...

Vertex Standard - STANDARD

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

Vertex Standard - STANDARD
ユーザーズマニュアル(REV1.2)
イーサーネット用
光通信アダプタ
VCU−60N
株式会社バーテックススタンダード
情報通信機器開発部
このたびは、
(株)
バーテックススタンダードのVCU−60Nイーサーネット用光通信アダ
プタ(本体急速充電器)をお買い上げいただきまして、誠にありがとうございます。
本装置の性能を十分に発揮させてご使用いただくために、お手数でも本ユーザーズマニュア
ルは必ず最後までお読みください。使用法に誤りがありますと、本装置の性能が十分に発揮で
きないばかりでなく、思わぬトラブルや故障の原因になることがあります。
禁止 ――――――――――――――――――――
・指定されたVDB−1200GLS/VDB−2400WLSシリーズハンディター
ミナル及びリチウムイオンバッテリーパック(FNB−84LI)以外は、充電し
ないでください。発火や破裂の恐れがあります。
・指定されたACアダプタ以外は、使用しないでください。火災や故障の原因となりま
す。
・濡れたり、異物が付着したり、著しく汚れた状態で、電源に接続しないでください。
火災や故障の原因となります。
注意 ――――――――――――――――――――
・傾いた所などの不安定な場所で、使用しないでください。誤動作の原因となります。
また、落ちたり倒れたりして、故障やけがの原因となります。
・使用しない時は、電源スイッチをOFFにするか、ACアダプタを電源コンセント
から抜いてください。
・充電時間は、バッテリーパックの残容量によって変わります。
・ラジオやテレビなどのすぐ近くで使用すると、ラジオやテレビに雑音が入る場合があ
ります。このような場合は距離を離してご使用ください。
・充電は、温度が10∼35℃の範囲で行ってください。また、風通しの悪い場所では
行わないでください。故障や事故の原因になります。
・充電端子が汚れた状態で充電を行いますと、正常に充電ができない場合があります。
・定期的に充電端子の汚れを取り、きれいな状態でご使用ください。
・バッテリーパックを常温で使用した場合、約300回以上繰り返して使用できます。
・正しい充電を行っても使用できる時間が短くなってきた場合は、バッテリーパックの
寿命です。新しいバッテリーパックと交換してください。
・光インターフェースの窓が、塞がっていたり著しく汚れていると、光通信できない場
合があります。
・ハンディターミナルやバッテリーパックは、本マニュアルに従って正しく装着し、必
ず表示LEDを確認してください。
・ハンディターミナル装着時、ハンドストラップは装着口の外へ下がるように置いてく
ださい。ハンドストラップが充電端子付近に挟まると、充電できなくなります。
・弊社標準品以外のハンドストラップを着けている場合、ハンディターミナルを正常に
装着できないおそれがあります。
1
1 概要
特長
◆データインターフェースを備えています。
・ホストコンピューターに接続し、ハンディターミナルとの光通信インターフェースと
してデータ転送が可能です。
・充電しながら、データを一括してバッチ処理したい時などにも利用できます。
ハンディターミナルとの間は、IrDA SIR1.2規格による赤外光で通信しま
す。
・ホストコンピューターとは LAN ケーブルで接続します。
市販の100BASE-TX /10BASE-T など
・ 光通信部は9600または115.2Kbpsの通信速度でデータ通信できます。
製 品 名
光通信アダプタ
製品型名
VCU−60N
特
徴
本体急速充電器付光通信アダプタ
◆VDB−1200GLS/VDB−2400WLSシリーズハンディターミナル用の
置台型本体充電器付光通信アダプタです。
・ ハンディターミナルにバッテリーパックを入れたままの状態で手軽に充電できます。
オプション一覧
製 品 名
ACアダプタ
製品型名
特
徴
PA−36A VCU−60N用電源AC100V/240V仕様
2
2 各部の名称と機能
1
2
3
A
B
4
ON側
OFF側
PWR/LNK DATA CHG/ERR
4 拡大図
8
7
6
5
① 電源スイッチ:電源ON/OFFスイッチ。
② FNB-84LI電池用充電端子:FNB-84LI電池の充電端子と接触し通電します。
③ ハンディターミナル本体用充電端子:ハンディターミナル本体の充電端子と接触し通電
します。
④ ボ−レート設定用スイッチ
A:SW1 IrDAのボーレート設定 ON:9600bps/OFF:115.2Kbps
B:SW2 LAN用ICのシリアル通信ボーレート設定
