...

チアパス州東部における入植過程を めぐる研究動向 Nobuko Shibata *

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

チアパス州東部における入植過程を めぐる研究動向 Nobuko Shibata *
ラテンアメリカ・カリブ研究 第 7 号:
c 2000
73{78 頁. 1.自主的な入植の過程
〔研究動向紹介〕
チアパス州東部における入植過程を
めぐる研究動向
柴田 修子(Nobuko Shibata)
ラカンドン密林の歴史を、一次資料をもと
に明らかにしているのがジャン・デ・ボスであ
る。植民地時代ド ミニコ会士による先住民へ
の布教の過程から、木材ブームにわいた現代史
に至るまで、彼の関心は多岐にわたっている。
彼の研究によって、19 世紀後半、鬱蒼とした
はじめに
メキシコのチアパス州東部に広がるラカン
密林が広がっていた同地域に木材伐採ブーム
ドン密林は、現在サパティスタ民族解放軍の
が起こり、所有者のないまま放置されていた
支持基盤をなす村が多く存在する地域として
同地域の土地が次々に私有化され 、産業の衰
知られており、1994 年の武装蜂起後は、運動
をめぐ ってさまざ まな分野から研究がなされ
てきた。しかしこれらの村が、20 世紀後半に
退とともに 20 世紀半ばまでにほとんどが国有
地に戻されていった過程が明らかになった 2) 。
彼の関心は木材業の発展と衰退に向けられて
入植によって形成されていったものであるこ
おり、入植過程そのものに焦点をあてている
とに注目し 、その過程を明らかにしたものは
わけではないが 、入植が始まる前段階におけ
ごくわずかしか存在していない。入植過程に
る同地域の様子を明らかにしているという意
関する研究の状況は、同地域に関する研究の
味において彼の功績は大きい3) 。
先駆者であるジャン・デ・ボスは次の言葉に表
入植過程そのものに焦点をあてて、現地調
れている。
「ラカンドン密林は 1994 年 1 月ま
査をもとに最初に研究を行ったのはロバトで
で国内外でほとんど 知られていない地域だっ
ある。彼によれば 、入植は
1950 年代に始ま
た。武装蜂起後、新聞や雑誌に数多くの記事
り、1960 年代の半ばから急増するようになっ
が出されるようになったとはいえ 、この状況
た
は本質的に変わっていない。これらの多くは
整理を行い、新設入植エヒード の建設もし く
サパティスタ反乱について述べたものであり、
は売却によって他州の農民に入植を促す「政
この武装運動を生み出し 、はぐ くんできた土
府主導型」によるものと、チアパス州内の農
地についてのものはほとんどないからである」
民たちが自らの意志で国有地に定住する「自
準備期間を経て始まったものである以上、主
いて主に機能したのは後者であった。1960 年
な舞台となった地域の歴史を明らかにする必
代、土地を持たない農民が引き起こす紛争を緩
(Leyva et al. 1996:9)。運動が長期にわたる
1)
(Lobato 1979:126)。政府が入植地の区画
主的な入植」の
2 つが存在したが 、初期にお
要があるのは自明のことである 。そこで本
和する安全弁として政府は南部の密林に目を
稿では、これまでになされた主な研究を紹介
つけ 、入植計画を打ち出していく。しかし 実
しつつ、ラカンド ン密林への入植過程を概観
際にはほとんどが実効性のない計画だった上、
したい。
すでに「自主的な入植」によって村落を形成し
大阪経済大学非常勤講師
1) 同地域のすべての村がサパティスタ運動を支持して
いるわけではない。本稿で紹介したヌエボ・サンフアン・
派の村として知られている。サパティ
チャムーラは
スタとの結びつきを考えるには入植後の農民運動の展開
を見ていく必要があるが、その点については別稿に譲る。
参照。
農民組織については
PRI
Benjamin 1996
De Vos 1988a
2) 木材業の発展と衰退については、
に
詳しい。
3) 入植過程に関しては、さまざ まな思いを抱いてラカ
ンド ン密林へ旅立っていった人々の証言をまとめたアン
