...

ホームシネマDVD HDMI

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

ホームシネマDVD HDMI
J
デジタルサウンドプロジェクター
取扱説明書
ヤマハ製品をお買い上げいただきまして、まことにありがとうございます。
■製品を正しく安全にお使いいただくために、ご使用前に本書をよくお読みください。
お読みになったあとは、保証書と共にいつでも見られるところに保管してください。
■保証書に「購入日、製品名」が正しく記入されていることを必ずご確認ください。
ご使用前に本書の「安全上のご注意」(109 ∼ 112 ページ)を必ずお読みください。
保証書別添付
もくじ
本機の特長
4
再生する
35
本機でできること . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
付属品の確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
再生の基本手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
お好みのサウンドを楽しむ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
リモコンの準備 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
3D サラウンドで再生する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
各部の名称とはたらき . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
サラウンドで再生する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
立体的なサラウンド音声を楽しむ(シネマ DSP 3D / シネマ DSP).. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
準備する
10
再生までの基本的な流れ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
a 設置する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
b テレビを接続する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
c 再生機器を接続する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
d その他の接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
サブウーファーを接続する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
ネットワーク(有線). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
MP3 などの圧縮音声を豊かに再生する(ミュージックエンハンサー). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
人の声を明瞭に再生する(クリアボイス). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
セリフが聞こえる位置を調整する(ダイアログリフト). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
各チャンネルの音量を調整する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41
便利な機能を使う . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
二カ国語放送の音声を切り替える . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
エコ機能で節電する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
前面ディスプレイに情報を表示する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
システムメモリーに本機の設定を保存する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 43
e 電源コードを接続する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25
f はじめて使うときの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
Bluetooth を使ってワイヤレス再生する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
メニュー画面をテレビに表示する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
Bluetooth スピーカーやヘッドホンで楽しむ(送信). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 47
サラウンド効果を自動設定する(インテリビーム). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
テレビのリモコンで本機を操作する(HDMI コントロール機能). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
2
2 チャンネルで再生する(ステレオ再生). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
特定の位置に音声を届ける(ターゲット再生). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
Bluetooth 機器の音楽を聴く(受信). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
48
拡張メニュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85
ネットワーク機能について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
ネットワークに接続する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
本機のファームウェアを更新する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 87
有線ネットワークの接続. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50
設定メニューの「ネットワークアップデート」から更新する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 87
無線ネットワークの接続. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50
USB メモリーを本機に接続して更新する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 88
パソコン(サーバー)の音楽ファイルを聴く. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 59
メディアの共有設定を行う . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 59
音楽ファイルを再生する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 59
インターネットラジオを聴く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60
お気に入りのインターネットラジオ局を登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60
radiko.jp を聴く. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62
放送局名から選局する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62
お気に入りの放送局を登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62
90
故障かな?と思ったら . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 90
全般 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 90
Bluetooth . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 94
リモコン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 95
ネットワーク. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 96
前面ディスプレイのメッセージ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 98
サラウンド感が得られないときは. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
YRB-100 の 設置と調整 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
iTunes/iPod で曲を再生する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 63
サラウンドの基礎知識 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 101
モバイル端末の音楽を聴く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 65
オブジェクトベースオーディオとは? . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 102
モバイル端末で曲を再生する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 65
設定する
66
操作手順. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 66
設定メニューリスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 67
ビーム. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 69
サウンド. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 74
ヤマハの音声技術 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 102
用語 / 技術解説 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 103
音声 / 映像に関する用語 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 103
ネットワークに関する用語 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 104
主な仕様 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 105
安全上のご注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 109
索引 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 114
設定する
設定メニュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 66
デジタルサウンドプロジェクターとは? . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 101
ネットワークを
活用する
AirPlay で音楽を聴く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 63
付録
再生する
インターネットラジオ局を選ぶ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60
拡張メニューリスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86
準備する
モバイル端末を本機に直接接続する(ワイヤレスダイレクト). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57
操作手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85
本機の特長
ネットワークを活用する
HDMI. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76
情報表示. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
ネットワーク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79
付録
表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 77
Bluetooth . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82
操作手順. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
オプションメニューリスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
安全上のご注意
入力ごとの設定(オプションメニュー). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
3
本機の特長
本機でできること
音声のビームを壁面や天井に反射させる、独自のリアルサラ
ウンド方式でお好みの音響空間を満喫
• 部屋に合わせてサラウンド効果を
. 28 ページ
かんたん自動調整(インテリビーム)
• ハイトチャンネルによる頭上からの音を加え
. 36 ページ
た包囲感と臨場感のある音場(3D サラウンド)
• 映画館やコンサートホールさながらの
. 37 ページ
リアルな音場を立体的に再現
•(シネマ DSP 3D/ シネマ DSP)
• 圧縮オーディオもダイナミックに再生
. 40 ページ
(ミュージックエンハンサー)
• 特定の位置に音声を届ける
. 39 ページ
(ターゲット再生)
• パソコン(サーバー)
. 59 ページ
• インターネットラジオ
. 60 ページ
モバイル端末
専用アプリで
使いこなす
• radiko.jp
. 62 ページ
• AirPlay
. 63 ページ
. 5 ページ
• モバイル端末
. 65 ページ
テレビ
モバイル端末
音声
HDMI
コントロール
テレビ、本機、BD / DVD レコーダーを
連動操作(HDMI コントロール)
. 33 ページ
豊富な対応コンテンツ
音声
音声 /
映像 *
パソコン(サーバー)
コントロール
MusicCast 対応機器
音声
テレビのリモコン
サブウーファー(別売または市販)
音声
ホームネット
ワークで音楽
を共有
. 5 ページ
音声
コントロール
音声
本機
HDMI
コントロール
Bluetooth® 機器の音声を
再生
音声 / 映像 *
. 45 ページ
音声
音声
モバイル端末
コントロール
本機に入力した音声を
Bluetooth ヘッドホンや
スピーカーで聴く
音声
ワイヤレス
サブウーファーキット
SWK-W16(別売)
4
本機でできること
本機のリモコン
BD / DVD レコーダー
*4K 映像、HDCP2.2 対応
Bluetooth
ヘッドホン
. 47 ページ
これまでのデジタルサウンドプロジェクターは、フロント(右、左)
、センター、サラ
モバイル端末専用の無料アプリ「MusicCast CONTROLLER」で、スマートフォンなどの
ウンド(右、左)の 5 本の音声ビームにより、平面的な音場空間をつくり出しました。
モバイル端末やサーバーの音楽、またはインターネットラジオなどを本機で楽しむこ
本機はそれに加えて上方に向かって 2 本の音声ビーム(ハイト右、左)を追加し、よ
とができます。また、ホームネットワークに接続された他の MusicCast 機器に配信し、
り包み込まれるような立体的な音場空間をつくり出します。また音声ソースとしてハ
同時に再生できます。
イトチャンネルの音声信号を持つ DTS:X、Dolby Atmos の再生に対応。さらにシネマ
詳しくは、付属の「MusicCast セットアップガイド」をご覧ください。
DSP 3D を採用し、より効果的な音場空間を提供します。
アプリについては、Apple Store または Google Play で「MusicCast CONTROLLER」を
準備する
MusicCast CONTROLLER でネットワーク上の音楽を自
在に再生
本機の特長
本機 1 台でハイトチャンネルを含むリアル 3D サラウン
ドを実現
検索してください。
本機のサウンドイメージ
Bluetooth に対応したモバイル端末などの音声を本機で再生できます。
再生する
Bluetooth 対応
また、音声送信機能により、Bluetooth 対応のワイヤレスヘッドホンで音声を聴くこと
HOME THEATER CONTROLLER (WLAN)で簡単操作
モバイル端末専用の無料アプリ「HOME THEATER CONTROLLER (WLAN)」を使うと、
ネットワークを
活用する
もできます。
ビジュアルな画面で音声ビームを簡単に設定したり、モバイル端末で入力ソースの選
映画などを鑑賞するときに、ナレーションやセリフなどの声が画面の中央から出てい
アプリについては、Apple Store または Google Play で「HOME THEATER CONTROLLER
(WLAN)」を検索してください。
設定する
択や音量の調節などができます。
ダイアログリフト機能
るように調整し、スクリーンの裏側にスピーカーが設置された映画館のように、会話
と人物の動きに一体感が生まれます(40 ページ)。
付録
ワイヤレスサブウーファーキット(別売)でサブウー
ファーを無線接続
本機はサブウーファーを有線で接続できますが、別売のワイヤレスサブウーファー
キット(SWK-W16)を使うと、無線接続も可能です(24 ページ)。
要な場合は、説明文中で携帯端末の種類を特定しています。
本機でできること
安全上のご注意
• 本書では iOS および Android が搭載された携帯端末を総称して「モバイル端末」と表記しています。必
5
本書の記載について
• 本書では、本体とリモコンのどちらでも操作できる場合は、リモコンでの操作を中心に記載しています。
•
では、知っておくと便利な補足情報を記載しています。
•
では、使用上の注意点や機能上の制約を記載しています。
リモコンの準備
付属品の確認
ご使用になる前に、付属品がすべてそろっていることを確認してください。
電池を入れる前やリモコンを使う前に、
「安全上のご注意」の「電池」(110 ページ)
および「リモコン」
(112 ページ)をよくお読みください。
YSP-5600
本体
電池を入れる
単 4 乾電池 2 本(付属)
付属品
リモコン
単 4 乾電池(2 本)
光ファイバーケーブル(1.5m)
三角マークの部分を
押しながら矢印の方向へ
スライドさせる
スライドさせて閉める
電源コード(2m)
インテリビームマイク
簡易マイクスタンド
(6m)
操作範囲
転倒防止スタンド(2 個) ネジ(転倒防止スタンド用:2 個)
6m 以内
• 取扱説明書(本書)
• 簡易接続・操作ガイド
• MusicCast セットアップガイド
• 接続方法により、光ファイバーケーブルを使用しない場合があります。
6
付属品の確認
本機の特長
各部の名称とはたらき
前面・上面
VOLUME
準備する
CONNECT
INPUT
7
8
9
再生する
INTELLIBEAM MIC
123 4
システムの状態を表示します。
緑点灯: 電源オン
赤点灯: 電源オフ(HDMI コントロールまたはネットワーク
スタンバイが有効なとき)
消灯:
インジケーター
無線ネットワーク接続の状態を表示します(50 ページ)。
3
インジケーター
4 リモコン受光部
本機のリモコンの赤外線信号を受信します(9 ページ)。
5 前面ディスプレイ
再生する音声ソースの入力名やサラウンドなどの設定を表示
します(42 ページ)
。また、設定値などの情報をアルファ
ベットや数字で表示します。
6 INTELLIBEAM MIC(インテリビームマイク)端子
付属のインテリビームマイクを接続します(29 ページ)。
7 INPUT(インプット)キー・CONNECT(コネクト)
キー
•
INPUT キー:再生する音声ソースを選択します。
•
CONNECT キー:MusicCast CONTROLLER アプリで本機
を操作するときに使います。詳しくは、「MusicCast セッ
トアップガイド」をご覧ください。
9 z(電源)キー
電源のオン / オフを切り替えます。
• 本機はオフの時も、HDMI の通信やネットワーク機能を使えるよ
うに、少量の電力を消費しています。
• 前面ディスプレイは、操作したときだけ約 3 秒間点灯します。
• 前面ディスプレイとインジケーターの明るさは、設定メニューの
「ディマー」で調節することができます(77 ページ)。
8 VOLUME(ボリューム)(+/−)キー
音量を調節します(35 ページ)。
各部の名称とはたらき
安全上のご注意
Bluetooth 接続の状態を表示します(44、47 ページ)。
6
付録
2
電源オフ
5
設定する
1 STATUS(ステータス)インジケーター
ネットワークを
活用する
STATUS
7
背面
• HDMI 端子とネットワーク端子の位置を分かりやすくするため、本書の背面図ではこれらの端子を本体背面のラベルで表示しています。
1 2
3
4
5
6
入力1
(HDCP2.2)
7
アップデート専用
システム サブウーファー
接続
出力
右
左
AUX2
TV
光デジタル
IR-IN
IR-OUT
入力2
8
RS-232C
AUX1
入力3
0
入力4
HDMI
入力1
(HDCP2.2)
9
出力
(ARC)
入力2
ネットワーク
入力3
入力4
HDMI
出力
(ARC)
ネットワーク
アップデート専用
AC IN
システム サブウーファー
接続
出力
右
左
AUX2
TV
光デジタル
IR-IN
IR-OUT
RS-232C
AUX1
a
1 システム接続端子
ヤマハ製のサブウーファーの電源を本機の電源オン / オフと
連動してコントロールするときに使います(24 ページ)。
2 サブウーファー出力端子
サブウーファーを接続します(24 ページ)。
3 AUX1(アナログ)入力端子
再生機器のアナログ音声出力端子に接続します(23 ペー
ジ)。
4 AUX2(同軸デジタル)入力端子
再生機器の同軸デジタル音声出力端子に接続します(23
ページ)。
8
各部の名称とはたらき
5 TV、光デジタル端子
再生機器の光デジタル音声出力端子に接続します(21、22
ページ)
。
6 IR-IN、IR-OUT、RS-232C 端子
サービス用の端子です。通常は使用しません。
7 アップデート専用端子
本機のファームウェアをアップデートするときに使います
(87 ページ)。
8 HDMI 入力(1 ∼ 4)端子
BD(ブルーレイディスク)/ DVD レコーダーや衛星放送 /
ケーブルテレビのチューナー、ゲーム機など、HDMI 対応の
再生機器を接続します(22 ページ)。
9 HDMI 出力(ARC)端子
HDMI 入力対応のテレビを接続し、映像 / 音声を出力します
(21 ページ)。
0 ネットワーク端子
本機をネットワークに接続します(50 ページ)。
a AC IN 端子
本機の電源コードを接続します(25 ページ)。
1 ECO キー
c エンハンサーキー
エコ機能のオン / オフを切り替えます(42 ページ)。
赤外線信号送信部
2 入力選択キー・ネットキー
d
e
•
ネットキー:ネットワーク経由の音声ソースを選びます
(48 ページ)
。繰り返し押すと、以下のように切り替わり
ます。
SERVER → NET RADIO → AirPlay → radiko →
MusicCast Link → SERVER → …
3 システムメモリーキー
インテリビームの測定結果やチャンネルレベルなどの設定を
保存します(43 ページ)。
3
f
g
5
6
h
サブウーファーの音量を調節します(35 ページ)。
5 消音(
)キー
一時的に消音します(35 ページ)。
6 設定(
)キー
設定メニューに入ります(66 ページ)。
7
7 S / T / W / X キー、決定キー
9
0
a
b
c
i
設定を変更します(66 ページ)。
8 戻る(
j
k
l
m
)キー
ひとつ手前のメニュー表示に戻します。
9 シネマ DSP キー
サラウンド再生時にシネマ DSP 音場プログラムを選びます
(37 ページ)。
インターネットラジオ局などのストリーミングサービスを登
録 / 再生します(60 ページ)。
f ダイアログリフトキー
セリフが聞こえる位置の高さを調整するダイアログリフト機
能を設定します(40 ページ)。
g 音量(+ / −)キー
音量を調節します(35 ページ)。
h オプション(
i 表示(
j ステレオキー
ステレオ再生に切り替えます(39 ページ)。
k ターゲットキー
ターゲット再生に切り替えます(39 ページ)。
l WPS キー・CH レベルキー
•
•
CH レベルキー:再生中に音量バランスを調節します
(41 ページ)。
m CONNECT キー・D 音声多重キー
•
CONNECT キー:MusicCast CONTROLLER アプリで本機
を操作するときに使います。詳しくは、「MusicCast セッ
トアップガイド」をご覧ください。
•
D 音声多重キー:BS/ 地上デジタル放送の多重音声の受
信時に、音声を切り替えます(42 ページ)。
b クリアボイスキー
クリアボイスのオン / オフを切り替えます(40 ページ)。
WPS キー:WPS(プッシュボタン式)に対応した無線
LAN ルーターに接続するときに使います(52 ページ)。
各部の名称とはたらき
安全上のご注意
3D サラウンド再生に切り替えます(36 ページ)。
)キー
前面ディスプレイに表示する情報を切り替えます(42 ペー
ジ)。
サラウンド再生に切り替えます(37 ページ)。
a 3D サラウンドキー
)キー
入力ごとの設定(オプションメニュー)に入ります(83
ページ)。
付録
0 サラウンドキー
e ネットラジオ(1 ∼3)キー
設定する
8
電源のオン / オフを切り替えます(35 ページ)。
ネットワークを
活用する
4
4 SW(+ / −)キー
d 電源(z)キー
再生する
2
入力選択キー:再生する音声ソースを選びます(35 ペー
ジ)。
準備する
1
•
ミュージックエンハンサーのオン / オフを切り替えます(40
ページ)。
本機の特長
リモコン
9
準備する
再生までの基本的な流れ
1 設置する(11 ページ)
サラウンド効果を得られる位置に本機を設置します。壁に取り付けることもできます。
2 テレビを接続する(21 ページ)
テレビを本機に接続します。
3
ビデオ機器(BD/DVD レコーダーなど)を本機に接続します。
再生機器を接続する(22 ページ)
サブウーファーを接続します。
4 その他の接続(24 ページ)
有線接続してネットワークを利用する場合の準備として、ルーターと本機をネットワークケー
ブルで接続します。
5 電源コードを接続する(25 ページ)
すべての接続が完了したら、電源コードを接続します。
6 はじめて使うときの設定(26 ページ)
サラウンド効果の設定など、再生の前に本機を設定しておきます。
これで使用前に必要な接続および設定は完了です。映画、音楽など、本機での再生を存分にお楽しみください!
• ネットワークへの接続や、ネットワーク経由の音声の再生については、「ネットワークを活用する」(48 ページ)をご覧ください。
10
再生までの基本的な流れ
1 2 3 4 5 6
本機は音声ビームを壁や天井に反射させてサラウンド効果を生み出します。十分なサラウンド効果を得るためには、本機と視聴位置、およびリスニングルームの壁や天井との位置
関係が重要です。11 ∼ 15 ページを参考にして設置してください。また、背面のスペースが狭いラックなど、設置する場所によっては、先に外部機器と接続してから設置するほう
本機の特長
a 設置する
が簡単な場合があります。外部機器との接続については、21 ∼ 24 ページをご覧ください。
準備する
ご注意
• 地震などの振動やお子様の接触などで本機が落下しないように安定した広い台の上に設置してください。
• 本機の上部にはアンテナが内蔵されています。金属製のラックには設置しないでください。また、本機の上に金属製品を置かないでください。
• 本機は非防磁のスピーカーを搭載しています。ハードディスクドライブなどを近くに設置しないでください。
• 本機を他の再生機器などと直接重ねないでください。熱や振動により機器が故障することがあります。
再生する
おすすめの設置位置
スが開くよう設置する。
• 本機の前面の斜め上方向をできるだけ空けて
• 左右の壁の中央に設置する。
設置する 1。
• 壁掛けにも対応(16 ページ)
。
ネットワークを
活用する
• 本機の上部(または下部)に 5cm 以上スペー
• ラックに設置する場合は、転倒防止スタンド
1
本機前面の斜め上方向からハイトチャンネルの
音声が出ます(5 ページ)。
2
• 視聴位置となるソファーなどが本機の正面になるよ
ラックによっては、転倒防止スタンドの取付は
不要です。
付録
うにする。
• 本機と視聴位置の間は 1.8m 以上離す。
• 十分なサラウンド効果を得るため、家具などで
音声ビームを遮らないようにする(12 ページ)。
a 設置する
安全上のご注意
• 視聴位置と後ろの壁はできるだけ離す(本機と後ろ
の壁の中央か、やや後ろが最適な試聴位置です)。
設定する
を取り付ける 2(15 ページ)。
11
1 2 3 4 5 6
壁と平行に設置する場合の本機の位置
設置位置の例
本機は下図のように音声をビーム化して出力します。十分なサラウンド効果を得るた
めに、下図のように家具などの障害物がビーム経路と重ならない場所に設置してくだ
さい。
できるだけ左右の壁の
中央に設置する
本機を壁と平行に設置する場合には、できるだけ左右の壁の中央に設置し、本機が左
右どちらかの壁に近づきすぎないようにしてください。
本機を部屋のコーナーに設置する場合には、本機と、隣接する壁との角度が 40°∼
50°の間におさまるように設置してください。
本機を壁と並行に設置:天井から見た図
家具などの
障害物
側面から見た図
天井反射
ビーム
• 本機を左右の壁の中央に設置できない場合でも、音声ビームを調整することで自然なサラウンド効果が
得られます(15 ページ)。
視聴位置と本機の位置
出力される音声ビームは 3D サラウンド / サラウンド(36、37 ページ)とチャンネル
出力(72 ページ)の設定により異なります。上の図は 3D サラウンドに設定し、フロ
ントチャンネルの出力を「ビーム」に設定した場合のビーム経路です。
コーナーに設置:天井から見た図
側面から見た図
できるだけ視聴位置の
正面に設置する
天井反射
ビーム
40°∼ 50°
1.8m
以上
家具などの障害物
家具などの障害物
上の図は 3D サラウンドに設定し(36 ページ)、フロントチャンネルの出力(72 ペー
ジ)を「ステレオ」に設定した場合のビーム経路です。
12
a 設置する
1.8m 以上
1 2 3 4 5 6
本機の特長
変則的な形の部屋に設置する場合
壁ではなく、長い廊下が続いている場合
壁がある場合
準備する
再生する
ビームが壁に反射できるように
設置する
ネットワークを
活用する
ビームが壁に反射できるように
設置する
設定する
付録
• 本機の位置や視聴位置を変更できない場合は、別売の「サウンドリフレクションボード(YRB-100)
」を
安全上のご注意
設置してサラウンド感を向上させることができます(99 ページ)。
a 設置する
13
1 2 3 4 5 6
リビングへの設置例
推奨できない視聴環境
• 通常テーブルの脚などは音声ビームを通すため、障害にはなりません。また、壁に設
置した戸棚などは音を反射します。
• 厚手のカーテンは音を吸収するため、開けたときと閉めたときで音の特性が変わりま
す。メモリー機能を使うことで、それぞれの状態に最適な設定を保存できます(43
ページ)。
本機は音声ビームを壁や天井に反射させてサラウンドを実現するという特性上、以下
のような環境では十分なサラウンド効果が得られなかったり、まったく得られない場
合があります。
• ビーム経路上に壁がない部屋
• 壁や天井の材質が吸音素材でできている部屋
家具などの障害物
• 部屋の大きさが幅 3m ∼ 7m、奥行き 3m ∼ 7m、高さ 2m ∼ 3.5m にあてはまらない
部屋
• ビーム経路上に出っ張った家具などの障害物がある部屋
• 本機から視聴位置までの距離が 1.8m 未満の場合
• 壁に近いところに視聴位置がある場合
• 視聴位置が本機の正面にない場合
• 天井が傾斜しているなど、複雑な形状の部屋(照明器具などは音声ビームの障害には
なりません)
部屋の条件を問わずにサラウンドを楽しむ(マイサラウンド
機能)
「推奨できない視聴環境」でも、マイサラウンド機能により豊かなサラウンドを楽しむ
ことができます。詳しくは「チャンネル出力」
(72 ページ)をご覧ください。
14
a 設置する
1 2 3 4 5 6
転倒防止スタンドを取り付ける
本機は自動設定(28 ページ)により、設置する部屋に合わせて最適なサラウンド環境
転倒防止スタンド(付属)を本体底面に取り付けます。図のように転倒防止スタンド
となるようにビームを設定します。本機を以下のような位置に設置する場合は、ビー
の突起部を本体背面の穴に合わせてはめ込み、付属のネジで取り付けてください。な
ムの自動設定に加えて手動で調整することで、設置する部屋に適したサラウンド効果
お、別売の壁掛け金具(SPM-K30)に本機を設置する場合、転倒防止スタンドの取付
を得ることができます。
は不要です。
本機の特長
音声ビームの調整による最適化
準備する
部屋の隅に寄せて設置する場合
下図のように部屋の隅に寄せて設置すると、自動でビームを設定してもフロントチャ
ンネルが不自然な方向から聞こえることがあります。
その場合は、設定メニューの「Lch / Rch 位置調整」(71 ページ)を使って左右が自然
フロント左チャンネルが
不自然なとき
フロント左チャンネルを調節
したときのイメージ
再生する
に聞こえるように調整してください。
転倒防止スタンド(付属)
ネットワークを
活用する
設定する
特殊な形の部屋の場合
四角形ではない部屋に設置すると、下図のようにビームが正しく反射しないことがあ
ります。
ネジ(転倒防止スタンド用、付属)
転倒防止スタンド(付属)
その場合は自動設定を行ったあとで、正しく音が届いていないチャンネルのビームの
角度を設定メニューの「水平角度」
(69 ページ)で調整することで、よりバランスの
良い聞こえ方になります。
付録
安全上のご注意
a 設置する
15
1 2 3 4 5 6
ラックを使用して設置する
壁掛け金具を使用して設置する
別売または市販のラックを使用して、本機をテレビの上、または下に設置します。
別売の壁掛け金具(SPM-K30 など)を使用して本機を壁に設置します。
ラックは本機とテレビを設置するのに十分なサイズと放熱スペース、強度を持ったも
本機の取付方法は SPM-K30 の取付説明書に記載されていません。必ず本書をご覧く
のをご使用ください。
ださい。
壁掛け金具(SPM-K30)
• 別売の専用ラックは安全性を確認済みですので、安心してご使用いただけます。
YSP-5600
テレビ
テレビ
SPM-K30 取付時の寸法
寸法図を参考にして、周囲に十分なスペースを確保してください。
YSP-5600
188
355
355
182
92
114
26.5
24- 7x22
4- 7
71.5
730
(mm)
SPM-K30(別売)
19.4
112.4
16
a 設置する
(mm)
1 2 3 4 5 6
2
壁掛け金具(大)を壁にしっかりと取り付ける。
壁の構造や材質に合わせ、十分に強度が得られる方法で取り付けてください。
な取付を行った場合、本機が落下してけがの原因となります。
• 本機および壁掛け金具などの重さに長期間十分耐え、また地震にも十分耐えるよう確実に取り付けてく
本機の特長
• 取付工事は専門業者、または販売店に依頼してください。お客様自身で作業しないでください。不十分
ださい。不十分な取付を行った場合、本機が落下してけがの原因となります。
• しっくいやベニヤ板のような弱い材質の壁には取り付けないでください。本機が落下してけがの原因と
4mm タッピングネジ(市販)
準備する
なります。
