...

工学部 - 大阪府立大学 大学院 工学研究科

by user

on
Category: Documents
6

views

Report

Comments

Transcript

工学部 - 大阪府立大学 大学院 工学研究科
工学部
2000.4.6
工学部広報委員会発行
College of Engineering, Osaka Prefecture University
ニュース
第 20 号
〒 599-8531
堺市学園町 1-1
大阪府立大学
新入生の皆様へ
−常識を疑え−
工学研究科長・
工学研究科長
・工学部長 村田 顕二
(電気・
(電気
・情報系専攻 電子物理工学分野 教授)
大阪府立大学工学部へのご入学おめでとうござ
います.
私の大学入学当時のことを考えてみても想像で
きますが,
諸君も同様に,
大学ではどのようなこと
を勉強するのか,
どんなふうに勉強するのか,
先生
はどんな教え方をするのか,
といったことが大変
気になるのではないでしょうか.
諸君の先輩とし
てこれからの勉学生活をより有意義に過ごしてい
ただくために私の考えを述べてみたいと思います.
どこかで聞いたことがあるかもしれません.
科
学技術において素晴しい発明・発見をされた研究
者がよく口にする言葉に
“ 常 識 を 疑 え ”というの
があります.
権威者の先人がこれこれのことは自
明で,
その様な材料を使ってもできるはずがあり
ませんといわれると,
普通はこれを信じてしまい
ます.
これを一つの確固たる真理として受け入れ
てしまうのです.
ある辞書で
“常識”
を引いてみる
と,
「健全な社会人が共通に持つ,普通の観念」と
あります.
科学技術の分野においては,
いくつかの
実験事実等から多くの研究者がいつのまにか作り
上げてしまう一つの考え方のようなものでしょう.
我々は往々にして長い期間にわたって常識を植え
付けられていることがあります.
諸君にとっては
教授は専門分野においては権威者です.
多分教授
は嘘はつかないと思います.
諸君よりずっと経験
ニュース
3面 学部教育アンケートの集計結果
3面 学部教育アンケートの集計結果
66面 面 特
特 集 工学教育プログラムの
16
16面 ∼シリーズ∼
面 ∼シリーズ∼
外でだってがんばってます!
新しい試みについて
14面 活躍する先輩たち
14
面 活躍する先輩たち
19
19面 面 ミ
ミニ特集
1
アメリカズカップ
が豊富ですし,
ずっと多くの時間を勉強に費やし, が最も大切なところです.
大変エネルギーのいる
研究してきました.
しかし,
あらゆることを熟知し ことですが,
本当はそんなエネルギーを持った学
ている訳でもありません.
また,
まだ物理現象なり
生諸君を望んでいるのです.
そんな中から突出し
が十分に解明されていない時もありましょう.
こ
たアイデアが生まれてくるのです.
のような時,
教授はどのような講義を披露するで
知識は,
できるだけ広い方がよい.
最近では狭い
しょうか.
講義一つをとってみても,
疑ってみては
範囲の知識では十分ではありません.
一般教育科
いかがでしょうか.
そうすれば,
実に楽しくなって
目をおろそかにしないことは無論のことです.科
きます.
講義中眠ったりできません.
途中で抜け出
すような不埒なこともできません.
本当に真剣に
学技術は様々な知識を必要とする学際的なものと
なってきています.
また,
このような領域にこそ,
聞き入るようになります.10 年も,20 年も,ある
新しい発明・発見が満ちています.
勿論,
常識を疑
いはまた50
いはまた
50年もかかって築かれてきた事実といっ
年もかかって築かれてきた事実といっ
うことだけで新しい創造的なことが出てくる訳で
ても,
本当でしょうか.
疑問を持って聞いてみて下
はありません.
豊富な知識のもとに,
知恵を出すこ
さい.
とが重要です.
科目の履修においても創造的な姿
実は常識を疑うことは容易なことではないので
勢を失わずにいて下さい.
本当に深い理解がある
す.
根本が分からなかったらできないことなので
ならば,
講義等を通じて知る発明・発見に出会う度
す.
根本の論理に帰っていく必要があります.
常識
に驚きと感動が味わえるはずです.
普段からの積
を疑うには常識の奥を知る必要があります.
その
ためには真の知識を身につけなければなりません.
講義や,実験,演習は,一方では,真の知識を得る
格好の場でしょう.
理路整然とした知識を持つべ
きです.
科学技術についていえば,
解らないところ
は常識として片付けないで欲しい.
皆さんは何か
の事実を学ぶとき,
当り前の事実として受け止め
ることが多いように思えます.
何だそんなことと
思ってしまっているのではないでしょうか.
その
事実がいかにして,
作られ,
真理となったか,その
苦労の経緯を知らずにいます.
驚きがないのです.
その事実がどのようにして一つの真理となったか
極的な創造意欲が最も大切なように思います.先
人を越えることが諸君の使命です.
かくして自ら
の創造によって驚きと感動を味わえる日が来るこ
とを願っています.
環境問題,
エネルギー問題,
食料問題等々,
21世
21
世
紀は,
困難な時代ではあるが,
あらゆる面からの問
題解決に向かってやり甲斐のある時代です.
科学
技術の楽しさを理解し,
一生を賭ける喜びを知っ
ていただき,
21世紀に活躍する広い視野を持った
21
世紀に活躍する広い視野を持った
スケールの大きな科学技術者となって下さること
を願って励ましの言葉とします.
平成 12 年度行事日程(前期)
4月 6
6日
日(木) 入学式
4月 7
7日
日(金)
新入生オリエンテー
ション
4 月 10
10日
日(月) 前期授業開始
4 月 14
14日
日(金) 前期受講申請受付
∼ 20 日(木)
5 月 25 日(木
(木)
)
第 39 回友好祭
∼ 29 日(月)
6 月 1 日(木)
本学創立記念日
6 月 10 日(土)
第 25
25回対大阪市立大学定期戦
回対大阪市立大学定期戦
∼ 11
11日
日(日)
(於:大阪府立大学)
(於:
7 月 6 日(木)
第 48
48回対東京都立大学定期戦
回対東京都立大学定期戦
∼ 9 日(日)
(於
(於:
:大阪府立大学)
7 月 16 日(日)
夏季休業
∼ 9 月 10 日(日)
9 月 11 日(月)
前期試験
∼ 9 月 22 日(金)
9 月 30
30日
日(土)
前期終了 2
学部教育に関するアンケート調査と
集計結果
前工学部教育委員長 中原 武利
(物質系専攻 応用化学分野 教授)
1 .は じ め に 学部教育に関するアンケート調査は,これまで
てのアンケート回答率は45.4
てのアンケート回答率は
45.4%
%
(1年次生
年次生60.5
60.5%,
%,
に工学部教育委員会により実施された平成55年10
に工学部教育委員会により実施された平成
2 年次生 37.6
37.6%,
%,33 年次生 34.0
34.0%,
%,44 年次生 52.3
月,平成
月,
平成 6 年 11 月,
月,平成
平成 7 年 11 月および平成 9 年
%)となり,
%)
となり,前回をかなり下回った.
前回をかなり下回った.回答率低下
回答率低下
10月のアンケート調査に続き,
10
月のアンケート調査に続き,
平成11
平成
11年
年10
10月に第
月に第
の原因の一つは,今回の初試みであったホーム
の原因の一つは,
今回の初試みであったホーム
ページでの回答方式を採用したためと考えられる
(前回までは,原則的に,
原則的に,学生の出席率の高い講
学生の出席率の高い講
した.
第1回アンケートでは,
工学部教育への学生 (前回までは,
実験・
・演習などの時間帯にアンケート用紙を
の満足度や不満な点を調べ,第
の満足度や不満な点を調べ,
第 2 回アンケートで 義・実験
配布し,その場で回収した)
その場で回収した)
.
は,平成
平成5
5 年 12
12月に定められた
月に定められた「工学部の理念・目 配布し,
5回目の工学部教育に関するアンケート調査を実施
的」
に照らし,
学部学生が工学教育をどのように捉
えているかを調査し,以後第
以後第3
3 回,第 4 回とほぼ同
様なアンケート調査が実施された.
この間,
工学部
は,平成
は,
平成 5 年 4 月からは,
月からは,従来の
従来の 10
10学科編成から
学科編成から
現行の13
現行の
13学科編成となった.
学科編成となった.
今回は,
工学部の教育に対する学生の考えや意
見・要望を知って教育内容の一層の改善に資する
とともに,
この工学教育アンケートを
「自己点検評
価」
の重要項目の一つと位置づけて,
これまでの調
査結果との継続性を重視すると共に,
前回(平成
(平成99
年実施)
の調査とほぼ同じ設問に加えて,
特に教育
設備環境に関する設問を多くして,
工学部13
工学部
13学科
学科
の全学生(第
(第1
1 年次生∼第
年次生∼第4
4 年次生)に対して実施
した.
また,
今回のアンケート調査では,
調査用紙 3 . ア ン ケ ー ト 調 査 用 紙 と 集 計 結 果
①カリキュラ
(冊子)
を全学生に配布するとともに,
同一内容の 今回のアンケート調査の内容は,
ム全体についての設問(
(12 項目)
,②カリキュラ
,②カリキュラ
アンケートを工学部のホームページにも掲載し, ム全体についての設問
ムと授業に関する(a)1
(a)1 群科目(人文社会科学系
(人文社会科学系:
:
学生の回答には調査用紙を利用しての回答ととも ムと授業に関する
,(b)3
(b)3群科目
群科目(外国語
(外国語:
:10
10項目)
項目)
,(c)4
(c)4群科
群科
に,
ホームページ上での回答をも可能にして,
平成 8 項目)
目(健康科学
(健康科学:
:10 項目)
,(d)5 群科目
群科目(専門基礎
(専門基礎:
:
11 年 10 月 1 日∼
日∼20
20日の期間に実施した.
日の期間に実施した.
14項目)
項目)
,(e)6
(e)6群科目
群科目(専門科目中の講義科目
(専門科目中の講義科目:
:17
なお,
今回の教育アンケート調査では,
工学部教 14
,(f)6 群科目(専門科目中の
(専門科目中の「実験」
「実験」
「実習」
育委員会の下にアンケート調査ワーキング・
育委員会の下にアンケート調査ワーキング
・グ 項目)
「設計製図」
「演習」
など:
など
:
6
項目)
,
(g)8群科目
(g)8
群科目
(総
ループを編成し,
このワーキング・グループが中心
合科目:
:情報基礎,
情報基礎,情報基礎演習
情報基礎演習 B:9 項目)
項目)の設
の設
となってアンケート調査の設問の検討・設定およ 合科目
問(合計
(合計74
74 項目)
,③教育設備環境に関する設問
,③教育設備環境に関する設問
び調査結果の集計を行った.
