...

LD1957S - Amazon Web Services

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

LD1957S - Amazon Web Services
Zimbel_19Display.book 1 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
19型液晶ディスプレー
LD1957S
Zimbel_19Display.book 2 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
ご使用の前に
● ご使用の際は、
必ず本書をよくお読みください。
● 本書は、
不明な点をいつでも解決できるように、
すぐに取り出して見られる場所
に保管してください。
安全にお使いいただくために
本書および製品には、製品を安全に正しくお使いいただき、お客様や他の人々への危害や財
産への損害を未然に防止するために絵表示が使われています。
その表示と意味は次のとおりです。内容をよく理解してから本文をお読みください。
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を
負う可能性が想定される内容を示しています。
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が傷害を負う可能性
が想定される内容および物的損害のみの発生が想定される内容を示し
ています。
障害や事故の発生を防止するための禁止事項の内容を表しています。
製品の取り扱いにおいて、してはいけない行為
(禁止行為)を示しています。
障害や事故の発生を防止するための指示事項の内容を表しています。
必ず行う事項(指示、行為)を示しています。
電源プラグをコンセントから必ず抜くことを示しています。
アース端子を必ず接地
(アース)して使用することを示しています。
-2-
Zimbel_19Display.book 3 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
交流100V以外の電源は使用しないでください。
交流100V以外の電源を使うと、感電・火災の原因となります。
ぬれた手で電源プラグを抜き差ししないでください。
感電の原因となります。
雷が鳴りだしたら、電源プラグをさわらないでください。
感電の原因となります。
電源プラグを取り扱う際は、次の点を守ってください。
取り扱いを誤ると、火災の原因となります。
・ 電源プラグはホコリなどの異物が付着したまま差し込まない。
・ 電源プラグは刃の根元まで確実に差し込む。
・ 電源プラグを長期間コンセントに差したままにしない。
電源プラグは、定期的にコンセントから抜いて、刃の根元や刃と刃
の間を清掃してください。
電源コードのたこ足配線はしないでください。
発熱し、火災の原因となります。
家庭用電源コンセント(交流100V)から電源を直接取ってくださ
い。
破損した電源コードを使用しないでください。
感電・火災の原因となります。
電源コードを取り扱う際は、次の点を守ってください。
・ 電源コードを加工しない。
・ 無理に曲げたり、
ねじったり、引っぱったりしない。
・ 電源コードの上に重いものを載せない。
・ 発熱器具の近くに配線しない。
電源コードが破損したら、カスタマーサービスセンターにご相談
ください。
カスタマーサービスセンターへの連絡方法は、
『サポート・サービ
スのご案内(ディスプレー用)』をご覧ください。
本機から異臭や異音がする、発煙するなど、異常状態のまま使用し
ないでください。
感電・火災の原因となります。
すぐに電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いて、カスタ
マーサービスセンターまでご連絡ください。
カスタマーサービスセンターへの連絡方法は、
『サポート・サービ
スのご案内(ディスプレー用)』をご覧ください。
お客様による修理は危険ですから絶対にしないでください。
-3-
Zimbel_19Display.book 4 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
通風孔など開口部から内部に金属類や燃えやすいものなどを差し
込んだり、落としたりしないでください。
感電・火災の原因となります。
水などの液体や異物が本機内部に入った場合は、そのまま使用し
ないでください。
感電・火災の原因となります。
すぐに電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いて、カスタ
マーサービスセンターまでご連絡ください。
カスタマーサービスセンターへの連絡方法は、
『サポート・サービ
スのご案内(ディスプレー用)』をご覧ください。
本機の分解や改造はしないでください。
けがや感電・火災の原因となります。
アルコール、
シンナー、
ガソリンなど揮発性可燃物質または可燃性
ガスのある場所では使用しないでください。
また、
本機の内部や周囲で可燃性ガス含有のスプレーを使用しな
いでください。
火災の原因となります。
電源プラグのアース端子を接地(アース)してください。
感電の危険があります。
アースは必ず、
電源プラグをコンセントに差し込む前に行ってくだ
さい。
また、アースを外す場合は、必ず電源プラグをコンセントから抜い
た後に行ってください。
アース端子は、絶対にガス管に接続しないでください。
火災の原因となります。
アース端子をコンセントに挿入または接触させないでください。
感電の危険があります。
-4-
Zimbel_19Display.book 5 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
小さなお子様の手の届くところに設置、
保管しないでください。
落ちたり、倒れたりして、
けがをする危険があります。
不安定な場所(ぐらついた台の上や傾いた所など)に置かないでく
ださい。
落ちたり、倒れたりして、
けがをする危険があります。
湿気やホコリの多い場所に置かないでください。
感電・火災の危険があります。
本機の通風孔をふさがないでください。
通風孔をふさぐと内部に熱がこもり、火災の危険があります。
設置する際は、次の点を守ってください。
・ 押し入れや本箱など風通しの悪いところには設置しない。
・ 毛布やテーブルクロスのような布をかけない。
