...

精神病理、社会、作業療法

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

精神病理、社会、作業療法
精神病理、社会、作業療法
名古屋大学大学院医学系研究科
リハビリテーション療法学専攻
鈴木 國文
1
Adolfo WILDT, Italian scuptor,1868-1931
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅰ. 精神医学と作業療法の起源
Ⅱ. 精神病理学の問い、私の問い
Ⅲ. 「今日の精神医療」と精神病理学、作業療法学
Ⅳ. どうすればいいのだろう
2
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅰ. 精神医学と作業療法の起源
3
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅰ. 精神医学と作業療法の起源(1)
1800
黎明期
Pinel 1745-1826 精神医学対象の発見
19世紀
Esquirol1772-1840 病院制度の充実
-Goya1746-1828
Beethoven1770-1827
Griesinger1817-1868 Brahms1833-1897
Charcot 1825-1893 Cézanne1839-1906
Mahler1860-1911
1900
伝統的疾病
分類の確立
Kraepelin 1856-1926 Janet 1859-1947 Freud1856-1939Kandinsky1866-1944
Bleuler1857-1939 Страви́нский1882-1971
Lacan1901-1981
20世紀1952 クロールクロマジンの精神作用の発見Winnicott 1896-1971
Erikson 1902-1994
1980年DSMⅢ
2000
4
21世紀
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅰ. 精神医学と作業療法の起源(2)
フィリップ・ピネル(1745-1826)
から精神医学は始まる、と言われている。
・収容院ビセートルで、元患者の監護人
ピュッサンと出会う。ピュッサンは自身の
経験をもとに精神障害者に対する処遇
原則を立てていた。ピュッサンの処遇
原則がピネルに決定的な影響を与える。
・50歳、1795年にサルペトリエールの医長
患者の状態による処遇の分類を試み、一
人の病者として扱う。⇒精神医学の誕生
・一方、それまで一般的に行われていた
瀉血や水治療などの身体的療法を退け、心理的療法を推進
→ 「traitementmoral モラル・トリートメント」 フランス革命思想
「モラル・トリートメント」には今日の「精神療法」「作業療法」「芸術療
法」「サイコ・ドラマ」「園芸療法」など様々な非身体的治療が含まれ
ていた。 ⇒ 作業療法の起源(1)
5
2016,3,5.名古屋大学最終講義
5 Ⅰ. 精神医学と作業療法の起源(3)
エスキロール(1772-1840) 最初の精神科医
1810年代にフランス各地の精神障害者収容施設の実態調査
1818年、政府に対し報告書を提出、収容施設の劣悪な実態を指摘
病院建設。モラル・トリートメントに基礎を置いたこうした治療施設が、
その後ヨーロッパ全土、そしてアメリカにも広がる → 精神医療改革は1830年代に頂点に
HôpitalEsquirol
6
2016,3,5.名古屋大学最終講義
6 Ⅰ. 精神医学と作業療法の起源(4)
「自由の概念」の誕生とピネルによる精神医学の改革は同時期
Adam Smith (英1723‐1790)
「公平なる観察者」「自己規律」
Immanuel Kant (独1724-1804) 「自己立法」『実践理性批判』
Philippe Pinel (仏1745-1826) 「精神障害者処遇の制度化」
精神医学の誕生、モラル・トリートメント、さらには作業療法の誕生
が、自由という概念の誕生、「市民社会」の誕生と同期
フランス革命の啓蒙思想(lumière, enlightenment)のもと
精神医学はその対象を見つけた。(対象と処遇の方法を見つけた
のであって、治療の方法を見つけたわけではない。)
啓蒙思想 暗がりに光をもたらす。しかし、それはどんな光か 神に代わる二つの光 合理的思考(科学的思考)
人権思想 自由、平等、博愛
⇒ ヨーロッパ原理
医学は極めて啓蒙的な姿勢を持つ 未開を開化
7
2016,3,5.名古屋大学最終講義
7 Ⅰ. 精神医学と作業療法の起源(5)
19世紀(特に後半)
ヨーロッパ原理の進展と社会の再保守化
再キリスト教化 ヨーロッパの多くの教会、大聖堂、19世紀に
貴族文化の興隆 立憲君主主義がヨーロッパを覆う
国民国家の成立と発展 徴兵と軍隊、領土的野心
植民地主義
産業革命
⇒ 明治日本が出会った世界
19世紀後半に入ると
