...

総合資料館だより

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

総合資料館だより
ISSN 1882-0514
総合資料館だより
2010.10.1 No.165
南北朝内乱の一齣を切り取った古文書
かんのう
はいしのしょう
観応3(1352)年3月18日、足利義詮の武将である佐々木(京極)秀綱が山城国拝師荘(現京都市南区)
など京都近郊の東寺領荘園に対して自軍の濫妨狼藉を禁止した命令書です。
前年の観応2年10月24日、足利尊氏・義詮父子は不和となった足利直義(尊氏実弟)を討つために、背
後の憂いを断つ目的で南朝に降参します。これにともなって11月7日、北朝は廃され、両朝は一つになりま
しょうへい
す。年号においても「観応」が「正平」に呼び替えられました(正平一統)。
しかし、この正平の一統は長くは続きませんでした。翌正平7年(=観応3年)、南朝の後村上天皇が、
八幡臨幸を口実にして、京都占領を目的に、吉野から軍事行動を起こし、閏2月19日に男山八幡に本陣を置
いたからです。
京都に残っていた義詮は、閏2月20日に近江国に逃れ、早くも閏2月23日には正平の年号を棄て、もとの
さいそくじょう
観応の年号で近江の武士に軍勢催促状を出して軍勢を整えました。3月15日、反転した義詮は南朝軍を破
り、京都を奪回。そして3月21日に、男山に陣する南朝軍に総攻撃を懸けることになります。それを前に洛
南から西岡一帯にかけて展開し、駐屯している幕府軍に発したのがこの文書です。
とうじひゃくごうもんじょ
なお、この古文書は国宝の東寺百合文書の中の一通で、当館が編集し、10月に活字化され刊行される
『東寺百合文書 八』(思文閣出版)に収録されています。
目 次
南北朝内乱の一齣を切り取った古文書………………………………………………………………………… 1
文献課の窓から『「都」と「日出」 ~戦後京都の夕刊紙~』… …………………………………………… 2
歴史資料課の窓から「行政文書に見る京都 建物疎開関係資料について-京都のイメージのために-」…… 4
展覧会等のお知らせ……………………………………………………………………………………………… 6
最近の収集資料から(平成22年6月~8月)………………………………………………………………… 7
全史料協 全国(京都)大会 平成22年度古文書入門教室へのお誘い…………………………………… 9
友の会事務局から 日誌 利用案内…………………………………………………………………………… 10
-1-
文献課の窓から
ていましたが、みやこ新聞社の社長に就いたこと
により、『京都産業新聞』を廃刊統合し、『都新
「都」と「日出」
~戦後京都の夕刊紙~
聞』を復刊しました。谷口と京都産業界との関係
は強く、復刊後の『都新聞』の紙面は今までの社
会・文化欄に加え、染織業界をはじめとする京
戦後の京都に存在していた新聞に『都新聞』
都産業界に関する記事も見られるようになりまし
と『京都日出新聞』があります。この二つの新聞
た。
については、同名で別の期間に発行されていた
新聞も存在するため、混乱しがちです。今回は、
夕刊紙として京都の庶民に親しまれた『都新聞』
と『京都日出新聞』についてご紹介します。
(1)『都新聞』
『都新聞』は昭和21(1946)年6月1日に都新
聞社より創刊されました。創刊時の所在地は「中
京区河原町三條上ル」ですが、昭和27年10月8
日に「中京区烏丸御池東入ル」に社屋を移転し
ています。『京都年鑑』(1953年版)によると
移転の理由は、数回にわたる増資を行い、社屋
(『都新聞』復刊第1号 昭和31年11月21日)
を新設し、印刷施設を整備したためとされてい
ます。また、『日本新聞年鑑』(1954年版)によ
また、紙面の広告欄からも復刊への熱い思い
ると、『都新聞』の発行部数は85,120部を数えま
が伝わってきます。多くの企業が「祝復刊」の広
す。昭和30年4月25日には朝刊紙も発行し、名実
告を掲載し、復刊後1ヶ月経っても途絶えること
ともに京都における新聞界での地位を高めてい
はなく、『都新聞』の復刊に対する府民の思いを
きました。
感じ取ることができます。そんな波乱に満ちた
創刊当初は2面構成で、社会・文化について
『都新聞』ですが、当館で『都新聞』の現物を確
の記事が主でした。その後4面構成となり、占い
認できるのは昭和32年8月6日までで、その後い
やスポーツ、テレビ・ラジオの番組欄などが加わ