各種コード(ケーブル)は、
本書で指示されている以外の配線をし
ないでください。
配線を誤ると、火災の危険があります。
液晶ディスプレーが破損して、内部の液体が漏れた場合は、液体を
なめたり、さわったりしないでください。
火傷や化学物質による被害の原因となります。
万一、液体が皮膚に付着したり、目に入ったりした場合は流水で十
分に洗い、医師に相談してください。
連休や旅行などで長期間ご使用にならないときは、安全のため電
源プラグをコンセントから抜いてください。
本機を移動する場合は、
電源を切り、本機からすべての配線を取り
外してください。
本機を廃棄する場合は、法律に従って正しく処理してください。
液晶ディスプレーに使用している蛍光管(バックライト)には、水
銀が含まれています。
-5-
Zimbel_19Display.book 6 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
` 目 次
本書中の表記について ........................................................... 7
添付品の確認 .......................................................................... 8
本機の特長 .............................................................................. 9
各部の名称と働き................................................................. 10
本機前面.................................................................................. 10
本機背面.................................................................................. 11
使用時の確認事項................................................................. 12
コンピューターと接続する ................................................. 13
設置における注意 .................................................................. 13
各種コード(ケーブル)接続時の注意 ............................... 13
接続方法.................................................................................. 14
画面の角度を調整する .......................................................... 18
キーボードスタンドを利用する ........................................... 18
セキュリティーロックスロットを利用する........................ 20
電源の入れ方 / 切り方 ......................................................... 21
電源を入れる.......................................................................... 21
電源を切る.............................................................................. 21
省電力機能について .............................................................. 22
表示する ................................................................................ 23
解像度を変更する .................................................................. 23
自動画面調整(アナログ接続時)......................................... 23
2 台のコンピューターの画面を切り替えて表示する......... 24
音声を出力する .................................................................... 25
ヘッドフォンを使う .............................................................. 25
音量を調節する ...................................................................... 25
OSD メニューで調整する ................................................... 26
OSD メニューの起動と操作................................................. 26
OSD メニューのロック......................................................... 27
メニュー画面の詳細 .............................................................. 28
お手入れ ................................................................................ 33
外装 ......................................................................................... 33
液晶パネル部分 ...................................................................... 33
