...

4D Transporter - Logo 4D Japan Library Server

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

4D Transporter - Logo 4D Japan Library Server
4D Transporter
by Laurent Ribardi•re
ACI
4D Transporter
4D Transporter は、4th Dimension 3.5 と4D Server 1.5から追加された新しい 4D ユーティリ
ティプログラムで、 MacOS上で使用します。4D Transporter は、あるプラットフォーム上
で開発されたデータベースを他のプラットフォームで使用するためにトランポートする
際に使います。
4D Transporter では、次のような機能を実行します:
Macintosh から Windows にデータベースをトランスポートする際に、Macintosh の 4D
データベースファイルや他の関連ファイル、文書等をデータフォークとリソースフォー
クに分割し、Windows 上で使用できるようにします。
■
■ Windows から Macintosh へとデータベースをトランスポートする際には、Windows の
4D データベースや他の関連ファイル、文書等をデータとリソースファイルをマージし、
Macintosh 上で使用できるようにします。
Macintosh から Windows 上にトランスポートする場合、オプションで、DOS の 8 文字の
名前と 3 文字の拡張子というファイル名の長さに関する制限(主として Windows 3.1)が
適用されます。
4D Transporter
2
トランスポートはなぜ必要か?
Macintosh 上で 4Dデータベースを作成する場合、プログラムでは 2つのファイル(ストラ
クチャファイルとデータファイル)が入ったフォルダを作ります。例えば「Airlines」デ
ータベースを作ると、「Airlines」というストラクチャファイルと「Airlines.data」というデ
ータファイルが入った「Airlines f」という名前のフォルダができます。
Windows 上で 4D データベースを作成する場合、プログラムによって 3つのファイル(ス
トラクチャファイル、リソースファイル、データファイル)が入ったディレクトリを作
ります。例えば、「AIRLINES」データベースを作ると、「AIRLINES.4DB」というストラ
クチャファイル、「AIRLINES.RSR」というリソースファイル、「AIRLINES.4DD」という
データファイルが入った「AIRLINES」という名前のディレクトリができます。
注:Windows95を使用している場合、拡張子は画面上では表示されません。
このようなプラットフォーム間のファイル構成の相違は、Macintosh と Windows のオペレ
ーティングシステムのファイルマネージャ(OS の一部で、ディスク上のファイルと文書
の操作を行う)が大きく異なるために起こります。
3
Macintosh 上では、ファイルはすべて 2 つのフォーク(データフォークとリソースフォー
ク)と呼ばれる部分で構成されています。Windows 上では、ファイルには 1 つの部分し
かありません。
Macintosh ファイルのデータフォークは、Windows ファイルや他のオペレーティングシス
テムのファイル(例えば UNIX)と理論的には同じです。Macintosh ファイルのリソース
フォークにはリソースが納められています。
リソースは、ローカライズや修正を簡単に行えるようにするためのデータの断片です。
これが Macintosh の設計者による本来の目的、つまり、アプリケーション全体を再構築し
たりせずに、Macintosh アプリケーションをある言語から他の言語に(例えば、英語から
フランス語やスペイン語に)ローカライズできるようにするということでした。リソー
スには、文字列のリスト、アイコン、ピクチャなどが含まれています。また、ダイアロ
グボックス、メニューなどを納めておくためにもリソースが使われます。例えば、
Macintoshアプリケーションでは、メニューアイテムのテキストがリソースとして納めら
れているので、メニューアイテムのスペルの誤りはアプリケーション全体を再構築せず
に修正することができます。
その上、年を経るに従い、リソースは他種類のデータを保持するためにも使われるよう
になりました。単純なバイトの連なり(つまり文字から成る Text 文書)であるデータフ
ォークとは違い、Macintosh ファイルのリソースフォークはもともと、構造を持ったバイ
トの連なりです。リソースと、リソースをアクセスするためのマップを持っています。
Windows*1 にはリソースフォークの概念が存在しないので、データフォークとリソースフ
ォークの両方を持つ Macintosh ファイルをコピーすると、Windows プラットフォームでは
データフォークだけがコピーされ、認識されます。
そのため、Macintosh 上と Windows 上の両方で動作するアプリケーションで作業する時、
アプリケーションで管理する文書にMacintosh 上で実行する際にデータフォークとリソー
スフォークの両方が使われている場合には、この問題を考慮する必要があります。