つ廃刊となったかは現在のところ分かっていま
り、第4面には映画や舞台の情報が掲載される
せん。
など、より大衆向けの紙面へと変化していきまし
ちなみに、『東京新聞』の前身で明治21年か
たが、この『都新聞』は昭和31年2月13日を最後
ら昭和17年まで東京で発行されていた新聞に
に突然その姿を消してしまいます。昭和31年2月
『都新聞』(明治22年1月31日までは『みやこ新
15日の『夕刊京都』によると、「都新聞のスト続
聞』)がありますが、今回とりあげた『都新聞』
く」とあり、「都新聞労組では、かねて未払賃金
とは別の新聞です。発行所も「都新聞社」と全く
よこせと会社側と交渉をつづけていたが決裂、13
同じで混同しがちですので注意が必要です。
日から無期限ストに突入。14日正午現在なおスト
が続けられている」と書かれています。また、創
(2)『京都日出新聞』
刊から約10年の間に社長の交代が相次ぎ、会社
『都新聞』のあとを引き継ぐような形で京都の
の経営が不安定だったことをうかがわせます。
新聞界に登場したのが『京都日出新聞』です。
およそ9ヶ月後の昭和31年11月21日、『都新
最初に注意しておきたいのは、この『京都日出新
聞』は夕刊紙として「復刊」します。復刊当日の
聞』は京都新聞の前身である『京都日出新聞』
紙面で、社長の谷口礼二郎は、「余儀なき事情
とは別の新聞だということです。今回とりあげる
のため休刊していたが、社名を『みやこ新聞社』
『京都日出新聞』は京都日出新聞社より発行さ
と変更して、復刊を期に新たな気持ちでスター
れ、創刊は昭和33年11月3日の文化の日です。当
トする」との思いを述べています。その思いは紙
時の社長は山口繁太郎で、夕刊京都新聞社の創
面にも見ることができます。谷口は京都産業新聞
立者のひとりでもありました。また、京都日出新
社の社長をしており、『京都産業新聞』を発行し
聞本社の所在地は、中京区三条通柳馬場東入ル
-2-
とあり、当時の住宅地図でも確認することができ
広くとりあげています。
ます。
「明るく楽しく」「信頼され愛される新聞」
(黒い瞳の女王選定)を行ったりしていますが、
をモットーに発行され、観光京都美人人気投票
育児・衛生・教養・美容・暮らしの工夫など、
社会問題だけでなく文化に重点を置いた紙面構
成をとり、『京都日出新聞』は主婦のよき友でも
あったことをうかがわせます。また、同社世論
調査(昭和34年5月3日現在)によると、発行
は京都府内にとどまらず、滋賀・大阪を含め、
計45,000部を数えます。当時の『京都新聞』の発
行部数が朝刊225,705部、夕刊220,433部でしたの
で、これに次ぐ規模の新聞であったことが分かり
(『京都日出新聞』創刊号 昭和33年11月3日)
ます。
『京都日出新聞』の創刊号の第1面トップ記事
当館では、創刊号から昭和36年12月30日まで
には棟方志功による「祝京都日出新聞」の挿絵
『京都日出新聞』の現物を確認できますが、いつ
が掲載されています。棟方志功は青森県出身の
廃刊となったかは現在のところ分かっていませ
画家・版画家で、京都日出新聞社の役員として
ん。
もその名を連ねています。一方、山口繁太郎も同
以上のように今回は、戦後の京都に存在した
じく青森県の出身で、左京区北白川で山口書店
『都新聞』と『京都日出新聞』についてとりあげ
を経営していました。山口と棟方は同郷のよしみ
ました。これらの新聞がいかに京都の庶民に親
からか、家族ぐるみの付き合いがあったようで、
しまれていたかは、実際に手に取れば感じること
棟方は自身の著作である『板散華』の初版を、昭
ができます。
和17年に山口書店から刊行しています。山口書
店は現在も左京区一乗寺で出版業を営んでいま
<参考資料>
す。
・『躍進する京都日出新聞』京都日出新聞社編刊
『京都日出新聞』は4面構成で、『都新聞』と
1959
同様に第4面に映画・舞台の情報を掲載してい
・『京都新聞120年史』京都新聞社編刊 1999
ます。『京都日出新聞』の映画欄の特徴は、俳優
・『京都書肆変遷史』京都書肆変遷史編纂委員
の紹介やインタビュー記事を載せていることで、
会編 京都府書店商業組合刊 1994 ほか
映画の情報は国内だけでなく海外の作品まで幅
(文献課 大瀧徹也)
<戦前戦後の京都における新聞一覧>
1935
昭和10
1940
15
1945
20
1950
25
1955
30
1960
35
1965
40
都新聞
21.6
31.2
32.8?