(14 項目)
,④授業方法に関する設問(
,④授業方法に関する設問
(5 項目)
項目)の
の
総合計 105
105項目の設問に加えて,
項目の設問に加えて,⑤工学教育や教
2 .ア ン ケ ー ト 回 答 率
育設備環境に関して(a)
(a)カリキュラム,
カリキュラム,
(b)授業方
(b)
授業方
今回のアンケート調査の学科別回答率を図1に 育設備環境に関して
(c)教育設備,
(c)
教育設備,
(d)その他 について意見や要望
(d)
その他 について意見や要望
示す.
今回のアンケート調査では,
工学部全体とし 法,
3
として箇条書きで簡潔に記述してもらった.
紙面
である.
の都合で,
今回のアンケート調査用紙と具体的な
なことである.しかしながら,アンケート調査用
4.2 カリキュラムと授業に関して
(a)1群科目
(a)1
群科目(人文社会科学系)
特徴的には,
授業にはよく出席するが,
予習や復
紙や集計結果は,
各学科の教育委員の先生が保管
習は70
習は
70∼
∼80
80%の学生が
%の学生が10
10分以下と回答している.
分以下と回答している.
しているので,
希望すれば大部分の集計結果は閲
他の質問項目に対しては「普通」の評価が多い.
覧することができる.なお,集計結果中の工学教
(b)3 群科目
群科目(外国語)
(外国語)
育や教育設備環境に関して(a)カリキュラム,
育や教育設備環境に関して(a)
カリキュラム,
(b)
授業方法,
(c)教育設備,
(c)
教育設備,
(d)その他 について意見
(d)
その他 について意見
この科目での学生が出席率が高く
(90
90%以上出
%以上出
席するとの回答が 79.1
79.1%)
%)
,予習時間については
,予習時間については
や要望は,総合計
や要望は,
総合計 1154 件(内訳
(内訳:
:(a)265 件,
(b)
33.2%が
33.2
%が60
60分前後であるが,
分前後であるが,
復習時間に関しては
集計結果を示すことができないのは,
非常に残念
72.1%が10
10分以下で,
分以下で,
実質的な復習は行われてい
253 件,
(c)412 件,
(d)224 件)
件)にも達した.
にも達した.また,
また, 72.1%が
英語LL
LLに対する評価が高く,
に対する評価が高く,役に立つ英語
1154件の意見や要望の中には,
1154
件の意見や要望の中には,
重複する内容が数 ない.英語
多く含まれていた.
や外国人講師による授業に対する希望が依然とし
4.アンケート調査結果の概要
この教育アンケート結果に学生の代表的な
(最
て高い.
(c)4 群科目(健康科学)
当然ながら,
「実習」
「実習」
の授業に対しては出席率も
大公約数の)
意見が本当に反映されているかどう
か,
設問が適切であったかどうか,
さらに今回のア
ンケート調査の実施期間や回答方式
(アンケート
用紙とホームページの2
用紙とホームページの
2本立て)
がよかったかどう
かなどを反省しなければならないが,
一方では特
に低学年の学生には回答を求めるのがそもそも無
理な設問があったと思われる.
しかしながら,
少な
くとも,
このアンケート結果には学生の工学部教
育に対する反応や考えなどが如実に反映しており,
現在の工学部教育に関する問題点を提起している
ことには間違いない.
ここで,
これらの問題がある
ことを認識し,
問題点を真摯に受け止めて工学部
全教員が改善に努力しなければならい.
ここでは,
工学部全体についてのアンケート結果から概観し
たい.
よく,
満足度も著しく高い
(40.9
40.9%)
%)
.一方,
「概論」
「概論」
の授業に対する評価は「普通」が多かった.
(d)5 群科目(専門基礎)
この専門基礎の授業では,3 群科目(外国語)に
比較して出席率は大幅に低下し
(90
90%以上の出席
%以上の出席
するとの回答が48.6
するとの回答が
48.6%である)
%である)
,予習・復習の時間
も皆無に近い(予習および復習の時間が,10
10分以
分以
下との回答がそれぞれ 54.9
54.9%および
%および 44.1
44.1%であ
%であ
る)
.
講義内容に対しては全体的にやや難しいとの
回答が多い.また,
回答が多い.
また,
「実習」や「実験」には出席率
が高く,
レポートの作成に要する時間が180
レポートの作成に要する時間が
180分以上
分以上
との回答が41.5
との回答が
41.5%で,
%で,
長時間をかけていることが
わかる.さらに,
わかる.
さらに,
「実習」や「実験」の授業におけ
る安全教育に対しても評価されている.
全体的に
は積極的な評価が感じられる.
(e)6
4.1 カ リ キ ュ ラ ム 全 体 に つ い て
(e)6群科目
群科目(専門科目中の講義科目)
現行のカリキュラムが工学部の理念・目的に適 この群の授業に対する出席率は専門基礎の場合
合しているかどうかの質問に対して1.5
合しているかどうかの質問に対して
1.5%が十分で
%が十分で より高くなる
(90
90%以上の出席が
%以上の出席が57.8
57.8%回答)
%回答)
が,
あると評価しているが,
6.6%が全く評価せずで,
6.6
%が全く評価せずで, 予習・復習時間の点では専門基礎の場合とほぼ同
全体としては56.6
全体としては
56.6%が
%が
「普通」
の評価をしている. じであった.
講義内容がやや難解であり,
教科書を
一方,
カリキュラムに対する満足度も
「普通」
の回 指定する授業に満足できない理由としては,
教科
答が最多(44.5
44.5%)
%)で,評価の分布としては理念・ 書の価格が非常に高い
(41.6
41.6%)
%)
,教科書を少し使
目的の適合性の回答と類似している.
授業を受け うだけである
(20.7
20.7%)
%)
,教科書に書いてあること
る学生から見ると,
現在の授業などのあり方に潜 しか講義しない(17.6
17.6%)
%)が目立つ.さらに,出席
在的に何らかの不満や疑問を持っていると言える. をとる授業に対する評価がすこぶる高いことが特
カリキュラムに対する不満な点は,
受講したい科 筆される.
群科目(専門科目中の
(専門科目中の「実験」
「実験」
「実習」
「設計
目が少ないことや基礎科目が同じ時間帯に重複し (f)6 群科目
ているなどである.工学部としては,
理念・目的の 製図」
「演習」など)
「演習」
など)
理解を深め,その実現により努力し,学生の満足 この科目に対する満足度が非常に高い
(非常に
度の高いカリキュラムの改訂に向けて努力すべき 満足しているの回答が
満足しているの回答が16.9
16.9%,
%,
やや満足している
4
の回答が28.3
の回答が
28.3%,
%,
普通との回答が44.0
普通との回答が
44.0%である)
%である)
. 4 . 5 工学教育や教育設備環境に関する意見
特に,
これらの授業によって講義科目の内容を理
や要望
解する上で役に立つとの評価も高いことが特徴的
今回のアンケート調査では,
(a)カリキュラム,
(a)
カリキュラム,
である.
この科目でもレポートの作成に長時間を
(b)授業方法,
(c)教育設備,
(d)その他の項目に
費やしていることが判明した.
また,
授業における
分けて記述回答を求めたが,
予想通りに講義室や
安全について十分な注意があったかどうかとの設
実験室などの空調設備に対する設置の要望が圧倒
問に対してもおおむね良好な評価であった.
(g)8 群科目
群科目(総合科目
(総合科目:
:情報基礎,情報基礎演習
B)
今回のアンケート調査において,
この科目に対
的に多かった.
また,
履修の自由度の増大,
他学部
や他学科の科目が受講できるように一層の配慮,
総合情報センターのオープンスペースの利用時間
する全体的に(1 年次生から
年次生から3
3 年次生)評価される
トイレの増設に対する希望も比較的多く見られた.
のははじめてである.
授業に対する満足度に関し
意外にも,
遠くから見にくいことやノートに記録
て,非常に満足しているとの回答
非常に満足しているとの回答11.8
11.8%,
%,やや満
できないなどの理由から講義においてOHP
できないなどの理由から講義において
OHPの利用を
の利用を
の拡大を求める声も多くあった.
さらに,
女子用の
足しているとの回答21.4
足しているとの回答
21.4%,
%,
普通との回答38.2
普通との回答
38.2%,
%, やめて欲しいという意見も少なからず見られた.
やや不満足との回答18.8
やや不満足との回答
18.8%,
%,
非常に不満足との回
答9.8
9.8%である.
%である.
結果的に評価が分かれていると言 5 . お わ り に
うことができる.
昨今の情報社会の進展とともに, 今回のアンケート調査の結果を将来の工学部教
学部内および各学科内で具
学生の一般情報処理教育に対する要求はますます 育に生かすためには,
体的な作業に入り,
現行のカリキュラムの見直し,
増大し,多様化しているものと推測される.
増大し,
多様化しているものと推測される.
時間割編成の是正,
ティーチングアシスタントの
活用などの対策を急ぎ,
工学教育の効果を上げ,
学
4.3 教育設備環境について
静かな環境での講義の聴講や講義室での音響効 生の期待や要望に答える努力を惜しんではならな
一方,
我が国の高等教育に関する大学審議会の
果に関する評価ではおおむね
「普通」
の評価が得ら い.
れたが,
講義室や実験室での空調設備については, 提言や本学からも公立大学委員として参加し,デ
「創成型科目」
の一層の普及や
不十分であるとの回答が61.3
不十分であるとの回答が
61.3%であった.
%であった.これは ザイン型の工学科目
工学部の学舎全体の老朽化と狭隘化の現状から予 教育結果の査定にアウトカムズ型アセスメントの
「工学教育
想された通りである.
クラス編成の人数の点でも, 手法を取り入れることを目指している
の成果などに注目し,
やや多すぎる(
やや多すぎる
(20.3
20.3%)
%)の回答が見られる.
の回答が見られる.授業
授業 プログラム実施検討委員会」
「日本技術者教育認定機
時間以外の時間で自分で勉学するスペースなどの さらには最近設立された
(Japan Accreditation Board for Engineering
設備上の必要性を感じているかとの設問で
「非常 構
に感じている」
との回答が37.9
との回答が
37.9%で,
%で,
「やや感じて Education : JABEE)
「やや感じて
JABEE)
」が目指している各大学
が目指している各大学・
・学
いる」との回答を合計すると,67.1
67.1%に達するこ
%に達するこ 科・専攻ごとのカリキュラムの認定を行う日本技
術者教育認定制度の開始などにも注目しなければ
とが注目された.
ならない.
今回のアンケート調査結果や工学教育
に関する各種の提言や動向を考慮しながら,工学
4.4 授業方法について
現行のカリキュ
今後の授業方法としてどのようなものを希望す 部および同教育委員会において,
るかとの設問に対して,プリント中心(28.8
28.8%)
%)
, ラムの改訂に向けて多面的な検討を開始し,各方
教科書中心(28.0
28.0%)
%)
,OHP
OHPやビデオ等の電子機器
やビデオ等の電子機器 面からの意見を求めるべく行動を起こす時期が到
の利用(15.5
15.5%)
%)
,遠隔教育(13.0
13.0%)
%)の順であっ 来しているものと確信する.