このことは 4th Dimension(4D First) にも当てはまります。Macintosh 上で、4th Dimension
(4D First)は、データベースのストラクチャファイルとデータファイルに関してデータフ
ォークとリソースフォークの両方を使います。
Macintosh 用の 4D データベースファイルを直接 PC にコピーしても、コピー後のファイル
で Windows バージョンの 4th Dimension(4D First)は動作しません。ファイル内のリソー
スフォークに納められた重要な情報が失われているからです。
*1. 従って、このような仮定上のバージョンでは Windows 上のリソースフォークを
扱うことができないので、Windows バージョンの 4D Transporterは存在しません。
4D Transporter
4
4D Transporter はユーティリティプログラムで、Macintosh 上のデータベースをWindows
にトランスポートしたり、またその逆のトランスポートを行います。Macintosh から
Windows へトランスポートする際、Macintosh ファイルの 2 つのフォークは 2 つのファイ
ルに分割され、Windows 上でコピーしたり、開いたりできるようになります。Windows
から Macintosh へトランスポートする際には、逆の処理が行われ、ストラクチャとリソー
スのファイルがマージされます。
4D のMacintosh 上のデータベースファイルについて
4D データベースファイルのデータフォークには「デザイン」モードで作成したオブジェ
クトに関する定義情報がすべて納められています。これには、レイアウト、レイアウト
スクリプト、プロシージャ、カスタムメニュー等が含まれます。
4D データベースファイルのリソースフォークは、データファイルへのパスなども含めた
文字列のようなリソースを保持するために使われます。また、リソースフォークには、
68K Macintosh 用の古い形式の 4D Extensions も納められています。4D ディベロッパによ
っては、データベースで使用する文字列リストやピクチャ等を納めておくこともありま
す。
注:Macintosh の 4D データベースのストラクチャファイルでは、データフォークとリソ
ースフォークともに、数K バイト、時には数メガバイトの情報を納めておくことができ
ます。
4D データベースのデータファイルのデータフォークには、レコードすべて、内部アドレ
ステーブル、インデックスなどが保存されています。
4D データベースのデータファイルのリソースフォークは、一般に空ですが、リソースを
いくつか含んでいることがあります。例えば、Customizer Plus を使ってデータファイルと
ストラクチャファイルを関連付ける場合、両方のファイルのリソースフォークに、同じ
WEDD リソースを追加することにより内部的に行われます。
注:Macintosh 4D データベースのデータファイルのデータフォークには、数ギガバイト
のデータを納めることができます。リソースフォークは通常、空か、または非常に小さ
いものです。
4D Transporterによる処理と4Dのプラットフォームに依存しない技法
4D Transporter によって処理されることは非常に単純です:
■ Macintosh から Windows へデータベースをトランスポートする場合、Macintosh ファイ
ルのデータフォークととリソースフォークを、 Windows で使用できる 2 つの個別のファ
イルにコピーします。
■ Windows から Macintosh へデータベースをトランスポートする場合、ファイルと関連
するリソースファイル(存在していれば)を、ファイルをデータフォークに持ち、関連
のリソースファイルをリソースファイルに持つような1 つの Macintosh ファイルにコピー
します。
5
4D Transporter では、次のようにして Macintosh の 4D データベースをトランスポートしま
す。
■ ストラクチャファイルのデータフォークを .4DB ファイルにコピーします。Windows
上では、このファイルを「データベースストラクチャ」ファイルと呼びます。
ストラクチャファイルのリソースフォークを .RSR ファイルにコピーします。Windows
上では、このファイルを「データベースリソース」ファイルと呼びます。
■
■ データファイルのデータフォークを(空でなければ).4DD ファイルにコピーします。
Windows 上では、このファイルを「データベースデータ」ファイルと呼びます。
前で説明した Airlines の例では、Macintosh のデータベースの Windows へのトランスポー
トによって、AirlinesファイルからAirlines.4DBとAirlines.RSR が作られ、Airlines.data から
Airlines.4DD(場合によっては、 Airlines.4DRも)が作られます。
4D Transporterでは、次のようにして Windows の 4Dデータベースをトランスポートします。
■ Windows 上の .4DB ファイルと.RSR ファイルを 1 つのファイルにマージします。この
ファイルは Macintosh データベースのストラクチャファイルになります。
