...

スーパーカミオカンデ ―ガドリニウムプロジェクトの現状報告

by user

on
Category: Documents
31

views

Report

Comments

Transcript

スーパーカミオカンデ ―ガドリニウムプロジェクトの現状報告
No. 96
2016 spring
東
京
大
学
宇
宙
線
HIROYUKI SEKIYA, ICRR – Super-Kamiokande Group
研
究
所
研究紹介
P 1.
スーパーカミオカンデ
―ガドリニウムプロジェク
トの現状報告
・・・関谷 洋之
神岡宇宙素粒子研究施設
関谷 洋之
P 10.
神岡における
レーザーひずみ計による
地殻観測
・・・高森 昭光
P 14.
スーパーカミオカンデ
―ガドリニウムプロジェクトの現状報告
平成 27 年度
東京大学宇宙線研究所
共同利用研究成果発表会報告
・・・三代木伸二
P 20.
イベント報告
P 22.
人事異動
P 23.
ICRR Seminar
2015 年ノーベル物理学賞の受賞テーマであるニュー
トリノ振動の発見に貢献した実験装置「スーパーカミ
オカンデ」は、次の計画に向けて動き出している。そ
の名も、スーパーカミオカンデ-ガドリニウム(SK-Gd)
プロジェクト。タンク内の超純水にガドリニウムを混
ぜて反電子ニュートリノの検出効率を高め、宇宙空間
を漂う過去の超新星爆発により放たれたニュートリノ
の世界初検出などを目指す。本計画は 2015 年 6 月の
共同研究者会議で承認されて、正式にスーパーカミオカ
ンデの次期計画となった。
本計画の現状について紹介する。
1 SK-Gd 計画の概要
ニュートリノを発見したライネスとコワンが使
用した手法[1]で、彼らは中性子捕獲原子核とし
SK-Gd 計画は、スーパーカミオカンデ(SK)
てカドミウム(Cd)を用いたが、我々は最近
の 50,000 トンの水に 0.2%の硫酸ガドリニウ
の液体シンチレータによる原子炉ニュートリノ
ム Gd(SO
2
4)
3 を 100 ト ン 溶 か し(0.1% の Gd
実験[2]と同様に、ガドリニウム(Gd)を用いる。
濃度)、反電子ニュートリノと陽子が反応した
Gd は中性子の吸収断面積が非常に大きい物質
際に生成される陽電子と中性子とをいわゆる遅
であり、かつ吸収後に総計 8MeV のガンマ線
延同時計測法によって検出する計画である。
を放出する。そのため Gd を添加することに
ICRR News NO. 96 2016 spring
1
“過去の超新星爆発で放たれ
たニュートリノを観測
爆発のエネルギーの本質や、
質量の大きな星の歴史に迫る”
図 1:水 チェレンコフ検出器における Gd による反ニュートリノ遅延
同時計数法の原理
よって、水チェレンコフ検出器においても中性子を検出できるよう
になる(図 1)。
図 2 にガドリニウムの濃度と中性子捕獲効率との関係を示す。
ガドリニウムの主成分である 157Gd(存在比 15.7%)は 254000barn、
155
Gd(存在比 14.8%)は 60900barn、の中性子吸収断面積をもち、
それらは水素原子の 0.332barn に比べて圧倒的に大きいため、0.1%
の Gd 濃度でも 80% 以上の捕獲効率を有する。また、吸収後の反
応はほとんどが Gd(n,γ)Gd であり、157Gd の場合 7.9MeV,
155
Gd の
場合 8.4MeV の総エネルギーをもつ数個のガンマ線によって放出さ
れる(157Gd、155Gd の相対的な寄与は 80.5% と 19.3% である)。
水チェレンコフ検出器ではガンマ線がコンプトン散乱や電子陽電
子対生成などの反応でエネルギーの高い電子や陽電子を生成し、こ
れらの出すチェレンコフ光を検出することになるため、実際にどの
ように見えるかは検証する必要があった。そこで我々は 0.1% 濃度
の Gd 水溶液をいれたアクリル容器を実際に SK タンクに導入して
検証実験を行った[3]。具体的には、アクリル容器の中央に BGO 結
晶で囲んだ Am/Be 中性子線源を置いて、BGO 結晶でのシンチレー
ション光を先発信号として使用し、後発の Gd(n,γ)Gd による信号
を 捉 え た。 そ の 結 果 Gd(n,γ)Gd の 電 子 換 算 エ ネ ル ギ ー は 平 均
4.3MeV であり、発生位置は 92% の効率で 2m 以内に求められるこ
図 2:Gd 濃度と中性子捕獲効率との関係。
とが分かった。また、Gd(n,γ)Gd 事象は複数のガンマ線からチェ
レンコフ光が発せられるために 1 粒子のリングパターンとは異な
ることが分かり、このパターンによる情報も信号選出に使えること
もわかった。
SK-Gd は 元 々 2004 年 に GADZOOKS!(Gadolinium Antineutrino
[4]
Detector Zealously Outperforming Old Kamiokande, Super!)
とい
う名前で提案されていた計画で、2015 年 6 月 27 日に SK コラボ
レーションミーティングで正式承認され本名称となった。
2 SK-Gd で目指す物理
SK-Gd の最大の目的は、過去の超新星爆発からのニュートリノ(超
新星背景ニュートリノ supernova relic neutrino, SRN もしくは Diffuse
Supernova Neutrino Background, DSNB と呼ばれている)をとらえ
ることである。宇宙には約 1010 個の銀河があり、それぞれの銀河
には約 1010 個の恒星があるので、宇宙には 1020 個の恒星がある。
これらのうち 0.3% は質量が太陽質量の 8 倍以上の星であり超新星
図 3:DSNB の予想されるエネルギースペクトルと他のニュートリノ
[5]
に基づく。
(原子炉 / 大気ニュートリノ)との比較。
爆発を起こすと考えられている。したがって、今までに 1017 回の
超新星爆発が起きてきたことになり。こうした数多くの超新星爆発
研究紹介
ICRR News NO. 96 2016 spring
2
からのニュートリノは我々の身の回りに蓄
積されていると考えられる。超新星爆発に
よ っ て 生 ま れ る エ ネ ル ギ ー の 99% は
ニュートリノによって星から放出される。
したがって、DSNB を観測することができ
れば、超新星爆発によるエネルギーの本質
を探ることができる。また、DSNB は宇宙
の始めから今までに起きた超新星爆発から
発せられたニュートリノの蓄積なので、宇
宙における元素の源である大質量星の歴史
についても探ることができる。図 3 は理
論から予想される DSNB のエネルギー分
布を示す。モデルによって強度の大小はあ
るが、数個 /cm2/sec 程度の強度であり、
8
B 太陽ニュートリノの 5 桁以上も低い強
図 4:現状の DSNB に対する制限
度である。しかし、太陽ニュートリノは
『ニュートリノ』なので『反』電子ニュー
トリノが同定できればバックグラウンドと
はならない。バックグラウンドとなる反電
子ニュートリノの源としては、10MeV 以
下では原子炉からのニュートリノ、30MeV
以上では大気ニュートリノがあるが、その
間 の 10-30MeV に は 図 3 が 示 す よ う に
DSNB を観測できる窓が開かれている。し
かし、極めて小さい強度から予想されるよ
うに期待されるイベントの頻度は、22.5
キロトンの SK の有効体積をもってしても
年間 0.8-5 イベント程度である。今までに
も SK で DSNB を探索する解析が行われて
きたが、宇宙線起源のバックグラウンドに
阻まれて発見はできなかった。SK-IV にお
いては、電子回路を更新したことによって、
陽電子と陽子による中性子捕獲による
2.2MeV ガンマ線の遅延同時計数が可能に
図 5:SK-Gd での観測で予想される DSNB のスペクトル[5]とバックグラウンドスペクトル。バック
グラウンドについては、中性子の同時計測をすることによって、νμCC反応によるものは現
状の SK の 1/4 に、νeCC反応によるものは 2/3 に、NCelastic反応によるものは 1/3に低減
できると仮定している。
なった。しかし 2.2MeV のガンマ線を利用
する方法では中性子検出効率が 20% 程度
しかないため、反応の際の陽電子のみを探
索する方法のほうが、図 4 に示すように
よい制限を与える結果になっている[6,7]。
図 5 に、SK-Gd での観測を行った場合に
予想されるエネルギースペクトルを示す。
SK-Gd で 10-30MeV で 予 想 さ れ る 主 な
バックグラウンド源は大気ニュートリノ反
表 1:SK-Gd10 年間で期待される DSNB 信号の有意度
モデル
Teff 8Mev
10-16Mev
(evts/10yrs)
16-28Mev
(evts/10yrs)
11.3
13.5
11.3
Teff 6Mev
Teff 4Mev
7.7
Teff SN1987a
5.1
BG
10
19.9
4.8
6.8
24
Total
有意度
(10-28Mev) (2 energy bin)
31.2
5.3σ
24.8
4.3σ
11.9
2.1σ
12.5
34
2.5σ
―
応に伴って中性子が出てくるイベントであ
る。大気反電子ニュートリノによる陽電子
ガンマ線などが遅延同時計数にかかってし
SK-Gd に よ る 観 測 10 年 間 で 期 待 さ れ る
や、大気ミューニュートリノ起源で発生す
まう。特に 16MeV 以下のエネルギー範囲
DSNB の事象数とバックグラウンド事象数
るチェレンコフ光閾値以下のエネルギーの
では中性カレント反応によるバックグラウ
をまとめた。各モデルによって有意度は異
ミュー粒子(invisible muon)が崩壊して
ンドが効いてくるが、Gd 捕獲の中性子の
なるが、3σレベルの検証が可能である。
出る電子、さらには大気ニュートリノと原
数が 1 つのみの事象を選び出す解析手法
反電子ニュートリノの同定は、我々の銀
子核の中性カレント反応によって出てくる
によって低減可能になっている。表 1 に
河でおこる超新星爆発の検出にも役立つ。
HIROYUKI SEKIYA, ICRR – Super-Kamiokande Group
ICRR News NO. 96 2016 spring
3
“超新星爆発の方向を決める精度が向上
超新星爆発の「予知」ができるかも”
がって、Gd 化合物水溶液によって SK で
使用されている部材が溶けだしたり、腐食
したりすることがないかが最初に検証すべ
きことであった。特に SK の構造体である
ステンレス(SUS304)については、詳細
我々の銀河(10kpc の距離)で超新星爆発
テルギウスが超新星爆発を起こす場合に
な腐食試験が行われた。塩化ガドリニウム
が起きたとすると約 8000 事象のニュート
は、ケイ素燃焼の 2 日間に中性子による事
リノ反応が予想されるが、そのうちニュー
象が 1 日あたり 1000 事象ほど期待される。
(GdCl3)、硝酸ガドリニウム(Gd(NO3)3)、
トリノの到来方向情報を保った事象
この他にも、SK-Gd は T2K 反電子ニュー
水溶液ついて試験を行い、いずれの水溶液
(ニュートリノと電子との弾性散乱事象)
トリノビーム事象選別や、陽子崩壊探索時
もステンレス構造体の強度を弱めるような
は 300 事象程度であり、それ以外は反応
のバックグラウンド低減等、SK で遂行中
に方向性をあまりもたない反電子ニュート
の実験の感度向上に寄与するが、ここでは
腐食性はなかったが、GdCl3 水溶液では鉄
イオンの溶出により水溶液が黄色に変色す
リノと陽子との反応である。反電子ニュー
触れない。
る可能性があることが分かった。一方、
トリノ事象は、超新星の方向決定において
は「バックグラウンド」となっている。し
たがって、反電子ニュートリノの事象を同
定することができれば、それらを外して方
向分布を作ることにより方向決定精度を向
および硫酸ガドリニウム(Gd(SO
2
4)
3 )の
Gd(NO3)3、Gd(SO
2
4)
3 水溶液ではそうし