「モラル・トリートメント」はイギリスでもフランスでも退潮にむかう。
18世紀から19世紀にかけて進行した産業革命以後の社会は、
精神障害者に対する許容性がきわめて低い社会となった。
19世紀後半には、ヨーロッパ、および米国の精神障害者医療は再
び劣悪な収容の様相を呈するようになっていく。
8
2016,3,5.名古屋大学最終講義
8 Ⅰ. 精神医学と作業療法の起源(6)
1800
黎明期
Pinel 1745-1826 精神医学対象の発見
19世紀
Esquirol1772-1840 病院制度の充実
Goya1746-1828
Beethoven1770-1827
Griesinger1817-1868 Brahms1833-1897
Charcot 1825-1893 Cézanne1839-1906
Rimbaud1854-1891
Mahler1860-1911
1900
伝統的疾病
分類の確立
呉 秀三1865-1932Kraepelin
1856-1926 Freud1856-1939
Kandinsky1866-1944
Bleuler1857-1939 Страви́нский1882-1971
Janet 1859-1947
-Adolf Meyer1866-1950
Lacan1901-1981
Winnicott 1896-1971
20世紀1952 クロールクロマジンの精神作用の発見
Erikson 1902-1994
1980年DSMⅢ
2000
9
21世紀
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅰ. 精神医学と作業療法の起源(7)
イギリスの19世紀末
William Morris(1834‐1894)
詩人、室内装飾家、思想家
アーツ・アンド・クラフツ運動
産業社会、機械文明への警鐘、手仕事
富裕層への浸透 アメリカへの影響
20世紀初頭、全米に25のアーツ・アンド・
クラフツ運動の協会
メンバーは中・上流階級から次第に下層に
<浸透の背景となる社会>
急速な社会、技術、経済、文化の変化、
不安定な社会、女性の役割の変化とい
ったことを背景に
⇒ 古い文化価値、ゆっくりとした生き方への希求 ⇒ A&C が医療に取り入れられ、初期の作業療法に大きな影響
⇒作業療法の起源(2) 反近代的側面
10
2016,3,5.名古屋大学最終講義
10 Ⅰ. 精神医学と作業療法の起源(8)
AdolfMeyer(1866-1950)
スイスで医学を学んだ後、イギリス、フランスで1年学び、その後、
26歳の1892年にアメリカ合衆国に渡っている。
⇒ アメリカ精神医学の父
マイヤーが1921年、アメリカ作業療法推進協議会で行った講演 『作業療法の哲学』 「適応の必要性のための最も有効な援助手段としての仕事workの
価値を最初に認識したのが精神医学であった」と言い、この講演を
「人は時間を組織することを学び、そして人はそれを、物事を行うこ
とによって成し遂げる。…私たちはそれを、一連の機会を伴った時
間の摂取、消化、適切な使用とよび、そして、それは宗教的良心と
称すべきであろう」という言葉で終えている。
マイヤーは人間の活動、そして時間の組織だった使用ということ
に一種の宗教的神聖さを見ていた。⇒ アメリカの精神 資本主義の精神
11
2016,3,5.名古屋大学最終講義
11 Ⅰ. 精神医学と作業療法の起源(9)
EleanorClarkeSlagle 1919年にNSPOTの第三代会長
Meyerの考え方を実践に
ハビット・トレーニング
人生におけるdecent(きちんとした、気品のある、つつましい)な
habit(習慣、態度、振る舞い)を再構成することが habittraining
全ての人間に共通するような一般的なハビットというものはない。
あるのは個人的なハビットだけである。
⇒ 個人の個性としてのハビットを強調
→ ハビット・トレーニングはホーリスティックな接近を制度化
⇒作業療法学の起源(3)
マイヤーの時間の使用とスレーグルのハビット・トレーニング
12
2016,3,5.名古屋大学最終講義
12 Ⅰ. 精神医学と作業療法の起源(10)
1929年の大恐慌で、国家収入は半分に
医療を受けることは一種の贅沢と言われるまでになった。
作業療法の指導者たちは集団療法などを導入して作業療法を守
り、作業療法士の目をアーツ・アンド・クラフツ運動から遠ざけた。
科学的還元主義とアーツ・アンド・クラフツ運動のホーリスティック
な理念との間に亀裂が生じ、作業療法を混乱に陥れた。
EleanorClarkSlagleはSheppardandEnochPraXHospitalの卒業
生に、「手芸だけでは不十分である」と明言し、新しい展開を模索
した。
作業療法協会の会長であるDoaneは1931年、作業療法をアー
ツ・アンド・クラフツ運動から強く引き離した。
⇒作業療法の起源(4) 科学的還元主義
13
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅰ. 精神医学と作業療法の起源(11)
