...

「海の生き物を守る会」メールマガジン No. 147 2014. 11. 16(日)

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

「海の生き物を守る会」メールマガジン No. 147 2014. 11. 16(日)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
「海の生き物を守る会」メールマガジン No. 147
2014. 11. 16(日)
|1
Association for Protection of Marine Communities (AMCo)
Homepage:http://e-amco.com/
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
「今月の海の生き物」トウネン
Calidris ruficollis
【訂正】前号で、同じ写真を使って「ミユビシギ」と紹介しましたが、三浦友之会員の指摘で、「トウネン」の誤りで
あることが判明しました。お詫びしてあらためて以下の記事としました。三浦会員にお礼申し上げます。
チドリ目シギ科に属する鳥類。シベリアや北米などで繁殖し、冬に東南アジアやオーストラリアに越冬
のために長距離の渡りをすることで有名なシギ・チドリの一種。春秋には渡りの途中に日本の各地の海
岸でよく見られる。九州では、越冬する個体も知られている。海岸の砂浜や干潟でゴカイ・貝・昆虫な
どの生き物を食べ
る。写真は夏鳥で
冬になると全身が
やや淡色となる。
体長は約 15cm 程度
で、雀くらいの大
きさである。シギ
類では、小型のグ
ループに属する。
数十羽から、多い
ときには数千羽の
集団で行動するこ
とが知られている。
チュイ
チュイと
鳴く。
(島根県出雲市稲佐の浜にて 芳澤義範氏撮影)
目次
「今月の海の生き物」トウネン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1
1. 「海の生き物を守る会」の活動について・・・・・・・・・・・2
2. 「イカとタコ 切手コレクション」(11)立川賢一・・・・・・・4
3. 海の生き物とその生息環境に関するニュース・・・・・・・・・5
4. 海の生き物に関する運動・行事・他の団体の情報・・・・・・・7
5. 「きらめく動物たちの命と海 久保田信の白浜だより」(71)・・・12
6. 「 有 明海 と三 陸の 水 辺か ら」( 3) 田 中 克 ・・ ・・ ・ ・・ ・・ 1 4
7. 事務局便り・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15
8. 編集後記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16
●「海の生き物を守るフォーラム 2015」を開催します
諫早湾・有明海の問題と東北防潮堤問題を中心に、日本におけるこれまでの自然と人間との関わり方
を振り返り、これからのあり方を考えたいと思います。多くのみなさまの議論への参加を期待いたしま
す。また、このフォーラムでは、京都在住の歌手・江藤ゆう子さんに、海と人間の絆、残していきたい
海と人間の歌を歌っていただきます。心を癒やす江藤さんの歌声をお楽しみください。
「海と人間の関わり方を考える
~コンクリート文明からの脱却~」
日時:2015 年 2 月 11 日(水・祝日)13:00~17:20
会場:クレオ大阪東(大阪市男女共同参画センター東部館)2F 音楽室(多目的室)
大阪市城東区鴫野西 2 丁目 1-21 Tel: 06-6965-1200
プログラム
司会:江藤ゆう子
・趣旨説明:向井 宏(海の生き物を守る会代表)
・講演 1「干潟の生き物から見た諫早湾干拓事業」
佐藤正典(鹿児島大学教授)
・講演 2「有明海再生への提言と防潮堤建設への疑問」
田中 克(京都大学名誉教授・舞根森里海研究所所長)
・「海と人間を歌う」
江藤ゆう子(歌手)
・講演 3「経済学から見た防潮堤建設」
大沼 あゆみ(慶應義塾大学教授)
・コメント「公共事業の問題点 環境女子会の議論から」
安部真理子(日本自然保護協会)
・討論と対話「コンクリート文明をどうするか?」
司会:向井 宏
全講演者と会場との討論と対話
|2
●2/11
総会にも参加を!
