...

Web技術を利用したデータベースシステムによる業務効率化 (2)

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

Web技術を利用したデータベースシステムによる業務効率化 (2)
大分工業高等専門学校紀要
第 45 号
(平成 20 年 11 月)
Web技術を利用したデータベースシステムによる業務効率化 (2)
-
森廣
データベース構造とセキュリティシステム
-
雅道1・後藤
浩二3
由香利2・三宮
健太郎2・靏
1電気電子情報工学専攻(H19年度修了生),2制御情報工学科(H19年度卒業生),3制御情報工学科
動的にWebページを生成する技術であるASPとデータベースを連携させ,Webアプリケーションやデー
タベースの知識の無い人にも容易に管理できるデータ管理システムの設計及び製作を行っている.本報
告では,データ管理システムのデータベース構造の見直しを行い,拡張性に優れ,維持管理が簡単な構
造とした.また,システムのセキュリティを高めるために,認証システムとデータバックアップシステ
ムを導入した.このデータ管理システムを用いると,安全にWebブラウザ上から簡単にデータの更新や
閲覧を行うことができる.このデータ管理システムを使うことにより,企業内の情報を共有化すること
により,作業を効率化することができる.
キーワード : Webアプリケーション,データベース,認証,バックアップ
1. 序論
企業の情報システムを統合的に管理するために,データ
ースシステムを構築することができる.しかし,これらの
を効率よく運用することが重要視されている.一般的にデ
Webアプリケーションを使用したデータベースシステムを
ータを効率よく管理するためにはデータベースを使用す
製作するためには,Webアプリケーションやデータベース
ることが多く,実際に大企業ではデータベースシステムを
などの知識が必要となってくるため,データベース内のデ
使ってデータ管理を行っている.しかし,小規模の企業で
ータテーブルの変更を行いたい場合なども,ある程度のプ
は,このようなデータベースシステムを導入していないと
ログラミングの知識が必要である.
ころも多い.この理由として,まず,ハードウェアやソフ
我々は,このWebアプリケーションを使用したデータベ
トウェアなどの新規の設備に投資や人材をさく余裕が無
ースシステムを昭和環境システム株式会社(以下,昭和環
いことがあげられる1).また,データ管理システムを他の
境)と,H18年度から共同で検討を始め,H19年度から共同
企業に発注した場合,サーバ機器やソフト開発費用などに
研究を行っている.Webアプリケーションやデータベース
多くの費用がかかる.小規模の企業では,それだけの費用
の知識が無い人でも容易に,しかも安全にデータ管理を行
を捻出することは難しい.システムを他の企業に発注せず
えるシステム構築を目指して,ASP(Active Server Pages)4)
自社内で構築しようとしても,企業内にバージョンの違う
を用いたデータ管理システムの構築法の研究開発を行っ
複数のOSや様々なスペックのパソコン(PC)が混在してい
た.
るため,新たにソフトウェアを導入するだけでも多大なラ
本論文では,拡張性・保守性に優れたデータベース構造
イセンス料が必要になる.最後に,システムをメンテナン
やセキュリティの観点から導入した認証システム,バック
スするための人材確保が困難である.
アップシステムについて報告する.
そこで,このような問題を解決する方法として,現在で
はWebアプリケーションとデータベースを組み合わせてデ
2.製作システム
ータを管理する方法の利用が始まっている2,3).Webアプリ
2.1 WEBサーバ
ケーションは,Webブラウザーを入出力に用いるので,コ
昭和環境での業務を効率化するために,図-1のようなシ
ンピュータの経験が少ない人でも扱いやすく,また,シス
ステムの設計を行った5,6,7).このシステムは企業のネット
テムは大部分がフリーウェアで構築できるため,新たにソ
ワーク内にWebサーバを導入し,Webアプリケーションを使
フトウェアを購入する必要が無いというメリットがある.