Windows 上の .4DD ファイル(場合によっては .4DR もともに)を 1 つのファイルにマ
ージします。このファイルは Macintosh データベースのデータファイルになります。
■
前で説明した「Airlines」データベースの例では、Windows のデータベースの Macintosh
へのトランスポートによって、Airlines.4DB と Airlines.RSR から Airlinesファイルが作ら
れ、Airlines.4DD(場合によっては、 Airlines.4DRも)から Airlines.data ファイルが作られ
ます。
2 つの操作は対称的であり、片方のプラットフォームでデータベースを作成、または修正
し、その後、他方のプラットフォームに何度でもトランスポートすることが可能です。
4th Dimension(4D First)のプラットフォームに依存しない技法により、残りの部分を処
理します。使用中のプラットフォームが何であれ、4th Dimension(4D First)では、オブ
ジェクトとレコードをプラットフォームに依存しないな形で納めるので、両方のプラッ
トフォーム上で問題なく参照することができます。さらに、Windows バージョンの
4th Dimension(4D First)からも、データベース内に存在する Macintosh のリソースを利用
することができます。
4D Transporter では処理されないこと
Macintosh上で作業する場合、データベース内に追加されたり、修正されたりするレコー
ドは、データファイルに Macintosh の形式(Motorola のバイト並び)で書き込まれます。
4D Transporter
6
Windows上で作業する場合、データベース内に追加されたり、修正されたりするレコード
はデータファイルにWindowsの形式(Intel のバイト並び)で書かれます。
注:デザインオブジェクトは常に Macintosh の形式(Motorola のバイト並び)で書かれ
ます。
データベースが場合によって、Macintosh と Windows の両方で使われる場合、データファ
イルにはMacintosh と Windows“ネイティブ”なレコードが混在するようになります。
Macintosh と WIndows の両バージョンは、どちらのプラットフォーム上で書かれたレコー
ドも処理するように設計されている、というのが方針です。
4D Transporter では、ファイルの内部フォーマットの変換は行いません。内部的なデータ
変換は一切行われず、Macintosh のファイルの分割と、Windows ファイルのマージのみが
行われます。
データファイル全体を Macintosh または Windows“ネイティブ”なレコードにする場合は、
4D Tools を使用します。データファイルの圧縮または、タグによる修復を行います。前
で説明したように、こうした処理を行う必要はありませんが、片方のプラットフォーム
でだけ稼働させる場合に無駄なバイトスワップ操作(ほとんど実感されません)をなく
すことができます。
4D Transporter の使用
4D Transporterアイコンをダブルクリックして、4D Transporterのウインドウを表示させます。
注:Windows上では、4D Transporterは使用できません。
4D Transporter には 3 通りの使い方があります:
4D Transporter を起動し、トランスポートのオプションを選択し、トランスポートする
ファイルを選び、トランスポート処理を実行します。
■
■ 4D Transporter のアプリケーションのアイコン上に、ファイル(複数も可)をドラッグ
してドロップし、トランスポートのオプションを選択し、トランスポート処理を実行し
ます。
7
■ トランスポートのオプションをディスクに保存し、4D Transporter のアプリケーション
のアイコン上に、ファイル(複数も可)をドラッグしてドロップすると、トランスポー
トは自動的に行われます。
4D Transporter のオプション
ここでは、4D Transporter ウインドウのさまざまなオプションについて説明します。
「DOSファイル名をつける」オプション
データベース名は Macintosh とWindows の両方で 31 文字以内に制限されています。です
が、Windows 3.1のもとでは、ファイル名には DOS の制限である 8 文字の名前に 3 文字の
拡張子という制限があります。「DOSファイル名をつける」オプション(デフォルトで選
択されています)により、4D Transporter では、Macintosh から Windows へファイルをト
ランスポートする際にこの規則に従ってファイル名を修正します。下表は、このオプシ
ョンが選択されている場合と、選択されていない場合について、Windows のストラクチ
ャファイルがどうなるかという例を示したものです。
Macintosh 上の名前
Windows 上の名前
オプション選択なし
Windows 上の名前
オプション選択あり
Ultimate Invoicing DB
Ultimate_Invoicing_DB.4DB *1
LTMTNVCN.4DB
My Best DB, so far!
