...

中 ・ 近 世 に お け る 越 前 狛 犬 の 特 徴 と 地 方 進 出 に つ い て

by user

on
Category: Documents
7

views

Report

Comments

Transcript

中 ・ 近 世 に お け る 越 前 狛 犬 の 特 徴 と 地 方 進 出 に つ い て
1
て、狛犬の原点を連想したものである。
て中国へ渡ってきたものとされている。
中東およびヨーロッパからシルクロードを経
ができる。象、虎、駝鳥、獅子などはインド、
馬、駝鳥、亀、獅子、鳳凰など)を見ること
士)や動物(架空を含む)石像(象、虎、牛、
並べられた人物石像(衣冠束帯の公務員、兵
ヨーロッパのキリスト教寺院で獅子を、は
たまた中国の旧い皇帝墓陵では聖道に整然と
石製の獅子(角がない場合もある)が多く見
部に角を有する中華化された活力みなぎる、
帝の墓陵周辺において前肢の付け根に翼、頭
南斉、梁、陳)時代 (二六五~五八九年)の皇
後に江南に興亡した六王朝(西晋、東晋、劉宋、
国(魏、呉、蜀)時代 (二二〇~二六五年)の
を有する虎の像がのこされており、その後三
( 前 二 〇 二 ~ 二 二 〇 年 )の 皇 帝 の 墓 陵 に 翼 と 角
一 獅子(狛犬)の伝来
平成九年(一九九七
年 )十一月、 旅 行 で
られるという(写真2)。
に よ る と、 中 国 で は 既 に 漢 王 朝 時 代
(1)
バチカン市国のサ
文献
仏に主眼をおいて調査してきたが、そのほか
ン・ピエトロ大聖堂
越前に産する笏谷石の歴史と移出の研究を
始めて以来二十年余、各地にのこる石塔や石
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
中・近世における越前狛犬の
特徴と地方進出について
に注目すべきものに笏谷石製の狛犬がある。
を訪問した時、精巧
三 井 紀 生
狛犬を研究している人は多く、筆者があえ
て取り上げることはないのかも知れないが、
に彫られた一対の獅
子は大きな目を開
(1)
はじめに
これまでの笏谷石の調査過程において広範な
子を見た。右側の獅
り、通り過ごすことができない歴史的価値が
き、口をあけ、左側
写真2 皇帝墓陵の獅子
今にも天に向って飛び上がりそうな超大形の
地方に笏谷石製狛犬がのこされているのを知
あるものと痛感した。
い る( 写 真 1)
。阿
吽を思い起こさせる
は目、口とも閉じて
そこで、この狛犬の特徴とその変遷および
地方進出について今日迄に各地から得た情報
によって考察してみた。
ような獅子の像を見
三井 中・近世における越前狛犬の特徴と地方進出について
写真1 サン・ピエトロ大聖堂の獅子
2
い、なだらかな上り坂になっている長い聖道
角あり }として、その後木製が加わり、神体
の鎮
当初は金属製のものが宮中で帳台の帳
子{ 左に獅子・阿形、右に胡摩(駒)犬・吽形・
とばり
の左右には衣冠束帯の人物像、駝鳥、翼を有
や神像守護の霊獣として神殿に置かれるよう
二 日本における初期の石造狛犬
する馬などが点々と並び、坂を登りきったと
になったという。
ころ墓陵入り口の左右に超大形の獅子の像が
表1 初期の代表的な石造狛犬
東 大 寺
奈良市
建久7
1196
中国(宋)の石工によって南大門再建時に造られた中国式の一対
の大理石製獅子像。双方とも口は開いている。類例が畿内に数例
あるという。
(重要文化財)
宗像大社
宗像市
建仁元
1201
中国(宋)から移入したものに日本で銘を彫ったとされる ( 高さ
47cm)。阿形が子持、吽形が玉取り
(重要文化財)
観世音寺
大宰府市
鎌倉時代
宗像大社の狛犬と類似であるが、阿形が玉取、吽形が子持の姿で
組合せは逆になっている。
(重要文化財)
由岐神社
京都市
鎌倉時代
宗像大社の狛犬と類似であるが一回り小形である(高さ 32cm)。
中国からの伝来とされている。
(重要文化財)
籠 神 社
宮津市
安土桃山時代
凝灰岩を使用し、巻き毛のたてがみの彫刻と憤怒の表情に特徴が
ある。以降に類似モデルが多い。
(重要文化財)
若越郷土研究 五十七巻一号
ま た、 平 成 十 二 年 ( 二 〇 〇 〇 年 )八 月 に 中
国の西安を旅した時、乾陵(唐王朝三代皇帝
配 置 さ れ て い る( 写 真 3)
。この獅子は日本
そして、鎌倉時代初め頃からは石造の狛犬
も造られ、今日もなお崇め続けられている悠
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
高宗と武則天の墓陵)を訪れた。陵へ到る広
で見る阿形の狛犬に近い風貌である。
造狛犬(笏谷石製ではない)を一覧表にする
久の歴史がある。ここでは初期の代表的な石
このように虎や獅子は中華化され、超自然
的な力を持つ象徴として皇帝の墓稜を守護し
に留める(表1参照)。
三 越前狛犬
かむろ
狛犬を研究する諸氏によって白山狛犬、越
前禿狛犬、三国湊狛犬、笏谷石狛犬などと呼
称されている越前独特のオリジナリテイを有す
る笏谷石製の狛犬は、筆者は十五世紀末期に
は発祥していたのではないかと推定している。
笏谷石は古墳時代以降今日に至る長い利用
の歴史があり、その過程において石塔の基礎
や塔身などを荘厳する独特の荘厳形式(「越
前式荘厳形式」と呼ばれている)を生み、育
概要・特徴
和暦(年) 西暦(年)
場 所
名 称
てきた。そして中国は唐の時代、唐風の獅子
(1)
が朝鮮を経由して日本へ伝来したとされてい
る。
写真3 乾陵の獅子
3
を使用し、越前独特の意匠・デザインつまり
型あるいは陰刻線彫)しているものがあ
髪型 頭頂部は平坦、たてがみは房状に
② して浮彫りしているものと、毛筋彫り(V
げて時代ごとの特徴を摘出してみようと思う。
十六~十九世紀の代表的な越前狛犬を取り上
本 節 で は、 福 井 県( 越 前・ 若 狭 ) に の こ る
施毛 前後肢の付け根部や関節部に施毛
しているものが多い。
③尾 短かい尾の先端を巻き毛にして背に
沿わせているものが多い。
吽形とも頭部に角を有し、三段の房状のた
前肢を直立し、胸を張りだして台座に座し
(一五一五年)の銘を有する現時点では越前
置 に あ る といって も 過 言 で は ないで あ ろ う。
越前式(ソフト)で創造され、越前以外の地
る。房は複数段のものもある。
歯と爪 一般の狛犬よりも顕著に表現さ
⑤ れているようである。
前後肢はともに関節部に二条の巻き毛を施
んできた。同じように狛犬も笏谷石
(ハード)
方へも数多く移出されてきた。その特徴は次
雌雄区別 角と雄のシンボルは吽形に見
られる場合が多い。
狛犬を「越前狛犬」とよぶことにしたい。
三―一 越前狛犬の特徴
紀に入ると参道でも見られるようになる。し
かし近年、参道や本殿まわりなど屋外所在の
春日神 社 の 狛 犬( あ わ ら 市 沢 ) 永 正 十 二 年
越前狛犬は、高さが小さいものは九センチ
位から大きいものは一メートル位まで、当初
⑥
て背の部分に貼り付けている。越前ではこ
節で述べるが、越前固有のハードとソフトに
は神殿狛犬として寄進されてきたが、十七世
これらの意匠・デザインは、基本は維持し
ながらも時代の移り変わりと共に変化してい
の時代既にこのような独特のデザインの狛
よって造形されていることに鑑み、今後この
越前狛犬は風化が進行するため、本殿の回廊
る。この変遷については、本稿の最後で述べ
犬が成立しており、この型は以後の越前狛
ている。高さはいずれも五十一センチ。阿・
て が み を 浮 彫 に し て 先 細 り の 先 端 は 巻 き、
し、細く短い三条の尾は先端を外側に巻い
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
における最古紀年銘の狛犬である。容姿は、
や本殿内などに納められ、自由に見られる機
ることにする。
犬に継承されている。(写真4)。
写真4 春日神社の狛犬
④
会は少なくなっている。
三―二 越前・若狭にのこる越前狛犬
越前狛犬の主たる特徴は次の二点である。
(1)越前産の笏谷石を使用している。
越前の神社には十六世紀初めの紀年銘を有
する越前狛犬が遺存するが、前述のように意
匠・デザインは年代を経るに従って変化して
を見ることができる例はあまり無く、越前狛
(2)越前 生 ま れ の 独 特 の 意 匠・ デ ザ イ ン に
よる造形である。
姿かたち 前肢は立てて胸を張出し、後
① 肢は折り曲げて台座上に座する。顔は上
犬は日本の狛犬史を語る視点からも重要な位
いる。一地方における石造狛犬の歴史的変遷
向き加減で前向きがほとんどを占める。
三井 中・近世における越前狛犬の特徴と地方進出について
(写真提供:福井県立歴史博物館)
4
段房で房の量感は先の春日神社の狛犬より
の越前狛犬に多く見られる。たてがみは二
描く四半円型である。この体躯は十六世紀
し、胴体(背筋と腹部)のラインは円弧を
容姿は春日神社の狛犬(写真4)と類似で、
一条の巻き毛を関節部に配した前肢は直立
紀年銘を有する越前狛犬が遺存している。
き た。 こ こ に 永 正 十 八 年 ( 一 五 二 一 年 )の
地で、樺八幡神社は味美郷の総社とされて
し、鎌倉時代は伊自良氏一門の館があった
樺八幡 神 社 の 狛 犬( 福 井 市 中 手 町 ) 中 手 町
は旧くは越前国大野郡小山庄の味美村に属
に巻いて背に沿
の尾は先端を外側
にしている。三条
の髪は段を設けず垂下させて先端は巻き毛
直立し、胴体のラインは円弧を描く。房状
る。関節部に一条の巻き毛を配した前肢を
に類例を見ない筋骨たくましい姿をしてい
対 か の 中、 こ の 神 社 を 代 表 す る 狛 犬 は 他
など旧い時代の仏像も保存されている。何
いる。社内には鎌倉から室町時代の十王像
ある神社。神額は「正八幡宮」と記されて
樺八幡 神 社 の 狛 犬( 福 井 市 東 河 原 町 ) 前 記
中手町樺八幡神社から僅か五キロの距離に