作業療法の起源(1) モラルトリートメント 啓蒙思想 近代の表
側
合理的思考(科学的思考)
人権思想 自由、平等、博愛 作業療法の起源(2) アーツ・アンド・クラフト運動
近代の挫折と反近代的思潮
作業療法の起源(3) アドルフ・マイヤーと時間
スレーグルのハビット・トレーニング
やや楽観的なホーリズム
作業療法の起源(4) 科学的還元主義 医学的アトミズム 14
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅰ. 精神医学と作業療法の起源(12)
20世紀初頭の精神医学状況
伝統的疾患分類の成立
<精神病の概念化>
Kraepelin(1856-1926)がその教科書第六版において、
早発性痴呆と躁うつ病という区分を確立するのは1899年
Bleuler(1857-1939)が1911年に、
統合失調症 Schizophrenieと命名
DemenYapraecoxoderGruppederSchizophrenien.1911
<心因性の疾患、神経症の概念化>
Charcot(1825-1893)ヒステリー概念の登録
Janet(1859-1947) 神経症概念の提唱
Freud(1856-1939) 神経症概念の構築と無意識概念
15
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅰ. 精神医学と作業療法の起源(13)
精神障害の伝統的分類、
20世紀初頭から1970年ころまで
双極性障害
(躁うつ病)
単極性うつ病
統合失調症
自由からの疎外
合理的な思考からの疎外
「医学的」な視点
神経症
人間一般に見られる疎外的なあり方
正常
16
2016,3,5. 名古屋大学最終講義
Ⅱ. 精神病理学の問い、私の問い
17
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅱ. 精神病理学の問い、私の問い(1)
統合失調症的な事態 疎外のあり方
妄想:私は父と母の子ではなく、どこかに本当の両親がいる。自分
が世界を救わなくてはならない。
病的体験:自分の考えていることが世界中の人に知られているよう
だ。皆が、思わせぶりである。アナウンサーのネクタイも思わせぶり。
考える前に考えが入ってくる。考えようとすると、先に考えが浮かぶ。
幻聴:すれ違いざまに「淫乱」とか聴こえる。自分が何かするたびに
それをコメントする声が聞こえる、「座ったな」とか「食べたな」とか。
慢性期の妄想:自分に起きることはすべて、どこかの墓の中にある
巻物の中に書いてある。その通りのことが起きて、結局、自分はそ
の運命からは出られない。 主体性の根源的な剥奪
解体症状の顕著な例:家に置いてきた亀のことが心配だ。ひっくり返
ると死んでしまうのではないか。「どうして?」だって、ひっくり返るとメ
カになっちゃうから。 音韻によって考えを支配される
18
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅱ. 精神病理学の問い、私の問い(2)
統合失調症的な病理
合理性からの疎外、 背理的な事態
自由からの疎外
言語(シニフィアン)の主体に対する先行性
言語(シニフィアン)の思考に対する先行性
「了解不能」 「ありえない」
精神病理学的な問い
これらの現象はどうなっているのか?
こうした狂気概念は、19世紀を通して次第に結晶化してくる。 自由概念から100年
それまでは、ヨーロッパでも、日本でも、意識変容を伴った「錯乱」
のような状態を一般に狂気と言っていた。 ⇒ 気がふれた 狂女もの 19
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅱ. 精神病理学の問い、私の問い(3)
神経症的な病理
・話そうとしても声が出ない
・手を動かそうとしても手が動かない
・脚の感覚がなくなってしまった
しかし、神経学的、運動学的には何の問題もない
⇒ 転換症状
・ 夜中に知らない間に男友達に電話をしていて、
翌日覚えていない。
⇒ 解離症状
・ばかばかしいと思っても、鍵を閉めたか何度も確認する
・霊柩車とすれ違う時には親指を隠しておかないと、
親に凶事が起こるような気がする ⇒ 強迫症状
・床に触った手では、食事ができず何度も洗う。不潔恐怖
・ばかばかしいとは思うけれど、ドアが閉まってしまうのが怖くて、 地下鉄に乗れない ⇒ 恐怖症状
20
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅱ. 精神病理学の問い、私の問い(4)
神経症的な疎外状況
「私」の意志を越
えた力が 転換症状、解離
症状ではネガティ
ヴに出現
「私」の意志を越
えた力が 強迫ではポジティ
ヴに出現
私
しかし、こうしたことは、誰にも起きているのではないか。
人間一般に見られる疎外的なあり方
たとえば、思ったように話せない。 ⇒人間の本質ではないか
