)
報告用語:頚部拍動(PULSATION IN NECK)、クラス:血管拡張
(VASODILATATION)
GHAC 試験の被験者 040-1096 は、頚部拍動(palpitation in her neck)の重篤な有害事
象を発現した。1998 年 1 月 14 日から 1998 年 1 月 15 日まで入院した。本被験者は、
頚部拍動(pulsation in her neck)は心臓に原因があるかもしれないと考えた。EKG 及
びストレス検査の結果は正常であった。病院のスタッフは、本事象は頚部の関節炎
(arthritis)によるものと判断した。1998 年 1 月 14 日に頚部変性関節疾患
(degenerative joint disease)と診断された。治療は薬物及び温熱療法であった。治験
担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨
床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根
拠はない。
症例番号:040-1098
報告用語:左全膝関節置換(TOTAL KNEE(LT)ARTHROPLASTY)、クラス:外
科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 040-1098 は、1997 年 9 月 2 日に左全膝関節置換による入院の重
篤な有害事象を発現した。この手術は、1996 年 1 月の骨折を修復するため、本試験
参加前から予定されていた。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はない
と判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパ
ラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
GHAC 試験の被験者 040-1098 は、腎結石(kidney stones)の有害事象のため本試験
を中止した。1997 年 12 月 5 日に入院した。CT スキャンで石灰化を伴う左腎臓腎
盂・尿管腫大(内臓機能に影響を及ぼす程度)が確認された。初回治験薬投与は
1997 年 3 月 10 日、最終治験薬投与は 1997 年 12 月 21 日であった。治験担当医師
は、本事象は治験薬とおそらく関連性があると判断した。臨床の安全性データから
は本事象と治験薬との因果関係は考えられないものの、完全に否定することもでき
ない。
症例番号:041-0650
897
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
報告用語:子宮脱(PROLAPSED UTERUS)、クラス:子宮弛緩(UTERINE
ATONY)
GHAC 試験の被験者 041-0650 は、子宮脱(prolapsed uterus)の重篤な有害事象を発
現した。子宮全摘のため 1997 年 8 月 6 日に入院した。1997 年 8 月 7 日に退院した。
術後の経過は順調であった。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はない
と判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパ
ラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:041-1116
報告用語:一過性脳虚血発作(TRANSIENT ISCHEMIC ATTACK)、クラス:脳虚
血(CEREBRAL ISCHEMIA)
GHAC 試験の被験者 041-1116 は、一過性脳虚血発作(transient ischemic attack)によ
る入院の重篤な有害事象を発現した。診断のため 1997 年 6 月 22 日に入院した。
1997 年 6 月 24 日に退院した。初回治験薬投与は 1997 年 2 月 28 日、最終治験薬投与
は 1997 年 10 月 6 日であった。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はな
いと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリ
パラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:041-1130
報告用語:基底細胞癌-前額部(BASAL CELL CARCINOMA-FOREHEAD)、クラ
ス:皮膚癌(SKIN CARCINOMA)
報告用語:基底細胞癌-頚部(BASAL CELL CARCINOMA-NECK)、クラス:皮膚
癌(SKIN CARCINOMA)
報告用語:基底細胞癌(BASAL CELL CARCINOMA)、クラス:皮膚癌(SKIN
CARCINOMA)
報告用語:肺の被包性真菌(ENCAPSULATED FUNGUS ON LUNG)、クラス:感
染(INFECTION)
報告用語:肺の真菌の外科的除去(SURGICAL REMOVAL OF FUNGUS ON
LUNG)、クラス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 041-1130 は、癌(cancer)の重篤な有害事象を発現した。1977
年及び 1982 年に癌と診断されていた。3 年間の喫煙歴があった。初回治験薬投与は
1997 年 2 月 28 日であった。1997 年 5 月の無作為化を行う来院日に、治験実施施設に
頚部及び前額部の基底細胞癌(basal cell carcinoma)であることを告げた。1997 年 2
月 20 日の生検でこのことが確認された。1997 年 5 月 5 日に除去された。1997 年 8 月
に初めて鼻病変に気づいた。1997 年 8 月 29 日に生検が実施され、また基底細胞癌
(basal cell carcinoma)が確認され、1997 年 10 月 17 日に除去された。過去に浮動性
めまい(dizziness)及び心雑音(heart murmur)が発現した。このことを新しい主治
医に話すと、予防的に詳細な身体検査及び通常の胸部 X 線検査が実施された。肺の
被包性真菌は無症候であった。肺生検のため 1998 年 6 月 25 日に入院し、肺組織に
被包性真菌が確認された。1997 年 6 月 25 日から 1997 年 7 月 1 日まで治験薬投与を
中止した。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤
の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関
係を示唆する根拠はない。
症例番号:043-0050
報告用語:カテーテル留置(CATHERIZATION)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:三枝バイパス(TRIPLE BY-PASS)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 043-0050 は、冠動脈疾患(coronary artery disease)による入院の
重篤な有害事象を発現した。初回治験薬投与は 1997 年 4 月 3 日であった。2 週間の
過度の体重増加(weight gain)を懸念して 1998 年 10 月 6 日に主治医の診察を受け
た。主治医から放射線科医を紹介され、1998 年 10 月 7 日に心カテーテルが実施され
898
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
た。心カテーテルで三枝冠動脈疾患(three vessel coronary artery disease)が確認され
た。1998 年 10 月 8 日に三枝冠動脈バイパス移植が実施されたが、術中にクランプを
かけた大動脈に大動脈解離(aortic dissection)が発現した。入院中の 1998 年 10 月 14
日に軟便(loose stools)が見られた。培養でクロストリジウム・ディフィシレが検出
された。これに対して metronidazole が投与された。1998 年 10 月 17 日に新たな心房
細動(atrial fibrillation)が認められた。diltiazem drip が投与されたが奏効しなかっ
た。amiodorone に切り替えられ奏効した。順調に洞調律正常で 1998 年 10 月 21 日に
退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤
の作用機序、臨床の安全性データ、本被験者の心臓血管疾患(cardiovascular
disease)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根
拠はない。
症例番号:142-6717
報告用語:殿部痛(HIP PAIN)、クラス:関節痛(ARTHRALGIA)
報告用語:人工股関節置換 DX(HIP REPLACEMENT DX)、クラス:関節障害
(JOINT DISORDER)
報告用語:薬物中毒(DRUG INTOXICATION)、クラス:過量投与(OVERDOSE)
報告用語:左腓骨骨折(FRACTURE LEFT FIBULA)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
GHAC 試験の被験者 142-6717 は、急性右殿部痛(hip pain)の重篤な有害事象を発現
した。初回治験薬投与は 1997 年 6 月 17 日であった。1997 年 10 月 30 日から急性疼
痛(acute pain)が発現した。1997 年 11 月 10 日に整形外科に入院し、1997 年 11 月
11 日に人工股関節置換(hip replacement)が実施された。術後の経過は順調であっ
た。1998 年 2 月 4 日にリハビリクリニックに移された。治験担当医師は、本事象と
治験薬との因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたた
め、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
GHAC 試験の被験者 142-6717 は、1998 年 3 月 12 日に左下肢骨折(broken left leg)の
重篤な有害事象を発現した。金品を強奪した強盗に過量の benzodiazapines を飲まさ
れた。入院後もまだめまいがしており、付き添いなしで行ったトイレで滑って左腓
骨を骨折した。リハビリセンターに移ってから、二重骨折(double fracture)である
ことが判明した。1998 年 4 月 7 日に退院し、1998 年 4 月 23 日にギブスを外した。
1998 年 5 月 22 日現在、体調は良好で、再び介助なく生活していた。過量投与
(overdose)は、直ちに入院したので生命を脅かすものではないと考えられた。治験
担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ
投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:142-6723
報告用語:左肩骨折(FRACTURE OF LEFT SHOULDER)、クラス:事故による外
傷(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:左肩置換(REPLACEMENT OF LEFT SHOULDER)、クラス:外科手術
手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 142-6723 は、左肩骨折(left shoulder fracture)による入院の重篤
な有害事象を発現した。初回治験薬投与は 1997 年 6 月 20 日であった。1998 年 12 月
25 日に凍結した階段で滑って左肩を骨折した。1999 年 1 月 12 日まで入院した。矯
正治療は 1998 年 12 月 28 日の肩関節置換(shoulder replacement)であった。治験担
当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床
の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠
はない。
症例番号:142-6724
報告用語:過骨症(HYPEROSTOSIS)、クラス:骨障害(BONE DISORDER)
報告用語:過骨症除去(REMOVAL OF HYPEROSTOSIS)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
899
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
GHAC 試験の被験者 142-6724 は、過骨症(hyperostosis)による入院の重篤な有害事
象を発現した。初回治験薬投与は 1997 年 7 月 1 日であった。1950 年に発症し悪化し
た過骨症(hyperostosis)の外科的修復のため 1998 年 12 月 8 日に入院した。治験担
当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床
の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠
はない。
症例番号:142-6725
報告用語:椎間板すべり症(DISC SLIPPED)、クラス:背部痛(BACK PAIN)
GHAC 試験の被験者 142-6725 は、背部痛(back pain)の重篤な有害事象を発現し
た。1997 年 6 月 30 日に骨生検が実施された。腰部及び右股関節に背部痛(back
pain)が発現した。生検部位に疼痛はなかった。1997 年 7 月 3 日に入院した。26 時
間後に退院した。antiphlogistic drug が 2 回注入された。L1-5 椎骨の CT スキャンで
L5-S1 に椎間板脱出(discus prolapse)が認められた。保存療法を実施することに
し、退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。
本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因
果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:143-2567
報告用語:高血圧(HYPERTENSION)、クラス:高血圧(HYPERTENSION)
GHAC 試験の被験者 143-2567 は、高血圧(hypertension)の重篤な有害事象を発現し
た。初回治験薬投与は 1997 年 3 月 20 日であった。1997 年 4 月 20 日から 1997 年 4
月 30 日まで入院した。血圧は数日で正常になった。薬物治療を受けた。治験担当医
師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用機序、臨床の安
全性データ、本被験者の 1996 年からの高血圧(hypertension)の既往歴を考慮する
と、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:143-2569
報告用語:一過性脳虚血発作(ISCHEMIC ATTACK TRANSIENT)、クラス:脳虚
血(CEREBRAL ISCHEMIA)
報告用語:浮動性めまい(DIZZINESS)、クラス:浮動性めまい(DIZZINESS)
報告用語:頭痛(HEADACHE)、クラス:頭痛(HEADACHE)
報告用語:悪心(NAUSEA)、クラス:悪心(NAUSEA)
報告用語:排尿困難(DYSURIA)、クラス:排尿困難(DYSURIA)
報告用語:背部痛(BACK PAIN)、クラス:背部痛(BACK PAIN)
報告用語:発熱(FEVER)、クラス:発熱(FEVER)
報告用語:血尿(HEMATURIA)、クラス:血尿(HEMATURIA)
報告用語:膀胱炎(CYSTITIS)、クラス:膀胱炎(CYSTITIS)
GHAC 試験の被験者 143-2569 は、一過性意識消失(loss of consciousness)による入
院の重篤な有害事象を発現した。1996 年 12 月 15 日から 5 日間入院した。院内報告
によれば、浮動性めまい(dizziness)、頭痛(headache)、悪心(nausea)が発現し
た。運動機能障害はなかった。順調に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬
との因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事
象とテリパラチドとの因果関係はない。
GHAC 試験の被験者 143-2569 は、背部痛(back pain)、排尿困難(dysuria)、発熱
(fever)の重篤な有害事象を発現した。初回治験薬投与は 1997 年 3 月 12 日であっ
た。1998 年 4 月 8 日に入院した。腎仙痛(renal colic)が疑われたが、結石
(stones)は認められなかった。1998 年 4 月 8 日の IVP で結石(stones)は認められ
なかった。1998 年 4 月 10 日に退院した。排尿困難(dysuria)及び血尿(hematuria)
のため 1998 年 5 月 26 日に再入院した。結石(stones)も腎疾患(renal disease)も認
められなかった。1998 年 6 月 1 日の膀胱鏡検査で軽快しつつある膀胱炎(cystitis)
であることが確認された。尿検査でエンテロバクター・クロアカエが検出された。
腎臓超音波検査は正常であった。1998 年 6 月 3 日に退院した。治験担当医師は、こ
900
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
れらの事象は治験薬との因果関係は否定できないと判断した。本被験者はプラセボ
投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:143-2577
報告用語:尿道拡張(URETHRAL DILATATION)、クラス:尿路障害(URINARY
TRACT DISORDER)
GHAC 試験の被験者 143-2577 は、頻尿(urinary frequency)の重篤な有害事象を発現
した。1997 年 1 月から頻尿(urinary frequency)が発現した。尿道狭窄(urethral
stenosis)と診断され、1997 年 7 月 22 日から 1997 年 7 月 25 日まで入院した。尿道拡
張(urethral dilatation)が実施された。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関
係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパ
ラチドとの因果関係はない。
症例番号:143-2582
報告用語:胸骨痛(STERNALGIA)、クラス:胸骨下痛(CHEST PAIN
SUBSTERNAL)
GHAC 試験の被験者 143-2582 は、胸痛(chest pain)の重篤な有害事象を発現した。
初回治験薬投与は 1997 年 4 月 7 日であった。1998 年 7 月 16 日に胸痛(chest pain)
が発現した。冠疾患集中治療室に入院し、検査が実施された。心筋虚血(myocardial
ischemia)は認められなかった。胸部 X 線検査、生化学的検査、運動負荷試験はすべ
て正常であった。1998 年 7 月 17 日に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬と
の因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮する
と、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:143-2587
報告用語:胸骨痛(STERNALGIA)、クラス:胸骨下痛(CHEST PAIN
SUBSTERNAL)
報告用語:息切れ(BREATHLESSNESS)、クラス:呼吸困難(DYSPNEA)
報告用語:脱力(WEAKNESS)、クラス:無力症(ASTHENIA)
報告用語:下痢(DIARRHEA)、クラス:下痢(DIARRHEA)
報告用語:腸出血(ENTERORRHAGIA)、クラス:胃腸出血
(GASTROINTESTINAL HEMORRHAGE)
報告用語:悪心(NAUSEA)、クラス:悪心(NAUSEA)
報告用語:結腸瘻造設(COLOSTOMY)、クラス:胃腸障害
(GASTROINTESTINAL DISORDER)
報告用語:虚血性大腸炎(COLITIS ISCHEMIC)、クラス:胃腸障害
(GASTROINTESTINAL DISORDER)
報告用語:腹膜炎(PERITONITIS)、クラス:腹膜炎(PERITONITIS)
報告用語:半結腸切除(HEMICOLECTOMY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
報告用語:脾摘(SPLENECTOMY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
報告用語:結腸瘻造設(CREATION OF COLOSTOMY)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:白内障(CATARACT)、クラス:特異的白内障(CATARACT
SPECIFIED)
報告用語:白内障手術(CATARACT OPERATION)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 143-2587 は、息切れ(breathlessness)及び胸骨痛(sternalgia)
による入院の重篤な有害事象を発現した。1997 年 4 月 14 日に入院した。息切れ
(breathlessness)の原因は未だに不明である。1997 年 4 月 21 日に退院した。治療な
しで回復した。病理学的所見なしで退院した。精神的ストレスに伴う軽度の呼吸困
難(dyspnea)であると判断された。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係
901
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象と
テリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
GHAC 試験の被験者 143-2587 は、悪心(nausea)発作、下痢(diarrhea)、脱力
(weakness)、メレナ(melena)による入院の重篤な有害事象を発現した。1997 年 6
月 17 日に外科病棟に入院した。出血(bleeding)の原因は不明であった。1997 年 6
月 20 日に半結腸切除(hemicolectomy)、結腸瘻造設(colostomy)、脾摘
(splenectomy)が実施された。症状の原因は虚血性大腸炎(ischemic colitis)及び腹
膜炎(peritonitis)であった。順調に退院し、9 月に結腸瘻閉鎖術が予定された。1997
年 10 月 1 日に予定されていた結腸瘻閉鎖術が実施された。1997 年 10 月 10 日に退院
した。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作
用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を
示唆する根拠はない。
GHAC 試験の被験者 143-2587 は、白内障手術(cataract surgery)による入院の重篤な
有害事象を発現した。1999 年 1 月 25 日の白内障摘出(cataract extraction)のため
1999 年 1 月 22 日に入院した。翌日順調に退院した。治験担当医師は、本事象と治験
薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮す
ると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:143-3461
報告用語:乳癌(BREAST CARCINOMA)、クラス:乳癌(BREAST
CARCINOMA)
報告用語:乳房切除(MASTECTOMY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 143-3461 は、乳癌(breast cancer)の重篤な有害事象を発現し
た。初回治験薬投与は 1997 年 6 月 11 日であった。1997 年 11 月 12 日から 1997 年 11
月 24 日まで入院した。1997 年 11 月 13 日に乳房切除(mastectomy)が実施された。
その後、化学療法又は放射線療法が実施が予定された。ホルモン補充療法歴及び喫
煙歴はなかった。1972 年に卵巣癌のため子宮摘出及び卵巣摘除が実施されていた。
治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本被験者はプラ
セボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:144-2678
報告用語:神経症的反応(REACTION NEUROTIC)、クラス:神経症
(NEUROSIS)
GHAC 試験の被験者 144-2678 は、神経症(neurosis)の重篤な有害事象を発現した。
1997 年 7 月 17 日から 1997 年 7 月 24 日まで入院した。初回治験薬投与は 1997 年 4
月 28 日であった。入院中、薬物治療を受け回復した。治験担当医師は、本事象と治
験薬との因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、
本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:144-2761
報告用語:網膜静脈閉塞-左眼(OCCLUSION RETINAL VEIN-LEFT EYE)、クラ
ス:網膜静脈血栓症(RETINAL VEIN THROMBOSIS)
GHAC 試験の被験者 144-2761 は、左眼の網膜静脈閉塞(occlusion of the retinal vein)
による障害(disability)の重篤な有害事象を発現した。1997 年 7 月 20 日に血圧が
170/90 に上昇し、左眼の視力が低下した。検査で静脈閉塞(occlusion of the vein)が
確認された。初回治験薬投与は 1997 年 5 月 21 日、最終治験薬投与は 1997 年 7 月 20
日であった。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本
被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はな
い。
症例番号:144-2768
報告用語:転倒(FALL)、クラス:事故による外傷(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:脳振盪(COMMOTIO CEREBRI)、クラス:急性脳症候群(ACUTE
902
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
BRAIN SYNDROME)
報告用語:背部痛(DORSAL PAIN)、クラス:背部痛(BACK PAIN)
報告用語:甲状腺結節(THYROID NODULAR)、クラス:甲状腺障害(THYROID
DISORDER)
報告用語:甲状腺摘除(THYROIDECTOMY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 144-2768 は、脳振盪(concussion)による入院の重篤な有害事象
を発現した。台所で転倒し、1997 年 7 月 26 日から 1997 年 7 月 28 日まで入院した。
初回治験薬投与は 1997 年 4 月 24 日であった。治験担当医師は、本事象とテリパラ
チドとの因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮
すると、本事象と治験薬との因果関係を示唆する根拠はない。
GHAC 試験の被験者 144-2768 は、甲状腺腫(thyroid goiter)による入院の重篤な有
害事象を発現した。1998 年 7 月 10 日に甲状腺摘除(thyroidectomy)が実施された。
治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用機序
と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆す
る根拠はない。
症例番号:144-2787
報告用語:眼手術(EYE SURGERY)、クラス:眼の障害(EYE DISORDER)
報告用語:左眼白内障(CATARACT LEFT EYE)、クラス:特異的白内障
(CATARACT SPECIFIED)
GHAC 試験の被験者 144-2787 は、白内障(cataract)の重篤な有害事象を発現した。
外科手術のため 1997 年 9 月 2 日から 1997 年 9 月 9 日まで入院した。1992 年に白内
障(cataract)を発症した。初回治験薬投与は 1997 年 6 月 20 日であった。治験担当
医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の
安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠は
ない。
症例番号:144-2798
報告用語:脊椎疼痛(PAIN IN THE SPINE)、クラス:背部痛(BACK PAIN)
報告用語:膝疼痛(PAIN IN THE KNEE)、クラス:疼痛(PAIN)
GHAC 試験の被験者 144-2798 は、背部痛(back pain)及び膝痛(knee pain)による
入院の重篤な有害事象を発現した。初回治験薬投与は 1997 年 6 月 20 日であった。
1998 年 3 月 6 日から 1998 年 6 月 4 日まで入院した。鎮痛薬が投与された。治験担当
医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の
安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠は
ない。
症例番号:144-2799
報告用語:リウマチ性多筋痛(POLYMYALGIA RHEUMATICA(PMR))、クラ
ス:筋痛(MYALGIA)
GHAC 試験の被験者 144-2799 は、リウマチ性多筋痛(polymyalgia rheumatica)によ
る入院の重篤な有害事象を発現した。1998 年 2 月 20 日から 1998 年 3 月 13 日まで入
院した。初回治験薬投与は 1997 年 6 月 20 日であった。治験担当医師は、本事象と
治験薬との因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたた
め、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:146-6533
報告用語:心不全(HEART FAILURE)、クラス:心不全(HEART FAILURE)
GHAC 試験の被験者 146-6533 は、心不全(heart failure)の重篤な有害事象のため本
試験を中止した。本事象は 1997 年 11 月 5 日に発現し、同日に本試験を中止した。
初回治験薬投与は 1997 年 6 月 30 日であった。治験担当医師は、本事象と治験薬と
の因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象
とテリパラチドとの因果関係はない。
903
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
症例番号:147-2640
報告用語:びらん性胃炎(GASTRITIS EROSIVE)、クラス:出血性胃炎
(HEMORRHAGIC GASTRITIS)
報告用語:鉄欠乏性貧血(ANEMIA IRON DEFICIENCY)、クラス:鉄欠乏性貧血
(IRON DEFICIENCY ANEMIA)
GHAC 試験の被験者 147-2640 は、出血性胃炎(hemorrhagic gastritis)の重篤な有害
事象を発現した。初回治験薬投与は 1997 年 6 月 19 日であった。血液学的検査で重
篤な貧血(anemia)が認められたので入院した。原因は鉄欠乏(iron deficiency)で
あった。鉄が静脈内投与された。胃内視鏡検査が実施され、びらん性胃炎(gastritis
erosive)と診断された。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判
断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因
果関係はない。
症例番号:148-3851
報告用語:右白内障手術(CATARACT(R)SURGERY)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:胆嚢切除(CHOLECYSTECTOMY)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:腹痛(ABDOMINAL PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:胆管狭窄(BILE DUCT STENOSIS)、クラス:胃腸障害
(GASTROINTESTINAL DISORDER)
GHAC 試験の被験者 148-3851 は、1997 年 2 月 16 日に白内障手術(cataract surgery)
による入院の重篤な有害事象を発現した。1997 年 2 月 18 日に退院した。治験担当医
師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用機序、臨床の安
全性データ、本被験者の白内障(cataract)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパ
ラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
GHAC 試験の被験者 148-3851 は、胆石症(cholelithiasis)の重篤な有害事象を発現し
た。初回治験薬投与は 1997 年 3 月 25 日であった。1997 年 11 月 5 日に入院し、胆石
症(cholelithiasis)の待機的手術が実施された。1997 年 11 月 14 日に観血的胆嚢切除
が実施され、術後の経過は順調であった。1997 年 11 月 21 日に退院した。腹痛激化
(increasing abdominal pain)を訴えて 1997 年 11 月 30 日に再入院した。身体検査は
正常であった。24 時間経過観察した。疼痛は特に治療なく軽快した。胸部 X 線検査
及び腹部フィルムは正常であった。その後、右上腹部疼痛(pain)を訴え続け、アル
カリ・ホスファターゼの軽度増加が認められた。胃腸専門医は結石の残存を疑っ
た。1998 年 5 月 10 日に ERCP が実施された。結石は認められなかったが、乳頭狭窄
(papillary stenosis)及び胆管腫大(enlarged bile tract)であると考えられた。漏斗切
開術が実施され、入院して 24 時間経過観察した。治験担当医師は、本事象と治験薬
との因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮する
と、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:148-3857
報告用語:正常圧水頭症(NORMOTENSIVE HYDROCEPHALUS)、クラス:水頭
症(HYDROCEPHALUS)
報告用語:左肩脱臼(DISLOCATION LEFT SHOULDER)、クラス:関節障害
(JOINT DISORDER)
報告用語:非観血的整復手技(CLOSED REDUCTION PROCEDURE)、クラス:外
科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 148-3857 は、水頭症(hydrocephalus)の重篤な有害事象を発現
した。初回治験薬投与は 1997 年 5 月 13 日であった。正常圧水頭症(normotensive
hydrocephalus)と診断され、1997 年 12 月 22 日に神経集中治療室に入院した。1997
年 12 月 29 日に右脳室腹腔短絡術が成功した。治験担当医師は、本事象と治験薬と
の因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮する
904
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
と、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
GHAC 試験の被験者 148-3857 は、1998 年 3 月 25 日に転倒に伴う肩外傷による入院
の重篤な有害事象を発現した。左肩脱臼(dislocation of the left shoulder)と診断さ
れ、非観血的整復手技(closed reduction procedure)が実施された。24 時間入院し、
1998 年 3 月 26 日に退院した。血管損傷は残らなかった。治験担当医師は、本事象と
治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考
慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:148-3923
報告用語:低色素性貧血(HYPOCHROMIC ANEMIA)、クラス:低色素性貧血
(HYPOCHROMIC ANEMIA)
報告用語:脱力(WEAKNESS)、クラス:無力症(ASTHENIA)
報告用語:悪心(NAUSEA)、クラス:悪心(NAUSEA)
GHAC 試験の被験者 148-3923 は、悪心(nausea)及び脱力(weakness)による入院
の重篤な有害事象を発現した。1997 年 12 月 18 日に入院した。ヘモグロビンが 9
mg/dL から 7.5 mg/dL に減少した。濃縮赤血球 2 単位が輸血された。バリウム注腸及
び腹部超音波検査は正常であった。退院時のヘモグロビンは 12.4 mg/dL であった。
初回治験薬投与は 1997 年 6 月 3 日であった。本被験者は治験開始時に貧血が認めら
れ、非ステロイド性抗炎症薬の使用によって貧血が悪化したと考えられた。治験担
当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と臨床
の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠
はない。
症例番号:150-3860
報告用語:一過性脳虚血発作(TRANSIENT ISCHEMIC ATTACK)、クラス:脳虚
血(CEREBRAL ISCHEMIA)
GHAC 試験の被験者 150-3860 は、一過性脳虚血発作(transient ischemic attack)の重
篤な有害事象を発現した。一過性脳虚血発作(transient ischemic attack)のため 1997
年 11 月 28 日に緊急治療室に搬送された。毎日 aspirin を服用するよう推奨されて退
院した。1998 年 2 月 24 日に治験コーディネーターは本被験者が順調で状態に変化・
悪化はないと報告した。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判
断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因
果関係はない。
症例番号:150-3861
報告用語:子宮脱(PROLAPSUS UTERY)、クラス:子宮弛緩(UTERINE
ATONY)
報告用語:子宮摘出(HYSTERECTOMY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 150-3861 は、子宮脱(uterine prolaps)の重篤な有害事象を発現
した。治験参加前から子宮脱(uterine prolaps)が認められたが、治験参加時にその
ことを治験実施施設に言い忘れていた(その後この疾患について申告)。初回治験
薬投与は 1997 年 1 月 15 日であった。1.5 年間完全子宮脱(total uterine prolaps)で、
尿路感染(urinary tract infection)が頻発した。そこで膣式子宮摘除(vaginal
hysterectomy)及び前膣壁及び後膣壁形成(anterior/posterior colporrhaphy)が実施さ
れた。1998 年 1 月 20 日に入院した。1998 年 1 月 21 日に子宮摘出(hysterectomy)及
び膣壁形成(colporrhaphy)が実施された。1998 年 1 月 26 日に退院した。治験担当
医師は、これらの事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。本
剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果
関係を示唆する根拠はない。
症例番号:150-3868
報告用語:白内障、外科手術手技(CATARACT、SURGICAL PROCEDURE)、クラ
ス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
905
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
GHAC 試験の被験者 150-3868 は、白内障(cataract)の重篤な有害事象を発現した。
治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本被験者はプラ
セボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:150-3872
報告用語:膵癌(PANCREATIC CA)、クラス:消化器癌(GASTROINTESTINAL
CARCINOMA)
GHAC 試験の被験者 150-3872 は、膵癌(pancreatic cancer)の重篤な有害事象のため
本試験を中止した。当初、胃痛(stomach pain)及び体重減少(weight loss)を訴え
た。検査によってリンパ節転移を伴う進行膵癌(advanced carcinoma of the pancreas)
と診断された。そのため本試験から除外された。gemcitabine による化学療法が奏効
した。その後の内視鏡的超音波検査で膵頭に微小細胞が認められたが、脾臓及び門
脈は正常で、リンパ節及び肝臓に病理所見は認められなかった。今後外科的手技が
検討されると考えられた。喫煙歴はなかった。治験担当医師は、膵癌(pancreatic
cancer)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。本剤の作用機序と
臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する
根拠はない。
症例番号:150-3873
報告用語:大陰唇膿瘍(LABIA MAJOR ABSCESS)、クラス:膿瘍(ABSCESS)
報告用語:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 150-3873 は、外科手術手技(surgical procedure)の重篤な有害事
象を発現した。本被験者は大陰唇膿瘍(abscess of the labia major)と診断された。
1997 年 5 月 26 日から 28 日まで入院し、外科的膿瘍ドレナージ(surgical drainage of
the abscess)を受けた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判
断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドと
の因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:150-3890
報告用語:右股関節骨関節症(RT HIP JOINT OSTEOARTH)、クラス:関節症
(ARTHROSIS)
報告用語:人工股関節全置換(TOTAL HIP REPLACEMENT)、クラス:関節障害
(JOINT DISORDER)
GHAC 試験の被験者 150-3890 は、人工股関節全置換(total hip replacement)の重篤な
有害事象を発現した。本被験者は 1997 年 2 月 21 日に右変形性股関節炎(right hip
joint osteoarthritis)と診断された。薬物療法無効後、1997 年 4 月 21 日に人工股関節
全置換(total hip replacement)を受けた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因
果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象
とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:150-3913
報告用語:急性胆嚢炎(ACUTE CHOLECYSTITIS)、クラス:胆嚢炎
(CHOLECYSTITIS)
報告用語:腹腔鏡下胆嚢切除(LAPAROSCOPIC CHOLECYSTECTOMY)、クラ
ス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:胆管炎(CHOLANGITIS)、クラス:胆管炎(CHOLANGITIS)
報告用語:内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 150-3913 は、胆石症(cholelithiasis)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は 1997 年 5 月 18 日から 1998 年 9 月 28 日の間治験薬の投与を受けた。
1998 年 9 月 20 日に急性胆嚢炎(acute cholecystitis)のため入院し、腹腔鏡下胆嚢切
除(laparoscopic cholecystectomy)を受けた。術前超音波検査(ultrasound)では胆石
症(cholelithiasis)が認められ、腹部 CT スキャン(abdominal CT scan)では胆嚢壁
906
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
肥厚(thickening of the gall bladder wall)も認められた。術後は黄疸(jaundice)、悪
心(nausea)、再発嘔吐(recurrent vomiting)及び肝酵素上昇(increased liver
enzymes)を発現した。1998 年 12 月 8 日に腹痛(abdominal pain)のため救急治療室
に入室した。同日に実施した超音波検査(ultrasound)では、胆管拡張(dilatation of
the bile ducts)が認められた。同日に急性胆管炎(acute cholangitis)の診断を受け再
入院した。1998 年 12 月 14 日に内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)を受け、胆管
を閉塞していた胆石を除去し、乳頭切開(papillotomy)を受けた。本手順により患
者の病態は著しく改善した。1998 年 12 月 16 日に退院した。治験担当医師は、本事
象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けてい
たため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:156-2029
報告用語:胸痛(CHEST PAIN)、クラス:胸痛(CHEST PAIN)
報告用語:不整脈(CARDIAC ARRHYTHMIA)、クラス:不整脈
(ARRHYTHMIA)
報告用語:下壁心筋梗塞(MYOCARDIAL INFARCT OF INFERIOR WALL)、クラ
ス:心筋梗塞(MYOCARDIAL INFARCT)
報告用語:狭心症増悪(AGGRAVATED ANGINA PECTORIS)、クラス:狭心症
(ANGINA PECTORIS)
報告用語:胸痛(CHEST PAIN)、クラス:胸痛(CHEST PAIN)
報告用語:呼吸困難(DYSPNEA)、クラス:呼吸困難(DYSPNEA)
GHAC 試験の被験者 150-2029 は心筋梗塞(myocardial infarction)の重篤な有害事象
を発現した。1997 年 9 月 29 日に本被験者は心筋梗塞(myocardial infarction)のため
入院した。本被験者は 1997 年 12 月 25 日にも胸痛(chest pain)及び呼吸困難
(dyspnea)のため入院した。この時、狭心症増悪(aggravated angina pectoris)が確
認された。既往歴として高血圧(hypertension)及び冠動脈疾患(coronary artery
disease)を有していた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと
判断した。作用機序及び臨床の安全性データと本被験者の高血圧(hypertension)及
び冠疾患(coronary disease)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果
関係を示唆する根拠はない。
症例番号:156-2113
報告用語:呼吸困難(DYSPNEA)、クラス:呼吸困難(DYSPNEA)
報告用語:気管支炎(BRONCHITIS)、クラス:気管支炎(BRONCHITIS)
GHAC 試験の被験者 156-2113 は呼吸困難(dyspnea)の重篤な有害事象を発現し、
1998 年 6 月 16 日に入院した。本被験者は発熱(fever)と膿性痰(purulent sputum)
を伴う湿性咳嗽(wet cough)を発現した。予備的診断は気管支炎(bronchitis)であ
った。胸部 X 線(chest x-ray)による病理学的検査(pathology)は陰性であった。気
管支炎(bronchitis)及び呼吸困難(dyspnea)は 1998 年 7 月 2 日に消失した。入院
中、胸部 X 線(chest x-ray)で肺気腫症(pulmonary emphysema)が認められた。本
被験者は 1998 年 7 月 5 日に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果
関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象と
テリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:156-2202
報告用語:胸痛(CHEST PAIN)、クラス:胸痛(CHEST PAIN)
報告用語:心筋梗塞(MYOCARDIAL INFARCTION)、クラス:心筋梗塞
(MYOCARDIAL INFARCT)
報告用語:狭心症増悪(AGGRAVATED ANGINA PECTORIS)、クラス:狭心症
(ANGINA PECTORIS)
GHAC 試験の被験者 156-2202 は心筋梗塞(myocardial infarction)の重篤な有害事象
を発現した。本被験者は 1997 年 6 月 27 日、心筋梗塞(myocardial infarction)のため
入院した。1997 年 7 月 18 日に良好な状態で退院した。1998 年 8 月 18 日に胸痛
907
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
(chest pain)を発現した。この時、臨床検査値により、心筋梗塞(myocardial
infarction)の診断が確認された。心臓病専門医は、本病態の主因は微小冠血管疾患
(disease of the small coronary vessels)と高血圧(hypertension)と判断した。本被験
者は狭心症(angina pectoris)及び高血圧(hypertension)の既往を有していた。治験
担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験者はプラセ
ボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:156-2204
報告用語:浮動性めまい感(FAINTNESS)、クラス:浮動性めまい(DIZZINESS)
報告用語:下痢(DIARRHEA)、クラス:下痢(DIARRHEA)
報告用語:腸炎(ENTEROCOLITIS)、クラス:腸炎(ENTEROCOLITIS)
GHAC 試験の被験者 156-2204 は腸炎(enterocolitis)の重篤な有害事象を発現した。
本被験者は 1998 年 4 月 19 日に自宅で浮動性めまい感を発現し(fainted)、起立でき
なかった。同日入院した。1998 年 4 月 20 日に下痢(diarrhea)が始まり、腸炎
(enterocolitis)と診断された。この時、電解質及び 10%グルコース溶液による矯正
治療を受けた。1998 年 4 月 24 日に良好な状態で退院した。治験担当医師は、腸炎
(enterocolitis)、浮動性めまい感(faintness)及び下痢(diarrheaa)と治験薬又は治
験手順の間に因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたた
め、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
GHAC 試験の被験者 156-2204 は効果欠如(lack of efficacy)により試験を中止した。
本被験者は大腿骨頚部骨喪失亢進(accelerated bone loss at the femoral neck)のため本
試験への参加を中止した。1998 年 8 月 26 日に最後の治験薬投与を受けた。本被験者
はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
本被験者が効果欠如(lack of efficacy)のため本試験への参加を中止した後、治験担
当医師は、本被験者の娘から本被験者が 1998 年 11 月 21 日の睡眠中に死亡(death)
したことを伝えられた。死亡する前に死亡を示す症候は何も認められなかった。剖
検(autopsy)は実施されなかった。治験担当医師は、本被験者の死亡(death)と治
験薬又は治験手順の間に因果関係はなく、おそらく不整脈(cardiac arrhythmia)によ
るものと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラ
チドとの因果関係はない。
症例番号:157-2057
報告用語:下肢痛(LEG PAIN)、クラス:疼痛(PAIN)
報告用語:動脈閉塞(ARTERIAL OCCLUSION)、クラス:閉塞(OCCLUSION)
報告用語:腸骨大腿骨移植(ILIOFEMORAL TRANSPLANT)、クラス:外科手術手
技(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:動脈閉塞(ARTERIAL OCCLUSION)、クラス:閉塞(OCCLUSION)
報告用語:大腿膝窩移植(FEMOPOPLITEAL TRANSP.)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 157-2057 は動脈閉塞(arterial occlusion)の重篤な有害事象を発
現した。1997 年 7 月 19 日に本被験者は高度の右下肢痛(pain in right leg)のため入
院した。放射線造影検査(radiological contrast exam)で右外腸骨動脈閉塞(occlusion
of the right external iliac artery)が認められた。この時、腸骨大腿骨移植(iliofemoral
transplant)を受け、1997 年 8 月 8 日に退院した。その後の放射線造影検査
(radiological contrast exam)で右表在大腿動脈閉塞(occlusion of the right superficial
femoral artery)が認められ、1998 年 8 月 3 日に再入院した。入院時に脱力感(weak
feeling)を訴えていた。1998 年 8 月 27 日に大腿膝窩移植(femopopliteal transplant)
を受けた。1998 年 9 月 9 日に良好な状態で退院した。治験担当医師は、本事象と治
験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性デ
ータを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:157-2058
報告用語:脱力感(WEAK FEELING)、クラス:無力症(ASTHENIA)
908
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
報告用語:急性気管支炎(BRONCHITIS ACUTE)、クラス:気管支炎
(BRONCHITIS)
GHAC 試験の被験者 157-2058 は急性気管支炎(acute bronchitis)の重篤な有害事象を
発現した。本被験者は 1998 年 9 月 9 日に呼吸困難(dyspnea)及び脱力感(weak
feeling)のため入院した。その後、気管支炎(bronchitis)及び心筋症(cardiac
myopathy)と診断された。1998 年 9 月 17 日に良好な状態で退院した。治験担当医師
は、本事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び
臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する
根拠はない。
症例番号:157-2123
報告用語:発作性心房細動(ATRIAL PAROXYSMAL FIBRILLATION)、クラス:
心房細動(ATRIAL FIBRILLATION)
GHAC 試験の被験者 157-2123 は発作性心房細動(paroxysmal atrial fibrillation)の重
篤な有害事象を発現した。1998 年 1 月 5 日に本被験者は極度の脱力感を覚え〔無力
症(asthenia)〕入院した。発作性心房細動(paroxysmal atrial fibrillation)と診断さ
れ、2 日以内に回復した。1998 年 4 月 14 日に心房細動(atrial fibrillation)のために
再入院した。このとき、ペースメーカーを埋込み、症状が改善した。1993 年以来、
冠動脈疾患(coronary artery disease)の既往を有していた。治験担当医師は、心房細
動(atrial fibrillation)及び無力症(asthenia)と治験薬又は治験手順の間に因果関係
はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラ
チドとの因果関係はない。
症例番号:157-2124
クラス:心房細動(ATRIAL FIBRILLATION)
症例番号:157-2127
報告用語:左股関節部骨折(LEFT HIP FRACTURE)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:左股関節内プロテーゼ(ENDOPROTHESIS OF LEFT HIP)、クラス:外
科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 157-2127 は股関節部骨折(hip fracture)の重篤な有害事象を発
現した。本被験者は 1997 年 4 月 30 日に治験薬の初回投与を受けた。1998 年 11 月 24
日に左股関節部骨折( left hip fracture)を負い、入院した。1998 年 11 月 27 日に左股
関節内プロテーゼ(endoprosthesis of the left hip)を受けた。1998 年 12 月 21 日に良好
な状態で退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断
した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果
関係はない。
症例番号:157-2136
報告用語:冠不全(CORONARY INSUFFICIENCY)、クラス:狭心症(ANGINA
PECTORIS)
報告用語:脱力感(WEAK FEELING)、クラス:無力症(ASTHENIA)
GHAC 試験の被験者 157-2136 は冠不全(coronary insufficiency)の重篤な有害事象を
発現した。1998 年 9 月 15 日に本被験者は高度の胸骨後痛(retrosternal pain)のため
入院した。心電図(electrocardiogram)で心筋虚血(myocardial ischemia)が認められ
た。また、極度の脱力感〔無力症(asthenia)〕も覚えていた。この時、十分な治療
を受け、1998 年 9 月 25 日に良好な状態で退院した。治験薬は 7 日間(1998 年 9 月
15 日から 1998 年 9 月 21 日)中止し、その後再開した。1989 年以来、狭心症
(angina pectoris)の既往があり、過去に心筋梗塞(myocardial infarction)も発現して
いた。治験担当医師は、冠不全(coronary insufficiency)及び無力症(asthenia)と治
験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性デ
ータと本被験者の心筋梗塞(myocardial infarction)の既往歴を考慮すると、本事象と
909
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
テリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:157-2146
報告用語:てんかん(EPILEPSY)、クラス:痙攣(CONVULSION)
報告用語:意識消失(LOSS OF CONSCIOUSNESS)、クラス:失神(SYNCOPE)
GHAC 試験の被験者 157-2146 は意識消失(loss of consciousness)の重篤な有害事象
を発現した。1997 年 9 月 20 日に、本被験者は一過性意識消失(transient loss of
consciousness)を発現し、入院した。神経学的検査(neurological exam)及び EEG 異
常(abnormal EEG)でてんかん(epilepsy)が疑われた。1997 年 9 月 29 日に退院し
た。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。作用機序
及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆
する根拠はない。
症例番号:157-2212
報告用語:気管支炎(BRONCHITIS)、クラス:気管支炎(BRONCHITIS)
報告用語:肋間神経痛(INTERCOSTAL NEURALGIA)、クラス:神経痛
(NEURALGIA)
GHAC 試験の被験者 157-2122 は気管支炎(bronchitis)及び神経痛(neuralgia)の重
篤な有害事象を発現した。本被験者は 1997 年 6 月 17 日に治験薬の投与を開始し
た。1999 年 1 月 23 日に脱力感(weakness)を覚え、発熱(fever)及び胸痛(chest
pain)を発現した。また、膿性痰(purulent sputum)を喀出した。同日入院し、気管
支炎(bronchitis)及び右肋間神経痛(right intercostal neuralgia)と診断された。1999
年 2 月 2 日に良好な状態で退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果
関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリ
パラチドとの因果関係はない。
症例番号:157-2232
報告用語:直腸癌(RECTAL CARCINOMA)、クラス:消化器癌
(GASTROINTESTINAL CARCINOMA)
報告用語:直腸出血(RECTAL BLEEDING)、クラス:直腸出血(RECTAL
HEMORRHAGE)
報告用語:直腸切除(RECTAL RESECTION)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 157-2232 は直腸癌(rectal carcinoma)の重篤な有害事象のため
試験を中止した。本被験者は 1997 年 12 月 23 日に直腸出血(rectal bleeding)を発現
し、入院した。この時、直腸癌(rectal carcinoma)と診断された。1998 年 1 月 7 日
に、直腸切除(rectal resection)を受け、人工肛門(artificial anus)を造設した。喫煙
歴はなかった。治験担当医師は、直腸出血(rectal bleeding)及び直腸癌(rectal
carcinoma)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はなく、本被験者の年齢と因果関
係があると判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパ
ラチドとの因果関係はない。
症例番号:158-2062
報告用語:呼吸困難(DYSPNOE)、クラス:呼吸困難(DYSPNEA)
報告用語:発熱(FEVER)、クラス:発熱(FEVER)
報告用語:肺疾患(PULMONARY DISEASE)、クラス:肺障害(LUNG
DISORDER)
GHAC 試験の被験者 158-2062 は肺疾患(pulmonary disease)の重篤な有害事象を発
現した。1998 年 3 月 8 日に、本被験者は呼吸困難(dyspnea)及び発熱(fever)のた
め主治医を受診した。肺炎(pneumonia)の疑いで入院した。しかし、入院中に、臨
床像(clinical picture)及び胸部 X 線(chest x-ray)が陰性、努力呼気量(forced
expiratory volume)が 71%であることから、慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive
pulmonary disease)の診断を受けた。1998 年 3 月 13 日に退院した。30 年の喫煙歴を
有し、薬物アレルギーはない。治験担当医師は、呼吸困難(dyspnea)及び肺疾患
910
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
(pulmonary disease)と治験薬の間には因果関係は否定できないが、発熱(fever)と
治験薬の間には因果関係がないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考
慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:158-2072
告用語:運動性失語症(APHASIA MOTORIC)、クラス:失語症(APHASIA)
報告用語:卒中(STROKE)、クラス:脳血管発作(CEREBROVASCULAR
ACCIDENT)
報告用語:四肢不全麻痺(PARESIS LIMBS)、クラス:麻痺(PARALYSIS)
GHAC 試験の被験者 158-2072 は卒中(stroke)の重篤な有害事象のため試験を中止し
た。1998 年 7 月 30 日に本被験者は右側不全麻痺(right side paresis)及び失語症
(aphasia)を伴う卒中(stroke)を発現した。1998 年 7 月 30 日に神経内科病棟に入
院した。1998 年 8 月 2 日に実施したコンピュータ断層撮影スキャン(computer
tomography scan)で脳梗塞(cerebral infarct)が認められた。薬物及び理学療法後、
失語症(aphasia)は消失し、不全麻痺(paresis)の症状も軽減した。1998 年 8 月 14
日に退院した。理学療法士の下での更なる運動が推奨された。入院中、動脈性高血
圧(arterial hypertension)と診断され、治療に成功した。治験担当医師は、本事象と
治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性
データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:158-2081
報告用語:腹部大動脈瘤(ANEURYSM ABDOMINAL)、クラス:血管障害
(VASCULAR DISORDER)
GHAC 試験の被験者 158-2081 は腹部大動脈瘤(abdominal aneurysm)の重篤な有害事
象を発現した。1997 年 12 月 19 日に本被験者は腹部大動脈瘤(aneurysm of the
abdominal aorta)のため入院した。この時、手術が検討されたが実施されなかった。
血管外科専門医は 3 ヵ月ごとの超音波検査(ultrasound)を勧めた。1998 年 8 月 21 日
の時点で、本被験者は良好な状態で、年に 1 回以上超音波検査(ultrasound)受ける
よう指示されている。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判
断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドと
の因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:158-2153
報告用語:不正子宮出血(METRORRHAGIA)、クラス:不正子宮出血
(METRORRHAGIA)
報告用語:開腹(LAPAROTOMY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
報告用語:卵巣摘除(OVARIECTOMY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
報告用語:子宮摘出(HYSTERECTOMY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
報告用語:良性子宮新生物(NEOPLASM UTERINE BENIGN)、クラス:子宮新生
物(UTERINE NEOPLASM)
GHAC 試験の被験者 158-2153 は不正子宮出血(metrorrhagia)の重篤な有害事象を発
現した。本被験者は 1998 年 2 月 5 日に子宮出血(uterine bleed)のため婦人科を受診
し、子宮筋腫(uterine myoma)と診断された。婦人科医はこの時手術を勧めたが、
本被験者は拒否した。1998 年 3 月 11 日に再出血(bleeding)し、入院した。この
時、開腹(laparotomy)、子宮摘出(hysterectomy)及び卵巣摘除(ovariectomy)
(片側)を受けた。腫瘍は良性子宮新生物(uterine neoplasm benign)と診断され
た。1998 年 3 月 20 日に良好な全身状態で退院した。治験担当医師は、本事象と治験
薬の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮する
と、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:168-2513
911
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
報告用語:乳頭癌(PAPILLOCARCINOMA)、クラス:癌(CARCINOMA)
報告用語:腎仙痛(RENAL COLIC)、クラス:腎臓痛(KIDNEY PAIN)
報告用語:腎腫瘍摘出(REMOVAL OF KIDNEY TUMOR)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 168-2513 は乳頭癌(papillocarcinoma)の重篤な有害事象のため
試験を中止した。1997 年 8 月 2 日に、本被験者は腎仙痛(renal colic)のため入院し
た。1997 年 8 月 19 日に腎臓手術(renal operation)を受け、その直後乳頭癌
(papillocarcinoma)と診断された、〔転移(metastasis)又はリンパ節転移(lymph
node involvement)なし〕。喫煙歴はない。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に
因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事
象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:168-2515
報告用語:糖尿病(DIABETES MELLITUS)、クラス:糖尿病(DIABETES
MELLITUS)
GHAC 試験の被験者 168-2515 は 2 型糖尿病代償不全(decompensation of Type II
diabetes)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は 2 型糖尿病代償不全
(decompensation of Type II diabetes)のため入院した。入院中、気管支炎
(bronchitis)及び尿路感染(urinary tract infection)と診断された、〔胸部 X 線
(chest X-ray)及び尿検査(urinalysis)による〕。糖尿病(diabetes mellitus)治療調
整後、良好な状態で退院した。本被験者は 1996 年以来、糖尿病(diabetes mellitus)
の既往を有していた。治験担当医師は、本事象と治験薬又は治験手順の間に因果関
係はなく、慢性尿路感染(chronic urinary tract infections)及び気管支炎(bronchitis)
によるものと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象と
テリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:168-2522
報告用語:下肢潰瘍(ULCER LOWER EXTREMITY)、クラス:皮膚潰瘍(SKIN
ULCER)
GHAC 試験の被験者 168-2522 は下肢潰瘍(lower extremity ulcer)の重篤な有害事象
を発現した。本被験者は 1994 年以来既往する下肢潰瘍(lower extremity ulcer)の悪
化のため 1998 年 4 月 22 日に予定通り入院した。潰瘍の局所治療を受け、1998 年 5
月 20 日に退院した。潰瘍は改善したが、依然継続している。治験担当医師は、本事
象と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安
全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はな
い。
症例番号:168-2525
報告用語:腹痛(ABDOMINAL PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:腰痛(LOW BACK PAIN)、クラス:背部痛(BACK PAIN)
GHAC 試験の被験者 168-2525 は腰痛(low back pain)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は腹痛(abnormal pain)〔腹痛(abnormal pain)及び背部痛(back
pain)〕のため 1997 年 11 月 27 日に入院した。1997 年 12 月 5 日に退院した。腰痛
(low back pain)に対する注射治療を受けるため 1998 年 8 月 24 日に予定入院を開始
した。1998 年 9 月 2 日に退院した。1951 年以来関節症(arthrosis)を有していた。治
験担当医師は、慢性背部痛(chronic back pain)と治験薬又は治験手順の間に因果関
係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパ
ラチドとの因果関係はない。
症例番号:168-2526
報告用語:白内障による水晶体摘出(CATARACT REMOVAL)、クラス:外科手術
手技(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:白内障(CATARACT)、クラス:特異的白内障(CATARACT
SPECIFIED)
912
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
GHAC 試験の被験者 168-2526 は白内障(cataract)の重篤な有害事象を発現した。本
被験者は右眼から白内障による水晶体摘出(cataract extraction)を受けるため 1998
年 2 月 23 日に予定通り入院した。1985 年以来、白内障(cataracts)及び緑内障
(glaucoma)の既往を有していた。この眼の障害は治験薬投与開始以降、変化しな
かった。治験担当医師は、本事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判
断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドと
の因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:200-6208
報告用語:心筋梗塞(MYOCARDIAL INFARCT)、クラス:心筋梗塞
(MYOCARDIAL INFARCT)
GHAC 試験の被験者 200-6208 は心筋梗塞(myocardial infarction)の重篤な有害事象
を発現した。本事象は 1998 年 11 月 18 日に発現し、本被験者は 1998 年 11 月 20 日か
ら 28 日まで入院した。1982 年以来、高血圧(hypertension)の既往を有していた。
治験担当医師は、心筋梗塞(myocardial infarction)と治験薬又は治験手順の間に因果
関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリ
パラチドとの因果関係はない。
症例番号:202-6234
報告用語:貧血(ANEMIA)、クラス:貧血(ANEMIA)
GHAC 試験の被験者 202-6234 は鉄欠乏性貧血(iron deficiency anemia)の重篤な有害
事象を発現した。本被験者は鉄欠乏性貧血(iron deficiency anemia)のため 1997 年 9
月 22 日から 1997 年 9 月 30 日まで入院した。1992 年以来貧血(anemia)の既往を有
していた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。作
用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係
を示唆する根拠はない。
症例番号:203-6261
報告用語:多結節性甲状腺腫(MULTINODULAR GOITRE)、クラス:甲状腺腫
(GOITER)
報告用語:甲状腺摘除(THYROIDECTOMY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 203-6261 は多結節性甲状腺腫(multinodular goiter)の重篤な有
害事象を発現した。本被験者は 1998 年 5 月 21 日に甲状腺腫(thyroid goiter)のため
入院した。1997 年 5 月 22 日に甲状腺摘除(thyroidectomy)を受け、1997 年 5 月 24
日に退院した。1995 年以来、左甲状腺結節(left thyroid nodule)の既往を有してい
た。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験者
はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:203-6263
報告用語:静脈不全(VENOUS INSUFFICIENCY)、クラス:血管障害
(VASCULAR DISORDER)
報告用語:静脈瘤切除(左右)(VARICECTOMY (LEFT AND RIGHT))、クラ
ス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:肺塞栓症(PULMONAL EMBOLISM)、クラス:肺塞栓症
(PULMONARY EMBOLUS)
GHAC 試験の被験者 203-6263 は静脈不全(venous insufficiency)の重篤な有害事象の
ため試験を中止した。本被験者は静脈瘤切除(varicectomy)(左右)を受けるため
1997 年 1 月 28 日に入院した。また、肺塞栓症(pulmonary embolism)のため 1997 年
2 月 18 日から 1997 年 3 月 1 日まで入院し、試験の中止を決定した。1984 年以来静脈
不全(venous insufficiency)の既往を有していた。治験担当医師は、静脈瘤切除
(varicectomy)と治験薬の間に因果関係はなく、肺塞栓症(pulmonary embolism)と
治験薬の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データと本被
験者の 1984 年以来の長期間の静脈不全(venous insufficiency)の既往歴を考慮する
913
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
と、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:203-6266
報告用語:骨盤骨折(PELVIS FRACTURE)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:左手首関節骨折(LEFT WRIST FRACTURE)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:左手首関節骨折(LEFT WRIST FRACTURE SEQUELAE)、クラス:事故
による外傷(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:白内障手術(CATARACT SURGERY)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 203-6266 は骨盤骨折(pelvic fracture)の重篤な有害事象を発現
した。本被験者は 1997 年 8 月 12 日に誤って転倒し、骨盤骨折(pelvic fracture)及び
左手首関節骨折(fracture of the left wrist)を負った。その結果、3 週間入院した。現
在、左手首関節の運動性低下(decreased mobility of the left wrist)を有している。治
験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨
床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根
拠はない。
症例番号:203-6268
報告用語:腹壁形成(ABDOMINAL PLAST)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 203-6268 は腹壁形成(abdominal plasty)の重篤な有害事象を発
現した。本被験者は 1997 年 12 月 3 日に腹壁形成術(abdominal plasty surgery)を受
けた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。作用機
序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示
唆する根拠はない。
症例番号:203-6278
報告用語:腹痛(ABDOMINAL PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
GHAC 試験の被験者 203-6278 は腹痛(abdominal pain)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者はの間歇的腹痛(occassional abdominal pain)の既往を有していた。腹
痛(abdominal pain)のため 1997 年 2 月 18 日から 1997 年 2 月 25 日まで入院した。
入院施設は、この腹痛(abdominal pain)を慢性胃炎(chronic gastritis)及び慢性十二
指腸炎の増悪(increased chronic duodenitis)によるものとしている。治験担当医師
は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を
受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:244-4557
報告用語:鼡径ヘルニア(INGUINAL HERNIA)、クラス:ヘルニア(HERNIA)
報告用語:鼡径ヘルニア手術(HERNIA INGUINALIS OPERATION)、クラス:外科
手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 244-4557 は鼡径ヘルニア(inguinal hernia)の重篤な有害事象を
発現した。本被験者は 1998 年 2 月 1 日に両側鼡径ヘルニア手術(inguinal hernia
operation on the right and left sides)のため入院した。手術の 3 ヵ月前に鼡径ヘルニア
(inguinal hernia)と診断されていた。治験担当医師は、鼡径ヘルニア(inguinal
hernia)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床
の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠
はない。
症例番号:244-5916
報告用語:リウマチ性多発筋痛(POLYMYALGIA, RHEUMATICA)、クラス:筋痛
(MYALGIA)
GHAC 試験の被験者 244-5916 はリウマチ性多発筋痛(polymyalgia rheumatica)の重
篤な有害事象を発現した。本被験者は 1998 年 6 月 5 日に手関節腫脹(swelling of the
914
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
wrists)及び筋力低下(weakness of the muscles)の症状の評価のため入院した。リウ
マチ性多発筋痛(polymyalgia rheumatica)と診断された。prednisone 治療を受けた後
1998 年 6 月 9 日に退院した。1998 年 4 月以来、骨関節炎(osteoarthritis)の既往を有
していた。治験実施計画書の基準に合致した試験の中止が予定された(prednisone は
除外薬)。治験担当医師は、リウマチ性多発筋痛(polymyalgia rheumatica)と治験薬
又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けて
いたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:244-5925
報告用語:狭心症(ANGINA PECTORIS)、クラス:狭心症(ANGINA
PECTORIS)
報告用語:肺炎(PNEUMONIA)、クラス:肺炎(PNEUMONIA)
GHAC 試験の被験者 244-5925 は狭心症悪化(worsening angina pectoris)の重篤な有
害事象を発現した。本被験者は 1998 年 1 月 13 日、狭心症悪化(worsening angina
pectoris)に対し冠血管造影(coronary angiography)を受けるため入院した。この血
管造影では顕著ではない右冠動脈閉塞(occlusion of the right coronary artery)冠動脈
左前下行枝及び第 1 対角枝障害(disorder of the left anterior descending artery, and the
first diagonal branch)が認められた。心血管薬のわずかな変更により状態が改善し
た。1998 年 1 月 30 日に退院した。多枝冠動脈バイパス(multiple coronary bypass)の
既往を有していた。治験担当医師は、狭心症悪化(worsening angina pectoris)と治験
薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性デー
タと高度の冠疾患(coronary disease)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチド
との因果関係を示唆する根拠はない。
GHAC 試験の被験者 244-5925 は肺炎(pneumonia)の重篤な有害事象も発現した。本
被験者は高度の呼吸困難(dyspnea)及び心筋梗塞(myocardial infarction)の疑いの
ため 1998 年 4 月 10 日に入院した。感染(infection)が認められ肺炎(pneumonia)
と診断された。治療を受け、1998 年 4 月 20 日に退院した。治験担当医師は、肺炎
(pneumonia)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。作用機序及
び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆す
る根拠はない。
症例番号:244-5944
報告用語:気管支痙攣(BRONCHOSPASM)、クラス:喘息(ASTHMA)
報告用語:気道感染(AIRWAY INFECTION)、クラス:感染(INFECTION)
GHAC 試験の被験者 244-5944 は気道感染(airway infection)及び気管支痙攣
(bronchospasm)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は肺塞栓症(pulmonary
embolism)の疑いのため 1998 年 7 月 29 日に入院した。その後、気道感染(airway
infection)及び気管支痙攣(bronchospasm)と診断された。抗生物質治療を受けた。
入院中も治験薬を継続した。1998 年 7 月 31 日に退院した。治験担当医師は、気道感
染(airway infection)及び気管支痙攣(bronchospasm)と治験薬又は治験手順の間に
因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事
象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:244-5979
報告用語:低血糖症(HYPOGLYCAEMIC)、クラス:低血糖症
(HYPOGLYCEMIA)
GHAC 試験の被験者 244-5979 は低血糖症(hypoglycemia)の重篤な有害事象を発現
した。本被験者は失神(syncope)のため 1998 年 4 月 4 日に入院した。鑑別診断は
glybenclamide による低血糖症(hypoglycemia)又は一過性脳虚血発作(transient
ischemic attack)の疑いであった。1995 年以来 glybenclamide 治療を受けており、1994
年以来、糖尿病(diabetes)を有していた。1998 年 4 月 11 日に退院した。最終診断
は低血糖症(hypoglycemia)であった。入院中は治験薬を使用しなかった。治験担当
医師は、失神(syncope)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。
915
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関
係を示唆する根拠はない。
症例番号:244-5990
報告用語:肩関節症(ARTHROSIS SHOULDERS)、クラス:関節症
(ARTHROSIS)
報告用語:肩関節手術(SHOULDER OPERATION)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 244-5990 は肩関節手術(shoulder surgery)による入院の重篤な
有害事象を発現した。本被験者は 1997 年 6 月 11 日に治験薬の投与を開始し、1998
年 8 月 31 日に治験薬を中止した。1998 年 8 月 31 日に左肩への人工肩関節(shoulder
prosthesis)移植のため入院した。これは既往する関節症(arthrosis)の悪化のため必
要であった。1998 年 9 月 1 日に手術を受けた。退院日は不明であるが、介護施設で
回復していた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断し
た。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関
係はない。
症例番号:244-5999
報告用語:静脈瘤(VARICES)、クラス:静脈瘤(VARICOSE VEIN)
報告用語:静脈瘤切除(VARICOSE VEIN EXCISION)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:足関節滑膜炎(SYNOVITIS ANKLE)、クラス:滑膜炎(SYNOVITIS)
報告用語:足関節滑膜切除(SYNOVIECTOMIA ANKLE)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 244-5999 は静脈瘤切除(varicose vein excision)の重篤な有害事
象を発現した。本被験者は 1998 年 1 月 12 日に静脈瘤(varicose vein)の待期的手術
(elective surgery)を受けた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はな
いと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラ
チドとの因果関係を示唆する根拠はない。
また、本被験者は足関節炎症(ankle inflammation)の重篤な有害事象も発現した。
足関節から炎症を除去する外科手術手技(surgical procedure)を受けるため 1998 年 7
月 14 日から 1998 年 7 月 20 日まで入院した。1995 年以来、静脈瘤(varicose vein)
の既往を有していた。治験担当医師は、足関節炎症(ankle inflammation)と治験薬
又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データ
と本被験者の静脈瘤(varicose vein)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチド
との因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:244-6001
報告用語:消化器痛(INTESTINAL PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:結腸憩室炎(DIVERTICULITIS COLON)、クラス:大腸炎(COLITIS)
報告用語:結腸憩室炎(DIVERTICULITIS COLON)、クラス:大腸炎(COLITIS)
GHAC 試験の被験者 244-6001 は憩室炎(diverticulitis)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は 1998 年 1 月 3 日に消化器痛(intestinal pain)のため入院した。この
疼痛は 1998 年 1 月 1 日に発現した。結腸憩室症(colon diverticulosis)と診断され、
治療後 1998 年 1 月 22 日に退院した。また、本被験者は憩室炎(diverticulitis)のた
め 1999 年 1 月 4 日に入院した。1999 年 1 月 12 日に結腸内視鏡検査(colonoscopy)
を受けた。ダグラス窩膿瘍(abscess in the cavum douglas)の自然破裂(spontaneous
opening)が生じた。直腸膣瘻(recto-vaginal fistula)が形成された。合併症に関連す
る不整脈(arrhythmia)も発現した。治験担当医師は、憩室炎(diverticulitis)と治験
薬の間に因果関係はないが、本被験者は治験実施計画書でカルシウムの服用が必要
とされていたため、治験手順との因果関係は否定できないと判断した。治験依頼者
の解析書によると、公表文献又は研究試験からテリパラチドが大腸炎(colitis)、憩
室炎(diverticulitis)又はその他の炎症性腸疾患(inflammatory bowel disease)を悪化
916
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
させる又は誘発することを示唆する情報は得られていない。
症例番号:281-1422
報告用語:併用薬過量投与(CONCOMITANT MEDICATION OVERDOSE)、クラ
ス:過量投与(OVERDOSE)
GHAC 試験の被験者 281-1422 は過量投与(medication overdose)の重篤な有害事象を
発現した。本被験者は、抗不安及び抗うつ薬(bromazepam)の過量投与(overdose)
の疑いで 1997 年 9 月 6 日に入院した。矯正治療後、1997 年 9 月 8 日に退院した。
1995 年以来、不安(anxiety)の既往を、1996 年以来、うつ病(depression)の既往を
有していた。治験担当医師は、過量投与(overdose)と治験薬又は治験手順の間に因
果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象
とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:281-1452
報告用語:狭心症(ANGINA PECTORIS)、クラス:狭心症(ANGINA
