...

「自然の言語」と自然法則の知識 Author 中野, 安章(Nakano, Yasuaki)

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

「自然の言語」と自然法則の知識 Author 中野, 安章(Nakano, Yasuaki)
Title
Author
Publisher
Jtitle
Abstract
Genre
URL
Powered by TCPDF (www.tcpdf.org)
バークリーにおける「自然の言語」と自然法則の知識
中野, 安章(Nakano, Yasuaki)
三田哲學會
哲學 No.129 (2012. 3) ,p.87- 117
The aim of this paper is to clarify Berkeley's account of the laws of nature by reference to his
thesis of 'the language of nature'. Throughout his career, Berkeley held that the natural world
constitutes the language God addresses to us. According to the standard interpretation, the
central import of his thesis of divine language lies in explaining our knowledge of the laws of
nature in terms of customary association of ideas. In my view, however, this interpretation does
not capture the whole implication of the thesis of divine natural language.
In this paper, I shall highlight the aspect of the language of nature that it gives us 'foresight' of
future experience for the regulating of our actions. By calling attention to this aspect, it will be
observed that the meaning of the language of nature is the experience of pleasure or pain which
God will excite in our mind, and that we are said to know it when we learn to act by this language
successfully to attain pleasures or avoid pains. Knowing the laws of nature, therefore, does not
just consist in the mind's habitual association of ideas but essentially involves adaptations of
actions to the world of actual experience. I will discuss these points in connection with Berkeley's
little-known doctrine of the mind's innate disposition toward pleasure. Thus combining
Berkeley's thesis of the language of nature with his innatist doctrine, I will elaborate my
interpretation that for Berkeley knowledge of the laws of nature consists in 'coordination' of
man's foresight with the will of God.
Journal Article
http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=AN00150430-00000129
-0087
哲
学 第 129 集
投 稿 論 文
バῌクリῌにおける ῏自然の言語ῐ と
自然法則の知識
中
野
安
章ῌ
The Language of God and Laws of Nature in
Berkeley’s Philosophy
Yasuaki Nakano
The aim of this paper is to clarify Berkeley’s account of the
laws of nature by reference to his thesis of ‘the language of
nature’. Throughout his career, Berkeley held that the natural
world constitutes the language God addresses to us. According
to the standard interpretation, the central import of his thesis of
divine language lies in explaining our knowledge of the laws of
nature in terms of customary association of ideas. In my view,
however, this interpretation does not capture the whole implication of the thesis of divine natural language.
In this paper, I shall highlight the aspect of the language of
nature that it gives us ‘foresight’ of future experience for the
regulating of our actions. By calling attention to this aspect, it
will be observed that the meaning of the language of nature is
the experience of pleasure or pain which God will excite in our
mind, and that we are said to know it when we learn to act by
this language successfully to attain pleasures or avoid pains.
Knowing the laws of nature, therefore, does not just consist in
the mind’s habitual association of ideas but essentially involves
adaptations of actions to the world of actual experience. I will
discuss these points in connection with Berkeley’s little-known
ῌ Trinity College, Dublin
῍ 87 ῎
バクリにおける 自然の言語 と自然法則の知識
doctrine of the mind’s innate disposition toward pleasure. Thus
combining Berkeley’s thesis of the language of nature with his
innatist doctrine, I will elaborate my interpretation that for Berkeley knowledge of the laws of nature consists in ‘coordination’ of
man’s foresight with the will of God.
1. 序
論
バクリのいわゆる 非物質論 哲学は 自然の徹底した非ῌ実体化
を目指している この哲学によれば 自然を構成する物体的なものはこと
ごとく視覚 触覚 聴覚などによって知覚される感覚的性質の 観念 も
しくは 観念の集合 に他ならず それ自身で独立に存在できるものでは
ない 物体があるとは知覚されること (PHK. 6) であり そのようなも
のとして精神という 知覚する実体 (PHK. 7) に依存してのみ存在する
そして このように精神によってその存在を維持される物体にはまた い
かなる 力 も内在しないことが強調される 物体は 観念 のみによっ
て構成されるのであって 観念はすべて 受動性と無力性 をその本質と
する (PHK. 25). こうしてバクリによれば精神のみに独立存在が認め
られるとともに 自然のうちに生起するすべての物体的事象の 原因 も
また精神でなければならないとされるのである
バクリの哲学は こうしたよく知られた形而上学的主張だけを孤立
させて眺めた場合 ともすれば特異で極端な 観念論 哲学と見なされが
ちである しかし それが帰結として提示する自然の非ῌ実体化は 17 世
紀から 18 世紀前半に至る近世哲学の発展 そしてまたその背景を成す自
然学における方法論的な反省の進展の中で 一つの大きな潮流を成すもの
であり この潮流は自然探究の焦点が次第に実体や本質という もの か
ら現象の関係を規定する 法則 の発見に移行していくことと密接に関連
している1 バクリの自然観によれば 物体はもはや もの として
1
この点に関する古典的な叙述としては カッシラの 啓蒙主義の哲学
第
二章二節 中野好之訳 筑摩書房 2003, 上巻 94ῌ117 頁 を参照
88 哲
学 第 129 集
それ自身で独立の存在を保持することはなく また運動変化の原理である
力 を内蔵することも否認される しかしそれと同時に 自然のうちに
法則的秩序 が存在するということは折に触れて強調されるのであり
この秩序の存在によって 観念 から成る自然的世界は 持続性と安定
性 したがってその現実存在を保証されるのである
こうして自然的世界の基底に 実体 や 力 に代えて 法則的秩序
を置くというバクリの哲学の基本線は 自然を自然たらしめその実在
の根幹を成しているのは 実体ではなく秩序である という 機能的 自
然観を徹底して推し進めたものと見なすことができる そして このよう
な自然観は その形而上学的出自から見れば明らかに機会原因論において
予告され その延長上にあるように見える マルブランシュに代表される
機会原因論は 既にバクリに先立って あらゆる自然現象の原因を神
の意志のうちに位置づけ 物体を神が一定の法則に従って働く 機会 と
することによって 物体の無力化を完遂していたのである しかし バ
クリは自己の哲学の形成過程でマルブランシュから多大の影響を受けた
とはいえ 彼が最終的に到達した自然概念は 際立って独自な特徴を示し
ている そしてこの独自性の由来は バクリの自然観の鍵となる 自
然の創造主の言語 あるいは 以下では一貫して
自然の言語 という
思想に求められねばならない
バクリは 自然全体を神の語る 言説 (discourse) であるとする
思想を晩年に近い後期の著作 サイリス に至るまで一貫して持ち続けた
が これが最初に表明されたのは 視覚新論 であり そしてまたこの思
想を得たのが 視覚新論 の執筆を通じてであったことは疑いない 視
覚新論 とそれに続く 原理 を準備して書かれたノトには 不思議な
ことに 自然を 言語 になぞらえる考えは未だまったく見られず 自然
における観念の結合や自然法則は ロック的な 共存 か あるいはマル
ブランシュを連想せしめる 機会 といった言葉のいずれかを用いて言い
89 バ῏クリ῏における ῒ自然の言語ΐ と自然法則の知識
表されているのみである῍ しかし ῒ自然の言語ΐ という概念をひとたび得
た後はῌ これがバ῏クリ῏の自然概念に独特の刻印を与えῌ その根幹を成
している ῒ自然法則ΐ というものをどのように捉えるかについて考えを発
展させるῌ いわば足場を提供したと言える῍ つまりῌ 自然法則とは自然全
体が神によって語られた ῒ言説ΐ の形態をとって立ち現れているῌ という
ことにほかならずῌ 自然法則の知識をもつとはῌ そうした神の ῒ言語ΐ を
理解する能力をもつことであるῌ とバ῏クリ῏は考えるのである῍
それではῌ バ῏クリ῏はこの ῒ自然の言語ΐ という足場に乗ってῌ ῒ自
然法則ΐ とその知識のあり方についての独自の考えをどのように発展させ
たであろうか῍ バ῏クリ῏の ῒ自然法則ΐ の概念と ῒ自然の言語ΐ 説の関
係についてはῌ 従来のバ῏クリ῏研究ではあまり深く追求されてきたとは
思われない῍ 比較的最近の研究ではῌ アサ῏トンが主に ῔視覚新論῕ をデ
カルトῌ マルブランシュの視覚理論との対比で扱いῌ そこからさらに ῔原
理῕ 以降展開される自然の知識全般についてのバ῏クリ῏の立場を明らか
にしようと試みているのが挙げられよう῍ しかしアサ῏トンはῌ バ῏ク
リ῏における ῒ自然法則ΐ の知識を ῔視覚新論῕ の ῒ言語ΐ 説の観点から
解釈しようとしているとはいえῌ そこで ῒ自然の言語ΐ 説の核心として捉
えられているのが主として観念の ῒ習慣的結合ΐ のみにとどまっている限
りῌ バ῏クリ῏の立場が十分に解明されているとは言い難い2῍ 私が以下
の研究で試みたいのはῌ バ῏クリ῏の ῒ自然の言語ΐ 説のうちにこの ῒ習
慣的結合ΐ 原理よりもさらに深い含意を探り出しῌ それによって彼の ῒ自
2
アサ῏トンは ῒ言語ΐ 説の観点から ῔視覚新論῕ と ῔原理῕ ῔対話῕ の関係をどの
ように読み解くべきかについてῌ 次のように要約している῍ ῒ῔視覚新論῕ によ
ればῌ 我῎が空間的環境について知るのはῌ 視覚観念をῌ 概念的には無関係で
類似しない触覚観念と連合させることによってであった῍ 同様にῌ ῔原理῕ と ῔対
話῕ によればῌ 我῎が事物の本性についてよりよく知るということの核心はῌ
観念の連合を拡大していくということである῍ 我῎がそうして知っていくとこ
ろものはῌ 我῎が自然法則と呼ぶ一般化であるΐ῍ Margaret Atherton, Berkeley’s
Revolution in Vision, Ithaca: Cornel University Press, 1990, p. 242.