五十一センチ(写真7)。
ている。高さは
ンボルを有し
の名残と雄のシ
形は頭頂部に角
巻いている。吽
もに髪の先端は
状で、上下段と
若越郷土研究 五十七巻一号
この狛犬の方が富んでいる。尾は三条、背
わ せ て い る。 高
今は本殿の屋根の下にあるが、ひどく風
化しているので以前は参道にあったのであ
の越前狛犬が遺存している。
集落にあるこの神社に高さが六十九センチ
日吉神 社 の 狛 犬( 福 井 県 美 浜 町 ) 若 狭 湾 と
三方五湖の久々子湖を繋ぐ運河沿いの早瀬
がみは二段の房
の高い中央の
さは四十七セン
ろう。体躯はスリムな四半円型、たてがみ
は二段造りで上段先端は巻き毛とし、下段
文 十 九 年 ( 一 五 五 〇 年 )の 紀 年 銘 を 刻 む 越
八幡神 社 の 狛 犬( 鯖 江 市 神 明 町 ) こ の 神 社
は兜山古墳(国指定)上にある。ここに天
の一条のみ先端を外側に巻き、他の五条は
条の尾(左右三列、前後二列)は中央外側
前肢後部には二条の巻き毛を配している
(後肢関節部には巻き毛の痕跡が残る)。六
先端は巻かずに垂下させている。
前狛犬が遺存する。後部に施毛された前肢
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
写真7 八幡神社の狛犬
直立させて背に沿わせている。阿吽共に雄
写真6 樺八幡神社の狛犬
は直立、胴体のラインは円弧を描く。たて
刻む。(写真6)。
(一五四三年)銘を
チ、 天 文 十 二 年
条は真直ぐ上
に立て、左右
の短い二条は
外側に巻いて
いる。像の高
さは六 十八セ
ンチ
(写真5)
。
写真5 樺八幡神社の狛犬
5
のシンボルを
有す。風化によ
り紀年銘は見
えないが、造立
時期は十六世
紀後期と推定
している(写真
さは三十七センチ、天正七年 (一五七九年)
かったが造立時期は十七世紀前期と推定さ
刻まれている銘文中に紀年銘は確認できな
)。 類 例 は 後 述 の 糟 目 犬 頭 神
の紀年銘が刻まれている(写真9)。
れ る(写真
社の狛犬(写真 )がある。
八幡神 社 の 狛 犬( 敦 賀 市 三 島 町 ) 元 和 七 年
白山神 社 の 狛 犬( 越 前 市 瓜 生 町 ) 宇 波 西 神
社の狛犬に似た顔立ち、体つきをしている。
前肢は直立、たてがみは幅が狭い毛筋彫に
と同じ長さに揃え、先端は小波を描くいわ
(一六二一年)銘を刻み、現状敦賀地方では
白山神 社 の 狛 犬( 勝 山 市 ) 白 山 三 馬 場 の 越
前口として白山信仰の拠点をなした平泉寺
ゆる典型的な禿型である。短い同じ長さの
も見える房状(先端に波型は見られない)
宇波西 神 社 の 狛 犬( 福 井 県 若 狭 町 ) 無 形 文
化財「王の舞」で知られている神社。ここ
白山神社。ここに高さが八十センチの大形
三条の尾は先端を内側に巻き、後方からの
紀年銘を有する最古の越前狛犬と思われ
に早瀬村の住人が寄進した若狭地方に数少
の 越 前 狛 犬 が 遺 存 す る。 逞 し い 前 肢 は 直
姿 は 非 常 に 愛 く る し い。 陰 刻 の 毛 筋 彫 は
で段はなく首筋まで垂下している。紀年銘
ない十六世紀の紀年銘を有する越前狛犬が
立、背筋のラインは直線に近くなり、横か
十七世紀前・中期の狛犬によく見られる髪
る。前肢は直立し、顔は正面を向く。たて
遺存している。房状の髪はストレートに肩
ら見る体躯は直角三角形である。たてがみ
)
。この
いる。
がのこされて
(資料2参照)
む越前狛犬
の紀年銘を刻
も 宝 永、 明 和
神社には他に
11
かむろ
がみは陰刻の毛筋彫りで後頭部の髪も左右
ま で 下 が り、 先 端 に 巻 き は な い。 小 さ な
型である(写
は文禄二年 (一五九三年)を刻む。
22
は房状にして首筋まで垂下させて先端を巻
(2)
房状の飾り
を彫ってい
る。三条の尾
は先端を外
側へ巻き、背
に沿わせて
いる。前肢に
写真10 白山神社の狛犬
尾は先端を巻
いて背に張り
付け、前肢は
直立させ、付
根部分に一条
の巻き毛を配
している。角
は吽形のみに
見られる。高
三井 中・近世における越前狛犬の特徴と地方進出について
写真11 八幡神社の狛犬
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
10
真
(写真提供:福井県立歴史博物館)
き、その先へ
8)
。
写真8 日吉神社の狛犬
写真9 宇波西神社の狛犬
6
顔の顎の下から首筋に至るまで髭を誇張し
ある。丸い胸を前に張出し、上向きかげん
高雄神
社の狛犬(福井市本堂町)越前狛犬と
しては類例のない特殊なデザインの狛犬で
( 獅 子・ 駒 犬
の象徴は消え
ない。角や雄
は施されてい
若越郷土研究 五十七巻一号
て彫っている。四段ある細い房状のたてが
の区別がなく
で先端に波型
みは体躯に沿って背中中央辺りまで垂ら
の付根や関節
な る )、 前 肢
飾りをつけている。直立した前肢の後は全
部に施毛もな
し、髪の先端は巻いてその先端に三角形の
長 に 施 毛 し て い る。 尾 も 特 殊、 外 巻 き の
い、シンプルな彫刻である(写真 )。
思わせる飾りを
(一七二六年)銘を刻む(写真
)
。
り毛の細い毛筋を彫っている(写真 日吉
ある。たてがみは太い房状とし、各房に撚
左側は高さ五十七センチの吽形で、後肢
付根周辺の胴回りが細く感じられる造形で
14
神社の類 似狛犬参照)。紀年銘は嘉永二年
おおみわしもさき
(一八四九年)を刻む。
大神下前 神 社 前 に 所 在 す る 宝 暦 七 年
( 一 七 五 七 年 )の 紀 年 銘 を 刻 む 越 前 狛 犬 は、
たてがみの髪型は幅広いV型の毛筋彫で先
端を波型にしているが、耳の下の部分は前
。
関節の施毛は省略されている(写真 )
方へ湾曲させている。前肢の付け根付近や
る何対かの越前狛犬を見ることができる。
V型の毛筋彫にし
当宮に遺存す
る越前狛犬はい
犬が遺存する。
超大形の越前狛
一・四メートルの
に類似で高さが
他にも享和元年(一八〇一年)の紀年銘を有
し、体躯や髪型が上記大神下前神社の狛犬
気比神 宮 の 狛 犬( 敦 賀 市 ) この神 社の境 内
社において十八から十九世紀前期を代表す
三条の尾の上方に背に沿わせて梶葉紋を
13
境内社兒宮に大きさ、容姿、紀年銘の異
なる二躯の越前狛犬が遺存する。右側は高
て垂下、尾はシン
ずれも前肢先端
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
16
15
彫っている。高
さは八十二セン
チ、胸に寛永五
写真13 八幡神社の狛犬
写真14 兒宮の狛犬
、
年(一六二八年)
さ九十五センチの
阿形で、耳の下の
髪は前方に湾曲さ
八幡神 社 の 狛 犬( 福 井 市 蔵 作 町 ) 延 宝 二 年
せ、後頭部は太い
(一六七四年)
、同一人によって寄進された
プルな一条造りで
位置が直立点よ
写真15 大神下前神社の狛犬
太田安房守源資
武の銘が刻ま
れている(写真
)
。
三対の同じ容姿の越前狛犬がのこされてい
ある。享保十一年
写真12 高雄神社の狛犬
る。 前 肢 は 直 立、 た て が み は 毛 筋 線 彫 り
12
7
角形を構成している。十八世紀の主流をな
地方へ十六世紀中頃から進出しはじめ、同後
わかる。このような狛犬が越前・若狭以外の
とに姿かたち、髪型などが変化しているのが
三―三 各地へ進出した越前狛犬
越前・若狭に遺存する代表的な越前狛犬を
年代に沿って紹介してきたが、年代を経るご
ら山陰にいたる日本海沿岸地方である。
越前狛犬が進出した地方は、大別して畿内、
美濃・尾張・三河の中京地方と北は北海道か
照されたい。
府県別・年代別の詳細は本稿末の資料1を参
2
6
3
11
中京地方
12
3
0
15
日本海沿岸地方
24
40
21
85
①小計
38
49
24
111
②越前・若狭
28
41
9
78
合計(①+②)
66
90
33
189
白山神 社 の 狛 犬( 福 井 市 毛 矢 三 丁 目 ) こ の
神社の所在地は、明治の中頃までは石坂町
畿内地方
知った越前狛犬を地方別にまとめてみた。道
までに百四十五の神社寺院において所在を
す越前狛犬の体躯である。
期の天正年間以降増加している。
未確認
加えて六十件(寸法や銘文なども記して)を
一覧表(資料2)にして添付した。
(一)中京・畿内地方
中京地方では十六世紀中期の天文年間に越
前狛犬の進出が始まり、特に一向一揆の戦い、
賤ヶ岳の戦い、関ヶ原の戦い、大阪の陣など
天正から元和年間の戦乱期に武家によって寄
進 さ れ た と 思 わ れ る 越 前 狛 犬 が 美 濃、 三 河、
尾張の地に多くのこされている。また、美濃
地方の白川茶など茶の産地の奥深い山の神社
でも越前狛犬が散見されるが、これらは世の
中が平和を取り戻した寛永年間以降、茶の流
通に関連して運ばれ寄進されたものと考えら
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
り前方に置かれ、背筋のラインは直線に近
といい笏谷石の間歩持や石工が居住してい
以下に越前から各地へ進出した例を紹介す
るが、本稿末に本文に記載しなかった狛犬を
無
く、前肢・背筋・台座の各ラインは鋭角三
た。神社は間歩持(石屋)仲間によって万
調査はいまだ断片的であるが、表2に現在
表2 越前狛犬の地方別所在確認数(件) 2012年5月10日現在
延 元 年 ( 一 八 六 〇 年 )に 勧 請 さ れ、 十 神 を
有
祀る石龕群や手水鉢には寄進した間歩持の
名前が刻まれている。狛犬は中央石龕の前
に 所 在 し、 紀 年 銘 万 延 元 年 の ほ か に 寄 進
者 木 戸 市 右 衛 門 と 地 蔵 屋 仁 兵 衛、 石 工 久
野 又 助 を 刻 む。 ス リ ム な 胴、 前 肢 先 端 の