PECTORIS)
報告用語:心筋梗塞(MYOCARDIAL INFARCT)、クラス:心筋梗塞
(MYOCARDIAL INFARCT)
GHAC 試験の被験者 281-1452 は狭心症(angina pectoris)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は狭心症(angina pectoris)の詳しい評価のため 1997 年 6 月 21 日に入
院した。入院中 ECG が実施され、心筋梗塞(myocardial infarction)の診断が確認さ
れた。1997 年 9 月 3 日に心筋血流試験(myocardial perfusion study)を受け、心筋血
流正常(normal myocardial perfusion)であった。治療を受け、1997 年 6 月 28 日に退
院した。1984 年以来、虚血性心疾患(ischemic heart disease)の既往を有しており、
過去に心筋梗塞(myocardial infarction)を発現していた。治験担当医師は、本事象と
治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を
受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:281-1460
報告用語:動悸(PALPITATIONS)、クラス:動悸(PALPITATION)
報告用語:脱水(DEHYDRATION)、クラス:脱水(DEHYDRATION)
GHAC 試験の被験者 281-1460 は動悸(palpitations)の重篤な有害事象を発現した。
本被験者は 1998 年 7 月 11 日に入院した。治療を受け、退院後、家族の家に行っ
た。治験担当医師は、動悸(palpitations)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はな
く、本被験者が前日に極度の不安(anxious)を覚えていたことから、おそらく重大
な家族に関する問題(family problem)と因果関係があると判断した。作用機序及び
臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する
根拠はない。
また、GHAC 試験の被験者 281-1460 は脱水(dehydration)の重篤な有害事象も発現
した。1999 年 1 月 27 日に、脱水(dehydration)を発現して入院した。脱水
(dehydration)は、おそらく本被験者が入院の 7 日前から発現していた下痢
(diarrhea)によるものであった。1999 年 1 月 28 日に退院した。治験担当医師は、
本被験者が入院の 7 日前から下痢(diarrhea)を発現しており、これが脱水
(dehydration)の原因と考えたことから、脱水(dehydration)と治験薬又は治験手順
の間に因果関係はないと判断した。最終投与は 1998 年 12 月 10 日であったため、本
事象とテリパラチドとの因果関係はないと考えられた。
症例番号:281-1482
報告用語:腹痛(ABDOMINAL PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:悪心・嘔吐(NAUSEA AND VOMITING)、クラス:悪心・嘔吐
(NAUSEA AND VOMITING)
報告用語:胆嚢炎(CHOLECYSTITIS)、クラス:胆嚢炎(CHOLECYSTITIS)
報告用語:下痢(DIARRHEA)、クラス:下痢(DIARRHEA)
報告用語:発熱(FEVER)、クラス:発熱(FEVER)
917
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
報告用語:胆石症(CHOLELITHIASIS)、クラス:胆石症(CHOLELITHIASIS)
GHAC 試験の被験者 281-1482 は胆嚢炎(cholecystitis)の重篤な有害事象のため試験
を中止した。本被験者は 1997 年 10 月 25 日から悪心(nausea)及び腹痛(abdominal
pain)を発現した。症状が進み、1997 年 11 月 1 日に入院した。胆嚢炎
(cholecystitis)及び胆石症(cholelithiasis)と診断された。また、発熱(fever)及び
下痢(diarrhea)も発現した。この時、治験薬を中止した。治験担当医師は、これら
の事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床
の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠
はない。
症例番号:282-1502
報告用語:骨転移性乳癌(BONE METASTATIC BREAST CANCER)、クラス:乳癌
(BREAST CARCINOMA)
GHAC 試験の被験者 282-1520 は骨転移性乳癌(breast cancer metastatic to the bone)の
重篤な有害事象を発現した。本被験者の担当腫瘍医は、1998 年 4 月 13 日に乳癌
(breast cancer)に関連する骨転移(bone metastases)と診断した。最初に乳癌と診断
されたのは、治験薬投与を開始する 6 年前の 1991 年であった。組み入れ基準を満た
していなかったため、治験実施計画書に適合した試験を中止した。21 年間喫煙して
いた。エストロゲン補充療法(estrogen replacement therapy)又はホルモン補充療法
(hormone replacement therapy)による治療歴はない。治験担当医師は、骨転移癌
(bone metastatic cancer)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はなく、既往する乳
癌(breast cancer)によるものと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたた
め、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:282-1507
報告用語:胆嚢結石(GALL BLADDER STONES)、クラス:胆石症
(CHOLELITHIASIS)
報告用語:胆嚢切除(CHOLECYSTECTOMY)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 282-1507 は胆嚢結石(gallbladder stones)の重篤な有害事象を発
現した。本被験者は 1997 年 9 月 10 日に入院した。以前の腹部超音波検査
(abdominal ultrasound)(1997 年 7 月 10 日実施)で胆石(gallstones)が認められ
た。1997 年 9 月 11 日に胆嚢切除(cholecystectomy)を受けた。1997 年 9 月 15 日に
良好な臨床状態で退院した。胆道仙痛(biliary colic)及び裂孔ヘルニア(hiatal
hernia)の既往を有していた。治験担当医師は、胆石(gallstones)と治験薬又は治験
手順の間に因果関係はなく、胆道障害(biliary disorder)と関連性があると判断し
た。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関
係はない。
症例番号:282-1516
報告用語:呼吸困難(DYSPNEA)、クラス:呼吸困難(DYSPNEA)
報告用語:心不全(INSUFFICIENCY CARDIAC)、クラス:心不全(HEART
FAILURE)
報告用語:狭心症(ANGINA)、クラス:狭心症(ANGINA PECTORIS)
報告用語:呼吸困難(DYSPNEA)、クラス:呼吸困難(DYSPNEA)
GHAC 試験の被験者 282-1516 は心不全(cardiac insufficiency)の重篤な有害事象を発
現した。本被験者は非代償性心不全(decompensated cardiac insufficiency)、狭心症
(angina)、dyspnea(呼吸困難)及び不整脈(arrhythmia)のため、1998 年 2 月 18
日に冠疾患集中治療室に入院した。冠血管造影(coronary angiography)の結果、軽
度の右冠疾患(right coronary disease)が認められたが、本被験者の症状を説明する
ほど顕著ではなかった。1998 年 2 月 24 日に良好な臨床状態で退院した。1985 年以
来、不整脈(cardiac arrythmia)の既往を有していた。治験担当医師は、本事象と治
験薬の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮す
918
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
ると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
また、GHAC 試験の被験者 282-1516 は呼吸困難(dyspnea)の重篤な有害事象のため
試験を中止した。本被験者は高度の呼吸困難(dyspnea)のため、1998 年 8 月 1 日に
入院した。1998 年 8 月 5 日に良好な臨床状態で退院した。呼吸困難(dyspnea)は虚
血性心筋症(ischemic cardiomyopathy)によるものとされた。治験薬の最終投与日は
1998 年 8 月 1 日であった。心臓病専門医は、治験薬が本被験者の心臓の状態に及ぼ
す影響を懸念し、本被験者に試験の中止を勧めた。治験担当医師は、本事象と治験
薬又は治験手順の間に因果関係はなく、本被験者の心不全(cardiac insufficiency)と
因果関係があると判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事
象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:282-1536
報告用語:類表皮癌(子宮頚部)(CARCINOMA EPIDERMOID (CERVIX))、ク
ラス:子宮頚部癌(CERVIX CARCINOMA)
GHAC 試験の被験者 282-1536 は類表皮癌(epidermoid carcinoma)の重篤な有害事象
を発現した。1997 年 11 月 14 日に実施された子宮頚管ポリープ切除後の組織病理報
告の結果は、部分的分化型類表皮癌(partially differentiated epidermoid carcinoma)を
示していた。この診断後、医師の判断により本被験者は試験から除外された。40 年
間喫煙歴していた。エストロゲン又はタモキシフェンの使用歴はなかった。治験担
当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の
安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠は
ない。
症例番号:282-1549
報告用語:腹痛(ABDOMINAL PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:閉塞性内臓転移(BLOCKED EVENTRATION)、クラス:腸閉塞
(INTESTINAL OBSTRUCTION)
報告用語:腸切除(RESECTION BOWEL)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
報告用語:内臓転移の外科的矯正(SURGICAL CORRECTION OF THE
EVENTRATION)、クラス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:嘔吐(VOMITING)、クラス:嘔吐(VOMITING)
GHAC 試験の被験者 282-1549 は閉塞性内臓転移(blocked eventration)の重篤な有害
事象を発現した。本被験者は高度の腹痛(abdominal pain)及び嘔吐(vomitting)の
ため 1997 年 9 月 5 日に入院した。閉塞性内臓転移(blocked eventration)と診断され
た。同日、外科手術(surgery)を受けた。腸癒着(bowel adhesions)のため、区域腸
切除(segment intestinal resection)を受け、内臓転移(eventration)を外科的に矯正し
た。1997 年 9 月 9 日に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係
はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラ
チドとの因果関係はない。
症例番号:282-1564
報告用語:薬剤性紫斑(PHARMACOLOGICAL PURPURA)、クラス:紫斑
(PURPURA)
GHAC 試験の被験者 282-1564 は薬剤性紫斑(pharmacological purpura)の重篤な有害
事象を発現した。本被験者は紫斑(purpura)のため 1998 年 5 月 1 日に入院した。
1998 年 5 月 7 日に良好な臨床状態で退院した。最終診断は薬剤性紫斑
(pharmacological purpura)であった。本事象が発現する前、本被験者は肩関節痛
(shoulder pain)の悪化のため非ステロイド系抗炎症薬を増量した(被験者自身の判
断による)。本被験者は複数の鎮痛剤を使用していたため、治験担当医師は、紫斑
(purpura)の原因として 1 つの薬剤を特定することはできない。しかし、本事象は
患者が使用していた鎮痛剤によるものであった。治験担当医師は、紫斑(purpura)
と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与
919
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:282-1585
報告用語:肺炎(PNEUMONIA)、クラス:肺炎(PNEUMONIA)
報告用語:呼吸困難(DYSPNEA)、クラス:呼吸困難(DYSPNEA)
報告用語:呼吸抑制(RESPIRATORY DEPRESSION)、クラス:低換気
(HYPOVENTILATION)
報告用語:胃腸出血(GASTROINTESTINAL BLEEDING)、クラス:胃腸出血
(GASTROINTESTINAL HEMORRHAGE)
報告用語:肩関節外傷(SHOULDER TRAUMATISM)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:肘関節外傷(ELBOW TRAUMATISM)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:肩関節・肘関節骨接合(SHOULDER AND ELBOW
OSTEOSYNTHESIS)、クラス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 282-1585 は肺炎(pneumonia)の重篤な有害事象を発現した。本
被験者は肺炎(pneumonia)のため 1998 年 8 月 24 日に入院した。1998 年 8 月 31 日
に呼吸困難(dyspnea)のため集中治療室に移送された。呼吸抑制(respiratory
depression)を発現し、人工呼吸器を要した。1998 年 9 月 8 日に胃腸出血
(gastrointestinal bleeding)を発現した。1998 年 9 月 9 日に実施された検査では活動
性出血(active hemorrhage)の証拠は認められなかった。1998 年 9 月 14 日に集中治
療室から内科病棟に移された。1998 年 9 月 22 日に退院した。治験担当医師は、肺炎
(pneumonia)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はなく、感染状態と因果関係が
あると判断した。呼吸困難(dyspnea)及び呼吸抑制(respiratory depression)は肺炎
(pneumonia)の増悪であった。胃腸出血(gastrointestinal bleeding)と治験薬又は治
験手順の間に因果関係はない。1970 年に胃潰瘍(stomach ulcer)のため、胃部分切
除(partial gastrectomy)を受けた。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事
象とテリパラチドとの因果関係はない。
また、GHAC 試験の被験者 282-1585 は肩関節・肘関節外傷(shoulder and elbow
trauma)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は 1998 年 10 月 25 日に起立から転
倒し、右肘及び右肩の損傷(right elbow and right shoulder injury)を負った。1998 年
11 月 26 日に入院し、肘関節・肩関節骨接合(elbow and shoulder osteosynthesis)を受
けた。1998 年 11 月 30 日に退院した。治験担当医師は、右肘関節・肩関節外傷
(right elbow and shoulder trauma)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判
断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因
果関係はない。
症例番号:282-1593
報告用語:腹痛(ABDOMINAL PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:発熱(FEVER)、クラス:発熱(FEVER)
報告用語:急性胆嚢炎(ACUTE CHOLECYSTITIS)、クラス:胆嚢炎
(CHOLECYSTITIS)
報告用語:胆嚢切除(CHOLECYSTECTOMY)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 282-1593 は腹痛(abdominal pain)及び発熱(fever)の重篤な有
害事象を発現した。本被験者は腹痛(abdominal pain)及び発熱(fever)のため 1997
年 12 月 2 日に入院した。腹部超音波検査(abdominal ultrasound)で胆石
(gallstones)が認められた。胆嚢炎(cholecystitis)と診断され、1997 年 12 月 10 日
に退院した。1998 年 4 月 9 日に胆嚢切除(cholecystectomy)を受けた。治験担当医
師は、本被験者は胆石(gallbladder stones)を有していたため、急性胆嚢炎(acute
cholecystitis)、fever(発熱)及び腹痛(abdominal pain)と治験薬又は治験手順の間
に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本
事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
920
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
症例番号:282-1614
告用語:前胸部痛(PRECORDIAL PAIN)、クラス:胸痛(CHEST PAIN)
報告用語:呼吸困難(DYSPNEA)、クラス:呼吸困難(DYSPNEA)
GHAC 試験の被験者 282-1614 は呼吸困難(dyspnea)の重篤な有害事象を発現した。
本被験者は呼吸困難(dyspnea)及び前胸部痛(precordial pain)のため 1998 年 11 月
10 日に入院した。身体診察(physical examination)で、血栓性静脈炎
(thrombophlebitis)が認められた。下肢血管のドップラー検査(doppler exam)及び
換気血流シンチグラフィー(ventilatory perfusion scintigraphy)を受け、結果は正常範
囲であった。1998 年 11 月 13 日に良好な臨床状態で退院した。1998 年 11 月 11 日か
ら 1998 年 11 月 20 日まで治験薬の投与を中止した。治験担当医師は、呼吸困難
(dyspnea)及び前胸部痛(precordial pain)と治験薬又は治験手順の間に因果関係は
ないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチ
ドとの因果関係はない。
症例番号:282-1622
報告用語:胆嚢結石(GALL BLADDER STONES)、クラス:胆石症
(CHOLELITHIASIS)
報告用語:胆嚢切除(CHOLECYSTECTOMY)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 282-1622 は胆石症(cholelithiasis)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は 1997 年 6 月 2 日に治験薬の投与を開始した。腹痛(abdominal pain)
のため 1998 年 12 月 13 日に入院した。腹部超音波検査(abdominal ultrasound)で胆
石(gallstones)が認められた。1998 年 12 月 18 日に退院した。治験担当医師は、本
事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けて
いたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
GHAC 試験の被験者 282-1622 は入院し、胆嚢切除(cholecystectomy)を受けた。
1999 年 1 月 18 日に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はな
いと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチド
との因果関係はない。
症例番号:282-1629
報告用語:右顎下腺腫大(RIGHT SUBMAXILLARY GLAND ENLARGED)、クラ
ス:リンパ節症(LYMPHADENOPATHY)
報告用語:顎下腺切除(SUBMAXILLARY GLAND REMOVAL)、クラス:外科手
術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 282-1629 は右顎下腺腫大(enlarged right submaxillary gland)の
重篤な有害事象を発現した。本被験者は右顎下腺腫大切除(removal of enlarged right
submaxillary gland)のため、1998 年 10 月 6 日に入院した。右顎下腺腫大(enlarged
right submaxillary gland)は 1998 年 3 月 15 日に発見された。1998 年 10 月 7 日に良好
な臨床状態で退院した。病理報告によると悪性徴候は認められなかった。治験担当
医師は、右顎下腺腫大(enlarged right submaxillary gland)と治験薬又は治験手順の間
に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本
事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:282-1663
報告用語:膀胱ポリープ(POLYPS BLADDER)、クラス:膀胱新生物(BLADDER
NEOPLASM)
報告用語:ポリープ切除(POLYPECTOMY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 282-1663 はポリープ切除(polypectomy)の重篤な有害事象を発
現した。本被験者は 1997 年 6 月 25 日に治験薬投与を開始した。膀胱ポリープ
(bladder polyps)のため 1998 年 10 月 19 日に入院した。ポリープ切除
(polypectomy)を受け、1998 年 10 月 20 日に退院した。病理報告では悪性ではなか
921
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
った。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験
者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:282-1665
報告用語:肛門脱(ANAL PROLAPSE)、クラス:直腸障害(RECTAL
DISORDER)
報告用語:直腸脱(RECTAL PROLAPSE)、クラス:直腸障害(RECTAL
DISORDER)
報告用語:直腸固定術(RECTOPEXY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
報告用語:形成手術(PLASTIC SURGERY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 282-1665 は肛門・直腸脱(anal/rectal prolapse)の重篤な有害事
象を発現した。本被験者は 1997 年 10 月 3 日に肛門及び直腸脱(anal and rectal
prolapse)と診断された。1998 年 2 月 22 日に入院し、1998 年 2 月 23 日に直腸固定術
(rectopexy)及び直腸筋形成手術(plastic surgery of the rectal muscles)を受けた。
1998 年 2 月 27 日に良好な臨床状態で退院した。治験担当医師は、肛門・直腸脱
(anal/rectal prolapse)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。作
用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係
を示唆する根拠はない。
症例番号:282-1669
報告用語:心不全(CARDIAC INSUFFICIENCY)、クラス:心不全(HEART
FAILURE)
報告用語:腹部膨満(ABDOMINAL DISTENTION)、クラス:腹部腫脹
(ABDOMEN ENLARGED)
報告用語:腹痛(ABDOMINAL PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:食餌性腹部障害(FOOD RELATED ABDOMINAL DISORDER)、クラ
ス:胃腸障害(GASTROINTESTINAL DISORDER)
報告用語:失神(SYNCOPE)、クラス:失神(SYNCOPE)
GHAC 試験の被験者 282-1669 は食餌性腹部障害(food related abdominal disorder)の
重篤な有害事象を発現した。本被験者は急性膵炎(acute pancreatitis)の疑いで 1998
年 1 月 28 日に入院した。この時、腹痛(abdominal pain)及び腹部腫脹(enlarged
abdomen)を発現していた。外科手術手技(surgical procedure)を要することなく、
1998 年 1 月 31 日に退院した。最終診断は食餌性腹部障害(food related abdominal
disorder)であった。さらなる追跡(follow-up)のため胃腸科専門医に紹介された。
治験担当医師は、本事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。
作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関
係を示唆する根拠はない。
また、GHAC 試験の被験者 282-1669 は失神(syncope)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は失神(syncope)のため 1998 年 12 月 14 日に入院した。診断は心不全
増悪(aggravated cardiac insufficiency)であった。1998 年 12 月 22 日に退院した。
1995 年以来、心不全(cardiac insufficiency)の既往を有していた。治験担当医師は、
失神(syncope)及び心不全(cardiac insufficiency)と治験薬又は治験手順の間に因果
関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データと本被験者の心不全
(cardiac insufficiency)の既往歴(1995 年以来)を考慮すると、本事象とテリパラチ
ドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:282-1671
報告用語:狭心症(ANGINA PECTORIS)、クラス:狭心症(ANGINA
PECTORIS)
GHAC 試験の被験者 282-1671 は狭心症(angina pectoris)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は 1997 年 7 月 9 日に狭心症(angina pectoris)のため入院した。1997 年
922
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
7 月 16 日に良好な臨床状態で退院した。狭心症(angina)の既往は有していなかっ
たが、虚血性心筋症(ischemic cardiomyopathy)、高血圧(hypertension)及び高コレ
ステロール血症(hypercholesterolemia)の既往を有していた。治験担当医師は、本事
象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けてい
たため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:282-1693
報告用語:骨粗鬆症性骨折(OSTEOPOROSIS FRACTURE)、クラス:骨粗鬆症性
骨折(OSTEOPOROSIS FRACTURE)
報告用語:股関節手術(HIP SURGERY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 282-1693 は股関節手術(hip surgery)の重篤な有害事象を発現
した。本被験者は 1997 年 8 月 8 日に起立から転倒し、左手首関節及び股関節を骨折
した。1997 年 8 月 12 日に実施予定の股関節手術(hip surgery)のため入院した。
1997 年 8 月 19 日に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はな
いと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラ
チドとの因果関係を示唆する根拠はない。
また、GHAC 試験の被験者 282-1693 は股関節痛(hip pain)の重篤な有害事象のため
試験を中止した。本被験者は、股関節痛(hip pain)のため来院手順が実施できなか
った。治験薬の最終投与日は 1997 年 12 月 12 日であった。治験担当医師は、本事象
と治験薬の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考
慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:282-1732
報告用語:上室性頻脈(SUPRAVENTRICULAR TACHYCARDIA)、クラス:上室
性頻脈(SUPRAVENTRICULAR TACHYCARDIA)
GHAC 試験の被験者 282-1732 は上室性頻脈(supraventricular tachycardia)の重篤な有
害事象を発現した。本被験者は上室性頻脈(supraventricular tachycardia)のため、
1997 年 10 月 11 日に入院した。1997 年 10 月 12 日に退院した。同様の心臓の状態の
ため 1997 年 10 月 13 日に再入院した。7 時間後に良好な臨床状態で退院した。1964
年以来、上室性頻脈(supraventricular tachycardia)の既往を有していた。治験担当医
師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与
を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:282-1735
報告用語:裂孔ヘルニア(HERNIA HIATAL)、クラス:ヘルニア(HERNIA)
報告用語:ヘルニア修復(HERNIA REPAIR)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 282-1735 はヘルニア修復(hernia repair)の重篤な有害事象を発
現した。本被験者は 1997 年 7 月 25 日に治験薬投与を開始した。裂孔ヘルニア増悪
(aggravated hiatal hernia)のため入院した。外科的ヘルニア修復(surgical hernia
repair)を受けた。1999 年 1 月 25 日に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬
の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮する
と、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:282-1789
報告用語:肺癌(LUNG CARCINOMA)、クラス:肺癌(CARCINOMA OF
LUNG)
GHAC 試験の被験者 282-1789 は癌(cancer)の重篤な有害事象を発現した。本被験
者は 1997 年 7 月 15 日に治験薬投与を開始し、1998 年 12 月 8 日に治験薬投与を中止
した。1998 年 11 月 19 日に実施された胸部 X 線(chest x-ray)で、気管支炎
(bronchitis)及び右肺小結節(nodule on the right lung)が認められた。1999 年 1 月 5
日に実施された生検(biopsy)で、小結節(nodule)が癌(carcinoma)であることが
判明した。縦隔鏡検査(mediastinoscopy)で転移(metastasis)が認められたため、
923
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
肺手術(lung surgery)は選択外となった。1999 年 3 月 6 日に退院し、化学療法
(chemotherapy)を受けることになった。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因
果関係はないと判断した。10 年間の喫煙歴を有していた。本被験者はプラセボ投与
を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:502-3152
報告用語:錯感覚(PARESTHESIA)、クラス:錯感覚(PARESTHESIA)
報告用語:一過性脳虚血発作(TRANSIENT ISCHEMIC ATTACK)、クラス:脳虚
血(CEREBRAL ISCHEMIA)
GHAC 試験の被験者 502-3152 は一過性脳虚血発作(transient ischemic attack)の重篤
な有害事象を発現した。本被験者は 1998 年 4 月 9 日に、筋力喪失(loss of strength)
を伴う左腕及び下肢の錯感覚(paresthesia)を訴えた。1998 年 4 月 10 日に入院し
た。数回の神経学的検査(neurological tests)の結果、本事象は一過性脳虚血発作
(transient ischemic attack)と考えられた。1998 年 4 月 27 日に退院した。1976 年以
来、高血圧(hypertension)の既往を有していた。治験担当医師は、本事象と治験薬
又は治験手順の間に因果関係はなく、併存する高血圧(hypertension)と因果関係が
あると判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチ
ドとの因果関係はない。
症例番号:507-3030
報告用語:前中毒性甲状腺腺腫(THYROID ADENOMA PRETOXIC)、クラス:甲
状腺腺腫(THYROID ADENOMA)
報告用語:甲状腺全摘除(TOTAL THYROIDECTOMY)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 507-3030 は前中毒性甲状腺腺腫(pretoxic thyroid adenoma)の重
篤な有害事象を発現した。本試験のスクリーニング中に、甲状腺刺激ホルモン減少
(low levels of thyroid stimulating hormone)が認められた。Visit 6 に、甲状腺腺腫
(thyroid adenoma)と診断された。1998 年 3 月 2 日に甲状腺全摘除(total
thyroidectomy)を受けた。1998 年 2 月 28 日に入院し、1998 年 3 月 9 日に退院した。
治験担当医師は、前中毒性甲状腺腺腫(pretoxic thyroid adenoma)と治験薬又は治験
手順の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮す
ると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:511-3181
報告用語:肺炎(PNEUMONIA)、クラス:肺炎(PNEUMONIA)
GHAC 試験の被験者 511-3181 は肺炎(pneumonia)の重篤な有害事象を発現した。本
被験者は肺炎(pneumonia)のため 1998 年 3 月 19 日から 1998 年 4 月 19 日まで入院
した。矯正治療を受けた。治験担当医師は、肺炎(pneumonia)と治験薬又は治験手
順の間に因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、
本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:512-3090
報告用語:関節症(ARTHROSIS)、クラス:関節症(ARTHROSIS)
報告用語:手根管症候群(CARPAL TUNNEL SYNDR)、クラス:腱鞘炎
(TENOSYNOVITIS)
報告用語:正中神経除圧(DECOMPRESSION OF MEDIAN NERVE)、クラス:神経
痛(NEURALGIA)
報告用語:関節形成(ARTHROPLASTY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 512-3090 は関節症(arthrosis)悪化の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は 1995 年以来、関節障害(arthropathy)及び手根管症候群(carpal
tunnel syndrome)を発現していた。これらの状態の重篤化のため 1997 年 10 月 24 日
に入院し、関節形成(arthroplasty)及び正中神経除圧(decompression of the median
nerve)を受けた。1997 年 10 月 27 日に良好な状態で退院した。治験担当医師は、本
924
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けて
いたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:701-5604
報告用語:非代償性心不全(INCOMPENSATED HEART)、クラス:心不全
(HEART FAILURE)
GHAC 試験の被験者 701-5604 は非代償性心不全(decompensated heart)の重篤な有害
事象を発現した。本被験者は呼吸困難(dyspnea)悪化を伴う非代償性心不全
(decompensated heart)のため、1998 年 11 月 25 日に入院した。集中的利尿剤治療な
どの矯正治療を受け、呼吸困難(dyspnea)が改善した。1998 年 12 月 3 日に安定し
た状態で退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係
はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリ
パラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:701-5607
報告用語:遠位橈骨・手首関節骨折(FRACTURE LEFT DISTAL
RADIUS/WRIST)、クラス:事故による外傷(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:骨接合(OSTEOSYNTHESIS)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
報告用語:良性声帯結節(BENIGN VOCAL CORD NODE)、クラス:喉頭新生物
(LARYNGEAL NEOPLASIA)
報告用語:良性声帯結節切除(REMOVAL OF BENIGN VOCAL CORD NODE)、ク
ラス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 701-5607 はコーレス骨折(Colles fracture)の重篤な有害事象を
発現した。本被験者は 1997 年 7 月 28 日に自宅で転倒し、コーレス骨折(Colles
fracture)(左)を負った。1997 年 7 月 29 日に骨接合(osteosynthesis)を受けた。治
験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨
床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根
拠はない。
また、GHAC 試験の被験者 701-5607 は左声帯良性ポリープ(benign polyp on the left
vocal cord)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は翌日に左声帯良性ポリープ
( benign polyp on the left vocal cord)の切除を受けるため、1998 年 11 月 17 日に入院
した。これ以前に、数ヵ月間、嗄声(hoarseness)を発現していた。悪性を示す証拠
はなかった。1998 年 11 月 19 日に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬又は
治験手順の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考
慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:701-5610
報告用語:憩室炎(DIVERTICULITIS)クラス:大腸炎(COLITIS)
報告用語:体重減少(WEIGHT LOSS)、クラス:体重減少(WEIGHT LOSS)
GHAC 試験の被験者 701-5610 は体重減少(weight loss)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は体重減少(weight loss)のため 1997 年 11 月 1 日に入院した。この
時、憩室炎(diverticulitis)と診断され、抗生物質治療を受け、1997 年 12 月 4 日に退
院した。胃炎(gastritis)及び前回の入院時と同様の症状のため、1997 年 12 月 16 日
に再入院した。1997 年 12 月 23 日に退院した。1991 年以来、胃炎(gastritis)及び消
化不良(dyspepsia)の既往を有していた。本被験者は高齢で継続する気力がないこ
とを理由に試験参加中止を決定した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果
関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリ
パラチドとの因果関係はない。
症例番号:701-5611
報告用語:脳卒中(APOPLEXIA CEREBRI)、クラス:脳出血(CEREBRAL
HEMORRHAGE)
GHAC 試験の被験者 701-5611 は脳卒中(apoplexia cerebri)の重篤な有害事象を発現
925
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
した。本被験者は脳卒中(apoplexia cerebri)のため 1998 年 2 月 7 日に入院した。
1998 年 2 月 27 日に退院した。歩行困難(difficulty walking)のためリハビリテーシ
ョンを受けている。治験担当医師は、本事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係
はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリ
パラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:701-5612
報告用語:卒中(APOPLEXIA)、クラス:脳出血(CEREBRAL HEMORRHAGE)
GHAC 試験の被験者 701-5612 は卒中(apoplexia)の重篤な有害事象のため試験を中
止した。本被験者は脳卒中(cerebral apoplexy)発現後、1997 年 4 月 16 日に入院し
た。また、右不全片麻痺(right side hemiparesis)及び表出性失語症(expressive
aphasia)も発現した。1997 年 5 月 13 日に退院した。本被験者は本事象のため試験か
ら除外された。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断し
た。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因
果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:701-5614
報告用語:虫垂炎(APPENDICITIS)、クラス:急性腹部症候群(ABDOMINAL
SYNDROME ACUTE)
報告用語:虫垂切除(APPENDECTOMY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 701-5614 は虫垂炎(appendicitis)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は虫垂切除(appendectomy)を受けるため、1998 年 12 月 5 日に入院し
た。同日手術を受けた。1998 年 12 月 8 日に良好な臨床状態で退院した。10 日後
に、かかりつけ医(general practitioner)が抜糸した。治験担当医師は、虫垂炎
(appendicitis)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。本被験者
はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:701-5616
報告用語:錯乱(CONFUSION)、クラス:錯乱(CONFUSION)
GHAC 試験の被験者 701-5616 は錯乱(confusion)の重篤な有害事象を発現した。本
被験者は休日に突然、錯乱(confusion)を発現した。数時間後に症状は消失した。
治療は要しなかった。1998 年 6 月 26 日から 1998 年 6 月 27 日まで入院した(ドイ
ツ)。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。作用機
序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示
唆する根拠はない。
症例番号:703-5635
報告用語:右股関節痛(PAIN IN RIGHT HIP)、クラス:関節痛(ARTHRALGIA)
報告用語:右股関節再手術(RE-OPERATING RIGHT HIP)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 703-5635 は股関節痛(hip pain)の重篤な有害事象を発現した。
本被験者は股関節手術(hip surgery)のため 1998 年 1 月 21 日に入院した。骨折
(fracture)に対する以前の右股関節手術(right hip operation)により右股関節痛
(pain in the right hip)及び歩行困難(difficulty walking)を有していた。1998 年 1 月
22 日に手術を受けた。1998 年 1 月 27 日にリハビリテーション科に移った。1998 年 2
月 18 日にリハビリテーションを終了した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に
因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データと本被験者の股関節
手術(hip surgery)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示
唆する根拠はない。
症例番号:703-5636
報告用語:吐血(HEMATEMESIS)、クラス:吐血(HEMATEMESIS)
報告用語:喀血(COUGHING BLOOD)、クラス:喀血(HEMOPTYSIS)
報告用語:肺塞栓症(PULMONARY EMBOLUS)、クラス:肺塞栓症
926
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
(PULMONARY EMBOLUS)
GHAC 試験の被験者 703-5636 は肺塞栓症(pulmonary embolism)の重篤な有害事象
を発現した。本被験者は吐血(hematemesis)のため 1997 年 9 月 4 日から 1997 年 9
月 5 日まで入院した。本被験者は喀血もした。呼吸障害悪化のため 1997 年 9 月 7 日
に再入院した。X 線(X-ray)で肺塞栓(pulmonary embolus)が確認された。1997 年
9 月 22 日に退院した。30 年間喫煙しており慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive
lung diseas)の既往を有していた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係
は否定できないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象と
テリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:703-5638
報告用語:憩室症(DIVERTICULOSIS)クラス:胃腸障害(GASTROINTESTINAL
DISORDER)
報告用語:憩室炎(DIVERTICULITIS)、クラス:大腸炎(COLITIS)
報告用語:結腸瘻造設(COLOSTOMY)、クラス:胃腸障害
(GASTROINTESTINAL DISORDER)
報告用語:結腸瘻造設(CREATION OF COLOSTOMY)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 703-5638 は憩室炎(diverticulitis)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は 1992 年以来、憩室症(diverticulosis)の既往を有していた。1997 年
7 月 14 日に憩室炎(diverticulitis)を発現し、入院した。1997 年 7 月 15 日に結腸瘻
造設(colostomy)を受けた。1997 年 8 月 17 日に退院した。治験担当医師は、本事象
と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていた
ため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:703-5639
報告用語:心不全(HEART INSUFFICIENCY)、クラス:心不全(HEART
FAILURE)
GHAC 試験の被験者 703-5639 は心不全(heart insufficiency)の重篤な有害事象を発
現した。本被験者は予定されていた冠動脈造影(coronary arteriography)を受けるた
め入院した。本手順により高度の左室機能低下(decreased left ventricle function)が
認められた。有効な心不全治療により良好な状態に回復した。本被験者は慢性閉塞
性肺疾患(chronic obstructive lung disease)も有していた。以前に心臓発作(heart
attack)があり、1995 年以来、虚血性心疾患(ischemic heart disease)の既往を有して
いた。45 年間喫煙していた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はな
いと判断した。作用機序及び臨床の安全性データと本被験者の心疾患(heart
disease)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根
拠はない。
症例番号:703-5640
報告用語:左肘骨折(FRACTURE LEFT ELBOW)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:骨接合(OSTEOSYNTHESIS)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
報告用語:骨再接合(RE OSTEOSYNTHESIS)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:金属植込み物除去(REMOVEVAL OF METALLIC IMPLANT)、クラ
ス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 703-5640 は左肘骨折(fractured left elbow)の重篤な有害事象を
発現した。本被験者は左肘骨折(fractured left elbow)のため 1997 年 3 月 25 日に入院
した。1997 年 3 月 26 日に骨接合(osteosynthesis)を受け、1997 年 4 月 7 日に骨再接
合(re-osteosynthesis)を受けた。1997 年 4 月 13 日に退院した。金属植込み物除去
(removal of a metallic implant)のため 1997 年 8 月 22 日から 1997 年 8 月 25 日まで入
927
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
院した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被
験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はな
い。
症例番号:703-5642
報告用語:右腕骨折(FRACTURE RIGHT ARM)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:骨接合(OSTEOSYNTHESIS)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 703-5642 は右腕骨折(fractured right arm)の重篤な有害事象を
発現した。1997 年 5 月 8 日に前腕及び肘を骨折し、手術を受けるため 1997 年 5 月 13
日に入院した。1997 年 5 月 14 日に骨接合(osteosynthesis)を受けた。1997 年 5 月 20
日に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断し
た。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因
果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:703-5643
報告用語:動揺半人工右股関節(LOOSE RIGHT HIP HEMIALLOPLASTIC)、クラ
ス:適用部位反応
報告用語:歩行抑制(WALKING INHIBITED)、クラス:異常歩行(ABNORMAL
GAIT)
報告用語:術後貧血(ANEMIA, POST OPERATIVE)、クラス:貧血(ANEMIA)
報告用語:右股関節再手術(RE-OPERATION RIGHT HIP)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:右股関節脱臼(LUXATION OF RIGHT HIP)、クラス:関節障害(JOINT
DISORDER)
GHAC 試験の被験者 703-5643 は右股関節再手術(re-operation of the right hip)の重篤
な有害事象を発現した。本被験者は予定されていた右股関節再手術(re-operation of
the right hip)を受けるため、1997 年 5 月 12 日に入院した。術後貧血(post-operative
anemia)を発現した。手術後、異常歩行(abnormal gait)が認められた。リハビリテ
ーション病棟に移り、1997 年 6 月 26 日に退院した。1997 年 7 月 1 日に右股関節脱臼
(luxation of her right hip)を負い、同日入院し、人工股関節置換を受けた。1997 年 7
月 7 日に退院した。本被験者は 5 月の入院以来、治験薬を使用しておらず、試験参
加中止を決定した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断
した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの
因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:703-5644
報告用語:不整脈(CARDIAC ARRHYTHMIA)、クラス:不整脈
(ARRHYTHMIA)
報告用語:慢性閉塞性肺疾患(CHRONIC OBSTRUCTIVE LUNG DISEASE)、クラ
ス:肺障害(LUNG DISORDER)
報告用語:肺炎(PNEUMONIA)、クラス:肺炎(PNEUMONIA)
報告用語:頻脈(TACHYCARDIA)、クラス:頻脈(TACHYCARDIA)
GHAC 試験の被験者 703-5644 は慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive lung diseas)の
重篤な有害事象を発現した。本被験者は慢性気管支炎悪化(worsening of chronic
bronchitis)のため 1998 年 2 月 20 日に入院した。咳嗽(cough)、喀出
(expectorations)及び息切れ(shortness of breath)を発現した。肺炎(pneumonia)
と診断された。慢性閉塞性肺疾患の急性増悪(acute worsening of chronic obstructive
lung diseas)も発現した。対症及び補助療法を受けた。1998 年 3 月 6 日に退院した。
20 年間喫煙していた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判
断した。作用機序及び臨床の安全性データと本被験者の喫煙歴を考慮すると、本事
象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
928
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
また、GHAC 試験の被験者 703-5644 は不整脈(cardiac arrhythmia)の重篤な有害事
象を発現した。本被験者は不整脈(cardiac arrhythmia)のため 1998 年 12 月 7 日に入
院し、1998 年 12 月 8 日に退院した。1991 年以来、不整脈(cardiac arrhythmia)の既
往を有していた。治験担当医師は、不整脈(arrhythmia)と治験薬又は治験手順の間
に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データと本被験者の不整
脈(cardiac arrhythmia)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係
を示唆する根拠はない
症例番号:703-5648
報告用語:左足骨折(FRACTURE LEFT FOOT)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
GHAC 試験の被験者 703-5648 は左足骨折(fractured left foot)の重篤な有害事象を発
現した。本被験者は 1997 年 4 月 17 日に治験薬投与を開始した。1997 年 5 月 16 日以
来、浮動性めまい(dizziness)を発現していた。浮動性めまい(dizziness)の程度
は、試験期間中、事故の直前まで同じであったが、事故後悪化した。1996 年 8 月 28
日以来、歩行困難(walking difficulties)を有していた。歩行器を使用し、外出でき
なかった。浮動性めまい(dizziness)及び歩行困難(walking difficulties)のためリハ
ビリテーションを受けていた。自宅で転倒し、左足第 2、第 3 及び第 4 中足骨を骨折
した。1998 年 9 月 21 日に入院し、治験薬を中止した。治験薬を中止したにもかかわ
らず、浮動性めまい(dizziness)が持続した。1998 年 11 月 2 日に退院した。歩行困
難(walking difficulties)が悪化し、転倒(falling)も数回あったため、1999 年 3 月 5
日から高齢者病棟に入院し、1999 年 4 月 6 日に退院した。本被験者の歩行はバラン
ス不良(bad balance)、多発ニューロパチー(polyneuropathy)を特徴とし、開脚歩
行(wide-based)であった。血圧は常時正常であった。治験担当医師は、転倒
(fall)は治験薬による浮動性めまい(dizziness)が原因である可能性があるため、
本事象と治験薬の間には因果関係が否定できないと判断した。治験依頼者は、臨床
のデータを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係は否定できないと判断
した。
症例番号:705-5660
報告用語:間欠性背部痛(INTERMITTENT BACK PAIN)、クラス:背部痛(BACK
PAIN)
報告用語:便秘(OBSTIPATION)、クラス:便秘(CONSTIPATION)
GHAC 試験の被験者 705-5660 は背部痛(back pain)の重篤な有害事象を発現した。
本被験者は背部痛(back pain)及び便秘(constipation)(モルヒネ治療による)の悪
化のため 1998 年 7 月 6 日に入院した。鎮痛剤及び緩下剤治療を受けた。1998 年 7 月
10 日に退院した。1991 年以来、間欠性背部痛(back pain)の既往を有していた。治
験担当医師は、背部痛(back pain)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はない
が、便秘(constipation)と治験薬又は治験手順の間には因果関係が否定できないと
判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの
因果関係はない。
症例番号:705-5666
報告用語:急性気管支炎(BRONCHITIS ACUTE)、クラス:気管支炎
(BRONCHITIS)
報告用語:呼吸困難(DYSPNEA)、クラス:呼吸困難(DYSPNEA)
GHAC 試験の被験者 705-5666 は呼吸困難(dyspnea)の重篤な有害事象を発現した。
本被験者は数日間にわたる呼吸困難(dyspnea)の悪化のため入院した。入院中に、
急性気管支炎(acute bronchitis)と診断された。喫煙歴はない。治験担当医師は、呼
吸困難(dyspnea)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。作用機
序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示
唆する根拠はない。
症例番号:705-5669
929
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
報告用語:脳梗塞(CEREBRAL INFARCTION)、クラス:脳梗塞(CEREBRAL
INFARCT)
GHAC 試験の被験者 705-5669 は脳梗塞(cerebral infarction)の重篤な有害事象を発現
した。本被験者は軽度の脳梗塞(cerebral infarction)のため 1997 年 1 月 13 日から
1997 年 1 月 21 日まで入院した。左側筋力低下(reduced strength)を発現し、軽度の
右側脳梗塞(cerebral infarction)と診断された。本被験者は全快した。1977 年以来、
高血圧(hypertension)の既往を有していた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間
に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本
事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:705-5670
報告用語:筋痛(MUSCLE SORENESS)、クラス:筋痛(MYALGIA)
報告用語:左股関節部骨折(LEFT HIP FRACTURE)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
GHAC 試験の被験者 705-5670 は筋痛(muscle soreness)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は頚部痛(neck pain)及び筋痛(myalgia)のため 1997 年 6 月 18 日か
ら 1997 年 6 月 24 日まで入院した。病院で理学療法(physiotherapy)を受けた。治験
担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験者はプラセ
ボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
また、GHAC 試験の被験者 705-5670 は左股関節部骨折(left hip fracture)の重篤な有
害事象を発現した。本被験者は転倒し、左股関節を骨折した後、1998 年 7 月 19 日に
入院した。1998 年 7 月 20 日に骨接合(osteosynthesis)を受けた。術後合併症はなか
った。1998 年 8 月 11 日に退院した。1992 年に右股関節を骨折した。治験担当医師
は、左股関節部骨折(left hip fracture)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はない
と判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドと
の因果関係はない。
症例番号:705-5671
報告用語:背部痛(BACK PAIN)、クラス:背部痛(BACK PAIN)
報告用語:左眼緑内障手術(GLAUCOMA SURGERY LEFT EYE)、クラス:外科手
術手技(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:右眼感染(INFECTION RIGHT EYE)、クラス:感染(INFECTION)
報告用語:右眼球摘除(RIGHT EYE REMOVED)、クラス:眼障害(EYE
DISORDER)
報告用語:脳卒中(STROKE)、クラス:脳血管発作(CEREBROVASCULAR
ACCIDENT)
報告用語:顔面神経不全麻痺(PARESIS OF FACIAL NERVE)、クラス:顔面麻痺
(FACIAL PARALYSIS)
報告用語:左腕麻痺(LEFT ARM PARALYSIS)、クラス:麻痺(PARALYSIS)
報告用語:左下肢不全麻痺(LEFT LEG PARESIS)、クラス:麻痺(PARALYSIS)
GHAC 試験の被験者 705-5671 は緑内障手術(glaucoma surgery)の重篤な有害事象を
発現した。本被験者は、予定されていた左眼の緑内障手術(glaucoma surgery)を受
けるため 1997 年 4 月 21 日から 1997 年 4 月 23 日まで入院した。緑内障(glaucoma)
のため 1997 年 4 月 24 日に再入院した。1997 年 5 月 3 日に退院した。1982 年以来、
左眼霧視(blurred vision)及び緑内障(glaucoma)の既往、1991 年以来、右眼失明
(blindness)の既往を有していた。治験担当医師は、緑内障(glaucoma)及び緑内障
手術(glaucoma surgery)と治験薬の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び
臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する
根拠はない。
また、GHAC 試験の被験者 705-5671 は背部痛(back pain)の重篤な有害事象を発現
した。本被験者は、背部痛(back pain)のため 1998 年 2 月 9 日に入院した。1998 年
2 月 10 日に退院した。外来で理学療法(physiotherapy)を受けた。1996 年以来背部
930
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
痛(back pain)の既往を有していた。治験担当医師は、背部痛(back pain)と治験薬
又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データ
と本被験者の背部痛(back pain)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドと
の因果関係を示唆する根拠はない。
GHAC 試験の被験者 705-5671 は右眼感染(infection in her right eye)の重篤な有害事
象も発現した。1998 年 10 月 13 日に右眼摘除を受けた。治験担当医師は、眼感染
(eye infection)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。作用機序
及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆
する根拠はない。
また、GHAC 試験の被験者 705-5671 は左不全麻痺(left sided paresis)の重篤な有害
事象も発現した。本被験者は左腕、下肢及び顔面筋の不全麻痺(paresis)のため
1998 年 12 月に入院した。治験担当医師は、本事象と治験薬又は治験手順の間に因果
関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象と
テリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:705-5683
報告用語:呼吸困難(DYSPNEA)、クラス:呼吸困難(DYSPNEA)
報告用語:喘息発作重積(STATUS ASTHMATISM)、クラス:喘息(ASTHMA)
報告用語:気管支喘息(ASTHMA BRONCHIAL)、クラス:喘息(ASTHMA)
GHAC 試験の被験者 705-5683 は喘息発作重積(status asthmaticus)の重篤な有害事象
のため試験を中止した。本被験者は、呼吸困難(dyspnea)及び咳嗽(cough)悪化の
ため、1998 年 4 月 16 日に救急治療室に搬送された。この時、喘息(asthma)と診断
された。同日退院した。呼吸困難(dyspnea)悪化のため、1998 年 4 月 18 日に再入
院した。喘息発作重積(status asthmaticus)に対する標準的治療を受けた。喘息発作
重積(status asthmaticus)は 1998 年 4 月 19 日に終了し、治験担当医師は生命を脅か
すものとみなした。喘息(asthma)のため 1998 年 4 月 22 日まで入院した。治験担当
医師は、本事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。作用機序
及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆
する根拠はない。
症例番号:705-5686
報告用語:右大腿骨骨折(FRACTURE OF RIGHT FEMUR)、クラス:事故による外
傷(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:左脛骨骨折(FRACTURE OF LEFT TIBIA)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:骨接合(OSTEOSYNTHESIS)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 705-5686 は入院(hospitalization)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は、1997 年 6 月 25 日に治験薬投与を開始した。事故で車に轢かれ、右
大腿骨及び左脛骨骨折(fracture of the right femur and left tibia)を負った。1998 年 12
月 15 日に入院し、1998 年 12 月 16 日に骨折(fractures)矯正(correct)手術を受け
た。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験者
はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:706-5700
報告用語:挫傷(BRUISING)、クラス:斑状出血(ECCHYMOSIS)
報告用語:貧血(ANEMIA SEDEROP)、クラス:貧血(ANEMIA)
GHAC 試験の被験者 706-5700 は挫傷(bruising)の重篤な有害事象を発現した。本被
験者は、側腹部の斑状出血(ecchymosis)のため、1997 年 6 月 5 日に入院した。本被
験者は、挫傷(bruise)と注射部位(injection site)の間に因果関係はないとしてい
る。最近、転倒した記憶はなかった。この時、挫傷(bruising)の原因は不明で、
1997 年 6 月 7 日に退院した。1990 年以来、悪性貧血(pernicious anemia)の既往を有
していた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。作
931
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係
を示唆する根拠はない。
また、GHAC 試験の被験者 706-5700 は貧血(anemia)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は貧血(anemia)症状のため、1998 年 1 月 9 日に入院した。腹痛
(abdominal pain)を訴えていた。貧血(anemia)症状は鉄剤治療により軽減した。
1998 年 1 月 27 日に退院した。1998 年 2 月 19 日の追跡来院時には貧血(anemia)症
状は認められなかった。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと
判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチド
との因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:706-5708
報告用語:肺炎(PNEUMONIA)、クラス:肺炎(PNEUMONIA)
GHAC 試験の被験者 706-5708 は肺炎(pneumonia)の重篤な有害事象を発現した。本
被験者は、肺炎(pneumonia)のため、1998 年 4 月 30 日に入院した。発熱
(fever)、咳嗽(cough)及び呼吸困難(dyspnea)などの症状が認められた。抗生物
質治療により、解熱した。1998 年 5 月 7 日に退院した。治験担当医師は、本事象と
治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性
データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:706-5709
報告用語:喀血(HEMOPTYSIS)、クラス:喀血(HEMOPTYSIS)
GHAC 試験の被験者 706-5709 は喀血(hemoptysis)の重篤な有害事象を発現した。
本被験者は、喀血(hemoptysis)のため 1998 年 2 月 4 日に入院した。咳嗽
(coughing)を伴う急性気管支炎(acute bronchitis)も発現していた。1998 年 2 月 10
日に気管支鏡生検(bronchoscopy with biopsy)を受けた。生検(biopsy)の結果、軽
微で悪性ではない慢性炎症(chronic inflammation)が認められた。1998 年 2 月 11 日
に良好な状態で退院した。43 年間喫煙していた。治験担当医師は、喀血
(hemoptysis)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。作用機序及
び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆す
る根拠はない。
症例番号:708-5750
報告用語:関節症(ARTHROSIS)、クラス:関節症(ARTHROSIS)
GHAC 試験の被験者 708-5750 は関節症(arthrosis)の重篤な有害事象を発現した。本
被験者は、1988 年以来、関節症(arthrosis)の既往を有していた。関節症
(arthrosis)による疼痛(pain)悪化のため、1997 年 5 月 29 日にサナトリウムに入院
した(6 ヵ月前から予定されていた)。1997 年 6 月 25 日に退院した。治験担当医師
は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験者はプラセボ投与を
受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:708-5771
報告用語:良性声帯結節(BENIGN VOCAL CORD NODE)、クラス:喉頭新生物
(LARYNGEAL NEOPLASIA)
報告用語:良性声帯結節外科的切除(SURGICAL REMOVAL OF BENIGN VOCAL
CORD NODE)、クラス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 708-5771 は良性声帯結節(benign vocal cord node)の重篤な有害
事象を発現した。本被験者は、1998 年 6 月 1 日に声の変化に気付いた。喉頭鏡検査
(laryngoscopy)を受けるため、1998 年 6 月 17 日に入院し、良性声帯結節(benign
vocal cord node が認められた。結節切除を受け、1998 年 6 月 19 日に退院した。治験
担当医師は、本事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。作用
機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を
示唆する根拠はない。
症例番号:708-5777
報告用語:股関節部骨折(HIP FRACTURE)、クラス:事故による外傷
932
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
(ACCIDENTAL INJURY)
GHAC 試験の被験者 708-5777 は股関節部骨折(hip fracture)の重篤な有害事象を発
現した。本被験者は、1997 年 4 月 16 日に治験薬投与を開始した。街路を歩行中転倒
し、左股関節部骨折(left-sided hip fracture)を負った。1998 年 12 月 10 日に骨接合
(osteosynthesis)を受けた。1998 年 12 月 31 日に良好な状態で退院した。治験担当
医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安
全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はな
い。
症例番号:721-5424
報告用語:術後再発ヘルニア(HERNIA POSTOPERATIA RESODIVAUS)、クラ
ス:ヘルニア(HERNIA)
報告用語:ヘルニア手術(HERNIA OPERATION)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:ヘルニア手術(HERNIA OPERATION)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 721-5424 は再発ヘルニア(recurring hernia)(術後)の重篤な有
害事象を発現した。本被験者は、虫垂炎(appendicitis)のため 1993 年に虫垂切除
(appendectomy)を受けた。1998 年 7 月 28 日に虫垂切除(appendectomy)部位のヘ
ルニア(hernia)と診断された。1998 年 9 月 29 日及び 1998 年 10 月 27 日にこの矯正
(correct)手術を受けた。手術による合併症(complications)はなかった。治験担当
医師は、再発ヘルニア(recurring hernia)(術後)と治験薬又は治験手順の間に因果
関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データと本被験者の虫垂切除
(appendectomy)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示
唆する根拠はない。
症例番号:721-5429
報告用語:胆嚢結石症(CHOLECYSTOLITHIASIS)、クラス:胆石症
(CHOLELITHIASIS)
報告用語:臍ヘルニア(HERNIA UMBLICALIS)、クラス:ヘルニア(HERNIA)
報告用語:胆嚢切除(CHOLECYSTECTOMY)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:ヘルニア修復(HERNIA REPAIR)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
報告用語:胸郭異常(ABNORMAL THORAX)、クラス:肺障害(LUNG
DISORDER)
報告用語:創傷漿液腫(SEROMA OF THE WOUND)、クラス:嚢胞(CYST)
報告用語:発熱(FEVER)、クラス:発熱(FEVER)
報告用語:術後感染(POSTOPERATIVE INFECTION)、クラス:感染
(INFECTION)
報告用語:手術創穿刺(PUNCTIONS OF OPERATION WOUND)、クラス:外科手
術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 721-5429 は胆石症(cholelithiasis)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は腹部の問題〔胆石症(cholelithiasis)〕のため 1998 年 6 月 10 日に入
院した。1998 年 6 月 11 日に胆嚢切除(cholecystectomy)及びヘルニア修復(hernia
repair)を受けた。1998 年 6 月 17 日に発熱(fever)及び胸郭異常(abnormal thorax)
を発現するまでは良好な臨床状態であった。抗生物質治療及び外科手術創ドレナー
ジを受けた。明らかな創感染(wound infection)は認められなかった。リハビリテー
ション病院に移り、1998 年 7 月 1 日に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬
又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は作用機序及び臨床の
安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠は
ないと判断した。
933
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
また、GHAC 試験の被験者 721-5429 は、胆嚢切除(cholecystectomy)及びヘルニア
修復(hernia repair)術後、腹部に漿液腫(seroma)の重篤な有害事象を発現した。
漿液腫(seroma)の穿刺を 5 回受けた後、入院し、嚢胞(cyst)の穿刺(puncture)
を受けた(1998 年 10 月)。この状態については今後毎月検査する。治験担当医師
は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は作用機序及び
臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する
根拠はないと判断した。
症例番号:721-5431
報告用語:表在性膀胱癌(SUPERFICAL BLADDER CANCER)、クラス:膀胱癌
(BLADDER CARCINOMA)
報告用語:膀胱癌手術(BLADDER CANCER OPER.)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:膀胱癌手術(BLADDER CANCER OPER.)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 721-5431 は表在性膀胱癌(superficial bladder cancer)の重篤な有
害事象を発現した。本被験者は膀胱癌(bladder cancer)の既往を有していた(1988
年に最初の診断を受け、その後 1989 年及び 1992 年に発現)。1998 年 7 月 14 日に生
検(biopsy)でグレード 1 の膀胱癌(bladder cancer)が認められた。1998 年 9 月 1 日
に、膀胱鏡下(cystoscopy)で腫瘍を凝固、切除する手術を受けた。喫煙歴はない。
治験担当医師は、表在性膀胱癌(superficial bladder cancer)と治験薬又は治験手順の
間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受けて
いたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:722-5300
報告用語:右遠位手首関節骨折(RIGHT DIST. WRIST FRACT.)、クラス:事故に
よる外傷(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:骨折による外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE DUE TO
FRACT.)、クラス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 722-5300 は右遠位手首関節骨折(right distal wrist fracture)の重
篤な有害事象を発現した。本被験者は 1998 年 6 月 13 日に転倒し、手首関節骨折
(wrist fracture)を負った。1998 年 6 月 13 日から 1998 年 6 月 23 日まで入院した。
入院中、手首の整復手術(reduction)を受けた。治験担当医師は、右遠位手首関節骨
折(right distal wrist fracture)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断し
た。治験依頼者は作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパ
ラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:722-5312
報告用語:喘息(ASTHMA)、クラス:喘息(ASTHMA)
報告用語:気管支炎(BRONCHITIS)、クラス:気管支炎(BRONCHITIS)
GHAC 試験の被験者 722-5312 は喘息(asthma)の重篤な有害事象のため試験を中止
した。本被験者は気管支炎(bronchitis)に伴う高度の喘息(asthma)のため、1997
年 8 月 1 日から 1997 年 8 月 8 日まで入院した。治験担当医師は、喘息(asthma)障
害悪化のため、試験の中止を勧めた。本被験者も肺障害のため試験の中止を希望し
た。1960 年以来、肺障害(lung disorder)の既往を有し、40 年間喫煙していた。治験
担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本
被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はな
いと考えられた。
症例番号:722-5315
報告用語:発熱(FEVER)、クラス:発熱(FEVER)
GHAC 試験の被験者 722-5315 は発熱(fever)の重篤な有害事象を発現した。本被験
者は肺炎(pneumonia)及び敗血症(sepsis)の疑いのため、1997 年 4 月 23 日から
1997 年 4 月 25 日まで入院した。入院中、発熱(fever)は消散し、本人の希望により
934
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
退院した。治験担当医師は、発熱(fever)と治験薬の間に因果関係はないと判断し
た。治験依頼者は作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパ
ラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:722-5324
報告用語:関節症(ARTHROSIS)、クラス:関節症(ARTHROSIS)
報告用語:関節鏡検査(ARTHROSCOPY GENUS)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 722-5324 は関節症(arthrosis)の重篤な有害事象を発現した。本
被験者は両膝の疼痛(pain)のため 1998 年 11 月 10 日に入院した。X 線(X-rays)で
関節症(arthrosis)が確認された。1998 年 11 月 10 日に左膝の関節鏡検査
(arthroscopy)を受けた。1998 年 11 月 11 日に退院した。治験担当医師は、関節症
(arthrosis)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は
作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関
係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:723-5334
報告用語:胆石症(CHOLELITHIASIS)、クラス:胆石症(CHOLELITHIASIS)
報告用語:胆嚢切除(CHOLECYSTECTOMY)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 723-5334 は胆石症(cholelithiasis)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は 1998 年 4 月に胆石症(cholelithiasis)と診断された。待期的腹腔鏡下
胆嚢切除(laparoscopic cholecystectomy)を受けるため、1998 年 9 月 13 日に入院し
た。1998 年 9 月 14 日に手術を受けた。治験担当医師は、本事象と治験薬又は治験手
順の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受
けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと考えられた。
症例番号:723-5345
報告用語:膝関節症(KNEE ARTHROSIS)、クラス:関節症(ARTHROSIS)
報告用語:関節鏡検査(ARTHROSCOPY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 723-5345 は膝関節症(knee arthrosis)の重篤な有害事象を発現
した。本被験者は 1990 年以来膝関節症(knee arthrosis)の既往を有していた。右膝
の関節鏡下手術(arthroscopic surgery)を受けるため、1997 年 6 月 12 日から 1997 年
6 月 14 日まで入院した。関節症(arthrosis)はその時点まで悪化していた。治験担当
医師は、膝関節症(knee arthrosis)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判
断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データと本被験者の膝関節症
(knee arthrosis)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆
する根拠はないと判断した。
症例番号:723-5346
報告用語:人工股関節固定(FIXATION OF HIP PROSTHESIS)、クラス:外科手術
手技(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:関節症(ARTHROSIS)、クラス:関節症(ARTHROSIS)
GHAC 試験の被験者 723-5346 は関節症(arthrosis)の重篤な有害事象を発現した。本
被験者は 1997 年 8 月 13 日に右股関節手術(surgery on her right hip)を受けた。人工
股関節(hip prosthesis)挿入を受けた。1997 年 8 月 23 日に退院した。関節症
(arthrosis)の既往を有していた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係
はないと判断した。治験依頼者は作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、
本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:723-5352
報告用語:無呼吸(APNEA)、クラス:無呼吸(APNEA)
報告用語:横隔膜弛緩(RELAXATIO DIAFRAGMATIS L. SIN.)、クラス:呼吸障害
(RESPIRATORY DISORDER)
935
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
GHAC 試験の被験者 723-5352 は無呼吸(apnea)の重篤な有害事象を発現した。本被
験者は 1998 年 3 月 8 日から無呼吸(apnea)が悪化した。1998 年 3 月 10 日から 1998
年 3 月 16 日まで入院し、左横隔膜不全麻痺(paresis of the left diaphragm)と診断さ
れた。治験担当医師は、この診断は、本被験者の喘息(asthma)(1995 年以来)の
基礎疾患にもよるものと判断した。入院後、無呼吸(apnea)は改善したが、完全に
は消失しなかった。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断
した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパ
ラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:723-5355
報告用語:白内障(CATARACT ART. SIN)、クラス:特異的白内障(CATARACT
SPECIFIED)
報告用語:左眼白内障手術(CATARACT LEFT EYE OPER.)、クラス:外科手術手
技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 723-5355 は左眼白内障(cataract in her left eye)の重篤な有害事
象を発現した。本被験者は 1998 年 1 月 7 日に左眼白内障(cataract of her left eye)と
診断された。1998 年 6 月 1 日から 1998 年 6 月 2 日まで入院し、1998 年 6 月 1 日に白
内障手術(cataract operation)を受けた。本被験者は順調に回復した。治験担当医師
は、左眼白内障(left eye cataract)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判
断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象と
テリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:723-5356
報告用語:転倒による右肘骨折(RIGHT ELBOW FRACTURE DUE TO FALL)、ク
ラス:事故による外傷(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:右肘骨折手術(RIGHT ELBOW FRACTURE OPERATION)、クラス:外
科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 723-5356 は右肘骨折(right elbow fracture)の重篤な有害事象を
発現した。本被験者は 1998 年 3 月 19 日に凍った道路で滑り、右肘を骨折した。同
日病院に搬送され、1998 年 3 月 20 日に手術を受けた(スクリュー挿入及びファイバ
ー固定)。1998 年 3 月 24 日に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬又は治験