上述の工学教育プログラム実施検討
た.
授業時間については現行の90
授業時間については現行の
90分授業の支持が
分授業の支持が 終わりに,
(ホームページhttp://jeep.engg.nagoya(ホームページ
http://jeep.engg.nagoya多く
(58.8
58.8%)
%)
,
他方では60
他方では
60分授業に対する希望は
分授業に対する希望は 委員会
u.ac.jp/index.html)
)
および日本技術者教育認定
低かった(
低かった
(7.9
7.9%)
%)
.各講義において平均して33,4 u.ac.jp/index.html
.各講義において平均して
機構(ホームページ
(ホームページ h t t p : / / w w w . k a n a z a w a 回の休講がある(
回の休講がある
(35.5
35.5%)
%)との回答があり,
との回答があり,休講
休講 機構
it.ac.jp/JABEE)
)
に関する最新の詳細な情報につ
回数を減らすために,
各教員の改善の努力が望ま it.ac.jp/JABEE
いては,
ホームページを通じて入手することがで
れるところである.
きるので,
参考にして下さい.
5
工学教育プログラムの新しい試みについて
さまざまな知識を組み合わせ,
さまざまな知識を組み合わせ,新しいものを創造していくことが
新しいものを創造していくことが
特集
技術者に求められています.そのような技術者になるためには,
技術者に求められています.
そのような技術者になるためには,さ
さ
まざまな体験を通じて,多くの知識を系統だった生きた知恵として
まざまな体験を通じて,
多くの知識を系統だった生きた知恵として
いかなければなりません.大学の教育は,そのような場を提供する
いかなければなりません.大学の教育は,
そのような場を提供する
ために,多くの改革を重ねてきました.
ために,
多くの改革を重ねてきました.今回は,
今回は,4つの学科におけ
4つの学科におけ
るそのような教育への取り組みをうかがいました.
ケミカルエンジニアリングプラクティス
(Chemical
Engineering Practice) ∼化学工学科∼
物質系専攻 化学工学分野
教授 佐藤 宗武
化学工学という言葉は高校までの教育ではほと ティを示す.
各専門分野から次のようなテーマで45
各専門分野から次のようなテーマで
45分
分
んど現われてこない.
多くの新入生にとっては,
漠 続いて,
ずつ講義がされる:
:1)(
1)(超
超)微粒子の世界,2)
2)共存
共存
然と化学に関連することを勉強する学科だろう位 ずつ講義がされる
環境・
・システムの世界,4)生
の認識しかないのではなかろうか.
そこで平成55年 のコスモロジー,3)環境
そこで平成
のカリキュラム改訂を機会に,
『化学工学に初めて 物・生体の世界,5)ゼロエミッションプロセスの
『化学工学に初めて
接する学生を対象に,
[1]
化学工学の概要と専門分 構築,6)材料の世界.各講義にはレポート課題が
野を分かり易く講義し,続いて[2]身近な現象を 出される.
実験観察を伴う体験学習:化学工学に登場する
観察しながら興味を持たせつつ,
そこに含まれる [2]
基礎的な事柄を3
基礎的な事柄を
3つのグループに分けて現象が観察
科学的な意味を理解させるとともに,
教員との対
話を交えながら工学的なものの見方の基礎を習得 し易いような装置・機器類を使いながら対話型で
具体的なキーワードと実験内容の
させる.さらに,工学を応用し体系化した実際の 実験を進める.
例は,II)
「流動・
「流動
・伝熱
伝熱・
・粒子」
:流体の粘性を体験
[3]
工場を見学して総合的な視野を持たせ,
[4]
見 例は,
種々の金属棒の熱伝導の違いを計る,
微粒子
学した内容を基礎にしてグループ毎にテーマを設 する,
II)
II
「相
)
「相
定してプレゼンテーションおよびディスカッショ の液体および気体中での挙動を観察する,
平衡・
・物質移動
物質移動・
・分離」
:分配平衡の原理を使って
ンの場を持つ.
このような形式の授業を通じて化 平衡
染料を含む混合溶液を
学工学に興味を持たせつつ今後の勉学に対する目 希土類元素の回収をする,
III)
「生物反応・生体触
)
「生物反応
的意識を涵養する』
という趣旨で1
という趣旨で
1年生を対象に新 吸着法によって分離する,III
:アミラーゼを生産する微生物のスクリーニン
科目CEP(前期開講,必修
必修2
2 単位)をスタートさ 媒」
グと酵素活性を測定する,
等々である.
せた.
内容の概要は以下のようである.
実験に臨む心構えやノー
[1]
ショート講義による学問領域,
歴史と展望,
社 実験実習に入る前に,
報告書の作成法などの説明を受け,
ま
会に対する貢献,
本学科におけるカリキュラムの トの取り方,
構成の紹介をしながら化学工学のアイデンティ た,実験・研究における防災・安全対策について安
6
全対策委員から指導される.学生は
学生は1
1 班 6 ∼ 7 名に
以上の内容は化学工学科編
「ケミカルエンジニ
組分けされて各テーマを順次行い,
テーマごとに
アリングプラクティス指針書」
に基づいて実施さ
出され課題についてレポートを提出する.
その際
れている.
冒頭にも記したように本科目はあくま
に教員とのディスカッションを行う.
でも新入生に対する化学工学科への導入と専門科
[3]
工場見学:化学工学に関連した近畿圏の工場の
目の勉学への動機付けを目指しているものであっ
見学を行う.
見学に先立って,
見学先の技術者から
て,
昨今話題となっているいわゆるデザイン型科
工場の概要,
見学のポイント等について講義を受
目とは手法的に似た要素も含んではいるが異なっ
ける.
見学のマナー,
現地での質問の準備,
見学後
の報告書の提出およびグループ発表について説明
たものである.
物の見方,
解析の手段など道具とな
る工学的基礎をまずきっちりと身に付けた上で
を行う.
色々な思考過程と体験を総合的に集約して初めて,
[4]工場見学報告会とディスカッション:班
(実験
個人の持つ感性が生かされたデザインが可能では
と同じ構成)
ごとに持ち時間を決めて見学内容と
ないかという考え方である.
学生の柔軟な発想を
それに関連して調査したテーマについて発表する. 生かしながら目標を立ててそれに応じて道具とな
発表形式は班の自主性に任せる.
発表後に学生お る手法の所在を自主的に探り出すとか新しく創り
出す能力を育成するには学部・学科の在り方の議
よび教員からの質問と討論で締めくくる.
論もしておく必要が出てくるであろう.
特集 材料工学科の実験科目
∼
∼材料工学科∼
物質系専攻 材料工学分野
教授 森井 賢二
あまり確かではないが,
かなり以前のアンケー
トで,
「〇〇〇〇実験
〇〇〇〇実験」
」と名のついた科目は講義科目
に比べて総じて高い評価を得ていたとの記憶が
あったので,
学生諸君の多くはいわゆる実験に対
して無条件に興味,
関心を持っているものだと長
い間思っていた.ところが,平成
平成7
7 年,9 年に行わ
れた工学部教育アンケート結果を目にしてこの認
識がゆらいできた.たとえば,実験・実習
実習・
・製図科
目の内容に関する設問に対して,
「満足
満足」
」と回答した
のは3
のは
3割程度で,
「不満足
不満足」
」,
「わからない
わからない」
」の回答が実
に7割に及ぶ.
本当は実験には関心があるのだが,
たまたま与えられたその課題がおもしろくなかっ
たとは考えにくい.
学生諸君にとっては「「実験
学生諸君にとっては
実験」」も
「講義
講義」
」のように単に多くの中の数単位となってし
まいつつあるのだろうか.
講義と実験・
講義と実験
・実習にはそ
れぞれに応じた役割があるのだが,
それらがごっ
ちゃになってしまったのでは工学教育としては極
めてまずい状況だと言わざるを得ない.
初めから
7
実験に関心がなくても,
実験をしている間に興味
が湧いてくるような実験科目の設定が必要になっ
てきた.
材料工学科で開講されている実験科目に
ついての再検討はこのような認識から始まった.
材料工学科の標準履修課程では,
卒業研究に入
る前に,材料工学実験
材料工学実験II(2 年次,後期,2 単位)と
材料工学実験 II(3 年次,通年,
通年,44 単位)の二つの
実験科目を履修することになっている.
これらは
いずれも必修で,
専門科目履修の流れからすれば,
学びつつある専門知識の実験的確認を通して,卒
業研究に対する実験技術と実験計画の両面での導
入的な役割を果たすことが期待されている.
とは言え,
初めから実験に興味がない者にとっ
ては,
理論が正しければそういう結果になるのは
あたりまえのことだから,
専門知識の実験的確認
はまったくおもしろくないのかもしれない.従来
の実験科目の中では,
実験的に確認すべき専門知
識がどちらかと言えばカリキュラム上での必要性
から選定されてきたので,
実験を受講する人の立
いた材料について,
上に示した三つの観点を考慮
場は全く考慮されていなかったといえる.
詳細な
した問題を解く場が提供されている.
とくに,
与え
検討はしていないが,
なんとなく問題の根はこの
られる問題は最近の材料に関する極めて現実的な
あたりにあるのではないかと思われる.
もので,
実験には研究レベルの機器も使用すると
実験の妙味は①よくわからないことを明らかに
いった配慮もなされている.
4∼5人のグループが
する,
②新しいものを造りだす,
③既存のものの性
15週にわたり一つの課題に取り組む.
15
週にわたり一つの課題に取り組む.
担当教員や
能を上げる,
などの感動,
成果につながる点にある
グループ員とのディスカッションを行いながら問
が,
これらの点に関心をもつことは単に研究者の
みが独占するものではなく,
むしろ人類共通の特
題解決に向けての実験を進め,
まとめとして成果
の発表と報告書の作成をすることになる.
大抵の
性のようにさえ思える.
したがって,
実験科目の内
場合,
問題の解決はそう簡単なものではなく,
多く
容についてこのような観点からの配慮があれば, の可能性があったり,
簡単には解答できないこと
専門科目を履修中の学生諸君も実験の妙を味わう の方が多いかもしれない.
こう言った状況のもと
ことができるかもしれない.
で優れた実験成果が得られれば当然大きな感動が
材料工学実験I
材料工学実験
Iは,
材料工学を学び始めた学生諸
待っているが,そうでなくとも自らの手と頭を
待っているが,
そうでなくとも自らの手と頭を
君へ材料に関する生の情報を提供する場として考
使って主体的に考え,
実験を繰り返してきた一連
えられている.
