...

No.57(2015年11月)

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

No.57(2015年11月)
くらし安心 Q&A
もりおか女性センター
ひと
ひと
-女と男、ともに参画する社会をめざして-
“こんなときどうする”
管理・運営:特定非営利活動法人 参画プランニング・いわて
2008 年 4 月から 2009 年 3 月まで、
及び 2010 年 4 月から 2011
年 3 月まで、岩手日報社が企画した「くらし安心Q&A」のコーナーに、
もりおか女性センターが毎月1回執筆し、掲載された記事をニュースレ
ターにてご紹介します。
別居している夫の介護の責任
*内容は一般化してあります。
Q
私は 68 歳ですが、パートで働いて生計を立てています。70 歳の
夫とは 25 年近く別居して暮らしています。40 代の長男と 30 代の
長女がいますが、2 人とも私のもとで育ち、すでにそれぞれ独立して
います。私は、結婚当初からの夫の暴力的な言動や浮気に苦しみ、何
度となく離婚を考え悩んでいましたが、思い切って別居した後、かか
わることさえ怖くて、そのままにしていました。生活費も受け取って
いませんし、建ててあった家や、高額であったはずの退職金もどうな
ったか分かりません。最近分かったのですが、夫は老後、私に世話を
してもらいたいと思っているようです。もちろん私はその気持ちはあ
りませんが、戸籍上夫婦であるなら介護しなければならないのでしょ
うか。
ひと
ひと
もりおか女性センターは、女と男がともに参画する社会をめ
ざして女性をとりまく様々な問題を考え、解決するための施設
です。男女を問わず、すべての市民が気軽に利用できます。
■ 本館
ニュースレター
〒020-0871 岩手県盛岡市中ノ橋通 1-1-10 プラザおでって 5 階
電話番号 (019)604-3303 FAX 050-2013-4750
開館時間 月曜日~金曜日 9:00~21:30(土日祝 17:00 まで)
休 館 日 毎月第 2 火曜日、年末年始
■ 起業応援ルーム 芽でるネット
〒020-0871 岩手県盛岡市中ノ橋通 1-1-10 プラザおでって1階
電話番号 (019)624-3583 FAX 050-2003-5778
開館時間 月曜日~金曜日 10:00~17:00
休 館 日 土日祝日、毎月第 2 火曜日、年末年始
2015年 11月 No.
内容
◆「なくそう!女性に対する暴力 2015」のご案内
◆「フェスティバル 2015」事業終了報告
◆講座情報
◆くらし安心Q&A“こんなときどうする”
A
「もう年なのだから、ここまできたのなら離婚しないで世
話をしてあげればいいのに」などと言われそうな気がする
のですね。
女性には、幾つになっても当然のように「世話役割」が割り当てら
れがちです。夫が高齢になり一人暮らしも大変になってきたため、よ
りを戻そうとしているのかもしれませんが、25 年近く生計も別で、
子育てもあなたに任せきりで放置されているのであれば、実質的には
結婚生活は破綻しているのではないでしょうか。
そう考えると、戸籍上夫婦であると言っても、必ずしも夫の介護を
しなければならないというわけではないでしょう。あなたにとって長
年の課題であった離婚を考えてみるのも一つの方法かもしれません。
第三者に間に入ってもらう調停を利用すると、安全に話し合うことが
できます。
介護が必要になった場合の子どもさんたちの無理のない対処を考
えたり、ご自分の気持ちの整理や、これからの具体的な対応など考え
るためにも、女性相談などの相談機関のご利用をお勧めします。
● 女性相談(本館)
相談受付電話
019-604-3304
女性がかかえる、家庭や職場、身の回りのさまざまな悩みを、専門の相
談員が一緒に考えます。性別や社会通念にとらわれず、一人ひとりの生き
方を尊重する社会の実現をめざして、相談室はあなたらしい生き方を支援
します。
● 相談には電話相談と面接相談があり、予約が必要です。
● 相談は無料です。秘密はかたく守ります。
● 相談開設時間
学ぶ
学習・研修
の機会の場
出会う・
力をつける
活動促進・
交流の場
(バス)
盛岡駅より茶畑・バスセンター方面行き
本館まで徒歩 3 分
バスセンター前下車
※女性センターには、専用の駐車場はありません。
おでって地下駐車場や近隣の有料駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://mjc.sankaku-npo.jp