用する.従業員は,データベース内のデータを,Webブラ
このWebアプリケーションを用いたデータ管理システムを
ウザを通してPCに表示させ閲覧することができる.また,
導入することによって,メンテナンス性に優れたデータベ
電子データ化されていない測定器からのデータに関して
―22―
大分工業高等専門学校紀要
第 45 号
(平成 20 年 11 月)
JScriptやVBScriptが使用される.今回のシステムでは
Excel データ
WindowsXP professionalに搭載されているIIS5.1で開発
(中央帳票)
を行った.IIS5.1にはTCPの同時接続台数に制限があるが,
Windows Server系のOSは高価であり,今回の実験は小規模
バックアップ
用 PC
サーバ用 PC
なシステムの開発を行うため,IIS5.1を使用した.またASP
でデータベースにアクセスするためにADO(ActiveX Data
Objects)を使用した.ADOはMicrosoft社が提供するデータ
VBA
DB
ベースにアクセスするためのソフトウェアで,ADOによっ
てプログラム言語が違っても共通の方法で様々なデータ
ベースにアクセスすることができる.さらに,ADOを使用
ASP
す る た め の 専 用 の ドラ イ バで あ る ODBC(Open DataBase
Connectivity)のMySQL用を使用した.ODBCドライバを使用
することによって,データベースが変わっても同じ方法で
Excel
ファイル
データベースを操作することができる.
Web
サーバ
2.2 データベース設計
2.2.1 基本データベース構造
データベースに登録するデータは,中央帳票のExcel形
式のデータと特定の従業員が直接入力を行うデータの二
つに分けられる.
中央帳票のデータは水処理データと汚泥処理データに
分けられ,どちらも1:00から24:00まで毎時間測定された
従業員用 PC
データと,その合計,平均,最大値,最小値で構成されて
おり,これらのデータは日報・月報・年報を作成するため
図-1 データ管理システム
に使用される.水処理データは63項目,汚泥処理データは
39項目あるが,機器を新たに導入すれば増える可能性があ
は,作業者がPCのWebブラウザ上からデータベースに登録
る.そこで項目ごとにテーブルを作り,日付を主キーとし
することができる.これらのデータをまとめて日報・月
て1~24時までをデータ項目にし,テーブルを作成した.
報・年報などの作成を行う.電子データ化された測定器か
そして,中央帳票・月報・年報の表を作成するための構成
らの中央帳票データのデータベースへの登録と,データベ
テーブルを作成した.構成テーブルのデータ項目には,表
ース内データのExcelファイルへの変換はVBAプログラム
を作成する順番や項目の単位などがある.
によって行う.製作したシステムの開発環境詳細を表-1
特定の従業員が直接データ入力を行う項目には水質記
に示す.
録と業務指示,電力汚泥棟のデータがある.水質記録デー
タは作業員によって測定器に表示される値を読み取った
表-1 開発環境詳細
ものや,使用した薬剤の量,測定したデータから計算した
製作システム
結果などが書き込まれる.このデータは日報・月報・年報
OS
WindowsXP Professional(SP2)
の作成に使用される.水質記録は1日一つ作成されるが,
Webサーバ
IIS 5.1
各項目で測定時間や項目数などに違いがあるため,水質記
データベース
MySQL4.0.26
録だけで一つのテーブルを作り,主キーを日付にしてテー
Webアプリケーション
ASP3.0
ブルを作成した.業務指示データは当日の機器の状況など
VBA
Excel 2003
が書き込まれ,データは日報を作成する際に使用される.
業務指示データも1日一つ作成されるが,各項目で項目数
などが違うため業務指示だけでテーブルを作り,主キーを
データベースの内容をWebブラウザ上に表示するために
を使用した.ASPはMicrosoft社が開発した動的な
日付と共通にして作成した.電力汚泥棟はさらに運転管理
Webページを作成するための技術である.ASPはサーバ側で
日報,浮上濃縮運転日報,汚泥棟中央管理室点検日誌,ベ
プログラムの処理を行うため,クライアント側には送信す
ルトプレス脱水機運転日報の4つに分けることができる.
るのはhtml文だけになり,クライアント側の動作環境によ
これらのデータはすべての項目が1日一つのデータであり,
らず実行させることができる.ASPは基本的にMicrosoft
データの書き込みを行う人物は同一であるため,電力汚泥
社のWebサーバソフトであるIISで動作し,開発言語は
棟だけでテーブルを作り,主キーを日付と共通にして作成
ASP
8,9)
23
大分工業高等専門学校紀要
第 45 号
(平成 20 年 11 月)
した.
セルの大きさなどの項目名を表示するための構成を保持
また,このデータベースについて正規化の工程を行った.