収納するときは .................................................................... 34
困ったときは ........................................................................ 36
修理を依頼する前に .............................................................. 37
機能仕様一覧 ........................................................................ 38
プリセットタイミング(アナログ接続時).......................... 39
-6-
Zimbel_19Display.book 7 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
` 本書中の表記について
本書では次のような記号を使用しています。
安全に関する記号
この表示を無視して、
誤った取り扱いをすると、人が死亡また
は重傷を負う可能性が想定される内容を示しています。
この表示を無視して、
誤った取り扱いをすると、人が傷害を負
う可能性が想定される内容および物的損害のみの発生が想定
される内容を示しています。
一般情報に関する記号
制限事項です。
機能または操作上の制限事項を記載しています。
『 』
本書とは別のマニュアルを示します。
例)
『サポート・サービスのご案内(ディスプレー用)』
:本書と
は別に添付されている『サポート・サービスのご案内(ディ
スプレー用)』を示します。
参照ページを示します。
12
操作手順です。
ある目的の作業を行うために、
番号に従って操作します。
-7-
Zimbel_19Display.book 8 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
` 添付品の確認
19型液晶ディスプレー(以下、本機)には、次の添付品が梱包されてい
ます。すべて揃っていることを確認してください。
万一、不足や不良がございましたら、
『サポート・サービスのご案内
(ディスプレー用)
』をご覧になり、担当窓口へご連絡ください。
梱包箱や梱包材は、輸送時などに備えて保管しておいてください。
□ LCD ユニット
青色
白色
□ VGA ケーブル
□ DVI-Dケーブル
□ 電源コード
□ オーディオケーブル
□ スタンド取り外し工具
□ スタンド
□ サポート・サービスの
ご案内(ディスプレー用)
□ 取扱説明書
(本書)
-8-
Zimbel_19Display.book 9 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
` 本機の特長
本機の特長は次のとおりです。
表示
19型カラーTFT液晶パネルを搭載し、解像度は最大で1280×1024
(SXGA)
、色数は約1677万色表示に対応しています。
インタフェース
アナログとデジタルのコネクターを装備し、コンピューターの画
像出力に応じた接続ができます。
デュアル入力対応
デジタルとアナログのコネクターにそれぞれコンピューターを接
続できます。
コンピューターの画面は、INPUT/AUTO ボタンで入
力信号を切り替えて表示することができます。
サウンド機能
ライン入力コネクター、ヘッドフォン出力コネクター、
スピーカー
を装備しています。コンピューターと接続して、本機のスピーカー
やヘッドフォンからコンピューターの音声を出力することができ
ます。
調整機能(OSDメニュー)
On-Screen-Display(以降、OSD)のメニューにより、本機の様々な
調整ができます。
省電力機能
本機を使用していない間、
スタンバイ状態にして消費電力を抑え
ることができます。
DDC2B
(Display Data Channel)
本機はDDC2B に準拠しています。そのため、本機とコンピュー
ターを接続するだけで、本機の解像度やリフレッシュレートなど
の情報がコンピューターに読み込まれ、すぐに表示することがで
きます。
キーボードスタンド
コンピューターを使用しないときに、キーボードを立てかけるこ
とができます。
-9-
Zimbel_19Display.book 10 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
` 各部の名称と働き
本機前面
液晶パネル
INPUT/AUTOボタン
本機に入力された信号をもとに、文字や画
像などを表示します。
スピーカー
オーディオケーブルで接続したコンピュー
ターの音声を出力します。
キーボードスタンド
キーボードを立てかけます。
p.18「キーボードスタンドを利用する」
すると
アナログ接続時に長押し
(2 秒以上)
自動画面調整を行います。
p.23 「自 動 画面 調 整(アナ ロ グ接 続
時)
」
デュアル入力時には、
入力信号(デジタルと
アナログ)
の切り替えを行います。
p.24「2台のコンピューターの画面を
切り替えて表示する」
電源表示ランプ
ヘッドフォン出力コネクター
本機に入力されたコンピューターの音声を
接続したヘッドフォンに出力します。
p.25「音声を出力する」
本機の動作状態をランプの色で表示しま
す。
ランプ表示
緑色点灯
MENUボタン
OSD メニューの表示や、OSD メニューの設
定項目の選択などを行います。
p.26「OSDメニューで調整する」
+ボタン/−ボタン
本機の状態
通常動作
オレンジ色点灯
スタンバイ時
消 灯
電源切断時
電源スイッチ
本機の電源の入/切を行います。
音量調整画面を表示します。
p.25「音声を出力する」
OSDメニューの設定にも使用します。
- 10 -
Zimbel_19Display.book 11 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
本機背面
通風孔
VGAコネクター ANALOG
ディスプレー内部で発生する熱を排出した
り、外気を取り入れたりします。
セキュリティーロックスロット
コンピューターのVGAコネクターと、VGA
ケーブルで接続して画像を表示します。
ライン入力コネクター AUDIO
市販の盗難抑止ワイヤー
(セキュリティー
ロック)を接続します(ケンジントン社製セ
