...

明治学院大学機関リポジトリ http://repository.meijigakuin.ac.jp/

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

明治学院大学機関リポジトリ http://repository.meijigakuin.ac.jp/
明治学院大学機関リポジトリ
http://repository.meijigakuin.ac.jp/
Title
Author(s)
Citation
Issue Date
URL
アーサー・モリスンのイースト・エンド三部作(II) :
<普通の人々>の多様
青木, 剛
明治学院大学英米文学・英語学論叢 = Meiji Gakuin
University, the journal of English & American
literature and linguistics(125): 1-14
2010-03
http://hdl.handle.net/10723/534
Rights
Meiji Gakuin University Institutional Repository
http://repository.meijigakuin.ac.jp/
アーサー・モリスンの
イースト・エンド三部作 (Ⅱ)
普通の人々〉の多様性
青
木
剛
1. 階層の細分化
1891 年に発表された 「ある通り (‘A Street’)」 において, スラムの住民で
も大通りの商人でもないイースト・エンドの〈普通の人々〉に注目したモリス
ンは, やがて三部作の一冊目となる
Mean Streets)
みすぼらしい通りの物語 (Tales of
(1894 年) に収録される短編小説を書くきっかけを批評家の
W・E・ヘンリー (W. E. Henley, 18491903) によって与えられる。 当時
ナ
ショナル・オブザーヴァー の編集長を務めていたヘンリーがモリスンのスケッ
チに目をとめ, イースト・エンドの〈普通の人々〉を題材とする短編小説の連
載を依頼したのである。
たものを序文とし,
みすぼらしい通りの物語
ナショナル・オブザーヴァー
は, 「ある通り」 に加筆し
に連載された十編の短編
小説に, 他の雑誌に発表された二編と書下ろし一編を加えて出版された。
前回論じたように, 1891 年と 1894 年の 「ある通り」 との間の相違には, モ
リスンが十三編の短編小説を書いた三年間で得た〈普通の人々〉に対する認識
の深化が反映されている。 その中でも重要なのが, イースト・エンドにも階層
の細分化が見られ, そこに暮らす人々自身, 細分化された階層を意識しながら
行動していることだ。 まず,
みすぼらしい通りの物語
1
に登場する主要な人
アーサー・モリスンのイースト・エンド三部作 (Ⅱ)
物が属する階層を確認しておこう。
「ある通り」 では, イースト・エンドの平均的な住民は 「ドックか, ガス製
造工場か, テムズ川に面した残り少なくなった造船所のどこかに勤めている」
とされる。
みすぼらしい通りの物語
の登場人物の多くが, こうした階層に
属することは確かだが, その中でも比較的収入が高い技能労働者, 特に造船所
に勤める職工が目立っている。 最も高い階層に属するのは, 「ガラス覆いの向
こう側 (‘Behind the Shade’)」 で 「技能工の中の貴族」 とされる造船技師
(shipwright) の未亡人と娘である。 「商売 (‘In Business’)」 では夫は造船所
の鋳型工, 妻は作業時間記録係の娘, 「すべての家屋敷 (‘All That Messuage’)」
では夫が旋盤工だ。 造船所以外でも, 「あの野蛮人のシモンズ (‘That Brute
Simmons’)」 の主人公は 「大工兼指物師」 であり, 「一文無し (‘Without Visible Means’)」 に登場する三人の失業者の一人は 「ズックの道具入れ」 を持っ
て職探しをする。 このように技能工の割合が高いのは, モリスンの出発点がイー
スト・エンドをスラムと同一視する言説を脱神話化することにあり, 個人的に