しており,内容テーブルはデータのあるテーブル名や項目
第一正規化に関しては,全ての項目において日付をキーと
名,データの表示桁数などの表に表示するデータの構成を
したため,繰り返しを行うグループや同じテーブル内に関
保持している.これらのテーブルを作成したことにより,
係性のあるデータをなくした.さらに第二,第三正規化も
以前はデータ項目を追加する際はプログラム自体の変更
検討した上でのデータベース構造を図-2に示す.
が必要であったが,構成テーブルによりSQL文を発行する
ことによってデータ項目の変更が可能となった.
図-3 構成テーブル
2.3 バックアップシステム
データベース内のデータを安全に保護するためには,デ
ータのバックアップをとることが必要である.今回使用し
たRDBMSであるMySQLにはバックアップを作成する機能が
あり,バックアップからデータベースを復活させることも
できる.しかし,バックアップを取るためにはコマンドプ
ロンプト上でコマンドを打ち込む必要あり,PCを使い慣れ
ていない人たちにとっては使用が困難である.
図-2 データベース構成図
2.2.2 構成テーブル
今回のシステムのデータベースは,表の変更やデータ項
目の追加などに対応するために,表がどのような構成にな
っているかを表す構成テーブルを作成した10).しかし,実
際にデータを集計して作成する表は項目名が2段や3段に
なっており,一つのテーブルに構成を保存してしまうと無
駄な領域が生じてしまい,データベースを効率よく使用す
ることができない.そこで,この構成テーブルを項目名テ
ーブルと内容テーブルの二つに分離した.図-3に示すよう
に項目名テーブルは, 作成する表の項目名と,項目名の
図-4 バックアップおよびリストア
24
大分工業高等専門学校紀要
第 45 号
(平成 20 年 11 月)
出来る.ここで閲覧したい項目を選択すると業務指示・日
そこで,図-4に示すように,バックアップ用PCにもMySQL
報・水質記録・電力汚泥棟では日付選択ページに,月報で
を導入し,サーバ側にあるデータベースと同じ形のデータ
は月選択,年報では年選択ページに移動する.ただし,入
ベースを作成した.そして,ASPプログラムによってサー
力用メニューはまずユーザ認証ページが現れる.ここであ
バ側にあるデータを読み出し,バックアップ用PCへとデー
らかじめ登録してあった名前とパスワードを入力するこ
タを移動することができる構成とした
8,9)
.また,バック
とによって入力用ページに入ることができる.そして,日
アップ用PCには前回「バックアップ」ボタンを押した際の
や月などを選択することで,データベースからデータを呼
データと,前々回「バックアップ」ボタンを押した際のデ
び出し,閲覧したい表がサーバ側で自動的に作成され,ク
ータを保存しており,バックアップ実行中にデータが破損
ライアントの画面に表示される.入力用ページでは,デー
したとしても復元ができるようになっている.
タを入力した後ボタンを押すことでデータベースへと登
録を行うことができる.また,日報閲覧ページから「詳細」
2.4 認証システム
日報閲覧
日報
トップメニュー
システムの利用者はブラウザ上に表示されるデータを
業務指示閲覧
汚泥棟中央
管理室
項目選択
電力汚
泥棟閲
覧
データの改ざんを防ぐために,認証システムを導入した.
個人の認証には,パスワードや暗証番号などの知識による
日付選択
水質記録閲覧
要のない閲覧者による誤入力や悪意のあるユーザによる
水質記録
汚泥棟中央管理室
浮上濃縮
浮上濃縮
運転管理日
運転間管理日報
ベルトプレ
ス脱水機
認証,ICカードや鍵などの所有物による認証,指紋や虹彩
などの生体的な特徴による認証の三つがある.所有物によ
月報閲覧
る認証や生体的特徴による認証の場合,新たに装置を導入
年報閲覧
ベルトプレス脱水
月選択
月報
年選択
年報
業務指示
入力
しなくてはならないため,今回は一番簡単に利用できるパ
う場合は認証画面から名前とパスワードを入力しデータ
水質記録
汚泥棟中央管理室
浮上濃縮
浮上濃縮
運転管理日
運転間管理日報
ベルトプレ
ス脱水機
登録画面へと移動し,データ登録を行うことができる11,12).