3 SK-Gd 実現に向け
た開発研究
た色の変化は見られなかった。しかし、
Gd(NO3)3 水溶液には光の吸収において問
題があり、350nm 以下の波長の光を強く
吸収し、チェレンコフ光を 30% 近く吸収
上させることができる。図 6 は超新星爆
SK は超純水を使用することを前提に設
してしまうことが判明した。そこでステン
発が 10kpc の距離で起きた場合の SK での
計・建設された検出器であり、Gd を導入
レスからの溶出や光の吸収において問題の
ニュートルの事象の方向再構成のシミュ
するためには、様々な改造と開発および検
なかった Gd(SO
2
4)
3 を SK の純水に溶かす
レーションである。 中性子同定効率が 0%
証のための研究を行わなければならない。
から 80% にあがるに従い、方向決定精度
もっとも重要な課題は、0.2% の Gd(SO
2
4)
3
のタンク内ではステンレス以外に全部で
を超純水に溶かしてもチェレンコフ光の透
31 種類の部材が使われている(例えば、
また、反電子ニュートリノ反応による中
過率を保てるかどうか検証することであっ
光電子増倍管のガラス、衝撃波防止ケース
性子を使って「超新星爆発の予知」ができ
た。SK コラボレーションに計画承認され、
のアクリル、FRP、その他 PET 製ブラック
る可能性が示唆されている[8]。大質量星は、
重要なマイルストーンに到達したのは、
シート、ポリエチレン製タイベックシート
水素燃焼、ヘリウム燃焼、ネオン燃焼、酸
3
SK を模擬した 200m 検出器による実験に
など)。それらすべての物質についても
素燃焼、ケイ素燃焼という過程を経て、コ
よってそれを実現できる技術を確立したこ
アの重力崩壊=超新星爆発を迎える。最後
とによる。SK への Gd 導入に向けこれま
Gd(SO
2
4)
3 水溶液への浸漬試験として、各
部材を数カ月以上浸し水溶液の透過率の変
のケイ素燃焼の期間は 2 日程度であるが、
でに確認したこと、および今後開発しなけ
化などを測定した。ほとんどの部材につい
そ の 間 に 5×10 erg の エ ネ ル ギ ー が
ればならないことを述べる。
て問題はなかったが、PMT を固定してい
が 5 度から 3 度程度まで向上する。
50
ニュートリノによって放出されると考えら
れている。このニュートリノは 3MeV 程
るゴムバンドだけは Gd(SO
2
4)
3 水溶液の
の方は捉えることができないが、中性子の
3.1 Gd 化 合 物 の 選 択 と
SK タンクへの影響
方は Gd に捕獲されてガンマ線事象として
Gd は単体では水に溶解しないため、化
観測される。もし 0.2kpc の距離にあるベ
合物の形で溶解させる必要がある。した
度以下の低エネルギーであるため、陽電子
ガドリニウム化合物として選択した。SK
みならず、比較として浸漬試験を行った純
水でも変色することがわかった。しかし、
サンプル量と溶液の比を SK タンクでの場
合にスケールすると、観測に障害となるほ
どの影響を与えることはないと評価され
た。また、ゴムの弾性率を測定し、Gd(SO
2
4)
3
水溶液によって変質することはないことも
確認した。
3.2 EGADS 実験による検証
EGADS(Evaluating Gadolinium s Action
on Detector Systems)は、SK への Gd(SO
2
4)
3
導入を小規模ながらシミュレーションする
図 6:10kpc の距離での超新星爆発からのニュートリノ方向再構成シミュレーション。反電子
ニュートリノ事象の同定の有無で比較した。
研究紹介
ICRR News NO. 96 2016 spring
4
ことを目的に建設された設備群である。
SK を模擬した「200m3 水チェレンコフ検
出 器」、Gd(SO
2
4)
3 を溶解させるための
容積を持ち、槽内には撹拌機がついている。
タ ン ク の 材 質 は ポ リ エ チ レ ン で あ る。
200m3 検出器から引き込んだ溶媒に、Gd2
(SO4)3 を溶かし、後段の前処理装置、循
環装置を通して、200m3 タンクに戻すこ
と を 繰 り 返 し、200m3 タ ン ク 内 の Gd2
(SO4)3 濃度を 0.2% まで上昇させる。
前処理装置
一般的に水純化には、イオン交換樹脂を
用いてイオンを取り除くことが必須であ
り、SK の超純水装置もイオン交換樹脂を
純化の基本としている。Gd(SO
2
4)
3 水溶液
を通水すれば、Gd3+ がカチオン交換樹脂
図 7:EGADS 実験設備の様子
に、SO42- がアニオン交換樹脂に、それぞ
れすべて吸着され超純水になってしまうだ
けである。したがって、Gd3+と SO42-だけ
を保ったまま、そのほかのイオンを除去す
るという技術の開発が SK-Gd 実現のため
の本質であり、無機化学の知識と技術が必
須である。
まず、SO42- を保つことができるアニオ
ン交換樹脂の開発を行い、15m3 タンクで
製造した Gd(SO
2
4)
3 水溶液を処理する装
置を用意した。市販で入手できる溶質の
Gd(SO
2
4)
3 の純度は 5N であるが、様々な
不純物が含まれており(詳細は後述)、そ
れら不純物がどのようなイオンとして溶液
中に存在するかは溶液の pH にも依存し、
非常に複雑である。その中で、特にウラン
図 8:200m3 検出器の内部写真と測定された宇宙線事象のイベントディスプレイ
(U)は自発核分裂によって、ベータ・ガ
ンマ線を出すとともに中性子も発生するた
め、DSNB 信号のバックグラウンドになり、
“特定のイオン以外を除去する、
除去が必須の不純物である。一般に、ウラ
ンは水中でウラニルイオン(UO22+)とし
て存在するが、硫酸イオン共存下では硫酸
無機化学の知識と技術が必須”
4-
ウ ラ ニ ル イ オ ン UO(SO
2
4)
3 (pH 3.0 以
2-
下)もしくは UO(SO
(pH 3.0 以上)
2
4)
2
「15m 溶 解 槽」、 作 成 し た Gd(SO
2
4)
3 水
こ と も 兼 ね て お り、HPD や B&L 型 の HK
溶液を予備純化する「前処理装置」、Gd を
用光検出器が一部導入され、長期安定性等
アニオン交換樹脂で除去できる。実際にウ
含んだ水を循環させる「循環装置」、そし
の確認をおこなっている。材質は構造体
て「透過率測定装置」からなる。図 7 に
SUS304 をはじめ、すべて SK と同じもの
ラン標準溶液を添加した Gd(SO
2
4)
3 水溶
実験施設全体の写真を示す。以下、各部の
を使用している。タンクは気密構造であり、
よって一桁以上のウラン除去を確認した。
詳細を紹介する。
微圧(50mmAq)ラドンフリーエアが供
この処理装置には他に、3 ミクロンフィ
給されている。図 8 に検出器内部の写真
ルター、紫外線殺菌灯、0.2 ミクロンフィ
と、得られた典型的な宇宙線事象を示す。
ルターが備わっており、フィルター類は未
3
200m 水チェレンコフ検出器
3
タンクは直径 6.5m, 高さ 6.2m のサイズ
で、中には 240 本の 20 インチ光電子増倍
管を取り付けられている。ハイパーカミオ
カンデ(HK)用の光検出器の試験を行う
の形であると考えられるため[9]、開発した
液を樹脂に通水し、ICP-MS による分析に
溶解の不純物を取り除くためのものであ
15 m 溶解槽
り、紫外線殺菌灯は水中のバクテリアを除
3
溶解槽は粉の状態である Gd(SO
2
4)
3 を
くためのものである。
一様に溶かすための水槽であり、15m の
3
HIROYUKI SEKIYA, ICRR – Super-Kamiokande Group
ICRR News NO. 96 2016 spring
5
研究紹介
循環装置
ルター(UF)、ナノフィルター(NF)、逆
きいサイズの不純物は取り除かれる。次に
Gd と SO4 を保持したまま水を純化さ
浸透膜(RO)がある。UF は、膜に微細な
NF に お い て 排 除 ラ イ ン へ 行 く Gd3+ と
せるために最初に考案されていた手法はイ
穴を開けたフィルターであり、分子量が数
オン交換とともに純水処理で一般的な、膜
千から一万ぐらいの分子の分離が可能であ
SO42-はそのまま素通しするが、NF の透過
ラインに行った水(そこには 1 価の不純
を使用する方法である。EGADS のメイン
る。それより小さいものの分離を可能にす
物イオンが含まれている)は通常の純水処
3+
2-
の循環装置は膜を用いて 2.5m /h で処理
る NF と RO は浸透速度の違いによって水
理手法に従って RO、アニオン・カチオン
するシステムであるが、先に述べたアニオ
と不純物を分離する膜であり、RO は 1 価
両イオン交換樹脂を使って純化することが
ン交換樹脂の開発が成功したため、ほぼ前
のイオンも含めてすべてのイオンを分離で
できる。この膜を使ったシステムと前処理
処理設備と同じ構成で 2.5m3/h で処理す
きるのに対して、NF は価数の大きいイオ
用に開発したカチオン交換樹脂によるシス
るものを追加で設置し、計 5m /h で循環
ンのみを分離することができる。Gd と
テ ム の 組 み 合 わ せ が 現 在 の EGADS で の
している。ここではメイン循環装置の設計
概念について説明をする。膜を用いて水を
SO42-はともに、NF では排除ラインへと進
む。そこで、図 9 に示すような UF,NF,
Gd(SO
2
4)
3 水溶液純化手法である。明らか
純化させるエレメントには、ウルトラフィ
RO の組み合わせを考える。まず、UF で大
ることができないが、それを含め評価する
3
3
3+
なように、2 価以上陽イオンは一切除去す
ことが EGADS の目的である。
透過率測定器
200m3 検出器は 6m ほどしかないので、
SK のように 100m 近い透過率を直接測定
す る こ と が で き な い。 そ の た め、 別 途
10m 弱の基線長で測定する装置を開発し
た。装置の原理を図 10 に示す。長さ 8.6m、
直径 225mm のポリプロピレン(PP)製
のパイプを垂直に立て、そのパイプ中に満
たす水の高さを変えながら、パイプ上から
入射した光がパイプ下のアクリル窓を透過
してきた光量を測るというのが測定器の原
理である。入射する光の波長は、337, 375,
405, 445, 473, 532, 595nm の 7 種 類 で あ
り、窒素レーザー光源、レーザーダイオー
図 9:Gd を保持しながら水を純化する方法の基本設計概念。
ド光源、パルス化レーザーポインター光源
を使用している。入射光はハーフミラーに
より PP パイプに送られる光とモニター用
光に分けられ、光の強度は 4 インチ積分
球とフォトダイオードによりモニターされ
ている。8.6m の PP パイプの下部 UV 透過
アクリル窓の下では、12 インチの大口径
積分球が透過光を受け、フォトダイオード
により光強度を測定している。図 11 に測
定結果の一例を示す。横軸は PP パイプ中
のサンプル水の高さ、縦軸はモニター光量
で規格化した透過光の強度であり、測定値
を高さの関数として指数関数でフィットす
ることにより透過率が求められる。測定に
おいて変化するものは PP パイプ中の水の
高さのみであり、水面での反射や他の光の
図 10:透過率測定装置の概念図。
伝播に係る条件は共通であるため、非常に
図 11:透 過率測定器による測定の例。横軸は PP
パイプ中の水の高さ、縦軸は相対的な透過
光の強さ。
ICRR News NO. 96 2016 spring
6
系統誤差の小さい測定を行うことができ、
100m 近い透過率においても測定の誤差は
1m 程度以下に抑えられている。各波長で
の結果を、チェレンコフ光の波長分布に規
HIROYUKI SEKIYA, ICRR – Super-Kamiokande Group
格化することで、SK 内の純水のチェレン
での純水中のチェレンコフ光の透過率に相
な条件を十分達成できることが確認できた。
コフ光透過率と比較できる。
当し、0.2%時の透過率は SK の純水での透
