...

GPSによる測定値と誤差要因 GPSによる測定値と誤差要因

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

GPSによる測定値と誤差要因 GPSによる測定値と誤差要因
第5章
測位航法学会
チュートリアルセッション
Apr.22,2010
GPSによる測定値と誤差要因
久保 信明 (東京海洋大学)
2部 位置、速度、時刻の推定
5章、6章、7章
言うまでもなく、位置、速度、時刻は重
要なアウトプット
それらの精度は受信機の性能や環境によ
り大きく変化する
2部では、GPSによって与えられる測定値
とPVTの推定値を得るために、これらの
測定値を処理するためのアルゴリズムを
見ていく
5章で述べられている概要
5章では、各種誤差要因について検討され
ています。各誤差要因によって引き起こ
される距離誤差の大きさと性質の理解.
また誤差削減への様々な手法による効果
の分析等です
GPSから正確な位置、速度、時刻を得る
ための能力は,明らかにそれらの誤差を
推定したり,可能であれば削減したりす
る能力に依存しています
第5章の内容(
の内容(P137
P137--185
185)
)
測定値のモデル
コントロールセグメントにおける誤差
信号伝搬モデリングによる誤差
測定値誤差
ユーザの測距誤差
測定誤差(実測データによる)
コードと搬送波位相測定値の融合
誤差の低減(DGPS)
まとめ
測定値のモデル
• コード位相測定値
• 搬送波位相測定値
• コードと搬送波位相測定値のための有益なモデル
• 誤差要因とそのモデル
コード位相測定値
• GPS受信機によって生成される基本的な測定値は,衛
星から受信機へ到達する信号の伝搬時間で、受信機の
時計によって決定される信号受信時刻と信号自身にマー
クされた衛星における発射時刻との差として定義される。
• この伝搬時間は受信機内部では、衛星から受信した信
号と受信機で生成されるC/Aコードのレプリカを一致させ
るために必要となった時刻シフトの量として測定される。
• この測定値には衛星と受信機の時計が同期せずに独自
のタイミングで進んでいるため、バイアスが存在する。
擬似距離測定値の概念図
3つの時刻系が存在
擬似距離測定値の概念図.受信機と衛星時計は同期していない.ここで測定さ
れる伝搬時間は受信機の時計による信号受信時刻と衛星から送信される信号
に付加されている衛星時計による発信時刻との差である.
3つの
つの衛星からの
衛星からの
擬似距離測定値例
静止した受信機により得られた3つの衛星からの擬似距離測定値.擬似距離に
おける変動は大部分が衛星の運動と地球の回転によって生じる幾何学的な距離
変化である.不連続な部分はすべての測定値に共通であり,これは受信機時計
における1ms
における
1msごとの時計のずれによって生じている
ごとの時計のずれによって生じている
擬似距離の構築
擬似距離=光速*(受信時刻−発射時刻)
発射時刻=Zカウント
発射時刻=Z
+航法ビットの数
+C/A
C/Aコードの数
コードの数
+C/A
C/Aコードチップの数
コードチップの数
+C/A
C/Aコードチップの位相
コードチップの位相
第1版では受信機の章にあった
ソフトウエアGPS
ソフトウエア
GPSによる実例
による実例
2010年1月4日に研究室屋上でIFデータを
取得(7機分解析)
サブフレームの先頭は以下の通り
SV5
ある基準時刻を
決める(3282ms
決める(
3282ms))
この基準時刻での
サンプリング総数は
53740890.35
SV24
SV15
SV10
SV2
53740890.35/16368=3283.3…
SV8
SV29
3233ms
3243ms
ただし、また1ms
ただし、また
1ms以内の正確な到達時刻の差はわからない
以内の正確な到達時刻の差はわからない
時間軸
正確な時刻差を計算
53740890.35のときに各衛星のずれはいくらか?
53740890.35
のときに各衛星のずれはいくらか?