キュリティーロックに対応しています)。
電源コネクター AC IN
電源コードを接続して電気を供給します。
コンピューターのライン出力コネクターと
接続して音を取り込みます。
ケーブルホール
ケーブル類を穴に通してまとめておきま
す。
DVI-Dコネクター DIGITAL
コンピューターのDVI-D コネクター、また
はDVI-Iコネクターと、
DVI-Dケーブルで接
続して画像を表示します。
- 11 -
Zimbel_19Display_03_ 本文 .fm 12 ページ
2009年8月21日 金曜日 午後5時47分
` 使用時の確認事項
本機をお使いになる前に、
下記の確認事項を必ずお読みください。ま
た、本書巻頭の「安全にお使いいただくために」も必ずお読みくださ
い。
● 液晶パネルは、
表示する条件により斑点や色むらが目立つ場合
があります。また、液晶パネルは非常に高い精度で作られていま
すが、ごくわずかに画素抜けや常時点灯する画素が存在する場
合があります。いずれの場合も、故障ではありませんので、あら
かじめご了承ください。
参考
液晶パネルのドット抜け基準値
本機の液晶パネルのドット* 抜け基準値は、5 個以下です。これ
は、全ドットの0.00013%以下に相当します。
*「ドット」は副画素(サブピクセル)を指します。液晶パネルでは、
1個の画素がRGBの3個の副画素で構成されています。
本機の場合は、3,932,160個の副画素があります。本書に記載し
ているドット抜け基準値は、ISO13406-2に従って、副画素単位
で計算しています。
- 12 -
Zimbel_19Display.book 13 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
` コンピューターと接続する
本機を使用できる状態にするために、スタンドを取り付けたり、コン
ピューターと接続する手順について説明します。
設置における注意
● 不安定な場所
(ぐらついた台の上や傾いた所など)に置かないで
ください。
落ちたり、倒れたりして、けがをする危険があります。
● 本機の通風孔をふさがないでください。
通風孔をふさぐと内部に熱がこもり、火災の危険があります。
設置する際は、次の点を守ってください。
・ 押し入れや本箱など風通しの悪いところに設置しない。
・ 毛布やテーブルクロスのような布をかけない。
各種コード(ケーブル)接続時の注意
● ぬれた手で電源プラグを抜き差ししないでください。
感電の原因となります。
● 電源コードのたこ足配線はしないでください。
発熱し、火災の原因となります。
家庭用電源コンセント(交流100V)から電源を直接取ってくだ
さい。
● 電源プラグを取り扱う際は、
次の点を守ってください。
取り扱いを誤ると、火災の原因となります。
・ 電源プラグはホコリなどの異物が付着したまま差し込まない。
・ 電源プラグは刃の根元まで確実に差し込む。
各種コード(ケーブル)は、本書で指示されている以外の配線をし
ないでください。
配線を誤ると、
火災の危険があります。
- 13 -
Zimbel_19Display.book 14 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
接続方法
本機の設置とコンピューターとの接続は、次の手順で行います。
接続するコンピューターのマニュアルも合わせてご覧ください。
コンピューターに拡張ビデオボードやサウンドボードを装着してい
る場合は、各ボードのマニュアルもご覧ください。
接続は、本機およびコンピューターの電源を切った状態で行ってくだ
さい。
1
設置場所(机などの丈夫で水平な台の上)にスタンドを置きます。
前面側
2
LCDユニットをスタンドにセットします。
スタンドの前面側に合わせてLCDユニットも前面を向けます。
スタンドの穴にLCDユニットの突起部を差し込み、カチッと音が
するまで押し込みます。
- 14 -
Zimbel_19Display.book 15 ページ
3
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
接続するコンピューターの出力コネクターを確認し、接続方法を選
択します。
コンピューター側が次の出力コネクターを装備している場合に、本
機と接続できます。
コンピューターの出力コネクター
<DVI-Dコネクター>
接続方法
使用ケーブル
デジタル接続
DVI-Dケーブル
アナログ接続
VGAケーブル
<DVI-Iコネクター>
<VGAコネクター>
デジタル接続の方が、アナログ接続よりも鮮明な画像を表示しま
す。
4
選択した接続方法で本機とコンピューターを接続します。
ケーブルのプラグをコネクターに差し込んだら、プラグ両側のネジ
を締めて、
しっかり固定します。
DIGITAL ANALOG
白色
青色
ケーブルホール
DVI-D
ケーブル
VGA
ケーブル
<デジタル接続> <アナログ接続>
配線をまとめるため、ケーブル類はケーブルホールに通しておきま
す。
- 15 -
Zimbel_19Display.book 16 ページ
5
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
本機のスピーカーを使用する場合は、オーディオケーブルで本機と
コンピューターを接続します。
オーディオケーブルで、本機のライン入力コネクター(AUDIO)と
コンピューターのライン出力コネクターを接続します。サウンド
ボードをお使いの場合は、サウンドボードのライン出力コネクター
に接続してください。
AUDIO
オーディオ
ケーブル
6
電源コードを、
本機の電源コネクター
(AC IN)
に接続します。
AC IN
電源コード
- 16 -
Zimbel_19Display.book 17 ページ
7
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
電源コードを電源コンセントに接続します。
電源コードのアース線は、必ずアース端子に接続してください。
電源プラグ
アース線
アース端子
これでコンピューターとの接続は完了です。
- 17 -
Zimbel_19Display.book 18 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
画面の角度を調整する
本機では画面の角度を調整することができます。
前方に約5°、後方に約20°まで傾けることができます。
O
5
20 O
