...

後期高齢者における社会的孤立: 環太平洋5カ国における国際共同研究

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

後期高齢者における社会的孤立: 環太平洋5カ国における国際共同研究
助成研究演題-平成 22 年度 国際共同研究
後期高齢者における社会的孤立:
環太平洋 5カ国における国際共同研究
片桐 恵子(かたぎり けいこ)
公益財団法人日本興亜福祉財団社会老年学研究所 主席研究員
(東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻老年社会科学分野 特任研究員 梅澤 慶子氏の代表共同研究者)
平成 22 年度にファイザーヘルスリサーチ振興財団から国際比較研究の助成をいただいて
行った研究の結果を、簡単に発表させていただきます。
【ポスター -1】
ポスター ­1
まず、研究メンバーです。
日 本、 韓 国、 イ ン ド、 ア メ リ カ、
ニュージーランドの 5 カ国の研究者で
研究を行いました。
【ポスター -2】
近年、無縁社会とか孤独死が日本
で も 非 常 に 問 題 に な っ て い ま す が、
国際的にも、社会的孤立は健康リス
クが高く、高齢化に伴って非常に大
きな問題であると認識されています。
私どもは、この社会的孤立というこ
とを、国内において、あるいは国際間で比較することによってよりよく理解し、そこから
得た知見によって、介入プログラムや政策に役立つ知識を得ていくことを研究の目的とし
て行いました。
ポスター ­2
ポスター ­3
-4-
セッション 1 / ポスターセッション
【ポスター -3】
研究方法は Mixed methodology を採用しています。これは、質問紙調査を用いた量的な
研究とインタビュー調査による質的な研究を同時に行うことにより、お互いに知見を深め
て、より深い考察を得るという方法です。
【ポスター -4】
最初に 5 カ国において文献研究を行ったのですが、社会的孤立という定義自体が曖昧で
あるということが判明しました。
広義の社会的孤立と呼ばれているものは、客観的な社会的孤立(狭義の社会的孤立)、こ
れは社会的絆の欠如や他者との交流がないといったことにより測られるものですが、それ
に加えて、そのような社会的交流の程度に不満である孤独感という主観的なものの 2 つを
もって定義されていることが多いこ
とが分かりました。
しかし、このような文献研究の結果
ポスター ­4
からは、社会的孤立と孤独の区別が
曖昧に使われていること、また、社
会的孤立に関する研究はアメリカと
ニュージーランドでは豊富なのです
が、他のアジア 3 国ではまだ研究が少
ないということ、そして、そのよう
な研究を行う際には欧米のモデルが
アジアでも用いられていることが分
かりました。
定義の類似性としては、どの国で
も統一的な見解になっている定義が
ない、社会的孤立は客観的な面と主観的な面を持つものである、そしてそのキーとなるの
は社会関係である、その量と質が問題になっている、ということが共通なものとして浮か
び上がりました。
それに対して、各国で定義による相違も観察されました。韓国、日本とインドにおいて
は、社会関係の中で極めて家族に重点が置かれているのに対し、ニュージーランドとアメ
リカでは、社会関係の中で友人や隣人の重要性がメンションされていることが非常に多
かったという点で、相違が見られました。
【ポスター -5】
各国により調査対象者のリクルート方法は違いますが、社会福祉施設や NPO のご紹介を
得て、インタビュー協力者をリクルートしました。
社会的属性ですが、性別は女性が多くて、大概が配偶者を亡くしている。そして一人で
住んでいる人が基本的に多かった。基本的に一人暮らしの方をリクルートしました。
デモグラフィックは、韓国の対象者が教育程度が低いということ。主観的な健康は、韓
-5-
国の人が低くて、ニュージーランドの
ポスター ­5
人が高かった。経済的な状況は、や
はり韓国の人が低く、インドとアメ
リカの人が高かった。このような差
は、国の差というよりもリクルート
方法の差によるものが大きいと思わ
れます。
調 査 票 の 中 で、 ル ー ビ ン の
Loneliness Scale(孤独感尺度)を共
通して用いて、スコア得点化をして