今年の海の生き物を守る会の総会を、
2015 年 2 月 11 日に、大阪市京橋駅商店街
の居酒屋で開きます。「海の生き物を守る
フォーラム 2015」の終了後、夕食を食べ
ながら行います。
会員の方は、ぜひご出席ください。
フォーラムに参加できなくても、総会だ
けでも参加できる人はご参集ください。
会員で、やむを得ず欠席される方は、委
任状※をお送りください。また、入会希望
者もご参加いただけます。
※委任状送信用フォームは次の「会報」でご連
絡します。メールで提出の場合は下記まで。
[email protected]
『うみひるも』にご意見や感想その他をお寄せください♪
※海の生き物に関することであればテーマ不問。実名希望、匿名可です。「みんなのひ
ろば」コーナーに掲載させていただく場合がございますので、掲載をご希望でない場合
は、そのむねを明記くださいますよう、お願いいたします。
投稿専用アドレス(うみひるも編集部 宛)[email protected]
New!! 投稿専用フォーム↓簡単にウェブから投稿できます!
https://www.secure-cloud.jp/sf/1415980618OyEOasMf
|3
2.イカとタコ 切手コレクション (11)
立川賢一
|4
【北海道】
●浦河港に死亡イワシの大群
|5
1 日で姿を消す
北海道浦河港に 11 月 6 日、大量のマイワシが死亡して海面に蝟集(いしゅう)しているのが発見された。
浦河港のほぼ全面がマイワシの死亡群に覆われた。港湾管理者のみならず多くの市民がマイワシの採取
を行った結果、約 23 トンのマイワシを回収した。7 日も朝から約 3 トンが回収され、1 日経った浦河港
からは、海面を覆ったマイワシの姿はほぼ消え去った。大群が死亡して打ち寄せられた原因ははっきり
していないが、最近では世界各国で魚の大量死がしばしば報告されるようになった。どの場合も酸素不
足などの理由が推測されているが、はっきりしたことは分かっていない場合が多い。今回のマイワシの
大量死についても原因は分かっていない。一夜でいなくなったのは、海底に沈んだり引き潮に乗って別
のところへ移動したためとみられている。
【東北】
●「毎日 80 億ベクレルが海に出ています」
東電が 8 月に記者会見で明言
8 月 25 日に、東京電力は福島第一原発の 2・3 号機の周辺井戸の水位が地盤よりも高くなっており、海
へ流れ出していることを、数字を出して認めた。それによるとストロンチウム 90 が 50 億ベクレル、セ
シウム 137 が 20 億ベクレル、トリチウムが 10 億ベクレルで、合計 80 億ベクレルの放射性物質が、海
へ流れ出しているという。この値は、1 日あたりというから、きわめて多量の汚染が続いている。しかし、
東電の発表した数字をもとにした計算では、1 日あたり実は 220 億ベクレルであることが判明したらし
い。さらに去年は 1 日あたり 605 億ベクレルが出ていたという。福島沖の海の汚染はすさまじいことに
なっている。東電は 9 月末に海側遮水壁を完成させて海洋流出を止める計画だったが、壁を閉じるため
にはサブドレインの汚染水を浄化して海に流す必要があり、漁業者の理解を得られず難航している。
●津波被害のいわき市海岸林の再生に向け植樹
福島県いわき市の新舞子海岸の海岸林は、東日本大震災の津波の被害を受け、ほぼ消失した。この新舞
子海岸の海岸防災林を復活させようと、みずほフィナンシャルグループが、福島県、いわき市、地元の
下大越共有山林組合などと協定を結び、
「みずほの森」と名付けて約 1 万 3 千本のクロマツの苗木を植え
る計画を立てている。今月 8 日に第 1 回の植樹が行われ、約 4500 本の苗木を植えた。参加したのは、み
ずほグループの社員をはじめ、地元ボランティアなど約 180 名。予定では、2019 年まで手入れを行い、
防災林として育てるという。
【九州】
●海岸のゴミ回収
大分県が集計
7 カ月で約 340 トン
回収作業が海岸の生態系を破壊