も父が造船所の蒸気機関の組立工であったことと無関係ではないだろう。
みすぼらしい通りの物語
にはドックの荷役人夫やガス製造工場の労働者
は登場しないが, 同様の肉体労働に従事するものとしては, 「ナパー殿
(‘Squire Napper’)」 の舗装工や, 「赤毛牛グループ (‘The Red Cow Group’)」
で市場の荷役作業やブックメーカーの使い走りをする男たちを挙げることがで
きる。 「三ラウンド (‘Three Rounds’)」 の 「日雇い仕事」 では食えず, 職業
的なボクサーになることを夢見る青年は下の階層とのボーダーラインにあると
言えるだろう。
1894 年の 「ある通り」 の加筆部分に現れた〈ある通り〉とスラムの間に存
在する二つ階層は 「ライザラント (‘Lizerunt’)」 に登場する。 というより,
おそらく加筆はこの作品のために行われたものだろう。 ある通り〉の一つ下
の階層に属するのが, 「洗濯物のしわ伸ばし (mangling)」 をするビルの母で
2
アーサー・モリスンのイースト・エンド三部作 (Ⅱ)
あり, やがてビルの妻となる 「ピクルス工場」 勤めのライザがスラムに最も近
い階層である。 二人の結婚式が行われた時, ライザの母は飲酒暴行で一カ月の
懲役に服している。 明らかに家並みが〈ある通り〉より下の階層に属すること
を示しているのが 「階段で (‘On the Stairs’)」 である。 窓にはひびが入り,
戸口に座った女たちが世間話をし, ある通り〉では一家族が二部屋を占めて
いるのに対して, ここでは一軒に八家族が暮らす。 ただし, モリスンは 「それ
にもかかわらず, それはスラムではなかった」 と書く。 主人公のカーティス夫
人が亡くなった息子のために立派な葬式をあげようとすることが示すように,
その住民にはまだ世間体を気にするある種の余裕が残っているからだろう。 た
とえ, その葬式の費用に, 息子の 「刺激剤」 としてポートワインを買うように
医者と医者の助手から施された金が使われるとしても。
2. 普通の人々〉の階層意識
みすぼらしい通りの物語
では, このように細分化された階層を背負った
住民たちの相互関係が重要なモチーフの一つとなる。 モリスンが描くイースト・
エンドの住民は, 階層的な差異に敏感で, しばしば激しい反応を示す。 平均的
な所得が低い地域にあっては, 小さな差が大きな意味を持つからである。
「ナパー殿」 では, 自分たちの階層から抜け出そうとする者に対する羨望と
ねたみが描かれる。 キャニング・タウンに住む舗装工のビル・ナパーは, オー
ストラリアに渡って一財産を築いた兄から 300 ポンドの遺産を相続するが, そ
のうわさはたちまちキャニング・タウンに広まり, 遺産の金額は途方もないも
のに膨張してゆく。 「偉ぶる」 つもりはないとキャニング・タウンにとどまり,
気前よく酒をおごるナパーは, 弁護士からの手紙に ‘W. Napper, Esq.’ とあっ
たことから ‘Squire Napper’ とおだてられる。 その一方で, 「おしゃれな地区」
に移りたいという思いが入れられず, 高価な衣服や装飾品を身に着けることに
3
アーサー・モリスンのイースト・エンド三部作 (Ⅱ)
満足を見出した妻は周囲の女たちの反感を買うことになる。
誰もが彼女に対して友好的であったわけではなく, 彼女の気取った態度が
気に入らない隣人に, 帽子を頭からむしり取られたことがあった。
(Morrison 1894, p. 238)
ヴィクトリア時代の小説でしばしば描かれる裕福な者に対する嫉妬は中産階級
に限られたものではなく, むしろ, まとまった富を手にすることが難しいイー
スト・エンドではより激しい形で現れるのである。
そして, 住民から自分たちとは決定的な違いがあると認識された者は孤立へ
と追いやられる。 「ガラス覆いの向こう側」 の舞台となるのは, 両側に三階建
てのテラス・ハウスが並ぶ 「イースト・エンドのどこにでもある通り」 だが,
通りの外れに小さな一軒家があり, そこに未亡人とその娘が越してくる。