ここでは,
いろいろな材料を実際に
の過程はこれもまた大きな感動を与えるであろう.
造り,
直接手を触れ,
じっくり観察することによっ
て,
それらの素顔や個性を知り,
そのうち,
それら
のいずれかに対して特別な関心を抱くようになる,
といったストーリーが描かれている.
また,
こうい
う領域では感性が支配的な役割を演ずるので,そ
れを磨くことも重要になってくる.
講義科目はそ
のために必要な場の一つを提供している.
このような過程を経て材料工学実験II
このような過程を経て材料工学実験
IIを受講す
を受講す
ることになるが,
ここには各自が特別の思いを抱
いずれにしても,
材料工学における「「実験
材料工学における
実験」」がもつ
妙味に触れ,
新たな知識の獲得に対する強い意欲
や,
引き続いて開講される「「卒業研究
引き続いて開講される
卒業研究」」に対する深
い関心を沸き立てることがもくろまれているので
ある.
材料工学実験II は平成
材料工学実験
は平成10
10年度,
年度,材料工学実験
材料工学実験II
II
は平成11
は平成
11年度より実施された.
年度より実施された.受講生,担当教員
に対するアンケート調査によると,
おおむね所期
の目標に届きそうな評価を得ているが,
結論はも
う少し先のことになろう.
特集
創成型科目としての機能物質科学序論 ∼ 機 能 物 質 科 学 科 ∼
物質系専攻 機能物質科学分野
教授 辰巳砂 昌弘
機能物質科学科は,
平成5
平成
5年4月の工学部学科再
編成の折,
新学科として発足しました.
そのため,
この学科で何を学ぶのか,
また何を研究するのか,
さらにこの学科が何を目指しているのかを新1年
生に理解させることが必要でした.
そのことを最
大の目的として,
平成9
平成
9年より
「機能物質科学序論」
をスタートさせました.
以後
「序論」
と呼ばせてい
ただきます.この「序論」では,何らかの形で学科
の教員全員が指導に当たっています.
「序論」用に
「序論」
8
作成したテキストに記載のスケジュールと実験
テーマ表を下に示させていただきます.
なお,
この
科目の内容を考える際には,
化学工学科の
「ケミカ
ルエンジニアリングプラクティス」
を随分参考に
させていただきました.
下に示すように
「序論」
は,
講義の部,
実験の部,
実験に関する報告会と大きく33つの部分から構成さ
実験に関する報告会と大きく
れています.講義の部では,まず「機能物質科学」
とは何かというところから始まって,
学科として
最も重要と考えるテーマ
「物質の基本特性」
「物質
「物質
ンテーションの方法論まで,
全教員が指導に当た
の機能」
「物質と環境」
「物質と環境」
について学びます.
さらに, ります.
科学や工学の分野では情報収集,
情報発信が如何 このように
「序論」
は,
現時点では完全な創成型
に重要かという観点に立って,
文献の検索法やレ
科目ではありませんが,
毎年内容を少しずつ改め
ポートの書き方,
プレゼンテーションの方法論に
ることにより,
確実に創成型に移行しつつある科
ついて学びます.
ここでは従来の講義形式をとっ
目といえます.
1年生前期の学生は何色にも染ま
ていますが,
できるだけ個々の学生が自ら問題意
識を持ち,
自ら考えるように,
それぞれの講義担当
らない文字通りのfreshman
らない文字通りの
freshmanであり,
であり,
ここでの教育
者は工夫するようにしています.
各テーマごとに
は後の学習姿勢に大きな影響を及ぼします.
「創成
「創成
型」
への移行をはじめ,
学習意欲を高めるための一
レポートの提出を義務づけています.
層の工夫が望まれるところです.
実験の部では,学生約
実験の部では,
学生約 40
40人を
人を 6 ∼ 7 人のグルー
プに分け,
それぞれのグループが毎週1
それぞれのグループが毎週
1テーマずつ
合計 6 つのテーマについて体験実験を行います.
「機能」の発現が,物質中の分子や原子,ひいては
機能物質科学序論 実施要領
それらを担う電子の振る舞いとどのように結びつ
いているかを追求すること,
それが実験の部にお
ける共通のテーマです.
また,
上記講義の部の講義
内容と6
内容と
6つの実験の内容が
つの実験の内容が1
1対1で対応するように
なっています.
「序論」
「序論」
がスタートする時点では創
成型を意識していたわけではありませんが,
「正解」
「正解」
を求めるのではなく,
自由な発想や疑問の中から
機能物質に対する理解を深めていく内容に徐々に
移行しつつあります.
例えば,
一つ目のテーマ
「物質の三態−原子の配
列と物性」
では,
様々な物質の密度を測定します.
密度は単位体積当たりの質量で,
基本物性の一つ
です.
アルミニウムとケイ素,
酸化アルミニウムと
酸化ケイ素,
アルミニウムと酸化アルミニウム,
シ
リカ(
リカ
(酸化ケイ素
酸化ケイ素)
)結晶とシリカ
結晶とシリカ(
(酸化ケイ素
酸化ケイ素))ガラ
スなどの密度を比較することにより,
それぞれの
物質中での原子の配列を推定してゆきます.その
過程で「化学結合」に対する理解を深めてゆきま
す.
すべてのテーマにおいて実験終了後にはレポー
トを提出させますが,
その際は,
自らを考えたかと
いう過程を重視します.
ここでは,
論理的な文章を
書くことができるよう,
教員が1
教員が
1対1で徹底的に添
削指導を行っています.
最後の2
最後の
2回は実験に関する報告会です.
6つの実
験の中から2
験の中から
2つのテーマについて,
グループごとに
OHPを用いてその成果を口頭発表します.
OHP
を用いてその成果を口頭発表します.
発表の仕
方や個人の役割は全て学生に任せていますが,
少
なくとも 1 人が OHP1 枚以上の説明をすることに
なっています.
発表会を2
発表会を
2回行うのは,
1回目の際,
できるだけ問題点を指摘し,
2回目の発表の完成度
を高めるためです.
ここでは,
考察内容からプレゼ
9
時限:前期 水曜日 第4時限目
実施日程 44 月 12 日∼ 7 月 12
実施日程 12日
日
第 1 回 開講,ガイダンス
物質と機能 (辰巳砂教授)
第2回 物質の基本特性
(a)物質の三態 (a)
(南教授)
(b)スペクトル (伊藤教授)
第 3 回 物質の機能
(a)低分子の機能 (中澄教授)
(b)高分子の機能 (高岸教授)
第 4 回 物質と環境
(a)
環境特性 (坂東教授)
(b)
耐環境性 (前田教授)
第5回 情報収集および情報発信の方法論,
実験ガイダンス
第 6 回−第 11 回 実験
回 実験(
(1 − 6)
1 物質の三態−原子の配列と物性
2 スペクトル−物質と電磁波
3 低分子の機能−分子設計
4 高分子の機能−分子鎖の構造と物性
5 環境特性−水中の分子
6 耐環境性−金属の酸化還元
第 12 回 発表会
回 発表会11
第 13 回 発表会
回 発表会22
特集
マクドナルド化しない海洋システム工学実験
−ゆるやかな枠組 のびやかな発想−
∼海洋システム工学科∼
機械系専攻 海洋システム工学分野
助教授 馬場 信弘 機械系専攻 海洋システム工学分野
助教授 岸 光男
■マクドナルド化する社会
“マクドナルド化する社会”
(ジョージ
ジョージ・
・リッ
ツァ著,早稲田大学出版部
早稲田大学出版部)
)という本について,
海洋システム工学分野修士2
海洋システム工学分野修士
2年の松宮大介氏が定
説を語っている.それによれば
それによれば・・・
・・・
○ハンバーガのマクドナルドに代表される徹底
した合理化や効率化の追求は,米国型高度近代
社会の中心原理になっている.
しかし,
過剰なま
での合理性は,脱人間化を強いる非合理性をも
内包する.
○マクドナルド化の特徴として,
「効率性,
「効率性,
計算
可能性,
予測可能性,
人間の技能を人間によらな
い技術体系に置き換えることによる制御」があ
り,それを具現するものとしてマニュアルがあ
る.
○マクドナルド化は,ブラックボックス化,パ
ターン化,ルーティン化をもたらす.結果とし
て,
多様性が望ましいと云われながらも,
人間活
動が均質化していく・・・
動が均質化していく
・・・とのこと.
とのこと.
ポート課題,試験問題,特別派遣講師
ポート課題,試験問題,
特別派遣講師))を提供す
るという.
昨今の国際標準化の波によって,
わが国でも日
本技術者教育認定機構(JABEE)
本技術者教育認定機構
(JABEE)が設立され,
が設立され,
大学の
工学教育プログラムの認証に向けて動きはじめた.
質のよい均質な教育によって,
国際的に通用する
エンジニアの養成をめざそうとするもので,
これ
もマクドナルド化の流れである.
マクドナルド化は,
人間関係を表面的あるいは
希薄にしていく.
この点については,
幸か不幸か,
本学工学部は教員の人口密度が高い.
したがって,
学生諸君は,
望まなくても教員との濃い人間関係
に悩まされ続けることになる.
マクドナルド化は,
マニュアルにもとづき,
人間
の行動をパターン化していく.
そのなかにあって,
自発性や創造力などは,
しばしばやっかいで時間
とコストがかかる問題をひきおこす.
しかし,
技術
者に真に望まれるものは,
知識や経験とともに,
そ
の自発性や創造力なのである.
■マクドナルド化する大学教育
教育の世界でもマクドナルド化が進行してい
る.
マークシート方式の試験,
偏差値による進路
指導はおなじみのこと.
米国の出版社などは,教科書を採用してくれ
た大学教員に対して,講義を効率的に進めるた
めのあらゆるサーヴィス(
めのあらゆるサーヴィス
(指導マニュアル,
指導マニュアル,レ
レ
■マクドナルド化しない学生実験
海洋システム工学科のマクドナルド化しない学
生実験は,
教員と学生との人間的相互作用があり,
学生の自発性や創造力が尊重される実験教育をめ
ざす.
それは,できるかぎり
それは,
できるかぎり「ゆるやかな枠組」
「ゆるやかな枠組」のな
のな
かで,学生の個性や志向を尊重しつつ,
かで,
学生の個性や志向を尊重しつつ,
「のびや
10
かな発想」と思考過程とを重視しながら,教員と
なると,
学科の基礎科目の講義と連携した実験を
学生がグループで進めていく新しいタイプの実験
行う機会が失われた.
教育である.
また,
教員から提案されるテーマは,
教員の研究
マニュアルにもとづく要素は,
必要最小限にと
活動に依存しがちとなるため,
基礎教育科目の実
どめる.
おなじルーティン化にしても,
自分で考え
験としてふさわしいかという疑問も投げかけられ
決めたことを繰り返すのは,
マニュアルどおりに
た.