ῐ 90 ῑ
哲
学 第 129 集
然法則 の知識に関する見解に新たな光を当てることである その際
自然の言語 説がもつ新たな局面として注目してみたいのが それの習
得が 予見 能力を授け行為の制御を可能にするという点であり さらに
自然の言語 をあまり知られていないバクリの生得的 傾向 説と
結びつけて解釈することができるのではないかという点である
原理 において バクリは 自然の創造主 の意志が 自然法則
を構成する (constitute) と述べていた (PHK. 32). これは一見すると 自
然法則を神の意志そのものと同一視することによって まったくマルブラ
ンシュと同様の考えに立っているように見えるかもしれない しかし以下
で明らかにしたいのは バクリの 自然の言語 説の含意は 自然法
則を神の意志のうちに還元するのではなく それを 自然の言語 の意味
を理解する精神の働きと相即的なものとして 言い換えれば 人間の精神
と神の意志の 協働
において成立するものとして考える ということで
ある
本論稿は 以下の順序で考察を進めていくこととしたい 次の節では
最初に導入として バクリの 自然の言語 説に関して最もよく知ら
れた 習慣的結合 原理の基本的な要点を 視覚新論 に即して概観す
ることから始め それが続く 原理 での展開にどのように引き継がれて
いくかを簡単に見ておきたい 続いて第 3 節では この 習慣的結合
原理が自然の言語を 普遍的 であるとするバクリの考えに対しても
つと思われる問題に触れ この問題を検討する過程で 自然の言語 説の
別の側面 つまりこの言語のもつ 予見 による行為制御という側面に目
を向ける そして この側面から 人間の精神と神の意志の 協働
に
よって 自然の言語 の 意味 が理解されるとする解釈を説明していき
たい 第 4 節では この 協働
をさらにバクリの生得的 傾向
説 すなわちすべての人間には 快 に向かう本源的な傾向が備わるとい
う考えと結びつける それによって 自然の言語 の 意味 とは獲得
91 バクリにおける 自然の言語 と自然法則の知識
されるべき 快 あるいは回避されるべき 苦 に他ならず 人間と神
の 協働 による 自然の言語 の理解はこの 快 と 苦 を指標とし
て達せられる という見方を提示したい 全体を通じて示されるのは
バクリにとって 自然法則 は神の意志という超越的な原因に単純に
還元されるものではなく 快苦の能力ある人間の精神の存在を前提とし
この精神が快へと向かう生得的傾向に従って 予見 能力を発展させるに
応じて自然の中に現れ出てくるものだということである
2. 自然の言語と ῌ習慣的結合῍ 原理
自然の言語 説が最初に そして最も明瞭な形で 言い表されたのは
視覚新論
の結論部を成す 次の一節においてである ここに言う 視
覚の固有的対象 というのは 視覚新論
で視覚の 一次的 直接的
対象と呼ばれる視覚観念であり バクリによれば それは様な程度
の 光と色 及びその陰りと変様 (NTV. 130) である
視覚の固有的対象は自然の 第二版 自然の創造主の 普遍的言語を
構成している この視覚対象が ある距離に離れた対象を表示
し 我の注意を向けさせる仕方は 人間の取り決めによる言語や記
号がそうする仕方と同じである つまり人間の言語や記号が 表示す
るものを示唆するのは 自然本性に由来する類似性や同一性によって
ではなく 経験が我に教えるある習慣的結合によってそうするのと
同じなのである (NTV. 147)
視覚新論
においてバクリが視覚を 言語 になぞらえる際の中心
的な論点は 視覚による空間知覚を可能にするものとして 習慣的結合
原理を確立するということにある 距離
距離や大きさ
大きさや位置
位置などの空間的諸性
質は視覚によって直接に
直接に つまり判断や推論といった何らの心的操作にも
92 哲
学 第 129 集
よらずに知覚されるのではないしῌ また当時の光学者が一般に考えたよう
にῌ 距離や大きさについての判断や推論がῌ 線や角度というそれらと ῒ必
然的結合ΐ をもつ幾何学的な手段に依存してなされるわけでもない῍ そこ
で視覚による空間知覚の問題についてのバ῏クリ῏の新たな解決はῌ ῒ言
語ΐ モデルを援用して視空間知覚の成立を説明することにある῍ それによ
ればῌ 視覚の ῒ直接的対象ΐ は光と色の多様のみであってῌ 本来どのよう
な空間的性質とも関係はないがῌ それらと触覚によって知覚される空間的
性質の観念の間にある一定の規則的関係が経験されるゆえにῌ 両者の間に
ちょうど言葉と意味の間にあるのと同様のῌ 習慣に基づいた記号表示の関
係が生じる῍ したがって視覚による空間的諸性質の知覚はῌ 我῎が言葉の
意味を理解するのと同じような仕組みによって可能となるῌ というわけで
ある῍
このような ῒ言語ΐ モデルに基づく視空間知覚の説明でῌ バ῏クリ῏が
とりわけ強調したのが視覚観念と触覚観念の結合の ῒ偶然性ΐ ということ
であった῍ バ῏クリ῏はῌ 光と色の多様としての視覚観念とῌ 距離や大き
さなどの空間知覚を含む触覚観念との間の ῒ異質性 (heterogeneity)ΐ に
ついてῌ ῔視覚新論῕ でかなりの紙幅を使って論じている῍ そこで繰り返
し主張されるのはῌ 視覚と触覚の観念はῌ まったく数的に別個であるのみ
ならずῌ それらの間には ῒ必然的結合ΐ はもちろんいかなる類似性や共通
点すらもないῌ 要するにそれらは ῒ種的に別個ΐ (NTV. 121) だというこ
とである῍ 視覚と触覚の観念を結びつけῌ それによって視覚による空間知
覚を可能にしているのはῌ ただ経験を通じて観察されるそれらの同時存在
の繰り返しῌ つまり単なる ῒ共存 (coexistence)ΐ の関係だけでありῌ こ
のまったく偶然的ではあるが規則的に成立している習慣的 ῒ共存ΐ のみ
がῌ 視覚観念が触覚観念を言葉と同じ仕方で ῒ意味表示 (signify)ΐ する
基盤となる῍
ところでῌ バ῏クリ῏がこうして観念の結合の ῒ規則性ΐ と同時に ῒ偶
ῐ 93 ῑ
バ῎クリ῎における ῑ自然の言語ῒ と自然法則の知識
然性ῒ を強調しῌ そこには観念の内的性質にまったく関わりのない単なる
事実的規則性しかないことを言うときῌ そこから彼が引き出そうとする含
意は何か῍ それは視覚による空間知覚がῌ 従来の定説が前提しているよう
な理性的根拠に基づく推論では決してないῌ ということにほかならない῍
ΐ視覚新論῔ ではῌ 距離ῌ 大きさῌ 位置の知覚を幾何学的様式の判断に基
づくとする従来の説が順次批判されるがῌ この作業を通じてのバ῎クリ῎
の強調点はῌ 視覚は数学的思考とははっきり区別されるべきだということ
である῍ 当時の光学者たちが視覚を説明するために線や角度などの幾何学
的な道具立てを用いたのはῌ 知覚という能力を数学的 ῑ論証ῒ という高次
の理性能力と混同することでありῌ これは彼によれば ῑ視覚の本性ῒ を見
誤るものである῍ 光学者たちの誤りはῌ ῑ人が距離を判断するのはῌ ちょ
うど数学で結論を出すのと同じでありῌ その結論と前提の間には明白な必
然的結合が絶対になければならないと考えたことにあるῒ (NTV. 24)῍ し
かしῌ 視覚における距離の判断は瞬時に生じるものでありῌ 数学的思考と
はまったく異なる極めて単純な原理に基づくとバ῎クリ῎は主張する῍ そ
れがῌ ῑ言語ῒ モデルの提示する ῑ習慣的結合ῒ 原理である῍ この習慣的
結合が生じるには二つの観念の共存を観察するだけで十分でありῌ ῑそれ
らが同時に存在する必然性を論証することもῌ それらの同時的存在がどん
な原因で生じるかを知ることもῌ 必要ないῒ (NTV. 25)῍ そして ῑ言語ῒ
という身近な現象はῌ まさにそのような習慣に基づく判断が機能している