さて, 一軒の家を自分たちだけで占有し, それを清潔に保ち, 戸口につっ
立っていることもなく, 裏の垣根越しに世間話をしたりすることもなく,
正面の窓にはいつも塵が払われたガラス覆いに入った蝋細工の果物が置か
れ, しかも, そこに住んでいるのが自分たちの職業を誰にも明かさない二
人の女性であるとすれば, その人たちはたちまち金持ちだと判断が下され,
そうした状況にふさわしい悪意と尊敬をもって扱われ, その一挙手一投足
が注目されることになる。 (p. 116)
パーキンズ夫人は商人の娘で, 亡夫は帆船時代の造船技師として羽振りが良い
時期があり, 中産階級に近い生活を経験したことがあることは確かだが, この
通りに住まなくてはならないこと自体がすでに家計が傾いていることを示して
いる。 しかし, 住民たちは自分たちとの差異にばかりに目を奪われ, 未亡人親
4
アーサー・モリスンのイースト・エンド三部作 (Ⅱ)
子の実情を想像することができない。
だが, 住民たちの冷たい視線が届かないところで, 親子の悲劇は進行してゆ
く。 母親が行っていた商人の娘相手の学校が失敗し, 娘がピアノの個人レッス
ンを始めると, 「それはパーキンズ家には, 他のものが持っていないピアノが
あると宣伝すること」 としかみなされない。 やがて, ピアノが売られ, 娘が近
所で買物をする姿が見られなくなった時にも, 「鼻持ちならない付き合いの悪
さ」 が非難されるばかりである。 娘が内職として安物のシャツの縫製を行って
いることが知れると, それは自分たちの生活を脅かす行為だと住民の一人が抗
議する。
そのニュースはたちまち通りに広がり, このように物持ちが持たざる者の
口からパンを奪うことは前代未聞の恥ずべきことであり, ただちに止めさ
せなければならないと意見が一致した。 (p. 121)
すでに前回示したように, モリスンは, 「ある通り」 において, イースト・エ
ンドでは階層ごとに女性に許される職業について暗黙の了解が存在することを
指摘している。 そうした暗黙の了解は, 需要に対する供給が圧倒的に少ない労
働市場において調整機能を果たしていた面があり, 「ガラス覆いの向こう側」
の住民たちは当然の権利を主張しているにすぎないとも言える。 いずれにせよ,
最後には, 未亡人と娘は, 家具から衣服まで一切の家財が売り払われた家の中
で, ボロと新聞紙に包まれて餓死しているのが発見される。 ここでも住民たち
は, 残されたガラス覆いをかぶせた蝋細工が滞っていた二週間の分の家賃に見
合うものかと心配するばかりである。
これとは反対に, ある通り〉の住民は, 自分たちの下とみなされる者にあ
からさまな拒否感を示すことがある。 「バウ橋へ (‘To Bow Bridge’)」 は, 不
特定多数の人々が乗り込む乗合馬車を舞台にして, イースト・エンドに暮らす
5
アーサー・モリスンのイースト・エンド三部作 (Ⅱ)
さまざまな人々の関係性を巧みに描いたスケッチである。 乗客の大部分は, 週
給を受け取る土曜日の夜を楽しむ酔客だ。 男たちが大騒ぎの挙句, 喧嘩を始め
る中, 女たちにも大声で話したり歌ったりするものもいれば, 席に割り込んで
眠りこけるものもいる。 労働者階級におけるアルコール消費の広がりを描いて
いる点でチャールズ・ディケンズの 「ジン・ショップ」 を思い出させる作品だ
が, モリスンは酔客以外の乗客も登場させる。 早めに馬車に乗り, 奥の席に着
いて騒ぎを避けようとする語り手である 「私」, 「静かな職工」, 「包みとバスケッ
トとキャベツを持った真面目そうな子連れの女」 にとって, 酔客は歓迎されざ
る隣人である。 特に, 子供連れの女は, 隣に座った売春婦に話しかけられても
終始無視することに徹する。 モリスンが売春婦を描くことは稀だが,
ゴウの子供
ジェイ
のポルと同様, この売春婦は子供に優しく, 小遣いをやっても良
いかと許可を求めるが, 母親は顔をそむけて答えようとしない。 「真面目そう
な子連れの女」 と売春婦はイースト・エンドという生活圏を共有していても,
両者の間には乗り越えられない社会的な壁が存在するのである。
3. 上昇志向と 「無知」
