...

Untitled - JAとぴあ浜松

by user

on
Category: Documents
23

views

Report

Comments

Transcript

Untitled - JAとぴあ浜松
《 目 次 》
Ⅰ.経営方針 -------------------------------------------------------------------1
Ⅱ.事業の概況 -----------------------------------------------------------------3
Ⅲ.地域・文化への貢献と農業振興 ------------------------------------------------5
Ⅳ.トピックス -----------------------------------------------------------------6
Ⅴ.コンプライアンス・リスク管理等への取り組み -----------------------------------7
Ⅵ.事業のご案内 ---------------------------------------------------------------15
Ⅶ.商品・サービスのご案内 ------------------------------------------------------17
Ⅷ.手数料一覧 -----------------------------------------------------------------21
Ⅸ.資料編 ---------------------------------------------------------------------25
1.財務諸表 ---------------------------------------------------------------25
(1)貸借対照表--------------------------------------------------------------25
(2)損益計算書--------------------------------------------------------------26
(3)剰余金処分計算書--------------------------------------------------------26
(4)注記表------------------------------------------------------------------27
2.部門別損益計算書 --------------------------------------------------------37
3.経営指標 ---------------------------------------------------------------38
4.信用事業の状況 ----------------------------------------------------------39
(1)主な指標等の状況--------------------------------------------------------39
(2)貸出金等の状況----------------------------------------------------------43
(3)貯金の状況--------------------------------------------------------------45
(4)有価証券等の状況--------------------------------------------------------46
(5)その他の信用事業の状況--------------------------------------------------48
5.共済事業の状況 ----------------------------------------------------------49
6.その他の事業の状況 ------------------------------------------------------50
7.自己資本充実の状況 ------------------------------------------------------51
(1)自己資本の構成に関する事項----------------------------------------------51
(2)自己資本の充実度に関する事項--------------------------------------------52
(3)信用リスクに関する事項--------------------------------------------------53
(4)信用リスク削減手法に関する事項------------------------------------------57
(5)派生商品取引及び長期決済期間取引の取引相手のリスクに関する事項----------57
(6)証券化エクスポージャーに関する事項--------------------------------------57
(7)出資等エクスポージャーに関する事項--------------------------------------58
(8)金利リスクに関する事項--------------------------------------------------59
8.連結情報 ------------------------------------------------------------ 60
(1)JAとぴあ浜松グループの概況---------------------------------------------60
(2)子会社の状況-----------------------------------------------------------60
(3)連結事業の概況----------------------------------------------------------60
(4)連結財務諸表------------------------------------------------------------61
①連結貸借対照表---------------------------------------------------------61
②連結損益計算書---------------------------------------------------------62
③連結剰余金計算書-------------------------------------------------------62
④連結キャッシュ・フロー計算書-------------------------------------------63
⑤連結注記表-------------------------------------------------------------65
(5)連結ベースの主要な経営指標----------------------------------------------76
(6)連結ベースの経常収益等--------------------------------------------------76
(7)連結リスク管理債権(貸出金)の状況--------------------------------------77
(8)連結自己資本充実の状況--------------------------------------------------78
①連結自己資本の構成に関する事項-----------------------------------------78
②連結自己資本の充実度に関する事項---------------------------------------79
③信用リスクに関する事項-------------------------------------------------80
④信用リスク削減手法に関する事項-----------------------------------------84
⑤派生商品取引及び長期決済期間取引の取引相手のリスクに関する事項---------84
⑥証券化エクスポージャーに関する事項-------------------------------------84
⑦オペレーショナル・リスクに関する事項-----------------------------------84
⑧出資等エクスポージャーに関する事項-------------------------------------85
⑨金利リスクに関する事項-------------------------------------------------85
9.財務諸表の正確性等に関する確認-------------------------------------------86
Ⅹ.当組合の概況 --------------------------------------------------------------87
1.組合の機構 --------------------------------------------------------------87
2.組合員の状況 ------------------------------------------------------------88
3.役職員の状況 --------------------------------------------------------------89
4.沿革・歩み --------------------------------------------------------------90
5.店舗・地区等の状況-------------------------------------------------- 91
ⅩⅠ.開示項目 ----------------------------------------------------------------93
Ⅰ.経営方針
使命
私たちJAとぴあ浜松は、組合員とその家族のみならず、広く地域住民や法人および消費者に対し、生活・
流通・金融にわたる総合事業展開を通して、質の高いサービスと商品および自然の恵みである農産物を提供し、
安心と安全、また快適で豊かな生活の実現に貢献することにより、常に時代に即した全国JAのリーダーであ
り、実践者であることを目指します。
経営理念
1.共 生
どのような組織も、その組織が提供する商品やサービスを利用していただく方々があって初め
てその存在意義があります。JAもマーケットやお客様(組合員・利用者の方々)を忘れては存
在し得ません。私たちは、常にマーケットやお客様と共に生きます。
2.創 造
時代はいつも変化しています。JAもまたそういった変化に対応し、同時に自ら新しいものを
創造していく力が求められます。農業と共に生きることを大切にしながら、常に新しいサービス
やマーケットの開発をします。
3.健 全
将来に向けて継続的により良いサービスの提供や商品の開発をするためには、それに投資する
ために必要な利益を確保していくことが大切です。JAも経済的な事業体・組織体として、永続
的に適正な利益を確保できるよう、常に生産性を向上します。
4.品 質
品質はJAの事業を継続的に発展させる上での基盤です。事業活動全般にわたり常に質の高い
商品とサービスを提供します。
5.専 門
総合事業を展開するJAは、各々の事業分野でそれぞれ特定の専門企業や組織と競争していま
す。私たちは、総合事業を展開している強みをさらに充実させるために、各々の分野での高度な
知識・技能を高めます。
6.信 頼
私たちは、まわりのいろいろな関係者-組合員・利用者・地域住民・取引先・行政など-の方
々との関係(ネットワーク)の中で存在しています。JAの主体性を発揮しながら、まわりの方
々との関係を大切にしていくことが重要です。また、そういった方々との信頼関係なくしては事
業の継続的発展もありません。私たちは、常にまわりの方々との信頼関係を深めます。
7.公 平
私たちは、組合員や利用者の方々に対しては、常に公平な対応、満足のゆくサービスの提供を
し、また、職員に対しては、自分たちの仕事に達成感・成功感を味わえるような、公平・公正な
評価をします。
8.実 践
自分たちの組織の運命を決めるのは、自分たちの意思・行動の選択の結果です。責任を他のも
のに転換しているだけでは新しいJAの未来を切り拓くことはできません。私たちひとりひとり
の積極的で主体的な行動(リーダーシップ)こそが、明日のJAを創造するという当事者意識を
もって日々の業務を遂行します。
1
経営管理体制
当JAでは、組合員の意思を広範に反映するとともに、業務執行を機動的に行うために経営管理委員会を設
置し、経営管理委員会が任命する理事が常勤して日常の業務に専念する体制をとっています。
経営管理委員は、組合の業務執行にかかる基本的事項や重要事項を定めるほか、理事の業務執行の監督を行
っています。
理事には、経営や事業に精通した実務者を登用し、信用事業専任理事及び各事業部門担当理事による常勤体
制として、高度化・専門化する業務に迅速に対応しています。
また、農業協同組合法第30条に規定する常勤監事及び員外監事を設置し、ガバナンスの強化を図っていま
す。
職員の行動規範
1.信頼されるパートナーとして、地域に貢献します。
2.発想の転換と創意工夫にチャレンジします。
3.未来を見つめ、勇気と信念で行動します。
4.常にコスト意識をもって行動します。
5.仕事ではいつもプロフェッショナルを目指します。
6.専門知識と技術で、価値あるサービスをします。
7.誠意と情熱をもって、笑顔で応対します。
8.自ら提案、自ら実行を積極的に実践します。
2
Ⅱ.事業の概況
◆損益の状況
共済事業を除く各事業の収益率の低下等により、事業総利益は16,339百万円(前期比97.7%)となりました。
また、事業管理費は13,495百万円(前期比98.1%)で、差引の事業利益は2,844百万円(前期比95.9%)、
経常利益は3,204百万円(97.2%)、当期剰余金は1,922百万円(前期比94.9%)となりました。
◆信用事業
農業メインバンク、生活メインバンクとして、農業とくらしに貢献するため、組合員・利用者の満足度向上と利
用者保護の徹底に努めました。
個人市場分野における金融機関競争は熾烈なシェア争いが展開されていますが、貯金については年金相談サービ
スの機能発揮に努め、順調な増加が図られました。
一方、貸出金においては、積極的な提案型ローンセールスを展開したものの、景気低迷や人口の減少等による市
場規模の縮小から新規貸出が伸び悩みました。
貯金残高は963,535百万円(前期比102.5%)、貸出金残高は215,020百万円(前期比98.9%)となりまし
た。
また、農業および地域金融における円滑な資金供給を最も重要な社会的役割の一つと位置づけ、「金融円滑化に
かかる基本方針」を制定し、体制強化に取り組んでいます。実施状況等の詳細につきましては、当JAのホームペ
ージでご覧いただけます。
◆共済事業
東日本大震災や台風15号による大規模な自然災害発生を踏まえ、組合員・利用者世帯への建物・家財保障の積
極的な保障点検活動を展開し、万全な保障の提供に努めました。また、「ひと・いえ・くるま」の総合保障の提供
を目指して活動を展開した結果、長期共済354,856百万円(前期比107.9%)の新契約実績を挙げることができ
ました。
◆購買事業
農業生産コスト削減のため、生産資材価格の引き下げと、営農アドバイザーによる予約購買の拡大に努めました。
しかし、生産資材価格は依然と高値圏にて推移しており、農業経営に大きな負担となりました。
こうしたなか、台風被害による農業用ビニール、マルチフィルムの購入支援および農業用使用済みプラスチック
類回収費用の支援を実施しました。
葬祭部門は、「JAとぴあ やすらぎホール小池」が2月1日にオープンし、芳川、志都呂、浜北、細江と合わ
せ、5会場8ホールの体制となり、組合員や地域住民の要望に沿った事業展開を図りました。なお、葬儀取扱件数
は1,184件でした。
購買事業全体の供給高は、9,659百万円(前期比93.8%)となりました。
◆販売事業
重点市場との連携を図り、契約販売の強化、総合販売の取り組みを行うとともに、パッキング事業の拡大と、と
ぴあフェアを積極的に開催し消費宣伝に努めました。また、地元に根づく直売所としてファーマーズマーケット東
店を開設しました。
農産園芸部門は、震災、福島第一原発事故問題の風評被害、台風、天候不順により、大変厳しい状況での販売と
なりましたが、年末からは全国的に出荷量が不安定な状況となり、野菜全般に価格は堅調に推移しました。
果樹部門は、初夏の高温乾燥により着果量が減少し大玉果となり、また、台風、天候不順が影響し外観品質の不
良により厳しい販売状況で推移しました。
花き部門は、国内景気の低迷を受け厳しい販売環境となりました。また、天候不順や重油価格の高騰で出荷遅れ
や数量の減少が目立ち、販売高は前期を下回りました。
畜産部門は、牛肉の生肉(ユッケ)問題、放射能の風評被害により価格は低迷しました。豚肉は年度当初は順調
に推移しましたが、夏以降は輸入量の増加と消費者の低価格志向による価格低迷のなか厳しい状況となりました。
販売事業全体の販売高は、20,280百万円(前期比95.3%)となりました。
◆営農指導事業
営農アドバイザーの訪問活動の徹底、指導力アップを図り、組合員の農業経営基盤の維持向上と農業経営支援の
強化に努めました。
また、出荷前残留農薬、土壌分析による農薬や肥料などの適切な使用と安全・安心な農産物の生産指導に取り組
みました。
3
◆対処すべき重要な課題
(1)農業経営の体質強化
農業経営支援による経営指導や販売体制・営業力の強化により組合員の所得向上を支援するとともに、食の安
全・安心対策の徹底に努めます。
また、生産資材の仕入機能強化と物流センターの充実を図り、農業生産コストの削減に貢献します。
(2)コンプライアンス態勢の確立
農業を主軸とした地域協同組合として、組合員・利用者・地域住民の皆様にとって必要とされるJAであり続
けるよう、「自ら考え行動するコンプライアンスの確立」を目指し、職員1人ひとりのコンプライアンス意識の
高揚を図ります。
(3)経営の効率化
地域協同組合として地域農業振興や社会貢献活動を積極的に行い、組合員・利用者・地域住民との仲間づくり
や絆を大切にし、組織基盤の充実を図ります。
また、計画に沿った施設整備や環境に配慮したエコ対策を進めるとともに、特に経済事業の部門採算性の向上
を図り、経営の健全性・効率性に努めます。
4
Ⅲ.地域・文化への貢献と農業振興
当JAは、組合員の「営農とくらし」を守り、地域農業の振興と地域社会の発展に貢献するため様々な取組
をしております。
1.地域貢献情報
◆年金友の会
・JAで年金をお受け取りいただいております皆様の会「年金友の会」では、会員旅行ご優待などのさ
まざまなサービスを実施し、会員相互の親睦を深めていただいております。
◆年金相談会
・社会保険労務士による年金相談会を年間約50ヶ所で開催し、年金のお受け取り手続きなどのご相談を
お受けしております。
◆健康管理
・JA共済に一定額ご加入いただいております皆様を対象に、毎年「人間ドック」を実施して、健康管
理のお手伝いをさせていただいております。
◆税務相談
・税理士による税務相談会を、支店や営農センター等で毎月開催しております。
◆介護事業
・介護に携わる家族への負担を軽減するため、訪問介護事業、居宅介護支援事業、福祉用具貸与事業、
介護予防訪問介護事業、介護予防福祉用具貸与事業を積極的に展開し、組合員及び地域住民の負託に
応えられるように努めております。
◆訪問介護員の育成
・訪問介護員のレベルアップ研修会を開催し、資質向上を図っております。
◆高齢者への支援
・元気な高齢者を対象としたふれあいセンター「槙の里」では、要介護状態の回避を目指し、高齢者の
楽しめる場所を提供しております。
◆認知症サポーター養成講座開催
・認知症について正しい知識を深め、認知症の人や家族を見守り、安心して暮らせる町づくりに貢献す
るため、職員を対象に「認知症サポーター養成講座」を開催しました。
◆自然環境保全活動
・青壮年部・女性部・職員会の1,170人が、管内の海岸・公園・道路など6ヶ所の清掃活動を行いまし
た。
◆子ども110番の家
・管内のATMコーナーを地域の交番「子ども110番の家」として始動しました。ATM内の非常用ボ
タンを押すと監視カメラとスピーカーを通じて契約警備会社と通信。瞬時に対応し、大切なお子様を
守ります。
◆情報提供活動
・広報誌「とぴあ」は、農業や地域の情報、JAからのお知らせなど様々な話題を掲載した情報誌で、
管内の組合員をはじめ、地域住民向けに毎月発行しております。
2.農業振興活動
◆担い手育成
・広く農業の人材を育成するため「新規農業者養成塾」「とぴあ園芸教室」を開催しております。
・農地の斡旋と集積を通じて多様な担い手を育成し、地域における農業振興と農地の維持保全に取り組
んでおります。
◆農協祭
・地域のみなさまに、農業への理解を深めていただくため、各地区において「農協祭」を開催しており
ます。
◆親子農業体験
・管内各小学校の児童に、農業体験をとおして農業や自然に対する理解を深めていただくため、「親子
農業体験(あぐり体験隊)」を実施しております。
◆ファーマーズマーケット
・地産地消への取り組みとして、ファーマーズマーケット東店、浜北店、三方原店にて地場農畜産物の
販売を行っております。
◆1部署1協同活動
・10年後の将来像である「農業を主軸とした地域協同組合」を目指した「1部署1協同活動」を支店・
センターを中心に展開し、組合員および地域住民との仲間づくりや地域農業振興に努めております。
5
Ⅳ.トピックス
◆三方原支店 新装オープン (平成23年7月)
・7月19日、新店舗で営業を開始しました。
◆地域ブランド「やらまいか」認定 (平成23年8月)
・8月2日、浜松商工会議所で浜松地域ブランド「やらまいか」の認定証授与式が行われ、地域のイメージ
アップを図り、観光と産業振興に寄与する代表商品として、とぴあみかん、ピオーネ、とぴあネーブル、
浜北次郎柿の4品が選ばれ認定されました。
◆TPP交渉参加反対静岡県総決起大会~日本の食と暮らしを守る~(平成23年10月)
・10月17日、静岡市内のホテルでTPP交渉参加反対静岡県総決起大会が開催され、約450人が参加
しました。当JAからは、役職員、生産者代表、青壮年部員、女性部員ら20人が参加し、TPP断固反
対の姿勢を貫こうと結束しました。
◆ファーマーズマーケット東店 新装オープン (平成23年11月)
・11月9日、ファーマーズマーケット上石田店を貴平町に移転し、ファーマーズマーケット東店として営
業を開始しました。
◆やすらぎホール小池 新設オープン (平成24年2月)
・2月1日、管内5ヶ所目となる斎場施設「やすらぎホール小池」の営業を開始しました。
◆JA特別優績表彰 受賞 (平成24年5月)
・5月17日、東京都内で平成23年度JA共済優績組合表彰式が行われ、特別優績表彰を受賞しました。
◆「出資証券」電子化 (平成24年7月)
・全国的な出資証券の電子化に伴う証券廃止の流れのなかで、当組合も6月30日をもって証券の発行を廃
止し、電子化(ペーパーレス)の管理に移行しました。
◆共済感謝の集い開催 (平成24年7月)
・7月6日~9日、アクトシティ大ホールで「五木ひろしコンサート」を開催しました。この集いは、JA
共済に一定額ご加入の皆様を対象に毎年開催しております。
◆住吉支店 新装オープン (平成24年7月)
・7月17日、新店舗で営業を開始しました。
◆富塚支店 新装オープン (平成24年7月)
・7月23日、新店舗で営業を開始しました。
◆東日本大震災復興支援
・募金活動
支店窓口に募金箱を設置するなどして、被災者復興支援の募金活動に取り組みました。
この義援金3,738,702円(平成24年3月末現在)は、全国農業協同組合中央会を通じて被災JAへ届
けました。
・生活物資支援
「とぴあ茶(ボトル缶)」1,000ケースを2回に分けて被災JAへ贈りました。
・人的支援
職員13名及び青壮年部2名を4班に分けて「JAグループ支援隊」として継続的に派遣し、農地や水路
に積もったヘドロの除去作業等の支援活動を行いました。
6
Ⅴ.コンプライアンス・リスク管理等への取り組み
1.コンプライアンスへの取り組み
当JAは、農業を主軸とした地域協同組合として、また公共的使命と社会的責任のある金融機関として、組
合員・利用者・地域住民の皆さまにとって必要とされるJAであり続けるため、自己責任原則に基づき自己規
律・自助努力のもと、法令等を遵守しディスクロージャーと説明責任を重視した透明性の高い業務運営を行っ
ていきます。
(1)基本的使命と社会的責任の認識
当組合の基本的使命と社会的責任の重みを常に認識し、健全な業務運営を通じて組合員および地域社会
に対する一層の揺るぎない信頼の確立を図ります。
(2)質の高いサービスの提供と役割の発揮
質の高いサービスを提供し、組合員の農業と生活全般にわたる各種活動を通じて、地域農業および地域
社会の発展に貢献します。
(3)法令等の厳格な遵守
すべての法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範に逸脱することのない、誠実かつ公正な事業運営を
行います。
(4)反社会的勢力の排除
社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、毅然とした態度で臨み、これを断固として
排除します。
(5)透明性の高い組織風土の構築
経営情報の積極的かつ公正な開示をはじめとして、広く地域社会とのコミュニケーションの充実を図る
とともに、真に透明な経営の重要性を認識した組織風土を構築します。
● 理事・部長および地区統括部長で構成するコンプライアンス委員会を定期的に開催し、JAのコン
プライアンス態勢全般にかかる企画・推進・進捗管理に関する検討・審議を行っています。
● 支店・センター等の各部署にコンプライアンス担当者を配置して部署内の管理を行っており、本店
の主管部署にコンプライアンス責任者を配置して日常業務の管理を行い、総務部にコンプライアンス
対策課を設置してJA全体の統括業務を行っています。
● 役職員一人ひとりのコンプライアンス意識の高揚と実践力の向上により、自ら考え行動するコンプ
ライアンスを確立すべくコンプライアンス・プログラムを策定し、役職員一体となって取組んでいま
す。
2.内部監査体制
当JAでは、内部監査部門を事業推進部門から独立して設置し、経営全般にわたる管理及び各部門の業務の
遂行状況を、内部管理態勢の適切性と有効性の観点から検証・評価し、改善事項の勧告などを通じて業務運営
の適切性の維持・改善に努めています。
また、内部監査は、JAの本店・支店のすべてを対象とし、内部監査計画に基づき実施しています。
監査結果は代表理事理事長及び監事に報告したのち被監査部門に通知され、定期的に被監査部門の改善取り
組み状況をフォローアップしています。また、監査結果の概要を定期的に経営管理委員会および理事会に報告
することとしていますが、特に重要な事項については、直ちに経営管理委員会、理事会、代表理事理事長およ
び監事に報告する措置を講じています。
7
3.リスク管理への取り組み
当JAでは、経営上発生する可能性が高い各種リスクに対応するため、リスク管理を徹底しております。
(1)信用リスク管理
信用リスクとは、貸出先の財務状況の悪化等により、融資した資金の回収が困難となり、損失を被るリスク
をいいます。当JAでは、本店金融管理部に融資課、債権管理部に債権管理課を設置しており、融資課が資金
資金使途・返済能力等の審査を専門的かつ厳正に行うとともに、債権管理課が不良債権等の管理を専門的に行
い、資産の健全化に努めております。
また、「農協資産自己査定基準」に基づく資産自己査定を年2回行い、資産内容を個別に検討して回収の危
険性を区分するとともに、大口の債務者について定期的に理事会に経営状況を報告し重要な個別案件について
は対応方針を決定するなど、資金運用・調達の総合管理を行っております。
(2)市場リスク管理
市場関連リスクとは、金利・有価証券・為替等の様々な市場の変動により、保有する資産の価値が変動し収
益が不安定化するリスクをいいます。当JAでは、四半期ごとにALM(資産負債総合管理)委員会を開催し
景気動向や金利動向を検討するとともに、資金運用・調達の総合管理を行っております。
(3)流動性リスク管理
流動性リスクとは、予期せぬ資金の流出等により必要な資金が不足し、資金繰りに支障をきたすリスクをい
います。当JAでは、一定割合以上の資金を静岡県信連に預け入れ、不測の事態に備え十分な支払資金を確保
しております。
(4)オペレーショナル・リスク管理
オペレーショナル・リスクとは、業務の過程、役職員の活動、もしくはシステムが不適切であること、又は
外生的な事象により損失を被るリスクのことです。当JAでは、収益発生を意図し能動的な要因により発生す
る信用リスクや市場リスク及び流動性リスク以外のリスクで、受動的に発生する事務、システム、法務などに
ついての事務処理や業務運営の過程において損失を被るリスクと定義しています。事務リスクなどについての
事務手続を整備し、定期監査等を実施するとともに、事故や事務ミスが発生した場合は速やかに状況を把握す
る体制を整備して、リスクが発生した場合の対応及び改善に迅速かつ正確に対応するよう努めています。
○事務リスク管理
事務リスクとは、事務処理の正確性や迅速性の不備によって生じる事故により損失を被るリスクをいいま
す。当JAでは、系統オンラインシステムによる事務処理の効率化を図るとともに、業務別の事務マニュア
ルを作成し、研修会等を通じて適正な事務処理の徹底を図っております。
なお、監査部が本店や支店などの各部署に対して内部監査を年1回以上実施するとともに、管理者が月1
回店内検査を実施し、自ら当該部署の検査を行うことにより内部けん制機能の充実を図り、事務管理の適正
化に努めております。
○システムリスク管理
システムリスクとは、コンピューターシステムのダウン又は誤作動等、システムの不備により損失を被る
リスクをいいます。当JAでは、オンライン回線・オンライン端末機・ATM等の自動化機能等について保
守管理を徹底するとともに、系統組織と連携しシステムの運用には万全を期して取り組んでおります。
8
4.利益相反管理方針
------------------------とぴあ浜松農業協同組合 利益相反管理方針---------------------------
当とぴあ浜松農業協同組合(以下「当JA」といいます。)は、お客様の利益が不当に害されることの
ないよう、農業協同組合法、金融商品取引法および関係するガイドラインに基づき、利益相反するおそれ
のある取引を適切に管理するための体制を整備し、利益相反管理方針(以下、「本方針」といいます。)
を次のとおり定めるものとします。
1.対象取引の範囲
本方針の対象となる「利益相反のおそれのある取引」は、当JAの行う信用事業関連業務、共済事業
関連業務または金融商品関連業務にかかるお客様との取引であって、お客様の利益を不当に害するおそ
れのある取引をいいます。
2.利益相反のおそれのある取引の類型
「利益相反のおそれのある取引」の類型および主な取引例としては、以下に掲げるものが考えられま
す。
(1) お客さまと当JAの間の利益が相反する類型
○ 秘密保持契約を締結して特定部署が入手したお客さまの情報が他部署に漏洩し、他の取引に利用
される場合。 ○ 抱き合わせ販売や優越的地位の濫用等に該当する取引を行う場合。
(2) 当JAの「お客さまと他のお客さま」との間の利益が相反する類型
○ 農業法人等の買収において、当JAが買収側・被買収側双方と融資および助言・指導等の取引関
係を有する場合や複数の農業法人に対して経営アドバイス等を行う場合。
○ グループ会社との取引に際し、アームズ・レングス・ルールに違反する場合。
○ 接待・贈答を受け、または行うことにより、特定の取引先との間で一般的な水準から乖離した水
準で取引を行う場合。
3.利益相反のおそれのある取引の特定の方法
利益相反のおそれのある取引の特定は、以下のとおり行います。
(1) 利益相反のおそれのある取引について、利益相反管理統括部署があらかじめ類型化します。
(2) 各部署においては、取引を行う際に、当該取引が利益相反のおそれのある取引として類型化された
取引に該当するか確認します。
(3) 利益相反のおそれのある取引に該当すると判断した場合は、利益相反管理統括部署に報告します。
(4) 各部署で、利益相反のおそれのある取引に該当するか判断しかねる場合、または、類型には該当し
ないが利益相反のおそれのある取引に該当すると疑われる場合は、利益相反管理統括部署に相談し
ます。
(5) 利益相反管理統括部署は各部署からの相談を受けて、各部署と協議のうえ(必要に応じて関係部署
と協議)、当該取引が利益相反のおそれのある取引であるかの特定を行います。
9
4.利益相反の管理の方法
当JAは、利益相反のおそれのある取引を特定した場合について、次に掲げる方法により当該お客さ
まの保護を適正に確保いたします。
(1) 対象取引を行う部門と当該お客さまとの取引を行う部門を分離する方法
(2) 対象取引または当該お客さまとの取引の条件もしくは方法を変更し、または中止する方法
(3) 対象取引に伴い、当該お客さまの利益が不当に害されるおそれがあることについて、当該お客さま
に適切に開示する方法(ただし、当JAが負う守秘義務に違反しない場合に限ります。)
(4) その他対象取引を適切に管理するための方法
5.利益相反のおそれのある取引の記録および保存
利益相反の特定およびその管理のために行った措置については、当JAで定める内部規則に基づき適
切に記録し、保存いたします。
6.利益相反管理体制
(1) 当JAは、利益相反のおそれのある取引の特定および利益相反管理に関する当JA全体の管理体制
を統括するための利益相反管理統括部署およびその統括者を定めます。この統括部署は、営業部門
からの影響を受けないものとします。また、当JAの役職員に対し、本方針および本方針を踏まえ
た内部規則等に関する研修を実施し、利益相反管理についての周知徹底に努めます。
(2) 利益相反管理統括者は、本方針にそって、利益相反のおそれのある取引の特定および利益相反管理
を実施するとともに、その有効性を定期的に適切に検証し、改善いたします。
7.利益相反管理体制の検証等
当JAは、本方針に基づく利益相反管理体制について、その適切性および有効性を定期的に検証し、
必要に応じて見直しを行います。
10
5.個人情報保護方針
------------------------とぴあ浜松農業協同組合 個人情報保護方針-------------------------- とぴあ浜松農業協同組合(以下「当組合」といいます。)は、組合員・利用者等の皆様の個人情報を正
しく取扱うことが当組合の事業活動の基本であり社会的責務であることを認識し、以下の方針を遵守する
ことを誓約します。
1. 関連法令等の遵守
当組合は、個人情報を適正に取扱うために、個人情報の保護に関する法律(以下「法」といいま
す。)その他、個人情報保護に関する関係諸法令および農林水産大臣をはじめ主務大臣のガイドラ
イン等に定められた義務を誠実に遵守します。
個人情報とは、法第2条第1項に規定する、生存する個人に関する情報で、特定の個人を識別で
きるものをいい、以下も同様とします。
2.利用目的
当組合は、利用目的をできる限り特定したうえ、あらかじめご本人の同意を得た場合および法令
により例外として扱われるべき場合を除き、その利用目的の達成に必要な範囲内でのみ個人情報を
取扱います。
ご本人とは、個人情報によって識別される特定の個人をいい、以下同様とします。
利用目的は、法令により例外として扱われるべき場合を除き、あらかじめ公表するか、取得後速
やかにご本人に通知し、または公表します。ただし、ご本人から直接書面で取得する場合には、あ
らかじめ明示します。
3.適正取得
当組合は、個人情報を取得する際、適正かつ適法な手段で取得します。
4.安全管理措置
当組合は、取扱う個人データを利用目的の範囲内で正確・最新の内容に保つよう努め、また安全
管理のために必要・適切な措置を講じ従業者および委託先を適正に監督します。
個人データとは、法第2条第4項が規定する、個人情報データベース等(法第2条第2項)を構
成する個人情報をいい、以下同様とします。
5.第三者提供の制限
当組合は、法令により例外として扱われるべき場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ること
なく、個人データを第三者に提供しません。
6.機微(センシティブ)情報の取り扱い
当組合は、ご本人の機微(センシティブ)情報(政治的見解、信教、労働組合への加盟、人種・
民族、門地・本籍地、保健医療等に関する情報)については、法令に基づく場合や業務遂行上必要
な範囲においてご本人の同意をいただいた場合を除き、取得・利用・第三者提供はしません。
7.開示・訂正等
当組合は、保有個人データにつき、法令に基づきご本人からの開示、訂正等に応じます。
保有個人データとは、法第2条第5項に規定するデータをいいます。
8.苦情窓口
当組合は、取扱う個人情報につき、ご本人からの苦情に対し迅速かつ適切に取り組み、そのため
の内部体制の整備に努めます。
9.継続的改善
当組合は、取扱う個人情報について、適正な内部監査を実施するなどして、本保護方針の継続的
な改善に努めます。
なお、「個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内」について、当JAホームページでご覧い
ただけます。 11
6.金融商品販売法への対応
金融商品を販売する事業者には、金融商品販売法の施行が義務付けられております。当JAでは、下記
の勧誘方針を定め、ポスタ-の店内掲示・職員研修等、より堅実な体制整備を図って参ります。
--------------------------------とぴあ浜松農業協同組合 金融商品の勧誘方針------------------------------- 当組合は、貯金・定期積金、共済その他の金融商品の販売等の勧誘にあたっては、次の事項を遵守し、
組合員・利用者の皆さまに対して適正な勧誘を行います。
(1) 組合員・利用者の皆さまの商品利用目的ならびに知識、経験、財産の状況および意向を考慮のう
え、適切な金融商品の勧誘と情報の提供を行います。
(2) 組合員・利用者の皆さまに対し、商品内容や当該商品のリスク内容など重要な事項を十分に理解
していただくよう努めます。
(3) 不確実な事項について断定的な判断を示したり、事実でない情報を提供するなど、組合員・利用
者の皆さまの誤解を招くような説明は行いません。
(4) 電話や訪問による勧誘は、組合員・利用者の皆さまのご都合に合わせて行うよう努めます。
(5) 組合員・利用者の皆さまに対し、適切な勧誘が行えるよう役職員の研修の充実に努めます。
(6) 販売・勧誘に関する組合員・利用者の皆さまからのご質問やご照会については、適切な対応に努
めます。
7.金融ADR制度への対応
(1) 苦情処理措置
当JAでは、苦情処理措置として、業務運営体制・内部規則等を整備のうえ、その内容をホームページ
・チラシ等で公表するとともに、JAバンク相談所やJA共済連と連携し、迅速かつ適切な対応に努め、
苦情処理の解決を図ります。(午前9時~午後5時(金融機関の休業日を除く))
① まずは、最寄の支店窓口へお申し出ください。
