...

Title <書評> Judith Butler, "The Psychic Life of

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

Title <書評> Judith Butler, "The Psychic Life of
Title
Author(s)
Citation
Issue Date
<書評> Judith Butler, "The Psychic Life of Power : Theories
in Subjection", Stanford University Press(Stanford, California),
1997
藤高, 和輝
年報人間科学. 32 P.237-P.241
2011-03-31
Text Version publisher
URL
http://doi.org/10.18910/11911
DOI
10.18910/11911
Rights
Osaka University
〈書評〉
JudithB
u
t
l
e
r
TheP
s
y
c
h
i
cL
i
f
e01
Power:T
h
e
o
r
i
e
si
nS
u
b
j
e
c
t
i
o
n
S
t
a
n
f
o
r
dU
n
i
v
e
r
s
i
t
yPress(Stanford , Califomia) , 1997
輝
はじめに
l
・トラブル』や『問題 H物質なのは身体、だ』(匂ミ
5
u い
と
略』
記)である。本
42白(以下、、』
ヨ ugSFECEaEq】
本論で扱うのは、吉径四『回gZFM1tpvnPRh事久、口宅問、早向。、吉
pq 尽き F3
書は、『ジェンダ
l
はへ
l
ゲル、ニ!チェ、 フロイト、アルチュセ
1
l
コ
1
l
コ
l
の権力論
ル、 フ
に続くきわめて理論的な色合いの濃い著作であり、そこで
EHSHHq)
パトラ
といった多彩な思想家たちを縦横に論じている。
フ
私は、この著作において一つの論点をなしている、
と精神分析理論との関係性という問題に焦点を合わせたい。この問題
1
自身問われ
はすでに『ジェンダ l ・トラブル』において顕在化していた。いったい、
(1)
権力論と精神分析理論とは本当に両立するのか、とパトラ
てきたのである。したがって、その問いに対する応答の試みとして、本
書を読解したい。
主体化のパラドックス
権力論と精神分析理論の双方が交差する領野を問題にする上で、まず
l
コ
l
の権力論に従って、パトラ l は権力に二つの契機をみている。
私たちは主体化という過程に構成的であるパラドックスを確認しよう。
フ
主体が権力によって従わされる契機と、
(2)
主体になる POSE括
(1)
M)。「従属化 H主体化」と定式化される、フ l
h唱
J
守口円)契機でq
あhる
σ
開田口
コーの主体形成の理論は、必然的にパラドックスに陥る。というのは、
それを説明するとき、従属を通じて「主体になる」にもかかわらず、主
体形成に先立つものを仮定せざるをえないからである。「本質論」はも
237 一書評
円U
王小
藤高
l
ジェンシ
l
は権力によって条件付けられ、可能になっで
いるにもかかわらず、潜在的には権力を「超えている」qh~℃
5
J
・ ) ので
つまり、 エ
は、これからなされると想定される)社会的構築を前提してしまう。こ
ある。クィアは、セクシュアル・マイノリティに対する誹誘中傷である
ちろんだが、「構築論」もまた、主体形成の前に、すでに生じた(あるい
れは明らかに循環的な議論であり、パトラーによると「パラドックスが
一方で、そのような「権力の目的」を超えて、それに対して反転し、反
の心臓部」 qh~匂
-Z)で反復されるものなのである。
J
その議論を構造化している」 qhNJH。
このこc
とは
U
)むしろ、私たちが
1
する。
フ
コ
1
l
コ
l
批判を通じて考察
は『監獄の誕生』で、魂を「身体の監獄」として定式化してい
