...

「アメリカのSCトレンドと 2020 年『第3次流通大変革』に向けた SC開発

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

「アメリカのSCトレンドと 2020 年『第3次流通大変革』に向けた SC開発
テーマ
「アメリカのSCトレンドと
2020 年『第3次流通大変革』に向けた
SC開発・再生のアプローチ」
株式会社 ダイナミックマーケティング社
代表 シニアコンサルタント
むぐるま
ひでゆき
六車
秀之
明治大学大学院 商学研究科修士課程を 1970 年(昭和 45 年)修了。駿台コ
ンサルティングセンター(清水晶 明大教授主催)にて流通マーケティング
を研修。流通業を専門とするコンサルティング&シンクタンクとして(株)
ダイナミックマーケティング社を 1977 年に設立。長年にわたり日米の流
通・SCの勝ちパターンのSCの事例の中から多数の流通理論を構築し、
独自の原理原則論からショッピングセンターの長期繁栄と棲み分けのため
の勝ちパターンと仕組みづくりを提唱する。流通業の開発企画・調査・コ
ンサルティング歴は 40 年に及ぶ。ショッピングセンターを専門とするコ
ンサルタントの第一人者。
http://www.dynamic-m.co.jp/
K78-154.docx
1.
1.流通上の日米のSCのポジショニング比較
日本とアメリカのSCのポジショニングの違いは次の3つである。
①アメリカのSCは 1910 年代から開発が始まり 100 年のSC歴が、日本は 1970
年代から開発が始まり 55 年のSC歴である。アメリカのSCは歴史が長いた
め、SC開発・運営のノウハウの蓄積に差がある。
②アメリカのSCは、11.2 万SC、小売業に占めるSCの売上比は 54.5%、そ
れに対して日本のSCは 3,174SC、小売業に占めるSCの売上比は 21.0%
と、アメリカのSCの競争は日本の競争の 2.6 倍厳しい状況である。それゆえ
に、アメリカのSCは理論的にオーバーストア状態、日本のSCはまだエアポ
ケットマーケットが存在している。
③アメリカのSCは 1980 年代に飽和期(ほぼ一通りSCが普及した状態)とな
り、1991 年からSCの成熟期(消費者のニーズが高次元化してSCの多様化が
始まる時期)であった。日本は 1970~1990 年までのCSCの成長期、1991~
2010 年までのRSCの成長期を経て、2011 年からSCの飽和期となってい
る。そして 2016 年からSCの成熟期となり、1つのマーケットの中に性格の
・
異なるSCが互いに棲み分けて競 存共栄することになる。その意味で日本はま
さに 2016 年はSCの多様化元年ということができる。
このように、日本とアメリカのSCの歴史上の相違点によるSCの成熟度に大き
な差があり、先行型のアメリカのSCの流通歴及び今後の戦略を見ると日本のSC
の近未来への方向性が見えてくる。
2.アメリカのSCのトレンド
アメリカは 1970 年代までのモダン消費時代(モノを買い、消費し、使用し、所
有することの連続性に喜びを感じる生活向上志向の消費)は多核モール型SCの
真髄を発揮するSC成長期であった。1980 年代はモノ離れ後の金融経済時代とな
り、不況ではあるが物価高のスタグフレーション経済となり、流通業界は価格志
向のアウトレットセンター、パワーセンター、ディスカウントストア、カテゴリ
ーキラー、オフプライスストア等の業態が登場した。しかし、1990 年代はICT
(情報通信技術)と金融が一体化した好景気となり、SCはシネコンやレストラ
ンやアミューズメントが導入されたエンターテインメント性の高い多核モール型
RSCの開発が旺盛となった。また、ICTバブル崩壊後の 2000 年代は不動産と
金融が一体化した好景気となったためニュータウンづくりやまちづくり志向の強
いライフスタイル・タウンセンターの開発が数多く行なわれた。
その後の不動産バブルの崩壊後は、まさにアメリカのSCは質的な多様化が起
こっている。この質的多様化は長いアメリカの流通・SC歴の中から消費者ニー
ズの深化、競争SCとの棲み分けを起因としており、アメリカの 1991 年からの成
熟期以降のSC多様化は「4つの方向性と6つの相反する購買動機の融合」へと
進化している。その内容は次の通りである。
K78-154.docx
2.