3283ms
3282ms
SV5
実際の差
-2.1e
2.1e--05ms
(3233ms
3233ms)
)
SV24
3282ms
2.776ms
(3236ms
3236ms)
)
SV15
3282ms
1.881ms
(3235ms
3235ms)
)
SV10
3282ms
1.444ms
(3234ms
3234ms)
)
SV2
3282ms
3.341ms
(3236ms
3236ms)
)
SV8
3282ms
5.592ms
(3238ms
3238ms)
)
SV29
3282ms
10.275ms
(3243ms
3243ms)
)
時間軸
擬似距離(m
擬似距離(
m)=(
)=(75ms+diff[
75ms+diff[prn
prn]])×光速
光速×
×0.001
受信GPS
受信
GPS時刻=
時刻=TOW+50ms
TOW+50ms+伝搬に要した時間
+伝搬に要した時間
搬送波位相測定値
• コード位相より精度の高い測定値は、衛星から
受信される搬送波位相測定値で、受信機が生成
した搬送波信号の位相と衛星から受信した搬送
波信号の位相との測定瞬間時における差である
• いかなるタイミングで受信した信号の位相も,信
号の伝搬時間から信号発射時の衛星における
位相に関連させることができる
搬送波位相測定値
(t )
(t )
s
u (t )
f
(t
) N
時計のバイアスと
測定誤差がない場合
N
r (t , t
)
N
u ( t )は受信機が生成した信号の位相
s (t
)は時刻( t
)での衛星での信号の位相
は信号の伝搬時間
Nは整数不定性
整数不定性については第7章で
fはドップラー周波数
(搬送波位相測定値はドップラー周波数の積算)
fと は信号の周波数と波長
r ( t ,t
)は時刻tでのユーザ位置と時刻( t
)での衛星位置との間の幾何学的距離
実際の搬送波位相測定値
コードと搬送波位相測定値の
ための有益なモデル
もし相対運動がなく、衛星と受信機クロックが
同期していると余りのサイクルは動かない。
誤差要因とそのモデル
• 測定誤差は,ノイズとバイアスに分類される.ノイズは短時間
でも平均すると0になるような非常に速く変化する誤差のこと
で、バイアスはある時間間隔で一定の値を持続する傾向をも
つ誤差のことである。このような特徴は測定誤差の影響を理
解するのに有用である。以下に誤差の分類。
1)衛星から放送される航法メッセージ中のパラメータ値の誤差.
この航法メッセージについては制御局が責任を持つ。
2)衛星から受信機への信号の伝搬時間に影響を与えている電
離層や対流圏に関係する不確定要素
3)測定の正確さに影響を与える受信機ノイズ,アンテナ付近の
様々な障害物によって反射される信号による干渉
GPSから正確な位置,速度そして時刻を得るための能力は,
明らかに上記の誤差要因を推定したり,可能であれば削減し
たりする能力に依存しています。
第5章の内容(
の内容(P137
P137--185
185)
)
測定値のモデル
コントロールセグメントにおける誤差
信号伝搬モデリングによる誤差
測定値誤差
ユーザの測距誤差
測定誤差(実測データによる)
コードと搬送波位相測定値の融合
誤差の低減(DGPS)
まとめ
エフェメリスの誤差要素
エフェメリスの誤差と時計誤差
(軌道情報すなわち衛星位置)
暦/時計
精度(暦//時計)
精度(暦
リアルタイム
更新
サンプル
航法暦
2m/7ns
○
2hour
IGS最短
IGS
最短1
1
0.1m/5ns
○
4/day
15分
15
分
IGS最短
IGS
最短2
2
0.05m/0.2ns
3時間
4/day
15分
15
分
IGS高速
IGS
高速
0.05m/0.1ns
17時間
17
時間
1/day
15/5分
15/5
分
IGS Final
0.05m以下
0.05m
以下/0.1ns
/0.1ns
13日程度
13
日程度
毎週
上記はIGS
上記は
IGS((International GPS Service)サービスによるもの
Service)サービスによるもの
第5章の内容(
の内容(P137
P137--185
185)
)
測定値のモデル
コントロールセグメントにおける誤差
信号伝搬モデリングによる誤差
測定値誤差
ユーザの測距誤差
測定誤差(実測データによる)
コードと搬送波位相測定値の融合
誤差の低減(DGPS)
まとめ
信号伝搬モデリングによる誤差
信号の屈折・波の伝搬・分散性媒質
電離層遅延量について
対流圏遅延量について
電離層や対流圏等の実際の物理的側面からのアプローチについては、
優れた研究者の方がおられる。
本節では、GPS
本節では、
GPS測位の観点から見た、これら大気圏の
測位の観点から見た、これら大気圏のGPS
GPS電波に対する
電波に対する
影響についてよくまとめられていると思われる。
地球上の大気におけるGPS
地球上の大気における
GPS信号の屈折
信号の屈折
地球上の大気におけるGPS信号の屈折はその信号
の速度と方向を変化させる.信号経路が曲げられる
ことによる経路長の増加分は一般的に無視される
大きさである.しかし,伝搬速度の変化は
無視されない値となる.