ON:(デフォルト値)9600bps/OFF:設定値(出荷時設定 115.2Kbps)
⑤ ハンディターミナル用検出スイッチ:ハンディターミナルが、正常に装着されているか
を検出するためのスイッチです。
⑥ 光インターフェース:光通信を用いてハンディターミナルとのデータの送受信を行ない
ます。
⑦ 表示LED:VCU−60Nの動作状態を表示します。
⑧ ストラップ位置目印:ハンディターミナル装着時、ハンドストラップはこの位置付近か
ら装着口の外へ出してください。ハンドストラップが充電端子付近に挟まると、充電で
きなくなります。
3
10
9
⑨ LANインターフェースコネクタ(RJ−45)
:ホストコンピューターとの通信接続用。
⑩ DC入力コネクタ(VCU−60N)
:VCU−60N用のACアダプタを接続します。
<表示LED点灯時の動作状態>
表示LED
点灯内容
赤
点灯
消灯
PWR/LNK 赤緑両点灯
(オレンジ色)
緑
点灯
DATA
緑
赤
VCU−60Nの動作状態
電源ON
電源OFF
ホストコンピュータとイーサーネット(LAN)がリンク状態
ホストコンピュータとイーサーネット(LAN)がコネクト状態
点灯 ハンディターミナルとホストコンピューター間でデータを送受信中
消灯 ハンディターミナルとホストコンピューター間でデータ通信していない
点灯
消灯
緑
点灯
CHG/ERR
消灯
赤
点滅
赤/緑 点滅
充電中
電池またはハンディターミナルが検出されず、充電していない
充電完了
赤LEDが点灯中は充電動作状態
充電エラー。検出はされているが、正常に充電できない。*1、*2
充電エラー。検出はされているが、正常に充電できない。*2
*1.
バッテリーパックの不良、
又は充電端子の汚れによる検出電圧の低下による充電エラー。
*2.ハンディターミナルにバッテリーパックが装着されていない場合。
4
3 電源
VCU−60Nに電源を供給するには、専用のACアダプタを使用します。
<VCU−60Nの電源接続方法>
(1) 電源スイッチをOFFにしてください。(電源スイッチの白丸マーキングが無い側を
押す)
。
(2) DC入力コネクタに、ACアダプタ(PA−36A)のプラグを根元まで差し込んで
ください。
(3) ACアダプタ(PA−36A)を先にAC100Vコンセントに接続します。
(4) 電源スイッチをONにします。
(電源スイッチの白丸マーキング側を押す)
。
(5) PWR/LNK の“POWER”LEDが赤色点灯したことを確認してください。
5
4 ホストコンピュータとの通信
<インターフェースケーブルの接続>
(1) 通信ケーブルには、市販のLANケーブル(100BASE−TX/10BASE−
T)を使用します。
(2) VCUとホストコンピューターを直接接続する場合はクロスケーブルを使用してくだ
さい。
HUBを介して接続する場合はストレートケーブルを用いてください。
注意・コネクタの接続の際には、必ずコネクタのバネロックがカチッとはまるまで押
し込んでケーブルが外れないようにロックしてください。
(3) 通信可能なリンク状態になるとLNKのLED(緑色)が点灯します。
PWR/LNK の両点灯で橙色になります。
(赤色と緑色の2色点灯で橙色に見えます。
)
コネクト状態では PWR/LNK のLEDが緑色(赤色は消灯)に点灯します。
<LANコントローラICとの通信>
(1)MS−DOSのウインドウを開きます。
「スタート」→「プログラム」→「コマンドプロンプト」により開きます。→
(2)MS−DOSのウインドウの中で
telnet 192.168.0.1
(3)接続ができた場合は
PWR/LNK のLEDが緑色に表示されコネクト状態になります。
PASSWORD: と表示します。
:の後に RAS とリターンを入力します。
PASSWORD:RAS
以下のコマンドはボ−レート設定用スイッチの
B :SW2のLAN用ICのシリアル通信ボーレート設定スイッチをOFFとした場合
に有効です。
(3−1)RS232C ボーレート設定コマンド
「 SW2の OFF:外部設定モード(115.2Kbps) は出荷時に設定済です。
必要でない場合は変更しないで下さい。
」
> bps = 15
(9,600bps)
6
> bps = 19
(115,200bps)
・ ・ ・ ・ (Default 値)
設定した内容の表示は > bps
で確認します。
(3−2)local_port 設定コマンド
> l_pt = 9004
・ ・ ・ ・ (Default 値)
設定した内容の表示は > l_pt
で確認します。
(3−3)local_ip 設定コマンド
> l_ip = 192.168.0.1
・ ・ ・ ・ (Default 値)
