...

PDFファイル

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

PDFファイル
イギリスBBC「番組制作者のためのガイドライン」 Producers’ Guidelines
BBC の価値と基準 The BBC’s values and standards
私たちのオーディアンスは、当然の権利とし
く、私たちが今後も引き続き、ラジオ、テレビ、
て BBC に対し、最高の編集基準と最高の倫理
オンラインの分野で働く今日の番組制作者や
基準を期待している。この「ガイドライン」は
編集者に求めていきたい良き慣行を成文化し
BBC の価値(value)や基準についての公式見解
たものである。
であり、私たちが BBC の番組制作者に対し、
この「ガイドライン」は番組制作チームが困
このような価値や基準をどのように達成する
難な局面に直面した際、解決していく方法を見
ことを望んでいるかを示す公式見解でもある。
つけていくための手引書である。危険に立ち向
これは非常に難しい編集の問題に対する BBC
かうことは BBC の創造性に富んだ制作過程に
のアプローチを詳述するとともに、あらゆるレ
おいて、必要不可欠な要素であり、今後もそう
ベルの番組制作者が認識し順守すべき指針を
あり続けなければならない。「ガイドライン」
提示している。
は、同じように危険な状況に遭遇した人々の経
験を踏まえることで、私たちが危険に対して理
ここに示す「BBCガイドライン」第4版に
は、初めて、中立性、正確性、公正性、編集の
にかなった予測を立てるための手助けとなる。
独立性、嗜好と品位の適切な基準に対する責務
BBC の局員、BBC で働くフリーランサー、
など BBC の基本的な編集価値についての簡明
そして BBC が委託するフリーのプロデューサ
な要約が含まれている。新しいデジタル・メデ
ー全員がこのガイドラインに精通し、その根底
ィア社会が進展し、断片化していくに伴い、
にある原則を適用しなければならない。これは、
BBC がこのような価値に重きを置くことは、
単なる道徳的責任以上のものであり、BBC の
今後、あらゆるメディアに放送基準を設けてい
番組を制作する人たち全ての契約上の責務で
くという意味からも一層重要になっていくで
もある。番組制作者は、何が正しいアプローチ
あろう。
であるかということに関して疑問が生じた場
今回の「ガイドライン」第4版では、BBC
合は、編集部長に相談しなければならない。こ
の国際放送における役割の増大や高まるオン
の「ガイドライン」や、その原則からはずれる
ラインの重要性とともに、デジタル時代の挑戦
ことが予測される場合は、BBC の編集政策監
を反映して、かなりの部分が改訂されている。
査役に相談しなければならない。
英国の多様性を反映する研究や自然歴史番組
私たちが「番組制作者のためのガイドライ
に関する研究において最高の水準を確保する
ン」を公表するのは、私たちが掲げる編集基準
ため、新たな助言も含まれている。
をオーディアンスに読んで理解してもらうこ
BBC の世界的な名声は、公共放送の高邁な
とができるように、また、オーディアンスがガ
理念に対する何代にもわたる番組制作者たち
イドラインに沿って私たちの業務の遂行を判
の献身の結果として確立されたものである。
断することができるようにするためである。
「番組制作者のためのガイドライン」は、制作
グレッグ ダイク
者たちが築いてきた良き慣行であるだけでな
番組制作総責任
1
目 次
BBC の編集価値についての声明文 page 5
page 211
索引 page 9
1 諮問と参照
25
page 25
商品の傑出性と無料または割引価格の商
page 221
品や設備
26
2 中立性と正確性 page 35
231
3 公正さと誠実な対応 page 51
27 BBC の商品、サービス、出版物の番組内で
4 プライバシー page 59
外部組織により提供された商品
page
価値・基準・原則
の言及
page 237
5 隠しカメラとマイク page 65
28 外部のイベントの取材と報道
6 嗜好と品位 page 75
29 広告、宣伝活動と BBC ブランド page 255
7 暴力 page 91
30 社会活動の番組編成、キャンペーン団体と
8 模倣される反社会的行動 page 99
page 243
慈善事業 page 259
9 表現(Portrayal) page 105
31
支援サービスとサポート用品 page 267
10 利害の対立 page 113
32
番組における電話参加と電話サービス
page 27
11 グローバルな放送と新しいメディア
page 125
政治
page 285
番組における問題点
33 政治と政治家
12 被害と苦悩についての報道 page 129
34 選挙中の放送 page 293
13 インタビュー page 135
35 世論調査 page 307
14 子どもと番組 page 141
36 政党放送 page 313
15 犯罪 page 147
法律関連
16 警察との関係
page 159
37 一般原則 page 317
17 番組素材の秘匿と公表 page 165
38 名誉毀損 page 239
18 テロリズムと国家の安全 page 171
39 侮辱 page 333
19 英国に関する報道 page 177
40 著作権とその他の知的財産権 page 337
20 自然界の録画
21
page 185
BBC テレビ番組の再放送と再編集
説明責任
page
41 市民と報道機関との関係 page 347
191
42 番組苦情処理 page 353
22 ゲーム番組と懸賞 page 197
43 放送基準委員会
23 国営宝くじの報道 page 205
付記 page 359
番組の資金調達と外部との関係
.