ある媒体における屈折指数が信号の周波数に依存
しているならば,その媒体は分散性があると言う.
Lバンド帯の電波信号においては,電離層は
散逸性があり,対流圏はそうではない.
GPS信号が電離層と対流圏を通過する際の余分な
伝搬時間を決めるために,伝搬経路に沿った
屈折指数を決める必要がある.
電離層遅延量
地球上,約50kmから約1,000kmまでの高さに広がって
いる電離層は,電離された気体(自由電子とイオン)の存在
する領域である.電離は太陽放射によって引き起こされ,
電離層の状態は主として太陽の活動の強さによって決まる.
電離層の物理的な性質は昼と夜の間で大きく変化する.
太陽が昇ってくると,紫外線は気体分子をイオンや
自由電子に分離しはじめる.ローカルタイムで午後2時頃
のピークに至るまで,電子密度は上昇し,その後減少
しはじめる.電離層内における無線信号の伝搬速度は,
その経路における総電子数に依存している.
遅延量も総電子数に依存している。総電子数とは受信機
から衛星までに伸びている1m2断面積を持つチューブの中
の電子数を全て足したもののことである.
電離層を通過する信号経路長は天頂角とともに増加する.
増加した経路長は,天頂方向の遅延量に乗じる乗数で
説明される.その乗数は傾斜係数と呼ばれる.
2周波測定値による遅延量の推定
ノイズの大きいコード位相に基づいた電離層
遅延量の推定値は搬送波位相に基づいた
推定値によってスムーズにすることができる.
結果的に得られるスムージングされた
電離層遅延量の推定値は,
仰角が30度以上の衛星に対して
は10cm以内の精度を保っている.
L1‐L2間のディファレンシャル遅延残差を
考慮する必要がある
L1帯とL2帯の両方におけるコードと搬送波位相測定値から
得られたL1帯の電離層遅延量の推定値.コードによるほうは
ノイズが大きく,搬送波によるものはノイズは小さいが,
バイアスが残っている.搬送波位相が追尾されている限り,
電離層遅延量における変化量は非常に正確に測定される.
放送モデル
Klobucharの電離層モデル.各変数値は電離層の状態を反映するように制御局で決め
られ,衛星によって放送される.推定精度は50%程度以上。現在では、このモデルよりも
より正確に電離層遅延量を推定できるモデルが存在する。推定精度は80%以上。
CODE (Global Ionosphere Maps from the Center for Orbit Determination in
Europe)
放送モデルと2周波より算出した電離
放送モデルと2
層遅延量との比較(by
層遅延量との比較(
by 高須さん)
対流圏遅延量
GPS信号は乾燥空気および水蒸気から構成される地球大気の下
層部分によっても屈折される.水蒸気の全ては,海面から測
定して高度約12km以下に存在(大部分は4km以下)している.
中性大気による全般的な影響は,対流圏効果と呼ばれている.
GPS信号の伝搬速度は,自由空間でのそれよりも低く,したが
って衛星への距離は実際よりも長くなる.その値は衛星の仰
角に依存しており,一般的に2.5m-25mである.L1とL2の周波
数帯におけるコード位相と搬送波位相測定値は,すべて共通
の遅延を経験になる.この遅延量はGPS測定値から推定するこ
とができないため,モデルが必要
水蒸気の密度はローカルな天候に左右されやすく,また短い
周期で変化する.幸運にもほとんどの対流圏遅延量は予測可
能な乾燥大気によるものである.
対流圏モデル
ザースタモイアンモデルは,気体の法則に基づいており,高
度による気圧,温度,湿度の変化に関する仮定を単純化する
ことで導出される.
ホップフィールドモデルは,広範囲の測定値に基づいて実験
的に得られた地上と,地上高hでの乾燥空気の屈折指数の関
係に基づいている.