• 市販のネジは、規定サイズ(手順 2、7 参照)で十分な強度があるものをご用意ください。くぎや両面
テープ、規定サイズ以外のネジを使用すると本機が落下してけがの原因となります。
• 安全確保のため、ネジ類は確実に締め付けてください。本機が落下してけがの原因となります。
• 設置するときは周囲から十分な間隔をあけてください。十分な間隔をあけないと本機内部に熱がこもり
• 本機にもたれかかったり、上から強い力をかけたりしないくてください。本機が落下して、けがの原因
となります。
• ケーブル類は必ず固定してください。誤って手や足に引っ掛かると、本機が落下してけがの原因となり
ワッシャー
(市販)
石こうボードの壁等
に取り付ける場合
25mm 以上
再生する
火災の原因となることがあります。
柱などにじかに
取り付ける場合
25mm 以上
ます。
ネットワークを
活用する
• 取付後は、定期的に安全点検をしてください。長期間使用すると経年変化や振動等により、ネジがゆる
んだり、取付強度が低下することがあります。
• 取付箇所、取付方法の不備による落下などの事故、または壁面への傷について、弊社は責任を負いかね
ますのでご了承ください。
1
柱など
石こうボード
壁掛け金具(大)を組み立てる。
M4 ネジ(SPM-K30 同梱品)
• 十分な取付強度を得るため、できるだけ外側の穴にタッピングネジを 6ヶ所以上止めてください。
壁掛け金具(大:左)
設定する
左右の金具の A の穴をネジ留めします。
A
付録
安全上のご注意
壁掛け金具
(大:右)
A
730 mm
a 設置する
17
1 2 3 4 5 6
3
SPM-K30 同梱品の M4 ネジを使用して、壁掛け金具(小)B タイプ 2
個を本機背面に取り付ける。
4
落下防止のため、左右の壁掛け金具(小)に落下防止用ワイヤーを取り
付ける。
落下防止用ワイヤー
先端の輪にもう一方の
先端を通す
M4 ネジ
(SPM-K30 同梱品)
壁掛け金具(小)
B タイプ
M4 ネジ
(SPM-K30
同梱品)
外側の穴
壁掛け金具(小)
B タイプ
外側の穴
18
a 設置する
金具と本機の間に
ワイヤーを通す
1 2 3 4 5 6
本機に取り付けた壁掛け金具(小)のフックを、壁掛け金具(大)左右
の取付穴に引っ掛け、右側にスライドさせて固定する。
6
壁掛け金具(大)と壁掛け金具(小)の下側のネジ穴を合わせ、M6 ネ
ジ(SPM-K30 同梱品)を締め付けて固定する。
本機の特長
5
穴にはめ込む
準備する
再生する
右側へ
スライドさせる
ネットワークを
活用する
本機(底面)
設定する
M6 ネジ(SPM-K30 同梱品)
• 本機を壁に取り付けるとき、また取り外すときは、本体を両手でしっかり保持してください。本機
が落下するとけがの原因となります。
付録
安全上のご注意
a 設置する
19
1 2 3 4 5 6
7
落下防止用ワイヤー先端の輪に市販のネジを通し、壁にしっかりと固定
する。
ワッシャー(SPM-K30 同梱品)
壁へ固定
ネジ(市販)
• 落下防止用ワイヤーはたるみがないように取り付けてください。
• ワッシャー 2 個は予備として保管してください。
20
a 設置する
壁へ固定
1 2 3 4 5 6
本機の特長
b テレビを接続する
テレビと本機を接続して、本機に入力された映像をテレビに出力します。また、テレビ番組の音声を本機で楽しむこともできます。
• HDMI ロゴ入りの HDMI ケーブル(19 ピン)をお使いください。また、信号の品質劣化を防ぐため、長さが 5.0 メートル以下のケーブルをおすすめします。
準備する
• 3D 映像、4K 映像をお楽しみになる場合は、ハイスピード HDMI ケーブルをお使いください。
• 本機は著作権保護技術 HDCP2.2 に対応しています。4K 映像をお楽しみになる場合は、HDCP2.2 対応テレビの HDMI 入力端子(HDCP2.2 対応の端子)に接続してください。
オーディオリターンチャンネル(ARC)対応テレビの場合
市販の HDMI ケーブルと付属の光ファイバーケーブルを使って、テレビを本機に接続
します。
HDMI 出力
(ARC)端子
本機(背面)
HDMI
HDMI
HDMI 出力(ARC)端子
本機(背面)
HDMI
(ARC)
HDMI 入力
HDMI
出力
(ARC)
入力1
(HDCP2.2)
HDMI
HDMI
入力2
入力2
入力3
入力3
入力4
入力4
HDMI
HDMI
出力
(ARC)
OPTICAL
出力
(ARC)
O
ネットワーク
アップデート専用
右
左
AUX2
TV
光デジタル
IR-IN
IR-OUT
O
ネットワーク
アップデート専用
システム サブウーファー
出力
接続
ネットワークを
活用する
出力
(ARC)
入力1
(HDCP2.2)
ARC 対応の HDMI 入力
再生する
市販の HDMI ケーブルを使って、テレビを本機に接続します。
オーディオリターンチャンネル
(ARC)非対応のテレビの場合
RS-232C
AUX1
右
左
AUX2
TV
光デジタル
IR-IN
IR-OUT
TV
RS-232C
AUX1
TV 端子
テレビ
音声出力
(光デジタル)
テレビ
オーディオリターンチャンネル(ARC)対応のテレビを使用する場合は、HDMI コント
ロール機能をオンにしてください(76 ページ)
。
1. キャップをはずす
設定する
システム サブウーファー
出力
接続
2. プラグの向きを確認する
オーディオリターンチャンネル(ARC)とは
付録
通常、テレビの音声を本機で再生するには、HDMI ケーブルとは別に音声ケーブルの
接続が必要になります。しかし、テレビが ARC に対応している場合は、本機からテ
レビに映像を伝送する HDMI ケーブルを使って、テレビの音声を本機に入力すること
• テレビに光デジタル端子がない場合
テレビの音声出力と本機の AUX1 端子(アナログ)または AUX2 端子(同軸)を接続します。設定メ
ニューの「TV インプット」を接続に合わせて「アナログ[AUX1]
」または「コアキシャル[AUX2]
」に
• ARC 対応の HDMI ケーブルをお使いください。
変更すると、TV キーで入力がテレビに切り替わりテレビの音声が本機から聞こえます(76 ページ)。
b テレビを接続する
安全上のご注意
ができます。
21
1 2 3 4 5 6
c 再生機器を接続する
BD / DVD レコーダー、衛星放送 / ケーブルテレビのチューナー、ゲーム機などのビデオ機器を本機に接続します。接続するビデオ機器の出力端子(映像 / 音声)により、接続方法
を選んでください。ビデオ機器に HDMI 出力端子がある場合は、HDMI 接続をおすすめします。
HDMI 接続
光デジタル接続
光ファイバーケーブル(付属)を使ってビデオ機器を本機に接続し、ビデオ機器の映
市販の HDMI ケーブルを使って、ビデオ機器を本機に接続します。
像出力とテレビ映像入力を接続します。
• 本機は著作権保護技術 HDCP2.2 に対応しています。4K 対応のデジタル放送チューナーなど、HDCP2.2
に対応した再生機器を接続する場合は、「HDMI 入力 1」端子に接続してください。それ以外のビデオ機
本機(背面)
器は、入力 1 ∼ 4 のいずれかに接続してください。
ビデオ機器
映像出力端子へ
入力1
(HDCP2.2)
入力2
本機(背面)
入力3
入力1
(HDCP2.2)
入力1
(HDCP2.2)
光デジタル端子
入力4
ビデオ機器
HDMI 入力
1 ∼ 4 端子
HDMI
OPTICAL
出力
(ARC)
O
光デジタル
ネットワーク
アップデート専用
入力2
システム サブウーファー
出力
接続
右
左
AUX2
TV
光デジタル
IR-IN
IR-OUT
O
RS-232C
AUX1
入力3
入力2
音声出力
(光デジタル)
HDMI
入力4
HDMI
出力
(ARC)
HDMI
HDMI
入力3
ネットワーク
アップデート専用
システム サブウーファー
出力
接続
右
左
AUX2
TV
光デジタル
IR-IN
IR-OUT
RS-232C
HDMI 出力
AUX1
1. キャップをはずす
2. プラグの向きを確認する
入力4
映像入力端子へ
テレビ
HDMI1 ∼ 4 キーで入力を HDMI1 ∼ 4 に切り替えると、ビデオ機器の映像 / 音声が本
機から出力されます。
光デジタルキーで入力を光デジタルに切り替えると、ビデオ機器の音声が本機から出
力されます。
• HDMI コントロール機能をオンにすると(33 ページ)、本機の電源がオフのときでもテレビで再生機器の
映像や音声を再生できます(HDMI 信号パススルー)。
• HDMI ロゴ入りの HDMI ケーブル(19 ピン)をお使いください。また、信号の品質劣化を防ぐため、長
さが 5.0 メートル以下のケーブルをおすすめします。
• 3D 映像、4K 映像をお楽しみになる場合は、ハイスピード HDMI ケーブルをお使いください。
22
c 再生機器を接続する
1 2 3 4 5 6
アナログ接続
市販の同軸デジタルケーブルを使ってビデオ機器を本機に接続し、ビデオ機器の映像
市販の RCA ステレオケーブルを使ってビデオ機器を本機に接続し、ビデオ機器の映像
出力とテレビの映像入力を接続します。
出力とテレビの映像入力を接続します。
本機(背面)
本機(背面)
テレビ
テレビ
入力1
(HDCP2.2)
入力1
(HDCP2.2)
入力2
入力2
入力3
入力3
入力4
入力4
HDMI
HDMI
出力
(ARC)
出力
(ARC)
AUX2
TV
光デジタル
IR-IN
IR-OUT
RS-232C
AUX1
右
左
AUX2
C
右
AUX2
左
AUX1
R
ビデオ機器
光デジタル
IR-IN
IR-OUT
音声出力
アナログステレオ
RS-232C
AUX1
(アナログ)
端子
AUDIO
L
L
R
R
L
映像出力端子へ
ビデオ機器
映像出力端子へ
AUX1 キーで入力を AUX1 に切り替えると、ビデオ機器の音声が本機から出力されま
す。
す。
設定する
AUX2 キーで入力を AUX2 に切り替えると、ビデオ機器の音声が本機から出力されま
ネットワークを
活用する
AUX2
(同軸デジタル)
端子
TV
AUX1
COAXIAL
C
ネットワーク
アップデート専用
システム サブウーファー
出力
接続
再生する
左
音声出力
同軸デジタル
ネットワーク
アップデート専用
右
準備する
映像入力端子へ
映像入力端子へ
システム サブウーファー
出力
接続
本機の特長
同軸デジタル接続
付録
安全上のご注意
c 再生機器を接続する
23
1 2 3 4 5 6
d その他の接続
サブウーファーを接続する
ワイヤレスサブウーファーキット(SWK-W16)を使う
本機にサブウーファーを接続して使用することができます。市販のモノラルピンケー
別売のワイヤレスサブウーファーキット(SWK-W16)を使うと、サブウーファーと本
ブルで接続する方法と、別売のワイヤレスサブウーファーキット(SWK-1W16)を
機をケーブルを使わずに接続できます。
使って無線で接続する方法があります。
ケーブルで接続する
SWK-W16
市販のモノラルピンケーブルで、サブウーファーのモノラル入力端子と本機のサブ
ウーファー出力端子を接続してください。
ヤマハ製サブウーファーを使う場合は、システム接続端子を本機のシステム接続端子
に接続すると、本機の電源と連動してサブウーファーの電源をオン / オフできます。
サブウーファーに付属のシステム接続ケーブルか、市販の 3.5mm モノラルミニプラグ
ケーブルを使って接続してください。
サブウーファー
本機(背面)
ワイヤレスサブウーファーキットを使う場合は、設定メニューでサブウーファーの出
力を「フロント / 無線」(初期設定)に設定してください(73 ページ)。
入力1
(HDCP2.2)
サブウーファー
入力2
最初に本機の電源をオンにしたとき、または設定メニューでサブウーファーの出力を
入力3
「フロント / 無線」に変更したとき、本機とワイヤレスサブウーファーキットは自動的
入力4
HDMI
に接続されます。
出力
(ARC)
ネットワーク
アップデート専用
システム サブウーファー
出力
接続
右
左
AUX2
TV
光デジタル
IR-IN
IR-OUT
RS-232C
AUX1
• ワイヤレスサブウーファーキットのインジケーターが緑色に点灯しない場合は、「故障かな?と思った
ら」
(90 ページ)をご覧ください。
システム
接続
サブウーファー
出力
入力
システム接続
• ワイヤレスサブウーファーキットとサブウーファーの接続については、ワイヤレスサブウーファーキッ
ト(SWK-W16)の取扱説明書をご覧ください。
• ワイヤレスサブウーファーキットは、ケーブルで本機に接続しているサブウーファーと同時に使うこと
はできません。
サブウーファーをケーブルで接続して使用する場合は、設定メニューでサブウー
ファーの出力を「有線」に設定してください(73 ページ)。
ネットワーク(有線)
本機を有線でルーターに接続する場合は、ネットワークケーブルを本機のネットワー
• サブウーファーの取扱説明書もあわせてご覧ください。
ク端子に接続します。詳しくは、
「有線ネットワークの接続」(50 ページ)をご覧くだ
さい。
24
d その他の接続
1 2 3 4 5 6
本機の特長
e 電源コードを接続する
すべての接続が完了したら、電源コードを本機に接続し、プラグをコンセントに差し
込みます。
準備する
• アース接続は、必ず電源プラグをコンセントに差し込む前に行ってください。アース接続を外す場合は、
必ず電源プラグをコンセントから抜いてから行ってください。
本機(背面)
再生する
入力1
(HDCP2.2)
入力2
入力3
入力4
HDMI
出力
(ARC)
アップデート専用
AC IN
右
左
AUX2
TV
光デジタル
IR-IN
IR-OUT
ネットワークを
活用する
システム サブウーファー
出力
接続
RS-232C
AUX1
AC100V コンセントへ
設定する
アース線
付録
安全上のご注意
e 電源コードを接続する
25
1 2 3 4 5 6
f はじめて使うときの設定
電源(z)
メニュー画面をテレビに表示する
メニュー画面などをテレビに表
メニュー表示を確認する
テレビのリモコン(例)
示することで、視覚的に操作を
設定(
進められます。
入力切換
本機とテレビの電源をオンにし、
テレビのリモコンの入力切替え
ください。
)
)キーを押します。
タᐃ࣓ࢽ࣮ࣗ
本機とテレビを下図のように接
ࣅ࣮࣒
ࢧ࢘ࣥࢻ
㹆㹂㹋,
⾲♧
᝟ሗ⾲♧
続したときは、テレビのリモコ
ンの入力切替えボタンで「HDMI
設定( )
)キーを押すと、メニューがテ
メニューが表示されます。メニューを終了するには、設定(
キーを 2 回押すか、オプション(
ボタンで本機からの入力にして
オプション
( )
)キーやオプション(
レビに表示されます。HDMI の入力信号があるときは、映像の上に
1」を選びます。
࢖ࣥࢸࣜࣅ࣮࣒
Ỉᖹゅᗘ
ᆶ┤ゅᗘ
ࣅ࣮࣒⤒㊰㛗
↔Ⅼ㊥㞳
㹊㹡㹦㹐㹡㹦఩⨨ㄪᩚ
ࢳࣕࣥࢿࣝฟຊ
ࢧࣈ࣮࢘ࣇ࢓࣮
本機(背面)
テレビ
入力1
(HDCP2.2)
• 設定メニュー(66 ページ)はテレビのみに表示されます。前面ディスプレイに
入力2
は表示されません。
入力3
入力4
HDMI
出力
(ARC)
ネットワーク
アップデート専用
システム サブウーファー
出力
接続
右
左
AUX2
TV
光デジタル
IR-IN
IR-OUT
RS-232C
AUX1
1
出力
(ARC)
HDMI
HDMI
26
f はじめて使うときの設定
HDMI入力
2
3
1 2 3 4 5 6
本機の特長
電源をオンにしたあとの画面について
ご購入後はじめて本機の電源をオンにすると以下の画面がテレビに表示されます
(前面ディスプレイには「ViewScreen」と表示されます)。
㹕㹧㸫㹄㹧タᐃࢆඹ᭷㸦㹧㹍㹑ࢹࣂ࢖ࢫ㸧
準備する
ࠉ㹧㹍㹑㸵௨㝆ࡢࢹࣂ࢖ࢫࢆ⏝࠸࡚ࢿࢵࢺ࣮࣡ࢡࡢ
ࠉ↓⥺㸦㹕㹧㸫㹄㹧㸧タᐃࢆᮏᶵ࡟ඹ᭷ࡍࡿࡇ࡜ࡀ࡛ࡁࡲࡍࠋ
‫ۂ‬
‫ۂ‬
㹙Ỵᐃ㹛㸸㛤ጞࠉࠉࠉࠉ
㹙ᡠࡿ㹛㸸୰Ṇࠉࠉࠉࠉ
㹙ࠉࠉ㹛㸸࣓ࢽ࣮ࣗゝㄒ
再生する
お使いの iOS デバイス(iPhone など)の簡単な操作で、本機を無線ネットワークに
接続できます。詳しくは、「簡単接続・操作ガイド」をご覧ください。
この機能を使わない場合は戻る(
)キーを押してください。
ネットワークを
活用する
• 設定メニューの「Wi-Fi 設定を共有(iOS デバイス)」を使っていつでも接続できますが、すでにほか
の無線ネットワークや Bluetooth 機器が設定されている場合は初期化されますのでご注意ください。
• 本機のネットワーク端子とルーターを接続している場合(有線ネットワーク接続)
、この画面は表示さ
れません。
設定する
• 上記の画面が表示されている状態でインテリビームマイクを接続すると(29 ページ)、設定がキャン
セルされ自動設定画面に変わりますのでご注意ください。
付録
安全上のご注意
f はじめて使うときの設定
27
1 2 3 4 5 6
サラウンド効果を自動設定する(インテリビーム)
本機を最適な視聴空間でご利用いただくためには、最初に「インテリビーム」機能を
使って、各チャンネルを調節してください。
• 簡易マイクスタンド(付属)や三脚を利用して、マイクをできるだけ視聴時の耳の高
さとなる位置に設置してください。
• マイクは床と水平になるように置いてください。
• 部屋の環境が「推奨できない視聴環境」(14 ページ)にあてはまる場合は、測定が正しくできないことが
インテリビームマイク
マイクの上限位置
あります。このような部屋でも、マイサラウンド機能により豊かなサラウンドを楽しむことができます。
詳しくは「チャンネル出力」(72 ページ)をご覧ください。
本機の設置高さ
• インテリビームマイクは、延長ケーブルを使って接続しないでください。測定が正しくできないことが
1m 以内
あります。
1m 以内
インテリビームマイクを設置する
1
簡易マイクスタンド
視聴位置
インテリビームマイクを視聴位置に設置する。
マイクの下限位置
1.8m 以上
❑ 簡易マイクスタンドの組立て方法
1
2
3
差し込む
はずす
差し込む
マイクを水平に置く
5
4
本機の中心線上
マイクの位置
切り欠きに通す
簡易マイクスタンド
ソファーの背もたれなど、マイクと壁の間に障害物がある場合には、障害物を移動し
たり、マイクをより高い場所に設置してください。壁に接している家具は壁と見なし
ますので、障害物ではありません。
28
f はじめて使うときの設定
1 2 3 4 5 6
3
インテリビームマイクを本機のインテリビームマイク端子に接続する。
• 測定中は大きなテスト音が出力されます。自動設定は、小さなお子様がいないときや、部屋に入ってく
本機の特長
測定する
る可能性がないときに行ってください。聴覚障害などの原因となる場合があります。
• 壁にカーテンやブラインドなどがかかっている部屋では、ビーム設定が正確に行われないことがありま
準備する
す。そのような部屋で測定する場合、以下の手順で設定することをおすすめします。
1 カーテンやブラインドを開ける 2「ビーム調整」をする(31 ページ) 3 カーテンやブラインドを閉める 4「音質調整」をする(31 ページ)
INTELLIBEAM MIC
• エアコンなど動作音を発生する機器がある場合は、電源を切ってください。
INTELLIBEAM MIC
本機とテレビの電源をオンにする。
インテリビームマイク
• サブウーファーを接続している場合は電源をオンにして、音量とクロスオーバーを以下のように設
簡易マイクスタンド
定してください。
クロスオーバー:周波数を最大
VOLUME
CROSSOVER
HIGH CUT
MIN
MIN
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉ⮬ືタᐃ☜ㄆ࣭‽ഛ
ࠉࠉࠉࠉࠉ࣐࢖ࢡࢆ᥋⥆ࡋ࡚ࡃࡔࡉ࠸ࠋ
ࠉࠉࠉࠉࠉ࣐࢖ࢡࢆᮏయࡢṇ㠃࡛㸯㸬㸶P௨ୖ㞳ࡋࠊ
ࠉࠉࠉࠉࠉṇࡋ࠸㧗ࡉ࡟タ⨨ࡋ࡚ࡃࡔࡉ࠸ࠋ
ࠉࠉࠉࠉࠉ ᐃ࡟ࡣ࠾ࡼࡑ㸱ศ࠿࠿ࡾࡲࡍࠋ
ࠉࠉࠉࠉࠉỴᐃࢆᢲࡋࡓࡽ㒊ᒇ࠿ࡽฟ࡚ࡃࡔࡉ࠸ࠋ
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉ㹙Ỵᐃ㹛㸸㛤ጞ
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉ㹙ᡠࡿ㹛㸸୰Ṇ
MAX
テレビの入力を本機からの映像に切り替える(26 ページ)
。
次の 2 つの設定を自動的に調節します。
部屋の形状や大きさなどに応じて、各チャンネルのビーム角度を最適な設
定値に調節します。
音質調整
部屋の音響特性などを測定し、各チャンネルの音色を最適な設定値に調節
します。
付録
ビーム調整
設定する
2
MAX
インテリビームマイクを接続すると、以下の画面になります。
ネットワークを
活用する
音量:約半分
再生する
1
設定メニューから「ビーム調整」と「音質調整」を個別に測定することもできま
す(31 ページ)。
たり、マイクが声や音を拾ってしまったりして、測定が正しくできないことがあります。
f はじめて使うときの設定
安全上のご注意
• 次の手順を実行したあと、部屋から出てください。部屋の中にいると、ビーム経路を遮ってしまっ
29
1 2 3 4 5 6
4
決定キーを押して測定を開始し、10 秒以内に部屋の外
5
に出る。
決定キーを押す。
測定結果を本機に設定し、保存します。
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉ⮬ືタᐃ⤊஢
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉ࣐࢖ࢡࢆእࡋ࡚ࡃࡔࡉ࠸ࠋ
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉ㹙ࢩࢫࢸ࣒࣓࣮ࣔࣜ㹛࣮࢟ࢆᢲࡍ࡜
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉタᐃࡀ࣓࣮ࣔࣜ࡟ಖᏑࡉࢀࡲࡍࠋ
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉ⮬ືタᐃ㛤ጞ
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉ㸯㸮⛊ᚋ࡟ ᐃࢆ㛤ጞࡋࡲࡍࠋ
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉ㒊ᒇ࠿ࡽฟ࡚ࡃࡔࡉ࠸ࠋ
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉ࣮࣮࣮࣮࣮࣮࣮࣮࣮࣮
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉ㹙ᡠࡿ㹛㸸୰Ṇ
システム
メモリー
(約 3 分後)
• システムメモリー 1、2 または 3 キーを押して、複数の測定
結果を保存することもできます。
測定中の項目にしたがっ
て、画面が自動的に切り替
わります。
システムメモリー 1 キーを押したときは、「M1 Saving」と
表示され、設定が保存されます。
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉ ᐃ⤖ᯝ
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉ ᐃࡀ⤊஢ࡋࡲࡋࡓࠋ
ࠉࠉࠉ⎔ቃࢳ࢙ࢵࢡࠉ㸸᏶஢
ࠉࠉࠉࣇࣟࣥࢺࠉࠉࠉ㸸ࣅ࣮࣒
ࠉࠉࠉࢧࣛ࢘ࣥࢻࠉࠉ㸸ࣅ࣮࣒
ࠉࠉࠉࢧࣈ࣮࢘ࣇ࢓࣮㸸᭷⥺
ࠉࠉࠉ
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉ㹙Ỵᐃ㹛㸸タᐃࡍࡿ
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉ㹙ᡠࡿ㹛㸸タᐃࡋ࡞࠸
決定
戻る
( )
測定が終了すると終了音(チャイム音)が出力されます。
• 測定中に環境ノイズを拾った場合は、「自動設定終了」画面
に再設定をおすすめするメッセージが表示されます。決定
キーを押して終了し、もう一度自動設定を行ってください。
• システムメモリー機能については、43 ページをご覧ください。
6
マイクをはずす。
「自動設定終了」画面が消えます。
• 測定開始から終了まで、約 3 分かかります。
インテリビームマイクは熱に弱いため、高温になる場所(AV
• 測定中に「自動設定」を中止するとき、または測定結果を設定しないとき
機器の上など)や直射日光が当たる場所を避けて保管してく
は、戻る(
)キーを押してください。
ださい。
• エラー音(ブザー音)が鳴ったときは、画面のエラーメッセージを確認
し、
「エラーメッセージが表示されたら」(32 ページ)をご覧ください。
INTELLIBEAM MIC
INTELLIBEAM MIC
30
f はじめて使うときの設定
1 2 3 4 5 6
ニューから設定します。
1
インテリビームマイクを視聴位置に置き、設定(
)
キーを押す。
ムマイクを設置する」(28 ページ)をご覧ください。
インテリビームマイクの接続については「測定する」
(29 ペー
ジ)をご覧ください。
6 「測定する」の手順 4、5、6 に従って設定し、マイク
をはずす。
S / T キーで「ビーム」を選び、決定キーを押す。
• 設定メニューから自動設定をした場合は、測定終了後、自動的に設定メ
S / T キーで「インテリビーム」を選び、決定キーを
ニューのメニュー選択画面に戻ります。設定メニューを終了するには、設
定(
再生する
2
3
テリビームマイクを接続する。
)キーを 2 回押します。
押す。
4
S / T キーで次の選択項目の中からいずれかを選び、
決定キーを押す。
ネットワークを
活用する
//
決定
設定( )
準備する
インテリビームマイクの置きかたについては、「インテリビー
5 「自動設定(確認・準備)」画面が表示されたら、イン
本機の特長
❑ 設定メニューから自動設定する場合
「ビーム調整」と「音質調整」を個別に調節するときは、設定メ
選択項目:
購入後、初めて設定する場合に選びます。
測定開始から終了まで約 3 分です。
ビーム調整
ご利用の環境に合わせてビーム角度のみ設
定する場合に選びます。測定開始から終了
まで約 1 分です。
音質調整
設定する
ビーム調整+音質調整
音質、音量バランス、音が聞こえるタイミ
ングを設定する場合に選びます。測定開始
から終了まで約 2 分です。
「音質調整」はビーム角度を設定したあとで
実行してください。カーテンの開閉後、ま
たはビーム角度を「ビーム調整」で調節し
たあとなどに使います。
付録
安全上のご注意
f はじめて使うときの設定
31
1 2 3 4 5 6
❑ エラーメッセージが表示されたら
テレビ画面にエラーメッセージが表示された場合は以下の「エラーメッセージ一覧表」
で原因を確認し、
問題を解決してから、画面の指示にしたがって測定をやり直してください。
エラーメッセージ一覧表
エラーメッセージ
エラー E-1: 環境ノイズが大きすぎます。
原因
雑音が大きすぎて、正確な測定ができません。
対策
エアコンなど動作音を発生する機器の電源を一時的に切るか、そ
れらの機器から離してください。
周囲が静かな時間帯にやり直してください。
エラー E-2: マイクの接続をチェックしてください。再度、実行
してください。
32
インテリビームマイクが取りはずされました。
本機背面のインテリビームマイク端子にインテリビームマイクを
接続し、測定をやり直してください。
エラー E-3: 測定中に操作されました。再度、実行してください。 測定中に音量の調節、消音などの操作が行われました。
測定中は本機を操作しないように注意し、測定をやり直してくだ
さい。
エラー E-4: マイクを本体の正面に設置してください。再度、実
行してください。
インテリビームマイクが本機正面に置かれていません。
インテリビームマイクを本機正面に設置し、測定をやり直してく
ださい。
エラー E-5: マイクを本体から 1.8m 以上離して設置してくださ
い。再度、実行してください。
インテリビームマイクが本機から 1.8m 未満の場所に設置されてい インテリビームマイクを本機から 1.8m 以上離して設置し、測定を
ます。
やり直してください。
エラー E-6: マイクから十分な入力がありません。マイクの接
続・設置位置を確認してください。再度、実行して
ください。
テスト音が取得できません。
インテリビームマイクを正しく設置し、接続を確認してから測定
をやり直してください。
エラー E-7: エラーです。パワーをオフした後、再度、実行して
ください。
本機内部にエラーが発生しました。
電源(z)キーを押して本機をオフにしたあと、再び電源を入れ、
測定し直してください。
エラー E-9:サブウーファーの接続を確認してください。
サブウーファー出力を検知できません。
ワイヤレスサブウーファーキットとサブウーファーの接続を確認
してから(24 ページ)
、測定をやり直してください。
f はじめて使うときの設定
1 2 3 4 5 6
まず、テレビのリモコンで上記の操作を試してください。本機を操作できる場合は、
HDMI コントロール機能とは
そのままお使いください。また、HDMI コントロール機能をオンにするだけで本機能を
HDMI ケーブルで本機とテレビを接続すると、テレビのリモコン操作に連動して、本機
使用できる HDMI 機器もあります。操作できない場合は、HDMI コントロールに関す
る設定をしてください(34 ページ)。
した再生機器(HDMI コントロール対応の BD / DVD レコーダーなど)も操作できま
このほか一部のテレビでは以下の機能を操作できます。
す。
• デジタル放送のジャンル情報に合わせて最適なシネマ DSP 音場プログラム(37 ペー
ジ)を自動的に選択(おまかせサラウンド機能)。
テレビのリモコン操作による連動機能
• デジタル音声多重の切替え
再生する
テレビのリモコン(例)
1. 電源のオン / オフ
• テレビに表示される本機のメニュー操作
テレビと本機の電源が連動します。
2. 入力切換
• HDMI を使ったコントロール機能に対応しているテレビでも、一部機能が操作できないものがあります。
詳しくはテレビに付属の取扱説明書をご覧ください。
例:
• テレビおよびレコーダーなどの機器は、同一メーカーの製品で統一することをおすすめします。
− テレビ番組を見るときは、ARC 機能により HDMI 出力(ARC)
端子に入力された音声、または TV 端子から入力された音声に
切替わります。
• 対応するテレビやレコーダーなどの機器については、下記 WEB サイトをご覧ください。
− 本機の HDMI1 端子に接続している BD/DVD レコーダーを選択
すると、HDMI1 入力に切り替わります。
3. 音声を出力する機器の切り替え
本機(アンプ機器))
4. 音量の調整
5. HDMI 信号パススルー
HDMI 入力信号を HDMI 出力(ARC)端子から出力します。本機の電源がスタンバイのとき
は、HDMI 入力映像と音声はテレビから出力されます。
DSP 音場プログラム(37 ページ)を切り替えます。テレビ放送や、テレビの録画機
能を使って録画した番組を再生するときに有効に動作します。ほかの番組に移行した
り、チャンネルを切り替えたりしたときは、選んだ番組に応じてプログラムが切り替
わります。
• おまかせサラウンド機能を使うには、対応するテレビと本機を HDMI ケーブルで接続
し、HDMI コントロール機能を有効にしてください(76 ページ)。また、テレビの設
定を AV システムと連動するように変更する必要があります。設定はお使いのテレビ
により異なります。詳しくはテレビの取扱説明書をご覧ください。
• 対応するテレビについては下記 WEB サイトをご覧ください。
http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/connect/omakase_surround/
テレビの音声をテレビの HDMI(ARC) 端子から出力させて本機の HDMI 出力(ARC)端子へ入
力できるようになります(21 ページ)。
f はじめて使うときの設定
安全上のご注意
6. ARC 機能
• この機能は、デジタル放送に組み込まれた番組情報のジャンル情報をもとにシネマ
付録
テレビの音声出力が本機(アンプ機器)に設定されている場合は、
本機の音量を調整できます。
❑ おまかせサラウンド機能
設定する
• 本機の電源がオフになっていても、入力の切替えができます。
http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/connect/hdmi_cec/
ネットワークを
活用する
• テレビの入力切替えに連動して本機の入力も切替わります。
(テレビ
準備する
の電源や音量などを操作できます(HDMI コントロール)
。また HDMI ケーブルで接続
本機の特長
テレビのリモコンで本機を操作する(HDMI コントロール機能)
33
HDMI コントロール機能の設定
電源( )
HDMI1
1
2
連動機能が動作しないときは
本機、テレビ、再生機器の電源を入れる。
以下のように設定しているか、ご確認ください。
本機、テレビ、HDMI コントロール対応の再生機器
‒ テレビ側の設定で HDMI コントロール機能が有効になっている
‒「HDMI コントロール」
(76 ページ)
が「オン」に設定されている
(BD / DVD レコーダーなど)の HDMI コントロール機
能を有効にする。
テレビの設定の例
• 設定メニューから「リンク設定」→「HDMI 連動設定」(例)
を選び、
「HDMI 連動機能」などの項目を「連動する(使用す
本機の「HDMI コントロール」が「オン」(初期設定)に設定
る)」に設定してください。
されていることを確認します(76 ページ)。
• テレビの音声出力先の設定を、テレビ以外に設定してくださ
再生機器については、機器に付属の取扱説明書をご覧くださ
い。
い。
3
テレビの主電源を切ってから、本機と再生機器の電源
それでも連動機能が動作しない場合は、
を切る。
‒ 本機およびテレビの電源を一度オフにしてからオンにしてくだ
本機と再生機器の電源を入れてから、テレビの主電源
‒ 本機および HDMI 接続している機器の電源プラグをコンセント
からはずし、30 秒ほど経ってから、接続し直してください。
さい。
4
を入れる。
5
6
‒ 光デジタル、AUX1 または AUX2 を入力したあとで正しく動作
テレビ側の入力設定を本機からの映像に切り替える。
しなくなった場合は、もう一度「HDMI コントロール機能の設
定」の手順 5、6 を行ってください。
本機の入力を HDMI1 ∼ 4 に切り替えて、再生機器の
画像が正しく映るか確認する。
接続方法や接続機器を変更する
再生機器を HDMI 入力 1 端子で接続している場合は、HDMI1
キーを押します。
接続する機器や端子を変更する場合は以下の手順で再設定してく
ださい。
HDMI1
7
入力名
テレビのリモコンを使って電源オフ、音量調節などを
操作して、本機が連動するか確認する。
1
テレビやレコーダーの HDMI コントロール機能をオフ
にしてから、すべての機器の電源をオフにし、接続を
変更する。
2 「HDMI コントロール機能の設定」の手順 1 ∼ 7 を再
度操作する。
34
f はじめて使うときの設定
再生する
本機の特長
電源( )
再生の基本手順
SW(+/−)
電源(z)キーを押して、本機の電源をオンにする。
5
サブウーファーの音量を調節するには、SW(+ / −)
キーを押す。
本機に接続した機器(テレビ、BD / DVD レコーダー、
ゲーム機など)の電源をオンにする。
3
• テレビのスピーカーと本機の両方から音声が出力されてい
る場合は、テレビを消音にしてください。
再生機器の接続に合わせて入力選択キーまたはネット
• HDMI 入力音声をテレビから出力している場合は、リモコン
の音量(+ / −)キーや消音( )キーを押しても音量は
変化しません。
キーを押し、視聴する機器の入力を選ぶ。
消音( )
HDMI 入力 1 端子に接続した BD / DVD レコーダーを再生する
入力名
Bluetooth 機器の再生については 44 ページ、ネットワーク経由
の音声の再生については 59 ∼ 65 ページをご覧ください。
• サブウーファーの音量は全体の音量と独立して設定できます。
• 夜はサブウーファーの音量を小さくするなどしてお楽しみいただくことを
手順 3 で選択した機器を再生する。
おすすめします。
6
3D サラウンド再生、サラウンド再生、ステレオ再生、
設定する
4
ネットワークを
活用する
• 一時的に消音にするには、リモコンの消音( )キーを押
します(前面ディスプレイに「MUTE ON」と表示)
。消音を
解除するには再度消音( )キーを押すか音量(+ / −)
キーを押します(前面ディスプレイに「MUTE OFF」と表
示)。
場合は、HDMI1 キーを押します。
HDMI1
音量を調節するには、音量(+ / −)キーを押す。
再生する
音量(+/−)
1
2
準備する
入力選択
ネット
ターゲット再生などを選び、お好みのサウンドに設定
する(36 ページ)。
付録
使用後は、電源(z)キーを押し、本機の電源をオフにする。
安全上のご注意
再生の基本手順
35
お好みのサウンドを楽しむ
本機にはサウンドをより楽しめる以下のような機能があります。
• 3D サラウンド再生
• サラウンド再生(37 ページ)
• シネマ DSP(37 ページ)
• ステレオ再生(39 ページ)
• ターゲット再生(39 ページ)
3D サラウンドで再生する
水平方向のサラウンド再生で使用する 5 チャンネルの音声ビーム
に加えて、上方に 2 本の音声ビームを出力し(ハイトチャンネ
ル)、天井に反射させることで上方から音を届けます。水平方向だ
けのサラウンド再生に比べて、圧倒的な包囲感と臨場感のある音
場(音による空間の表現)をつくり出します。
• ミュージックエンハンサー(40 ページ)
• クリアボイス(40 ページ)
• 各チャンネルの音量調整(41 ページ)
水平方向のビーム
3Dサラウンド
ハイトチャンネルのビーム
フロントと後方の音声ビームからつくり出される
チャンネル(72 ページ)
1
3D サラウンドキーを押して、3D サラウンド再生に切
り替える。
前面ディスプレイに「3D SUR.」と表示されます。
3D SUR.