手順の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性
データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと
判断した。
症例番号:723-5592
報告用語:遷延性胸痛(PROLONGED CHEST PAIN)、クラス:胸痛(CHEST
PAIN)
報告用語:心筋梗塞(MYOCARDIAL INFARCTION)、クラス:心筋梗塞
(MYOCARDIAL INFARCT)
GHAC 試験の被験者 723-5592 は心筋梗塞(myocardial infarction)の重篤な有害事象
を発現した。本被験者は遷延性胸痛(prolonged chest pain)のため 1998 年 5 月 2 日に
入院した。心筋梗塞(myocardial infarct)と診断された。1998 年 5 月 11 日に良好な
状態で退院した。1994 年以来、狭心症(angina pectoris)の既往を有していた。治験
担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、作
用機序及び臨床の安全性データと本被験者の狭心症(angina)の既往歴を考慮する
と、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:724-5366
報告用語:頚動脈閉塞(CAROTID OCCLUSION)、クラス:頚動脈閉塞
(CAROTID OCCLUSION)
報告用語:頚動脈手術(CAROTIC ARTERY OPERATION)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 724-5366 は頚動脈閉塞(carotid artery occlusion)の重篤な有害事
936
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
象を発現した。本被験者は 1997 年 6 月 10 日に頚動脈閉塞(carotid artery occlusion)
に対する待期的手術(elective surgery)を受けた。1997 年 6 月 9 日から 1997 年 6 月
14 日まで入院し、術後良好に回復した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因
果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受けていたた
め、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:724-5370
報告用語:事故による外傷(ACCIDENTAL INJURY)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:股関節手術(HIP OPERATION)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 724-5370 は事故による外傷(accidental injury)の重篤な有害事
象を発現した。本被験者は転倒し、股関節を骨折した。入院し、1997 年 2 月 10 日に
股関節手術(hip operation)を受けた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果
関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮す
ると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:724-5525
報告用語:背部痛(BACK PAIN)、クラス:背部痛(BACK PAIN)
GHAC 試験の被験者 724-5525 は背部痛(back pain)の重篤な有害事象を発現した。
本被験者は 1999 年 1 月 9 日に入院した。新たな骨折(fractures)は報告されなかっ
た。1999 年 1 月 29 日に退院した。治験担当医師は、背部痛(back pain)と治験薬又
は治験手順の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ
投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:724-5580
報告用語:筋萎縮性側索硬化症(AMMOTROFIC LATERAL SCLEROSIS)、クラ
ス:ミオパチー(MYOPATHY)
GHAC 試験の被験者 724-5580 は筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis)
の重篤な有害事象のため試験を中止した。。本被験者は 1998 年 5 月に神経外科を受
診した。咽喉の問題及び両手・両腕の運動困難(motor difficulties)に対する詳しい
検査を受けるため入院した。筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis)と診
断された。1998 年 5 月 13 日から 1998 年 5 月 22 日まで入院した。進行性神経疾患
(progressive neurological disease)のため自己注射が困難であったため、試験を中止
した。最終投与日は 1998 年 5 月 7 日であった。治験担当医師は、本事象と治験薬又
は治験手順の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ
投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:725-5390
報告用語:糖尿病(DIABETES MELLITUS)、クラス:糖尿病(DIABETES
MELLITUS)
GHAC 試験の被験者 725-5390 は糖尿病(diabetes mellitus)の重篤な有害事象を発現
した。本被験者は 1997 年 2 月 13 日に治験薬投与を開始した。血糖コントロール不
良(uncontrolled blood glucose levels)のため 1998 年 3 月 17 日から 1998 年 3 月 24 日
まで入院した。1969 年以来、糖尿病(diabetes mellitus)の既往を有していた。治験
担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本
被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はな
いと判断した。
症例番号:725-5403
報告用語:冠性心疾患(CORONARY HEART DISEASE)、クラス:冠動脈障害
(CORONARY ARTERY DISORDER)
報告用語:急性心筋梗塞(ACUTE MYOCARDIAL INFARCTION)、クラス:心筋梗
塞(MYOCARDIAL INFARCT)
報告用語:転倒による偶発的損傷(右肘骨折)(ACCIDENTALLY INJURY DUE TO
937
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
FALL (RIGHT ELBOW FRACTURE))、クラス:事故による外傷(ACCIDENTAL
INJURY)
報告用語:肘手術(ELBOW OPERATION)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 725-5403 は急性心筋梗塞(acute myocardial infarction)の重篤な
有害事象を発現した。本被験者は 1998 年 8 月 9 日に急性心筋梗塞(acute myocardial
infarction)を発現した。1998 年 8 月 9 日から 1998 年 8 月 17 日まで入院した。冠動
脈疾患(coronary artery disease)と診断された。高コレステロール血症
(hypercholesterolemia)の既往を有していた。治験担当医師は、急性心筋梗塞(acute
myocardial infarction)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。治験
依頼者は作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドと
の因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
また、本被験者は転倒後、右肘骨折(fractured right elbow)の重篤な有害事象を発現
した。本被験者は滑って転倒し、右肘を骨折(fracture)した。肘骨折(elbow
fracture)のため、1999 年 1 月 4 日に入院し、同日に外科的処置を受けた。治験担当
医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は作用機序
及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆
する根拠はないと判断した。
症例番号:725-5416
報告用語:アレルギー反応(ALLERGY REACTION)、クラス:アレルギー反応
(ALLERGY REACTION)
GHAC 試験の被験者 725-5416 は浮動性めまい(dizziness)の有害事象のため試験を
中止した。本被験者は、回転性めまい(vertigo)及び浮動性めまい(dizziness)のた
め、試験中、治験薬投与を数回中止した。治験担当医師は、治験薬投与時間を夕方
に変えるよう本被験者に勧めたが、浮動性めまい(dizziness)は残存した。本被験者
は試験中止を希望した。治験薬中止後、浮動性めまい(dizziness)は消失した。1977
年以来、浮動性めまい(dizziness)及び頚部緊張(neck tension)の既往を有してい
た。治験担当医師は、浮動性めまい(dizziness)と治験薬の間に因果関係は否定でき
ないと判断した。
本被験者は寒冷アレルギー(cold allergy)のため 1997 年 10 月 14 日に入院した。治
験担当医師は、アレルギー反応(allergic reaction)と治験薬の間に因果関係はないと
判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテ
リパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:725-5419
報告用語:胃腸炎(GASTROENTERITIS)、クラス:胃腸炎
(GASTROENTERITIS)
GHAC 試験の被験者 725-5419 は胃腸炎(gastroenteritis)による入院
(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。本被験者の治験薬の初回投与日は
1997 年 3 月 28 日であった。救急治療室で 1998 年 5 月 5 日から 1998 年 5 月 6 日まで
2 日間治療を受けた。全快した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係は
ないと判断した。治験依頼者は作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本
事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:725-5541
報告用語:膝関節形成(KNEE ARTHROPLASTY)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:一過性脳虚血発作(TIA)、クラス:脳虚血(CEREBRAL ISCHEMIA)
報告用語:胸痛(CHEST PAIN)、クラス:胸痛(CHEST PAIN)
GHAC 試験の被験者 725-5541 は胸痛(chest pain)の重篤な有害事象を発現した。本
被験者は胸痛(chest pain)及び心臓症状(heart symptoms)のため 1999 年 1 月 16 日
に入院した。心筋梗塞(myocardial infarction)は発現しなかった。7 日間入院した。
938
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
Isordil、Nitro 及び臥床安静などの矯正治療を受けた。治験担当医師は、本事象と治
験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は作用機序及び臨床の安全性デ
ータを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判
断した。
また、GHAC 試験の被験者 725-5541 は一過性脳虚血発作(transient ischemic attack)
による入院(hospitalization) の重篤な有害事象を発現した。本被験者は 1997 年 3 月
25 日から 1998 年 12 月 11 日まで治験薬を使用した。手及び下肢の脱力(weakness in
her hands and legs)、不全失語症(dysphasia)及び回転性めまい(vertigo)のため
1998 年 11 月 17 日に入院し、1998 年 11 月 18 日に退院した。これらの症状は入院観
察中に消失した。神経科クリニック外来で一過性脳虚血発作(transient ischemic
attack)と診断された。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判
断した。治験依頼者は作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテ
リパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:725-5543
報告用語:心痛(CARDIAC PAIN)、クラス:胸痛(CHEST PAIN)
報告用語:微熱(SUBFEVER)、クラス:発熱(FEVER)
報告用語:倦怠感(MALAISE FEELING)、クラス:倦怠感(MALAISE)
報告用語:貧血(ANEMIA)、クラス:貧血(ANEMIA)
報告用語:ミエローマ(MYELOMA)、クラス:ミエローマ(MYELOMA)
GHAC 試験の被験者 725-5543 はミエローマ(myeloma)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は 1997 年 8 月に倦怠感(malaise)及び微熱(subfebril temperatures)を
発現した。HGB 低下が認められた(98)。貧血(anemia)で 9 月末に入院した。
HGB の更なる低下が認められた(85)。10 月初めにミエローマ(myeloma)と診断
された。本被験者は医師の判断により試験を中止した。治験担当医師は、ミエロー
マ(myeloma)と治験薬の間に因果関係はないと判断した。基礎細胞腫(basalioma)
の診断歴があった。喫煙歴はない。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受け
ていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
本被験者は Visit 1 以前に、心痛(cardiac pain)のため入院した。ECG の結果は正常
であった。回復後、無作為割付けした。
症例番号:725-5547
報告用語:ワルデンストローム・マクログロブリン血症(WALDENSTROM'S
MACROGLOBULINEMIA)、クラス:グロブリン増加(GLOBULIN INCREASED)
GHAC 試験の被験者 725-5547 はワルデンストローム・マクログロブリン血症
(Waldenstrom's Macroglobulinemia)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は 1997
年 5 月 16 日から 1998 年 12 月 15 日まで治験薬を使用した。入院はせず、特別な治療
もなかった。本被験者は治験依頼者の判断で試験を中止した。治験担当医師は、本
事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は作用機序及び臨床の
安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠は
ないと判断した。
症例番号:726-5457
報告用語:左内側半月断裂(RUPTURE OF MEDIAL MENISCUS L)、クラス:事故
による外傷(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:膝手術(KNEE OPERATION)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
報告用語:右眼視覚障害(VISUAL DISTURBANCE R)、クラス:視覚異常
(ABNORMAL VISION)
報告用語:右眼網膜動脈血栓症(THROMBOSIS RETINAL ARTERY R)、クラス:
網膜動脈閉塞(RETINAL ARTERY OCCLUSION)
GHAC 試験の被験者 726-5457 は、おそらく永久視力喪失(permanent vision loss)に
よる障害(disability)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は 1998 年 6 月 19 日に
939
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
右眼網膜動脈血栓症(thrombosis of the retinal artery in her right eye)を発現した。1998
年 5 月 29 日以来繰り返し視覚障害(visual disturbances)を発現していた。眼科医
は、右眼の永久視力喪失(permanent loss of vision of her right eye)が考えられると判
断した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験
依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチド
との因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
GHAC 試験の被験者 726-5457 は、内側半月断裂(rupture of the medial meniscus)によ
る入院(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は 1997 年 3 月 5 日
に治験薬投与を開始した。1997 年 9 月 24 日に子羊が膝の上に落ち、膝の断裂
(rupture of her knee)を負った。1997 年 9 月 25 日に外科的修復(surgical repair)を
受けた。1997 年 9 月 26 日に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果
関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮す
ると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:727-5482
報告用語:ベンゾジアゼピン系の企図的過量投与(INTENTIONAL OVERDOSE OF
BENZO-DIAZEPINE)、クラス:企図的過量投与(INTENTIONAL OVERDOSE)
GHAC 試験の被験者 727-5482 は、企図的過量投与(intentional overdose)の重篤な有
害事象を発現した。本被験者は 1997 年 7 月 2 日にうつ病(depression)と診断され
た。1997 年 10 月 12 日に Temazepan 80 錠、Diazepam 10 錠(5mg)を服用した。1997
年 10 月 13 日に Cipramil を処方され退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬の
間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データ
を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断し
た。
症例番号:727-5483
報告用語:肩関節手術(SHOULDER OPERATION)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:不整脈(ARYTHMIA CORDIS)、クラス:不整脈(ARRHYTHMIA)
GHAC 試験の被験者 727-5483 は、不整脈(arrhythmia)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は 1998 年 7 月 3 日に発現した不整脈(cardiac arrhythmia)のため、
1998 年 7 月 4 日に入院した。1998 年 7 月 4 日から 1998 年 7 月 10 日まで入院した。
心電図を取り、Warfarin 及び Digoxin の投与を開始した。これらの薬剤により不整脈
(arrhythmia)は安定した。Visit 11 に本人の希望により試験を中止した。毎日の治
験薬の注射が困難であった。冠動脈疾患(coronary artery disease)及び高血圧
(hypertension)を有していた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係は
ないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データと本被験者の冠
動脈疾患(coronary artery disease)、高血圧(hypertension)及び以前の心房細動
(atrial fibrillation)を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根
拠はないと判断した。
症例番号:728-4009
報告用語:健忘(AMNESIA)、クラス:健忘(AMNESIA)
報告用語:一過性脳虚血発作(TRANSIENT ISCHEMIC ATTACK)、クラス:脳虚
血(CEREBRAL ISCHEMIA)
報告用語:頭痛(HEADACHE)、クラス:頭痛(HEADACHE)
報告用語:悪心(NAUSEA)、クラス:悪心(NAUSEA)
報告用語:錯感覚(PARESTHESIA)、クラス:錯感覚(PARESTHESIA)
報告用語:脳梗塞(INFARCTUM CEREBRIL DX.)、クラス:脳梗塞(CEREBRAL
INFARCT)
報告用語:左半盲(HEMIANOPIA LEFT)、クラス:視野欠損(VISUAL FIELD
DEFECT)
GHAC 試験の被験者 728-4009 は、一過性脳虚血発作(transient ischemic attack)の重
940
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
篤な有害事象のため試験を中止した。本被験者は 1998 年 3 月 10 日に健忘
(amnesia)、頭痛(headache)、両手の錯感覚(paresthesia in her hands)、悪心
(nausea)及び落ち着きのなさ(restlessness)を発現した。一過性脳虚血発作
(transient ischemic attack)のため、1998 年 3 月 10 日から 1998 年 3 月 13 日まで入院
した。いくつかの薬剤治療を受け、退院したが、1998 年 3 月 31 日に症状が悪化し、
再入院した。詳しい検査を受けるため 1998 年 5 月 5 日に中央大学病院に移り、1998
年 5 月 13 日まで入院した。EEG、MRI、CT スキャン(CT scan)、髄液検査(spinal
fluid exam)、MRA、分光法(spectroscopy)、頚動脈造影(carotid angiography)な
どいくつかの検査を受けた。健忘(amnesia)の持続、頭痛(continuing headaches)
の持続、悪心(nausea)、1998 年 3 月 31 日に発現した左半盲(left hemianopsia)、
1998 年 4 月 1 日に発現した痙攣(convulsion)及び 1998 年 3 月 10 日に発現し持続し
ている落ち着きのなさ(restlessness)などの症状が認められた。1998 年 3 月 31 日に
脳梗塞(cerebral infarct)の最終診断を受けた。リハビリテーションクリニックに移
り、現在は自宅にいる。高度の疾患のため試験を中止した。治験担当医師は、本事
象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の
安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠は
ないと判断した。
症例番号:728-4010
報告用語:回転性めまい(VERTIGO)、クラス:回転性めまい(VERTIGO)
GHAC 試験の被験者 728-4010 は、回転性めまい(vertigo)の重篤な有害事象を発現
した。治験薬の初回投与日は 1997 年 6 月 18 日であった。回転性めまい(vertigo)の
ため 1998 年 10 月 27 日に入院した。入院前の数日間にわたり、回転性めまい
(vertigo)を有していた。1998 年 10 月 29 日まで入院した。特定の原因は見つから
なかった。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治
験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドと
の因果関係はないと判断した。
GHAC 試験の被験者 728-4010 は、効果欠如(lack of efficacy)のため試験を中止し
た。本被験者は骨密度については GHAL 試験に適格であったが、治験依頼者がこれ
らの試験を中止したため、参加しなかった。
症例番号:728-4012
報告用語:骨頭関節症(ARTHROSIS CAPUT)、クラス:関節症(ARTHROSIS)
報告用語:人工股関節置換(HIP PROSTHESIS APPLIC)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:右足首の膨脹及び歪み(DISTENSION OF RIGHT ANGLE AND
DISTORSION)、クラス:事故による外傷(ACCIDENTAL INJURY)
GHAC 試験の被験者 728-4012 は、人工股関節置換手術(hip replacement surgery)の
重篤な有害事象を発現した。本被験者は数年間にわたり股関節痛(hip pain)を有し
ていた。人工股関節(hip prosthesis)移植を受けるため 1997 年 10 月 20 日から 1997
年 11 月 18 日まで入院した。年末までに全快した。治験担当医師は、本事象と治験
薬の間に因果関係はないと判断した。
本被験者は転倒(fall)し、右足首が腫脹したため 1998 年 12 月 13 日から 1998 年 12
月 17 日まで再入院した。X 線(x-ray)では骨折は認められなかった。治験担当医師
は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者は
プラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断
した。
症例番号:728-4013
報告用語:左膝関節症(ARTHROSIS OF LEFT KNEE)、クラス:関節症
(ARTHROSIS)
報告用語:左人工膝関節手術(LEFT KNEE PROSTHESIS OPERATION)、クラス:
外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
941
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
GHAC 試験の被験者 728-4013 は、人工膝関節置換手術(knee replacement surgery)の
重篤な有害事象を発現した。1998 年 6 月 9 日から 1998 年 6 月 23 日まで入院し、
1998 年 6 月 10 日に人工膝関節移植(knee prosthesis implantation)を受けた。1998 年
7 月 31 日の時点で、全快していた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関
係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮する
と、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:728-4015
報告用語:鼡径ヘルニア(HERNIA INGUINALIS)、クラス:ヘルニア(HERNIA)
報告用語:鼡径ヘルニア手術(HERNIA ING. OPER.)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 728-4015 は、ヘルニア修復手術(hernia repair surgery)の重篤な
有害事象を発現した。1997 年 12 月 13 日に鼡径ヘルニア(inguinal hernia)と診断さ
れていた。1998 年 4 月 23 日に手術を受けた。術後回復した。治験担当医師は、本事
象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の
安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠は
ないと判断した。
症例番号:740-2183
報告用語:狭心症(ANGINA PECTORIS)、クラス:狭心症(ANGINA
PECTORIS)
報告用語:失神(SYNCOPE)、クラス::失神(SYNCOPE)
報告用語:貧血(ANEMIA)、クラス:貧血(ANEMIA)
GHAC 試験の被験者 740-2183 は、1997 年 7 月 6 日に発現した失神(syncopal
episode)による入院(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は狭
心症(angina)を発現し、nitroglycerin 舌下錠を服用し、失神した(fainted)。観察
のため一晩入院した。Ismo の投与を開始し、Sorbangil を中止した。狭心症
(angina)及び心不全(heart failure)を有していた。過去に心筋梗塞(myocardial
infarction)を発現していた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はな
いと判断した。
1997 年 11 月以来、貧血(anemia)の問題があった。狭心症(angina)症状が悪化し
たため、本被験者の主治医は心筋梗塞(myocardial infarction)の可能性を除外するた
め、当院に本被験者を紹介した。血液 1 単位の輸血を受けた。高度の貧血
(anemia)が高度の狭心症(angina)の原因であった。治験担当医師は、本事象と治
験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性
データと本被験者の狭心症(angina)及び高血圧(hypertension)の既往歴を考慮す
ると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:740-2186
報告用語:左眼緑内障手術(GLAUCOMA SURGERY LEFT EYE)、クラス:外科手
術手技(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:左眼白内障手術(CATARACT SURGERY LEFT EYE)、クラス:外科手
術手技(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:右眼白内障手術(CATARACT SURGERY RIGHT EYE)、クラス:外科
手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 740-2186 は、緑内障(glaucoma)及び白内障(cataracts)の重篤
な有害事象のため試験を中止した。治験薬の初回投与日は 1997 年 7 月 3 日、最終投
与日は 1998 年 8 月 25 日であった。本被験者は本人の意思で 8 月に治験薬を中止し
た。本被験者によれば注射を困難と感じていた。治験担当医師は、本事象と治験薬
の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性デー
タを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断
した。
症例番号:740-2189
942
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
報告用語:心臓発作(HEART ATTACK)、クラス:心血管障害
(CARDIOVASCULAR DISORDER)
報告用語:不整脈(ARYTMIA CORDIS)、クラス:不整脈(ARRHYTHMIA)
GHAC 試験の被験者 740-2189 は、胸痛(chest pain)の重篤な有害事象を発現した。
本被験者は 1997 年 6 月 9 日に心臓発作(heart attack)のため入院した。1997 年 6 月
12 日に退院した。不整脈(cardiac arrhythm)のため 1997 年 10 月 15 日に再入院し
た。一晩入院した。数時間後、心リズムは正常に戻った。1977 年以来、高血圧
(hypertension)を、1996 年以来、高コレステロール血症(hypercholesteremia)を有
していた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治
験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データと本被験者の高血圧(hypertension)
及び高コレステロール血症(hypercholesteremia)を考慮すると、本事象とテリパラ
チドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:740-2195
報告用語:失神(SYNCOPE)、クラス:失神(SYNCOPE)
GHAC 試験の被験者 740-2195 は、失神(syncope)の高度な有害事象を発現した。本
被験者は 1997 年 9 月 22 日に失神し、1 日入院した。確定診断はつかなかったが、担
当医は、一過性脳虚血発作(transient ischemic attack)の新たな発現を疑っていた。
治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者
は、本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関
係はないと判断した。
症例番号:740-2196
報告用語:卵巣嚢胞(CYSTIS OVARI)、クラス:嚢胞(CYST)
報告用語:卵巣嚢胞-外科手術手技(CYST. OVARI - SURGICAL PROCEDURE)、ク
ラス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 740-2196 は、卵巣嚢胞手術(ovarian cyst surgery)の高度な有害
事象を発現した。1998 年 7 月 1 日に、卵巣嚢胞(ovarian cyst)と考えられるものが
発見された。1998 年 10 月 5 日から 1998 年 10 月 10 日まで入院した。1998 年 10 月 6
日に外科手術手技(surgical procedure)を受けたが、嚢胞(cyst)は手術不能であっ
た。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。作用機序
及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆
する根拠はない。
症例番号:740-2201
報告用語:アレルギー性発疹(ALLERGIC EXANTHEMA)、クラス:発疹
(RASH)
GHAC 試験の被験者 740-2201 は、アレルギー性発疹(allergic exanthema)の重篤な
有害事象のため試験を中止した。1970 年以来、乾癬(psoriasis)及びアレルギー
(allergies)の既往があった。1997 年 6 月 30 日に治験薬投与を開始した。治験薬の
最終投与日は 1997 年 7 月 4 日であった。皮膚科を受診し、ステロイドクリームを処
方された。軽快したが、全快はしなかった。10 日間の Doxycyline 治療コースを終了
した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間におそらく因果関係があると判断し
た。治験依頼者は、臨床の安全性データと本被験者の乾癬(psoriasis)及びアレルギ
ー(allergies)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係は否定で
きないと判断した。
症例番号:743-2717
報告用語:発作性心房細動(PAROXYMAL ATRIAL FIBRILLATION)、クラス:心
房細動(ATRIAL FIBRILLATION)
報告用語:呼吸器感染(肺炎)(RESPIRATORY INFECTION (PNEUMONIA))、
クラス:肺炎(PNEUMONIA)
報告用語:失神(SYNCOPE)、クラス:失神(SYNCOPE)
GHAC 試験の被験者 743-2717 は、心房細動(atrial fibrillation)、失神(syncope)及
943
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
び肺炎(pneumonia)の疑いの重篤な有害事象を発現した。本被験者は 1997 年 10 月
14 日から 1997 年 10 月 24 日まで入院した。頻脈性心房細動(rapid atrial fibrillation)
と関係のある失神(syncope)のため入院した。Verapamil 注射後、洞調律を取った。
敗血症(sepsis)の精密検査の結果は陰性であった。治験担当医師は、本事象と治験
薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性デ
ータを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判
断した。
症例番号:743-5048
報告用語:直腸脱(RECTAL PROLAPS)、クラス:直腸障害(RECTAL
DISORDER)
報告用語:直腸脱切除(RECTAL PROLAPS REMOVED)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 743-5048 は、1997 年 6 月 18 日に直腸脱(rectal prolapse)の外科
的修復(surgical repair)のための入院(hospitalization)の重篤な有害事象を発現し
た。合併症はなく、1997 年 6 月 25 日に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬
の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受け
ていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:743-5059
報告用語:胆石症(CHOLELITHIASIS)、クラス:胆石症(CHOLELITHIASIS)
報告用語:急性胆嚢炎(ACUTE CHOLECYSTITIS)、クラス:胆嚢炎
(CHOLECYSTITIS)
報告用語:乳頭切開(PAPILLOTOMY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 743-5059 は、胆嚢炎(cholecystitis)による入院
(hospitalization)の高度な有害事象を発現した。本被験者は 1997 年 9 月 25 日から
1997 年 9 月 27 日まで腹痛(abdominal pain)を有していた。1997 年 10 月 10 日に超
音波検査(ultrasound)を受けた。内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)で胆石
(gallstones)が認められた。1998 年 4 月 16 日に胆嚢切除(cholecystectomy)を受
け、無事に回復した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判
断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象と
テリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:743-5198
報告用語:腹痛(ABDOMINAL PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:虫垂炎(APPENDICITIS)、クラス:急性腹部症候群(ABDOMINAL
SYNDROME ACUTE)
GHAC 試験の被験者 743-5198 は、虫垂炎(appendicitis)の重篤な有害事象を発現し
た。1997 年 7 月 16 日に急性腹痛(acute abdominal pain)を発現し、1997 年 7 月 17 日
に虫垂切除(appendectomy)を受けた。本被験者は、退院後、試験の中止を決定し
た。それ以上の情報は得られなかった。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因
果関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮
すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:743-5200
報告用語:肺炎(PNEUMONIA)、クラス:肺炎(PNEUMONIA)
報告用語:胆嚢炎(CHOLECYSTITIS)、クラス:胆嚢炎(CHOLECYSTITIS)
GHAC 試験の被験者 743-5200 は、肺炎(pneumonia)の重篤な有害事象を発現した。
本被験者は 1997 年 3 月 10 日から 1997 年 3 月 19 日まで入院した。その後、再発
(relapse)のため 1997 年 4 月 7 日に再入院し、更に Penicillin 治療を受けた。治験担
当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被
験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない
と判断した。
944
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
GHAC 試験の被験者 743-5200 は、腹痛(abdominal pain)及び発熱(fever)の重篤な
有害事象を発現した。本被験者は胆石症(cholelithiasis)及び胆嚢炎(cholecystitis)
と診断され入院した。抗生物質治療を受け、無事回復した。治験担当医師は、本事
象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ
投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:743-5205
報告用語:貧血(ANEMIA)、クラス:貧血(ANEMIA)
報告用語:メレナ(MELENA)、クラス:メレナ(MELENA)
GHAC 試験の被験者 743-5205 は、メレナ(melena)及び貧血(anemia)の重篤な有
害事象を発現した。本被験者は 1997 年 6 月 30 日に治験薬投与を開始した。メレナ
(melena)及び貧血(anemia)のため 1998 年 6 月 17 日に入院した。胃腸出血(GI
bleeding)のため胃内視鏡検査(gastroscopy)及び結腸内視鏡検査(colonoscopy)を
受けた。輸血及び鉄補充などの矯正治療を受けた。1998 年 7 月 2 日に退院した。治
験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、
本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係は
ないと判断した。
症例番号:743-5207
報告用語:頭蓋内出血(INTRACRANIAL HEMORRHAGE)、クラス:頭蓋内出血
(INTRACRANIAL HEMORRHAGE)
GHAC 試験の被験者 743-5207 は、入院(hospitalization)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は 1997 年 2 月 24 日から 1998 年 12 月 10 日まで治験薬を使用した。治
験薬を中止して 1 ヵ月と 8 日後に、転倒(fall)し、健忘(amnesia)のため入院し
た。CT スキャン(CT scan)で左側前頭葉の脳内血腫(intracerebral hematoma)が認
められた。頭蓋内出血(intracerebral hemorrhage)が転倒(fall)の原因であった。良
好な状態に回復した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判
断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象と
テリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:743-5241
報告用語:胆石症(CHOLELITHIASIS)、クラス:胆石症(CHOLELITHIASIS)
報告用語:胆嚢切除(GALLBLADDER REMOVAL)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 743-5241 は、胆嚢炎(cholecystitis)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は 1997 年 11 月 4 日に入院した。1997 年 11 月 25 日に胆嚢の外科的切
除を受けた。1996 年 5 月の超音波検査(ultrasound)及び 1997 年の内視鏡的逆行性
胆道膵管造影(ERCP)で複数の胆石の診断が確認された。1997 年 11 月 24 日から
1997 年 12 月 8 日まで治験薬を中止した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因
果関係は考えられないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性デー
タと超音波検査(ultrasound)の結果及び本被験者の胆石症(cholelithiasis)の既往歴
を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断し
た。
症例番号:743-5250
報告用語:左足関節部骨折(FRACTURE OF LEFT ANKLE)、クラス:事故による
外傷(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:徐脈(BRADYCARDIA)、クラス:徐脈(BRADYCARDIA)
報告用語:第二/三度 AV ブロック(A-V BLOCK II-III)、クラス:AV ブロック
(AV BLOCK)
報告用語:左乳房乳癌(BREAST CANCER OF LEFT MAMMER)、クラス:乳癌
(BREAST CARCINOMA)
報告用語:乳房切除(MAMMAECTOMI)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
945
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
GHAC 試験の被験者 743-5250 は、治験薬投与開始前に、左足関節部骨折(left broken
ankle)の重篤な有害事象を発現した。治験薬の初回投与日は 1997 年 3 月 4 日で、骨
折(fracture)は 1997 年 2 月 20 日に発現し、1997 年 2 月 28 日まで入院した。本被験
者は一人暮らしで、氷上で滑った。骨粗鬆症治療を受けたことはなかった。治験担
当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。
GHAC 試験の被験者 743-5250 は、第二度及び第三度心ブロック(second and third
degree heart block)を伴う徐脈(bradycardia)の重篤な有害事象を発現した。本被験
者は徐脈(bradycardia)のため 1997 年 11 月 14 日に入院した。1997 年 11 月 25 日に
第二度及び第三度 AV ブロック(second and third degree AV block)を発現し、1997
年 11 月 27 日にペースメーカーの埋め込み術(pacemaker placement)を受けた。1986
年以来、不整脈(arrhythmias)を有していた。1997 年 12 月 4 日に退院した。治験担
当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。
また、GHAC 試験の被験者 743-5250 は、乳癌(breast cancer)の重篤な有害事象のた
め試験を中止した。1998 年 9 月 20 日に左乳房の乳癌(breast cancer)と診断され
た。1998 年 9 月 21 日に乳房切除(mastectomy)を受けた。治験薬の最終投与日は
1998 年 10 月 16 日であった。ホルモン補充療法(hormone replacement therapy)歴は
ない。治験担当医師は、乳癌(breast cancer)と治験薬又は治験手順の間に因果関係
はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本
事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:743-5258
報告用語:肺癌(CARCINOMA OF LUNG)、クラス:肺癌(CARCINOMA OF
LUNG)
GHAC 試験の被験者 743-5258 は、癌(cancer)の重篤な有害事象を発現し、試験を
中止した。本被験者は 1997 年 3 月 17 日から 1998 年 10 月 2 日まで治験薬を使用し
た。胸部 X 線(chest x-ray)で肺腫瘍(pulmonary tumor)が認められ入院した。持続
性咳嗽(persistent cough)があったため、X 線(x-ray)を受けた。診断検査で複数の
骨格部位及び大脳への転移を伴う肺扁平上皮癌(squamous pulmonary carcinoma)が
認められた。1998 年 10 月 15 日に肺癌(lung carcinoma)と診断された。1999 年 4 月
13 日の時点で、化学療法(chemotherapy)により肺腫瘍(pulmonary tumor)の完全
寛解が得られていた。1998 年 2 月 3 日に実施された胸部 X 線(chest x-ray)では肺野
明瞭であった。本被験者の全身状態は極めて満足できる状態であった。治験担当医
師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者
はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判
断した。
症例番号:745-5077
報告用語:腹痛(ABDOMINAL PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:憩室症(DIVERTICULOSIS)、クラス:胃腸障害
(GASTROINTESTINAL DISORDER)
報告用語:左腸骨窩痛(PAIN LEFT FOSSA ILICIA)、クラス:骨痛(BONE
PAIN)
報告用語:憩室炎(DIVERTICULITIS)、クラス:大腸炎(COLITIS)
GHAC 試験の被験者 745-5077 は腹痛(abdominal pain)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は 1997 年 6 月 9 日に治験薬投与を開始した。1997 年 12 月に左腸骨窩
痛(pain in the left iliac fossa)を発現した。X 線(x-ray)で S 状結腸狭窄(stenosis of
the sigmoid colon)が認められた。1998 年 2 月 17 日に入院した。X 線(x-ray)及び
結腸内視鏡検査(colonoscopy)終了後、憩室症(diverticulosis)及び下行結腸狭窄
(stricture of the descending colon)と診断された。1998 年 2 月 25 日に退院した。1998
年 6 月 9 日に再入院し、1998 年 6 月 11 日に S 状結腸の外科的切除(surgical
resection)を受けた。病理報告の結果は憩室炎(diverticulitis)を示していた。1998
年 4 月 19 日から 1998 年 4 月 23 日まで治験薬を中止した。本被験者は切除
(resection)による不定期に(occasional)下痢を訴え、詳しい検査を受けたが、腸
946
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
管狭窄(intestinal stricture)の再発は認められていない。治験担当医師は、本事象と
治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全
性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない
と判断した。
症例番号:745-5080
報告用語:左冠動脈狭窄(STENOSIS OF LEFT CORONARY ARTER)、クラス:冠
血管閉塞(CORONARY OCCLUSION)
報告用語:経皮的冠動脈形成(PERCUTANEOUS TRANSLUMINAL CORONARY
ANGIOPLASTY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 745-5080 は大動脈狭窄(aortic stenosis)の高度な有害事象を発
現した。本被験者は、1998 年 3 月以来、コレステロール増加(high cholesterol)の治
療を、また数ヵ月前から狭心症(angina)の治療を受けていた。1997 年 6 月 12 日に
治験薬投与を開始した。自分で試験を中止したが、中止日は不明である。本被験者
は治験薬によるベネフィットがなかったとしている。1998 年 9 月 15 日に入院した。
1998 年 9 月 15 日に実施された冠血管 X 線(coronary x-ray)では、左冠動脈の 70%
の狭窄(stenosis)が認められた。1998 年 9 月 23 日に左冠動脈の経皮的冠動脈形成
(PTCA)を受け、無事終了した。1998 年 9 月 23 日に退院した。治験担当医師は、
本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨
床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根
拠はないと判断した。
症例番号:746-5104
報告用語:てんかん(EPILEPSY)、クラス:痙攣(CONVULSION)
報告用語:左足関節部骨折(FRACTURE OF LEFT ANKLE)、クラス:事故による
外傷(ACCIDENTAL INJURY)
GHAC 試験の被験者 746-5104 は大発作痙攣(grand mal seizure)の高度な有害事象の
ため試験を中止した。本被験者は、1997 年 2 月 18 日に治験薬を開始した。1998 年 6
月 1 日に自動車事故に遭い、足関節部骨折(broken ankle)のため入院した。事故は
治験薬を注射して 8 時間後の午後 5 時に発生した。救急医療隊員が到着した時、本
被験者は覚醒していたが、事故について記憶がなかった。てんかん発作(epileptic
seizure)が疑われ、神経学的評価を受けることになった。1998 年 6 月 19 日に治験薬
を開鍵し(unblinded)、試験を中止した。本被験者は早期中止来院を拒否した。治
験担当医師は、本事象と治験薬の因果関係は否定できないと判断した。治験依頼者
は、本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関
係はないと判断した。
746-5106
報告用語:心房細動(ATRIAL FIBRILLATION)、クラス:心房細動(ATRIAL
FIBRILLATION)
報告用語:徐脈性不整脈(BRADYARRHYTHMIA)、クラス:徐脈
(BRADYCARDIA)
報告用語:胸痛(CHEST PAIN)、クラス:胸痛(CHEST PAIN)
報告用語:洞停止(SINUS ARREST)、クラス:心停止(HEART ARREST)
報告用語:ペースメーカー植込み(PACEMAKER IMPLANT)、クラス:外科手術
手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 746-5106 は心房細動(atrial fibrillation)及び洞停止(sinus
arrest)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は胸痛(chest pain)のため 1997 年 5
月 14 日に入院した。心房細動(atrial fibrillation)及び洞停止(sinus arrest)に至る徐
脈性不整脈と診断された。永久的ペースメーカーの挿入を受けた。1997 年 5 月 24 日
に退院した。本被験者は試験参加以前に心筋梗塞(myocardial infarction)を有してい
た。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼
者は、作用機序及び臨床の安全性データと本被験者の冠疾患(coronary disease)の既
往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判
947
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
断した。
症例番号:746-5107
報告用語:失神(SYNCOPE)、クラス:失神(SYNCOPE)
GHAC 試験の被験者 746-5107 は失神(syncope)及び貧血(anemia)の高度な有害事
象のため試験を中止した。本被験者は足痛治療医による治療中に失神(syncope)
し、1997 年 3 月 13 日に入院した。1 分間意識を喪失したが、狭心症(angina)、動
悸(palpitation)又は痙攣(convulsion)は認められなかった。着席中に失神
(syncope)を発現した。失神(syncopal episode)が発現する 4 時間前に治験薬を注
射していた。1997 年 2 月 25 日に治験薬投与を開始した。1997 年 3 月 13 日に開鍵し
(unblinded)、試験を中止した。以前の来院時に貧血(anemia)と診断されてい
た。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係は考えられないと判断した。
治験依頼者は、臨床の安全性データを考慮すると、失神(syncope)とテリパラチド
との因果関係は考えられないが否定はできないと判断した。貧血(anemia)とテリ
パラチドとの因果関係は考えられなかった。
症例番号:747-5121
報告用語:髄膜腫(MENINGIOMA)、クラス:新生物(NEOPLASM)
報告用語:髄膜腫切除(EXCISION OF MENINGIOMA)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:脳浮腫(EDEMA BRAIN)、クラス:脳浮腫(BRAIN EDEMA)
報告用語:意識消失(UNCONSCIOUSNESS)、クラス:昏睡(COMA)
GHAC 試験の被験者 747-5121 は髄膜腫(meningioma)による入院(hospitalization)
の重篤な有害事象を発現した。本被験者は 1997 年 2 月 6 日から 1998 年 7 月 8 日まで
治験薬を使用した。1997 年 2 月以来、浮動性めまい(dizziness)及び左足及び腕の
錯感覚(paresthesia)を有していた。主治医はこれを前庭障害(vestibular disorder)
と診断した。しかし、1998 年 6 月に実施された脳 CT スキャン(CT scan)で脳腫瘍
(brain tumor)が認められた。1998 年 7 月 8 日に入院し、1998 年 7 月 9 日に腫瘍
(tumor)を摘出した。腫瘍は良性髄膜腫(benign meningioma)であった。1998 年 7
月 10 日に、脳浮腫(brain edema)及び意識消失(unconsciousness)を発現した。こ
の事象は 1998 年 7 月 13 日に消失し、1998 年 8 月 6 日に退院した。治験担当医師
は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者は
プラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断
した。
症例番号:747-5128
報告用語:膣出血(VAGINAL BLEEDINGS)、クラス:膣出血(VAGINAL
HEMORRHAGE)
報告用語:擦傷術(ABRASIO)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 747-5128 は入院(hospitalization)を要する膣出血(vaginal
hemorrhage)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は手術を受けるため 1997 年 12
月 10 日に入院した。子宮へのリング装着を受けた後、1997 年 10 月 17 日に出血が発
現した。病院で擦傷術(abrasio)を受けた。治験薬の初回投与日は 1997 年 2 月 6 日
であった。本被験者は estriol を服用している。治験担当医師は、本事象と治験薬の
間に因果関係は考えられないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与
を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:747-5129
報告用語:膝痛(膝痛)、クラス:疼痛(PAIN)
報告用語:関節鏡検査(ARTHROSCOPY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)報告用語:関節鏡検査(ARTHROSCOPY)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 747-5129 は白内障(cataract)の有害事象のため試験を中止し
948
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
た。本被験者は視力が極めて低下したため、治験薬を注射できなかった。眼感染
(infection in her eyes)も発現していた。治験薬の最終投与日は 1997 年 7 月であっ
た。初回投与日は 1997 年 2 月 4 日であった。治験担当医師は、本事象と治験薬の間
に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを
考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断し
た。
GHAC 試験の被験者 747-5129 は膝手術(knee surgery)のため入院(hospitalization)
の重篤な有害事象を発現した。本被験者は予定されていた膝手術(knee surgery)を
受けるため 1997 年 2 月 12 日に入院した。治験薬の初回投与日は 1997 年 2 月 4 日で
あった。膝痛(pain in her knee)が持続し、膝関節鏡検査(knee arthroscopy)を受け
るため 1997 年 9 月 26 日に再入院した。膝痛(pain in her knees)のため早期中止来院
はしなかった。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断し
た。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリ
パラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:747-5131
報告用語:大腿骨骨折(FRACTURE FEMUR)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:左大腿骨外科手術手技、金属プロテーゼ装着(SURGICAL PROCEDURE
IN LEFT FEMUR, METAL PROSTHESIS INSTALLED)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:膣出血(VAGINAL BLEEDING)、クラス:膣出血(VAGINAL
HEMORRHAGE)
報告用語:擦傷術(ABRASIO)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
報告用語:左大腿骨骨折(LEFT FEMUR FRACTURE)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:股関節置換(HIP REPLACEMENT)、クラス:関節障害(JOINT
DISORDER)
報告用語:子宮癌(UTERINE CARCINOMA)、クラス:子宮内膜癌
(ENDOMETRIAL CARCINOMA)
報告用語:子宮摘出(HYSTERECTOMY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 747-5131 は子宮癌(uterine carcinoma)の重篤な有害事象のため
試験を中止した。本被験者は 1997 年 9 月に膣出血(vaginal hemorrhaging)を発現し
た。1997 年 10 月 29 日に入院し、擦傷術(abrasio)を受けた。子宮摘出
(hysterectomy)を受けるため、1998 年 1 月 19 日に入院した。その後の生検
(biopsy)で子宮内膜癌(endometrial carcinoma)が認められた。治験担当医師は、
本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。喫煙歴はなかった。治験依頼者
は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因
果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:747-5132
報告用語:間欠性跛行(CLAUDICATION INTERMIT.)、クラス:末梢血管障害
(PERIPHERAL VASCULAR DISORDER)
報告用語:結腸癌(CARCINOMA COLON)、クラス:消化器癌
(GASTROINTESTINAL CARCINOMA)
GHAC 試験の被験者 747-5132 は結腸癌(carcinoma colon)の重篤な有害事象のため
試験を中止した。本被験者は 1997 年 9 月に便への血液混入(blood stained feces)を
発現した。予定されていた静脈手術を受けるため 1997 年 10 月に入院した〔1991 年
以来、間欠性跛行(intermittent claudication)の既往歴を有していた〕。入院中に結
腸癌(cancer coli)と診断された。1997 年 10 月に癌手術を受けた。治験担当医師
は、結腸癌(carcinoma colon)と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験者
949
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
は 5 年間喫煙していた。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受けていたた
め、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:747-5133
報告用語:下痢(DIARRHEA)、クラス:下痢(DIARRHEA)
報告用語:嘔吐(VOMITING)、:嘔吐(VOMITING)
GHAC 試験の被験者 747-5133 は、嘔吐(vomiting)及び下痢(diarrhea)の重篤な有
害事象を発現した。本被験者は 1998 年 8 月 17 日に入院した。感染(infection)は認
められず、1998 年 8 月 24 日に退院した。治験薬の初回投与日は 1997 年 2 月 4 日で
あった。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験
依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチド
との因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:747-5145
報告用語:左人工股関節脱臼(DISLOCATION LEFT HIP PR.)、クラス:関節障害
(JOINT DISORDER)
GHAC 試験の被験者 747-5145 は、人工股関節脱臼(dislocation of a hip prosthesis)に
よる入院(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。疼痛(pain)が悪化したた
め、人工股関節置換(replacement of prosthesis)を受けるため 1998 年 2 月 13 日に入
院した。1998 年 2 月 14 日に退院した。治験薬の初回投与日は 1997 年 4 月 21 日であ
った。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依
頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドと
の因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:747-5228
報告用語:股関節痛(HIP PAIN)、クラス:関節痛(ARTHRALGIA)
報告用語:股関節スクリュー摘除(REMOVAL OF HIP SCREWS)、クラス:外科手
術手技(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:左股関節置換(HIP REPLACEMENT LEFT HIP)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 747-5228 は、股関節の外科的修復(surgical repair of hip)による
入院(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。治験薬の初回投与日は 1997 年
5 月 29 日であった。1996 年 1 月に左股関節手術(left hip surgery)を受けて以来、股
関節にひどい疼痛(pain)があった。1997 年 9 月 24 日に入院し、スクリューの摘除
を受けた。1998 年 8 月 3 日に再入院し、1998 年 8 月 10 日に左股関節置換(left hip
replacement)を受けた。1998 年 8 月 21 日に退院した。疼痛(pain)は現在軽減して
いる。本被験者は入院中、治験薬を中止し、退院後再開した。骨粗鬆症治療薬の使
用歴はない。治験担当医師は、股関節置換(hip replacement)と治験薬の間に因果関
係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データと本被験者
の股関節手術(hip surgery)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果
関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:748-5001
報告用語:大腿骨頚部骨折(FRACTURED COLLI FEMORIS)、クラス:事故による
外傷(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:車に轢かれる事故(HIT BY A CAR)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:大腿骨頚部骨折修復(FRACTURE COLLI FEMORIS REPAIR)、クラ
ス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 748-5001 は、車に轢かれる事故(struck by a car)による入院
(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。事故は 1996 年 11 月 26 日に発生し
た。事故から 1996 年 12 月 7 日まで入院した。大腿骨頚部骨折(colli femoris
fracture)を負い、修復を受けた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係
はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データと本事象が自
950
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
動車事故の結果であったこと及び本事象が治験薬曝露以前に生じたことを考慮する
と、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:748-5007
報告用語:結腸癌(CANCER COLI)、クラス:消化器癌(GASTROINTESTINAL
CARCINOMA)
報告用語:腫瘍摘出(EXTIRPATION OF TUMOR)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 748-5007 は、結腸癌(cancer coli)の重篤な有害事象のため試験
を中止した。1997 年 11 月に初めて結腸ポリープ(polyps in the colon)が発見され
た。1997 年 12 月にこれらのポリープ(polyp)は癌性と診断された。1997 年 12 月
20 日に腫瘍摘出(extirpation of tumor)を受けた。治験担当医師は、本事象と治験薬
の間に因果関係はないと判断した。喫煙歴はない。治験依頼者は、作用機序及び臨
床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根
拠はないと判断した。
症例番号:748-5024
報告用語:乳癌(BREAST CANCER)、クラス:乳癌(BREAST CARCINOMA)
報告用語:乳房切除(MASTECTOMY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 748-5024 は、乳癌(breast cancer)の重篤な有害事象のため試験
を中止した。1997 年の秋に左乳房の腫瘤(lump)が発見された。1997 年 12 月に腫
瘤(lump)の生検(biopsy)を受け、病理学的検査から悪性とされた。1998 年 12 月
12 日に乳房切除(mastectomy)及び腋窩リンパ節切除(removal of axillary lymph
nodes)を受けた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断し
た。45 年間喫煙している。ホルモン補充療法(hormone replacement therapy)歴はな
い。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリ
パラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:748-5221
報告用語:痙攣の疑い(PROBABLE CONVULSION)、クラス:痙攣
(CONVULSION)
報告用語:脳底動脈瘤(ARTERIAL BASILAMS ANEURYSM)、クラス:頭蓋内動
脈瘤(INTRACRANIAL ANEURYSM)
GHAC 試験の被験者 748-5221 は、痙攣(convulsion)による入院(hospitalization)の
重篤な有害事象を発現した。1997 年 12 月 31 日に入院し、1998 年 1 月 2 日に良好な
状態で退院した。CT スキャン(CT scan)で脳底動脈瘤(basilar arterial aneurysm)が
認められた。出血(bleeding)は認められなかった。治験薬の初回投与日は 1997 年 6
月 20 日、最終投与日は 1998 年 12 月 9 日であった。治験担当医師は、本事象と治験
薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受
けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:751-4708
報告用語:貧血(ANEMIA)、クラス:貧血(ANEMIA)
GHAC 試験の被験者 751-4708 は、貧血(anemia)の高度な有害事象を発現した。本
被験者は狭心症(angina)発現後、検査のため 1998 年 8 月 26 日に入院した。治験薬
の初回投与日は 1997 年 4 月 25 日であった。かかりつけ医(general practitioner)がヘ
モグロビン低値(low hemoglobin)に気付いた。治験担当医師は、本事象と治験薬の
間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データ
を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断し
た。
症例番号:751-4712
報告用語:胸痛(CHEST PAIN)、クラス:胸痛(CHEST PAIN)
GHAC 試験の被験者 751-4712 は、胸痛(chest pain)の高度な有害事象を発現し、
951
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
1997 年 7 月 20 日から 1997 年 7 月 25 日まで入院(hospitalization)した。疼痛
(pain)の原因は特定されなかった。治験薬の初回投与日は 1997 年 4 月 28 日であっ
た。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係は考えられないと判断した。
治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラ
チドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:754-4790
報告用語:腹痛(ABDOMINAL PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:浮動性めまい(DIZZINESS)、クラス:浮動性めまい(DIZZINESS)
報告用語:頭痛(HEADACHE)、クラス:頭痛(HEADACHE)
GHAC 試験の被験者 754-4790 は、悪心(nausea)、腹痛(abdominal pain)、下痢
(diarrhea)、頭痛(headache)及び浮動性めまい(dizziness)による入院
(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は 1997 年 2 月 22 日から
1997 年 2 月 24 日まで入院した。心電図(ECG)では最小限の変化しか認められなか
った。胸部 X 線(CXR)は、かぜ(cold)の徴候以外、正常であった。治験担当医
師は、本事象と治験薬の間に因果関係は考えられないと判断した。治験依頼者は、
本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係は
ないと判断した。
症例番号:754-4801
報告用語:腹部腫瘤(ABDOMINAL MASS)、クラス:腹部腫脹(ABDOMEN
ENLARGED)
報告用語:リンパ腫(LYMPHOMA)、クラス:リンパ腫様反応(LYMPHOMA
LIKE REACTION)
GHAC 試験の被験者 754-4801 は、リンパ腫(lymphoma)の重篤な有害事象のため試
験を中止した。本被験者は右側腹部の突然の疼痛(pain)及び右下肢の軽度の浮腫
(edema)を発現した。1998 年 4 月 22 日に実施された腹部超音波検査(abdominal
ultrasound)で腹部大動脈周辺の広汎性リンパ腺肥大(extensive lymph glandular
enlargements)(直径 9cm)が認められた。予備生検(biopsy)報告では悪性腫瘍
(malignant tumor)、おそらくは悪性度の低い非ホジキンリンパ腫(non-Hodgkin
lymphoma)の徴候が示された。外科的に切除された皮膚黒色腫(skin melanoma)の
診断歴があった。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係は考えられない
と判断した。喫煙歴はなかった。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受けて
いたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:755-4827
報告用語:腹腔鏡検査(LAPAROSCOPY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 755-4827 は、腹痛(abdominal pain)による入院
(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。嚢胞(cyst)が疑われ、その切除の
ため腹腔鏡検査(laparoscopy)を受けたが、嚢胞(cyst)は認められなかった。1997
年 3 月 20 日から 1997 年 3 月 25 日まで入院した。治験担当医師は、本事象と治験薬
の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受け
ていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:755-4828
報告用語:胸痛(CHEST PAIN)、クラス:胸痛(CHEST PAIN)
報告用語:呼吸困難(DYSPNEA)、クラス:呼吸困難(DYSPNEA)
報告用語:脊髄出血(SPINAL BLEEDING)、クラス:出血(HEMORRHAGE)
報告用語:出血による脊髄圧迫(SPINAL COMPRESSION BY BLEEDING)、クラ
ス:神経症(NEUROPATHY)
報告用語:両下肢麻痺(PARALYSIS BOTH LEGS)、クラス:対麻痺
(PARAPLEGIA)
報告用語:便秘(CONSTIPATION)、クラス:便秘(CONSTIPATION)
952
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
GHAC 試験の被験者 755-4828 は、胸痛(chest pain)及び呼吸困難(dyspnea)の重篤
な有害事象を発現した。本被験者は突然の胸痛(chest pain)が頚部及び背部に広が
り、1997 年 12 月 29 日に入院した。息切れ(short of breath)及び発汗(diaphoretic)
が認められた。これらの症状は 1997 年 12 月 30 日に消失した。1997 年 12 月 30 日か
ら 1998 年 1 月 2 日まで heparin の投与を受けた。治験担当医師は、本事象と治験薬
の間に因果関係はないと判断した。治験薬の初回投与日は 1997 年 4 月 24 日、最終
投与日は 1997 年 12 月 29 日であった。治験依頼者には、作用機序及び臨床の安全性
データと本事象の発現前に thyroxine 治療を開始していたことを考慮すると、本事象
とテリパラチドとの因果関係はないと考えられた。
GHAC 試験の被験者 755-4828 は、1998 年 1 月 2 日に両下肢麻痺(paralysis of both
legs)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は心臓病病棟から神経内科病棟に移っ
た。MRT で脊髄内出血(intraspinal bleeding)による第 2-4 胸椎レベルから第 1-4 腰
椎レベルの脊髄を圧迫する嚢胞性変化(cystic changes)が認められた。出血
(bleeding)の原因は不明であった。本被験者は便秘(constipation)も発現した
(1998 年 1 月 3 日)。理学療法を受けるため 1998 年 1 月 19 日にリハビリテーショ
ン病棟に移り、試験を中止した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係
はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮する
と、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:756-4768
報告用語:狭心症(ANGINA PECT)、クラス:狭心症(ANGINA PECTORIS)
報告用語:胸痛(CHEST PAIN)、クラス:胸痛(CHEST PAIN)
報告用語:不整脈(ARRHYTHMIA)、クラス:不整脈(ARRHYTHMIA)
報告用語:発作性心房細動(PAROX. ATRIAL FIBRILL)、クラス:心房細動
(ATRIAL FIBRILLATION)
GHAC 試験の被験者 756-4768 は、気道感染(respiratory tract infection)、悪心
(nausea)、嘔吐(vomiting)、狭心症(angina)及び脈拍数増加・脈拍不整(rapid,
irregular pulse)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は、心筋梗塞(myocardial
infarction)の疑いで冠疾患集中治療室に入院したが、この可能性は否定された。投
薬による不整脈(arrhythmia)コントロールを受け、1997 年 7 月 5 日に退院した。
1992 年以来、狭心症(angina)の既往を有していた。治験担当医師は、本事象と治
験薬の間に因果関係は考えられないと判断した。治験依頼者には、作用機序及び臨
床の安全性データと本被験者の狭心症(angina)の既往歴を考慮すると、本事象とテ
リパラチドとの因果関係はないと考えられた。
GHAC 試験の被験者 756-4768 は心房細動(atrial fibrillation)の重篤な有害事象を発
現し、1997 年 9 月 15 日から 1997 年 9 月 16 日まで入院した。治験薬の初回投与日は
1997 年 6 月 12 日、最終投与日は 1997 年 7 月 3 日であった。本被験者は、入院の回
数が増え費用がかかったことを理由に試験の中止を希望した。治験担当医師は、本
事象と治験薬の間に因果関係は考えられないと判断した。治験依頼者には、作用機
序及び臨床の安全性データと本被験者の狭心症(angina pectoris)及び心不全(heart
failure)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと考えら
れた。
症例番号:756-4769
報告用語:転倒による右股関節部骨折(FALL RESULTING IN RIGHT HIP
FRACTURE)、クラス:事故による外傷(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:右股関節痛(PAIN IN RIGHT HIP)、クラス:関節痛(ARTHRALGIA)
報告用語:心房細動(ATRIAL FIBRILLATION)、クラス:心房細動(ATRIAL
FIBRILLATION)
報告用語:右股関節手術(SURGERY RIGHT HIP)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:右股関節手術(SURGERY RIGHT HIP)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
953
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
GHAC 試験の被験者 756-4769 は屋外での転倒(falling)による右股関節部骨折
(fracturing her right hip)による入院(hospitalization)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は 1998 年 2 月 24 日に入院し、1998 年 3 月 9 日に退院した。治験薬の
初回投与日は 1997 年 6 月 19 日であった。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に
因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受けていた
ため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:756-4772
報告用語:右股関節痛(PAIN RIGHT HIP)、クラス:関節痛(ARTHRALGIA)
報告用語:右股関節骨接合摘出(EXTRACTION OF OSTEOSYNTHESIS RIGHT
HIP)、クラス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 756-4772 は右股関節手術(right hip surgery)による入院
(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は 1997 年 6 月 19 日に治験
薬投与を開始した。骨粗鬆症治療を受けたことはなかった。試験参加前の 1996 年 12
月に右股関節を骨折した。1997 年晩秋に股関節痛(aching in the hip)が悪化した。
整形外科医の勧めで、骨接合材料の外科的摘出(surgical extraction)を受けるため
1998 年 2 月 18 日に入院した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はな
いと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データと本被験者の股関
節部骨折(hip fracture)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係
を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:756-4774
報告用語:心房細動(ATRIAL FIBRILLATION)、クラス:心房細動(ATRIAL
FIBRILLATION)
GHAC 試験の被験者 756-4774 は心房細動(atrial fibrillation)による入院
(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は振戦(tremor)、疲労
(fatigue)、多尿(polyuria)、軽微な呼吸困難(dyspnea)及び蒼白(pallor)を発現
した。一晩入院し、症状が寛解した。治験担当医師は、重篤な本事象と治験薬の間
に因果関係は考えられないと判断した。治験依頼者には、作用機序及び臨床の安全
性データと本被験者の不安発作(anxiety attacks)及び不整脈(arrhythmia)の既往歴
を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと考えられた。
症例番号:851-0329
報告用語:左乳房管癌第 2 期(CANALAR CARCINOMA STAGE II OF THE LEFT
BREAST)、クラス:乳癌(BREAST CARCINOMA)
報告用語:左乳房微細石灰化切除(EXERESIS OF A COLLECTION OF MICRO
CALCIFICATIONS AT THE LEFT BRE)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
報告用語:左腋窩所見を伴う左乳房部分切除(PARTIAL MASTECTOMY OF LEFT
BREAST WITH EVIDEMENT OF LEFT AXILLAR)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 851-0329 は左乳房管癌第 2 期(canalar carcinoma stage II of the
left breast)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は乳房形成異常(breast
dysplasia)の既往と 4 年間の左乳房微細石灰化(left breast micro calcifications)及び
右乳房小結節(right breast nodule)の既往を有していた。治験薬開始から約 18 ヵ月
後に左乳房の微細石灰化(micro calcifications)を摘出した。病理検査の結果は乳管
癌(canalar carcinoma)第 2 期であった。1998 年 11 月 16 日に入院し、部分乳房切除
(partial mastectomy)を受けた。治験担当医師は、重篤な本事象と治験薬又は治験手
順の間に因果関係はないと判断した。喫煙歴もホルモン補充療法歴もない。治験依
頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドと
の因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:851-0361
報告用語:胆石症(CHOLELITHIASIS)、クラス:胆石症(CHOLELITHIASIS)
954
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
報告用語:鼡径ヘルニア治癒(左)〔CURE INGUINAL HERNIA(LEFT)〕、クラ
ス:ヘルニア(HERNIA)
報告用語:胆嚢切除(CHOLECYSTECTOMY)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 851-0361 は胆嚢切除(cholecystectomy)及び左ヘルニア修復
(left hernia repair)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は 1998 年 1 月 27 日から
1998 年 1 月 29 日まで入院した。治験薬の初回投与日は 1997 年 5 月 29 日であった。
1997 年 11 月 6 日以来、症状が悪化したため、手術が計画された。治験担当医師は、
本事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係は考えられないと判断した。治験依頼
者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの
因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:851-0375
報告用語:憩室炎(DIVERTICULITIS)、クラス:大腸炎(COLITIS)
報告用語:S 状結腸切除(手術)〔RESECTION OF SIGMOID(SURGERY)〕、ク
ラス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 851-0375 は憩室炎(diverticulitis)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は治験薬を開始して 17 ヵ月後に、腹痛(abdominal pain)を発現し、入
院した。憩室炎(diverticulitis)と診断された。1998 年 11 月 12 日に憩室炎
(diverticulitis)治療のための外科手術手技(surgical procedure)を受けた。治験担当
医師は、本事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。治験依頼
者は、本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果
関係はないと判断した。
症例番号:852-4465
報告用語:呼吸不全(RESPIRATORY INSUFFICIENCY)、クラス:呼吸障害
(RESPIRATORY DISORDER)
GHAC 試験の被験者 852-4465 は入院(hospitalization)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は 1997 年 5 月 20 日から 1998 年 12 月 10 日まで治験薬を使用した。
1998 年 10 月 6 日に入院した。外来で鼓膜破裂修復(repair of a ruptured tympanic
membrane)を受けた。手術中、麻酔科医が酸素飽和度低下(low oxygen saturation)
に気付き、観察のため一晩入院した。酸素療法を受け、翌日退院した。治験担当医
師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序
及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆
する根拠はないと判断した。
症例番号:853-4331
報告用語:発作性心房頻脈(PAROXYSMAL ATRIAL TACHYCARDIA)、クラス:
上室性頻脈(SUPRAVENTRICULAR TACHYCARDIA)
GHAC 試験の被験者 853-4331 は上室性頻脈(supraventricular tachycardia)による入院
(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。本被験者はおそらく洞不全症候群
(sick sinus syndrome)と関係のある浮動性めまい(dizziness)を訴え、1997 年 4 月
15 日に入院した。心拍数が 130 であったため、モニタリングのため入院した。その