都合のいいことしか覚えていない。 「了解可能」 「ある、ある」
21
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅱ. 精神病理学の問い、私の問い(5)
饅頭が目の前にある。おいしそうなので、口に入れ、食べる。
噛んでいて、途中で思い直して外に出す。 すると、それはもう一度口に入れるには汚い。 ⇒ しかし、どうして汚いのか
人間と対象との関係では愛着と嫌悪の反転が起こるらしい。
このことが、神経症の病理に関わりがありそうだということは容易
に想像がつく
愛着の対象 嫌悪の対象
しかし、なぜそうなるかは、わからない。
「あるある」「了解可能」だけれど、解らない
22
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅱ. 精神病理学の問い、私の問い(6)
SigmundFreud(1856-1939)
フロイトは神経症概念を構築。
フロイト理論の転回点が1913
年ころにある。
1913年あたりにフロイトは無意
識というものの真の働きに気
付いている。 「死の本能」論、第二局所論
一方、時代状況としては、
この頃に、
人間の自由というもの
に関する根源的な疑
義が出てくる。
矛盾的な存在としての
人間への関心
⇒ 戦争の世紀へ
23
超自我
自我
エス
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅱ. 精神病理学の問い、私の問い(7)
24
レヴィ=ストロース(1908-2009)
ClaudeLévi-Strauss文化人類学
ナンビクワラ族と暮らすうちにある
ことに気付いた。
彼らは裸で暮らし、人前で男女で
からみ、抱きついたりする。
しかし、よく観察していると彼らは、
いや彼は、その時、決して勃起し
ていない。彼らの恥ずかしさは人
前での裸ではなくて、人前での勃
起なのだ。彼らには彼らの構造が
ある。⇒ 『野生の思考』1962
⇒ 構造論的視点への目覚め 文明と未開という見方に距離 ⇒ 構造主義へ
1950年ころより、ジャック・ラカン(JacquesLacan1901-1981)
によってフロイトの精神分析の構造論的な読みかえという作業が
行われる。 言語の大系(構造)と人間の精神、主体
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅱ. 精神病理学の問い、私の問い(8)
言語と精神との関わりについての基礎論 留学中(1985-87) ⇒ ラカンのセミネール翻訳の版権の問題、
laCauseFreudienne日仏グループ その後の翻訳
・鈴木國文、フランソワ:・モレル:言表の主体,欲望の主体,他なる主体-ラカンの精神 病論と日本語試論-,臨床精神病理 8巻1号(47-57),1987
・KunifumiSuzuki,FrancoisMorel:Ladifférencestructuraleentredeuxlanguesetla foncYonduJe,in“Lacanetlachosejaponaise”Navarin,France 1988
帰国後、京都大学の学生相談部門に勤務、神経症の治療
・鈴木國文:神経症と知の諸様態,小出浩之編『ラカンと臨床問題』、弘文堂、1989
・鈴木國文:美女の歯ブラシ-欲動の反転と美についての断章-,
大東、松本、新宮、山中編:『美と青年期』1990
・Kunifumi Suzuki:PerversionetNévrose:dansleurrapportaurenversementdes pulsions,QUARTO40/41lebulleYnduchampfreudiendeBelgique(187-190) 1990
・欲動の統辞法としての倒錯-神経症と倒錯との関わりについて-臨床精神病理 11巻 4号(341-352),1990
・KunifumiSuzuki:Ladifférenceculturelle,ladifférencesexuelleetlapsychanalyse
RevueInternaYonalDelapsychopathologyNo.13(29-49),1994
・ラカン学派-構造と力動-、臨床精神医学講座第15巻『精神療法』所収,1999
・鈴木國文:『神経症概念はいま』 金剛出版、1995 神経症の病理、治療論
25
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅱ. 精神病理学の問い、私の問い(9)
ジャック・ラカン:『精神病』(岩波書店,翻訳出版1987)最初に翻訳したセミネール
シニフィアン/シニフィエという概念 言語の構造
言語の大系と主体の成立との関わりという視点から統合失調症を
考察する
「主体」と妄想を語るということ
統合失調症の前駆期と発症、そして経過という問題
・鈴木國文・ジャン・ノダン:「妄想の主体」と「妄想を語る主体」,
