...

スポーツと芸術を通した教職員の交流

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

スポーツと芸術を通した教職員の交流
スポーツと芸術を通した教職員の交流
鷺野谷秀夫
人間総合科学等支援室体芸支援室技術専門職員
(さぎのや ひでお/芸術)
筑波大学は、同じ学内の職員といっても
ると、大会などの成績より、学内や学外の
病院や体育、芸術など職種はさまざまであ
テニス愛好家との交流である。通常では情
り、教育という目的は同じでも、仕事の内
報の入らない、他の学系やセンターの様子
容は大きく異なっている。異なる職種の人
がわかり、自分の仕事で困ったときでも、
と交流することは、自分の仕事にもいい刺
気軽に相談し、協力してもらったことも
激になる事はもちろん、現代の社会を理解
あった。スポーツの繋がりでは、年齢や立
するうえで、たいへん重要と感じる。しか
場に関係なく、このような仕事の悩みなど
し、学内の交流の場は少なく、他の職種の
を気軽に話せる環境にあると思う。
人と接する機会は、あまりないと思う。通
常の勤務は、同じ作業の繰り返しが多く、 沖縄の海
マンネリになるため、新しい情報を得て刺
現在、写真の世界に進んでいるが、いつ
激を受け、気分転換をすることが、仕事を
でもカメラを持ってなんでも撮影してきた
向上させ人生を豊かにすると思っている。
わけではない。やはり、好きで興味のある
被写体でなければ、写真を撮る気にならな
テニス
い。その撮影意欲を掻き立ててくれたのが
私は、テニスを始め25年ほどになる。最
沖縄の海である。私は、小さいころから魚
初は単なる暇つぶしで始まったテニスも、 が好きで、飼育し鑑賞することが好きであ
今では大きな楽しみであり、学内の人との
る。初めて行った与論島で、貴重な経験を
交流の場でもある。スポーツをすることは、 した。簡単な足ひれと水中めがねをつけた
精神的にもたいへん気分転換になり、運動
だけのシュノーケリングで、今まで飼って
不足になりがちな現代の生活では、たいへ
いた魚たちが目の前に現れたときの感動は
ん優れている。しかし、今までを考えてみ
今でも記憶に残っている。写真は、撮影意
62
筑波フォーラム79号
欲が最も重要で、その写真を撮りたいとい
た特殊撮影である。もともと風景撮影やス
う撮影意欲が強ければ強いほどいい写真が
ナップ撮影には、あまり興味が無く、顕微
撮れる。それからは、毎年のように沖縄に
鏡写真や天体撮影から、写真を始めたから
行っている。しかし、沖縄の海といっても、 である。不可視光による撮影は、肉眼では
場所によってまったく違っていた。沖縄本
観察し得ない、特異な風景を見ることがで
島の海は、珊瑚が荒れて魚も少なかったが、 きる。例えば、蝶は、紫外線を見ているとい
琉球列島の島々の海は、たいへん美しく、 われている。肉眼で同じ白く見えるモンシ
海水はどこまでも澄み、珊瑚礁も鮮やかで、 ロチョウを紫外線で撮影すると、雄は黒、
魚もたくさんいた。このような海では、一
雌は白で表現される。特殊撮影は、このよ
日中泳いでいても飽きず、泳ぎが得意でも
うな不思議な現象を撮影することができる。
ない私でも、まったく恐怖心がなく写真を
私は、以前に、癌組織が紫外線を当てると
撮ることができた。
赤く光ることを舌癌で発見した。それから、
病院で癌の蛍光撮影について、研究してき
陶芸
た。このように、特殊撮影は、いまだ未開拓
陶芸は、私にとって仕事である写真と同
の分野で、たいへん夢のある世界である。
様に、生活に大きく影響を与えた。陶芸の
窯を築くため、アトリエに向いた土地を探
最後に
し、そこに家とアトリエを作り、そこに住
多くのものを制作すると、いつかはスラ
み着いたからである。仕事から帰ると、毎
ンプに陥る。その時、違う分野に熱中する
日作陶をし、休みの日は窯に火を入れる日
と、そのスランプから比較的早く立ち直る
が続いた。そのころ、笠間と益子によく通
ことができて、いい相乗効果があることに
い、陶芸展も数多く行った。そのため、陶芸
気がついた。大学は、他分野の優れた情報
家の友達もたくさんできた。陶芸は、自分
を得るには、最も優れた職場だと思う。今
のイメージをアトリエ内で制作できるため、 後も、教職員同士の交流を大切にしたいと
写真とは違った分野でもある。
思っている。
不可視光撮影
私の好きな写真の分野は、紫外線や赤外
線といった肉眼では見えない光で撮影し
随筆・随想
63
Fly UP