...

こちら

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Description

Transcript

こちら
平成18年度大阪府障害者スポーツ振興協会事業
①第6回大阪府障害者スポーツ大会の開催
会
場
万博記念競技場、大阪府立門真スポーツセンター 他
期
間
平成18年5月21日(日)~6月4日(日)まで
出場者数
868名
②大阪府初級障害者スポーツ指導員養成講習会の開催
会
場
大阪府立障害者交流促進センター(ファインプラザ大阪)
期
間
平成 18 年 6 月 11 日(日)~7 月 2 日(日)まで
修了者数
75 名
③2006ジャパンパラリンピック水泳競技大会の開催
会
場
大阪府立門真スポーツセンター
期
間
平成18年7月16日(日)~7月17日(月・祝)
出場者数
延べ399名
④第6回全国障害者スポーツ大会派遣選手強化合宿・練習会の開催
会
場
大阪府立障害者交流促進センター(ファインプラザ大阪)他
期
間
合 宿・平成 18 年 7 月 15 日(土)、16 日(日)
練習会・平成 18 年 7 月 15 日(土)~10 月 1 日(日)まで
⑤第6回全国障害者スポーツ大会へ大阪府選手団を派遣
会
場
兵庫県・神戸市(ユニバー記念競技場 他)
期
間
平成18年10月13日(金)~10月17日(火)
【開催期間は平成18年10月14日(土)~16日(月)】
派遣者数
選手95名 役員45名
メダル獲得数 金 63 個 銀 26 個 銅 15 個
⑥市町村障害者スポーツ大会の開催
開 催 市
和泉市・泉佐野市・羽曳野市・高槻市・箕面市・岸和田市
会
場
和泉市民体育館他 各開催市内施設
期
間
平成18年11月19日(日)~平成19年3月25日(日)
⑦ひらかたハーフマラソン 視覚障害者の部の開催
会
場
淀川左岸緊急用河川敷道路
開 催 日
平成19年1月8日(月・祝)
参 加 者
23名
⑧第9回大阪府障害者スポーツコーチフォーラムの開催
会
場
大阪市立中央会館
開 催 日
平成19年1月28日(日)
参加者数
150名
-1-
第6回大阪府障害者スポーツ大会を開催
好記録が続出!
第 6 回大阪府障害者スポーツ大会を5月21日~6月4日までの間で、開催しま
した。
5月21日に万博記念競技場で行われた開会式は好天に恵まれ、大会名誉会長の
太田房江大阪府知事から「勝利をめざして精一杯頑張ってください。がんばろうとい
う勇気を私たちにも分け与えてください。そして、勝っても、負けても、戦いが終わ
れば、大きな友情の輪を広げてください。」と激励を受け、高槻市の滝口直人さんと
岸和田市の中出紀子さんが力強く選手宣誓を行いました。
陸上競技には、407名の参加があり、11種目で全国記録を上回る記録が出まし
た。種目別では、フィールドで6種目、トラックで5種目でした。
水泳競技とボウリング競技は5月27日に開催。水泳競技には84名の方が参加し、
全国記録を上回るものが7種目ありました。内訳は男子2種目、女子5種目と女子の
活躍が目立ちました。ボウリング競技は、122名で競技が行われました。試合結果
については362点(2ゲーム)の選手を筆頭に、年々レベルアップしています。
卓球競技とフライングディスク競技は5月28日に開催し、卓球競技は一般卓球の
部とサウンドテーブルテニスの部に分かれて競技を行いました。30歳以下の若手の
参加が多く、今後が楽しみです。フライングディスク競技は、151名の参加があり、
アキュラシー競技では、前回大会よりも10点満点の人数が増加し、全般的に記録は
向上しました。
アーチェリー競技は、6月4日に開催し参加者が8名と少なかったものの、全国大
会入賞の目安となる600点を超える選手やそれに近い記録を出す選手が多く、レベ
ルの高い闘いとなりました。
なお、この大会結果により、10月の「第6回全国障害者スポーツ大会(のじぎく
兵庫大会)」の大阪府代表選手が決定されています。
【ボウリング競技】
【卓球競技】
【陸上競技】
【水泳競技】
-2-
2006ジャパンパラリンピック水泳競技大会
開催!