後、持続性高血圧(persistent hypertension)を発現し、薬物治療を受けた。退院時に
48 時間のホルターモニタリングを受けることになっていた。治験担当医師は、本事
象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の
安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係は考えられない
が、血圧に対するテリパラチドの影響を考慮すると因果関係は否定できないと判断
した。
症例番号:853-4345
報告用語:息切れ(SHORTNESS OF BREATH)、クラス:呼吸困難(DYSPNEA)
報告用語:多発性肺塞栓症(MULTIPLE PULMONARY EMBOLISM)、クラス:肺
塞栓症(PULMONARY EMBOLUS)
955
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
GHAC試験の被験者 853-4345 は肺塞栓症(pulmonary embolism)の重篤な有害事象を
発現した。本被験者は 1997 年 4 月 16 日に治験薬投与を開始した。労作性息切れ
(shortness of breath on exertion)を訴え、肺機能検査(pulmonary function tests)を受
けた。検査中、息切れ及び意識消失が短時間発現した。脈拍は 62 回/分であった。
観察のため入院し、VQスキャン(VQ scan)で原因不明の多発性肺塞栓症(multiple
pulmonary emboli)が認められた。骨盤及び下肢超音波検査(pelvic and leg
ultrasound)では著変なしで、深部静脈血栓症(deep venous thrombosis)の所見は認
められず、高凝固性(hypercoagulability)の原因又は素因を示す所見も認められなか
った。臨床検査の結果はすべて正常であった。心エコー像(echocardiogram)で中等
度の肺高血圧症(pulmonary hypertension)が認められた。心電図(EKG)はR波上昇
不良(poor R wave progression)が認められたが正常であった。入院時のPO2は 50、
PCO2は 32、pHは 7.45 であった。これらは 10 日間で改善した。高齢者評価病棟に移
り、運動耐性は 3 週間で改善した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関
係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮する
と、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:853-4351
報告用語:右股関節部骨折(RIGHT HIP FRACTURE)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:右股関節手術(HIP SURGERY RIGHT)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:右股関節無腐性壊死〔AVASCULAR NECROSIS(R)HIP〕、クラス:骨
壊死(BONE NECROSIS)
報告用語:右股関節手術(HIP SURGERY RIGHT)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 853-4351 は右股関節部骨折(right hip fracture)による入院
(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。治験薬の初回投与日は 1997 年 4 月
9 日であった。歩行中に氷上で転倒し、右股関節を骨折した。1997 年 2 月 20 日に手
術を受け、骨折(fracture)固定ピンの挿入を受けた。本事象は治験薬への無作為割
付け以前に発現した。1997 年 7 月に股関節痛(hip pain)を発現し、Tylenol でも軽減
しなかった。1998 年 2 月までに、持続性股関節及び大腿骨疼痛(continual right hip
and thigh pain)及び筋力低下(a decrease in strength)を発現していた。外科医による
検査の結果、前回の股関節手術(hip surgery)で右股関節が適正に治癒していなかっ
たため、股関節の無腐性壊死(avascular necrosis)を発現していたことが判明した。
右股関節の再手術を要し、1998 年 4 月 28 日に受けた。治験担当医師は、本事象と治
験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、臨床の安全性データと、本
被験者が無作為割付け以前の股関節手術(hip surgery)で適正に治癒していなかった
ことを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判
断した。
症例番号:855-0400
報告用語:乳癌(BREAST CANCER)、クラス:乳癌(BREAST CARCINOMA)
GHAC 試験の被験者 885-0400 は左乳房の腫瘤(a lump in the left breast)の重篤な有
害事象のため試験を中止した。本被験者は 1997 年 5 月に左乳房の腫瘤(a lump)が
発見され、1997 年 7 月 8 日に生検(biopsy)を受け、左乳房小葉癌(lobular
carcinoma of the left breast)が認められた。1997 年 7 月 30 日に根治的乳房切断
(radical mastectomy)を受けた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係
は考えられないと判断した。喫煙歴もホルモン補充療法歴もない。治験依頼者は、
本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係は
ないと判断した。
症例番号:856-4484
報告用語:胸骨後痛(RETROSTERNAL PAIN)、クラス:胸骨下痛(CHEST PAIN
956
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
SUBSTERNAL)
報告用語:狭心症(ANGINA PECTORIS)、クラス:狭心症(ANGINA
PECTORIS)
GHAC 試験の被験者 856-4484 は胸骨下胸痛(substernal chest pain)の重篤な有害事象
を発現した。骨生検(bone biopsy)前に実施したルーチンの心電図(EKG)検査で
心房細動(atrial fibrillation)が認められた。この時は無症候であった。1997 年 6 月
30 日に脈拍不整(irregular pulse)が認められた。1997 年 6 月 30 日の治験薬初回投与
後、低血圧(hypotension)は認められなかった。1997 年 6 月 30 日に再度心電図検査
を受けた。1997 年 7 月 10 日に胸骨後痛(retrosternal pain)を発現し、1 時間持続し
た。この時以来、軽度労作時に胸骨後痛(retrosternal pain)を発現していた。狭心症
亢進(accelerated angina)のため 1997 年 7 月 17 日に冠疾患病棟に入院した。1997 年
7 月 23 日にステント装着(stent placement)を伴う冠血管形成(coronary
angioplasty)を受けた。右鼡径部出血(bleeding in the right groin)により血腫
(hematoma)及び抗凝固剤中止後自然凝固した偽大腿動脈瘤(false femoral
aneurysm)が発現した。本被験者は洞房節疾患(sinoatrial node disease)と診断され
た。1997 年 8 月 10 日にペースメーカー挿入を受け、1997 年 8 月 15 日に退院した。
治験薬の最終投与日は 1997 年 7 月 17 日であった。本被験者は最近の心臓の状態及
びそれに伴う不安(anxiety)のため、1997 年 8 月 15 日に試験を中止した。治験担当
医師は、本事象と治験薬の間に因果関係は否定できないと判断した。治験依頼者
は、作用機序及び臨床の安全性データと本被験者の動悸(palpitations)及び不安
(anxiety)の既往歴及び本被験者が新たに〔甲状腺機能低下症(hypothyroidism)に
対する〕thyroxine 治療を開始したことを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因
果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:856-4485
報告用語:左足関節部骨折(LEFT ANKLE FRACTURE)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:骨折整復のための外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE FOR
FRACTURE REDUCTION)、クラス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 856-4485 は左足関節部骨折に(fractured left ankle)よる入院
(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は凍った歩道で転倒し
た。1998 年 2 月 19 日から 1998 年 2 月 22 日まで入院し、1998 年 2 月 20 日に外科的
修復(surgical repair)を受けた。治験薬の初回投与日は 1997 年 4 月 28 日であった。
治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者
は、本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関
係はないと判断した。
症例番号:856-4495
報告用語:心窩部痛(EPIGASTRIC PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:治験薬アレルギー反応(ALLERGIC REACTION TO STUDY DRUG)、ク
ラス:アレルギー反応(ALLERGIC REACTION)
報告用語:下痢(DIARRHEA)、クラス:下痢(DIARRHEA)
報告用語:好酸球増加症(EOSINOPHILIA)、クラス:好酸球増加症
(EOSINOPHILIA)
GHAC 試験の被験者 856-4495 は食欲減退(decreased appetite)及び約 10 ポンドの体
重減少(weight loss)を伴う下痢(diarrhea)、鼓腸(flatulence)及び心窩部痛
(eipgastric pain)悪化による入院(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。観
察及び更なる検査のため 1998 年 4 月 28 日に入院した。治験薬の最終投与日は 1998
年 4 月 27 日であった。入院中、胸部 X 線(chest x-ray)、腹部 X 線(abdominal xray)及び超音波検査(ultrasound)、結腸鏡検査(colonoscopy)、胃十二指腸内視鏡
検査(duodeno-gastric endoscopy)及び十二指腸生検(duodenal biopsy)を受けた。い
ずれの結果も正常であった。血液検査(blood test)の結果は、原因不明の過好酸球
957
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
増加症(hypereosinophillia)であった。胃腸炎(gastroenteritis)の診断は原因不明
で、1998 年 5 月 12 日に退院した。好酸球増加症(eosinophilia)により入院
(hospitalization)期間が長引いた。アレルギー専門医との協議の結果、治験担当医
師は、本被験者は治験薬アレルギー反応(allergic reaction to the study drug)を発現
し、過好酸球増加症(hypereosinophillia)及び胃腸症状(gastrointestinal symptoms)
として現れたと判断した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間におそらく因果関
係があると判断した。本被験者は 1998 年 6 月 11 日に試験を中止した。胃腸症状
(gastrointestinal symptoms)の大部分は 1998 年 5 月 17 日に消失した。好酸球数は減
少し、1998 年 6 月 11 日までに徐々に正常になった。治験担当医師は、心窩部痛
(eipgastric pain)及び下痢(diarrhea)が入院(hospitalization)の原因であるとして
いる。本事象は治験依頼者のデータベースにおけるこれまでで唯一の好酸球増加性
アレルギー(eosinophilic allergy)症例である。好酸球増加性胃腸炎(eosinophilic
gastroenteritis)は特定の原因と関係していないことが多い。ある種の食品や抗生物質
などの薬剤がこの状態と関連している症例もある。治験依頼者は、本事象とテリパ
ラチドなどの注射剤との因果関係は考えられないが否定はできないと判断した。
症例番号:870-4570
報告用語:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 870-4570 は膀胱手術(bladder surgery)のための入院
(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。治験薬の初回投与日は 1997 年 4 月
10 日であった。膀胱性尿失禁(bladder incontinence)が悪化し、Burch 法(burch
procedure)及び膀胱後壁修復(posterior bladder repair)を受けるため入院した。1985
年以来、尿失禁(urinary incontinence)の既往を有していた。入院の翌日、Burch 法
(burch procedure)及び直腸瘤修復(rectocele repair)を受けた。膀胱性尿閉(bladder
retention)が持続し、1 日数回の自己導尿(self-catheterization)を行っている。治験
担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、作
用機序及び臨床の安全性データと本被験者の尿失禁(urinary incontinence)の既往歴
を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断し
た。
症例番号:870-4586
報告用語:皮膚癌(SKIN CANCER)、クラス:皮膚癌(SKIN CARCINOMA)
GHAC 試験の被験者 870-4586 は癌(cancer)の重篤な有害事象を発現した。本被験
者は 1997 年 6 月 20 日に治験薬の投与を開始した。1997 年 11 月 18 日に腹部に発疹
(rash)が発現した。皮膚科医を受診し、生検(biopsy)を受けた。発疹(rash)は
薬物アレルギーで、betamethasone クリームによる治療を受けた。1998 年 11 月 12 日
にも発疹(rash)は続いていた。1998 年 12 月 10 日に再度生検(biopsy)を受け、皮
膚癌(skin cancer)が発見された。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係
はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本
事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:870-4589
報告用語:下痢(DIARRHEA)、クラス:下痢(DIARRHEA)
報告用語:嘔吐(VOMITING)、クラス:嘔吐(VOMITING)
報告用語:脱水(DEHYDRATION)、クラス:脱水(DEHYDRATION)
報告用語:胃腸炎(GASTROENTERITIS)、クラス:胃腸炎
(GASTROENTERITIS)
GHAC 試験の被験者 870-4589 は胃腸炎(gastroenteritis)及び脱水(dehydration)によ
る入院(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は嘔吐(vomiting)
及び下痢(diarrhea)も発現した。治験薬の初回投与日は 1997 年 5 月 20 日であっ
た。1997 年 8 月 5 日から 1997 年 8 月 7 日まで入院した。IV 治療を受けた。水分摂取
を続けるよう指示を受け、退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果
958
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受けていたた
め、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:963-3602
報告用語:軟部組織損傷(SOFT TISSUE INJURIES)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:扁平上皮癌(SQUAMOUS CELL CARCINOMA)、クラス:皮膚癌
(SKIN CARCINOMA)
報告用語:基底細胞癌(BASAL CELL CARCINOMA)、クラス:皮膚癌(SKIN
CARCINOMA)
報告用語:潰瘍性結節性基底細胞癌(ULCERATED NODULAR BASAL CELL
CARCINOMA)、クラス:皮膚癌(SKIN CARCINOMA)
報告用語:多病巣性ボーエン様日光角化症(MULTIFOCAL BOWENOID SOLAR
KERATOSIS)、クラス:皮膚肥厚(SKIN HYPERTROPHY)
報告用語:日光黒子日光角化症(SOLAR LENTIGO SOLAR KERATOSIS)、クラ
ス:皮膚肥厚(SKIN HYPERTROPHY)
報告用語:苔癬様角化症(LICHENOID KERATOSIS)、クラス:皮膚肥厚(SKIN
HYPERTROPHY)
報告用語:皮膚病変切除(REMOVAL OF SKIN LESIONS)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 963-3602 は扁平上皮癌(squamous cell carcinoma)及び基底細胞
癌(basal cell carcinoma)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は複数の皮膚病変
(skin lesions)の外科的切除(surgical removal)を受けるため 1998 年 6 月 18 日に入
院した。組織学的検査の結果は、ボーエン様日光角化症(bowenoid solar
keratosis)、扁平上皮癌(squamous cell carcinoma)、基底細胞癌(basal cell
carcinoma)、日光黒子(solar lentigo)及び苔癬様角化症(lechinoid keratosis)であっ
た。組織病理報告によると病変は悪性であった。内側、外側及び後右下肢、右前腕
及び左内眼角の病変の切除を受けた。その後、下肢への皮膚移植(skin grafts)を要
した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。喫煙歴
はない。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象と
テリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
本被験者は 1997 年 4 月 29 日に、自動車事故に遭っていた。この事故で、右眼軟部
組織損傷(soft tissue injury to her right eye)及び右前腕裂傷(laceratioin)を負ってい
た。
症例番号:963-3603
報告用語:憩室性疾患(DIVERTICULAR DISEASE)、クラス:胃腸障害
(GASTROINTESTINAL DISORDER)
報告用語:結腸内視鏡検査(COLONOSCOPY)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 963-3603 は憩室性疾患(diverticular disease)悪化による入院
(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は 1993 年以来、憩室性疾
患(diverticular disease)を有していた。1997 年 2 月 20 日に結腸内視鏡検査
(colonoscopy)を受けた。1 日入院した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因
果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データと本被験者の憩室性疾
患(diverticular disease)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係
を示唆する根拠はない。
症例番号:963-3608
報告用語:右下肢扁平上皮癌(SQUAMOUS CELL CARCINOMA R LEG)、クラ
ス:皮膚癌(SKIN CARCINOMA)
GHAC 試験の被験者 963-3608 は癌(cancer)の重篤な有害事象を発現した。本被験
者は 1997 年 2 月 19 日に治験薬の投与を開始した。1998 年 8 月 27 日に一般開業医が
959
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
右下肢の皮膚病変(skin lesion)を切除した。診断は扁平上皮癌(squamous cell
carcinoma)であった。病変(lesion)は完全に切除され、本被験者は完全寛解した。
治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者
は、本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関
係はないと判断した。
症例番号:963-3687
報告用語:心房細動(ATRIAL FIBRILLATION)、クラス:心房細動(ATRIAL
FIBRILLATION)
報告用語:心筋梗塞(MYOCARDIAL INFARCTION)、クラス:心筋梗塞
(MYOCARDIAL INFARCT)
GHAC 試験の被験者 963-3687 は心房細動(atrial fibrillation)による入院
(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。治験薬の初回投与日は 1997 年 4 月
30 日、最終投与日は 1997 年 8 月 11 日であった。本被験者は 1997 年 7 月 27 日から
1997 年 7 月 29 日まで入院した。心筋梗塞(myocardial infarction)と診断され、1997
年 8 月 11 日に再入院した。心電図前壁 ST 部分上昇(anterior ST segment elevation on
EKG)に伴う胸痛(chest pain)を発現していた。入院後 6 時間以内に streptokinase の
投与を受け、その後 CK は上昇しなかった。心エコー検査(echocardiogram)で非定
型血栓(atypical thrombus)が認められた。可逆性虚血(reversible ischemia)を伴わ
ない前壁中隔大梗塞(large anteroseptal infarct)と診断された。治験担当医師は、本
事象と治験薬の間に因果関係は考えられないと判断した。本被験者は体調が悪く継
続できないとして試験を中止した。治験依頼者は、臨床の安全性データと本被験者
の高血圧(hypertension)及び冠動脈障害(coronary artery disorder)の既往歴を考慮
すると、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:963-3689
報告用語:背部痛(BACK PAIN)、クラス:背部痛(BACK PAIN)
GHAC 試験の被験者 963-3689 は背部痛(back pain)による入院(hospitalization)の
重篤な有害事象を発現した。本被験者は 1997 年 5 月 22 日から 1997 年 10 月 3 日まで
治験薬を使用した。背部痛(back pain)が重症化し、その評価のため 1997 年 11 月 7
日に入院した。第 10 胸椎レベル及び第 2-4 腰椎レベルに脊椎骨粗鬆症性骨折
(vertebral osteoporotic fractures)が認められた。X 線(x-ray)では 1997 年 7 月に比
べて身長が減少していた。1997 年 11 月 14 日に退院した。本被験者は効果欠如(lack
of efficacy)のため試験を中止した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関
係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受けていたため、
本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:993-3400
報告用語:間欠性上腹部痛(INTERMITTENT UPPER ABDOMINAL PAIN)、クラ
ス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:慢性胆嚢炎(CHRONIC CHOLECYSTITIS)、クラス:胆嚢炎
(CHOLECYSTITIS)
GHAC 試験の被験者 993-3400 は腹痛(abdominal pain)による入院(hospitalization)
の重篤な有害事象を発現した。本被験者は 1997 年 2 月 4 日に治験薬投与を開始し
た。1997 年 9 月 1 日以来、間欠性腹痛(intermittent abdominal pain)を有していた。
胆嚢切除(cholecystectomy)を受けるため 1997 年 9 月 1 日に入院した。病理報告に
よると慢性胆嚢炎(chronic cholecystitis)であった。治験担当医師は、本事象と治験
薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受
けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:993-3403
報告用語:腹部癒着(ABDOMINAL ADHESIONS)、クラス:胃腸障害
(GASTROINTESTINAL DISORDER)
報告用語:腸閉塞(BOWEL OBSTRUCTION)、クラス:腸閉塞(INTESTINAL
960
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
OBSTRUCTION)
報告用語:癒着部切離術(DIVIDING OF ADHESIONS)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:胸部感染(CHEST INFECTION)、クラス:感染(INFECTION)
GHAC 試験の被験者 993-3403 は腸閉塞(intestinal obstruction)による入院
(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は 1997 年 2 月 7 日に治験
薬投与を開始した。腸閉塞(bowel obstruction)が疑われ、1997 年 11 月 24 日に入院
した。全身麻酔による癒着部切離術(surgery to remove adhesions)を受け、術後胸部
感染(chest infection)を発現した。1997 年 12 月 5 日に退院した。治験担当医師は、
本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラ
セボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断し
た。
症例番号:993-3405
報告用語:下肢扁平上皮癌(CARCINOMA LEG SQAMOUS CELL)、クラス:皮膚
癌(SKIN CARCINOMA)
GHAC 試験の被験者 993-3405 は下肢扁平上皮癌(squamous cell leg carcinoma)の重
篤な有害事象を発現した。本被験者は 1997 年 4 月 7 日に皮膚病変(skin lesion)切除
を受けた。病理報告によると皮膚浸潤性(invaded the derma)扁平上皮癌(squamous
cell carcinoma)であった。癌(carcinoma)周辺部の更なる摘除を受けた。前頭部皮
膚癌(skin cancer of the forehead)の診断歴があった。喫煙歴はなかった。治験担当
医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機
序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示
唆する根拠はないと判断した。
症例番号:993-3406
報告用語:膀胱及び尿道不快感(BLADDER AND URETHRAL DISCOMFORT)、ク
ラス:尿路障害(URINARY TRACT DISORDER)
報告用語:高度移行上皮癌(膀胱癌)〔HIGH GRADE TRANSITIONAL CELL
(BLADDER CARCINOMA)〕、クラス:膀胱癌(BLADDER CARCINOMA)
GHAC 試験の被験者 993-3406 は高度移行上皮(膀胱)癌〔high grade transitional cell
(bladder) carcinoma〕の重篤な有害事象のため試験を中止した。本被験者は 1998
年 2 月 14 日に膀胱及び尿道不快感(bladder and urethral discomfort)を発現した。尿
中に赤血球及び白血球が検出された。その後、家庭医で超音波検査(ultrasound)を
受けた。医師は膀胱鏡検査(cystoscopy)及びポリープ切除(removal of a polyp)を
指示した。ポリープ(polyp)の組織学的検査の結果は乳頭状移行上皮癌(papillary
transitional carcinoma)であった。本被験者は、この時点で泌尿器科医を紹介され、
試験を中止した。CAT スキャン(CAT scan)では膀胱壁への貫通、その他の著明な
結節性疾患(nodal disease)は認められなかった。1998 年 10 月 20 日に膀胱切除
(cystectomy)及び回腸導管形成(formation of an ileal conduit)を受けた。治験担当
医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。喫煙歴はなかった。治
験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドと
の因果関係はないと判断した。
症例番号:993-3408
報告用語:左側頭部褐色病変(BROWN LESION L TEMPLE)、クラス:皮膚癌
(SKIN CARCINOMA)
報告用語:左側頭部基底細胞癌摘除(REMOVAL OF BASAL CELL CARCINOMA L
TEMPLE)、クラス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 993-3408 は癌(cancer)の重篤な有害事象を発現した。治験薬
の初回投与日は 1997 年 3 月 27 日であった。本被験者は 1998 年 10 月 1 日に左側頭部
の褐色病変(brown lesion)に気付いた。1998 年 10 月 19 日に皮膚科医による切除を
受けた。組織学的検査の結果は表在性基底細胞癌(superficial basal cell carcinoma)で
961
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
あった。この領域は治癒した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係は
ないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、
本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:993-3423
報告用語:腰痛及び仙腸関節部痛(LOW BACK PAIN AND SACRO-ILIAC)、クラ
ス:背部痛(BACK PAIN)
GHAC 試験の被験者 993-3423 は腰痛(lower back pain)による入院(hospitalization)
の重篤な有害事象を発現した。本被験者は 1997 年 4 月 23 日に治験薬投与を開始し
た。1998 年 11 月 23 日に入院した。1998 年 10 月 2 日に実施された最近の X 線(xray)で第 12 胸椎骨折(fracture at T12)の悪化が認められた。試験開始以来、増悪を
伴う背部痛(back pain with exacerbations)を有していた。理学療法及び薬物治療を受
けていた。今回の増悪(exacerbation)は 2 週間後も改善せず、入院を要した。治験
担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本
被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はな
いと判断した。
症例番号:993-3431
報告用語:左腎腫瘤〔MASS IN(L)KIDNEY〕、クラス:新生物(NEOPLASM)
報告用語:移行上皮癌(TRANSITIONAL CELL CARCINOMA)、クラス:癌
(CARCINOMA)
報告用語:リンパ節切除(LYMPH NODE REMOVAL)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:膀胱生検(BLADDER BIOPSY)、クラス:外科手術手技(SURGICAL
PROCEDURE)
GHAC 試験の被験者 993-3431 は左腎腫瘤(mass in the left kidney)の重篤な有害事象
のため試験を中止した。尿中血陽性(blood in the patient's urine)であったため、超音
波検査(ultrasound)を受け、 左腎腫瘤(mass in the left kidney)が認められた。顕微
鏡検査で、腫瘤(mass)は移行上皮癌(transitional cell carcinoma)と診断された。
1998 年 1 月 23 日に入院し、左腎摘除(left nephrectomy)、リンパ節切除(removal of
lymph nodes)及び膀胱生検(bladder biopsy)を受けた。膀胱生検(bladder biopsy)
で病理学的診断はつかなかった。この時点で、他の癌治療は受けなかった。1998 年
6 月 18 日の追跡時に左尿管口腫瘍再発(recurrence of tumor at the left ureteric orifice)
が発見された。再度、血管周囲脂肪浸潤低分化移行上皮癌(poorly differentiated
transient cell carcinoma, invading into the perivascular fat)と診断された。腫瘍(tumor)
は完全に摘出された。喫煙歴はない。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果
関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮す
ると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
表 2.7.4.7-46.
GHAJ 試験で認められた重篤な有害事象の詳細(翻訳)
GHAJ 試験
症例番号:005-6007
報告用語:頚部腫瘤(NECK MASS)、クラス:新生物(NEOPLASM)
報告用語:甲状腺癌(THYROID CANCER)、クラス:癌(CARCINOMA)
報告用語:甲状腺摘除(THYROIDECTOMY)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
GHAJ 試験の被験者 005-6007 は、甲状腺癌(thyroid cancer)の重篤な有害事象のた
め本試験を中止した。1997 年 10 月 31 日の身体検査で甲状腺腫大(thyromegaly)及
び小結節(nodule)は認められなかった。1998 年 1 月 6 日に右頚部部腫瘤(neck
mass)を訴えた。甲状腺スキャンで右甲状腺腫瘤(thyroid mass)が認められた。ま
962
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAJ 試験
たリンパ節症(lymphadenopathy)も認められた。1998 年 1 月 15 日に甲状腺腫瘤
(thyroid mass)とリンパ節 2 個の針生検が実施された。1998 年 1 月 16 日に配偶者
が治験実施施設に甲状腺癌(thyroid cancer)であることを報告した。1998 年 1 月 23
日に甲状腺摘除(thyroidectomy)が実施された。最終被験薬投与は 1998 年 1 月 15
日であった。本被験者は時々アルコールを摂取する。治験担当医師は、これらの事
象と治験薬との因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投
与を受けていたため、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。
症例番号:006-6154
報告用語:脊柱管狭窄症(SPINAL STENOSIS)、クラス:骨障害(BONE
DISORDER)
GHAJ 試験の被験者 006-6154 は、脊柱管狭窄症(spinal stenosis)の重篤な有害事象
を発現した。初回治験薬投与は 1998 年 2 月 3 日であった。1998 年 5 月 1 日から疲労
(tiredness)及び歩行困難(difficulty walking)が発現し、1998 年 8 月 8 日には歩行
困難(difficulty walking)が軽度から中等度に悪化したとのことであった。入院し、
1998 年 10 月 7 日に椎弓切除術(laminectomy)を受けた。最終治験薬投与は 1998 年
12 月 8 日であった。本被験者は 1994 年から脊柱管狭窄症(spinal stenosis)であっ
た。治験担当医師は、本試験参加前から脊柱管狭窄症(spinal stenosis)と診断され
ていたことから、脊柱管狭窄症(spinal stenosis)と治験薬又は治験手順の間に因果
関係はないと判断した。治験依頼者は、臨床の安全性データと本被験者の 1994 年か
らの脊柱管狭窄症(spinal stenosis)の既往歴を考慮すると、本事象と治験薬との因
果関係はないと判断した。
症例番号:006-6166
報告用語:肺癌*(LUNG CARCINOMA),クラス:肺癌*(CARCINOMA OF LUNG)
報告用語:咳嗽(COUGH),クラス:咳嗽増加*(COUGH INCREASED)
GHAJ 試験の被験者 006-6166 は肺癌(lung cancer)の SAE を発現した。本被験者は
30 年間の喫煙歴を有していた。1998 年 12 月 28 日、空咳(hacking cough)と呼吸困
難(difficulty breathing)のために入院したところ、肺に分泌物が見つかり吸引除去
された。本被験者は抗生剤の投与を受けた。精密検査により、同じ肺に癌が見つか
った。本被験者は専門医の診察を受け、積極的に治療を行った。治験担当医師は、
肺癌(lung cancer)と治験薬又は治験手順との因果関係はないと判断した。治験依
頼者は、本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象と治験薬との因果関係
はないと判断した。
症例番号:011-6237
報告用語:発熱(FEVER)、クラス:発熱(FEVER)
報告用語:右肘痛(PAIN RIGHT ELBOW)、クラス:疼痛(PAIN)
報告用語:右肘ブドウ球菌感染(STAPH INFECTION RIGHT ELBOW)、クラス:
感染(INFECTION)
GHAJ 試験の被験者 011-6237 は、右肘ブドウ球菌感染(staphylococcus infection)の
重篤な有害事象を発現した。初回治験薬投与は 1997 年 12 月 4 日であった。1998 年
8 月 30 日に右肘に腫れ物(boil)ができた。疼痛(pain)と発熱(fever)を訴え、主
治医の診察を受けた。腫れ物はランセットで切開し、抗生物質が投与された。疼痛
(pain)及び発熱(fever)はブドウ球菌感染(staphylococcus infection)のため入院
するまで持続した。1998 年 9 月 2 日から 1998 年 9 月 6 日まで入院した。矯正治療と
して腫れ物の再切開と抗生物質の静脈内投与が行われた。治験担当医師は、これら
の事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本
被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象と治験薬との因果関係はないと判
断した。
症例番号:039-6404
報告用語:心房細動(ATRIAL FIBRILLATION)、クラス:心房細動(ATRIAL
FIBRILLATION)
963
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAJ 試験
報告用語:失神エピソード(SYNCOPAL EPISODE)、クラス:失神(SYNCOPE)
GHAJ 試験の被験者 039-6404 は、不整脈(arrhythmia)の重篤な有害事象を発現し
た。1998 年 4 月 3 日に左腕のしこりの水分を抜いた。その術中に心臓不整脈(heart
arrhythmia)を発症した。そのため一晩入院した。治験担当医師は、心臓不整脈
(heart arrhythmia)は腕の嚢胞(cyst)の水分を抜くことに対する不安から発現した
もので、本事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。
更に、GHAJ 試験の被験者 039-6404 は、心房細動(atrial fibrillation)の重篤な有害
事象のため本試験を中止した。1998 年 9 月 8 日に就業中に意識を失った。病院に搬
送され、心拍を調節するため 2 回除細動が行われた。本被験者は既往歴として、
1986 年から高血圧(hypertension)を有していた。この時点で治験薬投与を中止し
た。治験担当医師は、心房細動(atrial fibrillation)は治験薬とおそらく関連性がある
と考えたが、治験手順との因果関係はないと判断した。
GHAJ 試験の被験者 039-6404 は、1999 年 1 月 12 日に再び心房細動(atrial
fibrillation)の重篤な有害事象を発現した。3 回目の発作性心房細動(paroxysmal
atrial fibrillation)のため入院した。2 回の試みで除細動が奏効した。1999 年 1 月 15
日に退院した。
GHAJ 試験の被験者 039-6404 は、1999 年 3 月 10 日に再び心房細動(atrial
fibrillation)の重篤な有害事象を発現した。直ちに入院した。除細動(2 時間)を行
い退院した。治験担当医師は、前回と今回の心房細動(atrial fibrillation)(治験薬中
止後)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。
治験依頼者によれば、治験薬の心律動への影響は同時に血圧が低下する場合(頻脈
(tachycardia))を除き知られていない。
治験依頼者は、臨床の安全性データ、本被験者の心疾患の既往歴、治験薬中止後の
心房細動(atrial fibrillation)の発現を考慮すると、これらの事象と治験薬との因果関
係はないと判断した。
症例番号:052-6501
報告用語:胆汁うっ滞性黄疸(CHOLESTATIC JAUNDICE)、クラス:胆汁うっ滞
性黄疸(CHOLESTATIC JAUNDICE)
報告用語:発熱(FEVER)、クラス:発熱(FEVER)
報告用語:急性胆管炎(ACUTE CHOLANGITIS)、クラス:胆管炎
(CHOLANGITIS)
報告用語:低血圧エピソード(HYPOTENSIVE EPISODE)、クラス:低血圧
(HYPOTENSION)
報告用語:胆道性敗血症(BILIARY SEPSIS)、クラス:敗血症(SEPSIS)
報告用語:右冠動脈疾患(RIGHT CORONARY ARTERY DISEASE)、クラス:冠動
脈疾患(CORONARY ARTERY DISORDER)
GHAJ 試験の被験者 052-6501 は、胆道性敗血症(biliary sepsis)の重篤な有害事象を
発現した。1998 年 7 月 20 日に疲労(fatigue)、倦怠感(malaise)、悪寒(chills)、
発熱(fever)のため緊急治療室を来訪した。黄疸があり、血圧が低下したので集中
治療室に搬送された。1998 年 7 月 21 日に実施した内視鏡的逆行性胆道膵管造影で原
因不明の胆管炎(cholangitis)が疑われた。更に詳細な検査を受けるため転院した。
最初の所見は無痛の閉塞性黄疸(painless obstructive jaundice)、胆管炎
(cholangitis)、敗血症(sepsis)、胆嚢炎(cholecystitis)(疑い)であった。超音
波検査で胆石(gallstones)が認められた。抗生物質(静脈内)、輸液、dopamine が
投与された。35 年の喫煙歴があり、時々アルコールを摂取する。治験担当医師は、
これらの事象と治験薬との因果関係はないと判断した。
また、GHAJ 試験の被験者 052-6501 は、右冠動脈疾患(right coronary artery disease)
の重篤な有害事象を発現した。7 月の入院中に断層心エコー図で左心室の後外側壁
異常が認められた。タリウムストレス試験で側壁虚血(lateral wall ischemia)及び固
定下壁欠損(fixed inferior wall defect)が確認された。1998 年 9 月 9 日の心臓カテー
テルで右冠動脈の疾患、おそらくは左主/左冠動脈前下行枝の疾患が示唆された。
964
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAJ 試験
1998 年 9 月 17 日に選択的心血管造影のため入院した。1998 年 9 月 18 日に退院し
た。診断結果は右内腸骨動脈の 50%閉塞を伴う遠位大動脈の小さい腹部大動脈瘤
(small abdominal aneurysm in the distal aorta with 50% occlusion of the right internal
iliac)であった。大動脈の大きさを正確に測定するため、腹部超音波検査が勧めら
れた。主診断は右冠動脈疾患(right coronary artery disease)であった。治験担当医師
は、これらの事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。冠動脈
疾患(coronary artery disease)は 1988 年から既往する末梢血管疾患(peripheral
vascular disease)に関連するものである。
治験依頼者は、臨床の安全性データ、本被験者の喫煙歴、末梢血管疾患(peripheral
vascular disease)の既往歴を考慮すると、これらの事象と治験薬との因果関係はない
と判断した。
症例番号:052-6515
報告用語:右股関節変性関節疾患(DEGENERATIVE JOINT DISEASE RIGHT
HIP)、クラス:関節障害(JOINT DISORDER)
報告用語:右人工股関節全置換(TOTAL RIGHT HIP REPLACEMENT)、クラス:
外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAJ 試験の被験者 052-6515 は人工関節全置換(total joint replacement)(右股関
節)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は 1998 年 6 月 17 日に疼痛(pain)悪化
を伴う高度の変性関節疾患(degenerative joint disease)と診断された。1998 年 11 月
2 日に右股関節の人工関節全置換(total joint replacement)を受けた〔待期的手術
(elective surgery)〕。術後の状態は極めて良好である。1998 年 10 月 23 日に一時的
に治験薬を中止し、1998 年 11 月 23 日に再開した。1993 年以来、右股関節痛(right
hip pain)の既往を有していた。治験担当医師は、本被験者が 1993 年以来、股関節
痛(hip pain)の既往を有しており、骨関節炎(osteoarthritis)及び変性関節疾患
(degenerative joint disease)の症状と一致することから、本事象と治験薬又は治験手
順の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、臨床の安全性データと本被験
者の右股関節痛(right hip pain)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの
因果関係はないと判断した。
症例番号:052-6529
報告用語:前立腺腫大(ENLARGED PROSTATE)、クラス:前立腺障害
(PROSTATIC DISORDER)
GHAJ 試験の被験者 052-6529 は前立腺腫大(enlarged prostate)の重篤な有害事象を
発現した。治験薬の初回投与日は 1997 年 12 月 16 日であった。徐々に悪化していた
頻尿(urinary frequency)及び夜間頻尿(nocturia)の症状緩和のため、膀胱鏡検査
(cystoscopy)、経尿道的前立腺電気蒸散切除(transurethral electrovaporization of the
prostate)及び膀胱頚部切開(incision of the bladder neck)を受けるため 1998 年 7 月
31 日に入院した。翌日退院した。1986 年以来、前立腺腫大(enlarged prostate)の既
往を有しており、長期間にわたり頻尿(urinary frequency)及び夜間頻尿(nocturia)
の症状を有していた。治験担当医師は、本被験者が長期間の前立腺腫大(enlarged
prostate)及び関連症状の既往歴を有しており、それらが徐々に悪化していたことか
ら、前立腺腫大(enlarged prostate)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと
判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテ
リパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:052-6532
報告用語:胸痛(CHEST PAIN)、クラス:胸痛(CHEST PAIN)
GHAJ 試験の被験者 052-6532 は胸痛(chest pain)の重篤な有害事象を発現した。本
被験者は 1998 年 1 月 11 日午前 5 時に中等度から高度の胸痛(chest pain)を発現し
た。腕又は肩への疼痛(pain)の拡散はなかった。この時及び 80 分後に Nitrostat
0.4mg を服用した。胸痛(chest pain)は 1998 年 7 月 11 日の午前 7 時 15 分に消散し
た。その後、同日に軟便(loose stools)が見られた。本被験者はこれらの症状を前
965
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAJ 試験
回の食事によるものとしている。本被験者は 1998 年 7 月 12 日に心臓病専門医に電
話し、胸痛(chest pain)を報告した。救急治療室で診察を受け、詳細な評価を受け
るため入院した。心電図検査(EKG)、負荷血流検査(perfusion stress test)及び脂
質プロフィール検査(lipid profile)を受けた。おそらく非心臓性胸痛(noncardiac
chest pain)であると診断され、同日退院した。心臓発作(heart attack)(1997 年 2
月)、血管形成(angioplasty)(1997 年 2 月)、不整脈(cardiac arrythmia)(1996
年 8 月)及び軽度心臓発作(mild heart attack)(1996 年 8 月)の既往を有してい
た。治験担当医師は、これらの事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係はなく、
前日の夕食による消化障害(indigestion)が原因であると考えられると判断した。治
験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドと
の因果関係はないと判断した。
症例番号:052-6604
報告用語:咳嗽(COUGH)、クラス:咳嗽増加(COUGH INCREASED)
報告用語:息切れ(SHORTNESS OF BREATH)、クラス:呼吸困難(DYSPNEA)
報告用語:鼻閉(CONGESTION)、クラス:鼻炎(RHINITIS)
報告用語:喘息性気管支炎(ASTHMATIC BRONCHITIS)、クラス:気管支炎
(BRONCHITIS)
GHAJ 試験の被験者 052-6604 は喘息性気管支炎(asthmatic bronchitis)の重篤な有害
事象を発現した。本被験者は咳嗽(cough)、鼻閉(congestion)及び息切れ
(shortness of breath)のため 1998 年 4 月 16 日に入院した。本被験者のプライマリー
ケア医は喘息(asthma)を発現していると判断した。cefuroxine、Solu-Medrol、
prednisone、Rhinocort、Theo-Dur、Zithromax、Robitussin、Ventolin、Atrovent、
Ceftin、Azmacort、Maxair、erythromycin 及び Tagamet の投与を受けた。病院の退院
サマリーによると最終診断は急性喘息性気管支炎(acute asthmatic bronchitis)であっ
た。24 年間喫煙していた。治験担当医師は、本事象と治験薬又は治験手順の間に因
果関係はないと判断した。治験依頼者は、臨床の安全性データと本被験者の喫煙歴
を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:052-6617
報告用語:急性気管支炎(ACUTE BRONCHITIS)、クラス:気管支炎
(BRONCHITIS)
報告用語:咳嗽(COUGH)、クラス:咳嗽増加(COUGH INCREASED)
報告用語:低酸素症(HYPOXIA)、クラス:低酸素症(HYPOXIA)
報告用語:膀胱癌(BLADDER CANCER)、クラス:膀胱癌(BLADDER
CARCINOMA)
報告用語:経尿道的膀胱腫瘍切除(TRANSURETHERAL RESECTION OF BLADDER
TUMORS)、クラス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAJ 試験の被験者 052-6617 は急性気管支炎(acute bronchitis)の重篤な有害事象を
発現した。本被験者は、急性気管支炎(acute bronchitis)、胸痛(chest pain)及び低
酸素症(hypoxia)のため 1998 年 3 月 9 日から 1998 年 3 月 13 日まで入院した。30
年間喫煙していたが、飲酒習慣はない。治験担当医師は、これらの事象と治験薬又
は治験手順の間に因果関係はないと判断した。
また、GHAJ 試験の被験者 052-6617 は膀胱癌(bladder cancer)の重篤な有害事象の
ため試験を中止した。1998 年 3 月の入院期間中に血尿(hematuria)が認められた。
1998 年 5 月の治験実施施設来院時にも血尿(hematuria)が認められた。この時、治
験担当医師により泌尿器科受診が勧められた。本被験者は治験実施施設に電話し、
膀胱癌(bladder cancer)の診断を受けたこと及び 1998 年 6 月 14 日以来、治験薬注
射をしていないことを治験コーディネーターに報告した。入院はせず、外来で手術
を受けた。本被験者は、膀胱の癌性腫瘍(cancerous tumors)の摘出を受けたと報告
した〔経尿道的膀胱腫瘍切除(transurethral resection of the bladder tumors)〕。同
日、治験実施施設に早期中止来院をした。治験担当医師は、膀胱癌(bladder
cancer)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。
966
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAJ 試験
治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラ
チドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:052-6629
報告用語:大動脈腸骨動脈閉塞性疾患(AORTOILIAC OCCLUSIVE DISEASE)、ク
ラス:閉塞(OCCLUSION)
報告用語:大動脈両側大腿動脈バイパス移植(AORTO-BILATERAL FEMORAL
BYPASS GRAPH)、クラス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAJ 試験の被験者 052-6629 は大動脈腸骨動脈閉塞性疾患(aortoiliac occlusive
disease)の重篤な有害事象を発現した。本被験者はまず両下肢痛(pain in both lower
extremities)を訴えた。検査の結果、左総腸骨動脈全体の完全閉塞(total occlusion of
the entire left common iliac artery)、右外腸骨動脈の一部狭窄(some stenosis of the
right external iliac artery)及び左右中部浅大腿動脈の一部狭窄(some stenosis of the
right and left mid superficial femoral artery)が認められた。大動脈両側大腿動脈バイパ
ス移植手術(aortobilateral femoral bypass graft surgery)を勧められた。1998 年 8 月 11
日に手術を受けた。高血圧(hypertension)(1985 年)及び狭心症(angina)(1991
年)の既往及び 1 日 1 箱の喫煙歴を有していた。治験担当医師は、本事象と治験薬
又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。
また、GHAJ 試験の被験者 052-6629 は効果欠如(lack of efficacy)のため試験を中止
した。オレゴン州骨粗鬆症センター(Oregon Osteoporosis Center)によって報告され
た骨喪失亢進(accelerated bone loss)のため早期中止来院を行った。治験薬の最終投
与日は 1998 年 10 月 12 日であった。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受け
ていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:202-4704
報告用語:エチルアルコール乱用(ETHYL ABUSE)、クラス:嗜癖
(ADDICTION)
GHAJ 試験の被験者 202-4704 はアルコール症(alcoholism)の重篤な有害事象のため
試験を中止した。本被験者はエチルアルコール乱用(ethyl alcohol abuse)の観察の
ため 1998 年 11 月 30 日から 1998 年 12 月 8 日まで入院した。エチルアルコール乱用
(ethyl alcohol abuse)の既往を有していた。飲酒に加え、20 年間喫煙していた。治
験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、
作用機序及び臨床の安全性データと本被験者のエチルアルコール乱用(ethyl alcohol
abuse)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠
はないと判断した。
症例番号:203-4504
報告用語:記憶障害(MNESIC TROUBLE)、クラス:健忘(AMNESIA)
報告用語:言語障害(PHASIC TROUBLE)、クラス:失語症(APHASIA)
報告用語:高カルシウム血症(HYPERCALCEMIA)、クラス:高カルシウム血症
(HYPERCALCEMIA)
報告用語:平衡障害(EQUILIBRIUM TROUBLE)、クラス:協調運動障害
(INCOORDINATION)
GHAJ 試験の被験者 203-4504 は高カルシウム血症(hypercalcemia)の重篤な有害事
象のため試験を中止した。治験薬の初回投与日は 1997 年 12 月 12 日であった。本被
験者は 1998 年 10 月 31 日に言語及び記憶障害(phasic and memory troubles)と平衡
障害(equilibrium problems)を発現した。1998 年 11 月 2 日から 1998 年 11 月 9 日ま
で入院した。この時、高カルシウム血症(hypercalcemia)及び高カルシウム尿症
(hypercalciuria)と診断された。入院時の血清中カルシウム濃度は 2.69mmol/L で、
1998 年 11 月 9 日には 2.4mmol/L まで戻った。24 時間尿の尿中カルシウム量は
3.35mmol/24 時間であった。1998 年 11 月 2 日に pamidronate 及び calcitonin の投与を
受けた。神経学的検査(neurological examination)の結果、不規則性(irregularity)
は認められなかった。治験薬の最終投与日は 1998 年 11 月 2 日であった。治験担当
967
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAJ 試験
医師は、高カルシウム血症(hypercalcemia)、言語障害(phasic troubles)、記憶及
び平衡障害(memory, and equilibrium problems)は治験薬とおそらく関連性があると
考えられたが、治験手順との因果関係はないと判断した。治験依頼者の評価報告に
よると、高度の高カルシウム血症(hypercalcemia)(血清中カルシウム濃度
>3.0mmol/L)は中枢神経症状(central nervous symptoms)の原因となる可能性がある
ため、同時に生じた他の事象は原因とは考えられない。治験依頼者は、臨床エビデ
ンスを考慮すると、本事象とテリパラチドの間に因果関係があると判断した。
症例番号:203-4506
報告用語:内臓ヘルニア(EVENTRATION)、クラス:ヘルニア(HERNIA)
GHAJ 試験の被験者 203-4506 は内臓ヘルニア(eventration)〔腹腔からの腸突出
(protrusion of bowels from the abdomen)〕の重篤な有害事象を発現した。本被験者
はプロリンプラーク内臓ヘルニア(prolene plaque eventration)〔腹腔からの腸突出
(protrusion of bowels from the abdomen)〕のため 1998 年 1 月 7 日から 19998 年 1 月
15 日まで入院した。治験担当医師は、本事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係
はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮する
と、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:248-5906
報告用語:痔核(HEMORRHOIDS)、クラス:直腸障害(RECTAL DISORDER)
報告用語:膀胱炎(CYSTITIS)、クラス:膀胱炎(CYSTITIS)
報告用語:発熱(FEVER)、クラス:発熱(FEVER)
GHAJ 試験の被験者 248-5906 は痔核(hemorrhoids)、発熱(fever)及び膀胱炎
(cystitis)の重篤な有害事象を発現した。治験薬の初回投与日は 1997 年 12 月 18 日
であった。本被験者は痔核手術(hemorrhoid surgery)を受けるため 1998 年 12 月 14
日に入院した。1998 年 12 月 15 日に退院した。治験依頼者の決定により、1998 年 12
月 10 日が治験薬の最終投与日となった。膀胱炎(cystitis)による発熱(fever)のた
め 1999 年 1 月 5 日に入院した。1999 年 1 月 22 日に退院した。治験担当医師は、痔
核(hemorrhoids)、膀胱炎(cystitis)及び発熱(fever)と治験薬又は治験手順の間
に因果関係はないと判断した。両入院(hospitalization)はお互いに関係があると考
えられた。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象
とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:249-5404
報告用語:左肘骨折(FRACTURE LEFT ELBOW)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
GHAJ 試験の被験者 249-5404 は左肘骨折(fractured left elbow)の重篤な有害事象を
発現した。治験薬の初回投与日は 1998 年 3 月 4 日であった。本被験者は左肘の手術
を受けるため 1998 年 11 月 29 日に入院した。氷上で転倒し左肘を骨折していた。
1998 年 11 月 30 日に退院した。治験依頼者の判断により、1998 年 12 月 10 日に治験
薬投与を中止した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断
した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテ
リパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:250-5601
報告用語:体幹膿瘍(ABSCESS TRUNK)、クラス:膿瘍(ABSCESS)
GHAJ 試験の被験者 250-5601 は膿瘍(abscess)の重篤な有害事象を発現した。治験
薬の初回投与日は 1997 年 11 月 27 日であった。1998 年 10 月 23 日に体幹膿瘍
(abscess on his trunk)が悪化した。膿瘍(abscess)摘除を受けるため、1998 年 10
月 26 日から 1998 年 10 月 27 日まで入院した。治験担当医師は、本事象と治験薬又
は治験手順の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ
投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:250-5604
報告用語:蕁麻疹様皮疹(RASH URTICARIAL)、クラス:蕁麻疹(URTICARIA)
968
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAJ 試験
GHAJ 試験の被験者 250-5604 は蕁麻疹(urticaria)の重篤な有害事象のため試験を中
止した。治験薬の初回投与日は 1997 年 12 月 11 日であった。本被験者は 1997 年 12
月 12 日に蕁麻疹様皮疹(urticarial rash)を発現した。発疹(rash)は、1998 年 1 月
24 日に治験薬を中止した後、消失した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因
果関係があると判断した。治験依頼者は、本事象とテリパラチドとの因果関係はあ
ると判断した。
症例番号:308-2010
報告用語:倦怠感(MALAISE)、クラス:倦怠感(MALAISE)
GHAJ 試験の被験者 308-2010 は倦怠感(malaise)の重篤な有害事象を発現した。本
被験者は、1998 年 11 月 28 日に悪心(nausea)及び多汗(increased sweating)を発現
した後、完全意識消失(total loss of consciousness)に陥り、転倒した。1998 年 11 月
28 日から 1998 年 11 月 30 日まで入院した。心電図検査(electrocardiogram)、胸部
X 線(chest x-ray)、血液学的検査(hematology)、イオノグラム(ionogram)、肝
酵素(hepatic enzymes)、心筋酵素(cardiac enzymes)は正常であった。治験担当医
師は、倦怠感(malaise)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はなく、おそらく
bisoprolol 治療による血管迷走神経性倦怠感(vasovagal malaise)の悪化であると判断
した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテ
リパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:507-7206
報告用語:呼吸不全(RESPIRATORY FAILURE)、クラス:無呼吸(APNEA)
GHAJ 試験の被験者 507-7206 は呼吸不全(respiratory failure)の重篤な有害事象を発
現した。本被験者は、呼吸不全(respiratory failure)のため 1998 年 12 月 12 日に入院
した。治験薬の最終投与日も同日であった。慢性閉塞性気管支炎(chronic
obstructive bronchitis)と診断され、1999 年 1 月 2 日に退院した。1991 年以来、呼吸
器障害(respiratory problems)の既往があり、10 年間喫煙していた。治験担当医師
は、本被験者に喘息(asthma)の既往歴があったことから、本事象と治験薬又は治
験手順の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与
を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:514-7028
報告用語:十二指腸潰瘍(DUODENAL ULCER)、クラス:十二指腸潰瘍
(DUODENAL ULCER)
報告用語:メレナ(MELENA)、クラス:メレナ(MELENA)
GHAJ 試験の被験者 514-7028 は十二指腸潰瘍(duodenal ulcer)及びメレナ
(melena)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は 1987 年以来、潰瘍(ulcer)症
状の既往を有していた。メレナ(melena)のため 1998 年 5 月 31 日に入院した。
1998 年 6 月 3 日に実施された胃内視鏡検査(gastroscopy)で十二指腸潰瘍(duodenal
ulcer)の存在が確認された。1998 年 5 月 31 日から 1998 年 6 月 8 日まで治験薬を中
止した。1998 年 6 月 8 日に状態が回復し、1998 年 6 月 9 日に治験薬を再開した。治
験担当医師は、本被験者が治験開始前から十二指腸潰瘍(duodenal ulcer)を有して
いたことから、本事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。治
験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドと
の因果関係はないと判断した。
症例番号:603-3002
報告用語:傾眠(SOMNOLENCE)、クラス:傾眠(SOMNOLENCE)
GHAJ 試験の被験者 603-3002 は傾眠(somnolence)のため試験を中止した。治験薬
の初回投与日は 1997 年 11 月 25 日であった。本被験者は治験薬の初回投与以来、顕
著な傾眠(somnolence)を発現していた。職業は運転手で、傾眠(somnolence)がひ
どく停車しなければならなかった。傾眠(somnolence)は注射後約 4 時間で発現
し、数時間持続した。発汗(sweating)を伴ったが血圧(blood pressure)は正常であ
った。最後の 2 回の投与では治験薬の用量を半減したが、症状は持続した。本被験
969
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAJ 試験
者は以前に傾眠(somnolence)を発現したことはなかったとしている。傾眠
(somnolence)は治験薬中止後軽減した。治験薬の最終投与日は 1997 年 12 月 6 日
であった。治験担当医師は本事象と治験薬の間に因果関係があると判断した。治験
依頼者は、臨床の安全性データからは本事象と治験薬との因果関係はないと考えた
が、本事象とテリパラチドとの因果関係を否定することもできない。
症例番号:747-4011
報告用語:左足関節部骨折(FRACTURE LEFT ANKLE)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:左橈骨骨折(FRACTURE LEFT RADIUS)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:事故による外傷(ACCIDENTAL INJURY)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:右股関節スクリュー摘除(REMOVAL OF SCREWS RIGHT HIP)、クラ
ス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAJ 試験の被験者 747-4011 は左足関節部骨折(fractured left ankle)及び左橈骨骨
折(fractured left radius)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は森で作業中に木
が倒れてきたため 1998 年 4 月 7 日に入院した。病院で左足関節部及び左橈骨の骨折
が判明した。1998 年 4 月 13 日に退院した。治験担当医師は左足関節部骨折
(fractured left ankle)及び左橈骨骨折(fractured left radius)と治験薬又は治験手順の
間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データ
を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断し
た。
症例番号:747-4014
報告用語:発熱(FEVER)、クラス:発熱(FEVER)
報告用語:膿瘍(ABSCESS)、クラス:右腎膿瘍(ABSCESSES RIGHT KIDNEY)
GHAJ 試験の被験者 747-4014 は右腎膿瘍(abscesses on the right kidney)及び発熱
(fever)の重篤な有害事象を発現した。治験薬の初回投与日は 1997 年 12 月 5 日で
あった。本被験者は 1998 年 11 月 4 日以来持続していた発熱(fever)のため 1998 年
11 月 26 日に入院した。10 日間の penicillin 治療を受けたが、発熱(fever)は持続し
ていた。右腎に 2 個の膿瘍(abscesses)が発見された。再び抗生物質治療を受け、
状態は改善した。1998 年 12 月 11 日に退院した。治験担当医師は右腎膿瘍
(abscesses on the right kidney)及び発熱(fever)と治験薬又は治験手順の間に因果
関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮す
ると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:747-4023
報告用語:意識消失(UNCONSCIOUSNESS)、クラス:昏睡(COMA)
報告用語:痙攣(CONVULSION)、クラス:痙攣(CONVULSION)
GHAJ 試験の被験者 747-4023 は痙攣(convulsions)及び意識消失(unconsciousness)
の重篤な有害事象を発現した。治験薬の初回投与日は 1998 年 2 月 25 日であった。
本被験者は 1998 年 3 月 30 日に市内を歩行中、痙攣(convulsions)を発現し失神し
た。入院し、1998 年 3 月 31 日に退院した。その後、おそらく失神時に転倒したこと
による背部痛(back pain)を発現した。約 15 分間意識を消失していた。本被験者に
よると、その日は晴れで暖かく、飲みすぎたと感じていた。退院サマリーは、痙攣
(convulsions)に器質性の原因はなく、本被験者の受けた発作治療は十分で、これ
を継続する必要があるとしている。治験担当医師は、本事象と治験薬又は治験手順
の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受け
ていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:747-4025
報告用語:脳出血(CEREBRAL HEMORRHAGE)、クラス:脳出血(CEREBRAL
HEMORRHAGE)
970
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAJ 試験
報告用語:右腕錯感覚(PARAESTHESIA RIGHT ARM)、クラス:錯感覚
(PARESTHESIA)
報告用語:右足錯感覚(PARAESTHESIA RIGHT FOOT)、クラス:錯感覚
(PARESTHESIA)
GHAJ 試験の被験者 747-4025 は脳出血(cerebral hemorrhage)の重篤な有害事象のた
め試験を中止した。治験薬の初回投与日は 1998 年 3 月 2 日であった。本被験者は
1998 年 5 月 20 日に待期的心臓手術(elective heart surgery)を受けるために入院し
た。手術の数時間後に右腕及び右足錯感覚(paresthesia)を発現し、話せなくなっ
た。これらの症状は数時間で進行し右側麻痺(paralyzed)に至った。脳出血
(cerebral hemorrhage)のため、この時脳卒中病棟に移った。治験薬の最終投与日は
1998 年 5 月 19 日であった。1995 年以来、狭心症(angina pectoris)の既往を、1997
年以来、高血圧(hypertension)及びコレステロール増加(high cholesterol)の既往を
有していた。治験担当医師は本事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと
判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象
とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:747-4048
報告用語:胃腸感染(GASTROINTESTINAL INFECTION)、クラス:感染
(INFECTION)
GHAJ 試験の被験者 747-4048 は胃腸感染(gastrointestinal infection)の重篤な有害事
象を発現した。治験薬の初回投与日は 1998 年 3 月 30 日であった。悪心(nausea)及
び嘔吐(vomiting)のため 1998 年 10 月 7 日に入院した。胃腸感染(gastrointestinal
infection)と診断された。1998 年 10 月 9 日に退院した。入院中は治験薬を投与しな
かった。治験担当医師は本事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断
した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテ
リパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:751-5005
報告用語:悪心(NAUSEA)、クラス:悪心(NAUSEA)
報告用語:回転性めまい(VERTIGO)、クラス:回転性めまい(VERTIGO)
GHAJ 試験の被験者 751-5005 は回転性めまい(vertigo)の重篤な有害事象を発現し
た。治験薬の初回投与日は 1997 年 10 月 27 日であった。1998 年 10 月 4 日の夜に、
回転性めまい(vertigo)が急性発症し、これは 1998 年 10 月 5 日の朝まで持続し
た。回転性めまい(vertigo)は 1998 年 10 月 7 日まで断続的に持続した。回転性め
まい(vertigo)の結果、悪心(nausea)も発現した。1998 年 10 月 5 日に入院した。
入院中、治験薬は注射しなかった。退院以降、問題は生じていない。治験担当医師
は、本事象は試験参加から 1 年後に急性発症したことから、本事象と治験薬又は治
験手順の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与
を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:751-5006
報告用語:呼吸困難(DYSPNEA)、クラス:呼吸困難(DYSPNEA)
報告用語:回転性めまい(VERTIGO)、クラス:回転性めまい(VERTIGO)
GHAJ 試験の被験者 751-5006 は回転性めまい(vertigo)の重篤な有害事象を発現し
た。治験薬の初回投与日は 1997 年 11 月 11 日であった。本被験者は、1997 年 12 月
28 日以来、浮動性めまい(dizziness)、回転性めまい(vertigo)、多少の呼吸困難
(dyspnea)、咳嗽(coughing)及び頭痛(headache)を発現していた。観察のた
め、1997 年 12 月 30 日から 31 日まで救急病棟に一晩入院した。その後帰宅したが、
気分が優れず、再び受診し、観察のため救急病棟に一晩(1998 年 1 月 15 日から 16
日)入院した。入院後、回転性めまい(vertigo)は完全に消失し、1998 年 1 月 19 日
には気分良好となった。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係があると
判断した。治験依頼者は、臨床データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの間
に因果関係があると判断した。
971
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAJ 試験
症例番号:758-5105
報告用語:心筋梗塞(MYOCARDIAL INFARCTION)、クラス:心筋梗塞
(MYOCARDIAL INFARCT)
報告用語:心筋梗塞(MYOCARDIAL INFARCTION)、クラス:心筋梗塞
(MYOCARDIAL INFARCT)
報告用語:心室細動(VENTRICULAR FIBRILLATION)、クラス:心室細動
(VENTRICULAR FIBRILLATION)
報告用語:左前下行動脈狭窄(LAD-STENOSIS)、冠血管閉塞(CORONARY
OCCLUSION)
GHAJ 試験の被験者 758-5105 は心筋梗塞(myocardial infarction)の重篤な有害事象
のため試験を中止した。治験薬の初回投与日は 1997 年 11 月 27 日であった。本被験
者は持続性の胸痛(chest pain)〔2 週間前より狭心症(angina)を発現〕のため
1998 年 7 月 20 日に救急病棟に入院した。心電図(electrocardiogram)で心筋梗塞
(myocardial infarction)の診断が確認された。simvastatin、metoprolol、ticlopidine、
enalapril 及び nitroglycerin による治療を受けた。血清中カルシウム、カリウム及びナ
トリウム濃度はいずれも正常範囲内であった。5 日間入院した。入院中、治験薬は
注射しなかった。1998 年以来、高血圧(hypertension)及びコレステロール増加
(high cholesterol)の既往、1977 年以来、末梢血管疾患(peripheral vascular disease)
の既往を有していた。40 年間喫煙していた。治験担当医師は、本被験者の高血圧
(hypertension)、コレステロール増加(high cholesterol)の既往歴及び喫煙歴を考慮
すると、心筋梗塞(myocardial infarction)と治験薬又は治験手順の間に因果関係は
ないと判断した。テリパラチドが冠血流に有害な影響を与えるという知見はないた
め、治験依頼者は、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
また、GHAJ 試験の被験者 758-5105 は別の件でも心筋梗塞(myocardial infarction)
の重篤な有害事象を発現した。本被験者は 1998 年 10 月初めから毎日、胸痛(chest
pain)を発現していた。1998 年 10 月 27 日に、予定されていた経皮的冠動脈形成
(PTCA)を受ける途中、心停止(cardiac arrest)に陥り、新たな心筋梗塞
(myocardial infarction)を発現した。この 2 回目の心筋梗塞(myocardial infarction)
の時には心室細動(ventricular fibrillation)が発現した。治療を受け、冠血管造影術
(coronary angiography)で左前下行動脈狭窄が認められた。経皮的冠動脈形成
(PTCA)による狭窄(stenosis)拡張を受け、狭心症(angina)は消失した。
simvastatin、metoprolol、enalapril、nitroglycerin、ticlopidine、dipyridamole、
omeprazole、lactulose、dalteparin sodium などの矯正治療を受けた。この時、本被験
者は試験参加中止を決定した。治験薬の最終投与日は 1998 年 11 月 10 日であった。
治験担当医師は、2 回目の心筋梗塞(myocardial infarction)と治験薬の間にも因果関
係はないと判断した。テリパラチドが冠血流に有害な影響を与えるという知見はな
いため、治験依頼者は、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:760-5227
報告用語:腹痛(ABDOMINAL PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:便秘(CONSTIPATION)、クラス:便秘(CONSTIPATION)
報告用語:不安(ANXIETY)、クラス:不安(ANXIETY)
GHAJ 試験の被験者 760-5227 は不安(anxiety)の重篤な有害事象を発現した。治験
薬の初回投与日は 1998 年 3 月 10 日であった。本被験者は 1998 年 3 月 11 日、ソー
シャルワーカーを訪問後に不安(anxiety)のため入院した。1998 年 3 月 13 日に退院
した。1998 年 3 月 16 日に不安(anxiety)のため再入院し、同日退院した。1998 年 1
月にクラインフェルター病(Kleinfelter disease)と診断されていた(これが原因で極
度の不安に陥り、動揺し、GHAJ 試験開始前後に数回ソーシャルワーカーを訪問し
ていた)。
GHAJ 試験の被験者 760-5227 は便秘(constipation)の重篤な有害事象も発現した。
1998 年 3 月 19 日夕方、便秘(constipation)及び悪心(nausea)による腹痛
(abdominal pain)を発現した。同日の夕方、入院した。緩下剤、Voltaren 及び不特
972
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAJ 試験
定の静注液の投与を受けた。腹部 X 線(abdominal x-rays)では結石(stones)の所
見は認められなかった。1998 年 3 月 21 日に退院した。治験担当医師は便秘
(constipation)、腹痛(abdominal pain)及び不安(anxiety)と治験薬の間に因果関
係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮する
と、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:853-8003
報告用語:左右第 4-5 腰椎椎弓切除及び第 5 腰椎-第 1 仙椎両側椎間孔拡大術(LR-5
LAMINECTOMY AND BILATERAL FORAM INOTOMIES L5-S1)、クラス:背部痛
(BACK PAIN)
GHAJ 試験の被験者 853-8003 は入院(hospitalization)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は、治験薬投与開始から約 6 ヵ月後に高度な左股関節痛(left hip
pain)を発現し、歩行不能になるまで悪化した。また、左足及び脚のしびれ感
(numbness in the left foot and leg)も発現した。3 ヵ月後に入院した。CT スキャン
(CT scan)及び MRI を受けた。第 4-5 腰椎レベルでの硬膜管のゆがみを伴う神経孔
への上方中央椎間板突出(central disc protrusion)及び左後側椎間板突出(left
posterolateral disc protrusion)と診断された。1999 年 1 月 5 日に第 4-5 腰椎の椎弓切除
(laminectomy)及び第 5 腰椎及び第 1 仙椎の両側椎間孔拡大術(foraminotomies)を
受けた。本事象は消散し、本被験者は鎮痛薬治療を受けている。治験担当医師は本
事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床
の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠
はないと判断した。
症例番号:855-8313
報告用語:基底細胞癌(BASAL CELL CARCINOMA)、クラス:皮膚癌(SKIN
CARCINOMA)
GHAJ 試験の被験者 855-8313 は癌(cancer)の重篤な有害事象を発現した。本被験
者は 1998 年 3 月に治験薬投与を開始した。1998 年 12 月に基底細胞癌(basal cell
carcinoma)を発現した。前胸部皮膚の切除生検(excisional biopsy)で、結節性の基
底細胞癌(basal cell carcinoma)が認められた。治験担当医師は、本事象と治験薬の
間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプラセボ投与を受けて
いたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。
症例番号:855-8320
報告用語:狭心症(ANGINA)、クラス:狭心症(ANGINA PECTORIS)
GHAJ 試験の被験者 855-8320 は狭心症(angina)の重篤な有害事象を発現した。本
被験者は 1998 年 3 月 24 日に狭心症(angina)で救急治療室に入室した。評価のため
入院し、1998 年 3 月 26 日に退院した。入院中に血管形成(angioplasty)を受けた。
治験担当医師は本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、
作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関
係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:965-1705
報告用語:鼻甲介呼吸障害(NASAL TURBINATE RESPIRATORY DISORDER)、ク
ラス:呼吸障害(RESPIRATORY DISORDER)
GHAJ 試験の被験者 965-1705 は入院(hospitalization)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は 1997 年 6 月以来有している呼吸障害(respiratory disorder)の改善の
ため鼻甲介切除(turbinectomy)を受けるため 1997 年 11 月 28 日に入院した。1997
年 11 月 30 日に退院した。治験担当医師は本事象と治験薬の間に因果関係はないと
判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象
とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:965-1721
報告用語:左頚動脈遮断(BLOCKED LEFT CAROTID ARTERY)、クラス:頚動脈
閉塞(CAROTID OCCLUSION)
973
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAJ 試験
報告用語:左頚動脈内膜摘除(LEFT CAROTID ENDARTERECTOMY)、クラス:
外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
GHAJ 試験の被験者 965-1721 は左頚動脈内膜摘除(left carotid endarterectomy)の重
篤な有害事象を発現した。本被験者は 1997 年 12 月 9 日に治験薬投与を開始した。
1998 年 11 月 20 日に左顎部のこわばり(left jaw stiffness)及び左頚部痛(left neck
soreness)を発現した。1998 年 11 月 23 日の超音波検査(ultrasound)で高度の左頚
動脈遮断(blocked left carotid artery)が認められた。左頚動脈内膜摘除(left carotid
endarterectomy)を受けるため 1998 年 12 月 7 日に入院した。1998 年 12 月 9 日に退
院した。治験担当医師は本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依
頼者は、本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因
果関係はないと判断した。
症例番号:967-1601
報告用語:右鎖骨骨折(FRACTURED R) CLAVICLE)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:左第 3 及び第 4 足指骨折(FRACTURED 3RD AND 4TH DIGITS L)
FOOT)、クラス:事故による外傷(ACCIDENTAL INJURY)
GHAJ 試験の被験者 967-1601 は 1998 年 1 月 15 日の自動車事故で右鎖骨及び左足骨
折(fractured right clavicle and left foot)の重篤な有害事象を発現した。治験担当医師
は本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、本被験者はプ
ラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断し
た。
症例番号:967-1611
報告用語:左手首関節骨折(FRACTURED L WRIST)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
GHAJ 試験の被験者 967-1611 は左手首関節骨折(fractured left wrist)の重篤な有害事
象を発現した。本被験者は 1998 年 3 月に治験薬の投与を開始した。自宅で作業中に
転倒し、左手首関節を骨折した。X 線(x-ray)で軽微な尺骨茎状突起骨折(ulnar
styloid fracture)を伴う軽度粉砕関節内コーレス骨折(slightly comminuted intraarticular fracture of colles variety)が認められた。1998 年 9 月 8 日に入院し、修復術を
受け、手首にギプスを装着した。翌日退院した。治験担当医師は本事象と治験薬の
間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データ
を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断し
た。
症例番号:993-1001
報告用語:心筋梗塞(MYOCARDIAL INFARCTION)、クラス:心筋梗塞
(MYOCARDIAL INFARCT)
GHAJ 試験の被験者 993-1001 は心筋梗塞(myocardial infarction)による入院
(hospitalization)の重篤な有害事象を発現した。本被験者は 1997 年 11 月 27 日に治
験薬の投与を開始した。1998 年 8 月 18 日に右側上背部痛(upper back pain)を発現
し、これは 2 時間持続した。その後、浮動性めまい(dizziness)を発現した。受診
し、心臓病専門医による心電図(EKG)を受け、下壁心筋梗塞(inferior myocardial
infarction)を示唆する軽微な変化が認められた。1998 年 8 月 19 日に入院した。入院
中、胸痛(chest pain)は発現しなかったが、左手に間欠性のチクチクする感じ
(pins and needles sensations)があった。これは退院前に消失した。1998 年 8 月 24 日
に退院した。治験担当医師は本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治
験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチ
ドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
974
LY333334
表 2.7.4.7-47.