範例を提供している῍
さてῌ いま習慣に基づく ῑ判断ῒ という言い方をしたがῌ バ῎クリ῎は
この判断機能を言い表す特別な用語をもっている῍ つまり ῑ示唆 (suggestion)ῒ である῍ この ῑ示唆ῒ という言葉はῌ ΐ視覚新論῔ では ῑ判断ῒ や
ῑ推論ῒ という言葉と明確に区別されているとは言えないがῌ ΐ視覚論弁
明῔ ではῌ ῑ知性によるῒ 判断や推論とはっきり区別されてῌ ῑ想像ῒ の働
きに属するものと言われている (TVV. 9ῌ10/42). この点を考慮に入れれ
῏ 94 ῐ
哲
学 第 129 集
ばῌ バ῏クリ῏の ῔視覚新論῕ に提示された ῒ自然の言語ΐ 説は次のよう
にまとめることができよう῍ それはῌ 視覚による空間知覚はῌ 幾何学的
ῒ論証ΐ のような ῒ必然的結合ΐ に基づく知性的推論としてではなくῌ 視
覚と触覚の観念のῌ 偶然的ではあるが習慣的に確立された結合に基づいて
生じる想像力の働きῌ つまり ῒ示唆ΐ によって可能になるῌ そしてこの
ῒ示唆ΐ という働きはῌ 我῎が言葉の ῒ意味表示ΐ を理解する際に働くの
とちょうど同じ働きとして捉えられるῌ というものである῍
以上ῌ ῒ自然の言語ΐ 説が最初に展開されるバ῏クリ῏の視覚論の要点
を眺めてきたがῌ これから問題点の検討に入る前にῌ 重要となる ῔視覚新
論῕ と ῔原理῕ の接続について触れておきたい῍ ῔視覚新論῕ の主題は視
空間知覚であるがῌ ῔原理῕ でのバ῏クリ῏の関心はῌ より一般的に自然
の知識を説明することに関わっている῍ したがって ῔原理῕ ではῌ 先行す
る ῔視覚新論῕ で提示された ῒ習慣的結合ΐ 原理が空間知覚の説明という
狭い問題領域を超えてῌ 因果関係を含む ῒ自然法則ΐ の知識に幅広く応用
されることになる῍ またῌ よく言われるようにῌ ῔視覚新論῕ ではただ視
覚観念のみを ῒ言語ΐ としていたのがῌ ῔原理῕ では第一節の冒頭に掲げ
られた視覚ῌ 触覚ῌ 嗅覚ῌ 味覚ῌ 聴覚の観念すべてがῌ ῒ自然の言語ΐ を
構成するものと見なされることになるであろう῍
῔視覚新論῕ はῌ 視覚による空間知覚を視覚と触覚という二つの感官の
観念の規則的結合によって理解しようとする試みであったがῌ ῔原理῕ は
この観念の規則的結合という同じ原理を視覚と触覚以外の感官の観念の結
合も視野に入れてῌ 自然の法則性に関する知識のあり方として一般化す
る῍ したがってῌ バ῏クリ῏が ῒ自然法則ΐ ということで理解しているも
のはῌ 簡単に言えば観念の規則的結合として捉えうる一切の事柄でありῌ
それは例えば霞んで見えるものは遠くにあるとかῌ 赤く熟した林檎は甘い
味がするとかῌ 日光に曝した鉄は熱くなるとかいう日常的に馴染み深い無
数の現象からῌ 自由落下する物体の距離は落下時間の自乗に比例するῌ 惑
ῐ 95 ῑ
バ῏クリ῏における ῒ自然の言語ΐ と自然法則の知識
星は太陽を焦点として楕円軌道を描くなどの精密な実験や観測が発見する
法則性までを包括する῍ そしてそのような自然の規則的現象に関する知識
をῌ バ῏クリ῏は観念の ῒ習慣的結合ΐ に関わるものとして ῒ言葉ΐ と
ῒ意味ΐ の結合になぞらえῌ ῒ自然の言語ΐ の知識とするのである῍ とはい
えῌ ῔原理῕ での ῒ自然の言語ΐ への言及は目立っているとは言えずῌ 表
面的には ῔視覚新論῕ との連続性は少ないように見えるかもしれない῍ し
かし ῔原理῕ でもῌ 要所で自然の法則性が ῒ言語ΐ や ῒ記号ΐ として語ら
れることῌ そしてバ῏クリ῏は常に過剰には語らずに ῒヒントを与えるΐ
だけに止める書き手である3 ことを考慮するならῌ 彼が ῔視覚新論῕ の成
果を ῔原理῕ で一般化することを意図していたことは明らかだと思われ
る῍
例えばῌ バ῏クリ῏は ῔原理῕ 65 節でῌ 通常 ῒ因果ΐ 関係と広く見な
されているものについてῌ それは実は原因と結果の関係ではないとしてῌ
次のように述べている῍
諸観念の間の結合は原因
原因と結果
結果の関係を意味するのではなくῌ ただ
表示するものの関係を意味
しるしや記号
記号 (mark or sign) とそれが表示するもの
するだけである῍ 私が見る火はそれに近づいたときに私が被る苦痛
の原因
原因ではなくῌ 苦痛を私に前もって警告する記号である῍ 同様に
私が聞く音はῌ 近くにあるあれこれの物体の運動や衝突の結果では
なくῌ その記号である῍ (PHK. 65)
ここでいわゆる ῒ因果ΐ 関係について言われることはῌ 既に ῔視覚新論῕
で展開された ῒ言語ΐ 説の応用であることは明らかであろう῍ この節が置
かれた ῐ60ῌ66 節ῑ 文脈もῌ 動物や植物 ῐあるいは ῒ時計ΐ のような人
3
サミュエル῎ジョンソン宛書簡῍ Works, vol. II, pp. 282, 294.
ῐ 96 ῑ
哲
学 第 129 集
工的製作物ῑ の内的で機械的な構造に関してῌ それを観察可能な性質や振
る舞いを必然的に生み出す ῒ原因ΐ として見るのではなくῌ むしろ ῒ記
号ΐ として理解すべきだという趣旨である῍ つまりῌ ここでもバ῏クリ῏
の眼目はῌ 広く流布した自然における ῒ必然的結合ΐ という想定に対して
ῒ習慣的結合ΐ を原理とする ῒ自然の言語ΐ 説をもって置き換えるという
幾何
ことにあると言える῍ ただしῌ ῔視覚新論῕ では空間的性質に関する幾何
学的 ῒ必然性ΐ が標的であったのに対してῌ ῔原理῕ での批判はῌ 結果を
形而上学的 ῒ必
必然的に生む ῒ原因ΐ ないしは ῒ力ΐ という概念ῌ いわば形而上学的
然性ΐ に対して向けられている῍ こうして ῔原理῕ ではῌ 因果的構造を形
作ると見なされる機械構造に対して ῒ習慣的結合ΐ が織り成す ῒ言語ΐ の
意味表示が重ね合わせられているのでありῌ ここに ῒ自然の言語ΐ という
主題を通した ῔視覚新論῕ から ῔原理῕ への接続は確かに見て取れるので
ある῍
3. 自然の ῌ普遍的言語῍ と ῌ予見῍
ここまでῌ バ῏クリ῏が ῒ自然法則ΐ とその知識に関する見解を展開さ
せる足場となる ῒ自然の言語ΐ 説についてῌ これが最初に提示された ῔視
覚新論῕ を中心に見てきた῍ バ῏クリ῏にとって自然法則の認識は ῒ言葉
の意味ΐ の理解に比せられῌ それは我῎が言葉の表示する意味を習慣的に
確立された規則性に基づいて理解するのと同じ仕方でῌ ある観念の他の観
念に対する ῒ意味表示ΐ を理解するということのうちにある῍
しかしῌ このように自然法則の知識をただ観念の ῒ習慣的結合ΐ にのみ
関わるものとしῌ そこでは単なる事実的な規則性としての習慣のみがあっ
ていかなる ῒ必然的結合ΐ や ῒ本性的結合ΐ も問題にならないとする考え
はῌ ある困難を提起しはしないだろうか῍ つまりῌ バ῏クリ῏にとって自
然法則を知るとは ῒ自然の言語ΐ を習得することでありῌ そこで理解され
る ῒ意味表示ΐ 関係の基盤はあくまでも経験のみが見出しうる ῒ共存ΐ の
ῐ 97 ῑ
バ῏クリ῏における ῒ自然の言語ΐ と自然法則の知識
繰り返しである῍ だがそうなるとῌ 我῎が経験のうちで ῒ共存ΐ 関係を見
出すものはすべて自然法則と見なされる資格をもつことになってῌ ῒ法則ΐ
の公共性ῌ 客観性というものが消えてしまうように思われる῍ これはῌ
バ῏クリ῏の ῒ言語ΐ モデルの上ではῌ ῒ自然の言語ΐ の意味の公共性の
問題ΐ として捉え直すことができるであろう῍ ῔視覚新論῕ でῌ 習慣的に
結合する観念の結びつきが ῒ偶然的 (accidental)ΐ ῒ恣意的 (arbitrary)ΐ
であることをバ῏クリ῏は極力強調した῍ しかし他方で彼はῌ その習慣的
普遍的言語 (universal language)ΐ (NTV.