設定した内容の表示は > l_ip
で確認します。
(3−4)mask_address 設定コマンド
> mask = 24
・ ・ ・ ・ (Default 値)
例
8:255.0.0.0
16:255.255.0.0
24:255.255.255.0
設定した内容の表示は > mask
で確認します。
(3−5)default_route_ip 設定コマンド
> gwip = 0.0.0.0
・ ・ ・ ・ (Default 値)
設定した内容の表示は > gwip
で確認します。
設定を変更した場合は save
書こみできません。
コマンドを実行しないと外部設定コマンド用のROMに
終了する場合は exit で抜けます。
この時、PWR/LNK のLEDが緑色から橙色に表示されコネクト状態が解除されます。
7
<ハンディターミナル側の通信設定準備>
・ ホストコンピューターと通信を行うためには、VDBシリーズのシステムモード、ま
たはユーザーが作成したアプリケーションプログラムにより通信を行います。
・ 光通信を行なうために、下記手順で通信速度を設定してください。
「SYSTEM MODE MENU」
↓
「2:Set」
↓
「5:Com」
↓
「Photo Baudrate」
↓
「通信速度を選択」
・ 詳細は、VDB−1200GLS/VDB−2400WLSシリーズのマニュアルを
参照ください。
注:VDB−1200GLS/VDB−2400WLSでは通信速度の設定は、最
大 115200bps までしか設定できません。
8
<VCU側の通信設定手順>
(1)ボーレート設定スイッチにより、HTで設定された通信速度と同じになるように、以
下のように通信速度を設定します。
(出荷時の初期設定は 115.2Kbps に設定してあります)
1.VCU の電源が OFF になっていることを確認します。
2.ボーレートスイッチ SW1/SW2共に ON:9600bps か OFF:112.5Kbps にします。
3.VCU の電源スイッチを ON にします。
4.再度ボーレートを変更する場合は上記1∼3の設定手順を繰り返して下さい。
ボーレートスイッチは
SW1:IrDA側の通信速度の設定用
ON:9600bps / OFF:115.2Kbps
SW2:LAN 側の通信速度の設定用
ON:初期値(9600bps) / OFF:外部設定モード(115.2Kbps)
※ここで外部設定モードのボーレートは、出荷時は 115.2Kbps に設定してあります。
再び設定する場合は次の手順で行います。
VCU-60N をクロス LAN ケーブルでパソコンに接続し、DOS 窓から telnet 192.168.0.1
を入力します。パスワードに”RAS”を入力し、その後”bps=19”と”save” ”exit”により
外部設定モードに 115.2Kbps を設定します。
<通信方法>
(1) ハンディターミナルのシステムモードまたはアプリケーションプログラムを起動し、
光通信を開始する少し手前のステップまで画面設定を進めておきます。
(2) ハンディターミナルをVCUに装着してください。
ハンディターミナルのLCD画面がVCUの表示LED側になる向きで挿入します。
(3) ホストコンピューター上で通信プログラムを起動してください。
(ボーレート設定が、
ハンディターミナルおよびVCUと同じ速度設定であることが必要です)
。
(4) ハンディターミナルのキーを押して通信をスタートします。
(システムモードによるダウンロード・アップロードの操作方法については、VDBシ
リーズユーザーズマニュアルを参照ください)
。
(5) “DATA”LEDが緑色点灯していることを確認してください。
(6) 通信が終了すると、
“DATA”LEDが消灯します。
9
5 充電方法
<ハンディターミナルの充電>
◆ハンディターミナルにバッテリーパックを入れたままの状態で、急速充電が可能です。
(1) ハンディターミナルのテール側(充電端子側)からVCUの装着口へ静かに挿入しま
す。この時、ハンディターミナルを下図のように少し後方へ傾けて、装着口の背もた
れ部の傾斜に沿って挿入してください。(ハンディターミナルのLCD画面がVCU
の表示LED側です)
。
(2) ハンディターミナルが装着口の底部に突き当たるまで、下へ軽く押しつけるようにし
ます。この時、ハンディターミナルが検出され、充電が開始されます。
(3) 必ず表示LEDの“CHG/ERR”点灯を確認してください。
(4) 満充電になりますと“CHG/ERR”LEDが緑色点灯に変わり、自動的に充電を
終了します。
(5) 充電完了後もそのままの状態で放置された場合、電池電圧の低下が検知されると自動
的に再充電をおこないます。
