...

米国の失業率低下をどうみるか

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

米国の失業率低下をどうみるか
平成 26 年(2014 年)3 月 28 日
NO.2014-2
米国の失業率低下をどうみるか
【要旨】
— 米国では、2009 年半ばからの景気回復局面が約 5 年になろうとするなか、
雇用者数が景気後退前の水準へ徐々に近づきつつある。但し、雇用増加
ペースはこれまでの景気循環に比べ緩やかで、失業率は 6.7%と、リーマ
ン・ショック前の水準や自然失業率と比べ高水準にとどまっている。
— さらに、職探しを断念した労働者や経済的理由でのパートタイム労働者
を含む広義の失業率は依然二桁の高水準にあり、失業期間は大幅に長期
化、就業者率についても数年にわたって底這いの状態が続くなど、労働
市場の回復はまだまだという状況だと言わざるを得ない。
— 今景気回復局面では、失業率低下の要因として、労働参加率が持続的に
低下傾向を辿っている点が特徴として指摘される。労働参加率の低下の
背景には、少子高齢化や若年層の就業構造の変化などを反映した長期ト
レンドに加え、リーマン・ショック後の失業保険給付の大幅な延長、雇
用のミスマッチ、労働市場の流動性低下に伴う、失業期間の長期化など
の問題が影響している。
— 今後、労働参加率には、人口動態面から下押し圧力がかかり続けるとみ
られる。また、リーマン・ショック後に生じた労働市場の問題について
も、全体としてみれば、失業率を低下させる方向へ働くと考えられる。
— 景気回復に伴い、非労働力化した労働力が、労働市場に戻る局面で、失
業率の上昇を抑えるためには、十分な雇用が創出される必要がある。こ
の点で、拙速な金融出口戦略は景気や雇用の改善に水を差す虞がある。
FRB は、イエレン新議長のもと、労働市場や実体経済の趨勢をより広く
見極めながら、市場とのコミュニケーションを図りつつ、慎重に出口戦
略を遂行していくことになろう。
1
はじめに
米国では、2009 年半ばからの景気回復局面が約 5 年になろうとするなか、雇用者数
が景気後退前のピークの水準をほぼ取り戻しつつある。但し、雇用増加ペースはこれ
までの景気循環に比べ緩やかにとどまり、失業率は 6.7%と、リーマン・ショック前
の水準や自然失業率(5%台近辺)に比べ、高水準にとどまっている。こうしたなか
FRB は、3 月の FOMC で、これまで超低金利政策解除の目安としてきた失業率の閾値
(6.5%)を削除し、より定性的なガイダンスへと修正を行った。
本稿では、今後の米国経済の回復の持続力、金融政策決定の重要な鍵を握る労働市
場の現状を整理しながら、今後の方向性と課題について考えてみたい。
1.労働市場の現状
(1)概況
米国では、2 月の非農業部門雇用者数が 1 億 3,770 万人と、
景気後退前のピーク(2008
年 1 月、1 億 3,837 万人)の水準へ近づきつつある(第 1 図)。一方、失業率は 6.7%
と、2009 年 10 月のピーク(10.0%)から 3%ポイント強低下したとはいえ、リーマン・
ショック(危機)前の水準や自然失業率(5%近辺)に比べ高水準にとどまっている。
また、職探しを断念した労働者や経済的理由でのパートタイム労働者を含む広義の
失業率は、2010 年 4 月のピーク(17.2%)から足元 12.6%まで低下してきたが、危機
前(2000 年~2007 年)の平均 8.7%に比べると、依然として高水準にある。なかでも
フルタイムでの勤務を希望しているにもかかわらず、経済環境の悪化を受け労働時間
を短縮されているか、フルタイムでの職が見つからず、パートタイムを余儀なくされ
ている労働者は足元 719 万人と、危機前の平均(417 万人)に対し約 1.7 倍の規模に
拡大している。このほか、平均失業期間は大幅に長期化したままであり、就業者率に
ついても数年にわたって底這いの状態が続くなど、労働市場の回復はまだまだという
状況だと言わざるを得ない(第 1 表)。
第1表:各種雇用指標の動向
第1図:非農業部門雇用者数と失業率の推移
(万人)
(%)
11
失業率
1.38
10
1.36
9
労働参加率
(労働力人口
÷就業可能人口)
平均失業期間
1.34
8
1.32
7
1.30
6
1.40
1.28
1.26
4
失業率〈右目盛〉
3
1.24
07
08
09
10
11
12
13
14
(資料)米国労働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
66.4%
63.0%
16.7週
40.7週
(11年12月)
16.5週
(08年3月)
37.1週
63.0%
58.2%
(13年10月)
62.9%
(08年1月)
58.8%
8.7%
17.2%
(10年4月)
9.0%
(08年2月)
12.6%
経済的理由での
パートタイム労働者
417万人
922万人
(10年3月)
485万人
719万人
(08年1月)
職探しを断念した労働者
21万人
132万人
(10年12月)
38万人
(08年8月)
76万人
11.4%
5.5%
(10年9月)
10.9%
(08年1月)
7.8%
(資料)米国労働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
2
6.7%
66.2%
(08年1月)
失業者に占める
自発的離職者の割合
(年)
直近値
(2014年2月)
62.8%
(13年12月)
就業者率
(就業者÷生産年齢人口)
広義失業率
(職探しを断念した労働者、
経済的理由でのパート
タイム労働者を含む)
5
非農業部門雇用者数〈左目盛〉