大分県では、県の海岸で回収されたゴミの総量が、今年度の(4 月~10 月)7 カ月で、約 340 トンに
上ったと発表した。新たに施行された法律によって、海岸ゴミの回収が各自治体などに義務づけられた
ことをうけて大分県では、今年から海岸ゴミ対策を強化し、回収作業を増やしたことから、ゴミの回収
量が記録され、また増加するようになった。大分県と沿岸市町村では、本年度から重機を使ったゴミの
回収、処理作業を行う箇所を大幅に増やした。県は「大分の美しい海岸を守るため、県民一人一人がで
きることを考えてほしい」と呼び掛けている。
ところが、県や市町村のゴミ回収作業の強化が、環境破壊につながる例が明らかになった。全国でも | 6
有数のカブトガニの生息地で知られる大分県中津市の中津干潟では、ゴミ処理作業の重機が、それまで
カブトガニの保護を重点的に行ってきた産卵場所を踏みつぶしてしまった。作業はパワーショベル 2 台
が砂浜や干潟に入り込み、堆積した草やゴミとともに砂を約 30cm の深さまで掘り返して運搬した。翌
日、そのことに気がついた環境保護団体「水辺に遊ぶ会」の足利由紀子理事長が大分県中津土木事務所
に申し入れ、作業は中止された。土木事務所では「環境への配慮が足りず申し訳ない」と話した。
この問題は、カブトガニだけの問題ではない。砂浜といえども、エコトーンとしての重要な生態系を
持ち、砂浜が減少しつつある今の時代には、貴重な生物の生息場所になっている可能性も高い。安易に
重機を入れて踏みつぶしてもかまわない場所などは、むしろ少ないのである。また、ゴミ回収と称して、
海藻や自然の漂着物までも砂浜から回収するのは、やはり砂浜の生態系を攪乱し、物質循環を阻害する
ことになる。多くの環境保護団体が好んで行っている海岸の清掃作業でも、そういった間違った環境保
護活動が行われている場合が多い。
●漁協は拒否
徳之島で辺野古土砂積み出し桟橋計画
米軍の辺野古新基地建設のための沿岸埋め立てに使用する土砂を、鹿児島県徳之島町から採取し運び出
すために、徳之島町南原海岸に 6000 トン級の船が着岸できる仮設桟橋の建設が計画されている。徳之島
町から運び出す土砂の量は、年間 350 万㎥とされ、事業は東京の(株)不二建設が行う。仮設桟橋の建設に
は、約 10 億円の費用が予定されている。これに対して、南原海岸で漁業権を持つとくのしま漁協は、11
月 7 日に理事会を開催し、桟橋建設に同意しないことを決めた。
【沖縄】
●日本生態学会らが辺野古沖・大浦湾の再調査を要求
沖縄県名護市辺野古沖を埋め立てて、米軍の新基地を作る計画が日米両政府によって進められ、とくに
安倍政権になって建設が強行されている。現在は、埋め立てのためのボーリング調査などが多くの県民
の反対にもかかわらず、行われている。日本生態学会や日本ベントス学会などは、辺野古沖および埋め
立て作業に使われる大浦湾の生きものたちに致命的な影響を与えかねないとして、沖縄県知事あてに、
沖縄防衛局が実施した環境アセスメントの再調査を求めて、11 月 11 日に要請書を提出した。要請書では、
大浦湾は著しく生物多様性が高い貴重な場所であるとし、次世代に引き継ぐ環境と生態系の保全のため
「不十分な環境影響評価のままで埋め立て工事に着手せず、再調査して万全の評価をして欲しい」とし
ている。
【関東】
◆日本学術会議主催公開シンポジウム
|7
東日本大震災からの水産業および関連沿岸社会・自然環境の復興・再生に向けて(第 2 回)
-日本学術会議の第二次提言を踏まえてー
平成 23 年 3 月 11 日に東北太平洋沖で発生した大地震は巨大津波の襲来をもたらし、沿岸地域の漁業お
よび水産関連の職業に携わっていた住民の生活を一瞬のうちに破壊し、地域社会を崩壊させてしまった。
さらに、巨大津波の直撃を受けて漏洩した東京電力福島第一原子力発電所の放射能は、海洋汚染をもた
らし、漁業および水産関連産業に深刻な影響を未だ与えている。水産学、海洋学関連の 16 学会が立ち上
げた水産・海洋科学研究連絡協議会では昨年標記のタイトルでシンポジウムを共催し、各学会の取り組
