...

「人格形成の根っこと幼児教育」

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

「人格形成の根っこと幼児教育」
平成 24 年 11 月 22 日発行
編集・発行 田上町教育委員会
TEL 0256-57-6114
FAX 0256-57-3111
〒959-1503 南蒲原郡田上町大字
原ヶ崎新田 3070 番地
田上の 12 か年教育「人格形成の根っこと幼児教育」
竹の友幼児園長 有本久美子
平成 17 年、中央教育審議会が今後の幼児教育の在り方や方向性について、初めて絞り込んだ答申を行い、
教育基本法(平成 18 年改正)に新たに幼児教育に関する規定が創設されました。幼児教育が生涯にわたる
人間形成の基礎を培う重要なものであることが、法的にも位置付けられたことになります。
答申には、これからの幼児教育の在り方の方向性として、次の2つが示されています。
① 家庭・地域社会・幼稚園等施設(保育所を含む)の三者による総合的な幼児教育の推進
② 幼児の生活の連続性及び発達や学びの連続性を踏まえた幼児教育の充実
田上の 12 か年教育には、①と②の内容が、図のように「縦の連携」と「横の連携」として確かに組み込
まれています。
保育所や幼稚園で行っている幼児期の教育
は、義務教育及びその後の教育の基礎を培うも
のであり、幼児の自発的な活動としての「遊び」
を重要な学習として位置付けています。幼児期
における「遊び」は、余暇活動ではなく、学び
そのものなのです。
「遊び」を通して、身体感覚を伴う具体的な様々
な活動の直接経験によって、豊かな感性を養う
とともに、生涯にわたる学習意欲や学習態度の
基礎となる好奇心や探求心を培い、小学校以降
における教科の内容等について実感を伴って深
く理解できることにつながる「学びの芽生え」
を育んでいます。
「学びの芽生え」とは、学ぶということを意識
しているわけではなく、楽しいことや好きなこ
とに集中することを通じて、様々なことを学ん
でいくことです。
このように、幼児期の教育は、目先の結果の
みを期待しているのではなく、生涯にわたる学
習の基礎を作ること、「後伸び(あとのび)す
る力」を培っているのです。
そのため、計画的な環境を作り出し、その環
境にかかわって、幼児に望ましい発達を促すと
いう「環境を通して行う教育」が行われていま
す。幼児がものや人などの様々な環境と出会い、
それらとのふさわしいかかわり方を身に付けて
いくことを大切にしています。
幼児を取り巻く環境…それは、保育所や幼稚園だけではありません。12 か年教育では、家庭の役割を
「食事と言葉と我慢・我が家の約束」、地域の役割を「見守りと応援・支援」と重点付け、きめ細やかに
連絡を取り合いながら、発達を促しています。
「田上の子は田上で育てる」という田上の 12 か年教育基本理念の基礎づくりが、3年目を迎えています。
「たけの子」に関するお問い合わせ・・・田上町教育委員会学校教育係 0256-57-6114
平成 23 年度 田上町教育に関する事務の点検及び評価について
田上町教育長
丸山
敬
地方教育行政の組織及び運営に関する法律第 27 条により、下記のとおり点検評価を経て議会へ報告いたし
ました。平成 23 年度の「田上の教育行政の重点」の大項目毎に、成果と課題に分けて表記し自己評価の結果
をA・B・C・Dの 4 段階で評価しました。詳細につきましては、田上町ホームページ内から「教育委員会
のビジョン」のページをご覧ください。
1
点検・評価項目
・平成 23 年度教育委員会として重点的に取り組んできました「田上の教育行政の重点」の中から、「田上
の 12 か年教育」をはじめ「知育・徳育・体育」そして「特別支援教育」に対応する事業について、点検・
評価を行いました。
・生涯学習分野では講座、講習会、体育、文化展示、レクリエーションをはじめ 7 項目の重点施策につい
て点検・評価を行いました。
2
点検・評価の概要
<学校教育係>
事
業 名
評 価
1
田上の 12 か年教育
A
2
確かな学力の向上
B
3
豊かな心の育成
A
4
健やかな身体の育成
A
5
自律を促す生徒指導の充実
A
6
自立や社会参加を目指す特別支援教育の充実
A
平成 22 年度と同様の評価でした。
引き続き、各項目の目標を達成でき
るように取り組んでいきます。ま
た、唯一の B 評価である「確かな学
力の向上」についても重点的に取り
組んでいきます。
<生涯学習係>
事
業
名
評 価
1
生涯学習推進体制の整備充実・地域活動の振興
B
2
学習機会の拡充と活性化
A
3
青尐年健全育成の推進
A
4
スポーツの振興と体力・健康づくり
A
5