「バウ橋へ」 のようなスケッチ的な作品を除いて, みすぼらしい通りの物語
に収められた短編小説の大半が挫折や転落の物語である。 その背景には, イー
スト・エンドの人々は変わりえないというモリスンの深いペシミズムがあるが
(Keating 1971, p. 169), 挫折や転落の要因は作品によってさまざまである。
その一つは, ある通り〉の住民に内在する要因だ。 「商売」 では, 多くの造
船所があったテムズ川沿いのキュービット・タウンに住み, そこの造船所の一
つで鋳型工を務めるテッド・マンシーが, パブを営業していた伯父から 100 ポ
ンドを相続する。 造船所の作業時間記録係の娘だった妻が主導権を握るマンシー
家は, イースト・エンドの商業地区の一つだったブロムリーに移り, 「上品
6
アーサー・モリスンのイースト・エンド三部作 (Ⅱ)
(genteel)」 だからという理由で衣料品店を始める。 しかし, ほとんど客が来
ない日々が続き, 商売〉はたちまち破綻する。
この夫婦の挫折が, 商売〉の経験や知識がないことによることは明らかだ。
というより, 無知だからこそ, 多くもない元手で無謀な冒険に乗り出したので
ある。
100 ポンドの使い道が, 商売, つまり店を始め, 鋳型工と商売人を距てる
何段もの階段をひとっ飛びに駆け上がり, 社会的な地位を高めることにあ
ることは疑問の余地がなかった。 それで, マンシー家の人々はただちに商
売を始めた。 どの商売についてもまったく無知だったので, 好きなものを
勝手に選べば良かった。 (p. 157)
そして, 妻の無知によって始まった商売は, 夫の無知によって予想外の結末を
迎える。 造船所をやめて店を手伝っていた夫は, 最後の解決策として, 負債は
すべて自分が負い, 残った財産はすべて妻に譲渡する旨を間違いだらけの綴り
と文法でつづった 「法律文書 (legle dockerment)」 を置いて家を出る。 これ
が法律的に有効な文書であるかどうかは別にして, 負債が無くなったからといっ
て在庫品が売れるようになるはずがなく, 夫が残した銀の時計と指輪では新た
な商品の仕入れはおろか, 妻と二人の娘の生活費にも足りない。 夫の近視眼的
な自己犠牲は, かえって残された家族を路頭に迷わせる結果に終わるのである。
モリスンは, イースト・エンドにおける 「上昇志向」 の不毛さを論じた 「あ
る通り」 の一節を次のような激しい調子で結んでいる。
というのは, 無知は, ここの [ある通り] の住民の避けられない運命であ
るからだ。 彼らは何も見ず, 何も読まず, 何も考えない。 (p. 25)
7
アーサー・モリスンのイースト・エンド三部作 (Ⅱ)
モリスンの言う 「無知」 は, 読み書きなどの基礎的な教育の欠如や, 「劇場」,
「詩やロマンス」, 「ペニー小説」 などの教養に対する無関心に留まらない。 そ
れは〈ある通り〉の特徴とされる 「単調さ (monotony)」 (p. 16) に関係した
生きる姿勢の問題である。 モリスンは, ある通り〉の住民は, 卑近な日常的
な営みを毎日, 毎週繰り返しているにすぎないとする。 狭い日常的な世界に埋
没しているために, 「この通りでは, 外の世界の出来事が人々の注意をひくこ
とがない」。 したがって, 自分たちが住む地域で起きるストライキを別にして,
「党派の対立, 戦争や戦争の噂, 公の祝い事」 には関心がない。 弟や妹の子守
りしながら買物に出掛けた少女は, 「ベーコンの値段を, 人間が考えるべき最
も重要なものとみなしている」。 このような〈ある通り〉の住民にとって, 商
売や法律も 「外の世界」 に属するものである。 この意味で, 「商売」 は, 思い
がけない遺産によって 「外の世界」 に踏み込んでしまった者たちの挫折の物語
と言える。
これに対して, 「すべての家屋敷」 では無知とは言い切れない計画性を持っ
て老後に備える夫婦が描かれるが, ここでもモリスンはその計画を挫折させず
にはおかない。 造船所の旋盤工を務めるジャック・ランダルは, 家を一軒購入
し, 退職後はそこから得られる家賃で生活する計画を立てる。 モリスンは, 詳
