...

取扱説明書を必ず参照してください

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

取扱説明書を必ず参照してください
* 2010 年 1 月 9 日(第 2 版)
届出番号:26B3X00002120007
2009 年 8 月 28 日(第 1 版)
機械器具 17 血液検査用器具
一般医療機器 グルコース分析装置 JMDN コード :36730000
特定保守管理医療機器 ケアシストⅡ
【警告】
8
プラリドキシムヨウ化メチルを投与中の患者において、実際の
血糖値より高値を示すおそれがあります。プラリドキシムヨウ
化メチルを投与中の患者における血糖測定値に対する影響につ
いて、事前に製造販売業者から情報を入手してください。[プ
ラリドキシムヨウ化メチルを投与中の患者で、実際の血糖値よ
りも高値を示すことがあり、その偽高値に基づきインスリンな
どの血糖降下剤を投与することにより、昏睡などの重篤な低血
糖症状があらわれるおそれがあります。]
【形状・構造及び原理等】
■ 構造・構成ユニット
● 装置本体
7
2
1 タンクカバー
5
測定部を保護し、バッファタンク、キャップ膜の交
換時に取りはずします。
2 バッファタンク 測定電極を洗浄します。
3 チップフィルタ 検体をサンプリングします。
血球分離膜が貼付されています。
4
4 操作パネル
本製品の操作を行います。
5 表示画面
測定および設定の表示をします。
6 コネクタ
ドッキングステーションと接続します。
7 キャップ膜
測定対象中のグルコースを過酸化水素に変換しま
す。
8 レーザ照射窓
バーコード読み取りのためのレーザがここから照射
されます。
本体寸法
84(W)× 216.5(D)× 65.5(H)mm
本体質量
約 510 g(バッファタンク取り付け時)
電源
本体内蔵電池駆動時:
NiH バッテリー、DC 7.2 V、14.4 W
ドッキングステーション −AC アダプタ接続時:
AC 100 V、50/60 Hz、33 VA、DC 12 V、1.2 A
保護形式
本体内蔵電池駆動時:
内部電源機器
ドッキングステーション −AC アダプタ接続時:
クラスⅡ機器
電磁両立性
規格
IEC61326-1:2005 に適合
1
3
6
取扱説明書を必ず参照してください
1/4
GZ0000185327A
【使用目的、効能又は効果】
● ドッキングステーション(充電専用)
(別売)*
付属の AC アダプタに接続して使用します。
血液(全血)中の糖(ブドウ糖)を測定します。本製品は、
医療従事者が医療機関内(検査室、診察室、ベッドサイドな
ど)で使用できるように製造されたものです。
1
3
【品目仕様等】
4
2
装置本体と接続します。
2 各種溶液収納部
キャリブレータ、コントロール L, N, H を収
納します。
3 AC アダプタコネクタ
AC アダプタを接続します。
4 ケース外装部
−
110(W)× 276(D)× 122.5(H)mm
質量
約 490 g
機能
装置本体の充電
6 µL
測定時間
20 秒以内(チップフィルタ挿入~測定結果表示まで)
表示範囲
•
•
周囲温度:10 ~ 35°C
相対湿度:25 ~ 85%(結露しないこと)
10 ~ 999 mg/dL
再現性(CV %) 5.0% 以下(全血検体 80 ~ 150 mg/dL)
【操作方法又は使用方法等】
装置の詳細な使用方法は、本製品の取扱説明書を参照してく
ださい。
■ 設置方法
装置の設置
取扱説明書「設置条件」、
「設置手順」の記載に従って、適し
た場所に本製品を設置します。
● ドッキングステーション(充電・通信用)
(別売)*
付属の AC アダプタに接続して使用します。
1
全血検体(毛細管血、静脈血、動脈血)
検体量
測定条件
1 DS コネクタ
寸法
測定対象
2
構成部品・試薬の取り付け
取扱説明書「構成部品・試薬の取り付けおよび交換」の記載
に従って、キャップ膜、バッファタンクを装置本体へセット