京都産業新聞
31 11 21
31.11.21
京都日出新聞
33.11
36.12?
夕刊京都
21.5
57.9
夕刊京都新聞
京都日日新聞
21.4 24.11
26.9
合併
京都新聞
17.4
合併
合併
京都日日新聞
京都日日新聞
大正9.10
17.4
明治18.1
17.4
京都日出新聞
現在
合併
-3-
歴史資料課の窓から
行政文書に見る京都
建物疎開関係資料について-京都のイメージのために- はじめに
今回は、当館所蔵の京都府行政文書に含まれ
ている「建物疎開関係資料」59点についての紹
介と簡単な解説を行います。
この建物疎開事業は、昭和19(1944)年7月か
ら昭和20年8月の敗戦まで4次にわたって行われ
ました。約2万戸が対象となり、京都市内の人口
も一年間で10万人ほど減少するという非常に大
きなものでした。また、その結果として、市中心
部を堀川通・御池通・五条通の大きな道路空間
が取り囲む今の京都市街を作り出します。その
他にも、府庁の周辺や高辻通りをはじめとする2
車線の道路や、現在の先斗町公園などのいわゆ
る小空地が生まれる事になります。
う点はうかがい知ることはできません。特に、以
下の図のように市街地を分断する形で大規模な
疎開を行った第3次疎開については、防火帯をつ
くるため、という事務担当者の証言や戦争以前
からの都市計画との関係が指摘されているもの
の、現在のところ地区指定に直接関係する資料
は発見できていません。
資料の概要
次ページの表は、この建物疎開の際に、府が
事務処理のために作成・取得した資料の一部で
す(以降、ID番号を()で示します)。この事業
は、都市防空の観点から強制的に建物の撤去範
囲を定めた後、建物の買収と取り壊しは府、土地
の貸借や買収については京都市など地元市町村
が行う、という役割分担によって行われました。
資料群は以下の4つの系統にわけられます。1.建
物疎開の施策全体を行うための文書、2.対象建物
を府が買収するための調査・支払い調書、3.対象
建物に居住、または営業していた人々への転居
料の支払いのための調査・支払い調書、4.それら
をとりまとめた一覧表、です。
また、2.~4.は疎開事務所(=警察署管区)単
位にまとめられています。主に資料が残っている
のは、堀川・中立売・松原・五条・七条・西陣の
各疎開事務所の分です。
1.には、第1次に関する(47)、第2次に関する
(56)、第3次に関する(52)、第4次に関する
(50)などが該当します。たとえば、第3次建物
疎開に関する資料には、地区の指定・事務体制
の整備・実施にあたっての各種調整事項や国・
市町村とのやりとりが綴られています。
ただし、当館が現在持っている資料からは、
地区指定がどのような力学で行われたか、は判
明しません。疎開地区の正式決定を行う都市疎
開事業補償委員会の会議資料はありますが、そ
こからは、なぜこの建物を取り壊すのか、とい
▲京都市街地を分断する疎開地帯
2.には、(28)(37)などが該当します。現地
を実際に調査したかまでは不明ですが、地区に
よっては各戸の位置が書き込まれた詳細な図と
連名簿がセットになって残されている場合も多く
あります。これらの事務については、第1次・第2
次については取り壊し以前に処理が済んでいた
ようですが、第3次・第4次についてはその多くが
事後処理とされていたようで、戦後長く補償交
渉が行われる事例も多数あります。当時の法体
系に沿った形で財産権を尊重する合法的な仕組
みを設定しながらも、一種の超法規的な措置が
行われたのです。
3.には、(26)(30)(31)などが該当します。
転居料の支払いや営業補償には、家族構成や職
業状況の把握が必要になるため、家屋とは別に
調査を行い、支払いを行いました。
4.には、(12)(38)などが該当します。この
総括表は多くがB4版の横長の綴じとなってお