繰り返すことと根本的に違う.
そこで1997
そこで
1997年から,
年から,
講義に関連した基礎実験と,
以下,
詳細については,
学外での講演原稿から引
用する.
選択した1つのテーマを追究する応用実験との両方
選択した1
を提供することにした.
▲内 容▼
▲経 緯▼
学部 3 回生約
回生約30
30名を対象として,
名を対象として,週 1 回 3 時間,
このような実験科目に対する取り組みは,
学科
半年15
半年
15週,
週,
助教授以下約10
助教授以下約
10名の教員が担当する必
名の教員が担当する必
の組織改変と連動して,
10年前からはじまった.
10
年前からはじまった.
全
修科目,3 ∼ 4 名のグループ単位で,基礎実験と応
教員が関与する実験科目を新設することは,結果
用実験とを行う.
的に多大な時間と労力とを投入する大改革となっ
基礎実験は,
専門基礎科目をより深く理解する
た.
ために計画され,
3種目が用意されている.所要時
現在の方式が確立されるまでには,
さまざまな
議論と試行錯誤が必要であった.
当初は個々の種
目の実験方法や機器の整備に時間が費やされたが,
方式が確立されていくとすぐにマンネリ化への反
省の声があがった.
お膳立てされた実験では教育効果が小さい,
学
生が主体的に取り組むようになるにはどうすべき
かという議論のなかから,
新しい試みがはじまっ
た.
それは,
卒業研究とおなじように,
担当教員の一
貫した指導のもとで,
半期間1
半期間
1つの実験テーマを追
究するという試みである.
学部生3
学部生
3∼4名のグルー
プ単位で実験を行い,
グループごとに教員を割り
振る.
この試みは,
最初,
大学院の実験科目とリンクさ
れ,
グループごとに大学院2
グループごとに大学院
2年生を
年生を1
1人ずつ割り当
て,
実験に参加させるという独自の形態をとった.
大学院生は,
リーダーとしての役割を担うとと
もに,
実験の計画や理論的な解析など,
学部生とは
異なるレベルの課題が与えられた.
この形態は,
期待どおり実験教育を活性化する
ことに成功したが,
大学院生が教育現場に立たさ
れることでストレスを感じたり,
教員の仕事を無
償で手伝っているという意識が芽生えたりするこ
とを問題視する意見も出された.
カリキュラム改訂を直接の契機として,
現在は
大学院とのリンクは行っていないが,
この方法が
成功したときの教育効果が大きいことは重要な結
論である.
学生が選択した1
学生が選択した
1つのテーマを追求することに
間は 1 種目
間は1
種目22 時間であり,学生は
学生は33 種目とも経験す
る.
ここでは,
担当教員がすべてを準備しておく.
応用実験は,
専門応用科目に関係する発展的な
テーマを扱い,
選択した11つのテーマについて,実
選択した
験の計画から結果の解析まで,
10週間をかけて進
10
週間をかけて進
める.
最初の33 回は,基礎実験と並行して行われ,1 回
最初の
1時間である.
実験テーマについて,
教員を含めた
グループ内で討論を行う.
実験の具体的な計画を
立て,
実験機材の調達,
実験装置の製作などの準備
を進める.
残りの 7 回は,1 回 3 時間あり,計画した実験を
遂行し,
結果の解析,
理論や他の実験との比較を行
う.
最後にレポートをまとめ,
発表会で報告する.
1つのテーマには原則として複数の教員を割り当
て,
グループ討論のなかで学生の志向や興味,
資質
に合わせてさらにテーマを絞る.
そのテーマについて,
最新の研究動向を調査し
たり,
過去の実験例を参照して,
学生の目的意識を
高めるとともに,
未知の領域にチャレンジするこ
とも鼓舞する.
教員の資質が問われ,
教員の学生への接し方も
異なる.
学生の発想を出発点として実験を計画し,
彼らの創造性を伸ばすことを最優先するという点
では,
一致した教育方針で取り組んでいる.
最後に行う発表会にも重点を置き,
学生にはか
なりの時間を割いて準備させ,
結果をまとめるこ
との重要性を経験させる.
期待以上の成果をあげ
るグループが多く,例年,かなり高いレベルの発
表会となっている.
11
▲評 価▼
しては,全く失敗しているというケースから,あ
学生に対するアンケート調査の結果,
全体的に
る程度の成果をあげているというケースまであ
高い評価が得られている.
ほとんどの学生が実験
り,その達成度の評価はむずかしい
り,
その達成度の評価はむずかしい・・・
・・・
に興味を持ち,
内容を十分理解して,
有意義な科目
■おわりに
と評価している.
応用実験の時間が足りないと感
−マクドナルド化する社会への対応−
じている学生が多い.
100点満点で評価した昨年度
100
点満点で評価した昨年度
“マクドナルド化する社会”
の本には,
個人でで
の総合得点は,基礎実験が
基礎実験が75
75点,
点,応用実験が
応用実験が88
88点
点
きる対応策が示されている.
学生諸君のために,
い
であった.
教員からもさまざまな意見が出る.
基礎実験と
くつかを引用しておきます
(●印は府大オリジナ
ル)
.
応用実験の相対的な重要性については,
従来から
○できるかぎり多くのことを自分自身でしま
意見が分かれ,
現在は両方行うことで妥協してい
しょう.
る.
○日常のルーティン化を避けましょう.
学生の自発性や創造力を高めるという目的に対
○長期休暇には,
一箇所だけを訪れて,
その地域
と住民をよく知りましょう.
○本物の陶器を使うレストランで食事をしま
しょう.
○チェーン店やフランチャイズ制の施設の利用
を避けましょう.
○電子レンジのプラグをぬき,
冷凍食品を使わ
ないようにしましょう.
○カードではなく,現金を使いましょう.
○カードではなく,
現金を使いましょう.
○コンピュータや機械ではなく,
本物の人間か
らサーヴィスを受けましょう.
●ロボット犬ではなく,捨犬を飼ってあげま
●ロボット犬ではなく,
捨犬を飼ってあげま
しょう.
○小規模のクラスを探して,
先生と知りあいに
なりましょう.
●Excel
Excelを使ったレポートや研究に満足しては
を使ったレポートや研究に満足しては
いけません.
●総合情報センターでなら,
2Fで静かに過ごし
2F
で静かに過ごし
ましょう・・・
ましょう
・・・
海洋システム工学実験の一コマ
12
特集
海洋システム工学実験
を通して得たもの
機械系専攻 海洋システム工学分野
博士前期課程 22 年 塚本 恭大
博士前期課程 り考えず,がむしゃらに参加しましたが,今思う
に土を湿らしたり,
水槽の底にスポンジを敷いた
りする等,
様々な工夫をしました.
ところが,なか
と,それは,4 回生から始める「研究」というもの
なか上手く行かず,
本当にこの実験にゴールはあ
の,
入門編だったような気がします.
るのだろうかと不安になることもありました.し
学生実験とはいったい何なのか.
その頃はあま
この授業の最初の日,
先生方と私達は実験のテー
かし,
必ず存在する実験方法を求めていろいろ挑
マを決めるためにミーティングを開きました.こ
の時,私は正直,
の時,
私は正直,実験には全く興味がなく,
実験には全く興味がなく,どの
どの
テーマでもいいと考えていました.
ミーティング
の結果,
私達のグループはテーマとして,
「土砂崩
「土砂崩
れのメカニズムを探る」
を選びました.
これに対し
て,
私達はまず
「どのような実験を行えばこの事象
を確認することができるのだろうか」
ということ
を考え,その結果,水槽で見事に土砂崩れを再現
し,
メカニズムを探ることに成功しました.
ここに至る過程で,
私達は,
何度も失敗を繰り返
しました.
私達は,
まず過去の土砂崩れに関する実
験記録や事故例などを調べ,
実験方法を考えまし
た.
例えば,
土砂崩れがきれいに起こりやすいよう
戦することは,
しんどくもあり楽しくもありまし
た.
結局,
最初全く興味のなかった実験が,
最後に
はいちばん楽しみな授業になっていました.
これらのプロセスは,
研究を行うことと実によ
く似ています.
学生実験はすでに知られているこ
との確認実験ですが,
実際の研究はまだ誰も知り
得ていないことを,
独自であらゆる視点からアプ
ローチし,
その中でいろいろ模索しながら,
自分の
信じる解を見つけることです.
私は,
学生実験を通
して,
研究の入り口を覗き,
今その経験をもとに自
分の研究を行う毎日です.
私としては,
この文章か
ら,
これから実験に臨む人達に,
学生実験の重要さ
を少しでも感じてもらえれば幸いです.
創 成( 型 )科 目 っ て な に ?
物質系専攻 機能物質科学分野
機能物質科学分野 伊 藤 太 一 郎 教 授 にうかがいました.
アメリカではデザイン
(型)
科目と呼ばれ,
工学教育で欠かすことのできない重要科目です.
日本語ではデザインを設計と翻訳するので誤解されるおそれがあり,
創成
(型)
科目とよばれて
います.
実験や演習を中心に,
一つの解しかない問題を学生に解答させる従来型の教育
(アナリ
シス教育)
ではなく,
個々の学生が問題を発見し,
自らの知恵と手足を使って独自の解を見つけ
出す(シンセシス)訓練をする科目で,低学年からはじめることが望まれます.チームを組ん
で,
協力して問題解決にあたる能力やプレゼンテーション能力を培うことも重視しています.
13
活躍する先輩たち
先輩からのメッセージ
松下電子工業(株)
松下電子工業
(株)本社 暮らし環境事業戦略推進室
本社 暮らし環境事業戦略推進室
(前 松下電子工業(株)
(前 松下電子工業
(株)
照明社 照明開発センター所長)
若宮 正行
(応用化学専攻 修士課程 昭和 47 年修了)
Time
Time Flies!
Flies! 早いもので卒業後
早いもので卒業後28
28年が過ぎ去
年が過ぎ去
を通じて力,
磁気,
光および電気が機能材料により
ろうとしている.
卒業研究を第4
卒業研究を第
4講座の電気化学,
修士課程を第3
修士課程を第
3講座の物理化学で過ごしたのがつい
この前の様な気がする.
本稿は同期の安保教授か
ら依頼され,
断れない仲なので快諾してしまった.
皆様の参考になることが書けるかはなはだ疑問で
あるが,
思いつくまま書いてみたい.
学生時代触媒を研究した関係で,
当時社会的な
課題であった公害研究,
自動車の排気ガス浄化用
触媒開発から社会人としての人生が始まった.
当
時東工大教授の慶伊富長先生に指導も受け,
実際
には石油燃焼器やオートバイの排気ガス浄化用触
媒としてなんとか実用化することができた.
これ
で企業内開発に対する自信をつけることができた.