• 設定メニューの「チャンネル出力」(72 ページ)を設定することで、再生する音
源やお部屋に合わせてより詳細にビームを設定できます。
36
お好みのサウンドを楽しむ
ハイトチャンネルのビームは使わず、5 チャンネルの音声ビームで
サラウンドの音場空間をつくり出します。
立体的なサラウンド音声を楽しむ
(シネマ DSP 3D / シネマ DSP)
再生する音源やお好みに合わせてシネマ DSP プログラムを選びま
本機の特長
サラウンドで再生する
す。ヤマハ独自の音場創生技術(シネマ DSP 3D / シネマ DSP)を
用いて、映画館やコンサートホールさながらのリアルな音場を簡
3D サラウンド再生時はシネマ DSP 3D、サラウンド再生時はシネ
マ DSP を使用して、音場を再現します。選択可能なプログラムは
準備する
単に再現し、自然で立体的な視聴空間をお楽しみいただけます。
シネマ DSP 3D、シネマ DSP ともに同じです。
シネマ DSP キー(映画、音楽またはエンタテイメン
ト)を繰り返し押してプログラムを選ぶ。
選択したプログラムが前面ディスプレイに表示されます。
再生する
1
水平方向のビーム
• 次の場合はシネマ DSP の機能は無効です。
‒ ステレオ再生(39 ページ)またはターゲット再生(39 ページをしている
‒ マイサラウンド機能を使用している(73 ページ)
シネマDSP
サラウンド
1
サラウンドキーを押して、サラウンド再生に切り替え
• 入力ごとに設定されたプログラムを記憶します。他の入力を選ぶと、自動的に
前回設定されたプログラムになります。
る。
SURROUND
シネマ DSP 3D
通常のシネマ DSP の平面的な音場表現に加えて、高さ方向の情報
も含めた 3 次元の実測音場データを応用し、立体的な音場を再現
設定する
前面ディスプレイに「SURROUND」と表示されます。
ネットワークを
活用する
フロントと後方の音声ビームからつくり出される
チャンネル(72 ページ)
します。
• 設定メニューの「チャンネル出力」(72 ページ)を設定することで、再生する音
付録
源やお部屋に合わせてより詳細にビームを設定できます。
• Dolby Atmos などのハイトチャンネルを含む音声を再生する場合は、3D サラウ
ンドで再生してください。
安全上のご注意
お好みのサウンドを楽しむ
37
シネマ DSP 3D/ シネマ DSP プログラム
エンタテイメント(エンタテイメントキーで切り替え)
映画(映画キーで切り替え)
SFX
音楽および効果音が、SF の映像空間をリアルに
表現します。シリアスでストーリー性の高い
SFX 映画に適しています。
Adventure
(アドベンチャー)
音の立体感が強く、アクションならではの痛快
な臨場感をつくりだします。
Spectacle
(スペクタクル)
ワイドな空間をイメージできる臨場感をつくり
だします。手に汗握るパニックシーンなどビ
ジュアルインパクトの強い作品に適していま
す。
音楽(音楽キーで切り替え)
シネマDSP
Music Video
(ミュージックビデオ)
ロックやジャズなどのライブコンサート会場の
臨場感をつくりだします。映像 / 音場空間がス
クリーン周囲に大きく広がり、熱狂的な雰囲気
を感じることができます。
Concert
(コンサート)
ミュンヘンにある 2500 席程度のコンサート
ホールの 1 階座席にいるような臨場感をつくり
だします。豊麗な響きと落ち着いた雰囲気を感
じることができます。
Jazz Club
(ジャズクラブ)
38
お好みのサウンドを楽しむ
ニューヨークにかつて存在したライブハウス
「ザ・ボトムライン」のステージ正面にいるよ
うな臨場感をつくりだします。左右の幅が広
く、リアルな躍動感を感じることができます。
Sports
(スポーツ)
スポーツ中継のステレオ放送では、解説は中央
に定位し、歓声や場内の雰囲気は周囲に大きく
広がって、スポーツ観戦の醍醐味を味わうこと
ができます。
Variety
(バラエティー)
トークの聞き取りやすさはそのままに、客席の
賑やかさが周りを包み込んで、番組の楽しさが
倍増します。バラエティー番組、トークショー
などをライブ感豊かに楽しめます。
Drama
(ドラマ)
セリフは明瞭さを保ちつつ質感を高め、効果音
や BGM には自然な雰囲気と立体感を与えます。
シリアスなドラマからミュージカルやコメディ
まで、幅広いジャンルの番組に対応します。
Game
(ゲーム)
RPG や、アドベンチャーゲームなどに最適な音
場です。映画用の音場効果などを用いて、プレ
イ中のフィールドの奥行きや立体感を演出し、
ムービーシーンでは映画的なサラウンド効果を
楽しめます。
シネマ DSP を使用しない(切キーを押す)
DSP Off
シネマ DSP を使わずに、3D サラウンドまたは
サラウンドで再生します。
キッチンなど離れた位置からセリフなどを
はっきりと聞き取りたいとき
フロント右、フロント左の 2 チャンネルステレオで再生します。
マルチチャンネル音声信号の場合は、2 チャンネルにダウンミック
本機の特長
2 チャンネルで再生する(ステレオ再生)
スして再生します。
ステレオキーを押して、ステレオ再生に切り替える。
準備する
1
再生しながらビーム角度を調節します。
/
ターゲットキーを押す。
W / X キーで左右のビーム角度を調節する。
X キーを押すたびに右方向の角度が 2 度ずつ大きくなります。
左右 90 度まで調節できます。
左 16 度に調節したとき
特定の位置に音声を届ける
(ターゲット再生)
TARGET L16
音声ビームを 1 チャンネルで出力して、特定の位置にいる視聴者
が最適に視聴できるようにします。
ターゲット再生をオフにする
以下のような場合を参考にしてターゲット再生をお楽しみくださ
3D サラウンドキー、サラウンドキーまたはステレオキーを押しま
い。
す。
設定する
3Dサラウンド
サラウンド
ステレオ
ターゲット
ネットワークを
活用する
W キーを押すたびに左方向の角度が 2 度ずつ大きくなり、
再生する
1
2
夜間など、周囲に音を響かせたくないとき
• 他の方向へ音が広がるのを防止するため、低音域を制限して出力しています。
付録
• ターゲット再生中は、シネマ DSP は無効です。
安全上のご注意
お好みのサウンドを楽しむ
39
MP3 などの圧縮音声を豊かに再生する
(ミュージックエンハンサー)
人の声を明瞭に再生する(クリアボイス)
映画やドラマのセリフ、ニュースやスポーツ中継のアナウンスな
MP3 などの圧縮音声に不足しがちな、低音域と高音域を強調、拡
ど、人の声を聞きやすく再生します。
張し、より豊かな音で再生します。
1
1
クリアボイスキーを押して、クリアボイスをオンにす
エンハンサーキーを押して、ミュージックエンハン
る。
サーをオンにする。
もう一度押すと、オフになります。
もう一度押すと、オフになります。
ダイログリフト
• サンプリング・レートが 48kHz を超えるデジタル音声信号の場合、ミュージッ
クエンハンサーは動作しません。
セリフが聞こえる位置を調整する(ダイア
ログリフト)
• 初期設定では Bluetooth 入力時はオン、それ以外の入力時はオフに設定されてい
ます。
• 入力ごとにオン / オフを記憶します。他の入力を選ぶと、自動的に前回の状態に
なります。
セリフが画面よりも下から聞こえる場合に、セリフの位置を上げ、
テレビ画面の中央から聞こえるように調整します。
1
ダイアログリフトキーを押す。
現在の設定が表示されます。
Dlg.Lift 0
エンハンサー
ダイアログリフトキーを押すたびに、以下のように位置が切
クリアボイス
り替わります。
0(初期設定)→ 1 → 2 → 3 → 0・・・
3
2
1
0
• ダイアログリフト機能は 3D サラウンドまたはサラウンド再生時(マイサラウン
ド再生以外)に設定できます。
40
お好みのサウンドを楽しむ
各チャンネルの音(それぞれの方向からの音)がバランス良く聞こ
えるように、再生しながらチャンネルごとの音量を調整します。
音量バランスの調整例
• セリフが聞き取りにくい場合:C(センター)を選び、レベルを上げます。
音の包囲感が少ない場合:SL ( サラウンド左)、SR(サラウンド右)、HL(ハイ
本機の特長
各チャンネルの音量を調整する
ト左)
、HR(ハイト右)を選び、レベルを上げます。
ください。
1
• サブウーファーの音量は SW(+ / −)キーを使用して調整することもできま
準備する
• テスト音を聴きながら調節する場合は「チャンネルレベル」(74 ページ)をご覧
す。
CH レベルキーを押して、以下から調節したいチャン
ネルを選ぶ。
FR:フロント右
FL
再生する
FL:フロント左
SW(+/−)
FR
C
SW
C:センター
HL
HR
SL:サラウンド左
/
HL:ハイト左
SL
ネットワークを
活用する
SR:サラウンド右
SR
HR:ハイト右
SW:サブウーファー
CHレベル
設定する
• ターゲット再生時は音量を調整できません。
• ステレオ再生(39 ページ)のときは SW(サブウーファー)の音量のみ調
整できます。
• マイサラウンド機能をオン(73 ページ)にしているときは以下のチャンネ
ルの音量を調整できます。
‒ C:センター
‒ SL / SR:サラウンド左右
付録
‒ SW:サブウーファー
2
S / T キーを押して、音量レベルを調節する。
安全上のご注意
調節範囲:− 20 ∼+ 20
お好みのサウンドを楽しむ
41
便利な機能を使う
ECO
二カ国語放送の音声を切り替える
前面ディスプレイに情報を表示する
BS / 地上デジタル放送のモノラル音声多重信号入力時に、再生す
入力名とサラウンドに関する情報、サブウーファーの状態などを
る音声を選択します。
表示します。
1
D 音声多重キーを繰り返し押す。
再生する音声の設定が切り替わります。
選択項目:MAIN、SUB、MAIN + SUB
MAIN(初期設定)
:主音声を出力します。
SUB:副音声を出力します。
MAIN + SUB:主音声と副音声の両方を出力します。
• 副音声が収録されていない場合やステレオ音声多重信号の場合は、音声は切り
替わりません。
表示( )
1
表示(
)キーを押す。
表示( )キーを押すたびに、以下のように切り替わります。
表示される情報は入力によって異なります。
Input: 入力名(Bluetooth 入力時は、接続した機器名
または「BLUETOOTH」と表示)
▼
Beam:再生モード
▼
Decoder:動作しているデコーダー(75 ページ)
▼
Cinema DSP:シネマ DSP プログラム(37 ページ)
▼
エコ機能で節電する
SW Status:サブウーファーの状態
▼
エコ機能を使うと、本機の消費電力を低減できます。
D音声多重
オンにすると、前面ディスプレイの明るさが最小になり、最大音量が小
さくなります。
1
• 再生モード表示(Beam)
ECO キーを押す。
‒ 3D SUR.:3D サラウンド再生時(36 ページ)
以下のように表示したあと、前面ディスプレイが消灯します。
‒ SURROUND:サラウンド再生時(37 ページ)
‒ MY SUR.:マイサラウンド機能で再生時(73 ページ)
ECO ON
‒ STEREO:ステレオ再生時(39 ページ)
‒ TARGET:ターゲット再生時(39 ページ)
STATUS インジケーターの明るさは最小になります。
• サブウーファーの状態表示(SW Status)
エコ機能をオフにする
‒ Wireless:ワイヤレスサブウーファーキットと接続されている(24 ページ)
ECO キーを押します。
‒ None:サブウーファーなし
「ECO OFF」が前面ディスプレイに表示されます。
‒ Wired:設定メニューの「サブウーファー」の「出力」が「有線」になってい
るとき(73 ページ)
• 大きな音量で再生する場合は、
「エコ機能」を「オフ」にしてください。
• エコ機能をオンにすると、設定メニューの「ディマー」(77 ページ)と拡張メ
ニューの「MAX VOLUME」(85 ページ)は設定できません。
42
便利な機能を使う
3 種類の異なる設定を本機に保存し、使い分けることができます。
• サラウンド機能:シネマ DSP 3D/ シネマ DSP(37 ページ)
以下の例を参考にして測定結果やサラウンドの設定などをシステ
• トーンコントロール(84 ページ)
ムメモリーに保存し、状況に合わせて活用してください。
• サブウーファーの設定(73 ページ)
システム
メモリー
じた状態で測定し、システムメモリー 1 と 2 にそれぞれ保存して
システムメモリーに保存する
1
システムメモリー 1、2 または 3 キーを「M1 Save?」
準備する
例 1 異なる環境でのインテリビーム測定結果を保存する
音声ビームの経路上にカーテンなどの吸音物がある場合には、
ビームの効果が減少します。そこで、カーテンを開けた状態と閉
本機の特長
システムメモリーに本機の設定を保存する
と表示されるまで押す。
使い分けます。
システムメモリー 1: サラウンド設定
2
システムメモリー 2: ターゲット再生の角度をキッチンに向けた
手順 1 で押したシステムメモリーキーを押す。
システムメモリー 1 キーを押したときは、「M1 Saving」と表
設定
示され、設定が保存されます。
設定
• 選択したメモリー番号に保存されている設定は、新しい設定に上書きされ
例 3 視聴者ごとの好みに合わせた設定を保存する
ます。
• 拡張メニュー(85 ページ)の「MEMORY PROTECT」が「ON」になってい
システムメモリー 1: お父さん用
る場合は、システムメモリーを設定することができません。
システムメモリー 2: お母さん用
保存したメモリーを呼び出す
1
キーを押す。
インテリビームの測定結果を保存する方法については 30 ページ
をご覧ください。
システムメモリー 1 キーを押したときは、「M1 Load?」と表
(設定メニュー(66 ページ)で「水平角度」
、「垂直角度」
、「ビー
ネルレベル」を行った場合は、調整値がインテリビームの自動調
整結果に上書きされます。)
2
手順 1 で押したシステムメモリーキーを押す。
システムメモリー 1 キーを押したときは、「M1 Loading」と
安全上のご注意
• 3D サラウンド再生(36 ページ)
、サラウンド再生(37 ページ)、
示されます。
付録
ム経路長」
、「焦点距離」
、「Lch / Rch 位置調整」
、および「チャン
設定を保存したシステムメモリー 1、2、または 3
設定する
システムメモリー 3: パーティー用
• インテリビームの測定結果(29 ページ)
ネットワークを
活用する
システムメモリー 3: ターゲット再生の角度をリビングに向けた
システムメモリーに保存できる設定:
再生する
押したキーに応じて、M1、M2、または M3 と表示されます。
例 2 使用頻度の高い設定を保存する
表示され、メモリーが呼び出されます。
ステレオ再生(39 ページ)
、またはターゲット再生(39 ページ)
(3D サラウンド / サラウンド再生では、
「チャンネル出力」(72
ページ)を含めて保存します。
)
便利な機能を使う
43
Bluetooth を使ってワイヤレス再生する
本機は、Bluetooth 機器の音声を再生する受信機としての使い方と、本機の音声を
Bluetooth 機器側で聴く送信機としての使い方ができます。
• モバイル端末などからの本機への受信と、本機からスピーカーなどへの送信は同時にできません。
ご使用の際には、Bluetooth 機器の取扱説明書もご覧ください。
• Bluetooth 機能を使うには、設定メニューの「Bluetooth」が「オン」(初期設定)になっていることが必
要です(82 ページ)。
❑ Bluetooth 機器から音声を受信する
Bluetooth に対応したモバイル端末やデジタル音楽プレーヤーなどの Bluetooth 機器の音
声をワイヤレスで再生できます。
•「0000」以外のパスキーが設定されている Bluetooth 機器は接続できません。
• 本機は送信 / 受信を合わせて最大 20 台の Bluetooth 機器と接続できます。21 台目の Bluetooth 機器との接
続が成功すると、接続した日時がもっとも古い機器の接続情報が削除されます。
• 本機と Bluetooth 機器の距離が 10m の範囲内で接続してください。
• 接続できない場合は、「故障かな?と思ったら」の「Bluetooth 」(94 ページ)をご覧ください。
• 必要に応じて、Bluetooth 機器側の音量を調整してください。
本機
Bluetooth 機器
(モバイル端末など)
❑ Bluetooth 機器へ音声を送信する
Bluetooth 対応のワイヤレスヘッドホンなどで音声を聴くことができます。
本機
Bluetooth スピーカー / ヘッドホン
44
Bluetooth を使ってワイヤレス再生する
1
リモコンの
接続中は本機前面の
キーを押す。
インジケーターが点滅し、接続が完了
すると点灯します。
本機の特長
Bluetooth 機器の音楽を聴く(受信)
入力が Bluetooth になり、前面ディスプレイに「BLUETOOTH」
と表示されます。
点滅
接続処理中
点灯
接続完了
準備する
BLUETOOTH
前面ディスプレイには「Connect」と表示されます。
• 他の Bluetooth 機器を接続したことがある場合、 キーを押すと前回接続し
Bluetooth 機器側には
• 入力が Bluetooth にならないときは、設定メニューの「音声送信」が「オ
フ」に設定されているか確認してください(82 ページ)。
2
、または接続完了メッセージが表示さ
れます。
4
Bluetooth 機器側で曲を再生する。
Bluetooth 機器側の Bluetooth 機能をオンにする。
ネットワークを
活用する
Bluetooth 機器により操作は異なります。お使いの機器の取扱
説明書をご確認ください。
3
再生する
た機器と接続されます。いったん切断してから、接続を行ってください。
Bluetooth 機器側で Bluetooth 機器のリストが表示され
たら、「YSP-5600」を選ぶ。
パスキー(PIN)の入力を要求されたら、数字の「0000」
• 設定メニューの「ネットワークスタンバイ」を「オン」にすると、Bluetooth 機
PIN 0 0 0 0
YSP-5600
1
4
7
2
5
8
0
器の操作により、本機の電源が連動します(81 ページ)。
設定する
• お使いの機器によっては、音声の出力先として本機を設定する必要があります。
を入力します。
3
6
9
付録
安全上のご注意
Bluetooth を使ってワイヤレス再生する
45
Bluetooth 接続を切断する
Bluetooth 接続中に以下のいずれかの操作を行うと、Bluetooth 接続
が切断されます。
切断されると本機前面の
インジケーターが消灯します。
• Bluetooth 機器側で Bluetooth 機能をオフにする。
• リモコンの
キーを 3 秒以上押す。
• 本機の電源をオフにする。
• 接続が切断されると、前面ディスプレイに「Disconnect」と表示されます。
46
Bluetooth を使ってワイヤレス再生する
接続中は本機前面の
• AirPlay の音声を Bluetooth 機器で聴くことはできません。
Bluetooth 機器の電源をオンにする。
入力選択キー(
を除く)で音声ソースを選ぶ。
点滅
接続処理中
点灯
接続完了
準備する
入力選択
1
2
インジケーターが点滅し、接続が完了
すると点灯します。
本機の特長
Bluetooth スピーカーやヘッドホンで楽しむ(送信)
テレビ画面には「完了しました」と表示されます。
• 他の Bluetooth 機器を接続したことがある場合、音声ソースを選ぶと前回
さい。
3
設定(
)キーを 2 回押す。
テレビ画面に「設定メニュー」が表示されます。
• 接続する機器を検知できなかった場合は、手順 8 の画面で「Not found」と表示
されます。
• 機器の名称を表示できない場合は、機器の名称の代わりに「No Device Name」
S / T キーで「Bluetooth」を選び、決定キーを押す。
が手順 8 の画面に表示されます。
• 本機からも再生音が出ます。
S / T キーで「音声送信」を選び、決定キーを押す。
S / T キーで「オン」を選び、決定キーを押す。
Bluetooth 接続を切断する
Bluetooth 接続中に以下のいずれかの操作を行うと、Bluetooth 接続
S / T キーで「機器検索」を選び、決定キーを押す。
が切断されます。
切断されると本機前面の
S / T キーで Bluetooth 機器を選び、決定キーを押す。
インジケーターが消灯します。
設定する
4
5
6
7
8
音声ソースを再生して Bluetooth 機器で聴く。
ネットワークを
活用する
/
決定
設定( )
9
再生する
接続した機器と接続されます。いったん切断してから、接続を行ってくだ
• Bluetooth 機器側で Bluetooth 接続を切断する、または電源をオ
フにする。
ᶵჾ᳨⣴
• 設定メニューの「音声送信」を「オフ」にする。
• 本機の電源をオフにする。
安全上のご注意
㹙Ỵᐃ㹛㸸☜ᐃ
㹙ᡠࡿ㹛㸸୰Ṇ
付録
‫ڸ‬
㸿㹀㹁㹂㹃ࠉ㸯
㹄㹅㹆㹇㹈ࠉ㸰
㹟㹠㹡㹢㹣ࠉ㸱
㹤㹥㹦㹧㹨ࠉ㸲
‫ۂ‬
Bluetooth を使ってワイヤレス再生する
47
ネットワークを活用する
ネットワーク機能について
本機をネットワークに接続すると、インターネットラジオや AirPlay、パソコン(サー
バー)に保存されている音楽ファイルを本機で再生できます。
再生の種類によっては、モバイル端末専用アプリ「MusicCast CONTROLLER」が必要に
なります。
•「MusicCast CONTROLLER」については弊社ウェブページをご覧ください。
• ネットワーク経由で音楽を再生すると、入力が自動的に切り替わります。ネットワーク上の他の音声
ソースに切り替えるには、ネットキーを使います。ネットキーを押すたびに、以下のように入力が切り
MusicCast CONTROLLER アプリが必要な再生は
で示しています。
替わります。
X SERVER X NET RADIO X AirPlay X radiko X MusicCast Link
• パソコン、モバイル端末などの音楽ファイルを再生する
パソコン、DLNA 対応機器
AirPlay
モバイル端末
59 ページ
63 ページ
65 ページ
• インターネットラジオや音楽ストリーミングサービスを受信する
インターネットラジオ
60 ページ
radiko.jp
62 ページ
ラジオ局や放送局を登録すると、本機で選局できるようになります。
•
家庭内のネットワークに接続された他の MusicCast 対応機器と音声
ソースを送信 / 受信する
詳細は、付属の「MusicCast セットアップガイド」をご覧ください。
48
ネットワーク機能について
本機の特長
ネットワークに接続する
ご利用のネットワーク環境に合わせて、有線ネットワークまたは無線ネットワーク接続を選びます。
• セキュリティソフトや、ネットワーク機器の設定(ファイアウォールなど)により、本機がパソコンや
• DHCP サーバー対応のルーターをお使いの場合は、本機でネットワーク設定を行う必要はありません。
ネットワーク情報(IP アドレスなど)が自動で割り当てられます。ルーターが DHCP サーバー非対応の
ワーク機器の設定を変更してください。
場合や、ネットワーク情報を手動で割り当てる場合は、ネットワークの設定(80 ページ)が必要になり
• ルーターの MAC アドレスフィルターが有効になっている場合は接続できません。ルーターの設定を確認
してください。
ます。
準備する
インターネットラジオにアクセスできないことがあります。その場合はセキュリティソフトやネット
• 設定メニューの「ネットワーク情報」(79 ページ)で、ネットワーク情報(IP アドレスなど)が正しく
取得されていることを確認できます。
• サブネットを手動で設定する際は、すべて本機と同じサブネットに設定してください。
はい
ルーターは無線接続に対応している?
有線ネットワークをご使用ください。
50 ページ
はい
うまく設定できなかった場合は …
いいえ、またはわからない
お使いのモバイル端末は
iOS 7.x.x 搭載の機器?
はい
無線ネットワーク(iOS デバイスの設定を共有)
iOS デバイス(iPhone など)のネットワーク設定を適用します(51 ページ)
。
いいえ、またはわからない
うまく設定できなかった場合は …
はい
無線ネットワーク(WPS ボタンを使用)
うまく設定できな
かった場合は …
無線 LAN ルーターの WPS ボタンを使って設定します(52 ページ)。
いいえ、またはわからない
無線 LAN ルーターは
PIN コード入力に
対応している?
はい
無線ネットワーク(PIN コードを使用)
無線 LAN ルーターに PIN コードを入力して設定します(56 ページ)。
付録
うまく設定できなかった場合は …
いいえ、またはわからない
設定する
無線 LAN ルーターに
「WPS ボタン」がある?
無線ネットワーク(MusicCast CONTROLLER を使用)
付属の「MusicCast セットアップガイド」をご覧ください。
ネットワークを
活用する
いいえ、または有線で接続したい
モバイル端末で
MusicCast CONTROLLER
アプリを利用する?