次の段階として Gd 導入のプラスの影響
過率の 92%程度となることが測定できた。
を見積るため、200m3 検出器で、Am/Be
Gd 回収システム
次に、透過率の低下が光の散乱によるもの
中性子線源による中性子捕獲の検証を行っ
実験終了時や緊急時に備え、安価なイオ
なのか、吸収によるものなのかを調べた。
た。はじめに SK での検証方法を述べたが、
ン交換樹脂で 200m 検出器中の Gd を回
0.1% 濃度のときと、0.2% 濃度のときに、
今 度 は 200m3 検 出 器 へ BGO 結 晶 に Am/
収するシステムが設置されている。
それぞれ 337nm, 375nm, 405nm の 3 波長
Be 中性子線源を取り付けただけのものを
3
のレーザーを 200m 検出器へ打ち込み、
導入した。BGO での先発信号と Gd によ
これらの装置を使い 2014 年 10 月から
レイリー散乱された光を検出器の 20 イン
る中性子捕獲信号との時間差および、中性
段階的に Gd(SO
2
4)
3 を導入し、純水が満た
3
チ PMT で 測 定 し た。 図 14 に 2 つ の 濃 度
子捕獲信号のスペクトルを測定した結果を
されていた 200m3 検 出 器 内 の Gd(SO
2
4)
3
での散乱強度の比の測定値を、散乱と吸収
図 15 に示す。測定された平均中性子捕獲
濃 度 を 徐 々 に 上 昇 さ せ、2015 年 4 月 に
の割合を仮定したモンテカルロシミュレー
時間 29.89 ± 0.33ms に対し、実際に AAS
0.2% に到達させた。この間の 200m3 検出
ションでの予想と比較したものを示す。こ
器内の Gd(SO
2
4)
3 濃度を原子吸光光度計
れから光の散乱は 10% 程度でほとんどが
で 測 定 さ れ た Gd(SO
2
4)
3 濃 度 2178 ±
76ppm でのシミュレーションによる予想
(AAS) で 測 定 し た 結 果 を 図 12 に、Gd2
光の吸収によるものであることが判明し
は 30.05 ± 1.14 ms である。また測定され
(SO4)3 濃度とチェレンコフ光の透過率を
た。以上で得られた 0.2%Gd(SO
2
4)
3 水溶
た中性子捕獲効率は 84.4% に達し、予想値
図 13 に示す。図 12 からタンク内の上部 /
液中での光の特性から、SK で行われてい
84.5% とよく一致しており、Gd による中
中 央 部 / 底 部 で 濃 度 の ム ラ が な く Gd2
る大気 / 太陽ニュートリノの精密観測、
性子検出が実現できていることを確認した。
かる。また図 13 中の水色の帯は SK-III/IV
るかを見積り、物理解析を行うために必要
(SO4)3 が一様に溶解できていることが分
T2K 実験にどの程度マイナスの影響を受け
図 12:200m3 検 出 器 内 か ら 採 取 し た 水 溶 液 を 原 子 吸 光 光 度 計
(AAS)で分析した Gd(SO
2
4)
3 の濃度の変遷。茶、緑、青
は採取場所で、それぞれ検出器上部、中部、底部に対応する。
図 14:200m3 検出器内の Gd(SO
2
4)
3 水溶液濃度 0.1% 時と 0.2% 時のレイ
リー散乱強度比とシミュレーションの比較。レイリー散乱が 10%で
吸収が 90%とした時とよく一致した。
図 15:200m3 検出器での Am/Be 中性子捕獲信号
図 13:200m3 検出器内のチェレンコフ光透過度の時間変化。青、
赤、緑は水の採取場所で、それぞれ検出器底部、中央、上
部に対応する。縦軸チェレンコフ光が 15m 伝播して 20 イ
ンチ PMT で光を受けた場合の強度に相当する値。SK 純水
での透過率を水色の帯で示す。
ICRR News NO. 96 2016 spring
7
研究紹介
今度は Gd3+ を保つことができるカチオン
の溶出が PMT に比べ少ないこと
3.3 硫酸ガドリニウムの
純化手法の開発
交換樹脂の開発を行っており、現在評価を
Gd(SO
2
4)
3 を 0.2% 濃 度 で SK へ 導 入 す
(SO4)3 水溶液中での形態が様々で、イオ
ン交換樹脂だけで取り除けないことが分
・施工中および SK タンクに水を入れた際
るということである。しかし、これまで入
かっている。しかし溶液の pH をコント
の変位に耐え、長期にわたり劣化しない
手した 5N の『高純度』Gd(SO
2
4)
3 には Gd
ロールすることで沈殿させる手法が可能で
こと
うな天然放射性不純物が多く含まれてお
から Gd(SO
2
4)
3 を製造する際に、1 ステッ
ニングを行ったが、以上の条件すべてを満
るということは、100 トンを準備し溶解す
以外のレアアースと共に、表 2 に示すよ
行 っ て い る。 ト リ ウ ム に つ い て は、Gd2
・純水中および Gd(SO
2
4)
3 水溶液中に溶出
するものがすくなく、透過率に影響を与
えないこと
あることから、酸化ガドリニウム Gd2O3
等が挙げられる。数多くの材料のスクリー
り、特に低エネルギー領域で物理解析を行
プ追加でトリウム除去の工程を導入できな
たした使用できる製品が存在しなかったの
うには、100 トンの量から不純物を除去す
いか複数の業者と検討を進めている。
で、コーティング材の開発を行うことにし
る手法を確立しなければならない。暗黒物
Gd 以外のレアアースについては、Lu や
た。現在までにほぼすべての要求を満たす
質探索や、二重ベータ崩壊探索等、低放射
La 等放射性同位元素を含むものもあるが、
ものとしてポリウレア系の樹脂に増粘剤を
線技術が要求される分野では、綺麗なもの
多くは 1MeV 以下のガンマ線を出すだけ
少量添加したものを開発し、長期安定性の
を選ぶことが重要であるが、SK クラスの
で水チェレンコフ検出器では大きな問題に
試験を行っている。これをベースに、実際
大きさの実験では、純化のための設備を自
ならない。しかし Ce 等、チェレンコフ光
の SK タンクへの施工計画も立案中である。
前で用意するか、業者に新たに専用のプラ
の波長の光を吸収し再発光するものがあ
ントを作ってもらうようなことが必要とな
り、解析に与える影響を精査している。こ
る。自前で用意する場合でも、坑内で化学
れらは多く多価の陽イオンで存在するの
薬品等を大量に消費するような手法は現実
で、EGADS の循環装置では取り除くこと
3.5 SK-Gd 純化設備の実
機建設
的でなく、前処理装置や、循環装置に組み
ができないが、トリウム除去のプロセスで
EGDAS は あ く ま で 200m3 の 純 水 に
込めるような技術でなければ難しい。238U
落とせるものと考えられる。
400kg の Gd(SO
2
4)
3 を導入するシステム
については、50mBq/kg 含まれていると、
自発核分裂による中性子で DSNB のバッ
クグラウンドとなるイベントがシグナルと
で あ り、50000m3 の 純 水 に 100 ト ン の
3.4 SK タンクの水密性
Gd(SO
2
4)
3 を導入するためには別途システ
ム開発する必要がある。まず、100 トンの
同 程 度 の 5.5events/year/22.5kton(SK 有
Gd 化合物は危険化学物質にはなってお
粉体を移送、連続的に濃度をコントロール
効体積)と予想されたため、最初に取り組
らす、Gd 排出に対する環境基準も定めら
して自動的に溶解するシステムを設計し、
み、すでに述べたように、アニオン交換樹
れていないが、危険性があまりよく研究さ
各要素の試験を実施し、実機の仕様を確定
脂によるウラン除去の手法を確立した。一
れていないこともあり、不用意に環境へ出
させた。具体的には、硫酸ガドリニウムは
方ラジウム(Ra)とトリウム(Th)に関
ることがないように管理しなければならな
しては、その崩壊ででてくるベータ線・ガ
い。SK タンクの水密性を完璧にして、タ
水和物を含んだ状態(Gd(SO
2
4)
3・nH2O)
ンマ線が直接に太陽ニュートリノのバック
ンク水が環境へ漏れ出ることがないように
をほぐすための装置の動作確認や、粉体化
グラウンドとなり、市販の Gd(SO
2
4)
3 のま
する必要がある。具体的には SK のステン
した際や移送時に粉体爆発しないことの確
ままだと、~3×10 events/day/22.5kton
レスタンクの溶接部に、新たにコーティン
認、具体的に濃度を徐々に上昇させていく
(SK 有効体積)と見込まれ、4 桁以上の
グすることで実現する。コーティング材に
装 置 運 転 計 画 の 策 定 を 行 っ た。 ま た、
5
で納品され固化していることがあり、これ
低減が必要となる。ラジウムは Gd(SO
2
4)
3
要求される事項は
EGADS で達成した透過率を SK でも実現す
水溶液中でそのまま Ra3+ の形で存在する
・SUS304 に密着できること
るために、純化システムの処理流量をどの
と考えられ、原理的にカチオン交換樹脂で
・適度な粘度をもち、タンクに塗布して施
程度スケールすべきかの検討をすすめ、前
除去できると考えられる。そこで、ウラン
除去のアニオン交換樹脂の場合と同様に、
工できること
処理装置、循環装置の基本設計を行った。
・放射線不純物が少なく、特にラドン(Rn)
そして、これら設備を設置するためのあら
たな空洞(第 3 純水装置室 / 実験室 G、図
表 2:市販されている高純度 Gd(SO
2
4)
3 に含まれる放射線不純物の典型的な量。Canfrac の Ge 検出器
で測定
Chain
238
U
238
226
228
Th
232
U
235
228
mBq/kg
U
50
Ra
5
Ra
10
Th
235
100
U
32
Ac/227Th
300
227
ICRR News NO. 96 2016 spring
8
16)を SK 近くに用意した。さらに SK タ
ンク内での Gd(SO
2
4)
3 水溶液の流れをコ
ントロールすべく、タンク内の送水口、返
水口等の最適化、ならびに配管の改良を計
画している。
HIROYUKI SEKIYA, ICRR – Super-Kamiokande Group
“2018 年にタンクを改修し、段階的に Gd を導入
超新星背景ニュートリノの世界初観測を目指す”
4 まとめと SK-Gd の
スケジュール
している T2K 実験とのスケジュール調整
して 2019 年度後半に、初めの Gd(SO
2
4)
3
が必須である。T2K 実験はレプトンセクタ
10 トンを導入する。検出器応答をみなが
での CP 非保存の測定に向けて、統計を増
ら 観 測 し、 順 調 に い け ば、2021 年 に
や す こ と が 至 上 命 題 で あ り、J-PARC の
90ton の Gd(SO
2
4)
3 を追加で導入し、既定
前節までに述べたように、Gd 導入につ
ニュートリノビームを最大限受けることが
いての基本的な検証が完了したことから
求められている。2016 年 1 月の T2K コラ
の 0.2% 濃度での観測を開始できる計画で
ある。競争相手である中国の 20kton 液体
SK-Gd は 2015 年 6 月 に SK コ ラ ボ レ ー
ボ レ ー シ ョ ン ミ ー テ ィ ン グ に お い て、
シンチレータ実験 JUNO も同時期に開始
ションの正式な次期計画となった。現在は、
J-PARC の加速器メインリング(MR)の電
されるので、遅れることなく計画実行し、
SK への導入の手順を具体的に進めている
源増強が 2018 年に計画されていることか
超新星背景ニュートリノの世界初観測を実
状況である。SK への Gd 導入には、SK の
ら、SK のタンク改修を 2018 年に予定す
現したい。
観測を数か月にわたって停止してタンクの
ることが確認された。その後の予定を図
水密性増強や外水槽の PMT の交換等の改
17 に示す。タンク改修後は、まず純水を
修が必要であるため、特に現在 SK を使用
給水しタンクの改修の効果を評価する。そ
参考文献
[1]C.L. Cowan, F. Reines et al., Science
124(1956)103.
