...

(第57巻第3号)・通巻568号 - 一般財団法人 日本生物科学研究所

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

(第57巻第3号)・通巻568号 - 一般財団法人 日本生物科学研究所
2011 MAY
No. 568
2011 年(平成 23 年)5 月号 第 57 巻 第 3 号(通巻 568 号)
挨拶・巻頭言
農薬の話し
........................................真 板 敬 三( 2 )
獣医病理学研修会
第 50 回 NO. 1013 ネコの大脳
................... 鳥取大学獣医病理学教室( 3 )
レビュー
鶏の大腸菌症の発生状況について
........................................永 野 哲 司( 4 )
伝染性気管支炎ウイルスレセプターに
関する最近の知見 .............石 山 真 衣( 9 )
お知らせ
学会発表演題 .........................................(14)
http://nibs.lin.gr.jp/
2(34)
日生研たより
農薬の話し
真板敬三
ヒトにより幸せの思いは様々だろうが,精一杯働いた後の空腹時に美味しいものを腹一杯食べる時の満足
感は,何人にも共通した至福の瞬間ではないだろうか。生きとし生けるものの営みは,如何に食糧を確保し
子孫を繁栄せしめるかに涙ぐましい努力と狡猾な知恵を巡らしてきたことにある。今や地球上で一人勝ちを
収めたかに見える人類でも,どの階層の人も一応満足できる食べ物を享受できる国はほんの一握りだし,国
民の半数以上が飢餓線上にある国が大多数といっても過言ではない。今や飽食の日本においても,50 代以
上の人達の間には日本は貧しいという潜在意識がこびりついていて,家に食べ物の買い置きがないと何とな
く不安を感じる向きも少なくないだろう。確かに現在の日本には溢れんばかりの食物が供給されている。そ
のかなりの部分は経済力にものを言わせて世界中から輸入したものだが,国内の農業生産能力が過去 50 年
間で飛躍的に伸びたことも紛れもない事実である。それには圃場の整備,生産技術の向上もさることながら,
近年の化学工業の発展と共に進歩した農薬の貢献も計り知れない。
日本の神事には農業に関わることが多い。年始めの豊年豊作祈願から秋の収穫祭まで,作物が無事に育ち
人々が飢えること無きよう神に祈るのである。冷害,日照り,大水,ウンカの襲来,作物の病などなど,一
年中農家の心配材料は尽きず,おまけに田畑は 10 日も放っておくと雑草の海と化す。夏に必須の農作業の
一つは草取りだったが,これは中腰に汗まみれで草の先で目を突く哀しいほど辛い作業である。農村のおば
あさんといえば腰の曲がっているのが当たり前だったし眼病も少なくなかったが,現在はみなシャンとして
いる。米作では低温時におけるイモチ病の被害は甚大で,東北地方での周期的な大飢饉の原因であった。現
在は耐寒性品種の作付けとイモチ剤を予防的に適用することで,記録的な低温年を除き壊滅的被害に遭うこ
とはない。米の生産を昭和初期と現在で比べると単位面積当たりの収穫量は倍以上である。食卓にカラフル
なサラダが一年中並ぶようになったのは何時の頃からだろうか。野菜や果物が色鮮やかで型がそろい,傷物
に滅多にお目にかかれなくなってからも久しい。これは品種改良,温室栽培の普及,包装・運搬器具等の技
術向上もさることながら,食虫害/植物病予防及び生産者の労働軽減を果たして生産性向上をもたらした農
薬の寄与が大きい。
残留農薬の毒性を心配する人は多いが,どの作物にも天然の化学物質(毒物)が多量に含まれることは意
外と知られていない。作物の役目はヒトに食べられるのではなく,花を咲かせ身を実らせ優れた子孫を残す
ことにある。その成長過程で病気に罹患,動物に食されたのでは役目を果たせないため,動けない作物が殺
菌効果あるいは捕食動物の活性を損なう毒物を備えるのは当然の自衛措置である。天然の毒物には遺伝子異
常や発がん性を持つものが少なからずあり,品種改良とは毒物の量を減らし,食味を良くし,収穫量の増大
を図る努力と言えるだろう。野生種に比し格段に濃度は減っているが,現在の作物にも数百 ppm から数千
ppm の濃度で毒物が含まれ,毒性発現量の差は数倍から数百倍の程度のものも少なくない。もっとも,唐
辛子やコーヒーのように,辛みや興奮物質は毒物だが,同時にそれを目的に人が利用することもあり問題は
単純でないが,毒物であることに変わりはない。一般的に品種改良が進まないものほど毒物量が多い。従っ
て,カレーの材料とかハーブの類での含有量は多く,カレーを週 3 回食べデザートはハーブ入りアイスク
リーム,最後はコーヒーで締めて頂くと間違いなく発がんする勘定になる。しかし,これで発がんしたので
はインドやパキスタンの方は全員が瘤だらけになってしまう。現実にそれが起こらないのは,我々にはカ
レーに含まれる程度の毒物は完全に無毒化する代謝能力を備えているからである。一方,市場の作物から検
出される残留農薬の濃度はせいぜい数 ppb である。農薬は化学物質でヒトは過去に遭遇したことがないか
ら代謝できない,という人がいる。その言を敷衍すると,カレーを数千世代に亘り全く食べたことのないエ
スキモーの方は,カレーを食べると発がんしなくてはならない。農薬は動物代謝試験で代謝物の種類,量,
排泄経路・時間を詳細に調べられており,動物で代謝できるものをヒトができないことはあり得ない。あの
DDT ですら時間の経過と共に無毒化され体外に排泄されて行く。化学物質の安全性評価の基本は,毒性を
交通量の多い大通りに喩えると,通りからどの程度離れたら安全かを推定することである。10m 離れたら
まあ安全で 20m ならもっと安心できよう。農薬は最低でも 1,000m 離れることで安全性を担保している。 我々は農薬を上手に,賢く,恐れずに利用して現代生活の便利さを享受すべきであろう。
(監事)
57(3),2011
3(35)
ネコの大脳
鳥取大学獣医病理学教室 第 50 回獣医病理学研修会標本 No. 1013
考察:本例は,腎皮質および大脳における化膿性肉芽腫
動物:ネコ,雑種,雌,7 ヵ月齢。
性炎症の存在並びに炎症巣のマクロファージに FIP ウイ
臨床事項:2008 年 11 月に食欲不振および元気消失を主