結合が構成するのが ῒ自然の普遍的
147) であることを主張している῍ つまりそれは人間の考案した多様に発
達した諸言語以上に公共的でありῌ ῒ自然の言語は異なる時代や国民にお
いても変化しないΐ (NTV. 141) ものなのであってῌ ῒこのような恒常的で
普遍的な習慣を引き起こすものはῌ 気まぐれや偶然以上の何かでなければ
ならないΐ (NTV. 139; cf. 144/152) ということをも主張しているのであ
る῍
ではῌ 自然の言語を ῒ普遍的言語ΐ とするῌ ῒ恒常的で普遍的な習慣を
引き起こすものΐ とは何であろうか῍ それともバ῏クリ῏は結局のとこ
ろῌ 自然の言語の意味を理解することはῌ 我῎が経験のうちに出くわす観
念の事実的結合が偶然に何度も重なってῌ その結果そのうちの一方が他方
を ῒ示唆するΐ ようになったῌ ということ以上の何ものにも基づいてはい
ないと言うべきなのであろうか῍ もしそうとすればῌ たまたま特殊な環境
の下で形成された観念の習慣的結合とῌ 大多数の人が形成しがちな習慣的
結合はῌ 共に自然の言語を正しく理解していることになってῌ 自然の ῒ普
遍的言語ΐ という概念には意味がなくなるように思われる῍ 人間の創案し
た言語もまたῌ 言葉と意味の結合はただ習慣に基づきῌ 恣意的で偶然的で
あるとしてもῌ それを公共的で安定した習慣的結合に形成していくある訓
練や教育の過程というものを考えることができる῍ しかしῌ これに対して
バ῏クリ῏の言う ῒ自然の言語ΐ にはῌ そうした意味の公共性を保証する
ῐ 98 ῑ
哲
学 第 129 集
ような訓練とか教育に対応するものを考えることができるであろうか
このような問題は しかし 実は 自然の言語 説の一側面に過ぎない
習慣的結合 原理にのみ注意を集中するところから由来するように思わ
れる 確かに 視覚新論 において視覚観念を 言語 とする際にバ
クリが強調したのは 視覚と触覚の観念の間には言葉と意味の関係のよ
うに 恣意的な 結合しかないという点であった だが 彼は他方で 言
語 のもう一つの重要な側面にも触れていたのである そのもう一つの側
面は 先に引用した 視覚新論 147 節の前半部分にはっきりと述べられ
ている
視覚の固有的対象は 自然の普遍的言語を構成している この言語に
よって 我は 身体の保全と福利に必要なものを手に入れるため
に また身体に害を与え損傷するものすべてを避けるために どのよ
うに自分の行為を調節するべきかを教わる 我が生きていく上での
すべての営みや関心において主として導かれるのは こうした視覚対
象の告知 (information) によるのである (NTV. 147)
ここに言われるように 自然の言語 とは 我が 身体の保全と福利
という身体的利益の享受
身体的利益の享受 あるいはその不利益の回避のため有利になるよ
うそれによって行為を導くために 習得されるものなのである このよう
うそれによって行為を導く
な 身体の保存という観点と結びついた 行為制御 機能への注目は
バクリにとって 自然の言語 の意味を理解するというのがどのよう
なことかを明らかにする上で重要な意味をもつであろう
そしてここで直ちに思い起こされるのは もちろん 原理 の 序論
に提示された 言語の目的 についてのバクリの所見であろう そこ
ではおそらくロックを念頭に置いて 言語の目的は観念の伝達以外にな
く すべての有意味な言葉は観念を表わす という 広く承認された説
99 バ῏クリ῏における ῒ自然の言語ΐ と自然法則の知識
に対して (PI. 19), 彼は次のように異議を呈していた῍
言葉によって表示される観念を伝達することはῌ 通説に反して言語の
主な目的でもなければ唯一の目的でもない῍ 言語には他の目的があっ
てῌ ある情念を喚起するとか行為を促したり引きとめたりするとかῌ
心をある特殊な傾向におくためにも用いられるのである῍ そしてῌ こ
ういう目的のためにはῌ 観念の伝達ということは副次的であってῌ 上
に挙げた目的がそれなしで達せられるときはまったく省かれることも
ある῍ (PI. 20)
ここで言われていることはῌ ῔視覚新論῕ 147 節で ῒ自然の言語ΐ につい
て言われていたことにも当てはめて見ることができるであろう῍ 自然の言
語はῌ 神が人間に向けて語る言語であるがῌ その目的は聞き手 ῐ読み手ῑ
である人間が ῒ身体の保全と福利ΐ のため ῒ自分の行為を調節するΐ こと
を可能にするということである῍ つまりῌ それは我῎の ῒ行為を促したり
引きとめたりするとかῌ 心をある特殊な傾向におくΐ ことを意図して用い
られていると言える῍ もっともῌ 視覚論の文脈ではῌ ῒ自然の言語ΐ が
我῎の行為を調節するという目的にとってῌ 習慣的結合に基づいて視覚観
念が触覚観念を ῒ示唆するΐ ということが本質的な役割を果たすではあろ
う῍ つまりῌ 視覚観念という ῒ言葉ΐ がῌ 触覚観念という意味を ῒ示唆す
るΐ ことによってῌ 単なる ῒ光と色の多様ΐ のみならず三次元空間の視野
をもつことが行為の制御にとって不可欠だとバ῏クリ῏は考えているはず
でありῌ したがって視覚観念という ῒ言葉ΐ の機能はῌ 上の一般的考察に
言われるように ῒῐ触覚ῑ 観念の伝達なしで達せられるΐ わけではないで
あろう῍
しかしῌ ここで重要なことはῌ 視覚観念という ῒ言葉ΐ が果たすべき目
的として神によって意図されているのは聞き手の行為を制御するというこ
ῐ 100 ῑ
哲
学 第 129 集
とであってῌ この観点からすればῌ 聞き手である人間が ῒ自然の言語ΐ を
習得しῌ その意味を理解するということはῌ 単に ῒ習慣的結合ΐ によって
一つの観念が他の観念を ῒ示唆するΐ 機能にではなくῌ 現実の行為と直結
するある能力の獲得に求められねばならないῌ という点である῍ この点に
するある能力
関する洞察をバ῏クリ῏が得たのはῌ ῔原理῕ の ῒ序論ΐ にあるような
ῒ言語ΐ 一般に関する考察を経由してであるよりはῌ むしろ視覚能力その
ものの意義に対する反省を通じてであったかもしれない῍ 彼は ῔視覚新
論῕ 59 節でῌ 次のように述べている῍
動物に視覚が授けられたのはῌ 次のような目的のためであると思われ
る῍ 動物はῌ 視覚観念を知覚することによってῌ 離れたところに存在
するあれこれの物体に身体が触れたときにῌ 受けるだろう害や益をῌ
予見することができるのである῍ (cf. NTV. 85ῌ86/148)
バ῏クリ῏は ῒ見る (see)ΐ とは ῒ予見する (foresee)ΐ ことであると捉え
る῍ 見る能力とはῌ いま置かれた環境の中で周囲に行動を展開したときに
前もって知ることを可能にする能力
身体が受けるであろう
であろう利益や損害をῌ 前もって知る
なのである῍ それゆえバ῏クリ῏は ῔原理῕ でῌ 視覚観念は触覚観念の
ῒ予報 (prognostics)ΐ4 であると言っている (PHK. 44)῍ このことはῌ 翻っ
てῌ バ῏クリ῏の言う ῒ自然の言語ΐ を ῒ普遍的ΐ たらしめるものは何
かῌ そしてこの言語の意味が公共的で安定したものとなりうるのはどうし
てかという問題に答える手がかりを与えるであろう῍ つまりῌ 一方で視覚
4
この prognostics はῌ ヒポクラテスが用いた prognosis ῐῒ予後ΐ と訳されるῑ
まで遡るῌ 古い言葉である῍ そしてヒポクラテスによれば ῒ予後ΐ とは ῒ予見
の術ΐ でありῌ 患者の陳述を待たず ῒ現在ῌ 過去ῌ および将来の病状を予知῎
予告ΐ しῌ さらに今後の経過を予め知ることでῌ 最善の治療をおこなう術であ
るとされる῍ ῒヒッポクラテスの医学ΐ ῐ大橋博司訳ῌ ῔ギリシアの科学῕ 所収ῌ
中央公論 1972ῑ 179 頁῍
ῐ 101 ῑ
バ
クリ
における 自然の言語 と自然法則の知識
が 予見 であり 他方で視覚観念という 言葉 がそれを語る神によっ
て聞き手の行為を制御することを目的とするならば ここに 自然の言
語 の語り手と聞き手の間で いわば言語の習得における 協働 という
ものを考えることができるのではないだろうか そしてこの 協働 とい
うものを 言語を習得する際に辿るのに似たある種の訓練や教育の過程に
なぞらえてみることも あるいは可能ではないかと思われるのである
しかしこの点の考察に移る前に 視覚新論 の視空間知覚論の文脈で
得られた視覚の 予見 機能についての洞察が 原理 のより一般的な文
脈の中にいかに引き継がれているかを見ておこう 原理 では視空間知
覚という主題を超えて自然の知識が一般的に論じられるわけであるが そ
こでは 自然の言語 説が引き続き登場するにも関わらず 視覚新論 の
要約がなされる 43ῌ44 節以外は 示唆 という言葉は出てこない その
代わりに 原理 で自然の知識を論じる際の鍵になっていると思われる
のは 予見 という言葉である つまり バ
クリ
は 原理 において
自然法則 の知識を 予見 という概念によって捉えるのであり いま
や単に見ることが 予見 であるのみならず 一般的に自然法則の知識と
いうものはすべて 予見 能力にほかならないとされることになる 原
理 において最初に 自然法則 が言及される 次の一節を見てみよう
自然法則を 我は経験によって学ぶのであり 経験は事象の通常