<SCの多様化の4つの方向性と6つの相反する購買動機の融合>
少子化志向・単身化志向・高齢化志向の3つの進化の方向性
スタンダード型SC
多様化の方向
• RSCは大商圏
• CSCは中商圏
• NSCは小商圏
相反する購買動機の融合の方向
ハイライフ志向
のSC
(住民志向・
地域交流志向のSC)
多様化方向①
ライフス
タイルセンター・
タウンセンター
志向のSC
購買動機の融合⑤
相反する
相反する購買動機の融合①
相反する
相反する
購買動機の融合⑥ スタンダード型 購買動機の融合⑥
レジャー・
リゾート志向
のSC
SC
多様化方向④
多様化方向③
相反する購買動機の融合③
(エンターテインメント志向・
ファミリー志向のSC)
購買動機の融合⑤
相反する
超 大 商 圏 化 志 向 と 超 小 商 圏 化 志 向 の 2 つの 進 化 の 方 向 性
相反する購買動機の融合④
多様化方向②
(遊び志向・余暇志向のSC)
相反する購買動機の融合②
脱ファミリー(脱家族的行動)志向とパーソナル(
個人的・
グループ行動)志向の2つの進化の方向性
(上質志向・高感性志向のSC)
バリュー志向
のSC
(廉価志向・価格志向のSC)
地域密着化志向とレジャー・リゾート化志向の2つの進化の方向性
K78-154.docx
3.
<SCの多様化と相反する購買動機の融合のタイプ>
S C の 形 態
基 本 となるSC
スタンダード型SC
(エンターテインメント志 向 ・ファ
ミリー志向の基本となるSC)
内
容
カジュアルな百貨店やGMSとメガストアをアンカーテナ
ントとし、ポピュラープライスの専門店テナントによるラン
ブリングショッピング化し、さらにレストラン街、フードコー
ト、シネマコンプレックス、アミューズメントのエンターテイ
ンメント施設とサービス・コミュニティ等を付加したSC
4つの方 向 性
ハイライフ志向のSC
(多様化方向①)
スタンダード型SCよりワンランク上あるいはツーランク上
のSCでありハイエンドSCや上質志向・高感性志向のS
C(事例:トパンガ)
レジャー・リゾート志向のSC
(多様化方向②)
スタンダード型SCのエンターテインメント志向のSCよりワ
ンランク上のレジャー・リゾート志向のSCであり、テーマ・
フェスティバルセンター、複合レジャーセンター等を付加
したメガモールのSC(事例:モールオブアメリカ)
6つの相 反 す る購 買 動 機 の融 合
バリュー志向のSC
(多様化方向③)
ツーランク下のSCであり、価格志向の核店と廉価版の
専門店テナントとエンターテインメントが一体化したSC
(事例:ベルゲンタウンセンター)
ライフスタイルセンター・タウンセ
ンター志向のSC
(多様化方向④)
住んでいる人(住民)を主力ターゲットとする居心地感の
あるサードプレイスのある生活密着・地域密着志向の交
流の場づくりのSC(事例:ユニバーシティヴィレッジ)
ハイライフ志向のSCとレジャー・
リゾート志向のSCの融合
(相反する購買動機の融合①)
上質志向・高感性志向のハイライフ志向のSCに、強力
なリゾート性やレジャー性を付加したSC(事例:フォーラ
ムショップス)
レジャー・リゾート志向のSCとバ
リュー志向のSCの融合
(相反する購買動機の融合②)
価格志向のSC(バリューモール)にレジャー・リゾート機
能を付加する「安さと楽しさ」を一体化したSC(米国の事
例:アウトレットコレクション・アット・ジャージーガーデン)
バリュー志向のSCとライフスタイ
ルセンター・タウンセンター志向
のSCの融合
(相反する購買動機の融合③)
地域の交流の場やプラットホームの役割を持つSCに価
格志向の核店・テナントを導入し、かつエンターテインメ
ント機能を付加したSC(事例:パリセイズセンター)
ハイライフ志向のSCとライフスタ
イルセンター・タウンセンター志
向のSC
(相反する購買動機の融合④)
地域のプラットホーム地域の中心市街地の役割を持つ
まちづくり型のSCと同時に、上質志向や高感性志向の
SC(事例:ヴィクトリアガーデン)
ハイライフ志 向 のSCとバリュー
志向のSC
(相反する購買動機の融合⑤)
ハイライフ志向のSC(上質志向及び高感度志向のSC)
にバリュー志向を付加したハイセインスなのに廉価性が
あるSC(事例:ウッドベリー・コモンズ)
ライフスタイルセンター志 向のS
Cとレジャー・リゾート志向のSC
(相反する購買動機の融合⑥)
ライフスタイルセンターの自然志向、オープンモール志
向、街並み志向にレジャー・リゾートとエンターテインメン
ト志向を強力に加え居心地感と遊びを付加したSC(事
例:ザ・グローブアットファーマーズマーケット)
アメリカは 1991 年の成熟期に突入してから、上記の多様化が進展して、1つのマ
ーケット(各SCが共有する複合商圏)の中で、互いに棲み分けている。
K78-154.docx
4.