再生する
• インターネットサービスは、ブロードバンド回線の使用をおすすめします。
無線ネットワーク(アクセスポイント検索)
検索したアクセスポイントから、接続先を選びます(52 ページ)。
安全上のご注意
接続できない、またはアクセスポイントが表示されない
うまく設定できなかった場合は …
無線ネットワーク(マニュアル設定)
SSID などの情報を手動で入力して、設定します(54 ページ)。
ネットワークに接続する
49
有線ネットワークの接続
無線ネットワークの接続
有線ネットワークを利用するには、市販の STP ネットワークケーブル(CAT-5 以上の
本機を無線 LAN ルーター(アクセスポイント)に接続します。
ストレートケーブル)を使って、本機をルーターに接続します。
インターネット
ネットワーク接続
ストレージ(NAS)
インターネット
無線 LAN ルーター(アクセスポイント)
WAN
モデム
LAN
モデム
パソコン
ルーター
ネットワーク
ケーブル
本機
モバイル端末
無線ネットワークに接続すると、前面の
モバイル端末
インジケーターが点灯します。
入力1
(HDCP2.2)
入力2
ネットワーク
入力3
入力4
HDMI
点灯(緑)
出力
(ARC)
ネットワーク
アップデート専用
システム サブウーファー
出力
接続
右
左
AUX2
TV
光デジタル
IR-IN
IR-OUT
RS-232C
AUX1
本機(背面)
• 有線ネットワーク接続やワイヤレスダイレクト(57 ページ)と同時に使用することはできません。
• 本機と無線 LAN ルーター(アクセスポイント)が離れていると接続できない場合があります。そのよう
• すでに無線ネットワークに接続している場合、有線ネットワーク接続に変更するには、設定メニューの
な場合は本機と無線 LAN ルーター(アクセスポイント)を近づけて設置してください。
「ネットワーク接続」を「有線」に変更してください(79 ページ)。
• 無線 LAN ルーター(アクセスポイント)を使わない場合は、モバイル端末と本機を直接接続すると(ワ
イヤレスダイレクト)、モバイル端末にインストールした HOME THEATER CONTROLLER (WLAN) アプリ
を使って本機を操作できます(57 ページ)。
50
ネットワークに接続する
電源( )
お手持ちの iOS デバイス(iPhone など)のネットワーク設定を本
7
S / T キーで「Wi-Fi 設定を共有(iOS デバイス)」を
選び、決定キーを押す。
機に適用して、簡単に接続することができます。
本機の特長
iOS デバイスの設定を共有する
↓⥺㸦㹕㹧㸫㹄㹧㸧
設定を始める前に、お使いの iOS デバイスが無線 LAN ルーター
(アクセスポイント)に接続されていることを確認してください。
• iOS 7.1 以降を搭載した iOS デバイスが必要です。
㹙Ỵᐃ㹛㸸☜ᐃ
㹙ᡠࡿ㹛㸸୰Ṇ
• 無線 LAN ルーター(アクセスポイント)の暗号化方式に WEP が使用されている
準備する
タᐃ᪉ἲࢆ㑅ᢥࡋ࡚ࡃࡔࡉ࠸ࠋ
࣭㹕㹎㹑࣎ࢱࣥ
࣭㹕㹧㸫㹄㹧タᐃࢆඹ᭷㸦㹧㹍㹑ࢹࣂ࢖ࢫ㸧
࣭࢔ࢡࢭࢫ࣏࢖ࣥࢺ᳨⣴
࣭࣐ࢽࣗ࢔ࣝタᐃ
࣭㹎㹇㹌ࢥ࣮ࢻ
場合は、iOS デバイスを使った接続ができません。
「無線 LAN ルーター(アクセ
スポイント)を検索する」(52 ページ)で接続してください。
8
以下の画面が表示されたら、決定キーを押す。
㹕㹧㸫㹄㹧タᐃࢆඹ᭷㸦㹧㹍㹑ࢹࣂ࢖ࢫ㸧
テレビの電源を入れ、テレビ側の入力を本機(HDMI OUT
端子)からの映像に切り替える(26 ページ)。
3
設定(
)キーを 2 回押す。
㹙Ỵᐃ㹛㸸㛤ጞ
㹙ᡠࡿ㹛㸸୰Ṇ
テレビ画面に「設定メニュー」が表示されます。
S / T キーで「ネットワーク」を選び、決定キーを押す。
戻る(
S / T キーで「ネットワーク接続」を選び、決定キーを押
す。
6
• 画面には初期化する内容が表示されています。初期化したくない場合は、
S / T キーで「無線(Wi-Fi)
」を選び、決定キーを押す。
9
)キーを押して接続を中止してください。
以下の画面が表示されたら、決定キーを押す。
設定する
4
5
ネットワークを
活用する
ඹ᭷ࢆ㛤ጞࡍࡿ࡜ࠊ௨ୗࡢタᐃෆᐜࡀึᮇ໬ࡉࢀࡲࡍࠋ
ࠉࠉ࣭ࢿࢵࢺ࣮࣡ࢡタᐃ
ࠉࠉ࣭ࢿࢵࢺࣛࢪ࣮࢜࢟Ⓩ㘓
ࠉࠉ࣭ྛ✀࣑࣮ࣗࢪࢵࢡࢧ࣮ࣅࢫࡢ࢔࢝࢘ࣥࢺ᝟ሗ
ࠉࠉ࣭㹀㹪㹳㹣㹲㹭㹭㹲㹦タᐃ
再生する
/
決定
設定( )
戻る
( )
1
2
電源(z)キーを押して、本機の電源をオンにする。
㹕㹧㸫㹄㹧タᐃࢆඹ᭷㸦㹧㹍㹑ࢹࣂ࢖ࢫ㸧
㹧㹍㹑ࢹࣂ࢖ࢫࡀ㹕㹧㸫㹄㹧࡟᥋⥆ࡉࢀ࡚࠸ࡿ≧ែ࡛ࠊ
㹧㹍㹑ࢹࣂ࢖ࢫࡢ㹕㹧㸫㹄㹧タᐃ⏬㠃ࢆ㛤࠸࡚ࡃࡔࡉ࠸ࠋ
ࢿࢵࢺ࣮࣡ࢡ᥋⥆
付録
᭷⥺
↓⥺㸦㹕㹧㸫㹄㹧㸧
↓⥺㸦ᦠᖏ➃ᮎࢆ┤᥋᥋⥆㸧
㹙Ỵᐃ㹛㸸☜ᐃ
㹙ᡠࡿ㹛㸸୰Ṇ
スピーカーを設定...」から本機を選ぶ。
以降は、iOS デバイスの画面の指示にしたがって操作します。
ネットワークに接続する
安全上のご注意
10 iOS デバイスの Wi-Fi 設定画面を開き、「新しい AIRPLAY
51
無線 LAN ルーターの WPS ボタンを使って設
定する
電源( )
無線 LAN ルーター(アクセスポイント)の WPS ボタンを押すだけ
• 設定メニューで「無線(Wi-Fi)」の「WPS ボタン」を選ぶと、画面の案内に従っ
て設定できます。
で、簡単に接続することができます。
1
2
↓⥺㸦㹕㹧㸫㹄㹧㸧
タᐃ᪉ἲࢆ㑅ᢥࡋ࡚ࡃࡔࡉ࠸ࠋ
࣭㹕㹎㹑࣎ࢱࣥ
࣭㹕㹧㸫㹄㹧タᐃࢆඹ᭷㸦㹧㹍㹑ࢹࣂ࢖ࢫ㸧
࣭࢔ࢡࢭࢫ࣏࢖ࣥࢺ᳨⣴
࣭࣐ࢽࣗ࢔ࣝタᐃ
࣭㹎㹇㹌ࢥ࣮ࢻ
電源(z)キーを押して、本機の電源をオンにする。
リモコンの WPS キーを 3 秒以上押し続ける。
㹙Ỵᐃ㹛㸸☜ᐃ
㹙ᡠࡿ㹛㸸୰Ṇ
前面ディスプレイに「Press WPS button on Access Point」と
表示されます。
WPS とは
• 中止する場合は、WPS キー以外のキーを押します。
/
決定
設定( )
3
無線 LAN ルーター(アクセスポイント)の WPS ボタ
WPS(Wi-Fi Protected Setup)とは、Wi-Fi Alliance によって策
定された規格です。WPS により、無線ネットワークを簡単に設
定できます。
ンを押す。
接続が完了すると、前面ディスプレイに「Completed」と表
無線 LAN ルーター(アクセスポイント)を検
索する
示されます。
「NotConnect」と表示された場合は、手順 1 からやり直すか、
以下を参考にして別の接続方法をお試しください。
近くの無線 LAN ルーター(アクセスポイント)を検索して接続し
ます。
WPS
• 無線 LAN ルーター(アクセスポイント)の暗号化方式に WEP が使用されている
場合、または MAC アドレスフィルターが有効になっている場合は、WPS ボタン
を使った接続ができません。「無線 LAN ルーター(アクセスポイント)を検索す
る」で接続してください。
1
2
線接続を設定する」(54 ページ)で接続してください。
テレビの電源を入れ、テレビ側の入力を本機(HDMI OUT
端子)からの映像に切り替える(26 ページ)。
• 無線 LAN ルーター(アクセスポイント)の ESS-ID ステルス機能(SSID の隠蔽)
が有効になっている場合は、WPS ボタンを使った接続ができません。「手動で無
電源(z)キーを押して、本機の電源をオンにする。
3
設定(
)キーを 2 回押す。
テレビ画面に「設定メニュー」が表示されます。
4
5
S / T キーで「ネットワーク」を選び、決定キーを押す。
S / T キーで「ネットワーク接続」を選び、決定キー
を押す。
52
ネットワークに接続する
S / T キーで「無線(Wi-Fi)
」を選び、決定キーを押す。
10 W / X / S / T キーと決定キーでセキュリティーキーを
入力する。
ࢿࢵࢺ࣮࣡ࢡ᥋⥆
▲
7
S / T キーで「アクセスポイント検索」を選び、決定
キーを押す。
タᐃ᪉ἲࢆ㑅ᢥࡋ࡚ࡃࡔࡉ࠸ࠋ
࣭㹕㹎㹑࣎ࢱࣥ
࣭㹕㹧㸫㹄㹧タᐃࢆඹ᭷㸦㹧㹍㹑ࢹࣂ࢖ࢫ㸧
࣭࢔ࢡࢭࢫ࣏࢖ࣥࢺ᳨⣴
࣭࣐ࢽࣗ࢔ࣝタᐃ
࣭㹎㹇㹌ࢥ࣮ࢻ
㹙Ỵᐃ㹛㸸☜ᐃ
㹙ᡠࡿ㹛㸸୰Ṇ
利用できるアクセスポイントの一覧が表示されます。
8
S / T キーで接続したいアクセスポイントを選び、決
入力が終わったら「OK」を選び、決定キーを押します。手順 8
の画面に戻ります。
11 S / T キーで「接続開始」を選び、決定キーを押して、
接続を開始する。
無線接続の設定画面が表示されます。
接続が完了すると、テレビ画面に「完了しました」と表示され
ます。
࢔ࢡࢭࢫ࣏࢖ࣥࢺ᳨⣴
‫ڸ‬
㹑㹑㹇㹂ࠉࠉࠉࠉࠉ㸸ࠉ㸿㹡㹡㹣㹱㹱ࠉ㹎㹭㹧㹬㹲ࠉ㸯
ࢭ࢟ࣗࣜࢸ࢕࣮ࠉࠉ㸸ࠉ㹕㹎㸿㸰㸫㹎㹑㹉㸦㸿㹃㹑㸧
ࢭ࢟ࣗࣜࢸ࢕࣮࣮࢟㸸
᥋⥆㛤ጞ
‫ۂ‬
して手順 6 からやり直すか、以下を参考にして別の接続方法を
お試しください。
• 無線 LAN ルーター(アクセスポイント)の ESS-ID ステルス機能(SSID の
隠蔽)が有効になっている場合は、
「アクセスポイント検索」を使った接続
9
決定キーを押す。
付録
㹙Ỵᐃ㹛㸸☜ᐃ
㹙ᡠࡿ㹛㸸୰Ṇ
「接続できませんでした」と表示された場合は、決定キーを押
設定する
定キーを押す。
ネットワークを
活用する
///
決定
設定( )
[ ← ]/[ → ]:カーソルを左右に移動させる。
[Space]:スペースを入力する。
[BKSP]:カーソル左の文字を削除する。
[DELETE]:カーソル上の文字を削除する。
[CLEAR]:入力した文字をすべて削除する。
[CANCEL]:入力を取り消してひとつ前の画面に戻る。
再生する
↓⥺㸦㹕㹧㸫㹄㹧㸧
準備する
㸨㸨㸨㸨㸨㹝
( ) [ ] { } < > * ! ? # % &
. , : ; _ | / \ $ ~ ̂ `
㸮ࠉ㸯ࠉ㸰ࠉ㸱ࠉ㸲ࠉ㸳ࠉ㸴ࠉ㸵ࠉ㸶ࠉ㸷ࠉ㸾ࠉ㸩ࠉ㸫ࠉ㸻
㸿ࠉ㹀ࠉ㹁ࠉ㹂ࠉ㹃ࠉ㹄ࠉ㹅ࠉ㹆ࠉ㹇ࠉ㹈ࠉ㹉ࠉ㹊ࠉ㹋
㹌ࠉ㹍ࠉ㹎ࠉ㹏ࠉ㹐ࠉ㹑ࠉ㹒ࠉ㹓ࠉ㹔ࠉ㹕ࠉ㹖ࠉ㹗ࠉ㹘
㹟ࠉ㹠ࠉ㹡ࠉ㹢ࠉ㹣ࠉ㹤ࠉ㹥ࠉ㹦ࠉ㹧ࠉ㹨ࠉ㹩ࠉ㹪ࠉ㹫ࠉЋ
㹬ࠉ㹭ࠉ㹮ࠉ㹯ࠉ㹰ࠉ㹱ࠉ㹲ࠉ㹳ࠉ㹴ࠉ㹵ࠉ㹶ࠉ㹷ࠉ㹸ࠉЍ
㹑㹮㹟㹡㹣ࠉࠉࠉ㹀㹉㹑㹎ࠉࠉ㹂㹃㹊㹃㹒㹃ࠉࠉ㹁㹊㹃㸿㹐
㹍㹉
㹁㸿㹌㹁㹃㹊ࠉࠉࠉࠉࠉ
᭷⥺
↓⥺㸦㹕㹧㸫㹄㹧㸧
↓⥺㸦ᦠᖏ➃ᮎࢆ┤᥋᥋⥆㸧
本機の特長
6
ができません。
「手動で無線接続を設定する」(54 ページ)で接続してくだ
さい。
)キーを押す。
ネットワークに接続する
安全上のご注意
12 設定メニューを終了するには、設定(
53
手動で無線接続を設定する
電源( )
SSID(ネットワーク名)や暗号化方式、セキュリティーキーを手動
8
で設定します。
1
2
S / T キーで「SSID」を選ぶ。
࣐ࢽࣗ࢔ࣝタᐃ
‫ڸ‬
㹑㹑㹇㹂ࠉࠉࠉࠉ㸸
電源(z)キーを押して、本機の電源をオンにする。
ࢭ࢟ࣗࣜࢸ࢕࣮ࠉࠉ㸸ࠉ࡞ࡋ
ࢭ࢟ࣗࣜࢸ࢕࣮࣮࢟㸸
᥋⥆㛤ጞ
‫ۂ‬
テレビの電源を入れ、テレビ側の入力を本機(HDMI OUT
㹙Ỵᐃ㹛㸸☜ᐃ
㹙ᡠࡿ㹛㸸୰Ṇ
端子)からの映像に切り替える(26 ページ)。
3
設定(
)キーを 2 回押す。
テレビ画面に「設定メニュー」が表示されます。
S / T キーで「ネットワーク」を選び、決定キーを押す。
S / T キーで「ネットワーク接続」を選び、決定キーを押
す。
W / X / S / T キーと決定キーで無線 LAN ルーター(ア
クセスポイント)の SSID を入力する。
㹟㹠㹡㹝
( ) [ ] { } < > * ! ? # % &
. , : ; _ | / \ $ ~ ̂ `
㸮ࠉ㸯ࠉ㸰ࠉ㸱ࠉ㸲ࠉ㸳ࠉ㸴ࠉ㸵ࠉ㸶ࠉ㸷ࠉ㸾ࠉ㸩ࠉ㸫ࠉ㸻
㸿ࠉ㹀ࠉ㹁ࠉ㹂ࠉ㹃ࠉ㹄ࠉ㹅ࠉ㹆ࠉ㹇ࠉ㹈ࠉ㹉ࠉ㹊ࠉ㹋
㹌ࠉ㹍ࠉ㹎ࠉ㹏ࠉ㹐ࠉ㹑ࠉ㹒ࠉ㹓ࠉ㹔ࠉ㹕ࠉ㹖ࠉ㹗ࠉ㹘
㹟ࠉ㹠ࠉ㹡ࠉ㹢ࠉ㹣ࠉ㹤ࠉ㹥ࠉ㹦ࠉ㹧ࠉ㹨ࠉ㹩ࠉ㹪ࠉ㹫ࠉЋ
㹬ࠉ㹭ࠉ㹮ࠉ㹯ࠉ㹰ࠉ㹱ࠉ㹲ࠉ㹳ࠉ㹴ࠉ㹵ࠉ㹶ࠉ㹷ࠉ㹸ࠉЍ
㹑㹮㹟㹡㹣ࠉࠉࠉ㹀㹉㹑㹎ࠉࠉ㹂㹃㹊㹃㹒㹃ࠉࠉ㹁㹊㹃㸿㹐
㹍㹉
㹁㸿㹌㹁㹃㹊ࠉࠉ
▲
///
決定
設定( )
4
5
9
6
S / T キーで「無線(Wi-Fi)
」を選び、決定キーを押す。
ࢿࢵࢺ࣮࣡ࢡ᥋⥆
᭷⥺
↓⥺㸦㹕㹧㸫㹄㹧㸧
↓⥺㸦ᦠᖏ➃ᮎࢆ┤᥋᥋⥆㸧
7
S / T キーで「マニュアル設定」を選び、決定キーを
押す。
[ ← ]/[ → ]:カーソルを左右に移動させる。
[Space]:スペースを入力する。
[BKSP]:カーソル左の文字を削除する。
[DELETE]:カーソル上の文字を削除する。
[CLEAR]:入力した文字をすべて削除する。
[CANCEL]:入力を取り消してひとつ前の画面に戻る。
入力が終わったら「OK」を選び、決定キーを押します。手順 8
の画面に戻ります。
↓⥺㸦㹕㹧㸫㹄㹧㸧
タᐃ᪉ἲࢆ㑅ᢥࡋ࡚ࡃࡔࡉ࠸ࠋ
࣭㹕㹎㹑࣎ࢱࣥ
࣭㹕㹧㸫㹄㹧タᐃࢆඹ᭷㸦㹧㹍㹑ࢹࣂ࢖ࢫ㸧
࣭࢔ࢡࢭࢫ࣏࢖ࣥࢺ᳨⣴
࣭࣐ࢽࣗ࢔ࣝタᐃ
࣭㹎㹇㹌ࢥ࣮ࢻ
10 S / T キーで「セキュリティー」を選び、W / X キーで
暗号化方式を選ぶ。
選択項目
なし、WEP、WPA2-PSK(AES)、Mixed Mode
㹙Ỵᐃ㹛㸸☜ᐃ
㹙ᡠࡿ㹛㸸୰Ṇ
•「なし」を選ぶと通信が暗号化されないため、第三者に無断で本機に接続さ
れる危険性があります。
54
ネットワークに接続する
を押す。
13 S / T キーで「接続開始」を選び、決定キーを押して、
接続を開始する。
• 手順 10 で「なし」を選んだ場合は、セキュリティーキーは設定できません。
接続が完了すると、テレビ画面に「完了しました」と表示され
ます。
12 W / X / S / T キーと決定キーでセキュリティーキーを
入力する。
手順 10 で「WEP」を選んだ場合は、5 文字または 13 文字の文
して手順 6 からやり直してください。
14 設定メニューを終了するには、設定(
)キーを押す。
準備する
「接続できませんでした」と表示された場合は、決定キーを押
本機の特長
11 S / T キーで「セキュリティーキー」を選び、決定キー
字列、または 10 桁または 26 桁の 16 進数を入力してください。
再生する
「WEP」以外を選んだ場合は、8 文字から 63 文字までの文字列、
または 64 桁の 16 進数を入力してください。
• 16 進数は、0 ∼ 9 の数字および a ∼ f までのアルファベットを使います。ア
ルファベットの大文字 / 小文字の区別はありません。
ネットワークを
活用する
///
決定
設定( )
▲
㸨㸨㸨㸨㸨㹝
( ) [ ] { } < > * ! ? # % &
. , : ; _ | / \ $ ~ ̂ `
㸮ࠉ㸯ࠉ㸰ࠉ㸱ࠉ㸲ࠉ㸳ࠉ㸴ࠉ㸵ࠉ㸶ࠉ㸷ࠉ㸾ࠉ㸩ࠉ㸫ࠉ㸻
㸿ࠉ㹀ࠉ㹁ࠉ㹂ࠉ㹃ࠉ㹄ࠉ㹅ࠉ㹆ࠉ㹇ࠉ㹈ࠉ㹉ࠉ㹊ࠉ㹋
㹌ࠉ㹍ࠉ㹎ࠉ㹏ࠉ㹐ࠉ㹑ࠉ㹒ࠉ㹓ࠉ㹔ࠉ㹕ࠉ㹖ࠉ㹗ࠉ㹘
㹟ࠉ㹠ࠉ㹡ࠉ㹢ࠉ㹣ࠉ㹤ࠉ㹥ࠉ㹦ࠉ㹧ࠉ㹨ࠉ㹩ࠉ㹪ࠉ㹫ࠉЋ
㹬ࠉ㹭ࠉ㹮ࠉ㹯ࠉ㹰ࠉ㹱ࠉ㹲ࠉ㹳ࠉ㹴ࠉ㹵ࠉ㹶ࠉ㹷ࠉ㹸ࠉЍ
㹑㹮㹟㹡㹣ࠉࠉࠉ㹀㹉㹑㹎ࠉࠉ㹂㹃㹊㹃㹒㹃ࠉࠉ㹁㹊㹃㸿㹐
㹍㹉
㹁㸿㹌㹁㹃㹊ࠉࠉࠉࠉࠉ
設定する
付録
[ ← ]/[ → ]:カーソルを左右に移動させる。
[Space]:スペースを入力する。
[BKSP]:カーソル左の文字を削除する。
[DELETE]:カーソル上の文字を削除する。
[CLEAR]:入力した文字をすべて削除する。
[CANCEL]:入力を取り消してひとつ前の画面に戻る。
入力が終わったら「OK」を選び、決定キーを押します。手順 8
安全上のご注意
の画面に戻ります。
ネットワークに接続する
55
PIN コード方式の WPS を使う
電源( )
無線 LAN ルーター(アクセスポイント)に本機の PIN コードを設
8
定キーを押す。
定して接続します。無線 LAN ルーター(アクセスポイント)が
本機の PIN コードが表示されます。
PIN コード式の WPS に対応している場合に利用できます。
1
2
S / T キーで接続したいアクセスポイントを選び、決
㹎㹇㹌ࢥ࣮ࢻ
電源(z)キーを押して、本機の電源をオンにする。
㹎㹇㹌ࢥ࣮ࢻ㸸㸮㸮㸮㸮㸮㸮㸮㸮
࢔ࢡࢭࢫ࣏࢖ࣥࢺ࡟㹎㹇㹌ࢥ࣮ࢻࢆධຊࡋ࡚ࡃࡔࡉ࠸ࠋ
テレビの電源を入れ、テレビ側の入力を本機(HDMI OUT
Ỵᐃ࣮࢟ࢆᢲࡍ࡜᥋⥆ࢆ㛤ጞࡋࡲࡍࠋ
端子)からの映像に切り替える(26 ページ)。
3
設定(
)キーを 2 回押す。
テレビ画面に「設定メニュー」が表示されます。
/
決定
設定( )
4
5
S / T キーで「ネットワーク」を選び、決定キーを押す。
本機の PIN コードを無線 LAN ルーター(アクセスポ
イント)に設定する。
取扱説明書をご覧ください。
10 決定キーを押して、接続を開始する。
S / T キーで「無線(Wi-Fi)
」を選び、決定キーを押す。
接続が完了すると、テレビ画面に「完了しました」と表示され
ます。
ࢿࢵࢺ࣮࣡ࢡ᥋⥆
᭷⥺
↓⥺㸦㹕㹧㸫㹄㹧㸧
↓⥺㸦ᦠᖏ➃ᮎࢆ┤᥋᥋⥆㸧
7
9
設定方法については無線 LAN ルーター(アクセスポイント)の
S / T キーで「ネットワーク接続」を選び、決定キーを押
す。
6
㹙Ỵᐃ㹛㸸☜ᐃ
㹙ᡠࡿ㹛㸸୰Ṇ
S / T キーで「PIN コード」を選び、決定キーを押す。
「接続できませんでした」と表示された場合は、決定キーを押
して手順 6 からやり直すか、以下を参考にして別の接続方法を
お試しください。
• 無線 LAN ルーター(アクセスポイント)の暗号化方式に WEP が使用され
ている場合、または MAC アドレスフィルターが有効になっている場合は、
PIN コードを使った接続ができません。
「無線 LAN ルーター(アクセスポ
↓⥺㸦㹕㹧㸫㹄㹧㸧
タᐃ᪉ἲࢆ㑅ᢥࡋ࡚ࡃࡔࡉ࠸ࠋ
࣭㹕㹎㹑࣎ࢱࣥ
࣭㹕㹧㸫㹄㹧タᐃࢆඹ᭷㸦㹧㹍㹑ࢹࣂ࢖ࢫ㸧
࣭࢔ࢡࢭࢫ࣏࢖ࣥࢺ᳨⣴
࣭࣐ࢽࣗ࢔ࣝタᐃ
࣭㹎㹇㹌ࢥ࣮ࢻ
㹙Ỵᐃ㹛㸸☜ᐃ
㹙ᡠࡿ㹛㸸୰Ṇ
テレビ画面に利用可能なアクセスポイントの一覧が表示され
ます。
56
ネットワークに接続する
イント)を検索する」(52 ページ)で接続してください。
11 設定メニューを終了するには、設定(
)キーを押す。
電源( )
無線 LAN ルーター(アクセスポイント)を使わずに、モバイル端末
と本機を直接接続します。
ワイヤレスダイレクトでは、以下の機能が使えます。
‒ MusicCast CONTROLLER または HOME THEATER CONTROLLER
‒ AirPlay を使って iOS デバイスの音楽ファイルを本機で再生する。
S / T キーで「ネットワーク」を選び、決定キーを押す。
S / T キーで「ネットワーク接続」を選び、決定キー
を押す。
6
S / T キーで「無線(携帯端末を直接接続)」を選び、
決定キーを押す。
᭷⥺
↓⥺㸦㹕㹧㸫㹄㹧㸧
↓⥺㸦ᦠᖏ➃ᮎࢆ┤᥋᥋⥆㸧
7
S / T キーで「セキュリティー」を選び、W / X キー
で暗号化方式を選ぶ。
選択項目
なし、WPA2-PSK(AES)
• 有線ネットワーク接続(50 ページ)や無線ネットワーク接続(50 ページ)と同
時に使用することはできません。
通常は「WPA2-PSK(AES)」を選んでください。お使いのモ
バイル端末が WPA2-PSK(AES)に対応していない場合は、
インターネットラジオなどのインターネットサービスは使用できません。
電源(z)キーを押して、本機の電源をオンにする。
•「なし」を選ぶと通信が暗号化されないため、第三者に無断で本機に接続さ
テレビの電源を入れ、テレビ側の入力を本機(HDMI OUT
設定(
)キーを 2 回押す。
れる危険性があります。
8
S / T キーで「セキュリティーキー」を選び、決定キー
付録
端子)からの映像に切り替える(26 ページ)。
3
「なし」を選んでください。
設定する
• ワイヤレスダイレクト使用時はインターネットに接続できません。したがって
1
2
ネットワークを
活用する
本機
モバイル端末
再生する
ࢿࢵࢺ࣮࣡ࢡ᥋⥆
///
決定
設定( )
準備する
(WLAN) アプリをインストールしたモバイル端末から本機を操作
する。
4
5
本機の特長
モバイル端末を本機に直接接続する(ワイヤレスダイレクト)
を押す。
テレビ画面に「設定メニュー」が表示されます。
ネットワークに接続する
安全上のご注意
• 手順 7 で「なし」を選んだ場合は、セキュリティーキーは設定できません。
57
9
W / X / S / T キーと決定キーでセキュリティーキーを
10 S / T キーで「保存」を選び、決定キーを押す。
入力する。
設定が完了し、テレビ画面に「端末を設定してください」と
8 文字から 63 文字までの文字列、または 64 桁の 16 進数を入
力してください。
表示されます。
これにより本機はアクセスポイントとして動作します。
次に、モバイル端末の Wi-Fi 設定を行います。
• 16 進数は、0 ∼ 9 の数字および a ∼ f までのアルファベットを使います。ア
ルファベットの大文字 / 小文字の区別はありません。
11 モバイル端末の Wi-Fi 設定を行う。
設定方法についてはモバイル端末の取扱説明書をご覧くださ
▲
㸨㸨㸨㸨㸨㹝
( ) [ ] { } < > * ! ? # % &
. , : ; _ | / \ $ ~ ̂ `
㸮ࠉ㸯ࠉ㸰ࠉ㸱ࠉ㸲ࠉ㸳ࠉ㸴ࠉ㸵ࠉ㸶ࠉ㸷ࠉ㸾ࠉ㸩ࠉ㸫ࠉ㸻
㸿ࠉ㹀ࠉ㹁ࠉ㹂ࠉ㹃ࠉ㹄ࠉ㹅ࠉ㹆ࠉ㹇ࠉ㹈ࠉ㹉ࠉ㹊ࠉ㹋
㹌ࠉ㹍ࠉ㹎ࠉ㹏ࠉ㹐ࠉ㹑ࠉ㹒ࠉ㹓ࠉ㹔ࠉ㹕ࠉ㹖ࠉ㹗ࠉ㹘
㹟ࠉ㹠ࠉ㹡ࠉ㹢ࠉ㹣ࠉ㹤ࠉ㹥ࠉ㹦ࠉ㹧ࠉ㹨ࠉ㹩ࠉ㹪ࠉ㹫ࠉЋ
㹬ࠉ㹭ࠉ㹮ࠉ㹯ࠉ㹰ࠉ㹱ࠉ㹲ࠉ㹳ࠉ㹴ࠉ㹵ࠉ㹶ࠉ㹷ࠉ㹸ࠉЍ
㹑㹮㹟㹡㹣ࠉࠉࠉ㹀㹉㹑㹎ࠉࠉ㹂㹃㹊㹃㹒㹃ࠉࠉ㹁㹊㹃㸿㹐
㹍㹉
㹁㸿㹌㹁㹃㹊ࠉࠉࠉࠉࠉ
///
決定
設定( )
[ ← ]/[ → ]:カーソルを左右に移動させる。
[Space]:スペースを入力する。
[BKSP]:カーソル左の文字を削除する。
[DELETE]:カーソル上の文字を削除する。
[CLEAR]:入力した文字をすべて削除する。
[CANCEL]:入力を取り消してひとつ前の画面に戻る。
入力が終わったら「OK」を選び、決定キーを押します。以下の
ような画面が表示されます。
↓⥺㸦ᦠᖏ➃ᮎࢆ┤᥋᥋⥆㸧
‫ڸ‬
㹑㹑㹇㹂ࠉࠉࠉࠉࠉ㸸ࠉ㹗㹑㹎㸫㸳㸴㸮㸮ࠉ㹖㹖㹖㹖㹖㹖
ࢭ࢟ࣗࣜࢸ࢕࣮ࠉࠉ㸸ࠉ㹕㹎㸿㸰㸫㹎㹑㹉㸦㸿㹃㹑㸧
ࢭ࢟ࣗࣜࢸ࢕࣮࣮࢟㸸ࠉ㸨㸨㸨㸨㸨㸨㸨㸨㸨㸨㸨㸨㸨
ಖᏑ
‫ۂ‬
㹙Ỵᐃ㹛㸸☜ᐃ
㹙ᡠࡿ㹛㸸୰Ṇ
• 次に進む前に、以下の情報を控えておいてください。これらの情報はモバ
イル端末の Wi-Fi 設定を行うときに必要です。
‒ テレビ画面に表示されている SSID
‒ 入力したセキュリティーキー
58
ネットワークに接続する
い。
a モバイル端末の Wi-Fi 機能を有効にする。
b アクセスポイントの一覧が表示されたら、
手順9で確認したSSID
を選ぶ。
c パスワードの入力を求められたら、手順 9 で確認したセキュリ
ティーキーを入力する。
12 設定メニューを終了するには、設定(
)キーを押す。
本機の特長
パソコン(サーバー)の音楽ファイルを聴く
パソコンや DLNA 対応のネットワーク接続ストレージ(NAS)に保存されている音楽
ファイルを本機で再生します。
メディアの共有設定を行う
パソコン(サーバー)に保存されている音楽ファイルを本機で再生するには、各機器で
本機とのメディア共有を有効にする必要があります。
す(49 ページ)。設定メニューの「ネットワーク情報」(79 ページ)で、ネットワーク情報(IP アドレ
Windows Media Player がインストールされているパソコン
ス)が正しく取得されていることを確認できます。
• 無線ネットワーク接続時に音声が途切れる場合は、有線でネットワークに接続してください。
本機は Windows Media Player 11 以降に対応しています。ここでは例として、
準備する
• この機能を使用するには、本機とパソコン(サーバー)が同じルーターに接続されている必要がありま
Windows Media Player 12 の設定方法を説明します。
‒ WAV(PCM フォーマットのみ)、AIFF、MP3、WMA、MPEG-4 AAC、FLAC、ALAC ファイルに対応し
ています(1 ∼ 2 チャンネル音声のみ再生可能)
。
1
2
パソコンで Windows Media Player 12 を起動する。
メニューバーの「ストリーム」から、「メディアストリーミングを有効に
‒ WAV、AIFF および FLAC ファイルは 192kHz まで、ALAC ファイルは 96kHz まで、その他のファイル
再生する
• 再生できるファイルフォーマットは以下の通りです。
する」を選ぶ。
は 48kHz までのサンプリング周波数に対応しています。
‒ FLAC ファイルを再生するには、パソコン(サーバー)にインストールされているサーバーソフトが、
DLNA を使った FLAC ファイルの共有に対応している必要があります。
‒ DRM(デジタル著作管理)により保護されたファイルは再生できません。
3 「メディアストリーミングを有効にする」をクリックする。
4 機種名の右側にあるドロップダウン・リストで「許可」を選ぶ。
5 「OK」をクリックして設定を終了する。
設定する
Windows Media Player 以外の DLNA サーバーソフトがイン
ストールされているパソコン(サーバー)
ネットワークを
活用する
‒ WAV、FLAC、ALAC ファイルのギャップレス再生に対応しています。
各機器またはソフトウェアの取扱説明書を参照してメディアの共有設定を行ってくだ
さい。
付録
音楽ファイルを再生する
モバイル端末にインストールした MusicCast CONTROLLER アプリを使用して再生しま
す。
• 詳しくは、付属の「MusicCast セットアップガイド」をご覧ください。
パソコン(サーバー)
の音楽ファイルを聴く
安全上のご注意
• 再生の前に MusicCast CONTROLLER アプリの基本設定を行ってください。
59
インターネットラジオを聴く
ネットラジオ
1-3
インターネットラジオ放送を受信します。
• この機能を使用するには、本機がインターネットに接続されている必要があります(49 ページ)
。設定メニューの「ネットワーク情報」(79 ページ)で、ネットワーク情
報(IP アドレス)が正しく取得されていることを確認できます。
• インターネットラジオ局や時間帯によっては、受信できないことがあります。
• vTuner ラジオ局データベースサービスを利用してインターネットラジオ放送を受信します。このサービスは事前の通知なく中止される場合があります。
インターネットラジオ局を選ぶ
