...

ユーザーズガイド

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

ユーザーズガイド
Ultinamer
■ Ultinamer
Version 1.2 User’s guide
Version 1.2 User’s guide
Contents
1. 機能概要 ........................................................................................................................3
2. 起動方法 ........................................................................................................................3
3. 操作方法 ........................................................................................................................4
(1) メイン画面操作........................................................................................................................................... 4
① 基本的な操作手順 ..................................................................................................................................... 4
② 検索オプション ........................................................................................................................................... 4
③ 置換ログ画面の操作................................................................................................................................... 5
(2) 検索する文字列・置換後の文字列の入力例................................................................................................. 6
① 通常の文字列置換の例.............................................................................................................................. 6
② 正規表現を使用した例 ............................................................................................................................... 6
③ タグ表現付き置換を使用した例................................................................................................................... 6
④ 連番埋め込みを行う例................................................................................................................................ 6
⑤ 日付埋め込みを行う例................................................................................................................................ 6
(3) 正規表現の規則......................................................................................................................................... 7
(4) タグ表現付き置換の使い方 ......................................................................................................................... 9
(5) 連番埋め込みの使い方 ............................................................................................................................ 10
(6) 日付埋め込みの使い方 ............................................................................................................................ 10
(7) ツールバー操作 ........................................................................................................................................11
(8) メニュー操作 ............................................................................................................................................ 12
① ファイル.................................................................................................................................................... 12
② 表示 ........................................................................................................................................................ 13