れがどうして必要な作業なのか、パトラ!のフ
次に、私たちは権力の心的な領域を明らかにするために、そもそもそ
フーコーにおける「魂」概念の再構築
l
抗を企てるというアクロパテツイクな運動を構成した。この両価性が
は主張する。
概念によって説明して
「エl ジェンシ
主体形成の十全な説明か』「喪失」しているという兆候なのかもしれない。
このパラドックスは主体形成の理論にとって構成的な矛盾である。「私
1
l
る。そこでは、魂はそれによって「身体が陶冶され、形成される権力の
ジエンシ
は権力への従属によって可能になる。その意味で、
道呉」2hhJ
3)u
とされる。魂がこのように身体を拘束するものであ
・
l
l
h~J10)
の目的は」、パラドックスを解決することではなく、このパラドックス
ジェンシ
ジェンシ
l
が「たいてい両価性FEES-88)
の指示を帰結すること」宅
である、とパトラ
工ージ工ンシ|の両価性
I
1
の「条件」であるが、しかし、主体は権力に還元
パトラーはこのパラドックスをエ
いる。ェ
権力はエ
I
ジェンシーである。
の」(
ラ次のように問うている。「精
Iは
u』
h~・
J∞
-臥
u)に思える。そしてパト
されないし、権力は主体に還元されない qh
、も・広)。両者のあいだで還 るなら、それは「まるでラカン的な象徴的なものを一方的に受け取るも
元不可能な、両価的な形象がエ
ことは、規範化と主体形成への抵抗の可能性を、正確に言えば心的なも
神分析的に豊かな概念である心的なものを拘林一目する魂の概念に還元する
主体の条件とみなされた権力は、必ずしも主体が行使すると言われ
l
コ
l
の身体に関する定式は以下のように揺れている。フー
コーは『性の歴史 I』で権力の外に身体はないとしながらも、「ときどき
また、 フ
のではないか」(、
∞叶)u
。
U』
Nu
のと主体のあいだの克服不可能性から生じる抵抗を消去することになる
l
qhh司
J・己)。
の条件としての地位から、主体「自身の」エl ジエンシ
l
l ジエン
る権力と同じではない。主体を創始する権力は、主体のエ
1
シーである権力と連続的なままであることはできない。権力がエ
ジエンシ
へと移行するとき:::潜在的に可能な反転が生じる
彼の説明は身体を::権力関係と存在論的に異なった物質性を維持しょ
238
う」
)考えているようにもみえるからだ。後者の場合、
qhh宅
uwSE3と
彼は身体を権力が介入する「場所(岳町)」とみなす。この場所としての身
る。
法と権力
心的なものが「歴史的に特定の想像的な理想」であって、象徴的なそ
体は、「拘禁する魂」と相補的な関係にあるように思われる。身体を純
粋な内部性に、魂を外部性に位置づけるこの枠組は「内面化」のモデル
れではないことに注意を向ける必要があるだろう。なぜなら、ラカンは
しかし、パトラ
1
はフ
l
コ
l
の「法」の定義には批判的である。フ l
コ
l
コーは「象徴的なものを権力関係として鋳直した」のだから qhH司
J・混)。
に基づいており、より洗練された権力の心的領域を理論化する必要があ
は、『監獄の誕生』における、それとは「異なる、物質
「社会的な権力の概念を象徴的な領域に制限した」からであり、逆に、フー
1
るだろう。
そこでパトラ
性と備給のあいだの関係性の構成」 qh~J
・き
-)
uのほうを強調している。
の「ニl チェ、系譜学、歴史」を引用して、
1
は、 フ
l
コ
1
コ
l
の「抑圧仮説」批判は、権力を法に、
が精神分析における法を捉え損なっている
えることができない、という点にある。
つまり抑圧あるいは禁止の機能に還元してしまい、「生産的権力」を捉
I
は精神分析的な法を批判しており、というのは精神分析的な法は欲望を
l
それによると、身体の物質性はまさに権力関係の中で生産される。その
コ
外部に前提しこれを禁止するものだが、むしろ欲望は権力によって生産
I
意味でパトラーはこの過程を「物質化(BamE-g
ロt
)o
」と呼んでいる。「監