細な数字を挙げながら, その一見完璧な計画を説明してゆく。 最初に必要とな
る費用は, 家の購入代金 220 ポンドと, 印紙代と弁護士費用の 10 ポンドで,
合計 230 ポンドになる。 自己資金が 30 ポンドあり, 残りは購入する家を担保
に住宅金融組合 (building society) からの融資を当てる。 返済は 12 年間毎
月 2 ポンド 4 シリング。 購入するのは家だけで土地は含まれないから, 年 3 ポ
ンドの地代を払うことが必要で, 毎年支払うべき金額は 27 ポンド 4 シリング
となる。 これに対して, 家賃収入は週 9 シリング, 年 23 ポンド 8 シリングに
なり, 差引き 3 ポンド 16 シリングが不足する。 しかし, それは週 18 ペンスに
すぎず, 節約すれば容易に捻出できる金額だ。 そして, 12 年の返済が終われ
8
アーサー・モリスンのイースト・エンド三部作 (Ⅱ)
ば, 家賃から地代を引いた年 20 ポンド余りの金が, 贅沢はできないが何不自
由ない老後の生活を保障してくれるはずだった。
しかし, 夫婦は 「各種税金と家の修繕費を完全に忘れて」 いた。 さらに, 計
画が成就するには, 旋盤工としての賃金と家賃収入が滞りなく入ってくること
が前提となる。 モリスンは, この前提を一人の労働運動家を登場させることに
よって打ち砕く。 ランダルの家を借りた労働運動家は家賃を踏み倒した上, 労
働者を扇動してしつこく家賃を求めるランダルに暴行を加えさせるのである。
重傷を負ったランダルは造船所での職を失い, 家を差し押さえられ, 自己資金
の 30 ポンドも戻ってこずに, 救貧院に入る。 現在の読者は労働運動家によっ
てランダルの生活設計が挫折してゆく過程に不自然さを感じるかもしれないが,
次章で示すように, 労働運動を社会的脅威とみなすモリスンにとって, それは
あらゆる企てが失敗することを運命づけられたイースト・エンドの不条理を象
徴するものなのだ。
ところで, 単調な日常生活への埋没とは, 言い換えれば, ある通り〉の住
民たちは変化しえないということだが,
みすぼらしい通りの物語
にはこれ
を物語の展開に応用したものがある。 その典型的なものが 「回心 (‘A Conversion’)」 だ。 主人公の小泥棒は, ふと立ち寄った非国教徒の集会所で, 伝道師
の熱狂的な説教によって 「感情のオルガズム」 を経験するが, 表に出た途端,
松葉杖で体を支えながら豚の足を売る老婆からわずかな売上げを奪う。 イース
ト・エンドにおける布教活動や慈善行為に懐疑的なモリスンらしい結末だが,
伝道師の側から見た布教の失敗は, 小泥棒の側から見れば変化しえなかったと
いうことにすぎない。
すでに触れた 「ナパー殿」 も, 変化しえない人々の物語の変形と見ることが
できる。 300 ポンドの遺産を受け取ったナパーが最初にすることは, パブの閉
店時間や休業日を気にせずいつでも飲めるようにとビールを一樽買うことだ。
妻には高価な衣装や装飾品を, 娘にはピアノを買い与えることはするは, 自分
9
アーサー・モリスンのイースト・エンド三部作 (Ⅱ)
自身はベッドの上で新聞を広げ, ビールとパイプ煙草を楽しめる 「特上の日曜
日」 が続けば十分だった。 投資や商売についても考えないわけではないが, 面
倒なことはしたくない。 それは, 遺産相続を担当した弁護士を最初から詐欺師
と決めつけ, 小切手や手形が信用できずに 300 ポンドを金貨で受け取るナパー
にとっては賢明な選択と言えるかもしれない。 ナパーが望んだのは, 自分が慣
れ親しんだ生活の枠組の中で最大限の贅沢をすることだった。 作品は, 300 ポ
ンドを使い果たしナパーが舗装工の仕事に戻ることを考えるところで終わる。
遺産はまったく無駄に費やされたが, ナパーにとってはいつもの日常生活が再
び始まるだけなのである。
4. 労働運動からスラムへ
イースト・エンドの人々に影響を与える唯一の 「外の世界」 の出来事とされ
るストライキは, モリスンにとって一部の労働者にしか恩恵をもたらさず, か
