...

1/4 ページ - Regal Beloit

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

1/4 ページ - Regal Beloit
REGAL-BELOIT CORPORATION
企業汚職防止プログラム
サードパーティ関与ポリシー: 付属資料 1
初版発行日:
2011 年 8 月
改訂:
3、2012 年 9 月 19 日
改訂頻度:
年次
作成者
(部門、役職、および E メール):
Laurel Burke
倫理法令遵守 (法務)、相談役補佐 –
法令遵守、[email protected]
背 景 説 明 :Regal Beloit Corporation とその関連会社 (「Regal」と呼称) はグローバル企業として、世界中
の多くの汚職防止法および贈賄防止法に従わなくてはなりません。 これらの法令には、米国海外汚職行
為防止法 (「FCPA」) および英国贈賄防止法 (「UKBA」) が含まれます。簡潔に説明すると、これらの
法令の多くは、Regal のビジネスを獲得、維持、または誘導するために、行動または決定に影響を及ぼ
すことを目的として、Regal、またはその管理職、役員、および従業員、あるいは Regal の代表者、また
は Regal の代理人が、政府高官、政党、政党の職員または候補者、国際公共機関 (または上述した者に対
する支払いのための仲介人) に対して金銭や有価物を提供、支払い、あるいは贈与することを刑事犯罪と
しています。同様に商事贈賄法令は、ビジネスを獲得、維持、または誘導するために、行動または意思
決定に不正に影響を及ぼすことを目的として、あらゆる支払いや有価物を提供または贈与することを禁
止しています。
Regal およびその関係者に科せられる処罰は厳しいものであり、禁固刑に及ぶ可能性があります。 Regal
は汚職防止法および贈賄防止法上の義務を真剣に受け止め、これらの義務を同様に真剣に受け止める企
業および人々と取引することを目指しています。
Regal の ポ リ シ ー : Regal はあらゆるビジネス業務を、誠実に、汚職や贈賄なく実施することに取り組
んでいます。ビジネスを汚職や贈賄から確実に保護することの支援として、Regal は汚職防止プログラ
ムをポリシーおよび手順に取り入れています。Regal のために、または Regal を代行してビジネスを行
う誰一人として、Regal 自体またはいかなる Regal 関係者のためにも、ビジネスまたは不正なビジネス
上の優位性を不正に獲得するために、または不正に獲得しようとして、いかなる人、または会社に対し
ても、直接または間接的に、金銭、贈与品、またはその他の有価物を提供、支払い、約束、あるいは他
の誰かにそれらの支払いを許可することはありません。いかなる種類の贈賄および汚職も、厳しく禁止
されています。
Regal のために、または Regal を代行してビジネスを行うサードパーティとの関与を求めているすべて
の Regal の従業員は、「サードパーティのデュー・デリジェンス (適正手続き ) 実施方法」で要旨が
説明されているステップに従う必要があります。 Regal の従業員は、サードパーティのリスクレベルに
基づいて追加ステップの実施が必要な場合もあります。
Regal との関係の確立または維持を希望するサプライヤおよびサービスプロバイダーを含む、すべての
サードパーティは、添付書類 1 の、「サードパーティへの質問および初期証明」を提出する必要があり
ます。
倫理法令遵守オフィス
最終改訂日 2012 年 9 月 19 日
Regal-Beloit Corporation
200 State Street
Beloit, WI 53511 USA
[email protected]
電話: 608.361.7416 / ファックス: 608.364.8817 /オフィス: RegalBeloit.com
1/4
ページ
REGAL-BELOIT CORPORATION
企業汚職防止プログラム
サードパーティ関与ポリシー: 付属資料 1
サ ー ド パ ー テ ィ の デ ュ ー ・デ リ ジ ェ ン ス (適 正 手 続 き ) 実 施 方 法 :
1.
