...

Windows を前提とした商品先物業界向け基幹業務パッケージ開発

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

Windows を前提とした商品先物業界向け基幹業務パッケージ開発
【K:】NTX Server/三美印刷/UNISYS技報/技報 77号/本文/77G 040:(伊藤)P143‐154
UNISYS TECHNOLOGY REVIEW 第 77 号, MAY 2003
Windows を前提とした商品先物業界向け基幹業務パッケージ開発
Case Study of Implementation of Mission―critical Application
on the Windows Platform for Future Commodity Industy
伊 藤
要
約
公一郎
アウトソーシングを前提とした商品先物取引基幹業務パッケージ・システム(以降
COMTRADE と略す)は,2002 年 6 月に第一号ユーザの本番を迎え,2002 年 12 月現在,4
社で本番稼働している.
COMTRADE は,ES 7000 および Windows 2000 Datacenter Server(以降 DCS と略す)
上で稼働する Web アプリケーションとして開発された.保守性,障害時の対応を考えソフ
トウェアを可能な限り Microsoft 社製品で統一し,AP 環境の確認手段として稼働ログ,エ
ラーログを設けた.基幹業務のアウトソーシング展開を想定し,1 台の ES 7000 をパーティ
ション分割し,各サーバ層を二重化した.また,LUCINA の提唱する 3 層構造を利用し,
Web サーバは Internet Information Service,AP サーバに COM+コンポーネント・サービ
ス,DB サーバには SQL Server 2000 を採用した.
パッケージ開発にあたっては,『基幹業務系を Windows でどう実装するか』という点と
『アウトソーシングを想定した複数社環境をどう保持・運用できる形態にするか』というの
が大きなテーマとなった.
本稿では Windows プラットフォーム上で基幹業務系アプリケーションを構築した事例に
ついて報告を行う.
Abstract COMTRADE, which is a mission critical commodity futures trading package system based on outsourcing, started its first production run in June of 2002. As of December 2002, the system is in production
for four user companies.
COMTRADE is a Web enabled application which runs on the ES 7000 and Windows 2000 Datacenter
Server platform. Considering for maintainability and counter―measures in case of system failures, we used
Microsoft products as much as possible. we added the operation logging and error logging functions for
confirming the application operation status.
To enable this mission―critical application for use in outsourcing to multiple customers, we partitioned
the ES 7000 system and duplicated each server layers. We adopted the three―tiered architecture design
proposed by LUCINA. Internet Information Service is used for the Web server, COM+ component service
for the application server, and SQL Server 2000 for the database server respectively.
There existed two major issues in the development of this package“How do we implement a mission
critical application on Windows?”and“How can we create a design for managing and operating a multi―
customer environment?”
This paper discusses an example of the implementation of a mission critical application on the Windows
platform.
1. は
じ
め
に
商品先物取引所の取引員各社は,業界を取り巻く変化(手数料自由化対応,取引所システム
の更改対応,制度改正等)に対して,より柔軟に,より低コストで対応できる情報システムを
(143)143
【K:】NTX Server/三美印刷/UNISYS技報/技報 77号/本文/77G 040:(伊藤)P143‐154
144(144)
切望していた.
こうしたなか,汎用機に匹敵する信頼性,オープン系の拡張性・可用性を兼ね備えた ES 7000
と Windows 2000 Datacenter Server(Windows 2000 DCS)が発表された.これを契機とし
て,最新技術を取り入れた商品取引の基幹業務システムを ES 7000 上で構築し,大幅なコスト
ダウンを実現するため,パッケージ・システム(以降 COMTRADE と省略)をアウトソーシ
ング事業として提供・展開することとなった.
また更なるコストの削減策として,「1 台の ES 7000 を複数パーティションに分割し,複数
社で使用する」サ−ビス方式を採用し,低価格のサービスを実現した.
2000 年 6 月に COMTRADE の開発に着手した当時は ES 7000 上で実現する初の金融基幹業
務システムであったため,参考にできる過去事例やミドルソフトがほとんど無く,Web アプ
リケーションということもあり,金融業務で求められるパフォーマンスや信頼性,可用性がど
こまで実現できるか,課題を抱えた形での開発となった.それらの問題を乗り越え,2002 年 6
月に第一号ユーザの本番を迎え,現在 4 社が稼働している.