位置、細い毛筋
が見える撚り毛
の太い房の髪型
合計
確認全数
紀年銘の有無
地 方
など容姿は前述
の気比神宮兒宮
所在の嘉永二年
( 一 八 四 九 年 )銘
の狛犬と類似で
。
ある(写真 )
写真16 白山神社の狛犬
三井 中・近世における越前狛犬の特徴と地方進出について
16
8
している。
神社および京都市や津市の神社などにも遺存
れる。畿内では、近江商人を輩出した地方の
(写真 )。
紀中期迄には造立されたものと推定される
狛犬は薬師神社の狛犬と同じ時期の十六世
尾の形状が全く同じである。よって、この
てがみの髪型、顎鬚の形状、顔つき、施毛、
のたてがみの房の量感は控えめにして先端
向き気味の顔で丸い胸を前に張出し、二段
前狛犬が遺存している。上宮の狛犬は、上
日吉神 社 の 狛 犬( 岐 阜 県 神 戸 町 ) 日 吉 神 社
は上宮と下宮があり、それぞれに一対の越
若越郷土研究 五十七巻一号
白山中 居 神 社 の 狛 犬( 郡 上 市 ) 標 高 七 百
メートルの福井県境の白鳥町石徹白(昭和
も克明に彫られている。この狛犬に銘文は
を立てている。前肢は筋骨逞しく、歯や舌
肢は脇部分に一条の巻き毛、尾は三条の房
の髪型は二段房で両段とも先端を巻き、前
こされている。体躯は四半円型、たてがみ
高さが三十二センチの一対の越前狛犬がの
教拠点として重要な位置にあった。ここに
入)に所在するこの神社は、白山信仰の宗
三十三年福井県大野郡から白鳥町へ越県編
内に巻いて背
三条で先端を
は天正期の越前狛犬によく見られる。尾は
垂下し、先端に巻きはない。この種の髪型
頭部は毛筋彫にも見える細い房を首筋まで
の部分には髪型の彫刻は見られないが、後
遺存する中では最古紀年銘である。耳の下
による越前狛犬で、現状越前以外の地方に
(一五四〇年)
、美濃国守護大名土岐氏の寄進
十五社 神 社 の 狛 犬( 山 県 市 )
天文九年
しい狛犬であ
ちが非常に美
なく、姿かた
体的に傷みも
ンチあり、全
さは七十四セ
いている。高
端は内側に巻
後肢関節部に二条の巻き毛、三条の尾の先
を徐々に細くしている。前肢の付根付近と
不破光治造立の銘を有している(写真 )。
(一五七七年)
る。 天 正 五 年
認められない
高さは二十四
見 ら れ な い。
節部に施毛は
肢の付根や関
る。また、前
に沿わせてい
(写真提供:十五社神社)
が、天文九年
(一五四〇年)
銘を有する
薬師神社(福
井市内山梨子
町)所在の狛
写真19 日吉神社(上宮)の狛犬
に 天 正 九 年 ( 一 五 八 一 年 )の 紀 年 銘 を 刻 む
手力雄 神 社 の 狛 犬( 各 務 原 市 ) 土 岐 氏 な ど
の豪族や織田信長に庇護されてきた当神社
も同じであるが部分的に損傷している。
下宮にのこる狛犬も同型で紀年銘、寄進者
19
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
17
センチ(写真
)
。
18
犬と高さ寸
法、体躯、た
写真17 白山中居神社の狛犬
写真18 十五社神社の狛犬
9
に似ている。
当神社の本殿内に唐猫と呼ばれている高
さ二十二センチのもう一対の越前狛犬が遺
越前狛犬が遺存する。この狛犬は前肢を直
で垂下させて先端を波型にしている。三条
存する。前肢は直立し、たてがみの房は首
越前狛犬が遺
の尾は先端を内側に巻いて背に沿わせてい
筋まで下げ、先端には巻きがない簡素な彫
立させ、たてがみは陰刻線の毛筋彫で肩ま
る。十七世紀前期の越前狛犬に多いデザイ
、笏谷石
り で あ る。 慶 長 十 年 ( 一 六 〇 五 年 )
き 毛 に な っ て い る。 三 条 の 尾 は 先 端 を 内
の 後 は 全 長 に 渡 り 施 毛 し、 付 根 部 分 は 巻
に 飾 り の 房 が 整 然 と 配 さ れ て い る。 前 肢
の髪を首筋まで下げて先端を巻き、その先
は巻き毛にし、その先に飾りと思われる彫
三角形型、たてがみはV型の毛筋彫で先端
前狛犬が遺存する。この狛犬の体躯は直角
に寛永七年 (一六三〇年)の紀年銘を刻む越
馬見岡 綿 向 神 社 の 狛 犬( 滋 賀 県 日 野 町 )
蒲
生氏の城下町として栄えた日野町の当神社
糟目犬 頭 神 社 の 狛 犬( 岡 崎 市 ) た て が み の
彫刻が非常に美しい越前狛犬である。房状
側 に 巻 い て 背 に 沿 わ せ て い る。 吽 形 の 頭
製の鳥居と共に寄進された。
ンである。(写真 )。
存する。体躯
は四半円型を
呈し、丸い胸
は前方へ張り
出し、顔はや
や上向き、細
い房の髪は肩
まで垂下して
いる。角は阿吽双方に見られ、歯や爪も鮮
。
明に彫られている(写真 )
神渕神 社 の 狛 犬( 岐 阜 県 七 宗 町 ) 七 宗 町 周
辺は美濃白川茶の産地で、近世初期、生産
刻が加えられている。三条の短い尾は先端
を内に巻いて背に沿わせている。また、耳
の中、眼の回り、
口腔、前肢付根
の巻き毛、胸の
銘文など凹型彫
刻になっている
部分には黒の塗
色がなされてい
。
る(写真 )
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
21
に は 角 が 見 え る。 像 の 高 さ は 七 十 八 セ ン
チ、慶長十五年
写真22 糟目犬頭神社の狛犬
された茶は敦賀まで運ばれ、北方地方へ移
出されたと
( 一 六 一 〇 年 )岡
崎藩初代藩主本
多 康 令( 康 重 )
寄進による狛
犬である(写真
)。 髪 型 は 平
)
泉寺白山神社の
狛 犬( 写 真
写真23 馬見岡綿向神社の狛犬
い う。 神 社
は神渕の集
落から凡そ
二キロの山
中にあり、こ
こに寛永二
年(一六二五
年 )銘 を 刻 む
10
写真20 手力雄神社の狛犬
(写真提供:福井県立歴史博物館)
写真21 神渕神社の狛犬
三井 中・近世における越前狛犬の特徴と地方進出について
23
22
20
10
には一条の巻き毛を陰刻、三条の尾は中央
下させ、先端に巻きはない。前肢の付根部
房状のたてがみは首筋までストレートに垂
と腹部のラインは円弧を描いている。細い
狛犬の中の一対である。前肢は直立、背筋
御香宮 神 社 の 狛 犬( 京 都 市 伏 見 区 ) 京 都 市
内において遺存が確認された数少ない越前
流であったが、これらの船は海難事故が多く、
していた船は、大形の北国船や羽ケ瀬船が主
を頻繁に往来していた。この時代彼らが使用
当時、新保の商人は下北地方において木材
の運上請負など活発に事業を行ない、日本海
進してきた。
人などが津軽地方や丹後地方ほかの社寺に寄
この地方への進出は十六世紀後半期中頃か
ら始まり、十七世紀に入って新保浦の船持商
では河口対岸の新保浦を含む)から運ばれた。
越前狛犬は九頭竜川河口にある三国港(本稿
するようになった。日本海側の各地にのこる
て各地で交易する商船が日本海を頻繁に航行
犬 が の こ さ れ て い る。 越 前 新 保 浦 の 船 主
ある。この町の今別八幡宮に二対の越前狛
青森へ航行する船が寄航したであろう地で
入り口、江戸時代は蝦夷地や田名部諸港・
今別八 幡 宮 の 狛 犬( 青 森 県 今 別 町 ) 津 軽 半
島先端の町、今は青函トンネルの本州側の
順に代表的な越前狛犬を見ていこう。
な役割を果したと考えられる。次に、北から
には北前船(この頃は弁財船が主流)が大き
から西は山陰地方にいたる日本海沿岸の広範
同時代と推定される越前狛犬が、北は北海道
が刻まれていないが、容姿や彫刻方法により
の紀年銘を有する越前狛犬、あるいは紀年銘
若越郷土研究 五十七巻一号
を立て、左右は外巻きにしている。吽形に
ひとたび事故に遭遇すると多くの人命を失っ
山岸屋太兵衛{明暦四年 (一六五八年)銘}
銘は刻まれていないが、類例として天正六
年 (一五七八年)
銘の白鳥神社
(岐阜県神戸町)
の狛犬や天正七
年 (一五七九年)
銘の宇波西神社
者は三百三十七人を数えた。狛犬寄進の目的
十 七 艘、 羽 ケ 瀬 船 十 二 艘、 そ の 他 二 艘 )、 死
事故に遭った新保船は三十一艘(うち北国船
方、上林武兵衛寄進の狛犬(写真 右)は、
側に巻き、背の部分に貼り付けている。一
いる。ほぼ同じ高さの三条の尾は先端を内
てがみは陰刻線の毛筋彫で肩まで垂下して
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
な地方に数多く遺存しており、これらの移出
角 と 雄 の シ ン ボ ル を 彫 っ て い る。 高 さ は
た。時代は少し降るが、新保浦の久末家に伝
と上林武兵衛{万治二年 (一六五九年)銘}
)
。この狛犬に紀年
わ る 文 書「 世 事 覚 之 帳 」 に 元 禄 年 間 に お け
の寄進によるものである。山岸屋太兵衛寄
四 十 二 セ ン チ(写真
る海難事故の記録が多く残されている。とく
進の狛犬(写真 左)は、前肢を直立、た
の中でも航海の安全を祈願したものが多かっ
頭部が大造りでたてがみは耳の下の部分は
(3)
に 元 禄 十 五 年 ( 一 七 〇 二 年 )は 一 年 間 で 海 難
の狛犬(写真9)
などがある。
(二)日本海沿岸地方
たのではないかと思う。また、十八世紀以降
25
写真24 御香宮神社の狛犬
戦国時代以降の戦乱の世が終焉して平和な
世になると、領主的物産を廻漕する船に加え
25
24
11
前方へ湾曲させ
て先端を巻き毛
とし、後頭部は
陰刻線の毛筋彫
にして肩まで垂
下している。三
条の尾毛は毛筋
をつけて中央は
背の方向へ立
て、 二 条 は そ れ ぞ れ 左 右 へ 巻 き 毛 に し て、
この時代における斬新なデザインになって
いる。また、双方とも前肢付根、関節部分
および後肢関節部に施毛は見られない。
八幡宮
・熊野奥照神社・多賀神社の狛犬(弘
ている。前後肢
関節部の施毛も
後方に張出して
彫っている。こ
の時代に他例の
ない独特の髪型