サードパーティとのビジネス上の関係の確立または更新に主たる責任を負う Regal の従
業員 (「Regal 従業員」と呼称) は、サードパーティに確実に「質問および初期証明」を提出させ
る責任があります。 Regal の法務部門 (「法務部門」と呼称) により文書で適用除外された場合
を除き、Regal 従業員は、Regal にサービス、供給品、商品、または製品を提供するすべてのサ
ードパーティにデュー・デリジェンス (適正手続き) を実施しなければなりません。しかし、Rega
l がこのサードパーティに対してサービスまたは製品を提供する場合は、デュー・デリジェンス (
適正手続き) を実施する必要はありません (要請に応じて、そのような顧客または潜在顧客に対
し、添付された質問で求められる同様の情報を Regal が提供します)。
2.
ビジネス上の関係を締結する前に、Regal 従業員はサードパーティに対して、添付書類
1、「サードパーティに対する質問および初期証明」を渡し、提示された指示に従って「質問お
よび初期証明」に記入し、それを提出するよう要求しなければなりません。 Regal がこの質問に
オンラインで記入できる方法を提示した場合、この要求事項をオンラインで提出することができ
ます。
3.
Regal 従業員は、サードパーティ関与ポリシーの添付書類 2「Regal 従業員レポート」
の書式に沿ってレポートに記入し、新しい情報が要求された、または入手された場合にそのレポ
ートを更新する必要があります。
4.
サードパーティが記入済みの「質問および初期証明」を返却した後、Regal 従業員は法
務部門および上級管理者 (少なくとも Regal の副社長クラス) に連絡して、「リスクレベル」を
判断し、割り当てる必要があります。 サードパーティの記入済みの添付書類、および Regal 従
業員によるレポートを受理後に、法務部門および上級管理者は、リスクレベルを決定するために
「リスクおよび法令遵守委員会」と調整を図る場合もあります。 割り当てられるリスクレベル
は、低、中、高に分かれます。
5.
受理した回答に基づいて、法務部門はリスクレベルを割り当て、それを Regal 従業員に
連絡します。 その後 Regal 従業員は、「リスクレベルに基づく追加のデリジェンス」で概要を
説明している追加のステップを実施する必要があります。リスクレベルと要件については以下に
規定しますが、法務部門または Regal の他の認定代理人の指示に従って、追加の情報およびステ
ップが必要となる場合があります。
6.
Regal 従業員レポートに記入することに加えて、Regal 従業員は、受領したすべての文
書の完全なファイルと、サードパーティに対するデュー・デリジェンス (適正手続き) プロセスに
関係したその他所見の十分な要約を保管する必要があります。
7.
Regal 従業員は、サードパーティが行った取引およびサードパーティに対する支払いへ
の監視を定期的に確認します。
8.
法務部門の指示がある場合、Regal 従業員は、年次またはそれよりも頻繁に「サードパ
ーティ関与ポリシー」の付録 2と同じ書式で、更新済みの証明書を取得しなければなりません。
9.
Regal 従業員とその上司は、Regal の汚職防止プログラムおよびその要件についてサー
ドパーティに確実に知らせる責任があります。
倫理法令遵守オフィス
最終改訂日 2012 年 9 月 19 日
Regal-Beloit Corporation
200 State Street
Beloit, WI 53511 USA
[email protected]
電話: 608.361.7416 / ファックス: 608.364.8817 /オフィス: RegalBeloit.com
2/4
ページ
REGAL-BELOIT CORPORATION
企業汚職防止プログラム
サードパーティ関与ポリシー: 付属資料 1
10.
