...

第3回禁煙治療セミナー講演録 総論:未成年喫煙の過去

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

第3回禁煙治療セミナー講演録 総論:未成年喫煙の過去
日本禁煙学会雑誌 第 6 巻第 3 号 2011 年(平成 23 年)6 月 30 日
《資 料》
第 3 回禁煙治療セミナー講演録
総論:未成年喫煙の過去 、現在 、未来
〜 2010 年度未成年者喫煙ゼロ目標は達成できるのか?〜
山岡雅顕
洲本市健康福祉部参事・洲本市応急診療所所長
キーワード:未成年喫煙 、健康日本 21 、FCTC(タバコ規制枠組条約)、タバコ自動販売機
1.はじめに
年)
、年齢確認義務を定めた第 4 条が改正された。
2010 年 度は 、2000 年に計 画された健 康 日 本 21
2-2.タバコ業界の自主規制と本音
における未成年喫煙率ゼロの目標年度にあたる。本
セミナーでは未成年喫煙についての実態や対策 、効
タバコ業界はテレビ・ラジオ・雑誌のタバコ広告
果を過去・現在・未来にわけて提示し 、未成年喫
や 、未成年者に人気のある芸能人の起用等の自主
煙率ゼロが達成できるのか 、そしてこれからなにを
規制(1985 年~)、小中高校周辺の屋外広告自主規
すべきかを述べて総論としたい。
制(1995 年~)などを進めてきた。しかしタバコ産
1)
業は子どもたちを重 要なターゲットとしてきた 。
2.未成年喫煙の過去 街中にはタバコ広告があふれ 、タバコの価格も先進
~ 子どもたちにタバコ売り放題 ~
諸国より安く 、若者や女性受けする景品をつけて誘
2-1.未成年者喫煙禁止法
惑し 、タバコ自動販売機(以後自販機)で子どもが
明治のころ 、生徒が学校で喫煙したりするなど幼
簡単に購入できる時代が長く続いた。自販機は最盛
者の喫煙が社会問題化していた。明治 32 年(1899
期で全国に約 63 万台あり 、23 時から 5 時まで稼働
年)12 月 7 日 、根本正ら 4 名の衆議院議員が「幼者
停止の自主規制が 99 %達成できたと業界は言って
喫煙禁止法案」を提出し 、第 1 条は「十八歳未満ノ
いた が 、残りがわずか 1 %としても 、24 時間稼働
幼者ハ煙草ヲ喫スルコトヲ得ス」と規定 、提出理由
している自販機が全国に数千台はあったのである。
2)
を「徴 兵するときに強い兵 隊がとれない」とした。
2-3.淡路島全校一斉喫煙状況調査
、
「18 歳未満」を「未成年者」
翌明治 33 年(1900 年)
淡路医師会が 、淡路島内の児童生徒約 1 万 9 千人
と対象年齢を引き上げた「未成年者喫煙禁止法案」
3)
が衆議院・貴族院で可決・施行された。その後 、昭
を対象に実施した 2003 年の調査 では 、小学校 1
和 22 年(1947 年)の民法改正に伴い 、第 1 条の「未
年生ですでに 、男子 6.9 %、女子 2.5 %に喫煙経験
成年者」が「満二十年ニ至ラサル者」と改正された。
があり 、喫煙率は中学以降に急増していた。タバコ
、販売者への罰則を定め
また 、平成 12 年(2000 年)
の入手源としては 、小学生は家のタバコ 、中 1 はも
た第 5 条 、 第 6 条が改 正され 、 翌 平 成 13 年(2001
らいタバコ 、中高生は屋外自販機が中心であった。
また 、 タバコ 1 箱 500 円になれば中 高 生の 6 ~ 7 割
がタバコをやめると回答した。タバコの警告文につ
連絡先
〒 656-0027
兵庫県洲本市港 2 番 26 号 洲本市健康福祉館
洲本市応急診療所 山岡雅顕
TEL: 0799-24-6340
e-mail:
いては 、現行の「タバコは 20 歳になってから」では
「むしろ吸いたくなる」と答えた中高生が 1 割近くお
り 、「肺癌」や「老化」などの文言の方がより「吸わ
FAX: 0799-22-3078
ないでおこう」と思わせることがわかった。淡路医
師会では調査結果をもとに 、兵庫県知事 、淡路県
受付日 2011 年 3 月 1 日 採用日 2011 年 5 月 17 日
第 3 回禁煙治療セミナー講演録
48
日本禁煙学会雑誌 第 6 巻第 3 号 2011 年(平成 23 年)6 月 30 日
民局長 、たばこ事業審議会 、兵庫県警 、近畿財務局 、
3.未成年喫煙の現在 ~ 実効的な規制の始まり~
淡路教育事務所に提言を行った。
3-1.健康増進法
健康日本 21 を法的に裏付けるために定められたの
2-4.健康日本 21
が平成 15 年(2003 年)に施行された健康増進法で
2000 年に策定された健康日本 21 における喫煙対
ある。この第 25 条(表 1)において 、わが国で初め