③ ヘルプ ..................................................................................................................................................... 13
(9) 応用編..................................................................................................................................................... 13
① ダウンロードファイル名の統一例 ............................................................................................................... 13
② 特定の拡張子のファイルのみを対象とし、置換後も元の拡張子を残したい.................................................. 13
③ 検索する文字列・置換後の文字列の履歴 ................................................................................................. 13
4. 動作環境 ......................................................................................................................14
Copyright© 2006 Otaka 2/18
1/15
Ultinamer
Version 1.2 User’s guide
5. ご利用に際しての留意事項 ...........................................................................................15
(1) 注意点..................................................................................................................................................... 15
(2) 再配布について ....................................................................................................................................... 15
(3) 連絡先..................................................................................................................................................... 15
(4) 開発へのご協力について.......................................................................................................................... 15
(5) 謝辞 ........................................................................................................................................................ 15
6. 改訂履歴 ......................................................................................................................15
Copyright© 2006 Otaka 2/18
2/15
Ultinamer
Version 1.2 User’s guide
1.機能概要
Ultinamer はファイル名変更ソフトです。次のような機能があります。
①ファイル検索条件に正規表現を使用することが可能
②ファイル名を変換する際に、タグ表現付き置換を用いることで多彩な変更ルールを指定可能
③連番やシステム日付を自動的にファイル名に埋め込む指定が可能
④一括変換以外にもファイル名・フォルダ名を個別に編集することが可能
これらの機能を応用して、各所からダウンロードしたファイル名を統一感のあるものに一括で置換し
たり、デジカメ画像ファイルの整理をするなど様々な使い道があると思います。
2.起動方法
スタートメニューのアイコンをクリックするか、エクスプローラ等から ULTN.exe をダブルクリックすれ
ば起動します。
Copyright© 2006 Otaka 2/18
3/15
Ultinamer
Version 1.2 User’s guide
3.操作方法
起動すると以下のようなメイン画面が表示されます。
(1)メイン画面操作
①基本的な操作手順
i)左上のフォルダツリーでファイル名変更処理を行うフォルダを指定します。
ii)検索する文字列と置換後の文字列を入力します。
iii)検索開始ボタンをクリックすると、検索処理が実行され、変更前、変更後のリストが表示されます。
内容を確認し、置換実行ボタンをクリックすると、実際に置換処理が実行されます。
②検索オプション
(a) サブフォルダも検索対象とする
チェックボックスをオンにすると、指定されたフォルダ配下の全フォルダのファイルが検索/置換の
対象となります。
(b) フォルダ名も置換する
チェックボックスをオンにすると、検索条件に合致したフォルダ名もリネームの対象となります。
(c) 大文字と小文字を区別する
チェックボックスをオフにすると、大文字小文字の区別が無視されます。
ただし、大文字小文字が無視されるのは、正規表現の中で限定的に英字を指定した部分だけで
す。[ ]で囲んだキャラクタクラスでは、大文字小文字が区別されます。
例)abc[DEF]* という正規表現を大文字と小文字を区別しない条件で検索した場合:
ABCDEF ・・・・ match
abcF
・・・・ match
Copyright© 2006 Otaka 2/18
4/15
Ultinamer
abC
abcd
ABCd
Version 1.2 User’s guide
・・・・ match
・・・・ no match
・・・・ no match
(d) 連番桁数
