...

第108号 backnumber

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

第108号 backnumber
北見工業大学
国際交流センター ニュースレター
●
今
後
の
予
定
●
C
ア
ワ
ー
(
1
月
)
●
カ
ー
リ
ン
グ
体
験
●
ス
キ
ー
研
修
●
留
学
生
交
流
の
夕
べ
●
海
外
留
学
・
研
修
報
告
会
〈
目
次
〉
12月
海外留学・研修報告会
12月8日(火)於:C122講義室
本報告会は、「総合工学Ⅱ」の講義の
一環として毎年開催され、多くの学生の
留学の動機付けとなっている。
冒頭、許斐国際交流センター長より本
学の留学制度・研修に関する説明が詳細
に行われた。
その後、今年度の夏に韓国で行われた
短期交流の報告に続き、中国語、英語、
ドイツ語語学研修の報告がなされた。全
ての研修において、語学学習のみなら
ず、文化体験や観光等もでき、充実した
研修体験であったことがうかがえた。
最後は、フィンランドのタンペレ工業
大学に 1 年間交換留学していた 2 名の学
生からの発表があり、大学の特色や外国
での生活、寮のクラスメイトとの思いで
等を紹介してくれた。
今後彼らの体験が他の学生への海外
への一歩につながることを願っている。
留学生の夕べ
12月15日(火)於:コミュニケーション・アトリウム
毎年恒例となっている留学生交流の
夕べが開催された。当日は、学内外から
150 人を超える方々にご参加いただき、
交流を深めた。会では、冒頭、髙橋学長
からの挨拶に続き、卒業生代表として呉
東元さんから、留学生活で楽しかった思
い出や、お世話になった方々への感謝の
スピーチがあった。その後、歓談の時間
に入り、卒業・修了予定の留学生たちが、
市民の方々や先生、後輩たちと楽しく会
話を弾ませていた。
会の途中では、卒業・修了予定留学生
が制作したスライドの上映も行われ、留
学期間を振り返っていた。また、今回初
めて茶道裏千家淡交会北見支部の皆様
にお茶席をご提供していただいた。会場
に和の空間ができ、例年以上に和やかな
雰囲気のうちに閉会となった。
1月
スキー研修
1月15日(金)於:ノーザンアークリゾートスキー場
北見市端野町のノーザンアークリゾートスキー場に
おいて外国人留学生のスキー研修を実施した。前日の降
なっていった。
スピードのコントロールやカーブができるようにな
雪と当日の晴天に恵まれた絶好のゲレンデコンディシ
った学生は、リフトを使って山の中腹から滑ることに挑
ョンの中、スキー初心者の留学生 24 名が参加した。
戦した。呑み込みの早い学生が多く、終了時間ギリギリ
生まれて初めてのスキー体験となった留学生が多く、
少人数のグループに分かれ、スキースクールのインスト
ラクターの方々から手厚い指導を受けた。
まで美しいシュプールを描きながらスイスイと滑って
いる様子もたくさん見かけた。
北国ならではのウインタースポーツを満喫している
慣れないスキー板では登ることも難しく、スキーを手
留学生の笑顔は、厳しい寒さを吹き飛ばすようであっ
に持ってゲレンデを歩いて登っては滑り、登っては滑り
た。怪我やアクシデントもなく無事にスキー研修を終え
を何度も何度も繰り返す中で、少しずつ楽しめるように
ることができ、指導員の皆様に感謝申し上げる。
カーリング体験
1月24日(日)於:アドヴィックス常呂 カーリングホール
北見市青少年国際交流事業実施委員
会が主催した「国際交流カーリング体
験」には、本学の留学生や教職員も参
加して行われた。
会場は、国際大会開催規格に準拠し
ているアドヴィックス常呂町カーリン
グホールで、会場に到着後、まず用具
等の説明を受けた。その後、午前中は
5 レーンに分かれて指導員から基本動
作、ルールを学び、ミニゲームを行い、
午後からは 10 チームに分かれてトー
ナメント戦で試合を行った。
優勝チームには北見の名産品が商品
として渡された他、参加者全員には、
参加賞が用意されていた。留学生達は、
初めてのカーリングに汗を流し、楽し
い時間を過ごしていたようである。
インターナショナル
Cアワー
「餅つき」1月 14 日(木)16:30~
於:国際交流センター前
今年も新年初の C アワーにおいて「餅つき」
が実施された。当日は、留学生や市民の方々な
ど約 90 人が集まる中、賑やかに行われた。
餅つきの講師は、今年も市内在住の後山さん
にお願いし、留学生たちは手ほどきを受けなが
ら、餅つきに挑戦していた。
参加したほとんどの留学生が「餅つき」を体
験するのは初めてで、楽しそうに杵を振り上げ
る姿が印象的だった。
特別聴講学生で年男のカン・ホンギュさん
(韓国)は、猿の衣装に身を包み、トップバッ
ターを務めてくれた。餅をつく度に「よいしょ
ー!」という活気に満ちた掛け声と笑いで会場
が盛り上がった。
「粒あん」
、
「ゴマだれ」、
「きな粉」をまぶし
たつきたてのお餅を配るテーブルには長蛇の
列ができ、2 臼分のお餅はあっという間になく
なってしまった。楽しみながら美味しく「日本
の味」を堪能してもらえたようであった。
今年も本センターでは、市民の皆様と共に
様々な活動を共に楽しんでいきたいと考えて
いる。2016年が皆様にとって健康で幸多き
一年となられるようお祈り申し上げる次第で
ある。
今後の予定(2-3 月)
2月
9 日(火)短期留学生修了式 於:B211講義室 17:00~
10 日(水)インターナショナル コンサート 於:多目的講義室
12 日(金)~22 日(月)後期定期試験
21 日(日)~22 日(月)第 31 回北方圏国際シンポジウム
23 日(火)~3 月 31 日(木)学年末休業日
3 月 18 日(金)学位記授与式
発行所:北見工業大学国際交流センター
住
所:北見市公園町165
電
話 : (0157) 26-9370
F A X
: (0157) 26-9373
E-mail:[email protected]
16:30~
Fly UP