キーボードスタンドを利用する
コンピューターを使用しないときなどに、キーボードをキーボードス
タンドに立てかけておくことができます。
キーボードを立てかけるときは、液晶パネルを傷つけないように
注意してください。
キーボードの横の長さが液晶パネルの横幅より短い場合は、液晶
パネルに当たらないように、LCDユニットの左か右のフレーム部
分にかかるようにして立てかけてください。
- 18 -
Zimbel_19Display.book 19 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
1
キーボードの両側の脚を起こして使用している場合は、脚をたたみ
2
キー側を手前に向けたキーボードを、キーボードスタンドに立てか
ます。
けます。
液晶パネルを傷つけないように注意してください。
キーボード
スタンド
- 19 -
Zimbel_19Display.book 20 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
セキュリティーロックスロットを利用する
盗難抑止用ワイヤーを、本機につなぐことができます。
セキュリティーロックスロットに市販の盗難抑止用ワイヤー(セキュ
リティーロック)を取り付けます。
セキュリティー
ロックスロット
- 20 -
Zimbel_19Display.book 21 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
` 電源の入れ方/切り方
本機の電源の入れ方、切り方および省電力機能について説明します。
コンピューターの電源の入れ方、切り方は、コンピューターのマニュ
アルをご覧ください。
電源を入れる
電源を入れる手順は次のとおりです。
1
本機の電源スイッチ(
2
コンピューターの電源を入れます。
)
を押して、電源を入れます。
本機の電源表示ランプがオレンジ色に点灯します。
本機の電源表示ランプが緑色に変わり、画面が表示されます。
電源投入後の作業(アナログ接続時)
アナログ接続後、初めて表示した際に自動画面調整を行ってくださ
い。
p.23「自動画面調整(アナログ接続時)」
電源を切る
電源を切る手順は次のとおりです。
1
コンピューターの電源を切ります。
画面表示が消え、本機の電源表示ランプがオレンジ色に変わりま
す。
2
本機の電源スイッチ(
)
を押して、電源を切ります。
本機の電源表示ランプが消灯します。
- 21 -
Zimbel_19Display.book 22 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
省電力機能について
コンピューターの電源が切れていたり、コンピューター側の省電力機
能が働いていたりして、コンピューターから本機への入力信号がない
場合は、本機は自動的にスタンバイ
(画面表示をしない)状態になりま
す。
コンピューターによる省電力機能の詳細については、コンピューター
のマニュアルをご覧ください。
本機の各動作状態における消費電力とランプ表示は次のとおりです。
本機の状態
消費電力
最大34W
動作時
通常23.6W以下*
スタンバイ時
(入力信号なし)
電源オフ時
*輝度が200cd/m2の場合
- 22 -
電源表示ランプ
緑色に点灯
2W以下
オレンジ色に点灯
1W以下
消灯
Zimbel_19Display.book 23 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
` 表示する
本機とコンピューターを接続するだけで、
本機の解像度やリフレッ
シュレートなどの情報がコンピューターに読み込まれ、すぐに表示す
ることができます。
解像度を変更する
本機の最大解像度は、1280×1024(SXGA)です。
解像度の変更は、接続するコンピューターの画面設定で行うことがで
きます。
コンピューターのマニュアル
自動画面調整(アナログ接続時)
自動画面調整とは、画面表示を自動で最適な状態に調整する機能で
す。
本機を購入後、
初めてアナログ接続で使用する場合や、アナログ出力
のコンピューターを変更した場合などに行ってください。
デジタル接続の場合は必要ありません。
自動画面調整では、次の項目を調整しています。
・クロック ・フェーズ ・水平 ・垂直 ・コントラスト
調整時の確認事項
調整は次の状態で行ってください。
・本機の電源投入時から30分以上経過
(動作が安定)
後
・Windowsデスクトップ画面などを表示した状態
デスクトップ画面の背景が黒色の場合は、自動画面調整を行って
も正常に調整されないことがあります。黒色以外の背景を使用し
て調整を行ってください。
- 23 -
Zimbel_19Display.book 24 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
自動画面調整を行う
調整を行う方法は、次の2つです。
● INPUT/AUTOボタンを長押し(2秒以上)
する
「自動画面調整中」
と表示されます。表示が消えると終了です。
調整ができない場合は、OSDメニューから行ってください。
● OSDメニューから行う
「メインメニュー」
−「画面調整」
の「自動画面調整」で行います。
p.29「画面調整サブメニュー(アナログ接続時)」−「自動画面
調整」
2台のコンピューターの画面を切り替えて表示する
アナログ出力のコンピューターと、デジタル出力のコンピューターを
本機に2台同時に接続(デュアル入力)し、デジタルとアナログの入力
信号を切り替えることで、
それぞれのコンピューターの画面を表示す
ることができます。
画面の切り替えは、次の方法で行います。
● INPUT/AUTOボタンを押す
INPUT/AUTOボタンを押す度にアナログ/デジタルの画面が切り
替わります。
● OSDメニューから行う
「メインメニュー」
−「その他調整」の「入力切替」で行います。
p.32「その他調整サブメニュー」−「入力切替」
- 24 -
Zimbel_19Display.book 25 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
` 音声を出力する
コンピューターからの音声を、本機のスピーカーやヘッドフォンから
出力するには、コンピューターと本機を添付のオーディオケーブルで
接続します。
p.13「コンピューターと接続する」の手順5
ヘッドフォンを使う
ヘッドフォンは、本機前面のヘッドフォン出力コネクター(