策は 、①喫煙の健康影響についての知識を普及。②
て法的な受動喫煙規制が明記された。対象施設の最
未 成 年の喫 煙をなくす。 ③ 受 動 喫 煙 対 策を進め 、
初に「学校」と記載されたが 、学校の禁煙化は 、受
知識を普及。④禁煙支援プログラムを全ての市町村
動喫煙防止だけでなく 、未成年喫煙防止にも有効と
で。 という 4 項目であったが 、厚生省の当初の原
されており 、この点でも注目すべきことであった。
案は 、①未成年の喫煙をなくす ②成人喫煙率を
第 25 条には罰則はないものの 、施設管理者の受動
全体として半減させる ③国民一人当たりのたばこ
喫煙防止責任が明記されたことから 、特に学校や公
消費量を半減させる という 3 項目であった。しかし
共施設などでの禁煙化が進み始める契機となった。
5)
ながら成人喫煙率・タバコ消費量の半減目標は 、心
4)
3-2.FCTC(タバコ規制枠組条約)
ある人々の願いむなしく圧力に屈して削除された 。
これに続く健康日本 21 地方計画においても喫煙率
わが国も批准し平成 17 年(2005 年)に発効した
FCTC は全 38 条からなる。わが国ではまだ実効的な
の数値目標のない計画が相次いだ。
効果をあげているとは言い難いが 、この国際条約は 、
憲法と一般法の間に位置する強い効力を有している。
このうち未成年喫煙に関係する部分を掲げる(表 2)。
表 1 健康増進法
2002 年 7月26日可決・成立 、8月2日公布 、2003
年 5月1日施行
第 6 条はタバコ価格に関する項目であるが 、未成
年者は 、成人以上にタバコ価格の上昇に対する需要
減少の効果が大きいことがわかっており(価格弾力
性が大)、2010 年 10 月の 1 箱 100 円というかつてな
いタバコ値上げの効果が今後期待される。
第 8 条は受動喫煙対策であるが 、学校の敷地内禁
煙化はほとんどの都道府県に拡がっている。2002 年
6)
に演者が開設した「学校の禁煙」ホームページ に
学校の禁煙情報を掲載しているが 、ここに寄せられ
ている児童生徒たちの声も掲載している。学校の敷
地内禁煙にはさまざまな意義(表 3)があり 、今後
表 2 FCTC(タバコ規制枠組条約)
日 本 国は2004 年 3月9日に署 名、6月8日に批 准。
条約は2005 年 2月27日発効。全 38 条
表 3 学校敷地内禁煙の意義
受動喫煙防止だけでなく、未成年喫煙防止や禁煙な
ど波及効果が大きい
第 3 回禁煙治療セミナー講演録
49
日本禁煙学会雑誌 第 6 巻第 3 号 2011 年(平成 23 年)6 月 30 日
9)
大学を含めたすべての学校で 、広報・禁煙支援も含
勝野らの調査 がある。これに洲本市応急診療所受
めて 、徹底していくべきである。
診者の未成年喫煙率をグラフにしてみた(図 1、
図 2)
。
第 11 条のタバコ製品に表示される警告についてで
結論として 、未成年者喫煙率は 、残念ながら 2010
あるが 、日本のような文字だけのわかりにくいもの
年度にはゼロにならない。しかし 、2000 年以降は
ではなく 、写真入りのインパクトのある 、大きな警
いずれの調査をみても確実に減少に転じており 、ゼ
告表示が求められている。
ロを目指す対策が必要である。
第 12 条は喫煙防止教育についてであるが 、学習
4-2.未成年者喫煙率ゼロを達成するために
指導要領では保健体育の一部で扱うようになってい
るが 、タバコ問題の真実を伝えるべく着実な実施が
子どもの喫煙率には親の喫煙 、特に母親の喫煙の
7)
影響が大きいことが分かっており 、直近の調査結果
求められる。
第 13 条は広告やスポンサーシップについてであり、
で 20 歳代女性の喫煙率の減少傾向があることから 、
わが国では JT によるバレーボールや将棋 、ゴルフな
子どもの喫煙に対する好影響が期待されるが 、今後
どの後援が目立つが 、これらは FCTC 違反である。
も妊婦や若年女性の喫煙防止対策が重要である。
第 14 条はタバコ依 存の治 療についてであるが 、
未成年者のタバコの入手源としては 、コンビニや
未成年者の喫煙に対しては「罰ではなく治療」の対
タバコ店での対面販売やタスポカードを使った自販
応をするべきであり 、若年者の保険治療の障害とな
機 等のほか 、2010 年 9 月からようやく規 制
っている「喫煙指数 200 以上」という現行の条件を
まったインターネット販売などがあるが 、対策には
撤廃して 、未成年者が禁煙治療を受けやすくするべ
限界があり 、自販機やインターネットによるタバコ
きである。
販売は成人も含めて禁止すべきである。
10)
が始
第 16 条は未 成 年 者のタバコ入 手についてである
また 、「ファイアーブレイク」や「ゼロスタイルミ