り、各戸につけられた番号順に、買収費・補償費
などが記載されています。
また、これらの資料は、(52)に含まれる「疎
開事務残務整理について」(昭和22年1月17日)
によると、昭和22年1月~2月にまとめられたこと
が判明します。疎開地区ごとに契約書・移転費
交付申請書・営業補償費交付申請書等の書類を
まとめ、調査番号順に綴り、総括表が不備だっ
-4-
建物疎開関係資料一覧
ID
簿冊番号
1 昭19-0109
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
昭19-0116
昭19-0117
昭20-0108-001
昭20-0108-002
昭20-0108-003
昭20-0108-004
昭20-0109-001
昭20-0109-002
昭20-0110-001
昭20-0110-002
昭20-0110-003
昭20-0111-001
昭20-0111-002
昭20-0111-003
昭20-0112-001
昭20-0112-002
昭20-0112-003
昭20-0113-001
昭20-0113-002
昭20-0114-001
昭20-0114-002
昭20-0114-003
昭20-0114-004
昭20-0114-005
昭20-0115-001
昭20-0115-002
昭20-0115-003
昭20-0115-004
昭20-0115-005
昭20-0115-006
昭20-0115-007
昭20-0116-001
昭20-0116-002
昭20-0117-001
昭20-0117-002
昭20-0118-001
昭20-0118-002
昭20-0118-003
昭20-0119
昭20-0120
昭20-0121
昭20-0122
昭20-0123
昭20-0124
昭20-0125
昭20-0126
昭20-0127
昭20-0128
昭20-0129
昭20-0130
昭20-0131
昭20-0132
昭20-0133
昭20-0134
昭20-0135
昭20-0136
昭20-0137
昭20-0138
たり汚れているものは書き換えて整理し、会計課
の支払い調書とこの総括表を突き合わせる作業
が行われているようです。つまり、この資料群は
作成時のままの姿ではなく、この昭和22年1月時
点の整理で現状に近い形になったと見るべきで
しょう。
これら、2.~4.の資料を有効に組み合わす事に
よって、当時の京都市街を一部ではあるが復元
することが可能になります。破損などによって資
料すべてをすぐに閲覧していただくことは難しい
ですが、京都の都市研究にとって欠かすことの
できない資料群となるでしょう。
また、建物疎開と直接は関係ない資料として、
(1)があります。この資料は、府庁周辺の民間
建築物を疎開させたあとに、防空壕を多数建築
しようとしたものであり、多くは実際に完成して
いたようです。
なお、この資料群については、平成21(2009)
年度から開始された「重要文化財京都府行政文
書修理事業」で重点的に保存・複製化の処置を
行っています。紙の素材に酸化等の不安がある
ことと、簿冊の綴じが悪く利用に差し支えが生じ
ているための緊急措置です。
簿冊名
疎開建物除却工事並庁内疎開其
他一件綴
第3次建物疎開
第3次建物疎開
第3次建物疎開
第3次建物疎開(中立売)
第3次建物疎開(中立売)
第3次建物疎開(中立売)
第4次建物疎開(中立売)
第4次建物疎開(中立売)
第3次建物疎開
第3次建物疎開(西陣)
第3次建物疎開(西陣)
第4次建物疎開(西陣)
第4次建物疎開(西陣)
第4次建物疎開(西陣)
第3次建物疎開
第3次建物疎開(松原)
第3次建物疎開(松原)
第4次建物疎開(松原)
第4次建物疎開(松原)
第3次建物疎開
第3次建物疎開(堀川)
第3次建物疎開(堀川)
第3次建物疎開(堀川)
第3次建物疎開(堀川)