[2]F. P. An et al., Phys. Rev. Lett. 108
(2012)171803.
[3]H. Watanabe et al., Astropart. Phys. 31,
(2009)320.
[4]J.F. Beacom and M.R. Vagins, Phys.
Rev. Lett. 93(2004)171101.
[5]S. Horiuchi et al., Phys. Rev. D 79
(2009)083013.
[6]K. Bays et al., Phys. Rev. D 85(2012)
052007.
[7]H. Zhang et al., Astropart. Phys. 60
(2015)41.
[8]A. Odrzywolek, M. Misiaszek and M.
Kutschera, Astropart.Phys. 21(2004)
303.
[9]矢野武夫、片岡 健、化学工学 Vol. 24
(1960)No. 10 749.
図 16:完成した第 3 純水装置室 / 実験室 G 2015 年 12 月 16 日撮影
図 17:SK-Gd の予定
ICRR News NO. 96 2016 spring
9
研究紹介
東京大学地震研究所
高森 昭光
神岡における
レーザーひずみ計による
地殻観測
岐阜県飛騨市の神岡鉱山の地下では、宇宙に開かれる新しい窓である重力
波望遠鏡 KAGRA だけでなく、「地球内部に向けたより良い目」も開かれよ
うとしている。世界最大規模である基線長 1.5km の大型レーザーひずみ計
の建設計画だ。高精度での地殻ひずみ観測を通して、KAGRA との連携や地
殻ひずみを通した地球物理学現象の観測を目的としている。これまでのひ
ずみ観測への取り組みや新しいひずみ計の概要を紹介する。
今年の 2 月、米国の重力波観測装置 LIGO による史上初の重力波検
出が報じられた[1]。これは、アインシュタインの一般相対性理論に新
たな裏付けを与えるだけでなく、重力波を用いた新しい天体現象の
観測を実証したという点で画期的な出来事である。日本でも宇宙線
研究所を中心として、岐阜県の神岡鉱山内において LIGO に匹敵する
重力波望遠鏡 KAGRA の建設が急ピッチで進められており、近い将来
この新しい天文学へ大きな貢献をすることが期待される[2]。KAGRA
には低温鏡技術など他の重力波プロジェクトにはないいくつかの特
長があり、安定な環境である地下トンネル内に建設されることもその
一つである。これによって可能となる長基線レーザーひずみ計の併
設も他には見られない。本稿では神岡における地球物理観測のため
のレーザーひずみ計である地球物理干渉計(Geophysics Interferometer: GIF)について紹介する。
筆者ら東京大学地震研究所や京都大学防災研究所の研究者を中心
としたグループは KAGRA 計画の一環として GIF の建設を行っている。
GIF は KAGRA のために掘削された 3 km の 地 下トンネル内部に、
KAGRA の腕と平行して伸びる 1.5 km の基線をもったマイケルソン型
のレーザー干渉計である(図 1)
。地表からの深さは最大で 500 m を
超えるため、温度変化や人為的な振動等がきわめて小さな低ノイズ環
境が実現されている。GIF によって得られる地殻ひずみデータは
図 1:神岡地下サイト
GIF(赤線)は KAGRA トンネル内部に 1.5 km の基線をもつ。
現在は北東 ︲ 南西方向の干渉計(右側の実線)の建設が進
められているが、北西 ︲ 南東(破線)も準備されている。
100 m レーザーひずみ計は CLIO に隣接している(中央付近
の黄線)。
“KAGRA の精度向上だけでなく、近くの断層でのひずみの
蓄積や、地球内部コアの運動の観測も期待できる”
ICRR News NO. 96 2016 spring
10
AKITERU TAKAMORI, ERI – Division of Monitoring Geoscience
“3 枚の平面鏡を
直角に組み合わせた鏡を使用
最高レベルの鏡面精度を実現”
KAGRA の精度向上などに活用することが可
究はこれまで KAGRA のプロトタイプとなる
あった。レーザーひずみ計の分解能は原理
能である一方、地球内部で起こる様々な現
CLIO
(基線長 100 m)のサイトに 2003 年に
的には長さの基準となっているレーザーの
象の情報を含んでいるため、それ自体が貴
設置された 100 m レーザーひずみ計を用い
波長安定度によって決定される。神岡のひ
重な地球科学の研究対象でもある。ひずみ
て取り組まれ、既に一部で成果を上げてい
ずみ計では Nd:YAG レーザーの 2 倍波(波
計で観測できる地球物理学現象の空間ス
る[3-6]。図 2 は 100 m ひずみ計による観測の
長 532 nm)の波長をヨウ素分子の吸収線に
ケールや帯域は多岐にわたる。年から月単
実例である。図 (
2 a)は 2011 年の東北地方
同期させる制御を行い波長安定化を行って
位のスケールの長期間ではテクトニックな起
太平洋沖地震(M
(マグニチュード)9.0, 3 月
いる。分子の吸収線はきわめて安定な量子
源をもつスロースリップ現象や近隣の断層
11 日)の際観測されたひずみ変動である。
的基準であり、10-13 台の安定度が確認され
でのひずみの蓄積の様子の観測が期待され
図(
2 b)は 2007 年 7 月 16 日の日本海地震
ている。実際のひずみ計の分解能はこれに
る。中間的な帯域(日~数時間程度)に生じ
(M6.7)の前後に生じたひずみのステップ
は到達しないが、それは様々な局所的な環
る地球の弾性自由振動による地殻の伸び縮
変化(およそ 8×10-10)を示している。地殻
境変化の影響を受けるためと考えられる。
みを観測することによって地球内部コアの
に蓄えられたひずみが地震によって解放さ
たとえば 100 m ひずみ計では地下水圧の変
運動や物理特性を研究することもできる。
れるためにこのようなステップが生じる。
化によって生じるひずみ変動が季節的な誤
より短周期では地震動やそれに伴う過渡的
レーザーひずみ計は GPS など他の観測手段
差要因と推定されている[7]。
な地殻変動、たとえば地震の前後に生じる
に比べて格段に分解能が高いので、遠方の
前節で紹介したような観測を発展させる
ひずみステップを観測することができ、そこ
地震によって生じるわずかな歪み変化を捉
ために、同じ神岡地下に計画されたのが
から震源モーメントや震源域の地盤の剛性
えることが可能である。100m ひずみ計での
GIF である。GIF では前述のヨウ素安定化
の推定に役立てることができる。これらの研
ひずみステップの測定誤差は 1×10-10 以下で
レーザーなど、基本的には 100 m ひずみ計
図 2:100 m ひずみ計による観測例
(a)2011 年東北地方太平洋沖地震の
ひ ず み 波 形(東 西 方 向)。 瞬 間 的 に
10-5 に迫る非常に大きなひずみが観測
された。
(b)地震前後に生じた永続的なひず
みステップ(2007 年日本海地震)。
地殻に蓄えられたひずみが地震に
よって解放された様子が捉えられた。
縦軸のスケールは(a)のグラフより
4 桁小さく 10-10 である。非常に小さ
なステップが精度良く観測されたこ
とが読み取れる。
ICRR News NO. 96 2016 spring
11
図 3:GIF の構成(見やすくするため一部省略してある)
右側の周波数安定化レーザーを左の真空系内にある干渉計に入射し、干渉光強度を光り検出器で測定する。
図 4:フロントタンク内の様子
右上の円状の窓からレーザー光が入射し、中
央の BS で左側の 1.5 km 基線と手前の参照基
線(約 50 cm)に分けられる。それぞれの基
線からの反射光は再び BS で結合、干渉した
後、真空槽外にある光検出器で強度が測定さ
れる。
のために開発した技術を踏襲しているが、
岩のブロックに固定された上で大気の圧力
じる偏光を利用して、1.5 km 基線の伸びと
最も大きな改良点は基線長を 15 倍に伸ば
を相殺するためのベローズ機構を介して真
縮みを判別するのに利用する。2 つの反射
したことである。基線が伸びる分ひずみ分
空パイプと接続されている。これらの工夫
鏡から戻った光は BS 上で干渉し、その干
解能も向上するが、より大きな空間をカ
によって真空タンクが地面(地殻)の伸び
渉光強度を光検出器で測定することによっ
バーすることによって局所的な変動の影響
縮みに正確に追従する。BS の納められた
て基線の伸縮を読み取ることができる。
を除去する効果が期待される。GIF の構成
フロントタンク内(図 4)の反射鏡は 1.5
GIF の反射鏡は 3 枚の平面鏡を直角に組
を図 3 に示した。周波数安定化レーザーの
km の基線の長さ変化を測定するための基
み合わせたレトロリフレクタを用いている
光は、KAGRA のトンネル中央部に配置さ
準となる参照基線(長さ約 50 cm)の末端
ため、入射した光線に平行な反射光が得ら
れた 1.5 km 基線の干渉計に入射される。
にあたる。BS と参照ミラーの間の距離が変
れる。これによって反射鏡の角度を制御す
基線上の屈折率変化による光路長の揺らぎ
化しないよう、これらは熱膨張率の小さな
ることなく安定した反射光を得ることがで
を排除するために、レーザー光は直径 400
合金(スーパーインバー)で作られたプラッ
きる。また、光をロスすることなく反射す
mm の真空パイプ内(気圧 0.1 Pa 以下)を
トフォームに固定されている。同じプラッ
るためにはビーム半径よりも十分大きい反
往復する。その両端に接続された真空タン
トフォームに設置された波長板によって生
射鏡を用いる必要がある。レーザー光は非
ク内に、レーザー光を 2 方向に分けるビー
ムスプリッタ(BS)と、反射鏡を配置して
いる。真空タンクは岩盤に据えられた花崗
“地球内部に向けたより良い目を開く”
研究紹介
ICRR News NO. 96 2016 spring
12
図 5:大型レトロリフレクタ(反射鏡)
(a)3 枚の鏡を直角に組み合わせた構成により、入射光と平行な反射光が得られる(そのため撮影者が映り込む)。
(b)反射鏡による波面の乱れの分布。実際に干渉計のレーザー光があたる箇所で測定した結果(PLX 社による)。横軸に対して縦軸は誇張してあり、
波長に対する割合を示す。端の一部を除く場所で波面の乱れが波長の 1/3 以下であることが確認された。
常に良い収束性をもっているが、1.5 km
GIF の準備状況を紹介すると、真空装置と
deep tunnel at Kamioka, Gifu, Japan,
離れた GIF のエンドタンクに到達したとき
その内部の光学系、ヨウ素安定化レーザー
Journal of Geodynamics, 38, 3-5, 477-
には回折のため拡がっている。そのため有
の導入が完了し、干渉信号を得るための調
488, 2004.