考え究める
調査・
研究事業
女性相談
5つの
機能
知る
情報提供・
収集の場
あとがき
◆今年フェスティバルで開催した親子ミニワークショップ「小さな
灯り」は、参加した子ども達のパワーであふれていました。
最後、真っ暗な会場で子ども達の作品に灯りが点った瞬間のあの
感動は忘れられません。本当に素敵でした。
(S)
◆女性センター職員になり半年が過ぎ、初めてニュースレター担当
になりました。文字だけの堅苦しいものにならないように工夫し
ていきます。見ていて楽しく、伝わりやすいニュースレターを作
っていこうと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。
(M)
(毎月第 2 火曜日、年末年始、土・日・祝日は休み)
悩み・
考える
平成27年度事業テーマ
『わたしの学びを 社会のちからに』
発行:もりおか女性センター
57
● 講座情報
「なくそう!女性に対する暴力 2015」
街頭啓発キャンペーン
■みんなのおしゃべりルーム
「離婚について話してみませんか?」
運動週間 : 11 月 12 日(木)~18 日(水)
内閣府の「女性に対する暴力をなくす運動」週間にあわせて、もり
おか女性センターでは、「なくそう!女性に対する暴力 2015」を
11 月 12 日(木)~18 日(水)に開催します。
「何かおかしい」
「これではいけない」
「自分を大切にしたい」と思って
いる女性のみなさん!そのもやもやした気持ちを話してみませんか?
女性に対する暴力には、DV(ドメスティック・バイオレンス)
や性犯罪、売買春、人身取引、セクハラ、ストーカーなどさまざ
※クイズに答えて、
まあります。これは女性に対する人権を侵害する犯罪です。
景品をゲット!
今年度も女性センターでは市内 2 カ所でパープルリボンプロジェ
クトの街頭啓発キャンペーンを展開します。また、国の運動期間中 <本館会場>関連ビデオ上映・DV メッセージ T シャツ
展示・デコリボン作成コーナー・関連図書コーナーほか
11 月 12 日(木)から 25 日(水)までの間、東北電力の鉄塔がパ
~お気軽にお立ち寄りください~
ープルにライトアップされます。
東北電力の鉄塔が
パープルにライトアップ!
(協力:東北電力岩手支店)
■「若者✕ 仕事の基礎ゼミナール
~自分らしく働きたい!~」
● 事業終了報告
日
会
講
もりおか女性センター フェスティバル 2015
10 月 2、3 日の 2 日間、もりおか女性センターフェスティバル
2015 を開催いたしました。
今年のホールイベントは、両日映画会を行いました。2 日は「マララ
教育を求めて闘う少女」、「ガールズ★ロック!」を2本セットで午後と
夜の2回上映。また、3 日は、サウジアラビア初の女性監督の映画「少
女は自転車にのって」上映後、大崎麻子さん(関西学院大学客員教授・
公益財団法人プランジャパン理事)を講師にお迎えし平賀センター長
とトークをしていただきました。
映画「少女は自転車にのって」は、慣習で女性が自転車に乗ることを
認めないサウジアラビアで自転車
を買おうとする少女が主人公。
大崎さんは、国連の仕事をされて
いた経験などから発展途上国の女
性や子どもの現状などもお話しさ
れました。映画の内容をより深める
ことができ、女性の人権などについ
て参加者と一緒に考える時間とな
りました。
講師の大崎麻子さん(左)と
映画会参加者の声
「マララ 教育を求めて闘う少女」・「ガールズ★ロック!」
*マララという少女について知られていないことばかりだったので映画を
観て衝撃だった。ガールズロックは共感できた。いかに自分を表現でき
るか、解放できるか、発散できるかが大事だと思った。
「少女は自転車にのって」
*女性とは?宗教とは?教育とは?様々な疑問を感じさせてくれる映画で
した。女の子が自転車に乗ることがあんなにも大変なことだったとは、
驚きでした。彼女の最後の笑顔が印象的だった。
*すりこまれたジェンダーの影響が大きいと知った。時代と国が違えば、
生き方がこうも変わるのだと思うととてもこわい。
*自分ではなかなか足を運ばない国の現状と将来の課題をとらえた映画
で、興味深く鑑賞できた。また現地事情も詳しいゲストトークのおかげ
で映画の背景の理解が深まったと思う。
■トーク講師
大崎麻子さんの著書紹介
女性センターの図書コーナーにも配架しています。
どうぞ、お気軽にご利用ください!