みについて述べるとともに、総合討論において様々なご意見をいただいた。今回は、各学会のみならず
大学等の取り組みを紹介するとともに、日本学術会議が平成 26 年 6 月 10 日に行った第二次提言の内容
についてパネルディスカッションし、東日本大震災からの水産業および関連沿岸社会・自然環境の復興・
再生に向けての方向性と具体的方法について取りまとめる。
(一般公開、参加費無料、事前申込不要)
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/199-s-2-2.pdf
日時:11 月 21 日(金)10:00~17:20
場所:日本学術会議講堂(港区六本木 7 丁目 22-34)東京メトロ千代田線「乃木坂」駅徒歩 3 分
主催:日本学術会議 食料科学委員会水産学分科会
共催:水産・海洋科学研究連絡協議会、日本水産学会、東京海洋大学、北里大学海洋生命科学部
後援:日本農学アカデミー、大日本水産会、全国漁業協同組合連合会、水産海洋学会、日本付着生物学
会、日本魚病学会、国際漁業学会、日本ベントス学会、日本魚類学会、地域漁業学会、日仏海洋学会、
日本海洋学会、日本水産増殖学会、マリンバイオテクノロジー学会、日本水産工学会、日本プランクト
ン学会、漁業経済学会、日本藻類学会
プログラム
10:00-10:10 開会の挨拶 渡部終五 (北里大学海洋生命科学部)
10:10-10:25 各省庁における震災関連の取り組み状況 秋山敏男(農林水産・食品産業技術振興協会)
第一部 座長:津田 敦(東京大学大気海洋研究所)
10:25-10:50 福島沖の海洋生態系における放射能汚染の推移と現状 石丸 隆(東京海洋大学海洋観測支
援センター)
10:50-11:15 東電福島第一原子力発電所事故による水産物の放射能汚染の状況 森田貴己(水産総合研
究センター)
11:15-11:40 原発災害と水産振興 濱田武士(東京海洋大学大学院)
11:40-12:05 水産基盤(含む防潮堤)復旧の現状と課題 影山智将(漁港漁場漁村総合研究所)
第二部 座長:渡部終五 (北里大学海洋生命科学部)
13:10-13:25 東北マリンサイエンス拠点形成事業の概要 清浦 隆(文部科学省研究開発局)
13:25-13:35 東北マリンサイエンス拠点形成事業(海洋生態系の調査)の研究概要 木島明博(東北大
学大学院農学研究科)
13:35-14:55 海洋生態系調査成果-1 震災と海洋生態系統合モデル 木暮一啓
(東京大学大気海洋研究所)
14:55-14:15 海洋生態系調査成果-2 震災とハビタットマッピングモデル 北里 洋(海洋研究開発機構)
14:15-14:35 海洋生態系調査成果-3 震災と漁業復興モデル 原 素之(東北大学マリンサイエンス復興
支援室)
14:35-14:50 海洋生態系調査成果-4 TEAMS データ共有・公開機能の構築 園田 朗(海洋研究開発機構)| 8
第三部 座長:青木一郎(日本学術会議連携会員)
15:00-15:25 SANRIKU(三陸)水産研究教育拠点形成事業の概要 小川廣男(東京海洋大学大学院)
15:25-15:50 水産総合研究センターの取り組み
秋山秀樹(水産総合研究センター)
15:50-16:15 藻場のモニタリング-東北から北関東の太平洋沿岸- 田中次郎(東京海洋大学大学院)
総合討論 司会:八木信行(東京大学大学院農学生命科学研究科)
16:20-17:10 東日本大震災から新時代の水産業の復興へ 第二次提言について
(コメンテーター) 香川謙二(農林水産省水産庁次長)、赤間廣志(宮城海区漁業調整委員)
17:10-17:20 閉会の挨拶 帰山雅秀 (北海道大学国際本部)
◆ボランティアスタッフ募集!
ビーチクリーンアップ@辻堂海岸 With KEEN Japan
SFJ (Surfrider Foudation Japan)では、この度、11/29 土曜日に米国シューズブランド KEEN 社と一
緒にビーチクリーンを行います。場所は湘南/辻堂海岸です。参加者及びボランティアスタッフを募集
します!