② 信用事業に関する支店以外の窓口-金融推進部推進企画課(053-476-3121)
③ 共済事業に関する支店以外の窓口-共済部長期共済課(053-476-3132)
④ その他の窓口-総務部コンプライアンス対策課(053-476-3158)
⑤ 信用事業に関するその他の窓口-静岡県JAバンク相談所(054-284-9913)
⑥ 共済事業に関するその他の窓口-JA共済相談受付センター(0120-536-093)
(2)紛争解決措置
利用者様が外部の紛争解決機関を利用して解決を図ることをご希望される場合は、紛争解決措置として、
次の外部機関をご利用出来ます。
① 信用事業-静岡県弁護士会あっせん・仲裁センター
上記の利用に際しては、JAバンク相談所を通じてのご利用となりますので、当JAのコンプラ
イアンス対策課(053-476-3158)または静岡県JAバンク相談所(054-284-9913)にお
申し出ください。(午前9時~午後5時(金融機関の休業日を除く))
② 共済事業(自動車事故以外)-(社)日本共済協会 共済相談所(03-5368-5757)
③ 自動車事故関係-(財)自賠責保険・共済紛争処理機構(http://www.jibai-adr.or.jp/)
(財)日弁連交通事故相談センター(http://www.n-tacc.or.jp/)
(財)交通事故紛争処理センター(http://www.jcstad.or.jp)
12
8.JAバンク基本方針
「JAバンク基本方針」は、「JAバンクシステム」を確立するため、JA・信連・農林中金が一体となって取り
組むべき基本的な事項について、JAバンクの総意として定める「行動規範」です。
JAバンク基本方針の概要
(1) 「JAバンクシステム」の基本的方向
① JA・信連・農林中金の総合力を結集し、実質的に一つの金融機関として機能する運営システムを確立
② 全国どこでも、良質で高度な金融サービスを提供
③ JAバンク全体として、資金を安全・効率的に運用し、体制・能力を超えた資金運用を防止
④ 破綻未然防止のため、早期に経営改善を行い、改善困難な場合には速やかに組織統合を実施
⑤ 指定支援法人*に基金を設定して財源を確保し、経営改善や組織統合に必要な支援を実施
*指定支援法人:(社)JAバンク支援協会が、指定支援法人としての役割を担っています。
(2) 「JAバンク会員」の役割等
① 農林中金の役割 (JAバンクの総合的戦略の樹立、JA・信連に対する必要な指導、「JAバンク中央本部」の設置
・運営)
② JA・信連の役割(農林中金の指導の遵守、「JAバンク県本部」の設置・運営、一体的な事業推進への取組)
③ 中央会との連携 (農林中金・信連の役割を果たすための中央会が行う総合的な指導との密接な連携)
(3) 「JAバンク会員」の責務
① JAバンクの一体的事業推進(JAバンクの総合的戦略に基づく一体的な事業推進)
② JAバンク全体の安全・効率運用の確保(信連・農林中金への資金預入、相互援助預金預託基準、余裕金運用自主ルー
ルの遵守)
③ 経営状況の報告等(経営管理資料、その他経営状況に関する事項について農林中金に報告)
④ 資金運用制限ルールの遵守(実質自己資本比率、業務執行にかかる基準に該当した場合、体制、体力に応じた資金運用
範囲を制限)
⑤ 経営改善ルールの遵守(経営管理体制の整備、経費削減・合理化、資本増強等経営改善策の確実な実行)
⑥ 組織統合ルールの遵守(経営継続上の重大な問題が生じた場合、信連・農林中金への信用事業譲渡等を実施)
⑦ 指定支援法人への財源拠出(毎年度必要な財源を拠出)
(4) 「JAバンク会員」が享受するメリット
① 「JAバンク会員名簿」に登録のうえ、組合員・利用者等に周知
② 全国統一されたシステムの利用と、これを活用した機能・商品の取扱い
③ 「JAバンク」商標、及びこれを使用した通帳・カード等共通資材の活用
④ 経営改善・組織統合に際しての、基準に基づく指定支援法人の支援
(5) 基本方針等を遵守しない会員に対する措置(ペナルティー)
基本方針を遵守しない会員に対し、農林中金は勧告・警告を行い、これを経てなお改善が認められない場合には、会員
からの強制脱退措置を講ずる。
(6) 基準の見直し等
金融情勢・JAバンク会員の経営状況等を踏まえ、JAバンクの信頼性を確保する観点から、基本方針の内容・基準に
ついて毎年検証を行い、必要に応じて変更を行う。
13
~ セーフティーネットについて ~
JAバンクの安心をささえる2つの制度
(1) 破綻未然防止システム(JAバンク独自のシステムです。)
JAバンク全体で経営の健全性を確保し、組合員・利用者の皆様に一層の「安心」をお届けします。
ポイント1 経営状況のチェック
JAバンク
中央本部
県本部
ポイント3 JAバンク支援基金
によるサポート
ポイント2 経営改善への取組み
指導
支援
健全JA
経営状況の
チェック
個々のJA
自主ルール
JAバンク
支援基金
経
営
改
善
へ
の
取
組
み
事業形態
の見直し
経営健全性
の向上
改善取組J
改善取組JA
A
基準に該当
(2) 貯金保険制度(国による公的制度です。)
法律によって貯金者等を保護する保険制度です。(貯金には、保険がかけられています。)
対象貯金等
対象外貯金等
当座貯金 普通貯金 別段貯金
決済用貯金(注1)
決済用貯金
以外の貯金
(注2)
定期貯金、定期積金、貯蓄貯金等
外貨貯金、譲渡性貯金等
破綻農水産業協同組合の財産の
全額保護
合算して元本1,000万円までと
その利息等(注3)を保護
状況に応じて支払
(一部カットされることがあります。)
(注1)「無利息、要求払い、決済サービスを提供できること」という3つの条件を満たすものです。
(注2)納税準備貯金・貯金保険の対象貯金を用いた積立・財形貯蓄商品も該当します。
(注3)1,000万円を超える元本とその利息等については、破綻農水産業協同組合の財産の状況に応じて支払われますので、
一部カットされることがあります。
14
Ⅵ.事業のご案内
1.信用事業
貯金、融資、為替などいわゆる金融業務といわれる内容の業務です。
県及び全国の組織が一体となり、JAバンクとして大きな力を発揮しております。
○ 貯金業務
組合員や地域の皆様から大切な貯金をお預かりしています。普通貯金・当座貯金・定期貯金・定期積金など
の各種貯金を、目的や期間、金額にあわせてご利用いただいております。
○ 融資業務
組合員や地域の皆様の暮らしや経営に必要な資金のご融資、地域経済の発展に寄与するために地方公共団体
や農業関連産業などへの融資を行なっております。
また、農林漁業金融公庫、住宅金融支援機構等への融資申込の取り次ぎも行なっております。
○ 為替業務
全国のJA店舗と、銀行や信用金庫などの各店舗とを為替網で結び、当JAの窓口をとおして、全国の金融
機関へ送金や手形・小切手の取り立てが安全・確実・迅速にできる内国為替の取り扱いをしております。
○ 国債等の窓口販売
国債の窓口販売の取り扱いをしております。
○ その他のサービス
給与や年金等の各種自動受取り、公共料金等の各種自動支払いなどを行なっております。
また、国債の保護預りや貸金庫のご利用、全国のJAや提携金融機関から貯金のお預け入れ・お引き出しの
可能なキャッシュサービス等を行なっております。
2.共済事業
組合員をはじめ地域の皆様の不慮の災害や疾病に備え、家族の暮らしを守ることを最大の目的
とし、生命・建物・火災・自動車など幅広い保障を提供しております。
○ 生命総合共済
入院・手術等の医療費への備えも万全な医療共済・がん共済をはじめ、一生涯保障の終身共済や満期共済金
をお受け取りいただく養老生命共済等、ライフサイクルに合わせた保障をお選びいただけます。
○ 建物更生共済
大切なお住まいや家財等が火災や自然災害等により損害を受けた場合に、損害の割合に応じて共済金をお受
け取りいただける共済です。満期時には満期共済金をお受け取りいただけます。
○ 年金共済
ゆとりある老後の資金づくりにお役立ていただける共済です。
○ 火災共済
大切なお住まいや家財等が万一火災などにより損害をうけた場合に共済金をお受け取りいただける、掛け捨
ての共済です。
○ 自動車共済
交通事故はもちろん、火災・盗難・自然災害等、万一の自動車事故を幅広く保障する共済です。平成24年4
月から地震等による車両損害も保障する特約を新設し、更なる安心保障の提供に努めております。また、自賠
責共済とセットでご加入いただければ、さらに割安な掛け金でご利用いただけます。
事故発生時の対応は、JA共済事故受付センターが24時間365日営業しており、さらに安心です。
○ 自賠責共済
法律によりすべての自動車に加入が義務づけられている共済です。
○ 傷害共済
手頃な掛け金でさまざまな種類の傷害を保障する共済です。
15
3.その他の事業
○ 購買事業
農業生産に必要な肥料・農薬・農機具、その他各種の生産資材の取り扱いをしております。
また、お米・お茶などの食料品をはじめ、プロパンガス・健康器具などの生活資材を幅広く取り扱っており
ります。
○ 販売事業
米・野菜等の農産物をはじめ、みかん・柿・梨等の果樹類、肉牛・肉豚等の畜産物、菊・ガーベラ等の花き
類など、多品目にわたり、安全・安心な農産物を消費者にお届けできるよう努めております。
○ 指導相談事業
消費者の皆様へより安全で高品質な農産物をお届けするため、各種生産者組織を中心に研修会等を実施し、
土壌農薬分析センターで土壌・残留農薬等の分析や、パソコン・FAXによる気象状況や市況などの情報提供
を行ない、食に対する安全と安心を確保する取り組みと生産技術の向上に努めております。
また、顧問の弁護士や税理士による法律相談や税務相談の開催、青壮年部や女性部の活動等にも積極的に取
り組んでおります。
○ 資産管理事業
組合員・地域の皆様の大切な資産をお守りするため、賃貸住宅の入居斡旋や土地等の有効活用をご提案して
おります。
○ 葬祭事業
葬儀や初盆・法事等、組合員や利用者の二-ズに合った幅広いサ-ビスを提供しております。今後も地域の
利用者第一主義を掲げ、取り組んでまいります。
○ 緑花木事業
植木・花木・鉢物などの販売や各種体験コーナー・講習会などにより、花と緑のふれあいを提供しておりま
す。
○ 旅行事業
組合員・地域の皆様に、各支店窓口を通じてベストな旅行プランをご提供しております。
○ 高齢者福祉事業
組合員の皆様が安心して快適な介護生活を送れるように、訪問介護事業・居宅介護支援事業・福祉用具貸与
事業・介護予防訪問介護事業・介護予防福祉用具貸与事業を展開しております。
16
Ⅶ.商品・サービスのご案内
貯金
(平成24年 7月 1日現在)
種類
17
内容
期間
預入単位
普通貯金
いつでも出し入れができ、お財布代わりにご利用いただけます。この口座は年金・給
与・配当金などの自動受取、公共料金・税金などの自動支払いにご利用いただけま
す。
特に期間の定めはありません
さらにキャッシュカードでCD/ATMをご利用になると一層便利です。また、
キャッシュカードはデビットカードとしてもご利用いただけます。
貯金保険制度により全額保護される、無利息の普通貯金無利息型(決済用)もありま
す。
1円以上1円単位
総合口座
普通貯金に定期性貯金(メリットツー・スーパー定期・大口定期・期日指定定期・変
動金利定期)・定期積金をセットすることで、残高の90%(千円未満切捨て)、最
高200万円まで自動融資が受けられる大変便利な商品です。「受け取る・支払う・
貯める・借りる」という機能を備えています。個人のお客様専用商品で年金・給与・
特に期間の定めはありません
配当金などの自動受取、公共料金・税金などの自動支払いにご利用いただけます。
さらにキャッシュカードでCD/ATMをご利用になると一層便利です。また、
キャッシュカードはデビットカードとしてもご利用いただけます。
貯金保険制度により全額保護される、無利息の総合口座(普通貯金無利息型)もあり
ます。
1円以上1円単位
貯蓄貯金
普通貯金と同じように出し入れできるうえ、預入残高に応じて6段階の金利が設定さ
れています。なお、給与・年金等の自動受取や公共料金等の自動支払いにはご利用い 特に期間の定めはありません
ただけません。個人のお客様専用商品です。
1円以上1円単位
当座貯金
お客様からのご依頼により決済資金をお預かりし、手形・小切手の支払いを行うため
特に期間の定めはありません
の口座です。
1円以上1円単位
無利息です
通知貯金
ごく短期間の運用に便利です。解約の場合は2日前までにお申し出ください。
大口定期貯金
・定型方式
(1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、
金利は店頭表示されます。1,000万円以上のまとまった資金を、期間を決めて有利に 1年、2年、3年、4年、
運用できる商品です。
5年)
・満期日指定方式
(1ヵ月超5年未満)
1,000万円以上
1円単位
スーパー定期
・定型方式
(1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、
金利は店頭表示されます。単利型、複利型があり、複利型の定型方式3年・4年・5
1年、2年、3年、4年、
年ものと3年超5年未満の満期日指定方式は有利な半年複利(個人のお客様専用)が
5年)
あります。
・満期日指定方式
(1ヵ月超5年未満)
100円以上
1円単位
メリットツー
複数ある定期貯金を順次まとめていくおまとめサービス機能と、一定の据置期間経過
後の一部(※)支払機能のある定期貯金です。貯めながら、必要な時はいつでもお引
1年、3年の定型方式
き出しができる便利な定期貯金です。個人のお客様専用商品です。
※一部支払によって適用金利が変更になる場合、一部支払はできません。
100円以上
1円単位
おまとめ対象定期と
して追加でお預け入
れすることができま
す
期日指定定期貯金
金利は店頭表示されます。利息は1年複利で計算されますので有利です。
満期日は、預入日の1年経過後から3年後までの任意の日を指定できます。
ただし、満期日の指定をする場合は、満期希望日の1ヵ月前までにお申し出くださ
い。
100円以上
300万円未満
1円単位
変動金利定期貯金
金利は店頭表示されます。また、お預け入れ日以降、半年毎に適用金利の見直しを行
1年、2年、3年の定型方式
います。3年ものには有利な半年複利(個人のお客様専用)もあります。
100円以上
1円単位
退職者向け金利上乗せ
定期貯金
「ゆとりックス」S
満50歳以上の方で、退職金をお受け取りになられてから1年以内に新規でお預け入
れいただくスーパー定期を対象に、契約時の店頭表示金利に0.2%上乗せし、さら
1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、
に、お取り引きの内容に応じて「上乗せ項目別金利」を上乗せします。(ただし上乗 1年の定型方式
せ金利は上限0.5%とさせていただきます。)
100万円以上
受取った退職金額ま
でか2,000万円まで
のいずれか低い額が
上限
1円単位
退職者向け金利上乗せ
定期貯金
「ゆとりックス」L
満50歳以上の方で、退職金をお受け取りになられてから1年以内に新規でお預け入
れいただく大口定期を対象に、契約時の店頭表示金利に0.2%上乗せし、さらに、お 1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、
取り引きの内容に応じて「上乗せ項目別金利」を上乗せします。(ただし上乗せ金利 1年の定型方式
は上限0.5%とさせていただきます。)
1,000万円以上
受取った退職金額ま
でか2,000万円まで
のいずれか低い額が
上限
1円単位
年金受給者金利上乗せ
定期貯金
「JAとぴあ浜松
年金定期」
当JAで公的年金のお受け取りをされている方、またお受け取りの手続きをしていた
だいた方や指定替えの手続きをしていただいた方で、受給した年金または他行からの
1年の定型方式
預け替えの場合、店頭表示金利に0.1%上乗せします。1取引先100万円を限度とさ
せていただきます。
100円以上
1円単位
100万円を
上限とします
特に期間の定めはありません
(ただし、7日間の据置期間
が必要です)
最長3年
(据置期間1年)
5万円以上
1円単位
種類
定期積金
内容
ご計画に合わせ積み立てていく積金です。利回りは店頭表示されます。
《定額式》毎回一定の金額のお積み立て
《目標式》ご計画に合わせ目標額と期間を決定
《逓増式》1年毎、掛金をアップさせ大きく貯める
《満期分散式》毎年、満期金を受け取るタイプの定期積金
《満期予約型》満期時のお取り扱いについて、自動振替予約
(定期貯金・口座振込)および自動更新予約が可能
期間
預入単位
・定額式、目標式、
満期予約型
(6ヵ月以上60ヵ月以内)
・逓増式
(24ヵ月、36ヵ月、
48ヵ月、60ヵ月)
100円以上
1円単位
・満期分散式
(36ヵ月、48ヵ月、
60ヵ月)
1回あたり
3,000円以上
(契約年数×
1,000円)
1,000円単位
(年金定積)
払込み間隔は、2、3、4、6ヵ月の中からお選びいただけます。特に年金をお受け
1年以上5年以内
取りの方には、受け取り時期に合わせた掛込みができるメリットがあります。
原則、掛込金額は
1回あたり
10,000円以上
1円単位
子育て支援定期積金
「すくすく」
「しずおか子育て優待カード」の対象者となる保護者が同伴した、契約時18歳未満
2年以上5年以内
の方対象で、契約時の店頭表示金利に0.2%上乗せします。
契約額50万円
以上
掛込金額は1回
あたり100円以上
1円単位
子育て支援定期積金
「すくすくプラス」
「子育て支援定期積金すくすく」をご契約いただける方で、保護者の方がJAの口座
で子ども手当をお受取りになっている場合、契約時の店頭表示金利に0.3%上乗せし
ます。
契約額50万円
以上
掛込金額は1回
あたり100円以上
1円単位
満期予約型定期積金
「ふくら夢くんⅡ」
口座振替による掛込みで契約期間3年以上、契約額100万円以上、満期額全額をスー
パー定期(1年もの)としてご予約いただける方を対象に、契約時の店頭表示金利に 3年以上5年以内
0.15%上乗せします。
契約額100万円
以上
掛込金額は1回
あたり100円以上
1円単位
口座振替による掛込みで契約期間3年以上、契約額50万円以上、満期額全額をスー
満期予約型定期積金
パー定期(1年もの)としてご予約いただける方を対象に、契約時の店頭表示金利に 3年以上5年以内
「ふくら夢くんプチ」 0.10%上乗せします。
契約額50万円
以上
掛込金額は1回
あたり100円以上
1円単位
年金型定期貯金
「ゆとり」
一括預入年金型
10万円以上
1円単位
積立式定期貯金
「ゆとり」
財形貯蓄
2年以上5年以内
まとまった金額を一括で預け入れ、年金方式(1、2、3、4、6、12ヵ月毎)で 48ヵ月以上360ヵ月以内
受け取りができます。
(据置期間+受取期間)
・一括受取型
39ヵ月以上360ヵ月以内
(積立期間+据置期間)
・年金型
指定された積立間隔(1、2、3、4、6、12ヵ月)毎に積み立てて、お受け取り
51ヵ月以上600ヵ月以内
は一括受取型、年金型、一般型(エンドレス型)の3種類です。
(積立期間+据置期間+
受取期間)
・一般型(エンドレス型)
1,000円以上
1円単位
勤労者のための財産形成貯蓄です。毎月の給与やボーナスから天引きして有利に積立
てます。財形住宅と財形年金合わせて550万円まで非課税となります。
(一般財形貯金)
貯蓄目的は自由です。お預け入れ後、1年経過すればいつでもお引き出しできます。
3年以上
(お引き出しの1ヵ月前までにお申し出ください。)
1,000円以上
1,000円単位
(財形住宅貯金)
住宅取得を目的とした積立で、財形年金貯金と合わせて550万円まで非課税となりま
5年以上
す。お一人様一契約のみとなります。
1,000円以上
1,000円単位
(財形年金貯金)
在職中に退職後のために積立を行い、60歳以降に年金方式(3ヵ月毎のお受け取
積立期間5年以上
り)でお受け取りになれます。財形住宅貯金と合わせて550万円まで非課税となりま
据置期間6ヵ月以上5年以内
す。退職後も非課税が適用される有利な貯金です。
受取期間5年以上20年以内
お一人様一契約のみとなります。
1,000円以上
1,000円単位
あずけ名人
(金利優遇型)
投資信託を1万円以上購入した個人(投信購入時の預入に限る)に、預け入れ当初の
据置期間と受取期間で、
3ヵ月間は定期貯金への預け金額に、投資信託購入金額に応じた金利上乗せをする有
17ヵ月以上363ヵ月以内
利な商品です。受け取り方法は、あずけ名人(分割受取型)と同じです。
100万円以上
1億円以内
1円単位
あずけ名人
(分割受取型)
一括で預け入れ、指定された据置期間と受取間隔(1、2、3、6ヵ月)毎に作成さ
据置期間と受取期間で、
れる、期日指定定期及びスーパー定期の満期金が、指定口座で順次お受け取りいただ
14ヵ月以上360ヵ月以内
ける便利な商品です。
100万円以上
1億円以内
1円単位
18
ローン
(平成24年 7月 1日現在)
項
目
JAクローバローン
JAマイカーローン
・生活環境の改善及び文化的な生活を営む
お 使 い み ち
・自動車又はオートバイの購入
ために必要な資金
・電化製品購入、結婚資金、旅行資金、
JA教育ローン
・入学時及び就学に必要な資金
・自動車用品購入資金、車検、修理費用、
(高校、高専、専修学校、農業関係学校、
運転免許取得資金等
短大、大学、大学院)
相続資金等
・申込時満18歳以上満65歳以下の方で
ご利用いただける方
完済予定時満70歳以下の方
・申込時満18歳以上の方で完済予定時満70歳以下の方
・団体信用生命共済に加入できる方
(掛金はJA負担)
ご 利 用 金 額
・300万円以内(1万円単位)
・500万円以内(1万円単位)
ご 利 用 期 間
・5年以内
・7年以内
・500万円以内(1万円単位)
・12年6ヵ月以内
ご
利
用
方
法
(据置期間:
就学期間+6ヵ月以内)
・元利均等返済
ご 返 済 方 法
・元利均等、毎月返済(ボーナス併用可)
(毎月、年2回、年1回)
(ボーナス併用可)
保
証
・県農業信用基金協会又は県農協保証センター
の保証
担
保
不要
項
目
お 使 い み ち
・県農業信用基金協会、県農協保証センター
又は三菱UFJニコス㈱の保証
・県農業信用基金協会又は県農協保証センター
の保証
JA住宅ローン(JA統一ローン)
JA住宅ローン
JA住宅ローン
(100%応援型)
(借換応援型)
JA住宅ローン
・住宅の新築、増改築
・住宅の新築、増改築
・住宅(マンション含む)
・住宅(マンション含む)の購入
JAリフォームローン
(Ⅰ型) (Ⅱ型)
・他金融機関の住宅ローンの借換 ・住宅の増改築、改装、補修
・住宅関連設備等の設置
の購入
・宅地の購入
・他金融機関の住宅ローン
の借換
・組合員の方
ご利用いただける方
・借入時満20歳以上満66歳未満の方で完済予定時満80歳未満の方
・勤続3年以上の方
・団体信用生命共済に加入できる方(掛金はJA負担)
ご 利 用 金 額
ご 利 用 期 間
ご
利
用
方
法
ご 返 済 方 法
保
証
・10万円以上5,000万円以内
・10万円以上4,000万円以内
・10万円以上500万円以内
(10万円単位)
・3年以上35年以内
(1ヵ月単位)
(10万円単位)
・3年以上32年以内
(1ヵ月単位)
(10万円単位)
・1年以上
・1年以上
15年以内
10年6か月
以内
(1ヵ月単位) (1ヵ月単位)
・元利(又は元金)均等、毎月返済(ボーナス併用可)
・元利(又は元金)均等、年2回返済
・県農業信用基金協会又は県農協保証センターの保証
・原則として融資対象不動産に第1順位の担保権を設定していただきます。
・建物には火災共済(保険)のご加入をいただき質権を設定させていただきます。
担
項
・原則不要
・原則不要
・融資対象不動
産に第1順位
の担保権設定
で、1,000万
円までご利用
可能。
保
目
お 使 い み ち
新築・購入コース
JA住宅ローン(JAバンクローン)
借換コース
・住宅の新築、増改築
・他金融機関の住宅ローンの借換
・住宅(マンション含む)の購入
リフォームローン
・住宅の増改築、改装、補修
・宅地の購入
ご利用いただける方
ご 利 用 金 額
ご
利
用
方
法
19
ご 利 用 期 間
ご 返 済 方 法
・組合員の方
・地区内に在住又は在勤の方
・借入時満20歳以上満66歳未満の方で完済予定時満80歳未満の方
・借入時満20歳以上満66歳未満の方
(但し、借換コースは満21歳以上)
で完済予定時満76歳未満の方
・勤続1年以上の方
・団体信用生命共済に加入できる方
・団体信用生命共済に加入できる方(掛金はJA負担)
(掛金はJA負担)
・10万円以上5,000万円以内
・10万円以上1,000万円以内
(10万円単位)
(10万円単位)
・3年以上35年以内
・3年以上34年以内
・6か月以上15年以内
(1年単位)
(1年単位)
(1ヵ月単位)
・元利(又は元金)均等、毎月返済
・元利(又は元金)均等、毎月返済
・元利均等、毎月返済
(ボーナス併用可)
(ボーナス併用可)
(ボーナス併用可)
・元利(又は元金)均等、年2回返済
保
証
担
保
・元利均等、年2回返済
・協同住宅ローン㈱(KHL)の保証
・原則として融資対象不動産に第1順位の担保権を設定していただきます。
・建物には火災共済(保険)のご加入をいただき質権を設定させていただきます。
・不要
項
JA福祉ローン
目
お 使 い み ち
JA福祉リフォームローン
JA福祉介護ローン
・高齢者や障害者の方が住みやすい住宅にリフォームするための資金
・介護機器購入費用等
・継続的な介護費(医療費、入院費、リハビリ費、ヘルパー費等)
・組合員の方
ご利用いただける方
・60歳以上の高齢者や身体障害者の介護をされる2親等以内の親族の方で、借入時満20歳以上満60歳以下の方で完済予定時満75歳
以下の方
・団体信用生命共済に加入できる方(掛金はJA負担)
ご利用金額
ご利用期間
ご
利
ご返済方法
用
方
保
証
法
担
保
・10万円以上1,000万円以内
・10万円以上1,000万円以内
・20年以内(据置期間:1年以内)
・20年以内(据置期間 一括:1年以内 分割:5年以内)
・元利均等毎月返済(ボーナス併用可)
・元利均等、年2回返済
・元利均等、年1回返済
・県農業信用基金協会又は県農協保証センターの保証
・500万円までは原則として、担保は必要ございません。
・300万円までは原則として、担保は必要ございません。
当座貸越ローン
項
目
お 使 い み ち
ご利用いただける方
JAワイドカード
ローン
JAプラスL
JAプレミアム
カードローン
JAらくらく
キャッシュ
・生活に必要な一切の資金
・カードを使って全国のJA及び提携銀行のATMからお引出しできます。
JAスーパー
教育ローン
・入学時及び就学時に
必要な資金
・組合員の方
・契約時の年齢が満20歳
・JA住宅ローンをご利用
・契約時の年齢が満20歳
・契約時の年齢が満30歳
・契約時の年齢が満20歳
以上かつ契約期限時
中の方又はお借入の承諾
以上満70歳未満の方で
以上60歳未満の方で安
以上満65歳未満の方で
満60歳未満の方でJA
を得られている方
安定した収入のある方
定した収入のある方
安定した収入のある方
に毎月5万円以上給与振
・契約時の年齢が満20歳
込みをしている方
以上満60歳以下の方で
安定した収入のある方
ご利用金額
・300万円以内
・一般貸越50万円以内
・100万円、200万円
・50万円以内
・50万円以上
(10万円単位)
(10万円単位)
300万円のいずれか
(10万円単位)
300万円以内
(前年度税込み年収の
(50万円単位)
1/2以内)
・契約日から1年後の応答
・契約日から2年以内
日の属する月の5日まで
・契約日から2年後の応答
・契約日から1年後の応答
・契約は1年毎の自動更新
日の属する月の5日まで
日の属する月の5日まで
・新規貸越可能期間は10
年以内
ご利用期間
ご
利
用
方
法
・新規貸越可能期間終了後
(約定返済期間)は7年
以内
・約定返済日:毎月5日
ご返済方法
・口座入金による随時返済
・約定返済日:毎月5日
・約定返済日:毎月5日
・新規貸越可能期間中は
・返済額
・返済額
・返済額
利息(保証料含む)のみ
貸越残高の2%
貸越極度額に応じた額
毎月1万円
返済
(万円未満切り上げ)
貸越極度額:返済元金
・新規貸越可能期間終了後
100万円:2万円
200万円:3万円
300万円:4万円
は借入極度額に応じて指
定された返済元金と別途
利息(保証料含む)を
返済
保
担
項
証
保
・県農協保証センターの保証
・三菱UFJニコス㈱の保証
・不要
JA農業者ローン
目
お 使 い み ち
・(株)ジャックスの保証
JA農業者ローン
・農業用施設、農業用資材の購入資金
JA農機ハウスローン
・農機具
・パイプハウス等資材、建設費用
・組合員の方
ご利用いただける方
・組合員の方
・営業年数3年以上
・借入時20歳以上で完済予定時満76歳未満の方
ご利用金額
ご利用期間
ご
利
用 ご返済方法
方
法
保
証
担
保
・10万円以上3,000万円以内(1万円単位)
・10万円以上1,800万円以内(1万円単位)
・20年以内(据置期間:2年以内)
・1,000万円以内は、10年以内(据置期間:2年以内)
・1,000万円超は、15年以内(据置期間:2年以内)
・元利均等毎月返済(ボーナス併用可)
・元利(又は元金)均等、毎月返済(ボーナス併用可)
・元利均等、年2回返済
・元利(又は元金)均等、年2回返済
・元利均等、年1回返済
・元利(又は元金)均等、年1回返済
・期日一括返済
・県農業信用基金協会の保証
・500万円までは原則として、担保は必要ございません。
・1,000万円までは原則として、担保は必要ございません。
(注)各種ローンのご利用金額等については、申込内容により異なることがありますので詳しくは窓口にてご相談ください。
20
Ⅷ.手数料一覧
(注) 以下の手数料にはすべて消費税が含まれております。
(平成24年 7月1日現在)
【為替手数料】 種 類
振込先
金額帯
窓口
ATM振込
アンサー系
自動送金
3万円未満
105円
無 料
無 料
無 料
3万円以上
315円
無 料
無 料
無 料
3万円未満
210円
52円
52円
52円
3万円以上
420円
105円
105円
105円
3万円未満
315円
105円
105円
105円
3万円以上
525円
315円
315円
315円
3万円未満
525円
315円
315円
315円
3万円以上
735円
525円
525円
525円
3万円未満
630円
420円
420円
420円
3万円以上
840円
630円
630円
630円
同一店内
振
込
本支店宛
系統県内宛
系統県外宛
他金融機関宛
同 地(静岡交換)
※下田信金は隔地扱い
取
立
静岡交換扱い
無 料
期日管理を要するもの
210円
静岡交換以外
630円
期日管理を要するもの
840円
通常扱い
840円
速達扱い
1,050円
隔 地(県外)
個別取立
送
金
本支店宛
210円
系統県内宛
420円
系統県外宛
630円
普通扱い(送金小切手)
630円
電信扱い
840円
他金融機関宛
そ
の
他
送金・振込組戻料(1件)
840円
不渡手形返却料(1通)
840円
取立手形組戻料(1通)
840円
取立手形店頭呈示料(1通)
840円
(注)視覚障がい者・手の不自由なお客様等による窓口での振込の場合は、ATM振込の手数料を適用させていただきます。
21
【貯金関連手数料】 自己宛小切手(1枚)
525円
入金帳(1冊)
525円
取引明細表(1通)
1,050円
残高証明書(1通)
各
種
発
行
手
数
料
当組合所定用紙(定例発行)
210円
当組合所定用紙(窓口発行)
525円
上記以外
1,050円
キャッシュカード発行・更新手数料
無 料
カード再発行(1枚)
(ただし、磁気キャッシュカードから一体型・ICキャッシュカード
1,050円
への種類変更時の再発行手数料は無料)
キャッシュカード暗証番号照会(1件)
1,050円
通帳・証書再発行(1通・1枚)
1,050円
マル専手形(1枚)
525円
約束手形1冊(50枚綴)
1,050円
小切手帳(1冊・50枚綴)
1,050円
定時自動集金(1件)
※ 52.5円
口座振替手数料(1件)
データ交換(FD等)処理
※ 52.5円
窓口処理
105円
当座貯金口座開設(1口座)
5,250円
署名鑑登録
そ
の
他
3,150円
国債保護預り口座管理料(月額)
無 料
証券投資信託等保護預り口座管理料(月額)
無 料
夜間金庫(年額)
12,600円
立会型
8,400円
半自動型
貸金庫(年額)
全自動型
12,600円
小
17,325円
中
23,100円
大
31,500円
(注)①※は合計金額より円未満を切り捨てた金額となります。
②口座振替手数料は依頼件数での取り扱いとなります。
【窓口両替手数料】 枚数
1~100
金額
無料
101~300 301~500 501~1,000
105円
210円
315円
以後、1,000
枚毎に315円
ずつ加算
同一金種の交換
無料取引
汚損した現金の交換
記念硬貨の交換
自動化機器(ATM)での両替
(注)①集金またはお届けの際の両替も対象となります。
利用機器
サービス
②ご持参の金種の合計枚数またはお持ち帰り金種の合計枚数のいずれか多い方になります。
22
【ANSER系手数料】
サービス
基本料金(月額)
利用料金
利用機器
照会
通知
資金移動
照会・通知・資金移動
テレフォン
無 料
無 料
1,050円
無 料
ファックス
無 料
無 料
1,050円
無 料
パソコン
無 料
-
1,050円
無 料
ホームユース
無 料
-
1,050円
無 料
スーパーパソコン
無 料
-
1,050円
無 料
ネットバンキング
無 料
-
無 料
無 料
(注)資金移動の場合にはその都度、別途振込手数料(為替手数料欄参照)をいただきます。
【JAのキャッシュカードで提携金融機関のATMをご利用になる場合の利用手数料】
区分
平日
ゆうちょ銀行
セブン銀行
静岡銀行
JFマリンバンク
入出金
入出金
出金
出金
時間帯
開始時
~
8:45
105円
105円
210円
無料
8:45
~
18:00
無料
無料
無料
無料
18:00
~
終了時
105円
105円
210円
無料
9:00
~
14:00
105円
無料
105円
無料
14:00
~
終了時
105円
105円
210円
無料
9:00
~
終了時
105円
105円
210円
無料
土曜日
日曜・祝日
(注)ご利用可能時間は店舗によって異なります。また上記以外の提携金融機関は、金融機関ごとに手数料が異なりますので、ご利用先の店舗
にご確認ください。
※ JAバンクのキャッシュカードをお持ちのお客様が全国のJAバンクATMを利用し、入出金する際の手数料は、
終日無料となっております。
【提携金融機関のキャッシュカードでJAのATMをご利用になる場合の利用手数料】
区分
平日
ゆうちょ銀行
静岡銀行
JFマリンバンク
その他
出金
出金
出金
出金
時間帯
開始時
~
8:45
210円
105円
無料
105円
8:45
~
18:00
105円
無料
無料
105円
18:00
~
終了時
210円
210円
無料
210円
9:00
~
14:00
105円
105円
無料
105円
14:00
~
終了時
210円
210円
無料
210円
9:00
~
終了時
210円
210円
無料
210円
土曜日
日曜・祝日
(注)ご利用可能時間は店舗によって異なりますので、ご利用先の店舗にご確認ください。
23
【貸付関連手数料】 種
類
内 容
金額
住宅ローン、福祉ローン
事
務
手
数
料
組合員
農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)
上記以外で不動産に担保権の設定を伴う場合
組合員以外
住宅ローン、福祉ローン
上記以外で不動産に担保権の設定を伴う場合
固定金利特約期間中
固定金利特約付住宅ローン
固
期
定
間
金
終
利
了
特
後
約
全額繰上
あんしん計画10
一部繰上
繰
上
返
済
手
数
料
あんしん計画
夢☆ホーム
夢☆ホームⅡ
上記以外の住宅関連ローン
全額繰上
一部繰上
全額繰上
(福祉ローンを含む)
上
記
以
外
の
資
金
2,100円
5年超7年以内
1,050円
7年超
変動金利期間中
当初固定金利期間中
上記期間以降
当初固定金利期間中
融資証明書(1通)
残高証明書(1通)
10,500円
3,150円
31,500円
6,300円
10,500円
3,150円
3年以内
3,150円
3年超5年以内
2,100円
5年超7年以内
1,050円
無 料
一部繰上
3,150円
全額繰上
31,500円
一部繰上
3,150円
5年以内
5年超
無 料
3,150円
無 料
1,050円
農地転用許可申請用
3,150円
上記以外
5,250円
当JA所定用紙(定例発行)
210円
当JA所定用紙(窓口発行)
525円
農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)
単独での発行 当JA所定用紙(定例・窓口発行)
上記以外
固定金利選択手数料(固定金利特約付住宅ローン)
そ
の
他
無 料
上記期間以降
ローンカード再発行(1枚) ※新規発行手数料は無料
各
種
発
行
手
数
料
31,500円
3年超5年以内
全額繰上・一部繰上
全額繰上
一部繰上
31,500円
3,150円
固定金利特約期間中
不動産に担保権が設定
されている場合
その他の場合
無 料
21,000円
3年以内
7年超
農業経営基盤強化資金
(スーパーL資金)
10,500円
条件変更手数料
農業経営基盤強化(スーパーL資金)条件変更手数料
取引明細表(1通)
無 料
1,050円
5,250円
5,250円
無 料
1,050円
(注)①繰上返済手数料ならびにその他手数料は1件毎にいただきます。
②住宅取得控除にかかる年末借入金残高証明書は、当JA所定用紙(定例発行)と同額をいただきます。
③条件変更手数料とは、金利に関する条件の変更と不動産に担保権を設定している場合で、担保権の登記事項に変更(担保不動産の
一部解除・借入者の変更等。ただし、相続を伴う変更は除きます。)が生じた場合の手数料をいいます。
④上記手数料の他に当JAが謄本等の書類を取得した場合には、実費をお支払いいただきます。
24
Ⅸ.資料編
1.財務諸表
(1)貸借対照表
資
産
の
(単位:百万円)
部
信用事業資産
平成23年度
(平成23年3月31日)
(平成24年3月31日)
負
債
の
部
信用事業負債
平成22年度
平成23年度
(平成23年3月31日)
(平成24年3月31日)
943,691
967,482
939,608
963,535
970,110
986,959
現金
2,796
2,729
預金
688,456
712,599
借入金
1,194
1,283
(688,453)
(711,595)
その他の信用事業負債
2,887
2,663
(3)
(1,003)
有価証券
61,903
56,942
(国債)
(29,649)
(28,038)
(地方債)
(13,981)
(13,988)
(政府保証債)
(6,480)
(金融債)
(社債)
(系統預金)
(系統外預金)
貯金
(未払費用)
(794)
(545)
(2,093)
(2,117)
共済事業負債
6,336
6,356
共済借入金
1,745
1,806
(6,252)
共済資金
2,094
2,175
(4,563)
(2,134)
共済未払利息
25
27
(7,227)
(6,528)
未経過共済付加収入
2,435
2,320
217,259
215,020
932