この仕事が完成に近づいた頃,
当時注目を集め始
めていた超急冷技術を用いた材料開発に着手した.
材料開発では東北大の荒井教授,
その応用技術で
は九大の原田教授,
名大の毛利教授のグループと
開発競争をさせて頂くと同時にいろんな知見を参
考にさせて頂いた.
結果的には鉄系のアモルファ
ス合金を機能材料として用いた小型,
高性能で安
価なトルクセンサを商品にすることができた.
当
初はネジ締めロボット用に,
最近では電動自転車
の制御にと用途が広がっている.
このセンサは磁
性材料の応力磁気効果
(磁歪)
を利用したものであ
るが,
誘電体材料,
電歪や焦電にも興味をもち,
ビ
デオカメラのオートフォーカス素子やエアコンの
人検知用赤外線センサなどユニークなアクチュ
エーターやセンサを実用化できた.
これらの開発
相互に変換可能で,
これらがテンソル量で定量化
できること,
電荷は分離可能であるが磁荷は分離
できないこと以外は電磁気学で同様に扱えること,
材料力学や弾性力学等のポテンシャル論では量子
力学と共通性があることなど科学の共通性を実学
として学ぶことができた.
続いて着手したのが光源の開発である.
我々の
身の回りの光源は電球と蛍光灯がほとんどであり,
いわゆるローテク感が強い技術であるが実際開発
に携わってみるとプラズマ物理化学のハイテク技
術である.
最近ビデオプロジェクション用や自動
車用の新しい点光源
(高輝度放電灯)
が求められ,
世界的な開発競争が行われている.
このランプの
発光部分は数千度KKのプラズマである.
発光部分は数千度
この数年間
で市場ニーズに対応する数種類の新光源を世の中
に出すことができた.
またこの業界の技術をリー
ドしてきたWaymouth
ドしてきた
Waymouth博士
博士(ボストン在住)などと
国境を越えて議論しながら仕事を進めてきている.
このように振り返ってみると実に多種多様な開
発を行ってきたものである.
一貫しているのは機
能材料を応用した開発に挑戦し続けてきたことで
ある.
私にとって大学時代に複数の講座を経験で
きたこと,
入社した時に読んだ
「ラングミュア伝」
がいろんな開発をこれまで前向きに進めてこられ
たバックボーンと考えている.
ご存知のようにラ
ングミュアGE
ングミュア
GEの物理化学者でプラズマを見いだし
の物理化学者でプラズマを見いだし
たことでも有名であるが,
電球の開発から天候を
変える技術まで実にいろいろな開発をした人であ
14
る.
21世紀に向けて世の中の変化が益々加速し,
21
世紀に向けて世の中の変化が益々加速し,
要
が高く,
「自分の専門は・
「自分の専門は
・・・」という領域を自
求される技術の変化もスピードアップが必然的に
ら定義してしまう了見の狭い技術者は通用しな
求められよう.
こう考えてみると私の歩んで来た
れない.
自己満足とも言えるが,
つたない上記の経
い.
基本から考え,事象は可能な限り定量化す
る.
・
衆知を集める.
験の中から以下のメッセージを伝えたい.
身近な所では自分の周囲にいる技術者と,
大学
・世の中の変化に技術者として素直に反応する.
の先生方と,
また国境を越えて先端の人材と議 変化に応じた目標
(挑戦)
を設定する.過去にこ
だわり過ぎると新しい創造はできない.
論する.
日本人のもつ
「和」
の精神が有効に働く,
世界をリードできる能力である.
世の中は常に変化しているから目標と要求され
予想した通りの拙文となってしまったが,21
21世
世
る技術は常に見直しが必要である.
紀を担う後輩へのメッセージになれば幸いである.
皆様の今後のご活躍を期待します.
道はこれからの技術者のあるべき姿の一つかも知
・技術者としての基礎能力向上に務める.
先行技術を一度否定してみる,
とらわれない発
想,
自らのアイデアが勝負である.
技術は共通性
活躍する先輩たち
これからの経験を大切に
科学技術庁 超微細構造解析ステーション
主任研究官 二澤 宏司
(数理工学専攻 博士前期課程 昭和 61 年修了)
府大では,他大学(大阪電気通信大学)
府大では,他大学
(大阪電気通信大学)を卒業
を卒業
後,博士前期課程
後,
博士前期課程(昭和
(昭和 59
59年入学)
年入学)の
の 2 年間,
年間,数
数
理第 6 講座に在籍していました.
講座に在籍していました.研究テーマは,
研究テーマは,
“希土類六硼化物のN4,5
“希土類六硼化物の
N4,5射スペクトルの研究”
射スペクトルの研究”
で,
実験に追われる日々を過ごしていました.振り
実験に追われる日々を過ごしていました.
振り
返ってみると,早くも
早くも14
14年
年
が過ぎています.2
が過ぎています.
2 年間と
言う短い期間でしたが,研
究室の先生方には大変お世
話になり,時には厳しいご
指導を頂きました.また,
指導を頂きました.
また,
一昨年から昨年にかけて
は,学位取得で大変お世話
になりました.
卒業後は,蛍光X線分析
の分野では国内シェアの
15
トップメーカーである理学電機工業㈱に就職し,
主に研究開発部で,
X線検出器や分光素子など装
置の要素部品,
X線光電子分光装置の開発に従事
してきました.分析装置は精密機械の塊で,その
性能を評価するためには専門以外の知識が広く必
要であることを実感しました.
研究室では,
“実験屋として大成
するためには何でもできないと
いけない”
,
“無いものは作れば
いい”
,と言い聞かされていまし
,と言い聞かされていまし
たが,会社に入ってからそのこ
たが,
会社に入ってからそのこ
とが身をもって,
“なるほど,そ
“なるほど,
そ
ういうことか”と実感できるよ
ういうことか”
と実感できるよ
うになりました.装置の開発は,
うになりました.
装置の開発は,
物理仕様を元に進められていく
わけですが,試作品の性能評価
わけですが,
試作品の性能評価
を行うに当たっては物理の知識だけではなく,機
無機材質研究所の専用ビームライン(BL15XU
無機材質研究所の専用ビームライン
(BL15XU)
)
械,電気,
械,
電気,ソフト,
ソフト,真空技術
真空技術・
・・・など幅広い知
は,
最近の複合材料の実用化に共う材料解析法の
識と経験が必要になります.知識
識と経験が必要になります.
知識(理屈)
(理屈)だけに
だけに
多様化に対応するため,
広エネルギー領域(500eV
広エネルギー領域
(500eV
長けていても装置は完成しませんし,
時には経験
∼60keV)
60keV)の放射光を利用できる仕様となっていま
の放射光を利用できる仕様となっていま
が理屈を上回る場面も多々あります.
壁に当たっ
す.
挿入光源にリボルバー型のアンジュレータを
た時には,
経験と知識を線でつないで適切な対処
採用し,
より高輝度の放射光利用を目指していま
法を模索する能力が要求されます.
最近になって
す.
実験装置としては,
X線回折計,
光電子顕微鏡,
やっとわかってきた気になっているのですが.
.
.
. 角度分解型光電子分光装置が導入されることに
また,
業務上学会や研究会に参加させてもらう なっています.
写真はBL15XU
写真は
BL15XUの実験ハッチの全景
の実験ハッチの全景
機会が多く,
多方面の方々と知り合うことができ です.
現状は,
漏洩X線のサーベイ検査も無事終了
ました.その関係で,一昨年
一昨年10
10月より科学技術庁
月より科学技術庁
して放射光を分光するための二結晶分光器の調整
無機材質研究所の専用ビームラインの建設立ち上
に入ったところです.
この立ち上げにも,
会社での
げに招へいされ,
SPring-8で忙しい日々を送って
SPring-8
で忙しい日々を送って
物作りの経験が大いに役に立っていると実感して
います.
ご存じの方も多いと思いますが,
SPring-
います.
8は世界最高レベルの放射光を発生することができ
工学部の学生の方の就職先はほとんどが物作り
る大型の基礎研究施設で,
これまでの放射光施設
に関係する企業だと思います.
今のうちからいろ
に比べて格段に性能が高いものです.和歌山カ
に比べて格段に性能が高いものです.和歌山カ
レー事件で新聞等で報道されていたことは記憶に
新しいと思います.
いろと経験できることは経験してください.
研究
室では,
“うるさいなぁ”と思うことでも,遅かれ
早かれ”
そうやったんか”
と思えることが必ずある
と思います.
私は今までかかりました.
シ
リ
ー
ズ
外
で
だ
がん
っ
ばっ て
てま
す
フランス留学記
!
昨年の4月より
昨年の4
月より1
1年間,
大阪府海外派遣事業の博
士研究員としてフランスのストラスブール大学に
て研究活動に従事させていただくことが出来まし
た.
ここでは,
この一年間の生活で感じたことなど
について述べさせていただきたいと思います.
ストラスブールを含むアルザス地方はフランス
の北東部に位置し,
国境のライン川を隔ててドイ
ツと接しています.
豊富な鉱物資源とラインの水
運のおかげでフランス一の工業地帯でもあります
が,
ライン川を超えて直ぐ隣にあるドイツのルー
ル工業地帯とあわせるとヨーロッパ一の工業地帯
を形成しているとも考えることが出来ます.
また,
ここは世界的に著名なワインの一大生産
地としても知られています.
地理的な要因と合わ
せてこの土地が昔から肥沃だったことから,
長年
物質系専攻 応用化学分野
助手 古荘 義雄
にわたってドイツとフランスの間で激しい獲得合
戦の対象となり,
その結果,
カトリック
(フランス
系)
とプロテスタント
(ドイツ系)
の両方の教会が
混在するという,
ヨーロッパでは珍しい地域の一
つでもあります.
また,
ここに住んでいる人たちの
間にはドイツ人でもフランス人でもなく,
「アルザ
「アルザ
シアン」
であるという意識が非常に強く見られま
す.
ドイツとの国境のヨーロッパ橋にある検問所
はずっと以前から無人状態になっており,
自由に
歩いて国境を越えることが出来ますし,
物価の安
いフランスに住んで給料の高いドイツで働いてい
る人も少なくありません.
こう言った複雑な事情
もあってか,
異質なものに対する抵抗も少なく,
開
放的な土地柄と言えると思います.
また,
この土地
柄に余りにも象徴的なのですが,
ストラスブール
16
はEU
EUのヨーロッパ議会があることでも知られてい
のヨーロッパ議会があることでも知られてい
ます.
ここでの生活を通して,
「国際化社会」
「国際化社会」
「
「ボー
,ボー
ダーレス社会」
の一端を垣間見たような気がしま
す.
大学のメインキャンパスは,
世界遺産に指定さ
れている美しい旧市街地の東側にあり,
小学校や
高校,
それから専門学校とともに文教地区を形成
しています.