効口径 15 インチ(約 38 cm)の大型リフ
整作業を行っているところである。近く実
[4]S. Takemoto et al., A 100m laser strain-
レクタを特別に製作した(米国 PLX 社製。
際に干渉計を動作させ観測を開始する予定
meter system in the Kamioka Mine,
図 5(a))。反射鏡の面精度が悪く表面に凹
であり、これまでにない精度での地殻ひず
Japan, for precise observations of tidal
凸があると、光が当たった箇所によって位
みの観測を通した新しい知見への期待が高
strains, Journal of Geodynamics, 41,
相の進み方にばらつきが生じ、波面が乱れ
まっている。宇宙に開かれる新しい窓であ
てしまう。両腕からの反射光の波面の食い
る KAGRA と同じ場所に、GIF という地球
[5]A. Araya et al, Analyses of far-field co-
違いが大きくなると光の干渉効率が低下し
内部に向けたより良い目も開こうとしてい
seismic crustal deformation observed
てひずみ分解能が悪化するため、干渉計に
るのである。
by a new laser distance measurement
用いる反射鏡の鏡面精度は非常に重要な要
素である。一般に鏡が大きくなるほどたわ
みや研磨のばらつきが生じやすく鏡面精度
23-29, 2006.
system, Geophys. J. Int., 181, 127-140,
2010.
参考文献
[6]A. Takamori et al., A 100-m Fabry-Per-
を高くすることは困難であるが、GIF では
[1]B.P. Abbott et al., Observation of Grav-
ot Cavity with Automatic Alignment
ガラス基材の軽量化や補強を行うことに
itational Waves from a Binary Black
Controls for Long-Term Observations
よって、この大きさのリフレクタとしては
Hole Merger, PRL, 116, 061102, 2016.
of Earth’s Strain, Technologies, 2, 129-
最高レベルの鏡面精度(レーザー光の中央
[2 ]Y. Aso et al., Interferometer design of
付近では波長の 1/10 程度)が実現されて
the KAGRA gravitational wave detec-
142, 2014.
[7]A. Araya et al., Broadband observation
いることが確認された(図 5(b))。これま
tor, Phys. Rev. D 88, 043007, 2013.
with laser strainmeters and a strategy
で述べた様々な技術的工夫によって、100
KAGRA 計画については http://gwcenter.
for high resolution long-term strain
icrr.u-tokyo.ac.jp/ にも情報がある。
observation based on quantum stan-
[3]S. Takemoto et al., A 100 m laser
dard, J. Geod. Soc. Japan, 53, 2, 81-97,
m ひずみ計を超える精度の地殻ひずみ観
測が実現される。
最後に本稿執筆時点(2016 年 2 月)の
strainmeter system installed in a 1 km
2007.
AKITERU TAKAMORI, ERI – Division of Monitoring Geoscience
ICRR News NO. 96 2016 spring
13
研究紹介
東京大学宇宙線研究所
三代木伸二
平成27年度
東京大学宇宙線研究所
共同利用研究成果発表会報告
平成 27 年度の共同利用研究成果発表会が、平成 27 年 12 月 18 日(金)と
19 日(土)の 2 日間にわたって柏図書館メディアホールにおいて開催さ
れた。本発表会は宇宙線研究所の共同利用研究として採択された研究課題
の成果報告会であり、発表内容の多様性は研究所の共同研究の幅広さを示
している。今年度は 49 件の成果発表講演があり、また、共同利用研究運
営委員会の西嶋委員長から研究会開催に関する報告もまとめて行われた。
発表会は、およそ 112 名の参加を得て盛会となった。特に今回は、通常
プログラム初日に行われる懇親会を、梶田隆章宇宙線研所長のノーベル物
理学賞ご受賞の祝賀会を兼ねたものとして開催した。本稿では、発表会の
プログラムと講演概要を記す。なお、発表資料は以下のウェブサイトに掲
載されており、詳細はそちらを参照されたい。
https://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/indico/conferenceOtherViews.py?view=standard&confId=44
1.YangByeongsu(東大宇宙線研) 2.中村正吾(横浜国立大学)
XMASSExperiment
液体キセノンシンチレータ
の近紫外発光の研究
832kg の液体キセノンを用いた暗黒物質探
4.高橋耕一(信州大学・理学部)
乗鞍岳における高山植生の
調査
索実験である。2013 年 11 月の改修完了
液体キセノンシンチレータの発光波長の測
乗鞍岳において、高山植物群落の群集構造
から 1 年 4ヶ月間のデータを用いて暗黒物
定を真空紫外領域から長波長側へ拡張し、
がどのように形成されるのかを、habitat
質信号の季節変動の探索を行い、モデルに
近紫外領域の発光スペクトルの暫定的な結
filtering と limiting similarity の観点から調
依存しない探索では有意な変動は観測され
果を得た。さらに、可視領域と近赤外領域
べた。植物の 6 形質について調べた結果、
ず、 標 準 の WIMP を 仮 定 し た 探 索 で は
の発光スペクトルの暫定的な結果も報告した。
DAMA/LIBRA グループにより許容される
ほぼすべての質量領域を排除した。124Xe
の二重電子捕獲の探索では半減期に対し世
界最高の制限を得た。次世代実験で使われ
るドーム型 PMT の開発なども進んでいる。
4 形質で habitat filtering が検出され、limiting similarity はまったく検出されなかった。
3.寄田浩平(早稲田大学)
気液 2 相型アルゴン光検出
器による暗黒物質探索
運用上の初期開発を一通り終え、現在は地
5.梅原さおり(大阪大)
48Ca の二重ベータ崩壊の
研究
上にて実験設備を増強し、本実験検出器設
我々は、48Ca の二重ベータ崩壊の研究の
計を開始した。とくに低エネルギー領域の
ために、CaF2 シンチレータを用いた CAN-
理解、シミュレーション構築と検出器部材
DLES システムの開発を、神岡施設で進め
中の放射線量や環境中性子の測定を行った。
ている。この CANDLES 検出器の高感度化
ICRR News NO. 96 2016 spring
14
SHINJI MIYOKI, ICRR – KAGRA Group
平成 27 年度共同利用研究成果発表会プログラム
日時:12 月 18 日(金)10:00-16:50
19 日(土)09:00-15:20
場所:東京大学柏キャンパス 柏図書館メディアホール
プログラム
12 月 18 日(金)
10:00
10:05
10:25
10:35
10:45
10:55
11:05
11:15
11:25
11:35
13:00
13:10
座長 森山茂栄(東大宇宙線研)
西嶋恭司(東海大)
開会の挨拶
Yang Byeongsu(東大宇宙線研) XMASS Experiment
中村正吾(横浜国大)
液体キセノンシンチレータの近紫外発光の研究
寄田浩平(早稲田理工)
気液 2 相型アルゴン光検出器による暗黒物質探索
高橋耕一(信州大)
乗鞍岳における高山植生の調査
梅原さおり(大阪大)
48Ca の二重ベータ崩壊の研究
仲澤和馬(岐阜大)
ダブルハイパー核実験用原子核乾板の神岡地下
施設の鉛ブロック箱内での保管
大内正己(東大宇宙線研)
大型光赤外線望遠鏡で探る宇宙再電離
櫻井敬久(山形大)
Be-7 などによる宇宙線強度時間変化の検出
大橋英雄(東京海洋大)
環境中に放出された放射能に関する研究・地下
実験室の環境連続測定
吉越貴紀(東大宇宙線研)
直人(大阪市立)
13:20
13:30
13:40
13:50
宗像一起(信州大)
松原 豊(名古屋大)
矢島千秋(放医研)
伊藤真人(気象庁高層台)
クグラウンド化開発のために、遮蔽システムの設計及び導入を進めた。
14:00
14:10
丸田恵美子(東京農業大)
小泉敬彦(東大新領域)
2016 年前半には遮蔽システムの導入を終了し、測定を再開する予定
14:20
加納靖之(京都大学防災研)
14:50
15:00
15:10
15:20
15:30
15:40
15:50
16:00
16:20
町田祐弥(海洋研究開発機構)
川村静児(東大宇宙線研)
高橋竜太郎(国立天文台)
山元一広(東大宇宙線研)
大橋正健(東大宇宙線研)
伊部昌宏(東大宇宙線研)
佐々木真人(東大宇宙線研)
佐古崇志(東大宇宙線研)
宗像一起(信州大)
16:30
石原安野(千葉大)
16:40
身内賢太朗(神戸大)
16:50
18:30
終了
祝賀会・懇親会
のためには、低バックグラウンド化が重要である。2015 年は、低バッ
である。
6.仲澤和馬(岐阜大学)
ダブルハイパー核実験用原子核乾板の神岡
地下施設の鉛ブロック箱内での保管
環境γ線のコンプトン電子と宇宙線の被ばくを避けるべく、ゲルで
2.1t の原子核乾板を神岡地下施設(Lab-B)に保管している。被ばく
量は 15 年前と同様で、2016 年 6 月時点で前の E373 実験における最
大蓄積に達することが判明した。
座長 瀧田正人(東大宇宙線研)
明野観測所における小型大気チェレンコフ望遠
鏡R&D
AGASA で観測した超高エネルギー宇宙線空気
シャワーの特性の研究
乗鞍岳におけるミューオン強度の精密観測
第 24 太陽活動期における太陽中性子の観測
乗鞍観測所における二次宇宙線中性子モニタリング
乗鞍岳におけるブリューワー分光光度計を使用
したオゾン・紫外線の観測 乗鞍岳・森林限界におけるオオシラビソ林の動態
森林の分断化が地下微生物群 集に与える影響
の解明
跡津川断層周辺での地殻活動定常観測点の高性
能化
座長 都丸隆行(KEK)
神岡鉱山における歪・傾斜・地震計測
KAGRA オーバービュー、入射光学系
KAGRA の防振系
KAGRA の低温懸架系
神岡での重力波観測(XⅣ)
宇宙の進化と素粒子模型
Ashra
チベット高原での高エネルギー宇宙線の研究
チベット空気シャワーアレイ・スーパーカミオ
カンデによる 10TeV 宇宙線強度の恒星時日周
変動の観測
IceCube 実験による超高エネルギーニュートリ
ノ探索
ガス飛跡検出器による方向に感度を持つ暗黒物
質探索実験
12 月 19 日(土)
9:35
9:50
10:10
10:20
座長 田島 宏康(名古屋大)
スーパーカミオカンデにおける最新結果(大気
ニュートリノ、核子崩壊探索等)
Lluis Marti(Kavli IPMU, Univ. of Tokyo)
Recent results from Super-Kamiokande on solar and supernova neutrinos and the SK-Gd
project
市川温子(京都大学)
T2K 実験の現状と第二フェーズに向けた展望
関口哲郎(KEK 素核研)
ハイパーカミオカンデ計画報告
本田守弘(東大宇宙線研)
大気ニュートリノフラックスの精密計算
竹内康雄(神戸大)
地下実験のための放射能分析装置の開発
10:50
11:00
中村 琢(岐阜大)
岩田圭弘(原子力研)
11:10
鳥居祥二(早稲田大)
11:20
11:40
手嶋政廣(東大宇宙線研)
窪 秀利(京都大)
11:50
河合誠之(東京工業大)
2000 年から 16 年間の大気中宇宙線生成核種 Be-7 の日変動観測結果
13:00
片桐秀明(
を示し、太陽黒点数、中性子強度、地磁気擾乱指数と比較した。太陽
活動サイクル 23 から 24 への変化に対応した Be-7 濃度変動が明らか
13:10
13:40
13:50
になってきた。
14:00
9:00
7.大内正己(東大宇宙線研)
9:15
大型光赤外線望遠鏡で探る宇宙再電離
すばる HSC 探査の初期観測で得られた広帯域撮像データとに既存の
ハッブル宇宙望遠鏡のデータを組み合わせて宇宙再電離源と考えられ
ている銀河の形成に関する研究を行った。本年度は 12 月時点で 17
編の論文を査読誌に出版もしくは投稿した。
8.櫻井敬久(山形大)
Be-7 などによる宇宙線強度時間変化の検出
14:10
14:20
14:30
14:55
15:10
15:20
三浦 真(東大宇宙線研)
座長 山本常夏(甲南大)
極低濃度ラドン測定システムの 開発
レーザー共鳴イオン化を用いた希ガス不純物評
価に関する研究
飛翔体観測による高エネルギー宇宙線加速天体
の研究
CTA 計画