登録完了
項目選択
電 力 汚
泥 棟 入
力
ーバ(データベース)に登録しておき,データの登録を行
汚泥棟中央
管理室
日付選択
を行う登録者にはあらかじめ名前とパスワードを認証サ
業務指示
ユーザ認証
水質記
録入力
スワード認証を行った.図-5に示すように,データの登録
中央帳票
業務指示
閲覧するだけの閲覧者と,ブラウザ上からデータを登録す
る登録者の二つに分かれる.そこで,データを登録する必
詳細
ベルトプレス脱水
業務指示
ユーザ登録
水質記録
管理者画面
ユーザ認証
管理者用
ユーザ削除
汚泥棟中央管理室
入力記録閲覧
浮上濃縮
バックアップ
運転間管理日報
リストア
ベルトプレス脱水
図-6 画面遷移図
ボタンを押すことで中央帳票データを表示することがで
きる.電力汚泥棟はさらに4つ分かれており,
「汚泥棟中央
管理室」
,
「浮上濃縮」,
「運転管理日報」
,
「ベルトプレス脱
水機」から選択することで閲覧,入力を行うことができる.
図-5 認証システム
そしてメニューにはほかに「管理者用」というボタンがあ
り,ここからユーザの登録や削除,バックアップなどを取
2.5 画面遷移図
ることができる.さらに,
「入力記録閲覧」ボタンから,
Webブラウザの画面遷移図を図-6に示す.まず,トップ
ブラウザ上からいつ誰がデータの変更や更新をしたかを
メニューが表示され,業務指示閲覧・日報閲覧・月報閲覧・
確認することができる.
年報閲覧・水質記録閲覧・電力汚泥棟閲覧という閲覧用メ
ニューと,業務指示登録・水質記録登録・電力汚泥棟とい
3.データ管理システムの実行
う入力用メニューが表示される.選択メニューはフレーム
3.1 認証画面
構造を利用したユーザインターフェースを用いたので,ど
Webブラウザからデータベースへの入力は特定の人しか
のページからも即座に希望するページへ移動することが
行わないため,入力用の「業務指示」
,
「水質記録」,
「電力
25
大分工業高等専門学校紀要
第 45 号
(平成 20 年 11 月)
汚泥棟」のボタンを押すと,図-7のような認証画面が現れ,
ボタンから図-9のように,水質記録や業務指示などのデー
ここで登録者であることの確認を行う.ここであらかじめ
タをいつ誰がデータの変更や更新をしたかを確認するこ
登録しておいた名前とパスワードを入力することで入力
とができる.
画面へと移動することができる.また,ユーザ登録するた
めにはメニューから「管理者用」ボタンを押すと認証画面
3.2 バックアップとリストア
が現れ,管理者のパスワードと名前を入力すると図-8のよ
バックアップとリストアはWebブラウザ上の管理者画面
うな管理者画面に入ることができる.そこで「ユーザ登録」
から行うことができる.メニューから「管理者用」ボタン
ボタンを押してユーザ登録を行う.また,
「入力記録閲覧」
を押すと認証画面が現れ,管理者のパスワードと名前を入
力すると図-8のような管理者画面に入ることができる.こ
の管理者画面の「バックアップ」ボタンを押すと,ASPプ
ログラムによってサーバのデータベースにあるデータを
読み出し,バックアップ用PCにあるデータベースに書き込
みを行う.リストアする場合も同様に「リストア」ボタン
を押すことでバックアップ用PCのデータベースのデータ
をサーバのデータベースに書き込むことができる.
4.システムの評価,考察
本データ管理システムは,Webアプリケーションで作製
したためOSやPCの機種依存性が無く,サーバ機にシステム
を構築するだけでデータの共有化を行うことができた.ま
図-7 認証画面
た認証システムを導入したことによって,データを登録す
る権利のない閲覧者による誤入力や悪意のあるユーザに
よるデータの改ざんを防ぐことができ,バックアップシス
テムによってデータの信頼性を向上させることができた.
今回製作したシステムを現場で試験運用を行い,使用して
いただいた6人の従業員の方にアンケートを記入していた
だいた.その結果,4人の従業員の方から電子データ化を
行ったため,便利になり業務効率が上がったという意見を
いただいた.現在では,ほぼシステムが完成し,引き続き
試験運用を行っていただいている.今後の課題として次の
ような点が考えられる.
4.1 ユーザインターフェース
本システムではデータ項目が増えた際に表の作成を簡
図-8 管理者画面
単にするために,構成テーブルを作成した.しかし,現在
の状態ではデータベースの操作にはまだSQLを使用しなけ
ればいけないため,項目が増えた際はWebブラウザ上から
テーブル作成や,表の項目の変更を行うことのできるシス
テムの改良を検討している.