第4次建物疎開(堀川)
第4次建物疎開(堀川)
第4次建物疎開(堀川)
第4次建物疎開(堀川)
第4次建物疎開(堀川)
第4次建物疎開(堀川)
第4次建物疎開(堀川)
第3次建物疎開
第3次建物疎開(五条)
第4次建物疎開(五条)
第4次建物疎開(五条)
第3次建物疎開
第3次建物疎開(七条)
第3次建物疎開(七条)
第4次建物疎開(七条)
第3・第4次建物疎開
第4次建物疎開(川端)
第4次建物疎開
第3・第4次建物疎開
第3次建物疎開
第2次建物疎開一件
第1次建物疎開関係綴総括表
第1次建物疎開
第3次建物疎開
建物疎開一件
第1次建物疎開登記関係綴
第3次建物疎開事業関係書類綴
第4次建物疎開
第4次建物疎開
建物疎開
第2次建物疎開事業関係綴
第3次建物疎開
第3次建物疎開契約書及支拂調書
第1次建物疎開総括表
おわりに
当時の大都市で大規模な建物疎開を行い、空
襲に遭わないまま敗戦を迎えた所は希です。そ
の意味で、京都のこの体験は貴重なものといっ
て良いでしょう。また、それを各戸単位で裏付け
る事ができる資料がまとまって残されている事
例もほとんどありません。
この資料群は、敗戦直前の京都を知るため、
また戦後の京都の空間形成を考える上で、基礎
的な資料群と言えます。今後は、資料群の保全
と一層の利用促進に努めたいと考えています。
また、今回は概略の紹介にとどめたので、詳
細については稿をあらためて論じたいと考えて
います。
【参考文献】
入山洋子2002「京都における建物強制疎開につ
いて」(『京都市政史編さん通信』12)
川口朋子2007「京都における広域建物疎開の実
態」(『人間・環境学』16)
川口朋子2009「戦時下東京・京都における建物
疎開執行体制」(『人間・環境学』18)
(歴史資料課・行政文書担当 福島幸宏)
※表題と内容が異なる場合がある
※修理中のため閲覧できない資料を含む
※個人情報の保護のため閲覧制限のある資料もある
-5-
展覧会、講演会、シンポジウムのご案内
11月1日は、平成20年度に「源氏物語千年紀」を推進した古典の日推進委員会が提唱する「古典の日」で
す。
当館では、源氏物語や平家物語をはじめ、中国・朝鮮で出版されたものなど大変貴重な古典籍約7万冊
を所蔵し、閲覧に供しているところです。
また、これらの貴重な古典籍について、その魅力や奥深さを理解していただくことを目的に、京都新聞
社、京都府立大学と連携して新聞連載事業(18・19年度「古典籍をあじわう」、20・21年度「古典籍へよう
こそ」、22年度「遊びをせんとや:継続中」)にも取り組んでいるところです。
この機会に、日頃、目にしていただく機会の少ない古典籍にスポットをあて、現物に触れる場としての展
覧会やシンポジウム、講演会を開催し、古典籍の世界の魅力に迫ります。
是非、ご来場下さい。
◇展覧会
会 期 平成22年10月30日(土)~11月28日(日)
<休館日:11月3日(祝)、11月10日(第2水)、11月23日(祝)>
テーマ 「古典籍へようこそ-京都新聞連載の古典籍と細川幽斎の文芸-」
概 要 京都新聞連載事業で紹介した古典籍をはじめ、歌人としても活躍した戦国武将・細川幽斎
(藤孝:没後400年)関連資料を中心に展示(約60点)し、現物を見ることで古典の持つ奥
深さ、面白さを体感する。
主 催 京都府立総合資料館、京都府立大学、京都新聞社
◇講演会
テーマ (仮称)細川幽斎・忠興とガラシャ
講 師 田端泰子氏(京都橘大学文学部教授)
日 時 平成22年11月11日(木)午後2時~午後4時
場 所 総合資料館 4階講堂
定員等 200名(先着順、申込み不要)、参加無料
主 催 京都府立総合資料館
◇シンポジウム
テーマ 古典にまなび、古典にあそぶ
-『古典籍へようこそ-京都府立総合資料館の書庫から-』出版を記念して-
日 時 平成22年11月14日(日)午後1時30分から4時30分