ルス陽性像が認められたことから FIP と診断された。し
訴に某動物病院を受診。初診時には脱水および発熱が
かし,脳のみに重度うっ血を認め,うっ血の原因を FIP
見られ,血液検査では白血球数の著しい上昇が認められ
感染による病巣のみでは説明できず,うっ血の機序につ
た。第 2 病日から神経症状(意識混濁,全身性痙攣,両
いてさらに検討した。その結果,硬膜上矢状静脈洞に線
前肢強直など)を呈し,第 3 病日には両後肢固有知覚反
維素血栓が認められた。静脈洞における血栓形成はヒ
応の消失が見られた。その後状態は改善されず,第 5 病
トにおいて静脈洞血栓症と呼ばれ,多様な神経症状を示
日に死亡した。
し,時に死亡することが報告されている。原因としては
剖検所見:脳全体は重度うっ血により赤色調を呈し(図
頭部の炎症,栄養不良,脱水などが考えられており,特
1),割面では髄膜内の静脈が拡張し,右側脳室内に出血
に頭部近傍の組織における炎症は本症を引き起こしやす
が見られた。また,両側腎臓の被膜下皮質に最大直径
いとされる。過去に動物での静脈洞血栓症は報告されて
1cm に至る乳白色結節が散在していた。
いない。今回,
脳室に主座する炎症および髄膜脳炎(FIP
組織所見:組織学的にも脳全域におけるうっ血が認
ウイルス感染による)が,ネコにおいて静脈洞血栓症を
め ら れ, 赤 血 球 が 充 満 し 拡 張 し た 静 脈( 図 2,Bar =
100μm)および血管周囲を中心とした水腫が見られた。 惹起した可能性があることに注目し出題した。
(櫻井 優・森田 剛仁)
大脳の脈絡叢,脳室上衣,髄膜および脳室周囲の実質に
参考文献:
炎症性細胞浸潤が見られた(図 3,Bar = 50μm)。 炎
症は特に第 3・第 4 脳室内および髄膜において著明で, 1. Brown C. C. Baker, D. C,and Baker, I. K. 2007.
Alimentar y System. pp. 290–292. In : Pathology of
好中球およびマクロファージを主体とした化膿性肉芽腫
Domestic Animals,5th ed,. vol 2.(Maxie, M. G. ed)
,
性病巣を形成していた。同様の炎症巣は両側腎臓皮質に
Saunders, Philadelphia.
も散在していた。硬膜上矢状静脈洞に線維素血栓が形成
されていた(図 4,
Bar = 200μm)。猫伝染性腹膜炎
(FIP) 2. Graham, D. I. 1992. Hypoxia and vascular disorders,
pp. 234–235,In : Greenfield s Neuropathology,5th ed.
ウイルス抗体陽性像が炎症巣のマクロファージに一致し
(Adams, J. H. and Leo, W. D. ed)
, Edward Arnold, Great
て認められた(図 5,Bar = 20μm)
。
Britain.
診断:著明なうっ血を伴う脈絡叢炎および髄膜炎(猫伝
染性腹膜炎ウイルス感染による)
4(36)
日生研たより
レビュー
鶏の大腸菌症の発生状況について
永野哲司
鶏大腸菌症は,養鶏産業で最も対策が切迫してい
に病原性を引き起こす大腸菌は通常 Avian Patho-
る疾病のひとつである。特にブロイラー産業におい
genic E. coli と呼ばれ APEC と略されることが多く,
て,本症が発生すると斃死羽数の増加に伴って育成
また消化器感染よりも呼吸器感染を主体としている
率を減少させるだけでなく,発生した鶏群の増体率
こ と か ら Extraintestinal Pathogenic E.coli(腸 管 外
を低減させて生産指数を低下させる。そのため,本
病原性大腸菌;ExPEC)として,分類されること
症が発生した農場における経営上の損害は甚大なも
もある[1]
。それによりヒト感染事例由来の Ex-
のとなる[1]
。一方,採卵鶏においても斃死数の増
PEC と APEC が遺伝学的に近縁であることを示し
加や卵管炎といった発生に加えて産卵低下が引き起
た論文もあるが,両者の関連性については未だ不明
こされる症例も報告されている[6]
。一般的に,ブ
のところが多い[2, 3, 9, 10]
。
ロイラーでは 5 ∼ 6 週齢に好発するとされていたが, 鶏大腸菌症の多くは呼吸器を通じて感染し,様々
近年では 3 ∼ 4 週齢のより若齢での発生が増加する
な病型を引き起こすことが知られている[1, 11]。
傾向にある。これについては,飼養管理形態の変化
従来はその病態から,特徴的な病変を示さず突然斃
や育種改良の影響によるものではないかと推察され
死する急性敗血症型,心臓及び肝臓等に漿膜炎がみ
ている。採卵鶏で発生する場合は,産卵開始からそ
られる亜急性漿膜炎型,肝臓や腸管に多数の肉芽腫
のピークに達するまでの期間に多発する傾向にあり, を形成する慢性肉芽腫症型,皮下に化膿性炎がみら
産卵開始によるストレスが関与していると推察され
れる皮下織炎型などに分類されていた[7]
。近年は,
ている。また,産卵後期の 50 週齢以降に発生する
鶏大腸菌症を全身感染症と局所感染症に区別した上
傾向もあるとされている[6]。
で,さらに全身感染症については敗血症,敗血症に
鶏大腸菌症の原因である大腸菌は約 180 の O 抗
続発する症状,肉芽腫症に細分している[1]
。
原型に分類されているが,鶏に病原性を示す血清型
全身感染症における敗血症は,呼吸器由来(気嚢
を調べると O78 が最も多い[1, 4, 5, 8, 11]
。これに
感染,慢性呼吸器病)
,腸管由来,幼ヒナ,採卵鶏,
次いで O2 や O1 による報告が多いものの,その他
アヒルに区分され,その敗血症に続発する症状とし
の血清型による発生事例も少なくはない[1, 11]
。
ては,髄膜炎 / 脳炎,全眼球炎,骨髄炎,脊椎炎,
この菌は鶏の腸管における正常細菌叢を構成する細
関節炎 / 多発性関節炎,滑膜炎 / 腱鞘炎,胸骨滑
菌の一つであることから,その潜在的な発症リスク
液嚢炎,慢性線維素性心膜炎,若齢期の卵管炎が上
はほぼすべての飼育鶏が有していると思われる。一
げられている。局所感染症については,臍帯炎 / 卵
般的に健康な状態で飼育されているときは非感染あ
黄嚢感染,蜂窩織炎,頭部腫脹症候群,下痢,生殖
るいは不顕性感染で経過しているものの,何らかの
