...

通訳翻訳論第十一回

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

通訳翻訳論第十一回
通訳翻訳論第十一回
通訳者の生活と仕事
本日の概要

通訳者になるまで



職業としての通訳




さまざまなケース
通訳を大学院で学ぶ
通訳という仕事
通訳者に要求されるレベル
通訳訓練の重要さ
通訳者の生活



繁忙期の通訳者
通訳者の日常
普段の勉強
通訳者になるまで(1)

もっとも一般的なケース
語学系の学部を卒業後、一般企業に就職。仕事をし
ながら夜間や週末に通訳スクールに通い、スキルを
身につける。
スクール上級クラス程度まで進んだところで退職し、
派遣などで社内通訳者となる。社内通訳者とならず、
スポットの一般通訳(展示会やアテンドなどの逐次通
訳業務が主)を開始することも多い。
社内・一般通訳で経験を積みながらスクールの同時
通訳科で学び、会議デビューの準備を進める。スクー
ル講師などの紹介で会議デビューを果たすが、しばら
くは仕事をしながらもスクールで研鑽を積む。
通訳者になるまで(2)

大学卒業後すぐに通訳・翻訳を仕事とする場合
大学時代に通訳スクール通学を開始する。多くの
場合、語学検定最上級(通訳ガイド試験、英検一
級合格など)は大学時代に取得している。学生時
代に留学を経験。卒業後は企業の語学スタッフと
して就職し(国際業務部門など)、社内業務のか
たわら翻訳や簡単な通訳の経験を積む(通訳専
業ではない)。その後、派遣などを通して社内通
訳者となり、通訳スクールで同時通訳のスキルを
学んでフリーランスの会議通訳者を目指す。
通訳者になるまで(3)

就職してから外国語を学び始めて通訳者に
中国語の通訳者には少なくないケース。
大学では外国語以外を専攻(社会学、法学、経
済学、芸術、理化学など様々)し、二十代半ば過
ぎから、最初は趣味として中国語を学び始め、
趣味が昂じて退職→留学→帰国→働きながら
通訳スクール通学と着実な努力でステップ・アッ
プ。その後、社内通訳または一般通訳を経てフ
リーランスの会議通訳者に。
通訳者になるまで(4)

退職、結婚後に通訳者を目指す
女性通訳者の場合、夫の海外駐在に同行して
外国に数年間滞在したことがある者も多い。特
に子供のいない若い時期に比較的長期間にわ
たって海外駐在した場合は現地の語学学校から
大学まで卒業し、時には簡単な翻訳や通訳のア
ルバイト経験を持っている主婦もいる。こうした
主婦層が帰国後に子育てをしながら通訳スクー
ルに学びに来るケースもよく見られる。
通訳者になるまで(5)

大学院で通訳翻訳を学んで会議通訳者に
今後ますます増えると思われるルート。現状で
は大学院で通訳を学ぶためにはかなり高度な語
学力が必要なため、学部を卒業してすぐに入学
するのは難しい。教授陣は最前線で活躍してい
る(または活躍していた)会議通訳者であり、さら
に通訳・翻訳理論について講義できることも求め
られている。国内、国外の通訳学大学院で学び、
学位取得後は会議通訳者として稼働するかたわ
ら、通訳教育に携わることが多い。
通訳者になるまで(私の場合)

大学の専攻:中国哲学・文学


中国語学習




いわゆる「漢文」で、現代中国語はほとんど無関係
大学三年から民間の専門学校で二年、卒業後は香
港中文大学で一年八ヶ月
就職:総合商社(語学スタッフ兼事務職)約6年
通訳スクール:働きながら同時通訳コース終了
会議通訳デビュー:1990年秋(通訳歴15年)
いちおう「日本の通訳者100人」のうちの一人らしいです。
こういう人がなぜ大学で講義しているんだろう?
通訳を学べる大学・大学院(国内)