対流圏を通過する信号の伝搬経路長は
仰角が低いと大きく増加する.
傾斜係数は
30度で2
15度で4
10度で6
5度で10
電離層や対流圏を通過する
GPS信号の伝搬の主な特徴
GPS
信号の伝搬の主な特徴
電離層
対流圏
変動性
高い(日、季節、太陽周 低い(水蒸気量に応じて
期、フレア)
のみ急激に変化)
天頂の遅延量
数mから数十m
海面で2.3mから2.6m
傾斜係数
30度で1.8、15度で2
5度で3
30度で2、15度で4
5度で10
天候方向のモデリ
ング誤差
1mから10mまたはそれ以
上(2周波測位でより正
確に測定可能)
5cmから10cm
分散性の有無
あり
なし
第5章の内容(
の内容(P137
P137--185
185)
)
測定値のモデル
コントロールセグメントにおける誤差
信号伝搬モデリングによる誤差
測定値誤差
ユーザの測距誤差
測定誤差(実測データによる)
コードと搬送波位相測定値の融合
誤差の低減(DGPS)
まとめ
測定における誤差
(受信機雑音とマルチパス)
受信機がどのくらい正確に,アンテナに到達するGPS信号
のコードと搬送波位相を測定できるかである.ここで測
定の精度と確度との区別をしなければならない.確度と
は真値との関係において評価されるものである.特に厳
密に論じなければ,精度とは単に測定の分解能または細
かさを表したものである.
次に二つの誤差の原因を考察する.一つ目は,本質的に
信号を乱す受信機雑音で,コードあるいは搬送波位相の
測定の分解能に影響するものである.二つ目は,マルチ
パスで,これは実際に測定されている位相を変化させる
ような干渉信号を導くものである.どちらの現象も後の
章で詳細に議論される.
受信機雑音
コードと搬送波位相測定値は,受信機雑音と呼ばれるラ
ンダムな測定雑音によって影響を受けている.受信機雑
音とは,GPSの帯域において,アンテナで受信される電波
による放射を全てカバーしている広い意味の言葉である
いかなる干渉信号の存在しない場所でも,受信機は,GPS
信号とランダムに変動する雑音が加わった信号を見るこ
とになる.測定値の誤差は,受信機雑音に起因し,信号
強度に応じて変化し,よって衛星仰角に応じても変化す
る(搬送波で1mm程度、コードで10cm程度).現在の受信
機は1サイクルの精度で搬送波位相を測定することは困難
ではない
マルチパス
マルチパスとは,二つ以上の経路を通ってアンテナに到
達する信号の現象のことである.典型的にアンテナは直
接の信号(視線方向)と周辺の建物や地表から反射される
一つ以上の反射波を受信している(下図).反射信号は,
たいてい直接信号よりも遅延しており,強度も弱まって
いる.
マルチパス:信号が二つ以上の経路によってアンテナに到来する.
反射信号は,通常直接波よりも遅れて到来し,信号強度が小さい.
つづき
マルチパスによる距離測定値誤差は,反射信号の強さ
と直接信号に対する反射信号の遅延に依存している.
マルチパスにより,コードで1mから5m程度(または以
上)、搬送波では1cm程度の影響を受ける。
マルチパスを防ぐ主要な方法は,反射物から離してア
ンテナを設置することであるが,いつも可能ではない.
マルチパスの効果は,アンテナ設計段階において,い
くつかのタイプの反射による寄与分を下げることによ
って軽減されうる(特に地面方向).
受信機における信号処理の段階においても軽減可能で
ある.いくつかの受信機メーカーは,自社独自の技術
を開発し,実装してきた.
マルチパス低減技術と遅延距離の関係
第5章の内容(
の内容(P137
P137--185
185)
)
測定値のモデル
コントロールセグメントにおける誤差
信号伝搬モデリングによる誤差
測定値誤差
ユーザの測距誤差
測定誤差(実測データによる)
コードと搬送波位相測定値の融合
誤差の低減(DGPS)
まとめ
ユーザの測距誤差
1周波受信機(L1)からの擬似距離測定値における簡単なユーザ
測距誤差モデルを検討.目的は,単純なモデルを設定するこ
とである.
モデルには,電離層、対流圏ともに適切なモデルを適用.