内 容 京都新聞連載事業「古典籍をあじわう」「古典籍へようこそ」で紹介した文献を中心に執
筆者等が読み方、味わい方などを報告し、広く府民等と古典を学ぶ楽しさや古典世界の面
白さを学ぶ
◇シンポジスト
京都府立大学 赤瀬信吾教授、母利司朗教授、小松謙教授、
藤原英城教授、林香奈准教授
総合資料館 藤原直幸主事
場 所 京都府立大学大学会館 2階多目的ホール
定員等 180名(先着順、申込み不要)、参加無料
主 催 京都府立総合資料館、京都府立大学、京都新聞社
-6-
◇◇ 最近の収集資料から(平成22年6月~8月) ◇◇
◆図書資料
<人文>
<京都>
出版年鑑 2010-1,2 出版年鑑編集部編 出版
京都古 社寺辞典 吉川弘文 館編 刊 2 010 ニュース社 2010 2冊
13,385,55p
新規開業白書 2010年版 日本政策金融公庫総
稲荷大神 お稲荷さんの起源と信仰のすべて 合研究所編 中小企業リサーチセンター 2010
中村陽監修 戎光祥出版 2009 175p
6, 255p
紫野大徳寺の歴史と文化 竹貫元勝著 淡交社
日本労働年鑑 第80集(2010年版) 法政大学
2010 307,10p
大原社会問題研究所編著 旬報社 2010 479p
京都市都市計画地図集 平成22年版 ジンブン
情報検索の歴史 日本語処理を乗り越えて 緒
21編刊 2010 42p 4,62枚
方良彦著 日外アソシエーツ 2010 20, 145p
(日外選書Fontana)
ふるさと山家の今昔写真 第3巻 私たちの時
図書館ハンドブック 第6版補訂版 日本図書館
代 山家今昔写真の会編刊 2010 227p 寄贈
協会編刊 2010 17, 673p
京丹後市久美浜湾の古環境と形成過程 阿蘇
海・天橋立との比較 植村善博編 京丹後市教
著作権関係法令集 平成22年版 著作権法令研
育委員会 2010 143p
究会編 著作権情報センター 2010 504, 187p
秘蔵写真京の御所と離宮 京都の五大皇室建築
雑誌新聞総かたろぐ 2010年版 メディア・リ
美 渡辺誠著 講談社 2010 127p
サーチ・センター株式会社編刊 2010 2093p
京都ねこ街案内 中田桃子文 TOKIMEKIパブ
図書館に関する基礎資料 平成21年度 文部科
リッシング 2010 143p
学省国立教育政策研究所社会教育実践研究セン
ター[編]刊 2010 458p 寄贈
京たけのこが教えてくれた 放置竹林の喜怒
哀楽 杉谷保憲著 京都新聞出版センター 和刻本漢籍分類目録 増補補正版 長澤規矩也
2010 241p
著 汲古書院 2006 24, 360p 寄贈
京都彫刻家協会 創立40周年記念誌 京都彫刻
神陵文庫 神陵文庫紅萌抄 合本9 三高自昭
家協会[編]刊 2010 152p 寄贈
会編刊 2010 47, 139p 寄贈
京都辻留季節の煮物椀 平晴彦著 淡交社 日本古代神祇制度の形成と展開 三橋正著 法
2010 175p 寄贈
藏館 2010 20,563,18p
童心 違いを認めあい共に生きる 2010年記
法名で引く忌日索引 中世僧侶・在家者 田辺
念誌 マイブック社編 京都童心の会[編]刊 久子編 青史出版 2006 474p
2010 60p 寄贈
日本密教人物事典 醍醐僧伝探訪 上巻 柴田
賢龍著 国書刊行会 2010 31,460,65p 寄贈
-7-
本願寺教団史料 京都・滋賀編 本願寺史料研
能楽史年表 近世編下巻 鈴木正人編 東京堂
究所編 本願寺出版社 2010 3,5,483p 寄贈
出版 2010 24, 614p
平城宮木簡 7(図版)・(解説) 奈良文化財
シルクロード美術展カタログ内容総覧 松平美
研究所編刊 2010 2冊 (奈良文化財研究所
和子編 芙蓉書房出版 2009 262p
史料第35冊・同別冊) 寄贈
<官庁>
令義解の受容と研究 荊木美行著 汲古書院