ビーチクリーン終了後は「かながわ海岸美化財団」協力の下、「海のゴミ」についてのワー
クショップも行います。是非、晩秋の気持ちの良い海辺で色々な気づきと出会いを楽しみましょう!
SFJ は本イベントの運営及び回収したゴミの中身の分析をします。分析の目的は、「Ban the Bag ~
レジ袋削減キャンペーン~」を正式ローンチする前のアクションです。9 月より始めたこのゴミ分析も今
回で 3 回目となります。2014 年 9 月、米カリフォルニア州では、遂に無料プラスチックレジ袋全面禁止
が州法令として決議されました。これにより無料プラスチックレジ袋は今後姿を消すこととなります。
このことが海のゴミを減らす上でとても重要です。また、米国の他の州やいろいろな国々でも続々と禁
止の条例が決議されています。その影の立役者となっているのがビーチクリーンアップとゴミ分別分析
を行うサーフライダーファウンデーションです。そこで、今後日本でも正式なプログラムとして取り入
れ、日本版 Ban the Bag プログラムとしてキックオフします!
ビーチクリーン&ワークショップ
日時:11 月 29 日(土) 9:30~12:30(終了予定)小雨決行/荒天中止
場所:辻堂海岸(神奈川県藤沢市) 集合場所:辻堂海浜公園・中央部のサザン池近く、SFJ の青いテ
ントが目印(JR 辻堂駅南口から高砂経由辻堂西海岸行きバスで約 10 分「辻堂海浜公園入口」下車また
は、鵠沼車庫行きバスで約 10 分「辻堂海浜公園前」下車)
参加料:無料
持ち物:軍手(ゴミ袋は支給いたします)、水筒
ボランティアスタッフ募集概要
仕事内容:1. 当日の運営のお手伝い、2. 回収したゴミの分析作業
※ボランティアスタッフの方には後日詳細をメールでお送りいたします。
定員:15 名
★申し込み:こちらのフォームよりお申込みください。イベントにご参加される方も事前にお申込みい
ただけますと幸いです!
◆全国集会
霞ヶ浦導水事業はいらない!
日時:11 月 29 日(土)14:00~17:00
場所:茨城大学人文学部講義棟1F10 番教室(茨城県水戸市文京2丁目1−1)
|9
| 10
【中部】
◆潮だまり観察会
~カニさんを探してみよう~
http://fujimae.org/modules/eguide/event.php?eid=4
日時:11 月 22 日(土)10:00~12:30 (受付 9:45~)
場所:藤前干潟 藤前活動センター(名古屋市港区藤前二丁目 202 番地)
対象:幼児~大人 ※小学校 3 年生未満は保護者とご一緒に!
定員:20 名
※定員次第締め切り
参加費:おとな 200 円、こども 100 円(保険代)、幼児無料
持ち物:筆記具、水筒、帽子、タオル、運動靴か長靴で、あれば双眼鏡
問い合わせ先:080-5157-2002(干潟の学校専用ダイヤル)、052-309-7260(藤前活動センター)
主催:中部地方環境事務所
共催:NPO 法人藤前干潟を守る会
【近畿】
◆じゅごん茶話会へお誘い♪
沖縄ジュゴンのことやジュゴンをめぐる基地問題、沖縄の自然豊かな海のこと。いろいろお話ししたり、
映像を観たり、ジュゴンの折り紙やジュゴングッズを作ったり(ジュゴングッズいろいろ作っています
が、ぜひ、簡単な作業をお手伝いくださいませ)。ゆるりと集まってぼちぼち楽しく過ごしましょう。
お茶とお菓子を用意してお待ちしています♪
気軽にお越しくださいませ♪
日時:11 月 27 日(木)14:00~15:30
場所:ジュゴン保護キャンペーンセンター関西事務所
(JR・京阪・地下鉄「京橋」駅または JR 東西線「大阪城北詰」駅)
参加費:無料
お問い合せ先:ジュゴン保護キャンペーンセンター関西事務所
TEL/FAX 06-6353-0514 メール [email protected] 当日は 090-5882-3629(いけがわ)
【九州】
◆錦江湾重富海岸
観察会