My_Best_DB,_so_far!.4DB *2
MBSTDBSF.4DB
*1. Windows 3.1 のもとでは ULTIMA~1.4DB になります。
*2. Windows 3.1 のもとでは MY_BS~1.4DB になります。
注:バージョン6の4th Dimension(4D First)では、Windows3.1上での動作は保証してません。
どちらの場合も、空白文字や、¥、*、) などの文字は下線文字に置き換えられます。DOS
の命名規則を適用する場合、子音以外の文字は取り除かれ、名前が長すぎる場合は、8 文
字になるように切り捨てられます。
どのオプションが選択された場合も、4th Dimension はトランスポート後のデータベースを
使って作業することができます。DOS の命名規則の適用は、Windows 3.1.1 のもとでしか
役に立ちませんが、他の Windows アプリケーション(長いファイル名がサポートされて
いないアプリケーション)からもファイルをアクセスできます。また、MBSTDBSF.4DB
の方が MY_BES~1.4DBより理解しやすいと思う場合もあるでしょう。Windows NT ある
いは Windows 95 のもとでは、長い名前を使うことができます。
「環境設定表示」オプション
このオプションにより、4D Transporter では、アプリケーションが起動されたり、アイコ
ン上にファイルがドラッグしてドロップされた場合にウインドウを表示します。これは
デフォルトで選択されているオプションです。このオプションを選択しない場合、アイ
コン上にファイルをドラッグ、ドロップされた時に、4D Transporter はウインドウを表示
しなくなります。代わりに、ディスク上に保存されているトランスポートのオプション
を使い、直ちにトランスポート処理を行います。
4D Transporter
8
注:「環境設定表示」オプションが選択されていないと、4D Transporter のウインドウ
にアクセスできなくなってしまいます。元に戻すためには、4D Transport の起動時に
Option キーを押し続けます。
「設定内容保存」ボタン
何らかのオプションを変更し、次回 4D Transporter でそれを自動的に使おうとする場合は、
このボタンをクリックします。オプションを保存し、「環境設定表示」オプションを選択
しないと、ファイルのトランスポートを迅速に行うことができます。4D Transport は、直
ちにトランスポート処理を実行し、終了します。
トランスポート:Mac → PC
Macintosh から Windows へファイルをトランスポートする場合にこのオプションを選択し
ます。
トランスポート:PC → Mac
Windows から Macintosh へファイルをトランスポートする場合にこのオプションを選択し
ます。
「オリジナルファイルをトランスポート」または「コピーしてからトランスポート」
デフォルトでは「コピーしてからトランスポート」オプションが選択されています。
「コピーしてからトランスポート」が選択されている場合、4D Transporter では、Macintosh
から Windows にファイルをトランスポートするときには、
「PC f」という名前のフォルダ
を作成し、MacからPC にファイルをトランスポートするときには、「Mac f」という名前
のフォルダを作成します。その後、分割あるいはマージが行われたファイルがそのフォ
ルダにコピーされます。複数ファイルをドラッグしドロップすると、最初のファイルと
同じ階層にフォルダが作られます。同じ名前のフォルダがすでに存在している場合、
4D Transporter では「PC.2 f」または「Mac.2 f」などという名前のフォルダを作成します。
「オリジナルファイルをトランスポート」を選択していると、4D Transporter ではフォルダ
を作成せずにファイルの分割やマージを行います。このオプションを使用する場合、
4D Transporter では元のファイルを保存しません。そこで、4D Transporter からはこの選択
に対して、次のような確認が求められます。
注:間違えてトランスポートしてしまった場合は、逆のトランスポートを行って、ファ
イルを元に戻すことができます。
9
トランスポートのオプションの選択を終えたら、「トランスポート」ボタンをクリックし
てトランスポート処理を行います。
トランスポートのオプションは任意に変更できます。またファイルも必要なだけいくつ
でも移動させることができます。終了したら、「終了」ボタンをクリックします。
TIP:ドラッグ&ドロップやトランスポートオプションの保存、4D Transporter の非表示
により、自動的にトランスポート処理を行うことができます。データベースの両方向へ
のトランスポートを行ったり、オプションをたびたび変更する場合には 4D Transporter
のコピーを複数作成しておき、コピーごとにそれそれ目的の処理を行います。
ファイルのタイプと 4D Transporter
次の表は、Macintosh と Windows 上で 4D Transporter によって設定されるファイルの対応