器大腸菌症(膣炎),卵管炎 / 腹膜炎 / 卵管腹膜炎,
要因が引き金となり発症に至ることも明らかとなっ
精巣炎 / 精巣上体炎 / 精巣上体精巣炎が上げられ
ている[1]
。それらの要因としては鶏舎内の換気や
ている[1]
。このように鶏大腸菌症は,種々の局所
温・湿度管理の不良,密飼等のストレス及び飼料や
感染に加えて敗血症のような全身感染,並びにその
飲水の汚染等の飼育環境要因,鶏伝染性気管支炎ウ
後の続発症といった様々な病態を引き起こすことが
イルス,鶏伝染性ファブリキウス嚢病ウイルス等の
明らかとなっている。
免疫抑制性感染症,鶏コクシジウムなどの消化器系
このように多様な病態を引き起こしながら,養鶏
感染症,その他の感染症への罹患,さらに生ワクチ
産業に甚大な損害を与えている鶏大腸菌症であるが,
ン投与によるストレス等が報告されている[1]
。鶏
本病は家畜伝染病や届出伝染病には指定されておら
57(3),2010
5(37)
ず,監視伝染病の指定を受けていないため,その発
みると,発生件数が増加する傾向にあるものの,発
生状況の詳細を統計的に取りまとめた資料はないと
生羽数自体に同様の傾向が認められないことから,
されている。ただ,農林水産省が発表している家畜
発生したとしてもある程度規模が小さく済んでいる
衛生週報の家畜衛生情報でその発生件数,発生羽数
のではないかと推察される。一方で,発生した場合
並びに死亡羽数が報告されている。これについては
の死亡率が明らかに上昇しているとも解釈できる。
必ずしも我が国での発生の全体像を捉えているもの
家畜衛生情報では,鶏大腸菌症のみ単独で発生し
ではないとする意見もあるが,ある程度の状況まで
た報告以外に,伝染性気管支炎等のウイルス性感染
は把握できるのではないかと考えている。図 1 に発
症との合併症,マイコプラズマ症やブドウ球菌症等
生 件 数,図 2 に 発 生 羽 数 と 死 亡 羽 数 を そ れ ぞ れ
の細菌性感染症との合併症,鶏コクシジウム等の寄
1994 年から 2009 年まで示した。発生件数を見ると,
生虫性感染症との合併症といった混合感染症の報告
1994 年以降 2003 年までは若干の減少傾向にあった
も別途記載してある。それらも含めた上で鶏大腸菌
ものの,2005 年から 2008 年に急増している。一方
症 の 発 生 羽 数 を 図 3 に 示 し た。1994 年 の 伝 染 性
で,2009 年には若干であるが減少している。発生
ファブリキウス嚢病との合併症,2003 年のコクシ
羽数をみると 1994 年から 2000 年頃までは減少傾向
ジウム症との合併などを除くと,単独感染での発生
にあるように見えるが,2001 年以降から 2009 年ま
報告が多く,複合的な感染例の報告が少ないことが
では年度ごとに大きく異なり,一定していない。し
示されている。また,合併症を取りまとめた場合で
か し,そ の 内 に 含 ま れ る 死 亡 羽 数 を み る と,
も発生羽数については年度ごとで大きく異なり,そ
1994 年以降から 2003 年までは若干の減少傾向に
の発生傾向は認められない。
あったものの,2005 年から 2008 年にかけて増加し
鶏大腸菌症の発生状況を断面的に眺めることがで
ていることが明らかである。この死亡羽数の増加を
きる資料として厚生労働省が発表している食鳥検査
引き起こしている誘因については現在のところ不明
成績がある。この資料からは,年間約 6 億羽のブロ
であり,今後の調査及び解析が待たれる。全体的に
イラー並びに約 1 億羽の成鶏について出荷段階での
140
120
戸数
100
80
60
40
20
0
1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009
図 1 鶏大腸菌症の発生件数(家畜衛生情報より)
8万
羽数
6万
4万
2万
1994 1995 1996
1997
1998 1999 2000 2001
2002
2003 2004
2005 2006 2007 2008 2009
図 2 鶏大腸菌症の発生羽数と死亡羽数(家畜衛生情報より)
6(38)
日生研たより
寄生虫性疾患との合併症
10万
細菌性疾患との合併症
ウイルス性疾患との合併症
羽数
8万
鶏大腸菌症のみ
6万
4万
2万
1994
1995 1996 1997 1998
1999 2000 2001 2002 2003
2004 2005 2006
2007
2008 2009
図 3 鶏大腸菌症と他疾患との合併症の発生羽数(家畜衛生情報より)
本症の発生状況を読み取ることが可能であり,それ
いることである。有効な対策手段が適確に講じられ
ぞれ処理羽数,解体禁止羽数,全廃棄羽数,部分廃
た場合は,鶏大腸菌症もこのような道筋を辿ること
棄羽数が原因別に集計されている。それら資料を元
が期待できる。
にして,1993 年から 2008 年までの期間について解
表 1 は,2008 年度の食鳥検査成績から解体禁止
体禁止及び全廃棄の措置が取られた鶏羽数とその原
羽数及び全部廃棄羽数,それらの中で鶏大腸菌症と
因について図 4 にとりまとめた。1993 年から 2008
診断された羽数をブロイラーと成鶏別に抜粋したも
年までの間に解体禁止及び全部廃棄措置を執られた
のである。
原因として削痩及び発育不良が常にトップに位置し
何れの検査においても,鶏大腸菌症は脱羽後検査
ながらも,この数年で減少していく傾向が認められ
時で解体禁止の原因となるよりも,むしろ内臓摘出
る。1993 年の時点では腹水症やマレック病に次ぐ 4
後検査での全部廃棄の原因となることが圧倒的に多
位であった鶏大腸菌症は,1997 年以降増加傾向に
い。また,ブロイラーと成鶏では,全体的な解体禁
あり,2002 年あるいは 2006 年からは急増している。
止率や全部廃棄率に大きな差異が認められないもの
その他には,炎症,腹水症や変性なども増加傾向に
の,全部廃棄率に占める大腸菌症の割合がブロイ
はある。注目するべき点としては,ワクチンの卵内
ラーで異常に高いことが示されている。飼育期間,
接種法の普及に伴ってマレック病が確実に減少して
飼育方法や鶏種などの様々な背景が異なるので,単
マレック病
大腸菌症
変性
腹水症
出血
炎症
削痩及び発育不良
放血不良
350万
300万
羽数
250万
200万
150万
100万
50万