危機前平均 2008年以降 2008年以降
(00-07年) の最悪値
の最善値
10.0%
4.9%
5.0%
(09年10月) (08年2月)
△
×
×
×
△
△
△
△
(2)過去の景気循環との比較
今回と 1973 年以降、過去 5 回の景気循環における労働市場の変化を比べると、今
回は、労働参加率が持続的に低下傾向を辿っており、かつ低下ペースが速い点を特徴
として指摘することができる。また、就業者率についても改善が見られず、底這いの
状態が続いている(第 2 図)。
第2図:過去の各景気循環における失業率、労働参加率、雇用率の水準の変化
1973年11月~1980年1月
6
1981年7月~1990年7月
1980年1月~1981年7月
(景気の山(P)=0)
6
(景気の山(P)=0)
6
4
4
4
2
2
2
0
0
0
-2
労働参加率
-4
-2
-2
失業率
-4
労働参加率
+20
+40
+60
+80
+100
+120
(ヵ月)
1990年7月~2001年3月
(景気の山(P)=0)
6
+20
+40
+60
+80
+100
P
+120
(ヵ月)
2001年3月~2007年12月
(景気の山(P)=0)
6
4
4
4
2
2
2
0
0
0
-2
-2
-2
労働参加率
-4
労働参加率
就業者率
+40
+60
+80
+100
+60
+80
+100
+120
(ヵ月)
2007年12月~2013年12月
(景気の山(P)=0)
失業率
労働参加率
就業者率
-4
-6
-6
+20
+40
就業者率
-6
P
+20
失業率
失業率
-4
労働参加率
-6
-6
P
-4
就業者率
就業者率
P
6
失業率
失業率
就業者率
-6
(景気の山(P)=0)
+120
(ヵ月)
P
+20
+40
+60
+80
+100
+120
(ヵ月)
P
+20
+40
+60
+80
+100
+120
(ヵ月)
(注)1. 『失業率』は、失業者÷労働力人口、『労働参加率』は、労働力人口÷就業可能人口、『就業者率』は、就業者÷就業可能人口。
2. 各比率について、各循環局面における前回『景気の山』を0とし、次の『景気の山』までの水準の変化をみたもの。
(資料)米国労働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
一方、非農業部門の雇用者数が前回景気の山の水準を回復するまでに要した期間を
比べると、今景気循環は 74 ヵ月(約 6 年)と、1973 年以降過去 5 回の景気循環と比
べて雇用増加ペースが最も緩やかであることが分かる(第 3 図)。また、各景気回復
局面における失業率のピークからの低下幅を、人口、就業者数、労働参加率の 3 つの
変動要因に分解すると、過去 5 回の景気回復局面では、就業者数の増加が主に失業率
を低下させたのに対し、今回は、労働参加率低下の失業率押し下げ寄与が大変大きい
のが特徴的である(第 4 図)。具体的には、失業率の低下幅 3.3%に対し、労働参加率
低下の寄与度が 3.0%と、就業者数増加の寄与度 4.2%の 7 割程度にも達している。
3
第4図:各景気回復局面における失業率低下の要因分解
第3図:各景気循環における非農業部門雇用者数の推移
25
(景気の山(P)=100)
130
就業者変動要因
労働参加率変動要因
人口変動要因
失業率低下幅
20
1973年11月~80年1月
1980年1月~81年7月
1981年7月~90年7月
1990年7月~01年3月
2001年3月~07年12月
2007年12月~
120
(%)
15
10
5
0
-5
110
-10
-15
100
P
+20
+40
+60
+80
+100
+120
+140
(ヵ月)
2009年10月
~14年2月
2003年6月
~07年12月
1992年6月
~01年3月
1982年12月
~90年7月
90
1980年7月
~81年7月
1975年1月
~80年1月
-20
(注)各景気回復局面における、失業率のピークから景気の山までの失業率の
変化を要因分解したもの。
(資料)米国労働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
(資料)米国商務省、労働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
2.足元で特徴的な労働参加率低下の背景
(1)長期的な趨勢
今回の景気回復局面においては、労働参加率の低下が失業率の押し下げに大きな役
割を果たしているが、労働参加率は、2000 年頃をピークに低下傾向にある(第 5 図)。
第5図:労働参加率の長期推移
90
第6図:女性の年齢階層別労働参加率の推移(M字カーブ)
(%)
(%)
68 80
(%)
70
80
66
70
64 50
60
62
60
40
2000年
1990年
2007年
2013年
1980年
1970年
1960年
30
65歳
55-64歳
10 (年)
45-54歳
05
35-44歳
0
56
25-34歳
50 55 60 65 70 75 80 85 90 95 00
(注)シャドウは景気後退局面。
(資料)米国労働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
58 10
20-24歳
30
20
16-19歳
40
60
男性〈左目盛〉
女性〈左目盛〉
全体〈右目盛〉
全体
50
(資料)米国労働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
性別にみると、男性の労働参加率は、社会保障制度の整備などを背景に、統計上確