表です。
Windows のファイル拡張子
Macintoshファイル
データフォーク用
リソースフォーク用
4D データベースの
ストラクチャファイル
.4DB
.RSR
4D データベースの
.4DD
.4DR(場合によって)
Proc.Ext
不使用 (n/a)
Proc.ESR
Mac4DX フォルダに
.4DX
.RSR
.DTA
.RSR(場合によって)
データファイル
入れられる 4D Extensions
Macintosh ファイルすべて *1
1. 任意タイプのファイルを開いたり、ドラッグ&ドロップしたい場合は、
Command キーを押します。
4D Transporter
10
次の表は、Macintosh のファイルタイプと Windows/DOS のファイル拡張子をまとめたも
のです。(表内の図は、バージョン3のアイコンを使用しています。)
ファイル
ストラクチャファイル
Macintosh
Windows
説明
ファイルタイプ ファイル拡張子
BASS
.4DB、.RSR
データベースのストラクチャファイルは、新しく
データベースを作成するたびに作られます。
Windows のもとでは、リソースファイル“データ
ベース名.RSR”も作られます。この 2 番目のファ
イルには、データベースに関する Macintosh のリ
ソースが入っています。
コンパイル後のストラ BASY
クチャファイル
.4DC、.RSR
データベースのコンパイル後のストラクチャファ
イルでデータベースのコンパイル時に 4D Compiler
によって作られます。
データファイル
dat5
.4DD、.4DR
データファイルは新しくデータベースを作成する
たびに作られます。また、既存のデータベースを
開く際に Macintosh 上では Option キー、Windows
上では ALT キーを押して新しくファイルを作りま
す。Windows 上で Customizer Plus を使用して
WEDD リソースを作ると“データベース名.4DR”
ファイルが作られます。2 番目のファイルには、
データファイル内の Macintosh のリソースが入っ
ています。
データセグメント
dax5
.4DS
データセグメントファイルは「データファイルオ
ープン」ダイアログボックスの「分割」ボタンを
押すか、または「デザイン」モードで「データセ
グメント」メニューコマンドを選択して作成しま
す。
Macintosh
ヘルプファイル
4Hlp
不使用 (n/a)
Macintosh のヘルプファイルには、Macintosh のバ
ンーンヘルプが入っています。システムの「初期
設定」フォルダ内の「ACI」フォルダに置かれて
います。Windows 上では4D コマンドに関するヘル
プはWindowsヘルプファイルで提供されています。
Windows
ヘルプファイル
不使用 (n/a)
.HLP
Windowsヘルプファイルには「ランゲージリファ
レンスマニュアル」と同じ内容のが入っており、
4D.EXE と同じディレクトリに置かれています。
Macintosh 上では、4D コマンドに関するヘルプは、
バルーンヘルプに表示されます。
11
ファイル
Macintosh
Windows
説明
ファイルタイプファイル拡張子
ログファイル
4LOG
. 4DL
ログファイルは「ユーザ」モードの「ファイル」
メニューから「ログファイル」コマンドを使用す
るか、それに相当する 4D コマンドを使用した時
に作られます。
ASCII ファイル
TEXT
.TXT
4D で作られたテキストファイルまたは、4D に
ASCII テキストとして読み込めるように他のアプ
リケーションで作成したテキストファイル。
ワークステーション
のリソースファイル
res
.RES
ワークステーションのリソースファイルには、
4D Client によってサーバからダウンロードされた
Macintosh のリソースが入っています。Macintosh
上では“データベース名.res”という名前で、シス
テムの「初期設定」フォルダ内の「ACI」フォル
ダに置かれています。Windows 上では、アクティ
ブになっている Windows ディレクトリ内の「ACI」
フォルダに置かれています。
ワークステーション
のローカルファイル
LOC4
.REX
ワークステーションのローカルファイルには、
4D Client によってサーバからダウンロードされた
4D のデザインオブジェクトが入っています。
Macintosh 上では“データベース名.rex”
「ACI」フ
ォルダに置かれています。Windows 上では、アク
ティブになっている Windows ディレクトリ内の
「ACI」フォルダに置かれています。
Proc.Ext ファイル
PEXT
.ESR
Macintosh の Proc.Ext ファイルには、68K 用の外部
パッケージ、PPC 用の外部パッケージ(Memory
Fragments)
、関連リソースが入っています。この
ファイルは Windows 上では使われませんが、デー
タベースを 4D Server とともに使用する場合は存