の越前狛犬であ
る(写真 )。
正 七 年 ( 一 五 七 九 年 )銘 の 宇 波 西 神 社 の 狛
犬(写真9)に非常によく似ている。高さ
が二十五センチ、前肢は直立し、関節部に
一条の巻き毛を彫っている。たてがみの房
は肩まで下がり、先端は尖らせている。三
条の尾は阿吽形とも先端部分が欠落してい
る。吽形に角と雄のシンボルが見られる。
約四百七十メートルの蔵王山塊虚空岳山頂
金峰神 社 の 狛 犬( 胎 内 市 ) こ の 神 社 は 明 治
二年までは蔵王権現と称され、本殿は標高
小金山 神 社 の 狛 犬( 青 森 市 ) 越 前 新 保 浦 の
中 村 新 兵 衛 が 寛 文 五 年 ( 一 六 六 五 年 )に 寄
)
。 な お、
銘文中阿形に
真
している(写
て巻き毛に
右に振り分け
る。顎鬚は左
面取りしてい
先端は巻かず
の 体 躯 で あ る。 た て が み は 房 状 で 垂 下 し、
背筋・腹部のラインは円弧を描く四半円型
ここ に、 天 正 十 五 年 ( 一 五 八 七 年 )銘 を 刻
む 越 前 狛 犬 が 遺 存 す る。 前 肢 を 直 立 さ せ、
にあり、山岳信仰の修験場であったという。
がみは陰刻線の毛筋彫で肩から背にかけて
垂 下 し て い る。
高さが六十七
セ ン チ、 神 渕
神社の狛犬(写
真 ) と同 類で
十七世紀の典
型といえる(写
真 )。
藤倉神 社 の 狛 犬( 秋 田 市 ) 最 近 こ の 神 社 に
お い て 天 正 九 年 ( 一 五 八 一 年 )の 紀 年 銘 を
進した越前狛犬である。前肢は直立、たて
26
有 す る 越 前 狛 犬 の 遺 存 が 確 認 さ れ た。 天
写真28 金峰神社の狛犬
前市) 三社に遺存する越前狛犬はいずれ
も寛文四年 (一六六四年)の紀年銘を有し、
高さは六十二~六十四センチ、容姿も全く
同じである。前肢は直立させ、頭頂部は平
坦、耳の下の髪は太い房状にして前方へ湾
曲させ、先端は巻き毛、後頭部は三段であ
るが、上二段はそれぞれ幅広い平坦な面に
して先端を徐々に絞って垂下し三段目は先
端を巻いた太い房を肩から背にかけて配し
(写真提供:胎内市教育委員会)
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
写真26 熊野奥照神社の狛犬
写真27 小金山神社の狛犬
写真25 今別八幡宮の狛犬
三井 中・近世における越前狛犬の特徴と地方進出について
28
21
27
(写真提供:斎藤始氏(今別町在住))
12
い る。 天 正 九 年 ( 一 五 八 一 年 )銘 の 手 力 雄
「獅子」吽形に「小駒犬」の文字を刻んで
年 ) を 刻 む。
年(一六八四
紀年銘貞享元
若越郷土研究 五十七巻一号
神社の狛犬(写真 )に似た容姿である。
これまでに調査
した紀年銘を有
点より前方へ置き、関節と付根に施毛、た
石製の狛犬が遺存する。前肢の先端は直立
社に高さが一メートルを超える大型の笏谷
檪原神 社 の 狛 犬( 滑 川 市 ) J R 滑 川 駅 の 西
およそ七百メートルの海岸沿いにある当神
太い房を垂下
量感に富んだ
き、後頭部は
下は前方へ巻
い房状で耳の
する越前狛犬の
て が み は 房 状 で、 各 房 に 毛 筋 の 細 い 線 を
している。前肢は関節部で曲げて前へ出し、
大野湊 神 社 の 狛 犬( 金 沢 市 ) 犀 川 河 口 に 位
置 す る 大 野 庄 と そ の 港( 江 戸 時 代 は 宮 腰・
ある。
(写真 )
を有する狛犬で
目に旧い紀年銘
犬に次いで二番
大野湊神社の狛
中では次に示す
彫っている。尾は途中から三条、中央は上
付け根付近に巻き毛を陰刻、三条の尾は中
現在は金石)を守護する当神社に三対の越
ている。銘文は風化が進んでおり判読が困
る。耳の下の髪は前方へ湾曲させて陰刻し
刻の毛筋彫で背中の中央まで垂下してい
のであるという。前肢を直立させ、髪は陰
ほど西の木津の神明神社に所在していたも
にある当神社にあるが、以前は凡そ一キロ
賀茂神 社 の 狛 犬( か ほ く 市 )
こ の 狛 犬 は、
今はJR七尾線の横山駅東方六百メートル
( 一 六 二 二 年 )宮
から元和八年
肢に刻む銘文
狛犬である。前
期の特徴を持つ
せた十七世紀前
で肩まで垂下さ
はV型の毛筋彫
に 鎮 座、 高 さ は 四 十 八 セ ン チ、 た て が み
難であったが、紀年銘は寛文三年 (一六六三
腰の家柄商人中
前狛犬が遺存する。一対は末社白山社の前
31
年 )と 読 ん だ。 加 賀・ 能 登 地 方 に お い て、
30
たてがみは太
に立て左右はそれぞれ外側へ巻き、背に沿
央を立て左右二条は外側巻き毛にしている
いちはら
わせている。紀年銘は文化二年(一八〇五年)
写真30 気多本宮の狛犬
(写真 )。
)
。十九世
紀になると
越前狛犬の
特徴は徐々
に薄れてい
くが、この狛
犬はその一
例といえよ
う。
写真29 檪原神社の狛犬
石工井上市右衛門銘が刻まれている(写真
20
気多本 宮 の 狛 犬( 七 尾 市 ) 十 七 世 紀 後 期 の
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
写真31 賀茂神社の狛犬
写真32 大野湊神社白山社の狛犬
29
13
山主計によってに寄進されたものであるこ
る。多くの狛
なってきてい
む一対の越前
左衛門」を刻
的にのこる銘文の痕跡から紀年銘は元和八
れた狛犬と同じ造形であること、また部分
ほかの末社にも二対の越前狛犬が遺存す
るが、うち春日社の一対は白山社へ寄進さ
は希少である
いる越前狛犬
銘が刻まれて
たが、石工の
た眼などの造
に浮き彫りし
矩形のくぼみ
頂 部、 髪 型、
る。平坦な頭
狛犬が遺存す
。
とがわかる(写真 )
年と推測され、白山社の狛犬と同時に寄進
(写真 )。
犬を見てき
された可能性が高い。もう一対は西宮社前
てがみは一本一本を櫛解き、先端はおしゃ
前狛犬である。前肢は先端を前へ出し、た
(一八五〇年)銘を有する江戸時代末期の越
は 平 た く、 た て が み も 頂 部 に は 見 ら れ ず、
衛門銘が記されている。この狛犬の頭頂部
(一六二一年)、三国新保浦の(竹内)助左
犬 を の こ し て い る。 う ち 一 対 に 元 和 七 年
知山市) 舞鶴湾の入り口に位置する大丹
生神社の奥宮(熊野神社)に二対の越前狛
額には「境神社」
見される。
時に狛犬や石灯籠を寄進した例は他でも散
る。このように同一人物が複数の社寺に同
形のほか、銘
れな二段のカール、顎部分の髭は耳の方向
側部にV型の毛筋彫で垂下している。矩形
とある)に一対
大丹生神社・豊受大神社の狛犬(舞鶴市・福
へ巻き上げている。三条の尾のうち二条は
のくぼみの中に浮彫りされている丸い眼は
の越前狛犬がの
若狭湾から由良川を遡った福知山市大江
町の豊受大神社にも大丹生神社の狛犬と同
前肢先端は直立
で 前 方 を 向 き、
躯、顔は上向き
子犬のような体
境谷神 社 の 狛 犬( 舞 鶴 市 境 谷 ) J R 西 舞 鶴
駅に近い伊佐津川右岸にある境谷神社(神
文の字体も大丹生神社の狛犬に酷似してい
付け根付近で左右に巻き、中央部は細い毛
鋭 い 視 線 を 感 じ さ せ る。 前 後 肢 に 巻 き 毛
神明宮 の 狛 犬( 加 賀 市 大 聖 寺 ) 嘉 永 三 年
筋彫にした束を撚って背に貼り付けてい
こ さ れ て い る。
たてがみ、髭、尾など施毛部はたくみな
彫刻により越前狛犬の基本の体躯を維持し
三井 中・近世における越前狛犬の特徴と地方進出について
じ紀年銘「元和七年正月吉日」、寄進者「助
る独特の彫刻である。
)。もう一対は紀年銘が認められない。
などはなく簡素な造りの狛犬である(写真
に所在するが、髪型、体形は十八世紀のも
写真33 神明宮の狛犬
る。前肢付け根の施毛も小さな翼を思わせ
写真34 大丹生神社の狛犬
写真35 境谷神社の狛犬
のである。
33
ながらも、近代的な自由闊達なデザインに
34
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
32
14
若越郷土研究 五十七巻一号
れも毛筋彫
殿の狛犬はV
犬(写真
~
)に見るよ
35
うに、耳の下
は前方へ湾曲
なる。双方と
(または巻き
熊野神 社・ 御 霊 神 社 の 狛 犬( 福 知 山 市 ) 由
ぐ
たに ご
良川沿いの大江町公庄の熊野神社に谷河の
も耳の下部分
性はあるが)
美保神 社 の 狛 犬( 松 江 市 美 保 関 町 ) 島 根 半
島の東方先端、北前船時代に栄えた港町の
美保神社に無銘ながら一対の越前狛犬が遺
てがみは耳の下は前方へ湾曲させて先端を
の狛犬と類似で、高さは四十二センチ。た
を一通り紹介した。越前狛犬の容姿や髪型な
十六世紀から十九世紀前期に造られ、今も
越前および越前以外の地方にのこる越前狛犬
十八世紀になると、本狛犬や前述の境谷
神 社、 熊 野 神 社 お よ び 御 霊 神 社 本 殿 の 狛
体躯、たてがみの髪型、顔のかたち・向き・
表 情、 角 の 有 無、 関 節 部 の 施 毛 や 尾 の 形 状、
は時の移り変わりと共に変化している。
どの特徴については最初に述べたが、これら
先端を尖らせている。(写真 )。
巻き毛にし、後頭部は幅広の毛筋彫にして
四 越前狛犬の意匠・デザインの変遷
て散見されるという。
んどを占めるが、越前狛犬は鉄の道 に沿っ
ザインに多様
は毛筋彫(デ
毛 )、 後 頭 部
人々が寄進した越前狛犬がのこされてい
の髪は前方へ
を組み合わせた髪型が多く見られる。
と彫刻法が異
る。前肢の先端は前方に置き、たてがみは
湾曲、後頭部は垂下させている。本殿の狛
じょう
耳の下は前方に湾曲させて先端を巻き毛と
犬は、享保十一年 (一七二六年)銘の気比神
37
存する。容姿は前述の境谷神社や熊野神社
(4)
し、後頭部はV型の毛筋彫である。紀年銘