認可能な 1950 年以降、一貫して低下傾向を辿ってきた。具体的には、1935 年に代表
的な社会保障制度として、「老齢・遺族・障害年金」(注 1)が制定されたほか、1950 年~
1970 年代にかけて企業年金制度が普及したことで、退職後の一定の所得が保障される
ようになり、勤労者の早期引退が進んだ。一方、女性の労働参加率は、2000 年頃にか
けて上昇が続き、全体の参加率を押し上げることとなったが、近年ではやや低下して
いる。企業が、早期引退の進展に伴う労働力不足を補うため、フレックスタイム制や
在宅勤務、産休制度などワーク・ライフ・バランス支援制度の整備と併せ女性の採用
を拡大したことから、女性の社会進出が加速したが、そうした動きは 2000 年頃を境
4
に一巡しつつあるとみられる。女性の労働参加率を年齢階層別(M 字カーブ)でみる
と、1980 年代頃から 2000 年頃にかけて、M 字カーブが上方シフト、かつ 30 代から
40 代にかけての労働参加率の落ち込みはほぼ解消されたが、2000 年をピークに M 字
カーブは幾分低下している(第 6 図)。
(注1) 「老齢・遺族・障害年金(OASDI:Old-Age, Survivors, and Disability Insurance)」は、被用者や自営業者
の大部分を対象とし、10 年以上社会保障税(Socia1 Security Tax)を納付した者に対し、毎月年金を
支給。ただし、1983 年の法改正により、満額受給開始年齢が原則 65 歳から誕生年に応じて段階的に
67 歳に引き上げられた。
(2)年齢層別にみた労働参加率の動向
第 2 表は、2007 年末と 2013 年末の年齢層別の労働参加率を比較したものである。
2007 年末から 2013 年末にかけて、全体の労働参加率は▲3.2%ポイント低下していた
が、このうちの半分、▲1.6%ポイントは年齢構成の変化、すなわち相対的に労働参加
率の低い 65 歳以上が就業可能人口に占める割合が上昇してきたことで説明される。
第2表:年齢層別にみた就業可能人口と労働参加率の変化
金融危機前
(2007年末)
直近
(2013年末)
就業可能 各年齢層のシェア 労働参加率
の変化
人口の変化
(④-②、 年齢構成
(③-①、
2007年 2013年
%pt)
万人)
の変化
①就業可能
人口
(万人)
②労働
参加率
(%)
③就業可能
人口
(万人)
④労働
参加率
(%)
16-19歳
1,706
41.2
1,670
33.8
▲ 36
7.3
6.8
▲ 7.4
20-24歳
2,047
74.1
2,208
70.7
161
8.8
8.9
▲ 3.4
25-34歳
4,003
83.1
4,182
81.0
179
17.2
16.9
▲ 2.1
35-44歳
4,221
83.9
3,956
82.1
▲ 265
18.1
16.0
▲ 1.8
45-54歳
4,382
82.2
4,306
79.2
▲ 76
18.8
17.4
▲ 3.0
55-64歳
3,302
64.1
3,936
63.8
634
14.2
16.0
▲ 0.3
65歳以上
3,660
16.3
4,416
18.5
755
15.7
17.9
2.1
全人口
23,316
66.0
24,675
62.8
1,359
100.0
100.0
▲ 3.2
▲ 1.6
(注)『年齢構成の変化』は各年齢階層のシェアの変化(2007年→2013年)×労働参加率の合計値。
(資料)米国労働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
さらに、65 歳以上を除く各年齢層の労働参加率が低下していることも全体の押し下
げに寄与している。特に、2000 年頃から 16~19 歳の労働参加率が大幅に低下、20~
24 歳についても同様に低下傾向がみられる(第 7 図)。背景としては、IT 化の進展な
どに伴い、企業が人材に求める知識・技術の水準・専門性が高まったことを受け、大
学など高等教育機関への進学率が向上したことが、一因として考えられる。米国にお
ける若年層の就学率の変化をみると、2000 年から 2011 年にかけて、15~19 歳では
81.3%から 86.2%(+4.9%ポイント)、20~24 歳では 32.5%から 39.9%(+7.4%ポイン
ト)へそれぞれ上昇した(第 3 表)。同時に、未就学者のうち未就労者の占める割合
も上昇しており、低スキル労働者の就職が難しくなっていることを示唆している可能
性もある。
年齢別、学歴別の失業率からも、同様の特徴を捉えることができる(第 8 図)。年
齢別では、18~19 歳が 21.0%、20~24 歳が 11.9%と若年層の失業率が高水準にある
一方、25~54 歳は 5.8%と低水準にある(2014 年 2 月時点)
。学歴別では、高卒未満
5
の失業率が 9.8%と高いが、大卒が 6.2%、さらにカレッジ卒は 3.4%と低水準にある。
特にカレッジ(高卒後に通う 2 年制大学)では、技能者育成のための実践的な職業訓
練を受けることから、就職に有利に働き、低い失業率につながっていると考えられる。
90
(%)
第7図:年齢別労働参加率の推移
(%)
60
30 (%)
第8図:年齢別・学歴別の失業率
18-19歳
25-54歳
25
85
55 20
80
50
75
45
70
40
65
35 15
20-24歳
55歳以上
15
10
5
0
55
50
90
95
00
05
10
(%)
高卒未満
高卒
大卒
カレッジ
30 10
35~44歳〈左目盛〉
25~34歳〈左目盛〉
45~54歳〈左目盛〉
20~24歳〈左目盛〉