MAGIC 望遠鏡を用いた高エネルギーガンマ線
天体の研究
MITSuME(爆発変動天体の多色撮像観測)プロ
ジェクト
座長 竹内康雄(神戸大)
シンチレーターを用いた宇宙ラインガンマ線用
コンプトンカメラの基礎開発
多米田裕一郎(神奈川大)
TA 実験
川崎賀也(理化学研)
EUSO @ TA
大嶋晃敏(中部大)
大型ミューオンテレスコープによる銀河宇宙線
強度の観測
﨏 隆志(名古屋大)
Knee 領域および最高エネルギー領域での宇宙
線反応の実験的研究
久米 恭(若狭湾エネ研)、鳥居建男(JAEA)、瀧田(東大宇宙線)
宇宙機搭載用機器に対する高エネルギー陽子線
照射技術の開発
塩見昌司(日本大)
乗鞍岳における雷雲に伴う二次宇宙線の研究
垣本史雄(東京工業大)
ボリビア空気シャワー共同実験
西嶋恭司(東海大)
研究会報告、閉会の挨拶
梶田隆章(東大宇宙線)
まとめ
終了
城大)
ICRR News NO. 96 2016 spring
15
研究紹介
9.大橋英雄(東京海洋大)
環境中に放出された放射能
に関する研究・地下実験室
の環境連続測定
12.宗像一起(信州大理)
乗鞍岳におけるミューオン
強度の精密観測
環境中に放出された放射能の研究:東大大
の着雪により 12 月 6 日に観測を休止、12
気海洋研究所の杉原奈央子氏の研究テーマ
月 14 日から観測を再開中。GMDN で観測
であり、大槌湾におけるオカメブンブクを
さ れ た density gradient を 用 い て、FD 中
研究対象として、堆積物の構造観察とセシ
の 宇 宙 線 の 平 均 的 空 間 分 布 を remote
ウム濃度測定という 2 つのアプローチか
sensing が可能であることを示した。
乗鞍ミューオン計は、太陽光発電パネルへ
ら、生物撹拌深度およびその影響の強さを
測定した。地下実験室の環境連続計測:普
段は無人である地下実験室の大気圧・ラド
ン濃度、温度湿度・4 台の検出器デュワー
の重量を、様々なトラブルに耐えて 10 年
約 54% 多かった。紫外線は短波長ほど多
く、高度による紫外線(CIE)増加率は快
晴日で +20%/1,000m となった。
16.丸田恵美子
(東京農業大学・国際食料情報学部)
乗鞍岳・森林限界におけるオ
オシラビソ林の動態
―冬季の木部のエンボリズム―
乗鞍岳の森林限界に自生するマツ科のオオ
13.松原 豊(名古屋大)
第 24 太陽活動期における
太陽中性子の観測
シラビソでは、冬季にエンボリズムが発生
し木部の通水がなくなる。これは壁孔膜の
閉鎖によるものであり、12 月~1 月初旬
の乾燥によって引き起こされるが、年変動
以上に渡り測定を継続している。2 年連続
世界 7 箇所に設置された太陽中性子観測
の除湿器からの水漏れ事故は排水管工事
網で、太陽中性子探索が行われているが、
と、検出器回りのケーブル類のかさ上げ工
第 24 太陽活動期ではまだ太陽中性子が検
事を行って対応した。2014 年 12 月 25 日
出されていない。現在太陽フレアの際に軟
の一部停電事故は人為的に引き起こされた
X 線(加速粒子は電子)が得るエネルギー
事は間違いないが、同様の事故を防ぐため
と中性子(陽子)の得るエネルギーの比を
の最善の方法を検討中である。
調べている。共同研究経費は観測網の中心
国内 8 カ所のハイマツ集団において菌根
拠点である乗鞍観測所の太陽中性子望遠鏡
サンプリングを実施した。採取した菌根の
の維持に使われた。夏場に一時データ取得
DNA 解析の結果、176 種の菌根菌が検出
ができないトラブルが起こったが、観測所
された。乗鞍岳では 52 種が検出された。
の開所中に解決でき、現在は正常な観測が
また、乗鞍岳で発見したショウロ属の菌根
継続できている。
菌 2 種を新種として記載した。
14.矢島千秋
18.加納靖之(京都大学防災研)
跡津川断層周辺での地殻活
動定常観測点の高性能化
10.吉越貴紀(東大宇宙線研)
明野観測所における小型大気
チェレンコフ望遠鏡R&D
があることがわかった。
17.小泉敬彦(東大院新領域)
森林の分断化が地下微生物
群集に与える影響の解明
国内唯一の大気チェレンコフ望遠鏡を明野
観測所に整備し、維持している。別途開発
したデータ収集システムを導入し、大気
チェレンコフ光の試験観測に向けて準備し
ている。同望遠鏡でかにパルサーの可視光
観測も計画している。
11.榊 直人(大阪市大理)
AGASA で観測した超高エネ
ルギー宇宙線空気シャワー
の特性の研究
(国立研究開発法人放射線医学総合研究所)
乗鞍観測所における二次宇
宙線中性子モニタリング
航空機宇宙線被ばく研究における基礎デー
リアルタイム伝送し、跡津川断層を中心と
タ収集のため乗鞍観測所において二次宇宙
する中部日本の地震活動や地殻活動のモニ
線中性子モニタリングを継続中。取得デー
ターを行った。地震観測および地下水圧観
タに対して気圧補正を試みた所、補正の妥
測の結果について紹介する。
当性を欠く期間があったため、さらに解析
を続ける。
Auger 観測所の観測結果によると超高エネ
ルギー宇宙線空気シャワー中のミューオン
の割合はシミュレーションで期待される値
より少ないと近年報告された。本研究では
Akeno/AGASA で分離観測したミューオン
数についてシミュレーション結果との比較
を行っている。
神岡鉱山内に設置した地震計等のデータを
15.伊藤真人(気象庁高層台)
乗鞍岳におけるブリューワー分
光光度計を使用したオゾン・
紫外線の観測
19.町田祐弥(海洋研究開発機構)
神岡鉱山における歪・傾斜・
地震計測
海洋研究開発機構では、南海トラフに設置
するための「長期孔内観測システム」の開
発・設置を目的として、神岡鉱山抗内に深
ブリューワー分光光度計の測器常数の校正
さ約 21m の陸上試験孔を掘削し、2010 年
と、高山のオゾン・紫外線量を解明するた
に南海トラフに設置した観測システムと同
め、標記観測を継続中。2015 年、乗鞍で
様のシステムを試験孔に設置し、注水実験
は平地のつくばに比べ、オゾン全量は約
や長期評価試験を行っている。今年度は前
4% 少なく、快晴日の紫外線量(CIE)は
年度に引き続き陸上試験孔での評価試験を
ICRR News NO. 96 2016 spring
16
SHINJI MIYOKI, ICRR – KAGRA Group
行った。またセンサー設置前の動作確認試
験サイトとしても神岡鉱山抗内施設を運用
しており、2016 年 3-4 月に南海トラフへ
24.伊部昌宏(東大宇宙線研)
宇宙の進化と素粒子模型
28.石原安野(千葉大)
IceCube 実験による超高エ
ネルギーニュートリノ探索
設置予定の傾斜計、地震計などの孔内セン
本共同研究題目では素粒子標準模型を越え
サーの評価試験を行った。
る新物理の模型の構築とその新物理の初期
IceCube 実験による 7 年分のデータを用い
宇宙への影響を考察することを目的として
た超高エネルギーニュートリノ探索の結果
いる。今回の発表では特にその一例として
を報告した。 10PeV を超えるようなエネル
20.川村静児(東大宇宙線研)
KAGRA オーバービュー、入
射光学系
大型低温重力波望遠鏡 KAGRA は、現在、
LHC 実験によって示唆されている 2TeV の
ギー損失を持つ事象が観測されなかったこ
共鳴状態を説明する素粒子模型およびその
とから、今回の解析結果は、ディップモデ
模型から帰結される暗黒物質の候補につい
ルを含め最高エネルギー宇宙線が陽子とし
ての解説を行った。
た場合、より強い進化を持つ天体を起源天
初期検出器 iKAGRA の建設が進められてお
体とすることが難しいことを示唆する。ま
り、入射光学系のモードクリーナーの短時間
た、宇宙線が重い原子核の場合を含む AGN
ロックが確認され、防振系のテストインスト
レーションが行われているところである。
25.佐々木真人(東大宇宙線研)
Ashra
Ashra NTA は Ashra-1 の実績を基盤とする
21.高橋竜太郎(国立天文台)
KAGRA の防振系
起源モデルなどに対する制限もつけ、最高
エネルギー領域におけるマルチメッセン
ジャーによる天体クラス同定へ進んでいる。
次世代 PeV-EeVν&γ線空気シャワー検出
器計画である。IceCube が示唆する PeVν
対応天体を 10-100 倍の感度と 0.2 度以下
29.身内賢太朗(神戸大)
ガス飛跡検出器による方向
に感度を持つ暗黒物質探索
実験
平成 27 年度は Inverted Pendulum と 2 段
の方向精度にて明快確実な発見同定を成す
の GAS Filter、 お よ び 鏡 を 懸 架 す る pay-
ことが出来るポスト IceCube 検出器とい
load を組み合わせたフルのシステムを構
える。更にチェレンコフ光と蛍光の準水平
築し、真空槽内で試験を行った。KAGRA
飛跡から TeV-EeVγ線も同時に探査でき
サ イ ト で は iKAGRA で 使 用 さ れ る 構 成
る。PeV-EeVν&γ線天体の広域探査と共
索実験をガス飛跡検出器を用いて行ってい
(GAS Filter+payload)のインストールが
に PeV-EeV 宇 宙 を“実 験 室 ” と す る 物 理
る。現在、30×30×41cm の検出器「NEW-
開始された。明野観測所においては引き続
法則の検証も行える。
き製作済部品の保管、調整が行われている。
我々は方向に感度を持った暗黒物質直接探
AGE-0.3b」を用いて神岡地下実験室 B にて
暗黒物質の観測及び感度向上のための開発
を進めている。平成 27 年度には、神岡地
22.山元一広(東大宇宙線研)
KAGRA の低温懸架系
26.佐古崇志(東大宇宙線研)
チベット高原での高エネル
ギー宇宙線の研究
KAGRA の低温懸架系は重力波を検出する
2014 年 3 月から観測を開始した MD 及び
ド化及び低バックグラウンド化を可能とす
肝となる低温サファイア鏡を含む最も重要
YAC の現状について報告した。さらに最
る陰イオンガスを用いた基礎試験を行った。
な部分の一つである。これらを冷却するク
近の結果として、かに星雲からの 100TeV
ライオスタットや冷凍機は KAGRA site に
ガンマ線探索と恒星時宇宙線異方性のエネ
インストールされた。低温懸架系のプロト
ルギー依存性(10-1000TeV)について報
タイプの冷却試験が始まろうとしている。
告した。
23.大橋正健(東大宇宙線研) 27.宗像一起(信州大理)
神岡での重力波観測(XⅣ) チベット空気シャワーアレイ
・
スー
パーカミオカンデによる10TeV
CLIO は真空ポンプ冷却水配管のトラブル
宇宙線強度の恒星時日周変
によって冠水した。その影響でエレクトロ
動の観測
ニクスに故障も生じたため、現在は復旧作
下実験室での観測によって更新した制限を
PTEP 誌で公表した。また、さらなる感度
向上のために、検出器の低バックグラウン
30.三浦 真(東大宇宙線研)
スーパーカミオカンデにおけ
る最新結果(大気ニュートリ
ノ、陽子崩壊等)
2015 年までにスーパーカミオカンデで収
集されたデータを用いた大気ニュートリノ
解析と核子崩壊探索の最新結果について発
表 し た。 陽 子 崩 壊 探 索 に お い て は、
p-->e^+pi^0 で 1.7x10^34 年、mu^+pi^0
業中であるが、早期に実験を再開したいと
1 次 と 2 次 の 異 方 性 の combination に よ
で 7.8x10^33 年、nuK^+ で 6.6x10^33 年
考えている。
り、10TeV 領 域 で は 1 次 元 プ ロ ッ ト の 1
の 陽 子 寿 命 の 下 限 値 が 得 ら れ た。 大 気
次ハーモニクスの位相が南半球で後退して
ニュートリノ振動解析の結果、質量階層性
い る 様 子 が 再 現 で き た。 こ の 解 析 を
は Normal hierarchy の仮定がデータとより
100TeV 領域で行うためには、統計誤差と
合 うが、Inverted hierarchy と 比 べ て 有 意
系統誤差の見直しが必要である。
な差はまだ見られない。
ICRR News NO. 96 2016 spring
17
研究紹介
31.LluisMarti
(KavlIPMU,Univ.ofTokyo)
会によるレビューを予定するなど、実現に
濃度は約 100 ppt と測定され、API-MS 測
向けた動きを加速させている。
定値と矛盾の無い結果を得た。
RecentresultsfromSuper-
Kamiokande on solar and 34.本田守弘(東大宇宙線研)
supernova neutrinos and 大気ニュートリノフラックス
の精密計算
theSK-Gdproject
38.鳥居祥二
(早稲田大学理工学研究所)
飛翔体観測(CALET)によ
る高エネルギー宇宙線加速
天体の研究
In this talk I presented a summary of the
大気ニュートリノ実験は、地球の他の地域
recent results from Super-Kamiokande on
でも開始され始めた。特に、新しく大気
solar, search for supernova neutrino bursts
ニ ュ ー ト リ ノ 実 験(DEEPCORE, PINGU)
高エネルギー電子の観測により近傍加速源
and the forthcoming upgrade SuperK-Gd.