14
。
犬(写真 )と類似の髪型である(写真 )
35
)や前述の境谷神社の狛
出雲地方では出雲狛犬(来待石を使用し
出雲の独特のデザインによる狛犬)がほと
写真38 美保神社の狛犬
点より前方に置く。耳の下の髪は前方へ湾
の尾は先端を巻かず、背に沿わせて立てて
型、境内の狛
であるが、本
い る。 紀 年 銘 は 元 文 二 年 ( 一 七 三 七 年 )を
犬は陰刻線型
曲、後頭部は幅が広い毛筋彫である。一条
。十八世紀に類例が多い。
刻む(写真 )
37
宮の狛犬(写真
写真37 御霊神社本殿の狛犬
は宝暦九年 (一七五九年)を刻む(写真 )。
36
写真36 熊野神社の狛犬
無銘であるが、福知山市の御霊神社の本
殿と境内社に越前狛犬が遺存する。本殿の
狛犬は高さ
三十二セン
チ、境内社の
狛犬は二十八
センチ、前肢
の先 端 は 直 立
点より前へ置
いている。た
てがみはいず
38
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
35
15
神渕神社
(21)
白山神社
(16)
八幡神社
(7)
糟目犬頭神社 (22)
気多本宮
(30)
日吉神社
(8)
馬見岡綿向神社
(23)
境谷神社
(35)
宇波西神社
(9)
熊野奥照神社 (26)
熊野神社
(36)
御香宮神社
(24)
小金山神社
(27)
御霊神社
(37)
金峰神社
(28)
大野湊神社
(32)
美保神社
(38)
③)
。 この 型 は 十 七 世 紀 後 半 か ら 散 見 さ
(6)
まっすぐ伸ばしている型と関節部で曲げて
樺八幡神社
台座の形状などが越前狛犬の変化の様子を見
(15)
れ、十八世紀に主流をなし多くが各地へ進
気比神宮
いる 型 が あ る )
。 背 筋 は 直 線 に 近 く、腹 部
(12)
る要素である。特に、体躯とたてがみの髪型
高雄神社
出した。
(5)
はふくらみを感じさせる形状である(表3
写真例
下記は所在神社
①八幡神社(鯖江市)
②馬見岡綿向神社
(滋賀県日野町)
③気比神宮(敦賀市)
が時代の変化の様子を顕著に表していると考
前肢先端の位置
・直立(台座に垂直) ・直立(台座に垂直) ・直立位置より前方
胴の形状
・背筋、腹部ライン
共円弧を描く
えて重点をおいて観てきた。調査した範囲の
・背筋はほぼ直線、
腹部はふくらみを
持つ
① 四半円型
少ない情報ではあるが、この二点について整
理してみた。
一 体躯
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
四
③ 鋭角三角形型
型 式
・背筋、腹部ライン
共斜辺にほぼ平行
体躯の変化の主たる要素は、前肢先端の位
置と胴部分の形状にあり、概ね次の三種類に
分類できる。これを表3に一覧にして示した。
(名称は、形状に準じて命名した)
(一) 四半円型 前肢を直立(台座に垂直に
立てる)させ、その先端と台座の交点を同
心にして背筋と腹部が四半円弧を描く体躯
。十六世紀の紀年銘を
で あ る( 表3 ① )
有する狛犬はこの型が大半を占めている。
(二) 直角三角形型 前肢は直立させ、背筋
と腹部のラインは三角形の斜辺に平行に近
い形状になって、直角三角形をなす体躯で
。この型は特に十七世紀
あ る( 表3 ② )
(三)鋭角三角形型 前肢先端の位置を直立
点 よ り 前 方 に 置 い て い る( 前 肢の形 状は、
表3 越前狛犬の体躯分類例
三井 中・近世における越前狛犬の特徴と地方進出について
樺八幡神社
代表例
本稿に記載の中
から各型7例ずつ
所在神社を示す。
( )内の数字は
本稿写真番号を示
す。
-
前期から中期頃の狛犬に多く見られる。
-
② 直角三角形型
-
-
16
四
若越郷土研究 五十七巻一号
二 たてがみの髪型
後期の樺八幡神社(福井市東河原町 写真
(四)巻毛・毛筋垂下 型 両耳の下は巻毛ま
たは房状にして前方へ湾曲させ、後頭部は
広 の も の が あ り そ の 先 端 は 尖 ら せ る な ど、
巻き毛がある。十六世紀前期から後期の紀
ム感には差異がある。先端はストレートと
( 一 ) 多 段 房 型 たてがみは房 状かつ房が二
段およびそれ以上のもので、房のボリュー
ている髪型である。毛筋彫刻方法は二種類
型で、いわゆる禿(オカッパ)型といわれ
れ る が、 そ の 後 境 谷 神 社( 舞 鶴 市 )、 熊 野
美 保 神 社( 松 江 市 ) の 狛 犬(写真
~
)
38
文など記載)
、
薬師神社
(福井市内山梨子町)
、
毛筋先端は波型にそろえられている。十七
大野湊神社(金沢市 写真 )や大丹生神
社(舞鶴市 写真 )の狛犬のように毛筋
をV型に彫っているものがある。いずれも
白 山 神 社( 福 井 市 写 真 ) や 気 比 神 宮
(敦賀市)の嘉永二年 (一八四九年)銘の狛
16
加賀神明宮(加賀市大聖寺 写真 )の狛
犬は、毛筋を一本一本彫って垂下し、先端
33
32
県日野町 写真 )の狛犬のように、V型
の毛筋の先端を巻き、その先へ飾りを配置
した特殊な例も見られる。
29
(五)自由型 髪は房の場合も毛筋彫の場合
も一本一本の毛 筋を繊細に表現している。
八幡神社(福井市東大味町)
、
伊奈波神社(岐
レートと巻き毛がある。十六世紀中期から
(二)房垂下型 房状の髪が肩から背にかけ
て段なしで垂下しているもの。先端はスト
犬は太い房それぞれに細い撚り毛を、檪原
に見られるように十八世紀の狛犬に多いデ
35
神 社( 福 知 山 市 )、 御 霊 神 社( 福 知 山 市 )、
30 25
世紀前期から中期にかけて多く見られる髪
11
阜市)
、津島神社(津島市)などに所在の越
21
型である。しかし、馬見岡綿向神社(滋賀
八 幡 神 社( 鯖 江 市 神 明 町 写 真 7)
、日 吉
、ま た、本
神 社( 岐 阜 県 神 戸 町 写 真 )
稿に写真は掲載していないが(資料2に銘
年銘を有する春日神社(あわら市沢 写真
4)
、樺八幡神社(福井市中手町 写真5)
、
ザインである。
右)や同後期の気多本宮(七尾市 写真
)などに遺存する狛犬にこの型が散見さ
十七世紀中期の今別八幡宮(今別町 写真
して垂下している。毛筋の間隔は極端に幅
V型もしくは線刻の毛筋彫もしくは房状に
6) 宇 波 西 神 社( 若 狭 町 写 真9)、 十 五
社 神 社( 山 県 市 写真 )、 金 峰 神 社( 胎
内市 写真 )、白鳥神社(岐阜県神戸町)
や 十 七 世 紀 初 期 の 糟 目 犬 頭 神 社( 岡 崎 市
先 端 の 彫 刻 形 状 は バ リ エ ー シ ョ ン が あ る。
たてがみの髪型は特殊な型やバリエーショ
ンが多く、線を引いたようにはいかないが、
地を一覧にして表4に示した。それぞれの髪
写真 )の狛犬などがある。
五種類に分けて、該当する狛犬の年代、所在
型はそれぞれの時代の流行になっていたと思
18
あ り、 八 幡 神 社( 敦 賀 市 写真 )、 神 渕
神社(七宗町 写真 )および小金山神社
( 青 森 市 写真 ) の 狛 犬 の よ う に あ る 間
隔をおいて毛筋を陰刻しているもの、また
われる。
28
(三)毛筋垂下型 髪を房状にせず、毛筋彫
にして先端をそろえて肩と背に垂下させた
22
前狛犬のたてがみがこの型である。
19
神社(滑川市 写真 )の狛犬は各房の毛
筋 を 一 本 一 本 細 か く 表 現 し て い る。 ま た、
27
34
23
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
-
17
表4 越前狛犬の髪型別分類例
型式
型式の概要
1500 年代
多段房型
1600 年代
房垂下型
毛筋垂下型
1700 年代
巻毛・毛筋垂下型
・複数段の房を垂下
・段を設けず房を垂下
①房の先端に巻きあり
③房の先端に巻きなし
②同 巻きなし
④同 巻きあり
⑤毛筋は V 型彫刻
⑧巻かずに前方へ湾曲
・房のボリューム差があ
・房の先端に房状の飾り
⑥毛 筋 は 間 隔 を お い た
・後頭部はV型または線刻
る
・毛筋彫にして垂下、先
端を尖らせ波型を描く
を置く例がある
1800 年代
自由型
・耳の下の髪型
・毛筋を一本一本表現
⑦先端を巻く
⑨房 に 細 か い 毛 筋 を 彫
刻
⑩先 端 に 近 代 的 な カ ー
の毛筋彫または房を垂
陰刻線彫り
ル
下するなど多様
○上 記 以 外 に も 各 種 あ
り
実 例 写 真
①
③
⑤
春日神社(あわら市)
宇波西神社(若狭町)
大野湊神社(金沢市)
今別八幡宮(今別町)
④
⑥
⑧
②
日吉神社(神戸町)
1550
(天文19)
1555
(天文24)
1566
(永禄9)
1576
(天正4)
1577
(天正5)
1577
(天正5)
1588
(天正16)
1628
(寛永5)
1664
(寛文4)
西暦
(和暦)
所在地
境谷神社(舞鶴市)
西暦
(和暦)
所在地
八幡宮(加賀市)
西暦
(和暦)
型式
上 記 型 式 に 属 す る狛 犬 の紀年 銘 と 所在 地
1540
(天文9)
所在地
神渕神社(七宗町)
気比神宮(敦賀市)
⑩
型式
1521
(永正18)
西暦
(和暦)
⑨
⑦
型式
1515
(永正12)
所在地
糟目犬頭神社(岡崎市)
型式
西暦
(和暦)
型式
三井 中・近世における越前狛犬の特徴と地方進出について
年代別区分凡例
所在地
①
春日神社
十五社神社
大丹生神社
今別八幡宮
檪原神社
1540
1621
1659
1805
③
⑤
⑦
⑨
(あわら市)(天文9)
(山県市)(元和7)
(舞鶴市)(万治2)
(今別町)(文化2)
(滑川市)
①
樺八幡神社
樺八幡神社
豊受大神社
賀茂神社
気比神宮
1543
1621
1663
1849
④
⑤
⑦
⑨
(福井市)(天文12)
(福井市)(元和7)
(福知山市)(寛文3)
(かほく市)(嘉永2)
(敦賀市)
①
