...

408-78003 - TE Connectivity

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

408-78003 - TE Connectivity
408-78003
Instruction Sheet
取扱説明書
6 Feb 13 Rev A
Micro Motor Plus Connector (マイクロ モーター プラス コネクタ)
1. はじめに
この取扱説明書は マイクロ・モータ・コネクタの組立
手順、取扱方法を説明するものです。作業の前に必ずお
読みください。
1. Introduction
This manual describes the assembly procedure and
handling of the MICRO MOTOR CONNECTOR. Read
this manual thoroughly before assemble/use the
connector.
注意:
使用する電線によっては、下記寸法で施工した場合
でも製品性能上問題になる場合があります。
本コネクタの施工をご検討の際には、お手数でも必
ず弊社営業窓口にお問い合わせください。
Cautions:
Even when it constructs with the following size
depending on the electric wire to be used, it may
become a product performance top problem.
Be sure to ask our company operating window also
by trouble in the case of examination of
construction connector.
2. 適用製品
2. Applicable Products
Part No.(型番)
Descriptions (名称)
2174053-1,2174054-1
Encoder Cable I/O Kit (エンコーダ ケーブル アイ・オー キット)
2201825-1
2174065-4
Receptacle Contact
(リセプタクル
コンタクト)
3. 適用ケーブル
製品規格、取付適用規格も参照してください。
3. Applicable Cable
Refer Product Specification and Application
Specification for details.
電線サイズ: #26-22 AWG
ジャケット外径: 6.8~7.4 mm
Wire conductor size : #26-22 AWG
Cable Jacket Outside Diameter : 6.8 – 7.4 mm
4. 関連規格
108-5864
114-5335
114-5338
4. Related Documents
108-5564 : Product Specification
114-5335 : Rec,Contact Application Specification
114-5338 : Ground Clip Application Specification
: 製品規格
: リセ・コンタクト取付適用規格
: グランド・クリップ取付適用規格
5. 組立手順
下記の手順で組み立ててください。
©2011 Tyco Electronics Japan G.K.,
a TE Connectivity Ltd. Company
All Rights Reserved
TE logo is a trademark.
* Trademark
5. Assembly Procedure
Assemble the cable in following procedure:
タイコエレクトロニクス ジャパン合同会社、TE Connectivity Ltd. グループ
Other products, logos, and company names might be trademarks of their respective owners.
1 of 12
LOC B
Instruction Sheet
取扱説明書
408-78003
1) 組立に入る前に、使用するケーブルの向き(左端/右
端)を決めてください。芯線フォーミングの工程にて、
芯線どうしの重なりを最小限にとどめるために、芯線の
撚り、配線する芯線を考慮して向きを決めてください。
Fig.1
1) Before assembly, Check the cable construction and
choose one side (Left or Right) which can avoid cable
overlap at the wire forming process.
Fig.1
Fig.1
2) ケーブル切断工程
仕上がり寸法を満足できるように、ケーブル切断寸法を
決めて、ケーブルを切断してください。Fig.2
2) Cable cut process
Cut the cable by appropriate length.
(You must consider the designated length of finished
goods.) Fig.2
注意:
切り口が潰れないような工具を使用すること。
Cautions:
Use fine tool that keep fine surface after cut the
cable.
Fig. 2
3) ケーブルに Fig.3 に示す付属品を通してください。
注意:
付属品を通す順番と向きに注意。
① ケーブル / Cable
② ワイヤー・フィックスド・セット・スクリュー
/Wire Fixed Set Screw
③ ワイヤー・クランプ / Wire Clamp
④ ワイヤー・ラバー・パッキン / Wire Rubber Packing
⑤ リセプタクル・ケース・アセンブリ / Rec. Case Assy
⑥ グランド・クリップ / Ground Clip
3) Insert accessories in accordance with Fig.3 to the
cable.
Cautions:
Take care about the passed order and direction
about the accessory.
⑤
④
②
③
⑥
①
Fig. 3
Rev A
2 of 12
Instruction Sheet
取扱説明書
408-78003
4) ケーブル端末処理
4) Cable end Process
4-1)編組シールドを傷つけないようにジャケットをス
トリップしてください。Fig.4-1
4-1) Strip the jacket without damage to the braided
shield. Fig.4-1
20±2mm
Fig. 4-1
4-2)芯線を傷付けないように介在の処理を行い、編組
シールドを折り返します。Fig.4-2
4-2) Remove the intervenient and bent the braided
shield without damage to the braided shield. Fig.4-2
Fig. 4-2
4-3)ケーブルに傷をつけないように、編組シールドを
全周、切りそろえます。Fig.4-3
4-3) Cut all around the bended braided shield without
damage to the cable. Fig4-3
5±1mm
Fig. 4-3
Rev A
3 of 12
Instruction Sheet
取扱説明書
408-78003
5) 編組シールドに、幅 5mm の導電性粘着材付き銅箔テ
ープを巻き付ける。Fig.5
仕上がり外径 Φ7.3~7.7
編組シールドがはみ出さないこと
5) A copper foil tape with conductivity adhesive with a
width of 5mm is twisted around a braided shield. Result
O.D. Φ7.3-7.7.