モバイル端末にインストールしたMusicCast CONTROLLERアプリを
使用して、インターネットラジオ局を選びます。
お気に入りのインターネットラジオ局を登
録する
インターネットラジオ局をリモコンのネットラジオキーや、
vTuner の Bookmarks フォルダーに登録します。
• 選局する前に MusicCast CONTROLLER アプリの基本設定を行ってください。
ネットラジオキーを使って登録する
• 詳しくは、付属の「MusicCast セットアップガイド」をご覧ください。
1
2
登録したいインターネットラジオ局を再生する。
ネットラジオ 1-3 キーのいずれかを 3 秒以上押す。
❑ 登録したインターネットラジオ局を呼び出す
1
インターネットラジオ局を登録したネットラジオ 1、
2、または 3 キーを押す。
前面ディスプレイに「NET RADIO」と表示され、再生が始ま
ります。
60
インターネットラジオを聴く
本機の特長
vTuner のウェブサイトでブックマークを登録する
vTuner のウェブサイトから Bookmarks フォルダーにお気に入りのインターネットラジ
オ局を「ブックマーク」として登録することもできます。
1
本機でいずれかのインターネットラジオ局を再生する。
2
準備する
初めて登録するときに必要な操作です。
本機の vTuner ID を調べる。
本機の vTuner ID は設定メニューの「ネットワーク情報」(79 ページ)で確認でき
ます。
パソコンのウェブブラウザーで vTuner ウェブサイト
再生する
3
(http://yradio.vtuner.com/)にアクセスし、本機の vTuner ID を入力す
る。
ネットワークを
活用する
表示言語を切り替えられます。
設定する
vTuner ID を入力します。
付録
• ブックマークの登録にはアカウント作成が必要です。電子メールアドレスを入力し、アカウントを
作成してください。
4
お気に入りのインターネットラジオ局を登録する。
安全上のご注意
登録したいラジオ局の追加(♥+)アイコンをクリックします。
• ブックマークを削除するには、Home 画面から Bookmarks を選び、削除したいラジオ局の削除
(♥−)アイコンをクリックします。
インターネットラジオを聴く
61
radiko.jp を聴く
ネットラジオ
1-3
radiko.jp は、地上波ラジオ放送を CM も含めて同時にインターネットで配信する「IP (Internet Protocol)サイマルラジオ」サービスです。
放送エリアに準じた地域に配信するサービスのため、エリア(都道府県)ごとに対応している放送局が異なります。対応しているエリアや
放送局については、radiko.jp のウェブページをご覧ください。
• radiko.jp プレミアム(有料)に登録すると、全国のラジオ局を受信できます。
• radiko.jp プレミアムを利用するには、radiko.jp のウェブサイトでユーザー登録し、モバイル端末にインストールした MusicCast CONTROLLER アプリからログイン名とパ
スワードを入力してください。
放送局名から選局する
モバイル端末にインストールした MusicCast CONTROLLER アプリ
を使用して、選局します。
• 選局する前に MusicCast CONTROLLER アプリの基本設定を行ってください。
お気に入りの放送局を登録する
1
2
登録したいラジオ局を再生する。
ネットラジオ 1-3 キーのいずれかを 3 秒以上押す。
• 詳しくは、付属の「MusicCast セットアップガイド」をご覧ください。
❑ 登録したラジオ局を呼び出す
1
ラジオ局を登録したネットラジオ 1、2、または 3
キーを押す。
前面ディスプレイに「radiko」と表示され、再生が始まりま
す。
62
radiko.jp を聴く
本機の特長
AirPlay で音楽を聴く
AirPlay 機能を使って、iTunes や iPod の音楽ファイルをネットワーク経由で再生しま
す。
iTunes/iPod で曲を再生する
iTunes/iPod を操作して再生を始めます。
ない場合、「iPod」という表記は iPod touch、iPhone および iPad を意味します。
1
本機の電源をオンにし、iTunes を起動する、または iPod の音楽再生画
面を表示する。
iTunes/iPod が本機を認識すると AirPlay アイコン(
iTunes
iTunes(表示例)
iPod iOS7/iOS8(表示例)
iPod iOS6(表示例)
再生する
有線
または
無線
)が表示されます。
準備する
• この項では iPod touch、iPhone、iPad を総称して「iPod」と表記しています。説明文に限定する記載が
有線
または
無線
パソコン
本機
• アイコンが表示されない場合は、本機とパソコンや iPod が正しくルーターに接続されているか確
認してください。
iPod
2
iTunes/iPod で AirPlay アイコンをクリック(タップ)し、音声の出力
ネットワークを
活用する
ルーター
先として本機(ネットワーク名)を選ぶ。
iTunes(表示例)
設定する
• この機能を使用するには、本機とパソコンや iPod が同じルーターに接続されている必要があります(49
iPod(表示例)
ページ)。設定メニューの「ネットワーク情報」(79 ページ)で、ネットワーク情報(IP アドレス)が正
しく取得されていることを確認できます。
YSP-5600 XXXX
YSP-5600 XXXX
• マルチ SSID 対応ルーターでは、接続する SSID により他の機器へのアクセスが制限されることがありま
す。本機と iPod は同じ SSID に接続してください。
本機のネットワーク名
付録
• AirPlay は iOS 4.3.3 以降を搭載した iPhone、iPad、iPod touch、OSX Mountain Lion を搭載した Mac、
iTunes 10.2.2 以降をインストールした Windows 搭載パソコンにおいて動作します。
安全上のご注意
AirPlay で音楽を聴く
63
3
iTunes/iPod を操作して曲を再生する。
iPod の「ミュージック」アプリ、またはパソコンの iTunes を使って再生します。
前面ディスプレイに「AirPlay」と表示され、再生が始まります。
• 設定メニューの「ネットワークスタンバイ」(81 ページ)を「オン」に設定した場合は、iTunes/
iPod で再生を始めると本機の電源が自動的にオンになります。
• iTunes/iPod に表示される本機のネットワーク名は、設定メニューの「ネットワーク名」(81 ペー
ジ)で変更できます。
• 再生中は iTunes/iPod から本機の音量を操作できます。
注意
• iTunes/iPod で音量を調節すると、予想以上に音量が大きくなり、本機やスピーカーが故障する場合
があります。再生中に音量が大きくなってしまった場合は、すぐに iTunes/iPod の再生を停止してく
ださい。
64
AirPlay で音楽を聴く
本機の特長
モバイル端末の音楽を聴く
モバイル端末の音楽ファイルをネットワーク経由で再生します。
モバイル端末で曲を再生する
モバイル端末にインストールした MusicCast CONTROLLER アプリを使用して再生しま
ルーター
す。
• 再生の前に MusicCast CONTROLLER アプリの基本設定を行ってください。
準備する
有線または無線
• 詳しくは、付属の「MusicCast セットアップガイド」をご覧ください。
本機
• モバイル端末で音量を調節すると、予想外に音量が大きくなり、本機やスピーカーが故障する場合が
あります。再生中に音量が大きくなってしまった場合は、すぐにモバイル端末の再生を停止してくだ
さい。
再生する
注意
モバイル端末
ネットワークを
活用する
• この機能を使用するには、本機とパソコンやモバイル端末が同じルーターに接続されている必要があり
ます(49 ページ)。設定メニューの「ネットワーク情報」(79 ページ)で、ネットワーク情報(IP アドレ
ス)が正しく取得されていることを確認できます。
• マルチ SSID 対応ルーターでは、接続する SSID により他の機器へのアクセスが制限されることがありま
す。本機とモバイル端末は同じ SSID に接続してください。
設定する
付録
安全上のご注意
モバイル端末の音楽を聴く
65
設定する
設定メニュー
設定メニューには、良好なサラウンド効果を得るための音声ビームの調整、チャンネルレベルなどの音の調節、HDMI の設定など、本機を
使いこなすためのいろいろな設定があります。
設定メニューはテレビ画面を見ながら設定します(前面ディスプレイには表示されません)。テレビにメニューを表示させる方法について
は、「メニュー画面をテレビに表示する」(26 ページ)をご覧ください。
操作手順
1
///
決定
設定( )
戻る
( )
設定(
設定(
2
)キーを押す。
S / T キーを押してメニューを選び、決定キーまたは
X キーを押す。
)キーを押すたびに、以下のように切り替わります。
設定したいメニューが表示されるまで、この手順を繰り返し
▼
「ビーム」、「サウンド」、「HDMI」
、「表示」、
「情報表示」の設定ができます。
てください。
タᐃ࣓ࢽ࣮ࣗ
▼
「ネットワーク」、「Bluetooth」の設定ができます。
ࣅ࣮࣒
ࢧ࢘ࣥࢻ
㹆㹂㹋,
⾲♧
᝟ሗ⾲♧
▼
メニューが終了します。
࢖ࣥࢸࣜࣅ࣮࣒
Ỉᖹゅᗘ
ᆶ┤ゅᗘ
ࣅ࣮࣒⤒㊰㛗
↔Ⅼ㊥㞳
㹊㹡㹦㹐㹡㹦఩⨨ㄪᩚ
ࢳࣕࣥࢿࣝฟຊ
ࢧࣈ࣮࢘ࣇ࢓࣮
タᐃ࣓ࢽ࣮ࣗ
ࣅ࣮࣒
ࢧ࢘ࣥࢻ
㹆㹂㹋,
⾲♧
᝟ሗ⾲♧
• 設定(
࢖ࣥࢸࣜࣅ࣮࣒
Ỉᖹゅᗘ
ᆶ┤ゅᗘ
ࣅ࣮࣒⤒㊰㛗
↔Ⅼ㊥㞳
㹊㹡㹦㹐㹡㹦఩⨨ㄪᩚ
ࢳࣕࣥࢿࣝฟຊ
ࢧࣈ࣮࢘ࣇ࢓࣮
)キーを長押しすると、
言語選択の画面になります(77 ページ)。
• ファームウェアの更新が可能な場合は、封筒アイコン(
(87 ページ)
66
設定メニュー
)
が表示されます
W キーまたは戻る(
)キーを押すと、ひとつ前のメニュー
表示に戻ります。
3
4
S / T キーを押して、各メニューを設定する。
設定(
)キーを押して、設定メニューを終了する。
メニュー
項目
インテリビーム
ページ
ビーム調整+音質調整
音声ビームと音質を自動的に設定します。
31
ビーム調整
音声ビームを自動的に設定します。
31
31
音声ビームの水平方向の角度を調節します。
69
垂直角度
フロント左、フロント右、センター、サラウンド左、
サラウンド右、ハイト左、ハイト右
音声ビームの垂直方向の角度を調節します。
69
ビーム経路長
フロント左、フロント右、センター、サラウンド左、
サラウンド右、ハイト左、ハイト右
音声ビームの経路距離を調節します。
70
焦点距離
フロント左、フロント右、センター、サラウンド左、
サラウンド右、ハイト左、ハイト右
音声ビームの焦点距離を調節します。
70
Lch / Rch 位置調整
調整、左、右
左右の音のバランスを調節します。
71
フロント
フロントチャンネルの出力方法を設定します。
72
チャンネル出力
サラウンドバック
サラウンドバックチャンネルの有無を設定します。
72
マイサラウンド
マイサラウンド機能の有効 / 無効を設定します。
73
出力
サブウーファーの有無、接続方法を設定します。
73
クロスオーバー
サブウーファーから出力する音声の周波数の上限を設定します。
73
距離
サブウーファーから視聴位置までの距離を設定します。
73
ペアリング
ワイヤレスサブウーファーキットと手動でペアリングします。
73
フロント左、フロント右、センター、サラウンド左、
サラウンド右、ハイト左、ハイト右、サブウーファー
各チャンネルの音量を調節します。
74
本機の音量に連動してダイナミックレンジを調節するかどうかを設定
します。
74
ダイナミックレンジを設定します。
75
DTS デコーダーを設定します。
75
HDMI コントロール
HDMI コントロール機能のオン / オフを切り替えます。
76
HDMI 音声出力
HDMI 入力した音声を、本機またはテレビのどちらで再生するかを設
定します。
76
TV インプット
TV 入力の端子を TV(光デジタル)、AUX1(アナログ)、AUX2(同軸
デジタル)から選びます。
76
ネットワークを
活用する
音質を自動的に設定します。
フロント左、フロント右、センター、サラウンド左、サラウンド右
再生する
音質調整
水平角度
準備する
ビーム
内容
本機の特長
設定メニューリスト
サブウーファー
サウンド
アダプティブ DRC
ダイナミックレンジ
設定メニュー
安全上のご注意
HDMI
Neural:X、ダイアログコントロール
付録
DTS
設定する
チャンネルレベル
67
メニュー
表示
情報表示
ネットワーク
項目
前面ディスプレイとインジケーターの明るさを調節します。
77
メニュー言語
テレビに表示されるメニュー画面の表示言語を設定します。
77
距離単位
メニューなどに表示される長さや距離の単位を設定します。
77
音声
入力している音声信号の情報を表示します。
78
映像
入力している映像信号の情報を表示します。
78
システム
本機のファームウェアのバージョンを表示します。
78
ネットワーク情報
本機のネットワーク情報を表示します。
79
ネットワーク接続
ネットワークへの接続方法を設定します。
79
IP アドレス
DHCP、IP アドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、
ネットワーク情報(IP アドレスなど)を設定します。
DNS サーバー(P)
、DNS サーバー(S)
MAC アドレスフィルター
フィルター、MAC アドレス 1-10
80
MAC アドレスを指定して本機を操作できるネットワーク機器を制限し
ます。
80
ネットワーク機器から本機の電源を入れる機能(ネットワークスタン
バイ)を有効 / 無効にします。
81
ネットワークに表示される本機の名称を設定します。
81
本機のファームウェアをネットワーク経由で更新します。
81
Bluetooth
Bluetooth 機能のオン / オフを切り替えます。
82
音声送信
Bluetooth 機器(Bluetooth スピーカーなど)への音声送信機能をオン /
オフします。
82
機器検索
本機から音声を送信する Bluetooth 機器(Bluetooth スピーカーなど)を
検索します。
82
MAC アドレス
Bluetooth 接続の MAC アドレスを表示します。
82
ネットワーク名
ネットワークアップデート
Bluetooth
設定メニュー
ページ
ディマー
ネットワークスタンバイ
68
内容
アップデート実行
インテリビームの「自動設定」(29 ページ)により、「水平角度」
、「垂直角度」
、「ビーム経路長」、「焦点距離」(「センター」を除く)および「Lch / Rch 位置調整」は適切な値に設
定されますが、「ビーム」のメニューでこれらの設定を手動で微調整できます。
本機の特長
ビーム
また、「ビーム」のメニューでは、各チャンネルの音声出力方法を変更できます。
準備する
• フロントチャンネルの音声ビームを手動で調整する場合は、「チャンネル出力」の「フロント」を「ビーム」に設定してください(72 ページ)。
「ステレオ」になっていると調整できません。
水平角度
➜
➜
ビーム
水平角度
設定メニュー
➜
ビーム
➜
垂直角度
テスト音を聴きながら、音声ビームの垂直方向の角度をチャンネルごとに調節します。
左方向に調節すると音声出力は左方向へ移動し、右方向に調節すると右方向へ移動し
上方向に調節すると音声出力は上方向へ移動し、下方向に調節すると下方向へ移動し
ます。
ます。
設定項目
フロント左、フロント右、センター、
サラウンド左、サラウンド右
ビームの角度
左角度
右角度
S キー:
上げる
調整範囲
-45° ∼ 0°(水平)∼ 45°
設定項目
ハイト左、ハイト右
設定項目
フロント左、フロント右、センター、サラウンド左、サラウンド右
S キー:上げる
設定する
T キー:
下げる
ネットワークを
活用する
テスト音を聴きながら、音声ビームの水平方向の角度をチャンネルごとに調節します。
再生する
設定メニュー
垂直角度
T キー:下げる
調整範囲
+30° ∼ +90°
右側
X キー:
大きくなる
X キー:
小さくなる
W キー:
小さくなる
安全上のご注意
左側
W キー:
大きくなる
付録
調整範囲
左 90° ∼右 90°
設定メニュー
69
ビーム経路長
設定メニュー
焦点距離
➜
ビーム
➜
ビーム経路長
設定メニュー
➜
➜
ビーム
焦点距離
音声のビームが出力されてから壁や天井に反射して視聴位置に到達するまでの距離を
音がよく聞こえる範囲(スイートスポット)の広さを調節します。
チャンネルごとに設定します。音の遅延量が補正され、各チャンネルの音が同じタイ
下図のように音が一旦焦点を結び、その地点からまた広がるよう設定されています。
ミングで視聴位置に届くようになります。
数値を小さく(−(マイナス)方向に)設定するほどスイートスポットは広くなり、
数値を大きく(+(プラス)方向に)設定するほどスイートスポットは狭くなります。
設定項目
フロント左、フロント右、センター、サラウンド左、サラウンド右、ハイト左、ハイト右
調整範囲
0.3m ∼ 24.0m
焦点距離
右図では、矢印の長さが
ビームの経路長を表して
います。
焦点
スイート
スポット
•「ビーム経路長」は「水平角度」または「垂直角度」を調節した場合にのみ設定してください。
設定項目
フロント左、フロント右、サラウンド左、サラウンド右、ハイト左、ハイト右
調整範囲
− 1.0m ∼+ 13.0m
設定項目
センター
調整範囲
− 1.0m ∼− 0.5m(初期設定)∼+ 13.0m
70
設定メニュー
例
フロント左チャンネル
センターチャンネル
(焦点距離が
プラスのとき)
(焦点距離が
マイナスのとき)
Lch / Rch 位置調整
➜
設定メニュー
ビーム
➜
Lch / Rch 位置調整
本機の特長
センターチャンネルは、初期設定(− 0.5m)での使用をおすすめします。
左右の音が不自然に聞こえたら、まず各チャンネルの音量を調節します(41、74 ペー
0
↓
+
ジ)。
調節しても、左右で音の聞こえてくる方向が不自然な場合は、左右チャンネルの位置
調整をします。
フロント左 / 右チャンネルの音声が聞こえてくる方向が、センターに近い位置になる
ように調節します。
再生する
❑ 調整
選択項目
オフ(初期設定)
オン
調節しません。
「左」
、「右」を選択し、音の方向を調節します。
す。
❑左
設定値(%)が上がるほどセンターから音が聞こえるようになります。
ネットワークを
活用する
•「自動設定」(29 ページ)では、スイートスポットが本機の幅より少し広くなるよう自動的に調節されま
準備する
−
↑
「調整」をオンにすると選択できます。
設定する
調整範囲
0%(初期設定)∼ 95%
フロント左チャンネルが
不自然なとき
フロント左チャンネルを調節
したときのイメージ
付録
安全上のご注意
設定メニュー
71
❑右
選択項目
設定値(%)が上がるほどセンターから音が聞こえるようになります。
「調整」をオンにすると選択できます。
調整範囲
0%(初期設定)∼ 95%
フロント右チャンネルが
不自然なとき
ビーム
フロント(右、左)、センターチャンネルを音声ビームで出力します。映画
などを鑑賞するとき、部屋のサイズよりも広い音場空間をつくり出したい
場合に有効です。
ステレオ
フロント(右、左)、センターチャンネルは音声ビームを使用せずに出力し
ます。フロント ( 右、左 )、センターチャンネルは音声ビームを使用せずに
出力します。フロントチャンネルが画面の方向から聞こえるため、ライブ
映像などの音楽コンテンツを楽しむときに有効です。
フロント右チャンネルを調節
したときのイメージ
•「マイサラウンド」がオンの場合は設定できません。
• フロントチャンネルの音声ビームを手動で調整する場合は、「チャンネル出力」の「フロント」を「ビー
ム」に設定してください。
「ステレオ」になっていると調整できません。
❑ サラウンドバック
チャンネル出力
サラウンドバックチャンネルの有無を設定します。
FL:フロント(左)
設定メニュー
➜
ビーム
➜
チャンネル出力
FL
FR
FR
C
各チャンネルの出力方法を設定します。
❑ フロント
FL
C
FR:フロント(右)
C:センター
SL
SR
SBL
SBR
SL:サラウンド(左)
SR:サラウンド(右)
SL
フロントチャンネルを音声ビームで出力するか、通常の音声で出力するかを設定しま
す。
SR
サラウンドバックなし
サラウンドバックあり
SBL:サラウンドバック(左)
SBR:サラウンドバック(右)
選択項目
ビームで出力する場合
72
設定メニュー
なし
サラウンドバックチャンネルなしで再生します。後方からの音声ビームは
サラウンド右、サラウンド左チャンネルの音声を再生します。
あり
サラウンドバックチャンネルを使用して再生します。後方からの音声ビー
ムはサラウンドバック右、サラウンドバック左チャンネルの音声を再生し、
サラウンド右、サラウンド左チャンネルの音声はフロントチャンネルと後
方の音声ビームの両方から出力します。これにより、視聴位置の横方向か
らも音声が聞こえます。
自動(初期設定)
再生する音声ソースのチャンネル数に合わせてサラウンドバックチャンネ
ルの有無を自動的に選択します。
ステレオで出力する場合
ビームを使用したサラウンド再生に向かない部屋でもサラウンド感を再現する「マイ
サラウンド機能」の有効、無効を設定します。
サブウーファー
➜
設定メニュー
ビーム
➜
サブウーファー
本機の特長
❑ マイサラウンド
選択項目
マイサラウンド機能を無効にします。
オン
マイサラウンド機能を有効にします。ビームを使用したサラウンド再生で
は十分なサラウンド効果を得られない環境でも、サラウンド感あふれる音
声を楽しむことができます。
マイサラウンド機能で再生するには、リモコンの 3D サラウンドキーまた
はサラウンドキーを押します。
サブウーファーを使うかどうか、およびサブウーファーとの接続方法や視聴位置まで
の距離などを設定します。
準備する
オフ(初期設定)
❑ 出力
サブウーファーの有無、接続方法を設定します。
• マイサラウンド機能を使用する場合は、本機の正面で視聴するとよりサラウンド感が高まります。
フロント / 無線
(初期設定)
有線
サブウーファーを使用しない場合、またはワイヤレスサブウーファーキッ
トを使用するときに選びます。
再生する
選択項目
サブウーファーを本機にケーブルで接続するときに選びます。
• マイサラウンド機能をオンにすると、シネマ DSP は無効となります。
せん。
❑ クロスオーバー
サブウーファーから出力する音声の周波数の上限(本体から出力する音声の周波数の
下限)を設定します。
設定項目
80Hz、100Hz(初期設定)、120Hz
ネットワークを
活用する
• マイサラウンド機能をオンにすると、Dolby Atmos の再生や、ハイトチャンネルを使った再生はできま
設定する
❑ 距離
サブウーファーから視聴位置までの距離を設定します。
調整範囲
0.3m ∼ 2.5m(初期設定)∼ 15.0m
付録
❑ ペアリング
ワイヤレスサブウーファーキットと手動でペアリングします。
「ペアリング」を選んだあと、ワイヤレスサブウーファーキットの SUBWOOFER
安全上のご注意
PAIRING ボタンを 3 秒間押してください。
•「ペアリング」は「出力」を「フロント / 無線」に設定しているときに選べます。
設定メニュー
73
サウンド
チャンネルレベル
設定メニュー
➜
アダプティブ DRC
サウンド
➜
チャンネルレベル
➜
設定メニュー
➜
サウンド
アダプティブ DRC
チャンネルごとに出力されるテスト音を聴きながら、各チャンネルの音がバランス良
本機の音量とダイナミックレンジを連動して調節します。「オン」に設定すると、ダイ
く聞こえるように、チャンネルごとの音量を調節します。
ナミックレンジは次のように調節されるので、夜間などに小音量で聴く際にも聴きや
設定項目
フロント左、フロント右、センター、サラウンド左、サラウンド右、ハイト左、ハイト右、サブ
ウーファー
調整範囲
− 20 ∼+ 20
すくなります。
音量を小さくしたとき:
ダイナミックレンジが狭くなります。大きな音は音量を小さめに、聞き取りにくい小
さな音は大きめに再生します。
音量を大きくしたとき:
•「チャンネル出力」(72 ページ)で「マイサラウンド」を「オン」に設定した場合は、以下の項目を設定
できます。
ダイナミックレンジが広くなります。小さな音から大きな音まで、音源の持つ音量の
まま再生します。
出力レベル
‒ サラウンド左右
‒ サブウーファー
オン
オフ
入力レベル
音量:小
出力レベル
‒ センター
オン
オフ
入力レベル
音量:大
選択項目
オフ
ダイナミックレンジを自動調節しません。
オン(初期設定)
ダイナミックレンジを自動調節します。
•「オン」に設定すると、
「ダイナミックレンジ」が自動的に「最大」に設定されます。
74
設定メニュー
本機の特長
❑ ダイアログコントロール
ダイナミックレンジ
セリフの音量を上げて、聴きやすくします。
設定メニュー
➜
サウンド
➜
ダイナミックレンジ
設定範囲
0(初期設定)∼ 6 (dB)
ダイナミックレンジ(最大音量と最小音量の差)を設定します。
最小 / 自動
• この設定は、ダイアログコントロールに対応した DTS:X フォーマットの音声ソースを再生するときのみ
(最小)夜間に小音量でも聴きやすいダイナミックレンジに調節します。
(自動)入力信号からの情報に基づいてダイナミックレンジを調節します。
有効です。
お買い上げになった製品によっては、ファームウェアの更新により「Neural:X」お
標準
一般的な家庭用として推奨するダイナミックレンジです。
よび「Dialog Control」が提供されます。最新の情報については、弊社のウェブサ
最大(初期設定)
入力された信号を補正せず、そのまま再生します。
イトをご覧ください。
•「最大」以外に設定すると、「アダプティブ DRC」が自動的に「オフ」に設定されます。
DTS フォーマットの音声信号が入力されたときに使用する DTS Neo:6 デコーダーを
再生する
ファームウェアの更新前は、以下の設定が可能です。