夏の恒例となったジャパンパラリンピック水泳競技大会は7月16日(日)、
17日(月・祝日)の2日間、大阪府立門真スポーツセンター(なみはやドーム)
のメインプールにおいて開催されました。
アテネパラリンピックから2年、次の北京パラリンピックまであと2年にあた
る本年は、マレーシア、韓国、香港、メキシコから 15 人の招待選手が出場し、
国内外のトップスイマーが集うレベルの高い競技大会となりました。
地元大阪からも8名の選手が参加し、金メダル6個をはじめ合計11個のメダル
を獲得するなど、すばらしい泳ぎを見せてくれました。
全体では 1 つの世界新記録と37の大会新記録が誕生しました。
大阪府内出場者の上位入賞者成績
〔大阪市〕
氏
名
たかぎし
高岸
たかはし
り
か
み
や
クラス
里佳
こ
高橋
美也子
まえほり
かおる
前堀
薫
出
場
種
目
順位
記
録
S15 女子 50m自由形
S15 女子100m自由形
S15 女子100m背泳ぎ
SM15 女子200m個人メドレー
S12 女子100m自由形
S12 女子100mバタフライ
SM1 女子200m個人メドレー
S15 女子100m自由形
2位
1位
1位
1位
1位
1位
1位
3位
31秒48
1分08秒69
1分17秒96
2分59秒90
1分31秒03
1分34秒82
3分45秒24
1分13秒91
S6 男子 50mバタフライ
S6 男子400m自由形
3位
2位
45秒01
7分23秒93
順位
3位
4位
記
録
1分10秒07
1分03秒39
〔堺市〕
はやし
林
たけし
毅
〔大阪府〕
氏
名
やまぐち
山口
じゅんいち
淳一
クラス
出 場 種 目
S14 男子100mバタフライ
S14 男子100m自由形
【開会式】
【競技中の様子】
-3-
大阪府初級障害者スポーツ指導員養成講習会の開催
障害者スポーツの振興及び障害者スポーツ指導者の資質と指導力の向上を図るこ
とを目的として、施設、団体、学校、各市町村において障害者スポーツを担当されて
いる方や、大阪府在住、在職者で障害者スポーツ活動の振興に貢献意欲のある18歳
以上の方を対象に開催しました。
○期
間 平成 18 年 6 月 11 日~7 月 2 日までの各日曜日〔4 日間〕
○修 了 者 75名
第6回全国障害者スポーツ大会派遣選手強化合宿・練習会の開催
平成18年10月14日(土)から実施された、第6回全国障害者スポーツ大会へ
派遣する選手を対象に、強化合宿を開催しました。
○期
間
○宿泊場所
平成18年7月15日(土)~7月16日(日)
国際障害者交流センター(ビッグアイ)
また、上記合宿以外にも平成18年7月15日(土)~10月1日(日)までの間
に競技毎に練習会を開催しました。
第6回全国障害者スポーツ大会大阪府代表選手団の成績報告
すばらしい秋晴れのもと、
「のじぎく兵庫大会」が平成 18 年 10 月 14 日(土)~
16 日(月)の日程で兵庫県内各地において開催され、大阪府からは95名の選手が
競技に挑みました。
結果は、メダル獲得数では全国3番目で(金:63 銀:26 銅:15)、7種目で
大会記録を更新するなど、日頃の練習の成果を存分に発揮し、すばらしい成績を収
めました。団体競技では、サッカーは決勝戦で惜しくも東京に敗れたものの、堂々
の銀メダルを獲得しましたが、今回が初出場の車椅子バスケットは健闘むなしく、
1 回戦敗退となりました。
光る汗、満面の笑顔の中に選手たちの 1 年間の努力の成果を垣間見た大会でした。
震災の悲劇から立ち直った県民のみなさんと心暖まる交流ができました。
フィナーレでは大会旗が兵庫県知事から秋田県知事に引き継がれ、
“第7回全国障
害者スポーツ大会「秋田わか杉大会」” の成功をみんなで祈りました。