が開始された南極について、大気構造をよ
及び暗黒物質の探索を主要な目的とした
Solar neutrinos continue to be an interest-
り 正 確 に 再 現 す る 大 気 モ デ ル、NRLM-
CALET は、2015 年 8 月 25 日 に ISS「 き ぼ
ing topic, in this talk, specially the expect-
SISE00 を用い、神岡、インド、フィンラ
う」に設置され、90 日間の初期運用を終
ed up-turn in the survival probability that
ンドと同時に大気ニュートリノフラックス
了している。今後 2ー5 年間の軌道上運用
should happen around the 3 MeV and the
を計算した。神岡、インドでは従来の計算
とデータ解析を CALET Waseda Operations
day-night asymmetry that should happen
とほぼ同じ結果が得られたが、南極、フィ
Center(WCOC)において実施する。
from earth matter effects where the flux is
ンランドでは季節変動など、従来の計算と
expected to be larger at night. One of the
は大きく異なることが示された。
main features of Super-Kamiokande is the
possibility to detect neutrinos from galactic core collapse supernovae. Given the
rarity and importance of such events to
understand them, Super-Kamiokande has
35.竹内康雄(神戸大)
地下実験のための放射能分
析装置の開発
39.手嶋政廣(東大宇宙線研)
CTA 計画
CTA は、現行のチェレンコフ望遠鏡 HESS、
MAGIC、VERITAS とくらべ、感度を 10 倍、
エネルギー帯域を 10 倍、角度分解能を 3
been preparing for such an occasion. Fi-
神岡地下(LAB-A)で、最先端の放射能分
倍にするものであり、CTA がフル稼動すれ
nally, I also reported about the efforts to-
析装置(結晶中の不純物分析、表面アルファ
ば、大きく高エネルギー宇宙物理学を推進
wards the new upgrade that will add neu-
分析、ラドン分析)を開発する共同研究が
するものである。CTA-Japan では、主に
tron t a ggi ng ca pabilit ies t o Super -
今年度から始まった。新学術領域「地下素
CTA 大口径望遠鏡の建設を主導的に進め
Kamiokande, the SuperK-Gd project.
核研究」に参画する地下実験グループ間で
ており、過去 4 年間大口径望遠鏡の焦点
連携して開発を行っている。
面検出器、読み出し回路、主鏡の開発をす
32.市川温子(京都大学)
T2K 実験の現状と第二フェー
ズに向けた展望
2015 年 は、T2K 実 験 で 初 と な る 反 電 子
すめ、いよいよ 1 号機を 2016 年度に CTA
36.中村 琢(岐阜大学)
極低濃度ラドン測定システ
ムの開発
北スペイン・カナリー諸島ラパルマに設置
する予定である。
40.窪 秀利(京都大)
MAGIC 望遠鏡を用いた高エネ
ルギーガンマ線天体の研究
ニュートリノ出現の探索と反ミューオン
SK 実験のバックグラウンドとなる放射性
ニュートリノ消失について結果を公表し
ラドンの濃度測定を継続している。SK タ
た。2026 年 ま で に CP 対 称 性 の 破 れ を 3
ン ク 中 心 部 の 純 水 ラ ド ン 濃 度 0.31 ±
σ以上で測定する可能性を持つ実験の第二
0.05mBq/m3 を得た。神岡坑内の環境測定
大気チェレンコフ望遠鏡 2 台による観測
フェーズについて議論が始まっている。
のために、24 台の小型ラドン計を設置し、
で、赤方偏移 0.940 の活動銀河核を初検出
最大 4 年間にわたり連続測定をしている。
し、最遠方 VHE γ線天体の発見となった。
33.関口哲郎(KEK 素核研)
ハイパーカミオカンデ計画
報告
ハイパーカミオカンデ(HK)計画では、
コスト削減、施工性および力学的安定性
銀河間可視赤外背景放射(EBL)の上限値
37.岩田圭弘(原子力機構)
レーザー共鳴イオン化を用い
た希ガス不純物評価に関す
る研究
が得られ、最新の銀河形成理論による EBL
モデルと無矛盾であった。また、フレア時
のガンマ線は、広輝線領域の外側から放射
されていることが分かった。この他にも、
かにパルサーからの TeVγ線パルスの発見
の向上を目指し、空洞形状の最適化を行っ
Xe を用いた暗黒物質探索実験における希
や、ガンマ線連星からの超軌道周期による
てきた。2015 年 1 月末に HK 国際共同研
ガス不純物に着目し、レーザー共鳴イオン
VHE γ線変動の発見があった。
究グループを結成し国際的な組織体制の構
化を用いた Rn 除去の検討及び Kr 測定を
築した。設計報告書をまとめ国際諮問委員
行っている。XMASS 気相の Xe ガス中 Kr
ICRR News NO. 96 2016 spring
18
SHINJI MIYOKI, ICRR – KAGRA Group
41.河合誠之(東工大)
MITSuME(爆発変動天体の
多色撮像観測)プロジェクト
ワー等のイメージの観測に成功している。
実施している。照射時に発生する二次粒子
現在解析中であるが、宇宙線空気シャワー
(ガンマ線)の計測により一次粒子線強度
イベントに関しては、少なくとも 3 例の
を同定するため、乗鞍観測所および WERC
観測に成功している。
明野観測所に設置した 3 色同時撮像ロ
ボット望遠鏡による観測で、トリガー後
30 分たってから増光した GRB150327C な
どこの 1 年に 3 つの GRB の残光を検出し
た。また、活動銀河核のモニターを継続し、
45.大嶋晃敏(中部大)
大型ミューオンテレスコープに
よる銀河宇宙線強度の観測
ブ ラ ッ ク ホ ー ル 連 星 V404 Cyg の ア ウ ト
明野と GRAPES-3 のミューオン検出器を用
バーストの集中観測などを行った。
いた銀河宇宙線観測。GRAPES-3 検出器の
拡張が進行中。総面積が 2 倍の 1,120m^2
42.片桐秀明(茨城大学)
シンチレーターを用いた宇宙
ラインガンマ線用コンプトン
カメラの基礎開発
になる予定。明野検出器の補修に向けて比
例計数管の特性試験を行い、真空システム
の技術を宇宙γ線観測に応用できないか検
討している。今年度は GEANT4 を用いた
簡易シミュレーションを行った。
43.多米田裕一郎(神奈川大)
TA 実験
関するバックグラウンドデータを取得した。
WERC ではビームのスピル構造をガンマ線
データにより取得した。今後は一次粒子線
強度の定量に向けて取り組んでいく。
48.塩見昌司(日本大学生産工学部)
乗鞍岳における雷雲に伴う
二次宇宙線の研究
の準備を行なっている。ステーション(M1、
雷雲と二次宇宙線の関係を調べるために、
M5、M8)間のデータ通信方式の切り替え
夏季に乗鞍観測所に γ 線検出器・電界計・
を検討、通信方式を選定中。
シンチレーション検出器等を設置し、約 3
福島原発事故によって飛散した放射性物質
をイメージング可能なコンプトンカメラγI
での高エネルギー光子線測定試験を実施し
た。乗鞍では計測システムの連続安定性に
週間観測を行ったが、周辺で落雷現象は起
46.さこ隆志 (名古屋大学)
Knee 領域および最高エネル
ギー領域での宇宙線反応の
実験的研究
LHC 加速器をもちいた相互作用検証実験
こらなかった。次年度に期待したい。
49.垣本史雄(東京工業大)
ボリビア空気シャワー共同
実験
LHCf を推進。実験データと比較するモデ
チャカルタヤ山宇宙物理学研究所における
ル計算に宇宙線研計算機を使用し、二編の
4 共同利用のうち、
「日本ボリビア空気シャ
宇宙線望遠鏡による極高エネルギー宇宙線
論文を出版した。TA との勉強会では学生
ワー共同実験」は本年度末にて終了する。
の研究
交流を含めた活発な議論をおこなった。
そこで、同共同研究について、1959 年発
テレスコープアレイ(TA)実験による、
超高エネルギー宇宙線のエネルギースペク
トル、質量組成、到来方向解析の結果を報
告 し た。 拡 張 実 験 で あ る TALE 実 験 と
TAx4 実験が科研費に採択され、それぞれ
2016、2017 年から観測を開始する予定で
ある。
44.川崎賀也(理化学研)
EUSO @ TA
JEM-EUSO チ ー ム が 開 発 し て い る EUSO-TA 望遠鏡を TA 望遠鏡サイトに設置し
足以来の研究経過と成果の概要を説明した。
47.久米 恭
((公財)若狭湾エネルギー研究センター)、
鳥居建男
((国研)日本原子力研究開発機構)、
瀧田正人
(東京大学宇宙線研究所)、
長谷川崇((ド)ハセテック)
宇宙機搭載用機器に対する
高エネルギー陽子線照射技
術の開発
50.西嶋恭司(東海大)
研究会報告
10 月には宇宙素粒子物理学の最新の動向に
関する国際ワークショップ TeVPA2015 が国
内外から 170 名の参加者を得て開催され、
活発な議論がなされた。また、6 月に粒子
加速に関する小研究会が開かれた他、今後、
CRC 宇宙線将来計画研究会、高エネルギー
ガンマ線に関する研究会、大気ニュートリ
ノに関する研究会、相対論的ジェットに関
EUSO 望遠鏡の基本性能評価を行ってい
若狭湾エネルギー研究センター(WERC)
する研究会、惑星物質に関する研究会が、
る。 望 遠 鏡 は 順 調 に 稼 働 し て お り、TA-
ではシンクロトロンから出射する陽子線
(最
それぞれ開催される予定である。
CLF、可動紫外線レーザー光、恒星、飛行機、
大エネルギー200 MeV)を利用し、宇宙機
流星、背景夜光、雲の影、宇宙線空気シャ
搭載用機器に対する宇宙線模擬照射試験を
ICRR News NO. 96 2016 spring
19
イベント報告
宇宙・素粒子スプリングスクール
宇宙・素粒子分野への進学を目指す学生
を対象にした「宇宙・素粒子スプリングス
ク ー ル」 が、2016 年 3 月 8 日 か ら 12 日
までの 5 日間、東京大学宇宙線研究所で
開かれました。講義や模擬実験などを通じ
て最先端の研究の雰囲気を肌で感じてもら
おうと毎年企画し、今年で 5 回目を迎え
ました。これまでは先着順での申し込みで