政府開発援助(ODA)国別データブック 2009
2010 2,336,4p
外務省国際協力局編刊 2010 13, 1161p 寄贈
お雇い外国人の研究 上巻 梅溪昇著 青史出
住宅・土地統計調査報告 平成20年 総務省統
版 2010 8,513,2p 計局編刊 2010 49冊
公家事典 橋本政宣編 吉川弘文館 2010 病院経営実態調査報告 平成21年 全国公私
11,1051、38p 病院連盟著 全国公私病院連盟 日本病院会 複合的表現 絵画からの展開 武蔵野美術大
2010 783p
学油絵学科研究室編 武蔵野美術大学出版局
[京都府統計研究会関係写真帳] [京都府統計研
2005 104p
究会編刊] [1931-1939] 1冊
戦後フランス映画ポスターの世界 東京国立近
代美術館フィルムセンター編刊 2010 77p 京都府の勤労統計 毎月勤労統計調査地方調
寄贈
査・特別調査結果 平成20年 京都府政策企画
部調査統計課[編]刊 2010 105p
日本の美術館名品展 美連協25周年記念 東京
都美術館編 美術館連絡協議会 2009 309p 維持管理年報 桂川右岸流域下水道・木津川流
寄贈
域下水道・宮津湾流域下水道・桂川中流流域下
水道・木津川上流流域下水道 平成20年度 京
肖像の100年 ルノワール、モディリアーニ、ピ
都府流域下水道事務所[編]刊 [2009] 302p
カソ、ルノワール ポーラ美術振興財団 ポー
宇治田原町統計書 平成21年版 宇治田原町役
ラ美術館編刊 2009 145p 寄贈
場財政課編刊 2010 67p 寄贈
海を渡る日本現代美術 欧米における展覧会史
綾部市の工業 工業統計調査結果報告書 平成
1945~95 光山清子著 勁草書房 2009 65p
20年 綾部市総務部総務課編 綾部市 2010 藤田嗣治の絵画技法に迫る:修復現場からの報
告 木島隆康編 東京藝術大学出版会 2010 17p 寄贈
145p
京都市建築行政50年のあゆみ 京都市都市計画
局建築指導部建築指導課編刊 2009 125p 寄
浜口陽三展 生誕百年記念 和歌山県立近代美
贈
術館編刊 2009 239p 寄贈
国立能楽堂コレクション展 能の雅(エレガ
「福知山市資源有効利用促進事業」調査報告
書 福知山市資源有効利用促進事業調査研究
ンス)狂言の妙(エスプリ) 田邉三郎助監修
部会[編] 福知山市企画環境部環境推進室 NHKプロモーション 2010 218,5p 寄贈
2010 31p 寄贈
-8-
全史料協 全国(京都)大会
全史料協とは「全国歴史資料保存利用機関連絡協議会」の略称で、記録資料を保存し利用に供する機関
やそれに関わる個人で構成されている団体です。
全史料協では資料の保存利用について様々な研究や協議を行っており、その活動のひとつとして、年に
一度全国大会を開催しています。
今年の京都大会では、より多くの方に資料保存について身近に感じていただこうと、公開事業を実施する
ことになりました。ここでは、事前申込不要の公開事業についてご紹介します。
全史料協全国(京都)大会開催日時・場所
・期日 平成22年11月24日(水曜日)・11月25日(木曜日)
・会場 京都府民総合交流プラザ 京都テルサ
参加費無料・事前申込不要の3つの公開事業
・11月24日 12:10~14:10 ポスターセッション
・11月24日 12:10~14:10 資料保存ワークショップ
・11月24日 14:10~15:10 記念講演「国宝 東寺百合文書の魅力」
お問い合わせ先
京都府立総合資料館 歴史資料課
住所 〒606-0823 京都市左京区下鴨半木町1-4
TEL. 075-723-4834 FAX. 075-791-9466
メールアドレス:[email protected]
○全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)公式サイト http://www.jsai.jp/