沿岸にたくさんの人々が暮らす錦江湾。「流氷以外の日本の海岸線が全てある」ともいわれる豊かな海
ですが、その魅力にじっくりと触れたことがある人は、意外と少ないかもしれません。今回のイベント
は、錦江湾奥の重富海岸で開催。「干潟」をフィールドに、干潟のいきものを観察してみましょう。
カニやヤドカリや貝類。もしかすると、絶滅危惧種「ムギワラムシ」に合えるかもしれません!海はど
んな生き物を育み、どのように私たちの生活に関わっているのでしょうか。観察会を通じて、錦江湾の
魅力を発見しましょう!(8 月 10 日台風による延期の代替プログラムとして実施いたします。)
日時:11 月 23 日(日)12:30~13:00 受付 ★申込締切日:11 月 18 日(火)
場所:重富海岸
集合場所:重富干潟小さな博物館(鹿児島県姶良市平松 7675-2)
| 11
持ち物:タオル、帽子(つばの広いもの)、長袖・長ズボンの服、日焼け止め、レインウエア(上下別
のもの)、水筒、軍手、着替え、筆記用具、メモ帳、長靴※サンダル可ですが素足で干潟を歩くのはご
遠慮ください
対象者:小学生以上の親子(保護者同伴の参加をお願いします)
プログラム
| 12
13:00~14:00 現地観察会(主催者挨拶・諸注意・現地へ移動・観察会)
14:00~15:00 生き物や干潟・磯の開設、アンケート記入など
※雨天時は室内で海辺の生態系理解のためのワークショップを行います。
※現地調査の結果により、内容、場所などの変更の可能性があります。
※現地観察会・磯の解説は、NPO 法人くすの木自然館専門研究員 浜本 麦さん
実施団体:特定非営利活動法人桜島ミュージアム 協力:特定非営利活動法人くすの木自然館
協働団体:鹿児島県 NPO 事業協会、日本 NPO センター協賛団体:損害保険ジャパン日本興亜株式会社
問い合わせ先:特定非営利活動法人 桜島ミュージアム
E-mail: [email protected]
Tel. 099-245-0100
Fax. 099-245-0101
担当者:大村 瑛
ウミギクの貝殻への穿孔
二枚貝類のウミギク科に属するウミギクは房総半島以南の水深 20m 以浅の岩礁底に右殻で固着してい
る。和歌山県白浜町に所在する京都大学瀬戸臨海実験所周辺海岸でも本種の打ち上げの記録があるが、
その数は多くはない。和歌山県各地の海岸における筆者のこれまでの調査でも、例えば串本町オゴクダ
浜などでは、本種の貝殻の打ち上げ数は少ない。このウミギクにたまに丸い穴が開いていることがある。
2014 年 8 月と 10 月に和歌山県みなべ町小目津浜(長さ 150m ほどの砂浜で、ウミガメ産卵地でよく
知られた千里浜付近)でウミギクが多数打ち上げられていた。度重なる台風(2014 年 8 月から 10 月中
旬に至るまで 4 回襲来)の吹き寄せなどが影響したのだろう。たった 2 回だけの調査で、なんと!47 個
体と 213 個体が収集できた。ほとんど傷んでいない殻だけを選んだのだが、これら合計 260 個体の内で、
収集時の印象より低い値となったのだが、約 13 %に穴が開いていた。穴は 1 個の場合が大半だったが(30
個体)、2 個もあって(4 個体)、それらはみな裏側まで貫かれていた。
その穿孔状況について貝殻を 1cm ごとの大きさに分けて調べた。殻高 1.5-3.4 cm の小型 144 個体では
14.6%が穿孔されていた。
それより大きいと穿孔率は少し減少し
(殻高 3.5-5.4 cm の 109 個体では 11.2%)
、
最も大型の 5.5cm 以上の 7 個体では
(老成個体数が少ないが堅固な固着により波浪などで剥がれにくい)
、
全く穿孔が見られなかった。小型だと殻が薄いので穿孔され易いのであろう。
| 13
次に貝殻を上下・左右で区分し、どの部位によく穿孔されていたか上記 34 個体で調べた。この場合、
1 個の貝殻に 2 穴が開けられていた 4 個体では穴の 1 個ずつを独立に数えた。その結果、貝殻の 4 区分