はフ
されたものだからである。フ
l
獄はそれが権力によって備給されるかぎりで物質化される」qhh
もu
・ヨ)。
さらに、パトラ
「身体の破壊を通してのみ主体は「分裂した統一E
体525EES)
」と
逆にパトラ
と批判する qh』
yN凶
O )。まさに精神分析における抑圧や禁止、すなわ
J目
して現れる」可ト』
・甲乙という点を指摘する。つまり、「主体は:::身
ub
体を監禁状態に枠付け、形成する魂として作用する」のだが、「主体は
ち法は欲望を生産するのである。パトラーによると、フロイトにおける
l
2h~J
身体を犠牲にして現れる」ということである qh、ゐ・
31 ここで、彼
備給された抑圧である」
「リビド
1
女ははっきりと精神分析の用語を導入して、心的なものは「身体の昇華」
・司)。抑圧はそれが禁止するリビドーによって維持されるし、リビド
日
u
の抑圧は、それ自体リビド
であると主張する。だから、身体は「構築、か生じる場所ではなく、主体
はその禁止によって保存される。リビド!の抑圧は欲望を否定するとい
l
が形成される際の破壊である。この主体の形成はまず身体の枠付け、従
属、規制であり、破壊が規範化の内部で:::保存される様式である」(同 うより、むしろ「禁止された欲望を再生産するよう求める」 qh』
J司・虫)
の方なのである。このよ
のである。したがって、いかにも奇妙なことだが、パトラーからすれば
1
上)。この意味で心的なものは、その下で身体が物質化される、あるい
コ
法を抑圧の機能に還元しているのは、
l
は破壊される「歴史的に特定の想像的な理想である」百u
』
官日
き)。身体
うに法が生産的なものと理解されると、法と権力という「二つの用語に
フ
は「一種の構成的な喪失」qhN唱
-S)
という形で主体に生き残るのであ
J
239 一一書評
残るが、パトラ
は克服できない暖昧さ」 qh』
J-u凶
-)
MがO
こに留まるのである。
1
は徹底してそ
l
れは第一に、との反転を通じて、自我は「知覚可能な対象の地位」(同上)
を獲得するからであり、第二に対象への固着は自我へのそれに変換され
ることを通じて、自我は「心的対象」として形成されるからである。つ自
我は対象を代理するだけではなく、この代理の行為、か喪失に対する必要
の批判はこの点から解釈できるだろう。パトラ
は、精神分析において近親姦に対する一次的で象徴的な禁止に由来する
な応答、あるいは「防衛」として自我を設立するのである」 2hhこ
J$
}
l
と考えられているエディプス・コンプレックスは、「欲望の異性愛化を
強調原文)。
彼女の近親姦タブ
仮定しているから」、「近親姦の禁止は同性愛の禁止を前提にしている」
愛と憎しみ||の
葛藤は、「メランコリーに特有の出口が生じるまでは:::意識されない
ll
く、象徴的なものに社会規範が入りこんでいることを示す「実践」でも
ままである」。この両価性、か「意識に再現される」ようになるのは、「自
フロイトによると、愛情関係に特徴的な両価性
ある。この実践によって明らかになった、法/権力の「二つの用語には
我と批判的審級」の対立、すなわち自我と超自我の対立が現出するとき
と指摘した。これは単なる精神分析批判であるだけではな
qhhJ凶
H凶
U)-
克服できない暖昧さ」において、精神分析理論と権力論は交差するので
である。メランコリーにおける両価性は自我/超自我という「内的地勢
において、メランコリーはまさにそのような交差地点である。
いまま」生じる。そののちに内的世界||自我/超自我の「内的地勢学」
したがって、パトラーによると「喪失の結果」、両価性が「意識されな
なのである。
学」に先立ち、それゆえ、この地勢学は「メランコリーの効果」(h
、N司
J・コ品)
(3)(4)
ある。
l
メランコリー
パトラ
メランコリーは喪失した対象への同一化である。フロイトによると、
表象される。この喪失の代理過程は、自我/対象、内的世
ーーが再現
ところで、メランコリーにおいて一体何が喪失されたのだろうか。
