...

病態治療論 4 癌の最新治療・癌と栄養

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

病態治療論 4 癌の最新治療・癌と栄養
病態治療論
4
癌の最新治療・癌と栄養
平成 22 年
小林正伸
I.がんの最新治療
1.最新の治療開発の状況
1)遺伝子治療
(現在も phase study が行われているが、今年の癌学会のシンポジウムの遺伝子治療のセッション
はなく、シンポジウム、一般演題含めて21演題(全演題数2258題)のみと演題そのものが
減少している。)
2)分子標的治療薬
(1)抗体
(2)低分子阻害剤
3)免疫療法
(現在、樹状細胞療法、ワクチン療法などの phase study が行われており、今年の癌学会でもシン
ポジウムに2つのセッションが設けられている。しかしながら学会での報告では SD 程度の効果
しか認められてはいない。)
2.現在日本で使われている分子標的治療薬
3.分子標的薬と抗がん剤の相違は?
分子標的薬
化学療法薬
・有望な標的分子の選択
・開発段階で標的分子不明
・in vitro アッセイ系でスクリーニング
・培養細胞系で殺細胞効果スクリーニング
・in silico スクリーニング併用
・作用機序は後から解明
・腫瘍細胞特異的―少ない副作用を期待
・天然化合物やその誘導体(半合成)が多い
・化学療法薬には見られない新たな副作用
・正常細胞にも毒性―副作用(有害事象)は前提
1
4.分子標的薬の命名法
[名前の最後につく文字]
●マブ(mab)=モノクローナル抗体
例:トラスツズマブ,ベバシズマブ
●イブ(ib)=インヒビター(阻害薬),小分子薬
例:ゲフィチニブ
[マブ(mab)の前につく文字]
●mo=マウスの抗体の意
●xi=異なった遺伝子型が混在するキメラ抗体の意
例:リツキシマブ,セツキシマブ
●zu=ヒト化抗体の意
例:トラスツズマブ,ベバシズマブ
●nu=完全ヒト型抗体
例:パニツムマブ
●tu(m)=腫瘍を標的にしている薬に付く
例:トラスツズマブ
5.慢性骨髄性白血病
1)旧来の治療法とグリベックの比較
2)グリベックの驚異的成績
2
3)Ph1 陽性急性リンパ性白血病に対するグリベック
4)CML に対する治療戦略
3
5)グリベック耐性の機序
6)第 2 世代 BCR-ABL 阻害剤
7)新しい CML 治療薬
4
6.多発性骨髄腫
1)多発性骨髄腫の経過と治療
2)骨髄腫治療におけるサリドマイド
3)ベルケイドの機序
5
4)ベルケイドの効果
7.イレッサ
1)イレッサ年表
2)イレッサの光と影
6
3)年度別間質性肺炎の発症
4)各種抗がん剤の間質性肺炎発症頻度
5)人種とイレッサ
7
6)タルセバの効果
7)EGFR Inhibitor 治療の患者選択
8.腎癌
1)腎癌に対するソラフェニブの効果
8
2)ソラフェニブのメカニズム
9.悪性リンパ腫
1)悪性リンパ腫と分子標的薬
2)リツキサン
9
10.大腸がんと分子標的薬アバスチン
1)特徴
(1)血管新生阻害剤
(2)モノクローナル抗体
(3)投与量は 5mg/kg、10mg/kg
(4)単剤では無効で、化学療法に上乗せ
(5)奏効率は 10%、奏効期間は 6 カ月延長
(6)副作用は高血圧が多い
(7)重篤な血栓症、消化管穿孔(1%)に注意
(8)第 1、第 2 次治療で用いる
2)大腸がんに対するアバスチンの効果
3)アバスチンのメカニズム
10
4)大腸がんに置ける化学療法の進歩
11.乳がん
11
II.Cachexia
1.カヘキシア
2.癌の進展に伴うエネルギー消費量の低下
3.悪液質に対する栄養管理
12
4.カヘキシアに用いられる薬剤
1)プロゲストロン製剤
複数の研究が食欲刺激活性および体重増加活性を報告している。体重増加の身体組成では、体
脂肪貯蔵量の増加が示されている。800mg/日を超える用量での血栓塞栓のリスク増加が明らか
な傾向である。
2)グルココルチコイド
食欲刺激の機序は不明であるが、抗炎症性および多幸性の活性が関係している可能性が示唆さ
れている。
3)カンナビノイド
有効性は明確ではない。
4)抗ヒスタミン薬
比較試験では効果が実証されていない。
5)抗欝薬
ルーチンの使用を支持する根拠はない。
6)蛋白同化薬
5.カヘキシアに対するグレリン
6.経口摂取低下に対する緩和ケア
13
14
Fly UP