-分裂病者との面接に関する一考察-, 臨床精神病理 10巻1号(25-36), 1989
・SuzukiK,KoideH,MurakamiY,NaudinJ:Ladifférencesexuelledansledélire
schizophrénique,JpnJPsychiatNeurol,Vol44No3(511-520),1990
・鈴木國文:分裂病の病前,前駆期、発症, 精神神経誌,102巻12号(892-897),1999
・鈴木國文:精神分裂病の前駆期と発症-欲望と他者という問題系
精神科治療学 14巻5号(497-505),1999
・鈴木國文:統合失調症の「自然経過」と「人間関係」
『新世紀の精神科治療8,病の自然経過と精神療法』,中山書店,2003所収
チームによるジャック・ラカンの一連のセミネールの翻訳 26
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅱ. 精神病理学の問い、私の問い(10)
美術史 表現主義と抽象絵画の誕生
印象派対表現主義
(Impressionismus) (Expressionismus)
印象派 世界を映し出す眼、
世界の光を映し出す眼(モネ)
表現主義 美を精神の内部に求める動き
として現われる
ムンク、クビーン、アンソール、
シュミット=ロットルフ
キルヒナー、ヘッケル、カンディンスキー
表現主義
ヨーロパ北方の美意識、
崇高、ロマン主義、ゴチッ
Kirchner 1912
ク
27
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅱ. 精神病理学の問い、私の問い(11)
表現主義は、歴史上、三つの帰結へと至る
①破綻、精神病的変調へと至るような破綻
②絵画の自己否定、非対象絵画 ⇒ 抽象絵画の誕生
③抽象という道を経て、さらに機能主義へと帰着する道
→ バウハウス モダニズムへの吸収
抽象絵画の誕生
ミュンヘン カンディンスキー 『コンポジションⅦ』 1913
パリ ドローネー 『窓』の連作 1913
モスクワ
マレーヴィチ 『黒の四角形』 1913
アムステルダム モンドリアン 『線と色のコンポジション』 1913
お互いに連絡なく、おなじ年に、無対象絵画に到達
28
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅱ. 精神病理学の問い、私の問い(12)
1913年の抽象絵画の誕生という出来事の後、現代美術は一旦行
き着いた抽象絵画という究極の地点との間に、さまざまな距離
をとって、さまざまに形象を復活させながら、変遷する。
1913年の抽象絵画というトポスは、その後、
現代美術の照準線として機能し続ける。
フロイトの理論の転回点が1913年ころにある。
「近代(モダン)」というものが裏返しになる(手袋)。
⇒ 第一次世界大戦、ナチス・ドイツの台頭、第二次世界大戦
・鈴木國文:『時代が病むということ―無意識の構造と美術 』、日本評論社、2006
保健学科に来て数年経った頃、2000年頃の仕事
作業療法 表現病理 時代精神 社会
29
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅲ. 「今日の精神医療」と精神病理学、作業療法学
30
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅲ. 「今日の精神医療」と精神病理学、作業療法学(1)
1800
黎明期
Pinel 1745-1826 精神医学対象の発見
19世紀
Esquirol1772-1840 病院制度の充実
Goya1746-1828
Beethoven1770-1827
Griesinger1817-1868 Brahms1833-1897
Charcot 1825-1893 Cézanne1839-1906
Mahler1860-1911
1900
伝統的疾病
分類の確立
Kraepelin
呉 秀三1865-1932
Janet 1859-1947
1856-1926 Freud1856-1939
Kandinsky1866-1944
Bleuler1857-1939 Страви́нский1882-1971
-Adolf Meyer1866-1950
Lacan1901-1981
20世紀1952 クロールクロマジンの精神作用の発見 Winnicott 1896-1971
Erikson 1902-1994
1980年DSMⅢ
2000
31
21世紀
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅲ. 「今日の精神医療」と精神病理学、作業療法学(2)
精神障害の伝統的分類、20世紀初頭から1980年ころまで
双極性障害
躁うつ病
統合失調症
自由からの疎外
合理的な思考からの疎外
単極うつ病
境界例
神経症
人間一般に見られる疎外的なあり方
正常
32
2016,3,5. 名古屋大学最終講義