連番桁数は 1~10 桁まで指定できます。連番の数値がこの桁数に満たない場合は先頭に 0 が付
加され、連番の数値がこの桁数より大きい場合は無視されます(指定の桁数固定でオール 9→オ
ール 0 に戻るわけではありません)。
(e) 連番初期値
連番の初期値を指定します。
(f) 検索開始ボタン
検索処理を実行します。検索中はステータスバーに検索処理中のフォルダ名が表示されます。
検索結果は置換ログ画面に表示されます。
(g) 検索中断ボタン
実行中の検索・置換処理を中断します。
③置換ログ画面の操作
(a) 置換実行ボタン
リストの内容に従って、置換処理を実行します。
リストのチェックボックスをオンにすると、その行は処理対象外になります。
置換処理が成功したかどうかは処理結果の列に表示されます。
(b) Undo ボタン
置換処理を行う前の状態に戻します。
置換処理が成功したもののみが対象となります。ただし、フォルダ名変更の処理順序等の理由によ
り必ずしも Undo が成功するとは限りませんのでご注意ください。
(c) ログ保存ボタン
ロ グ の 内 容 を CSV フ ァ イ ル に 出 力 し ま す 。 フ ァ イ ル 名 は イ ン ス ト ー ル 先 フ ォ ル ダ 配 下 の
ULTN.LOG です。
Copyright© 2006 Otaka 2/18
5/15
Ultinamer
Version 1.2 User’s guide
(2)検索する文字列・置換後の文字列の入力例
何はともあれ以下の入力例を見てもらえればおおよその使い方がイメージできると思います。
①通常の文字列置換の例
検索文字列:def
置換後の文字列:あいう
と指定した場合以下の様に置換されます。
abcdefghi.txt → abc あいう ghi.txt
②正規表現を使用した例
検索文字列:d[a-z]f
置換後の文字列:あいう
と指定した場合以下の様に置換されます。
abcdefghi.txt → abc あいう ghi.txt
③タグ表現付き置換を使用した例
検索文字列:abc〓[d-f]+〓ghi〓.* 置換後の文字列:&2 あいう&0&3
と指定した場合以下の様に置換されます。
abcdefghi.txt → ghi あいう abc.txt
④連番埋め込みを行う例
検索文字列:def
置換後の文字列:あい?n うえ連番桁数:3
と指定した場合以下の様に置換されます。
abcdefghi.txt → abc あい 001 うえ ghi.txt
(1 番目のファイルの場合)
⑤日付埋め込みを行う例
検索文字列:def
置換後の文字列:あ?y い?m う?d え
と指定した場合以下の様に置換されます。
abcdefghi.txt → abc あ 2005 い 08 う 06 え ghi.txt
(システム日付が 2005 年 8 月 6 日の場合)
Copyright© 2006 Otaka 2/18
6/15
Ultinamer
Version 1.2 User’s guide
(3)正規表現の規則
本ソフトで使える正規表現の規則について説明します。
(a) 文字そのもの
メタキャラクタ(正規表現で意味を持たされている文字)以外の文字は、通常の文字を表します。
例) abc
文字列 'abc' にマッチします。
(b) '\' によるメタキャラクタの意味の打ち消し
例) \+, \|, \\
それぞれ文字 '+', '|', '\' にマッチします。
(c) '\' によるエスケープシーケンス
エスケープシーケンス
意味
対応する文字コード
\b
Back space
08
\r
Carriage return
0A
\n
Line feed
0D
\t
Tab
09
\xhhhh
h は 16 進数。1~4 桁まで、2 バイト文字も指定
可能
\oooooo
o は 8 進数。1~6 桁まで、2 バイト文字も指定
可能。
\b、\r、\n、\t はファイル名には使用できない文字なので指定する意味がありませんが、誤入力し
た際には上記ルールに基づいて動作するということで目安にしてください。
(d) '.' によって任意の1文字(2バイト文字含む)を表す
※復帰 (CR)0d、改行 (LF)0a にはマッチしません。
例) 正規表現 'a.b' は、'aab', 'azb', 'abb', 'a 全 b' ... などにマッチします。
(e) 文頭を表すメタキャラクタ '^'
検索対象テキストの文頭にマッチします。
(※1文字目を表す位置以外では、通常の文字 '^' として扱われます。)
例)
○ ^abc
○ (xyz|^ABC)
× A^BC
文頭の 'abc' にマッチします。
'xyz' または、文頭の 'ABC' にマッチします。
'A^BC' にマッチします。文頭を表すメタキャラクタとしては解釈されませ
ん。
(f) 文尾を表すメタキャラクタ '$'
検索対象テキストの文尾にマッチします。
(※最後尾を表す位置以外では、通常の文字 '$' として扱われます。)
例)
○ abc$
○ (xyz$|^ABC)
× A$BC
文尾の 'abc' にマッチします。
文尾の 'xyz' または、文頭の'ABC'にマッチします。
'A$BC' にマッチします。文尾を表すメタキャラクタとしては解釈されませ
ん。
(g) キャラクタクラス
'[' と ']' に挟まれた文字のどれか1文字にマッチします。
例)[abc]
'a' または 'b' または 'c' にマッチします。
'-' による範囲指定も可能です。
例) [0-90-9]
Copyright© 2006 Otaka 2/18
半角、全角の数字1文字にマッチします。
7/15
Ultinamer
Version 1.2 User’s guide
(h) 補キャラクタクラス
'[' と ']' に挟まれた文字以外の文字1字にマッチします。
例) [^いろは]
'い', 'ろ', 'は' 以外の1文字にマッチします。
'-' による範囲指定も可能です。
例) [^a-zA-Z]
(i) 連結
XY
半角アルファベット以外の1文字にマッチします。
連続している正規表現 XY にマッチします。
(j) 選択
X|Y 正規表現 X または 正規表現 Y にマッチします。
(k) 0 回以上の繰り返し
X*
例) a* は '', 'a', 'aa', 'aaa', ... にマッチします。
(l) 1 回以上の繰り返し
X+
例) a+ は 'a', 'aa', 'aaa', 'aaaa', ... にマッチします。
(m) 「ある」か「ない」かの指定
X?
例) a? は '', 'a' にマッチします。
(n) 括弧による解釈の優先順位指定
(X)
例) (abc)+ は 'abc', 'abcabc', ... にマッチします。
(o) ヌル正規表現
()
例) (X|) は X? と等価の意味を持つ。
(p) メタキャラクタ
これまでの説明に登場した下記の文字は、特別の意味を持っています。
文字
ASCII コード
意味
$
24
文尾
(
28
優先順位
)
29
〃
*
2A
0 回以上の繰り返し
+
2B
1 回以上の繰り返し
.
2E
任意の 1 文字($0A、$0D は除く)
?