えって他の多くの労働者から仕事と賃金を奪う社会的な脅威だった。 「一文無
し」 は, 次のような一節で始まる。
ロンドン東部では, 人々はぶらぶらしているか, 通りを行進しているか,
待ち伏せて殴っているか, 食べ物が無くなった台所でわめいているかのど
れかだった。 大ストライキが荒れ狂う秋だからである。 ある一団の男たち
は, 十分な準備をし, ストライキをするよう命じられて, ストライキをし
た。 他の小さな一団の男たちは, 準備もないまま, 共感を示すためにスト
ライキをするよう命じられて, ストライキをした。 さらに別の一団は, 流
行だからとストライキをするよう命じられて, ストライキをした。 そして,
他の業種におけるストライキのために仕事を失い, 多くの労働者が解雇さ
れた。 (p. 65)
10
アーサー・モリスンのイースト・エンド三部作 (Ⅱ)
有力な労働組合に属する人々は, 組合からのスト手当やカンパによって, 飢え
ることなくストライキが行うことができる。 しかし, 「一文無し」 に登場する
三人の労働者は, 「他の業種」 のストライキのために失業し, 家族をロンドン
に残し, 職を求めてイングランド北部へ向かわねばならない。
モリスンが
みすぼらしい通りの物語
を書いた 3 年間は, 1889 年のドッ
ク労働者のストライキの成功によってイースト・エンドの労働組合運動が拡大
していった時期と重なっている (Inwood 1998, pp. 63536)。 したがって, モ
リスンがストライキや労働活動家を大きく取り上げていることに不思議はない
が, その扱い方は極めて特異だ。 この短編小説集で描かれる労働運動に携わる
者たちは, 例外なく, 他の労働者の犠牲の上に自己の利益をはかるペテン師と
して戯画化されるのである。 すでに触れた作品について言えば, 「あらゆる家
屋敷」 で家賃を踏み倒し, 労働者をけしかけて大家を襲撃させる労働活動家が
そうだ。 「ナパー殿」 にも, 1 時間 1 シリングで雇われ, 「禁酒運動」 から 「労
働者の権利」 に至るあらゆるテーマについて求められた立場から演説する 「雄
弁家」 が登場する。 この辻演説家は自称ジャーナリストとともに新聞出版の話
をナパーに持ちかけて遺産をだまし取ろうとするが, その意図を見抜かれて失
敗する。
ここで注目されるのは, ナパーの 「無知」 が雄弁家に対しては一種の武器と
して機能していることだ。 モリスンが描く労働運動家や辻演説家は, 言葉を操っ
て自己の利益のために他者を利用しようとするペテン師であるが, ある通り
の住民の狭い世界観は, 空疎な言葉を信じない現実感覚となって現れるのであ
る。 さらに, モリソンは, そうした言葉をもてあそぶ者たちに対して〈普通の
人々〉に暴力で反撃させる。 「あらゆる家屋敷」 には, 家賃の支払いを拒む労
働運動家を夫が殴りつける場面がある。 ナパーに計画を見抜かれた辻演説家は,
夜陰にまぎれてナパーの家に忍び込み遺産を盗もうとするところを発見されて,
見るからに頑丈そうなブーツの一撃を頭にくらう。 モリスンの作品には, ボク
11
アーサー・モリスンのイースト・エンド三部作 (Ⅱ)
シングを含めて殴る行為を描いたものが少なくない。 「三ラウンド」 はボクシ
ングで身を立てようとする青年の物語であり,
ジェイゴウの子供
にはスラ
ムのグループ抗争をそれぞれの代表者の殴り合いで決着をつける場面がある。
ロンドン市街へ
の主人公の少年は, 自ら働く意志がなく未亡人の母に寄生
しようとする男をボクシングを習って打ちのめし, しかもその少年の行為は明
らかに肯定的に描かれている。 言葉が欺瞞的に利用されることがあるのに対し
て, 殴るという行為は嘘のない直接的な意志表示である。 モリスンの作品には
家庭内暴力の場面も多く, そうしたものまで肯定的に描かれているということ
ではないが, 不正に対して言葉で対抗できない者たちの対抗手段として暴力が
容認されていることは言えるだろう。
こうしたイースト・エンドの活動家の言葉の空疎さと〈普通の人々〉の現実
感覚の対比が最も鮮明に現れているのが 「赤毛牛グループ」 である。 この作品
