...

アジア経済史:研究入門 - アジア研究センター

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

アジア経済史:研究入門 - アジア研究センター
書評
水島司・加藤博・久保亨・島田竜登 編
『アジア経済史:研究入門』
名古屋大学出版会 2015年 390頁 3,800円
秋山 憲治
現在、アジアは世界経済を牽引し、21 世紀の世界秩序を形成する主役と考えられる。本書は、東ア
ジア、南アジア、東南アジア、西アジア・中央アジアのアジア全地域にわたって、古代から現在に至る
までの歴史について、その研究の蓄積を振り返りながら、アジア経済の興隆の要因や進展の可能性など
を叙述している。
本書の編集方針で、
「本書の読者層を、基本的には経済史の研究を志そうとする学生や院生、あるい
は、自身が進めてきた研究対象以外の地域での研究動向を知り、自らの問題関心を広めようとする研究
者を想定して」いると述べられている。
以下、目次の章及び節について記述し、概略を紹介する。
目次
はしがき
序章 アジア経済史とグローバル・ヒストリー
第Ⅰ部 東アジア
第 1 章 前近代Ⅰ:春秋~元─ 14 世紀以前
1. 生産─農村の経済関係と諸産業、2. 流通、3. 財政
第 2 章 前近代Ⅱ:明代~清代前期─ 14~18 世紀
1. 経済規模の拡大─人口・生産・環境、2. 貨幣経済の展開─市場・流通、3. 経済秩序の再編─
財政・経済政策
第 3 章 近現代Ⅰ:19 ~20 世紀初頭
1. 転換期の経済─人口・環境・移住・生産、2. 市場の変容と広域経済・世界経済の展開─市場・
流通・経済秩序、3. 帝国経済の変容─貨幣・金融・財政・中央と地方
第 4 章 近現代Ⅱ:20~21 世紀
1. 工業化の急展開─生産・人口・環境、2. 開かれゆく市場─市場・流通・金融、3. 国民国家へ
の道─経済財政政策
第 5 章 古代~現代:朝鮮
1. 統一新羅・高麗時代、2. 「伝統社会」 の成立─朝鮮時代、3. 国際社会への開放と衝撃、4. 植
民地支配と独立
第Ⅱ部 南アジア
第 6 章 前近代Ⅰ:インダス文明~12 世紀
1. インダス文明、2. 古代─前 1000~後、3. 中世初期─ 600~1200 年
第 7 章 前近代Ⅱ:13~18 世紀
1. デリー・スルタン朝期─ 13~16 世紀前半、2. ムガル朝期─ 16 世紀前半から 17 世紀、3. ポス
−167
ト・ムガル朝期─ 18 世紀
第 8 章 近現代Ⅰ:18 世紀~第一次世界大戦
1. 植民地体制への移行期─ 18 世紀半ば~19 世紀前半、2. 植民地体制の確立期─ 19 世紀前半~
1870 年代、3. 民族資本の成長期─ 1870 年代~第一次世界大戦前後
第 9 章 近現代Ⅱ:第一次世界大戦以降
1. 第一次世界大戦後の農村・農業社会と工業発展、2. 独立インドの経済社会の発展と変容─工
業・サービス業の発展を中心に、3. 独立後インドの農業と農村社会
第Ⅲ部 東南アジア
第 10 章 前近代:19 世紀半ばまで
1. 自然環境と人口、2. 古代・中世─ 14 世紀まで、3. 「商業の時代」、4. 近代への胎動─ 18~19
世紀前半
第 11 章 近現代Ⅰ:19 世紀半ば~1930 年代
1. 世界経済と東南アジア─植民地化・アジア間貿易・アジア太平洋市場圏、2. 島嶼部東南アジ
アの経済、3. 大陸部東南アジアの経済
第 12 章 近現代Ⅱ:1930 年代~21 世紀初頭
1. 戦前・戦後にまたがる経済通史、2. 時期別の現代東南アジア経済史研究、3. 現状分析に関す
る近年の研究動向
第Ⅳ部 西アジア・中央アジア
第 13 章 古代Ⅰ:古代オリエント─前 4 世紀まで
1. 農耕牧畜の開始と都市の成立、2. メソポタミア文明圏の経済と社会、3. エジプトの経済と社
会
第 14 章 古代Ⅱ:イスラム以前の西アジア、
1. ヘレニズム世界の経済社会─前 4~前 1 世紀、2. ローマ帝国の国家と経済─前 1~後 4 世紀、
3. ビザンツ帝国の経済構造─ 4~7 世紀
第 15 章 前近代:イスラム時代─ 7~19 世紀
1. イスラム経済圏の形成と拡大、2. イスラム経済圏の特徴、3. イスラム経済圏の成熟と変革の
兆し─ 15~19 世紀初頭
第 16 章 近現代:西アジア─ 19~21 世紀
1. 近代化と植民地化─ 19 世紀、2. 国民経済への道と体制選択─ 20 世紀、3. グローバルな市場経
済の時代─ 20 世紀末~21 世紀
第 17 章 近現代:中央アジア―19~21 世紀
1. ロシア帝国と中央アジア─ 19~20 世紀初頭、2. 社会主義時代の経済発展─ 1917 年~91 年、
3. ソ連崩壊と市場経済化への朝鮮─ 1992 年~現在
文献一覧
付録(研究支援情報、共通項目索引)
本書は、総ページ 377 頁にわたる大著であるが、17 章にわたりアジア各地域の歴史の紹介や重要文献
の解説をしてから、263~354 頁に和文・中文、欧文の膨大な研究文献がリスト・アップされている。
さらに、先行研究をする上での支援情報も詳しく述べられており、歴史的視点を踏まえてアジアの経済
社会の研究を志す人たちの重要な研究入門となると考えられる。
(あきやま けんじ 神奈川大学経済学部教授)
168−
書評
Fly UP