また,Excelファイルを作成するためにVBAを使用したが,
作成はサーバ機でしか行えなかったため,このプログラム
をブラウザ上で動くVBScriptで作成することによって,す
べての処理がWebブラウザ上から行えるようになり,より
容易に使用できるシステムを実現できる.
4.2 ユーザ認証
今回のシステムにおいては認証サーバを導入して,デー
タ入力する際にはパスワードなどでユーザ認証を行い,不
図-9 入力記録閲覧画面
注意なデータ変更を防ぐようにした.しかし,この方法で
26
大分工業高等専門学校紀要
第 45 号
(平成 20 年 11 月)
はページを開く際に毎回パスワードを入力しなければな
構築”,東京都立産業技術研究所研究報告(2000).
らず,キータイプの苦手な人にとってはわずらわしい作業
2) 株式会社ジャスミンソフト,Wagby(Web ベースのオー
になってしまう.将来的には指紋認証装置などを利用して,
利便性と安全性を両立することが必要であると考えてい
ダーメイド ERP システム自動生成ツール)
3) Seasarプロジェクト,Tuigwaa(データベースと連動す
る.
る Webアプリケーション生成ツール)
4) 電脳事務,”最新Webテクノロジー”,ソフトバンクク
4.3 外部からの不正な攻撃
リエイティブ株式会社(2005).
現在のシステムは企業内のネットワークだけであり,認
5) 森廣雅道,宮﨑綾乃,靏 浩二,
“Web技術を利用したデ
証システムも導入しているため外部からの攻撃の可能性
ータベースシステムによる業務効率化”
,大分工業高等
は少ないが,今後ネットワークを広げる可能性もある.そ
専門学校紀要,vol.44,p37-42 (2007).
13)
の場合,SQLインジェクション攻撃 やクロスサイトスク
6) 森廣雅道,靏 浩二,"WEB技術を用いたデータベースシ
リプティング14)に対しての対策を行う必要がある.これら
ステムに関する研究",平成19年度第6回電子情報系高
の攻撃対策として,入力された内容にSQL構文やSQLにおい
専フォーラム講演論文集,pp.123~126(2007).
て特殊な意味を持つ文字,またはスクリプトが含まれてい
7) 宮﨑綾乃,”Webサービスを用いたデータ入出力の研
ないかを調べ,含まれていればそれを削除するなどの処理
究”,18年度大分高専卒業研究論文集(2006).
が必要である.
8) 生形洋一,”『ASP実践プログラミング入門』IIS5.0対
応版”,技術評論社(2000).
5.結言
9)古沢美行,”ゼロから学ぶWeb/DBプログラミング”,日
本研究では,動的にWebページを生成する技術であるASP
経BP社(2005).
とデータベースを連携させ,Webアプリケーションやデー
10) 三宮健太郎,”Webアプリケーションにおけるユーザ
タベースの知識の無い人にも容易に管理できるデータ管
インタフェイスの研究”,19年度大分高専卒業研究論
理システムの設計及び製作を行った. このデータ管理シ
文集(2007).
ステムを用いると,Webブラウザ上から簡単にデータの更
11) 後藤由香利,三宮健太郎,森廣雅道,靏 浩二,"ネッ
新や閲覧を行うことができる.またデータベースを用いて
トワーク利用データベースシステムによる業務効率化
企業内の情報を共有化することにより,業務を効率化する
",第13回高専シンポジウムin久留米プロシーディング,
ことができた.
pp.315(2008)
12) 後藤由香利,”Web技術を利用したデータベースの安
謝辞
全性に関する研究”,19年度大分高専卒業研究論文集
本研究を行うにあたり,共同研究を行っている昭和環境
(2007).
システム株式会社の林 正信 氏,ヴェオリア・ウォータ
13) 宮地充子,菊池浩明,”情報セキュリティ”,オーム社
ー・ジャパン株式会社の鈴木孝則 氏,そしてアンケート
(2003).
にご協力いただいた昭和環境システム株式会社の従業員
14) 高木浩光,関口智嗣,大蒔和仁,”クロスサイトスクリ
の方々に感謝致します.
プティングに対する電子商取引サイトの脆弱さの実態
とその対策”,第4回コンピュータセキュリティシンポ
参考文献
ジウム論文集(2001).
1) 山田一徳,土屋敏夫,”Webによる管理データベースの
27
Fly UP