のなかで一部取り上げられる
ソロジー
程度にとど まっている。
(De Vos 1988b)
74
柴田
ていた人々の土地も混じ っており、計画は実
異があったのであり、一方で村落内部におい
現しないまま終わることがほとんどであった。
ても、利権の分配は先に来たほうに有利に働
1960 年代に計画された 17 の入植計画のうち、
実行されたのはわずか 4 つにすぎなかったの
である (Ibid.:83)。一方自主的な入植は密林の
近隣からの移住が多く、同地の気候になじん
いたため、この差異は階層分化として存在し
ていた。従って彼らは決して孤立した平等的
な共同体を作り上げていたのではないことを
彼は強調している (Ibid.:148-154)。
でおり、また一定の親族関係を維持すること
ロバトが指摘していた入植サイクルをさら
も可能だったことから、前者に比べ成功しや
に詳細に研究したのが、レイバとアセンシオで
6割
年代に始まったとされていた自主的な入植が
すかったと彼は指摘している (Ibid.:43-44)。
ラカンドン密林への自主的な入植者の
ある。彼らは丹念な聞き取りによって、1950
はオコシンゴ 、オスチュック、テネハルパ、チ
1930 年代にすでに始まっていたことを明らか
ロン、ヤハロン、パンテロー、シモホベルなど
にした。同地域においてエヒード 認定に関す
チアパス高地と密林との境にある行政区から
る最初の大統領裁決は 1940 年代に出されてい
ス高地のツォツィル系先住民、ラスマルガリー
et al. 1996:53)。彼らによれば、入
2 つの時期に分けて考えることが可能で
ある。1930 年代から 50 年代までが第一期に
タス行政区内のトホラバル系先住民などがこ
あたり、この時期はラカンド ン西北部に点在
やってきたツェルタル系先住民であった。チ
アパス州北部出身のチョル系先住民、チアパ
る (Leyva
植は
れに続いている (Ibid.:126)。彼らは農場での
していた農場を出た農民たちが川沿いに密林
土地不足から入植を決意し 、自らの意志で密
へ入り、近隣の渓谷部を切り開いて定住する
林へと旅立っていった。入植は未許可で行わ
場合が多かった (Ibid.:60)。ところが第二期に
れたものの、ほとんどが未利用国有地であり、
入ると、第一世代が作った村落に土地不足が
大土地所有に手をつけずに土地への圧力を緩
生じるようになった。そこで第二世代が別の
和できるという点で政府にとっても都合がよ
川沿いの土地を切り開いて新しいエヒード を
かったことから、入植した土地は農民が申請
形成し 、入植地を東へと広げていったのであ
すれば事後承諾的にエヒード として認定され
る4) 。一方 1960 年代以降、このサイクルに新
た。定住した入植者たちは、エヒードとして土
たな参入者が目立つようになる。ラカンドン
地を得る可能性が開けていることがわかると、
西北部の農場地帯に加え、チアパス高地や北
故郷の親戚や友人たちにも入植の勧誘を行い、
部など 州内の他地域からの入植者が増加した
入植者が増加していった。彼によれば入植に
のである。1930 年代に始まった密林への自主
はサイクルがあった。すなわち入植者は最初
的な入植は、1960 年代以降出身地・入植地双
の入植地に定住するとは限らず、一つの入植
方を広げつつ拡大していったといえる。
地が過密ぎみになったり、そこで置かれてい
農民たちを入植に駆り立てた原因は地域に
る立場に不満がある場合には、新たな土地を
よって異なっている。チアパス高地の場合に
求めてさらに奥地へ入り新しい村を形成する
場合もあったのである。こうして入植地は次
第に密林の奥へと拡大していった (Ibid.:147)。
入植の時期が早いほど 水利や交通の便のいい
土地を選ぶことができたため村落によって差
4) 典型例として次のものが 挙げられるとしている。ラ
マルティニカおよびラスデリシアス農場を出た農業労働
年代エヒード・パティウィスが形成さ
者によって、
年後
家族がこの村を離れ、さらに奥地
れた。その
にエヒード・ロムロ・カルサーダを作った
。
1930
25
20
1996:61)
(Leyva et al.