本稿では,COMTRADE の開発事例を通して,ES 7000 上で Windows ベースの基幹系 Web
アプリケーションを構築する際に考慮した点について述べる.
2. システムの概要
2.
1
業
務
機
能
本システムは,商品先物取引所の取引員各社で利用され,一般委託者(個人投資家)および
会員企業からの売買受託取引(委託取引)と自社のディーラが行う自己取引を取り扱う基幹業
務システムである.主な機能は次のとおりである.
1) 注 文 管 理
注文の入力,取消,照会を行う機能.取引員企業は注文をクライアント PC より入力し,
アウトソーシング・センタへ送信する.アウトソーシング・センタでは注文の受付を記録
し,受付結果をクライアント PC へ返信すると共に,東京工業品取引所へ発注する.
2) 約 定 管 理
注文の約定情報を登録,取消,照会する機能.システム間のインタフェースを持つ東京
工業品取引所からは約定電文を受信し,自動的に約定情報を登録する.他取引所からは約
定の連絡を受け,約定情報を画面より手入力する.当日だけでなく過日の取扱いも可能.
3) 建 玉 管 理
建玉情報を管理し,照会画面より委託者別,商品別に建玉明細を,また支店別,商品別
に建玉数量の確認を行う機能.
4) 入 出 金 管 理
入出金,入出庫の登録,削除,照会を行う機能.当日だけでなく過日の取扱いも可能で
ある.
5) 証拠金過不足管理
変動する商品の値段から売買に必要となる証拠金の計算(値洗い処理)を行い,委託者
毎の過不足管理を行う機能.
6) 帳票作成機能
法定帳票や顧客宛て帳票,社内管理資料などを作成する機能.主に夜間バッチ処理にて
【K:】NTX Server/三美印刷/UNISYS技報/技報 77号/本文/77G 040:(伊藤)P143‐154
Windows を前提とした商品先物業界向け基幹業務パッケージ開発
(145)145
作成するが,一部の帳票については画面からオンライン中に作成し,照会することが可能
である.
7) 実 績 管 理
営業要員やディーラの実績管理機能として,営業担当者や部署別に,売買件数や金額,
手数料収入などを集計,
照会する機能.
自己売買の実績はディーラ毎に照会が可能である.
8) 営 業 支 援
売買シミュレーション機能により,模擬売買を行い委託者の損益状況のシミュレーショ
ンや手数料や証拠金の仮計算を行う機能.
9) 外部インタフェース
東京工業品取引所,外部情報ベンダ(時事通信社)
,インターネット・ホームトレード
サーバとのインタフェ−スを司る機能.
・東京工業品取引所と注文および約定情報を送受信するインタフェース
・外部情報ベンダ(時事通信社)より商品の価格情報を取り込むインタフェース
・インターネット・ホームトレードサーバと入出金および約定情報を送受信するインタフ
ェース
10) 運 用 管 理
商品属性や会社属性,手数料および証拠金の基本情報を登録,削除,照会する機能.
2.
2
システム構成
2.
2.
1
ハードウェア構成
アウトソ−シングセンタに設置した 1 台の ES 7000 を最大八つのパーティションに分け,AP
サーバと DB サーバおよび待機用 AP サーバを稼働させる.1 台の ES 7000 につき,取引員企
業 1∼4 社の取扱いが可能である(図 1)
.
図 1
システム構成(1 台の ES 7000 上で取引員企業 2 社を扱う例)
【K:】NTX Server/三美印刷/UNISYS技報/技報 77号/本文/77G 040:(伊藤)P143‐154
146(146)
1) Web サーバ:ES 7000 とは別に 1 社あたり 2 台割り当て,ネットワークロードバラン
スで負荷分散する.
2) AP サーバ:1 社あたり業務量によって 4∼8 CPU の AP サーバを割り当てると共に,ES
7000 1 筐体当り待機用の AP サーバを 1 パーティション割り当てる.AP サーバ障害時は,
手動で待機用の AP サーバへ切り替える(スクリプト一つ実行)
.
