...

京都学専攻 河角龍典先生が逝去されました

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

京都学専攻 河角龍典先生が逝去されました
河角龍典 先生 急逝
京都学プログラム創設以来、京都学専攻の立ち上げに中心となって尽力された河角龍典(かわすみ・
たつのり)先生が、去る4月13日22時58分、胃癌のため大津赤十字病院にてお亡くなりになりました。あ
と半月で44歳になられるという若さでした。
河角先生は本学地理学専攻をご卒業後、(財)大阪府文化財調査研究センター専門調査員、本学文
学部助手を経て、2003年に本学COE推進機構の講師、2009年に准教授、昨年には教授となられ、出
来たばかりの京都学専攻の柱として活躍されてきました。
研究においては、立命館の人文地理学を継承し、自然地理学的な地形分析と、コンピュータを駆使し
た景観復原の融合を行うという、先端的な分野のトップランナーであり、地理学にとどまらず考古学、歴史
学、建築史、都市論など、多方面の研究者とも熱心に交流されていました。近年は防災や地域社会の振
興などにも研究範囲を広げられ、そうした分野の研究と教育を通じて、河角先生は「いまを生きる普通の
人々にとって、研究がどんな役に立つのか」を繰り返し問い続けられていたのだと思います。
2013年9月、病が判明し、手術ののち一年後に復帰されたのですが、今年に入って広範囲の転移が確
認され、3月22日の卒業証書授与式・同パーティに出席されたのが、お会いした最後となりました。
本当に無念でなりませんが、先生が示された学問への情熱や、職場への愛情は、これからもずっと本
専攻のなかに生き続けます。
河角さん、どうぞ安らかにお休み下さい。 (田中 聡)
Fly UP