Ⅲ. 「今日の精神医療」と精神病理学、作業療法学(3)
・神経症概念の崩壊 1970年代終わりころから 症状へと解体、生物学的研究
神経症領域における概念と
病態の変化
・PTSD への着目 解離の増加と同期
目に見えないトラウマから、目に見える トラウマへ 無意識概念の後退 神経症概念の衰退
双極性障害
・同一性(アイデンティティ)の拡散
エリクソンが言うところの
「アイデンティティの拡散」 → 常態化
単極うつ病
B.P.D
不安障害 身体
S.P.D
境界例
表現
解離性障害
性障害
同一性の拡散 (Erikson)
33
正常
PTSD
ノーマル
2016,3,5. 名古屋大学最終講義
Ⅲ. 「今日の精神医療」と精神病理学、作業療法学(4)
うつ病の病態変化と概念の拡散
1)退却あるいは逃避という方向 社会との関係において、何らかの関節が外れている
アパシー 退却症化 ひきこもり 2)罪責感の欠如という方向 「うつ」の中心症候であった「罪責感」が薄れる
統合失調症
3)どこかに万能感が垣間見える
躁的要素の混入 双極Ⅱ型
1999,SSRIの発売
B.P.D
不安障害 身体
S.P.D
境界例
表現
解離性障害
性障害
同一性の拡散 (Erikson)
34
正常
PTSD
ノーマル
2016,3,5. 名古屋大学最終講義
Ⅲ. 「今日の精神医療」と精神病理学、作業療法学(5)
1999年 大学生のB君
・就職試験に落ち続ける大学生B君。ある有名大学の経済学部四年
生。話はシャープ、礼節をわきまえた好青年。
入社試験で、筆記試験はうまくいっても役員面接で落とされてしまう。
すでに四年生の一二月ですから、落ち込んでいた。しかし、他に特
に精神科的な症状はなかった。
・三回ほど会っているうちに「すこし細部に拘泥するな」という印象を
もった。思わないところで人を怒らせてしまうのだと言う。
・例えば、靴屋で靴を買う際に「大きすぎて、靴がガタガタすることは
ありませんか」と訊かれ、「靴はガタガタしません、足がガタガタしま
す」と答えて、怪訝な顔をされる。
・小学校1年時。運動会の練習の際に先生が「整列、前ならえ。右を
見て、左を見て、列をそろえなさい」と言うのをきいて、彼はすかさず
手を挙げ、「先生、右だけ見るか、左だけ見るか、どちらかにしない
とうまく並べません」と言った。しかし、その先生は彼の言葉を無視し
て「黙って並べ」と言い、級友は皆、彼のことを笑ったという。
「間違っていないけれど、何かおかしい・・・」 新種の病理 35
2016,3,5. 名古屋大学最終講義
Ⅲ. 「今日の精神医療」と精神病理学、作業療法学(6)
2000年ごろまでは、ほとんどの(特に成人を診る)精神科医は
「広汎性発達障害」という概念も「アスペルガー障害」という概念も知
らなかった。
しかし、「アスペルガー障害」という概念は、一旦認識されるとその浸
透は実に速かった。
2000年から数年で、成人を専門とする精神科医の誰もが知っている
概念になっていった。
それどころか「アスペルガー」という言葉は一般の人々にも広がり、
2010年の頃には、ほとんど誰もが知っている概念になった。 「KY」という表現が流行ったのは2007年。
世の中への浸透のこの速さからすると、この概念は
「世に待たれていた病名」だったのではないか
この概念が導入されると、
精神医学のさまざまなシーンが大きく変化した。
36
2016,3,5. 名古屋大学最終講義
Ⅲ. 「今日の精神医療」と精神病理学、作業療法学(7)
今日の精神障害のマップ
双極性障害
統合失調症
ASD
アスペルガー
単極性うつ病
B.P.D
精神科
臨床の
主戦場
正常
境界例
S.P.D
不安障害 身体
同一性の拡散 (Erikson)
37
症候群
表現
性障害
解離性障害・
PTSD
Normal
2016,3,5. 名古屋大学最終講義
Ⅲ. 「今日の精神医療」と精神病理学、作業療法学(8)
先制医療時代
今日、精神科領域では、先制医療の動きが、正常と異常との境界の
不鮮明化と結びつきながら、これまでにないような医療対象の拡大
を引き起こしている。
発達障害概念を背景にした適応問題の医療化
うつ病のすそ野の拡大による労働問題の医療化
学校生活を支える方法の医療化 医療問題なのか他の領域の問題なのかが不明瞭な事柄に
関し、医療的視点が求められている
ひきこもり、組織への適応困難、様々な依存(特にネット依存など身
体的依存性のない事柄への依存)、いじめ被害・加害、ハラスメント
被害・加害、GID(性同一性障害)など、従来は教育や文化の問題と
されてきた現象も含みながら、医療対象が拡大
38
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅲ. 「今日の精神医療」と精神病理学、作業療法学(9)
先制医療時代
過剰な医療化という声も聞かれるが、はたしてそうなのか。
メタボリック・シンドロームと同じように
精神科的障害もまた自己管理の対象となる
医療が先制するようになった、つまり早く手を出すようになったのか、