1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008
図 4 食鳥検査で解体禁止及び全部廃棄措置が執られた主な原因
57(3),2011
7(39)
表 1 平成 20 年度の食鳥検査成績
処理羽数
解体禁止羽数
(%)
全部廃棄(%)
合計
全数
大腸菌症
全数
大腸菌症
全数
大腸菌症
ブロイラー
641,209,894
3,016,697
(0.471%)
27,559
(0.004%)
5,011,834
(0.782%)
2,328,083
(0.363%)
8,028,831
(1.232%)
2,355,642
(0.367%)
成鶏
79,269,084
471,917
(0.595%)
28
(0.000%)
566,526
(0.715%)
1,231
(0.002%)
1,038,443
(1.310%)
1,259
(0.002%)
総計
720,478,978
3,488,614
(0.484%)
27,587
(0.004%)
5,578,360
(0.774%)
2,329,314
(0.323%)
9,067,274
(1.258%)
2,356,901
(0.327%)
純に比較できないが,数字だけをみてもブロイラー
4.2 倍程度にまで増加している。図 6 に示した成鶏
での鶏大腸菌症の被害が大きいことがわかる。
の場合も,解体禁止及び全部廃棄された羽数は年度
図 5 にはブロイラーについて,図 6 には成鶏につ
ごとにある程度の変動が認められる。一方で,その
いて,それぞれ食鳥検査で全部廃棄された羽数とそ
中に占める鶏大腸菌症の割合は著しく低いものであ
のうち鶏大腸菌症と診断された羽数を示した。
り,グラフ上では 2000 年に被害が増加したことが
1993 年から 2008 年におけるブロイラーの全部廃
確認できるが,それによって全体的な全部廃棄羽数
棄羽数には,年度ごとにある程度のバラツキを認め
が増加するといった影響は認められない。成鶏にお
るものの,300 万∼ 500 万羽の範囲内に収まり,お
ける解体禁止及び全部廃棄の原因は,2008 年の食
よそ 400 万羽で一定している。そのなかで鶏大腸菌
鳥検査成績を見る限りは削痩及び発育不良,腹水症,
症が占める割合を見ると,2003 年を境に顕著な増
腫瘍,炎症,放血不良の順であり,これらが全体の
加傾向を示しており,2008 年においては 4 割を超
86%を占めている。成鶏の食鳥検査において鶏大腸
えている。1993 年での羽数と比較すると単純に約
菌症の被害はさほど大きなものではないことが分か
大腸菌症
500万
羽数
400万
300万
200万
100万
1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008
図 5 ブロイラー鶏の全部廃棄羽数とその中で鶏大腸菌症と判定された羽数
大腸菌症
500万
羽数
400万
300万
200万
100万
1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008
図 6 成鶏の全部廃棄羽数とその中で鶏大腸菌症と判定された羽数
8(40)
る。
日生研たより
losis and apparently healthy chickens in Japan. Microb. Immunol. 50 : 961–966.
5. 小澤真名緒ら.2007.鶏大腸菌症由来大腸菌にお
最後に
けるフルオノキノロン耐性と血清型の関係.第
感染性疾患に対して,ワクチンを含む様々な対策
144 回日本獣医学会(酪農学園大学)講演要旨集.
資材が研究・開発され実際の農場で汎用されてきた
6. 村瀬敏之.2009.採卵用鶏における大腸菌症.鶏
ことで,現在の養鶏産業は種々の感染症をコント
病研報 45 : 147–155.
ロールできるようになってきた。しかしながら,こ
7. 中村菊保.1988.鶏大腸菌症野外例及び実験例の
こに至って鶏大腸菌症による被害が急増してきてい
病理学的変化について.鶏病研報 24 : 37–48.
る。これに対して抗生物質や不活化ワクチンといっ
8. 長井伸也ら.1995.Ⅲ –3 頭部腫脹症候群を示す
た対策が講じられてはいるものの,その発生を完全
鶏から分離された大腸菌の特徴.第 120 回日本獣
にコントロールすることは至極困難なようである。
医学会(鳥取大学)講演要旨集.
基本的には病原体となる大腸菌自体が,種鶏群から
の伝播あるいは農場での常在化により,鶏群に定着
9. 坂崎利一.2000.新訂食水系感染症と細菌性食中
毒(坂崎利一編)中央法規出版.
していることが一因と推察される。そのため,これ
10. 坂崎利一,田村和満.1992.腸内細菌,近代出版.
を排除するような衛生対策よりも,むしろ疾病の発
11. 佐藤静夫.1988.鶏の大腸菌症.鶏病研報 24 : 1
生自体をコントロールする方向性を目指すことが一
番適切と考える。そこには,より強力な対策資材を
開発するだけでなく,常に育種改良されているブロ
イラーに対してその時々で最適な飼養育成管理も付
随していくべきと思われる。もう一方で,現在のと
ころ鶏大腸菌についてはヒトの公衆衛生学的な危険
性は示されていない[9, 10]
。しかし,ヒトの腸管
外感染性病原性大腸菌との関連性やニューキノロン
等の薬剤耐性に関して,今後新たな知見が得られて
きた場合は,鶏大腸菌自体に関してさらに注意深く
監視し,排除方法を考えていくことが必要と思われ
る。
参考文献
1. Barnes, H. J. et al. 2003. Disease of Poultry 12th
ed., (Saif, Y. M. et al. eds.) Iowa State Press, Ames,
Iowa.
2. Dho–Moulin, M. and Fairbrother, J. M. 1999. Avian
pathogenic Escherichia coli(APEC)
. Vet. Res. 30 :
299–316.
3. Ewers, C. et al. 2007. Avian pathogenic, urogenic,
and new–born meningitis–causing Escherichia coli
: how closely related are they? Int. J. Med. Microb.
297 : 163–176.