東京外国語大学大学院
大阪外国語大学大学院※
神戸市外国語大学大学院
神戸女学院大学大学院
大東文化大学大学院(経済) ※
立教大学大学院(独立研究科)
青山学院大学
国際基督教大学
など
※英語のほかに中国語などもあり。
通訳を学べる大学・大学院(国外)








バース大学(イギリス)
ESIT(フランス)
モントレー通訳翻訳学大学院(アメリカ)
私立輔仁大学(台湾)
語言文化大学(中国)
クイーンズランド大学(オーストラリア)
モナシュ大学(オーストラリア)
ウェスタン・シドニー大学(オーストラリア)
職業としての通訳
会議通訳は現代の職業のなかで最も刺激的な面白い
仕事である。通訳者は外国に旅行し様々な分野の専門
家と個人的な接触を持ち、しかも一般の人々には見学
が許されていない場所にも行くことができる。
通訳は非常な緊張と集中力を要求される職業なので通
常労働時間が比較的短く、余暇生活を楽しむゆとりもあ
る。また、会議のたびに現代の最も進んだ学術や技術
を勉強する機会が得られるばかりか、普通の職業よりも
高い報酬が約束されている。
会議通訳者に要求されるレベル
通訳者として仕事を開始するのは容易なことでな
ない。就業してから周囲の先輩たちに指導を受け
ながら成長していく他の職業と違い、通訳者は最
初の仕事から完全なプロであること要求され、し
かもプロとして通用する基準が非常に高い。また、
通訳者は最初から自分自身の実力だけに頼って
仕事をこなさなければならず、他人の手助けは期
待できない。 最初の仕事でもしも大失敗をしてし
まったら、次の仕事はもうないものと思ったほうが
よい。
通訳訓練の重要さ
通訳者として仕事を始める以前に徹底的な訓練を受ける
ことが絶対に必要である。十分な訓練を積んでいても、会
議の席に臨んで緊張したり、あがったりしていては普段の
実力が発揮できず、どんなに高水準の通訳技術があって
も、パートナーの協力があっても、それを補うことはできな
い。会議の雰囲気に慣れておくために、実際に仕事をしな
くても機会があれば国際会議を傍聴したり、先輩通訳者
に頼んで見学させてもらったりすることも通訳者にとって
有効な学習の手段である。そして、ごく簡単な開会の挨拶
や、内容の難しくない原稿のある発言を少しづつ担当させ
てもらえれば、徐々に仕事の感触をつかむことができるよ
うになろう。
通訳者の生活

ある年の秋、私の生活
・科学教育に関する国際セミナー二日間
・経済関連の会議が一日
・品質管理国際セミナー四日間
・博物館や美術館の運営管理と展示に関する随行四日間……



会議通訳者の嘆き
通訳者の上手な使い方
第一線で活躍する英日会議通訳者
通訳者のエッセイ、ブログ

通訳ソーウツ日記
通訳クラブ(会議通訳者の仕事と生活)

普段の勉強について




ある英語通訳者のトレーニング記録
通訳学校英語学習日記
中国語通訳関連

情報収集
ある中国語通訳者の雑文集
期末試験の問題

以下の三題から一題を選択して800字以上、1000字以下で論じなさい。



異言語間コミュニケーションに関連する問題
翻訳・通訳の可能性と不可能性、必要性と不必要性について、
具体例を示して論述しなさい。
社会や文化、コミュニティ・サービスに関連する問題
外国人など言語的弱者への翻訳通訳サービス提供における行
政のあるべき姿、また翻訳者・通訳者の役割について、あなた
の考えるところを自由に述べてください。
言語教育に関連する問題
翻訳・通訳の教育訓練はいかに行われるべきでしょうか。外国
語教育と通訳訓練の相違点や共通点にも着目しつつ、これから
の翻訳通訳教育と外国語教育の望ましいあり方について提案
してください。
Fly UP