...

東北地区大学図書館協議会 H23年度フレッシュ・パーソンセミナー 大学

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

東北地区大学図書館協議会 H23年度フレッシュ・パーソンセミナー 大学
東北地区大学図書館協議会
平成23年度フレッシュ・パーソン・セミナー
大学図書館の役割と課題
八戸大学・八戸短期大学図書館
司 書 小松良重
◆ 本日の内容
1.大学図書館の法的根拠
2.大学図書館の指針となるもの
3.大学図書館の役割(任務)
4.大学図書館の抱える問題点
5.新たな大学図書館の役割
6.これからの大学図書の課題
1.大学図書館の法的根拠
○国立大学の場合
「国立学校設置法」
(昭和24年5月31日法律第150号)第6条
「国立学校設置法施行規則」
(昭和39年4月1日文部省令第11号)
○公立大学の場合
各地方自治体の条例の中で規定
○私立大学の場合
「学校教育法施行規則」
(昭和22年5月23日文部省令第11号)
「大学設置基準」 ⇒ すべての大学に適用
(昭和31年10月22日文部省令第28号)
(1)大学設置基準とは
「大学を設置するのに必要な最低の基準」(第1条
第2項)であり、「その水準の向上を図る」(第1条
第3項)ことを明確に求めている
⇒ 大学図書館の必須条件となる座席数や図書・学術
雑誌の冊数・種類数が具体的に定められていた
※時代(社会)の変化により大学を取り巻く環境が
大きく変化したことにより見直された
1990年代に「大学改革」が本格的にスタート
⇒ 「大学設置基準」の大綱化(1991年)
(2) 大学設置基準の大綱化とは
「大学設置基準の一部を改正する省令」
(平成3年(1991年)文部省令第24号)
「個々の大学が、その教育理念・目的に基づき、
学術の進展や社会の要請に適切に対応しつつ、
特色ある教育研究を展開し得るよう、大学設置
基準の大綱化により制度の弾力化を図る」
⇒ 図書・学術雑誌の冊数・種類数についての
規定を廃止し、学部の種類や規模などに応じ
て、必要な資料を系統的に備えるように改正
された
2.大学図書館の指針となるもの
その1
計画要項・要綱・基準 等
• 「大学図書館施設計画要項」(文部省管理局教
育施設部 1966年3月)、
• 「国立大学図書館改善要項及びその解説」(国
立大学図書館改善研究委員会昭和28年1月)、
• 「私立大学図書館改善要綱」(昭和31年私立大
学図書館協会)
• 「大学図書館基準」(大学基準協会 昭和27年6
月17日 昭和57年5月18日改正)
⇒ 望ましい大学図書館について言及
その2 審議会の答申・建議・報告等 1
①「大学図書館機能の強化・高度化の推進につい
て」
(平成5年12月16日 学術審議会学術情報資
料分科会学術情報部会報告)
②「大学図書館における電子図書館的機能の充
実・強化について」(平成8年7月29日 学術審
議会建議)
③「学術情報データベースの整備について」
(平成9年12月17日 学術審議会学術情報資
料分科会学術情報部会報告)
その2 審議会の答申・建議・報告等 2
④「情報学研究の推進方策について」
(平成10年1月14日 学術審議会建議)
⑤「21世紀の大学像と今後の改革方策について
-競争的環境の中で個性が輝く大学-」
(平成10年10月26日 大学審議会答申)
⑥学術情報基盤の今後の在り方について(報告)
(平成18年3月23日科学技術・学術審議会学術分
科会研究環境基盤部会学術情報基盤作業部会)
「大学図書館基準」から見る
3.大学図書館の機能とその業務
(1)大学図書館は,大学の研究・教育に不可欠
な図書館資料を効率的に収集・組織・保管し,
利用者の研究・教育・学習等のための利用要
求に対し,これを効果的に提供することを主要
な機能とする。この機能を発揮するためには,
(2)~(6)の諸点について格段の配慮をすると