)に接続
します。
ヘッドフォンと接続すると、本機のスピーカーからの出力が自動的に
オフになります。
音量を調節する
音量の調整や消音設定は次の方法で行います。
● +、−ボタンで調節
+、または−ボタンを押すと、音量調整画面が表示されます。
<音量調整画面>
:+ボタンを押す
小さくする
:−ボタンを押す
ミュート(消音) :+ボタンと−ボタンを同時に押す
消音解除
:+ボタンまたは−ボタンを押す
大きくする
音量調整画面を終了するには、調節後そのまま放置するか(約30秒で
画面終了)、
MENUボタンを押します。
● OSDメニューで調節
音量調整画面の表示や消音設定は、OSDメニューで行うこともで
きます。
p.32「その他調整サブメニュー」−「音量」および「ミュート」
- 25 -
Zimbel_19Display_03_ 本文 .fm 26 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後6時0分
` OSDメニューで調整する
画面表示位置がずれているので調整したい、画面が暗いので明るくし
たいなど、画面に関する設定は、OSDメニューで行います。
OSDメニューのメニュー画面で項目を選択して、調整を行います。
調整項目の詳細は、
p.28「メニュー画面の詳細」をご覧ください。
OSDメニューの起動と操作
起動や操作には、本機前面にある次の3つのボタンを使用します。
・MENUボタン ・−ボタン ・+ボタン
OSDメニューの起動方法と基本的な操作方法は次のとおりです。
● OSDメニューの表示
(起動)
MENUボタンを押すとメインメニューが表示されます。
● メニュー画面/サブメニュー画面の操作
+、−ボタンで項目を選択し、MENUボタンで決定します。
サブメニュー画面の操作は、p.29 ∼32 の各項目で確認してくださ
い。
- 26 -
Zimbel_19Display.book 27 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
● 調整画面の操作
+、−ボタンで調整します。
MENUボタンで前の画面に戻ります。
<音量調整画面>
● OSDメニューの終了
終了方法は、次の3つです。
・ メインメニューで
「終了」を選択
・ MENUボタンの長押し(2秒以上)
・ そのまま放置(初期設定では30秒で終了)
OSDメニューのロック
OSD メニューの設定を変更されたくない場合は、次の方法で設定を
ロックすることができます。
OSDメニューが表示されていない状態でMENUボタンを長押し
します。
「メニューをロックしました」と表示されるまで押しつづけます。
ロックを解除するには、
「メニューロックを解除しました。」
と表示さ
れるまでMENUボタンを長押しします。
※メニューをロックしても、デュアル入力時の画面の切り替えは可能
です。
- 27 -
Zimbel_19Display.book 28 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
メニュー画面の詳細
OSDメニューで表示される各メニューの項目を説明します。
● メインメニュー
メインメニューでは、次の項目を選択できます。
輝 度
画面の輝度
(明るさ)を調整します。
コントラスト
画面のコントラスト(明暗比)を調整します。
画面調整
画面調整サブメニューを表示し、
画面に関する
調整を行います。
デジタル接続時は選択できません。
p.29「画面調整サブメニュー(アナログ接
続時)」
色設定
色設定サブメニューを表示し、色合いに関する
調整を行います。
p.30「色設定サブメニュー」
メニュー調整
メニュー調整サブメニューを表示し、メニュー
の表示に関する調整を行います。
p.31「メニュー調整サブメニュー」
その他調整
その他調整サブメニューを表示し、その他の調
整を行います。
p.32「その他調整サブメニュー」
終 了
OSDメニューを終了します。
- 28 -
Zimbel_19Display.book 29 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
● 画面調整サブメニュー(アナログ接続時)
画面調整サブメニューでは、アナログ接続時に次の項目を設定できま
す。
自動画面調整
クロック、フェーズ、水平位置、垂直位置を自動
的に最適な状態に調整します。
MENU ボタンを
押すと実行します。
p.23「自動画面調整(アナログ接続時)」
クロック
表示画面に縦縞状のノイズが入っている場合に
調整します。
フェーズ
画面のにじみや、ちらつきがある場合に調整し
ます。
水平位置
表示画面を左右に移動して調整します。
垂直位置
表示画面を上下に移動して調整します。
戻る
メインメニューに戻ります。
- 29 -
Zimbel_19Display.book 30 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
● 色設定サブメニュー
色設定サブメニューでは、色調を次の項目から選択できます。
STANDARD
画面表示を標準的な色調にします。
WARM
画面表示を昼光色に近い自然な色調にします。
COOL
画面表示を昼光色より青みがかった色調にしま
す。
ユーザー
(R、G、B)
画面表示の初期値です。
「G(緑)」、
「B(青)」の各設定値を変更し
「R(赤)」、
て、
お好みの色調に調整できます。
色調を調整するには、先ず、+ボタン、−ボタン
で変更する色を選択し、MENU ボタンで決定し
ます。次に、+ボタン、
−ボタンで色の設定値を
変更し、MENUボタンで決定します。
メインメニューに戻るには、MENUボタンを押します。
ユーザーの色設定(R、G、B)を選択中は、MENU ボタンの機能が異な
るため、メインメニューには戻りません。
- 30 -
Zimbel_19Display.book 31 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
● メニュー調整サブメニュー
メニュー調整サブメニューでは、次の項目を設定できます。
メニュー
OSDメニューの位置を左右に移動して調整しま
水平位置
す。
メニュー
OSDメニューの位置を上下に移動して調整しま
垂直位置
す。
メニュー
OSDメニューを表示させる時間を設定します。
表示時間
5秒から30秒の間で設定できます。
初期値は30秒です。
メニュー言語