が 、わが国ではタスポカードが 2008 年 7 月 1 日から
ント」といった 、煙は出ないが依存性や有害性があ
導入されたものの 、未成年者がタスポカードで購入
る新型タバコが未成年者に流行する懸念もあり 、注
している事例や 、コンビニなどの対面販売でも 、未
意が必要である。
7)
成年者に販売している事例 が増えていることが明
そして国際的にも喫煙抑止に最も効果が大きいと
らかとなっている。
されているのがタバコ価 格の値 上げであり 、1 箱
4.未成年喫煙の未来 1,000 円を目指していくべきである。
2010 年 7 月にアメリカの未成年喫煙率低下政策
~ 未成年者喫煙ゼロは達成できるのか ~
が失敗したという報道があった
4-1.未成年者喫煙率ゼロは達成できるのか
11)
が 、減少傾向だっ
た高校生の喫煙率が 、20 %で下げ止まっていると
8)
未成年喫煙率の全国調査には 、尾崎らの調査 と
いう内容であった。その原因として 、「水タバコと
図 1 未成年者毎日喫煙者率の推移
尾崎らの4 年毎の調査では2000 年をピークに減少に
転じている
図 2 未成年者月喫煙者率の推移
月喫煙者率についても減少傾向にあるが 、2010 年度
ゼロ%達成は難しい
第 3 回禁煙治療セミナー講演録
50
日本禁煙学会雑誌 第 6 巻第 3 号 2011 年(平成 23 年)6 月 30 日
http://nosmoke.web.infoseek.co.jp/hangen/
5) Laurence Moore, Chris Roberts, Chris TudorSmith : School smoking policies and smoking
prevalence among adolescents: multilevel analysis
of cross-sectional data from Wales. Tob Control
2001; 10: 117-123.
6) 学校の禁煙化を支援するホームページ(2002 年 3 月
12 日開設 , 2011 年 2 月 28 日最終アクセス)
http://nosmoke.web.infoseek.co.jp/gakkou/
7) 内閣府:平成 20 年度 青少年有害環境対策推進事
無煙タバコの流行」
「肥満キャンペーンに資金を取ら
れた」ということがあげられているが 、他山の石と
すべきであろう。
5.おわりに
未成年喫煙率が成人喫煙率とともに低下して 、社
会の興味が薄れていくこれからが危険である。タバ
コ産業は必ず子どもにタバコを吸わせる手を打って
業(青少年の酒類・たばこを取得・使用させない取
組に関する意識調査)報告書
くるので油断をしないで欲しい。
8) Osaki Y, Tanihata T, Ohida T, et al : Decrease in
the prevalence of smoking among Japanese
adolescents and its possible causes: periodic
nationwide cross-sectional surveys. Environ
Health Prev Med 2008; 13(4): 219-26.
9) 勝野眞吾他:高校生の喫煙 , 飲酒 , 薬物乱用の実態
と生活習慣に関する全国調査 2006. 兵庫教育大学
教育・社会調査研究センター報告書 2007:1-123.
10)財務省理財局長通知:インターネット等の通信販売
参考文献・ホームページ
1) 悪魔のマーケティング タバコ産業が語った真実 :
ASH - Action on Smoking and Health, 切明義孝・
津 田 敏 秀・ 上 野 陽 子・ 翻 訳 . 日 経 BP 社 , 東 京 ,
2005.
2) たばこ塩産業新聞販売流通版 2008 年 6 月 15 日号 1
面記事 .
3) 淡路医師会:淡路圏域における未成年喫煙防止の
により製造たばこを販売する場合の年齢確認等につ
いて , 2010 年 9 月 9 日
11)ニュ ーヨークタイムズ記 事:Teenage Smoking
ための小・中・高校等の児童・生徒および学校の喫
煙状況調査報告 , 教育アンケート調査年鑑 2003 下 ,
110-116, 2003, 創育社
4) 半減目標は実は賛成多数だった - 健康日本 21 決定
の真実 - ホームページ(2002 年 2 月 23 日開設 , 2011
年 2 月 28 日最終アクセス)
Rates Spur Calls to Renew Anti-Tobacco
Campaigns, 2010 年 7 月 8 日
第 3 回禁煙治療セミナー講演録
51
Fly UP