は, 1894 年 2 月にグリニッジ天文台を爆破しようとした無政府主義者が爆死
した事件のパロディーといえるもので, 駆け出しの無政府主義者が, 「赤毛牛
(the Red Cow)」 と呼ばれるパブにたむろする男たちを洗脳して, ガス製造
所を爆破させようとする。 「社会問題」 など話題にしたことがない男たちは,
初めのうちは無政府主義者の 「講義」 にも馬耳東風だが, 爆弾製造の話には興
味をかきたてられ, すぐさまガス製造所爆破の準備に取り掛かる。 しかし,
「指導者」 である無政府主義者が実行には参加しないことを知ると, 男たちは
自分たちが利用されているにすぎないことに気づいて, 復讐を企てる。 決行の
晩, 男たちは無政府主義者をガスタンクの足に縛り付け, 爆弾の導火線に火を
付けてから逃げ出す。 しかし, 爆薬が仕込まれているはずの缶に入っていたの
は爆竹で, 無政府主義者は爆発音を聞いて駆け付けた警官に訳のわからないこ
とを口走る酔っ払いとして逮捕されるのである。
「集会やデモ」 に興味を示すもう一人の人物が 「ライザラント」 のビリーで
あるが, 彼の場合は労働運動家や辻演説家とは決定的な違いがある。 経済的に
12
アーサー・モリスンのイースト・エンド三部作 (Ⅱ)
他者に寄生する〈働かざる者〉である点は共通しているが, ビリーは寡黙であ
り, 言葉よりも暴力によって母や妻から金を得ようとし, この点では
ゴウの子供
ジェイ
に描かれるスラムの住人に近い。 ただし, 「ライザラント」 に描
かれる世界はスラムではない。 すでに触れたように, ビリーの母は 「洗濯物の
しわのばし」 をし, 妻のライザは 「ピクルス工場」 に勤めていので, ある通
り〉とスラムの間に位置する階層だ。 ビリーが妻に売春を強要するところで作
品が終わることを考えると, スラムとの境界線上にある人々がスラムへと転落
してゆく物語と見るべきだろう。
実際, 「ライザラント」 は, 作品の展開についても転落を強調する構成がと
られている。 30 ページを超える
みすぼらしい通りの物語
で最も長いこの
作品は, 3 章に分けられ, それぞれ 「ライザの求婚」, 「ライザの最初の子供」,
「状況の変化」 という章題が付けられる。 これらの章題は, 字義的にはビリー
とライザの結婚, 第一子の誕生, 第三子の誕生と母の死という, どこにでもあ
りうる人生の軌跡を表しているにすぎない。 しかし, それは, 貧困という状況
と搾取者としてのビリーの存在のためにスラムへの転落物語へと変貌する。 ビ
リーにとって, 結婚はライザがピクルス工場から得る賃金を自分のものにする
ことであり, 第一子の妊娠と誕生はライザの収入がなくなるだけでなく, さら
に子供にかかる出費のために自分の収入が減ることを意味した。 そして, ライ
ザが三人の子供を抱えて勤めに出ることができない状況で母が亡くなることは,
洗濯物のしわ伸ばしから得られるわずかな手間賃も失われ, 収入源が完全に閉
ざされることにほかならない。 ビリーに考えられる唯一の打開策は, 妻に売春
を行わせることだった。
この先にあるのは
かし, モリスンは
ジェイゴウの子供
に描かれるスラムの世界である。 し
みすぼらしい通りの物語
においてスラムへの入り口を暗
示してはいても, スラムを正面から取り上げることはしなかった。 モリスンが
みすぼらしい通りの物語
で提示しようとしたのはイースト・エンドの 「全
13
アーサー・モリスンのイースト・エンド三部作 (Ⅱ)
貌」 ではなく, その中間層であり, その点では十分評価に値する作品と言える
だろう。
参考文献
Inwood, Stephen. 1998. A History of London. London : Macmillan.
Keating, P. J. 1971. The Working-Classes in Victorian Fiction. London : Routledge
& Kegan Paul.
Morrison, Arthur. 1894. Tales of Mean Streets. London : Methuen.
14
Fly UP