φ7.3~7.7
1mmMAX
NO BRAIDED SHIELD
Fig. 5
6) 不必要な芯線を切断し、リセ・ハウジング挿入時の
手前列と奥側列に選り分ける。そのとき根元で芯線が重
ならないようにする。Fig.6-1
手前列を 15+3, -1mm にて揃えて切断 Fig.6-2
奥側列を 17±1mm にて揃えて切断 Fig.6-3
6) Cut the disused core wire, and divide core wires into
front row group and inner row group. Not to overlap
core wires at cable neck. Fig.6-1
Near row: Cut15+3, -1mm Fig.6-2
Far row: Cut17±1mm Fig.6-3
リセ・ハウジング
奥側列 (FAR ROW)
リセ・ハウジング
手前列 (NEAR ROW)
Fig. 6-1
15+3,-1mm
Fig. 6-2
15+3, -1mm
17±1mm
Fig. 6-3
17±1mm
Rev A
4 of 12
Instruction Sheet
取扱説明書
408-78003
7) 芯線をストリップする。Fig.7
ストリップ長:1.8±0.2mm
7) Strip the core wire.Fig7
Strip length : 1.8±0.2mm
1.8±0.2mm
Fig. 7
8) 取付適用規格(114-5335)を参照し、コンタクトを
圧着して下さい。圧着後規格に従って圧着状態を検査し
てください。また、手前列、奥側列にて振り分け、端子
の向きを挿入時に揃えて下さい。
8) Refer to the Application Specification(114-5335),
Crimp contact to the wire. After crimping, check the
workmanship in accordance with the application
specification.
接点部を内側に向けて揃える。
Contacts are turned inside and
arranged.
リセ・ハウジング
手前列(NEAR ROW)
リセ・ハウジング
奥側列(FAR ROW)
Fig. 8
Rev A
5 of 12
Instruction Sheet
取扱説明書
408-78003
9) 完成品のケーブルの取り出し方向により、リセ・ハ
ウジングの向きを確認してください。Fig.9-1
圧着済みコンタクトをリセ・ハウジングの手前列より挿
入してください。(本説明書では、最終形状において、
ジャケットケーブルに近い列を手前側、遠い列を奥側と
呼びます。)芯線根元部分が重ならないように注意する
こと。Fig.9-2
挿入後、芯線を1本ずつ軽く引っ張り、圧着端子が抜け
出ないことを確認して下さい。Fig.9-3
9) Verifying Receptacle HSG’s orientation by finished
product cable direction. Fig.9-1
Insert the crimped contact into the receptacle housing
from Near row without overlap core wire at the cable
neck. Fig.9-2
Then Gently pull the wire one by one to ensure contacts
are fully inserted. Fig.9-3
Fig. 9-1
Fig. 9-2
ハウジングランス
Housing lance
リセ・ハウジング基準面
Rec. housing base level
Fig. 9-3
Rev A
6 of 12
Instruction Sheet
取扱説明書
408-78003
10) 芯線のフォーミングを行います。Fig. 10
本作業を行うことによりスムーズな組立を行うことが可
能になります。フォーミング時に、リセ・コンタクトの
クリアランスを保つように行ってください。
① 手前側列をハウジングに押し付けるようにし、芯線の
垂直部分を保ち、且つ最小半径になるように フォー
ミングを行います。
② 奥側列はフォーミングの際、Φ2の工具(精密ドライ
バー等)を差込んだ後、芯線の垂直部分を残し、芯
線を曲げる。
③ φ2の工具を差込んだまま、ケーブルをリセ・ハウジ
ングに押し付け最終形状に近づける
④ 工具を抜きフィーミングが保たれているか確認する。
10) Forming core wire process. Fig. 10
A smooth assembly can be performed by doing
this work. When forming the core wire, keep the
clearance of contact.
① Keep Core wires (Near row) straight and form by
minimum diameter.
② Put the tool(φ2 stick) between near row and far
row. Then, keep Core wires (Far row) straight and
form by minimum diameter.
③ Bend the cable toward housing with the stick is
placed.
④ Confirm Cable and wire forming without φ2
tool.
①
垂直部分をのこす
Leave horizontal portion.
②
φ2の工具
Tool of φ2
③
④
Fig. 10
Rev A
7 of 12
Instruction Sheet
取扱説明書
408-78003
11) 最終形状の確認。Fig. 11
①芯線がリセ・ハウジングから約1mm離れている
こと。
②芯線の立ち上がり高さは 3mmMAX であること
③芯線がリセ・ハウジングよりはみ出さないこと
④芯線が重ならないこと
12) Verifying the forming. Fig. 11
①Keep 1mm gap between formed wire and receptacle
housing.