24
商業上の関係と番組の適切な資金調達
2
page 355
BBC の編集価値 The BBC’s Editorial Values
公正性
私たちは、世界で最も創造的で、信頼される放
送事業者であり番組制作者であることを目指し
BBC の番組は、公正で、開かれていて、理路整
ている。市場だけでは達成出来ない方法で、情報
然とした取り扱いを基本としなければならない。
を伝え、教育し、楽しませ、生活を豊かにするサ
番組の協力者は誠実に、尊敬を持って扱われるべ
ービスを提供することによって、すべてのオーデ
きである。また、彼らには番組が何に関するもの
ィアンスを満足させようと努力している。私たち
なのか、どのような番組への貢献を期待されてい
は、公共的目的に沿うことを目指している。公共
るのか、番組が生放送か収録なのか、編集される、
的目的とは、英国の最も革新的な才能を伸ばし、
について知る権利がある。(第3章参照)
あらゆる利害から独立した行動を取り、最高の倫
多様な人々と文化に対する十分で公正な見方の
理基準を目指すことである。
提示
中立性
BBC の番組とサービスは、英国内で、また世界
正当な中立性は BBC の中心に位置するである。
で、人びとと文化の多様性をありのままに映し出
BBC のあらゆる番組とサービスは偏見がなく、公
していなければならない。そうすることにより、
正で、真実を尊重するものでなければならない。
私たちはオーディアンスに対して、番組を豊かに
BBC では、いかなる思想であれ、それが全く反映
する新しい才能やさまざまな視点、人物、意見を
されなかったり、十分に提示されなかったりする
紹介するのである。
ことがあってはならない。(第2章参照)
社会集団を取り上げる際には、ステレオタイプは
避けなければならない。(第9章参照)
正確性
編集の高潔さと独立性
私たちの情報は正確でなければならず、いつで
もそれが正確であることを検証し、さらに別の観
オーディアンスが BBC の番組の高潔さに信頼を
点から再検証し、それを確実にするために助言を
置くことができなければならない。BBC の番組の
求める用意ができていなければならない。現場に
決定は正当な編集上の理由によってのみ下され
赴いて自ら情報を集め、それが不可能な場合は現
るのであり、政治的、商業的、特定の利益といっ
場にいた人びとと話をして、可能な限り直に情報
た不当な圧力の結果でないことをオーディアン
を収集しなければならない。しかし、正確性とは、
スが確信していなければならない。(第 24 章参
多くの場合、事実を正しく掴めば良いというだけ
照)
番組制作者の社外活動は BBC の番組に不適切な
の問題ではない。すべての関連情報について、何
影響を与えてはならない。(第 10 章参照)
が報道され、何が表現されているかを慎重にはか
りにかけて、真実を追究しなくてはならない。
(第二章参照)
3
プライバシーの尊重
子どもの福祉の擁護
BBC は個人のプライバシーを尊重しなければな
番組制作者は、番組に参加する子どもの福祉を
らない。いかなるプライバシーの侵害も、より大
擁護するよう留意しなければならない。番組に関
きな公共の利益になるという理由により正当化
わるすべての子どもに対して、番組の作られ方に
することができなければならないことを認識す
よる影響及び、番組が放送された時に子どもに与
べきである。私的な行動、私信、私的な会話は、
える影響について十分に考慮すべきである。(第
より大きな公共の利益がある以外は、公の場に持
14 章参照)
ち込むべきではない。 (第4章参照)
インタビューを受ける者に対する公平性
嗜好と品位に関する基準の尊重
BBC のインタビューは、丁重で誠意と品位を持
番組制作者は、オーディアンスが不快になる場
たなければならない。インタビューは綿密で鋭く、
合、ならない場合といった、多様な見解があるこ
懐疑的で、情報が豊富で、適切であっても、決し
とを認識し、かつ尊重しなければならない。創造
て、偏っていたり、失礼であったり、議論の一方
性に富み、しかも驚くべき手法で、オーディアン