3) DB サーバ:ES 70001 筐体あたり 2 パーティションを割り当て,MSCS*1 クラスタリン
グ構成とする.MSCS は,Active―Active の構成で,会社毎にいずれかのサーバをプライ
マリ・サーバとし,取引員会社毎にインスタンスを分離する.
2.
2.
2
ソフトウェア構成
本システムは,クライアント側に Web ブラウザのみ搭載することを想定した Web アプリ
ケーションである.また,ES 7000 との親和性や Windows 2000 DCS に対するサポート状況
を考慮し,ソフトウェアを可能な限り Microsoft 社製品で統一している(図 2)
.
図 2
2.
2.
3
ソフトウェア構成とアプリケーション構造
アプリケーション構造
アプリケーションの構造は LUCINA*2 にて推奨する 3 層構造を採用した.
1) プレゼンテーション層(P 層)は ASP*3 で実装し,クライアント側の入力項目のチェ
ックを JAVA スクリプト,Web サーバ側の入力チェックを VB スクリプトで行っている.
P 層では,業務に関するチェックは行わず,入力項目の単体チェックや相関チェックのみ
行う.
2) ビジネスロジック層(B 層)は COM+*4 コンポーネントでトランザクション処理を実
装し,業務ロジックを司る.
3) データアクセス層(D 層)は COM+コンポーネントから SP*5 を呼ぶ形式を取ってい
る(図 2)
.
4) DB のプログラムインタフェースは OLEDB*6 を採用した.OLEDB は汎用的ではある
が,開発者の経験や知識にばらつきがあると品質を保てなくなるので,D 層 COM で
OLEDB を隠蔽した.値洗い処理などパフォーマンスを重視すべき一部の処理は,ビジネ
スロジックをデータアクセス層(SP)にて実装することにより,サーバ間のデータ転送
量を減らして,処理を高速化した.また,COM+コンポーネントと SP の引数サイズの
【K:】NTX Server/三美印刷/UNISYS技報/技報 77号/本文/77G 040:(伊藤)P143‐154
Windows を前提とした商品先物業界向け基幹業務パッケージ開発
(147)147
制限は 8 KB なので,これを超える情報を扱う場合は SP 側で計算を行い,結果のみ COM
側へ返す方式としている.
3. アクセス制御
3.
1
アクセス制御
COMTRADE で提供する機能について,その利用者の所属や役割などに従い,使用できる
機能の範囲やアクセスできるデータの範囲を制限する制御を行っている.COMTRADE の権
限機能では,ログイン ID を基にアクセス制御を行っており,次の権限機能を実装している.
1) メニュー表示制御機能
ログインしているユーザに対して使用が許可されている画面のみメニューに表示する.
COMTRADE の画面では URL を直接指定できないようにしているため,メニューのリン
クからのみ画面へのアクセスを行える.
2) 入力データの処理可否検査機能
画面から入力した情報が,ユーザにとって処理を許可された範囲のものであるかを検査
する.この機能は画面上のボタン単位に設定可能である.
3) データ抽出制御
特定の照会画面について,ユーザごとに支店・部・課レベルのデータ抽出条件を指定で
きる.この機能により,ユーザが許可されていない支店・部署のデータを見ることを防止
している.
4) 特殊権限機能
特定の照会画面について,指定した支店や部のデータを除外して表示する.これは,業
務上の理由によりある支店や部のデータをユーザに見せたくないときに設定する.
これらの権限設定情報はデータベースのテーブル上に格納している.画面毎・ボタン毎に権
限を設定したパターン(支店長,営業担当者,事務担当者など)をいくつか用意し,ユーザ毎
にいずれかのパターンを割り当てる方式を取っている(図 3)
.
図 3
権限処理のイメージ(データ抽出制御の例)
【K:】NTX Server/三美印刷/UNISYS技報/技報 77号/本文/77G 040:(伊藤)P143‐154
148(148)
4. トランザクション管理
4.