953
(未収収益)
(546)
(516)
経済事業未払金
(その他の資産)
(386)
(437)
経済受託債務
△ 1,238
△ 1,286
共済事業資産
1,776
1,842
共済貸付金
1,746
1,811
25
27
貸出金
その他の信用事業資産
貸倒引当金
共済未収利息
その他の共済事業資産
経済事業資産
受取手形
経済事業未収金
経済受託債権
棚卸資産
4
4
3,281
2,861
0
-
2,274
2,184
50
47
(その他の負債)
共済未払費用
経済事業負債
1,026
958
資産除去債務
110
107
その他の負債
2,024
1,334
5,509
5,457
諸引当金
賞与引当金
退職給付引当金
役員退職慰労引当金
負 債 の 部 合 計
(その他の棚卸資産)
(101)
(95)
その他の経済事業資産
367
345
△ 244
△ 385
出資金
1,323
1,236
利益剰余金
1,323
1,237
△0
△0
15,630
16,668
営農指導振興積立金
15,527
16,576
有線放送施設保全対策積立金
(17,478)
(17,983)
有形固定資産
(建物)
1,938
未払法人税等
669
固定資産
1,963
56
(574)
貸倒引当金
1,995
2,399
833
雑資産
26
2,009
3,161
雑負債
(732)
雑資産
36
46
(購買品)
貸倒引当金
純
資
産
の
部
組合員資本
利益準備金
その他利益剰余金
施設整備拡充積立金
664
649
4,737
4,721
106
86
960,708
983,691
平成22年度
平成23年度
(平成23年3月31日)
(平成24年3月31日)
56,038
57,786
3,823
3,805
52,231
54,002
7,786
7,786
44,445
46,215
2,000
2,000
320
-
3,000
3,000
(機械装置)
(3,825)
(3,652)
柑橘振興積立金
10
19
(土地)
(6,170)
(6,586)
経営安定化積立金
3,000
3,000
2,000
(建設仮勘定)
(233)
(98)
情報通信対策積立金
2,000
(その他の有形固定資産)
(4,916)
(5,295)
合併記念事業積立金
600
600
(減価償却累計額(控除))
(△17,097)
(△17,039)
1,000
1,000
無形固定資産
残留農薬等事故対策積立金
102
91
(ソフトウェア)
(76)
(64)
(その他の無形固定資産)
(26)
(26)
当期未処分剰余金
3,037
2,737
24,162
31,862
(うち当期剰余金)
(2,025)
(1,922)
23,667
31,367
405
405
外部出資
系統出資
系統外出資
子会社等出資
繰延税金資産
資 産 の 部 合 計
25
平成22年度
89
89
1,459
1,239
1,017,744
1,042,671
固定資産圧縮積立金
特別積立金
処分未済持分
評価・換算差額等
その他有価証券評価差額金
純 資 産 の 部 合 計
負債及び純資産の部合計
-
82
29,477
31,777
△ 16
△ 21
996
1,193
996
1,193
57,035
58,979
1,017,744
1,042,671
(2)損益計算書
科
目
事
業
総
利
益
信用事業総利益
信用事業収益
資金運用収益
(うち預金利息)
(うち有価証券利息配当金)
(うち貸出金利息)
(うちその他受入利息)
役務取引等収益
その他事業直接収益
その他経常収益
信用事業費用
資金調達費用
(うち貯金利息)
(うち給付補填備金繰入)
(うち借入金利息)
(うちその他支払利息)
役務取引等費用
その他経常費用
(うち貸倒引当金繰入額)
共済事業総利益
共済事業収益
共済付加収入
共済貸付金利息
その他の収益
共済事業費用
共済借入金利息
共済推進費
共済保全費
その他の費用
購買事業総利益
購買事業収益
購買品供給高
その他の収益
購買事業費用
購買品供給原価
購買品供給費
その他の費用
(うち貸倒引当金繰入額)
(うち貸倒損失)
販売事業総利益
販売事業収益
販売品販売高
その他の収益
販売事業費用
販売品販売原価
販売費
その他の費用
(うち貸倒引当金繰入額)
農業倉庫事業総利益
農業倉庫事業収益
農業倉庫事業費用
加工事業総利益
加工事業収益
加工事業費用
利用事業総利益
利用事業収益
利用事業費用
宅地等供給事業総利益
宅地等供給事業収益
宅地等供給事業費用
福祉事業総利益
福祉事業収益
福祉事業費用
農用地利用調整事業総利益
農用地利用調整事業収益
農用地利用調整事業費用
(単位:百万円)
平成22年度
平成23年度
(自 平成22年 4月 1日)
(自 平成23年 4月 1日)
(至 平成23年 3月31日)
(至 平成24年 3月31日)
16,725
8,402
10,555
10,103
(5,162)
(918)
(4,022)
(0)
324
38
89
2,152
1,195
(940)
(211)
(18)
(24)
57
900
(69)
5,506
6,089
5,833
55
200
583
55
410
100
16
1,564
10,699
10,302
397
9,135
8,658
135
341
(42)
(0)
997
22,508
21,270
1,237
21,510
20,613
22
874
(0)
0
6
5
83
263
180
119
224
104
206
229
23
25
46
20
3
11
8
16,339
8,359
10,074
9,603
(4,977)
(914)
(3,711)
(0)
319
55
96
1,714
794
(569)
(188)
(14)
(21)
67
851
(51)
5,598
6,156
5,853
56
246
558
56
385
100
16
1,177
9,884
9,659
224
8,706
8,058
291
356
(138)
(0)
981
21,591
20,280
1,311
20,610
19,612
20
977
(3)
0
5
5
91
252
160
120
226
106
199
211
11
25
43
18
2
12
9
科
目
その他事業総利益
その他事業収益
その他事業費用
指導事業収支差額
指導事業収入
指導事業支出
事
業
管
理
人件費
業務費
諸税負担金
施設費
その他事業管理費
事
業
利
事
業
外
収
受取雑利息
受取出資配当金
賃貸料
雑収入
事
業
外
費
支払雑利息
寄付金
賃貸費用
貸倒引当金戻入益
雑損失
経
常
利
特
別
利
固定資産処分益
台風被害受取共済金
貸倒引当金戻入益
有線放送基金取崩益
その他の特別利益
特
別
損
固定資産処分損
減損損失
台風被害修繕費用
費
益
益
用
益
益
失
資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額
有線放送廃止費用
その他の特別損失
税 引 前 当 期 利 益
法人税、住民税及び事業税
過年度法人税、住民税及び事業税
法人税等調整額
法
人
税
等
合
計
当
期
剰
余
金
当期首(前期)繰越剰余金
有線放送施設保全対策積立金取崩額
当 期 未 処 分 剰 余 金
(3)剰余金処分計算書
科
目
当期未処分剰余金
任意積立金取崩額
有線放送施設保全対策積立金取崩額
剰余金処分額
任意積立金
(うち柑橘振興積立金)
(うち馬鈴薯振興積立金)
(うち固定資産圧縮積立金)
(うち特別積立金)
出資配当金
次期繰越剰余金
次期繰越剰余金に含まれる営農指導、生活・文化
改善の事業の費用に充てるための繰越額
平成22年度
平成23年度
(自 平成22年 4月 1日)
(自 平成23年 4月 1日)
(至 平成23年 3月31日)
(至 平成24年 3月31日)
74
446
371
△ 258
26
285
13,760
9,857
1,300
370
2,179
53
2,964
468
9
330
88
40
136
2
16
95
-
22
3,296
468
149
-
0
270
49
709
106
43
-
101
449
8
3,055
1,092
△5
△ 56
1,030
2,025
832
179
3,037
54
404
349
△ 271
20
292
13,495
9,404
1,290
402
2,344
54
2,844
480
8
333
85
53
120
2
5
84
△0
28
3,204
269
267
2
-
-
-
314
266
23
25
-
-
-
3,159
1,026
-
210
1,237
1,922
814
-
2,737
(単位:百万円)
平成22年度
平成23年度
(平成23年6月21日承認)
(平成24年6月21日承認)
3,037
320
320
2,543
2,391
(9)
( -)
(82)
(2,300)
151
814
2,737
-
-
1,846
1,695
(16)
(21)
(158)
(1,500)
151
890
120
120
26
(4)注記表
27
≪平成22年度注記表≫
≪平成23年度注記表≫
(重要な会計方針に係る事項に関する注記)
(重要な会計方針に係る事項に関する注記)
1.有価証券(外部出資を含みます。)の評価基準及び評価方法
1.有価証券(外部出資を含みます。)の評価基準及び評価方法
は次のとおりです。
は次のとおりです。
(1)満期保有目的の債券については、移動平均法に基づく償却
(1)満期保有目的の債券については、移動平均法に基づく償却
原価法により行っています。
原価法により行っています。
(2)子会社株式については、移動平均法に基づく原価法により
(2)子会社株式については、移動平均法に基づく原価法により
行っています。
行っています。
(3)その他有価証券のうち時価のあるものについては決算日の
(3)その他有価証券のうち時価のあるものについては決算日の
市場価格等に基づく時価法、時価のないものについては移動
市場価格等に基づく時価法、時価のないものについては移動
平均法に基づく原価法により行っています。
平均法に基づく原価法により行っています。
(4)その他有価証券の評価差額については、全部純資産直入法
(4)その他有価証券の評価差額については、全部純資産直入法
により処理し、売却原価は移動平均法により算出しています。
により処理し、売却原価は移動平均法により算出しています。
2.棚卸資産の評価基準及び評価方法は、以下の方法により行っ
2.棚卸資産の評価基準及び評価方法は、以下の方法により行っ
ています。
ています。
(1)購買品については、売価還元法に基づく原価法(収益性の
(1)購買品については、売価還元法に基づく原価法(収益性の
低下による簿価切下げの方法)により行っています。
低下による簿価切下げの方法)により行っています。
(2)その他の棚卸資産については、次のとおりです。
(2)その他の棚卸資産については、次のとおりです。
① 販売品については、最終仕入原価法に基づく原価法(収
① 販売品については、最終仕入原価法に基づく原価法(収
益性の低下による簿価切下げの方法)により行っています。
益性の低下による簿価切下げの方法)により行っています。
② 製品については、売価還元法に基づく原価法(収益性の
② 製品については、売価還元法に基づく原価法(収益性の
低下による簿価切下げの方法)により行っています。
低下による簿価切下げの方法)により行っています。
③ 原材料については、個別法に基づく原価法(収益性の低
③ 原材料については、個別法に基づく原価法(収益性の低
下による簿価切下げの方法)により行っています。
下による簿価切下げの方法)により行っています。
④ 貯蔵品については、内容に応じて上記のいずれかの方法
④ 貯蔵品については、内容に応じて上記のいずれかの方法
に基づく原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
に基づく原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
により行っています。
により行っています。
3.固定資産の減価償却は、それぞれ次の方法により行っていま
3.固定資産の減価償却は、それぞれ次の方法により行っていま
す。
す。
(1)有形固定資産は定率法によっています。
(1)有形固定資産は定率法によっています。
ただし、平成10年4月1日以降取得した建物(建物附属設
ただし、平成10年4月1日以降取得した建物(建物附属設
備は除く。)については、定額法によっています。
備は除く。)については、定額法によっています。
なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定
なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定
する方法と同一の基準によっています。
する方法と同一の基準によっています。
(2)無形固定資産は定額法によっています。
(2)無形固定資産は定額法によっています。
4.引当金は、それぞれ次の基準により計上しています。
4.引当金は、それぞれ次の基準により計上しています。
(1)貸倒引当金
(1)貸倒引当金
債権の貸倒れによる損失に備えるため、資産自己査定基準
債権の貸倒れによる損失に備えるため、資産自己査定基準
及び静岡県農協決算処理基準に基づき、次のとおり計上して
及び静岡県農協決算処理基準に基づき、次のとおり計上して
います。
います。
破産、銀行取引停止等の法的又は形式的に経営破綻の事実
破産、銀行取引停止等の法的又は形式的に経営破綻の事実
が発生している先(破綻先)に係る債権及びそれと同等の状
が発生している先(破綻先)に係る債権及びそれと同等の状
況にある先(実質破綻先)の債権については、債権額から担
況にある先(実質破綻先)の債権については、債権額から担
保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、
保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、
その残額を計上しています。
その残額を計上しています。
また、現在は経営破綻の状況にはないが今後経営破綻に陥
また、現在は経営破綻の状況にはないが今後経営破綻に陥
る可能性が大きいと認められる先(破綻懸念先)に係る債権
る可能性が大きいと認められる先(破綻懸念先)に係る債権
については、債権額から担保の処分可能見込額及び保証によ
については、債権額から担保の処分可能見込額及び保証によ
る回収可能見込額を控除し、その残額から当該キャッシュ・
る回収可能見込額を控除し、その残額から当該キャッシュ・
フローによる回収見込額を控除した差額を引当てています。
フローによる回収見込額を控除した差額を引当てています。
上記以外の債権については、貸倒実績率で算定した金額と
上記以外の債権については、貸倒実績率で算定した金額と
≪平成22年度注記表≫
≪平成23年度注記表≫
税法繰入限度額のいずれか多い金額を計上しています。
税法繰入限度額のいずれか多い金額を計上しています。
この基準に基づき、当期は租税特別措置法第57条の10に
この基準に基づき、当期は租税特別措置法第57条の10に
より算定した金額に基づき計上しています。
より算定した金額に基づき計上しています。
なお、すべての債権は資産自己査定基準に基づき、本店各
なお、すべての債権は資産自己査定基準に基づき、本店各
部署及び支店において資産査定を実施し、当該部署から独立
部署及び支店において資産査定を実施し、当該部署から独立
した総務部が査定結果を検証しており、その結果に基づいて
した監査部が査定結果を検証しており、その結果に基づいて
上記の引当てを行っています。
上記の引当てを行っています。
(2)退職給付引当金
(2)退職給付引当金
職員の退職給付に備えるため、当事業年度末の退職給付債
職員の退職給付に備えるため、当事業年度末の退職給付債
務の見込額から財団法人静岡県農業協同組合共済会との職員
務の見込額から財団法人静岡県農業協同組合共済会との職員
退職給付契約に基づく給付金の総額及び年金資産の見込額の
退職給付契約に基づく給付金の総額及び年金資産の見込額の
合計額を控除した額を計上しています。加えて、職員の早期
合計額を控除した額を計上しています。加えて、職員の早期
退職による割増退職金の給付に備えるため、静岡県農協決算
退職による割増退職金の給付に備えるため、静岡県農協決算
処理基準に基づき、割増退職金期末要支給額に割増退職金給
処理基準に基づき、割増退職金期末要支給額に割増退職金給
付対象者の一定期間の退職実績から算出した退職率を乗じた
付対象者の一定期間の退職実績から算出した退職率を乗じた
額を計上しています。
額を計上しています。
なお、過去勤務債務については、10年による按分額を損益
なお、過去勤務債務については、10年による按分額を損益
処理しています。また数理計算上の差異については、それぞ
処理しています。また数理計算上の差異については、それぞ
れ発生した年度の翌事業年度から10年による按分額を損益処
れ発生した年度の翌事業年度から10年による按分額を損益処
理しています。
理しています。
(3)賞与引当金
(3)賞与引当金
職員の賞与の支給に充てるため、支給見込額の当事業年度
職員の賞与の支給に充てるため、支給見込額の当事業年度
負担額を計上しています。
負担額を計上しています。
(4)役員退職慰労引当金
(4)役員退職慰労引当金
役員の退職慰労金の支給に充てるため、農協役員退任慰労
役員の退職慰労金の支給に充てるため、農協役員退任慰労
金積立基準に基づき、期末要支給額に相当する額を計上して
金積立基準に基づき、期末要支給額に相当する額を計上して
います。
います。
5.リース取引の処理方法
5.リース取引の処理方法
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外
のファイナンス・リース取引で、会計基準適用初年度開始前に
のファイナンス・リース取引で、会計基準適用初年度開始前に
取引を行ったものについては、通常の賃貸借取引に係る方法に
取引を行ったものについては、通常の賃貸借取引に係る方法に
準じた会計処理によっています。
準じた会計処理によっています。
6.消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜き方式によってい
6.消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜き方式によってい
ます。
ます。
7.記載金額は、百万円未満を切り捨てて表示しており、金額百
7.記載金額は、百万円未満を切り捨てて表示しており、金額百
万円未満の科目については「0」で表示をしています。
万円未満の科目については「0」で表示をしています。
また、取引があるが期末に残高が無い勘定科目は、「-」で
また、取引があるが期末に残高が無い勘定科目は、「-」で
表示をしています。
表示をしています。
(会計方針の変更)
8.当事業年度から「資産除去債務に関する会計基準」(企業会
計基準第18号平成20年3月31日)及び「資産除去債務に関す
る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第21号平成
20年3月31日)を適用しています。
これにより、従来の方法に比べ「有形固定資産」中の建物は
31百万円、「雑負債」中の資産除去債務は110百万円、それ
ぞれ増加しています。また、事業利益及び経常利益は2百万円、
過年度に係る費用を特別損失に計上したことにより、税引前当
期利益は103百万円、それぞれ減少しています。
(追加情報)
当事業年度の期首以後に行われる会計上の変更及び過去の誤
28
≪平成22年度注記表≫
≪平成23年度注記表≫
謬の訂正から、「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基
準」(企業会計基準第24号平成21年12月4日)及び「会計上
の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準の適用指針」(企業会
計基準適用指針第24号平成21年12月4日)を適用しています。
なお、「金融商品会計に関する実務指針」(日本公認会計士
協会会計制度委員会報告第14号)に基づき、当事業年度の「貸
倒引当金戻入益」は事業費用又は事業外費用から控除しており、
「償却債権取立益」は事業外収益に計上しています。
(貸借対照表に関する注記)
(貸借対照表に関する注記)
1.固定資産の圧縮記帳額は、5,365百万円であり、その内訳は
1.固定資産の圧縮記帳額は、5,200百万円であり、その内訳は
次のとおりです。
次のとおりです。
建物
3,018百万円
建物
2,976百万円
機械装置
1,566百万円
機械装置
1,473百万円
土地
268百万円
土地
268百万円
その他の有形固定資産
511百万円
その他の有形固定資産
482百万円
2.貸借対照表に計上した固定資産のほか、車両388台及びAT
2.貸借対照表に計上した固定資産のほか、車両358台及びAT
M107台等については、リース契約により使用しています。
M110台等については、リース契約により使用しています。
(1)所有権移転外リース取引の未経過リース料は次のとおりで
(1)所有権移転外リース取引の未経過リース料は次のとおりで
す。
す。
1年以内
未経過リース料
68百万円
合 計
7百万円
75百万円
1年以内
未経過リース料
1年超
6百万円
合 計
-
6百万円
(2)ファイナンス・リース取引以外のリース取引(オペレーテ
(2)ファイナンス・リース取引以外のリース取引(オペレーテ
ィング・リース取引)については、通常の賃貸借取引に係る
ィング・リース取引)については、通常の賃貸借取引に係る
方法に準じた会計処理によっています。なお、未経過リース
方法に準じた会計処理によっています。なお、未経過リース
料は次のとおりです。
料は次のとおりです。
1年以内
未経過リース料
29
1年超
1年超
196百万円
合 計
-
196百万円
1年以内
未経過リース料
1年超
156百万円
合 計
-
156百万円
上記未経過リース料は、解約可能なオペレーティング・リ
上記未経過リース料は、解約可能なオペレーティング・リ
ース取引の解約金です。
ース取引の解約金です。
3.子会社に対する金銭債権及び金銭債務の総額は、次のとおり
3.子会社に対する金銭債権及び金銭債務の総額は、次のとおり
です。
です。
子会社に対する金銭債権の総額
3百万円
子会社に対する金銭債権の総額
3百万円
子会社に対する金銭債務の総額
672百万円
子会社に対する金銭債務の総額
723百万円
4.経営管理委員、理事及び監事に対する金銭債権の総額は655
4.経営管理委員、理事及び監事に対する金銭債権の総額は677
百万円であり、金銭債務はありません。
百万円であり、金銭債務はありません。
5.貸出金のうち破綻先債権、延滞債権、3カ月以上延滞債権及び
5.貸出金のうち破綻先債権、延滞債権、3カ月以上延滞債権及び
貸出条件緩和債権に該当する貸出金の合計額は3,982百万円で
貸出条件緩和債権に該当する貸出金の合計額は4,290百万円で
あり、その内容は次のとおりです。
あり、その内容は次のとおりです。
なお、これらの貸出金の額は貸倒引当金控除前の額です。
なお、これらの貸出金の額は貸倒引当金控除前の額です。
(1)貸出金のうち、破綻先債権額は167百万円、延滞債権額は
(1)貸出金のうち、破綻先債権額は65百万円、延滞債権額は
2,873百万円です。
3,312百万円です。
なお、破綻先債権とは、元本又は利息の支払の遅延が相当
なお、破綻先債権とは、元本又は利息の支払の遅延が相当
期間継続していることその他の事由により元本又は利息の取
期間継続していることその他の事由により元本又は利息の取
立て又は弁済の見込みがないものとして未収利息を計上しな
立て又は弁済の見込みがないものとして未収利息を計上しな
かった貸出金(貸倒償却を行った部分を除く。以下「未収利
かった貸出金(貸倒償却を行った部分を除く。以下「未収利
息不計上貸出金」という。)のうち、法人税法施行令(昭和
息不計上貸出金」という。)のうち、法人税法施行令(昭和
40年政令第97号)第96条第1項第3号のイからホまでに掲
40年政令第97号)第96条第1項第3号のイからホまでに掲
げる事由又は同項第4号に規定する事由が生じている貸出金
げる事由又は同項第4号に規定する事由が生じている貸出金
です。
です。
≪平成22年度注記表≫
≪平成23年度注記表≫
また、延滞債権とは、未収利息不計上貸出金であって、破
また、延滞債権とは、未収利息不計上貸出金であって、破
綻先債権及び債務者の経営再建又は支援を図ることを目的と
綻先債権及び債務者の経営再建又は支援を図ることを目的と
して利息の支払を猶予した貸出金以外の貸出金です。
して利息の支払を猶予した貸出金以外の貸出金です。
(2)貸出金のうち、3カ月以上延滞債権額はありません。
(2)貸出金のうち、3カ月以上延滞債権額はありません。
なお、3カ月以上延滞債権とは、元本又は利息の支払が約定
なお、3カ月以上延滞債権とは、元本又は利息の支払が約定
支払日の翌日から3カ月以上遅延している貸出金で破綻先債権
支払日の翌日から3カ月以上遅延している貸出金で破綻先債権
及び延滞債権に該当しない貸出金です。
及び延滞債権に該当しない貸出金です。
(3)貸出金のうち、貸出条件緩和債権額は941百万円です。
(3)貸出金のうち、貸出条件緩和債権額は912百万円です。
なお、貸出条件緩和債権とは、債務者の経営再建又は支援
なお、貸出条件緩和債権とは、債務者の経営再建又は支援
を図ることを目的として、金利の減免、利息の支払猶予、元
を図ることを目的として、金利の減免、利息の支払猶予、元
本の返済猶予、債権放棄その他の債務者に有利となる取決め
本の返済猶予、債権放棄その他の債務者に有利となる取決め
を行った貸出金で破綻先債権、延滞債権及び3カ月以上延滞
を行った貸出金で破綻先債権、延滞債権及び3カ月以上延滞
債権に該当しない貸出金です。
債権に該当しない貸出金です。
(損益計算書に関する注記)
(損益計算書に関する注記)
1.子会社との取引高は次のとおりです。
1.子会社との取引高は次のとおりです。
137百万円
子会社との取引による収益総額
59百万円
うち事業取引高
うち事業取引以外の取引高
78百万円
うち事業取引以外の取引高
482百万円
子会社との取引による費用総額
432百万円
うち事業取引高
49百万円
うち事業取引以外の取引高
135百万円
子会社との取引による収益総額
うち事業取引高
56百万円
78百万円
416百万円
子会社との取引による費用総額
364百万円
うち事業取引高
52百万円
うち事業取引以外の取引高
2.当事業年度における固定資産減損会計の適用状況は次のとお
2.当事業年度における固定資産減損会計の適用状況は次のとお
りです。
りです。
(1)事業用店舗については、個別に継続的な収支の把握を行っ
(1)事業用店舗については、個別に継続的な収支の把握を行っ
ていることから、原則として支店等の単位で、賃貸用固定資
ていることから、原則として支店等の単位で、賃貸用固定資
産及び遊休資産については各資産単位でグルーピングしてい
産及び遊休資産については各資産単位でグルーピングしてい
ます。
ます。
また、本店、農業関連の共同利用施設等については独立し
また、本店、農業関連の共同利用施設等については独立し
たキャッシュ・フローを生み出さないことから、共用資産に
たキャッシュ・フローを生み出さないことから、共用資産に
区分しています。
区分しています。
(2)当事業年度において固定資産の減損損失を次のとおり計上
(2)当事業年度において固定資産の減損損失を次のとおり計上
しています。
しています。
用 途
支店等 4件
種 類
場 所
土地及び建物等
湖西市他
減損損失額
43百万円
これらの資産グループは、支店の再編成及び継続的な地価
用 途
遊休
5件
種 類
場 所
土地
浜松市他
減損損失額
23百万円
これらの資産グループは、継続的な地価の下落により、帳
の下落等により、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該
簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失と
減少額を減損損失として特別損失に計上しています。
して特別損失に計上しています。
なお、回収可能価額は正味売却価額と使用価値を比較し、
なお、回収可能価額は正味売却価額と使用価値を比較し、
高い額を採用しています。
高い額を採用しています。
正味売却価額は、固定資産税評価額等に基づき算定してい
正味売却価額は、固定資産税評価額等に基づき算定してい
ます。
ます。
(金融商品の時価等に関する注記)
(金融商品の時価等に関する注記)
1.金融商品の状況に関する事項
1.金融商品の状況に関する事項
(1)金融商品に対する取組方針
(1)金融商品に対する取組方針
当組合は組合員や地域から預かった貯金を原資に、組合員
当組合は組合員や地域から預かった貯金を原資に、組合員
や地域内の企業や団体などへ貸付け、残った余裕金を静岡県
や地域内の企業や団体などへ貸付け、残った余裕金を静岡県
信用農業協同組合連合会へ預けているほか、国債や地方債な
信用農業協同組合連合会へ預けているほか、国債や地方債等
どの債券による運用を行っています。
の有価証券による運用を行っています。
(2)金融商品の内容及びそのリスク
(2)金融商品の内容及びそのリスク
当組合が保有する金融資産は、主として当組合管内の組合
当組合が保有する金融資産は、主として当組合管内の組合
30
31
≪平成22年度注記表≫
≪平成23年度注記表≫
員等に対する貸出金及び有価証券であり、貸出金は取引先の
員等に対する貸出金及び有価証券であり、貸出金は取引先の
契約不履行によってもたらされる信用リスクに晒されていま
契約不履行によってもたらされる信用リスクに晒されていま
す。
す。
有価証券は債券であり、満期保有目的及び純投資目的(そ
有価証券は主に債券であり、満期保有目的及び純投資目的
の他有価証券)で保有しています。これらは発行体の信用リ
(その他有価証券)で保有しています。これらは発行体の信
スク、金利の変動リスク及び市場価格の変動リスクに晒され
用リスク、金利の変動リスク及び市場価格の変動リスクに晒
ています。 されています。 (3)金融商品に係るリスク管理体制
(3)金融商品に係るリスク管理体制
① 信用リスクの管理
① 信用リスクの管理
当組合は、個別の重要案件又は大口案件については理事会
当組合は、個別の重要案件又は大口案件については理事会
において対応方針を決定しています。また、通常の貸出取引
において対応方針を決定しています。また、通常の貸出取引
については、本店に金融管理部を設置し各支店との連携を図
については、本店に金融管理部を設置し各支店との連携を図
りながら、与信審査を行っています。審査にあたっては、取
りながら、与信審査を行っています。審査にあたっては、取
引先のキャッシュ・フローなどにより償還能力の評価を行う
引先のキャッシュ・フローなどにより償還能力の評価を行う
とともに、担保評価基準など厳格な審査基準を設けて、与信
とともに、担保評価基準など厳格な審査基準を設けて、与信
判定を行っています。貸出取引において資産の健全性の維持
判定を行っています。貸出取引において資産の健全性の維持
・向上を図るため、資産の自己査定を厳正に行っています。
・向上を図るため、資産の自己査定を厳正に行っています。
不良債権については管理・回収方針を作成・実践し、資産の
不良債権については管理・回収方針を作成・実践し、資産の
健全化に取り組んでいます。
健全化に取り組んでいます。
また、資産自己査定の結果、貸倒引当金については債権の
また、資産自己査定の結果、貸倒引当金については資産の
償却・引当基準に基づき必要額を計上し、資産及び財務の健
償却・引当基準に基づき必要額を計上し、資産及び財務の健
全化に努めています。
全化に努めています。
② 市場リスクの管理
② 市場リスクの管理
当組合では、金利リスク、価格変動リスクなどの市場性リ
当組合では、金利リスク、価格変動リスクなどの市場性リ
スクを的確にコントロールすることにより、収益化及び財務
スクを的確にコントロールすることにより、収益化及び財務
の安定化を図っています。このため、財務の健全性維持と収
の安定化を図っています。このため、財務の健全性維持と収
益力強化とのバランスを重視したALMを基本に、資産・負
益力強化とのバランスを重視したALMを基本に、資産・負
債の金利感応度分析などを実施し、金融情勢の変化に機敏に
債の金利感応度分析などを実施し、金融情勢の変化に機敏に
対応できる柔軟な財務構造の構築に努めています。
対応できる柔軟な財務構造の構築に努めています。
とりわけ、有価証券運用については、市場動向や経済見通
とりわけ、有価証券運用については、市場動向や経済見通
しなどの投資環境分析及び当組合の保有有価証券ポートフォ
しなどの投資環境分析及び当組合の保有有価証券ポートフォ
リオの状況やALMなどを考慮し、理事会において運用方針
リオの状況やALMなどを考慮し、理事会において運用方針
を定めるとともに、経営層で構成するALM委員会を定期的
を定めるとともに、経営層で構成するALM委員会を定期的
に開催して、日常的な情報交換及び意思決定を行っています。
に開催して、日常的な情報交換及び意思決定を行っています。
運用部門は、理事会で決定した運用方針及びALM委員会で
運用部門は、理事会で決定した運用方針及びALM委員会で
決定された方針などに基づき、有価証券の売買やリスクヘッ
決定された方針などに基づき、有価証券の売買やリスクヘッ
ジを行っています。運用部門が行った取引についてはリスク
ジを行っています。運用部門が行った取引についてはリスク
管理部門が適切な執行を行っているかどうかチェックし定期
管理部門が適切な執行を行っているかどうかチェックし定期
的にリスク量の測定を行い経営層に報告しています。
的にリスク量の測定を行い経営層に報告しています。
・市場リスクに係る定量的情報
・市場リスクに係る定量的情報
(トレーディング目的以外の金融商品)
(トレーディング目的以外の金融商品)
当組合で保有している金融商品はすべてトレーディング目
当組合で保有している金融商品はすべてトレーディング目
的以外の金融商品です。当組合において、主要なリスク変数
的以外の金融商品です。当組合において、主要なリスク変数
である金利リスクの影響を受ける主たる金融商品は、預金、
である金利リスクの影響を受ける主たる金融商品は、預金、
貸出金、有価証券のうちその他有価証券に分類している債券、
貸出金、有価証券のうちその他有価証券に分類している債券、
貯金及び借入金です。
貯金及び借入金です。
当組合では、これらの金融資産及び金融負債について、期
当組合では、これらの金融資産及び金融負債について、期
末後1年程度の金利の合理的な予想変動幅を用いた経済価値
末後1年程度の金利の合理的な予想変動幅を用いた経済価値
の変動額を、金利の変動リスクの管理にあたっての定量的分
の変動額を、金利の変動リスクの管理にあたっての定量的分
析に利用しています。
析に利用しています。
金利以外のすべてのリスク変数が一定であると仮定し、当
金利以外のすべてのリスク変数が一定であると仮定し、当
事業年度末現在、指標となる金利が0.35%上昇したものと想
事業年度末現在、指標となる金利が0.40%上昇したものと想
定した場合には、経済価値が698百万円減少するものと把握
定した場合には、経済価値が407百万円減少するものと把握
≪平成22年度注記表≫
≪平成23年度注記表≫
しています。
しています。
当該変動額は、金利を除くリスク変数が一定の場合を前提
当該変動額は、金利を除くリスク変数が一定の場合を前提
としており、金利とその他のリスク変数の相関を考慮してい
としており、金利とその他のリスク変数の相関を考慮してい
ません。
ません。
また、金利の合理的な予想変動幅を超える変動が生じた場
また、金利の合理的な予想変動幅を超える変動が生じた場
合には、算定額を超える影響が生じる可能性があります。
合には、算定額を超える影響が生じる可能性があります。
なお、経済価値変動額の計算において、分割実行案件にか
なお、経済価値変動額の計算において、分割実行案件にか
かる未実行金額についても含めて計算しています。
かる未実行金額についても含めて計算しています。
③ 資金調達に係る流動性リスクの管理
③ 資金調達に係る流動性リスクの管理
当組合では、資金繰りリスクについては、運用・調達につ
当組合では、資金繰りリスクについては、運用・調達につ
いて月次の資金計画を作成し、安定的な流動性の確保に努め
いて月次の資金計画を作成し、安定的な流動性の確保に努め
ています。また、市場流動性リスクについては、投資判断を
ています。また、市場流動性リスクについては、投資判断を
行う上での重要な要素と位置付け、商品ごとに異なる流動性
行う上での重要な要素と位置付け、商品ごとに異なる流動性
(換金性)を把握したうえで、運用方針などの策定の際に検
(換金性)を把握したうえで、運用方針などの策定の際に検
討を行っています。
討を行っています。
(4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
(4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
金融商品の時価(時価に代わるものを含む)には、市場価
金融商品の時価(時価に代わるものを含む)には、市場価
格に基づく価格のほか、市場価格がない場合には合理的に算
格に基づく価格のほか、市場価格がない場合には合理的に算
定された価格(これに準ずる価格を含む)が含まれています。
定された価格(これに準ずる価格を含む)が含まれています。
当該価格の算定においては一定の前提条件等を採用している
当該価格の算定においては一定の前提条件等を採用している
ため、異なる前提条件等によった場合、当該価格が異なるこ
ため、異なる前提条件等によった場合、当該価格が異なるこ
ともあります。
ともあります。
2.金融商品の時価等に関する事項
2.金融商品の時価等に関する事項
(1)金融商品の貸借対照表計上額及び時価等
(1)金融商品の貸借対照表計上額及び時価等
当年度末における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額
当年度末における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額
については、次のとおりです。なお、時価を把握することが極
については、次のとおりです。なお、時価を把握することが極
めて困難と認められるものは、次表に含めず(3)に記載して
めて困難と認められるものは、次表に含めず(3)に記載して
います。
います。
(単位:百万円)
貸借対照表計上額
預金
時 価
貸借対照表計上額
688,456
687,115
△ 1,340
61,903
62,761
857
満期保有目的の債券
20,022
20,879
857
その他有価証券
41,881
41,881
-
216,104
224,679
8,575
貸出金(※1)
217,342
-
-
貸倒引当金(※2)
△ 1,238
-
-
資 産 計
966,464
974,557
8,092
939,608
938,718
△ 890
1,194
1,213
18