に感情的に肩入れすることがあってはならない。
スの期待に挑戦する権利は、擁護されなければな
インタビューは挑戦的であるかもしれないが、ど
らないが、オーディアンスが BBC の放送や出版物
んな挑発があっても、攻撃的であったり、怒鳴っ
に対し、不必要に感情を害するようなことがあっ
たり、無礼であってはいけない。インタビューを
てはならない。オーディアンスが特定の番組、サ
受ける者には、質問に対して十分な返答を述べる
ービス、放送時間帯に対して持っている期待を考
公平な機会が与えられなければならない。(第 13
慮することが重要である。BBC のテレビ番組スケ
章参照)
ジュールは、午後9時の時間帯の変わり目
英国における多様なオーディアンスへの配慮
(watershed)を尊重しなければならない。(第
BBC の番組とサービスは、英国のすべての地域
6章参照)
のすべてのオーディアンスにとって、関連があり、
反社会的及び犯罪行為の模倣の回避
適切なものでなければならない。
(第 19 章参照)
オーディアンスは、テレビやラジオで見聞きし
商業的利益からの独立
た行動が模倣される可能性があることを懸念し
ている。私たちは BBC の番組で描かれた生命を脅
BBC の番組は、いかなる製品、サービス、企業
かすような、反社会的な行為や犯罪行為が、模倣
を支持したり、奨励したりするような印象を与え
行為を助長しないように努めるべきである。(第
てはならない。製品やサービスの言及は、編集上、
8章参照)
正当化できるものでなければならず、宣伝の要素
があってはならない。(第 25 章参照)
4
―――――――――――――――――――
聴者への影響、暴力を含む番組が近い時間帯に放
第7章 暴力
送される場合や番組が何回も繰り返される場合
―――――――――――――――――――
の蓄積効果、などである。
1 一般的原則
2 現実の暴力
映像による暴力が多くの人を動揺させること
2.1 ニュースにおける暴力
は明らかである。それが過度になると、視聴者に
テレビは世界中の出来事を見せることができ
脱感作(訳注:暴力に対して鈍化してしまうこと)
るが、そのことは即、テレビがその内容に責任を
を引き起こすと非難されることもあり得る。オー
負うことを意味している。もしうまく扱われなけ
ディアンスは以前からずっと暴力描写に関心を
れば、ニュース番組は、報道スタジオに入ってく
持ち続けている。特に現実に近いと感じられる暴
る多くの悲惨な痛ましいニュースで溢れてしま
力で写実的なもの、あるいは自分の経験に近い暴
う可能性がある。取り上げるニュースは、単に
力に対して不安を抱いている。
個々のストーリーの羅列ではなく、オーディアン
オーディアンスのほとんどはニュースや事実
スへの包括的影響を考え、全体として考慮される
を描く番組(factual program)やテレビドラマ
必要がある。
などに出てくる暴力シーンは道徳的、社会的観点
真実への要求と、人びとを鈍化させる危険性と
から役に立つものであることを期待している。主
のあいだでバランスを保つことが必要である。あ
要な映画作品や、時にはコメディなどでは、ある
る種のニュース・ストーリーでは、ショックを受
種の様式化された映像暴力は娯楽であるとして
けることが、何が起こったかを十分理解するため
受け入れられている。
の要素となることがある。しかし、視聴者が何度
暴力場面を提示する場合は、一日の何時頃に放
もショックを受けてしまうと、今度は視聴者にシ
送するかを考慮しなければならない。特に、午後
ョックを与えるために、より多くの刺激を必要と
九時の子どもや家族の視聴時間帯とおとなの時
することになる。このような例としては、暴力行
間帯の分岐点(watershed)以前に放送する場合
為そのものより、暴力行為の後のひどい結果を示
は、暴力場面が適切であるかどうかを十分に確認
す映像などがある。
(第12 章「被害と苦悩につい
し、過剰な暴力はどんなものであれ避けなければ
ての報道」の第 2 節「トラウマの描写」を参照)
ならない。時間帯の分岐点以前に放送される番組
