...

うつ病休職者の職場復帰準備性

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

うつ病休職者の職場復帰準備性
うつ病休職者の職場復帰準備性
―リワークプログラムにおける標準化評価シート―
秋山 剛(NTT東日本関東病院精神神経科部長)
職後の仕事のストレスに耐えられる状態にあるのか」を評
職場復帰準備性
価していることです。ストレスに耐えられる状態にないの
に復職すれば、再発してしまいます。評価シートは、あく
精神疾患が再発せずに復職できる状態にあるかどう
までも
「適切な復職」という目的で、参加者を援助するた
かということを、私達は「職場復帰準備性」と呼んでいま
めのものなのです。
標準化リ
Ⅰ. 基
評価の
いが、復
の状態
1. 出席
出席の
欠席
席する
事前に
必要、
欠席
カウン
4 95%
3 90%
す。
「職場復帰準備性」を高めるために、精神症状が寛
2 80%
解していることのほかに、作業ストレスへの耐性、再発を
1 80%
対象となる疾患
防ぐための心構えが整っていることが必要です。
リワークプログラムは、ほとんどのところが、
「単極うつ
標準化評価シート
病」を想定してはじめられています。しかし、実際には、
2. 眠気
眠気
いて判
平均す
4 眠気
5 ∼10 %程度の参加者が双極型であると参加後に判明
3 眠気
うつ 病 リワー ク 研 究 会( h t t p:// w w w. u t s u -
する例が多いようです。また、発達障害や依存性障害な
2 眠気
では、厚生
r e w o r k . o r g / 代表世話人 五十嵐 良雄)
ど、ほかの障害がうつ状態のベースにあることもありま
労働科研「リワークプログラムを中心とするうつ病の早期
す。また、施設によっては、統合失調症の患者さんが参
発見から職場復帰に至る包括的治療に関する研究」の
加していることもあります。上に述べたことと同じように、
一部として、評価シートの標準化について作業を進めて
この評価シートの項目は、疾患の診断にかかわらず、そ
きています。
の方が復職したいと思うのであれば、満たすべきである
患者さんが仕事をする状況は、大都市、小都市、企
と考えられる項目からなっています。
1 眠気
3. 集中
プログ
集中力
判定す
平均す
4 集中
3 集中
業の規模、職種によってさまざまですから、各地のリワー
2 集中
クプログラムは、細かいところでは、いろいろ異なった工
1 眠気
とき
シート
夫があります。評価する項目にも、細かいところはいろ
いろ違いがあると思います。そこで、標準化シートについ
ては、リワークプログラムを行っている施設で共通に含ま
最 後に、評 価シートを の せます。シートの 項目は、
れるべき項目、言い換えれば、人間が仕事に従事する
Ⅰ. 基本項目
(1.出席率、2.眠気・疲労、3.集中の持続)
、
際、必ず必要とされる基本的な項目にしぼりました。別
Ⅱ. 対人交流
(4.他のメンバーやスタッフとの会話、5.協調
の項目をそれぞれの施設が付け加えて使用するのは自
性、6.適切な自己主張、7.不快な行為、8.役割行動、
由と考えています。
9 . 対 処 行 動 )、Ⅲ. 心 理 的 側 面( 1 0 . 気 持 ちの 安 定 、
評価の目的
4. 他の
スタッ
ある人
という
4 スタ
3 スタ
2 スタ
11.積極性・意欲、12.他のメンバーやスタッフからの注意
1 スタ
や指摘への反応)です。各項目は、①がもっとも好まし
5. 協調
くない 状態で、④がもっとも好ましい状態の 4 段階で
ルール
自分勝
判定されます。各評価については、判定基準、アンカー
評価シートというお話をすると、
「どうして患者に点数を
Ⅱ. 対
ポイントが示されています。
つけるのか」という質問をいただくことがあります。
4 自発
3 自発
2 自発
スタ
確かに、ある参加者が、仕事に戻っても大丈夫かを
1 スタ
おわりに
判断する基準という意味では、
「点数」という形を使い
ます。しかし、リワークプログラムの評価は、学力コンテス