940,803
939,931
△ 871
有価証券
貸出金(貸倒引当金控除後)
貯金
借入金
負 債 計
(単位:百万円)
差 額
預金
時 価
差 額
712,599
711,253
△ 1,345
56,942
57,952
1,009
満期保有目的の債券
19,734
20,744
1,009
その他有価証券
37,208
37,208
-
213,807
220,591
6,784
貸出金(※1)
215,093
-
-
貸倒引当金(※2)
△ 1,286
-
-
資 産 計
983,349
989,798
6,449
963,535
962,500
△ 1,034
1,283
1,293
10
964,818
963,794
△ 1,024
有価証券
貸出金(貸倒引当金控除後)
貯金
借入金
負 債 計
(※1)貸出金には、貸借対照表上雑資産に計上している従業員貸付金82百万円を含
(※1)貸出金には、貸借対照表上雑資産に計上している従業員貸付金72百万円を含
めています。
めています。
(※2)貸出金に対応する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しています。
(※2)貸出金に対応する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しています。
(2)金融商品の時価の算定方法
(2)金融商品の時価の算定方法
【資産】
【資産】
① 預金
① 預金
満期のない預金については、時価は帳簿価額と近似してい
満期のない預金については、時価は帳簿価額と近似してい
ることから、当該帳簿価額によっています。満期のある預金
ることから、当該帳簿価額によっています。満期のある預金
については、期間に基づく区分ごとに、リスクフリーレート
については、期間に基づく区分ごとに、リスクフリーレート
である円Libor・スワップレートで割り引いた現在価値
である円Libor・スワップレートで割り引いた現在価値
を時価に代わる金額として算定しています。
を時価に代わる金額として算定しています。
32
≪平成22年度注記表≫
≪平成23年度注記表≫
② 貸出金
② 貸出金
貸出金のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利
貸出金のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利
を反映するため、貸出先の信用状態が実行後大きく異なって
を反映するため、貸出先の信用状態が実行後大きく異なって
いない限り、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳
いない限り、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳
簿価額によっています。
簿価額によっています。
一方、固定金利によるものは、貸出金の種類及び期間に基
一方、固定金利によるものは、貸出金の種類及び期間に基
づく区分ごとに、元利金の合計額をリスクフリーレートであ
づく区分ごとに、元利金の合計額をリスクフリーレートであ
る円Libor・スワップレートで割り引いた額から貸倒引
る円Libor・スワップレートで割り引いた額から貸倒引
当金を控除して時価に代わる金額として算定しています。
当金を控除して時価に代わる金額として算定しています。
なお、分割実行案件で未実行額がある場合には、元利金の
なお、分割実行案件で未実行額がある場合には、元利金の
合計額をリスクフリーレートである円Libor・スワップ
合計額をリスクフリーレートである円Libor・スワップ
レートで割り引いた額に、帳簿価額に未実行額を加えた額に
レートで割り引いた額に、帳簿価額に未実行額を加えた額に
対する帳簿価額の割合を乗じ、貸倒引当金を控除した額を時
対する帳簿価額の割合を乗じ、貸倒引当金を控除した額を時
価に代わる金額として算定しています。
価に代わる金額として算定しています。
また、延滞の生じている債権・期限の利益を喪失した債権
また、延滞の生じている債権・期限の利益を喪失した債権
等については帳簿価額から貸倒引当金を控除した額を時価に
等について帳簿価額から貸倒引当金を控除した額を時価に代
代わる金額としています。
わる金額としています。
③ 有価証券
③ 有価証券
債券は取引金融機関等から提示された価格によっています。
債券は取引金融機関等から提示された価格によっています。
【負債】
【負債】
① 貯金
① 貯金
要求払貯金については、決算日に要求された場合の支払額
要求払貯金については、決算日に要求された場合の支払額
(帳簿価額)を時価とみなしています。また、定期性貯金に
(帳簿価額)を時価とみなしています。また、定期性貯金に
ついては、期間に基づく区分ごとに、将来のキャッシュ・フ
ついては、期間に基づく区分ごとに、将来のキャッシュ・フ
ローをリスクフリーレートである円Libor・スワップレ
ローをリスクフリーレートである円Libor・スワップレ
ートで割り引いた現在価値を時価に代わる金額として算定し
ートで割り引いた現在価値を時価に代わる金額として算定し
ています。
ています。
② 借入金
② 借入金
借入金のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利
借入金のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利
を反映し、また、当組合の信用状態は実行後大きく異なって
を反映し、また、当組合の信用状態は実行後大きく異なって
いないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられ
いないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられ
るため、当該帳簿価額によっています。
るため、当該帳簿価額によっています。
固定金利によるものは、一定の期間ごとに区分した当該借
固定金利によるものは、一定の期間ごとに区分した当該借
入金の元利金の合計額をリスクフリーレートである円Lib
入金の元利金の合計額をリスクフリーレートである円Lib
or・スワップレートで割り引いた現在価値を時価に代わる
or・スワップレートで割り引いた現在価値を時価に代わる
金額として算定しています。
金額として算定しています。
(3)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品は
(3)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品は
外部出資(貸借対照表計上額24,162百万円)であり、(1)
外部出資(貸借対照表計上額31,862百万円)であり、(1)
の金融商品の時価情報に含まれていません。
の金融商品の時価情報に含まれていません。
(4)金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額
(4)金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額
(単位:百万円)
1年超
2年超
3年超
(単位:百万円)
4年超
1年以内
1年超
5年超
有価証券
4年超
5年超
2年以内 3年以内 4年以内 5年以内
688,456
-
-
-
-
-
3,717
2,201
6,071
6,472
8,763
33,357
預金
有価証券
711,599
-
-
-
-
1,000
2,201
6,072
6,474
8,765
8,438
23,434
満期保有目的の債券
500
700
1,200
2,200
2,900
12,600
満期保有目的の債券
700
1,200
2,200
2,900
3,300
9,500
その他有価証券の
うち満期があるもの
3,217
1,501
4,871
4,272
5,863
20,757
その他有価証券の
うち満期があるもの
1,501
4,872
4,274
5,865
5,138
13,934
23,327
13,997
12,994
12,163
11,580 142,953
貸出金(※1、2、3)
23,286
13,690
12,949
12,213
11,647 140,395
715,501
16,198
19,065
18,635
20,344 176,311
合 計
737,086
19,762
19,424
20,979
20,086 164,829
貸出金(※1、2、3)
合 計
(※1)貸出金のうち、当座貸越8,120百万円については「1年以内」に含めていま
す。
33
3年超
1年以内
2年以内 3年以内 4年以内 5年以内
預金
2年超
(※1)貸出金のうち、当座貸越(融資型を除く)6,370百万円については「1年以内」
に含めています。
また、期限のない劣後特約付ローンについては「5年超」に含めています。
また、期限のない劣後特約付ローンについては「5年超」に含めています。
(※2)貸出金のうち、延滞の生じている債権・期限の利益を喪失した債権等286百
(※2)貸出金のうち、3カ月以上延滞債権・期限の利益を喪失した債権等803百万円
≪平成22年度注記表≫
≪平成23年度注記表≫
万円は償還の予定が見込まれないため、含めていません。
は償還の予定が見込まれないため、含めていません。
(※3)貸出金には、分割実行案件の未実行額が含まれています。
(※3)貸出金の分割実行案件のうち、貸付決定金額の一部実行案件34百万円は償還
日が特定できないため、含めていません。
(5)借入金及びその他の有利子負債の決算日後の返済予定額
(5)借入金及びその他の有利子負債の決算日後の返済予定額
(単位:百万円)
1年超
2年超
3年超
(単位:百万円)
4年超
1年超
1年以内
5年超
借入金
合 計
3年超
4年超
1年以内
2年以内 3年以内 4年以内 5年以内
貯金(※1、2)
2年超
5年超
2年以内 3年以内 4年以内 5年以内
789,015
53,328
32,591
1,787
1,658
-
187
167
142
134
128
432
789,202
53,496
32,734
1,922
1,786
432
(※1)貯金のうち、要求払貯金については「1年以内」に含めて開示しています。
貯金(※)
借入金
合 計
863,253
50,496
38,422
5,626
5,737
-
182
164
166
159
153
455
863,435
50,661
38,588
5,785
5,891
455
※ 貯金のうち、要求払貯金については「1年以内」に含めています。
(※2)貯金のうち、定期積金61,228百万円については、含めていません。
(有価証券に関する注記)
(有価証券に関する注記)
1.有価証券の時価及び評価差額に関する事項は次のとおりです。
1.有価証券の時価及び評価差額に関する事項は次のとおりです。
(1)満期保有目的の債券で時価のあるもの
(1)満期保有目的の債券で時価のあるもの
満期保有目的の債券において、種類ごとの貸借対照表計上
満期保有目的の債券において、種類ごとの貸借対照表計上
額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。
額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。
(単位:百万円)
時価が貸借対照表計
上額を超えるもの
時価が貸借対照表計
上額を超えないもの
種 類
貸借対照表計上額
時 価
国 債
179
193
14
地方債
13,565
14,224
659
(単位:百万円)
差 額
時価が貸借対照表計
上額を超えるもの
種 類
貸借対照表計上額
時 価
国 債
181
197
差 額
15
地方債
13,771
14,599
827
社 債
5,977
6,178
201
社 債
5,481
5,655
173
小 計
19,722
20,596
874
小 計
19,434
20,451
1,017
国 債
-
-
-
国 債
-
-
-
地方債
-
-
-
地方債
-
-
-
社 債
300
282
△ 17
社 債
300
292
△7
300
282
△ 17
20,022
20,879
857
小 計
合 計
時価が貸借対照表計
上額を超えないもの
小 計
合 計
300
292
△7
19,734
20,744
1,009
(2)その他有価証券で時価のあるもの
(2)その他有価証券で時価のあるもの
その他有価証券において、種類ごとの取得原価又は償却原
その他有価証券において、種類ごとの取得原価又は償却原
価、貸借対照表計上額及びこれらの差額については、次のと
価、貸借対照表計上額及びこれらの差額については、次のと
おりです。
おりです。
(単位:百万円)
種 類
貸借対照表計上額が
取得原価又は償却原
価を超えるもの
貸借対照表計上額が
取得原価又は償却原
価を超えないもの
合 計
取得原価
又は償却原価
(単位:百万円)
貸借対照表計上額 評価差額(※)
国 債
27,851
28,970
1,119
地方債
399
416
17
社 債
11,691
11,994
302
小 計
39,942
41,381
国 債
504
500
地方債
-
-
-
社 債
-
-
-
小 計
504
500
△4
40,446
41,881
1,435
種 類
取得原価
又は償却原価
貸借対照表計上額 評価差額(※)
国 債
26,472
27,857
地方債
199
217
17
社 債
8,893
9,133
239
1,439
小 計
35,566
37,208
1,641
△4
国 債
-
-
-
地方債
-
-
-
社 債
-
-
-
小 計
-
-
-
35,566
37,208
1,641
貸借対照表計上額が
取得原価又は償却原
価を超えるもの
貸借対照表計上額が
取得原価又は償却原
価を超えないもの
合 計
1,384
※ 上記評価差額から繰延税金負債438百万円を差し引いた額996百万円が、「その
※ 上記評価差額から繰延税金負債447百万円を差し引いた額1,193百万円が、「そ
他有価証券評価差額金」に含まれています。
の他有価証券評価差額金」に含まれています。
2.当年度中に売却した満期保有目的の債券はありません。
2.当年度中に売却した満期保有目的の債券はありません。
3.当事業年度中に売却したその他有価証券は債券であり、売却
3.当事業年度中に売却したその他有価証券は債券であり、売却
額2,019百万円、売却益38百万円です。
額2,717百万円、売却益55百万円です。
4.当年度中において、保有目的が変更となった有価証券はあり
4.当年度中において、保有目的が変更となった有価証券はあり
ません。
ません。
34
≪平成22年度注記表≫
≪平成23年度注記表≫
(退職給付に係る会計基準の適用に関する注記)
(退職給付に係る会計基準の適用に関する注記)
1.当事業年度末における退職給付債務及び退職給付引当金の状
1.当事業年度末における退職給付債務及び退職給付引当金の状
況は次のとおりです。
況は次のとおりです。
(1)採用している退職給付制度の概要
(1)採用している退職給付制度の概要
従業員の退職給付に充てるため、職員退職給与規程に基づ
従業員の退職給付に充てるため、職員退職給与規程に基づ
き、退職一時金制度を採用しています。また、退職給付債務
き、退職一時金制度を採用しています。また、退職給付債務
の一部に充てるため、財団法人静岡県農業協同組合共済会と
の一部に充てるため、財団法人静岡県農業協同組合共済会と
の契約に基づく退職給付制度及び金融機関との契約に基づく
の契約に基づく退職給付制度及び金融機関との契約に基づく
規約型確定給付企業年金制度を採用しています。
規約型確定給付企業年金制度を採用しています。
(2)退職給付債務に関する事項
(2)退職給付債務に関する事項
退職給付債務
8,876百万円
退職給付債務
8,987百万円
企業年金資産
△ 869百万円
企業年金資産
△ 860百万円
△ 3,748百万円
共済会給付金総額
68百万円
未認識過去勤務債務
未認識数理計算上の差異
小計(退職給付に係る引当金)
割増退職金に備えた引当金
256百万円
4,582百万円
154百万円
4,737百万円
退職給付引当金
(3)退職給付費用に関する事項
小計(退職給付に係る引当金)
割増退職金に備えた引当金
勤務費用
180百万円
利息費用
年金資産
△ 17百万円
共済会
△ 73百万円
△ 8百万円
3百万円
739百万円
(4)退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
① 退職給付見込額の期間配分方法
141百万円
期待運用収益
560百万円
177百万円
年金資産
△ 17百万円
共済会
△ 71百万円
過去勤務債務の費用処理額
数理計算上の差異の費用処理額
△ 8百万円
△ 23百万円
617百万円
退職給付費用
(4)退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
期間定額基準
① 退職給付見込額の期間配分方法
2.00%
② 割引率
年金資産
2.00%
③ 期待運用収益率
共済会
2.00%
② 割引率
③ 期待運用収益率
4,580百万円
4,721百万円
退職給付引当金
利息費用
退職給付費用
318百万円
(3)退職給付費用に関する事項
数理計算上の差異の費用処理額
④ 過去勤務債務の処理年数 10年
(10年による定額法により処理しています。)
⑤ 数理計算上の差異の処理年数
35
未認識数理計算上の差異
654百万円
過去勤務債務の費用処理額
60百万円
未認識過去勤務債務
勤務費用
期待運用収益
△ 3,924百万円
共済会給付金総額
期間定額基準
2.00%
年金資産
2.00%
共済会
1.90%
④ 過去勤務債務の処理年数 10年
(10年による定額法により処理しています。)
10年
⑤ 数理計算上の差異の処理年数
10年
(10年による定額法により、それぞれ発生した年度の翌
(10年による定額法により、それぞれ発生した年度の翌
事業年度から損益処理することとしています。)
事業年度から損益処理することとしています。)
(5)福利厚生費(人件費)には、厚生年金保険制度及び農林漁
(5)福利厚生費(人件費)には、厚生年金保険制度及び農林漁
業団体職員共済組合制度の統合を図るための農林漁業団体職
業団体職員共済組合制度の統合を図るための農林漁業団体職
員共済組合法を廃止する等の法律附則57条の規定に基づき、
員共済組合法を廃止する等の法律附則57条の規定に基づき、
旧農林共済組合(存続組合)が行う特例年金給付等の業務に
旧農林共済組合(存続組合)が行う特例年金給付等の業務に
要する費用に充てるため拠出した特例業務負担金を含めて計
要する費用に充てるため拠出した特例業務負担金を含めて計
上しています。
上しています。
なお、当事業年度において存続組合に対して拠出した特例
なお、当事業年度において存続組合に対して拠出した特例
業務負担金の額は120百万円となっています。
業務負担金の額は115百万円となっています。
また、同組合より示された平成23年3月現在における平成
また、同組合より示された平成24年3月現在における平成
44年3月までの特例業務負担金の将来見込額は1,927百万円
44年3月までの特例業務負担金の将来見込額は1,805百万円
となっています。
となっています。
≪平成22年度注記表≫
≪平成23年度注記表≫
(税効果会計の適用に関する注記)
(税効果会計の適用に関する注記)
1.当事業年度末における税効果会計の適用状況は次のとおりで
1.当事業年度末における税効果会計の適用状況は次のとおりで
す。
す。
(1)繰延税金資産及び繰延税金負債の発生原因別の主な内訳
(1)繰延税金資産及び繰延税金負債の発生原因別の主な内訳
・繰延税金資産
退職給付引当金損金算入限度超過額
・繰延税金資産
1,394百万円
退職給付引当金損金算入限度超過額
1,293百万円
貸倒引当金損金算入限度超過額
229百万円
貸倒引当金損金算入限度超過額
258百万円
賞与引当金
203百万円
賞与引当金
188百万円
未払費用(有線放送施設廃止費用)
133百万円
未払費用(有線放送施設廃止費用)
126百万円
未払事業税
70百万円
土地評価減
土地評価減
68百万円
未払事業税
その他
評価性引当額
繰延税金資産合計
167百万円
△ 331百万円
1,936百万円
・繰延税金負債
その他有価証券評価差額金
固定資産圧縮積立金
資産除去債務に対応する「除去費用」
その他
評価性引当額
繰延税金資産合計
67百万円
62百万円
143百万円
△ 362百万円
1,778百万円
・繰延税金負債
438百万円
36百万円
2百万円
繰延税金負債合計
477百万円
・繰延税金資産純額
1,459百万円
その他有価証券評価差額金
固定資産圧縮積立金
資産除去債務に対応する「除去費用」
447百万円
90百万円
1百万円
繰延税金負債合計
539百万円
・繰延税金資産純額
1,239百万円
(2)法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との
(2)法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との
差異の原因となった主要な項目別の内訳
差異の原因となった主要な項目別の内訳
・法定実効税率
30.56%
(調整)
交際費等永久に損金に算入されない項目
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
・法定実効税率
2.77%
△1.53%
交際費等永久に損金に算入されない項目
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
住民税均等割等
0.41%
評価性引当金額の増減
その他
1.50%
住民税均等割等
税効果会計適用後の法人税等の負担率
30.56%
(調整)
33.71%
所得税以外の税額控除
税額変更による期末繰延税金資産の減額修正
その他
税効果会計適用後の法人税等の負担率
2.59%
△1.51%
2.35%
0.40%
△0.53%
5.23%
0.05%
39.15%
(3)税率の変更
「経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るため
の所得税法等の一部を改正する法律」(平成23年法律第114
号)及び「東日本大震災からの復興のための施策を実施する
ために必要な財源の確保に関する特別措置法」(平成23年法
律第117号)が、平成23年12月2日に公布されました。平
成24年4月1日以後に開始する事業年度から法人税率が引き
下げられ、また、平成27年3月31日までの期間(指定期間)
に開始する事業年度については、復興特別法人税が課される
ことになりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金
負債の計算に使用する法定実効税率は、前事業年度の30.56
%から、指定期間内に開始する事業年度については29.04%、
平成27年4月1日以後に開始する事業年度については27.27
%に変更されました。その結果、繰延税金資産が111百万円
減少し、その他有価証券評価差額金が54百万円増加し、法人
税等調整額が165百万円増加しています。
36
2.部門別損益計算書
平成23年度
(単位:百万円)
区 分
事業収益
事業費用
事業総利益
(a - b)
事業管理費
(うち人件費)
(うち減価償却費)
※うち共通管理費
(うち人件費)
(うち減価償却費)
事業利益
(c - d)
事業外収益
※うち共通分
事業外費用
※うち共通分
経常利益
(j + k - m)
特別利益
※うち共通分
特別損失
※うち共通分
税引前当期利益
(o + p - r)
営農指導事業分配賦額
営農指導事業分配賦後
税引前当期利益(t - u)
合計
信 用
事 業
共 済
事 業
農業関連
事 業
生活その他
事
業
営 農
指導事業
48,883
32,544
10,074
1,714
6,156
558
28,981
27,340
3,651
2,638
20
292
c
16,339
8,359
5,598
1,640
1,013
△ 271
d
e
f
g
h
i
13,495
(9,404)
(1,114)
5,978
(4,002)
(418)
585
(298)
(25)
3,749
(2,861)
(290)
387
(197)
(17)
2,096
(1,296)
(276)
173
(88)
(7)
857
(604)
(69)
83
(42)
(3)
813
(638)
(59)
53
(27)
(2)
j
2,844
2,381
1,848
△ 455
155
△ 1,085
k
l
m
n
480
219
219
54
54
145
145
36
36
64
64
16
16
31
31
7
7
19
19
4
4
o
3,204
2,545
1,957
△ 406
178
△ 1,070
p
q
r
s
269
123
123
143
143
81
81
95
95
36
36
42
42
17
17
20
20
11
11
13
13
t
3,159
2,525
1,943
△ 412
175
△ 1,072
411
260
313
87
△ 1,072
3,159
2,114
1,683
△ 726
88
120
314
u
v
平成22年度
△ 1,283
(△ 654)
(△ 56)
△ 480
△ 120
△ 269
△ 314
(単位:百万円)
区 分
事業収益
事業費用
事業総利益
(a - b)
事業管理費
(うち人件費)
(うち減価償却費)
※うち共通管理費
(うち人件費)
(うち減価償却費)
事業利益
(c - d)
事業外収益
※うち共通分
事業外費用
※うち共通分
経常利益
(j + k - m)
特別利益
※うち共通分
特別損失
※うち共通分
税引前当期利益
(o + p - r)
営農指導事業分配賦額
営農指導事業分配賦後
税引前当期利益(t - u)
共通管理費等
a
b
合計
信 用
事 業
共 済
事 業
農業関連
事 業
生活その他
事
業
営 農
指導事業
a
b
51,106
34,381
10,555
2,152
6,089
583
30,564
28,579
3,870
2,780
26
285
c
16,725
8,402
5,506
1,985
1,089
△ 258
d
e
f
g
h
i
13,760
(9,857)
(1,006)
6,023
(4,125)
(366)
582
(317)
(23)
3,782
(2,970)
(255)
384
(208)
(15)
2,236
(1,451)
(263)
189
(103)
(7)
952
(699)
(70)
92
(50)
(3)
765
(610)
(50)
50
(27)
(2)
j
2,964
2,378
1,724
△ 251
137
△ 1,024
k
l
m
n
468
210
210
61
61
138
138
40
40
68
68
19
19
33
33
9
9
18
18
5
5
o
3,296
2,527
1,822
△ 202
161
△ 1,011
p
q
r
s
468
192
191
318
318
126
126
209
209
102
62
103
103
30
30
50
50
16
16
27
27
t
3,055
2,401
1,739
△ 203
141
△ 1,022
387
241
308
84
△ 1,022
3,055
2,013
1,497
△ 512
56
136
709
u
v
共通管理費等
△ 1,299
(△ 706)
(△ 53)
△ 468
△ 136
△ 427
△ 709
(注)1. 共通管理費等及び営農指導事業の他部門への配賦基準等
(1) 共通管理費等(g、h、i、l、n、q、s)
各部門の事業総利益割合 + 事業管理費割合 + 稼動職員数割合
3
(2) 営農指導事業(u)
各部門の事業総利益割合 + 営農指導事業の各部門に対する貢献度割合
2
2. 配賦割合(1の配賦基準で算出した配賦の割合)
信 用
区 分
事 業
平成23年度
45.62%
共通管理費等
平成22年度
44.86%
平成23年度
38.34%
営農指導事業
平成22年度
37.90%
37
共 済
事 業
30.22%
29.57%
24.25%
23.61%
農業関連
事 業
13.53%
14.61%
29.27%
30.19%
生活その他
事
業
6.48%
7.11%
8.14%
8.30%
営 農
指導事業
合計
4.15% 100.00%
3.85% 100.00%
100.00%
100.00%
3.経営指標
(1)損益の推移
(単位:百万円)
項 目
経
常
収
用
事
済
事
業
関
連
事
活 そ の 他 事
農
指
導
事
常
利
益
期
剰
余
金
信
共
農
生
営
経
当
益
業
業
業
業
業
平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度
53,856
52,967
49,711
51,106
48,883
11,802
12,156
10,966
10,555
10,074
6,028
6,181
6,096
6,089
6,156
31,633
30,491
28,754
30,564
28,981
4,363
4,101
3,865
3,870
3,651
27
36
29
26
20
3,429
3,638
2,848
3,296
3,204
2,153
2,322
2,112
2,025
1,922
(注)①「経常収益」は、損益計算書上の「事業収益」と一致します。
②当期剰余金は銀行等の当期利益に相当するものです。
③信託業務の取扱は行っていません。
(2)主な財産状況等の推移
(単位:百万円)
項 目
平成20年3月31日 平成21年3月31日 平成22年3月31日 平成23年3月31日 平成24年3月31日
総 資 産 額
(うち信用事業総資産)
(うち貸出金残高)
(うち有価証券残高)
貯 金 等 残 高
純 資 産 額
出 資 金 残 高
(出 資 口 数)
単 体 自 己 資 本 比 率
職 員 数
949,265
971,909
994,396 1,017,744 1,042,671
(903,032) (925,248) (948,065) (970,110) (986,959)
(205,955) (208,420) (212,274) (217,259) (215,020)
(55,439)
(57,781)
(59,590)
(61,903)
(56,942)
875,439
896,967
918,410
939,608
963,535
50,888
52,959
55,106
57,035
58,979
3,856
3,846
3,838
3,823
3,805
(3,856 千口) (3,846 千口) (3,838 千口) (3,823 千口) (3,805 千口)
18.01%
18.53%
19.14%
19.16%
19.00%
1,478人
1,535人
1,524人
1,459人
1,444人
(注)職員数に期末退職者数は含んでいません。
(3)剰余金の配当状況
(単位:百万円)
項 目
出
資
配
当
配 当 率
配当金額
平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度
4.0%
4.0%
4.0%
4.0%
4.0%
153
153
152
151
151
(4)主な諸比率の状況
(単位:百万円)
項 目
① 事 業 粗 利 益
事業粗利益率
② 信 用 事 業 粗 利 益
信用事業粗利益率
③ 総 資 産 経 常 利 益 率
④ 資 本 経 常 利 益 率
⑤ 総 資 産 当 期 純 利 益 率
⑥ 資 本 当 期 純 利 益 率
備 考
平成22年度 平成23年度
16,725
16,339 損益計算書の事業総利益
1.66%
1.58% 事業粗利益÷総資産(平均残高)
8,402
8,359 損益計算書の信用事業総利益
0.87%
0.85% 信用事業粗利益÷信用事業資産(平均残高)
0.32%
0.31% 経常利益÷総資産(平均残高)
6.09%
5.72% 経常利益÷純資産(平均残高)
0.20%
0.18% 当期剰余金÷総資産(平均残高)
3.74%
3.43% 当期剰余金÷純資産(平均残高)
38
4.信用事業の状況
(1)主な指標等の状況
①貯貸率及び貯証率の状況
項 目
期末残高
期中平残
期末残高
期中平残
貯貸率
貯証率
平成22年度
23.12%
23.55%
6.58%
6.17%
平成23年度
22.31%
22.54%
5.90%
6.07%
増 減
△ 0.81㌽
△ 1.01㌽
△ 0.68㌽
△ 0.10㌽
(注)貯貸率とは貯金に対する貸出金の割合を表したもので、貯証率とは貯金に対する有価証券の割合を表したものです。
②信用事業収支の状況
(単位:百万円)
項 目
信用事業収益
(うち資金運用収益)
(うち役務取引等収益)
(うちその他事業直接収益)
(うちその他経常収益)
信用事業費用
(うち資金調達費用)
(うち役務取引等費用)
(うちその他事業直接費用)
(うちその他経常費用)
差引信用事業総利益
平成22年度
10,555
10,103
324
38
89
2,152
1,195
57
-
900
8,402
平成23年度
10,074
9,603
319
55
96
1,714
794
67
-
851
8,359
平成22年度
957,317
10,103
1.05%
932,927
1,195
0.12%
0.93%
平成23年度
978,928
9,603
0.98%
958,609
794
0.08%
0.90%
③資金運用・調達の状況
(単位:百万円)
項 目
平均残高
受取利息
利回り
平均残高
支払利息
利回り
運 用
調 達
増 減
△ 480
△ 500
△4
16
6
△ 438
△ 400
10
-
△ 48
△ 42
利ざや
増 減
21,610
△ 500
△ 0.07㌽
25,682
△ 400
△ 0.04㌽
△ 0.03㌽
(注)①運用とは預金・貸出金・有価証券等の合計額を、調達とは貯金・定期積金・借入金等の合計額を指します。
②受取利息とは預金・貸出金・有価証券等の利息、支払利息とは貯金・定期積金・借入金等の利息の合計額を指します。
③利ざや=運用利回り-調達利回り
④総資金利ざや
項
目
運用利回り
資金調達原価率
総資金利ざや
平成22年度
1.05%
0.70%
0.35%
平成23年度
0.98%
0.64%
0.34%
(注)総資金利ざや=運用利回り-資金調達原価率
資金調達原価率=調達利回り+(信用部門の事業管理費÷調達資金平均残高)
(信用事業の事業管理費は、部門別損益計算書の信用部門の共通管理費配賦前の額)
39
増 減
△ 0.07㌽
△ 0.06㌽
△ 0.01㌽
⑤受取利息・支払利息の増減
項 目
うち預金利息
うち有価証券利息配当金
受取利息
うち貸出金利息
うちその他受入利息
うち貯金利息
うち給付補填備金繰入
うち借入金利息
うちその他支払利息
支払利息
(単位:百万円)
平成22年度
△ 321
1
△ 112
△0
△ 782
7
△4
△3
平成23年度
△ 185
△3
△ 310
△0
△ 371
△ 22
△3
△2
平成22年度
324
141
1
181
57
47
9
266
平成23年度
319
138
1
180
67
51
16
251
平成22年度
38
38
-
-
38
平成23年度
55
55
-
-
55
平成22年度
89
89
900
831
△ 810
平成23年度
96
96
851
800
△ 755
(注)各欄には前年度に対する増減額を記載しています。
⑥役務取引等収支の状況
区 分
役務取引等収益
(うち受入為替手数料)
(うち農業者年金受入委託料)
(うちその他信用手数料)
役務取引等費用
(うち支払為替手数料)
(うちその他役務取引費用)
差引役務取引等収支
(単位:百万円)
⑦その他事業直接収支の状況
区 分
その他事業直接収益
(うち国債等債券売却益)
その他事業直接費用
(うち国債等債券売却損)
差引その他事業直接収支
その他経常収益
(うち信用雑収入)
その他経常費用
(うち信用雑費用)
差引その他経常収支
△4
△3
0
△1
10
3
7
△ 15
(単位:百万円)
⑧その他経常収支の状況
区 分
増 減
増 減
16
16
-
-
16
(単位:百万円)
増 減
6
6
△ 48
△ 30
55
40
⑨リスク管理債権(貸出金)の状況
a.リスク管理債権の内容
「農業協同組合法施行規則」に基づくリスク管理債権は、次のとおりです。
リスク管理債権は、農業協同組合法施行規則第204条の規定に則り、担保・保証の有無にかかわらず開示している
ため、回収不能額を表すものではありません。
(単位:百万円)
区
破
延
3
貸
リ
分
綻
先
債
滞
債
カ 月 以 上 延 滞 債
出 条 件 緩 和 債
ス ク 管 理 債 権 合
平成23年3月31日
権
権
権
権
計
貸出金総額に占めるリスク管理債権の割合
平成24年3月31日
167
2,873
-
941
3,982
1.83%
65
3,312
-
912
4,290
1.99%
b.リスク管理債権に対する対応状況
上記リスク管理債権に対する担保・保証及び引当金による債権保全の対応状況は次のとおりです。
(単位:百万円)
区
分
担 保 ・ 保 証 に よ る 保 全 部 分
信用事業に係る個別貸倒引当金残高
信用事業に係る一般貸倒引当金残高
債
権
保
全
額
合
計
平成23年3月31日
3,341
514
723
4,579
平成24年3月31日
3,594
569
716
4,880
c.その他の不良債権
「農業協同組合法施行規則」によるリスク管理債権は上記のとおりですが、購買未収金等その他の事業に係る債権
についても、貸出金に準じて、一定の基準により「貸倒引当金」を引き当てております。
なお、元本補てん契約のある信託にかかる貸出金はありません。
(注)用語の説明
(ⅰ)破綻先債権
元本又は利息の支払の遅延が相当期間継続していることその他の事由により元本又は利息の取立て又は弁済の見込みがな
いものとして未収利息を計上しなかった貸出金(貸倒償却を行った部分を除く。以下「未収利息不計上貸出金」という。)
のうち、法人税法施行令(昭和40年政令第97号)第96条第1項第3号イからホまでに掲げる事由又は同項第4号に規定す
る事由が生じている貸出金をいいます。
(ⅱ)延滞債権
未収利息不計上貸出金であって、(ⅰ)に掲げるもの及び債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として利息の支払を
猶予したもの以外の貸出金をいいます。
(ⅲ)3カ月以上延滞債権
元本又は利息の支払が約定支払日の翌日から3カ月以上遅延している貸出金((ⅰ)及び(ⅱ)に掲げるものを除く。)をい
います。
(ⅳ)貸出条件緩和債権
債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として、金利の減免、利息の支払猶予、元本の返済猶予、債権放棄その他の
債務者に有利となる取決めを行った貸出金((ⅰ)から(ⅲ)までに掲げるものを除く。)をいいます。
(ⅴ)担保・保証による保全部分
上記の4種類の債権のうち、貯金や定期積金、有価証券及び不動産などの確実な担保並びに農業信用基金協会等の確実な
保証先の債務保証により保全されている部分です。