準備する
選択項目
設定します。
設定メニュー
選択項目
➜
サウンド
➜
DTS
Neo:6 Cinema(初期設定)
映画鑑賞に適した DTS Neo:6 Cinema デコーダーで再生します。
Neo:6 Music
音楽鑑賞に適した DTS Neo:6 Music デコーダーで再生します。
ネットワークを
活用する
DTS
DTS フォーマットの音声信号が入力されたときに使用する DTS デコーダーを設定しま
設定する
す。
❑ Neural:X
Neural:X を用いて音声ソースにはないチャンネルを生成するかどうかを設定します。
選択項目
Neural:X を使用しません。
許可(初期設定)
Neural:X を使用します。
付録
禁止
• Neural:X は、DTS:X のサラウンドデコーダーです。
安全上のご注意
設定メニュー
75
HDMI
HDMI 信号や HDMI コントロール機能に関する設定をします。
HDMI コントロール
➜
設定メニュー
TV インプット
HDMI
➜
HDMI コントロール
HDMI コントロール機能(33 ページ)のオン / オフを切り替えます。
設定メニュー
➜
HDMI
➜
TV インプット
テレビに ARC 機能がない場合(または ARC 機能をオフにしている場合)や、本機の
HDMI コントロール機能をオフにしている場合、テレビの音声は TV 端子(光デジタ
選択項目
ル)に割り当てられています(初期設定)。この割り当てを AUX2(同軸デジタル)端
オフ
コントロール機能を無効にします。本機の待機時消費電力を低減できます。
オン(初期設定)
コントロール機能を有効にします。
子または AUX1(アナログ)端子と入れ替えることができます。
選択項目
オプティカル[TV](初期設定)、アナログ[AUX1]
、コアキシャル[AUX2]
HDMI 音声出力
•「コアキシャル[AUX2]」に割り当てを変更した場合:
この設定は、「HDMI コントロール」が「オフ」の場合のみ設定できます。
TV キーを押すと AUX2(同軸デジタル)端子に接続した機器(テレビ)の音声を入力します。AUX2
キーを押すと TV 端子(光デジタル)に接続した機器の音声を入力します。
設定メニュー
➜
HDMI
➜
HDMI 音声出力
HDMI 入力音声信号を再生する機器を設定します。
選択項目
AMP(初期設定)
入力した音声信号を本機で再生します。
TV
HDMI 出力(ARC)端子に接続したテレビで音声を再生します。
•「HDMI コントロール」が「オン」の場合は、接続したテレビの設定で音声を出力する機器を選択してく
ださい。
• 本機の HDMI 入力端子に入力した HDMI 映像信号は、常に本機の HDMI 出力(ARC)端子へ出力されま
す。
76
設定メニュー
•「アナログ[AUX1]」に割り当てを変更した場合:
TV キーを押すと AUX1(アナログ)端子に接続した機器(テレビ)の音声を入力します。AUX1 キーを
押すと TV 端子(光デジタル)に接続した機器の音声を入力します。
本機の特長
表示
ディマー
• 設定(
)キーを長押しすると、
「メニュー言語」を直接表示することができます。
• HDMI コントロール対応のテレビをご使用の場合、設定が自動的に変更されることがあります。
表示
➜
ディマー
• 表示言語を設定できるのは、テレビ画面に表示されるメニューだけです。前面ディスプレイは常に英数
字で表示します。
前面ディスプレイとインジケーターの明るさを調節します。数値が小さくなるほど暗
くなります。
準備する
➜
設定メニュー
距離単位
設定メニュー
• STATUS インジケーターが赤色で点灯するときは、この設定にかかわらず最も明るくなります。
➜
表示
➜
距離単位
メニューなどに表示される長さや距離の単位を設定します。
再生する
選択項目
-4(最も暗い)∼ 0(最も明るい)(初期設定)
• エコ機能がオンのときは設定することができません(42 ページ)。
メニュー言語
• メートルとフィートを切り替えたときは設定をやり直してください。数値は変更した単位に換算されま
設定メニュー
➜
表示
➜
メニュー言語
せん。
設定する
テレビに表示されるメニュー画面の表示言語を設定します。
選択項目
英語で表示します。
DEUTSCH
ドイツ語で表示します。
FRANÇAS
フランス語で表示します。
ESPAÑOL
スペイン語で表示します。
ITALIANO
イタリア語で表示します。
NEDERLAND
オランダ語で表示します。
PYCCЌИЙ
ロシア語で表示します。
SVENSKA
スウェーデン語で表示します。
TÜRK
トルコ語で表示します。
安全上のご注意
日本語で表示します。
ENGLISH
付録
日本語(初期設定)
ネットワークを
活用する
選択項目
メートル(初期設定)
、フィート
設定メニュー
77
情報表示
本機に入力している音声・映像信号の情報を表示します。
音声
設定メニュー
システム
➜
情報表示
➜
音声
現在入力している音声信号について、以下の情報を表示します。
フォーマット
チャンネル数
デジタル音声のフォーマット
入力信号に含まれているチャンネル数(フロント / サラウンド / LFE(低域
効果音))表示例:「3 / 2 / 0.1」→ 入力信号にフロント 3ch、サラウンド
2ch、LFE あり
フロント、サラウンド、LFE 以外のチャンネルが含まれていると、
「7.1.2ch」(末尾の「2」はハイトチャンネル)のように合計のチャンネル
数で表示されることがあります。
サンプリング周波数
デジタル入力信号のサンプリング周波数
ビットレート
入力信号の 1 秒あたりのビットレート
• 入力信号によってはビットレートが表示されない場合があります。
映像
設定メニュー
➜
情報表示
➜
映像
現在入力している映像信号について、以下の情報を表示します。
78
種類
HDMI または DVI
解像度
映像信号の解像度
設定メニュー
設定メニュー
➜
情報表示
本機のファームウェアのバージョンを表示します。
➜
システム
本機の特長
ネットワーク
本機のネットワーク関連機能を設定します。
ネットワーク情報
➜
ネットワーク
➜
ネットワーク情報
本機のネットワーク情報を表示します。
設定メニュー
➜
ネットワーク
➜
ネットワーク接続
準備する
設定メニュー
ネットワーク接続
ネットワークへの接続方法を設定します。
選択項目
市販のネットワークケーブルを使って、本機をネットワークに接続する場
合に選びます。
ネットワーク端子の接続状態
無線(Wi-Fi)
無線 LAN ルーター(アクセスポイント)を経由して、本機をネットワーク
に接続する場合に選びます。
接続方法
ネットワークへの接続方法
MC ネットワーク
MusicCast ネットワークの接続状態
無線(携帯端末を直
接接続)
モバイル機器を本機に直接接続する場合に選びます。
ステータス
SSID
本機が接続しているアクセスポイント
セキュリティー
ネットワークの暗号化方式
MAC アドレス
本機の MAC アドレス(イーサーネット /Wi-Fi)
本機の IP アドレス
サブネットマスク
サブネットマスク
デフォルトゲート
ウェイ
デフォルトゲートウェイの IP アドレス
DNS サーバー(P)
プライマリー DNS サーバーの IP アドレス
DNS サーバー(S)
セカンダリー DNS サーバーの IP アドレス
vTuner ID
インターネットラジオ(vTuner)の ID
設定する
IP アドレス
ネットワークを
活用する
有線
が異なります。
再生する
• ネットワーク接続の種類(有線 / 無線(Wi-Fi)/ 無線(携帯端末を直接接続))により、表示される項目
付録
安全上のご注意
設定メニュー
79
IP アドレス
MAC アドレスフィルター
➜
設定メニュー
ネットワーク
➜
IP アドレス
➜
設定メニュー
ネットワーク
➜
MAC アドレスフィル
ター
ネットワーク情報(IP アドレスなど)を設定します。
❑ DHCP
MAC アドレスを指定して本機を操作できるネットワーク機器を制限します。モバイル
端末のアプリで本機を操作する場合は、その機器の MAC アドレスを指定してくださ
DHCP サーバーを使用するかどうかを設定します。
い。
選択項目
オフ
DHCP サーバーを使用せずに、ネットワーク情報を手動で設定します。詳
しくは下記「ネットワークの手動設定」をご覧ください。
オン(初期設定)
DHCP サーバーを使用して、本機のネットワーク情報(IP アドレスなど)
を自動的に取得します。
1 「DHCP」を「オフ」に切り替える。
2 S / T キーで設定したい項目を選ぶ。
80
❑ フィルター
MAC アドレスフィルターをオン / オフします。
選択項目
ネットワークの手動設定
3
4
• AirPlay(63 ページ)や DLNA 対応機器(59 ページ)からの操作は制限されません。
オフ(初期設定)
MAC アドレスフィルターを無効にします。
オン
MAC アドレスフィルターを有効にします。「MAC アドレス 1-10」で指定し
たネットワーク機器だけが本機を操作できるようになります。
❑ MAC アドレス 1-10
IP アドレス
IP アドレスを設定する。
サブネットマスク
サブネットマスクを設定する。
MAC アドレス(最大 10 個)を以下の手順で指定します。
デフォルトゲート
ウェイ
デフォルトゲートウェイの IP アドレスを設定する。
DNS サーバー(P)
プライマリー DNS サーバーの IP アドレスを設定する。
DNS サーバー(S)
セカンダリー DNS サーバーの IP アドレスを設定する。
1
2
3
W / X キーで変更したい位置を選び、S / T キーで数値を変更する。
決定キーを押す。
設定メニュー
「フィルター」を「オン」に切り替えてから、本機を操作できるネットワーク機器の
S / T キーで設定したい MAC アドレス番号(1 ∼ 10)を選ぶ。
W / X キーで変更したい位置を選び、S / T キーで数値を変更する。
決定キーを押す。
設定メニュー
➜
ネットワーク
ネットワーク名
➜
ネットワークスタン
➜
設定メニュー
バイ
ネットワーク
➜
ネットワーク名
本機の特長
ネットワークスタンバイ
ネットワークに表示される本機の名称(ネットワーク名)を 15 文字以内で設定しま
ネットワーク機器や Bluetooth 機器の操作により、本機の電源を制御する機能(ネット
選択項目
オフ
す。
1
W / X キーで変更したい位置を選び、S / T キーで文字を変更する。
ネットワークスタンバイを無効にします。
ࢿࢵࢺ࣮࣡ࢡྡ
本機の電源がオフのとき、モバイル端末にインストールした
MusicCast CONTROLLER や HOME THEATER CONTROLLER
(WLAN) アプリを使って再生の操作をすると、本機の電源が
オンになります。
• 以下の文字 / 記号が使えます。
( ) [ ] { } < > * ! ? # % & . , : ; _ ¦ / \ $ ^ ' " ` 0 ∼ 9 @ + - = A ∼ Z a ∼ z 2
戻る(
)キーを押す。
ネットワークアップデート
設定メニュー
➜
ネットワーク
➜
ネットワークアップ
デート
設定する
•「ネットワークスタンバイ」を「オン」に設定すると、
「オフ」に比べて電力を消費します。
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉ㹙ᡠࡿ㹛࣮࡛࢟ᡠࡿ
ネットワークを
活用する
ネットワークスタ
ンバイを有効にし
ます。
ࠉ㹗㹑㹎㸫㸳㸴㸮㸮ࠉ㸯㹀㸮㸶㹄㸿
再生する
オン
(初期設定)
Bluetooth 機器からは、本機の電源が以下のように連動しま
す。
電源オン連動
本機の電源がオフのときに、Bluetooth 機器側で本機に接続す
ると、本機の電源がオンになり、入力が Bluetooth に切り替わ
ります。
電源オフ連動
本機の電源がオンのときに、Bluetooth 機器側で本機の接続を
切断すると、本機の電源もオフになります。
(入力が Bluetooth のときのみ)
準備する
ワークスタンバイ)をオン / オフします。
本機のファームウェアをネットワーク経由で更新します。
付録
アップデート実行
ファームウェアが更新されると、この項目が選べるようになります。詳しくは「本機
のファームウェアを更新する」(87 ページ)をご覧ください。
安全上のご注意
設定メニュー
81
Bluetooth
Bluetooth 接続を設定します。
Bluetooth
設定メニュー
機器検索
➜
Bluetooth
➜
Bluetooth
設定メニュー
➜
Bluetooth
➜
機器検索
音声送信する Bluetooth スピーカーやヘッドホンを選び、接続します。
Bluetooth 機能のオン / オフを切り替えます。
選択項目
オフ
Bluetooth 機能を無効にします。
オン(初期設定)
Bluetooth 機能を有効にします。
MAC アドレス
設定メニュー
音声送信
設定メニュー
➜
Bluetooth
➜
音声送信
選択項目
オフ(初期設定)
音声送信を無効にします。
オン
本機に入力した音声を Bluetooth スピーカーやヘッドホンに送信します。
設定メニュー
Bluetooth
Bluetooth 接続の MAC アドレスを表示します。
Bluetooth スピーカーやヘッドホンに本機から音声を送信します。
82
➜
➜
MAC アドレス
本機の特長
入力ごとの設定(オプションメニュー)
再生中の入力に関連する機能を設定します。
オプションメニューはテレビ画面または前面ディスプレイを見ながら設定します。テレビにメニューを表示させる方法については、「メ
ニュー画面をテレビに表示する」(26 ページ)をご覧ください。
準備する
入力選択
操作手順
設定したい入力選択キーを押して、入力を選ぶ。
オプション(
4
S / T キーを押して、設定値を変更する。
)キーを押す。
࢜ࣉࢩࣙࣥ
ࠉࠉ㸮
㧗㡢
ప㡢
෌⏕ࣞ࣋ࣝ⿵ṇ
࣮࢜ࢹ࢕࢜ࢹ࢕ࣞ࢖
㡢ኌධຊ➃Ꮚ
///
決定
オプション
( )
3
S / T キーでメニューを選び、決定キーまたは X
5
オプション(
)キーを押して、オプションメニュー
を終了する。
ネットワークを
活用する
࣮ࠉ㸳
㧗㡢
ప㡢
෌⏕ࣞ࣋ࣝ⿵ṇ
࣮࢜ࢹ࢕࢜ࢹ࢕ࣞ࢖
㡢ኌධຊ➃Ꮚ
࢜ࣉࢩࣙࣥ
再生する
1
2
キーを押す。
࢜ࣉࢩࣙࣥ
ࠉࠉ㸮
㧗㡢
ప㡢
෌⏕ࣞ࣋ࣝ⿵ṇ
࣮࢜ࢹ࢕࢜ࢹ࢕ࣞ࢖
㡢ኌධຊ➃Ꮚ
設定する
• 設定できるメニューは入力によって異なります。
付録
安全上のご注意
入力ごとの設定(オプションメニュー)
83
オプションメニューリスト
映像と音声のタイミングを調整する(オーディオディレイ)
接続しているテレビでデジタル処理された映像が、音声よりも遅れて表示されること
メニュー
内容
入力
HDMI1 ∼ 4、TV、光デジタル、
AUX1 ∼ 2、Bluetooth、NET(イン
ターネットラジオなど)
高音
[TREBLE]
高音域の出力レベルを調節します。
低音
[BASS]
低音域の出力レベルを調節します。
HDMI1 ∼ 4、TV、光デジタル、
AUX1 ∼ 2、Bluetooth、NET(イン
ターネットラジオなど)
再生レベル補正
[VOLUME TRIM]
入力ごとに異なる音量のばらつきを
調節します。
HDMI1 ∼ 4、TV、光デジタル、
AUX1 ∼ 2、Bluetooth、NET(イン
ターネットラジオなど)
オーディオディレイ
[AUDIO DELAY]
映像と音声のズレを補正します。
HDMI1 ∼ 4、TV、光デジタル、
AUX1 ∼ 2
音声入力端子
[AUDIO ASSIGN]
HDMI 入力時、別の入力からの音声
を割り当てます。
HDMI1 ∼ 4
•[ ]は前面ディスプレイの表示です。
があります。このタイミングのずれを、音声を遅らせて出力することにより補正しま
す。
調整範囲
HDMI1 ∼ 4:自動[AUTO]
(初期設定)、0ms ∼ 500ms、5ms 単位
TV、光デジタル、AUX1 ∼ 2:0ms(初期設定)∼ 500ms、5ms 単位
「AUTO」にすると、出力タイミングが自動的に調節されます。HDMI で接続されたテ
レビがオーディオディレイの自動補正機能に対応しているときのみ有効です。
HDMI の音声を他の入力端子に割り当てる(音声入力端子)
HDMI1 ∼ 4 を入力するとき、HDMI からの音声ではなく光デジタル端子からの音声を
割り当てることができます。
ブルーレイディスクの映像を見ながら、他の再生機器の音声を楽しむ場合などにご利
用ください。
選択項目
HDMI(初期設定)、光デジタル[OPTICAL]
音色を調整する(高音、低音)
高音域と低音域の出力レベルを調節します。
調整範囲
− 12 ∼ 0(初期設定)∼+ 12
各端子の入力レベルを設定する(再生レベル補正)
入力ごとに異なる音量のばらつきを調節します。
調整範囲
− 12 ∼ 0(初期設定)∼+ 12
84
入力ごとの設定(オプションメニュー)
本機の特長
拡張メニュー
電源( )
「拡張メニュー」は、最大音量の制限や、本体上面の INPUT キーを無効にするなど、本機の機能をより詳細に設定します。
操作手順
電源(z)キーを押して、本機の電源をオフにする。
4
S / T キーで、設定したいメニューを前面ディスプレ
イに表示させ、決定キーまたは X キーを押す。
本体上面の INPUT キーを押しながら、リモコンの電
• ひとつ前の表示に戻るには、W または戻る(
)キーを押してください。
CONNECT
INPUT
S / T キーを押して、設定を変更する。
電源(z)キーを押して、電源をオフにする。
再度電源(z)キーを押して電源を入れると、設定されます。
ネットワークを
活用する
///
決定
戻る
( )
5
6
再生する
源(z)キーを押して電源をオンにする。
準備する
1
2
INTELLIBEAM MIC
設定する
前面ディスプレイに「ADVANCED」と表示されます。
ADVANCED
付録
• 拡張メニューはテレビには表示されません。
3
本体上面の INPUT キーをはなす。
安全上のご注意
拡張メニュー
85
拡張メニューリスト
設定項目
選択項目 / 調整範囲
内容
TURN ON VOLUME
OFF(設定しない)(初期設定)、1 ∼ 70
本機の電源をオンにしたときの音量を、常に指定した値になるように設定します。
OFF の場合は、電源をオフにしたときの音量になります。
MAX VOLUME
1 ∼ 99、MAX(最大)(初期設定)
本機の音量を、指定した値より大きくできないように設定します。
INPUT LOCK
ON(INPUT キー操作無効)
OFF(INPUT キー操作有効)(初期設定)
本体上面の INPUT キーを押しても、入力が変わらないようにします。
PANEL LOCK
ON(本体のキー操作無効)
OFF(本体のキー操作有効)(初期設定)
拡張メニュー以外の操作を本体のキーでできないようにします。
IR INPUT POWER
ON(起動する)
OFF(起動しない)(初期設定)
本機の電源がオフのとき、リモコンの入力選択キーを押すと本機の電源がオンになるよ
うに設定します。
AC ON STANDBY
ON(電源オフの状態)
OFF(電源遮断前の状態)(初期設定)
本機への電源供給が一時的に遮断(コンセントを抜いた、または停電など)されたあと、
電源供給が復帰したときに本機を電源オフの状態にします。
MEMORY PROTECT
ON(保護する)
OFF(保護しない)(初期設定)
システムメモリーに保存した設定の内容や、登録したインターネットラジオ局などを変
更できないようにします。
YRB FL
YES(サウンドリフレクションボードを使用する)
NO(サウンドリフレクションボードを使用しない)(初期設定)
サウンドリフレクションボード YRB-100 をフロント左に使用するときに設定します。
YRB-100 については、99 ページをご覧ください。
YRB FR
YES(サウンドリフレクションボードを使用する)
NO(サウンドリフレクションボードを使用しない)(初期設定)
サウンドリフレクションボード YRB-100 をフロント右に使用するときに設定します。
YRB-100 については、99 ページをご覧ください。
YRB SL
YES(サウンドリフレクションボードを使用する)
NO(サウンドリフレクションボードを使用しない)(初期設定)
サウンドリフレクションボード YRB-100 をサラウンド左に使用するときに設定します。
YRB-100 については、99 ページをご覧ください。
YRB SR
YES(サウンドリフレクションボードを使用する)
NO(サウンドリフレクションボードを使用しない)(初期設定)
サウンドリフレクションボード YRB-100 をサラウンド右に使用するときに設定します。
YRB-100 については、99 ページをご覧ください。
AUTO POWER STANDBY
ON(自動的にオフにする)
OFF(自動的にオフにしない)(初期設定)
ON に設定すると、以下のいずれかの場合に電源が自動的にオフになります。
• 音声は入力されているが、操作がない状態で 8 時間経過
• HDMI1-4、BLUETOOTH、または NET が入力ソースとして選択されているが、音声入
力や操作がない状態で 20 分経過
NOTICE OF NEW FW
ON(通知する)(初期設定)
OFF(通知しない)
本機のファームウェアのアップデートがネットワーク経由で提供されている場合でも、
テレビ画面にお知らせを表示させないようにします。
FW UPDATE
01.02(ファームウェアのバージョン表示例)
Start OK?(ファームウェアのアップデート)
本機のファームウェアのバージョン確認と、ファームウェアの更新ができます(87 ペー
ジ)。
INITIALIZE
INFO(ネットワーク以外に関する設定を初期化する)
NET INFO(ネットワークに関する設定を初期化する)*
CANCEL(初期化しない)(初期設定)
各種設定を工場出荷状態に戻します。本機の操作ができなくなったときなどに、初期化
することで問題が解決する場合があります。
* 以下の設定は、「INFO」を選ぶと初期化されます。
‒ ネットワークスタンバイ(81 ページ)
‒ Bluetooth(44 ページ)
• 初期化すると、インテリビームの測定結果やシステムメモリーに保存した設定も初期化されます。再度インテリビームで自動設定してください(28 ページ)。
86
拡張メニュー
機能の追加や不具合の改善に応じて、新しいファームウェアが提
供されることがあります。本機がインターネットに接続されてい
る場合、ネットワークから最新のファームウェアをダウンロード
新しいファームウェアが提供されてから、はじめて本機の電源を
1
(66 ページ)。
)キーを 2 回押す。
「設定メニュー」が表示されます。
オンにすると、テレビ画面にファームウェア更新のメッセージが
表示され、設定メニューに封筒アイコン( )が表示されます
設定(
準備する
して、ファームウェアを更新できます。
設定メニューの「ネットワークアップデー
ト」から更新する
2
本機の特長
本機のファームウェアを更新する
S / T キーで「ネットワーク」を選び、決定キーを押
す。
• 本機の設定メニューの「ネットワークアップデート」から更新する
• 更新用ファームウェアを格納した USB メモリーを本機に接続し
て更新する(88 ページ)
S / T キーで「ネットワークアップデート」を選び、
決定キーを押す。
ファームウェアの更新が可能な場合、以下の画面が表示され
ます。
ネットワークを
活用する
/
決定
設定( )
3
再生する
ファームウェアの更新には以下の方法があります。
• MusicCast CONTROLLER アプリを使って、モバイル端末から更新
する(MusicCast CONTROLLER アプリのガイドにしたがってモバ
ࢿࢵࢺ࣮࣡ࢡ࢔ࢵࣉࢹ࣮ࢺ
イル端末を操作してください。
)
࢔ࢵࣉࢹ࣮ࢺࡢᐇ⾜
注意
• ファームウェア更新中は、本機を操作したり電源コードやネットワークケー
• ファームウェアを更新せずに終了するには設定(
)キーを押します。
ト回線の速度により異なります)
。
• インターネット回線の速度が十分に得られない場合や、無線ネットワークに
設定する
ブルを抜いたりしないでください。所要時間は約 20 分です(インターネッ
接続している場合など、接続状態によってはファームウェアの更新に失敗す
ることがあります。そのような場合は、時間をおいてアップデートをお試し
いただくか、USB メモリーを使ってファームウェアを更新してください
(88 ページ)。
付録
• 以下の操作を行うには、テレビと本機を HDMI で接続する必要があります。
• ファームウェアに関する詳細は弊社ウェブサイトをご覧ください。
安全上のご注意
本機のファームウェアを更新する
87
4
決定キーを押す。
USB メモリーを本機に接続して更新する
テレビ画面の表示が消え、ファームウェアの更新が始まります。
弊社ウェブサイトから本機の最新ファームウェアをダウンロードし、USB メモリーデ
更新中は前面ディスプレイに進行状況が表示されます。
バイスを使って本機のファームウェアを更新します。
詳しくは、ファームウェア更新時に提供される情報を確認してください。
FW Update
更新の状況を表示
Success!
5
前面ディスプレイに「Success!」と表示されたら、本体上面の z(電
源)キーを押す。
これでファームウェアの更新は完了です。
1
2
3
4
USB メモリーに本機のファームウェアを保存する。
本機の電源をオフにする。
USB メモリーを本機背面のアップデート専用端子に接続する。
本機の電源をオンにして、拡張メニュー(85 ページ)で「FW UPDATE」
を選び、決定キーを押す。
5
S / T キーで「Start OK?」を選び、決定キーを押す。
ファームウェアの更新が始まります。
更新中は前面ディスプレイに進行状況が表示されます。
• ファームウェアの更新に失敗したときは、電源(z)キーを押して本機の電源を入れ直し、手順 1 から
やり直してください。
FW Update
•「XXXXSumErr」と表示された場合は、ネットワークの通信に問題が発生しています。通信状態を確認し、
電源(z)キーを押して本機の電源を入れ直したあと、手順 1 からやり直してください。
更新の状況を表示
Success!