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBM 試験で認められた重篤な有害事象の詳細(翻訳)
GHBM 試験
症例番号:005-1009
報告用語:右膝関節炎悪化状態(Arthritis right knee worsening condition)、MedDRA
(基本語):関節炎 NOS(Arthritis NOS)
GHBM 試験の被験者 005-1009 は骨粗鬆症を有する 70 歳の女性で、548 日間 テリパ
ラチドの投与を受けていた。本被験者は、右膝関節炎悪化(worsened right knee
arthritis)の重篤な有害事象のため入院した。全膝関節置換術(total knee
arthroplasty)が実施された。安定した状態で入院の 4 日後に退院した。治験担当医
師は、関節炎悪化(worsened arthritis)と本事象発現時に使用していた治験薬との因
果関係はないと判断した。治験は継続した。
症例番号:018-1348
報告用語:起立性低血圧疑い(Suspected orthostatic hypotension),クラス:起立性
低血圧(Orthostatic hypotension)
GHBM 試験の被験者 018-1348 は骨粗鬆症を有する 82 歳の女性で、6 日間 アレンド
ロネートの投与を受けていた。本被験者は、失神の既往(syncopal episode)に至っ
た高度の起立性低血圧(orthostatic hypotension)の SAE のために入院した。心エコ
ー図検査、胸部 X 線検査、頭部断層撮影及び心電図検査を実施した。起立性低血圧
(orthostatic hypotension)以外に、失神の既往(syncopal episode)の原因は見つから
なかった。本被験者は Day8 に回復し、入院の 2 日後に退院した。治験担当医師は、
起立性低血圧(orthostatic hypotension)の発現は、高血圧治療のために使用されてい
た併用薬により誘発されたものであり、治験薬との因果関係はないと判断した。本
被験者は本試験を中止した。
症例番号:020-1402
報告用語:憩室症(Diverticulosis)、MedDRA(基本語):憩室症 NOS
(Diverticulosis NOS)
GHBM 試験の被験者 020-1402 は骨粗鬆症を有する 65 歳の女性で、340 日間アレン
ドロネートの投与を受けていた。石灰沈着(calcific deposits)の外科的除去及び右肩
のデブリードマン(debridement)のため入院した。治験薬(経口及び注射)投与は
一時的に 2 日間中止した。回復し、Day 341 に退院した。治験担当医師は、これらの
事象は重篤ではなく、治験薬又は治験手順との間に因果関係はないと判断した。治
験参加前から長期(2 年以上)にわたる右肩の滑液包炎(bursitis)(石灰性)の既
往歴を有していた。治験は継続した。
354 日目に重度憩室症(diverticulosis)の重篤な有害事象のため再度入院した。
cefadroxil、Kaopectate、Tagamet が投与された。回復し、360 日目に退院した。治験
担当医師は、憩室症 NOS(diverticulosis NOS)と治験薬との因果関係はないと判断
した。治験薬(経口及び注射)投与は一時的に 4 日間中止した。治験を継続し完了
した。
症例番号:020-1405
報告用語:僧帽弁不全(Mitral insufficiency)、MedDRA(基本語):僧帽弁閉鎖不
全症(Mitral valve incompetence)
GHBM 試験の被験者 020-1405 は骨粗鬆症を有する 62 歳の女性で、354 日間アレン
ドロネートの投与を受けていた。重度僧帽弁閉鎖不全症(mitral valve
incompetence)の重篤な有害事象のため入院した。metoprolol 50 mg が投与され
(atenolol 50 mg は中止)、Day 356 に回復した。治験担当医師は、僧帽弁閉鎖不全
症(mitral valve incompetence)は本被験者の心肺疾患(cardiopulmonary problem)、
僧帽弁不全(mitral insufficiency)、重度肺高血圧症(pulmonary hypertension)によ
るもので、治験薬との因果関係はないと判断した。治験は継続した。
症例番号:025-1518
975
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBM 試験
報告用語:双極性障害(Bi-polar)、MedDRA(基本語):双極性障害(Bipolar
disorder)
報告用語:統合失調感情障害(schizoaffective disorder)、MedDRA(基本語):統合
失調感情障害(schizoaffective disorder)
報告用語:憩室症再発(diverticulitis- recurrent)、MedDRA(基本語):憩室症 NOS
(diverticulitis NOS)
GHBM 試験の被験者 025-1518 は骨粗鬆症を有する 47 歳の女性で、89 日間 テリパラ
チドの投与を受けていた。双極性障害(bipolar disorder)及び統合失調感情障害
(schizoaffective disorder)の中等度の重篤な有害事象のため入院した。使用中の
Prozac に加え、Trazadone、Ambien、Depakote、Klonopin、Neurontin、Seroquel が投
与された。治療によって改善し、入院の 5 日後に退院した。しかし、追跡来院時に
これらの事象は消失していなかった。治験担当医師は、双極性障害(bipolar
disorder)及び統合失調感情障害(schizoaffective disorder)は本被験者の双極性疾患
(bipolar disease)を伴う統合失調感情障害(schizoaffective disorder)の既往歴による
もので、治験薬との因果関係はないと判断した。治験は継続した。
治験薬投与開始後約 1 年 3 ヵ月に憩室症 NOS(diverticulosis NOS)悪化(治験期間
中軽度の症状として認められていたが、Visit 6 に重度になった)のため入院した。
回復し、入院の 18 日後に退院した。治験担当医師は、憩室症 NOS(diverticulosis
NOS)は既存の疾患であったことから、治験薬との因果関係はないと判断した。治
験は継続した。
症例番号:025-1542
報告用語:右中大脳動脈性卒中(Right middle cerebral artery stroke)、MedDRA(基
本語):大脳動脈閉塞(Cerebral artery occlusion)
GHBM 試験の被験者 025-1542 は骨粗鬆症を有する 51 歳の女性で、31 日間アレンド
ロネートの投与を受けていた。軽度大脳動脈閉塞(cerebral artery occlusion)の重篤
な有害事象のため入院した。heparin、Coumadin、Lipitor が投与された。状態が改善
し、入院の 7 日後に退院した。治験担当医師は、大脳動脈閉塞(cerebral artery
occlusion)は本被験者の高脂血症(hyperlipidemia)や喫煙など脳血管疾患
(cerebrovascular disease)の危険因子によるもので、治験薬との因果関係はないと判
断した。母親が 67 歳で脳卒中(stroke)を発症するなどの家族歴があった。
Coumadin 投与のため治験薬投与を中止した。
症例番号:040-1901
報告用語:胆石症(Cholelithiasis )、MedDRA(基本語):胆石症(Cholelithiasis )
GHBM 試験の被験者 040-1901 は 59 歳の女性骨粗鬆症患者で 155 日間テリパラチド
の投与を受けた。本被験者は高度の胆石症(cholelithiasis)の重篤な有害事象のため
入院した。腹腔鏡下胆嚢切除(laparoscopic cholecystectomy)を受けた。術前に抗生
物質(piperacillin/tazobactam)治療を受けた。投与 158 日目に回復した。Lortab 及び
acetaminophen の頓服を処方され、退院した。治験担当医師は胆石症(cholelithiasis)
と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験者は試験を継続した。
症例番号:044-2003
報告用語:両側肺炎(Bilateral pneumonia)、MedDRA(基本語):肺炎 NOS
(Pneumonia NOS)
GHBM 試験の被験者 044-2003 は 79 歳の女性骨粗鬆症患者で 20 日間テリパラチドの
投与を受けた。本被験者は投与 33 日目に高度の両側肺炎(bilateral pneumonia)の重
篤な有害事象のため入院した。経口及び静注にて抗生物質の投与及び吸入療法を受
けた。試験を中止し、入院約 2 ヵ月後に肺炎(pneumonia)から回復した。治験担当
医師は肺炎(pneumonia)は感染(infection)の結果で、治験薬との間に因果関係は
ないと判断した。
症例番号:045-2112
976
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBM 試験
報告用語:胆石による膵炎(Gallstone pancreatitis)、MedDRA(基本語):胆管閉
塞による膵炎(Pancreatitis due to biliary obstruction)
GHBM 試験の被験者 045-2112 は 75 歳の女性骨粗鬆症患者で 307 日間テリパラチド
の投与を受けた。本被験者は高度の胆管閉塞による膵炎(pancreatitis due to biliary
obstruction)の重篤な有害事象のため投与 308 日目に入院した。投与 310 日目に胆嚢
切除(cholecystectomy)を受け、投与 312 日目に回復したと見なされた。治験担当
医師は本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験者は試験を継続
し、完了した。
症例番号:045-2113
報告用語:右足関節部骨折(Right ankle fracture)、MedDRA(基本語):足関節部
骨折(Ankle fracture)
GHBM 試験の被験者 045-2113 は 65 歳の女性骨粗鬆症患者で 362 日間アレンドロネ
ートの投与を受けた。本被験者は中等度の足関節部骨折(ankle fracture)の重篤な有
害事象を発現した。Demerol、hydrocodone-acetaminophen、ibuprofen、morphine、
Narcan 及び Vicodin の投与及び外来で手術(ピン挿入及びギプス装着)を受けた。
治験担当医師は、足関節部骨折(ankle fracture)と治験薬の間に因果関係はないと判
断した。本被験者は試験を継続した。
症例番号:045-2150
報告用語:急性脳血管発作(Acute cerebrovascular accident)、MedDRA(基本語):
脳血管発作(Cerebrovascular accident)
GHBM 試験の被験者 045-2150 は 77 歳の女性骨粗鬆症患者で 20 日間テリパラチドの
投与を受け、高度の脳血管発作(cerebrovascular accident)の重篤な有害事象のため
入院した。本被験者は clopidogre 及び ramipril の投与を受け、入院 16 日後に退院し
た。退院後約 3 ヵ月で回復した。治験担当医師は、脳血管発作(cerebrovascular
accident)と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験者は試験を中止した。
症例番号:046-2211
報告用語:急性脳血管発作(Acute cerebrovascular accident)、MedDRA(基本語):
脳血管発作(Cerebrovascular accident)
GHBM 試験の被験者 046-2211 は 72 歳の女性骨粗鬆症患者で 321 日間アレンドロネ
ートの投与を受け、高度の脳血管発作(cerebrovascular accident)の重篤な有害事象
のため入院した。本被験者は aspirin 及び clopidogrel sulfate の投与を受けた。投与
325 日目に退院した。治験担当医師は、脳血管発作(cerebrovascular accident)と治
験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験者は本事象発現後も試験を継続し、
その後追跡不能により中止した。
症例番号:068-2502
報告用語:慢性貧血(Chronic anemia)、MedDRA(基本語):貧血 NOS(Anaemia
NOS)
GHBM 試験の被験者 068-2502 は 67 歳の女性骨粗鬆症患者で 315 日間テリパラチド
の投与を受け、高度の慢性貧血(chronic anemia)の重篤な有害事象のため入院し
た。本被験者は 2 単位の輸血及び鉄サプリメントの投与を受けた。入院 2 日後に安
定した状態で退院し、約 6.5 ヵ月後に回復した。治験担当医師は、慢性貧血 NOS
(chronic anemia NOS)と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験者は試験
を継続した。
症例番号:068-2505
報告用語:気管支炎(Bronchitis)、MedDRA(基本語):気管支炎 NOS(Bronchitis
NOS)
977
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBM 試験
GHBM 試験の被験者 068-2505 は 69 歳の女性骨粗鬆症患者で 533 日間テリパラチド
の投与を受け、高度の気管支炎(bronchitis)の重篤な有害事象のため入院した。本
被験者は doxycycline、Levaquin、phenergan-codeine 及び albuterol の投与を受け、改
善した。入院 2 日後に退院した。治験担当医師は、気管支炎(bronchitis)と治験薬
の間に因果関係はないと判断した。本被験者は試験を継続した。
068-2506
報告用語:血便排泄(Haematochezia)、MedDRA(基本語):血便排泄
(Haematochezia)
GHBM 試験の被験者 068-2506 は 84 歳の女性骨粗鬆症患者で 49 日間アレンドロネー
トの投与を受け、投与 51 日目に高度の血便排泄(haematochezia)の重篤な有害事象
のため入院した。本被験者は aspirin を使用していたが、入院時に中止した。ヘモグ
ロビン減少は認められず、血便も認められなくなったため、1 単位の輸血を受け
た。回復し、投与 54 日目に退院した。本被験者は本事象が発現する約 1 年前に同様
の血便排泄(haematochezia)症状を発現していた。この時は入院し、食道胃十二指
腸内視鏡検査(esophagogastroduodenoscopy)及び結腸内視鏡検査(colonoscopy)は
陰性であった。治験担当医師は、血便排泄(haematochezia)と治験薬の間に因果関
係はないと判断した。本被験者は本事象のため試験を中止した。
068-2511
報告用語:骨盤枝骨折(Ramus pelvis fracture)、MedDRA(基本語):骨盤骨折
NOS(Fractured pelvis NOS)
GHBM 試験の被験者 068-2511 は 76 歳の女性骨粗鬆症患者で 356 日間アレンドロネ
ートの投与を受け、高度の骨盤骨折(fractured pelvis)の重篤な有害事象のため入院
した。本被験者は理学療法で、次第に改善した。投与 360 日目に退院し、長期療養
施設に移り、理学療法及び作業療法を継続した。治験担当医師は、骨盤骨折
(fractured pelvis)と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本被験者は試験を中
止した。
068-2520
報告用語:胸痛(Chest pain)、MedDRA(基本語):胸痛(Chest pain)
GHBM 試験の被験者 068-2520 は 73 歳の女性骨粗鬆症患者で 191 日間テリパラチド
の投与を受け、投与 191 日目に発現した高度の胸痛(chest pain)の重篤な有害事象
のため投与 192 日目に入院した。本被験者は投与 193 日目に胸痛(chest pain)から
回復した。胸痛(chest pain)のため試験を中止した。治験担当医師は、胸痛(chest
pain)と治験薬との因果関係は否定できないが、治験手順との間には因果関係はな
いと判断した。治験担当医師は食道炎(esophagitis)が疼痛の原因であった可能性も
あるとしている。
603-6025
報告用語:下気道感染(Lower respiratory tract infection)、MedDRA(基本語):下
気道感染 NOS(Lower respiratory tract infection NOS)
GHBM 試験の被験者 603-6025 は 74 歳の女性骨粗鬆症患者で 30 日間アレンドロネー
トの投与を受け、中等度の下気道感染(lower respiratory tract infection)の重篤な有
害事象のため入院した。本被験者は鎮痛薬の投与を受けた。投与 31 日目に回復し、
入院 2 日後に退院した。治験担当医師は、下気道感染(lower respiratory tract
infection)と治験薬の間に因果関係はないと判断した。本事象の原因に対する説明は
なかった。本被験者は試験を継続した。
604-6120
報告用語:動脈性高血圧(Arterial hypertension)、MedDRA(基本語):高血圧
NOS(Hypertension NOS)
978
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBM 試験
GHBM 試験の被験者 604-6120 は 76 歳の女性骨粗鬆症患者で 209 日間アレンドロネ
ートの投与を受け、高度の動脈性高血圧(arterial hypertension)の重篤な有害事象の
ため入院した。本被験者は硝酸塩舌下錠の投与を受け、呼吸窮迫(respiratory
distress)〔高血圧(hypertensioin)関連症状〕は回復した。本被験者は、高血圧
(hypertension)及び心筋虚血(myocardial ischemia)の既往を有していた。高血圧
(hypertensive episode)発症前に高血圧治療薬を中止していた(中止日不明)。治験
担当医師は、動脈性高血圧(arterial hypertension)と治験薬の間に因果関係はないと
判断した。本被験者は試験を継続した。
701-7002
報告用語:高度のデング熱(Severe dengue)、MedDRA(基本語):デング熱
(Dengue fever)
GHBM 試験の被験者 701-7002 は 64 歳の女性骨粗鬆症患者で 78 日間アレンドロネー
トの投与を受け、高度のデング熱(dengue fever)の重篤な有害事象のため入院し
た。本被験者は輸液及び acetaminophen(paracetamol)の投与を受け、治療 8 時間後
に退院した。投与 97 日目に回復した。治験担当医師は、高度のデング熱(severe
dengue)は一時障害(temporary disability)の結果であり、治験薬との間に因果関係
はないと判断した。本被験者は試験を継続した。
701-7017
報告用語:膀胱脱(Prolapsed bladder)、MedDRA(基本語):膀胱脱(Bladder
prolapse)
GHBM 試験の被験者 701-7017 は 63 歳の女性骨粗鬆症患者で 70 日間アレンドロネー
トの投与を受け、高度の膀胱脱(bladder prolapse)の重篤な有害事象のため入院し
た。本被験者は矯正手術を受け、明らかな合併症は見られなかった。回復し、入院
15 日後に退院した。治験担当医師は、膀胱脱(bladder prolapse)は数回の妊娠及び
自然分娩の既往の結果であり、治験薬との間に因果関係はないと判断した。本被験
者は試験を継続した。
702-7111
報告用語:深部静脈血栓症(Deep venous thrombosis)、MedDRA(基本語):深部
静脈血栓症(Deep vein thrombosis)
報告用語:血尿(hematuria)、MedDRA(基本語):血尿(haematuria)
報告用語:肝転移(hepatic metastases)、MedDRA(基本語):肝転移(metastases
to liver)
報告用語:粘液癌(mucinous adenocarcinoma)、MedDRA(基本語):腺癌 NOS
(adenocarcinoma NOS)
979
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBM 試験
GHBM 試験の被験者 702-7111 は 78 歳の女性骨粗鬆症患者で 155 日間アレンドロネ
ートの投与を受け、高度の深部静脈血栓症(deep vein thrombosis)の重篤な有害事象
のため入院した。本被験者は Clexane、heparin sodium 及び warfarin sodium の投与を
受け、投与 250 日目に回復した。治験担当医師は、深部静脈血栓症(deep vein
thrombosis)は本被験者の随伴疾患(concomitant diseases)の結果であり、治験薬と
の間に因果関係はないと判断した。本被験者は試験を継続した。
本被験者は無作為割付け 227 日後に高度の血尿(haematuria)の重篤な有害事象のた
め再入院した。ビタミン K の投与及び生理食塩水による膀胱洗浄(irrigation of the
bladder)を受け、投与 228 日目に血尿(haematuria)から回復した。治験担当医師
は、血尿(haematuria)はワルファリンの併用の結果であり、治験薬との間に因果関
係はないと判断した。本被験者は試験を継続した。
本被験者は無作為割付け 315 日後に心窩部痛(epigastric pain)及び右季肋部の触知
可能腫瘤(palpable mass)を発現した。腹部超音波検査(ultrasound)で V 肝区域に
腫瘍性腫瘤(tumorous mass)が認められ、肝転移(metastases to liver)と診断され
た。本被験者は試験を中止した。無作為割付け 349 日後に肝生検での粘液癌
(mucinous adenocarcinoma)の診断が報告された。化学療法は開始しなかった。本
被験者は治験薬投与開始から約 17 ヵ月後に腺癌(adenocarcinoma)及び腫瘍性悪液
質(oncologic cachexia)により死亡した。剖検(autopsy)は実施しなかった。治験
担当医師は、肝転移(metastases to liver)、粘液癌(mucinous adenocarcinoma)及び
腫瘍性悪液質(oncologic cachexia)はいずれも治験薬との間に因果関係はないと判
断した。
980
LY333334
2.7.4
表 2.7.4.7-48.
臨床的安全性の概要
GHAC 試験で認められた死亡例の詳細(翻訳)
GHAC 試験
症例番号:008-7173
報告用語:高血圧(HYPERTENSION)、クラス:高血圧(HYPERTENSION)
報告用語:左股関節部骨折(FRACTURED LEFT HIP)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:左肘頭転位骨折(LEFT DISPLACED OLECRANON FRACTURE)、クラ
ス:事故による外傷(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:脳血管発作(CEREBRAL VASCULAR ACCIDENT)、クラス:脳血管発
作(CEREBROVASCULAR ACCIDENT)
GHAC 試験の被験者 008-7173 は、脳血管発作(cerebrovascular accident)の重篤な有
害事象による死亡のため本試験を中止した。自宅で転倒し、左股関節部及び左肘を
骨折した。病院で手術待機中に脳血管発作(cerebrovascular accident)を発症した。
死亡証明書では死因は高血圧(hypertension)による脳血管発作(cerebrovascular
accident)であったが、剖検は実施されなかった。治験担当医師は、死亡と治験薬と
の因果関係はないと判断した。臨床の安全性データと本被験者の 1987 年からの長
期間にわたる高血圧(hypertension)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチド
との因果関係はないと考えられた。
症例番号:031-7832
報告用語:左足蜂巣炎(CELLULITIS L FOOT)、クラス:蜂巣炎(CELLULITIS)
報告用語:左足紅斑(ERYTHEMA L FOOT)、クラス:発疹(RASH)
報告用語:左足発赤(REDNESS(L)FOOT)、クラス:発疹(RASH)
報告用語:右足裂傷(LACERATION(R)FOOT)、クラス:事故による外傷
(ACCIDENTAL INJURY)
報告用語:右足疼痛(PAIN(R)FOOT)、クラス:疼痛(PAIN)
報告用語:右足蜂巣炎(CELLULITIS(R)FOOT)、クラス:蜂巣炎
(CELLULITIS)
報告用語:右足浮腫(EDEMA(R)FOOT)、クラス:末梢性浮腫(PERIPHERAL
EDEMA)
報告用語:右足紅斑(ERYTHEMA R FOOT)、クラス:発疹(RASH)
報告用語:心筋梗塞(MYOCARDIAL INFARCTION)、クラス:心筋梗塞
(MYOCARDIAL INFARCT)
GHAC 試験の被験者 031-7832 は、蜂巣炎(cellulitis)の重篤な有害事象を発現し
た。左足の発赤(redness)、腫脹(swelling)、圧痛(tenderness)のため 1997 年 11
月 19 日に入院した。蜂巣炎(cellulitis)の治療が行われ、1997 年 11 月 25 日に退院
した。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断した。本剤の作
用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を
示唆する根拠はない。
GHAC 試験の被験者 031-7832 は、右足蜂巣炎(cellulitis)の重篤な有害事象を発現
した。1998 年 2 月 3 日に入院した。これは 1998 年 1 月 20 日に右足に落ちてきた額
縁による右足の感染性裂傷によるものであった。入院時には右足に疼痛(pain)、
浮腫(edema)、紅斑(erythema)が認められた。抗生物質を処方して 1998 年 2 月
5 日に退院した。治験担当医師は、本事象と治験薬との因果関係はないと判断し
た。本剤の作用機序と臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドと
の因果関係を示唆する根拠はない。
GHAC 試験の被験者 031-7832 は、死亡の重篤な有害事象を発現した。1998 年 8 月
23 日の夕食時に心筋梗塞(myocardial infarction)を発症した。入院先で 1998 年 8 月
25 日に死亡した。病院も親戚もそれ以上の情報提供を拒むので、現時点ではその他
の情報はない。治験担当医師は、本被験者には冠動脈疾患(coronary artery disease)
の既往歴があったので、死亡に至った心筋梗塞(myocardial infarction)と治験薬と
の因果関係はないと判断した。臨床の安全性データと本被験者の冠動脈疾患
981
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
(coronary artery disease)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関
係は考えられない。
症例番号:150-3869
報告用語:乳癌(BREAST CARCINOMA)、クラス:乳癌(BREAST
CARCINOMA)
GHAC 試験の被験者 150-3869 は、乳癌(breast carcinoma)の重篤な有害事象のため
本試験を中止した。1997 年 7 月に腋窩リンパ節に及ぶ乳癌(breast cancer)と診断
され、本試験から除外された。1997 年 7 月 30 日に右根治的乳房切断術変法(radical
modified mastectomy)が実施され、放射線療法及び tamoxifen 投与が行われた。喫煙
歴はなかった。エストロゲン補充療法及びホルモン補充療法を受けたことはなかっ
た。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事象とテリパラチドとの因果関
係はない。高度の腰痛(lumbar pain)のため、1997 年 12 月に骨スキャン、MRI、
CT が実施された。L1 に転移性溶解性病変、T12-L1 に脊髄圧迫(spinal cord
compression)を伴う骨折(fracture)が認められた。脊椎インストゥルメンテーショ
ン及び脊椎固定のため入院した。1998 年 2 月 2 日の CT で胸椎にびまん性骨粗鬆症
(diffuse osteoporosis)が認められた。そのため腫瘍病棟から外科病棟に移された。
骨折を固定するため 1998 年 3 月 5 日に手術が実施された。1 週間後の外科的生検で
悪性腫瘍は認められなかった。1998 年 3 月 19 日に息切れ(shortness of breath)が発
現した。呼吸器が装着され、抗凝固剤、抗生物質、昇圧剤、輸液の投与が開始され
た。状態が悪化し、11 時 15 分に死亡した。治験担当医師は、乳癌(breast
carcinoma)の重篤な有害事象と治験薬との因果関係はなく、不可逆性敗血症性ショ
ック(septic shock)のために死亡したと判断した。本被験者はプラセボ投与を受け
ていたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:156-2100
報告用語:出血性膵炎(PANCREATITIS HEMORRHAGE)、クラス:出血性膵炎
(HEMORRHAGIC PANCREATITIS)
報告用語:腹痛(ABDOMINAL PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:急性膵炎(PANCREATITIS ACUTE)、クラス:膵炎
(PANCREATITIS)
報告用語:壊死性膵炎(PANCREATITIS NECROTIZING)、クラス:膵炎
(PANCREATITIS)
報告用語:腹膜炎(PERITONITIS)、クラス:腹膜炎(PERITONITIS)
報告用語:肺炎(PNEUMONIA)、クラス:肺炎(PNEUMONIA)
報告用語:肺水腫(PULMONARY OEDEMIA)、クラス:肺水腫(LUNG
EDEMA)
GHAC 試験の被験者 156-2100 は壊死性膵炎(necrotizing pancreatitis)の重篤な有害
事象による死亡(death)のため試験を中止した。本被験者は 1997 年 5 月に治験薬
の投与を開始した。1998 年 7 月 23 日に治験薬を中止した。1998 年 7 月 23 日に高度
の腹痛(abdominal pain)を発現し、翌日入院した。急性膵炎(acute pancreatitis)と
診断された。1998 年 7 月 30 日に実施された超音波検査(ultrasound)で胆石症
(cholelithiasis)が認められた。1998 年 7 月 31 日に開腹胆嚢切除(laparotomy with
cholecystectomy)を受け、腹膜潅流(peritoneal lavage)を開始した。1998 年 8 月 16
日に急性膵炎(acute pancreatitis)により死亡した。1997 年 5 月から 1998 年 7 月の
間の最高血清カルシウム濃度は 2.79 mmol/L 及び 2.78 mmol/L であった。入院中、出
血性膵炎(hemorrhagic pancreatitis)、壊死性膵炎(necrotizing pancreatitis)、肺炎性
腹膜炎(pneumonia peritonitis)及び肺水腫(pulmonary edema)を発現した。本被験
者の剖検(autopsy)は実施されなかった。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に
因果関係はないと判断した。作用機序及び一般的な臨床の安全性データとカルシウ
ム濃度の上昇がわずかであったことを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果
関係はないと考えられた。
982
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
症例番号:157-2224
報告用語:肺癌(PULMONARY CARCINOMA)、クラス:肺癌(CARCINOMA OF
LUNG)
報告用語:肺炎(PNEUMONIA)、クラス:肺炎(PNEUMONIA)
GHAC 試験の被験者 157-2224 は死亡(death)のため試験を中止した。本被験者は
1997 年 6 月 25 日に治験薬の投与を開始した。1998 年 9 月 15 日までは、良好な状態
であった。その直後、肺炎(pneumonia)のため入院したが、抗生物質では改善し
なかった。入院中、気管支鏡検査(bronchoscopy examination)中の気管支吸引
(bronchial aspiration)検体で肺癌(pulmonary carcinoma)と診断された。1998 年 9
月 15 日に治験薬を中止した。1998 年 11 月 18 日に死亡した。剖検(autopsy)は実
施されなかった。死因は肺癌(pulmonary carcinoma)であった。治験担当医師は、
死亡と治験薬の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データ
を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:203-6281
報告用語:貧血(鉄欠乏性貧血)(ANEMIA (IRON-DEFICIENCY ANEMIA))、
クラス:鉄欠乏性貧血(IRON DEFICIENCY ANEMIA)
報告用語:炎症性症候群(INFLAMMATORY SYNDROME)、クラス:動脈炎
(ARTERITIS)
報告用語:高熱(HYPERTHERMIA)、クラス:発熱(FEVER)
報告用語:脱水(DEHYDRATION)、クラス:脱水(DEHYDRATION)
報告用語:高カリウム血症(HYPERKALEMIA)、クラス:高カリウム血症
(HYPERKALEMIA)
GHAC 試験の被験者 203-6281 は高熱(hyperthermia)〔発熱(fever)〕の重篤な有
害事象を発現した。本被験者は高熱(hyperthermia)治療のため 1997 年 4 月 4 日に
入院した。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。作
用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係
を示唆する根拠はない。
また、GHAC 試験の被験者 203-6281 は高カリウム血症(hyperkalemia)の重篤な有
害事象も発現した。本被験者は脱水(dehydration)を伴う高カリウム血症
(hyperkalemia)のため 1997 年 6 月 16 日から 1997 年 6 月 28 日まで入院した。治験
担当医師は、脱水(dehydration)及び高カルシウム血症(hyperkalemia)と治験薬の
間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データと本被験者の
spironolactone 治療歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する
根拠はない。
更に、GHAC 試験の被験者 203-6281 は貧血(anemia)の重篤な有害事象も発現し
た。本被験者は貧血(anemia)及び炎症性症候群(inflammatory syndrome)の診査
のため 19998 年 7 月 31 日から 1998 年 8 月 8 日まで入院した。1998 年 8 月 7 日の午
後に退院し、同日夕方死亡した。死因は心不全(cardiac failure)の可能性が最も高
いが、剖検(autopsy)は実施されなかったため確認できない。1991 年以来貧血
(anemia)の既往を有していた。治験担当医師は、貧血(anemia)、炎症性症候群
(inflammatory syndrome)及び死亡(death)と治験薬又は治験手順の間に因果関係
はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データと本被験者の貧血(anemia)
の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はな
い。
症例番号:203-6288
報告用語:肺転移を伴う進行性膀胱新生物(PROGRESSIVE VESICAL NEOPLASIA
WITH PULMONARY METASTASIS)、クラス:膀胱新生物(BLADDER
NEOPLASM)
報告用語:膀胱手術(BLADDER SURGERY)、クラス:外科手術手技
(SURGICAL PROCEDURE)
983
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
報告用語:膀胱出血(VESICAL HEMORRHAGE)、クラス:出血
(HEMORRHAGE)
GHAC 試験の被験者 203-6288 は肺転移(pulmonary metastases)を伴う進行性膀胱新
生物(progressive vesical neoplasia)〔膀胱癌(bladder carcinoma)〕の重篤な有害事
象による死亡(death)のため試験を中止した。本被験者は膀胱腫瘍(bladder
tumor)のため 1998 年 7 月 13 日から 1998 年 7 月 20 日まで入院した。矯正治療の一
環として膀胱手術(bladder surgery)を受けた。1998 年 7 月 16 日に肺転移
(pulmonary metastasis)が認められた。化学療法(chemotherapy)を受けるため
1998 年 8 月 11 日から 1998 年 8 月 19 日まで再入院した。膀胱出血(vesical
hemorrhage)(bladder hemorrhage)のため 1998 年 10 月 30 日から 1998 年 11 月 3 日
まで再入院した。1998 年 11 月 20 日に癌(cancer)により死亡した。剖検
(autopsy)は実施されなかった。治験担当医師は、膀胱新生物(vesical neoplasia)
及び膀胱出血(vesical hemorrhage)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと
判断した。仮説の作用機序及び現在ある臨床の安全性データを考慮すると、本事象
とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:244-0418
報告用語:肺炎(PNEUMONIA)、クラス:肺炎(PNEUMONIA)
GHAC 試験の被験者 244-0418 は肺炎(pneumonia)の重篤な有害事象による死亡
(death)のため試験を中止した。本被験者は 1997 年 7 月 9 日に治験薬の初回投与
を受けた。1998 年 12 月 28 日に最後の投与を受けた。同日、両側性肺炎(double
sided pneumonia)のため入院した。1999 年 1 月 11 日に肺炎(pneumonia)により死
亡した。家族の許可が得られず、これ以上の情報(剖検報告書など)は入手できな
かった。1991 年以来、肺気腫(pulmonary emphysema)の既往を有していた。30 年
間の喫煙歴を有していた。治験担当医師は、肺炎(pneumonia)と治験薬又は治験
手順の間に因果関係はないと判断した。仮説の作用機序及び臨床の安全性データを
考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:244-6003
報告用語:左足裂傷感染(INFECTION LACERATION LEFT FOOT)、クラス:感
染(INFECTION)
報告用語:II 度、III 度左足切断(AMPUTATION DIG II,III LEFT FOOT)、クラ
ス:外科手術手技(SURGICAL PROCEDURE)
報告用語:心筋梗塞(MYOCARDIAL INFARCTION)、クラス:心筋梗塞
(MYOCARDIAL INFARCT)
GHAC 試験の被験者 244-6003 は心筋梗塞(myocardial infarction)の重篤な有害事象
による死亡(death)のため試験を中止した。本被験者は、本事象が発現する前に左
足裂傷感染(infected laceration of her left foot)のため入院していた。入院中、胸痛
(chest pain)及び ECG 異常(ECG abnormalities)を発現した後、急性心不全(acute
heart failure)を発現し、死亡した。剖検(autopsy)の結果、冠動脈の全身性アテロ
ーム性動脈硬化症(generalized atherosclerosis)と以前及び最近の心筋梗塞
(myocardial infarction)が認められた。冠疾患(coronary disease)の危険因子は、
1995 年 12 月以来の高血圧(hypertension)の既往及び 1972 年以来の糖尿病
(diabetes mellitus)の既往などであった。本被験者はプラセボ投与を受けていたた
め、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:281-1449
報告用語:脱水(DEHYDRATION)、クラス:脱水(DEHYDRATION)
報告用語:低ナトリウム血症(HYPONATREMIA)、クラス:低ナトリウム血症
(HYPONATREMIA)
報告用語:肺炎(PNEUMONIA)、クラス:肺炎(PNEUMONIA)
報告用語:呼吸困難(DYSPNEA)、クラス:呼吸困難(DYSPNEA)
報告用語:心不全(HEART FAILURE)、クラス:心不全(HEART FAILURE)
984
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
報告用語:動脈性高血圧(HYPERTENSION ARTERIAL)、クラス:高血圧
(HYPERTENSION)
報告用語:急性肺水腫(ACUTE LUNG EDEMA)、クラス:肺水腫(LUNG
EDEMA)
報告用語:心臓発作(HEART ATTACK)、クラス:心血管障害
(CARDIOVASCULAR DISORDER)
GHAC 試験の被験者 281-1449 は肺炎(pneumonia)の重篤な有害事象を発現した。
本被験者は、肺炎(pneumonia)、低ナトリウム血症(hyponatremia)及び脱水
(dehydration)のため 1997 年 7 月 16 日に入院した。水分補給及び非経口抗生物質
治療を受け、1997 年 8 月 2 日に退院した。本被験者はプラセボ投与を受けていたた
め、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
GHAC 試験の被験者 281-1449 は、1998 年 9 月 9 日に、心臓発作(heart attack)の重
篤な有害事象による死亡(death)のため試験を中止した。本被験者は呼吸困難
(dyspnea)を発現し、急性肺水腫(acute lung edema)、高血圧(hypertension)及
び心不全(heart failure)と診断され、1998 年 8 月 13 日に入院した。1998 年 8 月 31
日に退院したが、その後、心臓発作(heart attack)により 1998 年 9 月 9 日に自宅で
死亡した。剖検(autopsy)は実施されなかった。本被験者はプラセボ投与を受けて
いたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。
症例番号:281-1459
報告用語:高血圧性クリーゼ(HYPERTENSIVE CRISIS)、クラス:高血圧
(HYPERTENSION)
報告用語:高血圧性脳症(HYPERTENSIVE ENCEPHALOPATHY)、クラス:高血
圧性脳症(HYPERTENSIVE ENCEPHALOPATHY)
報告用語:心停止(HEART ARREST)、クラス:心停止(HEART ARREST)
GHAC 試験の被験者 281-1459 は心停止(heart arrest)の重篤な有害事象による死亡
(death)のため試験を中止した。本被験者は高血圧性脳症(hypertensive
encephalopathy)を伴う高血圧性クリーゼ(hypertensive crisis)のため入院し、高血
圧性クリーゼ(hypertensive crisis)により死亡した。剖検(autopsy)は実施されな
かった。治験担当医師は、死亡(death)と治験薬の間に因果関係はないと判断し
た。臨床の安全性データと本被験者の長期間の(1994 年以来)高血圧
(hypertension)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係はない
と考えられた。
症例番号:282-1574
報告用語:外傷性心肺停止(TRAUMATIC CARDIOPULMONARY ARREST)、ク
ラス:心停止(HEART ARREST)
GHAC 試験の被験者 282-1574 は自殺(suicide)の直接的結果である心肺停止
(cardiopulmonary arrest)の重篤な有害事象による死亡(death)のため試験を中止
した。剖検(autopsy)は実施されなかった。治験担当医師は、死亡と治験薬の間に
因果関係はないと判断し、因果関係を示唆するデータはない。治験依頼者は、臨床
の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係はないと判断し
た。
症例番号:282-1580
報告用語:腹痛(ABDOMINAL PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:呼吸困難(DYSPNEA)、クラス:呼吸困難(DYSPNEA)
報告用語:脳卒中(STROKE)、クラス:脳血管発作(CEREBROVASCULAR
ACCIDENT)
GHAC 試験の被験者 282-1580 は腹痛(abdominal pain)の重篤な有害事象を発現し
た。本被験者は腹痛(abdominal pain)及び呼吸困難(dyspnea)のため 1997 年 8 月
15 日に入院した。確定診断がつかないまま、1997 年 8 月 22 日に退院した。作用機
序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示
985
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
唆する根拠はない。
本被験者は脳卒中(stroke)の重篤な有害事象のため、1997 年 9 月 1 日に再入院し
た。診断は左不全片麻痺(left hemiparesis)を伴う広汎性右脳虚血(extensive right
cerebral ischemia)であった。1997 年 9 月 13 日に退院した。入院中は治験薬及び併
用薬を中断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパ
ラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
また、本被験者は敗血症(sepsis)の重篤な有害事象のため 1997 年 11 月 29 日に入
院し、1997 年 11 月 30 日に死亡した。1997 年 11 月 10 日に医師の判断により試験を
中止していた(追跡来院不能)。治験担当医師は、これらの事象と治験薬の間に因
果関係はないと判断した。作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象
とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
症例番号:282-1791
報告用語:高血圧(HYPERTENSION)、クラス:高血圧(HYPERTENSION)
報告用語:脳卒中(STROKE)、クラス:脳血管発作(CEREBROVASCULAR
ACCIDENT)
報告用語:急性心筋梗塞(ACUTE MYOCARDIAL INFARCTION)、クラス:心筋
梗塞(MYOCARDIAL INFARCT)
報告用語:心原性ショック(CARDIOGENIC SHOCK)、クラス:ショック
(SHOCK)
GHAC 試験の被験者 282-1791 は高血圧増悪(aggravated hypertension)が上腕不全片
麻痺(brachial hemiparesis)を伴う脳血管発作(cerebrovascular accident)に至り、
1997 年 7 月 22 日に入院した。1997 年 7 月 26 日に退院した。1998 年 10 月 1 日に救
急治療室に搬送され、急性心筋梗塞(acute myocardial infarction)及び心原性ショッ
ク(cardiogenic shock)と診断された。心原性ショック(cardiogenic shock)により
死亡した。剖検(autopsy)は実施されなかった。本被験者はプラセボ投与を受けて
いたため、本事象とテリパラチドとの因果関係はない。また、本被験者は、1980 年
以来の高血圧(hypertension)の既往、1980 年以来の糖尿病(diabetes mellitus)の既
往、1990 年以来の高コレステロール血症(hypercholesteremia)の既往など、本事象
に対する既知の危険因子を有していた。
症例番号:725-5549
報告用語:肺炎(PNEUMONIA)、クラス:肺炎(PNEUMONIA)
GHAC 試験の被験者 725-5549 は肺炎(pneumonia)による死亡(death)のため試験
を中止した。本被験者は 1997 年 6 月 16 日から 1998 年 8 月 26 日まで治験薬を使用
した。最後に生存が確認されたのは 1998 年 8 月 24 日の午前 10 時であった。配管工
が 1998 年 8 月 26 日に本被験者のアパートを訪れ、死亡しているのを発見した。12
時 4 分に死亡が宣告された。死亡推定時刻は 24 時(約 12 時間前)であった。剖検
(autopsy)では死因は気管支肺炎(bronchopneumonia)とされた。本被験者はヘビ
ースモーカーであった。尿中(1.7%)及び脳脊髄液中(2.7%)にアルコール濃度
上昇が認められた。治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断
した。治験依頼者は作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリ
パラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:725-5554
報告用語:腹痛(ABDOMINAL PAIN)、クラス:腹痛(ABDOMINAL PAIN)
報告用語:転移性悪性腫瘍(TUMOR MALIGNUM CUM METASTASIS)、クラ
ス:癌(CARCINOMA)
GHAC 試験の被験者 725-5554 は転移性悪性腫瘍(tumor malignum com metastasis)の
重篤な有害事象のため試験を中止した。本被験者は、1998 年 3 月 11 日に死亡し、
死因は非特異性悪性腫瘍疾患(nonspecific malignant tumor disease)〔多発性転移性
悪性新生物(neoplasma malignum with multiple metastasis)〕、おそらく黒色腫
(melanoma)とされた。1997 年 6 月以来、胃障害(stomach disorders)を有してお
986
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
り、消化不良症状(dyspepsia symptoms)のため 1998 年 1 月 11 日に入院した。胃内
視鏡検査(gastroscopy)及び腹部超音波検査(abdominal ultrasound)を受け、潰瘍
性腫瘍(ulcerative tumor)が認められた。腫瘍(tumor)の予備組織学的診断は癌
(cancer)又はリンパ腫(lymphoma)であった。また、両肺、肝臓、左腎臓及び右
卵巣にも腫瘍(tumors)が認められた。緩和療法(palliative treatment)を受けた。
腫瘍(tumor)発見から 2 ヵ月後に死亡した。遺族の希望により剖検(autopsy)は
実施されなかった。治験担当医師は、多発性転移性悪性腫瘍(malignant tumor along
with the several metastasis)と治験薬又は治験手順の間に因果関係は考えられないと
判断した。喫煙歴はなかった。治験依頼者は、作用機序及び臨床の安全性データを
考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はないと判断し
た。
症例番号:745-5070
報告用語:浮動性めまい(DIZZINESS)、クラス:浮動性めまい(DIZZINESS)
報告用語:死亡(DEATH)、クラス:死亡(DEATH)
GHAC 試験の被験者 745-5070 は、浮動性めまい(dizziness)の重篤な有害事象に伴
う死亡(death)のため試験を中止した。本被験者は 1998 年 9 月 2 日に自宅で死亡
しているのを発見された。1992 年及び 1995 年に股関節手術(hip surgery)を受けた
以外は、健康であったが、1970 年以来、浮動性めまい(dizziness)を訴えていた。
治験担当医師は死因を心筋梗塞(myocardial infarction)としているが、剖検
(autopsy)は実施されなかったため、死因は確定されていない。治験担当医師は、
死亡(death)とテリパラチドの間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床
の安全性データと本被験者の浮動性めまい(dizziness)及び冠疾患(coronary
disease)の既往歴を考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根
拠はない。
症例番号:746-5095
報告用語:憩室炎(DIVERTICULITIS)、クラス:大腸炎(COLITIS)
報告用語:腸間膜静脈血栓症(THROMBOSIS VENA MESENTERIC)、クラス:腸
間膜静脈閉塞(MESENTERIC VENOUS OCCLUSION)
GHAC 試験の被験者 746-5095 は腸間膜静脈閉塞(mesenteric venous occlusion)の重
篤な有害事象のため試験を中止した。本被験者は、1997 年 2 月 26 日から 1998 年 9
月 28 日まで治験薬を使用した。1998 年 8 月 11 日に腹痛(abdominal pain)のため入
院した。診断は憩室炎(diverticulitis)で、抗生物質治療により回復し、1998 年 8 月
14 日に退院した。1998 年 8 月 18 日に再入院し、1998 年 8 月 26 日に退院したが、
完全には回復していなかった。治験薬は中止しなかった。1998 年 9 月 28 日に腹痛
(abdominal pain)、腹水(ascites)及び下肢浮腫(leg edema)のため再入院した。
門脈血栓症(thrombosis in the portal vein)及び腸間膜静脈部分的血栓症(partial
thrombosis in the mesenteric vein)と診断された。1998 年 10 月 5 日に試験を中止し、
治験薬を開鍵した(unblinded)。1998 年 10 月 8 日に死亡した。剖検(autopsy)の
結果、門脈及び上腸間膜静脈の部分的血栓症(partial thrombosis of the portal and
superior mesenteric veins)が確認された。また、死因は急性心筋梗塞(acute
myocardial infarction)とされた。治験担当医師は、大腸炎(colitis)及び死亡
(death)に至った心筋梗塞(myocardial infarction)と治験薬又は治験手順の間に因
果関係はないが、門脈及び腸間膜静脈血栓症(thrombosis of the portal and mesenteric
vein)は、この種の血栓症(thrombosis)が極めてまれであることから、治験薬の因
果関係は否定できないと判断した。評価報告では、臨床的には憩室炎
(diverticulitis)と診断されたが、剖検(autopsy)では確認できなかったとされた。
腸間膜静脈血栓症(mesenteric vein thrombosis)が臨床症状〔腹痛(abdominal
pain)〕の原因と考えられた。全身凝固障害(general coagulation disorder)が心筋梗
塞(myocardial infarction)及び腸間膜血栓症(mesenteric thrombosis)の原因と考え
られるが、テリパラチドが凝固(coagulation)に影響するという報告はない。この
ため、作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、大腸炎(colitis)又は心筋
987
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAC 試験
梗塞(myocardial infarction)とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠はない。
臨床の安全性データを考慮すると、門脈及び腸間膜静脈血栓症(thrombosis of the
portal and mesenteric vein)とテリパラチドとの因果関係は考えられない。しかし、
これらの事象とテリパラチドとの因果関係は否定できない。
症例番号:747-5143
報告用語:嘔吐(VOMITING)、:嘔吐(VOMITING)
報告用語:誤嚥による呼吸障害(ASPIRATION CAUSING RESPIR. PROBL.)、クラ
ス:呼吸障害(RESPIRATORY DISORDER)
報告用語:失神(FAINTED)、失神(SYNCOPE)
GHAC 試験の被験者 747-5143 は、誤嚥による呼吸不全(aspiration causing respiratory
failure)の重篤な有害事象による死亡(death)のため試験を中止した。本被験者は
嘔吐(vomiting)の報告から 4 日後にベッドで死亡しているのを発見された。担当
医は、本被験者は失神し(fainted)、嘔吐し(vomited)、吐物を誤嚥した
(aspirated vomitus)と判断した。本被験者はプラセボ投与を受けていたため、本事
象とテリパラチドとの因果関係はない。剖検(autopsy)は実施されなかった。
症例番号:756-4770
報告用語:背部痛(BACK PAIN)、クラス:背部痛(BACK PAIN)
報告用語:転移による脊椎病的骨折(PATHOLOGICAL VERTEBRAL FRACTURE
DUE TO METASTASIS)、クラス:病的骨折(PATHOLOGICAL FRACTURE)
報告用語:肺癌(LUNG CANCE)、クラス:肺癌(CARCINOMA OF LUNG)
報告用語:肺炎(PNEUMONIA)、クラス:肺炎(PNEUMONIA)
GHAC 試験の被験者 756-4770 は肺炎(pneumonia)の重篤な有害事象による死亡
(death)のため試験を中止した。本被験者は 1997 年 5 月 27 日から背部痛(back
pain)を発現していた。検査の結果、筋痛(muscle pain)と診断された。高度の背
部痛(back pain)及び右下肢感度低下(loss of sensitivity in her right leg)のため 1997
年 8 月 25 日に整形外科診療所に入院した。検査の結果、第 5 腰椎圧迫(lumbar
compression of L5)及び原発性肺癌(primary lung cancer)の第 5 腰椎への転移
(metastasis)が認められた。本被験者は、癌(cancer)の診断を受けて 3 ヵ月後
に、肺癌(lung cancer)による肺炎(pneumonia)のため死亡した。治験担当医師
は、死亡(death)と治験薬の間に因果関係はないと判断した。安全性データと、背
部痛(back pain)の症状が転移性肺癌(metastatic lung cancer)によるものと考えら
れ、治験薬に無作為割付けされる以前から発現していたことを考慮すると、本事象
とテリパラチドとの因果関係はないと考えられた。
表 2.7.4.7-49.
GHAJ 試験で認められた死亡例の詳細(翻訳)
GHAJ 試験
症例番号:203-4500
報告用語:喉頭新生物(LARYNX NEOPLASIA RECIDIVE)、クラス:喉頭癌
(CARCINOMA OF LARYNX)
報告用語:左転移性頚部リンパ腺症(LEFT METASTATIC CERVICAL
ADENOPATHY)、クラス:喉頭癌(CARCINOMA OF LARYNX)
報告用語:急性肺水腫(ACUTE PULMONARY OEDEMA)、クラス:肺水腫
(LUNG EDEMA)
GHAJ 試験の被験者 203-4500 は重篤な有害事象による死亡(death)のため試験を中
止した。本被験者は左根治的転移性頚部リンパ腺症手術(left radical metastatic
cervical adenopathy surgery)を受けるため 1998 年 5 月 28 日に入院した。組織学的検
査報告によると分化型類表皮癌(differentiated epidermoid carcinoma)であった。
1998 年 6 月 13 日に退院した。顕著な体重減少(weight loss)及び全身状態低下
988
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHAJ 試験
(decreasing general condition)のため 1998 年 8 月 17 日に緊急入院した。翌日の
1998 年 8 月 18 日に急性肺水腫(acute pulmonary edema)を発現し、亜昏睡状態に陥
り、急性肺水腫(acute pulmonary edema)により 1 時間以内に死亡した。本被験者
は時々飲酒し、63 年間喫煙していた。治験担当医師は、喉頭新生物(larynx
neoplasm)(試験参加以前に発現)、左転移性頚部リンパ腺症(left metastatic
cervical adenopathy)及び死亡(death)に至った急性肺水腫(acute pulmonary
edema)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者は、
作用機序及び臨床の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関
係を示唆する根拠はないと判断した。
症例番号:760-5226
報告用語:疲労(TIREDNESS)、クラス:無力症(ASTHENIA)
報告用語:咳嗽(COUGH)、クラス:咳嗽増加(COUGH INCREASED)
報告用語:肺炎(PNEUMONIA)、クラス:肺炎(PNEUMONIA)
報告用語:下痢(DIARRHEA)、クラス:下痢(DIARRHEA)
報告用語:肺癌(PULMONARY CANCER)、クラス:肺癌(CARCINOMA OF
LUNG)
GHAJ 試験の被験者 760-5226 は肺炎(pneumonia)の重篤な有害事象による死亡
(death)のため試験を中止した。治験薬の初回投与日は 1998 年 3 月 23 日であっ
た。肺炎(pneumonia)症状があり、抗生物質治療を受けた。抗生物質治療を 3 期
受け、下痢(diarrhea)〔偽膜性小腸結腸炎(Pseudomembranous enterocolitis)の診
断は確認されず〕を発症した。このため 1998 年 6 月 16 日に入院した。本被験者は
疲労(tiredness)及び咳嗽(cough)も発現した。肺癌(pulmonary cancer)と診断さ
れ、1998 年 7 月 4 日に死亡した。死亡証明書によると、肺炎(pneumonia)が直接
の死因であった。肺癌(lung cancer)が肺炎(pneumonia)に至った結果死亡した。
10 年間喫煙していた。治験担当医師は本事象と治験薬又は治験手順の間に因果関係
はないと判断した。臨床の安全性データと本被験者の喫煙歴を考慮すると、本事象
とテリパラチドとの因果関係はないと考えられた。
表 2.7.4.7-50.