(ⅵ)信用事業に係る個別貸倒引当金
破綻先債権など貸倒れの可能性の高い特定の貸出金について、個別に貸倒れにより発生する損失を見積り、引き当てた金
額です。
(ⅶ)信用事業に係る一般貸倒引当金
貸出金等について、現状は回収不能の危険性は薄いものの、将来に備えるため、残高に一定率を乗じて引き当てた金額で
す。
41
⑩金融再生法開示債権の状況
「金融機能の再生のための緊急措置に関する法律」の開示区分に基づく債権額は次のとおりです。
なお、JAは同法の対象となっていませんが、参考として同法の定める基準に従って開示しています。
(単位:百万円)
区
分
破産更生債権及び
これらに準ずる債権
危 険 債 権
要 管 理 債 権
小
計
正 常 債 権
合
計
債権額
平成23年3月31日
保全額
担保・保証 引当金
合計
債権額
平成24年3月31日
保全額
担保・保証 引当金
合計
1,820
1,549
270
1,820
1,858
1,583
275
1,858
1,225
941
3,987
213,512
217,500
949
841
3,341
243
3
517
1,193
845
3,859
1,525
912
4,296
211,022
215,319
1,198
812
3,594
294
3
572
1,493
816
4,167
(注)用語の説明
(ⅰ)破産更生債権及びこれらに準ずる債権
破産手続開始、更生手続開始、再生手続開始の申立て等の事由により経営破綻に陥っている債務者に対する債権及びこれ
らに準ずる債権をいいます。
(ⅱ)危険債権
債務者が経営破綻の状態には至っていないが、財政状態及び経営成績が悪化し、契約に従った債権の元本の回収及び利息
の受取りができない可能性の高い債権をいいます。
(ⅲ)要管理債権
3カ月以上延滞債権(元金又は利息の支払が約定支払日の翌日を起算日として3カ月以上延滞している貸出債権((ⅰ)及
び(ⅱ)に該当する債権を除く。))及び貸出条件緩和債権(経済的困難に陥った債務者の再建又は支援を図り、当該債権の
回収を促進すること等を目的に、債務者に有利な一定の譲歩を与える約定条件の改定等を行った貸出債権((ⅰ)及び(ⅱ)に
該当する債権並びに3カ月以上延滞債権を除く。))をいいます。
(ⅳ)正常債権
債務者の財政状態及び経営成績に特に問題がないものとして、上記の債権以外のものに区分される債権をいいます。
(ⅴ)担保・保証
貯金や定期積金、有価証券及び不動産などの確実な担保による保全額並びに農業信用基金協会等の確実な保証先の債務保
証による保全額です。
(ⅵ)引当金
貸倒引当金の計上による保全額です。
42
(2)貸出金等の状況
①貸出金種類別平均残高(構成比)の状況
種
手
証
当
貸
割
貸
類
形
書
貸
貸
座
付
引
出
付
付
貸
金
手
金
合
金
金
越
計
形
計
(単位:百万円)
平成22年度
平 均 残 高 (構成比)
531
0.2%
210,607
96.0%
8,306
3.8%
219,445
100.0%
-
-
219,445
100.0%
平成23年度
平 均 残 高 (構成比)
438
0.2%
207,641
96.2%
7,749
3.6%
215,829
100.0%
-
-
215,829
100.0%
②固定金利・変動金利別残高(構成比)の状況
区
固
変
分
定
動
金
金
合
利
利
計
平成23年3月31日
残
高
(構成比)
96,074
44.2%
121,185
55.8%
217,259
100.0%
(単位:百万円)
平成24年3月31日
残
高
(構成比)
84,097
39.1%
130,923
60.9%
215,020
100.0%
③運転資金・設備資金別残高(構成比)の状況
区
運
設
分
転
備
合
資
資
金
金
計
(単位:百万円)
平成23年3月31日
残
高
(構成比)
19,208
8.8%
198,051
91.2%
217,259
100.0%
平成24年3月31日
残
高
(構成比)
18,709
8.7%
196,311
91.3%
215,020
100.0%
平成23年3月31日
残
高
(構成比)
12,132
5.6%
-
0.0%
14
0.0%
4,042
1.9%
81
0.0%
2,377
1.1%
48,926
22.6%
220
0.1%
1,645
0.8%
1,755
0.8%
2,868
1.3%
8,554
3.9%
13,263
6.1%
10,475
4.8%
106,358
49.0%
110,901
51.0%
217,259
100.0%
平成24年3月31日
残
高
(構成比)
11,128
5.2%
-
0.0%
68
0.0%
4,207
2.0%
73
0.0%
2,403
1.1%
50,116
23.3%
183
0.1%
1,521
0.7%
1,566
0.7%
2,764
1.3%
8,475
3.9%
14,518
6.8%
9,170
4.3%
106,198
49.4%
108,822
50.6%
215,020
100.0%
(注)運転資金には当座貸越を含んでいます。
④業種別貸出金残高(構成比)の状況
業
種
農業
林業
水産業
製造業
業
鉱業
建設業
・
不動産業
事
電気・ガス・熱供給・水道業
運輸・通信業
業
卸売・小売・飲食業
サービス業
関
金融・保険業
地方公共団体
連
その他
小
計
住 宅 ・ 生 活 関 連 、 そ の 他
合
計
農
(単位:百万円)
(注)業種は主たる業種としています。残高及び構成比には主たる業種以外の業種に対する貸出金を含んでいます。
43
⑤債務保証の状況
該当ありません。
⑥担保別貸出金残高の内訳
担
保
種
定
不
有
そ
期
動
価
の
類
貯金・定期積金
産
証券
他
小
計
機関保証
信用その他
合
計
(単位:百万円)
平成23年3月31日
13,646
72,616
-
1,814
88,076
106,197
22,985
217,259
平成24年3月31日
13,547
71,952
-
1,509
87,009
103,774
24,236
215,020
(注)①ひとつの貸出金で、不動産担保及び機関保証を付保している場合は、機関保証のみに記載しています。
②機関保証とは、農業信用基金協会、信用保証協会等による保証です。
③信用その他には個人保証貸出が含まれます。
⑦営農類型・資金種類別残高
a.営農類型別残高
種
農業
穀作
野菜・園芸
果樹・樹園農業
工芸作物
養豚・肉牛・酪農
養鶏・養卵
その他農業
農業関連団体等
合
(単位:百万円)
類
計
平成23年3月31日
3,328
54
1,114
330
41
407
77
1,301
-
3,328
平成24年3月31日
3,337
55
1,297
317
39
448
52
1,126
-
3,337
(注)①開示の対象となる貸出金は、農業者・農業法人及び農業関連団体等に対する農業生産・農業経営に必要な資金や農産物の生産・加工・
流通に関係する事業に必要な資金等が該当します。
②複合経営で主たる作物等が明確に位置づけられない者や農業所得が従である農業者、土地改良区等は「その他農業」に含んでいます。
③「農業関連団体等」にはJA等の子会社や他のJA等が含まれますが、主たる作物等が明確に位置づけられる場合には該当する作物に
含めています。
b.資金種類別残高
種
プロパー資金
農業制度資金
農業近代化資金
その他制度資金
合
(単位:百万円)
類
計
平成23年3月31日
1,499
1,829
552
1,277
3,328
平成24年3月31日
1,344
1,993
628
1,364
3,337
(注)①プロパー資金は、当JA独自の貸出金です。
②農業制度資金は、地方公共団体が当JAを通じて融資するものや地方公共団体の利子補給を受ける貸出金です。
⑧農業関係の受託貸付金残高
該当ありません。
44
(3)貯金の状況
①貯金種類別平均残高(構成比)の状況
種
流
動
性
貯
金
定
期
性
貯
金
譲
(単位:百万円)
平成22年度
類
平
均
残
高
平成23年度
( 構 成 比 )
平
均
残
高
( 構 成 比 )
当
座
貯
金
568
0.1%
685
0.1%
普
通
貯
金
247,693
26.5%
257,822
26.9%
貯
蓄
貯
金
1,176
0.1%
1,116
0.1%
通
知
貯
金
3
0.0%
4
0.0%
別
段
貯
金
516
0.1%
503
0.1%
(
小
計
)
249,958
26.8%
260,133
27.2%
定
期
貯
金
621,398
66.7%
636,446
66.4%
定
期
積
金
60,379
6.5%
60,824
6.4%
(
小
計
)
681,777
73.2%
697,271
72.8%
渡
性
貯
金
-
-
-
-
931,736
100.0%
957,404
100.0%
合
計
②定期貯金区分別残高(構成比)の状況
区
分
残
高
平成24年3月31日
( 構 成 比 )
残
高
( 構 成 比 )
固
定
金
利
624,507
100.0%
636,058
100.0%
変
動
金
利
42
0.0%
41
0.0%
624,550
100.0%
636,099
100.0%
合
45
(単位:百万円)
平成23年3月31日
計
(4)有価証券等の状況
①有価証券種類別平均残高(構成比)の状況
種
類
国
地
政
方
府
金
保
証
融
社
合
(単位:百万円)
平成22年度
平
均
残
高
平成23年度
( 構 成 比 )
平
均
残
高
( 構 成 比 )
債
23,936
41.6%
27,618
47.4%
債
14,298
24.8%
14,149
24.3%
債
6,524
11.3%
6,277
10.8%
債
4,819
8.4%
3,369
5.8%
債
7,985
13.9%
6,782
11.7%
57,564
100.0%
58,196
100.0%
計
(注)短期社債、株式、受益証券、外国株式、外国債券、貸付有価証券は保有しておりません。
②有価証券の残存期間別残高
種類
国
債
区 分
(単位:百万円)
平成23年3月31日 平成24年3月31日
1年以下
220
1
1年超 3年以下
898
3,452
3年超 5年以下
7,570
10,474
5年超10年以下
20,960
14,111
10年超
-
-
期間の定めのないもの
-
-
29,649
28,038
計
202
201
1年超 3年以下
2,673
4,903
府
3年超 5年以下
3,604
1,147
保
5年超10年以下
-
-
10年超
-
-
期間の定めのないもの
-
-
6,480
6,252
701
1,603
1年以下
政
証
債
計
1年以下
2,915
1,501
3年超 5年以下
695
1,393
5年超10年以下
2,613
1,729
300
300
-
-
7,227
6,528
1年超 3年以下
社
債
10年超
期間の定めのないもの
計
種類
区 分
202
-
-
1,198
3年超 5年以下
3,590
4,785
5年超10年以下
10,189
8,004
-
-
-
-
13,981
13,988
1年以下
地
方
1年超 3年以下
10年超
債
平成23年3月31日 平成24年3月31日
期間の定めのないもの
計
1年以下
2,414
401
1年超 3年以下
1,944
1,732
3年超 5年以下
205
-
融
5年超10年以下
-
-
10年超
-
-
債
期間の定めのないもの
-
-
4,563
2,134
金
計
46
③有価証券の時価情報
a.満期保有目的の債券で時価のあるもの
種類
債
券
貸借対照表
価 額
(単位:百万円)
平成23年3月31日
差 額
時 価
うち益
20,022 20,879
857
平成24年3月31日
差 額
時 価
貸借対照表
価 額
うち損
うち益
17 19,734 20,744
874
1,009
うち損
1,017
7
(注)時価は、当事業年度末における市場価格等に基づく時価によっています。
b.その他有価証券で時価のあるもの
種類
債
券
償却原価
(単位:百万円)
平成23年3月31日
貸借対照表 評価差額
価 額
40,446 41,881
うち益
1,435
償却原価
うち損
1,439
平成24年3月31日
貸借対照表 評価差額
価 額
4 35,566 37,208
うち益
1,641
1,641
うち損
-
(注)貸借対照表価額は、当事業年度末における市場価格等に基づく時価によっています。
c.時価のない主な有価証券の内容 種類
(単位:百万円)
平成23年3月31日
貸借対照表価額
子会社株式
その他有価証券
(系統機関出資金)
(系統機関外出資金)
平成24年3月31日
貸借対照表価額
89
24,072
23,667
405
89
31,772
31,367
405
(注)上記の有価証券残高には外部出資金残高を含めて記載しています。
④金銭の信託の状況
該当ありません。
⑤商品有価証券の種類別平均残高の状況
該当ありません。
⑥公共債の窓口販売実績
種類
国 債 窓 口 販 売 実 績
(単位:百万円)
平成22年度
平成23年度
365
⑦オフ・バランス取引の状況(金融派生商品及び先物外国為替取引)
該当ありません。
⑧デリバティブ取引、金融等デリバティブ取引、有価証券関連店頭デリバティブ取引の状況
該当ありません。
47
614
(5)その他の信用事業の状況
①内国為替取扱件数及び金額
種 類
送金・振込為替
代 金 取 立 為 替
雑
合
為
替
計
(単位:百万円)
平成22年度
件 数
金 額
件 数
金 額
件 数
金 額
件 数
金 額
仕 向
188,526 件
125,930
34 件
81
52,337 件
156,734
240,897 件
282,746
被仕向
1,148,610 件
251,653
53 件
45
51,416 件
221,535
1,200,079 件
473,234
平成23年度
仕 向
193,809 件
147,417
34 件
65
48,818 件
161,995
242,661 件
309,477
被仕向
1,182,421 件
259,250
61 件
38
47,677 件
227,753
1,230,159 件
487,041
48
5.共済事業の状況
(1)長期共済保有高
(単位:百万円)
種
生
命
総
合
共
済
類
終
身
共
済
定 期 生 命 共 済
養 老 生 命 共 済
( う ち こ ど も 共 済)
医
療
共
済
が
ん
共
済
定 期 医 療 共 済
年
金
共
済
建 物 更 生 共 済
合
計
平成22年度
新 契 約 高
期 末 保 有 高
80,526
1,114,952
4,795
49,212
36,766
685,651
( 8,354)
( 113,319)
17,218
42,874
386
3,559
0
22,031
-
2,934
189,260
2,092,175
328,953
4,013,391
平成23年度
新 契 約 高
期 末 保 有 高
60,366
1,111,580
3,853
47,238
25,560
630,846
( 6,613)
( 116,579)
13,528
54,114
830
4,262
-
20,517
-
2,722
250,717
2,123,733
354,856
3,995,015
(注)①長期共済は、契約期間が5年以上の共済です。
②金額は、保障共済金額(がん共済はがん死亡共済金額、医療共済・定期医療共済は死亡給付金額(付加された定期特約金額等を含む。)、
年金共済は付加された定期特約金額)です。
③平成5年度以前に契約された養老生命、こども、終身、年金の各共済契約については、生命総合共済に合算して計上しています。
(2)医療系共済の入院共済金額保有高
(単位:百万円)
医
が
定
種
類
療
ん
期 医
合
共
共
療 共
計
期
平成22年度
末
保
有
高
済
済
済
期
平成23年度
末
保
有
期
平成23年度
末
保
有
85
35
27
147
高
148
42
25
216
(注)金額は、入院共済金額です。
(3)年金共済の年金保有高
(単位:百万円)
種
年
年
金
金
合
類
開
開
始
始
計
期
前
後
平成22年度
末
保
有
高
14,316
8,753
23,069
高
14,412
8,885
23,297
(注)金額は、年金金額(利率変動型年金にあっては最低保証年金額)です。
(4)短期共済新契約高
(単位:件、百万円)
種
類
火
災
共
自
動
車
共
傷
害
共
定 額 定 期 生 命 共
賠 償 責 任 共
自
賠
責
共
合
計
件
済
済
済
済
済
済
平成22年度
数
掛
3,895
52,365
3,632
5
2,122
20,748
82,767
(注) ①短期共済は契約期間が5年未満の共済です。
②件数は次のとおりです。
・火災…符号(目的)件数 ・自動車、賠償責任…証書件数
金
49
2,435
7
0
3
385
2,882
件
平成23年度
数
掛
3,749
51,527
3,453
4
2,191
20,665
81,589
・傷害、定額定期生命…被共済者数
金
43
2,361
7
0
3
430
2,847
・自賠責…契約台数
(5)JA共済の仕組み
JA共済は農業協同組合法に基づき、JA・全国共済農業協同組合連合会の2段階でそれぞれ機能分担しながら
加入者の皆様の負託に応えられるよう、責任をもって事業を行っております。
その中で、万が一事故が発生した場合や共済契約が満期を迎えた場合などに当JAが負うことになります共済責
任につきましては、当JAと全国共済農業協同組合連合会とが共同で負担する事により、万全を期しております。
49
6.その他の事業の状況
(1)購買事業の状況
(単位:百万円)
生
産
資
材
購買品供給高
飼
料
肥
料
農
薬
保 温 資 材
包 装 資 材
農 業 機 械
石油類(生産)
家
畜
そ
の
他
(小計)
平成22年度 平成23年度
1,018
958
1,383
1,193
1,199
1,055
556
736
1,090
995
628
654
68
69
403
317
598
506
6,947
6,488
生
活
資
材
購買品供給高
米
食
料
品
衣
料
品
耐久消費財
日
用
品
L P ガ ス
石油類(生活)
葬
祭
(小計)
合
計
平成22年度 平成23年度
226
95
194
144
42
44
162
120
184
126
587
609
12
12
1,943
2,018
3,354
3,170
10,302
9,659
販売品販売高
温州みかん
柿
梨
ネ ー ブ ル
そ
の
他
(小計)
豚
枝
肉
肉
牛
生
乳
そ
の
他
(小計)
平成22年度 平成23年度
2,248
1,892
233
175
108
105
49
48
112
143
2,752
2,365
1,241
1,181
816
697
387
388
123
114
2,568
2,382
1,245
1,465
(2)販売事業の状況
(単位:百万円)
農
産
園
芸
品
花
き
販売品販売高
ね
ぎ
チンゲンサイ
セ ル リ ー
玉
葱
馬
鈴
薯
ミ
ツ
バ
サ ラ ダ 菜
そ
の
他
(小計)
き
く
ガ ー ベ ラ
こ で ま り
ほ お ず き
そ
の
他
(小計)
平成22年度 平成23年度
1,762
1,642
1,361
1,315
1,180
1,135
1,039
985
1,006
795
505
525
482
445
3,440
3,403
10,778
10,250
1,456
1,389
799
815
262
281
67
81
1,339
1,248
3,925
3,817
果
樹
畜
産
物
ファーマーズマーケット
合
計
21,270
20,280
(3)加工事業の状況
(単位:百万円)
製品販売高
茶
花
束
平成22年度 平成23年度
161
145
70
78
製品販売高
漬
物
合
計
平成22年度 平成23年度
31
27
263
251
平成22年度 平成23年度
5
1
20
19
支出
営 農 改 善 費
教 育 情 報 費
生 活 文 化 事 業 費
合
計
平成22年度 平成23年度
158
157
94
102
32
32
285
292
(4)指導事業の状況
(単位:百万円)
収入
指 導 事 業 補 助 金
実
費
収
入
合
計
26
20
50
7.自己資本充実の状況
当JAの自己資本は、組合員の皆様の出資金や剰余金から構成されています。
当JAでは、自己資本比率算出要領を制定し、適正なプロセスにより自己資本比率を算出して、信用リスクや
オペレーショナル・リスクの管理を行い、自己資本の充実に努めています。
(1)自己資本の構成に関する事項
(単位:百万円)
項
目
基本的項目(A)
出資金
(うち後配出資金)
回転出資金
平成22年度
平成23年度
55,887
57,635
3,823
3,805
( -)
( -)
-
-
再評価積立金
-
-
資本準備金
-
-
利益準備金
7,786
7,786
43,478
45,173
(うち目的積立金)
(11,701)
(11,896)
(うち特別積立金)
(31,777)
(33,277)
積立金
次期繰越剰余金
処分未済持分(△)
814
890
△ 16
△ 21
その他有価証券の評価差損(△)
-
-
営業権相当額(△)
-
-
732
724
732
724
-
-
56,619
58,359
-
-
-
-
自己資本額(C-D) (E)
56,619
58,359
リスク・アセット等計(F)
295,462
307,046
263,718
275,719
補完的項目(B)
一般貸倒引当金
補完的項目不算入額(△)
自己資本総額(A+B) (C)
控除項目計(D)
控除項目不算入額(△)
資産(オン・バランス項目)
オフ・バランス取引項目
-
-
31,743
31,326
Tier1比率(A/F)
18.91%
18.77%
自己資本比率(E/F)
19.16%
19.00%
オペレーショナル・リスク相当額を8%で除して得た額
(注)①平成18年3月28日金融庁・農林水産省告示第2号「農業協同組合等がその健全性を判断するための基準」に定められた算式に基づき
算出したものです。
②当JAは、信用リスク・アセット額の算出にあっては標準的手法、適格金融資産担保の適用については信用リスク削減手法の簡便手法
を、オペレーショナル・リスク相当額の算出にあたっては基礎的手法を採用しています。
③当JAが有するすべての自己資本とリスクを対比して、自己資本比率を計算しています。
51
(2)自己資本の充実度に関する事項
①信用リスクに対する所要自己資本の額及び区分ごとの内訳
区
分
我が国の中央政府及び中央銀行
向け
我が国の地方公共団体向け
地方公共団体金融機構向け
我が国の政府関係機関向け
地方三公社向け
金融機関及び第一種金融商品取
引業者向け
法人等向け
中小企業等向け及び個人向け
抵当権付住宅ローン
不動産取得等事業向け
三月以上延滞等
農業信用基金協会、信用保証協
会等保証付
共済約款貸付
出資等
複数の資産を裏付とする資産
(所謂ファンド)のうち、個々の
資産の把握が困難な資産
証券化
上記以外
合
計
エクスポー
ジャーの
期末残高
平成22年度
リスク・
アセット額
所要自己
資本額
a
b=a×4%
エクスポー
ジャーの
期末残高
(単位:百万円)
平成23年度
リスク・
所要自己
アセット額
資本額
a
b=a×4%
28,602
-
-
26,719
-
-
27,256
6,290
1,791
535
-
-
179
87
-
-
7
3
28,568
6,093
1,291
501
-
-
129
80
-
-
5
3
701,885
146,804
5,872
723,543
151,136
6,045
6,809
32,206
135,052
2,029
1,361
3,613
13,261
46,375
1,946
1,272
144
530
1,855
77
50
6,966
31,785
132,032
2,045
1,353
3,888
13,237
45,353
1,960
1,025
155
529
1,814
78
41
20,601
2,015
80
19,645
1,924
76
1,772
24,162
-
24,162
-
966
1,838
31,862
-
31,862
-
1,274
-
-
-
-
-
-
-
27,431
1,017,788
-
24,000
263,718
-
960
10,548
-
28,452
1,042,701
-
25,123
275,719
-
1,004
11,028
(注)①「リスク・アセット額」の欄には、信用リスク削減効果適用後のリスク・アセット額を現エクスポージャーの種類ごとに記載しています。
②「エクスポージャー」とは、リスクに晒されている資産(オフ・バランス含む)のことをいい、具体的には貸出金や有価証券等が該当しま
す。(当JAには、オフ・バランス取引及び派生商品取引はありません。)
③「三月以上延滞等」とは、元本又は利息の支払が約定支払日の翌日から3カ月以上延滞している債務者に係るエクスポージャー及び「金融
機関及び第一種金融商品取引業者向け」、「法人等向け」等においてリスク・ウエイトが150%になったエクスポージャーのことです。
④「上記以外」には、現金、取立未済手形、未決済取引、他事業与信(三月以上延滞等を除く)、その他の資産(固定資産等)が含まれます。
②オペレーショナル・リスクに対する所要自己資本の額
平成22年度
オペレーショナル・リスク
所要自己資本額
相当額を8%で除して得た額
a
b=a×4%
31,743
1,269
(単位:百万円)
平成23年度
オペレーショナル・リスク
所要自己資本額
相当額を8%で除して得た額
a
b=a×4%
31,326
1,253
(注)当JAでは、オペレーショナル・リスク相当額の算出にあたって基礎的手法を採用しています。
<オペレーショナル・リスク相当額を8%で除して得た額の算出方法(基礎的手法)>
粗利益(直近3年間のうち正の値の合計額)×15%
÷
8%
直近3年間のうち粗利益が正の値であった年数
③所要自己資本額
平成22年度
リスク・アセット等
所要自己資本額
(分母)合計
a
b=a×4%
295,462
11,818
(単位:百万円)
平成23年度
リスク・アセット等
所要自己資本額
(分母)合計
a
b=a×4%
307,046
12,281
52
(3)信用リスクに関する事項
①標準的手法に関する事項
当JAでは、自己資本比率算出に係る信用リスク・アセット額は告示に定める標準的手法により算出しています。
また、信用リスク・アセットの算出にあたって、リスク・ウエイトの判定にあたり使用する格付等は次のとおりです。
a.リスク・ウエイトの判定にあたり使用する格付けは,以下の適格格付機関による依頼格付けのみ使用し、非依頼
格付は使用しないこととしています。
適格格付機関
株式会社格付投資情報センター(R&Ⅰ)
株式会社日本格付研究所(JCR)
ムーディーズ・インベスターズ・サービス・インク(Moody's)
スタンダード・アンド・プアーズ・レーティング・サービシズ(S&P)
フィッチレーティングスリミテッド(Fitch)
b.リスク・ウエイトの判定にあたり使用する適格格付機関の格付またはカントリー・リスク・スコアは、主に以下
のとおりです。
適格格付機関
エクスポージャー
金融機関向けエクスポージャー
法人等向けエクスポージャー
(長期)
法人等向けエクスポージャー
(短期)
カントリー・リスク・スコア
日本貿易保険
R&Ⅰ,Moody's,JCR,
S&P,Fitch
R&Ⅰ,Moody's,JCR,
S&P,Fitch
(注)「リスク・ウエイト」とは、当該資産を保有するため必要な自己資本額を算出するための掛目のことです。
②信用リスクに関するエクスポージャーの期末残高及び主な種類別の内訳、
三月以上延滞エクスポージャーの期末残高
(単位:百万円)
平成22年度
項
目
信用リスク
期末残高
信用リスクに
関する
エクスポー
ジャーの残高
1,017,788
うち貸出金等
217,572
うち債券
60,596
平成23年度
三月以上
延滞エクス
ポージャー
信用リスクに
関する
エクスポー
ジャーの残高
1,361 1,042,701
うち貸出金等
うち債券
215,380
三月以上
延滞エクス
ポージャー
55,417
1,353
(注)①信用リスクに関するエクスポージャーの残高には、資産並びにオフ・バランス取引及び派生商品取引の与信相当額を含みます。
(当JAには、オフ・バランス取引及び派生商品取引はありません。)
②「貸出金等」とは、貸出金のほか、コミットメント及びその他のデリバティブ以外のオフ・バランスシート・エクスポージャーを含ん
でいます。「コミットメント」とは、契約した期間・融資枠の範囲内で、利用者の請求に基づき、金融機関が融資を実行する契約のこ
とをいいます。「貸出金等」には「コミットメント」の融資可能残額も含めています。
③「三月以上延滞エクスポージャー」とは、元本又は利息の支払が約定支払日の翌日から3カ月以上延滞しているエクスポージャーをい
います。
③信用リスクに関するエクスポージャーの地域別の期末残高及び主な種類別の内訳、
三月以上延滞エクスポージャーの地域別の期末残高
信用リスクに関するエクスポージャー及び三月以上延滞エクスポージャーは、国内のみとなっています。
53
④信用リスクに関するエクスポージャーの業種別の期末残高及び主な種類別の内訳、
三月以上延滞エクスポージャーの業種別の期末残高
(単位:百万円)
平成22年度
業
種
信用リスクに
関する
エクスポー
ジャーの残高
うち貸出金等
平成23年度
うち債券
信用リスクに
関する
エクスポー
ジャーの残高
三月以上
延滞エクス
ポージャー
うち貸出金等
うち債券
三月以上
延滞エクス
ポージャー
農業
633
524
-
108
1,027
887
-
139
林業
-
-
-
-
-
-
-
-
水産業
-
-
-
-
-
-
-
-
製造業
1,502
98
1,404
-
1,290
81
1,204
5
-
-
-
-
-
-
-
-
建設・不動産業
2,861
2,359
501
-
2,781
2,280
501
-
法 電気・ガス・熱供給・
人 水道業
運輸・通信業
1,010
107
903
-
1,008
105
902
-
鉱業
金融・保険業
卸売・小売・飲食・
サービス業
日本国政府・
地方公共団体
上記以外
個人
その他
1,350
761
588
-
1,248
657
590
-
709,694
8,034
12,904
-
730,696
8,034
9,798
-
2,683
979
1,703
0
2,490
785
1,704
-
55,857
13,264
42,591
-
55,288
14,572
40,715
-
25,524
1,358
-
-
33,309
1,442
-
-
192,466 190,082
-
1,252
188,881 186,532
-
1,208
24,203
合
計
-
-
1,017,788 217,572
60,596
-
-
-
1,361 1,042,701 215,380
-
24,678
55,417
1,353
(注)①信用リスクに関するエクスポージャーの残高には、資産並びにオフ・バランス取引及び派生商品取引の与信相当額を含みます。
(当JAには、オフ・バランス取引及び派生商品取引はありません。)
②「貸出金等」とは、貸出金のほか、コミットメント及びその他のデリバティブ以外のオフ・バランスシート・エクスポージャーを含ん
でいます。「コミットメント」とは、契約した期間・融資枠の範囲内で、利用者の請求に基づき、金融機関が融資を実行する契約のこ
とをいいます。「貸出金等」には「コミットメント」の融資可能残額も含めています。
③「三月以上延滞エクスポージャー」とは、元本又は利息の支払が約定支払日の翌日から3カ月以上延滞しているエクスポージャーをい
います。
④「その他」には、ファンドのうち個々の資産の把握が困難な資産や固定資産等が該当します。
⑤信用リスクに関するエクスポージャーの残存期間別の期末残高及び主な種類別の内訳
(単位:百万円)
平成22年度
区
分
1年以下
信用リスクに
関する
エクスポー
ジャーの残高
うち貸出金等
平成23年度
信用リスクに
関する
エクスポー
ジャーの残高
うち債券
うち貸出金等
うち債券
698,352
5,979
3,727
719,868
5,954
2,207
1年超 3年以下
12,987
4,704
8,283
16,774
4,217
12,557
3年超 5年以下
21,098
5,863
15,235
23,159
5,941
17,218
5年超 7年以下
21,872
7,114
14,757
19,255
7,625
11,629
7年超10年以下
36,990
18,697
18,292
32,052
19,544
11,505
169,755
169,455
300
167,469
167,169
300
56,730
5,756
-
64,121
4,928
-
1,017,788
217,572
60,596
1,042,701
215,380
55,417
10年超
期限の定めのないもの
合
計
(注)①信用リスクに関するエクスポージャーの残高には、資産並びにオフ・バランス取引及び派生商品取引の与信相当額を含みます。
(当JAには、オフ・バランス取引及び派生商品取引はありません。)
②「貸出金等」とは、貸出金のほか、コミットメント及びその他のデリバティブ以外のオフ・バランスシート・エクスポージャーを含ん
でいます。「コミットメント」とは、契約した期間・融資枠の範囲内で、利用者の請求に基づき、金融機関が融資を実行する契約のこ
とをいいます。「貸出金等」には「コミットメント」の融資可能残額も含めています。
54
⑥貸倒引当金の期末残高及び期中の増減額
区
分
平成22年度
期中減少額
期中
目的
増加額
その他
使用
期首
残高
期末
残高
(単位:百万円)
平成23年度
期中減少額
期中
期末
目的
増加額
残高
その他
使用
期首
残高
一般貸倒引当金
712
732
-
712
732
732
724
-
732
個別貸倒引当金
691
751
37
653
751
751
947
5
746
947
37 1,365
1,483
5 1,478
1,671
合
計
1,403 1,483
1,483 1,671
724
⑦個別貸倒引当金の地域別の期末残高及び期中の増減額
個別貸倒引当金は国内のみとなっています。
⑧個別貸倒引当金の業種別の期末残高及び期中の増減額
業
種
期首
残高
期末
残高
(単位:百万円)
平成23年度
期中減少額
期中
期末
目的
増加額
残高
その他
使用
期首
残高
農業
51
72
-
51
72
72
134
-
72
134
林業
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
水産業
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
製造業
0
5
0
0
5
5
5
0
5
5
鉱業
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
運輸・通信業
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
金融・保険業
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
卸売・小売・飲食・
サービス業
0
0
-
0
0
0
-
0
-
-
法 建設・不動産業
人 電気・ガス・熱供給・
水道業
上記以外
個人
合
計
⑨貸出金償却の額
業
種
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
639
672
37
601
672
672
808
4
668
808
691
751
37
653
751
751
947
5
746
947
(単位:百万円)
平成23年度
平成22年度
農業
-
-
林業
-
-
水産業
-
-
製造業
0
0
鉱業
-
-
-
-
-
-
運輸・通信業
-
-
金融・保険業
-
-
卸売・小売・飲食・
サービス業
-
0
上記以外
-
-
37
4
38
5
法 建設・不動産業
人 電気・ガス・熱供給・
水道業
個人
合
55
平成22年度
期中減少額
期中
目的
増加額
その他
使用
計
⑩信用リスク削減効果勘案後の残高及び自己資本控除額
(単位:百万円)
平成23年度
平成22年度
区
信勘
用 リ案
ス ク後
削 減残
効 果高
分
格付あり
格付なし
合
計
格付あり
格付なし
合
計
リスク・ウエイト0%
-
84,077
84,077
-
82,841
リスク・ウエイト10%
-
21,947
21,947
-
20,535
20,535
リスク・ウエイト20%
2,107
694,402
696,509
1,104
716,068
717,173
リスク・ウエイト35%
-
132,749
132,749
-
129,873
129,873
リスク・ウエイト50%
2,104
3,143
5,248
2,908
3,494
6,402
リスク・ウエイト75%
-
15,887
15,887
-
15,688
15,688
リスク・ウエイト100%
-
60,755
60,755
-
69,782
69,782
リスク・ウエイト150%
-
613
613
-
404
404
その他
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
4,211
1,013,576
1,017,788
4,012
1,038,688
1,042,701
自己資本控除額
合
計
82,841
(注)「格付あり」にはエクスポージャーのリスク・ウエイト判定において格付を使用しているもの、「格付なし」にはエクスポージャーのリスク
・ウエイト判定において格付を使用していないものを記載しています。なお、格付は適格格付機関による依頼格付のみ使用しています。
56
(4)信用リスク削減手法に関する事項
①信用リスク削減手法に関するリスク管理の方針及び手続の概要
「信用リスク削減手法」とは、自己資本比率算出における信用リスク・アセット額の算出において、エクスポー
ジャーに対して一定の要件を満たす担保や保証等が設定されている場合に、エクスポージャーのリスク・ウエイト
に代えて、担保や保証人に対するリスク・ウエイトを適用するなど信用リスク・アセット額を軽減する方法です。
当JAでは、信用リスク削減手法を「自己資本比率算出要領」にて定めています。
信用リスク削減手法として、「適格金融資産担保」、「保証」、「貸出金と自組合貯金の相殺」を適用していま
す。
適格金融資産担保付取引とは、エクスポージャーの信用リスクの全部または一部が、取引相手または取引相手の
ために第三者が提供する適格金融資産担保によって削減されている取引をいいます。当JAでは、適格金融資産担
保付取引について信用リスク削減手法の簡便手法を用いています。
保証については、被保証債権の債務者よりも低いリスク・ウエイトが適用される中央政府等、我が国の地方公共
団体、地方公共団体金融機構、我が国の政府関係機関、外国の中央政府以外の公共部門、国際開発銀行、及び金融
機関または第一種金融商品取引業者、これら以外の主体で長期格付がA-またはA3以上の格付を付与しているもの
を適格保証人とし、エクスポージャーのうち適格保証人に保証された被保証部分について、被保証債権のリスク・
ウエイトに代えて、保証人のリスク・ウエイトを適用しています。