平成22年度 古文書入門教室へのお誘い
平成21年度から開催しております「古文書入門教室」では、初心者の方を対象に、古文書に接する心構え
などの講義と簡単な資料の解読を行います。皆様のご参加をお待ちしています。
・日 程 平成22年11月30日(火)、12月1日(水)、12月2日(木)(3日間通しての連続講座です)
・講義時間 各日とも午後2時~午後4時
・講 師 大塚活美(総合資料館職員)
・会 場 京都府立総合資料館 2階会議室
・受 講 料 無料
・定 員 60名(先着順ではございません)
・申込受付期間 平成22年10月25日(月曜日)~11月9日(火曜日)[当日消印有効]
・お申込み方法
往復はがきに住所、氏名(ふりがな)、電話番号をご記入の上、受付期間中に下記までご応募ください。
なお、往復はがき以外でのお申し込みは受け付けておりません。
応募多数の場合は、抽選により受講者を決定いたします。
受講の可否は、申込者全員に往復はがきの返信にてお知らせいたします。
・お申込み・お問い合わせ先
〒606-0823 京都市左京区下鴨半木町1-4
京都府立総合資料館 歴史資料課「古文書入門教室」係
TEL. 075-723-4834
-9-
日 誌(平成22年6月~8月)
◎お知らせ
10月13日(水)までの間、資料整理のた
6.14(月)~18(金)
め、臨時休館しております。
府庁2号館に「明治の京都府」
展示
ご利用の皆様にはご迷惑をお掛けします
6.30(水) 府民講座「総合資料館・京都
が、ご了承のほどをお願いします。
府 立 大 学 共 同 研 究( 近 世 部
門)論文集刊行記念講演」
7.24(土)~8.22(日)
友の会事務局から
企画展「語り継がれる幕末・維
新の京都」
7.29(木)、8.12(木)
今年度の現地見学会を、下記のとおり予定し
企画展列品解説
ておりますので、お知らせします。
8.4(水) 府民講座(企画展関連)
8.17(火) 府民講座(企画展関連)
8.19(木) 寺子屋講座「学ぼう!京野菜・
・実施日 10月27日(水)、29日(金)
京の健康食」
・見学施設、内容
○奈良国立博物館
(第62回正倉院展、常設展等)
○海龍王寺
利 用 案 内
(法話、重要文化財特別等の公開等)
○霊山寺
休館日 祝日法に規定する休日、
(法話、本尊の秘仏等の特別公開等)
毎月第2水曜日、資料整理期、
年末年始(12月28日~1月4日)
集合時間等詳細につきましては、後日ご連絡
〔10月~12月の休館日〕
いたします。
10 月1日~ 13 日(資料整理)
11 月3日(水・祝)
、
10 日(水)
、
23 日(火・祝)
古文書相談のご案内
12 月8日(水)
、23 日(木・祝)
、
28 日~ 31 日(年末)
○古文書の内容や解読についての相談
開館時間 午前9時~午後4時30分
郵送による事前申込。申込方法の詳細につい
交 通 京都市営地下鉄烏丸線・北山駅下車
ては、次へお問い合わせください。
市バス④、 北8 ・北山駅下車
問合せ先:当館歴史資料課 TEL 075-723-4834
京都バス、・前萩町下車
ホームページ http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/
○メールマガジン登録はこちらのアドレスから
http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/maga.html
〒606-0823 京都市左京区下鴨半木町1-5
発行 京 都 府 立 総 合 資 料 館
京都府立総合資料館友の会(振替 01030-2-11991) TEL.075-723-4831 FAX.075-791-9466
○本誌に対するご意見・ご感想などを当館庶務課までお寄せください。 再生紙を使用しています。
- 10 -
Fly UP