GHCA 試験で認められた死亡例の詳細(翻訳)
GHCA 試験
症例番号:8012
報告用語:膵癌(PANCREATIC CARCINOMA)、MedDRA(基本語):膵癌
(Pancreatic carcinoma)
GHCA 試験の被験者 8012 は 71 歳の女性で、骨粗鬆症(OSTEOPOROSIS)、気管支
炎(BRONCHITIS)、関節炎(ARTHRITIS)及び喘息(ASTHMA)の既往歴があ
った。併用薬として、CO-CODAMOL、DICLOFENAC SODIUM、MISOPROSTOL、
ERGOCALCIFEROL、LACTULOSE、SALBUTAMOL、BECLOMETASONE と
DIPROPRIONATE を服用していた。2003 年 9 月 25 日に骨粗鬆症に対してテリパラ
チド 20 μg の 1 日 1 回投与を開始した。2004 年 9 月 20 日にテリパラチド投与を終了
し、2004 年 9 月 21 日からラロキシフェン 60 mg 投与を開始した。2004 年 9 月 21 日
の Visit 5 で、来院前の数ヵ月間に体重減少(WEIGHT LOSS OF HALF TO ONE
STONE)があったことが報告された。これは本被験者の一般開業医により診察され
た。2005 年 3 月 8 日の Visit 6 では有害事象の報告はなかった。一般開業医による診
察の継続中であった。2005 年 4 月 20 日に緊急で超音波スキャンが実施され、転移
(METASTASES)の疑いの強い肝臓の局所性病変が少なくとも 3 個認められた。
腹水(ASCITES)と肝尾部の異常な腫瘤(ABNORMAL MASS IN THE REGION OF
THE TAIL OF THE LIVER)が認められた。2005 年 4 月 21 日付の書簡を受け取っ
た。一般開業医によると、肝機能検査異常(ABNORMAL LIVER FUNCTION
989
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHCA 試験
TESTS)によりラロキシフェン投与を中止した。一般開業医は肺及び肝臓からの転
移による膵癌(PANCREATIC CARCINOMA)と診断した。本事象はその他重篤の
分類で重篤な有害事象とされた。2005 年 5 月 3 日に Visit 7 について本被験者から連
絡があり、今後の治験の Visit を断った。治験担当医師は 2005 年 5 月 4 日に連絡を
受け、2005 年 5 月 8 日に治験を中止するよう薦めた。2005 年 5 月 18 日に胸腹部と
骨盤の CT スキャンを行った。CT スキャンは消化不良(DYSPEPSIA)と嗜眠
(LETHARGY)の診察のためであった。肝内管拡張(INTRAHEPATIC DUCT
DILATATION)に伴う転移性疾患(METASTATIC DISEASE)の疑いの強い肝臓に
広範に分布する嚢胞性低密度病変(MULTIPLE CYSTIC LOW DENSITY LESIONS
THROUGHOUT THE LIVER)と膵臓の頚部と尾部の区別できない低密度塊病変
(LOW DENSITY MASS LESION)、中等度から大量の腹水(ASCITES)、転移性
疾患の疑いがある骨盤腹膜の局所的な肥厚(PELVIC PERITONEUM SUSPICIOUS
OF METASTATIC DISEASE)、両肺に広がる肺転移(PULMONARY
METASTASES)と肥大前縦隔リンパ節(ANTERIOR MEDIASTINAL LYMPH
NODES)と診断された。2005 年 5 月 24 日に、腹痛(ABDOMINAL PAIN)、腹水
(ASCITES)及び黄疸(JAUNDICE)のため緊急入院し検査を受けた。症状は良好
であり、心拍数 98、体温 36、Glucose 5.3 mmol/L(3.0-7.8)であった。2005 年 5 月
25 日に、尿の顕微鏡検査は異常なし、日付は不明だが尿の培養所見からは問題とな
る増殖は認められなかった。緩和ケアチームに紹介され、DIAMORPHINE と
MIDAZOLAM の早急な投与の助言を受けた。2005 年 5 月 26 日に死亡した。死後の
検査は実施されず、死因は肝臓及び肺転移を伴う膵癌とされた。治験担当医師は本
事象とテリパラチド、ラロキシフェン及び治験手順との因果関係はないと判断し
た。
症例番号:8480
報告用語:閉塞性肺炎(OBSTRUCTIVE PNEUMONITIS)、MedDRA(基本語):
肺臓炎(Pneumonitis)
報告用語:右肺癌(CARCINOMA OF RIGHT LUNG)、MedDRA(基本語):
肺の悪性新生物(Lung neoplasm malignant)、肺癌(Lung carcinoma)
GHCA 試験の被験者 8480 は 70 歳の白人女性で、慢性閉塞性肺疾患(CHRONIC
OBSTRUCTIVE PULMONARY DISEASE)(2002 年 12 月 12 日から)、右心不全
(RIGHT HEART FAILURE)、肺高血圧(PULMONARY HYPERTENSION)、2 型
糖尿病(TYPE 2 DIABETES)、骨粗鬆症(OSTEOPOROSIS)、一過性直腸神経痛
(PROCTALGIA FUGAX)、不安(ANXIETY)、振戦(TREMOR)、尿失禁
(URINARY INCONTINENCE)、胃炎(GASTRITIS)、口内乾燥(DRY
MOUTH)及び顕微血尿(MICROSCOPIC HAEMATURIA)の既往歴があった。50
年以上の喫煙歴があり、死亡時にも喫煙を継続していた。併用薬として、
CLONAZEPAM、ACETYLSALICYCLIC ACID、PARACETAMOL、CODEINE
PROPANOLOL、DULSEPIN HYDROCHLORIDE、ERGOCALCIFEROL、
RABEPRAZOLE、OXYBUTYNIN HYDROCHLORIDE、ARTFICIAL SALIVA、
SPIRONOLACTONE(左心不全のため)と SIMVASTATIN の投与を受けた。2003
年 8 月 13 日に骨粗鬆症に対してテリパラチド 20 μg の 1 日 1 回投与を開始した。テ
リパラチドは事象が発現する約1ヵ月前に投与を中止した(最終投与日は不明)。
2005 年 2 月 8 日に浴室で死亡しているのを夫が発見した。死後検査を行ったとこ
ろ、右肺上葉が壁側胸膜に強固に癒着しており分離するのが困難であった。右肺上
葉は硬く、直径薬 1.5 cm の灰白色の腫瘍があった。腫瘍は気管支の近傍にあった。
周囲の実質には膿の浸出が認められ、閉塞性肺炎を伴っていた。右肺の残りの実質
には肺浮腫とパッチ上の硬化部位が認められた。肺炎、出血及び梗塞の痕跡はなか
った。死因は閉塞性肺炎と右肺癌腫とされた。治験担当医師は本事象とテリパラチ
ド及び治験手順との因果関係はないと判断した。
症例番号:8431
報告用語:癌腫症(CARCINOMATOSIS)、脱水(DEHYDRATION)、錯乱
990
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHCA 試験
(CONFUSION)、便秘(CONSTIPATION)
MedDRA(基本語):転移性新生物癌腫症(Metastatic neoplasm Carcinomatosis)、
脱水(Dehydration)、錯乱状態(Confusional state)、便秘(Constipation)
GHCA 試験の被験者 8431 は 74 歳の白人女性で、左膝上部切断(ABOVE KNEE
AMPUTATION OF THE LEFT LEG)(1946)、うつ病(DEPRESSION)(1965)、
不安(ANXIETY)(1965)、神経性無食欲症(ANOREXIA NERVOSA)
(1970)、悪性貧血(PERNICIOUS ANAEMIA)(1970)、高血圧
(HYPERTENSION)(1994)、坐骨神経痛(SCIATICA)(1995)、
OSTEOPOROSIS(骨粗鬆症)(1996)、便秘(CONSTIPATION)(1997)及び高
コレステロール血症(HYPERCHOLESTEROLEMIA)(2003 年 6 月 5 日)の既往歴
があった。併用薬として、VITAMIN B12 注、DIAZEPAM、PROPANOLOL、
AMITRIPTYLINE、TRIMIPRAMINE、DANTRON/DOCUSATE SODIUM、COCODAMOL、TEMAZEPAM、MEPTAZINOL、LACTULOSE、
CARBAZOCHROME、CEFRADINE 及び PROCHLORPERAZINE の投与を受けてい
た。2003 年 6 月 19 日に骨粗鬆症に対してテリパラチド 20 μg の 1 日 1 回投与を開始
した。テリパラチド投与の約 18 ヵ月後の 2004 年 11 月 1 日に、膀胱炎
(CYSTITIS)を発現し TRIMETHOPRIM 投与を開始したが、症状は良好でなかっ
たため投与を中止した。2004 年 11 月 12 日に反復性尿路感染(RECURRENT
URINARY TRACT INFECTION)と診断され、2004 年 12 月 8 日に悪心に対して
CEFRADINE と PROCHLORPERAZINE が処方された。2004 年 12 月 9 日に来院し
た。2004 年 12 月 10 日に ALP は 770.3 IU/L (基準値 84.6-253.4)まで増加した。
2004 年 12 月 13 日に治験実施施設は、一般開業医に書簡にて γ-GTP と肝臓の超音波
検査を含め血液検査を行うよう依頼した。2004 年 12 月 17 日に便秘が始まり、2004
年 12 月 19 日にテリパラチド投与を中止した。2004 年 12 月 21 日に一般開業医は、
本被験者の体調が優れず、混乱しており、夜中は眠り込むと記載した。2004 年 12
月 21 日に脱水(DEHYDRATION)、錯乱(CONFUSION)及び便秘
(CONSTIPATION)のため入院した。血液検査の結果は以下のとおりであった(基
準値を記載):WBC 12.4 E9/L (4-11)、ヘモグロビン 13.5 g/L (11.5-16.5)、血小
板数 254 E9/L (150-450)、ナトリウム 139 mmol/L (135-145)、カリウム 4.7
MMOL/L (3.4-5.0)、尿素 7.4 umol /L (0.0-7.5)、クレアチニン 142 umol/L (35125)、ビリルビン 21 umol/L (0-17)、ALP 397 U/L (30-135)、アラニンアミノ
トランスフェラーゼ 51 U/L (0-50)、γ-GTP 576 U/L (0-33)。2004 年 12 月 23 日
に肝臓の超音波検査を実施した。肝組織は極めて異常な状態を呈しおり、肝尾状葉
のみが正常な組織状態を保っていた。悪性腫瘍(MALIGNANCY)の所見とよく一
致していた。腹水(ASCITES)が認められた。いくつかの胆石(GALLSTONES)
が薄壁性胆嚢(THIN WALLED GALL BLADDER)に認められた。腎・脾臓・膵臓
及び大動脈に注目すべき点はなかった。2004 年 12 月 23 日に癌腫症と診断された。
初発部位は不明。具合が極めて悪くなったため肝生検は行わなかった。2004 年 12
月 27 日に尿の培養所見からは問題となる増殖は認められなかった。2004 年 12 月 28
日の血液検査結果は以下のとおりであった:ヘモグロビン 10.1 g/L、ナトリウム
139 mmol /L、カリウム 6.3 mmol /L、尿素 22.1 mmol /L、クレアチニン 332 umol
/L、ビリルビン 35 umol /L、ALP 314U/L、アラニンアミノトランスフェラーゼ 53
U/L。2005 年 1 月 3 日に死亡した。死因は癌腫症とされた。剖検の実施予定はな
い。死亡時に便秘は改善していたが、他の症状は持続していた。治験担当医師は本
事象とテリパラチド及び治験手順との因果関係はないと判断した。
症例番号:8026
報告用語:閉塞性肺疾患の増悪(EXACERBATION OF CHRONIC、OBSTRUCTIVE
PULMONARY DISEASE)、MedDRA(基本語):慢性閉塞性肺疾患(Chronic
obstructive pulmonary disease)
GHCA 試験の被験者 8026 は 60 歳の女性で、骨粗鬆症(OSTEOPOROSIS)、慢性閉
塞性気道疾患(CHRONIC OBSTRUCTIVE AIRWAY DISEASE)、裂孔ヘルニア
991
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHCA 試験
(HIATUS HERNIA)、過敏性腸症候群(IRRITABLE BOWEL SYNDROME)及び
高コレステロール血症(HYPERCHOLESTEROLAEMIA)の既往歴があった。2004
年 11 月 5 日に、AMOXICILLIN の投与を受けた。併用薬として、
CALCIUM/VITAMIN D3、LANSOPRAZOLE、
PARACETAMOL/CAFFEINE/CODEINE/DOXYLAMINE、PARACETAMOL、
FLUTICASONE PROPIONATE/SALMETEROL 及び IPRATROPIUM
BROMIDE/SALBUTAMOL の投与を受けていた。2003 年 6 月 4 日に骨粗鬆症に対し
てテリパラチド 20 μg の 1 日 1 回投与を開始した。テリパラチド投与の約 18 ヵ月後
の 2004 年 12 月 2 日に閉塞性肺疾患の増悪を発現した。一般開業医は、1 日 2 回の
CLARITHROMYCIN 500mg と 1 日 1 回の PREDNISOLONE 40 mg を処方した。一般
開業医は、本被験者はおそらく CLARITHROMYCIN の服用を開始したが、以前に
CLARITHROMYCIN を服用したことはないと記録した。2004 年 12 月 3 日に自宅に
て予期せず死亡したことが発見された。死因は慢性閉塞性肺疾患とされた。死後検
査は実施されなかった。死亡時にテリパラチドを投与下かどうかは不明であった。
死亡時刻は不明だが、治験実施施設は治療を継続していたと推測した。治験担当医
師は、死因は関連性のない肺疾患によるため、本事象とテリパラチド及び治験手順
との因果関係はないと判断した。
症例番号:8029
報告用語:急性 Dextropropoxyhene 毒性(ACUTE DEXTROPROPOXYPHENE
TOXICITY)、MedDRA(基本語):薬物毒性(Drug toxicity)
GHCA 試験の被験者 8029 は 65 歳の女性であり、不眠症(INSOMNIA)、骨粗鬆症
(OSTEOPOROSIS)、断続的な不安(INTERMITTENT ANXIETY)、広範囲の疼
痛(WIDESPREAD ACHES AND PAINS)及び左足首の痛みを伴う腫脹(SWOLLEN
PAINFUL LEFT ANKLE)の既往歴があった。併用薬として、CO-PROXAMOL、
TEMAZEPAM、ERGOCALCIFEROL、及び DOTHIEPIN HYDROCHLORIDE の投与
を受けていた。2003 年 9 月 8 日に骨粗鬆症に対してテリパラチド 20 μg の 1 日 1 回
投与を開始した。最終投与日は不明であった。2004 年 7 月 7 日に状況連絡のため治
験実施から被験者に電話した。被験者の夫がその日の朝に被験者が死亡したと伝え
た。夫はベッドで被験者が死亡しているのを発見していた。葬儀社に運搬された。
剖検が実施され、死因は急性 Dextropropoxyhene 毒性と報告された。検察医は、剖
検から高度の肺水腫(PULMONARY OEDEMA)と肺うっ血(CONGESTION)を発
症していたと報告した。毒性検査のため血液が採取され、検査の結果、
DEXTOPROPOXYPHENE の血中濃度は 2.06 mg/L、NORPROPOXYPHENE 3.16
mg/L、TEMAZEPAM 2202 UG/L、OXAZEPAM 103 uG/L、DOTHIEPIN 0.03 mg/L、
NORDOTHIAPIN 0.5 mg/L、PARACTEAMOL 47 mg/L であった。検察医は、
DEXTROPROPOXYPHENE の血中濃度は 1.0 mg/L を超えており、
NORPROPOXYPHENE の血中濃度は 3.0 mg/L を超えており、これらは重篤な毒性と
関連があり、この結果は急性 Dextropropoxyhene 毒性による死亡と一致するとし
た。治験担当医師は本事象とテリパラチド及び治験手順との因果関係はないと判断
した。
症例番号:1160
報告用語:脳虚血(BRAIN ISCHEMIA)、MedDRA(基本語):脳虚血(Cerebral
ischaemia)
報告用語:肺感染(PULMONARY INFECTION)、MedDRA(基本語):肺感染
(Lung infection)
GHCA 試験の被験者 1160 は国籍不明の 89 歳の女性であり、心房細動(ATRIAL
FIBRILLATION)の既往歴があった。併用薬として、心房細動(ATRIAL
FIBRILLATION)に対して ACETYLSALICYLIC ACID (ASAFLOW)及び
AMIODARONE HYDROCHLORIDE (CORDARONE)、外果浮腫(MALLEOLAR
OEDEMA)に対して SPIRONOLACTONE (ALDACTONE)、うつ病
(DEPRESSION)に対して PAROXETINE HYDROCHLORIDE (SEROXAT)、骨粗
992
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHCA 試験
鬆症(OSTEOPOROSIS)に対して CACIT 500 と COLECALCIFEROL (D-CURE)
の投与を受けていた。2003 年 7 月 22 日に骨粗鬆症に対してテリパラチド 20 μg の 1
日 1 回投与を開始した。テリパラチド投与開始から約 7 ヵ月後の 2004 年 2 月 20 日
に突然性脳虚血(SUDDEN BRAIN ISCHEMIA)のため入院した。この診断は MRI
により確定された。血中カルシウム濃度は 10.4 mg/dL で基準範囲内であった。脳虚
血は中大脳動脈と大脳後部にある梗塞によるものであった。二次性肺感染
(SECONDARY PULMONARY INFECTION)が認められた。テリパラチドを含むす
べての薬物投与を中止した。2004 年 3 月 3 日から 2004 年 3 月 12 日まで Enterobacter
による二次性肺感染(SECONDARY PULMONARY INFECTION)を起こした。2004
年 3 月 12 日に死亡した。死因は脳虚血と考えられた。剖検は実施されなかった。
治験担当医師は本事象とテリパラチド及び治験手順との因果関係はないと判断し
た。
症例番号:8363
報告用語:肺炎(PNEUMONIA)、MedDRA(基本語):肺炎(Pneumonia)
報告用語:アンギナ(ANGINA)、MedDRA(基本語):狭心症(Angina pectoris)
報告用語:肺感染症(CHEST INFECTION)、MedDRA(基本語):下気道感染
(Lower respiratory tract infection)
GHCA 試験の被験者 8363 は 67 歳の白人女性で、関節リウマチ(RHEUMATOID
ARTHRITIS)、緑内障(GLAUCOMA)、高血圧(HYPERTENSION)、腹部鼓腸
(ABDOMINAL FLATULENCE)、悪心(NAUSEA)、レイノー現象
(RAYNAUDS PHENOMENON)、慢性閉塞性肺疾患(CHRONIC OBSTRUCTIVE
PULMONARY DISEASE (COPD)、アンギナ(ANGINA)の既往歴がり、50 年間
の喫煙歴があった。併用薬として、PROCHLORPERAZINE、PERINDOPRIL、
ATENOLOL(2003 年 11 月 22 日に中止)、FRUSEMIDE、ISOSORBIDE、
RABEPRAZOLE、ERGOCALCIFEROL AND CO-PROXIMOL を使用していた。2003
年 8 月 5 日に重症骨粗鬆症に対してテリパラチド 20 μg の 1 日 1 回投与を開始し
た。テリパラチド投与開始の 3 ヵ月後の 2003 年 11 月 22 日に肺炎(PNEUMONIA)
(COPD の感染増悪)のため入院した。入院時に軽度の 2 型呼吸不全を発症してい
た。入院の 2 ヵ月程前の 2003 年 9 月に肺機能テストを受けており、FEV 0.6 L 及び
FVC 1.5 L であった。2003 年 11 月 22 日に AUGMENTIN、NEBULISED
BRONCHODILATORS 及び経口血管拡張剤を処方された。高血圧とアンギナに対し
て処方されていたβ-ブロッカーを DILTIAZEM.に変更した。治療に対する反応はよ
く、気管支拡張剤を噴霧式から吸入式に変更した。2003 年 11 月 25 日、経口ステロ
イド剤を継続。2003 年 11 月 27 日に、退院し帰宅した。2003 年 11 月 30 日はテリパ
ラチド投与を継続していた。2003 年 12 月 23 日に、6 時間に及ぶ高度の胸中心部痛
(CENTRAL CHEST PAIN)、発汗(SWEATING)及び悪心(NAUSEA)のため再
度入院した。洞性頻脈(SINUS TACHYCARDIA)、心側面部 T 波逆転(T-WAVE
INVERSION IN THE LATERAL LEADS)、Q1 から Q3 の Q 波(Q-WAVES IN V1
TO V3)、V1 から V4 の ST 上昇(ST SEGMENT ELEVATION IN V1 TO V4)が認
められた。当初、急性前壁心筋梗塞(ACUTE ANTERIOR MYOCARDIAL
INFARCTION)と診断されたが、その後の検査で除外された。血栓溶解の処置を受
けた。以前の心電図のレビューから、これらの所見のほとんどは長期にわたって認
められていたと報告された。詳細な検査の結果は、トロポニン T 陰性、WBC 高
値、低酸素血症(HYPOXAEMIA)であり、胸部 X 線により左肺基部に陰影が認め
られた。処方医及び治験担当医師により、進行した胸部感染があり、これにより長
期にわたるアンギナが発症した可能性があると結論付けた。2003 年 12 月 1 日に気
管支拡張剤を吸入式から噴霧式に変更し、AMOXYCILLIN と LEVOFLOXACIN が
処方された。経口ステロイド剤は 2003 年 11 月 22 日から継続していた。
AMOXYCILLIN を後日 CEFUROXIME に変更した。2003 年 12 月 3 日に呼吸停止
(RESPIRATORY ARREST)となったことが 2003 年 12 月 23 日に報告され、治験担
当医師の見解では、これは肺炎(PNEUMONIA)の結果であり、呼吸停止
993
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHCA 試験
(RESPIRATORY ARREST)を別事象として区別しないとした。最初は蘇生に反応
したが、その後に再度悪化した。処方医は、被験者の運動耐用能低下を考慮し、再
度酸素吸入を行うことはしなかった。2003 年 12 月 3 日に死亡した。死亡時に、経
口ステロイド剤と噴霧式気管支拡張剤は継続していた。医師の秘書は治験実施施設
に死亡報告書の死因は慢性閉塞性気道疾患〔CHRONIC OBSTRUCTIVE AIRWAYS
DISEASE (COPD)〕よる肺炎(PNEUMONIA)としたと報告した。2004 年 1 月
16 日に治験実施施設は死因を肺感染(CHEST INFECTION)とした。剖検は実施さ
れなかった。死亡時にテリパラチド投与を継続していたかどうかは不明であった。
治験担当医師は、肺炎(PNEUMONIA)、アンギナ(ANGINA)又は肺感染
(CHEST INFECTION)とテリパラチド及び治験手順との因果関係はないと判断し
た。
症例番号:8562
報告用語:脳出血(CEREBRAL HAEMORRHAGE)
MedDRA(基本語):脳出血(Cerebral haemorrhage)
GHCA 試験の被験者 8562 は 83 歳の白人女性で、血管迷走神経性失神
(VASOVAGAL FAINT)(1996)、裂孔ヘルニア(HIATUS HERNIA)(1996 から
死亡時まで)、子宮内膜の癌腫(CARCINOMA)(1992 年に子宮摘出及び深部 X
線治療を施行)、骨粗鬆症(OSTEOPOROSIS)、うつ病(DEPRESSION)、不安
(ANXIETY)及び背部痛(死亡の 2 週間前に悪化)の既往歴があった。併用薬と
して、不安に対して FLUOXETINE (OCCASIONALLY)、疼痛(PAIN)に対して
PARACETAMOL、裂孔ヘルニア(HIATUS HERNIA)に起因する消化障害
(INDIGESTION)に対して COMPOUND ALGINATE、骨粗鬆症
(OSTEOPOROSIS)に対して ERGOCALCIFEROL、便秘に対して SENNA、背部痛
に対して TRAMADOL と IBUPROFEN ゲルの投与を受けていた。2003 年 8 月 11 日
に重症骨粗鬆症に対してテリパラチド 20 μg の 1 日 1 回投与を開始した。テリパラ
チド投与開始の 3 週間後の 2003 年 9 月 3 日の 22 時 10 分にうつ伏せに倒れて死亡し
ているのが発見された。2003 年 9 月 3 日 14 時には生存していたことを娘が確認し
ていた。被験者の状態は良好で、具合が悪いと話していなかった。検察医は、死因
は側脳室にまで及ぶ大量の脳内出血(INTRACEREBRAL HAEMORRHAGE)と確定
した。死亡時にテリパラチド投与を継続していた。治験担当医師により本被験者は
投与中止とされた。治験担当医師は、脳内出血(INTRACEREBRAL
HAEMORRHAGE)とそれによる死亡と、テリパラチド及び治験手順との因果関係
はないと判断した。治験担当医師は、死後検察を行った医師とこの判断を下した。
2.7.4.7.1
参考試験
表 2.7.4.7-51.
GHAH 試験で認められた死亡例の詳細(翻訳)
GHAH 試験
206-7609
報告用語:死亡(DEATH)、クラス:死亡(DEATH)
GHAH 試験の被験者 206-7609 は、心停止(cardiac arrest)の重篤な有害事象のため
*1
本試験を中止した。初回治験薬投与は 19 年 8 月 12 日であった。19 年 7 月 1 日
に気分の不調を感じた。家庭医での検査の結果、特別な徴候は認められなかった。
本被験者は夫と買い物に行き、その後ベッドで休息した。本被験者が死亡している
のを夫が発見した。剖検は実施しなかったため、死因は不明であるが、治験コーデ
ィネーターとかかりつけ医は心停止(cardiac arrest)による死亡と判断した。治験
担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。作用機序及び臨床
の安全性データを考慮すると、本事象とテリパラチドとの因果関係を示唆する根拠
はない。
*1 治験薬初回投与翌年
994
*新薬承認情報提供時に置き換え
LY333334
2.7.4
表 2.7.4.7-52.
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験で認められた死亡例の詳細(翻訳)
GHBZ 試験
003-0303
報告用語:肺線維症(PULMONARY FIBROSIS)、MedDRA(基本語):肺線維症
(PULMONARY FIBROSIS)
報告用語:妄想(DELUSION)、MedDRA(基本語):急性精神病エピソード後妄
想症候群(DELUSIONAL SYNDROME AFTER ACUTE PSYCHOTIC EPISODE)
報告用語:呼吸不全(RESPIRATORY FAILURE)、MedDRA(基本語):呼吸不全
(RESPIRATORY FAILURE)
GHBZ 試験の被験者 003-0303 は 76 歳白人男性で肺の関節リウマチ〔rheumatoid
arthritis(RA)〕による間質性肺疾患〔interstitial lung disease(ILD)〕などの既往歴
を有していた。本被験者は複数の併用薬を受けていた。骨粗鬆症に対し、2003 年 3
月 4 日に治験薬の初回投与(注射用及び経口)を受けた。最終投与日は 2003 年 3 月
27 日であった。同日、呼吸器科医を受診し、呼吸不全(respiratory failure)のため入
院した。dexamethasone 60mg を開始した。急性精神病(psychotic episode)を発現し
た。医学的助言を受け入れず、2003 年 4 月 14 日に自主退院した。2003 年 4 月 15 日
に、酸素不足により救急車で救急治療室に搬送された。認知症(dementia)、リウ
マチ様肺疾患(rheumatoid lung disease)、低酸素血症(hypoxemia)、高度の気管支
拡張症(bronchiectasis)などと診断され、再入院した。prednisone を開始した。D ダ
イマー及び静脈ドップラー検査結果は正常であった。入院中、激越(agitated)を認
めた。錯乱(confused)と落ち着きのなさ(restless)が持続した。精神医学的評価
を勧められたが、拒否し、医学的助言を受け入れず、2003 年 4 月 17 日に再度、自
主退院した。呼吸障害(respiratory problems)及び呼吸音減弱(decreased breath
sounds)が継続した。2003 年 4 月 17 日時点で、低酸素血症(hypoxic)は軽度にな
った。胸部 X 線検査の結果、RA はコントロールされていた。入院中は clopidogrel
sulfate、megestrol acetate、lorazepam、simvastatin、morniflumate、methylprednisolone
sodium succinate、hydroxyzine embonate、nystatin、docusate sodium、alprazolam、
famotidine、furosemide、isosorbide mononitrate、ipratrim の投与を受けた(用量、開
始日、終了日不明)。本被験者は 2003 年 5 月 7 日に本試験を中止した。2003 年 5
月 21 日に当施設への来院を希望し、集中治療室から移った。妄想症候群
(delusional syndrome)は悪化していた。歩行不能(妻の報告による)、褥瘡性潰瘍
(decubitus ulcer)を発現していた。医学的助言を受け入れず、2003 年 5 月 21 日に
退院した。妄想症候群(delusional syndrome)は寛解せず、2003 年 5 月 28 日に呼吸
不全(respiratory failure)(妻の報告による)のため死亡した。治験担当医師は、呼
吸不全(respiratory failure)と注射用又は経口治験薬の間に既知の因果関係はないと
判断した。また、急性精神病後妄想症候群(delusional syndrome after acute psychotic
episode)及び肺線維症(pulmonary fibrosis)と治験薬との因果関係もないと判断し
た。本事象はいずれも治験手順又は医療機器の使用との因果関係はないと判断され
た。治験依頼者の医師は、本事象〔呼吸不全(respiratory failure)〕と治験薬又は治
験手順の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者の評価報告(2003 年 4 月 11
日付け)によると、本被験者は 76 歳の男性で、関節リウマチ(rheumatoid arthritis)
による間質性肺疾患〔interstitial lung disease(ILD)〕の既往歴を有し、治験薬開始
後 23 日目に呼吸不全(respiratory failure)を発現した。ILD 又は関節リウマチ
(rheumatoid arthritis)のコントロールの状態、ILD 又は関節リウマチ(rheumatoid
arthritis)の治療薬の最近の変更、その他の病態及び併用薬の有無に関する情報はな
い。関節リウマチ(rheumatoid arthritis)による ILD が既存していたこと、治験薬投
与期間が短期間であったこと(23 日間)、アレンドロネート及びテリパラチドの
USPI で呼吸不全(respiratory failure)に関連する有害事象の報告はないことから、
呼吸不全(respiratory failure)とテリパラチドとの因果関係はないと判断した。2003
995
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
年 4 月 15 日:プロジェクトコードを GHBJ から GHBZ に変更、治験薬及び治験手
順に関する治験依頼者の報告可能性を追加、評価報告を追加。2003 年 4 月 21 日の
フォローアップ(2003 年 4 月 17 日入手情報):併用薬、治験担当医師による注射
用治験薬との因果関係の評価を追加、本文を更新(治療、署名、患者の現状)。
2003 年 5 月 6 日のフォローアップ(2003 年 5 月 5 日入手情報):治験担当医師によ
る経口治験薬、治験手順との因果関係の評価を追加、本文を適宜更新、症例報告を
終了。2003 年 5 月 30 日のフォローアップ(2003 年 5 月 29 日入手情報):死因及び
死亡日、重篤な「死亡」指標を追加、本文を適宜更新。2003 年 6 月 10 日のフォロ
ーアップ(2003 年 6 月 5 日入手情報):本文(精神病エピソード(psychotic
episode)、入院時診断、2003 年 5 月 21 日の入院追加)を更新、死亡日を 2003 年 5
月 28 日に変更。2003 年 6 月 13 日のフォローアップ(2003 年 6 月 12 日入手情
報):治験担当医師による「肺線維症(pulmonary fibrosis)」との因果関係の評価
を追加、事象終了日を追加。2003 年 6 月 30 日のフォローアップ(2003 年 6 月 27 日
入手情報):治療薬、妄想症候群(delusional syndrome)の死亡時までの継続につい
て本文を更新、症例報告を終了、2004 年 3 月 2 日更新:データ移行準備において
「死因の項」をレビュー。
003-0309
報告用語:心筋梗塞(MYOCARDIAL INFARCTION)、MedDRA(基本語):塊状
冠動脈梗塞(MASSIVE CORONARY INFARCT)
報告用語:うっ血性心不全(CARDIAC FAILURE CONGESTIVE)、MedDRA(基
本語):うっ血性心不全(CONGESTIVE HEART FAILURE)
報告用語:転倒・転落(FALL)、MedDRA(基本語):転倒・転落(FALL)
報告用語:股関節部骨折(HIP FRACTURE)、MedDRA(基本語):股関節部骨折
(FRACTURED HIP)
報告用語:心感染(CARDIAC INFECTION)、MedDRA(基本語):僧帽弁感染
(MITRAL VALVE INFECTION)
報告用語:肺炎(PNEUMONIA)、MedDRA(基本語):肺炎(PNEUMONIA)
報告用語:うっ血性心不全(CARDIAC FAILURE CONGESTIVE)、MedDRA(基
本語):うっ血性心不全(CONGESTIVE HEART FAILURE)
GHBZ 試験の被験者 003-0309 は 60 歳白人女性で、高血圧(hypertension)、心房細
動(atrial fibrillation)、心血管疾患(cardiovascular disease)、うっ血性心不全
(congestive heart failure)(2003 年 5 月 2 日)、ペースメーカー(pacemaker)、心
臓弁置換(heart valve replacement)及び脳卒中(stroke)の既知の既往を伴うマルフ
ァン症候群(marfan's syndrome)などの既往歴を有していた。本被験者は複数の併
用薬を服用していた。骨粗鬆症に対し、2003 年 4 月 23 日から注射用及び経口治験
薬の投与を受けた。家族の報告によると、2003 年 10 月 16 日に入院した。2003 年
10 月 27 日に退院し、2003 年 10 月 20 日に酸素供給不良(poor oxygenation)、高度
の息切れ(shortness of breath)及び動悸(racing heart)のため再入院した。自己報告
によると、うっ血性心不全(congestive heart failure)と診断され、その他の健康上の
問題のため本試験を中止する予定である。治験実施施設から医療記録が要求される
予定である。治験担当医師は、うっ血性心不全(congestive heart failure)及び心房細
動(atrial fibrillation)が既存していたことから、2 回の入院を要した息切れ
(shortness of breath)、低酸素レベル(low oxygen level)及び動悸(racing heart)と
治験薬、治験手順又は医療機器の間に因果関係はないと判断した。2003 年 11 月 5
日の自己報告によると、同日、肺炎(pneumonia)及び腎感染(kidney infection)の
ため再入院した。2003 年 11 月 20 日の娘の報告によると、2003 年 11 月 11 日か 12
日に退院したが、2003 年 11 月 13 日に検査のため再入院した。娘によると、腎感染
(kidney infection)はなかったが、前回の入院の原因である肺炎(pneumonia)は有
していた。僧帽弁感染(mitral valve infection)と診断され、2003 年 12 月 15 日時点
で、僧帽弁置換手術(mitral valve replacement surgery)を受けるため、6 週間の入院
期間延長が予定されていた。報告時にはこれ以上の詳細は得られなかった。2003 年
996
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
12 月 2 日に入手した続報によると、本被験者は 2003 年 12 月 11 日まで入院予定で
あり、現在これ以上の情報はない。治験担当医師は、本被験者は治験薬投与を受け
ていなかったため、肺炎(pneumonia)と注射用又は経口治験薬、治験手順又は医
療機器の使用の間に因果関係はないと判断した。また、感染(infection)は易感染
性宿主(immunocompromised host)であるとしている。また、僧帽弁感染(mitral
valve infection)と治験薬又は治験手順の間にも因果関係はないと判断した。感染/
敗血症(infection/septicemia)は現在の入院と因果関係があると判断した。2004 年 2
月 19 日の治験実施施設からの続報によると、2004 年 1 月 15 日に転倒・転落
(FALL)による股関節部骨折(fractured hip)及び 2004 年 2 月 9 日に塊状冠動脈梗
塞(massive coronary infarct)を発現し、入院した。股関節部骨折(hip fracture)の
外科的修復の有無については不明である。本被験者は塊状冠動脈梗塞(massive
coronary infarct)のため 2004 年 2 月 14 日に死亡した。これ以上の情報は得られなか
った。剖検実施の有無についても不明である。2004 年 6 月 3 日の治験実施施設から
の続報によると、患者の家族と連絡を取ったが返答はない。これ以上の情報はな
い。治験担当医師は、転倒・転落(fall)、股関節部骨折(fractured hip)、塊状冠
動脈梗塞(massive coronary infarct)と経口又は注射用治験薬、治験手順又は医療機
器の使用の間に因果関係はないと判断した。また股関節部骨折(fractured hip)は骨
粗鬆症及び転倒・転落(fall)によるもので、冠動脈梗塞(coronary infarct)は本被
験者の冠動脈疾患(coronary artery disease)の既往によるものとしている。2003 年
10 月以来、治験薬を中止している。治験担当医師は、うっ血性心不全(congestive
heart failure)と治験薬、治験手順又は医療機器の使用の間にも因果関係はないと判
断した。治験依頼者の評価報告(2003 年 10 月 22 日付け):本被験者は、主にマル
ファン症候群(marfan's syndrome)、高血圧(hypertension)、うっ血性心不全
(congestive heart failure)及び心房細動(atrial fibrillation)として発現する既知の心
血管疾患(cardiovascular disease)を有する 60 歳の女性である。心血管状態の増悪に
より 24 時間の入院を要した。翌日退院したが、3 日後明らかに再入院が必要となっ
た。その後の処置については不明である。評価結果は記載されていない。治験薬を
5 ヵ月間使用しており、あらゆる指標で忍容性は良好であった。治験依頼者の医師
は、本 SAE と治験薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者の評価報告
(2003 年 11 月 7 日付け):治験薬を中止した後、肺炎(pneumonia)及び腎感染
(kidney infection)が再度発現した。本被験者は治験薬投与を受けていなかったた
め、これらは基礎疾患の合併症であり、治験薬との因果関係はない。本被験者は本
試験を中止している。治験依頼者の評価報告(2003 年 11 月 21 日付け):前回報告
した SAE の更新である。更新情報は、本 SAE をいずれの治験薬とも全く関係がな
いとした初回評価を変更する理由を示していない。本症例のいずれの要素について
も「治験依頼者の報告可能性」はない。治験依頼者の評価報告(2004 年 2 月 20 日
付け):前回の更新報告以来、股関節部骨折(hip fracture)及びその後の致命的な
心筋梗塞(myocardial infarction)が持続していた。股関節部骨折(hip fracture)は基
礎疾患である骨粗鬆症に、梗塞(infarction)は既知の冠性心疾患(coronary heart
disease)に起因した。医師は、いずれの事象も治験薬とは因果関係がないと判断し
た。治験依頼者の医師もこの見解に同意している。2003 年 10 月 23 日更新:事象の
報告用語を更新(コードは変更なし)、治験薬との因果関係を追加、因果関係及び
見解の記述を更新、2003 年 10 月 28 日:評価報告を追加。2003 年 10 月 31 日のフォ
ローアップ(2003 年 10 月 29 日入手情報):本文(CHF の診断、治験の中止、医療
記録の請求予定)を更新。2003 年 11 月 7 日のフォローアップ(2003 年 11 月 5 日入
手情報):事象〔肺炎(pneumonia)、腎感染(kidney infection)〕を追加、本文を
適宜更新。2003 年 11 月 12 日:評価報告を追加、レビューに基づき、治験担当医師
による治験薬と「腎感染(kidney infection)」事象との因果関係の評価を追加。
2003 年 11 月 12 日のフォローアップ:治験薬開始日を 2003 年 4 月 23 日に変更、レ
ビューに基づき、Folic acid 併用の適応をリウマチ性多発筋痛(polymyalgia
rheumatic)に変更し Methotrexate sodium 併用を追加、本文を適宜更新。2003 年 11
997
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
月 13 日のフォローアップ(2003 年 11 月 12 日入手情報):経口治験薬開始日を
2003 年 4 月 23 日に変更、既往歴〔ペースメーカー(pacemaker)、心臓弁置換
(heart valve replacement)、脳卒中(stroke)〕を追加。2003 年 11 月 21 日更新
(2003 年 11 月 20 日に入手した情報):事象用語「僧帽弁感染(mitral valve
infection)」を追加、肺炎(pneumonia)のための入院の退院日を追加し、腎感染
(kidney infection)はなかったとする娘の報告を narrative で明記、変更点を反映す
るよう narrative を更新。2003 年 12 月 2 日:評価報告を追加。2003 年 12 月 4 日のフ
ォローアップ(2003 年 12 月 2 日入手情報):腎感染(kidney infection)の診断は医
師により否定されたため、この事象を削除。2003 年 12 月 16 日のフォローアップ
(2003 年 12 月 15 日入手情報):本文(手術のため 6 週間の入院延長)を更新。
2004 年 2 月 19 日のフォローアップ(2004 年 2 月 19 日入手情報):事象〔股関節部
骨折(fractured hip)及び塊状冠動脈梗塞(massive coronary infarct)〕を追加、本文
を適宜更新。2004 年 3 月 1 日:評価報告を追加。2004 年 3 月 25 日:症例レビュー
に基づき、死因として塊状冠動脈梗塞(massive coronary infarct)を追加。2004 年 6
月 7 日(2004 年 6 月 3 日入手情報):本文(これ以上の情報なし)を更新、症例報
告を終了。2004 年 6 月 8 日(2004 年 6 月 7 日入手情報):2004 年 1 月 15 日の転
倒・転落(fall)事象を追加、再度終了(reclosed)。2004 年 10 月 21 日更新(2004
年 10 月 20 日の追加情報):肺炎(pneumonia)及び僧帽弁感染(mitral valve
infection)の事象について発生日を追加し、事象アウトカムを「非継続」に変更
し、症例報告を再度終了(reclosed)。2006 年 8 月 11 日更新(2006 年 7 月 17 日の
追加情報):CHF の事象を追加、呼吸困難(dyspnea)、動悸(heart racing)、低酸
素レベル(low oxygen level)の症状を削除。2006 年 8 月 29 日:息切れ(shortness of
breath)、動悸(heart racing)、低酸素レベル(low oxygen level)の事象を削除、新
たな CHF の事象を追加。
010-1000
報告用語:死亡(DEATH)、MedDRA(基本語):原因不明の死亡(DEATH
UNKNOWN)
GHBZ 試験の被験者 010-1000 は 56 歳白人女性で、高度の肺疾患(lung disease)の
既往歴があり、最近悪化していた。本被験者は複数の併用薬を受けていた。骨粗鬆
症に対し、2003 年 10 月 17 日から経口及び注射用治験薬の投与を受けた。2003 年
11 月 26 日にインフルエンザ(FLU)のため注射用治験薬を中止し、再開しなかっ
たが、経口治験薬は継続した。2003 年 12 月 3 日に 3 回目の来院をし、肺気腫
(emphysema)がかなり悪化していることを治験コーディネーターに告げた。治験
薬開始から約 2 ヵ月後の 2003 年 12 月 6 日に呼吸困難(difficulty breathing)を発現
し、自宅で就寝中に死亡したと 2003 年 12 月 7 日に夫から治験実施施設に連絡があ
った。治験担当医師は、死因は呼吸不全(respiratory failure)である可能性が高い
が、自宅での事象発現のため、確実ではないとしている。夫は剖検を拒否したと報
告されており、治験担当医師は死因不明としている。治験担当医師は、原因不明の
死亡(death, unknown)と治験薬、治験手順又は医療機器の使用との間に因果関係は
ないと判断した。治験依頼者の評価報告(2003 年 12 月 16 日付け):本被験者は 56
歳の女性で、治験薬開始から約 2 ヵ月後の就寝中に死亡した。臨床情報は全く得ら
れていない。治験薬との因果関係の有無に関するいかなる判断も不可能である。さ
らなる情報が必要である。治験依頼者の評価報告(2003 年 12 月 20 日付け):本被
験者は既知の障害がある宿主でインフルエンザ(influenz)を発現し、注射用治験薬
を中止したが、経口治験薬は継続した。呼吸機能が悪化し、死亡した。治験担当医
師は、本合併症及び死亡(death)はいずれの治験薬とも因果関係がないと判断し
た。治験依頼者の医師もこの見解に同意している。2003 年 12 月 17 日更新:評価報
告を追加。2003 年 12 月 18 日のフォローアップ:治験担当医師による治験薬及び治
験手順との因果関係の評価を追加、肺疾患(lung disease)の既往歴を追加、事象開
始日及び死亡日を 2003 年 12 月 5 日から 2003 年 12 月 6 日に変更、本文を適宜更
新。2003 年 12 月 22 日更新:治験依頼者の報告可能性及び評価報告を追加。2004 年
998
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
2 月 19 日のフォローアップ:治験依頼者代表者への報告日を 2004 年 12 月 12 日か
ら 2004 年 12 月 8 日に変更。2004 年 3 月 5 日更新:剖検を実施せず、死因は不明で
あることを追加。2004 年 3 月 18 日のフォローアップ:医療機器の使用の評価に関
し本文を更新、症例報告を終了。2004 年 5 月 17 日編集:被疑薬をコード化。2004
年 5 月 24 日更新: 監査証跡から被疑薬名を削除。2004 年 7 月 22 日更新:症例を再
開。2004 年 8 月 11 日更新:症例報告を終了。2004 年 11 月 11 日更新:データ移行
の準備において、被疑薬欄から証跡の空欄を削除。
041-4114
報告用語:心肺停止(CARDIO-RESPIRATORY ARREST)、MedDRA(基本語):
高度の CAD による急性心肺停止(ACUTE CARDIOPULMONARY ARREST
SECONDARY TO SEVERE CAD)
報告用語:冠動脈(CORONARY ARTERY)、MedDRA(基本語):冠動脈疾患
(CORONARY ARTERY DISEASE)
GHBZ 試験の被験者 041-4114 は 65 歳白人男性で、1996 年 9 月に血管形成
(angioplasty)を受けた下壁心筋梗塞(inferior wall myocardial infarction)、高度の
関節リウマチ(rheumatoid arthritis)、進行性の労作性狭心症(exertional angina)を
伴う高度の三枝冠動脈疾患(triple vessel coronary artery disease)(2006 年 9 月)、
喫煙(smoking)(1995 年に禁煙)及び両側人工股関節全置換(bilateral total
knees)(1998 年)などの既往歴を有していた。父親が 62 歳で癌(種類不明)のた
め死亡した。本被験者は clinoril、cefalexin monohydrate 及び vancomycin にアレルギ
ーがある。本被験者は複数の併用薬を受けていた。骨粗鬆症に対し、2004 年 2 月 3
日から経口及び注射用治験薬の投与を受けた。最近(日付不明)、雑用中に二頭腱
断裂(biceps tendon rapture)を負い、修復のための診察を受けた。肩回旋筋腱板断
裂(tear in his rotator cuff)を認めた。2004 年 5 月 18 日に、アデノシン負荷放射性核
種スキャンを受けた。施行中、adenosine 注入中に頭部ふらふら感
(lightheadedness)及び胸部圧迫感(chest pressure)を発現したが、注入終了 6 分後
に寛解した。心拍数は安静時の 66 回/分から 90 回/分に上昇した。血圧は安静時
123/73 から注入速度ピーク時は 114/66 に低下した。安静時 12 誘導心電図の結果、
洞調律、EKG は正常で、adenosine 注入時に顕著な ST-T 変化(ST-T changes)又は
不整脈(rrhythmias)は認められなかった。所見は最小限の梗塞辺縁部虚血(periinfarct ischemia)を伴う以前の基底後部(basal posterior segment)の心筋梗塞
(myocardial infarction)と一致していた。2004 年 6 月 8 日に左心カテーテル、左室
血管造影術及び選択的冠動脈造影術を受けた。左室圧は 126/25 で、左室造影術後は
125/25 であった。大動脈引き抜き圧は 130/71 で平均 95 であった。下壁運動低下
(inferior wall hypokinesia)を認め、総駆出率は 60%であった。軽度の前側壁運動低
下(anterolateral hypokinesia)も認めた。35~40%の左主冠状動脈入口部狭窄(ostial
left main coronary artery stenosis)、第一対角枝テイクオフを含む 50%以上の左前下
行動脈プラークを認めた。対角枝狭窄(diagonal branch stenosis)は約 95%であっ
た。テイクオフ直後の左前下行動脈の HAZINESS、鈍縁枝テイクオフ前の 50~55%
の中等度の冠動脈回旋枝狭窄(stenosis)を認め、中右冠動脈プラーク偏心率
(eccentricity)は 60%であった。自己報告によると、負荷放射性核種スキャン後疲
労を感じ、狭心症(angina)症状が悪化した。非定型狭心症(atypical angina)を有
し、本被験者はこれを胸部全体の冷感と表現し、活動によって悪化するとしてい
る。安静時も軽度の症状があるが、階段を上ったり、平坦な場所をきびきび歩くと
予想通り症状が現れるという。治験薬開始から 4 ヵ月後の 2004 年 6 月 22 日に、高
度の三枝冠動脈疾患(triple vessel coronary artery disease)による四枝冠動脈バイパス
再建(quadruple coronary bypass revascularization)を受けた(既存状態の悪化)。術
後の心機能は極めて良好で、顕著な神経学的変化もなかった。抜管直後は軽微な疼
痛(pain)があったが、次第に改善した。術後 2 日目に胸腔チューブを抜管し、当
フロアに移り、順調に回復した。低用量 prednisone を継続し、hydrocortisone 負荷用
量の投与を受けた。2004 年 6 月 26 日の退院時点で本事象は寛解したと見なされ
999
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
た。退院時に、diltiazem hydrochloride、増量 prednison、bumetanide、potassium
chloride、pantoprazole 及び hydrocodone/acetaminophen などの投与を追加した。入院
中及び退院後数週間は治験薬を中止した。2004 年 6 月 22 日から 2004 年 7 月 18 日
まで治験薬を中止し、2004 年 7 月 19 日に治験薬を再開した。治験担当医師は、冠
動脈疾患(coronary artery disease)と治験薬、治験手順又は医療機器の使用との間に
因果関係はないと判断した。その他の既往歴は肩関節手術(shoulder surgery)など
であった。2005 年 2 月 1 日に不調を感じ、短い無反応(unresponsiveness)を 2、3
回発現した〔妻の報告によると、前日は調子はよく、胸痛(chest pain)その他の心
肺愁訴はなかった〕。妻が救急車を呼んだが、到着時は覚醒しており、既往を話す
ことができた。搬送中に徐脈(bradycardia)及び中等度の無反応
(unresponsiveness)を 2、3 回発現した。搬送中に atropine の投与を受けた。病院到
着後、心停止(cardiac arrest)に陥り、意識消失(unconscious)、無反応
(unresponsive)となった。挿管及び心肺蘇生などの蘇生法を受けた。Atropine の投
与は徐脈(bradycardia)に効果はなかった。その後、epinephrine の投与及び
lidocaine w と vasopressin/norepinephrine(vasopressin)の併用などを受けた。一
時、脈拍触知可能を伴う QRS 幅の広い頻脈(wide-complex tachycardia)を発現した
が、その他の生命兆候は認めず、急速に悪化し、心室細動(ventricular fibrillation)
を発現した。除細動を受けたが、自発循環は回復しなかった。再度、除細動を受け
たが変化はなく、悪化し、心停止(asystole)に至った。最終的に、蘇生術の中止が
決定され、換気及び圧迫を中止し、生命兆候は認めなかった。死亡が宣告され、死
因は高度の冠動脈疾患(CAD)による急性心肺停止〔acute cardiopulmonary arrest
secondary to severe coronary artery disease(CAD)〕であった。剖検は実施しなかっ
た。治験担当医師は、高度の CAD による急性心肺停止(acute cardiopulmonary arrest
secondary to severe cad)と治験薬、治験手順又は医療機器の使用との間に因果関係
はないと判断した。治験依頼者の評価報告(2004 年 6 月 25 日付け):本被験者
は、既知の進展性冠性心疾患(extensive coronary heart disease)を有する 65 歳の男性
で、血行再建を受けるため入院した。治験担当医師は、この重篤な有害事象と治験
薬の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者の医師もこの見解に同意してい
る。治験依頼者の評価報告(2005 年 3 月 9 日付け):治験担当医師は本事象と治験
薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者の医師もこの見解に
同意している。2004 年 7 月 15 日のフォローアップ(2004 年 7 月 12 日入手情報):
事象終了日を追加、「継続」及び「アウトカム」を「なし」及び「FR」に変更、臨
床検査データに検査結果を追加、本文を適宜更新。評価報告を追加。2004 年 8 月 19
日更新 :2004 年 8 月 17 日の情報を記録、既往歴、併用薬、本文を更新。2004 年 8
月 20 日更新:治験依頼者の報告可能性を追加。2005 年 2 月 1 日(2005 年 1 月 28 日
の追加情報):2004 年 6 月 22 日から 2004 年 7 月 18 日まで治験薬を中止したこと
及びこれが既存状態の悪化であることを追加、症例報告を終了。2005 年 3 月 7 日の
フォローアップ(2005 年 3 月 3 日入手情報):事象〔急性心肺停止(acute
cardiopulmonary arrest)〕を追加、死因を追加、第二報告者を追加、metoprolol
succinate の併用を追加、本文及び Cioms を適宜更新。2005 年 3 月 11 日:評価報告
を追加。2005 年 3 月 17 日更新(2005 年 3 月 16 日に追加情報入手):急性心肺停止
(acute cardiopulmonary arrest)事象を高度の CAD による急性心肺停止(acute
cardiopulmonary arrest secondary to severe cad)に記録、narrative を更新、症例報告を
終了。2006 年 8 月 31 日更新:本被験者は実際に、突然死(sudden death)の原因と
なった分野で心停止(cardiac arrest)を発現したため、データ管理照合及びデータロ
ックのために心停止(cardiac arrest)事象を症例に追加 。2006 年 9 月 15 日編集:デ
ータ管理レビュー後、事象コードを心肺停止(cardio-respiratory arrest)に変更。
047-9500
報告用語:心停止(CARDIAC ARREST)、MedDRA(基本語):心停止
(CARDIAC ARREST)
報告用語:外科手術(SURGERY)、MedDRA(基本語):頚部手術(NECK
1000
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
SURGERY)
GHBZ 試験の被験者 047-9500 は 77 歳白人女性で、不整脈(irregular heartbeat)、慢
性閉塞性肺疾患〔chronic obstructive pulmonary disease(COPD)、高血圧
〔hypertension(HTN)〕、頚部痛(neck pain)、胃食道逆流性疾患
〔gastroesophageal reflux disease(GERD)〕、高脂血症(hyperlipidemia)、失禁
(incontinence)、骨関節炎(osteoarthritis)及びアレルギー性鼻炎(sinus allergies)
などの既往歴又は現病歴を有していた。omeprazole、vitamin e、acetylsalicylic aci、
vitamin b complex、tramadol、tizanidine、diltiazem、atorvastatin、tolterodine l-tartrate、
ccelecoxib、ascorbic acid、osteo bi-flex、fexofenadine、triamterene/hydrochlorothiazide
及び prednisone などを併用した。骨粗鬆症に対し、2003 年 11 月 10 日から経口及び
注射用治験薬の投与を受けた。治験薬開始から約 8 ヵ月後の 2004 年 7 月 7 月に、頚
部手術(neck surgery)のため入院した。娘によると、手術は成功した。リハビリテ
ーション移行後、尿路感染〔urinary tract infection(UTI)〕を発現し、娘によると、
被験者の身体はこれに対応できなかった。2004 年 7 月 19 日に心停止(cardiac
arrest)を発現し、死亡した。剖検は実施しなかった。死亡時まで治験薬を継続した
か否かは不明である。医療記録を入手できなかったので、これ以上の情報はない。
治験担当医師は、頚部手術(neck surgery)及び心停止(cardiac arrest)と治験薬、
治験手順又は医療機器の使用の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者の評価
報告(2004 年 10 月 12 日付け):本被験者は、慢性肺疾患(chronic pulmonary
disease)などの多臓器障害(multiple organ disorders)を有する 77 歳の女性で、「頚
部手術(neck operation)」のために入院する 8 ヵ月前に治験薬を開始した。剖検は
実施しなかった。医療記録も入手できなかった。治験担当医師は、本 SAE と治験薬
の間に因果関係はないと判断した。治験依頼者の医師は、その可能性は高いもの
の、「頚部手術(neck operation)」の性質を知ることが有用であるとしている。
2004 年 10 月 20 日補遺:本症例についての情報がなく、手術の目的すら不明なた
め、決定的な結論は下せない。2004 年 9 月 8 日更新(2004 年 9 月 7 日の追加情
報):被験者の体重及び身長を追加、治験薬開始日を追加、本文を追加。2004 年
10 月 12 日更新:narrative を更新。2004 年 10 月 20 日:評価報告を追加、「頚部手
術(neck surgery)」に対する注射用治験薬に関する治験依頼者の報告可能性を追
加。2004 年 12 月 22 日:数回の請求後も、治験実施施設からこれ以上の情報はな
し、症例報告を終了。2005 年 3 月 30 日:レビューに基づき、「頚部手術(neck
surgery)」のコードを PT「外科手術(surgery)」に変更、事象を整理、本文中の誤
字を修正。
047-9501
報告用語:呼吸停止(RESPIRATORY ARREST)、MedDRA(基本語):呼吸停止
(RESPIRATORY ARREST)
報告用語:胃腸炎(GASTROENTERITIS)、MedDRA(基本語):胃腸炎
(GASTROENTERITIS)
GHBZ 試験の被験者 047-9501 は 59 歳白人女性で、大腿骨から上腕骨の骨折(femur
to humerus fracture)(現存)、うっ血性心不全(congestive heart failure)、高血圧
(hypertension)、心拡大(cardiomegaly)及び慢性閉塞性肺疾患〔chronic obstructive
pulmonary disease(COPD)〕などの既往歴を有していた。本被験者は複数の併用薬
投与を受けていた。骨粗鬆症に対し、2003 年 11 月 14 日から静注及び経口治験薬の
投与を受けた。治験薬を開始して 1 ヵ月後の 2003 年 12 月 17 日に、胃腸出血
(gastrointestinal bleeding)の症状を訴え、入院した。脱力(weakness)及びコーヒ
ー残渣様便(coffee ground stools)などの症状を発現した。Clopidogrel を使用してい
ることが判明し、治験担当医師はこれが出血(bleed)の原因であると判断した。ま
た、血液量減少症(hypovolemia)、低酸素症(hypoxia)を伴う慢性閉塞性肺疾患
(COPD)、高度な右室拡大(right ventricular enlargement)〔慢性閉塞性肺疾患
(COPD)による〕及び栄養障害(malnutrition)も判明した。治験薬は入院時に中
止し、再開しなかった。翌朝、退院し、胃腸出血(GI bleed)の症状は改善してい
1001
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
た。同日(2003 年 12 月 19 日)死亡した。検視官は、死因を慢性閉塞性肺疾患
(COPD)及び呼吸停止(respiratory arrest)と判断した。剖検は実施しなかった。
2004 年 4 月 27 日の治験実施施設からの続報によると、入院記録に胃腸出血
(gastrointestinal bleed)の診断は記載されていなかった。胃腸炎(gastroenteritis)で
入院し、慢性閉塞性喘息(chronic obstructive asthma)、うっ血性心不全(congestive
heart failure)、血液量減少症(hypovolemia)、肝機能異常(abnormal liver
function)、高血圧(hypertension)、酸素供給依存(dependence of supplemental
oxygen)及び低血圧(hypotension)(治験担当医師はいずれも重篤ではないと判
断)などの二次診断を受けていた。治験担当医師は、呼吸停止(respiratory arrest)
及び胃腸炎(gastroenteritis)と注射用又は経口治験薬、治験手順又は医療機器の使
用との間に因果関係はないと判断した。治験担当医師は、慢性閉塞性肺疾患
(COPD)事象については評価しなかった。治験依頼者の評価報告(2003 年 12 月
24 日付け):本被験者は 59 歳の女性で、治験薬開始から約 1 ヵ月後に胃腸出血
(gastrointestinal bleed)のため入院した。本被験者は死亡し、治験担当医師はこの
重篤な有害事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。これ以上の情報がな
く、重篤な胃腸出血(gastrointestinal bleed)が経口治験薬アレンドロネートに関係
している可能性があるため、現時点でこの評価に同意することはできない。本被験
者が実際に使用した薬剤や出血部位(上部消化管か下部消化管かなど)を明確にす
ることが重要である。治験依頼者の評価報告(2004 年 3 月 26 日付け):最初の報
告には胃腸出血(gastrointestinal bleed)と二次治験薬の因果関係を否定するのに十
分な情報はなかった。現在の追加情報でもこれは変わらない。治験依頼者の評価報
告(2004 年 4 月 28 日付け):前回のコメントは、治験薬の 1 つ(アレンドロネー
ト)が胃腸出血(gastrointestinal bleed)に寄与している可能性を残していた。今回
の更新では、事象として胃腸出血(GI bleeding)を削除し、胃炎(gastritis)とし
た。アレンドロネートは食道炎(esophagitis)を引き起こす可能性があるため、治
験依頼者の医師は、本剤は本被験者の病的状態に寄与していないと判断した。2004
年 1 月 5 日更新:評価報告を追加、治験依頼者の報告可能性(経口治験薬)を追
加。2004 年 3 月 25 日更新:心停止(cardiac arrest)事象、SXS 処置、入院時の併存
状態、治験薬中止日、剖検を実施しなかった旨及び clopidogrel と出血に関する PI の
コメントを追加、胃腸出血(GI bleed)の用語から「可能性」を削除。2004 年 3 月
29 日:評価報告を追加。2004 年 4 月 27 日のフォローアップ:「心停止(cardiac
arrest)」事象を「呼吸停止(respiratory arrest)」に変更、「胃腸炎
(gastroenteritis)」、「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」事象を追加、「胃腸出血(GI
bleed)」事象を削除、呼吸停止(respiratory arrest)事象の ABATE を OUNK に更
新。死因を慢性閉塞性肺疾患(COPD)に変更、本文を適宜更新、CIOMS のコメン
トを追加。2004 年 5 月 4 日編集:評価報告及び治験依頼者の報告可能性を追加。
2004 年 5 月 17 日編集:点検時に、被疑薬名を修正。2004 年 5 月 18 日編集:監査証
跡から被疑薬名を削除。2004 年 6 月 1 日更新:死因に呼吸停止を追加、慢性閉塞性
肺疾患(COPD)事象については、事象終了日及び SI による因果関係の判断を UA
からなしに変更、本文を更新、症例報告を終了。2004 年 7 月 15 日更新:主要死因
として慢性閉塞性肺疾患(COPD)を選択。
402-4211
報告用語:嚥下性肺炎(PNEUMONIA ASPIRATION)、MedDRA(基本語):嚥下
性肺炎(ASPIRATION PNEUMONIA)
報告用語:動脈閉塞性疾患(ARTERIAL OCCLUSIVE DISEASE)、MedDRA(基本
語):両下肢動脈閉塞(RIGHT AND LEFT LEG ARTERIAL OBSTRUCTION)
GHBZ 試験の被験者 402-4211 は 69 歳白人女性で、関節リウマチ(rheumatoid
arthritis)などの既往歴を有していた。本被験者は、diclofenac、leflunomide、
enalapril、prednisone、vitamin D 及び calcium など複数の併用薬投与を受けていた。
2004 年 5 月 24 日から治験薬(皮下及び経口)の投与を受けた。右下肢痛(RIGHT
LEG PAIN)、その後両下肢痛(pain in both legs)を発現した。治験薬開始から 3 週
1002
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
間と 1 日後の 2004 年 6 月 15 日に、両下肢動脈閉塞(right and left leg arterial
obstruction)のため入院した。2004 年 6 月 14 日に治験薬の最終投与を受け、中止し
た。その後も入院を継続した。2004 年 6 月 23 日に予定されていた両下肢動脈閉塞
手術(right leg arterial obstruction surgery)を受けることはできなかった。2004 年 6
月 19 日から原因不明の嘔吐(vomit)が始まり、嚥下性肺炎(aspiration
pneumonia)を発現した。2004 年 6 月 19 日に嚥下性肺炎(aspiration pneumonia)に
よる非外傷性心肺停止(non-traumatic cardiorespiratory arrest)のため死亡した。治験
担当医師は、本事象と治験薬又は治験手順との因果関係を裏付けるデータはないと
判断した。治験担当医師は、嚥下性肺炎(aspiration pneumonia)は入院
(hospitalization)の合併症で、治験薬又は治験手順との因果関係はないと判断し
た。評価報告(2004 年 6 月 23 日付け):本被験者は、長期間の関節リウマチ
(rheumatoid arthritis)の既往を有する 69 歳の女性で、右下肢に急性動脈閉塞
(acute arterial obstruction)を発現した。現時点でこれ以上の情報はない。評価報告
(2004 年 6 月 24 日付け):急性動脈閉塞(acute arterial obstruction)のため入院
し、3 日後に嚥下性肺炎(aspiration pneumonia)を発現し、本事象の進行により死亡
した。いずれの事象も治験薬との因果関係はないと考えられた。2004 年 6 月 24 日
更新:評価報告を追加(2004 年 6 月 23 日に追加情報入手):嚥下性肺炎
(aspiration pneumonia)の臨床事象、死亡日及び死因、治験薬最終投与日を追加。
2004 年 6 月 25 日更新:評価報告を追加、CIOMS のコメントを更新。2004 年 7 月 1
日更新(2004 年 6 月 30 日に詳細情報入手):入院日を 2004 年 6 月 15 日に変更、
narrative を更新。2004 年 8 月 20 日更新(2004 年 8 月 19 日に追加情報入手):
narrative を更新、動脈閉塞(arterial obstruction)事象を両下肢に変更。 2004 年 8 月
24 日更新:症例検討後、2004 年 6 月 24 日の評価報告を嚥下性肺炎(aspiration
pneumonia)の発現日に死亡と記載変更、症例報告を再度終了。
404-4406
報告用語:敗血症性ショック(SEPTIC SHOCK)、MedDRA(基本語):敗血症性
ショック(SEPTIC SHOCK)
報告用語:錯乱状態(CONFUSIONAL STATE)、MedDRA(基本語):錯乱症候群
(CONFUSSIONAL SYNDROME)
報告用語:腸膀胱痩(ENTEROVESICAL FISTULA)、MedDRA(基本語):腸膀
胱痩(FISTULA ENTEROVESICAL)
報告用語:関節痛(ARTHRALGIA)、MedDRA(基本語):股関節痛(HIP
PAIN)
報告用語:尿路感染(URINARY TRACT INFECTION)、MedDRA(基本語):尿
路感染(URINARY INFECTION)
報告用語:膣出血(VAGINAL HAEMORRHAGE)、MedDRA(基本語):膣出血
(VAGINAL BLEEDING)
GHBZ 試験の被験者 404-4406 は 88 歳白人女性で、骨関節炎(osteoarthritis)、関節
リウマチ(rheumatoid arthritis)、気管支拡張症(bronchiectasis)などの既往歴を有
していた。本被験者は、tramadol (tramadol を中止し、dextropropoxyphene 98mg 及
び dipirone 400mg を開始し、死亡まで継続)、paracetamol, omeprazole, ibuprofen,
vitamin D, methylprednisolone 及び calcium など複数の併用薬投与を受けていた。骨粗
鬆症に対し、2004 年 3 月 10 日から治験薬(静注及び経口)の投与を受けた。治験
薬開始から約 2 ヵ月後の 2004 年 5 月 7 日に左股関節痛(left hip pain)に対する人工
股関節全置換(total hip replacement)のため入院した。2004 年 5 月 15 日に退院した
が、股関節痛(hip pain)は持続した。手術は遅延していた。治験担当医師は、股関
節痛(hip pain)と治験薬又は治験手順とは因果関係がなく、本被験者の既往歴によ
るものであると判断した。2004 年 7 月 1 日に膣出血(vaginal bleeding)のため入院
した。腹部及び経膣超音波検査の結果、異常は認められなかった。膣出血(vaginal
bleeding)は 2004 年 7 月 2 日に自然停止した。その後、2004 年 7 月 3 日に錯乱症候
群(confusional syndrome)の発症が診断された。心理的又は精神的障害
1003
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
(psychological or psychiatric problems)の既往はなかった。精神科医の診察を受け、
risperidone 及び lorazepam(trapax)の投与を開始した。2004 年 7 月 8 日に、カルテ
及び治験結果を検討した。被験者が朝、ベッドに起立していたため、2004 年 7 月 14
日に経口治験薬を中止した。本事象は 2004 年 7 月 14 日に寛解し、退院した。皮下
治験薬投与は継続した。2004 年 7 月 16 日の娘の報告によると、意識は明瞭で、見
当識もあり、気分は極めて良好であった。精神病治療薬は継続した。治験担当医師
は、膣出血(vaginal bleeding)及び錯乱状態(confusional state)と治験薬又は治験手
順との間に因果関係はないと判断した。2004 年 7 月 21 日に急性脱水(acute
dehydration)及び熱性症候群(febrile syndrome)のため入院した。臨床検査の結
果、尿路感染(urinary tract infection)の診断が確認された。ciprofloxacin による抗生
物質治療を開始した。2004 年 7 月 24 日時点で患者の状態は安定していた。2004 年
7 月 26 日に退院した。尿路感染(urinary tract infection)は 2004 年 7 月 28 日に消失
した。外来での経過観察を予定していた。治験薬投与は継続した。治験担当医師
は、尿路感染(urinary tract infection)と治験薬又は治験手順との間に因果関係はな
いと判断した。治験薬初回投与から 5 ヵ月後の 2004 年 8 月 8 日に、腹痛
(abdominal pain)、発熱(fever)及び糞尿(fecaluria)のため入院した。2004 年 8
月 10 日に腹部 CT スキャン及び直腸 S 状結腸鏡検査を受け、腸膀胱痩
(enterovesical fistula)と診断された。2004 年 8 月 14 日に、発熱(fever)及び尿路
感染(urinary infection)の持続のため外科的結腸内視鏡検査を受けた。2004 年 8 月
17 日に治験薬の最終投与を受けた。2004 年 8 月 18 日の時点で、入院が継続してい
た。入院中の 2004 年 8 月 21 日に集中治療室に移り、敗血症性ショック(septic
shock)と診断された。臨床的に不安定で、強心薬(amikasine、amrinone、
ceftazidime 及び dobutamine)を要した。入院中、furosemide(血圧が 100mmg 以上の
場合、月、水及び金曜日に投与)、morphine 点滴及び clonazepam の投与も受けた。
代謝性アシドーシス(metabolic acidosis)、脳症(enchephalopathy)及び乏尿
(oliguria)の診断も受けた。臨床症状により、2004 年 8 月 23 日に本試験を中止し
た。2004 年 8 月 17 日に治験薬の最終投与を受けた。敗血症性ショック(septic
shock)による心肺停止(cardiorespiratory arrest)のため 2004 年 9 月 3 日に死亡し
た。剖検は実施しなかった。治験担当医師は、この重篤な有害事象と治験薬、治験
手順又は医療機器の使用との間に因果関係はないと判断した。評価報告(2004 年 5
月 20 日付け):本被験者は慢性股関節痛(chronic hip pain)を伴う骨粗鬆症及び関
節リウマチ(rheumatoid arthritis)の既往を有する 88 歳の女性で、股関節痛(hip
pain)及び手術の可能性の評価のため入院した。評価報告(2004 年 7 月 9 日付
け):2 つの新規事象、膣出血(vaginal bleeding)及び錯乱症候群(confusional
syndrome)と治験薬との間に因果関係はない。評価報告(2004 年 7 月 28 日付
け):関節リウマチ(rheumatoid arthritis )の既往を有する 88 歳の女性で、無作為
割付け後の 3 ヵ月間で多数の事象を発現した。いずれの事象も治験薬との因果関係
はないと考えられる。評価報告(2004 年 8 月 23 日付け):発熱(fever)、腹痛
(abdominal pain)及び糞尿(fecaluria )のため入院した。すでに治験薬を中止して
おり、治験担当医師は、本事象と治験薬の間に因果関係はないと判断した。評価報
告(2004 年 8 月 25 日付け):腸膀胱痩(intestinal vesical fistula)の診断後、敗血症
性ショック(septic shock)を発現した。本試験を中止し、危篤状態に陥った。 2004
年 5 月 21 日更新:評価報告を追加。2004 年 5 月 28 日更新(2004 年 5 月 26 日に追
加情報入手):methylprednisolone を併用薬に追加、narrative を更新。 2004 年 6 月
10 日更新:経口治験薬投与を週 1 回に変更。2004 年 7 月 9 日(2004 年 7 月 8 日に追
加情報入手):膣出血(vaginal bleeding)及び錯乱症候群(confusional syndrome)
の臨床事象を追加、narrative を更新。2004 年 7 月 14 日更新:評価報告を追加。2004
年 7 月 14 日更新(2004 年 7 月 12 日入手情報):本文〔錯乱症候群(confusional
syndrome)に対する治療〕を追加、病歴〔気管支拡張症(bronchiectasis)〕を追
加。2004 年 7 月 20 日更新:経口治験薬中止日及び錯乱症候群(confusional
syndrome)事象消失日を追加、臨床検査データを追加、narrative(2004 年 7 月 8 日
1004
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