暴力に関わる現実の出来事を報道するとき、以
予告には不適切な内容を含んでいてはならない。
前に起こった類似した出来事の録画映像を使っ
第6章「嗜好と品位」の第2節も参照のこと。
たり(例えば、最近のテロリスト・グループによ
編集者と制作者は自分たちが制作している
る非道な行為の報道など)
、あるいは「壁紙」と
作品にかなりのめり込むので、常に一歩下がって
して使用したりする場合には、十分に注意しつつ
それがどのような影響を与え得るかを考える必
検討を加えるべきであり、常に厳格な意味で適切
要がある。例えば、次のようなことを考慮するこ
なものでなければならない。
とが重要である:暴力事件が文脈からみて適切で
子どものように影響を受けやすい集団が視聴
あるか否か、家庭で初めて暴力的な逸話を見る視
する可能性があるニュース速報の映像を編集す
5
る場合は、特別な配慮が必要である。
種の動物の宗教的重要性を意識しなければなら
2.2 事実に基づく番組における暴力
ない。その動物を馬鹿にしたり、卑しめたりする
ニュースの暴力に適用される原則のほとんど
と、感情を害することもあり得る。
が、事実に基づく番組にも適用できる。放送時間
3 フィクションにおける暴力
帯への配慮は、同様に必要である。図書館の資料
3.1 大人向けのドラマ
を使う場合は、制作者はステレオタイプなイメー
ドラマは重要な問題を誠実に掘り下げていか
ジを生むような使い方をするのを避けるべきで
なければならない。そこでは暴力は社会と自然の
ある。過度の暴力を含む場面は単に嫌悪を生むだ
一部である。しかし、テーマがひどい暴力シーン
けで、番組の流れ全体の効果を減じてしまうこと
を必要としている場合には、後に起こり得る問題
にもなる。
を制作者とディレクターが台本の段階で事前に
2.3 動物に関係する暴力
解決しておかなければならない。部局内で検討し、
オーディアンスは動物に関連する暴力に対し
必要ならチャンネル・コントローラーとも相談し、
て敏感であるかも知れない。このような暴力シー
彼らの要請によっては、編集政策主席アドバイザ
ンは、正当な編集目的を持っていなければならな
ーに相談しなければならない。
い。しかし、動物の世界では、同種間の攻撃的行
番組制作者は、当該の暴力事件やその詳細が物
動と、ある種から異なる種への捕食のための攻撃
語にきわめて重要なことなのか、単に見せるため
との間には区別がある。オーディアンスは、たと
に挿入されているのかを問わなければならない。
えば支配を巡ってオスが闘う場合など、同種の動
絶対に暴力の使用が根拠のないものであっては
物間の攻撃性を見ることをそれ程拒絶しないと
ならない。
言われている。苦痛を伴う捕食行動のシーンでは
暴力の程度やタイプ、どの程度まで詳細に見せ
不必要な詳細は省くなど、注意深く扱う必要があ
てもいいかは文脈による。オーディアンスはその
る。
内容が明確な道徳的な文脈で提示される限り、動
人間が動物に対して攻撃を加えるシーンを扱
揺させるような映像を進んで見ることもある。こ
うときは特別の配慮が必要である。場合によって
れはオーディアンスが楽しんでいるからではな
は、動物には何の危害も与えなかったことを明ら
く、それが現実であることを認識しているからで
かにするコメントを放送することも有効であろ
ある。例えば、本格的なドラマはオーディアンス
う。
に多くのことを求める。それに対してオーディア
番組での動物の使用は法律で規定されている。
ンスは、暴力がドラマティックな目的のためであ
英国では、闘牛、闘犬、闘鶏は違法である。これ
ると確信していれば、暴力的シーンや悲惨な場面
らのシーンを放送することは、英国で録画された
が自分たちに挑んでくることを尊重するのであ
ものであれ、海外で録画されたものであれ、正当
る。
性を持つことは希で、部局長に照会しなければな
しかし、オーディアンスはアクションで溢れる
らない(第 20 章「自然界の録画」を参照)
。世界
スリラーのなかの多くの暴力を楽しむかも知れ
のオーディアンスに向けて放送する場合は、ある
ないとはいえ、暴力の特徴やスタイルは物語と同