3F
直前の文字が「ある」か「ない」
[
5B
キャラクタクラス
\
5C
メタキャラクタの意味の打ち消し
]
5D
キャラクタクラス
^
5E
文頭
|
7C
選択(「または」)
Copyright© 2006 Otaka 2/18
8/15
Ultinamer
Version 1.2 User’s guide
(4)タグ表現付き置換の使い方
“タグ表現付き置換”とは、置換対象文字列の指定の中に“タグ”を組み込んで、置換対象としてマ
ッチした文字列の一部分を、置換後の文字列の中で引用できるようになっている文字列置換のこと
です。
標準の「タグ区切り文字」である '〓' (シフト JIS = 81AC は、MS-IME では「きごう」という読みで変
換できます。別の適切な読みを付けてかな漢字変換のユーザー辞書に登録しておくと便利です。
基本的な使い方は以下の通りです。
z 検索する正規表現文字列を 〓 でパートに分割する。
z 置換後の文字列の中で各パートを先頭から &0、&1、&2、... &9 として参照する。
例) 検索文字列:abc〓[あ-ん]+〓xyz
置換後の文字列:&2-&1-&0
と指定した場合以下のように置換されます。
abc かきくけこ xyz
→
xyz-かきくけこ-abc
&0、&1 などは、何回でも参照できます。
分割できるパートの最大数は 10 個。つまり「〓」は 9 つまで指定できます。
〓 で分割された各パートは、それぞれが正規表現として正しい表記になっていなければなりませ
ん。
例) [a-zA-Z]+〓[ぁ-ん]+
[a-z〓A-Z]+〓[ぁ-ん]+
これは有効
これは無効。
また、各パートはなるべく限定的な文字列にマッチする表記にする必要があります。たとえば、'.*'
や '.+' など、どんな文字列にもマッチする表記が多く含まれていると、結果が予想通りにならない
ことがあるので注意が必要です。
例)
[a-zA-Z]+〓.+〓[a-zA-Z]+ この表記なら有効(英字列と英字列以外で分けられる)
[a-zA-Z]+〓.+〓.+〓[a-zA-Z]+ この表記は無効(エラーにはならないが、結果は予測でき
ない)
Copyright© 2006 Otaka 2/18
9/15
Ultinamer
Version 1.2 User’s guide
(5)連番埋め込みの使い方
ファイル名の任意の位置に連番を埋め込むことができます。
置換後の文字列の指定で’?n’を記述するとその位置に連番が挿入されます。
連番桁数は 1~10 桁まで指定できます。連番の数値がこの桁数に満たない場合は先頭に 0 が付
加され、連番の数値がこの桁数より大きい場合は無視されます(指定の桁数固定でオール 9→オ
ール 0 に戻るわけではありません)。
連番桁数に 3、初期値に 1 を指定した場合、連番は以下のようにカウントアップされます。
001、002、・・・・999、1000、1001・・・・
連番の付与される順番は一定ではありません。特にサブフォルダ配下も検索対象とした場合や、フ
ォルダ名も置換対象とした場合などは、どのフォルダが優先されるといったルールがあるわけでは
ないので、フォルダごとに体系付けて連番を付与したい場合は、サブフォルダの指定やフォルダ名
置換の指定は行わないことをお勧めします。
【使用例】
検索文字列:[a-zA-Z]+[0-9]*〓\..+$
置換後の文字列:あい?n うえ&1
連番桁数:3
連番初期値:1
と指定した場合以下の様な置換が行われます。
【置換前】abcdefghi.txt → 【置換後】あい 001 うえ.txt
【置換前】test0002.gif
→ 【置換後】あい 002 うえ.gif
【置換前】test0003.gif
→ 【置換後】あい 003 うえ.gif
【置換前】test0004.gif
→ 【置換後】あい 004 うえ.gif
…
【制限事項】
z 連番の最大値は 2,147,483,647 です。
z ’?n’の指定は 1 個までしかできません。つまり、2 個以上の連番を埋め込むことはできません。
(6)日付埋め込みの使い方
ファイル名の任意の位置にシステム日付を埋め込むことができます。
置換後の文字列の指定で、’?y’、’?m’、’?d’を記述すると、その位置にそれぞれ年(西暦 4 桁)、
月(2 桁)、日(2 桁)が挿入されます。
【使用例】
検索文字列:.*〓\..+$ 置換後の文字列:&0-?y?m?d&1
と指定した場合以下の様に置換されます。
abcdefghi.txt → abcdefghi-20050806.txt