3.2020 年「第3次流通大変革」のメカニズム
(1)流通の 2020 年の大変革と対象のキーポイント
経済は 50 年、流通は 25 年、SCコンセプトは8年、MDingは3年、商品は3
ヶ月単位で過去の延長線ではない変化が起こる。ここでは流通の 25 年サイクルの大
変革の内容を示す。
過去の第1回、第2回の流通大変革のキーポイントと今後の 2020 年の大変革のキ
ーポイントは次の通りである。
年 度
変化のキーポイント
①所得 1 万ドル時代による中産階級層の出現
1970 年
②車の保有率 50%による車社会の到来
第1次
(1945 年から ③戦後生まれの団塊世代の社会進出によるライフスタイル革命(昭和ニューファ
流通大変革
ミリー)
25 年目)
④人口の地方から都会、さらに都心から郊外への大移動時代の到来
①旧大店法緩和による自由競争社会の到来
1995 年
第2次
②買物の学習経験の終焉よるポストモダン消費時代の到来
(1970 年から
③団塊ジュニアの社会進出によるライフスタイル革命(平成ニューファミリー)
流通大変革
25 年目)
④デフレ経済時代の到来
①戦後3回目の世代交 代によるライフスタイル革命
2020 年
(もはやファミリーではない)
ツー・トゥエンティ・
第3次
(1995 年から ②ネット販売・Eコマースによる買場革命
ソリューション
流通大変革
(2020 年問題の解決)
③地球環境と人間関係を重視した流通革命
25 年目)
④ニューモダン消費の消費革命
第3次流通変革である 2020 年はまさに5年後であり、各流通企業及び各SCは 2020
年の流通大変革への対策を真剣に考える段階となった。流通が大変革するときは、過
去の延長線上のボトムアップ方式の改善だけでなく、それよりも未来の視点(2020 年
の流通大変革のキーポイント)からトップダウン方式の改革が必要となる。すなわち、
現在、進行中の流通現象は 1995 年の第2次流通大変革の延長線上の現象であり賞味
期限の切れたキーポイントになりつつある。
この流通大変革の 25 年変遷において流通のリード企業及びリード業態が変わるこ
とになる。第1次流通大変革時代のリード企業とリード業態はGMSでありCSCで
あり企業としてダイエーとイトーヨーカドーである。第2次流通大変革時代のリード
企業とリード業態はRSCであり企業としてはイオンモール(イオン系SC)であり三
井不動産(ららぽーと系SC)である。
今後は、流通業界全体で 2020 年の流通大変革に合わせた体制づくりを行なわない
と勝ち残りどころか生き残りもできないことになる。この 2020 年の第3次流通大変
革のキーポイントに自らの企業やSCを適合させることを「2020 年対策」(ツー・ト
ゥエンティ・ソリューションと呼ぶ)と言う。その中味は次の通りである。
①戦後3回目の世代交代によるライフスタイル革命
1970 年の第1次流通大変革の基軸世代は「団塊シニア世代」(昭和ニューファミ
リー)である。1995 年の第2次流通大変革の基軸世代は「団塊ジュニア世代」(平
成ニューファミリー)である。2020 年の第3次流通大変革の基軸世代は「ミレニ
アル世代」(1985~2000 年までに生まれた世代)で、2020 年には 20~35 歳となり、
社会及びファミリー形成により消費の中心的位置づけの世代となる。ミレニアル
世代の特性は「パーソナル性」(ファミリーとは限らない)、
「デジタルネイティブ」
K78-154.docx
5.