6
じように現実とはかけ離れたものであることを
示唆するようなやり方を見せる場合はそうであ
求めている。同様に、コメディではユーモラスな
る(第 8 章「模倣される反社会的行動」も参照)
。
状況が明確であれば、オーディアンスは様式化し
暴力は常に物理的であるわけではない。言葉に
た暴力(ドタバタ劇のような)を楽しむかもしれ
よる攻撃は、深く心を傷つけ得る。特に使用され
ない。
た言葉が性的意味合いを持っていればそうであ
番組制作者は暴力描写の判断を求められたと
る。放送時間が適切かどうかを十分確認する必要
き、視聴者が様々な要因に基づいて画面上の暴力
がある。特にオーディアンスに子どもが含まれる
の激しさを判断していることを自覚していなけ
場合はそうしなければならない。
ればならない。一つの要因あるいはそれ以上の要
3.2 購入した番組
因が組み合わさって、そのシーンがより暴力的で
BBC のドラマについて指摘した一般的問題点の
あると認識されるのである。
多くが、外部から購入した番組にも当てはまる。
番組制作者は暴力が、次にあげる一つあるいは
最初から BBC によって委託されていない映画やド
それ以上に関わるとき、特に注意すべきである:
ラマの内容は、同じようには制御出来ない。しか
オーディアンスが自分の経験に近い状況、あるい
し、それらも BBC の編集基準に合致していなけれ
は現実に近いと認識したとき、家庭内暴力、性的
ばならない。より詳しいガイダンスについては、
暴力、女性や子どもが犠牲者として描かれている
第 6 章「嗜好と品位」の第 12 節「購入した番組」
シーン、過度の暴力が続くシーン、暴力の肯定を
を参照すること。
促進しているような状況、自殺や自殺未遂、など
3.3 子どもと暴力
実生活に近い状況における暴力は、空想におけ
である。
制作者は視聴者が、暴力描写に使われる様々な
る暴力より人びとの気持ちを動揺させることが
異なる制作テクニックについて高度な理解をし
証明されている。特に子どもは、暴力が親しみの
ていることを自覚すべきである。グラフィックの
ある場所で起こったり、親しみのある登場人物の
クローズアップ、乱暴な言葉、効果音、ムード音
間で起こったりするときに心を痛める。
楽、見物人の反応が同時に使われるときは、累積
例えば、家庭内での自分の両親に似ている人物
効果に十分注意しなければならない。
の間での暴力、登場人物やペットに対する暴力な
暴力的行動の結果も見逃してはいけない。そう
どは、子どもがそれに共感するので避けるべきで
しなければ、暴力の結果を浄化してしまう危険性
ある。模倣の危険性は、子どもに関して特に高い。
がある。例えば、現実的な場面では頭部への一撃
例えば空手チョップや、縄やナイフやビンのよう
が、重大な結果を伴わない些細なこととして見過
な簡単に手に入る武器の使用に関しては、十分に
ごしてはならない。
特別な注意を払う必要がある。
模倣を助長する可能性のある武器を扱うとき
犯罪行為はそれを見せることで「どうやってや
は、特別な配慮をすることが必要である。特にナ
るか」を学ぶレッスンになってはならない。また、
イフや金槌、火かき棒などのような簡単に手に入
現実の暴力の結果を隠蔽してしまわないことも
る武器の使用や、暴力をより効果的にすることを
重要である。
7
3.4 女性に対する暴力
番組を含めて、不適切な暴力表現を避けるよう特
ドラマにおける女性に対する暴力は、女性は暴
に注意を払う必要がある。
力によって食い物にされたり、辱められたりする
番組制作者は第 6 章の「嗜好と品位」の第 2 節
ものだという思いこみや、特別の場合以外は自ら
「テレビ:時間帯の分岐点…」
、第 12 章「被害と
進んで暴力の犠牲になるものだ、といった思いこ
苦悩についての報道」も参照すること。
みを煽るものであってはならない。レイプはその
国際放送サービスはできるだけ十分に時間帯
犠牲者にとっては悲劇に他ならず、それ以外の意
の分岐点に関する政策を適応すべきである。しか
味を示すことは誤りである。
し、これらのサービスは多くの異なる時間帯に放