チアパス州東部における入植過程
75
は慢性的な人口過密と水不足、土壌の劣悪性
る (Leyva
から、北部の場合には農場の牧場化によって
たちにとっても、牧畜業は生活向上のための
労働力余剰が生じたことが主な原因となって
有効な手段であった。もっとも早く入植が進
いると彼らは指摘している (Ibid.:129)。彼ら
によれば 、なかでも 1950 年代以降進んだ農場
の牧場化の問題は深刻であり、1974 年サンク
et al. 1996:144)。密林への入植者
んでいたラカンドン西部の渓谷部では、牧草
地面積が全体の 27 %を占めるのに対し農地面
積は 19 %となっており、牧場化が進んでいる
リストバル・デ・ラスカサスで開催された先
ことがわかる (Ibid.:139)。入植エヒード の牧
住民会議において取り上げられた。牧場化が
場化は、密林地域での土地不足につながり、前
農民たちに何をもたらしたのかは、次のツェ
述した入植サイクルを促す要因となっている
ルタル人の発言に端的に表れている。
「現在侵
と彼らは指摘している。
略者である農場主たちは、農地を牧畜業の開
発に利用し 、農業に適した土地を牧草地にし
ている。その直接の結果が飢えであり、村を
2.政府のコント ロール
1960 年代に入って入植者が急増したことは、
捨て、家族が散り散りになって幾多の苦しみ
ロバト 、レ イバらが指摘している。その理由
に直面しながら、土地を求めて密林に逃げて
については、一つにはレ イバらが農場の牧場
いくことになるのだ」(Ibid.:130)。
1950 年代以降都市化が進むにつれ、牛肉の
国内需要が高まってきたことと国際需要の高
への転換を挙げているが 、それ以外に重要な
示唆を与えてくれる資料として、(Calvo et
al.
1989) がある。チアパス高地のツォツィルお
まりがあいまって、政府は公的金融機関を通
よびツェルタル系先住民が故郷を捨て、ラカン
じた融資の増額、牧畜業者に対し 接収の対象
ド ン密林に定住の地を得てそれぞれのエヒー
外とすることを保障する非収用保証の交付な
ド を形成するまでの歴史を彼ら自身の口から
ど 、牧畜業の保護育成に力を入れるようになっ
語った証言集であり、エヒード 形成の具体的
た。牧畜業の発展は、広大な森林地帯が広が
な過程を知る手がかりとなる貴重な資料であ
る南部諸州においては特に著し く、なかでも
る5) 。なかで
チアパス州は 1970 年には生産高が全国 3 位に
なるほどの発展がみられた (Reyes
3 つの村の歴史が語られている
が 、ここではヌエボ・サンフアン・チャムー
1992:92)。
同州で飼育される牛の頭数は 1940 年 42 万頭、
1950 年 48 万頭、1960 年 68 万頭、1970 年に
は 200 万頭と、1950 年代から増え始め、1960
ど のようにエヒード を形成するに至ったかを
年代には爆発的に増加していることがわかる
は、密林に入植する計画を考え始めたきっか
(Villafuerte et al. 1997:90)。牧畜業の発展
ラの事例を取り上げ 、高地を出た農民たちが
たど ってみよう。
サンフアン・チャムーラから移住した人々
けについて、次のように語っている。
「 1960 年
は、農場を次々と牧場に変え、農民を追い出
頃、全国先住民庁と農地問題・植民局は貧しい
す結果をもたらした。彼らを吸収する役割を
農民たちが土地を探しにいかれるように、動
担ったのが、ラカンドン密林だったのである。
き始めた。自分たちの土地を離れたのは我々
とはいえ農業の牧畜業への転換は私有地のみ
だけではなく、少し 前から多くの貧しいツェ
の現象ではなく、エヒードにおいても同様であ
ルタル人やチョル人が密林の一部に行くよう
ドは平均して全体の 30 %を牧草地が占めてい
Townsend et al. 1994、De Vos 1988b などがある。
る。1991 年統計によればチアパス州のエヒー
5) 入植者たちの生の声を伝え るものとし ては 、他に
76
柴田
になった・・・農地問題・植民局や全国先住民
とはいえエヒード 申請のプロセスそのものは
庁の役人の説明会で、土地があることはすでに
メキシコの通常の手続きと変わらっておらず、
知っていたのだ。この
最終的な権利を得るまでに
2 つの機関が、密林一
帯の入植を促進した」(Calvo et al. 1989:35)。
ことから、エヒード 申請にあたって優遇措置
サンフアン・チャムーラのなかで、政府機関
を受けていたわけではないといえるだろう6) 。
名からなる最初の調査団をラカンド ン密林に
のみであり、
「事務所では、どこに土地が残っ
送り、国有地の存在を確認した。この調査団
ているか我々に教えてくれたが、ほかの援助
の説明を受けて入植を決意したグループは、7
8 年かかっている
当時農地問題・植民局が行っていたの情報提供
の報告を受けて、1962 年に本格的な入植を開
は一切なかった」(Ibid.:37)。
ヌエボ・サンフアン・チャムーラとして 68 名