薬師神社
白鳥神社
八幡神社
大山咋神社
神明宮
1578
1621
1678
1850
③
⑥
⑧
⑩
(福井市)(天正6)
(神戸町)(元和7)
(敦賀市)(延宝6)
(福井市)(嘉永3)
(加賀市)
①
八幡神社
宇波西神社
大野湊神社
気多本宮
白山神社
1579
1622
1684
1860
③
⑤
⑧
⑨
(鯖江市)(天正7)
(若狭町)(元和8)
(金沢市)(貞享元)
(七尾市)(万延元)
(福井市)
①
吉久神社
手力雄神社
神渕神社
太田神社
1581
1625
1701
③
⑥
⑧
(高岡市)(天正9)
(各務原市)(寛永2)
(七宗町)(元禄14)
(越前市)
①
八幡神社
藤倉神社
馬見岡綿向神社 1705
八幡神社
1581
1630
③
⑤
⑧
(福井市)(天正9)
(秋田市)(寛永7)
(日野町)(宝永2)
(敦賀市)
①
伊奈波神社
金峰神社
葛屋神社
気比神宮
1587
1644
1726
③
⑥
⑧
(岐阜市)(天正15)
(胎内市)(正保元)
(七宗町)(享保11)
(敦賀市)
②
日吉神社
白山神社
今別八幡宮
境谷神社
1658
1737
1593
③
⑥
⑧
上宮(神戸町)(文禄2)
(越前市)(明暦4)
(今別町)(元文2)
(舞鶴市)
②
日吉神社
糟目犬頭神社 1665
小金山神社
滝上不動堂
1748
1605
③
⑥
⑦
下宮(神戸町)(慶長10)
(岡崎市)(寛文5)
(青森市)(延享5)
(福井市)
①
津島神社
津嶋部神社
八幡神社
気比神宮
1608
1674
1757
③
⑥
⑧
(津島市)(慶長13)
(守口市)(延宝2)
(福井市)(宝暦7)
(敦賀市)
①
①
糟目犬頭神社
高雄神社
1610
④
(岡崎市)
(福井市)(慶長15)
(宝暦9)
四段房特殊先
端に飾帯
(明和3)
熊野奥照神社他
(弘前市)
(明和8)
三段房、房の
形状特殊
(享和元)
1759
1766
1771
1801
⑧
熊野神社
(福知山市)
⑧
高倉神社
(舞鶴市)
⑧
八幡神社
(敦賀市)
⑧
気比神宮
(敦賀市)
備考 1、高雄神社(福井市)、熊野奥照神社ほか2社(弘前市)の狛犬は多段型であるが、他の狛犬とはデザインが異なる特殊型
2、写真提供; ①、③ 福井県立歴史博物館、⑦斎藤始氏(青森県今別町)
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
18
若越郷土研究 五十七巻一号
る。
れない自由闊達な髪型が見られるようにな
に入ると、従来の意匠・デザインにとらわ
き毛にしている。これら以外にも十九世紀
求めて所在を確認し、調査を終えるまでに
化しているものが少ない。越前狛犬を探し
ているため、情報が参道狛犬のように一般
は目にとまらない神社の建物内に保存され
な地方に遺存しているが、その多くは普段
(一)本稿で紹介したように越前狛犬は広範
支援があってまとめることができた。ここに
れている方々など多くの皆さんのご協力とご
会、神社および神社関係者、地域史を研究さ
最後に、本稿は福井県立歴史博物館、京都
府立丹後郷土資料館をはじめ各地の教育委員
らず各地で越前狛犬の調査と文化財として
要約すると、
越前狛犬のたてがみの髪型は、
十六世紀初めの成立当初は木造狛犬をモデル
は多くの時間を必要とする。そして組織的
全ての方々の御芳名をあげることができない
点記しておきたい。
にしたと思われる多段房型に始まり、少し遅
な調査が行われていないのも実情である。
はパーマネントをかけたような近代的な巻
れて十六世紀中頃から無段の房型が加わっ
れらのデザインの影響も受けたのであろう
十八世紀末期以降は、越前以外の地方で造
られた狛犬も各地で見られるようになり、こ
差があることがわかった。越前狛犬(もっ
政、保護活動が進んでいない行政間の温度
指定して保護活動を積極的に進めている行
申し上げる次第である。
以上
が、ご協力ご支援頂いた皆様に衷心から御礼
ある。
の保護・保存活動が一層進展すれば幸いで
た。十七世紀前期には毛筋彫型のデザインが
たばかりのように思う。
しかるに現状における越前狛犬の所在情報
は未だ断片的でこの調査・研究は緒につい
取って代わり、十七世紀中期頃から十八世紀
末期にかけて毛筋彫と巻き毛を組み合わせた
(二)一方では、既に所在が明らかになった
か、十九世紀に入ると越前狛犬の髪型は多様
と広くいえば笏谷石)のふるさとである福
髪型になった。
化が進展している。別の見方をすれば、この
井県は、他県より旧い紀年銘を有するもの
寛文年間頃までの越前狛犬を文化財として
時代は越前狛犬の独自性が失われていく時代
および歴史的にみても価値あるものが遺存
本稿が引き金になって、福井県内のみな
活動を先導していく役割があると考える。
していることに鑑み、文化財としての保護
であったともいえる。
おわりに
各地の越前狛犬を調査して感じたことを二
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
19
註
Luo Zhewen
『
China’s Imperial Tombs and
頁、写真3は
頁掲載の写真を
Published by Foreign Languages Press, Beijing 1993
』
Mausoleums
(1)
写真2は本書
引用した。
)にも見られる。また、型は異な
)や寛永七年 (一六三〇年)の馬見岡綿向神社
)も房の先端に飾りをつけている。
井泰氏(当時来待ストーンミュージアム館長)と
平成二十年四月頃、出雲・石見地方における来
待石の狛犬(出雲狛犬)を悉皆調査されていた永
(4)拙著『越前笏谷石 第三編』― よみがえる歴
史と人間像 ― 福井新聞社 平成二十一年発行
昭和五十年発行に所収)
(『三 国 町 資 料 海 運 記 録 』 三 国 町 史 編 纂 委 員 会
の破船があったことを記している。
前年元禄十四年 (一七〇一年)にも十二艘の新保船
廻船の記録。海難事故の記録は多く、本稿記述の
から享保六年 (一七二一年)までの新保の出来事や
(3)久末文書「世事覚之帳」貞享二年 (一六八五年)
の狛犬(写真
真
るが寛永五年 (一六二八年)の高雄神社の狛犬(写
の狛犬(写真
例が、慶長十五年 (一六一〇年)銘の糟目犬頭神社
者は一種の飾りではないかと考えている。同様の
ている短い房状のものは、髪のように見えるが筆
( 2) 肩 先 ま で 垂 下 し た 房 状 の 髪 の 先 端 に 彫 刻 さ れ
80
廣江正幸氏が調査の過程で発見した越前狛犬など
笏谷石遺品が鉄の道周辺に分布して所在している
ことを指摘された。この情報をもとにいくつかの
具体例を本書の「出雲地方の石塔と狛犬」
(212
~219頁)の章で取り上げた。
参考資料・文献
・『 石 を め ぐ る 歴 史 と 文 化 ― 笏 谷 石 と そ の 周 辺 ―』
福井県立博物館 1989年発行
三井 中・近世における越前狛犬の特徴と地方進出について
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
65
22
23
12
20
資料1 越前狛犬の年代別・道府県別確認統計(件) 【 件(1件=阿吽一対またはいずれか一躯)】
合計
永正7 - 永正16
1510 -1519
1
1
永正17 - 享禄2
1520 -1529
1
1
享禄3 - 天文8
1530 -1539
天文9 - 天文18
1540 -1549
天文19 - 永禄2
1550 -1559
永禄3 - 永禄12
1560 -1569
元亀元 - 天正7
1570 -1579
4
天正8 - 天正17
1580 -1589
1
天正18 - 慶長4
1590 -1599
0
1
3
4
1
1
2
1
1
1
5
2
1
1
1
1
5
1
2
慶長5 - 慶長14
1600 -1609
慶長15 - 元和5
1610 -1619
1
2
元和6 - 寛永6
1620 -1629
寛永7 - 寛永16
1630 -1639
寛永17 - 慶安2
1640 -1649
慶安3 - 万治2
1650 -1659
万治3 - 寛文9
1660 -1669
寛文10 - 延宝7
1670 -1679
延宝8 - 元禄2
1680 -1689
元禄3 - 元禄12
1690 -1699
元禄13 - 宝永6
1700 -1709
宝永7 - 享保4
1710 -1719
享保5 - 享保14
1720 -1729
享保15 - 元文4
1730 -1739
元文5 - 寛延2
1740 -1749
寛延3 - 宝暦9
1750 -1759
1
宝暦10 - 明和6
1760 -1769
1
明和7 - 安永8
1770 -1779
安永9 - 寛政元
1780 -1789
寛政2 - 寛政11
1790 -1799
寛政12 - 文化6
1800 -1809
文化7 - 文政2
1810 -1819
0
文政3 - 文政12
1820 -1829
0
天保元 - 天保10
1830 -1839
天保11 - 嘉永2
1840 -1849
1
嘉永3 - 安政6
1850 -1859
1
万延元 - 明治2
1860 -1869
1
1
1
1
2
2
2
7
1
1
1
1
2
2
1
6
7
1
1
5
5
2
0
2
2
0
1
1
1
1
3
3
1
2
1
1
1
0
0
1
1
2
0
1
1
2
1
①在紀年銘合計
1
0
1
0
8
4
0
0
0
5
28
5
2
1
0
1
10
0
66
②紀年銘なし
0
0
3
3
2
1
1
6
2
3
41
10
0
5
0
4
6
3
90
③紀年銘の有無未確認
2
1
0
0
0
0
0
0
3
4
9
1
0
7
2
0
0
4
33
①+② + ③=調査全数 3
1
4
3
10
5
1
6
5
12
78
16
2
13
2
5
16
7
189
越前狛犬所在社寺数(参考)
3
1
4
2
9
4
1
6
5
10