OSDメニューの表示言語を設定します。
「日本語」
または
「ENGLISH」
を選択します。
戻る
メインメニューに戻ります。
- 31 -
Zimbel_19Display.book 32 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
● その他調整サブメニュー
その他調整サブメニューでは、次の項目を設定できます。
音 量
本機から出力される音量を調整します。
p.25「音量を調節する」
ミュート
本機から出力される音量をミュート(消音)に設
定します。MENUボタンを押す度に、ミュートの
オン/オフが切り替わります。
p.25「音量を調節する」
入力切替
アナログとデジタルの入力画面を切り替えて表示
MENUボタンを押す度に、画面が切り替
します。
わります。
2台のコンピューターを接続(デュアル入力)して
いる場合のみ切り替え可能です。
p.24「2台のコンピューターの画面を切り替
えて表示する」
情 報
コンピューターからの入力信号の情報を表示し
ます。情報には、解像度、プリセットされている
モード
(アナログのみ)、
入力信号、垂直周波数、
水平周波数とその極性があります。
リセット
OSDメニューのすべての設定を初期値に戻しま
す。
MENUボタンを押すと実行します。
戻る
メインメニューに戻ります。
- 32 -
Zimbel_19Display.book 33 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
` お手入れ
本機のお手入れ方法について説明します。
外装
本機の外装の汚れやホコリは、水で薄めた中性洗剤を染み込ませたや
わらかい布をよく絞って、軽く拭き取ってください。
● 本機をたたいたり、
硬いものでこすったりしないでください。
変形やキズ、破損の原因となります。
● ベンジン、
シンナーなどの溶剤を使わないでください。変色や変
形の可能性があります。
液晶パネル部分
液晶パネル部分は傷つきやすいため、
液晶パネルについた汚れやホコ
リは、乾いた布やティッシュペーパーなどで軽く拭き取ります。水や
洗剤などは使わないでください。
- 33 -
Zimbel_19Display.book 34 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
` 収納するときは
本機を梱包箱に収納するには、
本体からスタンドを外します。
本機に同梱の
「スタンド取り外し工具」
をご用意ください。
この作業は、
ケーブル類をすべて取り外してから行ってください。
1
本機の前面側を下にして、図のように机の上に倒します。
液晶パネルを傷つけないよう、机の上に薄い布などを敷いておいて
ください。
2
下図のように、
「スタンド取り外し工具」の突起部をスタンドの4つ
のフックに合わせます。
取り外し工具
- 34 -
Zimbel_19Display.book 35 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
3
下図のように、両手でスタンド部分を持ち、親指で工具を強く押し
4
4つのフックの固定が外れたら、工具を裏返した平面部をフックに
て、フックの固定を外します。
当て、
手順3と同じやり方で工具を強く押し、フック部分を奥に押
し込みます。
5
スタンドを底面側に少しずつずらしながらスタンドを引き抜きます。
これで、スタンドの取り外しは完了です。
- 35 -
Zimbel_19Display.book 36 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
` 困ったときは
困ったときの確認事項と対処方法を説明します。不具合が発生した場
合、参考にしてください。
下記の対処を行っても改善されない場合は、
『サポート・サービスのご
案内(ディスプレー用)』をご覧になり、テクニカルセンターまでご連
絡ください。
現象
画面になにも表示されない。
確認と対処
● 本機の電源が入っている
(電源ランプが点灯している)
かどうか確
認してください。
● 電源コード、
VGA ケーブル、または DVI-D ケーブルなどが、正し
く接続されているか確認してください。
● コンピューターの電源が入っているか確認してください。
● コンピューターの信号タイミングが本機の仕様にあっているか確
認してください。
p.39「プリセットタイミング(アナログ接続時)」
● 本 機 が ス タ ン バ イ 状 態 に 入 っ て い る 可 能 性 が あ り ま す。
コン
ピューターのキーボードやマウスなどを操作してみてください。
現象
画面がちらついたり、乱れたりする。
確認と対処
● コンピューターの信号タイミングが本機の仕様にあっているか確
認してください。
p.39「プリセットタイミング(アナログ接続時)」
● 本機をアナログで使用している場合は、
自動画面調整を行ってく
ださい。
p.23「自動画面調整(アナログ接続時)」
● お使いのコンピューターがリフレッシュレートを変更できる機種
の場合は、周波数を変更してみてください。
- 36 -
Zimbel_19Display_03_ 本文 .fm 37 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後6時2分
修理を依頼する前に
修理を依頼する前に、
p.36「困ったときは」をよくお読みください。
また、お使いのコンピューターのマニュアルもご確認ください。
それでも問題が解決できない場合は、
『サポート・サービスのご案内
(ディスプレー用)』
をご覧になり、カスタマーサービスセンターへご
連絡ください。修理の受付を行います。
製造番号の確認
ご連絡いただく前に、本機背面に貼られているシールで本機の「製造
番号」
を確認しておいてください。修理受付の際に、本機の「製造番号」
をおたずねすることがあります。
シールの位置は、下記のとおりです。
「製造番号」
が
記載されて
いるシール
- 37 -
Zimbel_19Display.book 38 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
` 機能仕様一覧
サイズ
19.0型(可視域対角48.3cm)
パネル方式
カラーTFT
画素ピッチ
0.294mm×0.294mm
SXGA:1280×1024
約1677万色
水平:30−80kHz/垂直:55−75Hz