16~19歳〈右目盛〉
55歳以上〈右目盛〉
60
20
25
5
0
20
(年)
92 93 94 95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14
(年)
(注)学歴別の失業率は、25歳以上の失業者の学歴別内訳。
(資料)米国労働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
(資料)米国労働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
第3表:米国における若年層の就学・就職比率の変化
1997年
就学
未就学
2000年
就学
未就学
2005年
就学
未就学
2008年
就学
未就学
2011年
就学
未就学
計
就労
未就労
計
就労
未就労
計
就労
未就労
計
就労
未就労
計
就労
未就労
15-19歳
82.6
10.3
7.1
81.3
11.7
7.0
85.6
8.3
6.1
85.2
7.6
7.2
86.2
6.6
7.1
20-24歳
34.3
50.7
15.1
32.5
53.1
14.4
36.1
48.4
15.5
36.9
45.9
17.2
39.9
41.6
18.5
25-29歳
11.8
72.2
15.9
11.4
72.8
15.8
11.9
70.0
18.1
13.2
67.3
19.5
14.8
63.4
21.7
15-29歳
43.5
43.9
12.6
43.1
44.6
12.2
45.2
41.7
13.1
45.3
40.1
14.6
46.7
37.4
15.9
(資料)OECD統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
(3)失業の長期化
年齢構成の変化や若年層の就業構造の変化だけでは説明できない、リーマン・ショ
ック後の労働参加率の低下要因として、失業期間の長期化も挙げられる。足元の失業
期間は、平均値で 37 週(中央値では 16 週)と、過去の最も長期化している期間に比
べて 2 倍程度長期化している(第 9 図)。失業期間が 27 週以上に達している長期失業
者は 385 万人と、失業者全体(1,046 万人)の 37%を占める。失業期間が長期化する
ほど、就職意欲が低下、労働市場から撤退する傾向が強まるという問題が指摘されて
いる。実際、広義の失業率の内訳となる、就職意欲が低下し職探しを断念した「就業
意欲喪失者」は、「経済的理由でのパートタイム労働者」に比べると少ないものの、
危機前の平均(21 万人)に対し、足元 76 万人と約 4 倍近い水準となっている(第 10
図)。この点は、「プライム・エージ」と称される 25~54 歳の労働参加率が低下して
6
いる要因と考えられる。失業長期化の要因については、次の章で詳しく分析する。
第10図:広義の失業率の推移
第9図:失業率と失業期間
1,800
1,600
1,400
1,200
(万人)
(%、週)
失業者(27週以上)
失業者(15-26週)
失業者(5-14週)
失業者(5週未満)
長期失業者(27週以上)の割合〈右目盛〉
失業期間(平均)〈右目盛〉
1,000
1,800
50
経済的理由によるパートタイム労働者〈左目盛〉
1,600
就職意欲喪失者〈左目盛〉
1,400 広義の失業率〈右目盛〉
失業率〈右目盛〉
1,200
45
40
35
30
1,000
25
800
20
600
15
400
10
200
5
0
(万人)
18
16
14
12
10
800
8
600
6
400
4
200
2
0
0
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14(年)
(%)
0
94 95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14(年)
(資料)米国労働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
(資料)米国労働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
3.失業長期化の背景
失業が長期化している背景として、①失業保険給付の大幅な延長、②雇用のミスマ
ッチ、③労働市場の流動性低下などが挙げられる。
(1)失業保険給付の大幅な延長
まず、失業保険給付の大幅延長が、失業期間の長期化と密接に関係していると考え
られる。米国では、リーマン・ショック後の高失業率を受け、失業保険の延長給付が
実施された。通常の失業保険給付(26 週間まで)に対し、失業率が高い場合には延長
給付(13 週間または 20 週間)が行われるが、今景気後退局面では、これにさらに上
乗せする形で時限的な緊急失業給付(Emergency Unemployment Compensation 2008:
EUC2008)として、
「34 週プラス失業率が 6%超の場合には 13 週(計 47 週)、失業率
が 8.5%超の場合には 19 週(計 53 週)」の追加給付が行われ、州によって最長 99 週
までの受給が可能となった(注 2)。長期の受給が可能となったことで、より良い職を求
めて就職活動を続けることができ、失業期間が長期化する要因の一つになったと考え
られる。
しかし、失業率の低下に加え、EUC2008 が 2013 年末で失効したこともあり(注 3)、
足元の失業保険受給者数は 290 万人程度と、リーマン・ショック前の水準まで減少し
ている(第 11 図)。失業保険受給者(通常・EUC・延長給付を含む)が失業者に占め