の経過において かくかくの観念がしかじかの他の観念に伴われるこ
とを教える これによって 我は いわば予見 (foresight) を得る
そしてこの予見によって 生活の福利のために自己の行為を制御する
ことができるのである このような予見がなければ 我は永遠に途
方に暮れていたに違いなく 少しでも感官による快を獲得し苦痛を減
らすため どのように物事に対処すべきか知らなかったことだろう
(PHK.30ῌ31)
102 哲
学 第 129 集
これに続けて 予見によって行為を制御する ことの例としてバクリ
が挙げるのは 食物は養い 睡眠は疲れを癒し 火は身体を暖めること
種まきの季節に植えることが刈入れ時に収穫を得る方法であること とい
うものである 食物摂取や睡眠が 経験によって学ぶ ことかどうかは
次節で取り上げる ここで念頭に置かれているのは かくかくの目的を
手段と
達するにはしかじかの手段が有効であること であり そのような手段と
目的の適合についての 予見 に基づいて 合目的的に行為を調整する能
力が 自然法則の知識なのである 先に見た 原理
の 65 節におけるい
わゆる 因果 関係を 記号 として理解すべきであるという主張も た
だ単に必然的に結果を生む 原因 を習慣的な 記号 に置き換えるとい
う消極的なことに止まらず 生活の福利の享受を目的として 予見 に
よって行為を制御することが言われていたと理解しうる 実際 その 65
節では 火の観念 は 火に近づいたときに受ける苦の記号 であると
言われていたし 続く箇所でも 自然が 記号 という形態をとるのは
かくかくの行為から我は何を期待しうるか そしてしかじかの観念を
喚起するにはどんな方法を取るのが適切であるかに関する知見が我に豊
富に伝えられる ことが そこで 自然の創造主 によって 意図され
ているからだと述べられていたのである
したがって 自然法則の知識を 自然の言語 の意味表示についての知
識とするとき そこでバクリが考えているのは ただ単に言葉と意味
の習慣的結合になぞらえて 自然の法則性を観念の事実的な 共存 の繰
り返しに還元することでもなければ またそれの知識をそうした観念の共
存の経験から結果する 示唆 という想像機能のうちに帰着させることで
もない 彼の 自然の言語 説は 予見による 行為制御 を可能にする
という 言語 の動的側面に着目して自然法則の知識を捉えようとするも
の動的側面に着目して
のであり 習慣的結合 原理にのみ拘泥するならその眼目を見誤ること
になる 自然法則の知識は 自然の言語 の知識であり それは経験を通
103 バ῏クリ῏における ῔自然の言語῕ と自然法則の知識
じて習得された観念の ῔意味表示῕ についての知識である῍ しかしこの意
味表示の知識とはῌ ある観念を知覚することからῌ ῔予見῕ に基づく合目
的的な行為を媒介として我῎が現実に ῔観念を喚起する῕ 能力をもつこと
である῍ ここに ῔自然の言語῕ についての知識がありῌ 自然法則の知識が
ある῍ 言い換えればῌ ῔自然の言語῕ の意味を理解するとはῌ バ῏クリ῏
にとって想像力という機能によって各人の心の中で観念を結合することで
はなくῌ 予見に基づく行為によってあくまでも現実の知覚経験のうちで一
定の働きかけを通して観念を結合していくことでありῌ それによって身体
的生の維持に成功するということなのである῍
それではῌ この節で提出された自然の ῔普遍的言語῕ の問題ῌ すなわち
自然の言語の公共性ῌ 汎通性が由来するところのものは何かという問題
にῌ バ῏クリ῏はどのように答えることができるであろうか῍ ῔自然の言
語῕ 説をῌ ただ ῔習慣的結合῕ 原理に即して考える限りῌ 自然の言語を構
成する一つの観念はどんな観念とでも無差別に結びつきῌ 意味の ῔恣意
性῕ を規制するものは何もない (cf. NTV. 26/64)῍ しかしῌ 上に見たよう
に ῔自然の言語῕ はῌ まず聞き手である人間の側においては ῔予見῕ を可
能にしῌ それによって身体の保存に適うよう行為を調節するという効用を
もつ῍ そして語り手である神にとってはῌ それはそのような効用を意図し
て人間の行為を導くために用いられるものである῍ そうとすれば ῔自然の
言語῕ の意味はῌ 一方では人間の ῔予見῕ という将来の経験への期待ῌ 他
方では神の側での人間の行為を制御する意図ῌ という二つの志向性が ῔自
然の経過 (the course of nature)῕ とバ῏クリ῏が呼ぶ観念の流れのうち
である一致点を見出すところに確定されるῌ と考えることができるのでは
ないか῍ そしてῌ この二つの志向性の一致を ῒ協働ΐ と呼ぶとすればῌ こ
の一致点が見出されるのは ῔自然の経過῕ を構成するある一点ῌ つまり
῔感官の観念῕ という現実の知覚経験でありῌ この一致点において ῔自然
の普遍的言語῕ の意味は確定されるのである῍
ῐ 104 ῑ
哲
学 第 129 集
こうして 習慣的結合 とは別のバクリの 自然の言語 説のも
う一つの側面 つまり予見による 行為制御 という機能に注目するなら
ば 自然の言語の意味表示は決して単に無差別ではなく そこにはこの言
語の使用における人間の予見と神の意図の 協働 という仕方で自ずと一
定の道筋が付けられていると見ることができるだろう この 協働 とい
うのは要するに 自然の言語 を聞きとる人間の側から見れば ある観
念 ないしその集合
が現在知覚されるときに それが意味表示する将来
知覚されると期待される他の観念への志向を 行為を通じて現実の経験の
うちに 充足 していくこと そしてこの志向と充足がうまく連繋するこ
とであると言ってもよい ところで バクリにとって この 充足
は これまでの論述から見て取れるであろうように 身体的生の維持の成
功 より端的に言えば 快 である 原理 31 節に言われていたよう
に 予見 は 感官による快を獲得し苦痛を減らす ということを目指
している そしてここにおいて バクリの 自然の言語 説は 生得
的 傾向 説と接続する 以下に見るように バクリは我が 快
へ向かう生得的傾向をもっており この傾向は神によって人間の精神に植
えつけられたものと考えているのである したがって 自然の言語 を
普遍的なものとしているのは結局のところ その言語の意味が 快 であ
り すべての人間がその存在の根源的原理として快へと向かう傾向をも
つ ということに根拠を置くことになる そして 自然の言語 の語り
手と読み手の 協働 は この 快 の獲得ということを指標として成立
するのである
4.
ῌ快῍ への生得的傾向と自然の言語
哲学史の一般的な図式 つまりバクリはロックのいわゆる 経験
論 の後を承けてそれをさらに徹底させた哲学者 という見方からすれ
ば 彼が 生得観念 を否定することは自明に思われるかもしれない し
105 バクリにおける 自然の言語 と自然法則の知識
かしこの見方は おそらく覆される必要がある 確かに バクリは
ノトにおいて 予め感覚のうちになかったものは知性のうちにはない
というスコラの原理を引いてこれを徹底すべきであると記しているし
(PC. 779) 原理 や 対話 を見る限り そこには生得観念説にはっき
り与するような発言は 特に見当たらない しかし他方では 同じノト
の中に 生得観念 つまり我と共に創造された観念はある (PC. 649)
という言明もあり さらに後の サイリス では生得 観念 あるいは
思念 (notion) が肯定的に言及されているのが見出される
しかし バクリにおける生得 観念 説について結局どのように決
着がなされるにせよ5 彼は既に初期の段階から 人間がある生得的 傾
向 をもつことに関しては はっきり肯定的な考えをもっていたことは明
らかである そしてこの点に注目することは 実際バクリがどのよう
な生得 観念 説に最終的に与したかを明らかにする上でも重要になるで
あろう 対話 の後でガディアン誌のために書かれた 快について
と題された小論の中で バクリはこの 傾向 の生得説を明白に支持
している
我 は 我 の自然 本性 の創造主から印銘された本能 (an instinct impressed on our minds) に よ っ て 自 然 的 な 快 (natural
pleasures) へと向かうよう促されるが 自然の創造主は 我 の身
体のつくりについて最もよく知っており したがって どんな快が最
も満たされ易いか またどんな快が最大の充足感をもって享受される
5
バクリの 生得観念 説を巡る論争において 肯定的な陣営の議論につい
て は Luis Loeb, From Descartes to Hume, Ithaca, 1981, pp. 69ῌ70 及 び
Harry Bracken, Berkeley, London: Macmillan, 1974, p. 115 を参照 懐疑的な
見解の代表例としては次を参照 Michael Ayers, ‘Was Berkeley an Empiricist or a Rationalist?’, in The Cambridge Companion to Berkeley, (ed.) Kenneth Winkler, Cambridge, 2005.