します。
3
5
■ 測定操作
6
測定準備
本製品を設置後はじめて使用する場合は、取扱説明書「なら
し運転」の記載に従って、ならし運転を行います。
7
4
1 通信ランプ
PC へのデータ転送中に点灯します。
2 SYNC ボタン
押すことで PC へのデータ転送が開始されま
す。
3 DS コネクタ
装置本体と接続します。
4 各種溶液収納部
キャリブレータ、コントロール L, N, H を収
納します。
5 AC アダプタコネクタ
AC アダプタを接続します。
6 通信コネクタ
Ethernet ケーブルを接続します。
7 ケース外装部
−
寸法
110(W)× 276(D)× 122.5(H)mm
質量
約 540 g
機能
装置本体の充電、Ethernet によるデータ通信
測定前の確認
取扱説明書「測定前に確認すること」の記載に従って、測定
前の確認を行います。
校正
取扱説明書「校正」の記載に従って、校正を行います。
精度管理
校正をした後、取扱説明書「コントロールテスト」の記載に
従って、本製品の精度を確認します。
測定
取扱説明書「検体の測定」の記載に従って、測定を行います。
1.メインメニューから「検体測定」を選択します。
2.チップフィルタにより、血液をサンプリングします。
3.画面の指示に従い、チップフィルタでのサンプリングが完
了していたら OK ボタンを押します。
4.画面の指示に従い、チップフィルタを装置に挿入すること
で、自動的に測定が開始されます。
5.測定が完了すると画面には測定結果が表示され、画面の指
示に従い、チップフィルタを抜き取ります。
6.画面の指示に従いデータの確定を行います。
■ 作動・動作原理
測定原理は、グルコース酸化酵素固定膜と過酸化水素電極を
組み合わせた酵素電極法です。
血中のグルコースは、グルコース酸化酵素を固定化した
キャップ膜を透過するときに、その触媒作用によりグルコン
酸と過酸化水素を生じます。過酸化水素は電極表面で分解さ
れ、このとき電極に電流が流れます。この電流を検出し、グ
ルコース濃度を測定します。
使用後の操作
使用後は、装置をドッキングステーションに接続し、装置を
充電状態にします。
取扱説明書を必ず参照してください
2/4
【使用上の注意】
ください。誤って使用した場合、正確な測定値が得られま
せん。
■ 重要な基本的注意
• 本製品のバーコードリーダにはクラス 2(最大出力:1
mW、波長:650 nm)のレーザを使用しています。レー
ザ照射窓をのぞいたり、レーザ光を直視したりすること
は、絶対にしないでください。
• お客様による製品の分解・改造をしないでください。指定
以外のカバーをはずしたり、分解したりすると感電などの
危険があります。
• 検体を取り扱う場合は、感染防止のためゴム手袋、保護眼
鏡、保護マスクなどを着用してください。
•「チップフィルタを挿し込んで下さい」と表示されるまで
は絶対にチップフィルタを挿入しないでください。装置駆
動部またはキャップ膜が破損するおそれがあります。
•「チップフィルタを抜いて下さい」と表示されるまでは絶
対にチップフィルタを抜かないでください。装置駆動部ま
たはキャップ膜が破損するおそれがあります。
• 次の部分は、絶対に手を触れたり、ふいたりしないでくだ
さい。
- 電極 / キャップ膜
- チップフィルタの血球分離膜
- 装置内部の駆動部
- バッファタンクのスポンジ
- バッファタンクのパッキン
• 本製品は防爆形ではないので、装置の近くで可燃性および
爆発性気体を絶対に使用しないでください。
• 異常なノイズを発する装置が近くにない場所に本製品を
設置してください。
• 本製品の近くでは、携帯電話や携帯無線などの電源を切る
ようにしてください。
• 付属の AC アダプタ以外は、絶対に使わないでください。
市販の AC アダプタや充電器を接続すると、装置の故障、
漏電や火災の原因になることがあります。
• 装置をオートクレーブにかけないでください。
• 測定結果に基づく臨床診断は、臨床症状やほかの結果など