それとも先制するのが医療と言われるようになった、つまり早く手を
出すことが医療と言われるようになったのか。
⇒ 実は、この視点の違いは大きい
ある部分では、医療概念自体が変化しているのではないか。
病人である個人を治療して社会に返すのが医療ではなく、
未病の個人の自己管理、自律に伴走するのが医療という発想
しかも、何か明確な知があって、伴走するわけではない。
⇒ 啓蒙という姿勢は通じない
39
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅲ. 「今日の精神医療」と精神病理学、作業療法学(10)
メンタルヘルスという言葉に現れているような先制医療は
今日の精神医療のひとつの姿
こうした場面では、医療は啓蒙という姿勢を離れることを要請され ている。こうした領域では、もはや、主導権は医療の側になく、医
療の外、一人ひとりの個人の側にある。医療はそれに寄り添う。
しかし、もちろん、精神医療のすべてがこうした方向に変化したわけ
ではない。技術革新を求め、ビッグサイエンスと結びついた医学が、
啓蒙的姿勢を崩すことなく、先へ、先へと進んでいる。
医療における技術革新の先端は、通常の人々の日常の想像力を
はるかに越えた世界で進められている。
精神医療はいまや二つの方向に引き裂かれている
メンタルヘルスと技術革新という二方向 知の構造の違い
精神病理学は、そして作業療法学も、この裂け目に自覚的で
あることが必要
この二つは、医療としての性格を異にするもの
40
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅲ. 「今日の精神医療」と精神病理学、作業療法学(11)
作業療法の場所(トポス)
機能障害(impairment) たとえば、関節が動かないこと
能力障害(disability) そのため、洋服を着ることができないこと
社会的不利益(handicap)そのため、劇場に行けない、就労が困難
病識のない精神障害、たとえば統合失調症
機能障害 認知障害、病的体験(病気だとは思っていない) 能力障害 生活のしづらさ (これについては、病感を持っていることが多い。
精神科リハビリテーションは、ここに焦点を当てることができる)
社会的不利益 病識の程度のあり方は様々
うつ病でも、摂食障害でも、アスペルガー症候群でも、生活上困るこ
と、具体的困難に寄り添うことの方が接近しやすい。
症状レベルに還元しないで、生活という視点で切って、その困難を
扱う方が接近しやすいことが多い。 ⇒ 寄り添う
作業療法の主戦場 生活上の困難という視点
精神科医療における活動領域を増やすこと 41
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅳ. どうすればいいのだろう 42
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅳ. どうすればいいのだろう(1) 1755年:リスボン大地震 リスボン大地震に近代の起源を求める考え方
18世紀中盤、この未曾有の大災害の後、「神に頼れない」という危
機感から啓蒙思想が生まれ、強い力、堅固な仕組み、堅固な建築
への意志が生まれた。
隈研吾(建築家)は、その著書『小さな建築』の中で、リスボン大地
震と近代との関係に触れ、東日本大震災のあと、建築の見え方が
変わった。どんなに強固で大きな建築を建てたところで、自然の猛
威から逃れることはできない。「そうした思いは、当然ながら地震の
前からあったのだが、あの地震を通じて、そのことを体で体験して
しまった」と書いている。
私は、2010年ころから「弱い知としての精神医学」ということを考え
ている。震災のころを通して、この感が強くなった。
「啓蒙的姿勢」とはどこか違う精神医学を考えている。
43
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅳ. どうすればいいのだろう(2) イタリアの哲学者、ジャンニ・ヴァッティモ
「この多元的な世界に生きることは、 (社会への)帰属と違和感の間
の絶えざる逡巡として自由を体験することに他ならない」
ヴァッティモは、1983年にすでに『弱い思考』という、その後のイタリ
ア思想に少なからぬ影響を及ぼした「論集」を編んだ哲学者
『社会の脆さと精神病理学
―「弱い知」としての精神病理学に向けて』
臨床精神病理 32巻3号(207-219),2011
『同時代の精神病理
――ポリフォニーとしてのモダンをどう生きるか』
中山書店,2014 「弱い知」としての精神病理学の足場
44
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅳ. どうすればいいのだろう(3) 2010年から「ひきこもり」に関する日仏協
同研究。精神科医、社会学者、心理学者、
文化人類学者、哲学者と協同するプロジェ
クト
同じような困難を、しかし違う仕方で体験し、
