...

議案第 147 号 アメリカ合衆国軍隊の構成員等の所有する軽

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

議案第 147 号 アメリカ合衆国軍隊の構成員等の所有する軽
議案第 147 号
アメリカ合衆国軍隊の構成員等の所有する軽自動車等に対する軽自動車
税の賦課徴収の特例に関する条例の一部を改正する条例制定について
アメリカ合衆国軍隊の構成員等の所有する軽自動車等に対する軽自動車税の賦課徴
収の特例に関する条例の一部を改正する条例を次のように定める。
平成28年12月6日 提出
周南市長
木
村
健 一 郎
アメリカ合衆国軍隊の構成員等の所有する軽自動車等に対する軽自動車
税の賦課徴収の特例に関する条例の一部を改正する条例
アメリカ合衆国軍隊の構成員等の所有する軽自動車等に対する軽自動車税の賦課徴
収の特例に関する条例(平成25年周南市条例第8号)の一部を次のように改正する。
題名中「軽自動車税」の次に「の種別割」を加える。
第1条中「いう。)の軽自動車税」の次に「の種別割」を加える。
第2条中「対する軽自動車税」を「対する種別割」に改め、「(以下「軽自動車
税」という。)」を削る。
第3条及び第4条中「軽自動車税」を「種別割」に改める。
附 則
(施行期日)
1 この条例は、平成31年10月1日から施行する。
(経過措置)
2 この条例による改正後のアメリカ合衆国軍隊の構成員等の所有する軽自動車等に
対する軽自動車税の賦課徴収の特例に関する条例の規定は、平成32年度以後の年
度分の軽自動車税の種別割について適用し、平成31年度分までの軽自動車税につ
いては、なお従前の例による。
- 1 -
(参 考)
アメリカ合衆国軍隊の構成員等の所有する軽自動車等に対する軽自動車税の賦課徴収の特例に関する条例新旧対照表
現行
改正案
アメリカ合衆国軍隊の構成員等の所有する軽自動車等に
アメリカ合衆国軍隊の構成員等の所有する軽自動車等に
対する軽自動車税の賦課徴収の特例に関する条例
対する軽自動車税の種別割の賦課徴収の特例に関する条
例
(趣旨)
第1条
こ の 条 例 は 、 地 方 税 法 ( 昭 和 25年 法 律 第 226号 ) 第 6 条
(趣旨)
第1条
こ の 条 例 は 、 地 方 税 法 ( 昭 和 25年 法 律 第 226号 ) 第 6 条
- 2 -
第2項の規定及び日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力
第2項の規定及び日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力
及び安全保障条約第6条に基づく施設及び区域並びに日本国
及び安全保障条約第6条に基づく施設及び区域並びに日本国
における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う地方税
における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う地方税
法 の 臨 時 特 例 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 27年 法 律 第 119号 。 以 下 「 特
法 の 臨 時 特 例 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 27年 法 律 第 119号 。 以 下 「 特
例法」という。)第4条第1項の規定に基づき、地方税法第
例法」という。)第4条第1項の規定に基づき、地方税法第
5条第2項第3号の軽自動車税の課税客体である原動機付自
5条第2項第3号の軽自動車税の課税客体である原動機付自
転車、軽自動車及び2輪の小型自動車(以下「軽自動車等」
転車、軽自動車及び2輪の小型自動車(以下「軽自動車等」
という。)の軽自動車税の税率及び徴収の方法について、周
という。)の軽自動車税の種別割の税率及び徴収の方法につ
南 市 市 税 条 例 ( 平 成 15 年 周 南 市 条 例 第 55 号 。 以 下 「 条 例 」 と
い て 、 周 南 市 市 税 条 例 ( 平 成 15 年 周 南 市 条 例 第 55 号 。 以 下
いう。)の特例を定めるものとする。
「条例」という。)の特例を定めるものとする。
(税率の特例)
(税率の特例)
第2条
アメリカ合衆国軍隊の構成員等(特例法第2条第4項
第2条
アメリカ合衆国軍隊の構成員等(特例法第2条第4項
から第6項までに規定する合衆国軍隊の構成員等、契約者及
から第6項までに規定する合衆国軍隊の構成員等、契約者及
び軍人用販売機関等をいう。)の所有する軽自動車等に対す
び軍人用販売機関等をいう。)の所有する軽自動車等に対す
現行
改正案
る軽自動車税の税率(以下「軽自動車税」という。)は、条
る 種 別 割 の 税 率 は 、 条 例 第 82条 の 規 定 に か か わ ら ず 、 次 の 各
例 第 82条 の 規 定 に か か わ ら ず 、 次 の 各 号 に 掲 げ る 軽 自 動 車 等
号に掲げる軽自動車等に対し、1台について、それぞれ当該
に対し、1台について、それぞれ当該各号に定める額とす
各号に定める額とする。
る。
(1 )~ (3 )
(略)
(1 )~ (3 )
(徴収の方法の特例)
第3条
(徴収の方法の特例)
第3条
種 別 割 は 、 条 例 第 85条 の 規 定 に か か わ ら ず 、 証 紙 徴 収
- 3 -
徴収の方法によって徴収する。
の方法によって徴収する。
(証紙徴収の手続)
(証紙徴収の手続)
第4条
2
軽 自 動 車 税 は 、 条 例 第 85条 の 規 定 に か か わ ら ず 、 証 紙
(略)
軽自動車税は、毎年5月中に、市の発行する証紙(別
第4条
種別割は、毎年5月中に、市の発行する証紙(別記様
記様式第1号)を市長から購入して、当該軽自動車税を払い
式第1号)を市長から購入して、当該種別割を払い込まなけ
込まなければならない。
ればならない。
前項の場合において、軽自動車税の納税は、納税義務者が
2
前項の場合において、種別割の納税は、納税義務者が購入
購入した証紙に検印(別記様式第2号)を受けたときに完了
した証紙に検印(別記様式第2号)を受けたときに完了する
するものとする。
ものとする。
Fly UP