...

実習 『ネチケット 電子メール編』 指導計画

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

実習 『ネチケット 電子メール編』 指導計画
実習
『ネチケット
電子メール編』
指導計画
(1)単元名・単元目標・評価の観点
普通科第1学年 情報A
平成17年 月
日( )
場所 情報処理室
担当 土居義邦
単元
単元目標
本時目標
指導計画
評価の観点
2 ネットワークの活用
(2)情報の受発信と共有
①受発信に適した情報のあらわし方
効果的に情報を受発信するために必要な情報のあらわし方・取り決めについて知る。
●電子メールに関わるネチケットを身につける
●ネチケットに沿ったメールを送信することができる
(1)Webメールの利用 ・・・ 2時間
(2)メールのマナー
・・・ 1時間(本時)
(3)情報の信頼性・信憑性・・・ 1時間
(4)チャット実験
・・・ 2時間
A.ネチケットガイドライン(RFC1855)−電子メールのガイドライン−をはじめ、
電子メールに関するネチケットに沿ったメールを送信できる
B.メールというコミュニケーション手段において相手を意識して表現や方法を工夫し、
情報伝達のためのルールを共有する
(2)本時案
展開
時間
生徒の活動
第1時
●Webメールにログインする。
●前回メールで提出した課題に対す
る評価を確認する。
●本時の学習内容について確認する。
授業担当者の支援
評価
●本時の課題を説明
●メールを隣同士で交換する。
(テーマ:
)
●同時に何人かに送ってもよい
●携帯から送ってもよい
●プレゼンを聞いてネチケットにつ
いて確認する。
●メールに関するネチケットについて説
明(プレゼン)
相互評価A
●受信したメールがネチケットに沿
っているかどうか項目ごとに確認
し、結果を交換する
●相互評価用紙を配り、受信したメール
をチェックさせる
●課題をメールで提出
1.感想、
2.これまで守れていたネチケット
3.守れていなかったネチケット
4.必要ないと思うネチケット
5.他に必要だと思うこと
●ネチケットに配慮させる
担当者によ
る評価、結
果の返信
AB
資料−4−②
メールの届くしくみ
• 教科書P36
• Nichibun.net 「
メールのしくみ」
ネチケット 電子メール編
– アニメーションで。
• 自分のPC→SMTPサーバ→インターネット
→POPサーバ→相手PC
情報A 実習
「
Webメールの活用」
Webメールとは
絶対に守ること
• ブラウザ上でメールを読んだり、出したりする
方式
• インターネットへ接続できるパソコンであれば、
どのパソコンからでもメールを読んだり、送信
したりすることができる
• パスワードは絶対に人に教えない
• 他人のアドレスを勝手に人に教えない
• もし、知らない人からメールが届いた場合、開かず
に削除する
– ウイルス感染のおそれあり
• このアドレスを使って掲示板・
出会い系サイト等への
書込み等をしない
– コンピューター上に残る記録から、誰がどこから出した
メールかすぐに分かります
• 何かトラブルがあったらすぐに申し出ること!
メールアドレスについて・・・
[email protected]
国名
組織
プロバイダ・企業・
学校名
アカウント
実習
•
•
•
•
メールを出してみよう
携帯から出してもよい
同時に何人かに出してもよい
ちょっと長めのメールを書いて下さい
ドメイン名
1
資料−4−②
電子メールのルールとマナー①
∼使用する文字について∼
送ったメール・届いたメールをチェック!
• インターネットの世界にもマナーがあります。
それをネチケットといいます。
• 送ったメールは自分が書いた通りに表示され
ていますか?
• 届いたメール・
送ったメールはネチケットを守
れていますか?ひとつづつチェック!
• 機種依存文字は使わない!
–
–
–
–
特定の機種のみに存在する文字のこと
丸付き文字・ローマ数字・単位記号など
i-mode絵文字、Vodafone/SoftbankMobile絵文字、au/ezWeb絵文字
参考「機種依存文字劇場」
• http://apex.wind.co.jp/tetsuro/izonmoji/
• 半角カタカナは使わない
– 文字化けを起こしやすいだけでなく
– ネットワーク上のコンピュータを誤動作させるおそれあり
• いわゆる「
ギャル文字」、一部の人にしか通じない表現は使わない
– 理解できない人、不快に思う人もいる
電子メールのルールとマナー②
∼相手に対する思いやり∼
• 件名は必ず具体的に分かりやすく
– 多くのメールの中から目的のメールを探し出すのに便利
– 忙しいとき、今読むべきか後でもいいのか判断しやすい
• 名前は必ず名乗ろう、署名をつけよう
– アドレスだけでは誰からのメールか分からない
– 名乗るのは当然のマナー
• 必要な部分を引用し、分かりやすく
• 適度な文字数、改行で見やすく
電子メールのルールとマナー③
∼他人に迷惑をかけないように∼
電子メールのルールとマナー③
∼他人に迷惑をかけないように∼
• メールアドレスは正確に
– 一文字でも間違うと届きません
• 添付ファイルは相手の環境を考えて
– あまり大きなサイズのものを送らないように
• 迷惑メールやウイルスメールに注意
– チェーンメール、スパムメールは無視
– 知らない人からのメールは開かない
補足
• 次の場合もあります
• 同報メールのあて先をTo:やCc:に記述しない
– 個人情報の漏洩に繋がる
– 複数のあて先に同報メールを送る場合
• To:に自分自身のアドレスを記述し、
• Bcc:にあて先を記述する
– 特定のコミュニティ内ならば許可されている
– 既に時代遅れになっている
• 状況と場合において使い分けること
• 返信を強要しない、返信がないからといって怒らな
い
– 相手にも都合があります
2
Fly UP