1
COM+
トランザクション管理には COM+を用いており,アプリケーション側では特別な考慮はし
ていない.本システムでは,ビジネスロジック層のコンポーネント (以降 B 層 COM と呼ぶ)
でトランザクションを発生させ,データアクセス層はトランザクションに参加する.これを実
現するために各 B 層 COM の作成時に,プロパティ設定にてトランザクション・サポートを
「必要」と設定している.B 層 COM は,別サーバ(WEB サーバ)から呼び出されるため,サ
ーバアプリケーションとしてモード設定している.これらの設定により,WEB サーバから呼
び出された B 層 COM が,独立したトランザクションとして動作する.
データアクセス層 COM+コンポーネント(以降 D 層 COM と呼ぶ)は,プロパティ設定に
てトランザクション・サポートを「サポート」と設定することにより,B 層 COM からの呼び
出しに従属し,一つのトランザクションとなる.B 層 COM から呼び出される D 層 COM は同
じサーバ上にあるため,ライブラリアプリケーションとしてモード設定している.ASP がプ
ルダウンメニューを表示させる場合,効率の面から直接 D 層 COM を呼び出す形になってい
るため,ASP から直接呼ばれる D 層 COM については,サーバアプリケーションとして設定
している.
コンポーネントの各メソッドで処理が正しく終了した場合,ObjectContext オブジェクト
(COM+で用意されている)の SetComplete()
メソッドを呼び出すことにより COM+がトラ
ンザクションのコミットを実行する.トランザクション中に,SetAbort()
メソッドを 1 度で
も呼び出すと,COM+がトランザクションの終了時にロールバックを実行する.
COMTRADE は,WEB サーバと AP サーバが物理的に別サーバとなっており,ASP から
直接別サーバ上の COM を呼び出すことが出来ない.従って,WEB サーバ側にサーバアプリ
ケーション設定されている COM をプロキシとして設定し,プロキシ COM から AP サーバの
COM を実行している(図 4)
.
図 4
トランザクション管理
5. レスポンス向上のための考慮
5.
1
データベースのアクセス
レスポンス向上という観点から,インデックスの付加,クラスタインデックス(物理的なデ
【K:】NTX Server/三美印刷/UNISYS技報/技報 77号/本文/77G 040:(伊藤)P143‐154
Windows を前提とした商品先物業界向け基幹業務パッケージ開発
(149)149
ータ配列)の見直し,データガーベージ(不要データの削除)
,機能に特化した SP の作成,
データベース接続のプーリングを実施した.
5.
1.
1
ロック単位の最小化
データアクセス層でのレスポンス向上のためには,キーとなる項目にインデックスを使用す
るほかに,データのロック単位を最小限にとどめる考慮をしている.金融アプリケーションで
は特に注文や約定に関連するテーブルの更新が頻繁に発生するが,COMTRADE ではこれら
のテーブルについて行単位のロックを用いている.ロック単位を最小限にしておくことにより,
デッドロック回避の効果も期待できる.
5.
1.
2
デッドロックの回避
COM+と SQL
Server の組み合わせでは,トランザクション分離レベルの自動変更によっ
て発生するデッドロックの考慮が必要だった.SQL Server では,トランザクション分離レベ
ルを設定することで他のトランザクションの同時実行操作から読込み操作を分離できる.COM
+のトランザクション・サービスを使用するアプリケーションから SQL Server へ接続する場
合,トランザクション・サービスはトランザクション分離レベルを自動的に最も厳しいレベル
である SERIALIZABLE に設定し,SQL Server のデフォルトである READ COMMITTED
を上書きしてしまう.これは COM+では比較的軽量で,かつ直列化したトランザクションの
使用を想定しているためであり,トランザクションが直列化されていれば,同期処理の整合性
について考慮する必要が無いという考え方に基づいている.分離レベル SERIALIZABLE で
は前のトランザクションがコミットまたはロールバックされるまで,別のトランザクションが
修正操作は実行できない[1].