貸出金と自組合貯金の相殺については、a.取引相手の債務超過、破産手続開始の決定その他これらに類する事
由にかかわらず、貸出金と自組合貯金の相殺が法的に有効であることを示す十分な根拠を有していること、b.同
一の取引相手との間で相殺契約下にある貸出金と自組合貯金をいずれの時点においても特定することができること、
c.自組合貯金が継続されないリスクが監視及び管理されていること、d.貸出金と自組合貯金の相殺後の額が、
監視及び管理されていること、の条件をすべて満たす場合に、相殺契約下にある貸出金と自組合貯金の相殺後の額
を信用リスク削減手法適用後のエクスポージャー額としています。
担保に関する評価及び管理方針は、一定のルールのもと定期的に担保確認及び評価の見直しを行っています。な
お、主要な担保の種類は自組合貯金です。
②信用リスク削減手法が適用されたエクスポージャーの額 (単位:百万円)
平成23年度
平成22年度
区 分
適格金融
資産担保
適格金融
資産担保
保証
保証
地方公共団体金融機構向け
-
6,290
-
我が国の政府関係機関向け
-
-
-
-
地方三公社向け
-
100
-
100
-
金融機関及び第一種金融商品取引業者向け
6,093
-
-
-
法人等向け
281
-
469
-
中小企業等向け及び個人向け
680
2,844
648
3,073
抵当権付住宅ローン
-
-
-
-
不動産取得等事業向け
-
-
-
-
三月以上延滞等
2
0
10
0
証券化
-
-
-
-
上記以外
合
計
-
-
-
-
964
9,235
1,128
9,267
(注)①「エクスポージャー」とは、リスクに晒されている資産(オフ・バランスを含む)のことをいい、具体的には貸出金や有価証券等
が該当します。
②「三月以上延滞等」とは、元本又は利息の支払が約定支払日の翌日から3カ月以上延滞している債務者に係るエクスポージャー及
び「金融機関及び第一種金融商品取引業者向け」、「法人等向け」等においてリスク・ウエイトが150%になったエクスポージャ
ーのことです。
③「上記以外」には、現金、取立未済手形、未決済取引、その他の資産(固定資産等)が含まれます。
(5)派生商品取引及び長期決済期間取引の取引相手のリスクに関する事項
該当する取引はありません。
(6)証券化エクスポージャーに関する事項
該当する取引はありません。
57
(7)出資等エクスポージャーに関する事項
①出資等エクスポージャーに関するリスク管理の方針及び手続の概要
「出資等」とは、主に貸借対照表上の有価証券勘定及び外部出資勘定の株式又は出資として計上されているもので
あり、当JAにおいては、これらを a.子会社、b.その他有価証券、c.系統及び系統外出資に区分して管理し
ています。
a.子会社については、経営上も密接な連携により、当JAの効率的な事業運営を図ることを目的として、株式を
保有しています。これらの会社の経営については毎期の決算書類の分析の他、定期的な連絡会議を行う等適切な
業況把握に努めています。
b.その他の有価証券については、中長期的な運用目的で保有するものであり、適切な市場リスクの把握及びコン
トロールに努めています。具体的には、市場動向や経済見通しなどの投資環境分析及びポートフォリオの状況や
ALMなどを考慮し、理事会において運用方針を定めるとともに、経営層で構成するALM委員会を定期的に開
催して、日常的な情報交換及び意思決定を行っています。運用部門は、理事会で決定した運用方針及びALM委
員会で決定された方針などに基づき、有価証券の売買やリスクヘッジを行っています。運用部門が行った取引に
ついてはリスク管理部門が適切な執行を行っているかどうかチェックし定期的にリスク量の測定を行い経営層に
報告しています。
c.系統出資(静岡県信連等のJAグループ等への出資)については、会員としての総会等への参画を通じた経営
概況の監督に加え、日常的な協議を通じた連合会等の財務健全化を求めており、系統外出資についても同様の対
応を行っています。
これらの出資等の評価等について、a.子会社については、取得原価を記載し、毀損の状況に応じて子会社等損失
引当金を設定しています。b.その他有価証券については、時価評価を行った上で、取得原価との評価差額について
「その他有価証券評価差額金」として純資産の部に計上しています。c.系統及び系統外出資については、取得原価
を記載し、毀損の状況に応じて外部出資等損失引当金を設定しています。また、評価等重要な会計方針の変更等があ
れば、注記表にその旨記載することとしています。 ②出資等エクスポージャーの貸借対照表計上額及び時価
区
分
上
場
非
上
合
(単位:百万円)
平成23年度
平成22年度
時価評価額
貸借対照表計上額
場
計
時価評価額
貸借対照表計上額
-
-
-
-
24,162
24,162
31,862
31,862
24,162
24,162
31,862
31,862
(注)「時価評価額」は時価のあるものは時価、時価のないものは貸借対照表計上額の合計です。
③出資等エクスポージャーの売却及び償却に伴う損益
(単位:百万円)
平成22年度
売
却
売
益
却
-
平成23年度
損
償
-
却
額
売
却
売
益
-
却
-
損
償
-
却
額
-
④貸借対照表で認識され、損益計算書で認識されない評価損益の額
(保有目的区分をその他有価証券としている株式・出資の評価損益等)
該当する取引はありません。
⑤貸借対照表及び損益計算書で認識されない評価損益の額(子会社の評価損益等)
該当する取引はありません。
58
(8)金利リスクに関する事項
①金利リスクの算定方法の概要
金利リスクとは、金利変動に伴い損失を被るリスクで、資産と負債の金利又は期間のミスマッチが存在する中で金
利が変動することにより、利益が減少ないし損失を被るリスクをいいます。
当JAでは、金利リスク量を計算する際の基本的な事項を「金利リスク量計算要領」に、またリスク情報の管理・
報告に係る事項を「余裕金運用等にかかるリスク管理手続」に定め、適切なリスクコントロールに努めています。具
体的な金利リスクの算定方法、管理方法は以下のとおりです。
a.市場金利が上下に2%変動した時(ただし0%を下限)に発生する経済価値の変化額(低下額)を金利リスク
量として四半期ごと算出しています。
b.要求払貯金の金利リスク量は、明確な金利改定間隔がなく、貯金者の要求によって随時払い出される要求払貯
金のうち、引き出されることなく長期間金融機関に滞留する貯金をコア貯金と定義し、過去5年間の最低残高、
過去5年間の最大年間流出量を現残高から差し引いた残高、現残高の50%相当額のうち、最小の額を上限とし、
0~5年の期間に均等に振り分けて(平均残存2.5年)リスク量を算定しています。
c.金利リスクは、運用勘定の金利リスク量と調達勘定の金利リスク量を相殺して算定します。
金利リスク=運用勘定の金利リスク量+調達勘定の金利リスク量(△)
算出した金利リスク量は、四半期ごとに理事会及び経営管理委員会に報告しています。また、これらの情報を踏ま
え、四半期ごとに運用方針を策定しています。
②金利ショックに対する損益・経済価値の増減額
(単位:百万円)
金利ショックに対する損益・経済価値の増減額
59
平成22年度
△ 5,520
平成23年度
△ 3,447
8.連結情報
(1)JAとぴあ浜松グループの概況
JAとぴあ浜松グループは当JA、株式会社とぴあサービス(子会社)、株式会社とぴあふぁー夢(子
会社)で構成されています。
(2)子会社の状況
会社名
株式会社 とぴあサービス
株式会社 とぴあふぁー夢
昭和55年3月1日
平成22年7月2日
浜松市東区有玉南町1975
浜松市東区有玉南町1975
設立年月日
所在地
主要な事業内容
・マーケット
・農産物の生産、販売
・給油所
・農用地の維持、改良
・自動車整備工場
・農作業の受託
・損害保険代理店業
・農作業用機械等のリース
・農業研修
資本金
JAとぴあ浜松の議決権割合
他の子会社の議決権割合
経常収益または売上高
当期純利益
40百万円
70百万円
100%
99.8%
-
-
6,350百万円
44百万円
44百万円
△ 4百万円
(3)連結事業の概況
平成23年度の連結決算は、株式会社とぴあサービスを連結しています。株式会社とぴあふぁー夢は、
重要性が低いことから連結していません。
連結決算の内容は、連結総資産1兆432億円、連結純資産594億円、連結事業総利益173億円、連結
経常利益32億円、連結当期剰余金19億円となりました。
① JAとぴあ浜松
P3~P4に記載しています。
② 株式会社とぴあサービス
長引くデフレや円高・原油高、東日本大震災による個人消費が低迷する状況下、部門間やJAとの連携
で基盤強化を図り、顧客の視点に立ったサービスと顧客満足度の向上に努めることを基本方針に掲げて事
業に取り組みました。なお、輸送部門はJAへ移管しました。
その結果、売上高は店舗部門1,612百万円、燃料部門3,304百万円、車両部門1,364百万円となりま
した。
60
(4)連結財務諸表
①連結貸借対照表
(単位:百万円)
資
産
の
部
信用事業資産
平成23年度
負
(平成23年3月31日)
(平成24年3月31日)
970,125
986,985
現金
2,810
2,755
預金
688,456
712,599
61,903
56,942
217,259
215,020
有価証券
貸出金
その他の信用事業資産
932
953
△ 1,238
△ 1,286
共済事業資産
1,776
1,842
共済貸付金
1,746
1,811
30
31
貸倒引当金
その他の共済事業資産
経済事業資産
債
の
信用事業負債
貯金
その他の信用事業負債
2,887
2,663
共済事業負債
6,348
6,367
共済借入金
1,745
1,806
共済資金
2,094
2,175
その他の共済事業負債
2,509
2,385
2,571
2,559
2,495
2,473
経済事業負債
経済事業未払金
その他の経済事業負債
778
その他の経済事業資産
418
392
△ 289
△ 431
退職給付引当金
1,392
1,299
役員退職慰労引当金
15,644
16,684
15,541
16,588
(17,478)
(17,983)
(機械装置)
(3,834)
(3,661)
(土地)
(6,170)
(6,586)
(233)
(98)
(4,986)
(5,353)
(△17,162)
(△17,094)
103
95
(ソフトウェア)
(76)
(69)
(その他の無形固定資産)
(26)
(26)
24,122
31,822
(建設仮勘定)
(その他の有形固定資産)
(減価償却累計額(控除))
無形固定資産
外部出資
繰延税金資産
資
産
の
部
合
計
1,514
1,290
1,018,355
1,043,255
966,797
1,283
928
(建物)
943,085
962,850
棚卸資産
有形固定資産
(平成24年3月31日)
1,194
2,589
固定資産
(平成23年3月31日)
939,003
3,329
貸倒引当金
平成23年度
借入金
2,721
雑資産
平成22年度
部
3,778
受取手形及び経済事業未収金
61
平成22年度
75
86
雑負債
3,251
2,489
諸引当金
5,594
5,547
697
682
4,789
4,779
106
86
960,852
983,762
平成22年度
平成23年度
(平成23年3月31日)
(平成24年3月31日)
56,507
58,299
3,823
3,805
52,700
54,515
△ 16
△ 21
△0
△0
996
1,193
996
1,193
賞与引当金
負
債
純
の
資
部
産
合
の
計
部
組合員資本
出資金
利益剰余金
処分未済持分
子会社の所有する親組合出資金
評価・換算差額等
その他有価証券評価差額金
純 資 産 の 部 合 計
負債及び純資産の部合計
57,503
59,493
1,018,355
1,043,255
②連結損益計算書
科
目
事
業
総
信用事業総利益
信用事業収益
資金運用収益
利
益
(うち預金利息)
(うち有価証券利息配当金)
(うち貸出金利息)
(うちその他受入利息)
平成22年度
平成23年度
(自 平成22年 4月 1日)
(自 平成23年 4月 1日)
(至 平成23年 3月31日)
(至 平成24年 3月31日)
17,661
8,408
10,555
10,103
17,310
8,365
10,074
9,603
(5,162)
(4,977)
(918)
(914)
(4,022)
(3,711)
(0)
(0)
324
38
89
2,146
1,195
319
55
96
1,708
794
(うち貯金利息)
(940)
(569)
(うち給付補填備金繰入)
(211)
(188)
(うち借入金利息)
(18)
(14)
(うちその他支払利息)
(24)
(21)
57
894
67
846
(69)
(51)
5,527
6,106
5,833
273
579
507
71
2,426
16,449
15,991
457
14,022
13,501
119
401
1,020
22,514
21,276
1,237
21,493
20,613
22
857
278
1,561
1,282
5,619
6,172
5,853
319
553
481
72
2,102
15,790
15,511
278
13,687
12,982
274
430
996
21,598
20,286
1,311
20,602
19,606
20
975
227
1,179
951
役務取引等収益
その他事業直接収益
その他経常収益
信用事業費用
資金調達費用
役務取引等費用
その他経常費用
(うち貸倒引当金繰入額)
共済事業総利益
共済事業収益
共済付加収入
その他の収益
共済事業費用
共済推進費及び共済保全費
その他の費用
購買事業総利益
購買事業収益
購買品供給高
その他の収益
購買事業費用
購買品供給原価
購買品供給費
その他の費用
販売事業総利益
販売事業収益
販売品販売高
その他の収益
販売事業費用
販売品販売原価
販売費
その他の費用
その他事業総利益
その他事業収益
その他事業費用
(単位:百万円)
平成23年度
平成22年度
科
目
事
業
管
理
人件費
その他事業管理費
事
業
利
事
業
外
収
受取雑利息
受取出資配当金
その他の事業外収益
事
業
外
費
支払雑利息
その他の事業外費用
経
常
利
特
別
利
固定資産処分益
台風被害受取共済金
貸倒引当金戻入益
有線放送基金取崩益
その他の特別利益
特
別
損
固定資産処分損
減損損失
台風被害修繕費用
費
益
益
用
益
益
失
資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額
有線放送廃止費用
その他の特別損失
税 金 等 調 整 前 当 期 利 益
法人税、住民税及び事業税
過年度法人税、住民税及び事業税
法人税等調整額
法 人 税 等 合
当
期
剰
余
計
金
(自 平成22年 4月 1日)
(自 平成23年 4月 1日)
(至 平成23年 3月31日)
(至 平成24年 3月31日)
14,641
10,490
4,151
3,019
395
10
330
54
44
2
42
3,370
468
149
-
0
270
49
709
106
43
-
101
449
8
3,129
1,129
△5
△ 60
1,063
2,066
14,383
10,052
4,331
2,927
407
8
333
65
39
2
37
3,295
269
267
2
-
-
-
314
266
23
25
-
-
-
3,250
1,067
-
215
1,283
1,967
③連結剰余金計算書
科
目
利益剰余金期首残高
利益剰余金増加高
当期剰余金
利益剰余金減少高
配当金
利益剰余金期末残高
(単位:百万円)
平成23年度
平成22年度
50,785
2,066
2,066
152
152
52,700
52,700
1,967
1,967
151
151
54,515
62
④連結キャッシュ・フロー計算書
科
目
1.事業活動によるキャッシュ・フロー
税金等調整前当期利益
減価償却費
減損損失
貸倒引当金の増加額
賞与引当金の増加額
退職給付引当金の増加額
役員退職慰労引当金の増加額
信用事業資金運用収益
信用事業資金調達費用
共済貸付金利息
共済借入金利息
受取雑利息及び受取出資配当金
支払雑利息
有価証券関係損益
固定資産売却損益
固定資産除去費用
資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額
資産除去債務の増加額
有線放送基金取崩益等
有線放送廃止費用
信用事業活動による資産及び負債の増減
貸出金の純増減
預金の純増減
貯金の純増減
信用事業借入金の純増減
その他の信用事業資産の純増減
その他の信用事業負債の純増減
共済事業活動による資産及び負債の増減
共済貸付金の純増減
共済借入金の純増減
共済資金の純増減
未経過共済付加収入の純増減
その他の共済事業資産の純増減
その他の共済事業負債の純増減
経済事業活動による資産及び負債の増減
受取手形及び経済事業未収金の純増減
経済受託債権の純増減
棚卸資産の純増減
経済事業未払金の純増減
経済受託債務の純増減
その他の経済事業資産の純増減
その他の資産及び負債の増減
その他の資産の純増減
その他の負債の純増減
信用事業資金運用による収入
信用事業資金調達による支出
共済貸付金利息による収入
共済借入金利息による支出
小
計
雑利息及び出資配当金の受取額
雑利息の支払額
法人税等の支払額
事 業 活 動 に よ る キ ャ ッ シ ュ ・ フ ロ ー
63
平 成 2 2 年 度
(自 平成22年 4月 1日)
(至 平成23年 3月31日)
平 成 2 3 年 度
(自 平成23年 4月 1日)
(至 平成24年 3月31日)
3,129
1,097
43
77
△ 17
△ 199
19
△ 10,085
1,195
△ 55
55
△ 340
2
△ 55
△ 93
51
101
0
△ 264
449
3,250
1,192
23
190
△ 15
△ 10
△ 20
△ 9,585
794
△ 56
56
△ 341
2
△ 72
△ 88
87
-
△1
-
-
△ 4,985
△ 13,100
21,145
△ 33
14
△ 408
2,239
△ 21,250
23,847
89
△ 51
47
△ 137
138
209
△ 61
0
△6
△ 64
61
81
△ 114
△0
△ 10
△ 217
2
△ 122
269
4
△ 15
131
2
149
△ 22
10
22
56
118
10,475
△ 1,498
55
△ 54
6,959
340
△2
△ 866
6,431
84
△ 356
9,614
△ 1,064
55
△ 54
8,851
341
△2
△ 1,146
8,043
科
目
2.投資活動によるキャッシュ・フロー
有価証券の取得による支出
有価証券の売却による収入
有価証券の償還による収入
固定資産の取得による支出
固定資産の売却による収入
固定資産の除去による支出
資産除去債務からの支出
外部出資による支出
有線放送廃止による支出
投 資 活 動 に よ る キ ャ ッ シ ュ ・ フ ロ ー
3.財務活動によるキャッシュ・フロー
出資の増額による収入
出資の払戻しによる支出
持分の取得による支出
持分の譲渡による収入
出資配当金の支払額
財 務 活 動 に よ る キ ャ ッ シ ュ ・ フ ロ ー
4.現金及び現金同等物の増加額(又は減少額)
5.現金及び現金同等物の期首残高
6.現金及び現金同等物の期末残高
平 成 2 2 年 度
(自 平成22年 4月 1日)
(単位:百万円)
平 成 2 3 年 度
(自 平成23年 4月 1日)
(至 平成23年 3月31日)
(至 平成24年 3月31日)
△ 7,926
2,019
3,753
△ 2,089
171
△ 51
-
△ 49
△ 13
△ 4,185
△ 1,195
2,717
3,717
△ 2,548
301
△ 328
△0
△ 7,700
-
△ 5,035
14
△ 26
△ 14
14
△ 152
△ 164
2,081
8,352
10,434
12
△ 30
△ 12
12
△ 151
△ 170
2,837
10,434
13,271
64
⑤連結注記表
≪平成22年度連結注記表≫
≪平成23年度連結注記表≫
(連結計算書類作成のための基本となる
(連結計算書類作成のための基本となる
重要な事項に関する注記)
重要な事項に関する注記)
1.連結の範囲に関する事項
1.連結の範囲に関する事項
(1)連結子会社等の数 1社 株式会社とぴあサービス
(1)連結子会社等の数 1社 株式会社とぴあサービス
(2)非連結子会社等の数 1社 株式会社とぴあふぁー夢
(2)非連結子会社等の数 1社 株式会社とぴあふぁー夢
当連結事業年度に株式会社とぴあふぁー夢を設立しました
株式会社とぴあふぁー夢はその総資産、売上高、当期純利
が、その総資産、売上高、当期純利益、利益剰余金及び自己
益、利益剰余金及び自己資本の額からみて小規模であり、連
資本の額からみて小規模であり、連結財務諸表に重要な影響
結財務諸表に重要な影響を与えないため、連結の対象から除
を与えないため、連結の対象から除いています。
いています。
2.持分法の適用に関する事項
2.持分法の適用に関する事項
持分法適用の関連会社はありません。
持分法適用の関連会社はありません。
3.連結される子会社及び子法人等の事業年度に関する事項
3.連結される子会社及び子法人等の事業年度に関する事項
連結される全ての子会社の事業年度末日は、連結決算日と一
連結される全ての子会社の事業年度末日は、連結決算日と一
致しています。
致しています。
4.のれんの償却に関する事項
4.のれんの償却に関する事項
のれんは発生しておりません。
のれんは発生しておりません。
5.剰余金処分項目等の取扱いに関する事項
5.剰余金処分項目等の取扱いに関する事項
連結剰余金計算書は、連結会計期間において確定した利益処
連結剰余金計算書は、連結会計期間において確定した利益処
分に基づいて作成しています。
分に基づいて作成しています。
6.連結キャッシュ・フロー計算書における現金及び現金同等物
6.連結キャッシュ・フロー計算書における現金及び現金同等物
の範囲
の範囲
連結貸借対照表上の「現金」及び「預金」の中の当座預金、
連結貸借対照表上の「現金」及び「預金」の中の当座預金、
普通預金、通知預金となっています。
普通預金、通知預金となっています。
現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に記載され
現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に記載され
ている科目の金額との関係は次のとおりです。
ている科目の金額との関係は次のとおりです。
現金及び預金勘定
別段預金、定期性預金及び譲渡性預金
現金及び現金同等物
65
691,267百万円
△ 680,833百万円
10,434百万円
現金及び預金勘定
別段預金、定期性預金及び譲渡性預金
現金及び現金同等物
715,354百万円
△ 702,083百万円
13,271百万円
(重要な会計方針に係る事項に関する注記)
(重要な会計方針に係る事項に関する注記)
1.有価証券(外部出資を含みます。)の評価基準及び評価方法
1.有価証券(外部出資を含みます。)の評価基準及び評価方法
は次のとおりです。
は次のとおりです。
(1)満期保有目的の債券については、移動平均法に基づく償却
(1)満期保有目的の債券については、移動平均法に基づく償却
原価法により行っています。
原価法により行っています。
(2)その他有価証券のうち時価のあるものについては連結決算
(2)その他有価証券のうち時価のあるものについては連結決算
日の市場価格等に基づく時価法、時価のないものについては
日の市場価格等に基づく時価法、時価のないものについては
移動平均法に基づく原価法により行っています。
移動平均法に基づく原価法により行っています。
(3)その他有価証券の評価差額については、全部純資産直入法
(3)その他有価証券の評価差額については、全部純資産直入法
により処理し、売却原価は移動平均法により算出しています。
により処理し、売却原価は移動平均法により算出しています。
2.棚卸資産の評価基準及び評価方法は、以下の方法により行っ
2.棚卸資産の評価基準及び評価方法は、以下の方法により行っ
ています。
ています。
(1)購買品については、売価還元法に基づく原価法(収益性の
(1)購買品については、売価還元法に基づく原価法(収益性の
低下による簿価切下げの方法)により行っています。
低下による簿価切下げの方法)により行っています。
(2)その他の棚卸資産については、次のとおりです。
(2)その他の棚卸資産については、次のとおりです。
① 販売品については、最終仕入原価法に基づく原価法(収
① 販売品については、最終仕入原価法に基づく原価法(収
≪平成22年度連結注記表≫
≪平成23年度連結注記表≫
益性の低下による簿価切下げの方法)により行っています。
益性の低下による簿価切下げの方法)により行っています。
② 製品については、売価還元法に基づく原価法(収益性の
② 製品については、売価還元法に基づく原価法(収益性の
低下による簿価切下げの方法)により行っています。
低下による簿価切下げの方法)により行っています。
③ 原材料については、個別法に基づく原価法(収益性の低
③ 原材料については、個別法に基づく原価法(収益性の低
下による簿価切下げの方法)により行っています。
下による簿価切下げの方法)により行っています。
④ 貯蔵品については、内容に応じて上記のいずれかの方法
④ 貯蔵品については、内容に応じて上記のいずれかの方法
に基づく原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
に基づく原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
により行っています。
により行っています。
3.固定資産の減価償却は、それぞれ次の方法により行っていま
3.固定資産の減価償却は、それぞれ次の方法により行っていま
す。
す。
(1)有形固定資産は定率法によっています。
(1)有形固定資産は定率法によっています。
ただし、平成10年4月1日以降取得した建物(建物附属設
ただし、平成10年4月1日以降取得した建物(建物附属設
備は除く。)については、定額法によっています。
備は除く。)については、定額法によっています。
なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定
なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定
する方法と同一の基準によっています。
する方法と同一の基準によっています。
(2)無形固定資産は定額法によっています。
(2)無形固定資産は定額法によっています。
4.引当金は、それぞれ次の基準により計上しています。
4.引当金は、それぞれ次の基準により計上しています。
(1)貸倒引当金
(1)貸倒引当金
債権の貸倒れによる損失に備えるため、資産自己査定基準
債権の貸倒れによる損失に備えるため、資産自己査定基準
及び静岡県農協決算処理基準に基づき、次のとおり計上して
及び静岡県農協決算処理基準に基づき、次のとおり計上して
います。
います。
破産、銀行取引停止等の法的又は形式的に経営破綻の事実
破産、銀行取引停止等の法的又は形式的に経営破綻の事実
が発生している先(破綻先)に係る債権及びそれと同等の状
が発生している先(破綻先)に係る債権及びそれと同等の状
況にある先(実質破綻先)の債権については、債権額から担
況にある先(実質破綻先)の債権については、債権額から担
保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、
保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、
その残額を計上しています。
その残額を計上しています。
また、現在は経営破綻の状況にはないが今後経営破綻に陥
また、現在は経営破綻の状況にはないが今後経営破綻に陥
る可能性が大きいと認められる先(破綻懸念先)に係る債権
る可能性が大きいと認められる先(破綻懸念先)に係る債権
については、債権額から担保の処分可能見込額及び保証によ
については、債権額から担保の処分可能見込額及び保証によ
る回収可能見込額を控除し、その残額から当該キャッシュ・
る回収可能見込額を控除し、その残額から当該キャッシュ・
フローによる回収見込額を控除した差額を引当てています。
フローによる回収見込額を控除した差額を引当てています。
上記以外の債権については、貸倒実績率で算定した金額と
上記以外の債権については、貸倒実績率で算定した金額と
税法繰入限度額のいずれか多い金額を計上しています。
税法繰入限度額のいずれか多い金額を計上しています。
この基準に基づき、当期は租税特別措置法第57条の10に
この基準に基づき、当期は租税特別措置法第57条の10に
より算定した金額に基づき計上しています。
より算定した金額に基づき計上しています。
なお、すべての債権は資産自己査定基準に基づき、本店各
なお、すべての債権は資産自己査定基準に基づき、本店各
部署及び支店において資産査定を実施し、当該部署から独立
部署及び支店において資産査定を実施し、当該部署から独立
した総務部が査定結果を検証しており、その結果に基づいて
した監査部が査定結果を検証しており、その結果に基づいて
上記の引当てを行っています。
上記の引当てを行っています。
(2)退職給付引当金
(2)退職給付引当金
職員の退職給付に備えるため、当連結事業年度末の退職給
職員の退職給付に備えるため、当連結事業年度末の退職給
付債務の見込額から財団法人静岡県農業協同組合共済会との
付債務の見込額から財団法人静岡県農業協同組合共済会との
職員退職給付契約に基づく給付金の総額及び年金資産の見込
職員退職給付契約に基づく給付金の総額及び年金資産の見込
額の合計額を控除した額を計上しています。加えて、職員の
額の合計額を控除した額を計上しています。加えて、職員の
早期退職による割増退職金の給付に備えるため、静岡県農協
早期退職による割増退職金の給付に備えるため、静岡県農協
決算処理基準に基づき、割増退職金期末要支給額に割増退職
決算処理基準に基づき、割増退職金期末要支給額に割増退職
金給付対象者の一定期間の退職実績から算出した退職率を乗
金給付対象者の一定期間の退職実績から算出した退職率を乗
じた額を計上しています。
じた額を計上しています。
66
≪平成22年度連結注記表≫
≪平成23年度連結注記表≫
なお、過去勤務債務については、10年による按分額を損益
なお、過去勤務債務については、10年による按分額を損益
処理しています。また数理計算上の差異については、それぞ
処理しています。また数理計算上の差異については、それぞ
れ発生した年度の翌連結事業年度から10年による按分額を損
れ発生した年度の翌連結事業年度から10年による按分額を損
益処理しています。
益処理しています。
子会社については、社員の退職給付に備えるため、自己都
子会社については、社員の退職給付に備えるため、自己都
合退職による期末要支給額から財団法人静岡県農業協同組合
合退職による期末要支給額から財団法人静岡県農業協同組合
共済会との退職給付契約に基づく給付金の総額を控除した額
共済会との退職給付契約に基づく給付金の総額を控除した額
を計上しています。
を計上しています。
(3)賞与引当金
(3)賞与引当金
職員及び社員の賞与の支給に充てるため、支給見込額の当
職員及び社員の賞与の支給に充てるため、支給見込額の当
連結事業年度負担額を計上しています。
連結事業年度負担額を計上しています。
(4)役員退職慰労引当金
(4)役員退職慰労引当金
役員の退職慰労金の支給に充てるため、農協役員退任慰労
役員の退職慰労金の支給に充てるため、農協役員退任慰労
金積立基準に基づき、期末要支給額に相当する額を計上して
金積立基準に基づき、期末要支給額に相当する額を計上して
います。
います。
5.リース取引の処理方法
5.リース取引の処理方法
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外
のファイナンス・リース取引で、会計基準適用初年度開始前に
のファイナンス・リース取引で、会計基準適用初年度開始前に
取引を行ったものについては、通常の賃貸借取引に係る方法に
取引を行ったものについては、通常の賃貸借取引に係る方法に
準じた会計処理によっています。
準じた会計処理によっています。
6.消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜き方式によってい
6.消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜き方式によってい
ます。
ます。
7.記載金額は、百万円未満を切り捨てて表示しており、金額百
7.記載金額は、百万円未満を切り捨てて表示しており、金額百
万円未満の科目については「0」で表示をしています。
万円未満の科目については「0」で表示をしています。
また、取引があるが期末に残高が無い勘定科目は、「-」で
また、取引があるが期末に残高が無い勘定科目は、「-」で
表示をしています。
表示をしています。
(会計方針の変更)
8.当連結事業年度から「資産除去債務に関する会計基準」(企
業会計基準第18号平成20年3月31日)及び「資産除去債務に
関する会計基準の摘要指針」(企業会計基準適用指針第21号平
成20年3月31日)を適用しています。
これにより、従来の方法に比べ「有形固定資産」中の建物は
31百万円、「雑負債」中の資産除去債務は110百万円、それ
ぞれ増加しています。また、事業利益及び経常利益は2百万円、
過年度に係る費用を特別損失に計上したことにより、税引前当
期利益は103百万円、それぞれ減少しています。
(追加情報)
当連結事業年度の期首以後に行われる会計上の変更及び過去
の誤謬の訂正から、「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会
計基準」(企業会計基準第24号平成21年12月4日)及び「会
計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準の適用指針」(企
業会計基準適用指針第24号平成21年12月4日)を適用してい
ます。
なお、「金融商品会計に関する実務指針」(日本公認会計士
協会会計制度委員会報告第14号)に基づき、当連結事業年度の
「貸倒引当金戻入益」は事業費用又は事業外費用から控除して
おり、「償却債権取立益」は事業外収益に計上しています。
67
≪平成22年度連結注記表≫
≪平成23年度連結注記表≫
(連結貸借対照表に関する注記)
(連結貸借対照表に関する注記)
1.固定資産の圧縮記帳額は、5,365百万円であり、その内訳は
次のとおりです。
3,018百万円
建物
1,566百万円
機械装置
268百万円
土地
1.固定資産の圧縮記帳額は、5,200百万円であり、その内訳は
次のとおりです。
2,976百万円
建物
1,473百万円
機械装置
268百万円
土地
511百万円
その他の有形固定資産
482百万円
その他の有形固定資産
2.連結貸借対照表に計上した固定資産のほか、車両388台及び
2.連結貸借対照表に計上した固定資産のほか、車両358台及び
ATM107台等については、リース契約により使用しています。
ATM110台等については、リース契約により使用しています。
(1)所有権移転外リース取引の未経過リース料は次のとおりで
す。
1年以内
1年超
合 計
未経過リース料
77百万円
22百万円 100百万円
(1)所有権移転外リース取引の未経過リース料は次のとおりで
す。
1年以内
1年超
合 計
未経過リース料
14百万円
7百万円
22百万円
(2)ファイナンス・リース取引以外のリース取引(オペレーテ
ィング・リース取引)については、通常の賃貸借取引に係る
方法に準じた会計処理によっています。なお、未経過リース
(2)ファイナンス・リース取引以外のリース取引(オペレーテ
ィング・リース取引)については、通常の賃貸借取引に係る
方法に準じた会計処理によっています。なお、未経過リース
料は次のとおりです。
1年以内
未経過リース料
208百万円
料は次のとおりです。
1年以内
未経過リース料
165百万円
1年超
-
合計
208百万円
1年超
-
合 計
165百万円
上記未経過リース料は、解約可能なオペレーティング・リ
ース取引の解約金です。
上記未経過リース料は、解約可能なオペレーティング・リ
ース取引の解約金です。
3.経営管理委員、理事及び監事に対する金銭債権の総額は655
百万円であり、金銭債務はありません。
3.経営管理委員、理事及び監事に対する金銭債権の総額は677
百万円であり、金銭債務はありません。
4.貸出金のうち破綻先債権、延滞債権、3カ月以上延滞債権及び
貸出条件緩和債権に該当する貸出金の合計額は3,982百万円で
あり、その内容は次のとおりです。
なお、これらの貸出金の額は貸倒引当金控除前の額です。
4.貸出金のうち破綻先債権、延滞債権、3カ月以上延滞債権及び
貸出条件緩和債権に該当する貸出金の合計額は4,290百万円で
あり、その内容は次のとおりです。
なお、これらの貸出金の額は貸倒引当金控除前の額です。
(1)貸出金のうち、破綻先債権額は167百万円、延滞債権額は
2,873百万円です。
なお、破綻先債権とは、元本又は利息の支払の遅延が相当
(1)貸出金のうち、破綻先債権額は65百万円、延滞債権額は
3,312百万円です。
なお、破綻先債権とは、元本又は利息の支払の遅延が相当
期間継続していることその他の事由により元本又は利息の取
期間継続していることその他の事由により元本又は利息の取
立て又は弁済の見込みがないものとして未収利息を計上しな
かった貸出金(貸倒償却を行った部分を除く。以下「未収利
息不計上貸出金」という。)のうち、法人税法施行令(昭和
立て又は弁済の見込みがないものとして未収利息を計上しな
かった貸出金(貸倒償却を行った部分を除く。以下「未収利
息不計上貸出金」という。)のうち、法人税法施行令(昭和
40年政令第97号)第96条第1項第3号のイからホまでに掲
げる事由又は同項第4号に規定する事由が生じている貸出金
です。
40年政令第97号)第96条第1項第3号のイからホまでに掲
げる事由又は同項第4号に規定する事由が生じている貸出金
です。
また、延滞債権とは、未収利息不計上貸出金であって、破
綻先債権及び債務者の経営再建又は支援を図ることを目的と
また、延滞債権とは、未収利息不計上貸出金であって、破
綻先債権及び債務者の経営再建又は支援を図ることを目的と
して利息の支払を猶予した貸出金以外の貸出金です。
(2)貸出金のうち、3カ月以上延滞債権額はありません。
して利息の支払を猶予した貸出金以外の貸出金です。
(2)貸出金のうち、3カ月以上延滞債権額はありません。
なお、3カ月以上延滞債権とは、元本又は利息の支払が約定
支払日の翌日から3カ月以上遅延している貸出金で破綻先債権
なお、3カ月以上延滞債権とは、元本又は利息の支払が約定
支払日の翌日から3カ月以上遅延している貸出金で破綻先債権
及び延滞債権に該当しない貸出金です。
(3)貸出金のうち、貸出条件緩和債権額は941百万円です。
及び延滞債権に該当しない貸出金です。