る割合(受給率)についても、ピーク時には 70%にまで達していたが、足元は 30%
を切る水準まで低下している(第 12 図)。
(注2) 給付期間は州毎に異なり、延長給付のコストは、通常は連邦政府が 50%負担し、残り 50%を州が負
担。また、緊急失業給付のコストは全額を連邦政府が負担。
(注3) 低所得層中心の給付である緊急失業給付を終了することは、民主・共和両党にとって支持率低下を招
く虞があるとして、3 月に上院超党派議員は、緊急失業保険制度を延長する案で合意(対象者には、
期間を昨年末まで遡ったうえで、5 月末まで受給できるという内容)。但し、共和党が多数を占める
下院で同案の採決がなされるかは不透明。
7
第11図:失業保険受給者数の推移
1,200
第12図:失業保険受給率の推移
(万件)
80
(%)
EB
1,000
EUC
70
継続受給者数
800
受給率(通常給付)
60
600
400
受給率(含むEUC/延長給付)
50
200
40
0
07
08
09
10
11
12
13
14(年)
30
(注)通常給付(~26週)に対し、延長給付(EB: Extended Benefits)は、13週間
または20週間の追加支給、緊急失業給付(EUC:Emergency Unemployment
Compensation 2008)は、34週、47週、53週のいずれかを追加支給(2013年
12月末で失効)。
(資料)米国労働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
20
80
85
90
95
00
05
(資料)米国労働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
10
(年)
緊急失業給付終了に伴う労働市場への影響として、本要因による長期失業者は速や
かに就職できるのか、それとも就職をあきらめて労働市場から撤退するのか、という
問題を考える必要がある。失職者に占める一時的レイオフ(注 4)の割合が高い場合には、
早期に就職可能とみられるが、現在、一時的レイオフの割合は 10%程度と過去に比べ
低水準にある(第 13 図)。これに対し、一時的でない(恒久的)失職者は新たに就職
先を探す必要があり、希望する賃金よりも低い水準で職に就くか、就職をあきらめ労
働市場から撤退するかの選択を余儀なくされる可能性もある。
先行事例として、ノースカロライナ州の経験が参考になる。同州は、連邦政府に対
する失業保険債務の積み上がりを受け、失業保険給付制度の改革に着手、昨年 7 月 1
日に緊急失業給付(最長 73 週)が失効した。その後、失業率の低下ペースが加速、
失業率は 2013 年 7 月時点の 8.1%から 2014 年 1 月には 6.7%へ 1.4%ポイント低下、
20013 年の失業率の低下幅は全米で最大となった(第 14 図)。同州における雇用関連
指標を年平均でみると、就業者数は 2012 年の 427 万人から 2013 年は 429 万人へ増加
したものの、就業者率は 57.0%から 56.7%へ低下、労働参加率についても、2012 年の
62.7%から、2013 年には 61.6%へ低下した。こうした動きから、雇用創出ペースが就
業可能人口の増加ペースを下回るなか、就職をあきらめて労働市場から撤退した労働
者が一定規模存在した可能性が示唆される。1 州のみの結果で判断はできないが、緊
急失業給付の終了は、失業者の非労働力化により目先の失業率に対して低下要因とし
て働く可能性があると考えられる。
(注4) 失業者は、失職者・自発的離職者・再参入者・新卒者に分類される。さらに失職者は、一時的レイオ
フと一時的レイオフ以外に分類される。
8
第14図:全米とノースカロライナ州の失業率の推移
第13図:失職者の内訳
60
12 (%)
(失業者比、%)
11
一時的レイオフ以外
50
一時的レイオフ
10
40
9
8
30
7
ノースカロライナ州
20
6
10
全米
5
4
0
80
85
90
95
00
05
10
07
(年)
08
09
10
11
12
13
14
(年)
(資料)米国労働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
(資料)米国労働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
(2)雇用のミスマッチ
次に考えられるのが、リーマン・ショック後、住宅・金融バブル崩壊を背景とした
産業構造の大幅な変化が、雇用のミスマッチをもたらしているという点である。ここ
では、前回景気の山(2007 年 12 月)から足元までの雇用者数の変化を、全体の雇用
者数の減少が続いた時期(2007 年末~2009 年末)と、雇用者数が増加に転じた時期
(2009 年末~2013 年末)の 2 期間に分け、業種ごとの違いを見てみたい(第 15 図)。
雇用削減期においては、
「製造業」
(▲227 万人)、
「建設」
(▲184 万人)の順に削減
幅が大きかったのに対し、雇用増加期においては、「専門・事業サービス」(+237 万
人)、「娯楽」(+149 万人)などでの増加が目立つ。一方、「製造業」は+58 万人、「建
設」は+22 万人にとどまり、業種間ミスマッチが生じていることが窺える。また、
「金
融」における雇用削減数は▲54 万人と製造業や建設などに比べて少なかったものの、
増加数は+16 万人にとどまっている。このほか、
「教育・医療」では、2 期間のいずれ
においても増加している。教育機関やヘルスケア産業は、景気の影響を受け難いうえ、
高学歴化や少子高齢化などを背景に、近年、雇用は増加傾向にある。