このとき,同一トランザクション内で SELECT 文を実行したあとに UPDATE/DELETE/
INSERT 文を実行すると,デッドロックが発生する.これは SELECT 実行時に参照範囲にロ
ックがかかり,分離レベル SERIALIZABLE が設定されているために次の操作が待ち状態に
入ってしまうためである.
COMTRADE では複数の約定レコードを挿入する際に,すでにテーブル上に存在する場合
はそのレコードを飛ばして後続のレコードを処理する.この実現方法として,当初は SELECT
文実行により重複を検査し,重複していなければ直後に INSERT 文を実行していた.これは
レコードが重複していても SP から正常終了として呼出元 COM へ戻ることにより,COM で
正常処理を継続させるためであった.この方式では前述の理由によりデッドロックが発生した
ため,SELECT 文による重複検査を廃止し,INSERT 文で重複エラーを発生させてエラーコ
ードを返し,呼出元 COM 側では重複エラーコードを判断して後続レコードを処理する方式に
変更した[3].
5.
1.
3
インデックスの付加
効率改善において,最も効果を挙げたのが,インデックスの付加であった.時間的な制約があ
ったため,全体の 70% を占める 12 の機能を選出し,機能の観点からクラスタインデックスと
インデックス追加の試行テストを行い,適正なインデックスを付加した.これらの対応により,
処理時間が約 87% 削減された(表 1)
.
【K:】NTX Server/三美印刷/UNISYS技報/技報 77号/本文/77G 040:(伊藤)P143‐154
150(150)
表1
5.
1.
4
改善効果
データベース接続プーリング
同時にアクセスが集中する環境で,リクエストごとにデータベースに対するセッションを生
成していてはシステム上で頻繁にボトルネックが発生するため,データベースとのセッション
をある一定数確保(プーリング)し,多数のユーザ要求をそこに割り振る機能を採用した.こ
れにより,データベースのコネクション回数が減り,処理時間の短縮とシステム資源の有効利
用を可能とした.この機能は D 層 COM の,SP 毎に生成されるヘッダファイルに“db.Open
With Service Components”を記述することにより実現している.
5.
2
画面表示高速化の考慮
Web ブラウザは画面表示の処理に時間がかかるので,表示時間を速くするために,いくつ
かの工夫をしている.
1) メニューの表示については,
フレームを業務画面と分け,
画面左側に常時表示している.
メニューの内容はログイン直後に一度だけ読み込む.フレームを業務画面と分けること
により,画面を切り替えた場合でもメニューを再度読み込む必要が無い.
2) プルダウン・メニューに表示する項目の内容は業務画面を呼び出す際に毎回サーバから
取得しているが,男女など決まったものについては ASP に直書きして表示の高速化を図
っている.
3) 売買シミュレーションでは,文字列を連結して出力する処理を,文字列出力を繰り返す
ように変更することにより処理時間を半分に効率化した.
4) 全データを取り込んでから表示するのではなく,1 画面分データを取得したら画面表示
することにより,体感待ち時間を少なくした.
6. 帳
票
商品先物業界では,複写式の帳票をインパクトプリンタで印書する方式が一般的であり,本
システムでの実装方法をどうするかが課題となったが,高速インパクトプリンタが高額であり,
ES 7000 との接続実績も無かったため,レーザプリンタを前提とした帳票作成システムを採用
することとした.また,取引で発注あるいは取引所で約定した情報を一方送信でラインプリン
タに印書する機能を IA(InquiryAnswer)を前提とした Web システムでどう実装するかが大
きな課題となった.
【K:】NTX Server/三美印刷/UNISYS技報/技報 77号/本文/77G 040:(伊藤)P143‐154
Windows を前提とした商品先物業界向け基幹業務パッケージ開発
(151)151
この課題については帳票を電子ファイル化して,ブラウザ画面から参照・印刷可能とするこ
とで対応した.帳票の電子ファイル化により帳票の改ざん防止という副次効果も得られた.フ
ァイルサイズを小さく抑えることができるという理由から,COMTRADE では帳票をすべて
A 4 サイズの PDF 形式にて電子化している.新しく注文や約定が入った,つまり新たな通知
レコードが作成されたことを使用者に通知する仕組みについては 6.