(システム日付が 2005 年 8 月 6 日の場合)
【制限事項】
z ’?y’、’?m’、’?d’の指定はそれぞれ 1 個までしかできません。
Copyright© 2006 Otaka 2/18
10/15
Ultinamer
Version 1.2 User’s guide
(7)ツールバー操作
ボタン
(常にいずれか一
つが押された状態
になります)
動作内容
全ての画面をクローズし、Ultinamer を終了します。
メニューの[ファイル]→[終了]と同じです。
フォルダの新規作成、コピー、移動、削除、リネームができます。
メニューの[ファイル]→[フォルダ~]と同じです。
ファイルリストの表示形態を指定します。
左よりそれぞれ大きいアイコン、小さいアイコン、一覧、詳細になります。メニュ
ーで[表示]→[大きいアイコン]、[小さいアイコン]、[一覧]、[詳細]を選択したとき
と同じ動きになります。
アイコンは以下のような Ultinamer オリジナルのものが表示されます。
静止画像ファイル
MIDI ファイル
HTML ファイル
アイコンファイル
WAVE ファイル
カーソルファイル
テキストファイル
VIDEO ファイル
それ以外のファイル
押す度にフォルダのグラフィックがエクスプローラ風/MacOS 風に切り替わりま
す。
ファイルリストの内容を現在の最新状態に更新します。
メニューの[表示]→[最新の情報に更新]と同じです。
移動したフォルダの履歴からカレントフォルダを指定します。ボタンを押すと直前
に指定したフォルダに戻ります。
ドロップダウンリストから直前の 10 フォルダまで直接指定できます。
戻るボタンで戻った後に、指定フォルダを進めることができます。
Copyright© 2006 Otaka 2/18
11/15
Ultinamer
Version 1.2 User’s guide
(8)メニュー操作
①ファイル
メニュー項目
新規フォルダ
作成
動作内容
現在のフォルダ配下に新しいサブフォルダを作成します。
現在のフォルダをサブフォルダを含めコピーします。
コピー先のフォルダを入力するダイアログが表示されますので、直接キー入力する
か、フォルダツリーよりコピー先のフォルダを選択して下さい。
[新規フォルダ作成]ボタンをクリックすると新たなフォルダを作成することもできます。
フォルダコピー
フォルダ移動
フォルダ削除
フォルダリネー
ム
終了
Copyright© 2006 Otaka 2/18
現在のフォルダをサブフォルダを含め移動します。
ファイルコピーと同様に移動先フォルダの選択ダイアログが表示されます。
現在のフォルダをサブフォルダごと削除します。
現在のフォルダのリネームを行います。
フォルダ名入力ダイアログが表示されますので、新しいフォルダ名を入力して下さ
い。
全ての画面をクローズし、Ultinamer を終了します。
この際に画面位置、ファイルタイプ、コマンドリスト、参照フォルダの内容等が
ILTN.INI に保存されます。次回起動時はこのとき保存された内容が有効になります。
12/15
Ultinamer
Version 1.2 User’s guide
②表示
メニュー項目
大きいアイコン
小さいアイコン
一覧
詳細
最新の情報に
更新
動作内容
ファイルリスト表示形態を切り替えます。
ファイルリストの内容を現在の最新状態に更新します。
③ヘルプ
メニュー項目
ユーザーズガ
イドの表示
作者ホームペ
ージの表示
寄付について
バージョン情報
動作内容
このファイルの表示を行います。
おにぎりプロジェクトのホームページを表示します。
最新版やβ版、他のソフトのダウンロード等が可能です。
開発を支援していただける方向けのホームページを表示します。
このソフトのバージョン番号が表示されます。
(9)応用編
本ソフトを使用した実践的な例を示します。
①ダウンロードファイル名の統一例
ファイル交換ソフトなどでダウンロードしたファイル名は、以下の例のように冒頭に分類を表す文字
列が様々に入っており、ファイル名でソートしにくいのが現状です。
(一般コミック) [作者名]作品名
【コミック】[作者名]作品名
(コミック雑誌)[作者名]作品名
[一般コミック・雑誌] [作者名]作品名
・・・・
これらを一括して以下の形式になるように冒頭の分類を削除するための指定方法の例を示します。
[作者名]作品名
検索する文字列:[\[[(【\(].*コミック(...|..|)[\]])】\)][
]?
