...

HP 501 Wireless Client Bridge

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

HP 501 Wireless Client Bridge
データシート
HP 501 Wireless Client Bridge
主な機能
y 最大 15 台の Ethernet デバイスまたは 1 台の RS232 デバ
イスをギガビット速度で無線ネットワークに接続
y デュアルバンドの 3 空間ストリーム MIMO により最大
1.3Gbps で稼働
y IEEE 802.11b/g/n(2.4GHz)および IEEE 802.11a/n/ac
(5GHz)
無線 LAN ネットワークに対応
y Web ブラウザーインターフェイスまたは HP Intelligent
Management Center(IMC)[別売] による一括設定が可能
製品概要
HP 501 Wireless Client Bridge は、有線接続専用に使用されてい
るデバイスを無線接続し、モビリティ機能を活用できるよう
にします。 無線 LAN 信号の届く場所であれば、POS 端末、計
測器、サーバー、複合機、医療機器、工作機械など、さまざ
まなデバイスを配置することができるので、Ethernet ケーブ
ルを配線してネットワークアクセスを提供する時間と費用を
削減することができます。
機能と利点
サービス品質(QoS)
• ネットワーク管理
− SNMP v2c、SNMP v3、MIB-II トラップ、RADIUS
Authentication Client MIB(RFC 2618)
− 安全なアクセス機能を備える HTML 管理ツールを内蔵
− ネットワーク管理ステーションから設定とファームウェ
アアップグレードのスケジュールを設定可能
• 診断
− RSSI をログに記録
− 電子メールによりアラートを通知
• QoS
− DSCP および WMM をサポート
接続性
• IEEE 802.3af Power over Ethernet(PoE)のサポート
− 導入が簡単で、各クライアントブリッジにローカル電
源を供給する設置時間とコストを大幅に削減
• Auto-MDIX
− すべての 10/100/1000 ポートでストレートケーブル/
クロスケーブルを自動判別。結線ミスによるトラブル
を回避可能
• IEEE 802.11h International Telecommunication Union(ITU)
準拠
− 接続するアクセスポイントに基づいてチャネルを自動
的に選択。アクセスポイントが、混雑していないチャ
ネルを動的に使用できるようにすることで、Dynamic
Frequency Selection(DFS)の問題を回避
モビリティ
• 複数のデバイスに対応
最大 15 台の Ethernet 対応デバイスをマルチポートスイッチ
経由で接続可能
セキュリティ
• IEEE 802.1X のサポート
− Extensible Authentication Protocol(EAP)TLS、PEAP に
よるユーザー認証(暗号化方式は AES、TKIP、WEP を
選択可能)をサポートし、認証済みユーザーとアクセ
スポイント間の無線トラフィックを保護
• IEEE WPA2、WPA、または WEP から選択可能
− Advanced Encryption Standard
(AES)
または Temporal Key
Integrity Protocol(TKIP)による強力な暗号化を行い、
無線トラフィックの完全性を確保
保証とサポート
• ライフタイム保証
製品を保有している限り、故障時に交換サービスを提供。原
則翌営業日に交換品を先送り†
• ライフタイム保証の電話サポート
ご購入後 3 年間は 24×7 の電話サポート、それ以降の保証
期間は、営業時間内(9:00∼21:00)の電話サポートを受け
ることができます。
サポートセンターへのご連絡については、
www.hp.com/networking/contact-support を参照してください。
ご購入の製品のサポート期間については、
http://www.hp.com/networking/warrantysummary を 参照 し
てください。
• ソフトウェアリリース
ご使用の製品に対応するソフトウェアについては、
www.hp.com/networking/support を参照してください。ご購
入の製品に対応するソフトウェアリリースの詳細については、
www.hp.com/networking/warrantysummary を参照してくださ
い。
• 時間と場所を問わない無線カバレッジ
− シングル無線ユニットを備える、IEEE 802.11a/b/g/n/ac
対応クライアントブリッジ
− 無線ユニットが、周波数帯域の設定をソフトウェアで
選択することが可能
− IEEE 802.3af PoE またはローカル電源による給電
• 相互運用性
− IEEE 802.11a/b/g/n/ac および WPA2 を含む Wi-Fi Alliance
認定を取得済みなので、マルチベンダー環境で相互運
用が可能
• サポートするデバイス
− Ethernet カードを備える Windows PC をサポート。POS
デバイス、計測器、ネットワークプリンター、シンク
ライアント、
Mac/Apple マシン、Linux/Unix ワークステー
ション、Ethernet 対応機器、医療機器、工作機械など、
さまざまなデバイスをサポート
− シリアルポート(RS232C)を持つデバイスを無線ネッ
トワークに接続