4. Kawano M. et al. 2006. Genotypic analysis of Escherichia coli isolated from chickens with colibacil-
–11.
57(3)
,2011
9(41)
レビュー
伝染性気管支炎ウイルスレセプターに関する最近の知見
石山真衣
伝 染 性 気 管 支 炎 ウ イ ル ス(Infectious bronchitis
質 は,一 つ の 細 胞 膜 貫 通 領 域 を 持 つ type1 trans-
virus, IBV)は,コロナウイルス科に属する RNA ウ
membrane 蛋白の三量体で,N 末端側に位置する
イルスである。ニワトリに呼吸器障害・腎臓障害・
S1 サブユニットならびに C 末端側に位置する S2
産卵低下を引き起こし,養鶏業界に大きな経済的損
サブユニットに区分される(Fig. 2)
。S1 は細胞表
失を与えている。宿主への侵入は主に気道器を介し
面ウイルスレセプターの認識・結合に関与し,多く
て行われ,上部気道粘膜上皮細胞で感染・増殖後,
のコロナウイルスのレセプター結合部位が S1 に同
ウイルス血症を経て腎臓や生殖器官等全身に拡がる
定されている[16]
。S2 は,インフルエンザウイル
[13]
。腎病変を伴う場合の致死率は高く,腎臓に親
ス の ヘ マ グ ル チ ニ ン 2(HA2)な ら び に HIV の
和性の高いウイルス株はニワトリに対する病原性が
gp41 と同様に fusion peptide,heptad repeat 1・2 ア
強いと考えられる。
ミノ酸配列を持ち(Fig. 2)
,S1 によるレセプター結
他のコロナウイルスと同様,IBV の宿主動物・感
合に引き続くウイルス粒子の細胞膜融合・侵入に重
受性細胞域は狭い。自然宿主はニワトリであるが,
要な役割を果たすと考えられる。
キジやシチメンチョウからもまれに IBV が分離さ
Table 1 に,現在までに同定されたコロナウイル
れることから[14]
,他のコロナウイルスと同様に,
IBV も遺伝子変異により宿主域が拡がる可能性があ
る。IBV は in vitro に お い て,鶏 腎 初 代 培 養 細 胞
(CK 細胞)ならびに発育鶏卵で最も効率よく増殖し,
Beaudette 株のような一部のウイルス株を除いて,
哺乳動物培養細胞では増殖しない[15]
。
コロナウイルスの宿主特異性の決定には,感染初
期段階におけるウイルススパイク(S)蛋白質によ
Fig. 2 コロナウイルス S 蛋白質の構造。
SP : signal peptide
RB : receptor binding domain
FP : fusion peptide
HR : heptad repeat
TM : transmembrane
る細胞表面のウイルスレセプターの認識が重要な役
割を果たしている(Fig. 1)
。コロナウイルス S 蛋白
Fig. 1 コロナウイルスと細胞の相互作用
スパイク蛋白 S1 領域が細胞表面のレセプターと結合する。
Table 1 コロナウイルスレセプター
10(42)
日生研たより
スのレセプターを示す。グループ 1 コロナウイル
などにおいて重要な機能を担っている。様々なウイ
スに属する豚伝染性胃腸炎ウイルス(TGEV)
,ヒ
ルスがシアル酸を細胞吸着因子・レセプターとして
ト呼吸器コロナウイルス 229E 株(HCoV–229E)
,
使用する事が知られているが,A 型インフルエンザ
イヌコロナウイルス(CCoV)
,ネコ伝染性腹膜炎
ウイルスの HA によるシアル酸認識が最も詳細に解
ウイルス(FIPV)は,それぞれ動物種特異的なア
析されている。HA とシアル酸の結合は,糖鎖にお
ミノペプチダーゼ N(APN)をプライマリーレセプ
けるシアル酸とガラクトースの結合様式により決定
ターとして利用する。グループ 2 コロナウイルスに
され,ヒト由来ウイルス HA は,シアル酸とガラク
属するヒトコロナウイルス OC43(HCoV–OC43)
,
トースがα2 → 6 結合したα2, 6 型シアル酸を認識し,
ウシコロナウイルス(BCoV)
,ブタ血球凝集性脳
トリ由来ウイルス HA はα2 → 3 結合したα2, 3 型シ
脊 髄 炎 ウ イ ル ス(HEV)は N–acetyl–9–O–acetyl–
アル酸を認識する[8]
。ヒトの気道上皮細胞では
neuraminic acid をレセプターとし ,マウス肝炎ウ
α2, 6 型,トリではα2, 3 型が主に発現されているた
イルス(MHV)のレセプターは carcinoembryonic
め,ヒトインフルエンザウイルスとトリインフルエ
antigen cell adhesion molecule 1(CEACAM1)であ
ンザウイルスはそれぞれの宿主の間で交差感染しな
る。また,グループ 4 コロナウイルスに属する重症
いと考えられる。一方,ブタの気道上皮細胞には,
急性呼吸器症候群ウイルス(SARS–CoV)のレセプ
α2, 3 型とα2, 6 型両方のシアル酸が発現しているた
タ ー は angiotensin – converting enzyme2(ACE2)
め,ブタはヒトインフルエンザウイルスとトリイン
と CD209L であると同定されている[5]
。
フルエンザウイルス両方の宿主となり,それらが同
他のコロナウイルスと同様に,IBV の S 蛋白質も
時感染することによって,ブタの体内でリアソータ
S1・S2 サ ブ ユ ニ ット か ら 構 成 さ れ,S1 が レ セ プ
ントが形成される可能性がある。
ター結合,S2 が細胞膜融合・侵入に機能すると考
IBV 株の中には赤血球凝集反応を引き起こすウイ
えられている。しかしながら,IBV が属するグルー
ルス株があることから,以前から IBV の感染過程
プ 3 コロナウイルスの感染分子機構に関する研究は
においてシアル酸が関与する可能性が示唆されてい
進んでおらず,IBV のレセプターはいまだ明らかに
た[1]
。近年,IBV がヒトインフルエンザウイルス
されていない。近年,IBV の宿主細胞レセプター結
と同様に細胞表面のα2, 3 型シアル酸を介して感染
合に関与する細胞表面分子として,シアル酸,ヘパ
することが報告されている[3]
。Rahman らは,
ラン硫酸,APN が報告された[1, 2, 3, 4, 9]
。本稿
Beaudette 株 の Vero 細 胞 な ら び に BHK 細 胞 に お
では,これらの細胞表面分子の性状ならびに IBV