市街地から10
市街地から
10キロ程南の方には最近
キロ程南の方には最近
新しく,
研究センターが設立され,
ストラスブール
におけるもう一つの研究中心となっています.
こ
れらの学問施設の運営における大きな目標の一つ
には成人教育があるとのことですが,
主として
「地
アンで,
日々の生活の中にはアルザスの伝統が深
域社会との結びつき」
を非常に大切にしていると
く根付いています.5 月,6 月は博士論文の公聴会
の事です…とはいっても,
「世の中の役に立つ」と
「世の中の役に立つ」
が目白押しなのですが,その度にクレモン(アル
言った感じの研究をやっている人たちはほとんど
ザス版シャンパン)で陽気に騒ぎます.研究室の
いないそうです.
クリスマスパーティーは家族とともに参加し,
私の所属している研究室からは,
ストラスブー
ル全体を見下ろすかのごとくそびえる,高さ
ル全体を見下ろすかのごとくそびえる,
高さ144
144
メートルにも達するノートルダム大聖堂をのぞむ
ことが出来,
その旧市街地と一体化した風景は,
時
として,
まるで中世にタイムスリップしたかのよ
うな錯覚を呼び起こすことがあります.
研究室に
もよりますが,
平均して設備,
研究環境等は日本の
それと比べてより整っており,
特に人口密度の観
点からはうらやましく思います.
研究室のスタッフや学生はその大半がアルザシ
ホットワインを飲み,アルザスの伝統料理に 舌
ホットワインを飲み,アルザスの伝統料理に
鼓をうち,夜がふけるまで語りあかします.ここ
ストラスブールはアルザスにおける
「クリスマス
の中心地」
でかなりの賑わいになるのですが,
はるばるドイ
ツやスイスなどからも観光客が訪れる程です.
以上のように,
思い付くままにつれづれと感ず
ることを述べさせていただきましたが,
あえて結
論らしきものを言うとするならば,
「外国,
「外国,
日本に
限らずその土地土地にあった適切な生き方があり,
どちらが良い/悪いといった二元的なものの考え
方はしない方が良い」
というふうなことをこの一
年間で強く感ずるようになりました.
ますます狭
くなっていく世界のなかで
「もはや欧米だけが外
国」
と言う時代ではありませんが,
この外国生活を
通して,
私にとって非常に重要な体験をいくつも
することができたと思います.
最後になりますが,
このような機会を与えてい
ただいた大阪府立大学工学部応用化学科の関係者
の皆様がたに深く御礼を申し上げさせていただき
ます.
17
シリ
米国滞在記
ー
外で ズ
だっ
がん
て
ばっ
てま
す
!
機械系専攻 エネルギー機械工学分野
助手 斯波 敬 1999
1999年
年4月から一年間の予定でノースカロライ
Optimizationに関する研究を行っております.
Optimization
に関する研究を行っております.
こ
ナ州ダーラム市にあるデューク大学に在外研究員
ちらでは,
研究を進める上で参考文献をたどって
として滞在させていただいております.
ノースカ
ロライナ州はアパラチア山脈と大西洋に挟まれた
いても,学内や学部の図書館での入手が容易で,
いても,
学内や学部の図書館での入手が容易で,
山あり海ありの美しい州です.また,海岸沿いに
フト面ともに充実しております.ハード面では,
フト面ともに充実しております.
ハード面では,
はライト兄弟が初フライトに成功したことで有名
学部内にあるワークステーション群,
図書館など
な Kill Devil Hills があり,
があり,スポーツではマイ
スポーツではマイ
にあるパソコン(
にあるパソコン
(Macintosh と Windows 系マシン
ケル・ジョーダン選手で知られるようにバスケッ
トボールが盛んな所です.
の双方)群を利用して,学生が勉学,
の双方)群を利用して,
学生が勉学,研究をして
研究をして
おり,
レポートの作成もそれらを利用しているよ
うです.ソフト面では,コンピュータの使用に関
する質問に対し,
学科内および学内に配置されて
いる専任スタッフが対応しております.また,学
外からも学内のネットワークへのアクセス
(電話
回線を用いた PPP 接続)
接続)が可能で,
が可能で,学外から計算
学外から計算
をしたい時や電子メールを確認したい時にも便利
な環境になっております.
学内はもとより,
研究室には留学生や在外研究
員が数多く訪れており,
国際色も豊かな同僚に囲
まれて,
良いディスカッションの機会となってお
ります.また,
ります.
また,こちらでは
こちらでは Bejan
Bejan教授の講義を聴
教授の講義を聴
講させて頂くことで,研究者
講させて頂くことで,
研究者・
・学生
学生・
・教育者とい
う視点に立って思考する場を得ております.
一年
間という留学に際して計画してきた研究も最終段
階を迎えており,
よりよい成果を得るための努力
を惜しまず,締めくくりたいと考えております.
を惜しまず,
締めくくりたいと考えております.
時の流れが大変短く感じられた滞在期間ではあ
りましたが,
大学における研究のみならず,
米国独
特のモザイク状の多国籍文化にも触れることがで
き,
私の人生の中でも貴重な社会勉強になる機会
が与えられたことを嬉しく思います.
学内や学部内のコンピュータ環境もハード面,ソ
ここデューク大学では,
市内の観光スポットで
あるDuke
ある
Duke Chapelを毎日眺めながら研究室まで通
Chapelを毎日眺めながら研究室まで通
い,
落ち着いた環境の中で研究させていただいて
おります.大学に着いて最初に滞在先の
おります.
大学に着いて最初に滞在先の Adrian
Bejan教授がおっしゃった事で印象的でしたのは,
Bejan
教授がおっしゃった事で印象的でしたのは,
1)リラックスするように,
リラックスするように,2
2)時間をセーブする
ように,です.
ように,
です.特に夏は暑いので,
特に夏は暑いので,Tシャツ
Tシャツ・
・短
パン・
パン
・スニーカーで来ればよいとのことでした.
Exergy
Exergy,
,Thermodynamic Optimization,
Optimization,および
Entropy Minimizationの分野で顕著な
Minimizationの分野で顕著なBejan
Bejan教授
教授
の下で,私は冷凍機の熱交換器部分の
の下で,
私は冷凍機の熱交換器部分のGeometric
Geometric
18
謝 辞
D u k e 大学での滞在を快く迎えてくださった
Adrian Bejan 教授および同研究室の方々,
教授および同研究室の方々,また,
また,
在外研究の機会を与えていただきました,
エネル
ギーシステム工学研究室,
機械両学科,
工学部,お
よび大阪府立大学内の皆様に感謝の意を表します.
ミニ特集
アメリカズカップ
世界一有名なヨットレース,4年に一度開催されるアメリカズカップ.
世界一有名なヨットレース,
4年に一度開催されるアメリカズカップ.
今回はニュージーランド艇がアメリカ以外の国の初防衛で幕を閉じました.
日本チーム 「ニッポンチャレンジ」 号は残念ながら準決勝で敗れ, アメ
リカ杯への挑戦はなりませんでした. この一大プロジェクトに参加された
リカ杯への挑戦はなりませんでした.この一大プロジェクトに参加された
海洋システム工学科の田原先生,大学院生の柳田さん,
海洋システム工学科の田原先生,
大学院生の柳田さん,植田さんの貴重な
植田さんの貴重な
体験をお伝えいたします.
ザ・ヨットサイエンティスト
−アメリカ杯・
−アメリカ杯
・舞台裏の挑戦者−
機械系専攻 海洋システム工学分野 助教授 田原 裕介
セーリングヨットは本当に綺麗なものだと思い
ます.
これは故郷の港町で初めて出会ってから,
そ
して大学の友人を通したより具体的な接触から,
さらに現在に至っては流体力学の研究対象として
もなお,
依然変わることのない実直な印象です.
私
がある時期から関わり始めたアメリカ杯レース
ヨットも実に美しい.加えて,
その歴史的・文化的
側面故か,
アメリカ杯にからむ人間たちが作り出
す一種独特の世界は,
これは例えようもなく興味
深い.
アメリカ杯レベルのヨットレースになると,
そのオーナーもクルーも別格で,
表立って登場す
る人々は極めて華々しい.
彼らをして,
ヨットマン
の象徴とする考え方もあるかもしれません.
ここ
で少し視点を変えて,
アメリカ杯レースの舞台裏
を覗いてみる.
意外なことにそこには少々場違い
なごとき人々がいる.
日焼けした我の強そうな面
構えはクルーと同じだが,
センサーやケーブル類,
そしてコンピューターを片手に走り回っている様
は,
クルーというより学者風でもある.
時々クルー
たちと深刻に話し込んでいるから外部の人間では
なさそうだ.
彼らはいったい何者か?
ヨットレースの最高峰,
アメリカ杯が始まった
のは1870
のは
1870年
年
(定義によって別説も有り)
,その最初
の勝者は当時の新興国アメリカ.
以後約44年ごとに
以後約
レースが行われ,
1983年にオーストラリアが勝利
1983
年にオーストラリアが勝利
するまで,
アメリカが無敗を続けていました.
まず
チャレンジャー
(挑戦者)
を決定するレースが延々
と続き,
最後に残ったチャレンジャーのみが前回
の勝者,
すなわちアメリカ杯保有者と対決できる.
実はその最終戦だけをアメリカ杯レースと呼んで
いるのです.このレースに本格的に科学的アプ
いるのです.
このレースに本格的に科学的アプ
ローチが導入され始めたのは1987
ローチが導入され始めたのは
1987年,
年,
アメリカが
オーストラリアからカップを奪還した頃ではない
かと思います.
当時注目を集めつつあった計算流
体力学(CFD
CFD)
)をヨットの設計に応用し,流体力学
的に高性能のヨットを建造しようとする試みがな
されており,
前述の学者風の人間たち,
ヨットサイ
エンティストとも呼ばれるべき人々の多くは造船
工学の専門家で,
彼らが大々的に介入せざるを得
ない状況になっていた.
技術革新が甚だしい今日,
大量の気象・海況情報が瞬時に集まってくる.
レー
ス毎に得られる航跡や艇運動に関する情報も膨大
19
だ.レースを実海域の実験場と考え,あくまで科
空っぽになりつつありました.
第30
30回アメリカ杯
回アメリカ杯・
学的見地からヨットの性能を考える.
華やかなア
チャレンジャー決定戦で,
我がチームは総合44位.
我がチームは総合
メリカ杯レースの舞台裏は,命がけでレーサー
メリカ杯レースの舞台裏は,命がけでレーサー
ヨットをチューンアップする彼らの戦場以外の何
今回もアメリカ杯本戦への道は閉ざされる.ク
今回もアメリカ杯本戦への道は閉ざされる.
ク
ルーの多くを含め,
帰国したメンバーも多いらし
物でもない.
い.
レース関係者専用のクラブハウスのちょうど
さて,
このレースに日本が初めて参戦したのは
対岸に,
我がチームのベースキャンプがある.