制御局に帰する距離誤差は,rmsで約3m
中緯度での大気伝搬モデルによる距離誤差は,rmsで約5m
雑音とマルチパス(環境良)による距離誤差は,rmsで約1m
これらの誤差要因を結合した誤差は,利用者距離誤差(URE)
(利用者等価距離誤差(UERE))と知られている.それぞれ相
関がないものとしてモデル化することが合理的で、UREはこれ
らの各誤差成分(単位はmとする)の二乗和ルートとして定義.
ここでは3*3+5*5+1*1の√でUREのrms値は約6mとなる。
第5章の内容(
の内容(P137
P137--185
185)
)
測定値のモデル
コントロールセグメントにおける誤差
信号伝搬モデリングによる誤差
測定値誤差
ユーザの測距誤差
測定誤差(実測データによる)
コードと搬送波位相測定値の融合
誤差の低減(DGPS)
まとめ
測定誤差((実測データによる
測定誤差
実測データによる))
L1の擬似距離測定値における
誤差成分の推定値を図に示す.
測定値は1997年3月に取得.
正午あたりに衛星が昇り始めて
から,午後4時30分頃に沈む.
もっとも高い仰角は38度.
誤差の推定において,精確な
アンテナ位置は既知,受信機
の時計バイアスとドリフト
を外部のセシウム原子時計を
使用することにより回避.
測定値は,L1帯とL2帯の
コードと搬送波位相から
成っている.
各種誤差を示した目的
各種誤差を示した目的は,誤差の大きさと性質に対す
る認識を簡単に提供すること.
先に示したように,誤差はかなり変動しやすいもので、
電離層遅延と対流圏遅延を補正しないと、測定値には,
緩やかに変化するバイアスを含むことになる。マルチ
パスによる誤差は波のようになる.受信機ノイズは,1
エポックごとの測定で無相関であることが期待される
が,マルチパス誤差からそれを分離することができな
い.よって,マルチパス誤差と受信機ノイズの合わさ
った影響は,ノイズのように振る舞い,次節で論議さ
れているように,平滑化することによってある程度ま
で軽減可能である.
第5章の内容(
の内容(P137
P137--185
185)
)
測定値のモデル
コントロールセグメントにおける誤差
信号伝搬モデリングによる誤差
測定値誤差
ユーザの測距誤差
測定誤差(実測データによる)
コードと搬送波位相測定値の融合
誤差の低減(DGPS)
まとめ
コードと搬送波位相測定値の融合
搬送位相測定の最大の可能性は,誤差をほとんど
取り除くことができる相対測位において達成される(7章).
本項では,精度は高いが一定のバイアスを含む搬送波位相測定値と,
精度は低いがバイアスを含まない
コード測定値を組み合わせることによる利益について調査する.
コードと搬送波位相測定値より計算される
擬似距離の概念図.コードに基づいた擬似距離は
ノイズが大きい.搬送波位相の推定値は,正確で
あるが,あいまいである.よって,図のプロット
開始点は,0としている.搬送波位相測定値は,
正確な擬似距離の変化量を与えるので,コード
に基づいた擬似距離をスムーズにすることが可能
搬送波位相によりスムージング
された擬似距離
異なるフィルター時間で搬送波位相によりスムージングされた擬似距離
コード測定値におけるキャリアスムージングは,最近の受信機では日常的に
使用されており,地味な改善を提供して
使用されており,
地味な改善を提供している.
いる.長さ
長さM
Mの再帰的フィルタを使用
第5章の内容(
の内容(P137
P137--185
185)
)
測定値のモデル
コントロールセグメントにおける誤差
信号伝搬モデリングによる誤差
測定値誤差
ユーザの測距誤差
測定誤差(実測データによる)
コードと搬送波位相測定値の融合
誤差の低減(DGPS)
まとめ
誤差の低減:デファレンシャルGPS
誤差の低減:デファレンシャルGPS
(DGPS
DGPS)
)
DGPSの基本的な概念は,衛星の時計,衛星軌道暦,大気
伝搬による誤差がGPS利用者から数10kmないし数100kmま
ではほぼ同じであり,時間とともにかなりゆっくり変化
するという事実を利用したものである.言い換えると,
これらの誤差は時間的,空間的な相関を持っている.
