...

広大な国土 カナダ

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

広大な国土 カナダ
地理の写真館
①
●
②
●
③
●
④
●
広大な国土 カナダ
日本の約26倍の広大な国土をもつカナダには、多種多様
た北米でもっとも古い都市のひとつで、現在旧市街は世界
な民族が暮らしている。10の州と3つの準州から成るカナ
文化遺産に登録されている。セントローレンス川の河岸段
ダには、広大な国土であるがゆえ、州ごとに独自の産業や
丘の下位面に、ロワータウンと呼ばれる町が川沿いにつく
文化が成り立っている。
られ、上位面には城壁で囲まれた旧市街が立地している。
ケベック州は準州を除くとカナダ最大の州で、日本の3.6
城壁の外側の新市街とは明確に分かれている(写真③)
。
倍もの広さとなる。州の陸地面積の約60%をカナダ楯状地
セントローレンス川を見下ろす高台には、旧市街のシンボ
が占め、世界最古の山岳地帯としても注目されている。州
ルとなるシャトー・フロントナックがある。フランス植民
最大の都市はオリンピックでも有名なモントリオールであ
地時代の総督の名前にちなんでおり、現在はホテルとして
るが、州都はケベックシティとなる。
営業している(写真④)
。
ケベックシティは、
ヌーベル・フランス(新しいフランス)
ケベックとは、先住民の言葉で「川が狭まる地」の意味
と呼ばれていた地をフランス植民地として確立すべく、サ
で、高台からは対岸のレヴィの町がはっきりと確認できる
ミュエル=ド=シャンプランが力を注いだ都市である。1608
ほど川幅が狭まっている。対岸とは、大型のフェリーが定
年にはヌーベル・フランスの首都とされた歴史をもつ。こ
期的に往き来しており、今でも水運は住民の足となってい
うした歴史的背景のため、ケベック州はフランス人開拓に
る。有名なメイプルシロップは、セントローレンス川の中
よる独自の文化が形成されている。フランス語とカトリッ
州にあたるオルレアン島で伝統的な生産が行われている。
ク信仰(写真①:カトリックの結婚式の様子)が1744年の
今回は、時期が合わず見学することはできなかった。
ケベック法によって保護され、1977年にはフランス語をケ
近年の州住民投票でも多くの人がカナダ連邦からの独立
ベック州で唯一の公用語とするフランス語憲章を制定して
を望んでいることが明らかになり、今後も民族問題の火種
いる。あらゆる看板や掲示はフランス語でなくてはならず、
を抱え続けていくことだろう。
(東京都高校教諭)
教育についても同様である(写真②)
。
ケベックシティは、古くから毛皮の交易地として発展し
写・真・募・集
このコーナーの「カラー写真」を募集しています。
海外巡検などで撮影された地理的写真を、資料編集部
「地理・地図資料」係までお送りください。
Fly UP