†HP の保証には、ハードウェアの修理・交換サービスが含まれており、原則翌営業日に交換品を先渡しいたします(製品を保有している限り有効です)。HP AllianceONE Advanced Services/HP AllianceONE
Services zl Module、HP Threat Management Services zl Module、HP AllianceONE Extended zl Module with Riverbed Steelhead、HP MSM765 zl Mobility Controller/HP Survivable Branch Communication zl Module
powered by Microsoft® Lync のディスクドライブは、5 年間のハードウェア交換保証。 詳細については、www.hp.com/networking/warranty から入手可能な、HP のソフトウェアライセンスと保証に関す
る小冊子を参照してください。
2
HP 501 Wireless Client Bridge
仕様
HP 501 Wireless Client Bridge (J9835A)
I/O ポートとスロット
Access Point 特性
無線ユニット(内蔵)
無線動作モード
Wi-Fi Alliance 認定
アンテナコネクター
アンテナ
外付けアンテナ数
1 個の RJ-45 オートセンシング 10/100/1000 ポート、通信方式: 10Base-T/100Base-TX: 半二重または全二重、1000Base-T: 全二重のみ(IEEE 802.3 Type
10Base-T、IEEE 802.3u Type 100Base-TX、IEEE 802.3ab Type 1000Base-T)
1 個の RS-232C シリアルコンソールポート
802.11 a/b/g/n/ac
クライアントブリッジ
a/b/g/n/ac Wi-Fi 認定
3 個の RP-SMA(ダイバーシティ)
2dBi デュアルバンド無指向性性アンテナ
3
物理特性
重量
13.97(幅)×3.3(奥)×12.7(高)cm(5.5×1.3×5.0 インチ)
0.91kg(2.01lb)
環境
オペレーティング温度
オペレーティング相対湿度
ノンオペレーティング/ストレージ温度
ノンオペレーティング/ストレージ相対湿度
衝撃と振動
高度
0℃∼50℃(32℉∼122℉)
5%∼95%、結露なきこと
-40℃∼70℃(-40℉∼158℉)
5%∼95%、結露なきこと
EN 61373
最高 3km(9,842 フィート)
電気特性
説明
最大定格電力
電圧
PoE 電力
注記
IEEE 802.3af PoE 準拠、または使用可能な AC 電源から DC 5∼15V を供給
9W
DC 5V
11W(PoE)
PoE 用の電力は内部電源で供給できる値を表示。供給可能電力は電源のタイプと数に依存し、オプションで External Power Supply(EPS)で補うこと
も可能。
周波数帯と動作チャネル
日本
2.412∼2.472GHz(1∼13 チャネル)
5.180∼5.320GHz(36∼64 チャネル)
5.550∼5.700GHz(100∼140 チャネル)
無線ユニット
FCC Part 15.247; EN 300 328; FCC Part 15.407; MIC Notice No. 88, App. 43 & 45; EN 301 893; RSS-210
安全規格
UL 2043; UL 60950-1; EN 60950-1; CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1
RF 曝露
FCC Bulletin OET-65C; RSS-102; EN 62311
機能
1 つの無線ユニットが、高スループットアプリケーション用の IEEE 802.11a/b/g/n/ac およびレガシーサポート用の IEEE 802.11a/b/g/n に対応
− 最大 1.3Gb/s の信号速度に対応する空間ストリーム
− 3 個の RP-SMA コネクターを備え、さまざまなアンテナに対応することが可能(注記: 屋外用アンテナを使用する場合には、RP-SMA to Type N アダ
プターを別途用意する必要があります)
− PoE またはローカル電源を使用して動作
3
HP 501 Wireless Client Bridge
仕様(続き)
HP 501 Wireless Client Bridge (J9835A)
電磁適合性規格(エミッション)
EN 55022 Class B; EN 60601-1-2; EN 301 489-1; EN 301 489-17; ICES-003 Class B; FCC Part 15, Class B
注記
サポートするデータ速度
y 802.11b: 1/2/5.5/11Mbps
y 802.11a/g: 6/9/12/18/24/36/48/54Mbps
y 802.11n: 6.5∼450Mbps(MCS0∼MCS23、1∼3 空間ストリーム)
y 802.11ac: 6.5Mbps∼1.3Gbps(MCS0∼MCS9、1∼3 空間ストリーム)
ここに掲載されている HP 501 Wireless Client Bridge の EIRP 情報には、同梱の 2dBi 台ポールアンテナも含まれる。 クライアントブリッジを使用する地
域の制限に従った最大出力設定については、対応する HP のドキュメントを参照。
最大送信パワーは国によって異なります。
規制対応モデル番号: MRLBB-1301
サービス