で左上に穿孔されたのは 15 回、右上は 11 回、右下 5 回、左下 7 回となった。従って左右では差が余り
ないが(22:16)、上半部が下半部よりも頻繁に穿孔される傾向があった(26:12)。よってウミギク
は上半部をよく穿孔されるが、殻頂部が狙われた場合はそう頻繁には見られなかった。
さらに調べると、穿孔され始めたが完全に貫通に至らず生残できたケースが少数(4 個体)あった。そ
れらの穴は 1 個のみで、穿孔位置は右下が 2、左上 1、左下 1 で左右の差は特にない(上述の様に上部が
特に狙われてはいなかった)。残りの他の多くの貝殻ではこの様なケースは起こっていなかったことか
ら、いったん穿孔され始めると貫通され、食われてしまうのであろう。
二枚貝類の貝殻を穿孔し軟体部を摂餌するのはツメタガイ類(タマガイ科)だとよく言われるが、固
着性貝類への穿孔はアクキガイ類(アッキガイ)によってなされることが多い。確かに今回の穿孔の形
状はアクキガイ類の穿孔に類似していた。
図. 和歌山県みなべ町で打ち上げられたウミギクの貝殻への穿孔例
6. 有明海と三陸の水辺から(3) 田中 克
柳川の掘割をニホンウナギの郷に
有明海に注ぐ九州最大河川、筑後川の河口域に立地する柳川市は、立花藩の城下町であり掘割が縦横
に張り巡らされ、船下りで有名な観光の町として知られています。4 年前の 10 月には、有明海をかつて
の“宝の海”に戻すことを目指した干潟再生の取り組みが始められ、その中で自然発生的に「NPO 法人
SPERA 森里海・時代を拓く」が誕生しました。柳川の中心に位置する「さいふや旅館」を拠点にするこ
の NPO は、有明海と掘割などの水辺環境の再生を目指し、持続可能社会の根幹となる森里海連環の価値
観を広める活動を進めています。市民・漁師・研究者・大学生・高校生など多様な立場の皆さんが世代
を超えて知恵を出し合い、自らも楽しむことを合言葉に、いろいろな取り組みが行われています。
柳川観光のもう一つの目玉はウナギのせいろ蒸しです。日本の味百選にも選ばれるほどの特産品も、
今ではニホンウナギが絶滅危惧 1B 類に指定され、先行きが心配されています。子供たちと身近な水辺を
つなぎ直すために、掘割での魚釣りを復活させる取り組みを進め、フナ・オイカワ・モロコ類・タナゴ
類・ナマズ類、ハゼ類、エビ類など多くの生きものたちの生息が確認され、ウナギの餌環境は十分に整
っていると判断されました。
九州で最大の養鰻産地である鹿児島県の河川で、ニホンウナギの資源動向をモニタリングしながら、
天然資源の再生に関する試験研究を進めておられる九州大学農学研究府准教授の望岡典隆先生の指導と
協力を得て、ウナギの寝床となることが実証されている「石倉カゴ」2 基を 9 月 28 日に柳川の掘割に設
置し、10 月 12 日に第 1 回目の取り上げが行われました。石倉カゴは、1m 四方の底網の上に 20cm ほど
の石を 5、6 段に積み重ね、足場の
しっかりした場所に沈めておくだ
けです(写真 1)。取り上げに際し
ては石倉を網で囲んでねぐらに住
みついた生きものたちが逃げない
ようにしながら、石をひとつずつ取
り上げた後、網の中に入った生きも
のをすべて取り上げるしかけです。
写真 1 柳川の掘割の水中に沈めた石倉カゴ
| 14
第 1 回目の取り上げでは、残念ながらニホンウナギの姿を見ることはできませんでしたが、タナゴ類・
モロコ類・ハゼ類とともに多数のエビ類やアメリカザリガニが入りました。今後、地元伝習館高校の生
物部の生徒さんが研究対象として、観察・記録を進める予定です。その中にはテナガエビ(写真 2)が入
り、今では掘割は周辺の川と | 15
はつながっていませんが、海
と川を行き来する生きものが
存在したことは、ニホンウナ
ギのシラスが来遊する 2 月~
4 月の大潮時に水門を開ける
などの工夫をすることにより、
柳川の掘割がニホンウナギの
サンクチュアリーになり、子