106 哲
学 第 129 集
かを熟知しているのである6῍
ῒ快についてΐ の生得的 ῒ傾向ΐ 説はῌ 中期の ῔アルシフロン῕ ῒ第一対
話ΐ やῌ ῒ神の意志についてΐ と題された晩年のクロイン主教時代の説教
でもῌ さらに発展させられる῍ そしてῌ これら後の著作からはῌ バ῏ク
リ῏の肯定する生得的な傾向がῌ 決して狭義の ῒ本能ΐ に限られるわけで
ないことが明瞭に窺える῍ 例えば後の ῒ神の意志についてΐ の中ではῌ
ῒ我 ῎ の本性のうちに本源的に織り込まれた (originally interwoven in
our nature) 欲求や嫌悪ῌ 充足や落ち着かなさῌ 傾向性や本能があるΐ と
述べた上でῌ さらにそれが意味するところを説明してῌ ῒ魂はῌ ある適切
な 時 期 にῌ 一 定 の 環 境 に 置 か れ れ ばῌ あ る 素 質 (dispositions) や 傾 向
(tendencies) が自ずと現れるようῌ 本源的な状態においてつくられてい
るΐ と言われている῍ この説明はῌ 経験によらない本能のみならずῌ 後天
的な環境に応じて漸次的に発展するより高次の能力も広く心の ῒ本源的な
῍ 実際 ῔アルシフロン῕ で
のうちに数える
傾向ΐ のうちに数えるという含みをもっている
はῌ ῒ理性ΐ もまたこの基準で人間に ῒ自然的ΐ ῒ本源的ΐ であると言われ
ているのである (ALC. I-14)7῍
さてῌ 先に ῔原理῕ 31 節を引用した際にῌ 自然法則が ῒ予見ΐ を授けῌ
それによって我῎は行為を制御するということが言われているのを見た
がῌ そこで挙げられた例はῌ ῒ食物は養いῌ 睡眠は疲れを癒しῌ 火は身体
を暖めることῌ 種まきの季節に植えることが刈入れ時に収穫を得る方法で
6
7
Works, vol. VII, p. 194. 実はロックもῌ ῒ自然は人間のうちにῌ 幸福の欲求と不
幸の嫌悪を備え付けたΐ という意味で ῒ生得的原理ΐ があることに同意する῍
An Essay Concerning Human Understanding, Edited with an Introduction
by Peter H. Nidditch, Oxford, 1979, p. 67.
ῒ第二対話ΐ にῌ ῒ知 性ῌ 理 性ῌ よ り 高 次 の 本 能ΐ と い う 言 い 方 も 見 ら れ る
(ALC. II-13).
ῐ 107 ῑ
バ῎クリ῎における ῑ自然の言語ῒ と自然法則の知識
あることῒ であった῍ これを ῑ傾向ῒ の生得説を念頭に置いて眺め直すと
きῌ このリストが興味深い順序で並べられていることに思い当たる῍ これ
らのうちの最初の二つῌ 食物摂取と睡眠については ῑ経験によってῒ 学ば
れるよりはむしろ本能に属するように思われるがῌ 彼は当然これに同意す
るだろう῍ というのもいま見たようにバ῎クリ῎はῌ 身体のつくりについ
て熟知した神から授けられた本能によって ῑ自然的な快ῒ ῏つまりῌ 人間
の本性に適合する快ῐ に向かうと考えるのでありῌ 栄養摂取と睡眠はῌ そ
のような ῑ自然的快ῒ の典型例と見なしうるからである῍ しかしῌ 次の
ῑ火で身体を暖めることῒ となると経験によって習得する事柄になるであ
ろうしῌ ῑ種まきと収穫ῒ についてはかなり注意深い観察を通じた試行錯
誤が必要とされるはずである῍ ここにはもちろんῌ ῑ予見ῒ 能力の段階的ῌ
階層的な発展の区別が付けられねばならない῍ しかしここで重要なこと
はῌ 食物摂取や睡眠といった本能的行為から種まきにおけるより高次の
ῑ予見ῒ の行使までῌ いずれも ῑ快ῒ の追求という生得的 ῑ傾向ῒ の発露
でありῌ ῑある適切な時期にῌ 一定の環境に置かれῒ ることを通じてのῌ
本能からの漸次的発展と見なしうるということである8῍
ここまでくれば明らかであろうがῌ ῑ自然の言語ῒ の意味の理解に対し
て一定の方向性を与えているのは ῑ快を求め苦を避けるῒ という人間の生
得的傾向なのでありῌ これはすべての人間に普遍的に備わる῍ この生得的
傾向が ῑ自然の言語ῒ の意味の理解をまず最初に達成するのはῌ 食物を摂
り睡眠をとるというῌ 身体的生の維持 ῏ῑ快ῒ の確保ῐ にとって基本的な
行為においてでありῌ これは経験よりはῌ むしろ本能に従ってなされる
8
ῑ神の意志についてῒ ではῌ この段階的発展が倫理的文脈で語られている῍ つま
りῌ ῑ死の恐怖ῒ ῑ自分の子供への愛ῒ などが生得的な本能の筆頭例として挙げ
られῌ さらに進んで神の認識やῌ 善や徳の嗜好ῌ 悪や犯罪の嫌悪などの ῑ魂の
成長と進歩ῒ を通じて現れるものも ῑ自然な生まれつきの素質ῒ の発現である
とされる῍ Works, VII, pp. 130ῌ1.
῏ 108 ῐ
哲
学 第 129 集
ῐ予見ῑ と ῐ充足ῑ の過程である ῎あえて解説するならῌ これらの行為に
おいて ῐ言葉ῑ に当るのが食物の匂いῌ 空腹感ῌ 眠気などでありῌ ῐ意味ῑ
に当るのが摂食や睡眠の行為がもたらす ῐ快ῑ であろう῏῍ そして火に
当って暖をとるῌ 種をまいて収穫に備えるなどはῌ ῐ自然の言語ῑ の理解
が最初の本能的行為の段階からῌ 快に向かう同じ生得的傾向に従って ῐ予
見ῑ と ῎行為を通じた῏ ῐ充足ῑ という過程がより多様化し複雑化した仕
方で達せられたものと考えることができる῍ これらの例ではῌ ῐ予見ῑ は
本能ではなく人間が置かれたある環境における経験を通じて形成された
ある環境における経験を通じて形成された
ῐ判断ῑ と言えるものでありῌ この ῐ予見ῑ に対する ῐ充足ῑ はῌ 種まき
と収穫の例のように中間にさらなる予見と充足の複雑な連鎖を経て達せら
れる場合もありうる῍ しかしῌ そのような高度で複雑な ῐ予見ῑ という形
をとる ῐ自然の言語ῑ の理解においてもῌ 本能的 ῐ予見ῑ と同様の ῐ快を
求め苦を避けるῑ という生得的傾向がῌ いわば後天的環境に触発されてさ
らに発展したものにほかならずῌ ここでも ῐ自然の言語ῑ の理解はῌ いか
らに発展したもの
に多様化し複雑化しようともῌ 本能と同じ根をもつ生得的傾向によって達
成されるのである῍
しかしῌ 快へと向かう人間の生得的 ῐ傾向ῑ はῌ それだけで ῐ自然の言
語ῑ の意味をその語り手である神の意図した通りに正しく理解するために
十分だと言えるであろうか῍ というのもῌ ῐ自然の言語ῑ の意味表示は多
様であってῌ 常に必ず直接に ῐ快ῑ に繋がるものであるとは言えないと思
われるからである῍ 確かにῌ 砂糖の観念の意味は快い甘さでありῌ 温泉の
観念の意味は快い熱さと言えるであろうがῌ 黒雲の観念の意味が近づく雨
でありῌ 風の観念の意味が木の揺れであるῌ というのはどう捉えたらよい
のだろうか῍ またῌ 火の観念の意味はῌ 状況によってあるいは ῐ快ῑ であ
りῌ あるいは ῐ苦ῑ であると思われる῍ つまりῌ それは適度な距離では
ῐ快ῑ であるがῌ 近づき過ぎたりあまりに長く当ると ῐ苦ῑ であろう῍ こ
のように ῐ快ῑ と隣り合わせてῌ 同じ観念の意味になりうる ῐ苦ῑ はῌ
῎ 109 ῏
バ῏クリ῏における ῒ自然の言語ΐ と自然法則の知識
ῒ自然の言語ΐ の習得にどのような役割を果たしているのか῍
まずῌ 直接的に ῒ快ΐ ではないような ῒ自然の言語ΐ の意味をどのよう
に習得するかῌ という点についてはῌ それは結局ある遠い目標地点で
ῒ快ΐ に繋がりῌ その意味で快を間接に意味表示することによってῌ その
習得を可能にしていると考えることができる῍ 例えば黒雲の観念の意味で
ある雨はῌ それを ῒ予見ΐ することによって農作物の生育を図ったり堤防
に土嚢を積んで洪水を防ぐことが可能になるのでありῌ そのようにいわば
ῒ快ΐ ῐあるいは苦の回避ῑ へと序列化されῌ 間接的に快と繋がっているこ