芸術文化の振興と文化財保護の推進
B
6
国際理解と交流の推進
B
7
指導体制の整備
B
3
まとめ
概ね平成 22 年度よりも評価が良く
なりました。
(C 評価だったものが B
評定になりました)今後もさらに良
い評価が増えるよう、各種取組の質
の向上を目指していきます。
外部の学識経験者から「田上の 12 か年教育」について評価するお言葉をいただきました。12 か年教育
の推進母体として 12 か年教育推進委員会やキャリア教育推進協議会を構成し、具体化に向け取り組んで
まいりました。12 か年を貫いて育てる力・態度について、①話を聞く、②自分の考えをもち伝える、③役
割を果たす の 3 点に絞って継続的に取り組んでまいります。未来を生きる「田上の子どもは田上で育て
る」を大切にしながら、教育の質の向上はもとよりトータルシステムとしての田上の教育を構築していか
なければならないと肝に銘じております。
また、生涯学習においても、年間を通して質の高い事業展開には評価していただきました。今後とも各
事業の質を高め、地域のニーズにあった事業を展開し、田上の担い手を育てることが急務と考え、更なる
充実発展を目指し努力して参ります。
「たけの子」に関するお問い合わせ・・・田上町教育委員会学校教育係 0256-57-6114
幼児園のさつまいも・野菜園物語
竹の友幼児園
5歳児
野菜の苗を買いにスーパーへ
Challenge
4・5歳児
地域の人に応援しても
らって、苗植え
5歳児
願いを込めた
看板つくり
4・5歳児
毎日の水やり
支柱立て
5歳児
野菜を狙うカラスと
の知恵比べ
平成 24 年度 わが町の園・校のすがた
野菜の栽培体験を通して、地
域の人とかかわり、友達と協力し
て知恵を出し合い、秋の自然に
気付き、歌を楽しみ、焼きいもの
文化を知り、収穫を味わい、感
動を絵などに表現する。…豊か
な学びが生まれています。
3・4・5歳児
月の歌 「でぶいもちゃん…」
4・5歳児 秋の自然
焼き芋に使う落ち葉集め
3・4・5歳児
いも掘り、絵画表現
5歳児
キッズ健康講座 親
子クッキングさつま
いもカレーに挑戦
3・4・5歳児
焼きいも会…園庭で
野焼きいも?体験
全園児 「いただきます」
140th
羽生田小学校
今年度のテーマは、
「Challenge 140th」です。創
立 140 周年の今年、児童が自分自身を見つめ直し、
新たな自分に向かってチャレンジすることをねらっ
ています。そして、この一年の取組をとおして、地域
や学校にもっと愛着をもたせたいと考えています。
これまで、以下の特別事業を行ってきました。
1 140 周年記念大運動会
田上甚句を大勢の皆さんと踊りました。
児童会が 140 周年記念種目を考えました。
2 140 周年記念学習発表会
「羽生田小の一番好きな場所」を一人一人が描
き、展示しました。
3 140 周年記念音楽会・記念式典
大勢のお客様と 140 周年のお祝いをしました。
児童は、羽生田小学校や羽生田学区が前よりもも
っと好きになってきています。
田上魂あふれるあいさつの田上中
縦割り班活動等を生かした人間関係つくり
田上小学校
子どもたちの人間関係は、学年を超えた交流によ
り、豊かに育まれます。
毎日の縦割り班清掃、月1回の縦割り班遊び等、異
学年の縦割り班を活用したり、また、委員会による
ペア学年給食、大縄大会等を実施したりして、関わ
りを深め、
仲間意識を高
めています。
田上中学校
夏休み明けに体育館がリニューアルされ、床や壁
が新しくなり太陽光発電が設置されました。
運動会、合唱コンクール、町いじめ見逃しゼロス
クール集会等の行事のたびに、来校された皆さんか
ら生徒の良さを認め励ましていただき、生徒の達成
感や自己肯定感が高まっています。
各教科や学活では「目標をもち、しっかり聞いて、
じっくり考え記述させて、相手にわかるよう伝え
る」取り組みをしています。家庭学習の時間の増加
“フルーツバス
に併せて学力面でもその成果が出始めています。部
ケット”で楽し
活動も大活躍しています。地域・保護者の皆さんの
く交流中!
ご支援のおかげです。
今後も「日々、一歩前進!田上魂」 を目指します。
丸山 敬教育長が瑞宝小綬章を受章されました!
有本久美子竹の友幼児園長が県教育委員会表彰を受けられました!
お二方とも、永年の教育に関する功労を称えられ、それぞれ
勲章・表彰を受けられました。
丸山教育長は高等学校校長や県教育機関を歴任され、平
成 20 年からは田上町教育長の職についております。
有本幼児園長は、昨年度までは田上小学校長、今年度は
嘱託園長として竹の友幼児園で勤務いただいております。
田上町の教育に欠かせないお二人のうれしい知らせで
した。おめでとうございます!