(生まれながらにデジタル社会)、「ニューモダン」(モノ離れ後の新消費化)、「エ
シカル」(社会倫理や持続可能社会重視)の消費性向を持っている。
一方、2020 年は団塊シニア世代は「55~75 歳」のすべてシニア世代となり、団
塊ジュニア世代は「35~50 歳」の壮年からシニアへの真っ只中の世代になる。
②ネット販売・Eコマースによる買物革命
O2O(ネットと実店舗とのクロスチャネル)やオムニチャネル化(顧客情報・流
通情報網とネット販売・実店舗販売を串刺しにして多様なチャネルが融合して買
物選択肢が拡大するシステム)、さらに「コンテキスト化」(モバイル+SNS+
ビッグデータ+GPS+センサー)によりリアル店舗とネット販売を融合させる
流通ユビキタス時代となる。
③地域環境と人間関係を重視した流通革命
エコロジーによる持続可能性を重視した流通や 20 世紀に阻害された人間の健康
や精神的ゆとりを重視したSCのウエイトが高くなり、21 世紀は 20 世紀の反省
(反発=ノスタルジー)の時代に対応した持続可能システムを導入した時代とな
る。
④ニューモダン消費の消費革命
ニューモダン消費は、今まで存在しなかったニーズ・ウォンツや存在していたが
切り口の異なるニーズ・ウォンツが基軸となる新しい商品価値づくりの消費経済
である。商品は物・サービス・情報・コンテンツが存在するかが、
「モノに広義コ
トを付加」、すなわち「モノ+付加としてのサービス=商業のおもてなし化」と「モ
ノ+付加としての情報=商業のユビキタス化」と「モノ+付加としてのコンテン
ツ=商業のノウハウの創造化」が進む。特に、ニューモダン消費の基軸は「モノ
+コンテンツ」であり、顧客にイノベーション・ノウハウである価値創造を提供
することが必要になる。
(2)ニューモダン消費へのアプローチ
現在アメリカの流通の中で進行中であり、今後の日本の消費革命の中心となる
「ニューモダン消費」は、次の3つの切り口が必要となる。
第1の
切り口
3つの切り口
第2の
切り口
第3の
切り口
20 世紀へのアンチテーゼ・ソリューション&19 世紀以前のノスタルジーから
派生する消費行動
①地球や自然環境に配慮した消費行動
②絆や地域密着や人間の精神面に配慮した消費行動
③古き良き時代の郷愁を感じる消費行動
ライフスタイルの変化に伴う消費行動
④20 世紀への反発・社会倫理・社会正義から派生する消費行動
⑤所得の二極化に伴うライフスタイルから派生する消費行動
⑥少子高齢化に伴うライフスタイルから派生する消費行動
⑦ITC社会のライフスタイルから派生する消費行動
⑧趣味・遊び・レジャー・リゾート等のライフスタイルから派生する消費行動
⑨健康や安心・安全に配慮したライフスタイルから派生する消費行動
独自ノウハウで市場を創造する消費行動
⑩超コンセプト(超こだわり・サムシングニュー)に対応した消費行動
⑪プレイスメイキング・借景・居心地感に対応した消費行動
⑫クールジャパンを基軸とした消費行動
⑬文化・教育・美術・歴史等の知的感性を基軸とする消費行動
K78-154.docx
6.