在することがあり、データベースのストラクチャ
ファイルと同じ階層に置く必要があります。
4D Extensions
(Macintosh)
4DPX
.4DX
4D の Macintosh Extension は「Mac4DX」フォルダ
(ストラクチャと同じ階層に置かれています)に配
置します。さらに、Windows のもとでは、同じフ
ァイル名で、拡張子が .RSR になっている関連フ
ァイルがあります。この 2 番目のファイルには、
4D Extension の Macintosh のリソースが入っていま
す。これらのファイルは Windows 上では使われま
せんが、データベースを 4D Server とともに使用
する場合は存在することがあります。
4D Transporter
12
ファイル
Macintosh
Windows
説明
ファイルタイプ ファイル拡張子
4D Extensions
(Windows)
不使用 (n/a)
.4DX
4D のWindows Extension(DLL)は「Mac4DX」
フォルダ(ストラクチャと同じ階層に置かれてい
ます)に配置します。さらに、Windows のもとで
は、同じファイル名で、拡張子が .RSR になって
いる関連ファイルがあります。この 2 番目のファ
イルには、4D Extension の Macintosh のリソースが
入っています。これらのファイルは Macintosh 上
では使われませんが、データベースを 4D Server
とともに使用する場合は存在することがあります。
リソースフォーク
すべて
不使用 (n/a)
.RSR
その他のファイルの Macintosh リソースファイル
が入っています。
Hot link ファイル
4DHL
.4LK
Hot link ファイルは 4D で作られ、稼働中のセッシ
ョンとの間のホットリンクが保存されています。
他の4D文書のファイルタイプと対応するWindowsのファイル拡張子を次に示します。
ファイル
Macintosh
Windows
クイックレポート文書
4DSE
.4QR
ラベル文書
4DET
.4LB
SAVE SET 文書
SETT
.4ST
SAVE VARIABLE 文書
VAR1
.4VR
ユーザとグループ保存
4DUG
.4UG
パス名文書
paTH
.PTH
ASCII フィルタ文書
FILT
.4FI
Apply formula 文書
EFRM
.4FR
検索文書
RECH
.4DF
フォーミュラ (検索、ソート...)
TFRM
.TFR
注:Windows の .4DB と .RSR ファイルを Macintosh のストラクチャファイルにマージ
するには、.4DB だけを 4D Transporter アイコンにドラッグします。プログラムでは
.RSR が同じ階層にあれば、自動的に操作に組み入れます。.4DD と .4DR ファイ
ル、.DTA と.RSR ファイルにも同じ方法が取られます。
13
4D First Converter
バージョン1の4D Firstで作成されたデータベースを バージョン3の4th Dimension データベ
ースに変換するためのユーティリティです。
注:ストラクチャファイルはコピーされません。4 D F i r s tのストラクチャファイルを保
存しておきたい場合は、4D First Converterを使用する前にそのストラクチャファイル
のコピーを作成しておく必要があります。
バ ー ジ ョ ン 6の 4D Firstで 作 成 さ れ た ス ト ラ ク チ ャ フ ァ イ ル は 、 バ ー ジ ョ ン 6の
4th Dimensionに直接変換できるので、このユーティリティを使用する必要はありません。
バージョン1の4D Firstで作成したストラクチャファイルをいったんバージョン3の
4th Dimensionデータベースに変換し、それをバージョン6の4th Dimensionで使用する場合
にこのユーティリティを使用します。
4D Firstデータベースを 4Dデータベースに変換するには、次のように行います:
1. 4D First Converter アプリケーションのアイコンをダブルクリックして起動する。
変換してよいかどうかを確認するダイアログボックスが表示されます。
2.「O K」ボタンをクリックする。
下図のような「ストラクチャファイル選択」ダイアログボックスが表示されます。
3. 変換する 4D First ストラクチャファイルを選択し、
「開く」ボタンをクリックする。
h
4D Firstのデータベースが、バージョン3の4t Dimensionデータベースに変換されます。
External Mover Plus
これは、4th Dimension(4D First)のデータベース内に外部パッケージを組み込むための
ユーティリティです。ただし、バージョン6の4th Dimension(4D First)で使用することは
ほとんどありません。これは、旧バージョンの4th Dimension(4D First)と互換性を保つ
ために同封されています。
4D First ConverterとExternal Mover Plus
14
Fly UP