(再充電電圧3.9V)
。
注意:ハンディターミナルは必ず表示LEDの“CHG/ERR”が点灯する位置まで確実に
挿入してください。不完全な挿入ではハンディターミナルが検出されず、充電できませ
ん。
10
<充電エラーが表示された場合>
◆“CHG/ERR”LEDが赤色で点滅を繰り返している場合
再度ハンディターミナルの向き
を確認して装着しなおしてみる。
又はバッテリーパックが装着さ
れているかを確認する。
CHG/ERRが
赤または緑色で点灯
正常に充電開始、
または充電完了
再度赤色で点滅
別のハンディターミナルを装着
してみる
CHG/ERRが
赤または緑色で点灯
最初に装着したハンディ
ターミナルが異常です
再度赤色で点滅
VCU−60Nが異常です
(株)スタンダードまで、ご相談
ください
◆“CHG/ERR”LEDが赤と緑色で交互に点滅を繰り返している場合
ハンディターミナルの中にバッ
テリーパックが装着されている
か確認する
赤、緑色の交互点滅
バッテリーパックが装
着されていない
バッテリーパック
装着済み
赤または緑色で点灯
別のバッテリーパックを装着し
てみる
再度赤、緑色
の交互点滅
ハンディターミナル、もしくはV
CU−60Nの異常です。
(株)スタンダードまでご相談く
ださい
11
最初のバッテリパックが
異常です
6 仕様
<基本仕様>
電源/PA−36A
ACアダプタ(スイッチング方式)
(オプション)
入力仕様
AC100V/240V(50Hz/60Hz)
出力仕様
DC5V/1.6A
適用電池・充電時間
リチウムイオンバッテリーパック(充電式)
FNB−84LI:DC3.7V、1100mAh
充電時間 :約2時間
注記:充電時間はハンディーターミナルの電源をOFFした場
合。
充電方式
定電流・定電圧方式
表示LED
“PWR/LNK”
(PWR:電源表示)
赤色 電源スイッチオン時点灯
“PWR/LNK”
(LNK:Link表示)
橙色(赤色+緑色の同時点灯)LANのリンク状態表示
“PWR/LNK”
(Connection表示)
緑色 TCP/IPのコネクションが確立した状態の表示
“DATA”
(通信表示)
緑色 VDB−2400WLS/1200GLSシリーズ
とホストコンピューターとの通信中点灯
“CHG/ERR”
(充電表示)
赤色 充電中点灯/エラー時点滅
緑色 充電完了時点灯
電源スイッチ
VCUの電源をON/OFFします
外形寸法
W110 x D118 x H 87mm
(但し突起物は除く)
12
重量
<環境条件>
約250g
動作温度
10゜∼35゜C(結露しないこと)
動作湿度
20 ∼90%RH
保存温度 −20゜∼60゜C(結露しないこと)
保存湿度
20 ∼90%RH
<インターフェース>
IrDAインターフェース
SIR1.2規格
VDB−2400WLS/1200GLSシリーズと
赤外光で通信します。
通信方式 半二重
通信速度 9600/115200bps
LANインターフェース(RJ−45コネクタ)
100BASE−TX/10BASE−T(自動切替)
データ通信速度 100Mbps/10Mbps
13
ご注意
◆ご使用法の誤りが原因で故障が生じた場合は、保証期間中でも有償修理扱いにさせていた
だくことがありますのでご注意ください。
◆内部の点検、調整等は、お買い上げ頂きました株式会社スタンダードか販売代理店に依頼し
てください。
◆本装置は一般電子機器(電子計算機、OA機器、通信機器、計測機器、工作機械、産業用ロ
ボット、AV機器、家電品等)に使用されることを目的として作られています。
輸送用機器(航空機、列車、自動車)の制御と安全性に関わるユニットやシステム、交通信
号、ガス漏れ検知器、各種安全装置等にご使用の際は、お客様において適切な処置を講じて
ください。
また、衛星機器,原子力機器,海底中継器,人命に直接関わる医療用機器等極めて高い信頼
性を要求される用途には絶対に使用しないでください。
(1) 本書の一部または全部を無断で使用、複製、転載することを禁じます。
(2) 本書の内容については予告なしに将来変更することがあります。
(3) 本書は内容について万全を期して作成しましたが、万一ご不審な点や誤り、
記載もれ等がありましたら当社までご連絡ください。
(4) 運用した結果の影響については、
(3)項の内容にかかわらず責任を負い
かねますのであらかじめご了承ください。
(5) 記載されている会社社名および製品名は各社の商標または登録商標です。
本製品に関するお問い合わせ窓口
販売元:
株式会社スタンダード
〒153−8645 東京都目黒区中目黒4−8−8
TEL 03(3719)2231
FAX 03(5715)9992
製造元:
株式会社バーテックススタンダード
14
Fly UP