サービスレベルの説明と製品番号の詳細については、HP Web サイト www.hp.com/networking/services を参照してください。 ご使用の地域でのサー
ビスと対応時間の詳細については、HP の担当販売オフィスにお問い合わせください。
4
HP 501 Wireless Client Bridge
仕様(続き)
HP 501 Wireless Client Bridge (J9835A)
無線特性:
HP 501 Wireless Client Bridge (J9835A)
注記: ここに示す送信出力は、EIRP であり、HP 501 Wireless Client Bridge に同梱のダイポールアンテナを使用した場合の値です。
使用する国によって、出力に関する制限があるため参考数値としてご覧ください。
IEEE 802.11ac 5GHz @ 80MHz チャネル
データ転送速度
レシーバー感度
送信パワー
MCS9 –
1300Mbps
-59dBm
18dBm
MCS0 97.5Mbps
-86dBm
25dBm
IEEE 802.11n 5GHz @ 40MHz チャネル
データ転送速度
レシーバー感度
送信パワー
MCS23 –
450Mbps
-68dBm
20dBm
MCS16 –
45Mbps
-90dBm
25dBm
IEEE 802.11n 5GHz @ 20MHz チャネル
データ転送速度
レシーバー感度
送信パワー
MCS23 144.4Mbps
-71dBm
20dBm
MCS16 14.4Mbps
-93dBm
25dBm
IEEE 802.11n 2.4GHz @ 40MHz チャネル
データ転送速度
レシーバー感度
送信パワー
MCS23 –
450Mbps
-68dBm
19dBm
MCS16 14.4Mbps
-90dBm
19dBm
IEEE 802.11n 2.4GHz @ 20MHz チャネル
データ転送速度
レシーバー感度
送信パワー
MCS23 144.4Mbps
-71dBm
21dBm
MCS16 14.4Mbps
-93dBm
26dBm
54Mbps
-75dBm
24dBm
6Mbps
-92dBm
25dBm
54Mbps
-75dBm
24dBm
11Mbps
-88dBm
26dBm
IEEE 802.11a 5GHz
データ転送速度
レシーバー感度
送信パワー
IEEE 802.11b/g 2.4GHz
データ転送速度
レシーバー感度
送信パワー
6Mbps
-93dBm
26dBm
1Mbps
-96dBm
26dBm
5
HP 501 Wireless Client Bridge
仕様(続き)
標準規格とプロトコル
Mobility
6
IEEE 802.11a High Speed Physical Layer in the 5 GHz
Band
IEEE 802.11ac WLAN Enhancements for Very High
Throughput
IEEE 802.11b Higher-Speed Physical Layer Extension
in the 2.4 GHz Band
IEEE 802.11d Global Harmonization
IEEE 802.11e QoS enhancements
IEEE 802.11g Further Higher Data Rate Extension in
the 2.4 GHz Band
IEEE 802.11i Medium Access Control (MAC) Security
Enhancements
IEEE 802.11n Dual Band WLAN Enhancements for
Higher Throughput
HP 501 Wireless Client Bridgeのアクセサリ
電源
HP 501 Wireless Client Bridge Power Supply (J9405B)
HP 1-port Power Injector (J9407B)
外部アンテナ
HP Outdoor Omnidirectional 6dBi at 2.4GHz MIMO 3 Element Antenna
(J9719A)
HP Outdoor Omnidirectional 8dBi at 5GHz MIMO 3 Element Antenna (J9720A)
HP のアクセスポイントとアクセスデバイスは Wi-Fi 認定を取得しており、
Wi-Fi Alliance Organization による厳しい相互運用性テストの基準を満たし
ていることが証明されています。 詳細については、本製品の仕様を参照
してください。
安全に関するご注意
ご使用の際は、商品に添付の取扱説明書をよくお読みの上、正しくお使いください。水、湿気、油煙等の多い場所に設置しないでください。火災、故障、感電などの原因となることがあります。
取扱い店印
お問い合わせはカスタマー・インフォメーションセンターへ
03-6416-6660
月∼金 9:00∼19:00 土 10:00∼17:00(日、祝祭日、年末年始および5/1を除く)
HP ネットワーク製品に関する情報は
http://h17007.www1.hp.com/jp/ja/index.aspx
記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
本カタログに記載された内容は、予告なく変更されることがあります。
© Copyright 2013 Hewlett-Packard Development Company,L.P..
4AA0-8271JPN、2010 年 9 月
日本ヒューレット・パッカード株式会社
〒136-8711 東京都江東区大島 2 丁目 2 番 1 号
Fly UP