女性に対する暴力はエロティックな経験とし
送しているから、より柔軟な時間帯の分岐点政策
て描かれてはならない。希にドラマで暴力と性的
が必要であろう。番組は悲惨な暴力映像の利用に
満足の繋がりが深刻なテーマとして深く掘り下
関してBBCが用いている一般的原則を遵守し
げられることもあるが、すべての表現は、その文
なければならない。
脈において妥当性を持たなければならず、単に刺
激的なものであってはならない。子どもに対する
――――――――――――――――――――
第8章 模倣される反社会的行動
暴力においても同様の感受性が必要である。
4 編成、警告、時間帯の分岐点
――――――――――――――――――――
現実に基づく番組やドラマが暴力シーンを含
1 一般的原則
むとき、オーディアンスが全く気づかないで見て
オーディアンスはテレビやラジオで見たり聞
しまうのを防ぐために警告を使用することを考
いたりしたことを、誰かが模倣するかも知れない
えよう。これは広範囲の非難や抗議を避ける鍵と
ことに不安を感じている。私たちはBBCの番組
なる。どんな性格の番組であるかは、番組案内、
で提示されるいかなる反社会的、犯罪的、あるい
広報、宣伝資料や番組リストなどで表示されるか
は生命を脅かすような行動であれ、それが模倣行
もしれない。しかし、これらは明確な、曖昧でな
為を促さないように保証する努力をしなければ
い放送による警告の代替とはならない。もし、番
ならない。
組が視聴するには不愉快な内容であるときは、視
2 犯罪と野蛮行為
武器の使用や犯罪のテクニックなど野蛮な行
聴者は前もって知らされるべきである。
番組部は警告が必要であると判断したら、チャ
為を扱うときは特に注意が必要である。これらの
ンネル・コントローラーと提示部に前もって注意
行動をより効果的にするような詳細な情報や方
を喚起しなければならない。そうすることにより、
法を過度に開示するのを避けることが重要であ
番組編成における全体の暴力の量が常に精査さ
る。
れ、検討されることになるからである。
3 模倣と子ども
夕方の編成においては、テレビでは時間帯の分
子どもの遊びは多くの場合、テレビで見たこと
岐点がきわめて重要なポイントである。なかでも
に影響を受けている。子ども向け番組や子どもの
夕方の早い時間には、分岐点となる時間帯以降の
間で人気のある番組では、危険な模倣に繋がるよ
8
うな行為やテクニックを見せるのは避ける必要
グラフィックな描写、技術的方法を示すのも避け
がある。一般に、子ども番組での喫煙、飲酒は避
なければならない。自殺の方法が異常である場合
けるべきである。子どもに人気のあるポップスタ
は特にそうである。言葉遣いに気を使うことも重
ー、俳優などがテレビのインタビューに出演して
要である。自殺は 1961 年に非犯罪化されている。
いるときは、彼らに喫煙や飲酒をしないよう働き
その後は「自殺を犯す」という言葉が一部の人に
かけるのがいいだろう。
は不快であるとみなされている。「自ら命を絶
首つりのシーンは子ども番組には不適切であ
つ」または「自殺死」のほうが望ましい。
る。時間帯の分岐点の前に首つりのシーンを見せ
事実に基づく番組で自殺がテーマとなる場合
る決定をするときは、制作部長に問い合わせなけ
は、情報を吟味し気をつけて扱わなければならな
ればならない。たとえ夜遅く放送するとしても、
い。
首つりのシーンでは詳細をどれくらい見せるか
自殺をテーマにした事実に基づく番組やドラ
についても注意しなければならない。
マは、オーディアンスに深い影響を与える場合も
痛みを与えたり、傷つけたりするときの新しい
生じうる。このような場合、番組制作者は電話で
方法や希な方法は、子ども番組では提示してはい
のヘルプラインを提供したり、その他の援助資料
けない。特に家ですぐ手に入る物、例えばナイフ、
を提供したりすることを考慮すべきである(第 32
金槌などで簡単に模倣出来る場合は、そうである。
章「番組における電話参加と電話サービス」およ
また、プラスチックの袋で窒息する危険性もある
び 31 章「支援サービスとサポート用品」を参照)。