3 節の自動照会・自動通
知,で説明している.
6.
1
リアル帳票
ブラウザからの要求により業務 ASP が業務 COM を呼び出す.
業務 COM は SP を用いて DB を参照してファイルのフルパスを業務 ASP に返す.
業務 ASP はリアル帳票専用 ASP を呼び出す.
リアル帳票専用 ASP は帳票 PDF ファイルをバイナリモードで読み込み,BinaryWrite する.BinaryWrite することによりデフォルト PDF ファイル名が ASP 名になり,
エンドユーザに PDF ファイル名がまったくわからないようにした.PDF ファイル名は
現在日時(ミリ秒)をファイル名に含め,重複を避けている(図 5)
.
図 5
6.
2
リアル帳票の流れ
バッチ帳票
バッチによる帳票作成とブラウザからの参照要求が非同期になることを除いて,基本的な仕
組みはリアル帳票と同じである(図 6)
.
図 6
バッチ帳票の流れ
帳票を電子ファイル化することで,過去分の帳票の参照や検索が容易に行える.帳票は全て
A 4 サイズにしており,印刷に既存のレーザプリンタを利用することにより,取引員としては
OA 機器の有効活用が図れる効果もある.3 枚複写で,顧客用,保存用,取引員用に出力が必
要な帳票に関しては,3 枚を 1 レコードの帳票として PDF ファイルを作成した.
【K:】NTX Server/三美印刷/UNISYS技報/技報 77号/本文/77G 040:(伊藤)P143‐154
152(152)
月次や年次で出力する社内管理帳票はページ数が多いので,大量印刷にかかる処理時間の長
さが懸念された.汎用機システムでは,取引員企業の高速プリンタで連続用紙に全社分の帳票
を一括出力してから各部署に配布していたが,本システムでは各部署で帳票を直接参照,印刷
することができるようになり,出力を分散化することで印刷時間は,汎用機時代よりも短縮さ
れた.
PDF ファイル作成は, 当初自前で帳票作成システムを構築する予定であったが,開発工数,
スケジュール,保守性の観点から他社製品を使用することとなった.いくつかの候補の中から,
帳票作成の実績,および DCS 上で稼働できる確認(カーネルモードを使用していない)が取
れたため,翼システムの Super Visual Formade*7C Edition を採用した.
なお,帳票についても 3 章で述べたアクセス制御の対象としており,ユーザは許可された帳
票のみ参照できる.
いくつかの画面については,画面イメージを出力したいという要件があった.これらの画面
では印書ボタンを設け,ブラウザの印刷機能を利用してイメージを出力する方式とした.この
場合,Internet
Explorer の仕様で,情報量が多いと画面の一部しか出力されないという現象
が発生する.したがって,この機能は参考情報として紙へ出力したい画面にのみ適用すること
とし,すべての情報を残す必要のある画面はリアル帳票として別に実装した.
6.
3
自動照会・自動通知
前述したように,注文や約定が新しく発生した際指定されたプリンタへの注文・約定情報の
印書は,画面照会による方式で代替している.しかしながら商品先物基幹業務は,注文と約定
が中核のシステムで,新しく注文が入ったあと,約定した場合に,即時に認識する必要がある.
このため画面による照会は,自動照会でなければならず,かつ,新しく注文が入った際や約定
した際に音を鳴動させることが前提条件となった.(今までは,プリンタが動作する際の音を
聞き,新しく注文や約定が来た事を認識していた)
この機能を実現するにあたって,一定間隔で HTML データをサーバから取得する方式では
次に示す問題が発生する.
情報を取得する度に画面全体が書き換わるため,ブラウザ画面表示がちらつく
スクロールしていた場合には,画面表示の度にスクロール位置が先頭に戻ってしまう
毎回全データを取得するため,ネットワークへの負荷が高くなる
COMTRADE では,クライアントが Web サーバからデータを XML*8 形式で取得し,動的
に画面を描画することで,データの取得と画面の描画を分離した(図 7,8)
.
XML ではデータにタグを付加してデータ構造を明確に定義できる.複数の通知内容を XML
の子ノードの集合として記述することにより,構造化されたデータとしてクライアント側で扱
いやすい形式となった.