52
12
2
11
1
5
11
6
145
備考 1 平成 24 年 5 月 10 日までに現場調査および資料調査などによって所在が把握できたものを数表化した。
2 未確認数;所在は確認しているが、現時点で現物の調査(実見・資料による紀年銘の有無など)を行っていない数
3 京都は 2 区分し、京都A(京都市)は畿内に、京都B(舞鶴市、福知山市)は日本海沿岸地方とした。
広島県(安芸高田市)は日本海沿岸地方に含めた。
4 明治期以降の狛犬は除外した。
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
若越郷土研究 五十七巻一号
北海道
青 森
秋 田
山 形
新 潟
富 山
石 川
日本海沿岸地方
福 井
京都B
鳥 取
島 根
広 島
愛 知
岐 阜
京都A
滋 賀
畿内・中京地方
三 重
西 暦
大 阪
和 暦
21
資料2
紀年銘を有する各地の越前狛犬(1)
三井 中・近世における越前狛犬の特徴と地方進出について
① No 欄の*印は本文に掲載 ②本表は紀年銘の旧いものから順に記載 ③本資料は平成24年5月10日までの調査による
No
1
*
2
*
所 在 地
名 称
*
5
*
6
*
和 暦
西 暦
高 さ
(cm)
銘 文
備 考
あわら市
沢
永正12
1515
阿 50.5
吽 51.0
阿吽形とも台座に刻銘
左側面「□□□鹿子河口庄細呂宣郷春日大門社御宝前」
右側面「永正十二年乙亥六月吉日」
・平成15年市指定
左側面「伏野菊千代丸敬白」
右側面「奉寄進駒犬河口庄細呂宣郷春日大明神御宝前」
・銘文『石をめぐる歴史と文化』による
福井市
中手町
永正18
1521
阿 68.0
吽 67.0
阿形左前肢「八幡大菩薩」
左後肢「二月廿七日」
吽形右前肢「越前國大野郡味美郷惣社 願主春佐」
右後肢「干時永正十八辛巳年」
福井市
内山梨子町
天文9
1540
阿 31.2
吽 32.5
阿吽とも台座側面に刻銘
「天文九年六月吉日 豊島見性」
・銘文 山本昭治『越前の石造遺物』による
十五社神社
山県市
天文9
1540
阿 24.5
吽 24.0
阿吽とも台座裏面に刻銘
阿形「天文九庚子年」
吽形「奉土岐氏神」
樺八幡神社
福井市
東河原町
天文12
1543
阿 47.0
吽 47.5
阿形右前肢「天文 / 十二年東河原」
吽形左前肢「天文 / 十二年八幡大菩薩」
鯖江市
神明町
天文19
1550
阿 50.5
吽 51.5
阿形左前肢「天文十九年三月三日 寺尾次郎」
吽形右前肢「天文十九年三月三日 小河源六」
・昭和50年市指定
高岡市
吉久
天文24
1555
阿 23.8
吽 不詳
阿形右前肢「天文廿四年(以下前肢欠落)」
・銘文『石をめぐる歴史と文化』による
・前肢と台座欠損
福井市
東大味町
永禄9
1566
阿 27.0
吽 27.0
阿形 不詳
吽形右前肢「永禄九三月一日」
・阿 形 の 左 前 肢 と
台座欠落
・昭和47年県指定
春日神社
樺八幡神社
3 薬師神社
4
所在地
八幡神社
7 吉久神明社
8 八幡神社
・阿吽とも頭頂部に
2個づつ擂鉢状の
窪み(穴)
がある
・昭和62年市指定
9 伊奈波神社
岐阜市
天正4
1576
阿 29.0
吽 31.0
阿・吽形とも同じ銘文(阿形の銘文位置を示す)
左前肢「奉修誦諸願成就所」
左後肢「天正四年九月吉日」
背中央「愛宕」
右前肢「濃州厚見郡岐阜」
左後肢「多和田新八直房」
・銘文『岐阜県文化財図録』による
10
日吉神社 上宮
岐阜県
神戸町
天正5
1577
阿 74.0
吽 74.0
吽形左前肢「天正五丁丑季五月吉日」
阿形右前肢「不破河内守光治建立」
・昭和33年国指定
・宝物館収蔵
日吉神社 下宮
岐阜県
神戸町
天正5
1577
阿 70.0
吽 70.0
阿形左前肢「天正五丁丑季(以下欠 別物で補修)」
吽形右前肢「不破河内守光治建立」
・昭和33年県指定
岐阜県
神戸町
天正6
1578
阿 25.0
吽 26.0
阿形右前肢右側「吉田角内告立」
吽形左前肢左側「天正六戊寅年正月吉日」
・銘文『岐阜県文化財図録』による
・昭和49年県指定
阿 37.0
吽 37.5
阿形左前肢
「早瀬住人倉藤左衛門 天正七己卯歳七月拾九日」
吽形右前肢
「天正七己卯歳七月拾九日 早瀬住人倉藤□」
・銘文『石をめぐる歴史と文化』による
阿 41.0
吽 43.0
阿形左前肢「為武運長久息災延命也」
左後肢「天正九年辛巳五月吉日」
吽形右前肢「奉寄進大明神御宝前」
右後肢「施主備後国渋川出雲守」
・銘文『石をめぐる歴史と文化』による
*
11
*
12 白鳥神社
13
*
14
*
宇波西神社
手力雄神社
福井県
若狭町
各務原市
天正7
1579
天正9
1581
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
・昭和32年県指定
22
紀年銘を有する各地の越前狛犬(2)
No
所 在 地
和 暦
西 暦
高 さ
(cm)
清須市
天正9
1581
阿・吽共
20.0
秋田市
天正9
1581
名 称
所在地
15 土田八幡宮
16
*
藤倉神社
銘 文
備 考
「天正九年四月吉日」
「境 又六」
・ 境 又 六( 織 田 又
六信張)は小田
井3代城主
阿 24.5
吽 25.5
台座裏に墨書銘 「天正九秊五月吉日」 (秊は年の本字)
「沖□□□□」
・平成 24 年県指定
胎内市
天正15
1587
阿 29.0
約 31.0
阿形左前肢前 「奉寄進蔵王権現獅子」
背左側 「天正十五年六月吉日」
右前肢前 「篠口浜惣兵衛子孫敬白」
吽形右前肢前「篠口浜澤惣兵衛子孫 / 敬白」
・昭和 47 年市指定
背右側 「天正十五年六月吉日」
左前肢前 「奉寄進蔵王権現小駒犬」
銘文『黒川氏城館遺跡群Ⅲ』2008 年胎内市教育委員会
発行に掲載の拓本写真による。
18 津島神社
津島市
天正16
1588
阿 51.0
吽 53.0
前肢「天正十六年戊子七月吉日」
胴 「橋本宗兵衛寄進也」
・銘文「文化財ナビ愛知」による
19
越前市
瓜生町
文禄2
1593
阿 21.0
吽 20.5
阿形右前肢「白山文禄二年」
右後肢「多埜□□□ 敬白□□七月 瓜生村住人」
吽形左後肢「瓜生村住人□□□□ 敬白」
・銘文『石をめぐる歴史と文化』による
青森県
深浦町
慶長3
1598
12.0
12.5
後背部 「慶長三年八月吉日」
後背部 「三クニ 半兵衛」
岡崎市
慶長10
1605
阿形背部
阿 21.5 「奉寄進石唐猫抑大門石鳥居従越前御下以時供富以使奉 ・昭和 42 年市指定
吽 21.5
也祈願成就皆令満足三州碧海郡和田犬頭宮
・鳥居と同時寄進
慶長十乙巳六月吉日市川権兵衛正重」
守口市
慶長13
1608
阿 31.0
吽 29.0
17 金峰神社
* (旧蔵王権現)
*
白山神社
20 円覚寺
21
*
糟目犬頭神社
22 津嶋部神社
23
*
24
*
25
*
阿形右前肢「市原久兵衛」
右背大腿部「慶長十三年八月吉日」
吽形も同銘文
・銘文 守口市 HP「訪ねよう歴史・文化財」による
・昭和 32 年県指定
・橋 本 宗 兵 衛 は 福
島正則の家臣
・狛 犬 の 鎮 子、 2
躯とも吽形
・平成 12 年市指定
糟目犬頭神社
岡崎市
慶長15
1610
阿形背部
「三河国碧海郡和田郷 / 熊野権現犬頭於御寶前 / 石之駒
犬一對奉寄進之 / 干時慶長十五年庚戌閏中春吉辰 / 本
多豊後守藤原康令 / 依為御初生神也仍武運 / 長久子孫 ・昭和 42 年市指定
阿 76.0
繁茂再拝」
・本 多 豊 後 守 藤 原
吽 78.0 吽形背部
康 令( 重 ) は 岡
「三州碧海郡和田郷 / 熊野権現犬頭於御寶前 / 石之駒犬 崎藩初代藩主
一對奉寄進之 / 干時慶長十五庚戌天閏二月吉日 本多
豊後守藤原康令 / 依為御初生神也仍 / 武運長久子孫繁
榮再拝」
八幡神社
敦賀市
元和7
1621
阿 35.0
吽 34.0
阿吽形共背部に下記刻銘
「元和七年 / 日野屋佐太良 / 酉 / 正月吉日」
・資料館収蔵
阿 24.3
吽 25.5
阿形 左胴 「越前国 / 三国」
左前肢左側 「新保村助左衛門寄進」
同 前側 「元和七年」
右前肢前側 「正月吉日」
吽形 右胴 「助左衛門寄進」
右前肢右側 「越前国新保村」
同 前側 「正月吉日」
左前肢前側 「元和七年」
・平成 19 年市指定
・奥 宮 熊 野 神 社 に
2対所在内1対
は銘なし
・豊受大神社 ( 福知
山市)にも助左衛
門によって寄進さ
れた狛犬がある。
大丹生神社
舞鶴市
元和7
1621
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
若越郷土研究 五十七巻一号
23
紀年銘を有する各地の越前狛犬(3)
三井 中・近世における越前狛犬の特徴と地方進出について
No
26
*
27
*
28
*
29
*
30
*
所 在 地
名 称
所在地
和 暦
西 暦
高 さ
(cm)
銘 文
阿 25.5
吽 28.5
阿形 左前肢左側 「越前国三国新保村」
同 前側 「助左衛門寄進」
右前肢前側 「元和七年」
同 右側 「正月吉日」
・銘文 京都府立丹後郷土資料館 企画展図録
「木のこまいぬと石のこまいぬ」による
備 考
・紀 年 銘、 寄 進 者
は大丹生神社(舞
鶴市)の狛犬と
同じ
豊受大神社
福知山市
元和7
1621
大野湊神社
金沢市
元和8
1622
阿 47.0
吽 48.5
吽形左前肢 「元和八年 / 正月吉日」
・ほ かに2対所在、
右前肢 「加賀国大野于宮腰住人中山主□(計)」
うち1対は左記狛
阿形 判 読不能な部分が多いが、のこされている痕跡 犬と同時に寄進さ
から吽形と同じ銘文が刻まれていたと思われる
れた可能性大
神渕神社
岐阜県
七宗町
寛永2
1625
阿 48.5
吽 50.0
阿形左前肢 「寛永二年乙丑六月十五日」
右前肢 「奉造立神前駒犬」
吽形左前肢 「牛頭天王」
右前肢 「大日本國濃州武儀郡神淵村」