②Keep the wires under 3mm height.
③Keep the wires inside of receptacle housing width.
④Keep each core wire without overlap.
①
②
④
③
Fig. 11
Rev A
8 of 12
Instruction Sheet
取扱説明書
408-78003
13) グランド・クリップを圧着します。
13-1) リセ・ハウジングが、グランド・クリップの内側
に収まるようにして、Fig. 13-1 のように位置決めしま
す。
13-2) ケーブルジャケット端が Fig. 13-2 の位置に来る
様にして、取付適用規格(114-5338)を参照し、グラ
ンド・クリップを圧着してください。
13) Crimp the ground-clip.
13-1) As receptacle housing is settled inside a ground
clip, it opts for direction according to the purpose, and it
positions like Fig.13-1.
13-2) A cable jacket end It positions so that it may come
to the position of Fig.13-2, and crimp the ground-clip
with reference to the application specification (1145338).
または
OR
Fig. 13-1
Rev A
Fig. 13-2
9 of 12
Instruction Sheet
取扱説明書
408-78003
14) リセ・ハウジングとグランド・クリップをリセ・ケ
ースに収めます。
14-1)リセ・ハウジング側を押し込まずに、ケーブル側
を引っ張り、引き込む様にします。Fig. 14-1
14-2) その際、グランド・クリップの圧着部を押し、ケ
ーブルに曲げ癖を付けると、作業が容易になります。
Fig. 14-2
Fig. 14-1
Rev A
14) Receptacle housing and a ground clip are stored in
a receptacle case.
14-1) A cable side is pulled and it is made to draw like
fig.14-1, without pushing in a receptacle housing side.
14-2) Work will become easy, if the crimping part of a
ground clip is pushed, it bends on a cable like Fig.14-2
in that case and a peculiarity is attached.
Fig. 14-2
10 of 12
Instruction Sheet
取扱説明書
408-78003
15-1) グランド・クリップがリセ・ケースの Fig. 15-1
の位置で干渉し、引き込みの継続が難しい場合,
Fig. 15-2 のように、グランド・クリップを押し,
変形させないよう、何回かに分けて引き込んでくださ
い。
注意:
グランド・クリップを曲げてしまった時は、元の形状
に戻してください。破断を防ぐ為、戻す事を 3 回以上
繰り返したグランド・クリップは、使用しないでくだ
さい。
15-1) When a ground clip interferes in receptacle in the
position of Fig.15-1 and continuation of drawing in is
difficult.
See Fig.15-2, push a ground clip lightly without deform
and pull in several times.
Cautions:
When the ground clip is bent, please modify it to
regular position. In order to prevent a fracture,
please do not use the ground clip which repeated
bending and returned 3 times or more.
押す
PUSH LIGHTY
Fig. 15-1
16-1) グランド・クリップの変形を戻し、リセ・ケース
に対し、Fig. 16-1 のように位置決めする。
16-2) リセ・ハウジングの突起をリセ・ケースのスリッ
トに合わせ、リセ・ケースに固定されるまで押し込む。
注意:
リセ・ハウジングの接点がグランド・クリップの内側
に入るよう気を付けてください。
Fig. 15-2
16-1) Return modification of a ground clip and position
like Fig.16-1 to a receptacle case.
16-2) Unite the projection of receptacle housing with the
slit of a receptacle case, and push in until it is fixed to a
receptacle case.
Cautions:
Please take care so that the contact of receptacle
housing goes inside a ground clip.
Fig. 16-2
Fig. 16-1
Rev A
11 of 12
Instruction Sheet
取扱説明書
408-78003
17) ワイヤー・ラバーパッキン、ワイヤクランプを Fig.
17-1 の位置にずらし、ワイヤ・フィックスド・セッ
ト・スクリューを締め付けてケーブルをリセ・ケースに
固定してください。
この際、リセ・ケースとワイヤ・フィックスド・セッ
ト・スクリューの隙間が無くなる様に締め付けてくださ
い。Fig.17-2
注意:
ケーブルが固定されていることを確認してください。
17) Please shift wire rubber packing and a wire clamp in
the position of Fig.17-1, bind a wire fixed set screw tight,
and fix a cable to a receptacle case. Under the present
circumstances, please bind tight so that the clearance
between a receptacle case and a wire fixed set screw is
lost.Fig17-2
Cautions:
Please confirm the cable is fixed.
隙間が無いこと。
No clearance.
Fig. 17-1
6. コネクタ嵌合
組み立てたコネクタをポストベースに密着するまで嵌合
させた後に、4本のバインドねじを締め付けて固定して
ください。
バインドねじの締め付けトルクは、10~15 N-cm
Rev A
隙間が無いこと。
No clearance
Fig. 17-2
6. Connector install
Please bolt four bind screws and fix, after inserting in
until it sticks the assembled connector to a post base.
The bolting torque of a bind screw is 10 - 15 N-cm.
12 of 12
Fly UP