クライアント側で更新日時の最大値(XML のルートノードのアトリビュートとして記述)
を保持しておき,2 回目以降の検索時には,前回取得時以降に更新されたデータのみ取得する
方式とし,ネットワーク負荷軽減を図った.また,画面の変更箇所だけを描画することにより,
画面のちらつきを抑えている.テストでは,128 MB メモリ搭載のクライアントで通知を 3,000
件まで保持可能であることを確認済みである.
【K:】NTX Server/三美印刷/UNISYS技報/技報 77号/本文/77G 040:(伊藤)P143‐154
Windows を前提とした商品先物業界向け基幹業務パッケージ開発
図 7
図 8
7. お
わ
り
(153)153
通知照会画面
XML を利用した自動画面更新方式のイメージ
に
現在システムは安定稼働を続けており,短期間の評価ではあるが,今のところ,目標として
いた汎用機並みの安定性を実現できている.また,バッチ処理の処理速度向上により,従来の
システムよりも早く業務を終了することができるという評価を得ている.2003 年内に,さら
に 4 社の本番が予定されている.
機能面では,東京工業品取引所新システムのインタフェース,大口手数料対応を完了し,今
後は T+1 対応(2003 年 6 月本番予定)
,東京工業品取引所のオプション取引対応(2003 年秋
本番予定)
,小口手数料対応(2004 年 1 月本番)を実施し,自由化の波,制度変更への対応を
行い,より魅力ある商品として育てていく予定である.
* 1
* 2
* 3
* 4
* 5
MSCS:Microsoft Clustering Service の略.Microsoft 社の提供する共有ディスク型クラス
タ.
LUCINA:当社で推奨している,ビジネスアプリケーション向けのコンポーネント指向開発
技法.
ASP:Active Server Pages の略.WWW サーバ側で,JavaScript や VisualBasic Script な
どのスクリプト言語や,
各種 ActiveX コンポーネントを動作させるためのフレームワーク.
COM+:オブジェクト指向の実装モデルである COM に,トランザクションサービスなど
いくつかのサービスを統合したもの,またその実行環境を指す.
SP:Stored Procedure の略.SQL 文を格納し,実行できる.
【K:】NTX Server/三美印刷/UNISYS技報/技報 77号/本文/77G 040:(伊藤)P143‐154
154(154)
* 6
* 7
* 8
OLEDB:Object Linking and Embedding DataBase : Microsoft 社によって開発された,デ
ータベースの種類によらず統一的な手法でデータベースにアクセスするためのプログラミン
グインタフェ−ス.
Super Visual Formade:翼システムが提供する帳票作成ソフトウェア
XML:eXtensible Markup Language の略.HTML のようなシンプルなフォーマットで文
書構造を記述でき,独自にタグを定義できることが特徴のマークアップ言語.1998 年に W
3 C(World Wide Web Consortium : WWW で使われる技術を標準化する団体)により標
準化勧告された.
参考文献 [1] Dusan Petric 著,トップスタジオ監訳,SQL Server 2000 ビギナーズガイド,PP 338−
340,翔泳社,2001
[2] David S.Platt 著,豊田 孝監訳,COM+テクノロジガイド,日経 BP ソフトプレス,
1999
[3] 益田 智之著,TechnicalSymposium 2002,ES 7000 上での金融 Web アプリケーショ
ン開発における留意点
[4] Windows 2000 ビジネスアプリケーション構築ガイド
URL http://www.zdnet.co.jp/help/howto/win/win2000/0007complus_vb/
執筆者紹介 伊 藤 公 一 郎(Kouichiro Ito)
1967 年生.1989 年横浜国立大学教育学部卒業.同年日
本ユニシス
(株)
に入社.金融系基幹業務を中心とした開
発・保守を担当.1997 年より商品先物取引基幹業務の開
発に従事.現在,システムサービス本部金融第一システム
統括部システム四部に所属.
COMTRADE, HOMETRADE
その他のソフトウェア商品の企画・開発を担当.
Fly UP