6
前面ディスプレイに「Success!」と表示されたら、本体上面の z(電
源)キーを押す。
これでファームウェアの更新は完了です。
88
本機のファームウェアを更新する
やり直してください。それでも更新できない場合は、USB メモリーがアップデート専用端子に正しく差
し込まれているか確認してください。
• 以下のように表示された場合は、更新中に問題が発生しています。
‒「Not found」:
しています。DTS:X バージョン2へのバージョンアップは、本機のファームウェア
更新時に提供されます。
DTS:X バージョン2に関する詳細は、ファームウェア更新時に提供される情報をご
覧ください。
準備する
USB メモリーの中にファームウェアデータがありません。パソコンなどで USB メモリー内にファーム
本機は近日中に公開が予定されている DTS:X バージョン 2 へのアップデートに対応
本機の特長
DTS:X のアップデートについて
• ファームウェアの更新に失敗したときは、電源(z)キーを押して本機の電源を入れ直し、手順 1 から
ウェアデータを正しく保存してください。
‒「XXXXSumErr」:
USB メモリーに保存されたデータに問題があります。パソコンなどで USB メモリーのデータを確認し
てください。
再生する
ネットワークを
活用する
設定する
付録
安全上のご注意
本機のファームウェアを更新する
89
付録
故障かな?と思ったら
ご使用中に本機が正常に作動しなくなった場合は下記の点をご確認ください。対処しても正常に動作しない場合や、下記以外で異常が認められた場合は、本機の電源をオフにし、
電源プラグをコンセントから抜いてから、お買上げ店またはヤマハ修理ご相談センターにお問い合わせください。
全般
原因
対策
参照ページ
本機が正常に作動しない
症状
内部マイコンが外部電気ショック(落雷または過度の静電気)、または
電源電圧の低下によりフリーズしている。
コンセントから電源プラグを抜き、約 30 秒後にもう一度差し込んでく
ださい。
―
本体の電源(z)キーを押しても電源が入
らない / すぐに電源が切れてしまう
電源コードがしっかり接続されていない。
電源コードが正しくコンセントに接続されていることをご確認くださ
い。
25
内部マイコンが外部電気ショック(落雷または過度の静電気)、または
電源電圧の低下によりフリーズしている。
コンセントから電源プラグを抜き、約 30 秒後にもう一度差し込んでく
ださい。
―
「PANEL LOCK」が「ON」に設定されている。
使用中に突然電源が切れる
機器内部の温度が上昇したため、保護回路が働き電源が切れた。
「AUTO POWER STANDBY」
(自動スタンバイ)が「ON」に設定されて
いて、以下のいずれかの条件の場合、自動的に電源が切れる。
− 音声入力があり、操作がない状態で 8 時間経過
− HDMI1-4、BLUETOOTH、または NET が入力ソースとして選択され
ているが、音声入力や操作がない状態で 20 分経過
ネットワークスタンバイモードが有効で、Bluetooth 機器との接続が切
断された。
90
故障かな?と思ったら
「PANEL LOCK」を「OFF」にしてください。
温度が下がるのを待ち(約 1 時間程度)、本機の周囲に十分なスペース
があること、本機を布などで覆っていないことを確認して電源を入れ
なおしてください。
86
11
電源を入れて再生しなおしてください。自動スタンバイ機能を使わな
い場合は、「AUTO POWER STANDBY」を「OFF」にしてください。
86
Bluetooth 機器側で再度本機に接続してください。または電源を入れて、
「ネットワークスタンバイ」を「オフ」に設定してください。
81
音声が出ない
原因
22
入力選択キーで、再生する機器を正しく選んでください。
35
音量が小さい。
音量を大きくしてください。
35
消音されている。
消音( )キーまたは音量(+ / −)キーを押して消音を解除してく
ださい。
35
本機で再生できない信号が入力されている。
本機で再生可能な信号の音源を再生してください。または再生機器の
設定を変更してください。
106
76
「HDMI コントロール」を「オフ」にしたまま使うには、本機の TV 端子
(光デジタル)とテレビの音声出力端子を光ファイバーケーブルで接続
してください。
21
テレビの HDMI に関する設定で、音声出力先をテレビの内蔵スピー
カー以外に切り替えてください。
―
該当チャンネルの音量が絞られている。
該当チャンネルの音量を調節してください。
41、74
音声ビームが正しく設定されていない。
音声ビームを調節してください。
28、69
36、37
ステレオ再生している。
3D サラウンドまたはサラウンドで再生してください。
本機と再生機器やテレビをデジタル接続している場合に、再生機器や
テレビのデジタル出力設定が有効になっていない。
再生機器やテレビ側の設定を確認してください。
再生機器側で、常に 2 チャンネル(PCM など)で出力するように設定
されている
再生機器側の音声出力設定を変更してください。
部屋が特殊な形状をしている、または本機の設置場所や視聴位置が部
屋の左右の壁の中央からずれている。
本機の設置場所や視聴位置を変更してください。
音声ビーム経路上に壁がない。
音声ビーム経路上にサウンドリフレクションボードを設置してくださ
い。
マイサラウンドをオンに設定し、本体中央正面以外の場所で視聴して
いる。
本体中央正面で視聴してください。
ハイトチャンネルの音声ビームの角度が正しく設定されていない。
3D サラウンドで再生し、設定メニューの「垂直角度」で「ハイト右」
と「ハイト左」を音声がよく聞こえるように調節してください。
3D サラウンド以外のモードで再生している。
3D サラウンドで再生してください。
36
天井が高すぎる、または天井に突起物がある。
本機の設置場所や視聴位置を変更し、もう一度自動設定を実施してく
ださい。
28
ネットワークを
活用する
―
―
設定する
12
99
73
付録
上方からの音声がはっきり聞こえない
76
ARC(オーディオリターンチャンネル)対応のテレビと本機を HDMI
ケーブルのみで接続する場合は、「HDMI コントロール」を「オン」に
設定してください。
再生する
HDMI コントロール機能を使用しているテレビの音声出力先が、テレビ
の内蔵スピーカーになっている。
「AMP」に設定してください。
準備する
接続を確認してください。
再生する機器が正しく選ばれていない。
「HDMI 音声出力」が「TV」に設定されている。
十分なサラウンド効果が得られない
参照ページ
再生機器がしっかり接続されていない。
「HDMI コントロール」が「オフ」に設定されている。
特定のチャンネル音声が出ない / はっきり
聞こえない
対策
本機の特長
症状
36、69
安全上のご注意
故障かな?と思ったら
91
症状
サブウーファーから音声が出
ない
原因
サブウーファーの電源コードがしっかり接続されていない。
電源コードをコンセントに正しく接続してください。
―
有線 / 無線
サブウーファーの音量が小さい。
サブウーファー本体の音量を調節してください。
―
有線 / 無線
サブウーファーの電源がオフになっている。
サブウーファーをオンにしてください。
―
有線 / 無線
サブウーファーのオートスタンバイ(自動的に電源を切る機能)が作
動した。
サブウーファーのオートスタンバイを無効にするか、動作感度を調節
してください。
―
有線
無線
92
故障かな?と思ったら
参照ページ
有線 / 無線
無線
サブウーファーからの音量が
小さい。
対策
サブウーファーの出力が「フロント / 無線」に設定されている。
無線の通信状態が悪く、本機とワイヤレスサブウーファーキットが接
続されない。
(ワイヤレスサブウーファーキットのインジケーターが緑色で点滅、ま
たは赤色で点灯している。)
本機とワイヤレスサブウーファーキットがペアリングされていない。
(ワイヤレスサブウーファーキットのインジケーターが赤色で点滅して
いる。)
「有線」に設定してください。
73
ワイヤレスサブウーファーキットを本機に近づけてください。
近づけても改善しない場合は、ワイヤレスサブウーファーキットを動
かして、ワイヤレスサブウーファーキットのインジケーターが緑色に
点灯する場所に設置してください。
―
本体とワイヤレスサブウーファーキットの間が金属製の家具などで遮
られている場合は、家具やワイヤレスサブウーファーキットの位置を
変えてください。
―
近くに電子レンジや無線 LAN 機器など、電磁波を発する物がある場合
は、それらのものから離れたところに設置してください。
―
ワイヤレスサブウーファーキットの電源コードをコンセントから抜き、
再度接続してください。
―
本機にワイヤレスサブウーファーキットを近づけるなどして、良好な
通信状態にしてから以下のようにペアリングしてください。
設定メニューでサブウーファーの「ペアリング」を選んだあと、ワイ
ヤレスサブウーファーキットの SUBWOOFER PAIRING ボタンを 3 秒間
押してペアリングを行ってください。ペアリングを実施してもワイヤ
レスサブウーファーキットのインジケーターが緑色で点灯しない場合
は、故障の可能性があります。電源プラグをコンセントから抜き、ヤ
マハ修理ご相談センターにお問い合わせください。
73
無線
サブウーファーの出力が「有線」に設定されている。
有線 / 無線
サブウーファーの音量が小さい。
「フロント / 無線」に設定してください。
サブウーファー本体の音量を調節してください。
73
―
SW(+)キーを押して音量を上げてください。
35
有線 / 無線
低音域が少ない音源を再生している。
低音域が多く含まれる音源を再生して確認してください。
―
有線 / 無線
ターゲット再生している。
3D サラウンド再生、サラウンド再生またはステレオ再生にしてくださ
い。
36、37、
39
サブウーファーの音が途切れ
る
原因
対策
参照ページ
サブウーファーと本機(またはワイヤレスサブウーファーサブウー
ファーキット)を接続するケーブルがしっかり接続されていない。
接続を確認してください。
無線
無線の通信状態が悪く、本機とワイヤレスサブウーファーキットの接
続が途切れる。
ワイヤレスサブウーファーキットを本機に近づけてください。
近づけても改善しない場合は、ワイヤレスサブウーファーキットを動
かして、ワイヤレスサブウーファーキットのインジケーターが緑色に
点灯する場所に設置してください。
―
本体とワイヤレスサブウーファーキットの間が金属製の家具などで遮
られている場合は、家具やワイヤレスサブウーファーキットの位置を
変えてください。
―
近くに電子レンジや無線 LAN 機器など、電磁波を発する物がある場合
は、それらのものから離れたところに設置してください。
―
HDMI ケーブルがしっかり接続されていない。
接続を確認してください。
本機のメニュー画面が表示されない
テレビの入力切り替えが正しく設定されていない。
テレビの入力を本機にしてください。
デジタル機器や高周波機器からの雑音を受
けている
本機とデジタル機器や高周波機器の設置場所が近すぎる。
本機からそれらの機器を離してください。
「HDMI コントロール」が「オン」に設定されているとき、テレビの仕
様によっては、チャンネルを変えるなどのテレビの操作で、音場プロ
グラムなどの本機の設定が変更される。
HDMI コントロール機能が正常に動作しな 「HDMI コントロール」が「オフ」に設定されている。
い
テレビの HDMI コントロール機能が有効になっていない。
76
「オン」に設定してください。
76
テレビ側の設定を確認してください。
―
規格の制限台数を超える HDMI 機器を接続している。
接続している HDMI 機器の数を減らしてください。
―
テレビまたは再生機器に、本機以外のアンプ機器(AV アンプ、サウン
ドバーなど)が HDMI ケーブルで接続されている。
テレビまたは再生機器に接続するアンプ機器を本機だけにしてくださ
い。
―
テレビがオーディオディレイの自動補正機能に対応していない。
操作したキーは現在の状態では機能しません。
「AUDIO DELAY」の遅延時間を手動で設定してください。
72
設定する
キー操作時に「Disable」と表示される
―
「HDMI コントロール」を「オフ」に設定するか、本機のリモコンで再
度設定してください。
フロントチャンネルの音声ビームを手動で 「チャンネル出力」の「フロント」が「ステレオ」に設定されている。 「ビーム」に設定してください。
調整できない
「AUDIO DELAY」を「AUTO」に設定して
も効果が感じられない
26
ネットワークを
活用する
設定した内容が変わってしまう
21、22
再生する
テレビ画面に映像が表示されない
24
準備する
有線 / 無線
本機の特長
症状
84
付録
―
安全上のご注意
故障かな?と思ったら
93
Bluetooth
症状
受信時
接続できない
原因
94
故障かな?と思ったら
参照ページ
「Bluetooth」が「オフ」になっている。
「オン」に設定してください。
82
「音声送信」が「オン」になっている。
「オフ」に設定してください。
82
本機の入力が Bluetooth 以外になっている。
入力を Bluetooth にしてください。
別の Bluetooth 機器が接続されている。
接続している機器と本機を切断し、受信したい機器と接続してくださ
い。
Bluetooth アダプタなどの機器でパスキーが「0000」以外の設定になっ
ている。
パスキーが「0000」の機器をお使いください。
接続したい Bluetooth 機器のプロファイルが A2DP 対応ではない。
A2DP 対応の機器 ( オーディオ用の Bluetooth 機器)と接続してくださ
い。
20 台を超える機器と接続をしたため、接続情報が削除された。
接続し直してください。
本機は受信 / 送信合わせて最大 20 台の Bluetooth 機器と接続が可能です
が、21 台目を登録すると、接続した日時が最も古い機器の接続情報が
削除されます。
44、45
本機と Bluetooth 機器との距離を 10m 以内にして接続してください。
44、45
本機と Bluetooth 機器の距離が離れすぎている。
音が出ない、または音が途
切れる
対策
45
44、45
44
105
2.4 GHz 帯の電磁波を発するもの(電子レンジ、無線 LAN 機器など)が 本機を電磁波を発するものから離して設置してください。
そばにある。
―
送信側の Bluetooth 機器が Bluetooth 信号を本機に送っていない。
送信側の Bluetooth 機能が正しく設定されているか確認してください。
―
送信側の Bluetooth 機器を再生していない。
送信側の Bluetooth 機器を再生してください。
―
送信側の Bluetooth 機器の音量が最小になっている。
送信側の Bluetooth 機器の音量を上げてください。
―
本機と Bluetooth 機器の距離が離れすぎている。
本機と Bluetooth 機器との距離を 10m 以内に近づけてください。
44、45
2.4 GHz 帯の電磁波を発するもの(電子レンジ、無線 LAN 機器など)が 本機を電磁波を発するものから離して設置してください。
そばにある。
―
接続が切れている。
45
接続し直してください。
接続できない
原因
対策
参照ページ
「Bluetooth」が「オフ」になっている。
「オン」に設定してください。
82
「音声送信」が「オフ」になっている。
「オン」に設定してください。
82
44、47
接続したい Bluetooth 機器のプロファイルが A2DP 対応ではない。
A2DP 対応の機器 ( オーディオ用の Bluetooth 機器)と接続してくださ
い。
105
20 台を超える機器と接続をしたため、接続情報が削除された。
接続し直してください。
本機は受信 / 送信合わせて最大 20 台の Bluetooth 機器と接続が可能です
が、21 台目を登録すると、接続した日時が最も古い機器の接続情報が
削除されます。
44、47
本機と Bluetooth 機器との距離を 10m 以内にして接続してください。
44、47
本機と Bluetooth 機器の距離が離れすぎている。
2.4 GHz 帯の電磁波を発するもの(電子レンジ、無線 LAN 機器など)が 本機を電磁波を発するものから離して設置してください。
そばにある。
受信側の Bluetooth 機器の設定が正しくない。
受信側の Bluetooth 機器で、本機から受信できる設定になっているか確
認してください。
―
受信側の Bluetooth 機器の音量が最小になっている。
受信側の Bluetooth 機器の音量を上げてください。
―
送信する音声を再生していない。
入力選択キーで選んだ機器を再生してください。
本機と Bluetooth 機器の距離が離れすぎている。
本機と Bluetooth 機器との距離を 10m 以内に近づけてください。
47
44、47
―
接続が切れている。
接続し直してください。
47
AirPlay の再生中に送信しようとした。
AirPlay の音声は送信できません。AirPlay の再生を終了してから接続し
直してください。
47、63
対策
参照ページ
リモコン操作範囲からはずれている。
本体のリモコン受光部から 6m 以内、角度 30° 以内の範囲で操作して
ください。
6
受光部に日光や照明(インバーター蛍光灯やストロボライトなど)が
当たっている。
照明、または本体の向きを変えてください。
乾電池が消耗している。
乾電池をすべて新品に交換してください。
設定する
2.4 GHz 帯の電磁波を発するもの(電子レンジ、無線 LAN 機器など)が 本機を電磁波を発するものから離して設置してください。
そばにある。
ネットワークを
活用する
受信側の Bluetooth 機器か
ら音が出ない、または音が
途切れる
―
再生する
接続している機器と本機を切断し、送信したい機器と接続してくださ
い。
準備する
別の Bluetooth 機器が接続されている。
本機の特長
症状
送信時
リモコン
リモコンで本機を操作できない
原因
6
故障かな?と思ったら
安全上のご注意
―
付録
症状
95
ネットワーク
症状
対策
参照ページ
ルーターの DHCP サーバー機能を有効にしてください。また、本機の
設定メニューで「DHCP」を「オン」に設定してください。DHCP サー
バーを使用せずに、ネットワーク情報を手動で設定する場合は、本機
の IP アドレスが他のネットワーク機器と重複しないようにしてくださ
い。
80
「無線(Wi-Fi)」の設定で「接続できません 無線 LAN ルーター(アクセスポイント)の MAC アドレスフィルター
でした」と表示され、無線 LAN ルーター
が有効になっている。
(アクセスポイント)と接続できない
MAC アドレスフィルターが有効になっている場合は接続できません。
無線 LAN ルーター(アクセスポイント)の設定を確認し、別の接続方
法を試してください。
49、80
「無線(Wi-Fi)」の WPS 機能(「WPS ボタ
無線 LAN ルーター(アクセスポイント)の ESS-ID ステルス機能(SSID
ン」、「PIN コード」)や「アクセスポイント の隠蔽)が有効に設定されている。
検索」を使った設定で、「接続できません
でした」と表示され、無線 LAN ルーター
(アクセスポイント)と接続できない
ESS-ID ステルス機能(SSID の隠蔽)が有効に設定されている場合は接
続できません。無線 LAN ルーター(アクセスポイント)の設定を確認
し、別の接続方法を試してください。
ネットワーク機能を使用できない
原因
ネットワーク情報(IP アドレス)が正しく取得されていない。
「無線(Wi-Fi)」の WPS 機能(「WPS ボタ
無線 LAN ルーター(アクセスポイント)が暗号化方式に WEP を使用し WPS 機能では接続できません。別の接続方法を試してください。
ン」、「PIN コード」)を使った設定で「接続 ている。
できませんでした」と表示され、無線 LAN
ルーター(アクセスポイント)と接続でき
ない
52、56
再生が停止してしまう(連続して再生でき
ない)
本機が再生できないファイルが存在する。
再生するフォルダーには、本機が再生できないファイル(画像ファイ
ルや隠しファイルなどを含む)を入れないでください。
―
パソコン(サーバー)が検出されない
メディアの共有設定が正しくない。
本機がパソコン(サーバー)のフォルダーにアクセスできるように、
パソコン(サーバー)のメディアの共有設定を変更してください。
59
セキュリティソフトなどの設定により、パソコン(サーバー)へのア
クセスが制限されている。
パソコン(サーバー)のセキュリティソフトの設定を確認してくださ
い。
―
本機とパソコン(サーバー)が同じネットワークに接続されていない。 本機、パソコン(サーバー)のネットワーク設定を確認し、同じネッ
トワークに接続してください。
―
MAC アドレスフィルターが有効になっている。
パソコン(サーバー)のファイルが表示
(再生)されない
96
52、56
故障かな?と思ったら
本機またはパソコン(サーバー)が非対応のファイル形式を使用して
いる。
設定メニューの「MAC アドレスフィルター」で、MAC アドレスフィル
ターを無効にするか、使用するパソコンの MAC アドレスを指定してく
ださい。
80
本機およびパソコン(サーバー)が対応しているファイル形式を使用
してください。
59
インターネットラジオを再生できない
原因
選択したラジオ局のサービスが現在停止している。
時間帯により無音放送になっているラジオ局があります。この場合は
受信できていても音はでません。しばらく経ってから再生するか、別
のラジオ局を選んでください。
―
ルーターなどネットワーク機器のファイアウォール設定により、ネッ
トワークへのアクセスが制限されている。
ファイアウォールの設定をご確認ください。なお、インターネットラ
ジオは各ラジオ局指定のポート経由でのみ再生できます。ポート番号
はラジオ局により異なります。
―
MAC アドレスフィルターが有効になっている。
設定メニューの「MAC アドレスフィルター」で、MAC アドレスフィル
ターを無効にするか、使用するモバイル端末の MAC アドレスを指定し
てください。
80
本機とモバイル端末が同じネットワークに接続されていない。
ネットワーク接続やルーターの設定を確認し、同じネットワークに接
続してください。
―
ネットワークの接続状態がよくない。
しばらく経ってから再度更新をお試しください。または USB メモリー
を使ってファームウェアを更新してください。
87
本機、モバイル端末のネットワーク設定を確認し、同じ SSID を持つ
ネットワークに接続してください。
―
モバイル端末にインストールしたアプリが
本機を認識しない
無線 LAN ルーター(アクセスポイント)
経由でインターネットに接続できない
無線 LAN ルーター(アクセスポイント)の電源を入れてください。
―
本機と無線 LAN ルーター(アクセスポイント)との距離が離れすぎて
いる。
本機と無線 LAN ルーター(アクセスポイント)を近づけて設置してく
ださい。
―
本機と無線 LAN ルーター(アクセスポイント)の間に障害物がある。
本機と無線 LAN ルーター(アクセスポイント)の間に障害物がない場
所に設置してください。
―
電子レンジやその他の無線機器からの電磁波により、無線通信が妨害
されている。
本機を電磁波を発するものから離して設置してください。
無線 LAN ルーター(アクセスポイント)のファイアウォール設定によ
り、ネットワークへのアクセスが制限されている。
無線 LAN ルーター(アクセスポイント)のファイアウォール設定をご
確認ください。
設定する
無線ネットワークが見つからない
無線 LAN ルーター(アクセスポイント)の電源が切れている。
ネットワークを
活用する
AirPlay 使用時、iPod から本機を認識でき (同じアクセスポイントの)別々の SSID に接続している。
ない
再生する
―
準備する
ネットワーク経由によるファームウェアの
更新に失敗した
参照ページ
ラジオ局側のネットワークエラーにより受信できない場合や、サービ
スを休止している場合があります。しばらく経ってから再生するか、
別のラジオ局を選んでください。
選択したインターネットラジオ局が無音を放送している。
モバイル端末の専用アプリで本機が検出さ
れない
対策
本機の特長
症状
―
―
付録
安全上のご注意
故障かな?と思ったら
97
前面ディスプレイのメッセージ
メッセージ
98
内容
参照ページ
ViewScreen
テレビ画面に本機の設定画面を表示しています。テレビを見ながら設定してください。
66
Key Locked
本体の操作キーをロックしています。リモコンで操作してください。
85
Sleep XXmin
自動スタンバイ機能により、XX 分後に電源がオフになります。
85
Protected
システムメモリー 1-3、およびネットラジオ 1-3 は保護されています。
85
Disable
キーの操作は無効です。
―
前面ディスプレイのメッセージ
本機の特長
サラウンド感が得られないときは
本機は音声をビーム化し、壁面に反射させることでサラウンド音響を実現しています。
YRB-100 の 設置と調整
設置した部屋の状態によってはビームが視聴位置の方向に反射されず、音量のバラン
スや音の方向が不自然に聴こえることがあります。
サウンドリフレクションボードの位置を決める。
図を参考にしてサウンドリフレクションボードを設置してください。
準備する
1
• サウンドリフレクションボードを移動するときは、必ずポールを持ってください。
います(74 ページ)。
図 1:理想的な反射状態
サラウンド右チャンネルの音が小
さくなったり、理想的な位置より
前方から音が聴こえたりします。
推奨する設置場所
フロント側 1.5 ∼ 3m 目安
ネットワークを
活用する
図 2:壁がなく、サラウンド右
チャンネルの音声が反射さ
れない状態
再生する
• どの方向からの音が聴こえにくいかを正確に知るには、設定メニューの「チャンネルレベル」を使
YRB-100
上記の図 2 のようにビームが視聴位置の方向に反射されない場合、別売の「サウンド
感を向上させることができます。
図 3:サウンドリフレクション
ボードを設置した状態
視聴位置
サラウンド右チャンネルのビー
ムが壁面に正しく反射されて理
想的な反射状態となります。
サラウンド側
視聴位置より後ろ、
フロント側用パネルより内側に設置
する
設定する
フロント側
視聴位置より前、
サラウンド側用パネルより外側
に設置する
リフレクションボード(YRB-100)」を設置することで、壁がない場所でもサラウンド
付録
サラウンド側 1 ∼ 2.5m 目安
安全上のご注意
サラウンド感が得られないときは
99
2
拡張メニュー(85 ページ)でサウンドリフレクションボードを設定す
る。
6
本機にインテリビームマイクを接続し、音声ビームの自動設定(ビーム
調整 + 音質調整)を行う(28 ページ)。
設置するリフレクションボードの位置に応じて、YRB FL(フロント左)、YRB FR
(フロント右)、YRB SL(サラウンド左)、および YRB SR(サラウンド右)を
測定結果の画面の「YRB」に、サウンドリフレクションボードを設置したチャン
ネル(FL、FR、SL、および SR)が表示されているかを確認してください。
「YES」にします。
音声ビームの反射レベルが低いチャンネルには、「*」が表示されます。
テレビ画面全体にカラーバーが表示されます。手順 4 でパネルの左右の方向を決
めるとき、パネルにテレビ画面が写り込んでいるかを判別しやすくなります。
3
高さを決める。
本機やサウンドリフレクションボードの位置、および視聴位置に応じて、サウン
ドリフレクションボードのパネルを適切な高さに調節します。
詳しくは YRB-100 の取扱説明書をご覧ください。
4
反射レベルが低い
左右の方向を決める
このような場合は、以下のように調節し直してください。
音声ビームが視聴位置に反射するようにパネルの方向を調節します。
a サウンドリフレクションボードの設置状態を確認し、パネルの高さや左右の方向を
テレビをつけ部屋を少し暗くして視聴位置からパネルを見た場合に、パネルにテ
レビ画面(カラーバー表示)が写り込んでいるとき、パネルは適切な方向になっ
5
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉ ᐃ⤖ᯝ
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉ ᐃࡀ⤊஢ࡋࡲࡋࡓࠋ
ࠉࠉࠉ⎔ቃࢳ࢙ࢵࢡࠉ㸸᏶஢
ࠉࠉࠉࣇࣟࣥࢺࠉࠉࠉ㸸ࢫࢸࣞ࢜
ࠉࠉࠉࢧࣛ࢘ࣥࢻࠉࠉ㸸ࣅ࣮࣒
ࠉࠉࠉࢧࣈ࣮࢘ࣇ࢓࣮㸸᭷⥺
ࠉࠉࠉ㹗㹐㹀ࠉࠉࠉࠉ㸸㹄㹊ࠉࠉࠉࠉࠉࠉ㹑㹊㸨
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉ㹙Ỵᐃ㹛㸸タᐃࡍࡿ
ࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉࠉ㹙ᡠࡿ㹛㸸タᐃࡋ࡞࠸
調節する。
b 設定メニューの「チャンネルレベル」
(74 ページ)を使って、テスト音が良好に反
ています。詳しくは YRB-100 の取扱説明書をご覧ください。
射するようになったか確認する。
電源(z)キーを押して本機の電源を切り、もう一度押して電源を入れ
正確に確認するには、音声ビームの自動設定を行って、チャンネル表示から「*」
が消えているか確認してください。
る。
それでも「*」が消えないときや、テスト音がサウンドリフレクションボードの
方向から聴こえないときは、YRB-100 の取扱説明書に従って、音声ビームを手動
で調節してください。
100
サラウンド感が得られないときは
本機の特長
サラウンドの基礎知識
デジタルサウンドプロジェクターとは?
デジタルサウンドプロジェクターは、均等に配列された小口径のス
用します。また、高さ方向の音声の再生にも対応したサラウンド再
ピーカーごとに遅延時間を適切に制御し、個々のスピーカーのアン
生システムを構築するには、さらに 2 つ以上のスピーカーを視聴位
プを駆動させることにより、各スピーカーから出力された音声が合
置の頭上に設置する必要があります。
成され、強い指向性を持った音(音声ビーム)が生成されます。
本機のサウンドイメージ
準備する
通常のサラウンド再生システムの場合、5 ∼ 7 個のスピーカーを使
デジタルアンプ
ハイトスピーカー
再生する
フロント
スピーカー
スピーカー
フロント
スピーカー
サブウーファー
ネットワークを
活用する
狙った方向に
音のビームを飛ばす
センタースピーカー
指向性の強い音は波のような性質を持つため、かたい壁や天井に当
サラウンド
スピーカー
サラウンド
スピーカー
たると反射します。デジタルサウンドプロジェクターはフロント
(左 / 右)、センター、サラウンド(左 / 右)、ハイト(左 / 右)の 7
チャンネル分の音声ビームを、壁面や天井の反射を利用して聴き手
にとって適切な方向から音が届くように出力することで、側面や背
設定する
サラウンドバックスピーカー
面、天井にスピーカーを置かずにサラウンドを実現する技術です。
また、前方(左 / 右)と後方(左 / 右)の音声ビームを組み合わせ
上図のように試聴位置をスピーカーで囲むことで、臨場感の高い音
ることによって 2 つの音声チャンネルをつくり出し、水平面 7.1
場空間をつくり出すことはできますが、実際には家庭のリビング
チャンネルのサラウンド再生を実現します。この場合、新たにつく
ルームにたくさんのスピーカーを設置するのは大変です。そこで、
り出された 2 つの音声チャンネルはサラウンドチャンネルを出力し、
本機は「デジタルサウンドプロジェクター」技術を使用し、本機だ
後方(左 / 右)の音声ビームはサラウンドバックチャンネルの音声
けでリアルなサラウンドを実現できるようにしました。
を出力します。
付録
安全上のご注意
サラウンドの基礎知識
101
オブジェクトベースオーディオと
は?