の報告)を更新。2004 年 7 月 28 日更新(2004 年 7 月 26 日に追加情報入手):尿路
感染(urinary infection)の新規事象を追加、narrative を更新。2004 年 7 月 29 日更新
(2004 年 7 月 28 日に追加情報入手):2004 年 7 月 26 日に退院した。評価報告を追
加。2004 年 8 月 2 日更新:症例検討時に、2004 年 7 月 21 日の臨床検査結果を追
加、体重を変更。症例報告を再度終了。2004 年 8 月 23 日更新(2004 年 8 月 18 日に
追加情報入手):発熱(fever)、腹痛(abdominal pain)及び糞尿(fecaluria)の新
規事象を追加、narrative 及び CIOMS 欄を更新。2004 年 8 月 24 日更新:評価報告を
追加。2004 年 8 月 25 日更新(2004 年 8 月 24 日に追加情報入手):敗血症性ショッ
ク(septic shock)事象、治験薬最終投与日 2004 年 8 月 17 日、本試験の中止を追
加、narrative、臨床検査データ及び CIOMS を更新。2004 年 8 月 26 日更新:評価報
告を追加。2004 年 9 月 10 日更新(2004 年 9 月 9 日に追加情報入手):発熱
(fever)、腹痛(abdominal pain)及び糞尿(fecaluria)の事象を削除し、症状とし
て追加、腸膀胱痩(fistulal enterovesical)を追加、敗血症性ショック(septic shock)
の開始日を 2004 年 8 月 21 日に変更、併用薬投与中止日を追加、死因及び死亡日を
追加、narrative を更新。2004 年 9 月 17 日更新(2004 年 9 月 16 日に詳細情報入
手):死因を心肺停止(cardiorespiratory arrest)から敗血症性ショック(septic
shock)に変更、narrative 及び CIOMS のコメントを更新。2004 年 9 月 22 日更新
(2004 年 9 月 21 日に詳細情報入手):併用薬 Vitamin D 投与の開始日を 2004 年 1
月 21 日から 2004 年 1 月 28 日に変更。2004 年 9 月 23 日更新(2004 年 9 月 21 日に
詳細情報入手):敗血症性ショック(septic shock)の開始日を 2004 年 8 月 21 日か
ら 2004 年 8 月 31 日に変更、narrative を更新、症例報告を終了。2004 年 9 月 24 日更
新(2004 年 9 月 24 日に詳細情報入手):敗血症性ショック(septic shock)の開始
日を 2004 年 8 月 31 日から 2004 年 8 月 21 日に変更、症例報告を再度終了。2004 年
10 月 1 日更新(2004 年 9 月 30 日に詳細情報入手):体重を 72kg から 73.2kg に変
更、症例報告を再度終了。2004 年 11 月 1 日更新(2004 年 10 月 27 日に追加情報入
手):尿路感染(urinary infection)事象に消失日 2004 年 7 月 28 日を追加、症例報
告を再度終了。2007 年 3 月 30 日更新(2007 年 3 月 27 日に治験実施施設より追加情
報入手):Tramadol 投与中止日を修正、新規薬剤(併用)開始を追加、narrative を
更新。2007 年 5 月 8 更新(2007 年 5 月 4 日に治験実施施設より追加情報入手):
calcium 投与開始日を修正、治療薬として furosemide, morphine 及び clonazepam 追
加、narrative 及び関連欄を更新。
500-5014
報告用語:急性腎不全(RENAL FAILURE ACUTE)、MedDRA(基本語):急性腎
機能不全(ACUTE RENAL INSUFFICIENCY)
報告用語:心不全(CARDIAC FAILURE)、MedDRA(基本語):心不全
(CARDIAC INSUFFICIENCY)
報告用語:多臓器不全(MULTI-ORGAN FAILURE)、MedDRA(基本語):多臓
器不全(MULTI-ORGAN FAILURE)
報告用語:細菌性関節炎(ARTHRITIS BACTERIAL)、MedDRA(基本語):右股
関節化膿性関節炎(PYOARTHRITIS RIGHT HIP)
報告用語:敗血症性ショック(SEPTIC SHOCK)、MedDRA(基本語):敗血症性
ショック(SEPTIC SHOCK)
報告用語:医療機器不具合(DEVICE FAILURE)、MedDRA(基本語):プロテー
ゼ全破裂(TOTAL RUPTURE OF PROSTHESIS)(右股関節)
GHBZ 試験の被験者 500-5014 は 55 歳白人女性で、骨粗鬆症、関節リウマチ
(rheumatoid arthritis)、プロテーゼ使用(prosthesis use)、胃炎(gastritis)及び迷
路炎(labyrinthitis)などの既往歴を有していた。関節リウマチ(rheumatoid
arthritis)に対し methotrexate、prednisone、etoricoxib 及び folic acid、胃炎(gastritis)
に対し omeprazole、迷路炎(labyrinthitis)に対し gingko biloba を併用していた。
2004 年 3 月 24 日に治験薬〔骨粗鬆症に対する経口及び皮下盲検投与〕の初回投与
を受けた。治験薬の初回投与から約 35 ヵ月後の 2007 年 2 月 10 日に入院し、プロテ
1005
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
ーゼ全破裂(total rupture of prosthesis)(右股関節)、化膿性関節炎(pyoarthritis)
(右股関節)、敗血症(sepsis)、急性腎機能不全(acute renal insufficiency)及び心
不全(cardiac insufficiency)の診断を受け、集中治療室に入った。治験担当医師は、
プロテーゼ全破裂(total rupture of prosthesis)及び化膿性関節炎(pyoarthritis)の原
因は不明であるが、外傷(trauma)又は事故(accident)の既往はなかったとしてい
る。本被験者は他院に入院したため、診断経緯、臨床検査データ又は検査結果、矯
正治療に関する情報はなかった。腎不全及び心不全(renal and cardiac failures)に進
行し、2007 年 2 月 20 日に死亡した。死因は多臓器不全(multi-organ failure)、敗血
症性ショック(septic shock)であった。治験担当医師は、入院時の敗血症(sepsis)
は死因の 1 つとなった敗血症性ショック(septic shock)と同一のものなので考慮す
る必要はないと判断した。剖検は実施しなかった。治験担当医師はいずれの事象も
治験薬、医療機器又は治験手順との因果関係はないと判断した。追跡を試みた。
2007 年 2 月 26 日更新(2007 年 2 月 22 日に治験担当医師より追加情報入手):2007
年 2 月 21 日にに死亡した旨を追加、死因不明の旨を追加、剖検実施の有無が不明で
ある旨を追加、プロテーゼ全破裂(total rupture of prosthesis)(右股関節)及び敗血
症(sepsis)に死亡(death)の重篤性の基準を追加、narrative を更新、PSUR のコメ
ントを更新。2007 年 3 月 26 日更新(内部審査による):Product 欄(Products tab)
における二次治験薬開始年を修正。2007 年 6 月 4 日更新(2007 年 5 月 30 日に治験
担当医師より追跡情報入手):腎不全及び心不全(renal and cardiac failures)に進行
した旨を追加、死亡日を 2007 年 2 月 21 日から 2007 年 2 月 20 日に変更、多臓器不
全(multi-organ failure)、敗血症性ショック(septic shock)及び敗血症(sepsis)を
死因に追加、剖検を実施しなかった旨を追加、治験担当医師は、プロテーゼ全破裂
(total rupture of prosthesis)及び化膿性関節炎(pyoarthritis)の原因は不明である
が、外傷(trauma)又は事故(accident)の既往はなかったとしている旨を追加、プ
ロテーゼ全破裂(total rupture of prosthesis)(右股関節)、化膿性関節炎
(pyoarthritis)(右股関節)、急性腎機能不全(acute renal insufficiency)及び心不
全(cardiac insufficiency)のアウトカムを「回復せず」に変更、医療機器を併用療法
として追加、多臓器不全(multi-organ failure)及び敗血症性ショック(septic
shock)を重篤な有害事象として追加、narrative を更新、PSUR のコメントを更新。
2008 年 3 月 19 日更新(2008 年 3 月 19 日に治験担当医師より追跡情報入手):治験
担当医師が本敗血症(sepsis)事象を敗血症性ショック(septic shock)と同じとみな
したため、入院(hospitalization)及び死亡(death)の基準としての敗血症
(sepsis)事象を削除 、通信欄を更新、narrative 及び PSUR のコメントを更新。
501-5106
Infect hypertensive ulcer(Skin ulcer)
報告用語:うっ血性心不全(Cardiac failure congestive)、MedDRA(基本語):う
っ血性代償性心不全(CONGESTIVE CARDIAC INSUFFICIENCY
DECOMPENSATION)
報 告 用 語 : 肺 塞 栓 症 ( Pulmonary embolism ) 、 MedDRA ( 基 本 語 ) : 肺 塞 栓 症
(PULMONARY EMBOLISM)
報告用語:皮膚潰瘍(SKIN ULCER)、MedDRA(基本語):感染性高血圧性潰瘍
(INFECT HYPERTENSIVE ULCER)
GHBZ 試験の被験者 501-5106 は 78 歳白人女性で、骨粗鬆症、動脈性高血圧
(arterial hypertension)、下大静脈瘤(inferior members varices)、不整脈
(arrhythmia)、関節リウマチ(rheumatoid arthritis)及び膝、胸郭、腰及び手の骨関
節炎(osteoarthritis)などの既往歴を有していた。関節リウマチ(rheumatoid
arthritis)に対し methotrexate、folic acid、prednisone、paracetamol 及び dipyrone、高
血圧(hypertension)に対し hydrochlorothiazide 及び captopril、骨粗鬆症に対し
calcium の併用投与を受けていた。2004 年 3 月 10 日に、骨粗鬆症に対し、治験薬
(盲検投与)の初回投与を受けた。治験薬開始から約 1 年 7 ヵ月後の 2005 年 10 月
1006
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
10 日に、右外果局所所見で感染性高血圧性潰瘍(infected hypertensive ulcer)を認め
た。2 ヵ月後の 2005 年 12 月 8 日に感染性高血圧性潰瘍(infected hypertensive ulcer)
のため入院したが、疼痛(pain)はなかった。入院中、矯正治療として、Cephalotin
の投与を受けた。リウマチ性血管炎(rheumatoid vasculitis)の前診断は確認され
ず、治験担当医師は 2005 年 12 月 13 日に神経筋電図検査を実施し、末梢性多発ニュ
ーロパチー(peripheral polyneuropathy)を認めた。2005 年 12 月 16 日に退院し、本
事象は回復した。治験薬は中断せず、本試験は中止しなかった。治験担当医師は、
感染性高血圧性潰瘍(infected hypertensive ulcer)と治験薬又は治験手順の間に因果
関係はなく、本事象の原因は動脈性高血圧(arterial hypertension)であると判断し
た。2006 年 1 月 3 日更新(2005 年 12 月 27 日に治験担当医師より追加情報入手):
有害事象を外果感染性潰瘍(lateral malleolus infectious ulcer)から感染性高血圧性潰
瘍(infected hypertensive ulcer)に変更、入院及び退院日、検査、矯正治療及びアウ
トカムを追加、narattive を更新、PSUR のコメントを更新。2006 年 1 月 16 日更新
(2006 年 1 月 11 日に治験担当医師より追加情報入手):事象開始日及び終了日を
入院重篤性の基準に適合するよう修正、症状に関する情報を追加、narrative を更
新。2006 年 2 月 15 日更新(2006 年 2 月 15 日の内部審査による):治験担当医師の
ID フォーマットを修正。本症例は 78 歳白人女性で、骨粗鬆症、関節リウマチ
(rheumatoid arthritis)、動脈性高血圧(hypertension arterial)、高血圧性心筋症
(myocardiopathy hypertensive)、静脈瘤(varices)、頭痛(headache)、不安
(anxiety)、不眠症(insomnia)、白内障(cataract)、迷路障害(labyrinth
disorder)、異脂肪血症(dyslipidaemia)、便秘(intestinal constipation)、爪真菌症
(onychomycosis)及び慢性心房細動(chronic atrial fibrillation)などの既往歴を有し
ていた。骨粗鬆症に対し calcium、高血圧(hypertension)に対し hydrochlorothiazide
及び captopril、関節リウマチ(rheumatoid arthritis)に対し methotrexate、folic acid、
prednisone、paracetamol 及び metamizole の併用投与を受けていた。2004 年 3 月 10 日
に、 骨粗鬆症に対し、治験薬(経口及び皮下盲検投与)の初回投与を受けた。治験
薬開始から 2 年 3 ヵ月後の 2006 年 6 月 6 日に、うっ血性代償性心不全(congestive
cardiac insufficiency decompensation)を発現し、同日入院した。同日、2006 年 6 月 6
日に、治験薬投与を中止した。治験担当医師は、肺感染(pulmonary infection)の可
能性を否定し、うっ血性心不全(congestive cardiac insufficiency)の診断は 2006 年 6
月 6 日の臨床評価及び胸郭 X 線に基づいているとした。矯正治療として captopril、
furosemide、spironolactone、酸素、fenoterol、ipratropium、ranitidine 及び heparin の投
与を受けた。2006 年 6 月 10 日に退院した。2006 年 6 月 19 日に、同じうっ血性代償
性心不全(congestive cardiac insufficiency decompensation)の事象のため再入院し
た。この時も、矯正治療として captopril、furosemide、spironolactone、酸素、
fenoterol、ipratropium、ranitidine 及び heparin の投与を受け、回復していた。2006 年
6 月 27 日に肺塞栓症(pulmonary embolism)を発現し、治験担当医師は、これを不
測の発現とした。同日、2006 年 6 月 27 日に死亡し、死因は肺塞栓症(pulmonary
embolism)で、剖検は実施しなかった。治験担当医師は、うっ血性代償性心不全
(congestive cardiac insufficiency decompensation)及び肺塞栓症(pulmonary
embolism)と治験薬又は治験手順の間に因果関係はないと判断した。これ以上の情
報は得られなかった。2006 年 6 月 26 日更新(2006 年 6 月 20 日に治験担当医師より
追加情報入手):事象用語を肺炎(pneumonia)からうっ血性代償性心不全
(congestive cardiac insufficiency decompensation)に変更、2006 年 6 月 10 日に退院
した旨を追加、同じ事象により 2006 年 6 月 19 日に再入院した旨を追加、captopril、
furosemide、spironolactone、酸素、fenoterol、ipratropium、ranitidine 及び heparin を矯
正治療として追加、本被験者が本試験を中止しなかった旨を追加、narrative を更
新、PSUR のコメントを更新。2006 年 6 月 29 日更新(2006 年 6 月 28 日に治験担当
医師より追加情報入手):既往歴として慢性心房細動(chronic atrial fibrillation)を
追加、2006 年 6 月 27 日に死亡し、死因は肺塞栓症(pulmonary embolism)で、剖検
は実施しなかった旨を追加、肺塞栓症(pulmonary embolism)をアウトカム及び死
1007
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
亡(death)の重篤性の基準とともに重篤な有害事象として追加、肺塞栓症
(pulmonary embolism)と治験薬の因果関係の見解を追加、narrative を更新、PSUR
のコメントを更新。2006 年 7 月 7 更新(2006 年 7 月 4 日に治験担当医師より追加情
報入手):うっ血性心不全(congestive cardiac insufficiency)の診断が 2006 年 6 月 6
日の臨床評価及び胸郭 X 線に基づいている旨を追加、captopril、furosemide、
spironolactone、酸素、fenoterol、ipratropium、ranitidine 及び heparin を初回入院中の
矯正治療として追加、病歴から不整脈(cardiac arrhythmia)を削除、うっ血性代償
性心不全(congestive cardiac insufficiency decompensation)のための「入院
(hospitalization)」及び肺塞栓症(pulmonary embolism)による「死亡(death)」
の重篤性の基準を確認、これ以上の情報は得られなかった旨を追加、narrative を更
新。
501-5115
報告用語:敗血症(SEPSIS)、MedDRA(基本語):敗血症(SEPSIS)
GHBZ 試験の被験者 501-5115 は 77 歳黒人男性で、慢性静脈機能不全(chronic
venous insufficiency)、パーキンソン病(parkinson's disease)、貧血(anemia)、関
節痛(arthralgia)及び関節リウマチ(rheumatoid arthritis)などの既往歴を有してい
た。関節リウマチ(rheumatoid arthritis)に対し、methotrexate、folic acid、
chloroquine、diclofenac sodium 及び rofecoxib、関節痛(arthralgia)に対し
acetaminophen、パーキンソン病(parkinson's disease)に対し vitamin D 補給を併用し
ていた。注射用治験薬は 2004 年 3 月 15 日、経口治験薬は 2004 年 3 月 16 日に初回
投与を受けた。テリパラチドの注射は腹部のみであった。2004 年 12 月 26 日に疲労
(fatigue)、体重減少(weight loss)、脱力(weakness)及び食欲不振(anorexia)
を訴えた。これらの症状は進行し、精神的昏迷(mental stupor)の発現を伴った。
また、両大腿及び両足の瘢痕感染(infected scars)も発現した。治験薬最終投与日
は 2005 年 1 月 27 日であった。治験薬開始から約 10 ヵ月後の 2005 年 1 月 28 日に、
敗血症(sepsis)のため入院した。入院中に、脱水(dehydration)、気管支肺炎
(bronchopneumonia)、尿路感染(urinary tract infection)、電解質障害(electrolyte
disorder)である高ナトリウム血症(hypernatremia)及び低カリウム血症
(hypokalemia)、代謝性アシドーシス(metabolic acidosis)、貧血増悪(worsening
of anemia)、急性肺水腫(acute pulmonary edema)及び多臓器不全(multiple organ
failure)と診断された。2005 年 1 月 28 日のヘモグロビン濃度は 9.6g/dl、ヘマトクリ
ット値は 29.9%であった。2005 年 1 月 29 日のヘモグロビン濃度は 5.4g/dl、ヘマト
クリット値は 20.6%であった。治療として、2005 年 1 月 28 日に瘢痕切除(scar
debridment)、水分補給(hydration)、輸血(blood transfusion)及び Ciprofloxacin
hydrochloride による抗生物質治療、2005 年 1 月 28 日から 2005 年 2 月 9 日まで
ceftriaxone sodium、2005 年 1 月 28 日から 2005 年 2 月 8 日まで metronidazol、2005 年
2 月 8 日から clindamycin、2005 年 2 月 9 日から ceftazidime の投与を受けた。2005 年
2 月 3 日のヘモグロビン濃度は 11.4g/dL、ヘマトクリット値は 35.7%であった。入
院中は治験薬を中止した。2005 年 2 月 20 日に死亡した。死因は多臓器不全
(multiple organ failure)、敗血症性ショック(septic shock)〔敗血症(sepsis)〕及
び気管支肺炎(bronchopneumonia)とされた。剖検は実施しなかった。より詳細な
情報を要求している。治験担当医師は敗血症(sepsis)と治験薬又は治験手順の間に
因果関係はないと判断した。2005 年 2 月 21 日更新(2005 年 2 月 17 日に追加情報入
手):事象及び治療開始日を追加、narrative 及び臨床検査データを更新。2005 年 2
月 23 日更新(2005 年 2 月 22 日に追加情報入手):死亡日を追加、死亡(death)を
敗血症(sepsis)の重篤なアウトカムとして追加、病的状態に関する narrative を更
新、関連既往歴を追加。2005 年 3 月 9 日更新(2005 年 3 月 7 日に追加情報入手):
剖検を実施しなかった旨を追加、関連臨床検査データを追加、narrative を更新、症
例報告を終了。
502-5208
報告用語:気胸(PNEUMOTHORAX)、MedDRA(基本語):気胸
1008
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
(PNEUMOTHORAX)
報告用語:肺線維症(PULMONARY FIBROSIS)、MedDRA(基本語):肺線維症
(PULMONARY FIBROSIS)
報告用語:肺炎(PNEUMONIA)、クラス:肺炎(PNEUMONIA)
報告用語:気道感染(RESPIRATORY TRACT INFECTION)、MedDRA(基本
語):呼吸器感染(RESPIRATORY INFECTION)
報告用語:敗血症(SEPSIS)、MedDRA(基本語):敗血症(SEPSIS)
報告用語:慢性閉塞性肺疾患(CHRONIC OBSTRUCTIVE PULMONARY
DISEASE)、MedDRA(基本語):慢性閉塞性肺疾患増悪(WORSENING OF
CHRONIC OBSTRUCTIVE PULMONARY DISEASE)
GHBZ試験の被験者 502-5208 は 57 歳女性で、骨粗鬆症、高血圧(hypertension)、
代償性心不全を伴う虚血性心疾患(ischemic cardiac disease with compensated cardiac
failure)、冠疾患(coronary disease)、糖尿病(diabetes)、異脂肪血症
(dyslipidemia)、慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease)、喘息
(asthma)及び肺結核(pulmonary tuberculosis)の瘢痕(scar)の既往歴を有してい
た。併用薬は、骨粗鬆症に対するcalcium carbonate、高血圧(hypertension)に対す
るcaptopril及びhydrochlorothiazine、冠疾患(coronary disease)に対するdiltiazem、
digoxine及びacetylsalicylic acid、糖尿病(diabetes)に対するinsulin(商品名及びタイ
プは不明)、異脂肪血症(dyslipidemia)に対するsimvastatin ratiopharm、慢性閉塞性
肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease)に対するacetylcysteineであった。本被
験者は、2004 年 3 月 29 日に、骨粗鬆症のための治験薬の初回投与を受けた。治験
薬投与開始から 7.5 ヵ月後の 2004 年 10 月 14 日、呼吸困難(dyspnea)及び咳嗽
(cough)のため 15 日間入院した。最初の診断は呼吸器感染及び呼吸不全
(respiratory infection and insufficiency)であった。白血球数は 13100(基準値の範囲
4000~10000)、血小板数は 565000(基準値の範囲 150000~450000)であった。矯
正治療としてciprofloxacin及びcorticosteroidsの投与を受け、事象は入院中に消失し
た。本被験者は 2004 年 11 月 5 日に退院した。治験薬投与は継続された。2005 年 3
月 10 日、本被験者に胸郭痛(thoracic pain)が発現した。治験薬投与開始から 1 年
後の 2005 年 3 月 10 日に入院し、気胸(pneumothorax)と診断された。胸腔ドレナ
ージが行われ、空気のみが排出された。2005 年 3 月 10 日午後 11 時 30 分に呼吸不
全(respiratory failure)を発現し換気補助が必要となった。midazolam 45 mg、
fentanyl 100 mg及び静注液の投与を受けた。翌日の 2005 年 3 月 11 日に右肺底部の肺
炎(right lung base pneumonia)から生じた敗血症(sepsis)と診断された。4.4~
8.5 μg/kg/分の速度でのdopamine IV、gatifloxacin 40 mg/日IV、0.9% sidium chloeide/
5% dextrose溶液IV、furosemide 40 mg/日IV、及び酸素による治療を受けた。血液培
養は実施されなかった。白血球数は 17210 /mm3、クレアチンは 2.1 であった。本被
験者は翌 2005 年 3 月 12 日午前 5 時 45 分に敗血症(sepsis)のために死亡した。剖
検は行われなかった。治験薬の最終投与日は 2005 年 3 月 9 日であった。治験担当医
師は、呼吸困難(dyspnoea)及び呼吸器感染(respiratory infection)と治験薬又は治
験手順との因果関係はないと判断した。治験担当医師は、気胸(pneumothorax)及
び敗血症(sepsis)と治験薬又は治験手順との因果関係はないと判断した。治験担当
医師は、COPD(COPD)、肺線維症(pulmonary fibrosis)及び肺炎(pneumonia)と
治験薬又は治験手順との因果関係はないと判断した。治験依頼者の評価報告(2004
年 11 月 9 日):本被験者は高血圧(hypertension)、冠動脈疾患(coronary artery
disease)及び骨粗鬆症の既往歴を有しており、その後に呼吸困難(dyspnea)を発症
した。急性肺感染(acute pulmonary infection)として治療され臨床経過は良好であ
った。2004 年 11 月 1 日更新:2004 年 10 月 27 日に追加情報入手:臨床検査値を追
加、並びに呼吸器感染(respiratory infection)を新たに事象に追加。叙述を更新及び
変更。経口治験薬との関連性を変更。2004 年 11 月 11 日更新:治験依頼者の評価報
告(2004 年 11 月 9 日)を追加。2004 年 12 月 1 日更新:2004 年 11 月 30 日に追加情
報入手:呼吸器感染(respiratory infection)の症状であるため呼吸困難(dyspnea)を
1009
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
事象から削除。治験薬は継続。叙述を更新。症例報告を終了。2005 年 3 月 31 日更
新:2005 年 3 月 30 日に追加情報入手:気胸(pneumothorax)及び敗血症(sepsis)
を事象に追加。死亡原因を追加。叙述、併用薬及び病歴を更新。2005 年 4 月 1 日更
新:症例報告を終了。2005 年 5 月 30 日更新:2005 年 5 月 29 日に追加情報入手:叙
述、病歴、医学的治療、及び臨床検査値を更新。症例報告を再クローズ。2005 年
10 月 19 日更新:2005 年 10 月 17 日に追加情報入手:COPD(COPD)、肺線維症
(pulmonary fibrosis)及び呼吸器感染(respiratory infection)を事象に追加。叙述を
更新。2005 年 11 月 21 日更新:事象用語をCOPDからCOPD増悪(worsening of
COPD)に、呼吸器感染(respiratory infection)から肺炎(pneumonia)に変更。2006
年 8 月 31 日更新:2006 年 8 月 29 日に行われた原資料の内部審査に基づき、気胸
(penumothotrax)の重篤な転帰を「入院」から「致死的」に訂正した。
505-5504
報告用語:呼吸不全(RESPIRATORY FAILURE)、MedDRA(基本語):呼吸不全
(RESPIRATORY INSUFFICIENCY)
報告用語:肺線維症(PULMONARY FIBROSIS)、MedDRA(基本語):肺線維症
増悪(PULMONARY FIBROSIS WORSENED)
報告用語:呼吸困難(DYSPNOEA)、MedDRA(基本語):呼吸困難増悪
(WORSENING OF DYSPNEA)
GHBZ 試験の被験者 505-5504 は 61 歳白人女性で、骨粗鬆症、喘息性気管支炎
(bronchitis asthmatic)及び肺線維症(pulmonary fibrosis)の既往歴を有していた。
併用薬は、salbutamol、fluticasone 及び salmeterol でありすべて喘息性気管支炎に対
する薬剤であった。2004 年 3 月 23 日に骨粗鬆症の治療のための治験薬(盲検治
療)の初回投与を受けた。事象発現の 3 ヵ月前の 2005 年 11 月頃より呼吸パターン
が悪化し自宅酸素吸入を要していた。初回投与から約 11 ヵ月後の 2006 年 1 月 20
日、本被験者は、呼吸困難(dyspnoea)を発現した。同日の 2006 年 1 月 20 日に治
験薬投与が中止された。2006 年 1 月 29 日、本被験者は、呼吸困難増悪(worsening
of the dyspnea)及び肺線維症増悪(worsening of pulmonary fibrosis)のため入院し
た。入院中に、矯正治療として furosemide、theophylline、heparin、terbutaline 及び
hydrocortisone の投与を受けた。2006 年 1 月 31 日午前 9 時 15 分、呼吸不全
(respiratory insufficiency)を発現し、人工呼吸器が装着された。同日の 2006 年 1 月
31 日午前 10 時 15 分、心肺停止(cardiorespiratory arrest)が起こり死亡した。死亡原
因は呼吸不全(respiratory insufficiency)であり、剖検は実施されなかった。治験担
当医師は、呼吸困難増悪(worsening of the dyspnea)、肺線維症増悪(worsening of
pulmonary fibrosis)、及び呼吸不全(respiratory insufficiency)を重篤な有害事象と判
断した。治験担当医師は、呼吸困難増悪(worsening of dyspnea)、肺線維症増悪
(worsening of pulmonary fibrosis)、及び呼吸不全(respiratory insufficiency)と治験
薬又は治験手順との因果関係はないと判断した。追加情報入手の見込みはない。
2006 年 2 月 21 日更新:2006 年 2 月 21 日に行われた内部審査に基づく。治験担当医
師の ID フォーマットを訂正。2006 年 3 月 8 日更新:2006 年 3 月 7 日に治験担当医
師から入手した追加情報。病歴、併用薬、及び矯正治療に肺線維症(pulmonary
fibrosis)及び喘息性気管支炎(bronchitis asthmatic)を追加。呼吸困難増悪(dyspnea
worsening)の重篤性の基準を「入院」に変更。肺線維症増悪(worsening of
pulmonary fibrosis)及び呼吸不全(respiratory insufficiency)を重篤な有害事象に追
加。死亡日を 2006 年 1 月 31 日に訂正。叙述を更新。PSUR コメントを更新。
508-5808
報告用語:骨関節炎(OSTEOARTHRLTLS)、MedDRA(基本語):右膝骨関節炎
(RIGHT KNEE OSTHEOARTHRITIS)
報告用語:肺炎(PNEUMONIA)、MedDRA(基本語):肺炎(PNEUMONIA)
報告用語:抗利尿ホルモン不適合分泌(INAPPROPRIATE ANTIDIURETIC
HORMONE SECRETION)、MedDRA(基本語):抗利尿ホルモン不適合分泌
(INAPPROPRIATE ANTIDIURETIC HORMONE SECRETION)
1010
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
報告用語:間質性肺疾患(INTERSTITIAL LUNG DISEASE)、MedDRA(基本
語):間質性肺炎(INTERSTITIAL PNEUMONIA)
GHBZ試験の被験者 508-5808 は 68 歳白人女性で、骨粗鬆症、関節リウマチ
(rheumatoid arthritis: RA)、右膝関節形成術(right knee arthroplasty)及び消化不良
(dyspepsia)の既往歴を有していた。併用薬は、関節リウマチ(rheumatoid
arthritis)のためのchloroquine、methotrexate及びprednisone、消化不良(dyspepsia)
のためのranitidine、適応症不明のmethylprednisolone、dexamethasone、cefepime、
morphine、tiabendazole、sulfasalazine、levothyroxine sodium、carbamazepine、
diazepam、omeprazoleであった。本被験者は、2004 年 4 月 22 日に、骨粗鬆症の治療
のための治験薬(注射、盲検治療)の初回投与を受け、2004 年 4 月 22 日に治験薬
(毎日の経口投与、盲検治療)の初回投与を受けた。本被験者の娘の報告による
と、治験薬の初回投与から 31 ヵ月後の 2006 年 11 月 11 日に、本被験者は過度の傾
眠(somnolence)、全般性気分不良(bad feeling generalized)、並びに発熱(fever)
や感染(infection)の徴候を伴わないコントロール不良の関節リウマチ
(uncontrolled rheumatoid arthritis)を発現した。同日の 2006 年 11 月 11 日に入院
し、循環血液量正常低ナトリウム血症(euvolemic hyponatremia)と診断された。治
験担当医師は、循環血液量正常低ナトリウム血症(euvolemic hyponatremia)は抗利
尿ホルモン不適合分泌(syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone:
SIADH)症候群が原因であると判断した。甲状腺機能低下症(hypothyroidism)の疑
いは甲状腺刺激ホルモン(TSH)が正常であったことから否定された。2006 年 11
月 18 日にfever pick及び仙骨部褥瘡(sacral decubitus scar)を呈したが感染はなかっ
た。臨床検査値は、ナトリウム 112 mEq/L(基準値の範囲 136~145)(測定日不
明)、甲状腺刺激ホルモン(TSH)3,240 mU/L(2006 年 11 月 13 日)、同日 2 回目
の甲状腺刺激ホルモン(TSH)2,980 mU/L(2006 年 11 月 13 日)、及び 24 時間尿中
ナトリウム 133 mEq/24 時間(基準値の範囲 136~145)(2006 年 11 月 18 日)であ
った。2006 年 11 月 27 日に行われた胸部コンピュータ体軸断層撮影(CAT)では胸
膜病変は認められず間質性肺病変が認められ、間質性肺炎(interstitial pneumonia)
と診断された。2006 年 12 月 14 日に実施された頭蓋CATでは、脳内に拡大性病変
(expansible lesions)は認められず、テント上脳室のわずかな拡大(discreet dilation
of the ventricular supratentorial)がみられた。トポグラフィーは正常であった。2006
年 12 月 21 日に、ヘモグロビン 7.4 g/dL(基準値の範囲 12.5~15.7)、白血球数
11460(単位不明)(基準値の範囲 3,800~11,000)、好中球 86(単位不明)(基準
値の範囲 1,800~7,700)、リンパ球 10%(基準値の範囲 20~45)、血小板数増加
763,000(基準値の範囲 140,000~400,000)、クレアチニン 0.4 mg/dL(基準値の範囲
0.6~1.2)、空腹時グルコース 80 mg/dL(基準値の範囲 74~106)、尿素 43 mg/dL
(基準値の範囲 12.8~42.8)、ナトリウム 136 mEq/L(基準値の範囲 136~145)、
及びカリウム 4.5 mEq/L(基準値の範囲 3.4~4.4)であった。2006 年 12 月 7 日、RA
に合併した間質性肺炎(interstitial pneumonia)がときに抗利尿ホルモン不適合分泌
症候群(syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone: SIADH)に関連す
る低ナトリウム血症(hyponatremia)を引き起こすことから、腎臓専門医がSIADH
を疑った。報告によるとこの診断は確定されなかった。本被験者は矯正治療として
sodium補充を受け(日付不明)、循環血液量正常低ナトリウム血症(euvolemic
hyponatremia)から回復し、2006 年 12 月 22 日に、48 時間以上発熱がみられなかっ
たため退院した。本被験者は 2006 年 12 月 25 日に激しい関節痛(articular pain)を
発現した。2006 年 12 月 27 日に直腸S状結腸鏡検査が実施され、括約筋緊張低下
(sphincterian hypotony)及び内痔核(internal hemorrhoid)が認められた。2006 年 12
月 28 日に右肺感染(right pulmonary infection)〔肺炎(pneumonia)〕の疑いで入院
した。2007 年 1 月 8 日に実施された心電図検査の結果は正常であり、臨床検査値
は、血小板数 732,000(基準値の範囲 140,000~400,000)、リンパ球 3%(基準値の
範囲 20~45)、好中球 89%(基準値の範囲 43~75)、白血球数 30090(単位不明)
(基準値の範囲 3,800~11,000)、平均赤血球ヘモグロビン濃度(MCHC)85.4(単
1011
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
位不明)(基準値の範囲 27~33)、ヘモグロビン 7.4 g/dL(基準値の範囲 12.5~
15.7)、カリウム 4.6 mEq/L(基準値の範囲 3.4~4.4)、ナトリウム 134 mEq/L(基
準値の範囲 136~145)、血清クレアチニン 0.3 mg/dL(基準値の範囲 0.6~1.2)、尿
素 28 mg/dL(基準値の範囲 12.8~42.8)、空腹時グルコース 57 mg/dL(基準値の範
囲 70~106)であった。2007 年 1 月 9 日、本被験者は増悪と改善を繰り返し、発熱
(fever)を呈した。2007 年 1 月 10 日、増悪をきたし準ICUに移送された。矯正治療
としてcefepime及びimipenemの投与を受けた。2007 年 1 月 12 日に血液ガス諸量が測
定され、pH 7.37、PCO2 37、PO2 67.3、重炭酸(HCO3)22.3、及び酸素飽和度
(SO2)93.5 であった。同日の 2007 年 1 月 12 日、整形外科にて関節又は骨原因の発
熱(fever)の可能性が否定された。本被験者は 2007 年 1 月 13 日に心肺不全
(cardiorespiratory failure)のため死亡した。死亡証明書によると死亡原因は細菌性
肺炎(bacterial pneumonia)‐治療抵抗性RA(refractory RA)であった。本被験者は
治験薬投与及び治験が中止された。治験担当医師は、本被験者が間質性肺炎
(interstitial pneumonia)が原因で衰弱したことから間質性肺炎(interstitial
pneumonia)はおそらくRAに続発した慢性病変であり、肺炎(pneumonia)は細菌感
染(bacterial infection)であるため、これら 2 つの事象は別個のものであると判断し
た。治験担当医師は、治験薬及び治験手順と因果関係はないと判断した。2006 年
12 月 19 日更新:2006 年 12 月 19 日に行われた品質審査による。Event欄の事象の転
帰を「回復せず」から「不明」に変更。2007 年 1 月 18 日更新:2007 年 1 月 11 日に
治験担当医師から入手した追加情報に基づく。Patient欄に 2 回のCAT検査結果、並
びにヘモグロビン、白血球数、好中球、リンパ球、血小板数、血清クレアチニン、
空腹時グルコース、尿素、ナトリウム、及びカリウムの結果を追加。Product欄に
chloroquineのdosage 2 及び 3 を追加。Product欄にmethotrexateのdosage 2 を追加。
Product欄にprednisoneのdosage 2、3 及び 4 を追加。Product欄に、併用薬として
methylprednisolone、dexamethasone、cefepime、morphine、tiabendazole、
sulfasalazine、levothyroxine sodium、carbamazepine、diazepam、及びomeprazoleを、矯
正治療としてsodium、cefepime、及びimipenemを追加。Event欄に重篤な有害事象と
して間質性肺炎(interstitial pneumonia)及び肺炎(pneumonia)を追加。循環血液量
正常低ナトリウム血症(euvolemic hyponatremia)の消失日を追加し、治験との因果
関係を「不明」から「なし」に変更。2007 年 1 月 19 日更新:2007 年 1 月 16 日に治
験担当医師より入手した追加情報に基づく。Event欄に、肺炎(pneumonia)消失
日、並びに肺炎(pneumonia)の重篤性の基準として「死亡」を追加した。叙述及
びPSURコメントを更新。2007 年 1 月 23 日更新:内部審査に基づく。叙述に治験担
当医師による治験との因果関係の判断を追加。2007 年 1 月 23 日更新:品質審査に
基づく。Product欄のSodiumを併用薬から矯正治療に変更。2007 年 1 月 24 日更新:
2007 年 1 月 19 日に治験担当医師より入手した追加情報に基づく。Patient欄に右膝関
節形成(right knee arthroplasty)をその他の関連病歴として追加。経口治験薬による
盲検治療の初回投与日を変更。叙述及びPSURコメントを更新。2007 年 1 月 29 日更
新:品質審査に基づく。叙述中の事象発現日を訂正。2007 年 2 月 6 日更新:2007 年
1 月 30 日に治験担当医師より入手した追加情報に基づく。Patient欄に、2007 年 1 月
8 日に実施された臨床検査のデータ、直腸S状結腸鏡検査の結果、及び 2007 年 1 月
12 日に実施された臨床検査のデータを追加。叙述を更新。2007 年 2 月 14 日更新:
2007 年 2 月 13 日に治験担当医師より入手した追加情報に基づく。叙述中に、肺の
事象が別個の 2 事象であることを追加。叙述を更新。2007 年 2 月 14 日更新:2007
年 2 月 14 日の医学的レビューに基づく。Event欄の、低ナトリウム血症
(hyponatremia)及び間質性肺炎(interstitial pneumonia)の皮下注射の盲検治療にお
ける記載を記載なしに変更。2007 年 8 月 2 日更新:2007 年 7 月 24 日に治験担当医
師から入手した追加情報に基づく。臨床検査値の単位及び基準値の範囲に関する情
報を追加。低ナトリウム血症(hyponatremia)の診断についての情報を追加。2007
年 11 月 30 日更新:2007 年 11 月 29 日に治験担当医師より入手した追加情報に基づ
く。事象を低ナトリウム血症(hyponatremia)から抗利尿ホルモン不適合分泌症候
1012
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
群(syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone: SIADH)に変更。叙
述、PSURコメント及び該当欄を更新。
508-5817
報告用語:脳血管発作(CEREBROVASCULAR ACCIDENT)、MedDRA(基本
語):脳血管発作(CEREBRAL VASCULAR ACCIDENT)
報告用語:脳室内出血(INTRAVENTRICULAR HAEMORRHAGE)、MedDRA(基
本語):脳室内出血(INTRA VENTRICULAR HAEMORRHAGE)
GHBZ 試験の被験者 508-5817 は 66 歳白人女性で、関節リウマチ(rheumatoid
arthritis)及び軽度の不眠症(insomnia)の既往歴を有していた。報告された併用薬
は、関節リウマチ(rheumatoid arthritis)のための leflunomide、chloroquine、
paracetamol、及び deflazacort、不眠症(insomnia)のための amitriptyline、及び鎮痛
のための tylex であった。2004 年 6 月 9 日に骨粗鬆症のための治験薬(注射及び経
口)投与が開始された。治験薬の初回投与から約 2 ヵ月後の 2004 年 8 月 11 日に、
悪心(nausea)及び頭痛(headache)のために入院した。午後 9 時頃に投薬治療を受
け、午後 10 時に心肺蘇生法(CPR)が実施された。挿管されて ICU に移送され
た。神経学的検査で瞳孔散大(mydriatic pupils)及び四肢のチアノーゼ(extremity
cyanosis)が認められた。2004 年 8 月 12 日午前 1 時に頭部コンピュータ断層撮影
(CT)検査が実施され、脳室内出血(intraventricular haemorrhage)を伴う広範囲ク
モ膜下出血(extensive subarachnoid haemorrhage)(Fisher 分類 III)と診断された。
補助療法を受けた。2004 年 8 月 12 日午前 1 時に脳動脈造影が行われ、脳動脈瘤破
裂(cerebral aneurysm rupture)が確認された。この検査で頭蓋内(椎骨動脈及び頸
動脈)の血行の停止が認められた。ICU の医師が脳死判定手続き(encephalic death
protocol)を開始し、2004 年 8 月 13 日午前 5 時 15 分に死亡が言い渡された。死亡原
因は出血性血管発作(haemorrhagic vascular accident)であった。剖検は実施されな
かった。追加情報が要請された。治験担当医師は脳血管発作(cerebral vascular
accident)と治験薬又は治験手順との因果関係はないと判断した。2004 年 8 月 23 日
の評価報告:関節リウマチ(rheumatoid arthritis)及び不眠症(insomnia)の既往歴
を有する 66 歳女性の本被験者は治験への組み入れから 2 ヵ月後に脳血管発作
(cerebrovascular accident)を発現し、その 2 日後に死亡した。投与薬剤のいずれと
も因果関係は証明できなかった。2004 年 11 月 29 日の評価報告:これは脳室内出血
(intraventricular bleeding)を伴う出血性卒中(hemorrhagice stroke)の追跡調査情報
である。治験薬との因果関係はない。2004 年 8 月 24 日更新:評価報告を追加。
2004 年 11 月 29 日更新:脳室内出血(intraventricular haemorrhage)の事象を新たに
追加。叙述及び死亡原因を更新。2004 年 11 月 30 日更新:評価報告を追加。2004 年
12 月 1 日更新:被疑薬(suspect drug dosing)に具体的情報を追加。症例報告を終
了。
601-6113
報告用語:股関節形成(Hip arthroplasty)、MedDRA(基本語):人工左股関節置
換(LEFT HIP REPLACEMENT)
報告用語:敗血症性ショック(SEPTIC SHOCK)、MedDRA(基本語):敗血症性
ショック(SEPTIC SHOCK)
報告用語:背部痛(BACK PAIN)、クラス:背部痛(DORSALGIA)
報告用語:細菌性関節炎(ARTHRITIS BACTERIAL)、MedDRA(基本語):化膿
性関節炎(SEPTIC ARTHRITIS)
GHBZ 試験の被験者 601-6113 は 51 歳の南米人男性で、関節リウマチ(rheumatoid
arthritis)、胃炎(gastritis)、及び筋無力症(myasthenia)の既往歴を有し、2004 年
11 月 19 日に人工股関節全置換術の待機手術を受けた。関節リウマチ(rheumatoid
arthritis)のための methotrexate、etanercept、acetaminophen、及び diclofenac、並びに
胃炎(gastritis)のための omeprazole ratiopharm の投与を受けた。本被験者は、2004
年 3 月 17 日に、骨粗鬆症の治療のための治験薬(注射及び経口)の初回投与を受け
た。約 8 ヵ月後の 2004 年 11 月 19 日に待機的(関節リウマチの悪化はなかったた
1013
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
め)人工股関節全置換術のため入院した。手術合併症は発生せず、2 日後の 2004 年
11 月 21 日に退院した。別の医療機関への入院であったため入院中の治療は不明で
あった。入院前の 2004 年 11 月 18 日に治験薬投与が中止された。治験薬は再開され
た(日付不明)。2005 年 7 月 25 日、本被験者は、旅行中に治験薬を紛失したため
一方的に治験薬の服用を中止した。治験薬中止から 6 週間後の 2005 年 9 月 6 日に重
度の背部痛(dorsalgia)のため入院した。身体診察では手及び膝の腫脹(swollen
hands and knees)が認められたのみであった。ヘモグロビンは正常であった。2005
年 9 月 8 日に、赤み及び疼痛を伴う右膝の腫脹(red, swollen and painful right knee)
を呈した。関節穿刺が実施され、炎症液が採取された。炎症液中にグラム陽性菌が
認められた。2005 年 9 月 9 日に、左膝の化膿性関節炎(septic arthritis)である可能
性が高い突然の紅斑(erythema)及び浮腫(edema)がみられたため、両側膝関節切
開を受けた。vancomyocin による治療が開始された。2005 年 9 月 10 日に、敗血症性
ショック(septic shock)を発現し、ICU に移送され強心療法が開始された。2005 年
9 月 12 日に 2 回目の関節洗浄が行われた。本被験者の容態は安定した。2005 年 10
月 1 日に敗血症性ショック(septic shock)のために死亡した。剖検の有無は不明で
あった。追加の診療録の入手を試みている。追加情報を要請した。治験担当医師
は、敗血症性ショック(septic shock)、化膿性関節炎(septic arthritis)及び背部痛
(dorsalgia)と治験薬又は治験手順との因果関係はないと判断した。2005 年 9 月 17
日更新:2005 年 9 月 13 日に追加情報を入手:背部痛(dorsalgia)、化膿性関節炎
(septic arthritis)、及び敗血症性ショックを事象に追加。併用薬を追加。叙述及び
治験薬の状態を更新。2005 年 10 月 27 日更新:2005 年 10 月 24 日に追加情報を入
手:敗血症性ショック(septic shock)の重篤な転帰「死亡」を追加。叙述及び死亡
原因を更新。2005 年 11 月 8 日更新:2005 年 11 月 4 日に入手した情報:文章を追加
(治験薬の中止理由)。2006 年 9 月 29 日更新:データ照合から情報を入手。敗血
症性ショック(septic shock)の「生命を脅かす」の転帰を削除。2006 年 10 月 6 日
更新:2006 年 10 月 4 日に入手した追加情報:手術が待機手術であり、被験者の関
節リウマチの悪化はなかったことの確認を追加。2006 年 11 月 14 日更新:2006 年
11 月 10 日に関係者より入手した追加情報。股関節置換術を事象から削除(待機手
術)。PSUR コメントを更新。叙述の変更はなし(細かなスペルミスや書式設定の
変更は除く)。症例報告への変更:敗血症性ショック(septic shock)の事象消失日
を削除(死亡原因であるため)、背部痛(dorsalgia)の事象に重症度「重度」を追
加、Patient 欄の病歴を更新、PSUR コメントの書式設定。
700-7003
報告用語:肺塞栓症(PULMONARY EMBOLISM)、MedDRA(基本語):肺動脈
血栓塞栓症(PULMONARY THROMBOEMBOLISM)
報告用語:抗リン脂質抗体症候群(ANTIPHOSPHOLIPID SYNDROME)、MedDRA
(基本語):抗リン脂質抗体症候群(ANTIPHOSPOLIPID SYDROME)
報告用語:ショック(SHOCK)、MedDRA(基本語):混合性ショック(MIXED
SHOCK)
GHBZ 試験の被験者 700-7003 は 31 歳のヒスパニック系女性で、全身性エリテマト
ーデス(erythematosus systemic lupus)、ルポイド皮膚炎(lupoid dermatitis)、甲状
腺機能低下症(hypothyroidism)、うつ病(depression)、細菌性膣炎(bacterial
vaginitis)、角膜症(keratopathy)、貧血(anemia)、及び抗リン脂質抗体症候群
(antiphospholipid syndrome)の既往歴を有していた。併用薬は、hydroxychloroquine
sulfate、azothioprine、novotiral、acetylsalicylic acid、atarax、autrin、chlorpheniramine
maleate、omeprazole、及び nifedipine であった。本被験者は 2004 年 4 月 1 日に骨粗
鬆症のための治験薬の初回投与を受けた。2004 年 7 月 17 日より呼吸困難増悪
(worsening dyspnea)、咳嗽(cough)、及びヒアリン喀痰(hyaline expectoration)
を発現した。発熱はなく治療は開始されなかった。2004 年 8 月 3 日に呼吸困難
(dyspnea)及び先端チアノーゼ(acrocyanosis)のために緊急治療室(ER)に収容
された。身体診察では、血圧 95/70 mmHg、心拍数 100 bpm、呼吸数 16、体温
1014
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
37.7℃、及び酸素飽和度 88%であり、末梢性チアノーゼ(peripheral cyanosis)が認
められた。2004 年 8 月 3 日に行われた肺スキャンで肺動脈血栓塞栓症(pulmonary
thromboembolism)が認められた。Nifedipine 及び抗凝固薬(不特定)の投与が開始
された。容態は順調に回復し、2004 年 8 月 4 日に ER を退室した。退室時、
80/60 mmHg の低血圧が残存した。2004 年 8 月 6 日に再び呼吸困難で ER に収容され
たが追加治療は受けず速やかに退室した。2004 年 8 月 6 日に抗リン脂質抗体症候群
(antiphospholipid syndrome)と診断された。2004 年 8 月 12 日、再び ER に移送され
た。このときは傾眠及びショック状態であった。ショック(shock)は、胃腸出血
(gastrointestinal bleeding)によるものと考えられる血液量減少性ショック
(hypovolemic shock)と、肺動脈血栓塞栓症(pulmonary thromboembolism)による
ものと考えられる心原性ショック(cardiogenic shock)の、2 つの病因による混合性
のショックであると判断された。3 回の心マッサージを要し、同日に死亡した。
2004 年 8 月 12 日に死亡原因は肺動脈血栓塞栓症(pulmonary thromboembolism)と
確定された。治験担当医師は、本被験者が 2004 年 8 月 8 日に抗リン脂質抗体症候群
(antiphospholipd syndrome)と診断されたばかりであり、この事象が肺動脈血栓塞
栓症(pulmonary thromboembolism)を引き起こした可能性が高いと判断した。胃腸
出血(gastrointestinal bleeding)はおそらく抗凝固療法によるものと考えられた。
INR は 7.4 であった。これらの事象と治験薬又は治験手順との因果関係はなかっ
た。治験依頼者の評価報告(2004 年 10 月 18 日):ループス(lupus)、肺高血圧症
(pulmonary hypertension)、及び抗リン脂質抗体症候群(antiphospholipd syndrome)
の病歴を有する 31 歳の女性被験者は、肺高血圧症(pulmonary hypertension)の初回
エピソードのため入院した。症状は抗凝固療法を受けた後に改善した。約 1 ヵ月
後、同様の症状で再入院し、同日に退院した。数週間後に明らかなショック状態で
再び収容され、肺塞栓症(pulmonary embolism)の明らかな診断を受け、入院後ま
もなく死亡した。治験依頼者の評価報告(2004 年 12 月 8 日):既存の病態[抗リ
ン脂質抗体症候群(antiphospholipid syndrome)]が主要事象である肺塞栓症
(pulmonary embolism)と関連した。2004 年 10 月 19 日更新:2004 年 11 月 18 日の
治験依頼者の評価報告を追加:2004 年 11 月 17 日に追加情報を入手:重篤な転帰
「入院」を削除。肺動脈血栓塞栓症(pulmonary thromboembolism)の発現日を 2004
年 8 月 3 日から 2004 年 8 月 12 日に変更。2004 年 12 月 1 日更新:症例のレビューに
基づき、混合性ショック(mixed shock)の臨床事象を追加。2004 年 12 月 6 日更
新:2004 年 12 月 1 日に医療機関より追加情報を入手:抗リン脂質抗体症候群
(antiphospholipd syndrome)を事象に追加。叙述の更新。2004 年 12 月 9 日更新:
2004 年 12 月 8 日の評価報告を追加。2005 年 1 月 5 日更新:2005 年 1 月 3 日に追加
情報を入手:叙述及び治験担当医師の因果関係の判断を更新。症例報告を終了。
701-7110
報告用語:敗血症(SEPSIS)、クラス:敗血症(SEPSIS)
報告用語:副腎機能不全(ADRENAL INSUFFICIENCY)、MedDRA(基本語):
急性副腎機能不全(ACUTE ADRENAL INSUFFICIENCY)
報告用語:大葉性肺炎(LOBAR PNEUMONIA)、MedDRA(基本語):右肺底部
の肺炎(PNEUMONIA ON BASAL RIGHT LUNG)
GHBZ 試験の被験者 701-7110 は 47 歳のヒスパニック系女性で、多発性硬化症
(multiple sclerosis)(1993 年より)、頻脈性不整脈(tachyarrhythmia)、関節リウ
マチ(rheumatoid arthritis)(1993 年より)、及び貧血(anemia)の既往歴を有して
いた。報告された併用薬は、prednisone、metoprolol、omeprazole、diclofenac、folic
acid、及び ferrous fumarate であった。本被験者は、2004 年 2 月 24 日に骨粗鬆症のた
めの治験薬(皮下注射及び経口)の初回投与を受けた。2004 年 8 月 2 日に自らの判
断で glucocorticoid 治療の中止を決めた。本被験者は脱力(weakness)を発現した。
治験薬の初回投与から約 6 ヵ月後の 2004 年 8 月 24 日に、急性副腎機能不全(acute
adrenal insufficiency)及び電解質失調(electrolyte imbalance)のため入院した。緊急
治療室到着時に hydrocortisone150 mg の静脈内投与を受けた。7 日後の 2004 年 8 月
1015
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
31 日に退院し、毎日の prednisone15 mg 経口投与が行われた。治験薬は継続され
た。治験担当医師は、当事象と治験薬又は治験手順との因果関係はないと判断し
た。6 ヵ月間の study visit の間に、腋窩温 39℃、脱力(weak)、並びに右肺炎
(right lung pneumonia)及び脱水(dehydration)の症状を伴う全般的な健康状態不良
(generally bad condition)が認められた。治験薬投与開始から 7 ヵ月後の 2004 年 9
月 15 日に入院し、右肺炎(right lung pneumonia)と診断された。入院中に行われた
肝機能検査で肝炎(hepatitis)が疑われた。本被験者は、2004 年 9 月 29 日より、肺
炎(pneumonia)、肝炎(hepatitis)、及び敗血症(sepsis)を有し容態が極めて悪か
った。imiopenem、cefotaxime、amikacin、clindamicin、prednisone、及び ranitidine の
投与が行われた。治験薬投与は 2004 年 9 月 13 日に中止された。本被験者は 2004 年
10 月 24 日午後 6 時 30 分に敗血症(sepsis)のために死亡した。治験担当医師は、
各事象と治験薬又は治験手順との因果関係はないと判断した。2004 年 9 月 23 日の
評価報告:当事象と治験薬又は治験手順との因果関係を示す根拠はなかった。2004
年 11 月 9 日の評価報告:本被験者は臨床状態が非常に悪く、敗血症(sepsis)を発
現し、抗生物質治療に反応を示さずに死亡した。治験薬との因果関係を示す根拠は
なかった。2004 年 9 月 9 日更新:2004 年 9 月 8 日に追加情報を入手:叙述に入院前
の脱力(weakness)の症状を追加。2004 年 9 月 13 日更新:2004 年 9 月 13 日に具体
的情報を入手:経口治験薬の投与量を追加。2004 年 9 月 22 日更新:2004 年 9 月 22
日に追加情報を入手:肺炎(pneumonia)の臨床事象を追加。叙述を更新。2004 年 9
月 24 日更新:評価報告を追加。2004 年 10 月 18 日更新:2004 年 10 月 15 日に追加
情報を入手:治験薬の投与中止日を追加。叙述を更新。2004 年 11 月 4 日更新:
2004 年 10 月 15 日に追加情報を入手:叙述を更新。敗血症(sepsis)を事象及び死
亡原因に追加。2004 年 11 月 11 日更新:2004 年 11 月 9 日の評価報告を追加。症例
報告を終了。2005 年 1 月 6 日更新:データ照合に基づき、右肺底部の肺炎
(pneumonia basal right lung)のコード化を変更。症例報告を再度終了。2005 年 2 月
18 日更新:2005 年 2 月 7 日に追加情報を入手:急性副腎機能不全(acute adrenal
insufficiency)に重篤な転帰「生命を脅かす」を追加。症例報告を再度終了。
701-7111
報告用語:呼吸停止(RESPIRATORY ARREST)、MedDRA(基本語):呼吸停止
(RESPIRATORY ARREST)
GHBZ 試験の被験者 701-7111 は 29 歳のヒスパニック系男性で、精神病
(psychosis)、うつ病(depression)、多発性硬化症(multiple sclerosis)、及び発作
(seizures)の既往歴を有していた。報告された併用薬は、精神病(psychosis)のた
めの haloperidol 及び biperiden、うつ病(depression)のための fluoxetine、並びに骨
粗鬆症のための Prednisone であった。本被験者は、2004 年 2 月 26 日に骨粗鬆症の
ための治験薬(皮下注射及び経口)の投与が開始された。治験薬投与開始から 1 年
1 ヵ月後の 2005 年 3 月 20 日午後 11 時に、本被験者の母親により本被験者の死亡が
発見された。本被験者の状態は安定していた。剖検は行われなかった。死亡証明書
によると、死亡原因は呼吸不全(respiratory failure)であった。追加情報の見込みは
なかった。症例報告を終了。治験担当医師は、当事象と治験薬又は治験手順との因
果関係はないと判断した。2005 年 4 月 18 日更新:2005 年 4 月 14 日に追加情報を入
手:事象用語を呼吸停止(respiratory arrest)に変更。死亡原因及び被験者の人種を
追加。叙述を更新。剖検の実施の有無を「不明」から「なし」に変更。2005 年 4 月
20 日更新:医師によるレビューが行われた日付(physician review date)を追加。症
例報告を終了。2006 年 9 月 25 日更新:2006 年 9 月 25 日に現地関係者より追加情報
を入手:症例報告への新情報の追加はなし。
701-7115
報告用語:死亡(DEATH)、MedDRA(基本語):自然死(NATURAL DEATH)
GHBZ 試験の被験者 701-7115 は 64 歳のヒスパニック系女性で、皮膚筋炎
(dermatomyositis)、甲状腺機能低下症(hypothyroidism)、高血圧
(hypertension)、うつ病(depression)、及び肥満(obesity)の既往歴を有してい
1016
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
た。報告された併用薬は、皮膚筋炎(dermatomyositis)のための chloroquine 及び
methotrexate、甲状腺機能低下症(hypothyroidism)のための levothyroxine、高血圧
(hypertension)のための metoprolol、並びにうつ病(depression)のための fluoxetine
であった。本被験者は、2004 年 3 月 8 日に、骨粗鬆症の治療のための治験薬(注射
及び経口)の投与が開始された。治験薬投与開始から約 9 ヵ月後の 2004 年 12 月 29
日に、本被験者の近親者により死亡が発見され、明らかな死亡原因は認められなか
った。家庭医は死亡証明書の死亡原因を「自然死(natural death)」とした。剖検は
実施されなかった。治験担当医師は死亡と治験薬又は治験手順との因果関係はない
と判断した。2005 年 5 月 31 日更新:2005 年 5 月 25 日に具体的情報を入手:事象用
語を死亡から自然死に変更。叙述を更新。症例報告を終了。
704-7335
報告用語:死亡(DEATH)、MedDRA(基本語):原因不明の死亡(DEATH OF
UNKNOWN CAUSE)
GHBZ 試験の被験者 704-7335 は 78 歳白人女性で、高血圧(hypertension)、関節リ
ウマチ(rheumatoid arthritis)、処置後甲状腺機能低下症(post procedural
hypothyroidism)、胆石症(cholelithiasis)、及び骨粗鬆症の既往歴を有しており、
骨粗鬆症のための鎮痛剤を治験前から大量に服用していた。併用薬は、calcium 及び
vitamin D であった。本被験者は、2004 年 11 月 26 日に、骨粗鬆症のための治験薬
(盲検治療)の初回投与を受けた。初回投与から 1.5 年後の 2006 年 5 月 9 日に死亡
した。原因は不明であった。詳しい情報は提供されなかった。治験担当医師が報告
を求め、救急医からの報告を入手した。報告によると、警察がドアを開けたところ
本被験者が娘のそばで椅子に座ったまま死亡していた。何らかの原因による死亡の
徴候は認められず、突然死が疑われている。救急医は急性の障害による死亡を疑
い、梗塞(infarction)及び肺塞栓症(lung embolism)を鑑別として考えた。死斑
(postmortem lividities)及び死後硬直(rigor mortis)が認められた。外傷、関節変
形、及び心不全(insufficiency)の徴候はみられなかった。剖検は娘の希望により実
施されなかった。治験担当医師は、当事象と治験薬及び治験手順との因果関係はな
いと判断した。2006 年 6 月 16 日更新:2006 年 6 月 13 日に治験担当医師より入手し
た追加情報に基づく。治験薬及び治験手順との因果関係評価を「不明」から「な
し」に変更。叙述及び German Analysis Statement を修正。2006 年 6 月 16 日編集:米
社の所属医師より 2006 年 6 月 15 日に提供され、FDA 提出物に添付された治験依頼
者の評価報告を症例報告に追加。2006 年 6 月 26 日編集:2006 年 6 月 26 日に行われ
た外部審査に基づく。叙述及び評価報告の監査証跡から米社所属医師の名前を削除
し、職位に変更した。2006 年 8 月 15 日更新:2006 年 8 月 14 日に入手した救急医か
らの報告:病歴、叙述の情報、PSUR、及び連絡先を追加。2006 年 8 月 24 日編集:
治験担当医師の ID を訂正。報告は、元々は 2006 年 6 月 19 日に、E2B map の問題か
ら「盲検治療(blinded)」として電子的に提出されたが、現在、E2B map が固定さ
れたのに伴い、治験薬の情報が開示された状態で再提出されている。
704-7349
報告用語:死亡(DEATH)、MedDRA(基本語):原因不明の死亡(NOS)
〔DEATH CAUSE UNKNOWN (NOS)]
GHBZ 試験の被験者 704-7349 は 64 歳白人女性で、1998 年に初めて診断された骨粗
鬆症、1990 年からの高血圧(hypertension)、1991 年の胆嚢切除
(cholecystectomy)、1981 年の右腎摘除(nephrectomy right side)、1997 年からのア
レルギー性胞隔炎(allergic alveolitis)、及び 2004 年からの神経皮膚炎
(neurodermitis)の既往歴を有していた。1998 年 1 月から 1998 年 11 月まで骨粗鬆
症に対する etidronacid/dinatriumsalz(etidronat)による前治療を受けていた。併用薬
は、calcium、vitamin D、azathioprine(imurek)、theophylline(euphylong)、
furosemide(furorese)、spironolactone(jenaspiron)、及び nilvadipine(nivadil)であ
った。骨粗鬆症の治療のため盲検化された治験薬の投与を受けた。2004 年 12 月 23
日に、治験薬の初回投与を受けた。治験薬投与開始から 1 年 5 ヵ月後の 2005 年 5 月
1017
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
1 日に死亡した。近親者が電話で治験担当医師に死亡を伝えた。報告書はまだ入手
されていない。治験担当医師は、死亡(NOS)[death (nos)]と治験薬及び治験
手順との因果関係はないと判断した。2005 年 9 月 8 日のフォローアップ:2005 年 9
月 7 日に入手した情報:病歴及び事象概要中の etidronacid/dinatriumsalz の投与開始
日及び終了日を訂正。治療を開示。
704-7350
報告用語:低カリウム血症(hypokalaemia)、MedDRA(基本語):低カリウム血
症(hypokalemia)
報告用語:低ナトリウム血症(hyponatraemia)、MedDRA(基本語):低ナトリウ
ム血症(hyponatremia)
報告用語:腎新生物(renal neoplasm)、MedDRA(基本語):左腎の新生物
(neoplasm in left kidney)
報告用語:便秘(constipation)、MedDRA(基本語):便秘(obstipation)
報告用語:亜イレウス(subileus)、MedDRA(基本語):亜イレウス(subileus)
GHBZ 試験の被験者 704-7350 は 78 歳白人女性で、喘息(asthma)、高血圧
(hypertension)、びまん性甲状腺腫(diffuse goiter)、高コレステロール血症
(hypercholesterolaemia)、及び高尿酸血症(hyperuricaemia)の既往歴を有してい
た。併用薬は、calcium 及び ergocalciferol(vitamin D)であった。本被験者は、2005
年 12 月 22 日に骨粗鬆症のための治験薬の初回投与を受けた。初回投与から 7 ヵ月
後の 2006 年 7 月 8 日に、亜イレウス(subileus)の疑いで入院した。4 週間の便秘
(obstipation)を有していた。亜イレウス(subileus)の診断が確定された。腸弛緩
薬による治療(relaxant therapy for the bowel)後に便通は正常化した。ソノグラムが
撮られ(日付は報告なし)、左腎に新生物が認められた。2006 年 7 月 18 日に腹部
コンピュータ断層撮影(CT)検査が実施され、腎に 27 mm 大の新生物が確認され
た。腎の尿貯留はみられず、腎血流に身体的所見は認められなかった(without
physical findings)。副腎はわずかに腫脹し土塊様(cloddy)であった。低ナトリウ
ム血症(hyponatremia)及び低カリウム血症(hypokalemia)の診断もついた。臨床
検査結果は提供されなかった。本被験者は、低ナトリウム血症(hyponatremia)及
び低カリウム血症(hypokalemia)の治療として、電解質補充を受けた。泌尿器科医
による腎新生物(renal neoplasm)の精査を受け、詳細な電解質検査を受けるよう言
われた。亜イレウス(subileus)、低ナトリウム血症(hyponatremia)及び低カリウ
ム血症(hypokalemia)は 2006 年 7 月 20 日に消失し、本被験者は退院した。治験担
当医師は、腎新生物の精査のため腎臓専門医にかかることが望ましいと判断した。
これらの事象により治験の中止には至らなかった。本被験者は、2006 年 8 月 26 日
に、腹痛(abdominal pain)を伴う数日間の便秘(obstipation)のため再入院した。
腹部単純 X 線撮影において軽度の宿便(coprostasis)が認められた。臨床検査では
明らかな低カリウム血症(hypokalemia)及び低ナトリウム血症(hyponatremia)が
認められた。臨床検査値は提供されなかった。lacutulose(bifiteral)、
macrogol/potassium chloride/sodium bicarbonate/sodium chloride(movicol)、及び
proctoclysis(浣腸)による治療及び電解質注入を受けた。再度行われた臨床検査で
は電解質はほぼ完全に補充されていた。本被験者は 2006 年 8 月 31 日に退院した。
同日に各事象は消失した。これらの事象により永続的な試験中止には至らなかっ
た。治験担当医師は、これらの事象と治験薬及び治験手順との因果関係はないと判
断した。追加情報の入手が見込まれている[偶然に発見された腫瘤(mass)のタイ
プと正確な位置の評価を入手予定]。2006 年 10 月 9 日更新:症例の非盲検化。
2006 年 10 月 26 日更新:治験担当医師番号を訂正。2006 年 10 月 26 日更新:治験担
当医師番号を再訂正。低ナトリウム血症(hyponatremia)及び低カリウム血症
(hypokalemia)、左腎の新生物(neoplasm)、高尿酸血症(hyperuricemia)。併用
薬は potassium 及び vitamin D であった。2005 年 12 月 22 日に骨粗鬆症のための治験
薬の投与が開始された。1 月 13 日及び 1 月 14 日の週末に救急病棟に収容された。
本被験者は、治験薬の初回投与から約 2 年後の 2007 年 1 月に死亡し、原因は不明で
1018
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
あった。情報の追跡を試みる。治験担当医師は、当事象と治験薬又は治験手順との
因果関係はないと判断した。本症例報告は本被験者の 2 番目の臨床エピソードであ
り、症例 ID:DE200610001156 と相互参照されている。
704-7355
報告用語:死亡(DEATH)、MedDRA(基本語):死亡(DEATH)
GHBZ 試験の被験者 704-7355 は 66 歳白人女性で、2003 年に初めて診断された骨粗
鬆症、1998 年からの甲状腺機能低下症(hypothyroidism)、1998 年からの慢性 C 型
肝炎(chronic hepatitis C)、1996 年からの 2 型糖尿病(diabetes mellitus type II)、
2000 年からの膜性増殖性糸球体腎炎(membraneous proliferative
glomerulonephritis)、1999 年からの再発性丹毒(relapsing erysipelas)、1996 年から
の動脈高血圧(arterial hypertension)、2000 年からの貧血(anaemia)、2003 年から
の両側変形性股関節症(coxarthrosis both sides)、代償性慢性腎機能不全
(compensated chronic renal insufficiency)、冠動脈心疾患(coronary heart disease)、
心筋梗塞後の病態(condition after myocardial infarction)、及び白血球性破砕性血管
炎(leukocytoclastic vasculitis)の既往歴を有していた。数種類の併用薬投与を受け
ていた。本被験者は、骨粗鬆症の治療のための盲検化された治験薬の投与を受け
た。2004 年 12 月 23 日に、治験薬の初回投与を受けた。2005 年 6 月 14 日に、予定
されていた右股関節の全プロテーゼ股関節置換術(total endoprothesis right hip)のた
め入院した。合併症が発生したため 2005 年 9 月 16 日に全身状態の急性増悪(acute
worsening of general condition)で心臓病院に移送された。移送時に敗血症の臨床像
が認められた。脾臓及び腸間膜脈管の敗血症性塞栓(septic emboli)を伴う大動脈弁
の心内膜炎(aortic valve endocarditis)が認められ、回盲部切除及び脾摘除が行われ
た。プロテーゼの感染のためドレーン挿入術が施行された。当初、集中的な医学的
治療により本被験者の容態は安定した。その後、両脚の進行性の灌流障害
(increasing impaired perfusion of both legs)を起こした。敗血症性塞栓(septic
emboli)の再発のため、2005 年 9 月 20 日に左大腿切断を要した。その後、一般状態
は一貫した悪化をきたし、2005 年 9 月 28 日に死亡した。剖検が要請された(情報
は入手されず)。治験担当医師は、死亡と治験薬及び治験手順との因果関係はない
と判断した。*2005 年 12 月 7 日フォローアップ:臨床報告(clinic report)から入手
した情報を追加。病歴に、冠動脈心疾患(coronary heart disease)、心筋梗塞後の病
態(condition after myocardial infarction)、及び白血球性破砕性血管炎
(leukocytoclastic vasculitis)を追加。叙述を追加(第 3 段落)。CIOMS II を更新。
COD 及び actural term を訂正。
504-5400.