とあわせて担当医師が総合的に判断してください。
• 生理食塩水などで検体を希釈しないでください。
• バッファタンクに水道水などを入れて使わないでくださ
い。
■ その他の注意
• 本製品は、医療従事者が操作してください。
• 弊社が指定する構成部品・試薬を使用してください。弊社
指定以外の構成部品・試薬を使用した場合には、本製品の
性能および安定性が低下することがあります。
• はじめてお使いのときは、装置内部の充電式電池の電圧が
低下していますので、必ずドッキングステーションに接続
して満充電状態にしてからお使いください。
• 満充電状態が保てるように、使用しないときは AC アダプ
タを接続したドッキングステーションに常時接続してお
いてください。
• キャップ膜の電極へのセットは、中央部に気泡、割れ、シ
ワ、繊維などの異物がないことを確認の上、迅速にしてく
ださい。キャップ膜は空気中で放置した場合 4 ~ 5 分で
乾燥し白くなり、乾燥すると破損したり性能が発揮できな
かったりすることがあります。
• キャリブレータ・コントロール溶液ボトルのノズルの先端
を指で触れないでください。
• バッファタンク・キャリブレータ・コントロール溶液を注
ぎ足さないでください。ごみ、ほこりなどが混入し、測定
誤差の原因となります。
• 採血管を使用する場合は解糖阻止剤入りのものを使って
ください。
• 解糖阻止剤としてフッ化ナトリウムを用いた場合、または
冷蔵保存した血液が常温に戻っていない場合、血液の粘性
が上がるため吸い込み速度が遅くなることがあります。
• チップフィルタの血球分離膜を傷つけないようにしてく
ださい。
• 高濃度検体を連続して測定した場合、「測定準備中」の時
間が長くなることがあります。
• 余分な水や薬品が装置の内部に落ちないように注意して
ください。
• キャップ膜、バッファタンクが血液などで赤かったり黒ず
んだりしている場合は、測定結果が正しくない場合があり
ます。すみやかに新品と交換してください。
• コード類の取りはずしは、電源を切ってから行ってくださ
い。コードを持って引き抜くなど無理な力をかけないでく
ださい。
• 本製品に異常が発見された場合には、電源を切って販売代
理店またはロシュ・ダイアグノスティックス株式会社 お
客様センターまで連絡してください。*
• 次回の使用に支障のないように、必ず装置を清浄にしてお
いてください。
• しばらく使用しなかった装置を再使用するときは、電極上
のキャップ膜が白く乾燥していないか確認してください。
乾燥している場合は、バッファタンクを取り付けて、膜が
半透明になるまで湿潤させてからキャップ膜を取りはず
してください。乾燥したまま取りはずすと、電極の表面に
膜が付着し新しい膜を取り付けても、本来の性能を発揮し
ないことがあります。
• 装置が汚れたときは、取扱説明書の記載に従って清掃して
ください。この際、アルコール、アルコール系消毒剤や有
機溶媒を含む液体は使用しないでください。装置が損傷す
ることがあります。
• 定められた保守点検事項を必ず実施してください。実施し
ない場合は、データ不良や故障の原因になります。
• 使用済みのチップフィルタ、バッファタンク、キャップ
膜、キャップ膜ホルダなどは、血液を含むため医療廃棄物
に関する法規の対象となります。関連法規に従い、各検査
室の基準に基づいて処理してください。
• 本製品が故障したときは、取扱説明書に記載された範囲で
使用者が処理し、それ以外の故障は販売代理店またはロ
シュ・ダイアグノスティックス株式会社 お客様センター
に連絡してください。*
• 本製品やその周辺装置が古くなった場合、法律に従って、
この種の装置の廃棄およびリサイクルを専門に行う処理
業者に回収を依頼してください。
■ 臨床検査結果に及ぼす影響
• サンプリングは測定の直前に行ってください。サンプリン
グ後にチップフィルタを 1 分以内に装置に挿入しなかっ
た場合、血液の凝固や水分の蒸発による影響が出るため、
正しい測定結果が得られないことがあります。