【大阪府選手団壮行会】
【大阪府選手団入場行進】
-4-
市町村障害者スポーツ大会の開催
身近な市町村において障害者スポーツの裾野拡大を図るため、障害者の方が
身近なところでスポーツに参加することができる環境づくりを推進しており、
その一環として、平成16年度から市町村展開事業を開催をしています。
本年度は和泉市、羽曳野市、箕面市、泉佐野市、岸和田市、高槻市において
市町村障害者スポーツ大会を開催しました。
市町村での大会開催はまだまだ少ない状況ですが、今後、多くの地域で障害
者が身近にスポーツに親しむことができるよう、大阪府障害者スポーツ振興協
会として開催地を増やしていく予定です。
☆和泉市
開 催 日
平成18年11月19日(日)
会
場
和泉市民体育館
開催競技
フライングディスク競技
参 加 者
51名
コメント
今年度はアキュラシーの個人戦、団体戦、ペア戦を実施し、
白熱した大会となりました。
☆泉佐野市
開 催 日
平成18年12月10日(日)
会
場
泉佐野健康増進センター
競
技
水泳競技
参 加 者
17名
コメント
寒い時期の開催となりましたが、参加者は自己記録の更新
を目指し、競技に参加していました。
☆羽曳野市
開 催 日
平成19年3月10日(土)
会
場
羽曳野コロセアム
競
技
フライングディスク競技
参 加 者
86名
コメント
昨年度以上の参加申込があり、アキュラシー、
ディスタンス、アキュラシーペア戦を実施しました。
☆ 箕面市
開 催 日
平成19年3月17日(土)
会
場
大阪府立稲スポーツセンター
競
技
卓球競技
参 加 者
26名
コメント
初心者から熟練者までレベルに応じた
技術向上を目指し頑張っていました。
☆高槻市
開 催 日
平成19年3月24日(土)
会
場
高槻市立陸上競技場
競
技
陸上競技
参 加 者
34名
コメント
参加者は、自己記録更新を目指して
競技に参加していました。
☆岸和田市
開 催 日
平成19年3月25日(日)
会
場
サン・アビリティーズ
競
技
フライングディスク競技
参 加 者
99名
コメント
アキュラシーの、個人戦、ペア戦、団体戦を実施し熱戦が
繰り広げられました。
-5-
第30回記念「新春走ろうかい」ひらかたハーフマラソン
視覚障害者の部を開催。
平成19年1月8日(成人の日)に淀川左岸緊急用河川敷道路(淀川河川公園・枚
方地区)おいて枚方ハーフマラソン視覚障害者の部を開催しました。
開催にあたり、パリ世界陸上のマラソン競技、銅メダリストの千葉真子選手をゲス
トランナーとして招待し、共に走ることを通して、視覚障害者マラソンに対する機運
を盛り上げることができました。
また、10月から12月にかけて、府立大手前高校及び大阪城公園外周路を利用し、
視覚障害者マラソンランナーの競技力向上を目的とした、視覚障害者マラソン練習会、
大会を安全かつ円滑に進めるための伴走者養成講習会を開催しました。
ひらかたハーフマラソン
○日 時 平成 19 年 1 月 8 日(祝)
○場 所 淀川左岸緊急用河川敷道路(淀川河川公園・枚方地区)
○参加者 全体 延べ2,706名(内 視覚障害者の部 23 名)
視覚障害者マラソン練習会・伴走者養成講習会
○期 間 平成 18 年 10 月 28 日(土)~12月 16 日(土)
○参加者 視覚障害者マラソン練習会には、延べ7名
伴走者養成講習会には、延べ39名
【ひらかたハーフマラソン】
(参加者の皆さんと千葉選手)
(スタート付近)
【視覚障害者マラソン練習会及び伴走者養成講習会】
(練習会)
(講
-6-
義)
第9回大阪府障害者スポーツコーチフォーラムの開催
平成19年1月28日(日)障害者スポーツにおける福祉と教育の役割、連携を考
えると題して、