ける感染効率が,シアル酸を糖鎖から切断するノイ
感染における役割を概説し,IBV のレセプターにつ
ラミニダーゼ(NA)で細胞を処理することにより
いて考察をする。
減少することを示した[2]
。また,Winter らも同様
に,Beaudette 株を含む様々なウイルス株の CK 細
胞感染効率が NA 処理により減少することを示して
1. シアル酸
いる。鶏上部呼吸器の in vitro モデルである気管組
シ ア ル 酸(sialic acid, C11H19NO9)
(Fig. 3)は ノ
織培養(tracheal organ culture, TOC)においても,
イラミン酸のアミノ基又はハイドロキシ基の置換体
IBV 感染による気管上皮線毛運動の抑制が NA 処理
で,細胞表面糖鎖の非還元末端に存在し,細胞認識
により軽減され,免疫染色によって TOC での IBV
感染細胞はα2, 3 型シアル酸を発現する気管粘膜線
毛細胞ならびに杯細胞であることが示されている
[3]
。またこれらの報告では,IBV のシアル酸への
親和性がウイルス株によって異なり,その親和性は
インフルエンザウイルスよりも低いことが示唆され
ている。
Rahman ならびに Winter らの一致した実験結果
は,細胞・組織培養系における IBV の宿主細胞感
染にα2, 3 型シアル酸が何らかの過程で関与する事
Fig. 3 シアル酸構造式
を強く示唆している。IBV のシアル酸依存性は,イ
57(3),2011
11(43)
ンフルエンザウイルスとの類似性を想起させるが,
同 定 し,Beaudette 株 の BHK 細 胞 な ら び に CK 細
IBV はシアル酸と親和性が低いことと,
胞への感染が可溶性へパリンによって用量依存的に
インフルエンザウイルスの NA のようなウイルス放
阻害されることから,HS が Beaudette 株の感染に
出時に必要なシアル酸切断酵素を持たないことから
必要な因子であるということを示した。一方,ヘパ
も,IBV がシアル酸をレセプターとして宿主細胞へ
リン結合コンセンサス配列を持たない M41 株の
の 感 染 や 増 殖 を す る と は 考 え に く い。さ ら に,
CK 細胞への感染は,ヘパリンにより阻害されない
α2, 3 型シアル酸は幅広い細胞・組織・動物種に存
事から,Beaudette 株に特異的なヘパリン結合コン
在することから,IBV の宿主特異性はシアル酸をプ
センサス配列が HS の認識に関与する事を示唆した。
ライマリーレセプターとして利用することでは説明
さらに,Beaudette 株の感染におけるコンドロイチ
できない。おそらく,α2, 3 型シアル酸は IBV の細
ン硫酸など他の細胞表面 GAG の関与を検討するた
胞吸着促進因子として作用し,引き続く種特異的レ
め,CHO 細胞の変異株 2 株(HS の合成を特異的に
セプターとの相互作用により IBV の宿主特異性が
欠 損,ま た は 全 て の GAG 合 成 を 欠 損)に お け る
決定されると考えられる。
Beaudette 株の感染効率の解析を行った。その結果,
HS を特異的に欠損した CHO 細胞では感染が有意
に減少し,検出限界以下になった。ところが,全て
2. ヘパラン硫酸
の GAG 合成を欠損した CHO 細胞では,正常細胞
細胞表面・細胞外マトリックスに存在する複合糖
と同レベルの感染がみられた。彼らは,この矛盾す
質プロテオグリカン(PG)は,タンパク質コア部
る結果を,細胞表面の全ての GAG が欠損した CHO
分と二種類の単糖の繰り返し直鎖状多糖類からなる
細胞表面に新たなウイルス結合サイトが露出し,そ
グリコサミノグリカン(GAG)により構成される
の結果ウイルス感染が成立した可能性があると考察
(Fig. 4)
。PG は GAG を介して様々な生体反応に関
している[9]
。
与するが,グルコサミンとグルクロン酸の繰り返し
Beaudette 株の HS 依存性は,おそらくこの株に
配列からなる GAG のヘパラン硫酸(HS)は,単純
特異的な感染様式であり,HS が IBV 共通のレセプ
ヘルペスウイルスのレセプターとして機能する事が
ター・吸着因子として機能することはないと考えら
知られている[17]
。
れ る。し か し な が ら,哺 乳 動 物 細 胞 に 適 応 し た
Beaudette 株は IBV では例外的に哺乳動物培養細
Beaudette 株による株特異的な HS 認識は,コロナ
胞で感染・増殖するが,その分子機構は明らかにさ
ウイルスの種を超えた進化の分子機構をよりよく理
れていない。Madu らは,Beaudette 株の S 蛋白に
解するための有用な情報を提供するであろう。
この株に特異的なヘパリン結合コンセンサス配列を
3. アミノペプチダーゼ N
APN は活性部位に 1 個の亜鉛イオンを有する金
属ペプチダーゼであり,N 末端側に細胞膜貫通領域
を 持 つ 約 150kDa の 糖 蛋 白 で あ る(Fig. 5)
。顆 粒
Fig. 4 プロテオグリカン(PG)
GAG : glycosaminoglycan HS : Heparan sulfate
細胞表面・細胞外マトリックスに存在する複合糖質 PG
は,タンパク質コア部分と二種類の単糖の繰り返し直
鎖状多糖類からなる GAG により構成される。HS は,
グルコサミンとグルクロン酸の繰り返し配列からなる
GAG である。
Fig. 5 アミノペプチダーゼ N の構造
TM : transmembrane
APN は活性部位に 1 個の亜鉛イオンを有する金属ペプ
チダーゼである。
12(45)
日生研たより
球・リンパ球・単球の細胞膜,線維芽細胞,中枢神
のウイルス株においても APN 発現による感染の促
経系のシナプス膜,腎近位尿細管上皮,消化管刷子
進はみられなかった。以上の結果から,彼らは,少
縁,気管粘膜上皮細胞などに幅広く発現している
な く と も BHK–21 細 胞 で 発 現 さ せ た ネ コ APN が
[4]
。APN は幅広い基質特異性を有し,多種のペプ
IBV のレセプターとして機能する可能性については
チドのアミノ酸への代謝に重要な役割を果たすと考
否定している[5]
。
えられている。ヒトでは CD13 抗原と呼ばれ,腫瘍
ネコ APN の IBV レセプター機能に関する矛盾し
の浸潤・転移に関与することから関心が集まってい
た結果の原因は明らかではない。しかしながら,い
る[18]
。
ずれの報告でも CRFK 細胞株には,少数ながら IBV