手しごと作品
にお客さんが
いっぱい!
コーヒーで
ほっと一息
■女性起業芽でる塾 IT 活用講座
日
時:1/15(金)
、20(水)
、22(金)
、27(水)
、29(金)
【全5回】
13:00~16:00
会
場:女性センター 本館
対象・定員:就労したい、またはパソコンのスキルアップをしたい女性
12人
託
児:有料 6 カ月~未就学児(子ども1 人につき500 円) 定員5人
受 講 料:無料(ただし、テキスト代は自己負担 1,940 円)
申込方法:11/18(水)10 時から 11/30(月)17 時まで
電話(624-3583)にて受付 ※応募者多数の場合は抽選
1
■芽でるネット・エクセル入門講座○
エクセルで表とグラフを作ろう!
日
時:12/2(水) 10:00~12:00
会
場:女性センター 起業応援ルーム
対象・定員:パソコン初心者の女性 ・ 4人
受 講 料:無料
申込方法:11/18(水)10 時から 11/25(水)17 時まで
電話(080-2833-1411)にて受付 ※応募者多数の場合は抽選
お部屋に飾れる「小さな灯り」
ぼくの絵、わたしの絵が灯りになった!
「起業応援
マーケット」
時:12/5(土)
、12(土)
【全2回】 13:00~15:30
場:女性センター 本館
師:福沢 恵子さん(ジャーナリスト・公益財団法人日本女性学習財団理事)
竹村 祥子さん(岩手大学人文社会科学部 教授)
対象・定員:30代くらいまでの若者 ・ 10 人
受 講 料:無料
申込方法:11/18(水)10 時から
電話(604-3303)にて先着順に受付
『女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方』
平賀センター長(右)
女性センターの起業応援ルーム企画
として、講座「女性起業芽でる塾」に
関わっていただいた皆さんに参加いた
だき起業応援マーケットを開催しまし
た。「消しゴムはんこ」「オリジナルキ
ャラクターグッズ」「ベーグル」「りん
ごやジュース」
「コーヒー」など 5 つの
素敵なショップが出店し、参加者と楽
しい交流の時間となりました。
また、起業した方が講師となり 2 つ
の親子ミニワークショップも行われま
した。参加した子どもたちは真剣その
もの、感性豊かな素晴らしい作品がた
くさん出来上がりました。
日
時:11/20(金) 10:30~12:30
会
場:女性センター 本館
対象・定員:パートナーとの関係に悩んでいる女性 ・ 5 人
託
児:有料 6 カ月~未就学児(子ども 1 人につき 500 円)
受 講 料:無料
*詳しくは、電話 604-3304 へお問い合わせください。
■第3回
「バルーンアート体験教室」
子どもたちはみんな真剣!
可愛ら
しい作品
芽でるネット・パソコンミニセミナー
ワードの活用・グリーティングカードを作ろう!
日
時:12/17(木) 13:00~15:00
会
場:女性センター 本館
対象・定員:起業や就職を目指している女性 ・ 5 人
受 講 料:無料
申込方法:11/18(水)10 時から 11/25(水)17 時まで
電話(080-2833-1411)にて受付 ※応募者多数の場合は抽選
Fly UP