(3)貸出金のうち、貸出条件緩和債権額は912百万円です。
なお、貸出条件緩和債権とは、債務者の経営再建又は支援
を図ることを目的として、金利の減免、利息の支払猶予、元
なお、貸出条件緩和債権とは、債務者の経営再建又は支援
を図ることを目的として、金利の減免、利息の支払猶予、元
本の返済猶予、債権放棄その他の債務者に有利となる取決め
を行った貸出金で破綻先債権、延滞債権及び3カ月以上延滞
本の返済猶予、債権放棄その他の債務者に有利となる取決め
を行った貸出金で破綻先債権、延滞債権及び3カ月以上延滞
債権に該当しない貸出金です。
債権に該当しない貸出金です。
68
≪平成22年度連結注記表≫
≪平成23年度連結注記表≫
(連結損益計算書に関する注記)
(連結損益計算書に関する注記)
1.当連結事業年度における固定資産減損会計の適用状況は次の
1.当連結事業年度における固定資産減損会計の適用状況は次の
とおりです。
とおりです。
(1)事業用店舗については、個別に継続的な収支の把握を行っ
(1)事業用店舗については、個別に継続的な収支の把握を行っ
ていることから、原則として支店等の単位で、賃貸用固定資
ていることから、原則として支店等の単位で、賃貸用固定資
産及び遊休資産については各資産単位でグルーピングしてい
産及び遊休資産については各資産単位でグルーピングしてい
ます。
ます。
また、本店、農業関連の共同利用施設等については独立し
また、本店、農業関連の共同利用施設等については独立し
たキャッシュ・フローを生み出さないことから、共用資産に
たキャッシュ・フローを生み出さないことから、共用資産に
区分しています。
区分しています。
(2)当連結事業年度において固定資産の減損損失を次のとおり
(2)当連結事業年度において固定資産の減損損失を次のとおり
計上しています。
計上しています。
用 途
支店等 4件
種 類
場 所
土地及び建物等
湖西市他
減損損失額
43百万円
これらの資産グループは、支店の再編成及び継続的な地価
69
用 途
遊休
5件
種 類
場 所
土地
浜松市他
減損損失額
23百万円
これらの資産グループは、継続的な地価の下落により、帳
の下落等により、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該
簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失と
減少額を減損損失として特別損失に計上しています。
して特別損失に計上しています。
なお、回収可能価額は正味売却価額と使用価値を比較し、
なお、回収可能価額は正味売却価額と使用価値を比較し、
高い額を採用しています。
高い額を採用しています。
正味売却価額は、固定資産税評価額等に基づき算定してい
正味売却価額は、固定資産税評価額等に基づき算定してい
ます。
ます。
(金融商品の時価等に関する注記)
(金融商品の時価等に関する注記)
1.金融商品の状況に関する事項
1.金融商品の状況に関する事項
(1)金融商品に対する取組方針
(1)金融商品に対する取組方針
当組合は組合員や地域から預かった貯金を原資に、組合員
当組合は組合員や地域から預かった貯金を原資に、組合員
や地域内の企業や団体などへ貸付け、残った余裕金を静岡県
や地域内の企業や団体などへ貸付け、残った余裕金を静岡県
信用農業協同組合連合会へ預けているほか、国債や地方債な
信用農業協同組合連合会へ預けているほか、国債や地方債等
どの債券による運用を行っています。
の有価証券による運用を行っています。
(2)金融商品の内容及びそのリスク
(2)金融商品の内容及びそのリスク
当組合が保有する金融資産は、主として当組合管内の組合
当組合が保有する金融資産は、主として当組合管内の組合
員等に対する貸出金及び有価証券であり、貸出金は取引先の
員等に対する貸出金及び有価証券であり、貸出金は取引先の
契約不履行によってもたらされる信用リスクに晒されていま
契約不履行によってもたらされる信用リスクに晒されていま
す。
す。
有価証券は債券であり、満期保有目的及び純投資目的(そ
有価証券は主に債券であり、満期保有目的及び純投資目的
の他有価証券)で保有しています。これらは発行体の信用リ
(その他有価証券)で保有しています。これらは発行体の信
スク、金利の変動リスク及び市場価格の変動リスクに晒され
用リスク、金利の変動リスク及び市場価格の変動リスクに晒
ています。 されています。 (3)金融商品に係るリスク管理体制
(3)金融商品に係るリスク管理体制
① 信用リスクの管理
① 信用リスクの管理
当組合は、個別の重要案件又は大口案件については理事会
当組合は、個別の重要案件又は大口案件については理事会
において対応方針を決定しています。また、通常の貸出取引
において対応方針を決定しています。また、通常の貸出取引
については、本店に金融管理部を設置し各支店との連携を図
については、本店に金融管理部を設置し各支店との連携を図
りながら、与信審査を行っています。審査にあたっては、取
りながら、与信審査を行っています。審査にあたっては、取
引先のキャッシュ・フローなどにより償還能力の評価を行う
引先のキャッシュ・フローなどにより償還能力の評価を行う
とともに、担保評価基準など厳格な審査基準を設けて、与信
とともに、担保評価基準など厳格な審査基準を設けて、与信
判定を行っています。貸出取引において資産の健全性の維持
判定を行っています。貸出取引において資産の健全性の維持
・向上を図るため、資産の自己査定を厳正に行っています。
・向上を図るため、資産の自己査定を厳正に行っています。
≪平成22年度連結注記表≫
≪平成23年度連結注記表≫
不良債権については管理・回収方針を作成・実践し、債権の
不良債権については管理・回収方針を作成・実践し、資産の
健全化に取り組んでいます。
健全化に取り組んでいます。
また、資産自己査定の結果、貸倒引当金については債権の
また、資産自己査定の結果、貸倒引当金については資産の
償却・引当基準に基づき必要額を計上し、資産及び財務の健
償却・引当基準に基づき必要額を計上し、資産及び財務の健
全化に努めています。
全化に努めています。
② 市場リスクの管理
② 市場リスクの管理
当組合では、金利リスク、価格変動リスクなどの市場性リ
当組合では、金利リスク、価格変動リスクなどの市場性リ
スクを的確にコントロールすることにより、収益化及び財務
スクを的確にコントロールすることにより、収益化及び財務
の安定化を図っています。このため、財務の健全性維持と収
の安定化を図っています。このため、財務の健全性維持と収
益力強化とのバランスを重視したALMを基本に、資産・負
益力強化とのバランスを重視したALMを基本に、資産・負
債の金利感応度分析などを実施し、金融情勢の変化に機敏に
債の金利感応度分析などを実施し、金融情勢の変化に機敏に
対応できる柔軟な財務構造の構築に努めています。
対応できる柔軟な財務構造の構築に努めています。
とりわけ、有価証券運用については、市場動向や経済見通
とりわけ、有価証券運用については、市場動向や経済見通
しなどの投資環境分析及び当組合の保有有価証券ポートフォ
しなどの投資環境分析及び当組合の保有有価証券ポートフォ
リオの状況やALMなどを考慮し、理事会において運用方針
リオの状況やALMなどを考慮し、理事会において運用方針
を定めるとともに、経営層で構成するALM委員会を定期的
を定めるとともに、経営層で構成するALM委員会を定期的
に開催して、日常的な情報交換及び意思決定を行っています。
に開催して、日常的な情報交換及び意思決定を行っています。
運用部門は、理事会で決定した運用方針及びALM委員会で
運用部門は、理事会で決定した運用方針及びALM委員会で
決定された方針などに基づき、有価証券の売買やリスクヘッ
決定された方針などに基づき、有価証券の売買やリスクヘッ
ジを行っています。運用部門が行った取引についてはリスク
ジを行っています。運用部門が行った取引についてはリスク
管理部門が適切な執行を行っているかどうかチェックし定期
管理部門が適切な執行を行っているかどうかチェックし定期
的にリスク量の測定を行い経営層に報告しています。
的にリスク量の測定を行い経営層に報告しています。
・市場リスクに係る定量的情報
・市場リスクに係る定量的情報
(トレーディング目的以外の金融商品)
(トレーディング目的以外の金融商品)
当組合で保有している金融商品はすべてトレーディング目
当組合で保有している金融商品はすべてトレーディング目
的以外の金融商品です。当組合において、主要なリスク変数
的以外の金融商品です。当組合において、主要なリスク変数
である金利リスクの影響を受ける主たる金融商品は、預金、
である金利リスクの影響を受ける主たる金融商品は、預金、
貸出金、有価証券のうちその他有価証券に分類している債券、
貸出金、有価証券のうちその他有価証券に分類している債券、
貯金及び借入金です。
貯金及び借入金です。
当組合では、これらの金融資産及び金融負債について、連
当組合では、これらの金融資産及び金融負債について、連
結期末後1年程度の金利の合理的な予想変動幅を用いた経済
結期末後1年程度の金利の合理的な予想変動幅を用いた経済
価値の変動額を、金利の変動リスクの管理にあたっての定量
価値の変動額を、金利の変動リスクの管理にあたっての定量
的分析に利用しています。
的分析に利用しています。
金利以外のすべてのリスク変数が一定であると仮定し、当
金利以外のすべてのリスク変数が一定であると仮定し、当
連結事業年度末現在、指標となる金利が0.35%上昇したもの
連結事業年度末現在、指標となる金利が0.40%上昇したもの
と想定した場合には、経済価値が698百万円減少するものと
と想定した場合には、経済価値が407百万円減少するものと
把握しています。
把握しています。
当該変動額は、金利を除くリスク変数が一定の場合を前提
当該変動額は、金利を除くリスク変数が一定の場合を前提
としており、金利とその他のリスク変数の相関を考慮してい
としており、金利とその他のリスク変数の相関を考慮してい
ません。
ません。
また、金利の合理的な予想変動幅を超える変動が生じた場
また、金利の合理的な予想変動幅を超える変動が生じた場
合には、算定額を超える影響が生じる可能性があります。
合には、算定額を超える影響が生じる可能性があります。
なお、経済価値変動額の計算において、分割実行案件に係
なお、経済価値変動額の計算において、分割実行案件に係
る未実行金額についても含めて計算しています。
る未実行金額についても含めて計算しています。
③ 資金調達に係る流動性リスクの管理
③ 資金調達に係る流動性リスクの管理
当組合では、資金繰りリスクについては、運用・調達につ
当組合では、資金繰りリスクについては、運用・調達につ
いて月次の資金計画を作成し、安定的な流動性の確保に努め
いて月次の資金計画を作成し、安定的な流動性の確保に努め
ています。また、市場流動性リスクについては、投資判断を
ています。また、市場流動性リスクについては、投資判断を
行う上での重要な要素と位置付け、商品ごとに異なる流動性
行う上での重要な要素と位置付け、商品ごとに異なる流動性
70
≪平成22年度連結注記表≫
≪平成23年度連結注記表≫
(換金性)を把握したうえで、運用方針などの策定の際に検
(換金性)を把握したうえで、運用方針などの策定の際に検
討を行っています。
討を行っています。
(4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
(4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
金融商品の時価(時価に代わるものを含む)には、市場価
金融商品の時価(時価に代わるものを含む)には、市場価
格に基づく価格のほか、市場価格がない場合には合理的に算
格に基づく価格のほか、市場価格がない場合には合理的に算
定された価格(これに準ずる価格を含む)が含まれています。
定された価格(これに準ずる価格を含む)が含まれています。
当該価格の算定においては一定の前提条件等を採用している
当該価格の算定においては一定の前提条件等を採用している
ため、異なる前提条件等によった場合、当該価格が異なるこ
ため、異なる前提条件等によった場合、当該価格が異なるこ
ともあります。
ともあります。
2.金融商品の時価等に関する事項
2.金融商品の時価等に関する事項
(1)金融商品の連結貸借対照表計上額及び時価等
(1)金融商品の連結貸借対照表計上額及び時価等
当連結年度末における連結貸借対照表計上額、時価及びこれ
当連結年度末における連結貸借対照表計上額、時価及びこれ
らの差額については、次のとおりです。なお、時価を把握する
らの差額については、次のとおりです。なお、時価を把握する
ことが極めて困難と認められるものは、次表に含めず(3)に
ことが極めて困難と認められるものは、次表に含めず(3)に
記載しています。
記載しています。
(単位:百万円)
連結貸借対照表計上額
預金
連結貸借対照表計上額
687,116
△ 1,340
61,903
62,761
857
満期保有目的の債券
20,022
20,879
857
その他有価証券
41,881
41,881
-
216,104
224,679
8,575
貸出金(※1)
217,342
-
-
貸倒引当金(※2)
△ 1,238
-
-
資 産 計
966,464
974,557
8,092
939,003
938,112
△ 890
1,194
1,213
18
940,197
939,325
△ 871
貸出金(貸倒引当金控除後)
貯金
借入金
負 債 計
(単位:百万円)
差 額
688,456
有価証券
71
時 価
預金
時 価
差 額
712,599
711,253
△ 1,345
56,942
57,952
1,009
満期保有目的の債券
19,734
20,744
1,009
その他有価証券
37,208
37,208
-
213,807
220,591
6,784
貸出金(※1)
215,093
-
-
貸倒引当金(※2)
△ 1,286
-
-
資 産 計
983,349
989,798
6,449
962,850
961,815
△ 1,034
1,283
1,293
10
964,133
963,108
△ 1,024
有価証券
貸出金(貸倒引当金控除後)
貯金
借入金
負 債 計
(※1)貸出金には、連結貸借対照表上雑資産に計上している従業員貸付金82百万円
(※1)貸出金には、連結貸借対照表上雑資産に計上している従業員貸付金72百万円
を含めています。
を含めています。
(※2)貸出金に対応する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しています。
(※2)貸出金に対応する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しています。
(2)金融商品の時価の算定方法
(2)金融商品の時価の算定方法
【資産】
【資産】
① 預金
① 預金
満期のない預金については、時価は帳簿価額と近似してい
満期のない預金については、時価は帳簿価額と近似してい
ることから、当該帳簿価額によっています。満期のある預金
ることから、当該帳簿価額によっています。満期のある預金
については、期間に基づく区分ごとに、リスクフリーレート
については、期間に基づく区分ごとに、リスクフリーレート
である円Libor・スワップレートで割り引いた現在価値
である円Libor・スワップレートで割り引いた現在価値
を時価に代わる金額として算定しています。
を時価に代わる金額として算定しています。
② 貸出金
② 貸出金
貸出金のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利
貸出金のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利
を反映するため、貸出先の信用状態が実行後大きく異なって
を反映するため、貸出先の信用状態が実行後大きく異なって
いない限り、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳
いない限り、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳
簿価額によっています。
簿価額によっています。
一方、固定金利によるものは、貸出金の種類及び期間に基
一方、固定金利によるものは、貸出金の種類及び期間に基
づく区分ごとに、元利金の合計額をリスクフリーレートであ
づく区分ごとに、元利金の合計額をリスクフリーレートであ
る円Libor・スワップレートで割り引いた額から貸倒引
る円Libor・スワップレートで割り引いた額から貸倒引
当金を控除して時価に代わる金額として算定しています。
当金を控除して時価に代わる金額として算定しています。
なお、分割実行案件で未実行額がある場合には、元利金の
なお、分割実行案件で未実行額がある場合には、元利金の
≪平成22年度連結注記表≫
≪平成23年度連結注記表≫
合計額をリスクフリーレートである円Libor・スワップ
合計額をリスクフリーレートである円Libor・スワップ
レートで割り引いた額に、帳簿価額に未実行額を加えた額に
レートで割り引いた額に、帳簿価額に未実行額を加えた額に
対する帳簿価額の割合を乗じ、貸倒引当金を控除した額を時
対する帳簿価額の割合を乗じ、貸倒引当金を控除した額を時
価に代わる金額として算定しています。
価に代わる金額として算定しています。
また、延滞の生じている債権・期限の利益を喪失した債権
また、延滞の生じている債権・期限の利益を喪失した債権
等については帳簿価額から貸倒引当金を控除した額を時価に
等について帳簿価額から貸倒引当金を控除した額を時価に代
代わる金額としています。
わる金額としています。
③ 有価証券
③ 有価証券
債券は取引金融機関等から提示された価格によっています。
債券は取引金融機関等から提示された価格によっています。
【負債】
【負債】
① 貯金
① 貯金
要求払貯金については、連結決算日に要求された場合の支
要求払貯金については、連結決算日に要求された場合の支
払額(帳簿価額)を時価とみなしています。また、定期性貯
払額(帳簿価額)を時価とみなしています。また、定期性貯
金については、期間に基づく区分ごとに、将来のキャッシュ
金については、期間に基づく区分ごとに、将来のキャッシュ
・フローをリスクフリーレートである円Libor・スワッ
・フローをリスクフリーレートである円Libor・スワッ
プレートで割り引いた現在価値を時価に代わる金額として算
プレートで割り引いた現在価値を時価に代わる金額として算
定しています。
定しています。
② 借入金
② 借入金
借入金のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利
借入金のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利
を反映し、また、当組合の信用状態は実行後大きく異なって
を反映し、また、当組合の信用状態は実行後大きく異なって
いないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられ
いないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられ
るため、当該帳簿価額によっています。
るため、当該帳簿価額によっています。
固定金利によるものは、一定の期間ごとに区分した当該借
固定金利によるものは、一定の期間ごとに区分した当該借
入金の元利金の合計額をリスクフリーレートである円Lib
入金の元利金の合計額をリスクフリーレートである円Lib
or・スワップレートで割り引いた現在価値を時価に代わる
or・スワップレートで割り引いた現在価値を時価に代わる
金額として算定しています。
金額として算定しています。
(3)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品は
(3)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品は
外部出資(連結貸借対照表計上額24,122百万円)であり、
外部出資(連結貸借対照表計上額31,822百万円)であり、
(1)の金融商品の時価情報に含まれていません。
(1)の金融商品の時価情報に含まれていません。
(4)金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予
(4)金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予
定額
定額
(単位:百万円)
1年超
2年超
3年超
(単位:百万円)
4年超
1年以内
1年超
5年超
有価証券
3年超
4年超
1年以内
2年以内 3年以内 4年以内 5年以内
預金
2年超
5年超
2年以内 3年以内 4年以内 5年以内
688,456
-
-
-
-
-
3,717
2,201
6,071
6,472
8,763
33,357
預金
有価証券
711,599
-
-
-
-
1,000
2,201
6,072
6,474
8,765
8,438
23,434
満期保有目的の債券
500
700
1,200
2,200
2,900
12,600
満期保有目的の債券
700
1,200
2,200
2,900
3,300
9,500
その他有価証券の
うち満期があるもの
3,217
1,501
4,871
4,272
5,863
20,757
その他有価証券
のうち満期があるも
1,501
4,872
4,274
5,865
5,138
13,934
23,327
13,997
12,994
12,163
11,580 142,953
貸出金(※1、2、3)
23,286
13,690
12,949
12,213
11,647 140,395
715,501
16,198
19,065
18,635
20,344 176,311
合 計
737,086
19,762
19,424
20,979
20,086 164,829
貸出金(※1、2、3)
合 計
(※1)貸出金のうち、当座貸越 8,120百万円については「1年以内」に含めていま
(※1)貸出金のうち、当座貸越(融資型を除く)6,370百万円については「1年以内」
す。
に含めています。
また、期限のない劣後特約付ローンについては「5年超」に含めています。
また、期限のない劣後特約付ローンについては「5年超」に含めています。
(※2)貸出金のうち、延滞の生じている債権・期限の利益を喪失した債権等286百
(※2)貸出金のうち、3カ月以上延滞債権・期限の利益を喪失した債権等803百万円
万円は償還の予定が見込まれないため、含めていません。
は償還の予定が見込まれないため、含めていません。
(※3)貸出金には、分割実行案件の未実行額が含まれています。
(※3)貸出金の分割実行案件のうち、貸付決定金額の一部実行案件34百万円は償還
日が特定できないため、含めていません。
72
≪平成22年度連結注記表≫
≪平成23年度連結注記表≫
(5)借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定
(5)借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定
額
額
(単位:百万円)
1年超
2年超
3年超
(単位:百万円)
4年超
1年超
1年以内
5年超
借入金
合 計
3年超
4年超
1年以内
5年超
2年以内 3年以内 4年以内 5年以内
貯金(※1、2)
2年超
2年以内 3年以内 4年以内 5年以内
788,409
53,328
32,591
1,787
1,658
-
187
167
142
134
128
432
788,597
53,496
32,734
1,922
1,786
432
(※1)貯金のうち、要求払貯金については「1年以内」に含めて開示しています。
貯金(※)
借入金
合 計
862,568
50,496
38,422
5,626
5,737
-
182
164
166
159
153
455
862,750
50,661
38,588
5,785
5,891
455
※ 貯金のうち、要求払貯金については「1年以内」に含めています。
(※2)貯金のうち、定期積金61,228百万円については含めていません。
(有価証券に関する注記)
(有価証券に関する注記)
1.有価証券の時価及び評価差額に関する事項は次のとおりです。
1.有価証券の時価及び評価差額に関する事項は次のとおりです。
(1)満期保有目的の債券で時価のあるもの
(1)満期保有目的の債券で時価のあるもの
満期保有目的の債券において、種類ごとの連結貸借対照表
満期保有目的の債券において、種類ごとの連結貸借対照表
計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。
計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。
(単位:百万円)
種 類
時価が連結貸借対照
表計上額を超えるも
の
時価が連結貸借対照
表計上額を超えない
もの
連結貸借対照表
計 上 額
時 価
種 類
国 債
179
193
14
地方債
13,565
14,224
659
社 債
5,977
6,178
201
小 計
19,722
20,596
874
国 債
-
-
-
地方債
-
-
-
社 債
300
282
△ 17
300
282
△ 17
20,022
20,879
857
小 計
合 計
(単位:百万円)
差 額
時価が連結貸借対照
表計上額を超えるも
の
時価が連結貸借対照
表計上額を超えない
もの
連結貸借対照表
計 上 額
時 価
差 額
国 債
181
197
15
地方債
13,771
14,599
827
社 債
5,481
5,655
173
小 計
19,434
20,451
1,017
国 債
-
-
-
地方債
-
-
-
社 債
300
292
△7
小 計
合 計
300
292
△7
19,734
20,744
1,009
(2)その他有価証券で時価のあるもの
(2)その他有価証券で時価のあるもの
その他有価証券において、種類ごとの取得原価又は償却原
その他有価証券において、種類ごとの取得原価又は償却原
価、連結貸借対照表計上額及びこれらの差額については、次
価、連結貸借対照表計上額及びこれらの差額については、次
のとおりです。
のとおりです。
(単位:百万円)
種 類
連結貸借対照表計上
額が取得原価又は償
却原価を超えるもの
連結貸借対照表計上
額が取得原価又は償
却原価を超えないも
の
合 計
73
取得原価
又は償却原価
連結貸借対照表
計 上 額
(単位:百万円)
取得原価
又は償却原価
連結貸借対照表
計 上 額
評価差額(※)
種 類
国 債
26,472
27,857
評価差額(※)
地方債
199
217
17
社 債
8,893
9,133
239
国 債
27,851
28,970
1,119
地方債
399
416
17
社 債
11,691
11,994
302
小 計
39,942
41,381
1,439
小 計
35,566
37,208
1,641
国 債
504
500
△4
国 債
-
-
-
地方債
-
-
-
地方債
-
-
-
社 債
-
-
-
社 債
-
-
-
小 計
504
500
△4
小 計
-
-
-
40,446
41,881
1,435
35,566
37,208
1,641
連結貸借対照表計上
額が取得原価又は償
却原価を超えるもの
連結貸借対照表計上
額が取得原価又は償
却原価を超えないも
の
合 計
1,384
※ 上記評価差額から繰延税金負債438百万円を差し引いた額996百万円が、「その
※ 上記評価差額から繰延税金負債447百万円を差し引いた額1,193百万円が、「そ
他有価証券評価差額金」に含まれています。
の他有価証券評価差額金」に含まれています。
2.当連結年度中に売却した満期保有目的の債券はありません。
2.当連結年度中に売却した満期保有目的の債券はありません。
3.当連結事業年度中に売却したその他有価証券は債券であり、
3.当連結事業年度中に売却したその他有価証券は債券であり、
売却額2,019百万円、売却益38百万円です。
売却額2,717百万円、売却益55百万円です。
4.当連結年度中において、保有目的が変更となった有価証券は
4.当連結年度中において、保有目的が変更となった有価証券は
ありません。
ありません。
≪平成22年度連結注記表≫
≪平成23年度連結注記表≫
(退職給付に係る会計基準の適用に関する注記)
(退職給付に係る会計基準の適用に関する注記)
1. 当連結事業年度末における退職給付債務及び退職給付引当金
1.当連結事業年度末における退職給付債務及び退職給付引当金
の状況は次のとおりです。
の状況は次のとおりです。
(1)採用している退職給付制度の概要
(1)採用している退職給付制度の概要
従業員の退職給付に充てるため、職員退職給与規程に基づ
従業員の退職給付に充てるため、職員退職給与規程に基づ
き、退職一時金制度を採用しています。また、退職給付債務
き、退職一時金制度を採用しています。また、退職給付債務
の一部に充てるため、財団法人静岡県農業協同組合共済会と
の一部に充てるため、財団法人静岡県農業協同組合共済会と
の契約に基づく退職給付制度及び金融機関との契約に基づく
の契約に基づく退職給付制度及び金融機関との契約に基づく
規約型確定給付企業年金制度を採用しています。
規約型確定給付企業年金制度を採用しています。
子会社については、社員の退職給付に備えるため、退職給
子会社については、社員の退職給付に備えるため、退職給
与規程に基づき、退職一時金制度を採用しています。また、
与規程に基づき、退職一時金制度を採用しています。また、
退職給付債務の一部に充てるため、財団法人静岡県農業協同
退職給付債務の一部に充てるため、財団法人静岡県農業協同
組合共済会との契約に基づく退職給付制度を採用しています。
組合共済会との契約に基づく退職給付制度を採用しています。
(2)退職給付債務に関する事項
(2)退職給付債務に関する事項
退職給付債務
8,962百万円
退職給付債務
9,086百万円
企業年金資産
△ 869百万円
企業年金資産
△ 860百万円
△ 3,782百万円
共済会給付金総額
68百万円
未認識過去勤務債務
未認識数理計算上の差異
小計(退職給付に係る引当金)
割増退職金に備えた引当金
256百万円
4,634百万円
154百万円
4,789百万円
退職給付引当金
(3)退職給付費用に関する事項
未認識数理計算上の差異
小計(退職給付に係る引当金)
割増退職金に備えた引当金
勤務費用
180百万円
利息費用
年金資産
△ 17百万円
共済会
△ 73百万円
△ 8百万円
3百万円
数理計算上の差異の費用処理額
756百万円
(4)退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
① 退職給付見込額の期間配分方法
141百万円
期待運用収益
578百万円
177百万円
年金資産
△ 17百万円
共済会
△ 71百万円
過去勤務債務の費用処理額
数理計算上の差異の費用処理額
△ 8百万円
△ 23百万円
634百万円
退職給付費用
(4)退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
期間定額基準
① 退職給付見込額の期間配分方法
2.00%
② 割引率
年金資産
2.00%
③ 期待運用収益率
共済会
2.00%
② 割引率
③ 期待運用収益率
4,638百万円
(3)退職給付費用に関する事項
利息費用
退職給付費用
318百万円
4,779百万円
退職給付引当金
671百万円
過去勤務債務の費用処理額 60百万円
未認識過去勤務債務
勤務費用
期待運用収益
△ 3,966百万円
共済会給付金総額
④ 過去勤務債務の処理年数
10年
(10年による定額法により処理しています。)
⑤ 数理計算上の差異の処理年数
期間定額基準
2.00%
年金資産
2.00%
共済会
1.90%
④ 過去勤務債務の処理年数 10年
(10年による定額法により処理しています。)
10年
⑤ 数理計算上の差異の処理年数
10年
(10年による定額法により、それぞれ発生した連結年度
(10年による定額法により、それぞれ発生した連結年度
の翌連結事業年度から損益処理することとしています。)
の翌連結事業年度から損益処理することとしています。)
(5)人件費には、厚生年金保険制度及び農林漁業団体職員共済
(5)人件費には、厚生年金保険制度及び農林漁業団体職員共済
組合制度の統合を図るための農林漁業団体職員共済組合法を
組合制度の統合を図るための農林漁業団体職員共済組合法を
廃止する等の法律附則57条の規定に基づき、旧農林共済組合
廃止する等の法律附則57条の規定に基づき、旧農林共済組合
(存続組合)が行う特例年金給付等の業務に要する費用に充
(存続組合)が行う特例年金給付等の業務に要する費用に充
てるため拠出した特例業務負担金を含めて計上しています。
てるため拠出した特例業務負担金を含めて計上しています。
なお、当連結事業年度において存続組合に対して拠出した
なお、当連結事業年度において存続組合に対して拠出した
特例業務負担金の額は120百万円となっています。
特例業務負担金の額は115百万円となっています。
また、同組合より示された平成23年3月現在における平成
また、同組合より示された平成24年3月現在における平成
44年3月までの特例業務負担金の将来見込額は1,927百万円
44年3月までの特例業務負担金の将来見込額は1,805百万円
となっています。
となっています。
74
≪平成22年度連結注記表≫
≪平成23年度連結注記表≫
(税効果会計の適用に関する注記)
(税効果会計の適用に関する注記)
1.当連結事業年度末における税効果会計の適用状況は次のとお
1.当連結事業年度末における税効果会計の適用状況は次のとお
りです。
りです。
(1)繰延税金資産及び繰延税金負債の発生原因別の主な内訳
(1)繰延税金資産及び繰延税金負債の発生原因別の主な内訳
・繰延税金資産
退職給付引当金損金算入限度超過額
・繰延税金資産
1,415百万円
退職給付引当金損金算入限度超過額
1,314百万円
貸倒引当金損金算入限度超過額
247百万円
貸倒引当金損金算入限度超過額
273百万円
賞与引当金
216百万円
賞与引当金
200百万円
未払費用(有線放送施設廃止費用)
133百万円
未払費用(有線放送施設廃止費用)
126百万円
未払事業税
73百万円
土地評価減
土地評価減
68百万円
未払事業税
その他
評価性引当額
繰延税金資産合計
169百万円
△ 331百万円
固定資産圧縮積立金
資産除去債務に対応する「除去費用」
評価性引当額
1,991百万円
・繰延税金負債
その他有価証券評価差額金
その他
繰延税金資産合計
67百万円
65百万円
143百万円
△ 362百万円
1,829百万円
・繰延税金負債
438百万円
その他有価証券評価差額金
36百万円
固定資産圧縮積立金
2百万円
繰延税金負債合計
477百万円
・繰延税金資産純額
1,514百万円
資産除去債務に対応する「除去費用」
貸倒引当金相殺
447百万円
90百万円
1百万円
0百万円
繰延税金負債合計
539百万円
・繰延税金資産純額
1,290百万円
(2)法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との
(2)法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との
差異の原因となった主要な項目別の内訳
差異の原因となった主要な項目別の内訳
・法定実効税率
30.56%
(調整)
交際費等永久に損金に算入されない項目
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
・法定実効税率
2.70%
交際費等永久に損金に算入されない項目
△1.49%
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
住民税均等割等
0.43%
評価性引当金額の増減
その他
1.77%
住民税均等割等
税効果会計適用後の法人税等の負担率
30.56%
(調整)
33.97%
所得税以外の税額控除
税額変更による期末繰延税金資産の減額修正
その他
税効果会計適用後の法人税等の負担率
2.54%
△1.47%
2.29%
0.41%
△0.51%
5.35%
0.30%
39.47%
(3)税率の変更
「経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るため
の所得税法等の一部を改正する法律」(平成23年法律第114
号)及び「東日本大震災からの復興のための施策を実施する
ために必要な財源の確保に関する特別措置法」(平成23年法
律第117号)が、平成23年12月2日に公布されました。平
成24年4月1日以後に開始する連結事業年度から法人税率が
引き下げられ、また、平成27年3月31日までの期間(指定
期間)に開始する事業年度については、復興特別法人税が課
されることになりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰
延税金負債の計算に使用する法定実効税率は、前連結事業年
度の30.56%から、指定期間内に開始する事業年度について
は29.04%、平成27年4月1日以後に開始する事業年度につ
いては27.27%に変更されました。その結果、繰延税金資産
が120百万円減少し、その他有価証券評価差額金が54百万円
増加し、法人税等調整額が174百万円増加しています。
75
(5)連結ベースの主要な経営指標
項 目
(単位:百万円)
平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度
経
常
収
益
60,514
59,348
55,545
57,186
54,814
経
常
利
益
3,464
3,661
2,884
3,370
3,295
金
2,163
2,341
2,133
2,066
1,967
当
期
剰
余
純
資
産
額
51,275
53,364
55,533
57,503
59,493
総
資
産
額
949,978
972,408
994,910
1,018,355
1,043,255
連 結 自 己 資 本 比 率
17.99%
18.53%
19.14%
19.17%
19.03%
(6)連結ベースの経常収益等
項 目
信
共
用
済
事
事
業
業
農 業 関 連 事 業
生活その他事業
営 農 指 導 事 業
合
計
(単位:百万円)
平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度
経 常 収 益
11,802
12,156
10,966
10,555
10,074
経 常 利 益
2,630
2,638
2,332
2,538
2,556
資 産 の 額
903,050
925,262
948,080
970,125
986,985
経 常 収 益
6,049
6,199
6,113
6,106
6,172
経 常 利 益
1,753
1,929
1,808
1,838
1,969
資 産 の 額
1,346
1,513
1,639
1,776
1,842
経 常 収 益
31,995
30,857
29,080
30,877
28,989
経 常 利 益
△ 91
△ 48
△ 232
△ 160
