...

バスケットボールにおけるディフェンス・ディレクションに関する研究

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

バスケットボールにおけるディフェンス・ディレクションに関する研究
バスケットボールにおけるディフェンス・ディレクションに関する研究
沼崎
弘貴
(競技スポーツ学科 コーチングコース)
指導教員 佐々木 直基
キーワード:バスケットボール ディフェンス ディレクション
1. 緒言
バスケットボールのマンツーマンディフェ
3. 結果・ 考察
ファン・ディフェンスは常に基本に忠実で適
ンスのシステムは、ベースライン側に追い込む
切なポジションでディフェンスするという意
ディフェンス(ファンディフェンスシステム)
識をコートにいる5人のプレイヤーが持つこ
とそれとは反対のミドルライン側に追い込む
とにより、プレイヤーたちは個々の能力のなさ
ディフェンス(ファネルディフェンスシステ
を補うことができ、また、コート中央やゴール
ム)がある。今年度の本学男子バスケットボー
下を守るために、お互いが助け合うことができ
ル部は主にこの二種類のディフェンスシステ
る。つまりこのファン・ディフェンスには研究
ムを併用していくことで身体的なハンデを補
対象のチームように個々の能力が劣っていた
うことを狙った。
り、サイズが相手チームよりなくともオフェン
これら二種類のディフェンスにはお互いに
メリットもあればデメリットもあった。またそ
こには二種類を試合中に使い分ける難しさも
あった。
スを阻止できる、素晴らしいディフェンスであ
ることがわかった。
ファネル・ディフェンスはコートに立つ5人
全員がリスクを恐れず、自分のマークマンを捨
そこで本研究では本学男子バスケットボー
てるような形でヘルプに行くことをルールと
ル部の一年間の取り組みを振り返り、どんな練
することにより通常のディフェンスよりも早
習を行いこのディフェンスを成功させたのか、
くヘルプ&ローテーションを行え、カバーの後
またどのような取り組みをすればより良いも
のパスアウトに対してインターセプトも可能
のになったのかを明らかにしした。そして本学
になり攻撃的なディフェンスを行うことがで
男子バスケットボール部の更なるディフェン
きた。それは1対1が多いチームには機能する
ス力向上のヒントを得ることができた。
がパッシング・ゲームを行うチームにはポジシ
2. 研究方法
ョニングを取るのが難しく機能しにくいなど
【調査方法】
の欠点があった。そのためリスク・マネジメン
2010 年度の本学男子バスケットボール部
【調査方法】
本学男子バスケットボール部の今シーズン
トとしてどのオフェンスにも比較的対応でき
るファン・ディフェンスが必要である。
従って、どちらのディフェンスシステムでも
通しての練習メニューの分析
ボールマンをマークしている選手が大切であ
本学男子バスケットボール部が行った試合
り、
「コミュニケーションの徹底」
「一人ひとり
のビデオ分析
の意識を徹底」をしていかなければならないこ
*対象試合は本学男子バスケットボール部
とがわかった。
Fly UP