報告用語:尿管閉塞(URETERIC OBSTRUCTION)、MedDRA(基本語):両側性
尿管閉塞(BILATERAL URETER OBSTRUCTION)
報告用語:急性腎不全(RENAL FAILURE ACUTE)、MedDRA(基本語):急性腎
機能不全(ACUTE RENAL INSUFFICIENCY)
報告用語:呼吸不全(RESPIRATORY FAILURE)、MedDRA(基本語):急性呼吸
不全(ACUTE RESPIRATORY INSUFFICIENCY)
報告用語:骨関節炎(OSTEOARTHRITIS)、MedDRA(基本語):関節症
(ARTHROSIS)
報告用語:水腎症(HYDRONEPHROSIS)、MedDRA(基本語):両側水腎症
(BILATERAL HYDRONEPHROSIS)
報告用語:骨壊死(OSTEONECROSIS)、MedDRA(基本語):骨壊死
(OSTEONECROSIS)
報告用語:四肢痛(PAIN IN EXTREMITY)、MedDRA(基本語):両側大腿部痛
(THIGH PAIN BILATERAL)
報告用語:心室細動(VENTRICULAR FIBRILLATION)、MedDRA(基本語):心
室細動(VENTRICULAR FIBRILLATION)
GHBZ 試験の被験者 504-5400 は 52 歳のアジア系男性。既往歴は提供されなかっ
1019
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
た。報告された併用薬は、chloroquine、ranitidine、ascorbic acid、pharmaton、及び予
防のための diclofenac sodium であった。本被験者は、2004 年 4 月 27 日に、骨粗鬆症
の治療のための治験薬(皮下注射及び経口)の初回投与を受けた。治験薬投与開始
から 1 ヵ月と 18 日後の 2004 年 6 月 14 日に両側大腿部痛(bilateral thigh pain)及び
右股大腿関節痛(right hip-femoral joint pain)のため入院した。関節症(arthrosis)及
び骨壊死(osteonecrosis)と診断された。腰椎 X 線検査では異常は認められなかっ
た。股関節 X 線検査で軽度の大腿骨頭の変形(femoral head alterations)が数ヵ所に
認められた。また胸部 X 線検査で軽度の心肥大(heart enlargement)が認められた。
deflazacort、ketoprofen、hyoscinne butylbromide、captopril、及び ciprofloxacin による
治療が行われた。2004 年 6 月 15 日、右脚に重度のリンパ浮腫(lymphedema)を発
症した。ドプラ超音波検査が実施され、深部静脈血栓症(deep vein thrombosis)は
否定された。また、本被験者は、肛門変形による腸管出血(intestinal bleeding due to
an anus alteration)、右側腹痛(right side abdominal pain)及び腹部膨満(abdominal
swelling)を呈した。治験薬注射は 2004 年 6 月 16 日に中止された。calcium 及び
vitamin D の補充は 2004 年 6 月 21 日に中止された。2004 年 6 月 22 日、本被験者は
重度の腹部膨満(abdominal swelling)及び両側性の下肢の腫脹(bilateral leg
swelling)、並びに軽度の黄疸(jaundice)を生じた。血圧 100/60 mmHg、心拍数
86、ヘモグロビン 9.7 g、白血球数 1900(好中球 89%)、及びクレアチニン 5.7 mg
であり、代謝性アシドーシス(metabolic acidosis)及び血尿(blood in uria)が認め
られた。腹部コンピュータ断層撮影(CT)検査で両側尿管閉塞(bilateral ureter
obstruction)による両側水腎症(bilateral hydronephrosis)が認められ、急性腎機能不
全(acute renal insufficiency)と診断された。右尿管閉塞(ureter obstruction)を解除
するため泌尿器科医により「pig tail」カテーテル法が試みられたが成功しなかっ
た。本被験者は、2004 年 6 月 23 日に別の泌尿器の手術を受け、急性呼吸不全
(acute respiratory insufficiency)と診断されて ICU に移送された。酸素、
ciprofloxacin、captopril、furosemide、及び非ステロイド抗炎症薬による治療を受け
た。2004 年 6 月 24 日に腹膜透析を開始し、その後に心室細動(ventricular
fibrillation)を起こした。治療に反応せず、2004 年 6 月 24 日に死亡した。2004 年 6
月 23 日に治験が中止されていた。治験担当医師は、これらの事象と治験薬又は治
験手順との因果関係の可能性はないと判断した。2004 年 6 月 17 日の評価報告:52
歳男性の被験者が、大腿部痛を報告したが症状が詳細不明である。病歴や疼痛の特
徴が不明のため、さらなる情報が必要。2004 年 6 月 30 日の評価報告:本被験者
は、治験薬投与開始から約 2 ヵ月後の 2004 年 6 月 14 日に、左股・大腿部の疼痛の
ため入院した。入院数日後に、下肢の浮腫(leg edema)、水腎症
(hydronephrosis)、急性腎不全(acute renal failure)、及び急性呼吸不全(acute
respiratory failure)を発現し、最後に心室細動(ventricular fibrillation)をきたして死
亡した。提供された情報に基づき、これらの事象と治験薬との因果関係を示す根拠
はなかった。2004 年 9 月 22 日の評価報告:提供された情報に基づき、関節症
(arthrosis)及び骨壊死(osteonecrosis)と治験薬又は治験手順との因果関係を示す
根拠はなかった。2004 年 6 月 18 日更新:評価報告を追加。2004 年 6 月 30 日更新:
2004 年 6 月 28 日に追加情報を入手:大腿部痛(thigh pain)の事象を股・大腿痛
(hip-femoral pain)に変更。臨床事象、併用薬、死亡原因、治験薬注射の中止日、
臨床検査値、画像検査を追加。叙述及び CIOMS コメントを更新。2004 年 7 月 6 日
更新:評価報告を追加。2004 年 7 月 1 日に追加情報を入手。叙述中に投与薬剤を追
加。2004 年 9 月 13 日更新:2004 年 9 月 10 日に追加情報を入手。関節症
(arthrosis)及び骨壊死(osteonecrosis)の事象を追加。叙述を更新。2004 年 9 月 15
日更新:2004 年 9 月 15 日に追加情報を入手:股・大腿痛(hip-femoral pain)の事象
を両側大腿部痛(thigh pain bilateral)に変更。叙述を更新。2004 年 9 月 22 日更新:
評価報告を追加。2004 年 9 月 24 日更新:2004 年 9 月 22 日の評価報告を編集。2004
年 10 月 4 日更新:2004 年 10 月 1 日に追加情報を入手:叙述を更新。症例報告を終
了。2004 年 11 月 18 日更新:症例のレビューに基づき、心室細動(ventricular
1020
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBZ 試験
fibrillation)の臨床事象を主要事象として順位を変更。2005 年 1 月 7 日更新:2005
年 1 月 7 日に追加情報を入手:両側尿管閉塞(bilateral ureter obstruction)の事象を
追加。死亡原因を追加。叙述を更新。2005 年 1 月 11 日更新:医師によるレビュー
が行われた日付を追加。症例報告を終了。
表 2.7.4.7-53.
GHBQ 試験で認められた死亡例の詳細(翻訳)
GHBQ 試験
400-1401
報告用語:慢性閉塞性気道疾患増悪(CHRONIC OBSTRUCTIVE AIRWAYS DISEASE
EXACERBATED)、MedDRA(基本語):呼吸不全(RESPIRATORY
INSUFFICIENCY)を伴う COPD の感染増悪(INFECT EXACERBATED COPD)
報告用語:肺出血(PULMONARY HAEMORRHAGE)、MedDRA(基本語):気管
支鏡検査後の肺出血(PULMONARY BLEEDING AFTER BRONCHOSCOPY)
GHBQ 試験の被験者 400-1401 は、呼吸不全(respiratory insufficiency)を伴う慢性閉
塞性肺疾患の感染増悪(infect exacerbated chronic obstructive pulmonary disease)、及び
死亡に至った気管支鏡検査後の肺出血(pulmonary bleeding after bronchoscopy)の重篤
な有害事象を発現した。本被験者は、気管支喘息(bronchial asthma)(1996 年)、
緑内障(glaucoma)(1999 年)、及びビタミン B12 欠乏性貧血(vitamin B12
deficiency anemia)(2001 年)の既往歴を有していた。併用薬は、気管支喘息
(bronchial asthma)のための theophylline 及び fluticasone propionate であった。本被験
者は、2002 年 4 月 22 日から 2003 年 4 月 21 日までフェーズ 1 試験の治験薬(非盲検
のテリパラチド 20 μg を毎日)の投与を受けた。フェーズ 2 試験の治験薬に無作為割
付され、2003 年 4 月 22 日にプラセボの初回投与を受けた。フェーズ 1 試験の治験薬
の投与中止及びフェーズ 2 試験の治験薬の投与開始から約 11 ヵ月後の 2004 年 3 月
14 日に、急性呼吸不全(acute respiratory insufficiency)及び両心室不全(biventricular
cardiac failure)を伴う慢性閉塞性肺疾患の感染増悪(infect exacerbated chronic
obstructive pulmonary disease)のため入院し ICU に収容された。気管分泌物の微生物
学的検査(2004 年 3 月 15 日)で、カンジダ・グラブラタ(Candida glabrata)が
single でが認められ、アスペルギルス・フミガーツス(Aspergillus fumigatus)及び黒
色アスペルギルス(Aspergillus niger)はそれぞれ 1CFU(コロニー形成単位)であっ
た。感染(infection)の治療には、当初は amoxicillin 及び clarithromycin が、後に
piperacillin が使用された。2004 年 3 月 14 日から 2004 年 4 月 3 日まで人工呼吸器の使
用を要した。2004 年 3 月 18 日に気管切開が行われた。2004 年 3 月 19 日の微生物学
的検査では炎症活動を示唆する所見は認められず、培養法で菌の発育はみられなか
った。絶対性不整脈頻脈型(tachyarrhythmia absoluta)(174 bpm)を伴う
Theophylline 中毒(30.4 mg/L)と診断された(日付は治験依頼者に提供されず)。当
事象は diltiazem 及び digitoxin により治療された。正球性正色素性貧血(normocytic
normochromal anemia)(Hb 9.1 mg/mL)のため濃縮赤血球輸血を 2 回受けた(日付は
治験依頼者に提供されず)。2004 年 3 月 31 日に実施された胸部 X 線検査で、2004 年
3 月 28 日の X 線像と比較して、容積負荷の減少がみられ、右側には持続して存在す
る滲出・浸潤はなく、左側には多量の滲出はないが新たな浸潤が認められた。2004
年 4 月 7 日、普通病棟に移った。2004 年 4 月 8 日、神経学的検討会にてパーキンソ
ン病(parkinson's disease)が疑われ、levodopa/benserazid が開始された。2004 年 4 月
21 日の X 線像では、不均一な実質がみられ、わずかな水疱性の異常(minor bullous
deviations)が疑われた。2004 年 4 月 21 日に実施された CT 像と比較し、肺動脈塞栓
(lung artery embolia)は除外されたが、気管支癌(bronchial carcinoma)が強く疑わ
れた。2004 年 4 月 23 日に気管支鏡検査が実施された。生検中に大出血を起こした。
血圧低下(blood pressure decrease)及び心停止(asystolia)を伴う循環性ショック
1021
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
GHBQ 試験
(circulatory shock)を発現した。蘇生後 ICU に移送された。状態は悪化し 2004 年 4
月 23 日に肺出血(pulmonary bleeding)のため死亡した。剖検実施の有無は不明であ
る。治験担当医師はこれらの事象と治験薬又は治験手順との因果関係はないと判断
している。
表 2.7.4.7-54.
GHCK 試験で認められた死亡例の詳細(翻訳)
GHCK 試験
EWC050142408
報告用語:心不全(CARDIAC FAILURE)、MedDRA(基本語):心不全
(CARDIAC FAILURE)
本症例は 78 歳白人女性で、2002 年からの慢性閉塞性気管支炎(chronic obstructive
bronchitis)、喫煙(15 本/日)、後側弯症(kyphoscoliosis)、1976 年からの動脈高血
圧(arterial hypertension)、呼吸困難(dyspnea)、及び 2002 年からの胸やけ
(pyrosis)の既往歴を有していた。呼吸困難(dyspnea)はごく軽度で心臓性ではな
く、治験担当医師は本被験者の重度の骨粗鬆症によるものであると報告した。本被
験者は、重度の胸椎側弯症(scoliosis of thoracal spine)を有し、この重大な変形によ
って肺機能が制限されていた。また、胸やけ(pyrosis)について、本被験者はこれ
までに消化管内視鏡を受けた経験がなかった。胸やけ(pyrosis)はごく軽度で進行
性のものではなかった。本被験者は胃内視鏡検査を拒否し、担当医は胸やけ
(pyrosis)のための保存療法を開始した。本被験者に胃十二指腸潰瘍
(gastroduodenal ulcers)の既往はなかった。本被験者は、高血圧(hypertension)、
予防(prevention)、うつ病(depression)、胸やけ(pyrosis)、呼吸困難
(dyspnea)及び背部痛(back pain)のための多数の併用薬を服用していた。併用薬
には、予防(prophylaxis)のための Aspirin 及び背部痛(back pain)のための
Ibuprofen が含まれた。本被験者は、2004 年 5 月 12 日に骨粗鬆症のための治験薬の
初回投与を受けた。初回投与から約 7 ヵ月後の 2004 年 12 月 29 日に、自宅の階段か
ら大きく転落し、骨折(fracture)を起こした。2004 年 12 月 29 日から 2005 年 1 月 7
日まで、右上腕骨上部の骨折(fracture)のため整形外科に入院した。全身麻酔下で
の骨接合術による治療が施行された。術後、低血圧(hypotension)、頻脈性不整脈
(tachyarrhythmia)、及び呼吸困難(dyspnoea)を発現した。2005 年 1 月 1 日、X 線
像において左肺に気管支肺炎(bronchopneumonia)が疑われ、エコー検査で左胸水
(pleural effusion)、重度の肺高血圧症(pulmonary hypertension)、大動脈弁及び僧
帽弁の退行性変化による弁膜症(degenerative valvulopathy of aortic and mitral
valve)、並びに左室肥大(left ventricular hypertrophy)が認められた。2005 年 1 月 6
日、胸膜穿刺が行われ、滲出液 250 mL が排出された。本被験者は、入院中に、抗生
物質、抗不整脈薬、降圧薬、及び利尿薬による治療を受けた。2005 年 1 月 7 日に退
院して担当医による治療が開始された。2005 年 1 月 13 日、呼吸困難(dyspnoea)、
頻脈(tachycardia)、及び発熱(fever)の徴候で心臓 ICU に緊急入室した。胸水
(pleural effusion)を伴う気管支肺炎(bronchopneumonia)に随伴した初期の肺水腫
(pulmonary edema)、心房細動(atrial fibrillation)、及び発熱状態(febrile status)
と診断された。利尿薬、β遮断薬、及び抗生物質による非経口治療を受けた。2005
年 1 月 15 日に、メレナ(melena)が発現し、血圧が次第に低下して出血性ショック
(haemorrhagic shock)の臨床像を呈した。胃十二指腸鏡検査で十二指腸球部に十二
指腸潰瘍(duodenal ulcer)が認められた。本被験者は挿管され人工換気が開始され
た。血漿増量剤の非経口治療、輸血、及び抗潰瘍治療が開始された。2005 年 1 月 17
日、経鼻胃チューブから血液が排出されたため 2 回目の緊急胃内視鏡検査が行われ
た。十二指腸球部潰瘍(bulbar ulcer)より出血(bleeding)が認められた。2005 年 1
月 17 日より胸膜炎(pleuritis)を伴う気管支肺炎(bronchopneumonia)から生じた敗
1022
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
血症(septic status)を発症した。抗生物質及び昇圧薬が投与された。2005 年 1 月 19
日、心停止(heart arrest)をきたした。心肺蘇生法は成功せず本被験者は死亡した。
剖検で急性心不全(acute heart failure)の死亡原因が確定された。治験担当医師は、
これらの事象と治験薬又は治験手順との因果関係はないと判断した。
表 2.7.4.7-55.
GHAL 試験で認められた死亡例の詳細(翻訳)
GHAL 試験
156-2204
報告用語:死亡(DEATH)、クラス:死亡(DEATH)
GHAL 試験の女性被験者 156-2204 は、死亡のため治験を中止した。19 年 9 月 4 日
に治験薬の初回投与を受けた。治験担当医師は、本被験者の娘から、本被験者が
*1
19 年 11 月 21 日に就寝中に死亡した旨を知らされた。死亡前に徴候・症状は観察
されなかった。剖検は実施されなかった。本被験者は、狭心症(angina pectoris)
(1979 年)、高血圧(hypertension)(1981 年)、心不全(heart failure)(1994
年)、及び心室性不整脈(ventricular arrhythmia)(1995 年)の病歴を有していた。
治験担当医師は、本被験者の死亡は治験薬又は治験手順との因果関係はなく、不整
脈(cardiac arrhythmia)によるものかもしれないと判断した。治験依頼者によると、
本剤の作用機序、本被験者の冠動脈疾患(coronary disorder)の病歴、及び臨床安全
性データを考慮すると、本事象と治験薬との因果関係を示唆する根拠はない。本被
験者は GHAL 試験へのエントリー前に GHAC 試験に参加しており、失神
(fainting)、下痢(diarrhea)、及び腸炎(enterocolitis)の重篤な有害事象を発現し
た。治験担当医師は、これらの事象と治験薬又は治験手順との因果関係はないと判
断した。治験依頼者によると、本被験者は GHAC 試験ではプラセボを投与されてい
たため、これらの事象と治験薬との因果関係はなかった。
*1 治験薬初回投与同年
1023
*新薬承認情報提供時に置き換え
LY333334
表 2.7.4.7-56.
2.7.4
臨床的安全性の概要
自発報告で認められた骨肉腫を発症した症例の詳細(翻訳)
自発報告における骨肉腫
US200512002320
本症例は 72 歳女性であり、複数の椎体骨折を伴う骨粗鬆症及び持続性の背部痛を
有していた。また、免疫抑制剤による治療を受けた関節リウマチ、シェーグレン症
候群及び長期の喫煙を含む複雑な病歴があった。テリパラチド投与開始から約 14
ヵ月後に、右中肺野に自然経過で転移した可能性のある 2.5 cm の非石灰化結節が発
見された。その後、進行転移癌と診断され死亡した。剖検は実施されなかった。
癌の原発部位は確定されなかった。当初の考慮すべき診断は転移を伴う肺癌であっ
た。右胸壁病変の針生検による病理結果では肉腫様の特徴を有すると記述された。
専門機関の病理報告書によると、考慮すべき診断として、巨細胞型悪性線維性組織
球腫、原発性骨腫瘍(例えば異型骨肉腫)と、確率は低いが肉腫様/化生性癌(サン
プルが小さく確定診断は困難)があげられた。報告医は、癌は原発性肺腫瘍であ
り、生検部位が肋骨の隣接部であるため転移の可能性を考えた。癌専門医はタイプ
を特定していないが肉腫であると確信していた。病理医は免疫組織化学的染色か
ら、上皮性悪性腫瘍の診断はほとんど除外できるとした。病理医による生検標本の
精査の結果から、その新生物は高度の骨肉腫の一例であると報告した。
CA200608002694
本症例は 81 歳女性であり、痛みを伴う椎体骨折を有する重度の骨粗鬆症治療に対
してテリパラチド治療を受けた。本剤の投与を開始する 1 年以上前に、痛みを伴わ
ずに増大する既存の脚腫瘤(leg mass)を有していた。左脚腫瘤の摘出手術時に、
腫瘤が皮下腫瘤であり筋肉内への浸潤はないことが明らかになった。病理診断では
単相型線維性滑膜肉腫(monophasic fibrous synovial sarcoma)であった。更なる病理
診断でグレード 1/3 の骨肉腫の可能性が高いと診断されたが、その他の可能性のあ
る鑑別診断として、骨化性繊維粘液腫(ossifying fibromyxoid tumor)、滑膜肉腫
(synovial sarcoma)及び悪性末梢神経鞘腫(malignant peripheral nerve sheath tumor)
が上げられた。本症例の病理鑑別診断は現在も複雑である。報告医師は、増大する
既存の腫瘤を考慮して、骨外性骨肉腫(extraskeletal osteosarcoma)とテリパラチド
との因果関係はないと判断した。
骨癌の専門家の病理コンサルタントから入手したフォローアップでは、この 2 例目
の症例は骨肉腫ではないと結論された。病理コンサルタントの報告書中に、最も可
能性が高い分化パターンとして神経鞘腫(nerve sheath tumor)を示す特徴が認めら
れたと記されていた。報告書の追加情報の詳細を以下に示す。
ヘマトキシリン・エオシン(H&E)染色した 13 枚のスライド及び免疫組織化学染
色を施した 11 枚のスライドが検査された。新生物は中程度のグレード(グレード
2/4)の肉腫であることが示された。様々な細胞分化を示唆するパターンが認められ
た。数種のマーカーで見られた局部的な陽性反応は、非特異的なものであるか、も
しくは臨床的意義を認めるには弱いものであった。組織形態学的、免疫組織化学的
及び分子生物学的検査において、滑膜肉腫、線維粘液腫(fibromyxoid tumour)、ユ
ーイング腫瘍(Ewing’s tumour)/未分化神経外胚葉性腫瘍(Primitive
Neuroectodermal Tumour: PNET)、明細胞肉腫、平滑筋肉腫、脂肪肉腫、線維肉
腫)、悪性黒色腫、及び類上皮肉腫は妥当とは判断されなかった。原発癌及び腓腹
への転移癌は妥当とは判断されなかった。
認められた骨はすべて反応性で、隔壁内にあり、腫瘍領域にはなかった(All bone
found was reactive and in septations, not in tumour areas)。ヒアリン化は進行していた
が肉腫全般によく見られるものであり特異的なものではなかった。検査所見は神経
鞘分化を強く示唆している。
ビメンチン及び S100 染色は陽性であった。また、歪曲した神経が被膜
(pseudoencapsulation)及び腫瘍隔壁及び腫瘍自体に見られた。被膜
(pseudoencapsulation)に衛星結節を有する結節型腫瘍が認められた。病理報告に
は、神経鞘分化の見られる肉腫はごく一部の症例で不均一な構造(heterogenous
1024
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
自発報告における骨肉腫
elements)を形成することが知られていると記されていた。
以上より、病理医コンサルタントは報告書の中で、本症例は本来の骨肉腫
(osteosarcoma)ではなく、検査で特定された特徴は、最も可能性の高い腫瘍の種
類として神経鞘腫が適切であるとした。
US200703006008
本症例は 66 歳男性であり、前立腺癌の病歴を有しており、根治的前立腺摘出術を
施行され、その後再発し前立腺床に対する陽子線外部照射療法を施行された。テリ
パラチド投与開始から 2 ヵ月以内に、腹痛の検査のためコンピュータ断層撮影
(CT)スキャン及び核磁気共鳴映像法(MRI)を受け、左側部恥骨結合の近傍に石
灰化した軟組織瘤(4~5 cm)が発見された。生検が実施され、当初、悪性腫瘍を
除外できない軟骨病変と診断された。その後、更なる病理レビューから、本病変が
グレード 3/4 の軟骨芽細胞性骨肉腫と診断された。腫瘤の大きさとテリパラチドの
投与期間が短い(2 ヵ月未満)であることを考慮すると、本症例の骨肉腫はテリパ
ラチドの治療前から存在する可能性が高い。本症例は腫瘤摘出術後の合併症のため
死亡した。剖検は実施されなかった。
GR200803005451
本症例は 43 歳の男性症例であり、多発性骨折(multiple fractures)、びまん性の骨
痛(bone pain)、及びクローン病(Crohn’s disease)の病歴を有し、risedronate
sodium 及び glucocorticoids による治療を受けていた。本症例は、L1-L4 の骨密度測
定で T スコアは- 3.8 SD であったため、治験前に骨粗鬆症の治療のために
risedronate sodium 及び calcium の投与を受けていた。しかし、1 年間の治療後、L1L4 の T スコアは-4.2 SD に低下した。テリパラチド投与開始の 2 ヵ月後に、本症例
は両下肢痛を報告した。テリパラチド投与は 10 日間中止され、その後再開され
た。両下肢痛は左大腿中央部に限局化した。診察で皮膚の同一領域に痛みのある隆
起(eminence)及び紅斑(erythema)が認められた。
テリパラチドの初回投与から 3 ヵ月後に、左大腿部の核磁気共鳴映像検査(MRI)
及び X 線検査により大腿中央部から上 3 分の 1 の部位の 6×4.4 cm 大の病変(spaceoccupying lesion)、及び大腿の損傷が認められ、悪性骨肉腫(malignant
osteosarcoma)の検査結果は陽性との報告であった。テリパラチドは計 3 ヵ月間の
投与後に中止された。2006 年 6 月 28 日に細針生検の細胞学的検査が実施され、集
団を形成して散在する悪性腫瘍細胞(malignant neoplastic cells)が認められたと報
告された。生検検体は悪性腫瘍陽性であり、骨肉腫の最終診断が確定された。病理
報告書の写しは提供されなかった。
当初、本症例は、脚の切断よりも化学療法(carboplatin、ifosamide、及び
doxorubicin を 3 サイクル)を選択した。その後、2006 年 10 月 9 日に切断術を受け
た。外科病理報告は提供されなかった。2006 年 11 月中に、脳及び肺転移が発見さ
れた。ネオアジュバント療法が行われた。本症例は骨肉腫の診断から 6~8 ヵ月後
に死亡した。死亡原因の報告はなく、剖検の実施の有無も不明であった。すべての
病理報告の写しを要求したが未入手である。
報告した医療従事者は、テリパラチド治療が骨肉腫(osteosarcoma)の原因となっ
たかどうかは疑わしいと判断した。
IN200808005182
本症例は 60 歳女性で、1984 年に子宮癌(扁平上皮細胞子宮頸癌)の既往があり、
放射線療法と根治切除手術を受けていた。
重症骨粗鬆症に対して、2007 年から 11 ヵ月半の間テリパラチド 20 μg の 1 日 1 回皮
下投与していた。2008 年 8 月に右側股関節痛を発現した。担当医師は右股関節部の
X 線検査と核磁気共鳴映像(MRI)検査を指示した。2008 年 8 月 22 日に、X 線検査
により右腸骨の病的骨折が判明し、MRI 検査により右腸骨の軟部及び骨質部におけ
る骨病変が認められた。
右腸骨嚢腫性病変の標本の細針吸引細胞診により、顕著な多態化、過染色性及び有
糸分裂を呈する丸型又は多形性細胞により構成される腫瘍の中心部分が認められ
1025
LY333334
2.7.4
臨床的安全性の概要
自発報告における骨肉腫
た。腫瘍巨細胞の形態が認められた。病理学的診断では、右腸骨の腫瘤/高グレード
紡錘細胞肉腫と診断された。
癌の原発部位は不明であった。2008 年 8 月 23 日にテリパラチド投与は中止され
た。ifosfamide、adriamycin、filgrastim の治療を 2 サイクル施行した。3 サイクル終
了後に手術が必要と判断された。再度打診された後、本症例は半球切除予定となっ
た。
報告医師は、本事象はテリパラチドと関連はないと判断した。更に、病理検査報告
では、肉腫は以前に施行された放射線療法(1984 年)により誘発された可能性があ
ると記録された。
1026
国内臨床試験〔GHCS 試験及び GHDB 試験(投与 18 ヵ月間)〕の全テリパラチド併合群の有害事象の一覧(MedDRA ver. 12.0)
1027
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------GHCS
GHDB
TOTAL
PLACEBO PLC->LY20
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=116)
(N=136)
(N=252)
(N=105) (N=67)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Nasopharyngitis
鼻咽頭炎
28( 24.1)
45( 33.1)
73( 29.0)
37( 35.2)
29( 43.3)
Back pain 背部痛
5( 4.3)
22( 16.2)
27( 10.7)
14( 13.3)
16( 23.9)
Fall
転倒・転落
7( 6.0)
11( 8.1)
18( 7.1)
7( 6.7)
7( 10.4)
Headache 頭痛
8( 6.9)
10( 7.4)
18( 7.1)
4( 3.8)
4( 6.0)
Nausea 悪心
13( 11.2)
4( 2.9)
17( 6.7)
5( 4.8)
1( 1.5)
Contusion 挫傷
5( 4.3)
11( 8.1)
16( 6.3)
4( 3.8)
5( 7.5)
Osteoarthritis 骨関節炎
5( 4.3)
10( 7.4)
15( 6.0)
4( 3.8)
5( 7.5)
Constipation 便秘
3( 2.6)
11( 8.1)
14( 5.6)
3( 2.9)
4( 6.0)
Diarrhoea 下痢
7( 6.0)
7( 5.1)
14( 5.6)
3( 2.9)
4( 6.0)
Dizziness 浮動性めまい
3( 2.6)
11( 8.1)
14( 5.6)
4( 3.8)
3( 4.5)
Eczema 湿疹
8( 6.9)
6( 4.4)
14( 5.6)
6( 5.7)
5( 7.5)
Muscle spasms
筋痙縮
7( 6.0)
5( 3.7)
12( 4.8)
1( 1.0)
1( 1.5)
Arthralgia 関節痛
2( 1.7)
8( 5.9)
10( 4.0)
4( 3.8)
7( 10.4)
Dermatitis contact 接触性皮膚炎
3( 2.6)
7( 5.1)
10( 4.0)
4( 3.8)
4( 6.0)
Pain in extremity 四肢痛
5( 4.3)
5( 3.7)
10( 4.0)
1( 1.0)
1( 1.5)
Upper respiratory tract inflammation 上気道の炎症
1( 0.9)
9( 6.6)
10( 4.0)
3( 2.9)
3( 4.5)
Abdominal discomfort 腹部不快感
4( 3.4)
5( 3.7)
9( 3.6)
2( 1.9)
2( 3.0)
Insomnia 不眠症
2( 1.7)
7( 5.1)
9( 3.6)
2( 1.9)
2( 3.0)
Joint sprain 関節捻挫
4( 3.4)
5( 3.7)
9( 3.6)
0( 0.0)
1( 1.5)
Vomiting 嘔吐
5( 4.3)
4( 2.9)
9( 3.6)
3( 2.9)
2( 3.0)
Blood uric acid increased 血中尿酸増加
6( 5.2)
2( 1.5)
8( 3.2)
0( 0.0)
0( 0.0)
Cystitis 膀胱炎
1( 0.9)
7( 5.1)
8( 3.2)
2( 1.9)
4( 6.0)
Dental caries
齲歯
3( 2.6)
5( 3.7)
8( 3.2)
0( 0.0)
2( 3.0)
Seasonal allergy
季節性アレルギー
0( 0.0)
8( 5.9)
8( 3.2)
5( 4.8)
5( 7.5)
Tooth extraction
抜歯
3( 2.6)
5( 3.7)
8( 3.2)
0( 0.0)
1( 1.5)
Arthropod sting
節足動物刺傷
1( 0.9)
6( 4.4)
7( 2.8)
3( 2.9)
3( 4.5)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-57.
国内臨床試験〔GHCS試験及びGHDB試験(投与 18 ヵ月間)〕の全テリパラチド併合群の有害事象の一覧(MedDRA ver. 12.0)
(続き)
1028
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------GHCS
GHDB
TOTAL
PLACEBO PLC->LY20
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=116)
(N=136)
(N=252)
(N=105) (N=67)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Dental care デンタルケア
2( 1.7)
5( 3.7)
7( 2.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Gastritis 胃炎
1( 0.9)
6( 4.4)
7( 2.8)
3( 2.9)
2( 3.0)
Abdominal pain upper 上腹部痛
4( 3.4)
2( 1.5)
6( 2.4)
2( 1.9)
1( 1.5)
Chest pain 胸痛
5( 4.3)
1( 0.7)
6( 2.4)
2( 1.9)
2( 3.0)
Muscle strain
筋挫傷
0( 0.0)
6( 4.4)
6( 2.4)
1( 1.0)
1( 1.5)
Periarthritis
関節周囲炎
1( 0.9)
5( 3.7)
6( 2.4)
3( 2.9)
4( 6.0)
Periodontitis
歯周炎
2( 1.7)
4( 2.9)
6( 2.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Stomatitis 口内炎
0( 0.0)
6( 4.4)
6( 2.4)
2( 1.9)
4( 6.0)
Vertigo
回転性めまい
1( 0.9)
5( 3.7)
6( 2.4)
2( 1.9)
0( 0.0)
Conjunctivitis allergic アレルギー性結膜炎
1( 0.9)
4( 2.9)
5( 2.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Gastroenteritis
胃腸炎
0( 0.0)
5( 3.7)
5( 2.0)
1( 1.0)
2( 3.0)
Injection site reaction 注射部位反応
0( 0.0)
5( 3.7)
5( 2.0)
8( 7.6)
8( 11.9)
Rhinitis allergic アレルギー性鼻炎
1( 0.9)
4( 2.9)
5( 2.0)
0( 0.0)
0( 0.0)
Blood alkaline phosphatase increased 血中アルカリホスファターゼ増加
0( 0.0)
4( 2.9)
4( 1.6)
2( 1.9)
2( 3.0)
Decreased appetite 食欲減退
4( 3.4)
0( 0.0)
4( 1.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Erythema 紅斑
2( 1.7)
2( 1.5)
4( 1.6)
1( 1.0)
1( 1.5)
Herpes zoster
帯状疱疹
1( 0.9)
3( 2.2)
4( 1.6)
0( 0.0)
0( 0.0)
Injection site haemorrhage 注射部位出血
4( 3.4)
0( 0.0)
4( 1.6)
1( 1.0)
1( 1.5)
Malaise
倦怠感
2( 1.7)
2( 1.5)
4( 1.6)
3( 2.9)
2( 3.0)
Myalgia
筋肉痛
1( 0.9)
3( 2.2)
4( 1.6)
2( 1.9)
2( 3.0)
Pollakiuria 頻尿
2( 1.7)
2( 1.5)
4( 1.6)
1( 1.0)
1( 1.5)
Rash
発疹
3( 2.6)
1( 0.7)
4( 1.6)
0( 0.0)
1( 1.5)
Arthritis 関節炎
2( 1.7)
1( 0.7)
3( 1.2)
0( 0.0)
0( 0.0)
Asthma 喘息
0( 0.0)
3( 2.2)
3( 1.2)
2( 1.9)
2( 3.0)
Bronchitis 気管支炎
1( 0.9)
2( 1.5)
3( 1.2)
3( 2.9)
3( 4.5)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-57.
国内臨床試験〔GHCS試験及びGHDB試験(投与 18 ヵ月間)〕の全テリパラチド併合群の有害事象の一覧(MedDRA ver. 12.0)
(続き)
1029
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------GHCS
GHDB
TOTAL
PLACEBO PLC->LY20
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=116)
(N=136)
(N=252)
(N=105) (N=67)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Bursitis 滑液包炎
1( 0.9)
2( 1.5)
3( 1.2)
0( 0.0)
0( 0.0)
Cough 咳嗽
0( 0.0)
3( 2.2)
3( 1.2)
0( 0.0)
1( 1.5)
Dermatitis allergic
アレルギー性皮膚炎
0( 0.0)
3( 2.2)
3( 1.2)
0( 0.0)
0( 0.0)
Gingival infection 歯肉感染
2( 1.7)
1( 0.7)
3( 1.2)
0( 0.0)
0( 0.0)
Gingivitis 歯肉炎
2( 1.7)
1( 0.7)
3( 1.2)
0( 0.0)
1( 1.5)
Haemorrhage subcutaneous 皮下出血
1( 0.9)
2( 1.5)
3( 1.2)
2( 1.9)
1( 1.5)
Haemorrhoids 痔核
0( 0.0)
3( 2.2)
3( 1.2)
1( 1.0)
2( 3.0)
Heat rash 紅色汗疹
0( 0.0)
3( 2.2)
3( 1.2)
0( 0.0)
0( 0.0)
Herpes simplex 単純ヘルペス
0( 0.0)
3( 2.2)
3( 1.2)
0( 0.0)
2( 3.0)
Hyperkeratosis 過角化
2( 1.7)
1( 0.7)
3( 1.2)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hyperuricaemia 高尿酸血症
0( 0.0)
3( 2.2)
3( 1.2)
0( 0.0)
2( 3.0)
Musculoskeletal stiffness 筋骨格硬直
0( 0.0)
3( 2.2)
3( 1.2)
3( 2.9)
3( 4.5)
Pharyngitis 咽頭炎
2( 1.7)
1( 0.7)
3( 1.2)
0( 0.0)
1( 1.5)
Road traffic accident 交通事故
1( 0.9)
2( 1.5)
3( 1.2)
0( 0.0)
0( 0.0)
Skin lesion excision 皮膚病変切除
1( 0.9)
2( 1.5)
3( 1.2)
0( 0.0)
0( 0.0)
Spinal osteoarthritis 変形性脊椎炎
1( 0.9)
2( 1.5)
3( 1.2)
1( 1.0)
0( 0.0)
Tinnitus 耳鳴
1( 0.9)
2( 1.5)
3( 1.2)
1( 1.0)
1( 1.5)
Toothache 歯痛
0( 0.0)
3( 2.2)
3( 1.2)
1( 1.0)
1( 1.5)
Vertigo positional
頭位性回転性めまい
1( 0.9)
2( 1.5)
3( 1.2)
0( 0.0)
0( 0.0)
Abdominal pain 腹痛
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
1( 1.0)
1( 1.5)
Abdominal pain lower 下腹部痛
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Alanine aminotransferase increased
アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
3( 2.9)
2( 3.0)
Anorexia 食欲不振
1( 0.9)
1( 0.7)
2( 0.8)
1( 1.0)
0( 0.0)
Aspartate aminotransferase increased アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
3( 2.9)
2( 3.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-57.
国内臨床試験〔GHCS試験及びGHDB試験(投与 18 ヵ月間)〕の全テリパラチド併合群の有害事象の一覧(MedDRA ver. 12.0)
(続き)
1030
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------GHCS
GHDB
TOTAL
PLACEBO PLC->LY20
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=116)
(N=136)
(N=252)
(N=105) (N=67)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Autonomic nervous system imbalance
自律神経失調
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
1( 1.0)
1( 1.5)
Blood creatine phosphokinase increased 血中クレアチンホスホキナーゼ増加
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Blood pressure increased 血圧上昇
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
2( 1.9)
1( 1.5)
Blood urea increased 血中尿素増加
1( 0.9)
1( 0.7)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Cataract 白内障
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
2( 1.9)
3( 4.5)
Cellulitis 蜂巣炎
1( 0.9)
1( 0.7)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Cervicobrachial syndrome 頚腕症候群
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
1( 1.0)
2( 3.0)
Conjunctival haemorrhage 結膜出血
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Conjunctivitis 結膜炎
2( 1.7)
0( 0.0)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Dermatitis 皮膚炎
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
0( 0.0)
1( 1.5)
Dizziness postural 体位性めまい
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
2( 1.9)
2( 3.0)
Eczema asteatotic 皮脂欠乏性湿疹
1( 0.9)
1( 0.7)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Epicondylitis
上顆炎
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Excoriation 擦過傷
2( 1.7)
0( 0.0)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Fatigue
疲労
1( 0.9)
1( 0.7)
2( 0.8)
1( 1.0)
1( 1.5)
Feeling abnormal
異常感
1( 0.9)
1( 0.7)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Gastroenteritis viral ウイルス性胃腸炎
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Genital haemorrhage
性器出血
1( 0.9)
1( 0.7)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Gingival swelling 歯肉腫脹
1( 0.9)
1( 0.7)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hand fracture
手骨折
2( 1.7)
0( 0.0)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hepatic steatosis 脂肪肝
1( 0.9)
1( 0.7)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hot flush ほてり
2( 1.7)
0( 0.0)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hypoglycaemia
低血糖症
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Injection site haematoma 注射部位血腫
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Muscle injury
筋損傷
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-57.
国内臨床試験〔GHCS試験及びGHDB試験(投与 18 ヵ月間)〕の全テリパラチド併合群の有害事象の一覧(MedDRA ver. 12.0)
(続き)
1031
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------GHCS
GHDB
TOTAL
PLACEBO PLC->LY20
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=116)
(N=136)
(N=252)
(N=105) (N=67)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Musculoskeletal chest pain 筋骨格系胸痛
1( 0.9)
1( 0.7)
2( 0.8)
0( 0.0)
1( 1.5)
Musculoskeletal pain 筋骨格痛
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
2( 1.9)
1( 1.5)
Ocular hyperaemia 眼充血
1( 0.9)
1( 0.7)
2( 0.8)
1( 1.0)
1( 1.5)
Oedema peripheral
末梢性浮腫
1( 0.9)
1( 0.7)
2( 0.8)
0( 0.0)
1( 1.5)
Oral herpes 口腔ヘルペス
2( 1.7)
0( 0.0)
2( 0.8)
1( 1.0)
1( 1.5)
Oropharyngeal pain 口腔咽頭痛
1( 0.9)
1( 0.7)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Pruritus そう痒症
2( 1.7)
0( 0.0)
2( 0.8)
1( 1.0)
0( 0.0)
Punctate keratitis 点状角膜炎
2( 1.7)
0( 0.0)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Purulence 化膿
1( 0.9)
1( 0.7)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Reflux oesophagitis
逆流性食道炎
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
0( 0.0)
1( 1.5)
Rhinitis 鼻炎
1( 0.9)
1( 0.7)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Skeletal injury
骨格損傷
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Sleep disorder 睡眠障害
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Somnolence 傾眠
2( 1.7)
0( 0.0)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Urinary tract infection 尿路感染
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
White blood cell count increased
白血球数増加
1( 0.9)
1( 0.7)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Xeroderma 乾皮症
0( 0.0)
2( 1.5)
2( 0.8)
0( 0.0)
0( 0.0)
Abdominal distension 腹部膨満
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Abscess drainage
膿瘍ドレナージ
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Accident at home
家庭内事故
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Alopecia areata
円形脱毛症
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Anaemia
貧血
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
1( 1.0)
1( 1.5)
Aphthous stomatitis
アフタ性口内炎
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Aspiration bursa
滑液包吸引
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Aspiration joint
関節吸引
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
2( 1.9)
1( 1.5)
Asthenia 無力症
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-57.
国内臨床試験〔GHCS試験及びGHDB試験(投与 18 ヵ月間)〕の全テリパラチド併合群の有害事象の一覧(MedDRA ver. 12.0)
(続き)
1032
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------GHCS
GHDB
TOTAL
PLACEBO PLC->LY20
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=116)
(N=136)
(N=252)
(N=105) (N=67)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Asthenopia 眼精疲労
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Astigmatism 乱視
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Atrial fibrillation
心房細動
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Avulsion fracture 剥離骨折
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Benign neoplasm
良性新生物
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Blood creatinine increased 血中クレアチニン増加
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Blood potassium increased 血中カリウム増加
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
1( 1.0)
0( 0.0)
Blood pressure decreased 血圧低下
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Breast cancer
乳癌
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Cerebral infarction
脳梗塞
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Cheilitis 口唇炎
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Chillblains 凍瘡
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Chondrocalcinosis pyrophosphate
ピロリン酸カルシウム結晶性軟骨石灰化症
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Chronic respiratory failure 慢性呼吸不全
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Clavicle fracture 鎖骨骨折
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Colitis ischaemic
虚血性大腸炎
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
1( 1.0)
1( 1.5)
Colonic polyp
結腸ポリープ
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Dental implantation
歯科インプラント埋込み
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Depressive symptom 抑うつ症状
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Dermatitis psoriasiform 乾癬様皮膚炎
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Discomfort 不快感
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Dry eye
眼乾燥
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Dry mouth 口内乾燥
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Dyshidrosis 発汗障害
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Dyspnoea 呼吸困難
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-57.
国内臨床試験〔GHCS試験及びGHDB試験(投与 18 ヵ月間)〕の全テリパラチド併合群の有害事象の一覧(MedDRA ver. 12.0)
(続き)
1033
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------GHCS
GHDB
TOTAL
PLACEBO PLC->LY20
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=116)
(N=136)
(N=252)
(N=105) (N=67)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Electrocardiogram ST segment depression 心電図ST部分下降
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Electrocardiogram T wave amplitude decreased 心電図T波振幅減少
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Electrocardiogram T wave inversion
心電図T波逆転
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Enteritis infectious 感染性腸炎
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Enterocolitis
腸炎
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
1( 1.0)
1( 1.5)
Essential tremor
本態性振戦
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Feeling hot 熱感
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Flushing 潮紅
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Folliculitis 毛包炎
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Foot fracture
足骨折
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Fungal infection
真菌感染
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Gamma-glutamyltransferase increased γ-グルタミルトランスフェラーゼ増加
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
1( 1.0)
1( 1.5)
Gastric polyps 胃ポリープ
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
1( 1.5)
Gastric ulcer
胃潰瘍
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Gastrooesophageal reflux disease 胃食道逆流性疾患
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Genital discharge
性器分泌物
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Helicobacter infection
ヘリコバクター感染
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
1( 1.0)
1( 1.5)
Hepatic cyst 肝嚢胞
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hepatic function abnormal 肝機能異常
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
1( 1.5)
Hernia repair
ヘルニア修復
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Herpes virus infection
ヘルペスウイルス感染
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hypercalcaemia 高カルシウム血症
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hyperchlorhydria
胃酸過多
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hypertension 高血圧
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hypertonic bladder 緊張性膀胱
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-57.
国内臨床試験〔GHCS試験及びGHDB試験(投与 18 ヵ月間)〕の全テリパラチド併合群の有害事象の一覧(MedDRA ver. 12.0)
(続き)
1034
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------GHCS
GHDB
TOTAL
PLACEBO PLC->LY20
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=116)
(N=136)
(N=252)
(N=105) (N=67)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Hypoaesthesia oral 口の感覚鈍麻
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hypotension 低血圧
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Hypovitaminosis
ビタミン欠乏症
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Influenza インフルエンザ
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
1( 1.0)
2( 3.0)
Ingrowing nail 嵌入爪
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Injection site erythema 注射部位紅斑
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Injury 損傷
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Intercostal neuralgia 肋間神経痛
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Intertrigo 間擦疹
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Intervertebral disc disorder
椎間板障害
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Intervertebral disc protrusion
椎間板突出
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Intestinal obstruction
腸閉塞
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Intestinal operation 腸管手術
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Intestinal polypectomy
腸ポリープ切除
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Iron deficiency anaemia 鉄欠乏性貧血
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
1( 1.0)
1( 1.5)
Joint contracture 関節拘縮
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
1( 1.0)
2( 3.0)
Joint effusion 関節滲出液
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Laser therapy
レーザー療法
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Lenticular operation 水晶体手術
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Ligament injury
靱帯損傷
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
1( 1.0)
0( 0.0)
Limb injury 四肢損傷
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Lip dry
口唇乾燥
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Liver disorder 肝障害
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Loss of control of legs 足のもつれ
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Lumbar spinal stenosis
腰部脊柱管狭窄症
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
1( 1.0)
1( 1.5)
Lumbar vertebral fracture 腰椎骨折
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-57.
国内臨床試験〔GHCS試験及びGHDB試験(投与 18 ヵ月間)〕の全テリパラチド併合群の有害事象の一覧(MedDRA ver. 12.0)
(続き)
1035
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------GHCS
GHDB
TOTAL
PLACEBO PLC->LY20
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=116)
(N=136)
(N=252)
(N=105) (N=67)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Lung adenocarcinoma
肺腺癌
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Lymphoid tissue operation リンパ組織手術
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Macular degeneration 黄斑変性
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Mastectomy 乳房切除
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Meniere's disease
メニエール病
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
1( 1.0)
0( 0.0)
Meningioma 髄膜腫
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Meniscus removal
半月板除去
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Menopausal symptoms
閉経期症状
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Muscle spasticity 筋痙直
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Nail avulsion
爪裂離
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Nail disorder
爪の障害
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Neck pain 頚部痛
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
1( 1.0)
1( 1.5)
Nephrolithiasis
腎結石症
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
1( 1.0)
1( 1.5)
Nervousness 神経過敏
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Neuritis 神経炎
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Neurosis 神経症
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Normal tension glaucoma 正常眼圧緑内障
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Occult blood 便潜血
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Onycholysis 爪甲離床症
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Oral pain 口腔内痛
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Oropharyngeal discomfort 口腔咽頭不快感
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Orthostatic hypotension 起立性低血圧
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Ostectomy 骨切除
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Osteosynthesis 骨接合
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Otitis media 中耳炎
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Pain
疼痛
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
____________________________________________________________________________________________________________________________________
(Continued)
LY333334
表 2.7.4.7-57.
国内臨床試験〔GHCS試験及びGHDB試験(投与 18 ヵ月間)〕の全テリパラチド併合群の有害事象の一覧(MedDRA ver. 12.0)
(続き)
1036
2.7.4
臨床的安全性の概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------GHCS
GHDB
TOTAL
PLACEBO PLC->LY20
Treatment-Emergent Adverse Events
(N=116)
(N=136)
(N=252)
(N=105) (N=67)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
n (%)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Palpitations 動悸
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
1( 1.5)
Paronychia 爪囲炎
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Periarthritis calcarea
石灰沈着性関節周囲炎
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Post herpetic neuralgia ヘルペス後神経痛
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Post procedural complication
処置後合併症
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Presyncope 失神寸前の状態
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Prinzmetal angina プリンツメタル狭心症
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Pruritus generalised 全身性そう痒症
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Psychosomatic disease 心身症
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Pulmonary fibrosis 肺線維症
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
1( 1.0)
1( 1.5)
Pustular psoriasis 膿疱性乾癬
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Pyelonephritis 腎盂腎炎
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Pyrexia
発熱
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
2( 1.9)
3( 4.5)
Rash pustular
膿疱性皮疹
0( 0.0)
1( 0.7)
1( 0.4)
0( 0.0)
0( 0.0)
Renal cyst 腎嚢胞
1( 0.9)
0( 0.0)
1( 0.4)
1( 1.0