とがῌ 黒雲を近づく雨を意味する ῒ言葉ΐ として習得することを可能にす
るのである῍ ῒ自然の言語ΐ の意味の多様化はῌ 快に直結はしないがそれ
へと間接的に序列化されたῌ 言葉と意味の表示関係の多様化として理解す
ることができるのではないであろうか῍ 既に述べたようにῌ 高次の ῒ予
見ΐ 能力はῌ 快へ向かう生得的傾向の発展したものとして捉えられるがῌ
本能からのこの ῒ予見ΐ の漸次的発展はῌ 心の視線をより一層遠くへと展
ばしῌ 遠くに置かれた ῒ快ΐ という意味を志向する能力の形成であると見
なしうる῍ そしてῌ 直接に ῒ快ΐ と結びつかない ῒ自然の言語ΐ の意味
もῌ このような高次の ῒ予見ΐ 能力の発展に応じて見出されていくのであ
る῍ 目の前の皿にある魚を食べることはῌ 直接で即時に ῒ快ΐ をもたら
す῍ しかしῌ 魚が目の前にないときは釣りに行きῌ あるいは長い期間をか
けて育てῌ そしてそれを調理しなければならない῍ このような中間に介在
する多様なプロセスの中でῌ ῒ手段ΐ と ῒ目的ΐ についての様῎な考慮が
ありῌ 観念の ῒ意味ΐ 表示についての多様な判断が形成され蓄積されるこ
とは言うまでもないであろう῍
次にῌ ῒ自然の言語ΐ を構成する同じ観念の意味表示としてῌ ῒ快ΐ とと
もに ῒ苦ΐ があるという点について考えよう῍ バ῏クリ῏は ῔原理῕ で
ῒ快と苦の極めて賛嘆すべき法則ΐ (PHK. 146) つまり ῒ我῎がどんな場合
にいかなる度合いで苦と快に触発されるかΐ (PHK. 153) の規則性に言及
ῐ 110 ῑ
哲
学 第 129 集
するが これは彼の倫理学に繋がる思想であるとともに9 目下検討中の
自然認識の理論にも関わりがある バクリが 原理 31 節に言うよ
うに 火は身体を暖める が 65 節に言うように 同時にそれは 近づ
いたときに受ける苦の記号 でもある これは何を意味するかといえば
火の観念 という自然の 言葉 の意味を習得することは その 意味
が状況によって 快 と 苦 の間を揺れ動くことを知ることも含む と
いうことである 先に引いた 神の意志について の中で バクリは
この 自然の言語 の意味表示の快から苦への変化について述べている
我の欲求や情念が それ自体として見ればいかに我の 身体の
保存や福利に適合しているかは感嘆に値する そして間違った対象に
欲求や情念を向けたり 適切な限度を超えた程度にまで欲求や情念を
苦しめたりするときはいつも 我は苦い苦痛を味わうのであり こ
れは自然の創造主の意図を異論の余地がないほど明らかにしてい
る10
ここで再び 食事や睡眠という本能的行為の例に即して考えよう それら
は適当な対象に向けて適度に為される限り
適当な対象に向けて適度に為される限り 概ね 快 をもたらす しか
し例えば毒物を口にしたり あるいはたとえ身体に適した食物でも大量に
食べたり また過度の睡眠によって 快 ではなく 苦 がもたらされ
るであろう そして 同じことが 火の観念 についても言えるのであ
り 我は経験を通じてそれが 快い暖かさ を意味することを習得し
9
10
倫理学の文脈における 快と苦の法則 の含意についての簡潔な説明は 以下
を参照 Paul J. Olscamp, ‘Does Berkeley have an ethical theory?’, in George
Berkeley: A Treatise concerning the Principles of Human Knowledge, with Critical Essays, (ed.) C. M. Turbayne, Indianapolis: Bobbs-Merrill, 1970, pp. 188ῌ
91.
Works, vol. VII, p. 133.
111 バクリにおける 自然の言語 と自然法則の知識
暖 を 予見 してそれに近づくが 同時にまた同じ 火の観念 が近
づきすぎれば 苦 を意味することも習得し 予見 によってそれを避
けるべく行動する そして これはつまり 自然の言語 の意味を確定
する語り手と聞き手の 協働 ということが 単純に 快 の獲得という
ことにおいてのみ成立するわけではないということである 我は 快
への志向によって 現在知覚するある観念が意味表示する快をそれに続く
自然の経過 すなわち観念の継起のうちに探し求めるが しかしそれは
行為の調節 によって快が見出される適切な状況を見出していくという
によって快が見出される適切な状況を見出していく
ことなのであり 状況の変化によって快が 苦 に転化する境界を見定め
ることをも含むのである
ることをも含む
これまでの考察から バクリの 自然の言語 説をただ単に 習慣
的結合 原理にのみ注目して解釈することは それのもつ幅広い含蓄を逸
するものであることは十分明らかになったことと思う そしてまた この
自然の言語 を構成する言葉の 意味 は価値中立的な 感官の観念
なく 何らかの 快 や 苦 の価値に伴われた観念 もしくはそれらへ
と序列付けられた観念 でなければならないことになるであろう 実際
バクリは いかなる観念も快苦の価値と無関係なものはないと考えて
いる 彼はノトの中で どんな観念も 我がそれを取り除くよりは
保持し あるいは保持するよりは取り除くことを欲しないほどに無関心
(indi#erent) ではない それを取り除く方が好ましいのではないよう
な 快や苦を完全に欠いた観念というものはない (PC. 833) と記してい
る また 原理 の第一節でも 視覚や触覚以下 様な感官の 観念
の集合 が一つの名前を付与されて 一つの もの とされた事物は そ
れらが快いか不快適 (pleasing or disagreeable) であるかに応じて愛情
憎しみ 喜び 悲しみなどの情念を喚起する と言われていた 従来バ
クリ研究では 快 や 苦 とりわけ 苦の感覚 と言えば 専ら
観念論 確立の文脈 対話 の最初におけるいわゆる 二次性質 を
112 哲
学 第 129 集
心の中 に引っ張り込む 議論11 との関連 でのみ論じられてきた12
しかしこれまで見たことから明らかなように 快 と 苦 は 自然の
言語 の意味の習得において中心的な役割を果たしており それがなけれ
ばバクリ哲学の自然は 意味 を欠いた単なる観念の継起となり
言語 であることをやめると言えるほど 積極的な意義を与えられてい
るのである13
5. 結
論
以上 自然の言語 の意味表示が 人間と神の 協働 を通じて確定
されていくこと そしてこの 協働 は 自然的快 に向かう人間の生
得的 傾向 本能から段階的に発展してより遠くの快にまで及ぶ 予見
能力となる と この予見が志向する 快 が現実の知覚経験のうちで行
為を通じて それを達成する 行為の調節 の多様な判断を中間に介在さ
せて 充足 されることにおいて成立する ということを論じてきた
こ の 自 然 の 言 語 の 意 味 は 快 と 苦 あ る い は 快 い (pleasing/agreeable) 観念 苦痛な (painful/disagreeable) 観念 であり
したがって この言語の習得においては 志向された 快 が期待通りに
充足され あるいは忌避すべき 苦 が回避されることが 自然の言語の
11
12
13
Ian C. Tipton, Berkeley: The Philosophy of Immaterialism, London: Methuen, 1974, p. 227#.
◊ve Brykman, ‘Pleasure and pain versus
但し この傾向の例外として Genevie
ideas in Berkeley’, Hermathena 139, 1985, pp. 127ῌ37 を挙げることができる
対話 でも 第一対話 冒頭の導入 (DHP. 171) と 第三対話 の結び (DHP.