「第9回大阪府障害者スポーツコーチフォーラム」を約90名の障害者
スポーツの指導者等の参加のもと、大阪市立中央会館において開催しました。
今回は2部構成で開催し、第1部では2004年アテネパラリンピック水泳競技
日本代表、金メダリストの河合純一氏が「障害者スポーツと学校教育」というテー
マで基調講演を行いました。
河合氏から、スポーツを始めた経緯やこれまでの経験、また教育者として「障害理
解」ということに触れ、熱く語って頂きました。
第2部では第1部で講演いただいた河合氏と、大阪体育大学健康福祉学部の小西治
子氏による対談が行なわれました。
両氏の学校における指導状況や、現在の障害者スポーツの位置づけ等について議論
が行なわれました。その後、参加者からの多くの質問に、両氏ともに熱心に答えられ
るなど、講師と受講者が一体となった時間となりました。
今回のフォーラムは、現在指導にあたっている、あるいは指導者を志そうとしてい
る方々にとって、これからの方向性を見出せる意義のある内容だったのではないでし
ょうか。
当日の詳しい内容については、当協会のホームページに掲載しております。
(基調講演)
(対 談)
大阪府障害者スポーツ振興協会ホームページを
リニューアルしました!!
平成18年9月に、当協会のホームページをリニューアルしました。
新たに「選手の方々の声」や「参加者募集」のコーナーを設けるとともに、「大阪
府障害者スポーツコーチフォーラムの詳細」等の情報もタイムリーに掲載するなど、
内容の改善を行いました。
ホームページでは、毎月1回、情報を更新しており、障害者スポーツを身近なもの
に感じて頂ければと願っています。
なお、ホームページに関して、ご意見等がございましたら下記のアドレスまで、
ご連絡をお願いします。
大阪府障害者スポーツ振興協会ホームページ
⇒
http://www.osad.jp/
大阪府障害者スポーツ振興協会 E-mail アドレス ⇒
[email protected]
-7-
会 員 募 集 の お 知 ら せ
大阪府障害者スポーツ振興協会では、下記の会員を幅広く募集しています。
当協会は会員の方々の会費による運営をしており、府内の障害者スポーツの振興・
発展を目指し、障害者の社会参加促進・障害福祉向上に寄与することを目的として
います。
障害者スポーツをより一層充実するためには、府民の皆様方の積極的なご理解、
ご支援を必要としております。
当協会事業にご賛同頂き、正会員及び賛助会員にご加入して頂けるようよろしく
お願いします。
区
分
対
象
会費(年額)
正会員(障害者団体) 当協会の目的に賛同する障害者団体 1口
賛助会員(個人)
当協会の目的に賛同する個人
賛助会員(企業団体) 当協会の目的に賛同する企業団体
10,000円
1口
1,000円
1口
10,000円
·
会費は、当協会が行う各種事業に活用させていただきます。
·
会費は、当協会専用振込用紙を送付いたしますので、郵便局(手数料は不要)
にてお振込み願います。
·
銀行をご利用される方は、下記口座にお振り込み下さい。
恐れ入りますが、振込手数料をご負担下さい。
・銀
行
:
りそな銀行 大手支店
・口座種別
:
普通預金口座
・口座番号
:
5429418
・口座名義
:
大
阪
府
大阪府障害者スポーツ振興協会
会長 田口 守隆(たぐち もりたか)
障
害
者
ス
ポ
ー
ツ
振
興
協
〒540-8570 大阪市中央区大手前2丁目
大阪府健康福祉部障害保健福祉室内
TEL 06(6941)0351〔内線2460〕
FAX 06(6942)7215〔24 時間受信可〕
URL http://www.osad.jp
E-mail [email protected]
-8-
会
Fly UP