並び
1992年です.
1992
年です.ニッポンチャレンジ
ニッポンチャレンジ・
・シンジゲート
には他シンジゲートのものが数多く連なっている
は,現在進行中
は,
現在進行中(
(2000 年 2 月現在)
月現在)の第
の第30
30回大会
回大会
も入れて,通算
も入れて,
通算3
3 回組織されてきました.
回組織されてきました.92
92年と
年と
が,
その殆どは既に撤収が進み人影も少ない.
今だ
不夜城の様を見せるのは,
現在チャレンジャー決
95年のキャンペーンで,
95
年のキャンペーンで,
ともにチャレンジャー決
定戦の最終戦を戦うイタリアとアメリカ,
そして
定戦総合4
定戦総合
4 位.私は
私は94
94年
年
現アメリカ杯保有
に本学に赴任し,その
に本学に赴任し,
その
者のニュージーラ
翌年から技術委員会メ
ンド・
ンド
・シンジゲー
ンバーとなり,専門の
ンバーとなり,
専門の
トだけである.巨
トだけである.
巨
C F D を用いてレース艇
性能解析を行いました.
大なエネルギーと
夢がオークランド
第 30 回アメリカ杯へ向
けてシンジゲートが発
足したとき,私の仕事
足したとき,
私の仕事
は CFD
CFDの設計応用へ,
の設計応用へ,主
にアペンデージ(
にアペンデージ
( バル
ブ)と呼ばれる船底付加
構造物の設計に移行し
たのです.そこでは私
たのです.
そこでは私
の共同研究者たる学生
諸君が大健闘してくれ
ました.トロいことを
ました.
トロいことを
やっていると容赦ない
叱責が,私はともかく
叱責が,
私はともかく
シンジゲートのメン
バーから飛んでくる.
学生の一人は大学院修
士を 3 年で終える一大
決心のもと,現地ベースキャンプに合流.良くも
悪くも,
私の学生諸君はシンジゲートから一目置
かれ,イベントあるごとに
かれ,
イベントあるごとに(私より)
(私より)ちゃっかり
ちゃっかり
優遇までされてしまう.学生の身分でそこまで
優遇までされてしまう.
学生の身分でそこまで
やってもらえる例は限定されているし,
もっとも
あまりないことだ,と他のシンジゲート
あまりないことだ,
と他のシンジゲート・
・メン
バーから言われる.ノンプロ
バーから言われる.
ノンプロ・
・ヨットサイエン
ティストではあっても,
本当に彼らはよくやった
と思います.本音を言って,ちょっと可哀相なく
らいに.
そして 2000
2000年初頭,
年初頭,私が現アメリカ杯の舞台,
ニュージーランド・
ニュージーランド
・オークランドを訪れたとき,
ニッポンチャレンジ・ベースキャンプはまさしく
20
沖に消えたあと,
そこにあるのは
オークランドの見
事な黄昏のみ.
...
されど,私の知
されど,
私の知
る数多くのヨット
サイエンティスト
たちの野心は消え
去らない.シンジ
去らない.
シンジ
ゲートはレースか
ら消えても,ヨッ
ら消えても,
ヨッ
ト高度化のための
科学的データと知
識は残った.ここ
識は残った.
ここ
で諦めている場合
ではないはずだ.
皆が認める事実と
して,
近代アメリカ杯の歴史の基礎を築いている
のは彼らなのです.
彼らの多くはアメリカ杯だけ
で生きている訳ではなく,確固とした自分の
で生きている訳ではなく,
確固とした自分の
フィールドを持ち,
そこで人並み以上の仕事を片
付けた上で,至高の激務アメリカ杯にやってく
付けた上で,
至高の激務アメリカ杯にやってく
る.彼らとの交流を通して,気づかされることが
ある.学問にしろ何らかの仕事をやるにしろ,そ
こに間接的に介在するロマンとか夢といったもの
がとても大切であることを.
アメリカ杯プロジェ
クトを通じて知り得た数多くのヨットサイエン
ティストたちは私の尊敬の対象であり,
また彼ら
の存在は私にとって大きな励みであると言っても
大げさではない気がするのです.
「ニッポンチャレンジ ディスマスト!」
機械系専攻 海洋システム工学分野
博士前期課程 22 年 柳田 徹郎
博士前期課程 このニュースが流れたのが 1999 年 11 月 11 日.
アメリカ杯,
予選参加艇ニッポンチャレンジのマ
ストがレース中にトラブルによって折れてしまっ
たのです.
在庫が旧型マストのみになってしまっ
たニッポンチームは,急遽新型マスト製作を決
たニッポンチームは,急遽新型マスト製作を決
定.そして,私柳田と植田は日本からのマスト建
造スタッフとしてシドニーへ召集されました.
ニッチャレはマスト製作場をオーストラリアにあ
る,
既存のマストメーカーの一部に設置していま
す.工場はシドニーから南へ約
す.
工場はシドニーから南へ約 300km
300km,
,車で二時
間半ほど走ったところにあるVincentiaという海
間半ほど走ったところにあるVincentia
という海
沿いの小さな町にあり,
その近くにある一軒家を
共同で使い宿としました.
スタッフはマストメー
カーで働くオージーと日本人の混合チームで,そ
れぞれが 10 名ずつ,
名ずつ,総勢約
総勢約 20 名が二交代体制で
作業に取り掛かります.
マストは全長約 35 メートル,
メートル,径は
径は 15cm × 30cm
ぐらいの楕円形をしており材料はすべてカーボン
製.
モールド
(型)
にあらゆる編み方をしたカーボ
ンのフィルムを繊維方向を計算した上で積層して
いき,
最後に加熱して固めます.
カーボン製品はほ
んの些細な剥離があっても全体の強度として大き
なロスとなるため,
一枚一枚の積層を丹念に行な
うことが,
製品の質を高くするのに必要となりま
す.
しかし,
ここで困ったことにオージーはマスト
作りのプロながら,
細かい作業は日本人に比べる
と苦手です.
さらに,
できることなら手を抜こうと
しているようにも見えます.
そんな様子を,
日本人
スタッフは黙って見過ごすということはできませ
ん.
安全というレベルではなく,
マストとしての性
能を求めているのですから当然の事です.そし
能を求めているのですから当然の事です.
そし
て,過剰に不信を募らせている方もおられまし
て,
過剰に不信を募らせている方もおられまし
た.しかしそれは,プロであるという自負を持つ
オージーにとっても面白くありません.
細かいと
ころではテクニックもあり,
要所は押さえている
という気持ちがあるのです.
初めは小さなすれ違
いだったものが,
工程が最終段階に入って技術を
要するようになるにつれ,
次第に大きく発展して
きました.そして,お互いの不信感がぶつかると
いうところまできてしまい,
そのために結果的に
工期が延びるという一幕もありました.
両者とも
良い物を作りたいという気持ちを共通に持ってい
たのは確かです.しかし,国民性の違いというも
のでしょうか,
小さなすれ違いが意外と大変な衝
突を生むものだという事を初めて実感しました.
それでも,
なんとか製品は無事出来上がり最後
に乾杯!そんなわだかまりもビールは解決してく
れます.
みなで完成の喜びを分かち合うことがで
きました.また,毎朝
毎朝55 時起きをして,オーストラ
リアの風景さえも,
つらい通勤風景に変わりかけ
ていた自分にとっても完成の感動はひとしおでし
た.
その後,
オークランドにも滞在しましたがあち
らでのヨットレースの扱いは日本とは比べ物にな
らないほど大きなものでした.
各国の観覧艇が見守る中で,
自分が携わった艇
が世界の人たちの歓声を浴びているのを見ると,
また,
ひとつ違った感慨に浸ることができました.
カップひとつと名誉のため,
これだけ多くの人が
関わり,
本気で勝負するフィールドは今後も続い
ていって欲しいと思います.
そして,
何時の日かそ
の主役が日本に回ってくることを願っています.
21
「 2000 年アメリカ杯挑戦を振り返って」
機械系専攻 海洋システム工学分野
博士前期課程 22 年 植田 貴彦
博士前期課程 2000 年 1 月 12 日セミファイナルでの敗退が決
まり,ニッポンチャレンジ
まり,
ニッポンチャレンジ3
3 度目のアメリカ杯挑
戦は幕を閉じました.
私がアメリカ杯を知ったのは,1995
1995年
年(第
(第29
29回
回
アメリカ杯)で,大学
大学1
1 年生の頃でした.受けた印
象はカッコイイの一言でした.
そして,
この大学で
アメリカ杯に関する研究をしていることを耳にし,
1998年
1998
年4月迷わずこの研究室に飛び込みました.
し
かし,
ヨットについては素人で,
ヨットが何故風上
へ走るか?から勉強しました.
その時期は,2000
その時期は,
2000 年(第 30 回アメリカ杯)
回アメリカ杯)に
に
向けて設計開発の最も忙しい時期でした.
具体的
には,
レース艇の水中付加物であるバルブの形状
改良と模型実験を行いました.
形状改良したバル
ブは,コンピュータによる計算で評価します.他
大学やデザイナーの方と情報交換し,
互いに高め
合いました.結果の良いものは
結果の良いものは1/5
1/5・
・1/2
1/2スケール
スケール
模型となり実験で確認します.毎日計算
毎日計算・
・実験で
忙しい生活でしたが,その甲斐あって,
忙しい生活でしたが,
その甲斐あって,我々の
我々の
作ったものがレース艇に装備されました.
実際に
レース艇を見学し,
改めてスケールの大きさに感
動しました.
その後,
ニュージーランドでレースが始まって
からは,
インターネットを利用してリアルタイム
で観戦しました.
世の中便利になったものです.
12
月には,
オーストラリアで新しいマスト製作にも
参加しました.工場での作業の大変さを思い知
参加しました.
工場での作業の大変さを思い知
り,
違う視点でアメリカ杯を見ました.
正月には,
現地に応援に行きました.
我々の設計したバルブ
が装備され,製作したマストが立ち,レース艇は
力強く走っていました.
それらを通じて出会ったニッポンチャレンジの
方々は,
個性的でやりたいことを仕事としている
ので,
活き活きしています.
そんな方々と話せて,
世界が広がった気がします.
「アメリカ杯はヨット
「アメリカ杯はヨット
をやるものにとって憧れだ」
という言葉が印象的
です.そんなプロジェクトに参加できて,チャレ
ンジ精神という大切なものを学べたと思います.
授業・研究との両立は大変ですが覚悟して望んだ
ので苦にはなりませんでした.
もちろん先生方や
先輩方の良き理解と力添えがあったからこそでき
たことです.さらには,レース艇の完成を見るこ
となく卒業された先輩方の努力のおかげだと思い
ます.ありがとうございました.
ます.
ありがとうございました.
22
Fly UP