第15図:業種別雇用者数の増減
-300 (万人)
(万人) 300
07年末から09年末の変化幅(左逆目盛)
-250
09年末から13年末の変化幅(右目盛)
-200
250
200
-150
150
-100
100
-50
50
0
0
教 育 ・医 療
政府
9
鉱業
(資料)米国労働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
金融
娯楽
そ の他 民 間
専門 ・
事 業 サー ビ ス
-150
卸 小売
-100
150
建設
-50
100
製造業
50
雇用の拡大している専門サービスでは高いスキルが求められるほか、教育・医療で
は一定の資格・免許が必要となるケースが多いため、他業種からの転職は容易ではな
いとみられる。こうしたことから、製造業や建設業の従事者が失業した場合、他業種
での再就職は難しく、失業期間が長期化することにつながると考えられる。特に、建
設業従事者は、同業種内で再就職先を探すか、職が見つからなければ、就職を断念す
る傾向が強いとされる(注 5)。
(注5) Richard Crump and Ayşegül Şahin (2012)。
(3)労働市場の流動性低下
労働市場における流動性の低下も、失業の長期化に影響していると考えられる。危
機後、失業者に占める失職者の割合が 65%へ上昇する一方、自発的離職者の割合は 5%
台と過去最低水準まで低下した(第 16 図)。自発的離職者は、転職先を確保している
ケースもあり、長期的な失業に陥る可能性は相対的に低い。また、自発的な離職は求
職者に就業機会をもたらす面もある。結果として、自発的離職者の割合が低下すると、
労働市場の流動性も低下し、失業が長期化しやすくなると考えられる。もっとも、足
元は、失職者の割合が危機前の平均(50%近辺)まで低下する一方、自発的離職者の
割合は 8%近辺(危機前は平均 11%)まで持ち直しつつある。
第16図:失業者の構成
80
(%)
失職者
再流入者
70
新卒者
60
自発的離職者
50
40
30
20
10
0
90
95
00
05
10
(年)
(資料)米国労働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
こうした動きの一因としては、住宅価格の上昇によるネガティブエクイティ(持ち
家の現在価値が住宅ローン残高を下回っている状態)の改善が考えられる。住宅価格
は、2007 年以降、2~3 割程度の大幅な調整を経て、2012 年頃から上昇に転じている
(第 17 図)。2007 年以降の住宅価格下落の結果、ネガティブエクイティの住宅ローン
が急増し、2008 年のピーク時には 1,400 万件近くまで増加した。2012 年以降は住宅価
格の上昇を背景に減少方向に転じ、2013 年末には 650 万件へ半減、全体の住宅ローン
に占めるネガティブエクイティの比率も、ピーク時の 25%から足元は 15%程度まで
低下している(第 18 図)。
10
第18図:ネガティブエクイティ
第17図:住宅価格の推移
250
1,600
FHFA住宅価格(1980年第1四半期=100)
S&P/ケースシラー住宅価格指数(20都市、2000年1月=100)
200
15%
▲21%
150
(%)
35
1,200
30
1,000
25
800
20
600
15
0
100
05
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13(年)
10
ネガティブエクイティ件数〈左目盛〉
ネガティブエクイティ比率〈右目盛〉
200
01
40
1,400
400
21%
▲35%
(万件)
06
07
08
09
10
11
12
13
5
0
(年)
(注)2009年第2四半期まではFRB統計、2009年第3四半期以降はCoreLogic
統計を使用しており、厳密には両者は連続していない。
(資料)FRB、CoreLogic統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
(資料)米国連邦住宅金融局(FHFA)、S&P/ケースシラー統計より
三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
米国における転居の理由として、「就職・転職」の割合は、危機前の 10%前後から
2010 年にかけて 7.8%まで低下した(第 4 表)。これは、ネガティブエクイティを抱え
た状態で転居を伴う転職をためらうことなどが背景としてあったと考えられる。2011
年以降、ネガティブエクイティが緩やかに改善するなか、就職・転職を理由とする転
居も持ち直している。住宅市場の改善によりネガティブエクイティの減少が今後も続
けば、家計のモビリティが向上し、労働市場の流動性を高める効果も期待される。
第4表:転居の理由
(%)
結婚・離婚
世帯形成
6.0
6.1
6.7
6.2
7.1
6.0
5.9
5.7
5.4
7.3
5.6
6.3
5.1
7.5
7.6
7.0
7.0
7.8
8.5
9.8
10.5
9.5
11.2
9.5
10.7
10.4
2001
2002
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
その他
就職・転職
家庭事情
13.7
10.3
12.0
10.5
12.6
8.8
11.2
9.2
12.2
10.4
13.2
8.7
14.4
9.8
14.4
8.4
11.5
8.7
11.7
7.8
12.8
8.1
12.3
9.5
14.8
9.0
職探し・
失業
2.1
2.3
1.9
2.4