GPS受信機の位置が既知ならば,その誤差の総量は,衛星
ごとに推定することができる.そしてGPS利用者が上述の
範囲内で誤差推定値を利用できるならば,利用者は測定
値にそれらの推定値を適用することができ,測定誤差を
減少させ,測位された位置の質を改善されることになる.
これがDGPSの基本概念である
ディファレンシャルGPS
ディファレンシャル
GPS
• GPSの誤差要因の多くは空間的な相関があ
GPSの誤差要因の多くは空間的な相関があ
るから、離れた地点間でも測距誤差は似て
いる。
• 位置がわかっている基準局で測距誤差を求
め、この誤差情報を移動局に送信、移動局
側で補正する。
基準局と同じ
測定誤差
移動局
測定誤差
基準局から誤差情報を送信
誤差要因
衛星軌道
衛星クロック
電離層遅延
対流圏遅延
マルチパス
受信機雑音
• ディファレンシャル補正の精度は移動局ー
ディファレンシャル補正の精度は移動局ー基
準局間の距離(基線長)に依存。
基準局
補正の可否
○
◎
○
△
×
×
• 基準局受信機に加え、無線リンクなどが必
要。
備考
長基線では精度低下
よく補正できる
活動が激しいと精度低下
高度差に注意
低減できず
低減できず
説明続き
越中島校舎をユーザ、品川校舎を基準局として、SV15番の
GPS衛星の誤差要因を考えると、
品川校舎のアンテナ位置は既知なので、衛星−アンテナ間
の距離(21000km)がわかる。これに対して、衛星クロッ
ク(3m)、電離層(10m)、対流圏(5m)、その他
(50cm)の誤差が加わったものが擬似距離として測定され
る(受信機クロックは測位計算で除去するので無視)。こ
のとき、それらの誤差量(18.5m)を測定できる。
SV15(品川)
SV15
(品川)
左から衛星クロック、電離層、対流圏、その他、真の距離
これら全てを足した距離が擬似距離として品川アンテナで測定される。
SV15(越中島)
SV15
(越中島)
越中島でも上記の前の3
越中島でも上記の前の
3つの誤差はほとんど変わらない
つの誤差はほとんど変わらない。
。
よって自分で推定するよりも、品川の誤差情報を使用したほうが良い
よって
自分で推定するよりも、品川の誤差情報を使用したほうが良い。
。
説明続き
このSV15の持つ誤差量を越中島のGPS受信機に教え
れば、越中島のGPS受信機は良い誤差推定値を持つ
ことになる。
越中島のGPS受信機が、この情報を持たない場合は、
単独測位で上記の誤差量をモデル等で推定して計
算しなければならない。その推定精度は、上記の
品川から送られてくる誤差情報よりも悪いことが
知られている。
単独測位とDGPSの違いは、下記の主要な誤差を自
分自身で推定するのか?それとも付近の基準局の
誤差情報をもらうのか?にある。
ディファレンシャルGPSの効果
ディファレンシャルGPS
の効果
(by
by坂井さん)
坂井さん)
20
測位誤差(北方向) , m
測位誤差(北方向) , m
20
0
-20
-20
0
測位誤差(東方向) , m
1周波・
周波・2
2周波受信機による測位結果例
20
0
-20
-20
0
20
測位誤差(東方向) , m
ディファレンシャル処理した結果(1
ディファレンシャル処理した結果(
1周波)
5章のまとめ
本章では、GPS測定値やその誤差について調べた。GPSを
最大限に活用する能力は、測定値を乱す様々な誤差要因
をいかに上手に理解するのかに依存している
コードの測定値は、衛星までの擬似距離,すなわち共通
のバイアスを持つ距離を提供する。搬送波位相の測定値
はambiguityという複雑な整数値バイアスを持つ距離情報
を提供する。バイアスやambiguityは別にして、両測定で
は共通の各種誤差の影響を受ける
衛星の位置や時計のバイアス、伝搬遅延による誤差は、
空間的かつ時間的に高い相関をもっている。言い換える
と,これらの誤差は、10km離れたところにいる2人のユー
ザーにおいて、お互いに数10秒以内の測定値であれば、
ほぼ同じである。この原理を利用した多くのDGPSサービ
スは、現在メートルレベルの測位を世界規模で提供して
いる(WAAS,EGNOS,MSAS)
Fly UP