ともに,その業務の改善を図るための研究・開
発機能を併せもたなければならない。
役割を果たすために行う業務
その1
◆図書館の業務計画・運営企画・予算計画
(2)大学図書館は,現在および将来の研究計画
を促進するのに十分な規模・内容であり,かつ
学習・教育上の要求に応じうる調和のとれた
蔵書を計画的に構築するために,一定の方針
のもとに図書館資料の脱漏のない収集に努め
なければならない。
⇒ ①適切な学習・研究環境・設備の提供
②適切な蔵書構成の構築
③運営計画・集書方針の策定
④適切な運営経費・資料費の確保
役割を果たすために行う業務
その2
◆資料収集・資料選定
(3)図書館資料の選択にあたっては,収集体制を
確立し,利用者の積極的な協力を得るとともに,
その要望をきく方途を講じなければならない。
⇒ ①選書方針・ガイドライン・要綱の策定
②図書選定組織(委員会等)の確立
③教員へのアンケート
④研究費購入図書の窓口
⑤学生からのリクエスト
⑥日々のカウンター業務で利用者のニーズを把握
⑦シラバスの把握(テキスト・参考文献・指定図書)
役割を果たすために行う業務 その3
◆資料の組織化・目録整備
(4)図書館資料の多面的かつ迅速な検索を可能
にするために,全国的もしくは国際的な書誌
事業の成果を活用し,整理業務の能率化・標
準化を図るとともに,迅速・的確な処理に努め
なければならない。
⇒ ①OPACや各種書誌・索引の整備
②NACSIS-CAT/ILLの整備
(大学図書館所蔵目録データベース)
役割を果たすために行う業務 その4
◆利用者サービス・レファレンス・利用指導
(5)図書館資料の利用が効果的に行われるよう
閲覧・貸出し業務のほか,参考調査業務,
その他のサービス業務によって,個人ならびに
グループの利用者からの要求に迅速・的確に
応じなければならない。
⇒ 利用者サービスのために大学図書館の
職員がなすべき業務は・・・
「利用者サービス」のために
大学図書館職員がなすべき主な業務
①利用案内・OPAC操作マニュアル等の作成
②利用指導(リテラシー指導)の実施
③パスファインダーの作成・構築
④学術データベースの導入・充実
⑤教員研究内容・業績等の把握
⑥シラバスの把握・理解
⑦カリキュラムと蔵書構成の把握
⇒教員との連携・協力が不可欠
他の図書館(員)との相互協力(協働・ 分担)
が重要
役割を果たすために行う業務 その5
◆資料の保存・保管・廃棄
(6)大学図書館は,絶えず変化しつつある
利用者の要求をふまえ,常にその蔵書
を適切に維持管理し,かつその利用の
機会を最大限に確保しなければならない。
⇒ ①資料の製本・保存・交換・リサイクル・廃棄
②資料の適切な配架(場所・方法)
③利用者への効果的な展示の工夫
④紙から電子化への移行・変換
⑤機関リポジトリの開設
⑥保存スペースの確保
4.大学図書館の抱える問題点
• 「学術情報基盤の今後の在り方について」
(報告)
(平成18年3月23日 科学技術・学術審議会学術
分科会 研究環境基盤部会 学術情報基盤作業
部会)
⇒ 現在の大学図書館の問題点と今後の
あり方(図書館の目指す方向)について
述べられている
(1)報告で指摘されている問題点
1.大学図書館の財政基盤が不安定
・電子ジャーナルの価格高騰や財政状況の
悪化で安定的な投資ができていない
2.電子化への対応の遅れ
・電子化を進めるも、長所を生かしきっていない
3.体系的な資料の収集・保存が困難
・基盤的経費の減尐、収蔵スペースの狭隘化
・資料保存のための環境が未整備
4.目録所在情報サービスの問題点
・共同開発・維持意識の薄れや担当者の削減
とスキルの低下により書誌レコード重複や雑
誌所蔵データ未更新による雑誌目録データ
の品質低下等
5.図書館サービスの問題点
・司書の専門性が不十分
・情報リテラシー教育の位置づけが不十分
(2)問題の原因と図書館への要求の変化
•