丸山 敬 教育長
有本久美子園長
1
全国学力学習状況調査から見た田上の子どもの「テレビとゲームの時間」
全国学力学習状況調査(平成 24 年 4 月 小6と中3で実施)の中のテレビとゲームに関する
調査結果から、大きな課題が読み取れます。
小学校 6 年(%)
普段(月~金曜日)、 田上
1日当たりどれくら
いの時間、テレビやビ 全国
デオ・DVDを見た
り、聞いたりしますか
±
(テレビゲーム除く)
3~4 時間未満 4 時間以上
25.0
30.7
20.7
23.3
+4.3
+7.4
小学校 6 年(%)
1 時間以上の割合
普段(月~金曜日)、1
日当たりどれくらいの
時間、テレビゲーム(コ
ンピュータゲーム、携
帯式のゲーム含む)を
しますか
田上
56.9
全国
47.3
±
+9.6
3 時間以上 TV を見
て い る 児 童 は
「55.7%」であり、
1 時間以上ゲーム
をする児童も全国
より 1 割近く高い
割合となっている。
○中3は全国とほぼ同傾向。3時間以上のテレビ視聴は「30.4%」。1 時間以上のゲームは「41.6%」です。
この結果を見て、1日 24 時間という限られた時間がテレビやゲームに多く費やされ、このことが落ち着いて
学習したり読書をしたりするための大切な時間を奪っているのだと思います。
2
「第1回ノーテレビ・ノーゲームデー」(6 月 21、22 日実施)アンケート結果と分析(分析は「◆」)
(1)時間の制限は?
①【1日制限:幼児園=16%、小学校=18%、田上中 15%】幼小中間に特に顕著な違いはない。
◆幼児園は「親の姿勢」であり、子どもの説得に苦労する家庭がある一方、ノーテレビ等がスムースに行える
家庭があるなど、親が TV やビデオとどう向き合うかがメディア制限に関する鍵を握っています。
②【一部時間帯の制限】幼児園は降園後から 21:00 頃(就眠)までが最も多く、小学校は下校後からと 19:00
からの制限の2極化が見られ、中学校は 19:00 からの制限が多くなっています。生活実態を反映していると
いえます。
(2)制限した人とメディアは?
①【家族全員がノーテレビ・ノーゲームデー:園学校段階の顕著な違いはなく、幼小中全平均=51%】
◆家庭ぐるみで取り組んだことが分かります。ニュースや天気予報は制限からはずしたとの記述も多く、大切
な情報の取捨選択を行い、無理なく取り組むことが継続した取組を可能にします。
②【中学生のメディア制限:取り組んだのは「本人だけ」の割合は中1=23%、中2=34%、中3=48%】
◆学年進行と共に割合が高くなっています。これは中学生の特徴であり、また当然の結果だと思います。
「テス
ト期間であり、家族がどんな対応でも自分は勉強する」という姿が見えてきます。自分の意志でメディアを
制限することは「自立」の一つであり、将来を切り拓く力となっていきます。
③【制限上位メディア:TV、ビデオ、ゲーム】=見方を変えれば「頻繁に接しているメディア」です。制限1
位は、幼児園では TV(ビデオは2位)。小学校では TV からゲームへ。中学校ではゲームでした。
◆幼児園の「TV またはビデオ」は受身的段階と、親の姿勢と考えられます。小学校では「小4」を境に TV か
らゲームへと逆転します。小4は「10歳の壁」とよばれ、学習内容は知的理論的な思考が多くなり、また
脳の発達においても知的理論的な思考が可能となってきます。一般的に訓練・練習によって10歳の壁を克
服していきます。この時期にいつでも、どこでも手軽に遊ぶことが出来るゲームへの傾斜は「10歳の壁を
乗り越えるために必要な時間」を根こそぎ奪うことです。この流れは中学生へと続いていきます。大げさに
言えば「ゲームを取るか、将来の可能性を取るか」の問題といえます。
3
メディアを制限すれば・・・「いいことづくめ!」
この日は「勉強」
「読書(絵本、読み聞かせ)」
「会話・団欒」
「余暇・家族レク」などが出来たと自由記述に書かれて
いました。さらには「お手伝いをしながら会話」など一石二鳥の方法もありました。
テレビやゲームに奪われ見失っていた大切なものや、子どもの成長にとって
大切な時間を、そして心のゆとりなどを感じさせてくれた「いいことづくめの
ノーテレビ・ノーゲームデー」だったと言えるでしょう。
ノーテレビ・ノーゲームデーの実施やアンケートへのご協力にお礼申し上げます。
第 2 回「ノーテレビ・ノーゲームデー」も 10 月3・4日に実施いたしました。
この結果についても後日「たけの子」でお知らせいたします。
「たけの子」に関するお問い合わせ・・・田上町教育委員会学校教育係 0256-57-6114
Fly UP