262) で 快 への言及が現れ 第二対話 の最初でハイラスが 懐疑論 を告
白したときにフィロヌスが自然の美が与える 快 へ誘うことなど バク
リ哲学にとっての 快 の重要性が示されている (DHP. 210) 対話 でのこ
れらの箇所は すぐ後に書かれたガディアン誌の 快について に述べられ
ていることと符合している この論文のみならず 快 は彼の一連のガディ
アン論文の中心的な主題の一つを成しており また計画された 原理 第二
部 の重要な主題の一つでもあったであろうと推測される
113 バクリにおける 自然の言語 と自然法則の知識
語り手である神の意図を正しく理解したことの指標となる そして 自
然の言語 の意味は単純に 快 の獲得という経験を通じて習得されるの
ではなく 同じ観念の意味表示が快から 苦 に転じる あるいは苦から
快 に転じる 状況を見定めることも含めて習得されねばならない
バクリにとって 自然法則 の知識をもつとは こうして快と苦を導
きの糸として 人間の精神と神との 協働
によって確定される 自然
の言語 の意味を理解するということに他ならないのである
最後に これまでの 自然の言語 説についての解釈に従えば バク
リにおける 自然法則 の存在論的な位置づけはどのように理解される
べきか そして自然法則の科学的知識は この 自然の言語 説の延長上
にどのように位置づけることができるかという点に関して手短に述べて
結びとしたい
本論稿のはじめに 神の意志が 自然法則を構成する というバク
リの発言を 自然法則を単純に神の意志のうちに還元するものとして受
け取るべきではないと述べたが いまやその理由は明らかであろう なぜ
なら 自然法則とは バクリにとって 自然の言語 であり そして
火の観念 の意味は 快い暖かさ 苦痛を伴う熱さ という具合に
この言語の表示する意味は 快 と 苦 に彩られた観念であるから 自
然法則の存在は必然的に快と苦の存在を前提とする つまり 自然法則は
観念 を快いものとして あるいは苦痛を伴うものとして 知覚するこ
とのできる人間の精神の存在を前提するのであり そのような快と苦を経
験する能力をもつ精神がない世界には自然法則は存在しない そこには単
なる 観念の継起 はあるかもしれないが それが快苦という 意味 を
欠く限りは 自然の言語 にはなりえず したがって自然法則もないので
ある 確かにバクリは 対話 において 自然法則は世界創造の際
に神が 確立 (establish) し それによって事物が精神に 知覚可能 (perceptible) になった と述べているが (DHP. 253), これは観念を知覚する精
114 哲
学 第 129 集
神が存在し始める以前から自然法則が存在したということではない῍ 神が
自然法則を意志することはῌ その存在の必要条件であっても十分条件では
ない῍ 観念が快苦を経験する能力のある精神に ῒ知覚可能ΐ なだけでなく
現実に知覚されῌ 単なる ῒ観念の継起ΐ が快の獲得に向けてῌ あるいは苦
の回避に向けてῌ そうした精神の ῒ予見ΐ 能力を通して秩序付けられると
きにῌ はじめて ῒ自然の言語ΐ が成立しῌ したがって自然法則も存在し始
めるのである῍
ではῌ 自然法則の科学的知識はῌ バ῏クリ῏の ῒ自然の言語ΐ 説におい
てどのように位置づけられるであろうか῍ ここでは極めて大雑把に概略を
描くに止めるしかないがῌ それは日常的レベルでの知識と同じ ῒ自然の言
語ΐ を対象とする点で変わりはないがῌ まったく異なる ῒ関心ΐ に基づく
営みであるという点でῌ 日常的な自然法則の知識とは種類を異にするもの
と言えるであろう῍
バ῏クリ῏によればῌ 科学的知識とは ῒ自然の文法学 (the grammar
of nature)ΐ でありῌ 自然の言語の ῒ規則ΐ そのものを関心の対象とする
のであってῌ 日常的レベルの知識のようにῌ この言語の ῒ意味ΐ を関心の
対象とするのではない (PHK. 108)῍ 自然の言語の ῒ意味ΐ はῌ 獲得すべ
き ῒ快ΐ ῐあるいは回避すべき ῒ苦ΐῑ という価値に彩られた観念でありῌ
直接には快苦に繋がらない ῒ意味ΐ もまた間接的に遠い地点においてある
ῒ快ΐ を志向しῌ それへと秩序付けられている῍ そしてここでの ῒ快ΐ や
ῒ苦ΐ とはῌ 感覚的ῌ 身体的な快苦に他ならない῍ ところがῌ 科学的知識
の目標はῌ 観念の ῒ関係ΐ を ῒ一般的規則ΐ の定式化によって表現するこ
とでありῌ これをバ῏クリ῏は言語の文法規則の知識になぞらえる῍ 科学
的探究が目指すのはῌ 自然現象の ῒ類比ΐ を一般的な自然法則に還元しῌ
それによって我῎の身体が位置づけられた身近な環境を超えて ῒ時間的場
所的に極めて遠い距離に生じているであろう事象ΐ を ῒ予言する (predict)ΐ ことである (PHK. 105)῍ したがってῌ 自然法則についての科学的
ῐ 115 ῑ
バ῏クリ῏における ῒ自然の言語ΐ と自然法則の知識
知識もまたῌ ῒ予見ΐ 能力をもつことにあると言えるがῌ しかし科学的な
レベルでの ῒ予見ΐ は感覚的ῌ 身体的な ῒ快ΐ を志向するのでもなけれ
ばῌ そのために行為を調節するということを含むわけでもない῍ 科学的な
ῒ予見ΐ はῌ まったく別種のῌ 理性的 ῒ快ΐ を志向している14῍ つまりそ
れは ῒより大きな理解力ΐ (PHK.105)ῌ バ῏クリ῏が ῒ心の大きさ (comprehensiveness of mind)ΐ (PHK. 154) と呼ぶῌ 精神的な徳の享受におけ
る ῒ快ΐ をῌ 志向するのである15῍ 科学的知識はῌ 普遍的な自然法則を定
式化してῌ それによって ῒ自然の諸結果の全連鎖 (the whole chain of natural e#ects)ΐ (PHK. 62) を見渡すことを可能にするがῌ これは身体的
ῒ快ΐ に劣らず ῒ心に最も快適 (most agreeable) でῌ 心が最も追求するも
のΐ (PHK. 105) である῍ ῒ自然の言語ΐ の日常的認識から科学的認識の段
階へと進むことはῌ こうして ῒ意味ΐ から ῒ規則ΐ への関心の転換を通じ
てῌ 精神が身体的生の維持から精神それ自身の徳の追求へと目標を向け換
えることを意味する῍ そしてこの点は後の ῔サイリス῕ におけるプラトン
的な精神の ῒ上昇 (ascent)ΐ モチ῏フに関連すると思われるがῌ これらの
論点を追うことは他日の課題としなければならない16῍
14
15
16
バ῏クリ῏はこの ῒ理性的ΐ 快もῌ ῒ自然的快ΐ に属するものと見なす῍ ῒ快に
ついてΐ の中でῌ ῒ自然的な快のうちにῌ 我 ῎ の本性の感覚的部分にのみなら
ずῌ 理性的部分にも普遍的に適合する快を含めてῌ 私は考えるΐ と述べている
(Works, vol. VII, p. 194.)῍ またῌ ῒパブリックスク῏ルと大学ΐ と題されたῌ 別
のガ῏ディアン論文ではῌ 感覚的快から想像力の快ῌ さらに ῒ理性の崇高な快ΐ
に及ぶ ῒ快の階梯 (the scale of pleasure)ΐ に言及しῌ 理性的快の段階では ῒ事
象の原因と意図ῌ 構成ῌ 結合ῌ 均整が明らかにされῌ 知性的な美と秩序と真理
の観想によって心が満たされるΐ と言われる (Works, vol. VII, p. 203).
この ῒ心の大きさΐ (‘that frame or disposition which is called largeness of
mind’) についてῌ バ῏クリ῏はプラトンの ῔テアイテトス῕ に言及して論じて
いる (Works, vol. VII, p. 207).
本稿はῌ 日本イギリス哲学会第 44 回関西部会例会 ῐ2011 年 7 月ῑ での発表原
稿にῌ 若干の加筆訂正を施したものである῍
ῐ 116 ῑ
哲
文
学 第 129 集
献
バ῎クリ῎の著作からの引用はすべてῌ 次の著作集よりおこなう῍
The Works of George Berkeley, Bishop of Cloyne (9 vols.), edited by A. A. Luce
and T. E. Jessop, Edinburgh: Thomas Nelson & Sons, 1948ῌ57.
本文中での著作の引用箇所を示すにはῌ 次の略号を用いῌ その後に節番号 ῏ΐ視覚
新論῔ ΐ原理῔ῐῌ 頁数 ῏ΐ対話῔ῐῌ 対話番号と節番号 ῏ΐアルシフロン῔ῐ を後
に続く数字で示す῍
NTV.
ΐ視覚新論῔ An Essay towards a New Theory of Vision (1709)
PHK.
ΐ原理῔ A Treatise concerning the Principles of Human Knowledge
PI.
ΐ原理῔ ῑ序論ῒ
DHP.
ΐ対話῔ Three Dialogues between Hylas and Philonous (1713)
(1710)
TVV.
ΐ視覚論弁明῔ The Theory of Vision . . . Vindicated and Explained
(1733)
ALC.
ΐアルシフロン῔ Alciphron, or the Minute Philosopher (1732)
ル῎スが Philosophical Commentaries と名付けた Notebooks A/B ῏本文中ではῌ
単に ῑノ῎トῒ として言及ῐ からの引用はῌ PC. の略号に続いてル῎スが付したエ
ントリ῎番号を示すこととする῍ このノ῎トからの引用は著作集ではなくῌ 次のも
のに依拠する῍
Philosophical Commentaries: Transcribed from the Manuscript and Edited with
an Introduction and Index by George H. Thomas; Explanatory notes by A. A.
Luce, Alliance, Ohio, 1976.
その他の著作あるいは書簡からの引用についてはῌ 上記著作集の巻号と頁数で引用
箇所を示す῍
῏ 117 ῐ
Fly UP