6. 適切
自分の
を評価
考えや
トの成績ではありません。自分の体調をスタッフと一緒
リワークプログラムは、
「精神疾患を持った人が、会社
に見つめ、これからどんなことに気をつけて復職を目指
という組織で、精神疾患を持たない人と仲間として生き
していくか。スタッフとのやりとりのツールとして使ってもら
ていける」ためのプログラムです。プログラムでの援助も、
3 自分
うことが、まず、第一の目的です。
評価シートを通した働きかけも、最終的にはこういうこと
2 断れ
を目的としています。
復職の基準として使用するときでも、大切なのは「復
6
4 相手
1 断る
Topics
標準化リワークプログラム評価シート
7. 不快な行為
Ⅰ. 基本項目
攻撃的な自己主張、強い非難、大声、長い話など、相手に不快な気持ちを
いだかせる言動について評価する
言動が意図的か、無意識か、症状の影響によるものかは、問わない
評価の対象期間は、使用目的によって2 ∼ 8 週間程度の幅があってよ
いが、復職可能性の判断を行う場合には、可能なかぎり、過去 8 週間
の状態について判定を行う
科部長)
か」を評
ないの
は、あく
助するた
4 不快な行為は、まったくみられない
3 不快な行為を示すことがあるが、他のメンバーに影響を与えるほどではない
1. 出席率
2 他のメンバーに影響を与えるような不快な行為を示すが、
出席の割合を評価する
欠席は 1日、遅刻、早退は欠席 0.5 日として、
(出席できた日数)/(本来出
席するべきであった日数)として算定する
事前にスタッフに報告があり、スタッフが、
「復職のプロセスを進めるために
必要、有効性がある」と判断した事由(例:通院、産業医との面接など)は、
欠席、遅刻、早退に含めない(風邪などの体調不良による通院は、欠席と
カウントする)
他のメンバーやスタッフが助言や指導を行えば止められる
1 他のメンバーに影響を与えるような不快な行為を起こし、
他のメンバーやスタッフが助言や指導を行っても、不快な行為が止まらない
8. 役割行動
メンバーの中で、自分の役割を認識し、それに応じた行動ができたかを評価する
4 95%以上
4 自発的に自分の役割を認識でき、それに応じた行動がとれる
3 90%以上、95%未満
3 他のメンバーやスタッフが、指摘、助言や指導を行えば、
自分の役割を認識でき、それに応じた行動がとれる
2 80%以上、90%未満
2 他のメンバーやスタッフが、指摘、助言や指導を行えば、
1 80%未満
自分の役割を認識できるが、それに応じた行動はとれない
2. 眠気・疲労
1 他のメンバーやスタッフが、指摘、助言や指導を行っても、
自分の役割を認識できず、それに応じた行動もとれない
単極うつ
際には、
眠気・疲労によるプログラム参加への影響について、スタッフの観察に基づ
いて判定する
平均すると週に 1回未満とは、たとえば、4 週間で 2 回観察された場合を指す
後に判明
性障害な
2 眠気・疲労によるプログラム参加への影響が、ときに(平均すると週に1回未満)みられる
さんが参
じように、
らず、そ
きである
プログラム全体への対応について、自分では判断できない状況で、どのよ
うな対処行動がとれるかを評価する
自分の能力で可能な自己努力を行っているかどうかについても判断する
自己努力を行わない場合は、他のメンバーやスタッフの助言や指導を求める
1
ことができても、 と評価する
4 眠気・疲労はまったく観察されない
3 眠気・疲労が観察されることもあるが、プログラム参加への影響はみられない
もありま
9. 対処行動
1 眠気・疲労によるプログラム参加への影響が、しばしば(週に1回以上)みられる
4 自己努力または他のメンバーやスタッフの助言や指導を求める行動によって、
3. 集中の持続
常に問題状況に対して対処を行える
プログラム参加への集中力が、どの程度持続するかを評価する
集中力低下によるプログラム参加への影響について、スタッフの観察に基づいて
判定する
平均すると週に1回未満とは、たとえば、4 週間で 2 回観察された場合を指す
3 自己努力し、助言や指導を求めるが、ときに問題状況に対処できないことがある