水平:30−64kHz/垂直:59−61Hz
250cd/m2 1000:1
約5ms
水平:160°/垂直:160°
約376mm×約301mm
最大解像度
最大表示色
同期周波数
アナログ
デジタル
最大輝度
コントラスト比
応答速度
視野角
表示画面サイズ(横×縦)
輝度、
コントラスト、
画面調整
(自動画面調整、
クロック、
フェー
ズ、
水 平 位 置、
垂 直 位 置)
、
色設定
(STANDARD、
WARM、
アナログ
COOL、ユーザー)、メニュー水平位置、メニュー垂直位置、メ
ニュー表示時間、
メニュー言語、
音量、
ミュート、
入力切替、
情
報、
リセット、
OSDメニューロック
調整機能
輝 度、
コ ン ト ラ ス ト、
色設定
(STANDARD、
WARM、COOL、
デジタル
ユーザー)
、
メニュー水平位置、
メニュー垂直位置、
メニュー表
示時間、
メニュー言語、
音量、
ミュート、
入力切替、
情報、
リセッ
ト、
OSDメニューロック
入力信号
入力端子
アナログ
アナログ RGB(同期:セパレート)
デジタル
デジタルTMDS(DVI 1.0準拠)
アナログ
ミニ D-sub 15ピン
デジタル
DVI-D 24 ピン
ライン入力コネクター
ステレオミニジャック
ヘッドフォン出力コネクター ステレオミニジャック
プラグアンドプレイ
1W+1W
AC100V±10% 50/60Hz
34W(最大輝度時)/23.6W以下(通常輝度時:200cd/m2)/
2W以下(スタンバイ時)/1W以下(電源オフ時)
温度:10∼35℃ 湿度:20∼80%(結露しないこと)
約414(幅)×約202(奥行)×約416(高さ)
mm
本体のみ:約5.1kg
VESA DDC 2B
パワーセーブ
VESA DPMS/DVI DMPM準拠
スピーカー
入力電源
消費電力
温湿度条件
外形寸法
質量
- 38 -
Zimbel_19Display.book 39 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
プリセットタイミング(アナログ接続時)
本機には、
下記の信号タイミングに対応する最適な画面設定があらか
じめ登録(プリセット)されています。
● お使いのコンピューターの解像度などを下記の信号タイミング
以外に設定したとき、正常に表示されない場合があります。
● 未対応の信号タイミングが本機に入力された場合、
「入力信号仕
様範囲外」と表示され、本機はスタンバイ状態に入ります。
この場合は、
お使いのコンピューターのマニュアルをご覧にな
り、リフレッシュレートを下記のいずれかの垂直周波数に設定
してください。
水平周波数
垂直周波数
(kHz)
(Hz)
31.5
60
37.9
72
37.5
75
VGA 720×400
31.5
70
VESA 800×600
37.9
60
48.1
72
46.9
75
48.4
60
56.5
70
60.0
75
64.0
60
80.0
75
解像度
VESA 640×480
VESA 1024×768
VESA 1280×1024
- 39 -
Zimbel_19Display.book 7 ページ
MEMO
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
Zimbel_19Display.book 7 ページ
MEMO
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
Zimbel_19Display.book 29 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
本機を日本国外へ持ち出す場合のご注意
本機は日本国内でご使用いただくことを前提に製造・販売しております。
本機の修理・保守サービスおよび不具合などの対応は、日本国外ではお受けできませんのでご
了承ください。また国外ではその国の法律または規制により、本機を使用できないこともあり
ます。このような国では、本機を運用した結果、罰せられることがありますが、当社といたしま
しては一切責任を負いかねますので、ご了承ください。
電波障害について
この装置は、
情報装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づくクラスB情報技術装
置です。
この装置は、
家庭環境で使用することを目的としていますが、
この装置がラジオやテレ
ビジョン受信機に近接して使用されると、受信障害を引き起こすことがあります。取扱説明書
に従って、
正しい取り扱いをしてください。
有寿命部品について
液晶ディスプレーには有寿命部品が含まれています。
有寿命部品の交換時期の目安は、
使用頻度や条件により異なりますが、
本製品を通常使用した場
1日8時間、1ヶ月で25日間のご使用で、約5年です。これは、あくまで目安であって、故障しな
合、
いことや無料修理をお約束するものではありません。
なお、
長時間連続使用など、
ご使用の状態
によっては早期に、
あるいは製品の保証期間内であっても、
部品交換
(有料)
が必要となります。
パソコン回収について
当社では、不要となったパソコンの回収・再資源化を行っています。
PCリサイクルマーク付きの当社製パソコンおよびディスプレーは、ご家
庭から廃棄する場合、無償で回収・再資源化いたします。
パソコン回収の詳細は下記ホームページをご覧ください。
http://shop.epson.jp/pcrecycle/
Zimbel_19Display.book 30 ページ
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
ご注意
(1)本書の内容の一部、
または全部を無断で転載することは固くお断りいたします。
将来予告なしに変更することがあります。
(2)本書の内容および製品の仕様について、
(3)本書の内容は万全を期して作成いたしましたが、万一誤り・お気付きの点がございました
ら、
ご連絡くださいますようお願いいたします。
(3)
項にかかわらず責任を負いかねますので、ご了承く
(4)運用した結果の影響につきまして、
ださい。
商標について
本書に記載の社名、製品名は一般にそれぞれの会社の商標または登録商標です。
© エプソンダイレクト株式会社 2009
Zimbel_19Display.book 30 ページ
C77585000
2009年8月17日 月曜日 午後5時50分
Fly UP