Regal 従業員およびその上司は、サードパーティに関係するいかなる状況の変化につい
ても法務部門に連絡することに責任を負っています。状況の変化とは、Regal 従業員の判断にお
いて、サードパーティのリスクレベルに影響を及ぼす可能性のある変化を意味します (例、所有
権の変更、経営陣の著しい変更、さらなる/異なる事業への進出など)。
リスクレベルに基づく追加のデリジェンス
Regal 従業員は、以下に一覧表示された追加のデュー・デリジェンス (適正手続き) ステップを実施する必
要があります。このステップは、各サードパーティについて法務部門が割り当て、提供したリスクレベ
ルに対応しています。 これらのステップのいずれかを実施できない場合、またはサードパーティが協力
しない場合、Regal 従業員は法務部門に連絡してそれ以降の指示を求める必要があります。
A. 低リスク:
1. 不当な努力をせずに利用できる公開情報を通じて、サードパーティおよびサードパーティの
回答で特定された人物の有罪判決、刑罰、または制裁措置について履歴を調査します。 これ
については、法務部門が要請に応じて助言を行います。
2. サードパーティに関するあらゆる否定的な情報について、政府、地域、業界、および一般ビ
ジネスを含めた複数の報道ソースを調査します。
3. サードパーティとの書面による同意が必要になります。この同意には、サードパーティ関与
ポリシーの付属資料 3 からの強制的文言 (または法務部門により承認された他の文言)、およ
び Regal の汚職防止ポリシーおよびプログラム、または Regal によって検討済みのサードパ
ーティの同等のプログラムを遵守する要件が含まれます。
B. 中リスク:
1. 上記で特定した低リスクのステップをすべて実施します。
2. サードパーティの行動規範、倫理声明、および汚職防止ポリシーの文書を入手し、それぞれ
の文書がデュー・デリジェンス (適正手続き) ファイルまたは資料に含まれていることを確認
します。 これらの文書のいずれかを入手できない場合は、その旨を文書で記録し、サードパ
ーティがそれを所有していない理由を説明します。
3. サードパーティに関連していない、またはその傘下でない会社または個人から、3 つのビジ
ネス上の信用照会先を入手します。 1 つの信用照会先は、銀行/信用調査機関でなければなり
ません。 残る 2 つの信用照会先は、Regal に提供するものと同様の活動をサードパーティが
提供することをサードパーティと契約している、またはかつて契約していた外部の会社から
入手しなければなりません。 これらの信用照会先に連絡し、その結果を文書に記録します。
4. 企業関係および人脈を調査します。 これを実行するには、多くの場合にサードパーティが次
の追加情報を提供する必要があります。これについては、Regal 従業員がサードパーティに
直接要請する必要があります。
i. 過去 3 年間にサードパーティの財務的利益を 5% 以上保持する、または保持したこ
とのある株主または所有者 (氏名、利益の割合および保持した日付を含む)。
倫理法令遵守オフィス
最終改訂日 2012 年 9 月 19 日
Regal-Beloit Corporation
200 State Street
Beloit, WI 53511 USA
[email protected]
電話: 608.361.7416 / ファックス: 608.364.8817 /オフィス: RegalBeloit.com
3/4
ページ
REGAL-BELOIT CORPORATION
企業汚職防止プログラム
サードパーティ関与ポリシー: 付属資料 1
ii. 過去 12 ヶ月間でのサードパーティの現在及び過去の管理者、役員、および/または
社長 (氏名、役職、任期、および現在従事する他のビジネスを含む)。
iii. サードパーティの親会社、子会社、系列の事業体、および共同所有の事業体 (共同所
有の事業体の所有率、および共同所有者を含む)。
5. (潜在的な、または既存の) サードパーティおよびそれに属する個人の身元/デュー・デリジェ
ンス (適正手続き) レポートに関して法務部門に相談します。このレポートには、公開済みの
書類および記録 (国内審査を含む) の完全な調査が含まれます。
C. 高リスク:
1. 上記の低リスクおよび中リスクのステップをすべて実施します。
2. 法務部門は、大使館への照会結果を含め、 Regal 従業員がサードパーティに関するより詳細
な外部の調査/デュー・デリジェンス (適正手続き) レポートを信頼できるプロバイダーから入
手する際に支援を行います。
3. 過去 3 年間に及ぶ、管理、貸借対照表、および損益計算書を含む、サードパーティのビジネ
スパートナーの財務記録 (可能であれば会計監査) を入手します。
4. 法務部門の指示に基づき、政治的な関係、事業取引先、および資本について詳細なインタビ
ューまたは照会を実施します。
5. 現地のデータソースを活用し、信頼できる外部プロバイダーの協力によって調査用の背景レ
ポートに記入します。
倫理法令遵守オフィス
最終改訂日 2012 年 9 月 19 日
Regal-Beloit Corporation
200 State Street
Beloit, WI 53511 USA
[email protected]
電話: 608.361.7416 / ファックス: 608.364.8817 /オフィス: RegalBeloit.com
4/4
ページ
Fly UP