みました。そうすると、一番孤独感
が低かった、つまり「寂しい」と答え
ていなかったのが日本の対象者で、逆に一番高く「孤独である」と答えていたのがニュー
ジーランドの回答者です。ニュージーランドの回答者は、デモグラフィック的に見ると比
較的いいので、必ずしも社会的な属性が低いから孤独感が高いというわけではないことが
示唆されます。
【ポスター -6】
インタビューは、大きく社会的孤立
ポスター ­6
に関連している要因とそれを防ぐ要
因という観点で実施しました。各国
共通して出てきた社会的孤立をもた
らしてしまう要因としては、配偶者
や友人という、重要な他者の死亡に
よるネットワークの衰退、転居、身
体的な不具合、経済状況の悪さ等が
共通項として上がりました。
またそれぞれ国別に細かい文化差
が見られました。今日は発表する時
間がないのですが、日本の場合、高
齢者を心配するあまり「あまり出かけるな」と言って過保護になる子どもが、かえって高
齢者の孤立をもたらしていたり、また、同居していて、客観的な指標としては一人暮らし
ではないのですが、その同居家族との関係が悪いことがあって、かえって深い孤独感を味
わっている、というのが特徴でした。
【ポスター -7】
社会的孤立を防ぐ要因は、まず、やはり個人的な性格というのが共通して出てきました。
積極的であり社交的である人の方が孤独になりにくいということです。あとは公的なサー
ビスあるいは宗教施設からのサポートが非常に大きく孤立を防ぐことに関わっていました。
-6-
セッション 1 / ポスターセッション
ポスター ­7
ポスター ­8
その他、コミュニティで自分にとっ
ポスター ­9
て意味がある活動や役割を続けると
いうことが、孤立を防ぐ要因として
上がってきました。
【ポスター -8】
まとめです。
身体的な状況や経済状況というの
は、なかなかこちらがどうこう出来
るものではありませんが、一つ、ど
うにか介入できそうだという要因と
して上がってきたのが、コミュニティ
における意味ある活動や役割を作り出すということです。それが高齢者の社会的な孤立の
予防に役に立つということと、あと、やはり、フォーマルなサポートの重要性が指摘でき
ると思います。
時間になってしまいましたので、これで終わります。
質疑応答
座長 : ニュージーランドで孤立感の比率が高いのはどういう要因だったのですか?
片桐: まず、国の平均値で比較しますと、高齢者の一人暮らしの率がアメリカとニュー
ジーランドでは高いのです。約半分の人が一人暮らしです。アジアでは 2 割弱で
す。そのような中でニュージーランドは、非常に人口が少ないせいか隣近所が遠
いらしく、体が不具合になるとすぐに他者との交流がなくなるということで、非
-7-
常に孤独感を覚える人が多いのではないかと、ニュージーランドの研究者は言っ
ておりました。
会場 : 社会的な背景が国によって随分違うと思うのです。その中で、日本だったら限
界集落のこともあります。今、ニュージーランドでも隣と遠いというお話があっ
たのですが、そういったその国の背景の違いというのは、何か影響はあったので
しょうか。
片桐 : 申し忘れたのですが、リクルートする条件がありました。もちろん日本でも限
界集落の問題などは大きいのですが、最近、老年学では都市における問題という
ことが大きいのです。都会における単身高齢者が今後増加するということが各国
共通して抱える課題だったので、今回リクルートした人は都市に住む方なのです。
都市に住む後期高齢者で、なるべく一人暮らしの人ということでリクルートしま
した。ですから、皆それぞれの地域の都会(日本だと東京です)に住む方になっ
ています。
座長 : 孤立は健康感みたいなものと関係はあるわけですか。
片桐 : もちろん主観的健康観と、あと、ディスアビリティの程度が非常に大きいです。
座長 : 同じような体調でも、体調が悪く感じるということが孤立と関係ないかという
ことですが。
片桐 : そこは、何かスパイラルになっていると思いますが。
座長 : 最近は健康寿命などと言うようになりましたが、それは、単に身体の問題だけ
なのか、それともこういう孤立感と関係あるのかというのは、非常に重要だと思
いますね。
片桐 : そこはなかなか区別できないのですが、予測要因として、体の不具合とかデプ
レッション(鬱っぽい)の孤独感との関連が挙げられていました。
-8-
Fly UP