•
•
•
•
尐子化による基盤的経費の削減による財政難
尐子化による学生の質が変化
大学での学び方が変化
情報化の進展により学術資料(情報)が変化
利用者の学術情報へのアクセス方法が変化
・ 大学図書館に求められるサービスが変化
・ 図書館職員に求められる専門性がより重視
5.新たな大学図書館の役割
「大学図書館の整備について」(審議のまとめ)
-変革する大学にあって
求められる大学図書館像-
(平成22年12月科学技術・学術審議会 学術分科会
研究環境基盤部会 学術情報基盤作業部会 )
⇒ これからの大学図書館のあるべき姿について
まとめられている
(1)大学図書館の基本的機能
大学図書館は、大学における学生の学習や
大学が行う高等教育及び学術研究活動全般
を支える重要な学術情報基盤の役割を有し
ており、大学の教育研究にとって不可欠な中
核を成す総合的な機能を担う機関の一つ
引用:大学図書館の整備について(審議のまとめ)-変革する大
学にあって求められる大学図書館像- 概要より
(平成22年12月 科学技術・学術審議会 学術分科会 研
究環境基盤部会 学術情報基盤作業部会)
(2)求められる新たな役割とは
1.学習支援及び教育活動への直接の関与
・学習支援
⇒ラーニング・コモンズ、大学図書館職員等に
よるレファレンスサービス、学習支援が重要
・教育活動への直接の関与
⇒情報リテラシー教育は、大学図書館が主体と
なって取り組む、カリキュラム開発や実施を教
員と協同して行う、図書館職員が教員を兼任し
直接授業を担当することも視野に入れるべき。
また、e-Learningへの貢献が期待される。
2. 研究活動に即した支援と知の生産への
貢献
⇒ ・学術雑誌、図書等研究を進めるうえで
必要な情報を確保
・教育研究成果の発信を実現し、知的生産
物の長期保存などを図るため、機関リポジ
トリは公開の迅速性を確保
3.コレクション構築と適切なナビゲーション
⇒ ・術図書等のコレクション構築においての
職員の役割強化、コンソーシアム連携に
よる電子ジャーナルの効率的な整備
4.他機関・地域等との連携並びに国際対応
⇒ ・学内の多様な組織との連携の他、学外の
関連機関との連携や公共図書館との連携、
外国の図書館との連携や職員交流
6.大学図書館の新たな課題
-利用者からの更なる要求(期待)に応えてー
•
•
•
•
•
運営費と資料費予算の確保
電子図書館機能の促進・充実
情報リテラシー教育、学習支サービスへの対応
書庫スペースの確保
人材の確保と育成への取組み
⇒ 新たな課題にどのように取り組むのか
教員との連携・協力、図書館職員の
協同が重要
◆さいごに
大学図書館の役割を果たすために必要な
能力・技能は?
①コミュニケーション力
③マネジメント力
⑤語学力
⑦司書の専門知識
⑨ホスピタリティ精神
②デザイン力
④リテラシー能力
⑥行動力
⑧指導力
⑩その他いろいろ
⇒ これからの高度な図書館業務をこなす
ためには、様々なスキルを磨こう!
参考文献一覧
・ 文部科学省HP 大学審議会答申・報告-概要-
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/gijiroku/030
52801/003/001.htm)
• 国立大学図書館の管理・運営に関するガイドブック(平成12年4
月 国立大学図書館協議会図書館組織・機構特別委員会)
• 「学術情報基盤の今後の在り方について」(報告)
(平成18年3月23日 科学技術・学術審議会学術分科会 研究環境基
盤部会 学術情報基盤作業部会)
• 大学図書館の整備について(審議のまとめ)-変革する大学に
あって求められる大学図書館像- 概要(平成22年12月 科学
技術・学術審議会 学術分科会 研究環境基盤部会 学術情報基
盤作業部会)
• 図書館法規基準総覧(武田英治責任編者 日本図書館協会,
1992)
Fly UP