APN は一部の例外を除き,グループ 1 に属する
に感受性のある細胞が存在する事が認められている。
ヒト,ネコ,イヌ,ブタのコロナウイルスに共通な
IBV 感受性の CRFK 細胞をクローニングするこ
レセプターとして機能することが知られている[4]
。 とにより,CRFK 細胞で IBV レセプターとして働
APN 分子において,亜鉛結合モチーフ(His–Glu–X
く分子の同定は可能と思われるが,ネコ APN が普
–X–His)を含む酵素活性部位とコロナウイルス S
遍的な IBV のレセプターとして機能する可能性は
タンパク結合部位は異なり(Fig. 5)
,APN 酵素活
極めて低いと考えられる。また,いずれの報告でも,
性インヒビターによってコロナウイルスの感染は抑
レセプターとして検討されているのはネコの APN
制されない[6]
。
である。近年,発育鶏卵の卵黄とニワトリの腸から
イヌ,ネコ,ブタのコロナウイルスは,それぞれ
APN 遺 伝 子 が 同 定 さ れ た 事 か ら[4],ニ ワ ト リ
の宿主動物種に特異的な APN を認識することによ
APN の IBV レセプターとしての機能はさらなる検
り,宿主動物種を決定している。興味深いことに,
証が必要である。
ネコ APN(fAPN)はネココロナウイルスだけでは
これまでに,多くのウイルスの宿主細胞感染分子
なく,ブタの TGEV,イヌの CCoV,ヒトの HCoV
機構が解析され,ウイルス側のレセプター結合部位,
–229E のレセプターとしても機能する事が知られて
細胞側レセプターならびに両者の相互作用機序が明
いる[7]
。
らかにされている。それらの知見は,基礎分子ウイ
実際,ネコは CCoV や HCoV–229E に不顕性感染
ルス学の発展のみならず,抗ウイルス薬・ワクチン
し,抗体陽転する。この知見は,fAPN を介してネ
の研究開発に大いに貢献している。本稿で概略した
コに複数のグループ 1 コロナウイルスが同時感染す
ように,シアル酸,HS,APN が IBV の吸着因子と
ると,細胞内でウイルス遺伝子の組換えが起こる可
して作用する事が示唆されているが,IBV の細胞,
能性を示唆している。ネコの細胞内でできたリコン
組織,種特異性を明確に規定するレセプターは同定
ビナントウイルスは,どちらの親ウイルスとも異な
されていない。IBV は高頻度の S 遺伝子変異性を示
る組織向性,抗原性,病原性をもつ可能性があり,
し,特にレセプター結合に直接機能すると考えられ
新しい病気の発生につながる可能性がある[19]
。
る S1 サブユニットには顕著な変異が認められる。
APN が IBV のレセプターとして機能する可能性
それにもかかわらず,IBV の宿主特異性がきわめて
については,現在のところ 2 つの矛盾する結果が報
高いことは,S 遺伝子の多様性に関わらず普遍的に
告されている。まず,Miguel らは,APN を発現し
認識される細胞側レセプターの存在と,S1 サブユ
ているネコ腎 CRFK 細胞株に IBV Ark99 株が感染
ニットで保存されたレセプター結合部位・モチーフ
増殖することを示し,さらに IBV 非感受性 BHK–
の存在を示唆している。
21 細 胞 に ネ コ APN を 発 現 さ せ る こ と に よ り,
現在,多様な S 遺伝子変異を持つ IBV は,S1 ま
Ark99 株の感染・増殖が起こることを示している
たは S2 遺伝子解析によりいくつかの遺伝子型に分
[4]
。一方,引き続く Chu らの報告では,Miguel ら
類されている。また,IBV はその中和交差性により
の用いた Ark99 株の CRFK 細胞での感染効率は著
血清型にも分類されている[10, 11, 12]
。同じ遺伝
しく低く(<0.01 %)
,M41 株はそれに比較して若干
子型に属するウイルスは中和交差性が高く,異なる
高 い 感 染 効 率(6 %)を 示 し た。ま た,彼 ら は
遺伝子型のウイルス間では低い傾向がある。IBV の
Miguel らと同様にネコ APN を発現させた BHK–21
ワクチン開発の歴史は比較的古いが,高頻度の S 遺
細 胞 の,Ark99 株 な ら び に M41 株 を 含 む 7 株 の
伝子変異ならびに多様な中和交差性を示す野外 IBV
IBV に対する感受性ついて検索を行ったが,いずれ
感染を網羅的に抑制するワクチンの開発は今もなお
57(3)
,2011
13(46)
困難な状況である。IBV のレセプターならびに S タ
coronavirus infectious bronchitis virus Beaudette.
ンパクのレセプター結合部位の同定は,より有効な
Avian Dis. 51 : 45–51.
次世代 IBV ワクチンの研究開発に,多大な貢献を
果たすと期待される。
10. Ariyoshi, R., Kawai, T., Honda, T. and Tokiyoshi, S.
2010. Classification of IBV S1 genotypes by direct
reverse transcriptase – polymerase chain reaction
(RT–PCR)and relationship between serotypes
参考文献
and genotypes of strains isolated between 1998
1. Winter, C., Schwegmann–Weßels, C., Dave Cavan-
and 2008 in Japan. J. Vet. Med. Sci. 72 : 687–92.
agh, D., Neumann, U. and Herrler, G. 2006. Sialic
11. M a s e , M . , T s u k a m o t o , K . , I m a i , K . a n d
acid is a receptor determinant for infection of cells
Yamaguchi, S. 2004. Phylogenetic analysis of avi-
by avian Infectious bronchitis virus. J. General Vi-
an infectious bronchitis virus strains isolated in
rol. 87 : 1209–1216.
Japan. Arch. Virol. 149 : 2069–78.