• チップフィルタでサンプリングした後は、チップフィルタ
内に気泡が入っていないことを確認してください。
• チップフィルタでサンプリングするときは、チップフィル
タの目印ラインまで検体が満たされていることを確認し
てください。検体の吸い込み量が足りないと、正しい測定
結果が得られないことがあります。
• 解糖阻止剤としてモノヨード酢酸および D- マンノース
は、測定値に影響を与えるため使わないでください。
• 解糖阻止剤としてフッ化ナトリウムが入っている採血管
を使う場合、採血量が不足(1/2 以下)すると低値傾向を
示します。また、採血後 3 時間で平均 10 mg/dL の血糖値
低下傾向を示します。
• 通常のヘマトクリット値の範囲(20 ~ 60%)では、ほと
んど測定値に影響しません。ヘマトクリット値がこの範囲
より高値(低値)の場合は、測定値は実際より低値(高
値)を示す傾向があります。
• 体内における糖代謝の機序段階が異なるので、静脈血、動
脈血、毛細管血で測定結果に差が生じます。
• 血液に含まれる物質(たとえばアスコルビン酸)による測
定値への影響は、軽微であり実用上での問題はありませ
ん。
• 校正が必要なときには、必ず使用期限内の弊社指定キャリ
ブレータを測定し、血液やコントロール液を測定しないで
取扱説明書を必ず参照してください
3/4
【貯蔵・保管方法及び使用期間等】
● 連絡先
製品に関する技術的なお問い合わせ、ご相談は下記へお願い
いたします。
お問い合わせ先 : ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社
お客様センター *
受付時間 : 月曜~金曜日(祝祭日を除く)8:30 ~ 18:00 *
■ 保管方法
保管方法については次の事項に注意してください。
• 水のかからない場所に保管してください。
• 高温、多湿、直射日光、およびほこり、塩分、硫黄分を含
む空気などにより悪影響の生じるおそれのない場所に保
管してください。
• 傾斜、振動、衝撃(運搬時を含む)などを与えないように
注意してください。
• 化学薬品の保管場所や、ガスの発生する場所に設置しない
でください。
• 構成部品 • 試薬に関しては、箱に記載された期限内に使用
してください。
• 長期間使用しないときは、キャップ膜、バッファタンクを
取りはずして、次の条件で保管してください。
周囲温度:−5 ~ 50°C
相対湿度:85% 以下
なお、保管時にはほこりなどを避けるため、梱包ケースに入
れてください。保管中は装置が結露しないよう注意してくだ
さい。
フリーダイヤル
■ 耐用期間
使用開始(据付)後 5 年(自己認証(当社データ)による)。
定期的な保守点検の実施が必要です。場合によって、修理が
必要となることもあります。
【保守・点検に係る事項】
本製品を長時間良好な状態でご使用いただくために、装置の
保守点検を必ず実施してください。
■ 使用者による保守点検事項
• 日常点検
• 校正
• コントロールテスト
• 構成部品・試薬の交換
• 装置の清掃
詳細は、取扱説明書「測定前に確認すること」、
「校正」
、
「コ
ントロールテスト」、「構成部品・試薬の取り付けおよび交
換」、「装置が汚れたときは」を参照してください。
■ 業者による保守点検事項
随時
• バッテリーリフレッシュ
• 充電池交換
• 電極表面研磨
詳細は、販売代理店まで連絡してください。
【包装】
1 台単位で包装する(付属品を含む)。
【製造販売業者及び製造業者の氏名又は名称及び住所等】
● 販売元
ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社
東京都港区芝 2-6-1
● 製造販売元
株式会社 堀場製作所
〒 601-8510 京都市南区吉祥院宮の東町 2 番地
TEL 075-313-8121
● 製造元
株式会社 堀場製作所
取扱説明書を必ず参照してください
4/4
0120-642-950 *
Fly UP