これまでのオーディオ技術では、音源を製作する段階でどのチャン
ネル(スピーカー)からどの音を出力するかをあらかじめ決めてい
ました。これを「チャンネルベースオーディオ」と呼びます。これ
に対して Dolby Atmos などの新しいオーディオ技術では、オブジェ
クトベースオーディオと呼ばれる新しい技術を採用しています。こ
れは、音源の中の一つ一つの音(例えば、1 台の車の音、俳優一人
ひとりの声など)を「オブジェクト」として捉え、音の変化と音場
空間内での位置の変化をオブジェクト毎に記録し、再生時にコント
ロールする技術です。家庭用のサラウンドシステムにオブジェクト
ベースオーディオを使う最大のメリットは、使用する機器の機能や
本機には他にもヤマハの優れた音声技術を活かした機能を多数搭載
しています。
ミュージックエンハンサー
携帯音楽プレーヤーやパソコン などで使用される圧縮オーディオ
フォーマット(MP3、AAC など)で不足しがちな高音域と低音域を
拡張・強調する技術です。これにより圧縮音声をより音楽的にダイ
ナミックにお楽しみいただけます。
シネマ DSP/ シネマ DSP 3D
スピーカーの数に合わせて柔軟に音声の出力方法をコントロールで
ヤマハが所有する豊富な音場の実測データに基づく音場技術を応用
きることにあります。本機の場合、設置する部屋に応じてビーム出
し、音のスケールや奥行き、音量感を補正することで、ご家庭で映
力を調整しますが、それぞれの再生環境に応じてオブジェクトの動
画館のような臨場感あふれる視聴体験を実現する技術です。
きを演算し、サウンドディレクターの意図に忠実な音場空間を再現
シネマ DSP 3D は高さ方向も含めた 3 次元の音場データを使用して
します。また、高さ方向の音声出力にも対応しているため、音源内
通常のシネマ DSP をさらに拡張し、よりリアルな立体感を持つ音場
の一つ一つの音(オブジェクト)は音場空間内を自由に動き回るこ
効果を実現します。
とができます。
102
ヤマハの音声技術
サラウンドの基礎知識
本機の特長
用語 / 技術解説
音声 / 映像に関する用語
Dolby Digital Plus(ドルビーデジタルプラス)
サンプリング周波数と量子化ビット数
Dolby Digital と互換性があるため、Dolby Digital 対応の機器でも再生できます。BD(ブルーレイディス
ク)などで採用されています。
に表現されます。
Dolby Surround
• サンプリング周波数
ドルビーラボラトリーズにより開発された、2 ∼ 7.1 チャンネルのコンテンツを、使用されるオーディオシ
1 秒間にサンプリング(信号の大きさを数値に置き換えること)する回数を示します。この数値が大き
いほど再生可能な音域が広がります。
音の大きさを数値化するときのきめ細かさを示します。この数値が大きいほど音の強弱変化をきめ細か
く再現できます。
AAC(アドバンスト・オーディオ・コーディング)
MPEG-2 オーディオ規格の一つで、モノラル音声から 5.1 チャンネル音声までを効率良く圧縮できる音声
Deep Color
HDMI がサポートしている映像技術です。RGB または YCbCr 信号の処理を、従来の 8 ビットに対して 10 /
12 / 16 ビットで処理することで、より豊かな色調表現が可能です。表現できる色の数が従来の数百万色か
ら数億色に増えたことにより、グラデーションの表現力や暗部のディテール再現力が向上します。
Dolby Atmos
れまでのサラウンド技術ではチャンネルごとに音声を収録してコントロールしていますが、Dolby Atmos
はコンテンツの音声を多数のオブジェクト(音声の情報と音の位置の動きに関する情報の組み合わせ)の
集まりとして収録し、さまざまなホームシアター環境に合わせて精密にコントロールすることにより、こ
Dolby TrueHD(ドルビー TrueHD)
スタジオマスター品質の音声を家庭で再現するために、ドルビーラボラトリーズによって開発されたロス
レス(可逆型)高品質音声フォーマットです。96kHz / 24bit 時で最大 8 チャンネル(192kHz / 24bit 時は最
大 6 チャンネル)のディスクリート音声信号を収録・再生できます。BD(ブルーレイディスク)で採用さ
れています。
DTS デジタルサラウンド
DTS 社により開発された、5.1 チャンネル対応の圧縮音声フォーマットです。多くの DVD ディスクなどで
採用されています。
DTS Express
DTS Digital Surround フォーマットよりも、さらに高圧縮に対応した 5.1 チャンネル対応の音声フォーマッ
トです。ネットワークストリーミングや BD(ブルーレイディスク)のセカンダリーオーディオなどを目的
として開発されています。
DTS-HD High Resolution Audio(DTS-HD ハイレゾリューションオーディオ)
DTS 社により開発された高品質 96kHz / 24bit 7.1 チャンネルに対応した圧縮音声フォーマットです。従来
の DTS デジタルサラウンドと互換性があります。BD(ブルーレイディスク)などで採用されています。
れまでにないリアリティを持つ 3 次元的な音響空間をつくり出すことができます。また、上方から聞こえ
DTS-HD Master Audio(DTS-HD マスターオーディオ)
る音を収録しているのも大きな特長です。元々は映画館のために開発された技術ですが、家庭用の機器で
スタジオマスター品質の音声を家庭で再現するために、DTS 社により開発されたロスレス(可逆型)高品
も楽しめるように設計されています。
質音声フォーマットです。96kHz / 24bit 時で最大 8 チャンネル(192kHz / 24bit 時は最大 6 チャンネル)の
Dolby Atmos コンテンツは、Dolby Atmos ストリームを含む Dolby True HD、または Dolby Digital Plus
ディスクリート音声信号を収録・再生できます。BD(ブルーレイディスク)で採用されています。
付録
フォーマットにより供給されます。
設定する
Dolby Atmos はドルビーラボラトリーズにより開発されたオブジェクトベースのサラウンド技術です。こ
コンテンツでもハイトチャンネルを含むサラウンドに拡張し、3D サラウンドで再生できます。
ネットワークを
活用する
フォーマットです。BS / 地上波デジタル放送で採用されています。
ステムに合わせて拡張するサラウンド技術です。Dolby Atmos コンテンツだけでなく、従来のオーディオ
再生する
• 量子化ビット数
準備する
アナログ音声信号をデジタル信号化する際の情報量を表す数値です。たとえば、48kHz / 24bit などのよう
ドルビーラボラトリーズにより開発された、7.1 チャンネル対応の圧縮音声フォーマットです。従来の
DTS Neo:6
2 チャンネルで記録された信号の音源を、6 チャンネル音声に変換する技術です。映画用の Cinema モー
ドルビーラボラトリーズにより開発された、5.1 チャンネル対応の圧縮音声フォーマットです。多くの
ド、音楽用の Music モードが用意されています。ディスクリート方式で記録された音声のようなチャンネ
DVD ディスクなどで採用されています。
ル分離感を実現します。
安全上のご注意
Dolby Digital(ドルビーデジタル)
Dolby Digital EX(ドルビーデジタル EX)
Dolby Digital Surround EX 方式で収録された 6.1 チャンネル音声の再生方式です。5.1ch 信号に追加して、
サラウンドバックチャンネルの音声も出力されます。
用語 / 技術解説
103
DTS:X
DTS:X は、DTS 社により開発された次世代オブジェクトベースのサラウンド技術です。チャンネルの枠を
越えて音のオブジェクトが視聴者を包み込む音場空間内を自由に動き、より正確な音場表現を実現します。
この音場表現が、これまでにない音の豊かさやリアリティ、没入感を生み出します。テレビ内蔵のスピー
カー、ホームシアターのスピーカー、さらには映画館に設置された多数のスピーカーに至るまで、多様な
SSID(Service Set Identifier)
無線ネットワークのアクセスポイントを特定するための名前です。
スピーカーの配置と視聴スペースに合わせて音声を自動調整し、最高の音響空間をつくり出すことができ
Wi-Fi
ます。
無線電波による電子機器間でのデータ通信やインターネット接続を可能にする技術です。ケーブル接続の
さらに詳しい情報については、http://www.dts.com/dtsx をご覧ください。
煩雑さがないのが利点です。Wi-Fi Alliance の互換性テストをクリアした製品のみに「Wi-Fi Certified」ロゴ
HDMI
が付与されます。
世界業界標準規格である HDMI(High-Definition Multimedia Interface Specification)規格に準じた、デジ
WPS(Wi-Fi Protected Setup)
タルインターフェースです。デジタルビデオ / オーディオ信号をデジタルのまま劣化させることなく、1 本
無線ネットワークを簡単に設定するための、Wi-Fi Alliance によって策定された規格です。
のケーブルで伝送できます。また、著作権保護技術(HDCP:High-bandwidth Digital Content Protection
System)に対応しています。詳しい情報については、"http://www.hdmi.org" を参照してください。
Neural:X
Neural:X は、DTS 社による最新のダウンミックス / アップミックス技術であり、空間の再配置技術です。
DTS:X に組み込まれており、Neural:X エンコードされた信号、通常の信号のどちらもアップミックスでき
ます。DTS:X 対応した サウンドバーでは、Neural:X が最大で 11.x チャンネルの信号をつくり出します。
PCM(パルス・コード・モジュレーション)
アナログ音声信号をデジタル音声信号に記録・変換・伝送する方式で、すべてのデジタル音声信号方式の
基礎となる技術です。また非圧縮音声フォーマットとして、CD をはじめとして BD(ブルーレイディスク)
などさまざまなコンテンツで採用されており、リニア PCM とも呼ばれています。
x.v.Color
HDMI がサポートしている映像技術です。色空間規格の 1 つで、sRGB 規格より広い色空間を持っているた
め、今までできなかった色の表現が可能です。sRGB 規格との互換性を確保しながら色空間を拡張し、より
鮮明で自然な映像になっています。
104
ネットワークに関する用語
用語 / 技術解説
本機の特長
主な仕様
YSP-5600
その他の端子
Bluetooth
• 定格出力
• インテリビームマイク .............................................................................1
• Bluetooth バージョン ........................................................ Ver.2.1+EDR
• システム接続................................................................................................1
• 対応プロファイル
アレイスピーカー(1kHz、1% THD、4Ω)..........................74.8W
ウーファー(100 Hz, 1% THD 4 Ω)............................17 W + 17 W
• 実用最大出力
アレイスピーカー(1kHz、10% THD、4Ω).......................... 88W
ウーファー(100 Hz, 10% THD 4Ω)...........................20 W + 20 W
• 垂直アレイスピーカー
スピーカー形式.............................................................. 密閉型 / 防磁型
ユニット .................................................. 2.8cm コーン型 6×2(L/R)
インピーダンス.......................................................................................4Ω
• アップデート専用端子 .............................................................................1
• IR IN 端子........................................................................................................1
インピーダンス.......................................................................................4Ω
受信 ............................................................................. SBC、MPEG-4 AAC
送信 ............................................................................................................ SBC
• RS-232C 端子................................................................................................1
• 無線出力 ............................................................................ Bluetooth Class2
ネットワーク
• 最大通信距離..................................................10m(妨害のないとき)
• Ethernet 規格:100BASE-T/10BASE-T
• 対応コンテンツ保護 ......................................SCMS-T 方式(受信時)
• DLNA ver1.5 対応
総合
• 対応コーデック
• 電源電圧 ................................................................. AC100V、50 / 60Hz
WAV (PCM フォーマットのみ ) /AIFF/FLAC:192 kHz まで
ALAC:96 kHz まで
• 消費電力 ..................................................................................................45W
• 待機消費電力
MP3/WMA/MPEG-4 AAC:48 kHz まで
• ウーファー
スピーカー形式......................................................... 密閉型 / 非防磁型
• 対応コーデック
HDMI コントロール オフ、
• AirPlay 対応
ネットワークスタンバイ オフ時 ..............................................0.3W
• インターネットラジオ
HDMI コントロール オン、
インピーダンス.......................................................................................4Ω
• radiko.jp
ネットワークスタンバイ オフ時 ..............................................1.6W
HDMI コントロール オフ、
入力端子
無線 LAN(Wi-Fi)
• オーディオ入力
• 無線 LAN 規格 ...............................................................IEEE802.11b/g/n
光デジタル.............................................................2(TV、光デジタル)
• 使用周波数帯域 ...............................................................................2.4GHz
• WPS(Wi-Fi Protected Setup...............................プッシュボタン式
PIN コード式
• HDMI 入力 ........................................................... 4(HDMI 入力 1 ∼ 4)
出力端子
• 対応セキュリティ ............................................................................... WEP
WPA2-PSK(AES)
Mixed Mode
無線 LAN(ワイヤレスダイレクト)
• モバイル機器の直接接続対応
ワイヤレスダイレクト /Bluetooth)................... 1.5/1.6/1.7/1.6 W
HDMI コントロール オン、
ネットワークスタンバイ オン時 ..............................................3.1W
• 寸法(幅 × 高さ × 奥行き)
転倒防止スタンドを含まない.......................... 1100×212×93mm
転倒防止スタンドを含む............................... 1100×216×122 mm
• 質量 ..................................................................................................... 11.7 kg
仕様、および外観は、改良のため予告なく変更することがあります。
主な仕様
安全上のご注意
• HDMI 出力(ARC)...................................................................................... 1
• サブウーファー出力.................................................................................. 1
ネットワークスタンバイ オン時
(有線ネットワーク / 無線ネットワーク /
付録
アナログ ................................................................................ 1 組(AUX1)
設定する
ユニット ....................................................................11cm コーン型 ×2
同軸デジタル .............................................................................1(AUX2)
ネットワークを
活用する
ユニット ................................................................ 4.0cm コーン型 ×32
送信 .........................................................................................................A2DP
• IR OUT 端子 ...................................................................................................1
• 水平アレイスピーカー
スピーカー形式.............................................................. 密閉型 / 防磁型
受信 ...................................................................................... A2DP、AVRCP
再生する
スピーカー部
• ネットワーク端子 ......................................................................................1
準備する
アンプ部
105
HDMI 信号
• 映像信号
• 音声信号
以下の映像信号に対応しています。
音声フォーマット
詳細
主なメディア
• x.v.Color
2ch、32 ∼ 192kHz、
16 / 20 / 24bit
CD、DVD-Video、DVD-Audio
8ch、32 ∼ 192kHz、
16 / 20 / 24bit
DVD-Audio、
BD(ブルーレイディスク)、
HD DVD
ビットストリーム
(SD オーディオ)
Dolby Digital、DTS、AAC
DVD-Video、デジタルテレビ放
送
ビットストリーム
(HD オーディオ)
Dolby Atmos、Dolby TrueHD、
Dolby Digital Plus、DTS:X*、
BD(ブルーレイディスク)、
DTS-HD Master Audio、DTSHD DVD
HD High Resolution Audio、
DTS Express
2 チャンネルリニア PCM
マルチチャンネルリニア PCM
• Deep Color
• 3D 映像信号
以下の解像度に対応しています。
• VGA
• 720p / 60Hz、50Hz
• 480i / 60Hz
• 1080i / 60Hz、50Hz
• 480p / 60Hz
• 1080p / 60Hz、50Hz、30Hz、25Hz、24Hz
• 576i / 50Hz
• 4K / 60Hz、50Hz、30Hz、25Hz、24Hz
• 576p / 50Hz
* ファームウェア更新後に、DTS:X に対応可能となる場合があります。
• 接続したテレビの性能により、伝送する映像信号の解像度などが変わります。
• 本機へ接続する方法については、再生機器の取扱説明書もご覧ください。
• お使いの DVD プレーヤーによっては、コピープロテクトがかかった DVD オーディオを再生する場合、
映像信号および音声信号が出力されないことがあります。
• 本機は HDCP 非対応の、HDMI や DVI 端子を装備したテレビやプロジェクターには対応していません。
デジタル音声
• 光・同軸
HDCP 対応の有無については、お使いの HDMI 機器や DVI 機器の取扱説明書をご覧ください。
• ビットストリーム音声信号をデコードするには、再生機器がビットストリーム信号をそのまま出力する
ように、再生機器で設定を変更してください。詳しくは、再生機器の取扱説明書をご覧ください。
音声フォーマット
詳細
主なメディア
2 チャンネルリニア PCM
2ch、32 ∼ 96kHz、
16 / 20 / 24bit
CD、DVD-Video、DVD-Audio
ビットストリーム
Dolby Digital、Dolby Digital
Surround EX、DTS、DTS-ES、
AAC
DVD-Video
• HDMI(ARC)
音声フォーマット
106
主な仕様
詳細
主なメディア
2 チャンネルリニア PCM
2ch、32 ∼ 192kHz、
16 / 20 / 24bit
TV
ビットストリーム
Dolby Digital Plus、
Dolby Digital 、DTS
TV
無線ネットワーク
(Wi-Fi)
「インテリビーム」「IntelliBeam」は、ヤマハ株式会社の商標です。
2.4 DS/OF 4
Bluetooth® およびロゴは Bluetooth SIG の登録商標であり、ヤマハ株
式会社はライセンスに基づき使用しています。他の商標および商号
本機の特長
本機の無線方式について
は、各所有権者の財産です。
Bluetooth について
2.4 GHz 帯を使用する無線設備
変調方式は DS-SS および OFDM 方式
想定干渉距離が 40 m 以内
全帯域を回避可能
「シネマ DSP」「CINEMA DSP」は、ヤマハ株式会社の登録商標です。
2.4 FH1
Bluetooth とは、無許可で使用可能な 2.4 GHz 帯の電波を利用し
て、対応する機器と無線で通信を行うことができる技術です。
Bluetooth 通信の取り扱いについて
ドルビーラボラトリーズからの実施権に基づき製造されています。
(Bluetooth)
•
•
Bluetooth 対応機器が使用する 2.4 GHz 帯は、さまざまな機器が共
有する周波数帯です。
よびダブル D 記号はドルビーラボラトリーズの商標です。
Bluetooth 対応機器は同じ周波数帯を使用する機器からの影響を最
よって通信速度や通信距離が低下することや、通信が切断される
ことがあります。
DTS の特許に関しては http://patents.dts.com をご覧ください。本製
品は DTS, Inc. のライセンスに基づき製造しています。
DTS、そのシンボルマーク、DTS とそのシンボルマークの組み合せ、
DTS:X、DTS:X ロゴ は 米国及びその他の国々における DTS Inc. の登
•
通信機器間の距離や障害物、電波状況、機器の種類により、通信
速度や通信距離は異なります。
•
本書はすべての Bluetooth 機能対応機器とのワイヤレス接続を保
証するものではありません。
録商標又は商標です。
2.4 XX 1
2.4GHz 帯を使用する無線設備
変調方式はその他の方式
想定干渉距離が 10m 以内
全帯域を回避可能
Apple
HDMI、HDMI ロゴ、および High-Definition Multimedia Interface は、
iTunes、Mac、AirPlay、iPad、iPhone、iPod、iPod touch は、米国
およびその他の国々で登録されている Apple Inc. の商標です。
iPhone 商標は、アイホン株式会社 のライセンスに基づき使用されて
います。
HDMI Licensing, LLC の商標または登録商標です。
設定する
「2.4」
「XX」
「1」
© DTS, Inc. All Rights Reserved.
ネットワークを
活用する
2.4 GHz 帯を使用する無線設備
変調方式は周波数ホッピング(FH-SS)方式
想定干渉距離が 10 m 以内
全帯域を使用し、かつ移動体識別装置の帯域
を回避不可
ワイヤレスサブウーファーキットとの通信
再生する
Dolby、ドルビー、Dolby Atmos、Dolby Surround、Surround EX お
小限に抑えるための技術を採用していますが、他の機器の影響に
「2.4」
「FH」
「1」
準備する
「2.4」
「DS/OF」
「4」
MusicCast はヤマハ株式会社の登録商標です。
付録
DLNA ™ および DLNA CERTIFIED ™ はデジタルリビングネットワーク
AAC ロゴマーク はドルビーラボラトリーズの商標です。
アライアンスの登録商標です。無断使用は固く禁じられています。
安全上のご注意
無線に関するご注意
この製品の使用周波数帯では、電子レンジなどの産業・科
学・医療用機器のほか、工場の製造ライン等で使用されてい
る移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)および
特定小電力無線局(免許を要しない無線局)並びにアマチュ
ア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。
1 この機器を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線
局及び特定小電力無線局並びにアマチュア無線局が運用され
ていないことを確認してください。
2 万一、この機器から移動体識別用の構内無線局に対して有
害な電波干渉の事例が発生した場合には、速やかに使用場所
を変えるか、又は機器の運用を停止(電波の発射を停止)し
てください。
「x.v.Color」はソニー株式会社の商標です。
主な仕様
107
Windows ™
GPL/LGPL について
Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国にお
本製品は、GPL/LGPL ライセンスが適用されたオープンソースソフト
ける登録商標です。
ウェアのコードを一部に使用しています。
Internet Explorer、Windows Media Audio、Windows Media Player
は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登
録商標、または商標です。
お客様は GPL/LGPL ライセンスの条件に従い、これらのソフトウェ
アのソースコードを入手、改変、再配布する権利があります。
GPL/LGPL ライセンスの適用を受けるソフトウェアの概要、ソース
コードの入手、GPL/LGPL ライセンスの内容につきましては、以下の
Android ™
弊社ウェブサイトをご覧ください。
Android および Google Play は、Google Inc. の商標または登録商標
http://download.yamaha.com/sourcecodes/musiccast/
です。
Bluetooth プロトコルスタック (Blue SDK)
© 1999-2014 OpenSynergy GmbH
All rights reserved. All unpublished rights reserved.
Wi-Fi CERTIFIED ロゴは Wi-Fi Alliance の認証マークです。
Wi-Fi Protected Setup のマークは Wi-Fi Alliance の認証マークです。
Wi-Fi、Wi-Fi Alliance、Wi-Fi CERTIFIED、Wi-Fi Protected Setup、
WPA、WPA2 は Wi-Fi Alliance の商標または登録商標です。
「ブルーレイ ™」および「ブルーレイディスク ™」はブルーレイ
ディスクアソシエーションの商標です。
「ラジコ」、
「radiko」および radiko ロゴは株式会社 radiko の登録商
標です。
108
主な仕様
本機の特長
警告
安全上のご注意
ご使用の前に、必ずこの「安全上のご注意」をよくお読みください。
電源 / 電源コード
電源プラグは、見える位置で、手が届く範囲のコン
セントに接続する。
お読みになったあとは、使用される方がいつでも見られる所に必ず保管してください。
万一の場合、電源プラグを容易に引き抜くためで
す。
■ 記号表示について
■ 「警告」と「注意」について
下記の場合には、すぐに電源を切り、電源プラグを
コンセントから抜く。
この製品や取扱説明書に表示されている記号には、次
以下、誤った取り扱いをすると生じることが想定され
● 異常なにおいや音がする
のような意味があります。
る内容を、危害や損害の大きさと切迫の程度を明示す
● 異常に高温になる。
るために、
「警告」と「注意」に区分して掲載していま
す。
● 煙が出る。
そのまま使用すると、火災や感電の原因になりま
す。
警告
この表示の欄は、「死亡する可能性
または重傷を負う可能性が想定され
る」内容です。
電源コードを傷つけない。
● 重いものを上に載せない。
● ステープルで止めない。● 加工をしない。
「∼しないでください」という「禁止」を示します。
● 熱器具には近づけない。● 無理な力を加えない。
芯線がむき出しのまま使用すると、火災や感電の原
因になります。
必ず AC100V(50 / 60Hz)の電源電圧で使用する。
「必ず実行してください」という強制を示します。
それ以外の電源電圧で使用すると、火災や感電の原
因になります。
設定する
注意
この表示の欄は、「傷害を負う可能
性または物的損害が発生する可能性
が想定される」内容です。
ネットワークを
活用する
「ご注意ください」という注意喚起を示します。
● 内部に水や異物が混入した。
再生する
防止するためのものです。必ずお守りください。
準備する
ここに示した注意事項は、製品を安全に正しくご使用いただき、お客様や他の方々への危害や財産への損害を未然に
他の機器の電源コードは使用しない。
付録
火災や故障の原因になります。
火災や、電気製品の故障の原因になります。
安全上のご注意
安全上のご注意
付属の電源コードを他の電気製品に使用しない。
109
電源 / 電源コード
電源コードのアース線は、電源プラグをコンセント
に接続する前にコンセントのアース端子に接続す
る。アース接続を外す場合は、電源プラグをコンセ
ントから抜いたあとに行う。
火災や感電の原因になります。
設置
使用上の注意
本機を下記の場所には設置しない。
● 浴室・台所・海岸・水辺
放熱用の通風孔から金属や紙片など異物を入れな
い。
● 加湿器を過度にきかせた部屋
火災や感電の原因になります。
● 雨や雪、水がかかるところ
水の混入により、火災や感電の原因になります。
放熱のため本機を設置する際には :
電池
● 布やテーブルクロスをかけない。
電池を充電しない。
● じゅうたん・カーペットの上には設置しない。
電池の破裂や液もれにより火災やけがの原因になり
ます。
● 本機をあおむけや横倒しには設置しない。
● 通気性の悪い狭いところへは押し込まない。
(本機の周囲に左右 5cm、上 5cm、背面 5cm 以上
のスペースを確保する。
電池からもれ出た液には直接触れない。
本機の内部に熱がこもり、火災の原因になります。
液が目や口に入ったり、皮膚についたりした場合は
すぐに水で洗い流し、医師に相談してください。
医療機関の屋内など医療機器の近くで使用しない。
電波が医療用電気機器に影響を与えるおそれがあり
ます。
電池を加熱・分解したり、直射日光にさらしたり、
火や水の中へ入れない。
破裂や液もれにより、火災やけがの原因になりま
す。
分解禁止
分解・改造は厳禁。キャビネットは絶対に開けな
い。
火災や感電の原因になります。
修理・調整は販売店にご依頼ください。
110
安全上のご注意
心臓ペースメーカーや除細動器などの装着部分から
22 cm 以上離して使用する。
ペースメーカーや除細動器に影響を与え重大事故に
つながる場合があります。
十分な耐荷重強度のある、水平で安定した場所に設
置する。
傾斜面や、水平でないところ、カーペット、畳など
の安定しない面や変形する面などに設置しないでく
ださい。
本機を落としたり、本機が破損した場合には、必ず
販売店に点検や修理を依頼する。
そのまま使用すると、火災や感電の原因になりま
す。
雷が鳴りはじめたら、電源プラグには触れない。
感電の原因になります。
本機の上には、花瓶・植木鉢・コップ・化粧品・
薬品・ロウソクなどを置かない。
水や異物が中に入ると、火災や感電の原因になりま
す。
接触面が経年変化を起こし、本機の外装を損傷する
原因になります。
お手入れ
電源プラグのゴミやほこりは、定期的にとり除く。
ほこりがたまったまま使用を続けると、プラグが
ショートして火災や感電の原因になります。
電池
設置
電池は極性表示(プラス+とマイナス−)に従っ
て、正しく入れる。
電源 / 電源コード
必ず 2 人以上で梱包を開き、持ち運びをする。
重いのでけがの原因になります。
本機の特長
注意
間違えると破裂や液もれにより、火災やけがの原因
になります。
電池は幼児の手の届かない所に保管する。
不安定な場所や振動する場所には設置しない。
火災や感電の原因になります。
口に入れたりすると危険です。
本機が落下や転倒して、けがの原因になります。
指定以外の電池は使用しない。また、種類の異なる
電池や、新しい電池と古い電池を混ぜて使用しな
い。
本機をあおむけや横倒しには設置しない。
準備する
長期間使用しないときは、必ず電源プラグをコンセ
ントから抜く。
ぬれた手で電源プラグを抜き差ししない。
電源プラグを抜くときは、電源コードをひっぱらな
い。
破裂や液もれにより、火災やけがの原因になりま
す。
電池と金属片をいっしょにポケットやバッグなどに
入れて携帯、保管しない。
電池がショートし、破裂や液もれにより、火災やけ
がの原因になります。
電源プラグは、コンセントに根元まで、確実に差し
込む。
差し込みが不十分なまま使用すると感電したり、プ
ラグにほこりが堆積して発熱や火災の原因になりま
す。
感電や発熱および火災の原因になります。
電池が消耗し、電池から液漏れが発生し、本機を損
傷するおそれがあります。
リモコンの操作範囲がせまくなったときは、すべて
の乾電池を新しいものに交換する。
古い乾電池を使用していると、破裂や液もれによ
り、火災やけがの原因になります。
本体上面などの z キーで電源をオフ状態にしても、
本機はまだ通電状態にあります。
使い切った電池は、すぐに電池ケースから取り外
し、自治体の条例、または取り決めに従って廃棄す
る。
破裂や液もれにより、火災やけがの原因になりま
す。
異物が入ると、火災や故障の原因になります。
ほこりの堆積によりショートして、火災や感電の原
因になります。
機器を接続する場合は、接続する機器の電源を切
る。
突然大きな音が出たり、感電したりすることがあり
ます。
他の電気製品とはできるだけ離して設置する。
本機はデジタル信号を扱います。他の電気製品に障
害を与えるおそれがあります。また、本機は非防磁
のスピーカーを使用しています。他の機器や磁気記
憶装置に障害を与えるおそれがあります。
機器を接続する場合は、接続する機器の電源を切
る。
突然大きな音が出たり、感電することがあります。
安全上のご注意
安全上のご注意
新しい乾電池を入れる前に、電池ケース内をきれい
にふく。
ほこりや湿気の多い場所に設置しない。
付録
本機を主電源から完全に切り離すには、電源プラグ
をコンセントから抜く。
本機の外装が変形したり内部回路に悪影響が生じ
て、火災の原因になります。
設定する
電源プラグを差し込んだとき、ゆるみがあるコンセ
ントは使用しない。
長時間使用しない場合は、電池を電池ケースから抜
いておく。
直射日光のあたる場所や、温度が異常に高くなる場
所(暖房機のそばなど)には設置しない。
ネットワークを
活用する
コードが傷つき、火災や感電の原因になります。
故障やけがの原因となることがあります。
再生する
感電の原因になります。
111
移動
リモコン
移動をするときには電源スイッチを切り、すべての
接続を外す。
接続機器が落下や転倒して、けがの原因になりま
す。
お手入れ
水やお茶などの液体をこぼさない。
お手入れをするときには、必ず電源プラグを抜く。
電池がショートし、破裂や液もれにより、火災やけ
がの原因になります。
感電の原因になります。
故障の原因になります。
コードが傷つき、火災や感電の原因になります。
使用上の注意
再生を始める前には、本機の音量(ボリューム)を
最小にする。
突然大きな音が出て、聴覚障害の原因になります。
音が歪んだ状態で長時間使用しない。
スピーカーが発熱し、火災の原因になります。
落としたり、強い衝撃を与えたりしない。
薬物厳禁
故障の原因になります。
ベンジン・シンナー・合成洗剤等で外装をふかな
い。また接点復活剤を使用しない。
外装が傷んだり、部品が溶解することがあります。
下記のような場所に置かない。
● 風呂場の近くなど、湿度が高いところ
● 暖房器具やストーブの近くなど、温度が高いとこ
ろ
● 極端に寒いところ
● ほこりの多いところ
火災や故障の原因になります。
環境温度が急激に変化したとき、本機に結露が発生
することがあります。
正常に動作しないときには、電源を入れない状態で
しばらく放置してください。
外部機器を接続する場合は、各機器の取扱説明書を
よく読み、説明に従って接続する。
説明に従って正しく取り扱わない場合、故障の原因
になります。
業務用機器とは接続しない。
デジタルオーディオインターフェース規格は、民生
用と業務用では異なります。本機は民生用のデジタ
ルオーディオインターフェースに接続する目的で設
計されています。業務用のデジタルオーディオイン
ターフェース機器との接続は、本機の故障の原因と
なるばかりでなく、スピーカーを傷める原因になり
ます。
小さな部品は幼児の手の届かないところに保管す
る。
飲み込んだりすると危険です。
112
安全上のご注意
本機の特長
機器を電源コンセントの近くに設置し、電源プラグ
に容易に手が届く状態でご使用ください。
音楽を楽しむエチケット
楽しい音楽も時と場所によっては大変気になるもので
準備する
す。隣近所への配慮を十分にしましょう。静かな夜間
には小さな音でもよく通り、特に低音は床や壁などを
伝わりやすく、思わぬところに迷惑をかけてしまいま
す。適当な音量を心がけ、窓を閉めるなどして使用し
ましょう。音楽はみんなで楽しむもの、お互いに心を
再生する
配り快適な生活環境を守りましょう。
高調波電流規格 JIS C 61000-3-2 適合品
本製品は、電波法に基づく認証を受けた無線機器を内
ネットワークを
活用する
蔵しております。
設定する
付録
安全上のご注意
安全上のご注意
113
索引
数字
2 チャンネル 39
3D 映像 21
3D サラウンド 5
3D サラウンド再生 36
4K 映像 21
A
AAC 103
ADVANCED 85
AirPlay 63
ARC 21
AUDIO ASSIGN 84
AUDIO DELAY 84
AUTO POWER STANDBY 86
DTS Express 103
R
DTS-HD High Resolution Audio 103
radiko.jp 62
DTS-HD Master Audio 103
DTS デジタルサラウンド 103
S
D 音声多重キー 42
SSID 79、104
E
T
ESS-ID ステルス機能 52
TREBLE 84
H
V
HDMI 104
VOLUME TRIM 84
HDMI 音声出力 76
vTuner 61
HDMI ケーブル 21、22
vTuner ID 79
BASS 84
I
Bluetooth(送信) 47
Bluetooth 機能の設定 82
D
Deep Color 103
DHCP サーバー 49、80
DLNA サーバー 59
DNS サーバー(P)
79、80
DNS サーバー(S)
79、80
Dolby Atmos 103
Dolby Digital 103
Dolby Digital EX 103
Dolby Digital Plus 103
Dolby Surround 103
Dolby TrueHD 103
DTS 75
索引
TV インプット 76
HDCP2.2 21
HDMI コントロール 33、76
Bluetooth(受信) 45
PIN コード方式 56
DTS Neo:6 103
B
Bluetooth 44
114
DTS : X 104
W
Wi-Fi 104
iPod 再生(AirPlay) 63
Wi-Fi 設定を共有(iOS デバイス) 27、51
IP アドレス 79、80
WPS 104
iTunes 再生(AirPlay)
63
WPS ボタン方式 52
L
X
Lch / Rch 位置調整 71
x.v.Color 104
M
あ
MAC アドレス 79
明るさの調節(前面ディスプレイ / インジケーター) 77
MAC アドレスフィルター 49、80
アクセスポイント検索 52
MP3 40
アダプティブ DRC 74
N
アプリ HOME THEATER CONTROLLER (WLAN)
5
アプリ MusicCast CONTROLLER 5
Neural : X 104
暗号化方式 52、54、56、57
P
い
PCM 104
インジケーター 7
インターネットラジオ放送 60
インテリビーム 28
インテリビームマイク 28
インテリビームマイク端子 7
え
映画(シネマ DSP)
38
映像信号情報 78
エコ機能 42
エラー音 30
エラーメッセージ 32
さ
ち
サブウーファーの音量 35、41
チャンネル出力 72
サブウーファーの接続 24
チャンネルレベル 74
サブウーファーの設定 73
サブネット 49
て
サブネットマスク 79、80
低音 84
サラウンド音声 37
ディマー 77
サラウンド再生 37
テスト音 74
サンプリング周波数 78、103
デフォルトゲートウェイ 79、80
サンプリングレート 40
テレビ 26、33
エンタテイメント(シネマ DSP)
38
し
お
システムメモリー 43
オーディオディレイ 84
オーディオリターンチャンネル 21
オプションメニュー 83
おまかせサラウンド機能 33
音楽(シネマ DSP)
38
音質調整 31
音声切り替え 42
音声信号情報 78
音量 35
音量バランス 41、74
か
拡張メニュー 85
壁掛け 16
簡易マイクスタンド 28
き
距離単位 77
く
クリアボイス 40
こ
高音 84
自動スタンバイ機能(AUTO POWER STANDBY) 86
テレビ音声の入力端子割り当て 76
電源コード 25
転倒防止スタンド 15
自動設定(インテリビーム) 28、31
と
焦点距離 70
トーンコントロール 84
情報表示 78
上面 7
す
スイートスポット 70
に
二カ国語放送 42
入力端子の割り当て(HDMI の音声) 84
垂直角度 69
ね
水平角度 69
ネットワーク機能 48
ステレオ再生 39
ネットワーク情報 79
せ
セキュリティー 79
ネットワークスタンバイ 81
ネットワーク名 81
セキュリティーキー 55、57
は
セキュリティソフト 49
背面 8
設定メニュー 66
前面 7
ひ
前面ディスプレイ 7、42
ビーム経路長 70
た
ターゲット再生 39
ダイアログリフト 40
ビーム調整 31
ビーム調整+音質調整 31
光ファイバーケーブル 21、22
ダイナミックレンジ 75
ふ
タイミング調整(映像と音声) 84
ファームウェアの更新 81、87
索引
115
ファームウェアのバージョン 78
ファイルフォーマット(パソコン / サーバー)
59
副音声 42
へ
ペアリング 73
ま
マイサラウンド 73
マニュアル設定 54
み
ミュージックエンハンサー 40
む
無線ネットワーク 50
無線(モバイル端末を直接接続)
57
め
メディア共有設定 59
メニュー画面 26
メニュー言語 77
も
モバイル端末の曲 65
ゆ
有線ネットワーク 24、50
り
リフレクションボード 99
リモコン 6、9
リモコン受光部 7
量子化ビット数 103
わ
ワイヤレスサブウーファーキット 24
ワイヤレスダイレクト 57
116
索引
Printed in Indonesia
ZS45970
Fly UP