2. Abd El Rahman, S., El–Kenawy, A. A., Neumann, U.,
12. Lin, Z., Kato, A., Kudou, Y. and Ueda, S. 1991. A
Herrler, G. and Winter, C. 2009. Comparative anal-
new typing method for the avian infectious bron-
ysis of the sialic acid binding activity and the tro-
chitis virus using polymerase chain reaction and
pism for the respiratory epithelium of four differ-
restriction enzyme fragment length polymor-
ent strains of avian infectious bronchitis virus.
phism. Arch. Virol. 116 : 19–31.
Avian Pathol. 38 : 41–5.
13. 動物の感染症. 初版. 2002 : 250–251
3. Winter, C., Herrler, G. and Neumann, U. 2007. In-
14. Cavanagh D. 2003. Severe acute respirator y
fection of the tracheal epithelium by infectious
syndrome vaccine development: experiences of
bronchitis virus is sialic acid dependent. Microbes
vaccination against avian infectious bronchitis
Infect. 10 : 367–73.
coronavirus. Avian Pathol. 32
(6): 567–82.
4. Miguel, B., Pharr, G. T. and Wang, C. 2002. The
15. Chen HY, Guo AZ, Peng B, Zhang MF, Guo HY,
role of feline aminopeptidase N as a receptor for in-
Chen HC. 2007. Infection of HeLa cells by avian
fectious bronchitis virus. Brief review. Arch Virol.
infectious bronchitis virus is dependent on cell
147 : 2047–56.
status. Avian Pathol. 36
(4): 269–74.
5. Chu, V. C., McElroy, L. J., Aronson, J. M., Oura, T. J.,
16. Li, F., W. Li, M. Farzan, and S. C. Harrison. 2005.
Harbison, C. E., Bauman, B. E. and Whittaker, G.
Structure of SARS coronavirus spike receptor–
R. 2007. Feline amino–peptidase N is not a func-
binding domain complexed with receptor. Science.
tional receptor for avian infectious bronchitis virus.
309 : 1864–1868.
Virol. J. 26 : 20.
6. 田 口 文 広 . SARS コ ロ ナ ウ イ ル ス . http : //jsv.
umin.jp/topics/sars/sars–1.pdf
7. Tresnan, D. B., Levis, R. and Holmes, K. V. 1996.
Feline aminopeptidase N serves as a receptor for
feline, canine, porcine, and human coronaviruses
in serogroup I. J. Virol. 70 : 8669–74.
8. Yu, J. E., Yoon, H., Lee, H. J., Lee, J. H., Chang, B. J.,
Song, C. S. and Nahm, S. S. 2011. Expression pat-
17. 石原雅之. ヘパラン硫酸の構造と機能− FGF の
高次構造を変えその活性を制御する− http://
lifesciencedb.jp/dbsearch/Literature/
get_pne_cgpdf.php?year=1995&number=4009&fi
le=SPjwkC601TPLUSr/pSomyvVnQ==
18. 小野原侑子. 大腸菌由来アミノペプチダーゼ N
の 結 晶 構 造 と そ の 機 能 解 析. http://www.
nagasaki-u.ac.jp/ja/gakusai/summar y/h20/
0906_ishi_yaku/file/ishi-yaku248ronbun.pdf
terns of influenza virus receptors in the respiratory
19. T r e s n a n D B , H o l m e s K V. 1 9 9 8 . F e l i n e
tracts of four species of poultry. J. Vet. Sci. 12 : 7–
aminopeptidase N is a receptor for all group I
13.
coronaviruses. Adv Exp Med Biol. 440 : 69–75.
9. Madu, I. G., Chu, V. C., Lee, H., Regan, A. D., Bauman, B. E. and Whittaker, G. R. 2007. Heparan sulfate is a selective attachment factor for the avian
14(47)
日生研たより
学会発表演題(2010 年 9 月∼ 2010 年 3 月)
第 151 回日本獣医学会学術集会
日:2010 年 3 月 30 日∼ 4 月 1 日
期
開
催
地:東京農工大学
発 表 演 題:豚繁殖・呼吸障害症候群ウイルス(PRRSV)実験感染豚の病理組織学的解析
○鈴木敬之,平 修,佐藤哲朗,上塚浩司,富岡ひとみ,長尾亜貴,竹山夏美,小禄和希,
小玉敏明,土井邦雄,布谷鉄夫
※東日本大震災により開催は中止となりましたが,講演要旨集の発行をもって成立されております。
第 51 回獣医病理学研修会(第 151 回日本獣医学会学術集会)
日:2010 年 3 月 30 日∼ 4 月 1 日
期
開
催
地:東京農工大学
発 表 演 題:ガチョウの腹腔内腫瘤
○上塚浩司
※東日本大震災により開催は中止となりましたが,講演要旨集の発行をもって成立されております。
BIT Life Sciences’3rd Annual World Vaccine Congress – 2011
期
日:2011 年 3 月 23 日∼ 3 月 25 日
開 催 地:China National Convention Center(中国,北京)
発 表 演 題:Rice–based oral vaccination of cholera toxin B subunit for the protection of enterotoxigenic
Escherichia coli infection in pigs.
○ Takeyama, N., Tokuhara, D., Nochi, T., Oroku, K., Chubachi, A., Yuki, Y. and Kiyono, H.
3 月 11 日に発生いたしました東日本大震災に被災された皆様,関係者の方におかれまし
ては,心よりお見舞い申し上げると共に一日も早い復旧と皆様のご健康を心よりお祈り申し
上げます。
弊所も早期の復旧・復興に向けて,微力ながら尽力して参る所存でございます。
日生研たより 昭和 30 年 9 月 1 日創刊
(隔月 1 回発行)
(通巻 568 号) 平成 23 年 4 月 25 日印刷 平成 23 年 5 月 1 日発行(第 57 巻第 3 号)
生命の「共生・調和」を理念とし,生命
体の豊かな明日と,研究の永続性を願う
気持ちを快いリズムに整え,視覚化した
ものです。カラーは生命の源,水を表す
「青」としています。
発行所 財団法人 日本生物科学研究所
〒 198–0024 東京都青梅市新町 9 丁目 2221 番地の 1
TEL:0428(33)1056
(企画学術部) FAX:0428
(33)1036
発行人 林 志鋒
編集室 委 員/平 修(委員長),堤 信幸,黒田 丹
事 務/企画学術部
印刷所 株式会社 精ഛ社
表紙題字は故中村⒥治博士の揮毫
(無断転載を禁ず)
Fly UP