表現している青年について考える機会
Armand Colin France
2014,8月
青土社 2014,10月
45
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅳ. どうすればいいのだろう(4) 今年、一月末に、イタリア、ミラノのミノタウロという施設が開催した
「ひきこもり」の国際シンポジウムに参加
ConvegnointernazionalesulriMrosocialeinadolescenza 2016
ミノタウロ MinotauroMilano
30年の歴史を持ち、20年ほど前からひきこもり支援 臨床心理士中心のNPO施設、40人近いスタッフ
大学と連携し、支援者養成のための修士課程、多くの院生を置く。
当事者相談、家族相談、自宅への訪問、当事者の居場所提供、職
業斡旋など幅広い支援活動を組織的に展開
「ひきこもり」というテーマで500人の聴衆を集める
46
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅳ. どうすればいいのだろう(5) 姿勢に、二つの特徴
第一に、
すべてが、ひきこもりに深く寄り添うことから始まっている
たとえば、インターネット依存の問題、単に依存からの脱却を目指
すのではなく、その当事者がインターネットの何にどう関わってい
るのかを詳細に訊き、インターネットとの関係そのものを分析。
ゲームへの耽溺を扱う場合には、当然のように、個々のゲームそ
のものを詳細に検討している。
ワークショップ 当事者の多様な文化的活動を心理士がサポート
「ワークショップでは、ともかく、何かを『する』ことから始めます。経
験の共有という点に着目しているからです。使う事柄は、必ずしも
始めから決まっているわけではありません。物語作り、写真、歌、
コラージュ、ビデオ、何でも使います。」
例えば、写真のワークショップ
場に慣れてきた当事者がグループで牧場に出、そこにプロの写真
家が関わって映像作品に仕上げることが試みられたりしている。
47
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅳ. どうすればいいのだろう(6) ひきこもる者の可能性について
深く信じ、根気強く寄り添ういき
いきとした多くの若いスタッフの
存在は、私にはいささか不思議
だった
なぜこんなことができるのだろう
その鍵は、どうも、第二の特徴の
中にあるように思われる
progetto IN CAMPO Minotauro Milano
48
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅳ. どうすればいいのだろう(7) 第二の特徴は、「ひきこもり」と
「死」との関係に対する気づきに関
わっている。
この施設を思想的に牽引してきた
ピエトロポーリ・シャルメは「ひきこ
もりは死との間でバランスをとって
いる」と語る。つまり、それはまず、
ひきこもる人々の多くが、ひきこ
もっているからこそ死を免れている
ということを意味しているのだが、
GustavoPietropolliCharmet しかし、この指摘の背景には、普
通に日々を送る私たち自身、誰も
が、実は、前に進むか、ひきこもるか、死ぬかという三択の中で生
きているということに関する深い覚醒があるのだと思う。
このことはとかく忘れられている。多くの人が、自分は前に進むか、
立ち止まるか、その二択の中で生きていると思っている。
49
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅳ. どうすればいいのだろう(8) ピエトロポーリ・シャルメは、精神分析に理論的基盤を求めながら、
ひきこもり支援という困難な仕事の方向性を示し続けてきた。
おそらく、彼の中には、ひきこもりは「死との間でバランスをとる」もの
であるからこそ、それはまた、ひとつの文化事象でもあり得るという、
確信のようなものがあるのだと思う。
その確信が若い支援者に浸透し、この施設の広汎な活動の支えと
なっているのではないだろうか。
精神に関わる活動には、この気づきが、実は必須なのだと思う。
哲学は「死の練習」という言葉がある。ソクラテスが語り、そしてハイ
デッガーが考察している点だが、前に進むこと、立ち止まること、そ
の二つの間に「死への覚醒」が入りこむことが、むしろ日常生活の支
えとなることが、きっと、あるのだと思う。この点に関する気づきこそ
が、いまを生きる人々に深く寄り添い、前への一歩をともに踏み出
す姿勢を作り出すのではないか。 そこに、「弱い知としての精神病理学」のヒントがあるのではないか。
50
2016,3,5.名古屋大学最終講義 Ⅳ. どうすればいいのだろう(9) 保健学科に、保健学科独自の、保健学科らしい学問が
築かれていくことを、祈っています
私は、病院での臨床に戻り、精神病理学を続けます
51
2016,3,5.名古屋大学最終講義 
Fly UP