1.9
1.6
1.7
2.3
2.7
2.6
2.6
1.8
2.1
通勤短縮
3.1
3.0
3.2
3.7
3.4
3.6
4.8
6.2
5.0
4.2
5.9
5.5
5.4
退職
0.6
0.6
0.3
0.3
0.5
0.4
0.6
0.4
0.4
0.5
0.3
0.5
0.7
その他
賃貸から持
仕事要因
ち家へ
1.1
1.6
1.4
10.2
1.4
9.3
1.4
9.3
4.0
8.6
4.0
5.9
3.7
5.8
1.0
5.5
1.3
4.6
1.5
4.4
2.1
4.7
2.3
5.8
(資料)米国商務省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
4.今後の展望
(1)今後の失業率の方向性
先行きの米国における労働市場を展望するうえで、労働参加率の動きと失業率に与
える影響が重要と言える。就業可能人口は 2008 年以降の平均ペースで増加(前月比
+0.08%)、雇用増加ペースは前月比+20 万人との前提のもと、労働参加率について、
①現状(63%程度)で横這い、②低下持続、③緩やかに上昇(2015 年以降 2 年間で約
1%)――の 3 つのシナリオで失業率の動きをシュミレーションしてみた(第 19 図)
。
11
結果をみると、①のケースでは、失業率の低下傾向が続き、2016 年末に自然失業率へ
到達するのに対し、②のケースでは、失業率の低下が速まり 2015 年前半には自然失
業率への到達が可能となる。一方、③のケースでは、逆に失業率は上昇するという結
果になった。
鍵となる労働参加率については、長期的なトレンドとして、人口動態面から下押し
圧力がかかり続けることが予想されるほか、リーマン・ショック後の変化についても、
全体としてみれば、失業率を低下させる方向へ働くと考えられる。具体的には、緊急
失業給付終了の影響は不透明な部分もあるが、給付終了に伴い、何らかの職に就くか、
就職をあきらめて非労働力化するかのいずれかにより、失業率の低下要因として働く
可能性がある。また、労働市場の流動性も改善が続き、失業率の低下につながること
が期待される。一方、雇用のミスマッチの問題については、産業構造や教育に関わる
問題であり、改善には長い時間を要するとみられる。
11
第19図:シナリオ別の失業率の推移
(%)
10
9
8
7
失業率(実績)
6
①労働参加率一定
②労働参加率低下持続
5
③労働参加率が緩やかに上昇
4
自然失業率(5%)
3
08
09
10
11
12
13
14
15
16
(年)
(注)今後、就業可能人口は前月比+0.08%(2008年以降の平均)、雇用増加ペースは、
前月比+20万人として推計。労働参加率については、①が現状(63%程度)で横這い、
②は緩やかに上昇(2015年以降、2年間で約1%ポイント)、③は低下が続くものとして推計。
(資料)米国労働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成
(2)金融出口戦略への示唆
2013 年 7 月に FRB のバーナンキ議長(当時)が、
「現行の量的緩和終了時点で失業
率は 7%」と発言、2013 年 11 月に失業率が 7%まで低下すると、2013 年 12 月の FOMC
で量的緩和政策(QE3)の縮小が決定された。異例の超低金利政策については、「失
業率が 6.5%を下回ってからもかなりの期間続けるのが適切となり得る」とされてき
たものの、2 月の失業率が 6.7%と、FRB がこれまで「超低金利解除の一条件」とし
てきた 6.5%に接近してきたことを踏まえ、3 月の FOMC では、失業率の閾値が削除
され、フォワードガイダンスはより定性的な内容に修正された。
イエレン新 FRB 議長は、かねてより雇用創出、失業問題の実質的な解消を重視す
る姿勢を強調してきており、議長として初めてとなる FOMC 後の記者会見でも、失
業期間の長期化や高水準のパートタイム労働者などを例に挙げ、労働市場の幅広い改
善を図りつつ完全雇用を目指す方針が示された。
12
今後、景気回復に伴い、非労働力化していた失業者が労働市場に戻る局面で、失業
率の上昇を抑えるためには、十分な雇用が創出される必要がある。この点で、拙速な
金融出口戦略は景気や雇用の改善に水を差す虞がある。今回、「閾値」を削除したこ
とで、金融政策に関する不透明感が増したとの指摘もあるが、政策の自由度が高まっ
たことも事実であり、イエレン新議長は、労働市場や実体経済の趨勢をより広く見極
め、市場とのコミュニケーションを図りつつ、出口戦略を遂行していくこととなろう。
【参照文献】
Bhashkar Mazumder (2011), " How did unemployment insurance extensions affect the
unemployment rate in 2008–10?" Chicago Fed Letter No.285, Federal Reserve Bank of
Chicago
CBO (2014), "The Slow Recovery of the Labor Market"
Daniel Aaronson, Kyung-Hong Park and Daniel Sullivan (2006), “The decline in teen labor
force participation,” Chicago Fed Letter No.234, Federal Reserve Bank of Chicago
Daniel Aaronson, Jonathan Davis and Luojia Hu (2012), “Explaining the decline in the U.S.