3.トレンドの中で成功しているSCの具体的事例
(1)ライフスタイルセンターとレジャー・リゾート志向のSCが融合したSC
21 世紀の最適SCでありスマートSCと呼ばれているライフスタイルセンター(地
域の交流の場、自然との融合、まちづくり型SC)とエンターテインメントやリゾー
ト性を一体化した遊びより時間価値を創出したSCとして「ザ・グローブ・アット・
ファーマーズマーケット」(隣接したファーマーズマーケットと一体化)がアメリカの
ロサンゼルスに立地している。集客力はカリフォルニア№1と言われ、古きよき時代
のロサンゼルスをイメージしたオープンエアモールのストリート型の異次元空間のあ
る街並み志向のレジャー・リゾート客を対象としたSCである。
日本もスタンダード型SCのエンターテインメント志向の当たり前化が進み、単
に身近な娯楽の場としての遊び機能はSCの勝ちパターンにはならなくなりつつあ
る。日本においてもポストエンターテインメント型SCが出現しつつある。
日本においても類似型SCとして 2015 年秋に開業予定の「エキスポランド跡地複
合施設開発」(大阪府吹田市)がある。本来、万博記念公園と一体化したエキスポラン
ド跡地にエンターテインメント(新しいタイプの水族館、日本最大級の観覧車、教育
と遊びを一体化したエデュテインメント施設、大自然を五感で体感する映像施設や日
本最大級の超大型スクリーンを備えたシネマコンプレックス等)とショッピングを融
合させたレジャー・リゾート型のSCである。
さらに「お台場ダイバーシティ東京プラザ」「神戸ハーバーランド umie」「マーク
イズみなとみらい」「イオンモール幕張新都心」がシネコン、レストラン、アミュー
ズメントのエンターテインメント御三家ではないレジャー・リゾート性の強い複合遊
び施設を導入して、ショッピング以外での集客を買物へ波及させるタイプではなく、
レジャー・リゾート施設自体が集客するシステムのSCとして開発されている。
(2)富裕・上流志向の上質感のあるワンランク上のSC
アメリカも 1990 年代のエンターテインメント型RSCからニューモダン消費に対
応した上質感のあるワンレベル上のSCの開発が 2000 年以降に旺盛に開発されてい
る。「トパンガ」(アメリカ、ロサンゼルス郊外)はマーケットの成熟化・富裕化に伴
いリニューアルでニーマンマーカスとラグジュアリテナントと熟年テナントを導入
し、SC全体をワンレベルアップするとともに、従来の大衆マーケットのニーズをも
根こそぎ獲得するために、おしゃれな総合ディスカウントストアのターゲットを導入
して、ポピュラープライス・リーズナブルプライスの地域密着ニーズをもワンランク
上の上質マーケットニーズと融合している。マーケットの二極化(所得の二極化によ
る消費の二極化)に見事に両面に対応している。
日本でも地域密着のワンレベル下のニーズと上質感のあるワンレベル上のニーズ
に同時に対応して成功しているSCとして「ラゾーナ川崎プラザ」「あべのキューズ
モール」「湘南テラスモール」「阪急西宮ガーデンズ」等がある。
(3)庶民・低所得者層の地域密着のワンレベル下のSC
21 世紀の先進国は成熟経済の時代であり所得構造や資産構造が富裕層と低所得層
(庶民層と貧困層)に二極化する。先進国の低所得層は単に安かろう悪かろうでは満足
しない。そこで、ハイイメージ・リーズナブル志向の地域密着のワンレベル下のSC
が登場することになる。本来、ディスカウント志向の強い業態はロードサイドやパワ
K78-154.docx
7.
ーセンターの中の独立した場所に立地しており、SCとは一線を画していたが、最
近、SCの中に出店し始めたと同時に、リーズナブルテナント(ディスカウント志向
のテナント含む)及び地域密着ニーズを、あたかも多核モール型RSCと同じシステ
ム・同じスタイルの中に導入するケースが増えている。「ベルゲンタウンセンター」
(アメリカ、ニューヨーク郊外)は、まさにモール型SCにワンレベル下の核店及びテ
ナントを導入したSCである。
日本においては「グンゼタウンセンターつかしん」(兵庫県尼崎市)は王道であるイ
オン型SC(ファッション+エンターテインメント性のRSC)との違いを出し棲み
分けをするために強力な食品ゾーンとリーズナブルなテナント(一部ディスカウン
ト志向のテナント)を導入し、かつ、エンクローズドモール7割、オープンエアモ
ール3割のハイブリッド型RSCを導入して成功している。日本も脱デフレの後に
ワンランク上のSCづくりの方向に向かうSCが多くなるが、一方においてワンラ
ンク下のSCも今後の成長SCである。
K78-154.docx
Fly UP