高雄神社
福井市
本堂町
寛永5
1628
阿 80.0 阿吽形とも胸部に同一銘文を刻む
吽 82.0 「寛永五戊辰 / 仲秋吉日 / 太田安房守源資武」
馬見岡綿向神社
滋賀県
日野町
寛永7
1630
阿 46.0
吽 46.5
阿吽とも胸部に刻銘
阿形 「於越前 / 寛永七年 / 午正月吉日 / 藤林勝伍郎」
吽形 「於越前 / 寛永七年 / 正月吉日 / 藤林勝伍郎」
阿形左前肢 「霜月吉日」
右前肢「申ノ年」
・平成 11 年町指定
吽形左前肢
・寛 永 9 年 の 可 能
「牛頭天王御こまいぬきしんくすや(葛屋)惣中」 性もあり
右前肢「ほんくわん林市右衛門」
・平成 11 年町指定
・太 田 安 房 守 源 資
武は太田道灌の
末孫で結城秀康、
松平忠直時代の
福井藩の重臣
岐阜県
七宗町
正保元
1644
阿 31.5
吽 31.5
今別八幡宮
青森県
今別町
明暦4
1658
阿・吽共
約 48.0
阿形 右前肢前「明暦四戊戌年六月十五日」
左前肢前「越前国新保浦山岸屋太兵衛」
吽形 阿形と同じ銘文
・昭和 61 年町指定
今別八幡宮
青森県
今別町
万治2
1659
阿・吽共
約 42.0
阿形 右前肢外「越前国新保浦上林武兵衛」
左前肢外「万治二己亥年三月中二日」
吽形 阿形と同じ銘文
・昭和 61 年町指定
金峰神社
(旧蔵王宮)
青森市
寛文2
1662
阿 34.0
吽 35.0
阿吽形共背部に刻銘
阿形 「寛文弐年{ }寅二月吉日」
吽形 「寛文弐年 新 { }寅二月吉日」
・石 山 晃 子 氏 調 査
資料による
かほく市
寛文3
1663
阿 38.0
吽 38.5
阿形 左前肢 「寛文三□□□」
右前肢 「□河□□吉松」
吽形 前肢に刻銘の痕跡が残るが判読不能
・旧本殿前に所在す
るが、以前は木津
の神明神社に所在
八幡宮
弘前市
寛文4
1664
阿 64.0
吽 63.0
阿形 右前肢 「斉藤平左衛門 吉林刻」
左前肢 「寛文四年卯月吉日」
吽形 前肢に阿形同一の銘文
・昭和 39 年市指定
・太 い房・先端を巻
いた髪は熊野奥照・
多賀神社も同じ
熊野奥照神社
弘前市
寛文4
1664
阿 62.0
吽 63.0
阿形 前胸 「奉納 / 源朝臣 / 金吉安」
左前肢 「寛文四年卯月吉日」
吽形 阿形と同一の銘文
・昭和 49 年市指定
多賀神社
弘前市
寛文4
1664
阿 64.0
吽 63.0
阿形 右前肢 「奈良岡権右衛門 重温□(刻)」
左前肢 「寛文四年卯月吉日」
吽形 前肢に阿形と同一の銘文
・昭和 50 年市指定
熊野宮
39
青森市
(旧二十所大権現)
寛文5
1665
阿 51.0
吽 50.5
阿形右前肢
「瘡ヵ外濱拾弐所大権現 敬白 / 油川住 舘田源兵衛」 ・石 山 晃 子 氏 調 査
左前肢 「寛文五巳ノ正月吉日」
資料による
吽形 前肢に阿形と同一銘文
31 葛屋神社
32
*
33
*
34
35
*
36
*
37
*
38
*
賀茂神社
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
24
紀年銘を有する各地の越前狛犬(4)
No
40
*
41
*
所 在 地
名 称
所在地
和 暦
西 暦
高 さ
(cm)
小金山神社
青森市
入内
寛文5
1665
阿 67.0
吽 65.0
阿形右前肢
「入内山観世音菩薩敬白 / 越前新保中村新兵衛」
同左前肢
・昭和 47 年市指定
「寛文五年巳正月吉日」
吽形 前肢に阿形と同一の銘文
八幡神社
福井市
蔵作町
延宝2
1674
阿 31.5
吽 32.0
阿形背部 「庄助 / 延寶二年 / 寅四月五日」
吽形背部 「延寶二年 / 寅四月五日 / 庄助」
・阿吽形とも口腔内を朱 ( 紅色)で塗色
・寄進者と年月日が
左記と同じ狛犬が
外に 2 対所在 デ
ザインはほぼ同じ
福井市
下荒井町
延宝5
1677
阿 28.5
吽 29.0
阿形 「八月十日 内山平四郎」
吽形 「延宝伍丁巳年」
・顔 は 横 向 き、 髪
は耳の下が前方
へ 湾 曲、 後 頭 部
は太い房状で二
段の特殊な型
42 八坂神社
銘 文
備 考
福井市
成願寺町
延宝6
1678
阿 22.1
吽 21.9
・福 井 県 立 歴 史 博
阿形左胴部 「延宝六年 / 午正月吉日 / 奉寄進 / 施主」 物 館 瓜 生 由 起 氏
左前肢 「寺林(以下判読困難)
調査資料による
吽形右胴部 「奉寄進 / 施主 / 延宝六年 / 正月吉日」 ・本 狛 犬 の 外 に 5
右前肢 「寺林□(与)三□(兵)衛」
対( 無 紀 年 銘 )
所在する
七尾市
貞享元
1684
阿 87.5
吽 84.0
阿形左前肢 「貞享元年 大坂屋九□(郎)右衛門」
右前肢 「子 / 十月十三日」
吽形 銘文、刻銘位置とも阿形に同じ
45 太田神社
越前市
上太田町
元禄 14
1701
阿 54.0
吽 56.0
阿形「元禄十四年辛巳七月吉日」
吽形「越前丹生郡太田村 宗覺」
・銘文『石をめぐる歴史と文化』による
46 八幡神社
敦賀市
三島町
宝永2
1705
阿 55.0
吽 55.5
阿吽とも同じ銘文
背 「宝永二年 / 酉 八月吉日」
右前肢 「□武□□□」
左前肢 「徳市村□□」
・大 谷 吉 継 寄 進 の
四角型石灯籠左
の境内社前
敦賀市
享保 11
1726
阿 95.0
吽 無 右前肢 「加賀屋正利造立」
左前肢 「享保十一午歳」
・末 社 兒 宮 神 殿 に
阿形1躯のみ所在
舞鶴市
元文2
1737
阿 25.5
吽 27.0
台座側面に刻銘
吽形 前面 「丁元文二年」
右面 「宮甚」
阿形 前面 「巳九月吉日」
右面 「宮甚」
・ほ か に 陶 製 の 狛
犬1対収蔵
敦賀市
寛保3
1743
阿 99.0
吽 97.0
阿吽とも同じ銘文
背部 「寛保三亥年八月吉日 / 越前福井住 / 山内重右衛
・猿田彦神社参道
門吉長」
前肢 「奉寄進御寶前」
50 滝上不動堂
福井市
淨教寺町
延享2
1745
阿 20.2
吽 20.0
阿吽とも同じ銘文、銘文位置も同じ
右背部 「延享二 / 丑十月吉日」
左背部 「内山権七」
51 滝上不動堂
福井市
淨教寺町
延享5
1748
阿 31.4
吽 31.0
阿吽共台座裏に刻銘
阿形 「延享五年 / 辰三月吉日」
吽形 「同日」
気比神宮
敦賀市
宝暦7
1757
阿 66.0
吽 67.0
阿吽とも同じ銘文
背部 「宝暦七丁丑歳 / 九月吉日」
前肢 「加賀屋正徳」
(外)
・大神下前神社前
・八幡神社(同市三
島町)にも「正徳」
銘が一対所在
熊野神社
福知山市
宝暦9
1759
阿 57.0
吽 57.5
胸部に銘文
阿形 「谷河 / 中」
吽形 「宝暦九己卯年」
(たにご)
は地名
・谷河
舞鶴市
明和3
1766
阿 19.5
吽 19.3
台座裏に墨書銘(下記以外にも文字の痕跡あるが判読不能)
阿形 「明和三戌歳十月吉日」
・拝殿内宝物館収蔵
吽形 「北吸村」
43 大山咋神社
44
*
47
*
48
*
気多本宮
気比神宮
境谷神社
49 気比神宮
52
*
53
*
54 高倉神社
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
若越郷土研究 五十七巻一号
25
紀年銘を有する各地の越前狛犬(5)
三井 中・近世における越前狛犬の特徴と地方進出について
No
所 在 地
所在地
和 暦
西 暦
高 さ
(cm)
敦賀市
三島町
明和8
1771
阿 68.0
吽 68.5
阿形背部 「願主 / 田中市兵衛」
吽形背部 「明和八辛卯年 / 四月廿八日」
・拝殿前
敦賀市
享和元
1801
阿 138.0
吽 141.0
台座下基壇に刻銘
阿・吽形各基壇前面 「蒲生氏」
阿形基壇左側面 「享和元年 / 辛酉八月」
・土公前
・越前狛犬としては
超大形
檪原神社
滑川市
文化2
1805
阿 104.0
吽 106.0
台座下の基壇後面に刻銘
阿形基壇 「文化二乙丑天 / 六月吉日」
「越前福井石坂町 / 井上市右ヱ門孝紀」
吽形基壇 「文化二乙丑天 / 六月吉日」
気比神宮
敦賀市
嘉永2
1849
阿 なし
吽 57.0
台座下基壇に刻銘
基壇 前面 「奉」
右側面 「嘉永二 / 己酉歳」
・末 社 兒 宮 神 殿 に
吽形1躯のみ
阿 74.0
吽 74.0
阿吽形とも台座側面 ( 右から)に刻銘
阿形の銘文を示す(吽形も同一銘文)
前面 「嘉永 / 三年 / 庚戌 / 春」
右(向って)「奉納」
左 「小池善左衛門」
後面 「石工 / 伊助」
・鬣の彫刻が繊細
阿吽形とも台座下基壇側面 ( 右から)に刻銘
阿形基壇前面 「万延元 / 庚申歳 / 仲秋」
右側面 「木戸市右衛門倚京」
後面 「石工 / 久野又助幸長」
左側面 「奉納」
吽形基壇前面 阿形と同じ
右側面 「奉納」 後面 銘文なし
左側面 「地蔵屋仁兵衛」
・笏 谷 石 間 歩 持 仲
間が左記の年に
勧請した神社
・狛 犬 以 外 の 石 龕
や手水鉢などの
奉納物にも間歩
持 ち・ 石 屋 の 名
前が見られる
・狛犬と一体の台座
は基壇石に嵌め
こみになっている
名 称
55 八幡神社
56
*
57
*
58
*
59
*
60
*
気比神宮
神明宮
白山神社
加賀市
大聖寺
福井市
毛矢3
嘉永3
1850
万延元
1860
阿 70.0
吽 69.5
銘 文
備 考
参考:文化財指定状況
(1)紀年銘を有する越前狛犬(資料1から寛文年末までの 42 件について)
確認数
文化財
指定数
福井県
11
2
18.2
市指定2件(資料2から)
福井県以外
31
21
67.7
国指定1件、県指定5件、市・町指定 14 件(資料2から)
合計
42
23
54.8
所在地
文化財
指定率(%)
摘 要
(2)紀年銘なき越前狛犬 4件
秋田県3件(昭和 27 年指定1件、平成 24 年指定2件)、愛知県蟹江町1件(昭和 54 年指定)は上記統計に
含まない。
『若越郷土研究』(福井県郷土誌懇談会)
Fly UP