↑
わかりにくいですが半角スペースと全角スペースが並んでいます
置換後の文字列:なし
②特定の拡張子のファイルのみを対象とし、置換後も元の拡張子を残したい
例えば拡張子が’mp3’のファイルの場合は以下の通りです。
検索する文字列:(各種検索条件)〓\.mp3$
置換後の文字列:(各種置換条件)&1
③検索する文字列・置換後の文字列の履歴
過去に入力した検索文字列・置換後文字列は最新の 100 件までが自動的に保持される仕様にな
っています。
この履歴はインストール先のフォルダ配下にそれぞれ UlSearch.txt、UlChange.txt というテキス
トファイルに保存されていますので、テキストエディタ等で編集することが可能です。
Copyright© 2006 Otaka 2/18
13/15
Ultinamer
Version 1.2 User’s guide
4.動作環境
Windows98 Second Edition 以降で動作します(推奨:WindowsXP)。
おにぎりプロジェクトの他のソフトをご利用の方は共有モジュールのバージョンを合わせるためにそ
れぞれ以下のバージョンをご使用下さい。
ソフト名
バージョン
Impression Gallery
2.xx
Impression Letter
1.xx
Wall Street
2.xx
Street Player
2.xx
Saver Shuffle
2.xx
Impression Gallery Next!
本ソフトは同時に使用できません
本ソフトは同時に使用できません
Impression Letter Next!
Impression Letter をご使用ください
本ソフトは同時に使用できません
MAGI BALTHASAR
Street Player をご使用ください
本ソフトは同時に使用できません
MAGI MELCHIOR
Saver Shuffle をご使用ください
本ソフトは同時に使用できません
MAGI CASPER
Wall Street をご使用ください
本ソフトは同時に使用できません
Coffee Break Excite!
Wall Street をご使用ください
本ソフトは同時に使用できません
Tea Break
Street Player をご使用ください
本ソフトは同時に使用できません
Night Break
Saver Shuffle をご使用ください
Copyright© 2006 Otaka 2/18
14/15
Ultinamer
Version 1.2 User’s guide
5.ご利用に際しての留意事項
(1)注意点
本プログラムはフリーウェアです。著作権は Otaka が保有します。
また、本プログラム使用におけるいかなる損害についても作者は責任を負いかねます。
特に大量ファイルの一括置換は操作を誤ると環境・データに多大な影響を及ぼす可能性がありま
すので、くれぐれもご注意ください。
(2)再配布について
配布はオリジナルの形のままで行うこと。プログラムの改変は一切禁止します。再配布の際には必
ずメールにて事前にご連絡下さい。
また、雑誌等に収録される際には必ず事前にご連絡をお願いいたします。
(3)連絡先
作者ホームページ:
http://otaka.la.coocan.jp/onigiri/
または http://www.vector.co.jp/authors/VA003128/
こちらでは常に最新版がダウンロードできます。また、β 版の配布や開発予定のアナウンスがされる
こともあります。
e-mail:
mailto:[email protected]
(4)開発へのご協力について
もし、本ソフトを気に入っていただけるようでしたら、楽天や amazon などのオンラインショッピングを
利用される際に、以下のサイトのリンクから入ってお買い物をしていただけると、ショッピングサイト
から作者のほうに紹介料が入る仕組みになっています。
http://otaka.la.coocan.jp/affiliate/
皆様には金銭的負担は一切ありませんので、ご協力いただければ幸いです。
(5)謝辞
本ソフトの正規表現による検索機能は T.Natori 氏作成による VB/VBA 用正規表現モジュール
(RegExTN2.DLL および RegExpModule2.bas)を用いて実装されています。
β 版のテストにご協力いただき、バグレポートやご要望等をお寄せ下さった全ての方々に感謝いた
します。
6.改訂履歴
Version
1.0
1.1
1.2
Copyright© 2006 Otaka 2/18
内容
新規リリース
入力チェックを追加
ログの表示をリストボックスに変更
ログの保存機能を追加
Undo 機能を追加
検索結果から個別に置換対象外を指定できる機能を追加
サイトのリンク先を変更
ファイルリスト表示性能向上
2GB 以上のファイルサイズが正しく表示されないバグを修正
サイトのリンク先を変更
インストール方法を変更
15/15
Fly UP