labor force participation rate,” Chicago Fed Letter No.296, Federal Reserve Bank of Chicago
Jonathan McCarthy, Simon and Aysegul Sahin (2012), “Conclusion: How Low Will the
Unemployment Rate Go?” Federal Reserve Bank of New York
Leila Bengali, Mary Daly, and Rob Valletta (2013), “Will Labor Force Participation Bounce
Back?” FRBSF Economic Letter 2013-14, Federal Reserve Bank of San Francisco
Marcus Hagedorny, Fatih Karahanz, Iourii Manovskiix and Kurt Mitman (2014), “Case Study
of Unemployment Insurance Reform in North Carolina,” Federal Reserve Bank of New York;
University of Pennsylvania; University of Oslo
Mary Daly, Early Elias, Bart Hobijn and Oscar Jorda (2012), “Will the Jobless Rate Drop
Take a Break?” FRBSF Economic Letter 2012-37, Federal Reserve Bank of San Francisco
Michael W. L. Elsby, Bart Hobijn, Aysegül Sahin and Robert G. Valletta (2011), “The Labor
Market in the Great Recession: an Update,” Working Paper 2011-29, Federal Reserve Bank of
San Francisco
Paul R. Flora, Elif Sen, Tosmai Puenpatom and Mike Trebing (2014), “Alternative
Unemployment Rates: Their Meaning and Their Measure,” Regional Economic Analysis,
Federal Reserve Bank of Philadelphia
Richard Crump and Ayşegül Şahin (2012), “Skills Mismatch, Construction Workers, and the
Labor Market,” Federal Reserve Bank of New York
13
Robert Valletta and Katherine Kuang (2010), “Extended Unemployment and UI Benefits,”
FRBSF Economic Letter 2010-12, Federal Reserve Bank of San Francisco
Shigeru Fujita (2010), “Economic Effects of the Unemployment Insurance Benefit,” Business
Review Q4 2010, Federal Reserve Bank of Philadelphia
Shigeru Fujita (2014), “On the Causes of Declines in Labor Force Participation Rate,” Federal
Reserve Bank of Philadelphia
Stefania Albanesi, Ayşegül Şahin, and Joshua Abel (2012), “Reconciling Contrasting Signals
in the Labor Market: The Role of Participation,” Federal Reserve Bank of New York
Sylvain Leduc and Zheng Liu (2013), “Uncertainty and the Slow Labor Market Recovery,”
FRBSF Economic Letter 2013-21, Federal Reserve Bank of San Francisco
以
(H26.3.28
福地
亜希
上
[email protected])
発行:株式会社 三菱東京 UFJ 銀行 経済調査室
〒100-8388 東京都千代田区丸の内 2-7-1
当資料は情報提供のみを目的として作成されたものであり、金融商品の売買や投資など何らかの行動を勧誘するも
のではありません。ご利用に関しては、すべてお客様御自身でご判断下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。
当資料は信頼できると思われる情報に基づいて作成されていますが、当室はその正確性を保証するものではありま
せん。内容は予告なしに変更することがありますので、予めご了承下さい。また、当資料は著作物であり、著作権
法により保護されております。全文または一部を転載する場合は出所を明記してください。
14
Fly UP