H
まず対象への愛があり、対象は失われると自我に取り込まれる。『自我
も言うように、メランコリー
界/外的世界の区別を作りだす。
l
とエス』では、メランコリーにおける「代償行為が、自我の形成におい
(2)
て大きな役割を果たす」とされる。パトラ
の前にあらかじめ、自我/対象、内的世界/外的世界が区別されている
・:したがって、自我は「政治体」と、その「主要
メランコリーにおいて、他者あるいは理想の喪失が失われているだ
0
な制度」の一つである良心になる、正確に心的な生は世界が要求す
いるのである
わけではない。むしろメラシコリーによって、この区別が形成される。
ン」と呼ぶ反省性を通じてであるからだ。
けでなく、そのような喪失が可能になる社会的世界もまた失われて
1
なぜなら、「対象」として自我が知覚されるのは、パトラ 1が「メランコ
リツク・タ
は自我を生産する」可 h~JU-。
「対象から自我への反転(EB)
-そS)
240
る喪失を無効化する努力において社会的な世界をそれ自身に取り込
。
ある。
フ
l
l
が言うようにその理論家双方から「避けられ続けた仕事」 qh~J
コ!の権力論と精神分析理論とを接合するこのような試みは、パ
おわりに
失われたのは他者や理想だけでなく、「そのような喪失が可能になる
トラ
むからである
5Hu
)
qh~J
・
社会的世界」でもある。自我形成の発端に「どんな喪失が悲しまれる否
コ
l
の権力概念と結びつけるのである。
1
思想の動向を考える上でも貴重なものである。
失」であるにせよ、それはパトラlが批判していたはずの「主体の普遍性」
しかし、それは新たな疑問を呼び起こす、ものでもある。「起源」が「喪
降のパトラ
価されるべきだろう。さらに、この仕事は『ジェンダ1 ・トラブル』以
凶)である。この仕事を理論化した点は、彼女の功績として大いに評
かを規制する」 qhN
℃J・おむ社会的権力が関与しているのである。パト 同
M
1
ラーにおける皆目立。25(
予めの排除)||それはラカン的な概念だが、
彼女はそれをはっきりとフ
(5)
フロイトはメランコリーの愁訴は「語の古い意味で::告訴である」
パを引用して、メランコリーは一種
の議論であることは否めない。彼女は近年「普遍性」についてよりいっ
1
そう踏み込んで考察しており、これらの考察も議論の組上に載せた上で、
はホミ・パ
の「反抗(
2『
05」であると主張している qhh司
J3
・ S 。というのは、「社
l
会的世界」が喪失され取り込まれるのだが、この「心的理想化」は権力
さらなる研究が必要になるだろう。
といったが、パトラ
を外的対象としては「消去」するからである。「心的理想化」の過程を通
じて、社会的権力はいわば「埋葬される」のであり、これは一種の「反抗」
なのだ。ここで重要なのは、権力は主体に単に「内面化」されるという
1
ンを通じてのみ||「心的
ことではなく、社会的言説が「隠され、向きを変えられる運動を通じて
のみ」||すなわち、メランコリック・タ
になる」(、
h~喝
J3
・ 3 ということである。
」と「固着」は::決して十分には回
1
同一化の過程にはこのような「喪失」の「歴史性」が見いだされる。「そ
のような見方において、「リビド
ジユディス・バトラ l( 高橋愛訳)「『ジエンダl ・トラブル』十年後の序文」
(1)
『現代思想』MCC年
Cロ月号司・
β
(2)
ジグムント・フロイト(中山元訳)「自我とエス」『自
論N集
官a
-我
MM
M』
cc
ちくま学芸文庫
(3)
フロイト(中山元訳)「喪とメランコリー」『人はなぜ戦争をするM
のPか』司
て、「両価性の心的地勢学のなかに含まれる、隠された社会的テクストは、
(5)││l
(4)│││
-YHHN
241 一書評
Nog光
u文社文庫。
主体の形成における様々な種類の系譜学を要求する」可トhJ
てま)ので
同
同
復されない歴史性を持つものとして知覚される」qhh唱
J3
・ S 。したがつ
註
Fly UP