ことを覚えておかなければならない。登山やモー
制作者が自殺を扱う際にアドバイスを必要と
ターサイクリングといった危険な活動を子ども
するときは、
「サマリア人協会」
(訳注:1953 年ロ
向け番組内で提示するときは、専門家の指導を待
ンドンに創設された精神的な悩みをもつ人びと
たずに模倣の危険性について警告が発せられる
の救済を目的とする団体)に問い合わせれば、快
べきである。
く相談に乗ってくれる。
4 自殺
5 ドラッグ
ドラマでは自殺の方法について不必要に詳細
英国内や国際社会においては、ドラッグ使用へ
に示すことを避けるべきである。自殺行動や行為
の対応はそれぞれ異なる。事実に基づく番組でド
を、利用したり賞賛したりする、あるいは個人の
ラッグ使用の問題をとりあげる場合は、匿名性、
自殺が「肯定的な」結果をもたらすことを強調す
子どもの保護、ドラッグ使用の描き方、などの問
るようなドラマ制作に関しては、編集上の判断を
題がしばしば提起されることになる。完全に理解
下す際に特に注意が必要である。
できるように法律的、社会的文脈を明らかにする
自殺はニュース報道の正当なテーマであるが、
必要があるだろう。非合法のドラッグ、例えば大
自殺の事実を報道することが他の人の自殺を促
麻を吸う者を撮影すると犯罪捜査の対象となり
すかもしれない。報道は話を美化したり、単純な
得ることを覚えておかなければならない。
説明をしたり、動揺している人に悲しみを押し付
6 社会的、反社会的行動
けるようなことをしてはならない。また、自殺の
喫煙、飲酒などの社会的行動が一般的に容認さ
9
れるかどうかは、時代とともに変化する。制作者
術をやって見せることは、1952 年の催眠術法で規
は、特に若い人たちの間で有害となる可能性を持
制されている。この法律では催眠術の提示には免
つ習慣を促進してしまう危険性と、一般の人びと
許が必要で、18 歳以下の人に施術することを禁止
の態度と行動を現実的に反映する必要性、との難
している。この法律は人びとが入場できる娯楽や、
しいバランスをとらなければならない。
それに関連するすべてのテレビでの催眠術の提
ドラマや事実に基づく番組においては、喫煙が
示にも該当する。
登場人物や物語にとって不可欠な場合がある。し
催眠術の提示を考えている制作者は部局長に
かし、スタジオでの議論などの一般的な番組では、
相談しなければならない。娯楽番組における催眠
喫煙は拒否できる。出演者に録画が始まる前にこ
術の行為は注意深く扱われなければならない。人
のようなことについて確認しておく必要がある。
を馬鹿にするための催眠術でも、そのような趣向
同様の判断が飲酒の提示についても必要であ
の是非を問題にする以前に、家庭の人びとを害す
る。事実に基づく番組ではこの問題に関連するす
る恐れがあることが問題である。影響を受けやす
べての側面に関して、正確に十分に扱う必要があ
い視聴者に催眠術がもたらす危険性は最小限に
る。フィクションでは社会生活においてアルコー
とどめなければならない。特に催眠術師はまっす
ルが占める位置を、現実的に反映していなければ
ぐカメラに向かって施術してはならない。
ならない。制作者は過度の飲酒の持つ反社会的側
―『fctGAZETTE』No.81(2003 年 11 月)掲載―
面に関して注意する必要がある。
制作者は喫煙と飲酒に関しては、宗教的な感受
性が存在することを自覚している必要がある。特
に国際放送向けの番組を制作しているときには
そうである。たとえば、イスラム教徒と見られる
人をタバコやアルコールと関連づけて示せば、オ
ーディアンスに何か別の意味を与えることにな
るかもしれない。
7 シートベルト
法律では一般に前席,後席のドライバーと乗客
はシートベルトを着用するよう義務づけられて
いる。そうしないだけの十分な理由があるとき以
外は、法律を守っているということを示さなけれ
ばならない。同じことが運転中の携帯電話の使用
にも言える。
8 催眠術
避けるべき一番の危険は、家庭にいる人に害を
与えないということである。公共娯楽として催眠
10
Fly UP