したが、今年からは志望動機などを基に事
前審査を実施。定員 30 人のところ 60 人
近くの応募があり、北は東北大学から南は
九州大学まで、日本全国から情熱あふれる
学生たちが集まりました。
午前中は、最前線の宇宙物理学や素粒子
物理学に携わる研究者たちが登壇。歴史的
な背景や最先端の研究、将来の展望などを
験を続けるグループもあり、時間を忘れて
ションです。梶田隆章所長も審査員として
伝えました。講義の後には鋭い質問が飛び
熱中していました。
見守る中、どのグループもやりきった表情
交い、中には昼食も忘れて 1 時間近く議
2 日目の朝、参加者の一人に声を掛ける
で堂々と発表。ミニ望遠鏡を作って研究所
論が続く講義もありました。午後は研究者
と「2 時に寝ました」とのこと。宿舎のロ
の屋上で宇宙線からのチェレンコフ光を観
や先輩の学生のアドバイスを受けながら模
ビーで夜遅くまで、志をともにする仲間た
測した高エネルギーガンマ線天文学 B
擬実験に取り組む「プロジェクト研究」。
ちと語り合っていたそうです。日を重ねる
チームが優勝しました。締めくくりはパー
本スクールの目玉企画です。ニュートリノ
ごとに緊張がほぐれ、同じチームの仲間や
ティです。梶田所長の挨拶を皮切りに盃を
や重力波、高エネルギーガンマ線、最高エ
先輩と議論を交わす眼差しは、徐々に優し
交わしました。「若い人の情熱を感じまし
ネルギー宇宙線、観測的宇宙論の各チーム
くなっていきました。いよいよ最終日、5
た。ぜひ一緒に研究をしましょう」。お待
に分かれて実践。日付が変わる深夜まで実
日間の研究成果を発表するプレゼンテー
ちしています。
ICRR News NO. 96 2016 spring
20
イベント報告
ICRR ×IPMU 合同一般講演会
東京大学宇宙線研究所とカブリ数物連携
り、抽選で参加者を選びました。
の質問がありました。
宇宙研究機構(カブリ IPMU)の合同一般
宇宙線研究所の早戸良成准教授と、カブ
イベント終了後には、早戸先生と西道先
講演会「宇宙を読み解く」が、2016 年 4
リ IPMU の西道啓博特任助教の 2 人が登壇
生が会場のホールの入口で、参加者から直
月 16 日(土)、千葉県柏市のアミュゼ柏
しました。それぞれのタイトルは「ニュー
接質問を受け付けました。「時間の許す限
で開かれました。春と秋の年に 2 回開催
トリノ∼明らかになってきた性質と残され
り」というアナウンスでしたが、約 1 時
しており、今回で 14 回目を迎えました。
た
」、「すばる望遠鏡∼ビッグデータから
間半にわたって熱い議論が交わされまし
昨年の梶田隆章所長のノーベル物理学賞受
迫る宇宙のダーク成分」。講演後の質疑応
た。また、梶田所長と記念写真を撮ろうと
賞の影響を受けて、インターネットでの募
答では、「クォークはさらに細かい粒に壊
多くの人が列を作っていました。
集を初めて 1 週間で定員の 400 人に到達。
せると思いますか?」「宇宙の膨張の速度
最終的に 800 人以上の参加申し込みがあ
が光速を超えることはありますか?」など
受
受
賞
賞
日本天文学会研究奨励賞 ― 小野 宜昭
東京大学宇宙線研究所の小野宜昭助教が、すばる望遠鏡やハッブル宇宙望遠鏡などを用いた深宇宙探査観
測によって高赤方偏移宇宙のフロンティアを拡大し、宇宙再電離や銀河の形成と進化の研究に大きく貢献し
た功績により、2015 年度日本天文学会研究奨励賞を受賞しました。日本天文学会研究奨励賞は、最近 5 年
間における天文学への寄与が顕著なる 35 歳以下の若手研究者を対象に、各年度 3 名以内に授与されます。
ICRR News NO. 96 2016 spring
21
人
事
異
動
発 令 日
氏 名
移動内容
職
H27.11.13
H27.11.15
H27.11.16
H27.11.16
H27.11.20
H27.11.30
H27.11.30
H27.11.30
H27.12.1
H27.12.1
H27.12.15
H27.12.31
H28.1.1
H28.1.1
H28.1.1
H28.1.4
H28.3.1
H28.3.15
H28.3.16
H28.3.16
H28.3.24
H28.3.26
H28.3.31
H28.3.31
H28.3.31
H28.3.31
H28.3.31
H28.3.31
H28.3.31
H28.3.31
H28.3.31
H28.3.31
H28.3.31
H28.3.31
H28.3.31
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
DOMINIS PRESTER, Dijana
林田 美里
林田 美里
山下 陽子
石塚 秀喜
浅香 貞子
川上亜希子
水脇 智子
中畑 雅行
福原 奈々
WENDELL, Roger Alexandre
林田 美里
梶田 隆章
DELGADO MENDEZ, Carlos Jose
福田 大展
樋口 諒
端山 和大
戸村 友宣
PRONOST, Guillaume Jean Francois
戸村 友宣
DELGADO MENDEZ, Carlos Jose
DUVAL, Florent Marcel Didier
寺澤 敏夫
久保真理子
澁谷 隆俊
田中 周太
藤井 俊博
樋口 諒
原 弥生
清水 光文
池羽希理子
田村 明子
豊島 義明
丹羽 宏樹
和仁 照子
川崎 雅裕
大橋 正健
川村 静児
三代木伸二
内山 隆
宮川 治
山元 一広
齊藤 芳男
苔山圭以子
端山 和大
廣瀬 榮一
Craig Kieran
加藤 陽
衣川 智弥
庄司裕太郎
榊 直人
澁谷 隆俊
任期満了
任期満了
採 用
採 用
逝 去
退 職
退 職
退 職
兼 務 命
採 用
退 職
任期満了
称号授与
採 用
採 用
受入開始
採 用
任期満了
採 用
受入開始
任期満了
受入終了
定年退職
任期満了
任期満了
受入終了
受入終了
受入終了
任期満了
任期満了
任期満了
任期満了
任期満了
任期満了
任期満了
兼 務 命
兼 務 命
配 置 換
配 置 換
配 置 換
配 置 換
配 置 換
配 置 換
配 置 換
配 置 換
配 置 換
配 置 換
採 用
採 用
採 用
採 用
受入開始
特任准教授(外国人客員)
特任専門職員
学術支援専門職員
臨時用務員
技術専門職員
事務補佐員
学術支援職員
臨時用務員
副所長
事務補佐員
助 教
学術支援専門職員
特別栄誉教授
特任教授(外国人客員)
特任専門職員
短期共同研究協力員
特任助教
特任助教
特任研究員(プロジェクト研究員)
協力研究員
特任教授(外国人客員)
学振外国人特別研究員
教 授
特任研究員(研究所研究員)
特任研究員(研究所研究員)
学振特別研究員
協力研究員
短期共同研究協力員
事務補佐員
技能補佐員
技術補佐員
技術補佐員
技術補佐員
技術補佐員
臨時用務員
副所長
附属重力波観測研究施設長
附属重力波観測研究施設
附属重力波観測研究施設
附属重力波観測研究施設
附属重力波観測研究施設
附属重力波観測研究施設
附属重力波観測研究施設
附属重力波観測研究施設
附属重力波観測研究施設
附属重力波観測研究施設
附属重力波観測研究施設
特任研究員(研究所研究員)
特任研究員(研究所研究員)
特任研究員(研究所研究員)
特任研究員(プロジェクト研究員)
学振特別研究員
ICRR News NO. 96 2016 spring
22
発 令 日
氏 名
移動内容
職
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
H28.4.1
樋口 諒
藤井 俊博
山本 常夏
窪 秀利
青田 晶子
伊藤 依子
岩松 美穂
前田由香利
佐藤 直子
南 美保子
寺澤 敏夫
大浦 輝一
大塚 浩一
渡邉 亘
受入開始
受入開始
新規委嘱
新規委嘱
採 用
採 用
採 用
採 用
採 用
採 用
受入開始
転 入
転 入
転 出
学振特別研究員
学振特別研究員
客員教授
客員准教授
事務補佐員
事務補佐員
事務補佐員
事務補佐員
臨時用務員
臨時用務員
協力研究員
専門員(予算決算係長兼務)
一般職員
予算・決算係長
(H27.11.2〜H28.4.1)
2016.4.6
2015.12.9
赤池陽水(早稲田大学)
“CALET: direct cosmic ray measurements on the International Space Station.”
Florian Rodler
"Inspecting the atmospheres of giant exoplanets"
2016.4.27
2016.1.13
佐藤文隆
“いまさら量子力学~ν振動、重力波検出、・・そして
科学と社会~”
松井俊憲(富山大学)
“Gravitational waves as a probe of extended scalar sectors
with the first order electroweak phase transition”
2016.5.16
2016.2.8
Basudeb Dasgupta (Tata institute)
"Temporal Instability of Supernova Neutrinos"
Pravata Mohanty (Tata Institute)
“Cosmic Ray Studies with GRAPES-3 Experiment”
2016.2.22
山本博章(LIGO)
“Observation of Gravitational Waves from a Binary Black
Hole Merger”
2016.2.24
広谷幸一(台湾中央研究院)
“Energetic Gamma Radiation from Rapidly Rotating Black
Holes”
2016.3.16
Carlos Delgado (CIEMAT, Madrid and ICRR)
“A review of AMS-02 and its results after nearly 5 years of
operation.”
2016.3.23
寺澤敏夫
“宇宙の非熱的・非定常現象の研究”
ICRR News NO. 96 2016 spring
23
重力波観測研究施設
重力波観測研究施設が発足しました。場
所は、神岡宇宙素粒子研究施設と同じ岐
阜県飛騨市神岡町の山のふもとです。大
型低温重力波望遠鏡「KAGRA」は、2016
年 3 月に試験運転を実施しました。今後
さらに感度を高める改良を重ね、2017
年度末の本格稼働を目指します。
No. 96
東京大学宇宙線研究所
2016 spring
〒277-8582 千葉県柏市柏の葉 5-1-5 TEL (04) 7136-5148
編 集 広報室
バックナンバー:http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/cat-icrr/
Fly UP