2 自己努力は行うが、助言や指導を求める行動がとれない
1 自己努力を行えない
4 集中力低下や途切れは、まったく観察されない
Ⅲ. 心理的側面
3 集中力低下や途切れが観察されることもあるが、プログラム参加への影響はみられない
2 集中力低下や途切れよるプログラム参加への影響が、
10. 気持ちの安定
ときに(平均すると週に1回未満)みられる
不安、緊張、怒りなど気持の不安定さのために、離席、退出、プログラムへ
の参加に滞りがみられるかを評価する
平均すると4 週に1回未満とは、たとえば、6 週間で 1回観察された場合を指す
1 眠気・疲労によるプログラム参加への影響が、しばしば(週に1回以上)みられる
Ⅱ. 対人交流
項目は、
持続)
、
5.協調
割行動、
の安定、
の注意
も好まし
段階で
アンカー
4 気持ちは常に安定している
3 気持ちが安定しないことがあるが、離席、退出、作業への滞りはない
4. 他のメンバーやスタッフとの会話
2 気持ちが安定せず、離席、退出、作業の滞りがときに(平均4週に1回未満)みられる
スタッフや他のメンバーと、どの程度円滑に会話できるかを評価する
ある人には自ら話しかけるが、別な人から話しかけられても返事をしない、
1
というように言動にばらつきが見られる場合は、 と評価する
1 気持ちが安定せず、離席、退出、作業の滞りが、ときに(4週に1回以上)みられる
11. 積極性・意欲
4 スタッフや他のメンバーの誰に対しても、話しかけ、会話をもつことができる
新しい課題や目標に取り組もうとする、積極性や意欲について評価する
課題や目標は、プログラム全体に関する課題や目標をすべて含む
新しい課題や目標に関心を示すが、現在の課題や目標に取り組めない場合
1
は、
と評価する
3 スタッフや他のメンバーに自ら話しかけるが、相手は特定の人に限定される
2 スタッフや他のメンバーに話かけられれば返事をするが、自ら話しかけることは少ない
1 スタッフや他のメンバーに話しかけられても返事さえしないことがある
5. 協調性
4 現在の課題や目標に取り組み、自発的に、新しい他の課題や目標に関心を示す
3 現在の課題や目標に取り組み、他のメンバーやスタッフの助言や指導があれば、
ルールを順 守できるか、集団の課 題を理 解して活 動に参 加できるか、
自分勝手とスタッフが判断するような行動をとらないかを評価する
新しい他の課題に取り組もうとする
2 現在の課題や目標に取り組むが、他のメンバーやスタッフの助言や指導があっても、
4 自発的に協調性がある活動ができる
新しい他の課題や目標に取り組むことに消極的である
3 自発的に協調性がある活動を示すが、ときに、協調性がとれないことがある
1 現在の課題や目標に取り組めない
2 自発的には協調性をもって活動にとりくめない。
スタッフが助言や指導を行えば、協調性をもって活動にとりくめる
12. 他のメンバーやスタッフからの注意や指摘への反応
1 スタッフが助言や指導を行っても、協調性をもって活動にとりくめない
他のメンバーやスタッフからの注意や指摘を理解し、自ら内省の言葉を表現
し、行動を変容できるかを評価する
自ら内省の言葉を表現していなくても、注意や指摘を理解し、行動変容が
4 と評価する
観察されれば、
6. 適切な自己主張
が、会社
して生き
自分の考えや気持ちを、表現できるか、相手を尊重した表現で主張できるか
を評価する
1
考えや気持ちを表現できても、断れない場合には、
と評価する
4 注意や指摘を理解し、行動変容もできる
3 注意や指摘を理解しようとする態度を示し、自ら内省するが、
4 相手を尊重した表現で、自分の考えや気持ちを表現できる
援助も、
3 自分の考えや気持ちを表現できるが、相手を尊重した表現はできない
いうこと
2 断れるが、自分の考えや気持ちを表現できない
行動変容することまではできない
2 注意や指摘を理解しようとする態度を示すことはできるが、
自ら内省することはできない
1 注意や指摘を理解しようとする態度を示すことさえもできない
1 断ることさえできない
7
Fly UP