迎していたわけではない。1970 年代に入ると、
の登録でエヒード の申請を行なった。同年
これをコントロールしようとさまざ まな方策
始した。入植者の数が確定した 1964 年 2 月、
8
月と 12 月に専門家による土地測量調査が行な
われ、2800 ヘクタールの土地に対する暫定的
な権利が与えられた。その直後から最終的な
権利書を得るための手続きを開始し 、1972 年
最終的な権利を得るに至った (Ibid.:48)。
もちろん政府は自主的な入植を手放しで歓
が打ち出されることになる7) 。その一つが、ロ
バトの分類で「政府主導型」にあたる新設入
植エヒード の建設である。これは政府が入植
事業として未利用国有地にエヒード を創設し 、
希望者を募って入植させるというタイプのエ
彼らの証言から、1960 年代になるとチアパ
ヒード である。通常エヒード と異なり、州外
ス高地の先住民たちに対し 、政府機関が積極
からも広く募集されたため、州の審査は省略さ
的に入植を勧めていたことがわかる。ロバト
れることになっていた 8) 。ラカンドン密林地域
が分類した「自主的な入植」のなかには、実際
には政府の勧告を受けて入植を決意した人々
においては、1960 年代まで 0 であったが 1970
年代に 13 、80 年代に入ってから 6 つが建設さ
も含まれていたのである。1958 年に大統領と
れている (Reyes
なったロペス・マテオスは、当時メキシコ各地
ドについては、ゴンサレス・ポンシアノがマル
で頻発していた土地紛争を解決する手段とし
ケス・デ・コミージャス地区において聞き取り
て、未利用地への入植に着目し 入植政策の転
調査を行い、実態を明らかにしている。彼に
換を行っている。まず農地問題・植民局を創
設し 、エヒード 建設を目的とした政府の事業
として入植政策を行うことに着手した。1962
年には個人入植を推進する役割を果たしてき
た連邦入植法を廃止し 、すべての国有地への入
植はエヒード として行われることにした。チ
アパス州においては、交通網の問題などから
政府計画に基づくエヒード 建設は遅々として
進まなかったが、中央政府の政策転換を受け
て、大土地所有に手をつけずに土地問題を緩
和する手段として、人口過密地域において積
極的に入植の後押しが行われたと推察される。
1992:143)。新設入植エヒー
よれば、1990 年の時点で 19 万 8000 ヘクター
ルの同地域は 36 の村に分けられ、4500 家族に
分配された
(Gonzalez-Ponciano 1995:176)。
彼の調査によって、チアパス州のみならずベ
6) エヒード 制度について研究したサンダーソンによれば、
通常最終的な権利を得るまでに平均 年かかる
。また筆者が調査を行ったグアダルーペ・
テペヤックの事例では、申請してから 年間で最終的な
権利書を得ている。
7)
年に発表された
万
ヘクタールの土地
家族のラカンドン系先住民の所有とする大統領裁決
を
もその一つである。
8) 通常申請は農民の申請を受けて始まり、州レベルの
審査を経て国レベルに上げられ、大統領裁決によって最
終的な権利が得られる。
8
son 1984:75)
1972
66
(Sander-
6
61
4321
チアパス州東部における入植過程
ラクルスやタバスコ、オアハカ、カンペチェ、
77
参考文献
ド ゥランゴ 州といったさまざ まな州から土地
を求めて人々がやってきたことが明らかになっ
た。1990 年のセンサスでは同地域に居住する
他州出身者は
1 万 4102 人で人口の約 5 %を
占めている。数字としては高くないが 、チア
パス州全体が 3.3 %であることに比べると、若
干多いと言える。
結び
同地域での 1910 年の時点でわずか 2 万 5000
人程度にすぎなかったラカンドン密林の人口
は、1950 年には 4 万 3191 人、1960 年に 6 万
2688 人、1970 年 9 万 8439 人と増えつづけ、
1990 年には 28 万 7833 人に達した (SIC/DGE
1963, 1971; INEGI 1983,1991)。この地域の
人口増加を支えていたのは、主にチアパス州内
に住むツェルタル、ツォツィル、トホラバル、
チョル系先住民たちであった。彼らは土地を
求めて、
「自主的」に当時大部分が未利用国有地
であったラカンドン密林へと旅立っていった
のである。国有地は入植者たちによって次々
とエヒード に塗り替えられ、1940 年まで同地
域にまったく存在していなかったエヒードが、
1988 年の時点で農牧地の 42.4 %を占めるに
いたっている (INEGI 1988)。ただしなかに
は、政府の積極的な宣伝の結果決意した者た
ちもおり、彼らを単純に「自主的な入植者」と
呼べるのかは、今後研究を深めて実態を明ら
かにしていく必要がある。一方で 1970 年代以
降政府計画のもとでの入植が推進されるよう
になった結果、チアパス州外からの入植者も
同地域に定住するようになった。