供たちの水辺の生きものたち
写真 2 第 1 回目の取り上げで採集されたテナガエビ
への関心を高め、ウナギが生
息する水郷を巡る船下りとして、町おこしにもつながることが期待されます。石倉カゴには成魚ばかり
でなくシラスウナギも入りますので、来春にはウナギの出現が楽しみです。
7.事務局便り

「うみひるも」は「海の生き物を守る会」のメールマガジンです。配信が迷惑と思われる方は、事
務局までご連絡ください。

このメールマガジンは転載自由です。海の生き物に関心を持っている方に広く読んでいただくため
に転送をお願いします。ただし、写真を別の目的で使用する場合は事前にご連絡ください。

企画案などその他なんでも本会の活動に関することは、事務局あてにお寄せください。

本会は自然観察会や講演会を各地で実施しています。各地で開催を希望される方、開催をお手伝い
できる方は、ご一報ください。また、各地の団体との共催も行います。ご一緒に講演会や観察会を
したいと思われる団体からも提案をお受けします。

本会への寄付をお寄せください。寄付も会費も同じ口座「ゆうちょ銀行 口座番号:10610-
6673021 海の生き物を守る会」へお送りください。なお、送金される場合は、送金の内容
について事務局にお知らせください。

うみひるもの表紙を飾る海の生き物の写真を募集しています。種名同定済みの写真ですと、大変助
かります。海にお出かけの際には、カメラご持参で。そして、ベストショットが撮れたら、是非、
うみひるも編集部までお送りください!
8.編集後記
3 ページでご案内しましたとおり、今号から投稿フォーム https://www.secure-cloud.jp/sf/1415980618OyEOasMf
をご用意しました。ご寄稿をお待ちしております。掲載をご希望でない内容も、一筆添えていただければ同じフォ
| 16
ームでお送りいただけます。分量や頻度に関するご要望、新コーナーのリクエスト、ご意見などもお気軽にどうぞ。
連載エッセイへのご感想、応援メッセージ(^0^)/ なども、ぜひぜひお寄せくださいませ! (ちよ)
来年 2 月 11 日に、大阪で「海と人間の関わり方~コンクリート文明からの脱却~」というタイトルで海の生き物を
守るフォーラムを開催します。会場を予約するために、3 ヶ月前の 1 日、会場を訪れた 2 月の会場使用希望者が
多数あるために、受付順の籤引きをしました。ところが、引いた籤は最後から 2 番目。これはもうダメだと観念し
ましたが、幸いなことに 11 日の希望者はおらず、無事会場の予約ができました。一昨年、昨年と 2~3 月に東京
でフォーラムを開催してきましたが、今年は久しぶりに関西でフォーラムを行います。総会も同じです。ぜひ関西
の会員や、海岸の保全に関心のある皆様がご参集いただけますよう、お待ちしています。(宏)
海の生き物を守るためになにかしたい
というあなたに
会員募集中
ボランティアも大募集
会員は本会の趣旨に賛同できる個人・団体とします。年会費は個人 2,000 円、団体 20,000 円。
匿名による参加も可能。会員は、各地で海の生物とその環境を保護・保全する活動を行い、その
ための助成金申請をすることができます。入会希望の方は、事務局まで、氏名、住所、メールア
ドレスをお知らせください。
メールマガジン『うみひるも』第 147 号
2014 年 11 月 16 日発行
発行「海の生き物を守る会」代表 向井 宏
編集:瀬戸内 千代
〒606-8413 京都市左京区浄土寺下馬場町 69 番地
TEL&FAX:075-741-6281
メールアドレス:[email protected]
ホームページ URL:http://e-amco.com/
銀行口座:ゆうちょ銀行 口座番号:10610-6673021
海の生き物を守る会
全銀システムで送金する場合は、068 店(ぜろろくはち店)0667302 ウミノイキモノヲマモルカイ
| 17
Fly UP