入植過程については、統計資料が少ない上
現地調査が困難であることから、研究の進展
は遅々としたものであるが 、研究者たちの地
道な努力によって少しずつ明らかにされつつ
あるといえるだろう。
Benjamin, Thomas. 1996. A rich land a
poor people: politics and society in modern Chiapas. Albuquerque: Univ. of
New Mexico Press.
Calvo, Angelino, Ana Mara Garza, Mara
Fernanda Paz y Juana Mara Ruiz.
1989. Voces de la historia. Nuevo San
Juan Chamula, Nuevo Huixtan, Nuevo
Matzam. San Cristobal de Las Casas:
DESMI A.C./CEI- UNACH.
De vos, Jan. 1988a. Oro verde: la
conquista de la selva lacandona por
los madereros tabasque~nos, 1822-1949.
Mexico: Fondo de Cultura Economica.
||| 1988b. Viajes al desierto de la
soledad: cuando la selva lacandona aun
era selva. Mexico: SEP /CIESAS.
Gonzalez-Ponciano, Jorge Ramon 1995.
"Frontera, ecologa y soberana nacional:
la colonizacion en la fraja fronteriza
sur de Marques de Comillas" America
Indgena 1995. No.1-2.
Leyva Solano, Xochitl y Gabriel Ascencio
Franco 1996. Lacandonia al lo del agua.
Mexico: Fondo de Cultura Economica.
Lobato, Rodolfo.
1979.
Qui'ixim
Qu'inal. La colonizacion tzeltal en la
selva lacandona, tesis de licenciatura en
antropologa. Mexico: Escuela Nacional
de Antropologa e Historia.
Reyes Ramos, Mara. 1992. El reparto
de tierras y la poltica agraria en Chiapas 1914-1988. Mexico: Universidad Nacional Autonoma de Mexico.
Sanderson, Susan W. 1984. Land reform in
Mexico: 1910-1980. Oelando: Academic
78
柴田
Press.
Townsend, Janet, Ursula Arrevillaga Matias, Socorro Cancino Cordova, Silvana
Pacheco Bonl y Elia Perez Naser. 1994.
Voces femeninas de las selvas. Mexico:
Univ. de Durham.
Villafuerte, Daniel, Mara del Carmen
Garca y Salvador Meza. 1997. La
cuestion ganadera y la deforestacion:
Viejos y nuevos problemas en el tropico y
Chiapas. Chiapas: Universidad de Ciencias y Artes del Estado de Chiapas.
統計資料
Instituto nacional de estadstica geograca
e informatica (INEGI)
1983. X Censo general de poblacion y
vivienda 1980. Estado de Chiapas.
1991. XI censo general de poblacion y
vivienda 1990. Estado de Chiapas.
Secretara de industuria y comercio, direccion general de estadstica
(SIC/DGE)
1963. VIII Censo general de poblacion
1960. Estado de Chiapas.
1971. IX Censo general de poblacion 1970.
□
■
Estado de Chiapas.
Fly UP