△ 386
資 産 の 額
2,644
2,629
2,708
2,915
2,545
経 常 収 益
10,639
10,098
9,356
9,619
9,557
経 常 利 益
148
153
55
163
224
資 産 の 額
1,023
761
763
863
781
経 常 収 益
27
36
29
26
20
経 常 利 益
△ 977
△ 1,011
△ 1,080
△ 1,009
△ 1,068
資 産 の 額
0
0
0
0
2
経 常 収 益
60,514
59,348
55,545
57,186
54,814
経 常 利 益
3,464
3,661
2,884
3,370
3,295
資 産 の 額
949,978
972,408
994,910
1,018,355
1,043,255
76
(7)連結リスク管理債権(貸出金)の状況
①リスク管理債権の内容
当連結グループのリスク管理債権は次のとおりです。
リスク管理債権は、農業協同組合法施行規則第205条の規定に則り、担保・保証の有無にかかわらず開示している
ため、回収不能額を表すものではありません。
(単位:百万円)
区
分
平成23年3月31日
平成24年3月31日
破
綻
先
債
権
167
65
延
滞
債
権
2,873
3,312
3 カ 月 以 上 延 滞 債 権
-
-
貸 出 条 件 緩 和 債 権
941
912
リ ス ク 管 理 債 権 合 計
3,982
4,290
貸出金総額に占めるリスク管理債権の割合
1.83%
1.99%
②リスク管理債権に対する対応状況
上記リスク管理債権に対する担保・保証及び引当金による債権保全の対応状況は次のとおりです。
(単位:百万円)
区
分
平成23年3月31日
平成24年3月31日
担 保 ・ 保 証 に よ る 保 全 部 分
3,341
3,594
信用事業に係る個別貸倒引当金残高
514
569
信用事業に係る一般貸倒引当金残高
723
716
債
権
保
全
額
合
計
4,579
4,880
③その他の不良債権
「農業協同組合法施行規則」によるリスク管理債権は上記のとおりですが、購買未収金等その他の事業に係る債権
についても、貸出金に準じて、一定の基準により「貸倒引当金」を引き当てております。
なお、元本補てん契約のある信託にかかる貸出金はありません。
(注)用語の説明
(ⅰ)破綻先債権
元本又は利息の支払の遅延が相当期間継続していることその他の事由により元本又は利息の取立て又は弁済の見込みがな
いものとして未収利息を計上しなかった貸出金(貸倒償却を行った部分を除く。以下「未収利息不計上貸出金」という。)
のうち、法人税法施行令(昭和40年政令第97号)第96条第1項第3号イからホまでに掲げる事由又は同項第4号に規定す
る事由が生じている貸出金をいいます。
(ⅱ)延滞債権
未収利息不計上貸出金であって、(ⅰ)に掲げるもの及び債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として利息の支払を
猶予したもの以外の貸出金をいいます。
(ⅲ)3カ月以上延滞債権
元本又は利息の支払が約定支払日の翌日から3カ月以上遅延している貸出金((ⅰ)及び(ⅱ)に掲げるものを除く。)をい
います。
(ⅳ)貸出条件緩和債権
債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として、金利の減免、利息の支払猶予、元本の返済猶予、債権放棄その他の
債務者に有利となる取決めを行った貸出金((ⅰ)から(ⅲ)までに掲げるものを除く。)をいいます。
(ⅴ)担保・保証による保全部分
上記の4種類の債権のうち、貯金や定期積金、有価証券及び不動産などの確実な担保並びに農業信用基金協会等の確実な
保証先の債務保証により保全されている部分です。
(ⅵ)信用事業に係る個別貸倒引当金
破綻先債権など貸倒れの可能性の高い特定の貸出金について、個別に貸倒れにより発生する損失を見積り、引き当てた金
額です。
(ⅶ)信用事業に係る一般貸倒引当金
貸出金等について、現状は回収不能の危険性は薄いものの、将来に備えるため、残高に一定率を乗じて引き当てた金額で
す。
77
(8)連結自己資本充実の状況
当連結グループの自己資本は、組合員の皆様の出資金や剰余金から構成されています。
当連結グループでは、適正なプロセスにより連結自己資本比率を算出して、信用リスクやオペレーショナル・
リスクの管理を行い、自己資本の充実に努めています。
連結自己資本比率算出の対象は、連結財務諸表作成にあたり連結の範囲に含まれる会社と同様です。
①連結自己資本の構成に関する事項
(単位:百万円)
項
目
基本的項目(A)
出資金
(うち後配出資金)
平成22年度
平成23年度
56,355
58,148
3,823
3,805
( -)
( -)
回転出資金
-
-
再評価積立金
-
-
資本剰余金
-
-
利益剰余金
52,548
54,364
△ 16
△ 21
処分未済持分(△)
その他有価証券の評価差損(△)
-
-
連結子法人の少数株主持分
-
-
営業権相当額(△)
-
-
連結調整勘定総相当額(△)
-
-
のれん相当額(△)
-
-
732
726
732
726
-
-
57,087
58,874
-
-
-
-
自己資本額(C-D) (E)
57,087
58,874
リスク・アセット等計(F)
297,753
309,220
264,324
276,286
補完的項目(B)
一般貸倒引当金
補完的項目不算入額(△)
自己資本総額(A+B) (C)
控除項目計(D)
控除項目不算入額(△)
資産(オン・バランス項目)
オフ・バランス取引項目
-
-
33,429
32,933
Tier1比率(A/F)
18.92%
18.80%
連結自己資本比率(E/F)
19.17%
19.03%
オペレーショナル・リスク相当額を8%で除して得た額
(注)①平成18年3月28日金融庁・農林水産省告示第2号「農業協同組合等がその健全性を判断するための基準」に定められた算式に基づき
算出したものです。
②当連結グループは、信用リスク・アセット額の算出にあっては標準的手法、適格金融資産担保の適用については信用リスク削減手法の
の簡便手法を、オペレーショナル・リスク相当額の算出にあたっては基礎的手法を採用しています。
③当連結グループが有するすべての自己資本とリスクを対比して、連結自己資本比率を計算しています。
78
②連結自己資本の充実度に関する事項
a.信用リスクに対する所要自己資本の額及び区分ごとの内訳
区
分
我が国の中央政府及び中央銀行
向け
我が国の地方公共団体向け
地方公共団体金融機構向け
我が国の政府関係機関向け
地方三公社向け
金融機関及び第一種金融商品取
引業者向け
法人等向け
中小企業等向け及び個人向け
抵当権付住宅ローン
不動産取得等事業向け
三月以上延滞等
農業信用基金協会、信用保証協
会等保証付
共済約款貸付
出資等
複数の資産を裏付とする資産
(所謂ファンド)のうち、個々の
資産の把握が困難な資産
証券化
上記以外
合
計
エクスポー
ジャーの
期末残高
平成22年度
リスク・
アセット額
所要自己
資本額
a
b=a×4%
エクスポー
ジャーの
期末残高
(単位:百万円)
平成23年度
リスク・
所要自己
アセット額
資本額
a
b=a×4%
28,602
-
-
26,719
-
-
27,256
6,290
1,791
535
-
-
179
87
-
-
7
3
28,568
6,093
1,291
501
-
-
129
80
-
-
5
3
701,885
146,804
5,872
723,543
151,136
6,045
6,809
32,206
135,052
2,029
1,423
3,613
13,261
46,375
1,946
1,298
144
530
1,855
77
51
6,966
31,785
132,032
2,045
1,408
3,888
13,237
45,353
1,960
1,041
155
529
1,814
78
41
20,601
2,015
80
19,645
1,924
76
1,772
24,162
-
24,162
-
966
1,838
31,822
-
31,822
-
1,272
-
-
-
-
-
-
-
28,025
1,018,444
-
24,580
264,324
-
983
10,572
-
29,068
1,043,332
-
25,713
276,286
-
1,028
11,051
(注)①「リスク・アセット額」の欄には、信用リスク削減効果適用後のリスク・アセット額を現エクスポージャーの種類ごとに記載しています。
②「エクスポージャー」とは、リスクに晒されている資産(オフ・バランス含む)のことをいい、具体的には貸出金や有価証券等が該当しま
す。(当連結グループには、オフ・バランス取引及び派生商品取引はありません。)
③「三月以上延滞等」とは、元本又は利息の支払が約定支払日の翌日から3カ月以上延滞している債務者に係るエクスポージャー及び「金融
機関及び第一種金融商品取引業者向け」、「法人等向け」等においてリスク・ウエイトが150%になったエクスポージャーのことです。
④「上記以外」には、現金、取立未済手形、未決済取引、他事業与信(三月以上延滞等を除く)、その他の資産(固定資産等)が含まれます。
b.オペレーショナル・リスクに対する所要自己資本の額
平成22年度
オペレーショナル・リスク
所要自己資本額
相当額を8%で除して得た額
a
b=a×4%
33,429
1,337
(単位:百万円)
平成23年度
オペレーショナル・リスク
所要自己資本額
相当額を8%で除して得た額
a
b=a×4%
32,933
1,317
(注)当連結グループでは、オペレーショナル・リスク相当額の算出にあたって基礎的手法を採用しています。
<オペレーショナル・リスク相当額を8%で除して得た額の算出方法(基礎的手法)>
粗利益(直近3年間のうち正の値の合計額)×15%
÷
8%
直近3年間のうち粗利益が正の値であった年数
c.所要自己資本額
平成22年度
リスク・アセット等
所要自己資本額
(分母)合計
a
b=a×4%
297,753
11,910
79
(単位:百万円)
平成23年度
リスク・アセット等
所要自己資本額
(分母)合計
a
b=a×4%
309,220
12,368
③信用リスクに関する事項
a.リスク管理の方法及び手続きの概要
当連結グループでは、親会社にあたるJA以外に、与信(貸出等)を行っていないため、グループを総括し
た信用リスク管理手続等を定めていません。JAの信用リスク管理手法は単体の開示内容(P.53)をご参照く
ださい。
b.標準的手法に関する事項
連結自己資本比率算出に係る信用リスク・アセット額は単体自己資本比率と同様標準的手法により算出して
います。また、リスク・ウェイトの判定にあたり使用する格付けは単体の適格格付機関及び格付けと同様です。
c.信用リスクに関するエクスポージャーの期末残高及び主な種類別の内訳、
三月以上延滞エクスポージャーの期末残高
(単位:百万円)
平成22年度
項
目
信用リスク
期末残高
信用リスクに
関する
エクスポー
ジャーの残高
1,018,444
うち貸出金等
217,572
うち債券
60,596
平成23年度
三月以上
延滞エクス
ポージャー
信用リスクに
関する
エクスポー
ジャーの残高
1,423 1,043,332
うち貸出金等
215,380
うち債券
55,417
三月以上
延滞エクス
ポージャー
1,408
(注)①信用リスクに関するエクスポージャーの残高には、資産並びにオフ・バランス取引及び派生商品取引の与信相当額を含みます。
(当連結グループには、オフ・バランス取引及び派生商品取引はありません。)
②「貸出金等」とは、貸出金のほか、コミットメント及びその他のデリバティブ以外のオフ・バランスシート・エクスポージャーを含ん
でいます。「コミットメント」とは、契約した期間・融資枠の範囲内で、利用者の請求に基づき、金融機関が融資を実行する契約のこ
とをいいます。「貸出金等」には「コミットメント」の融資可能残額も含めています。
③「三月以上延滞エクスポージャー」とは、元本又は利息の支払が約定支払日の翌日から3カ月以上延滞しているエクスポージャーをい
います。
d.信用リスクに関するエクスポージャーの地域別の期末残高及び主な種類別の内訳、
三月以上延滞エクスポージャーの地域別の期末残高
信用リスクに関するエクスポージャー及び三月以上延滞エクスポージャーは、国内のみとなっています。
80
e.信用リスクに関するエクスポージャーの業種別の期末残高及び主な種類別の内訳、
三月以上延滞エクスポージャーの業種別の期末残高
(単位:百万円)
平成22年度
業
種
信用リスクに
関する
エクスポー
ジャーの残高
うち貸出金等
平成23年度
うち債券
三月以上
延滞エクス
ポージャー
信用リスクに
関する
エクスポー
ジャーの残高
うち貸出金等
うち債券
三月以上
延滞エクス
ポージャー
農業
林業
水産業
製造業
鉱業
建設・不動産業
633
-
-
1,502
-
2,861
524
-
-
98
-
2,359
-
-
-
1,404
-
501
108
-
-
-
-
-
1,027
-
-
1,290
-
2,781
887
-
-
81
-
2,280
-
-
-
1,204
-
501
139
-
-
5
-
-
法 電気・ガス・熱供給・
人 水道業
運輸・通信業
金融・保険業
卸売・小売・飲食・
サービス業
日本国政府・
地方公共団体
上記以外
1,010
107
903
-
1,008
105
902
-
1,350
709,694
761
8,034
588
12,904
-
-
1,248
730,696
657
8,034
590
9,798
-
-
2,683
979
1,703
0
2,490
785
1,704
-
55,857
13,264
42,591
-
55,288
14,572
40,715
-
25,524
1,358
192,527 190,082
24,797
-
1,018,444 217,572
-
-
33,309
1,442
1,314
188,937 186,532
-
25,253
-
1,423 1,043,332 215,380
-
-
-
-
55,417
1,263
-
1,408
個人
その他
合
計
-
-
60,596
(注)①信用リスクに関するエクスポージャーの残高には、資産並びにオフ・バランス取引及び派生商品取引の与信相当額を含みます。
(当連結グループには、オフ・バランス取引及び派生商品取引はありません。)
②「貸出金等」とは、貸出金のほか、コミットメント及びその他のデリバティブ以外のオフ・バランスシート・エクスポージャーを含ん
でいます。「コミットメント」とは、契約した期間・融資枠の範囲内で、利用者の請求に基づき、金融機関が融資を実行する契約のこ
とをいいます。「貸出金等」には「コミットメント」の融資可能残額も含めています。
③「三月以上延滞エクスポージャー」とは、元本又は利息の支払が約定支払日の翌日から3カ月以上延滞しているエクスポージャーをい
います。
④「その他」には、ファンドのうち個々の資産の把握が困難な資産や固定資産等が該当します。
f.信用リスクに関するエクスポージャーの残存期間別の期末残高及び主な種類別の内訳
(単位:百万円)
平成22年度
区
分
1年以下
1年超 3年以下
3年超 5年以下
5年超 7年以下
7年超10年以下
10年超
期限の定めのないもの
合
計
信用リスクに
関する
エクスポー
ジャーの残高
698,352
12,987
21,098
21,872
36,990
169,755
57,386
1,018,444
うち貸出金等
5,979
4,704
5,863
7,114
18,697
169,455
5,756
217,572
平成23年度
うち債券
3,727
8,283
15,235
14,757
18,292
300
-
60,596
信用リスクに
関する
エクスポー
ジャーの残高
719,868
16,774
23,159
19,255
32,052
167,469
64,752
1,043,332
うち貸出金等
5,954
4,217
5,941
7,625
19,544
167,169
4,928
215,380
うち債券
2,207
12,557
17,218
11,629
11,505
300
-
55,417
(注)①信用リスクに関するエクスポージャーの残高には、資産並びにオフ・バランス取引及び派生商品取引の与信相当額を含みます。
(当連結グループには、オフ・バランス取引及び派生商品取引はありません。)
②「貸出金等」とは、貸出金のほか、コミットメント及びその他のデリバティブ以外のオフ・バランスシート・エクスポージャーを含ん
でいます。「コミットメント」とは、契約した期間・融資枠の範囲内で、利用者の請求に基づき、金融機関が融資を実行する契約のこ
とをいいます。「貸出金等」には「コミットメント」の融資可能残額も含めています。
81
g.貸倒引当金の期末残高及び期中の増減額
区
分
一般貸倒引当金
個別貸倒引当金
合
計
平成22年度
期中減少額
期首
残高
期中
増加額
715
732
734
795
1,450 1,528
目的
使用
その他
-
715
42
692
42 1,408
(単位:百万円)
平成23年度
期中減少額
期中
期末
目的
増加額
残高
その他
使用
期末
残高
期首
残高
732
795
1,528
732
726
795
991
1,528 1,718
-
732
6
788
6 1,521
726
991
1,718
h.個別貸倒引当金の地域別の期末残高及び期中の増減額
個別貸倒引当金は国内のみとなっています。
i.個別貸倒引当金の業種別の期末残高及び期中の増減額
業
種
平成22年度
期中減少額
期中
目的
増加額
その他
使用
期首
残高
期末
残高
(単位:百万円)
平成23年度
期中減少額
期中
期末
目的
増加額
残高
その他
使用
期首
残高
農業
51
72
-
51
72
72
134
-
72
134
林業
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
水産業
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
製造業
0
5
0
0
5
5
5
0
5
5
鉱業
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
法 建設・不動産業
人 電気・ガス・熱供給・
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
運輸・通信業
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
金融・保険業
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
卸売・小売・飲食・
サービス業
0
0
-
0
0
0
-
0
-
-
水道業
上記以外
個人
合
計
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
682
717
41
640
717
717
852
6
711
852
734
795
42
692
795
795
991
6
788
991
82
j.貸出金償却の額
業
種
(単位:百万円)
平成23年度
平成22年度
農業
-
-
林業
-
-
水産業
-
-
製造業
0
0
鉱業
-
-
-
-
-
-
運輸・通信業
-
-
金融・保険業
-
-
卸売・小売・飲食・
サービス業
-
0
法 建設・不動産業
人 電気・ガス・熱供給・
水道業
上記以外
個人
合
計
-
-
41
6
42
7
k.信用リスク削減効果勘案後の残高及び自己資本控除額
(単位:百万円)
平成23年度
平成22年度
区
信勘
用 リ案
ス ク後
削 減残
効 果高
分
格付あり
格付なし
合
計
格付あり
格付なし
合
計
リスク・ウエイト0%
-
84,092
84,092
-
82,867
リスク・ウエイト10%
-
21,947
21,947
-
20,535
20,535
リスク・ウエイト20%
2,107
694,402
696,509
1,104
716,068
717,173
リスク・ウエイト35%
-
132,749
132,749
-
129,873
129,873
リスク・ウエイト50%
2,104
3,143
5,248
2,908
3,494
6,402
リスク・ウエイト75%
-
15,887
15,887
-
15,688
15,688
リスク・ウエイト100%
-
61,334
61,334
-
70,332
70,332
リスク・ウエイト150%
-
675
675
-
459
459
その他
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
4,211
1,014,232
1,018,444
4,012
1,039,319
1,043,332
自己資本控除額
合
計
82,867
(注)「格付あり」にはエクスポージャーのリスク・ウエイト判定において格付を使用しているもの、「格付なし」にはエクスポージャーのリスク
・ウエイト判定において格付を使用していないものを記載しています。なお、格付は適格格付機関による依頼格付のみ使用しています。
83
④信用リスク削減手法に関する事項
a.信用リスク削減手法に関するリスク管理の方針及び手続の概要
信用リスク削減手法の適用及び管理方針、手続は、組合のリスク管理の方針及び手続と同様に行っています。
JAのリスク管理の方針及び手続等の具体的内容は、単体の開示内容(P.57)をご参照ください。
b.信用リスク削減手法が適用されたエクスポージャーの額 (単位:百万円)
平成23年度
平成22年度
区 分
適格金融
資産担保
適格金融
資産担保
保証
保証
地方公共団体金融機構向け
-
6,290
-
我が国の政府関係機関向け
-
-
-
-
地方三公社向け
-
100
-
100
-
金融機関及び第一種金融商品取引業者向け
6,093
-
-
-
法人等向け
281
-
469
-
中小企業等向け及び個人向け
680
2,844
648
3,073
抵当権付住宅ローン
-
-
-
-
不動産取得等事業向け
-
-
-
-
三月以上延滞等
2
0
10
0
証券化
-
-
-
-
上記以外
合
計
-
-
-
-
964
9,235
1,128
9,267
(注)①「エクスポージャー」とは、リスクに晒されている資産(オフ・バランスを含む)のことをいい、具体的には貸出金や有価証券等
が該当します。
②「三月以上延滞等」とは、元本又は利息の支払が約定支払日の翌日から3カ月以上延滞している債務者に係るエクスポージャー及
び「金融機関及び第一種金融商品取引業者向け」、「法人等向け」等においてリスク・ウエイトが150%になったエクスポージャ
ーのことです。
③「上記以外」には、現金、取立未済手形、未決済取引、その他の資産(固定資産等)が含まれます。
⑤派生商品取引及び長期決済期間取引の取引相手のリスクに関する事項
該当する取引はありません。
⑥証券化エクスポージャーに関する事項
該当する取引はありません。
⑦オペレーショナル・リスクに関する事項
オペレーショナル・リスクに関するリスク管理の方針及び手続の概要
当連結グループに係るオペレーショナル・リスク管理は、子会社においてはJAのリスク管理及びその手続
に準じたリスク管理を行っています。JAのリスク管理の方針及び手続き等の具体的内容は、単体の開示内容
(P.8)をご参照ください。
84
⑧出資等エクスポージャーに関する事項
a.出資等エクスポージャーに関するリスク管理の方針及び手続の概要
当連結グループに係る出資等エクスポージャーに関するリスク管理は、子会社においてはJAのリスク管理及
びその手続に準じたリスク管理を行っています。JAのリスク管理の方針及び手続き等の具体的内容は、単体の
開示内容(P.58)をご参照ください。
b.出資等エクスポージャーの連結貸借対照表計上額及び時価
区
分
上
場
非
上
合
(単位:百万円)
平成23年度
平成22年度
連結貸借対照表計上額
場
計
時価評価額
時価評価額
連結貸借対照表計上額
-
-
-
-
24,122
24,122
31,822
31,822
24,122
24,122
31,822
31,822
(注)「時価評価額」は時価のあるものは時価、時価のないものは連結貸借対照表計上額の合計です。
c.出資等エクスポージャーの売却及び償却に伴う損益
(単位:百万円)
平成22年度
売
却
売
益
却
平成23年度
損
-
償
却
額
-
売
却
売
益
-
-
却
損
償
-
却
額
-
d.連結貸借対照表で認識され、連結損益計算書で認識されない評価損益の額
(保有目的区分をその他有価証券としている株式・出資の評価損益等)
該当する取引はありません。
e.連結貸借対照表及び連結損益計算書で認識されない評価損益の額(子会社の評価損益等)
該当する取引はありません。
⑨金利リスクに関する事項
a.金利リスクの算定方法の概要
当連結グループの金利リスクの算定方法は、JAの金利リスクの算定方法に準じた方法により行っています。
b.金利ショックに対する損益・経済価値の増減額
平成22年度
金利ショックに対する損益・経済価値の増減額
85
△ 5,520
(単位:百万円)
平成23年度
△ 3,447
9.財務諸表の正確性等に関する確認
86
Ⅹ.当組合の概況
1.組合の機構
(平成24年 7月 1日現在)
監
総
会
・
総
代
会
87
代
常
表
勤
┏━━━━━ 事 ━━
━━
- - - - - - -┳
━━━━━━━━━━━━━ 監 査 部
┃
┃
┃
┃
┃
監
監
┃
┃
┗━ 監 査 課
┃
┃
┃
┃
東 南 地 区 支 店
┃
┃
会
芳川支店
┃
┃
┏━
━━━━ 飯 田 支 店
事
事
┃
┃
┃
┃
┏━━━━━━━ 総 合 企 画 部 ━━━━━━━━━━━┃
┫ (東南地区統括部)
河輪支店
五島支店
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
│
┃
┃
┃
┃
┣
━経営企画課
┃
│
┣
━ 管 理 課
白脇支店
三島支店
┃
┃
┃
┃
┃
│
┃
┌┃
┃
┃
┃━ 情 報 管 理 課
┃ │
│┗
┃━ 推 進 課
│
┃
┃
┃
┗
┃
│
‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐
‐‐‐‐‐‐
┃
┃
┃
┃
│
│
┃
┃
┃
┃
│
│
豊西支店
笠井支店
┃
┃
┃
┃ │
│
│
┃
┃
┃
│
債 権 管 理 部 ━━━━━━━━━━━┃
┃
┃
┣
━
━
━
━
━
━
━
┫
│
│
長上支店
中ノ町支店
┃
┃
┃
┣
━━┻━ 南 営 農 セ ン ター ┘
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┗━ 債 権 管 理 課
┃ │
│
小池支店
市野支店
┃
┃
┃
┃
│
┃
┃
┃
┃
│
┌┃
┃
┃
┃
│
│
┃
┃
┃
┃
│
│
総
務
部
┃
┃
┣━━━━━━━
━━━━━━━━━━━┃
┫ │
│
│
┃
┃
┃
和田支店
蒲 支 店
┃
┃
┃
┃
│ 東・中央営農センター │
│
コンプライアンス対策課 ┃
┃
┃
┃
┣
┣
┤
┃
┃
┃
┃━
┃━━┻━
│
│
曳馬支店
助信支店
┃
┃
┃
┃
┃
│
│
総 務 課
┃
┃
┃
┣
━
┃
│
│
┃
┃
┃
┃
┃
│
│
積志支店
向宿支店
┃
┃
┃
┃
┃
│
│
┃
┃
┃
┣━ 経 理 課
┃
│
└┃
┃
┃
┃
┃
│
西ケ崎支店
有玉支店
┃
┃
┃
┃
┃
│
広 報 課
┃
┃
┃
┗
━
┃
┃
┃
┃
┃━ 中 央 地 区 支 店 ━━━━ 上 西 支 店
篠ケ瀬支店
┃
┃
┃
┣
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃ (中央地区統括部)
早出支店
住吉支店
┃
┃
┃
┃
┃
┣━━━━━━━ 人 事 部 ━━━━━━━━━━━┃
┫
┃━ 管 理 課
┃
┃
┃
┃
┣
蜆塚支店
葵町支店
┃
┃
┃
┃
┃
┃
人事教育課
┃
┃
┃
┣
━
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┗━ 推 進 課
┃
┃
┃
┃
┃
職 員 課
┃
┃
┃
┗
━
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
可美支店
入野支店
西 地 区 支 店
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┣
┃
┃
┃
┏━ 金 融 推 進 部 ━━━━━━━━━━━┃
┫━ ( 西 地 区 統 括 部 ) ━━━━ 神 久 呂 支 店
雄踏支店
┃
┃
┃
┃
経
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┣
━推進企画課
┃
│
┃
専 ┃
篠原支店
新津支店
管 理 課
┃
┃
┃
┃
┃
┃
│
┣
━
営
副
理
理
┃
┃
┃
┃ ┃
┃ ┣
┃━ロ ー ン セ ン タ ー 有 玉 店 ┃
│┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃ │
会
西山支店
大久保支店
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
│┗━ 推 進 課
管
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
│
務
ロ
ー
ン
セ
ン
タ
ー
志
都
呂
店
┃
┃
┃
┃ ┃
┃ ┗━
┃ │
│
馬郡支店
小沢渡支店
┃
常 ┃
━┃
┻━ 理 ━━
━━ 会 ━━ 事 ━━ 事 ━┃
┻━
━┃
┫
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┣
━━│
┻━ 西 営 農 セ ン ター - - 志 都 呂 支 店
高塚支店
融資営業課
┃
┃
┗
━
┃
理
委
┃
┃
┃
┃
┃
長
務 ┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
員
長
会
長
金 融 管 理 部 ━━━━━━━━━━━┫
━╋
事 ┣
┃━
┃━ ┃
┃
┃
┃
会
理 ┃
┃
┃
┣━ 資 金 課
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃ ┃
┃━ 資 金 運 用 課
┃━ 北 地 区 支 店 ━━━━ 富 塚 支 店
伊佐見支店
┃
┃
┃
┣
┣
┃
┃
┃
┃
┃
事 ┃ ┃
(北地区統括部)
┃
┃
┃
和地支店
初生支店
融 資 課
┃
┃
┃
┗
━
┃
┃
┃
┃
┃ │
│┣
┃━ 管 理 課
┃
┃
┃
┃
(湖東店)
根洗支店
┃
┃
┃
┃
│
┃
┃
┃
┃
┃
│
┃
┃
┃
┃━ 共 済 部 ━━━━━━━━━━━┃
│┗━ 推 進 課
三方原支店 舘 山 寺 支店
┃
┃
┗
┫
│
┃
┃
┃
│
┃
┃
┃
┃
│
村櫛支店
庄和支店
普及企画課
┃
┃
┣
┃
┃
┃
┃━
┣━━│
┻━ 北 営 農 セ ン ター - ┃
┃
┃
┃
長期共済課
┃
┃
┣
━
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃━ 短 期 共 済 課
┃
┃
┃
┣
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
自動車事故相談センタ- ┃
浜北地区支店
┃
┃
┗
━
┃
北浜支店
┃
┃
┣━
━━━━ 浜 名 支 店
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┣
━ 第 一 課
┃ (浜北地区統括部)
竜池支店
中瀬支店
┣
━
━
┳
━
━
┳
━
━
┓
┃
┃
┃
┃ ┃
┃ ┃
┃ ┃
┃
┃
┃━ 第 二 課
┃
│┣
┃━ 管 理 課
┃
┃
┗
┃
│
赤佐支店
麁玉支店
┃
┃
┃
┃
┃
┃
│
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
│
┃
推 進 課
┃
┃
┃
内野台支店
新原支店
┃ ┃
┃ ┃
┃ ┃
┃
┃
┃ │
│┗━
┃
┃
│
金 営 生
┃
┏
━ 営 農 生 産 部 ━━━━━━━━━━━┃
┫ │
│
北浜南支店
┃
┃
総
浜北営農緑花木センター
┃
┃ ┣
┃━ 営 農 指 導 課
┣━━┻━
-融
┃
┃
┃
農 活
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
┃
務 共
育 苗 セ ン タ ー ┃
┃
┃
┃
┣
━
┃
常
事
事
┃
┃ ┃
┃ ┃
┃
┃ 湖西地区支店
済
┃
┃
┃
┃ ┃
┗━土 壌 農 薬 分 析 セ ン タ ー ┃
┣
━
━━━━ 新 居 支 店
運
白須賀支店
┃
┃
┃
事 業 業
(湖西地区統括部)
務 ┃
┃
┃
┃
┃
┃━
┃ ┣
┃━ 仕 入 購 買 課
┃ │┃
鷲津支店
湖西北支店
┣
━
┫
┃
営 業 運 運
管 理 課
┃
┃
┃
┃
│
┣
━
┃
新所原支店
運 営 営
┃ 理 ┃
┃ ┃
┃ ┃
┗━ L P G セ ン タ ー ┃
┃ │
│┃
┃━ 推 進 課
┃
┃
┃
┃
│
┗
委
┃
┃
┃
│
営
(上の原店)
┃
┃ ┃
┃ 営農管理課
┃
│
委 委
┃
┃
┃ 事 ┃
┃ ┗━
┣━━│
┻━湖 西 営農 セン ター - 員 委
┃
┃
┃
員 員
┃
┗
━
┃
営 農 販 売 部 ━━━━━━━━━━━┫
┃
員
┃
┃
会
┃
┃
┃
会 会 会
┃
┣
━営農販売課
┃
湖北地区支店
┃
┃
┃
都田支店
テクノ支店
┃
┃
┣
特
販
課
┃
┣━
┃━ (湖北地区統括部) ━━━━
┃
┃
┃
細江支店
西気賀支店
┃
┃
┃
地産地消課
┃
┗
━
┃
│
┃
┃
┃ │
│┃
┣━ 管 理 課
高台支店
中川支店
┃
┃
┃
┃
│
┃
常
┃
┃
│
┗━ 推 進 課
引佐支店
奥山支店
┃
┃
│
生
活
部
┃
━━━
━━━━━━━━━━━┃
┫ │
│
┃
鎮玉支店
┃
┃
┣
━━┻━湖 北 営農 セン ター - - 伊 平 支 店
資産管理課
┗━ 務
┣
━
┃
┃ ┃
┃
┃
不 動 産 セ ン タ ー 向 宿店 ┃
花
き
営農
セン
ター
┃
┣
━
┣
━
━
━
━
理
┃
┃
┃
┃
┃ ┃
┣━ 不 動 産 セ ン タ ー 有 玉店 ┃
┃
┃
┃
┃
東部野菜販売センター
事
┃
┃
┣
┳
┃
┣
━ 不 動 産 セン ター 志都 呂店 ┃
┃━┃
┃━━
┃
┃
┃ ┗
┃━ 不 動 産 セ ン タ ー 湖 西店 ┃
┣━━西 部 野 菜 販 売 セ ン タ ー
┃
┃
┃
┃
┃
┃━━北 部 野 菜 販 売 セ ン タ ー
┃
┃
┃━ 生 活 福 祉 課
┃┣
┃
┣
┃
┃
┃
┃
┣━━果 樹 販 売 セ ン タ ー
┃
┃
┃
┃
旅行センター
┃
┗
━
┃
┃
┃┃
┗━━花 き 販 売 セ ン タ ー
┃
┃
┃
┃
┗━ 葬 祭 セ ン タ ー
┃
┃━━━━ 畜 産 営 農 セ ン タ ー
┃
┣
┣
━ 管 理 課
┃
┃
┃
┃
┃
業
務
課
┗━
┃
┗━━━━ 農 機 セ ン タ ー
2.組合員の状況
(1)組合員数
(単位:人)
平成23年度
資
格
個
正
組
合
区
分
平成23年3月31日
人
(
小
計
組
法
合
人
員
脱
資
退
増
格
変
加
動
減
平成24年3月31日
少
389
787
58
21
7
-
-
-
-
23,562
7
37
7
-
-
-
44
23,967
396
787
58
21
23,613
49,460
1,769
1,144
21
58
50,048
-
-
-
-
-
-
農事組合法人
3
-
1
-
-
2
その他の団体
170
-
2
-
-
168
49,633
1,769
1,147
21
58
50,218
73,600
2,165
1,934
79
79
73,831
個
准
)
入
23,923
法 農事組合法人
人 その他の法人
員
加
人
農業協同組合
(
小
計
合
)
計
(2)組合員戸数
資
正
准
格
区
分
(単位:戸)
平成24年3月31日
平成23年3月31日
組
合
員
戸
数
22,453
22,128
組
合
員
戸
数
43,571
44,044
66,024
66,172
合
計
(3)出資口数
(単位:口)
資 格 区 分
正
組
合
員
准
個
人
(
合
人
(
加
減
平 成 24 年 3 月 31 日
少
47,057
74,300
2,383,468
1,012
-
-
1,012
732
70
-
802
)
2,412,455
47,127
74,300
2,385,282
人
1,388,986
56,977
52,817
1,393,146
-
-
-
-
農事組合法人
295
-
105
190
その他の団体
5,298
-
75
5,223
1,394,579
56,977
52,997
1,398,559
16,916
16,854
12,181
21,589
3,823,950
120,958
139,478
3,805,430
小
計
個
法
増
2,410,711
法 農事組合法人
人 その他の法人
組
員
平 成 23 年 3 月 31 日
平成23年度
農業協同組合
小
計
)
処 分 未 済 持 分
合 計
(摘要) ① 出資1口金額
② 当期末払込済出資金総額
1,000
円
3,805,430,000
円
88
3.役職員の状況
(1)役員の状況
(平成24年 7月 1日現在)
経営管理委員会(47人)
役
職
名
経営管理委員会会長
経営管理委員会副会長
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
理事(5人)
役
職
代表理事理事長
代表理事専務
常 務 理 事
常 務 理 事
常 務 理 事
常 勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
氏
田
鈴
川
鈴
平
野
河
鈴
村
山
鈴
佐
間
有
武
小
滝
池
宮
鳥
髙
鈴
野
堤
名
常
常
常
常
常
氏
勤
勤
勤
勤
勤
中
新
鈴
村
源
名
端 敬
木 和
合 康
木
野 守
田 正
島
木 昭
瀬 雅
内 正
木
藤 眞
淵 嘉
賀 武
田 百
野 田 吉
本 憲 一
谷 嘉
﨑
居 伊 佐
山 昭
木
中 伸
美
野
村
木
松
馬
役
一
俊
夫
廣
市
明
博
治
夫
弘
修
道
章
昭
史
弘
郎
彦
憲
夫
彦
實
司
雪
監事(8人)
役
職
名
信
孝
啓
雄
伸
職
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
経営管理委員
夫
人
史
一
一
代 表 監 事
常 勤 監 事
監
事
監
事
監
事
監
事
監
事
監
事
名
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
氏
木
山
大
松
鈴
波
米
大
鈴
髙
宇
中
木
菅
外
野
鈴
堀
村
高
杉
大
菅
名
非常勤
常 勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
氏
荻
渡
寺
平
下
影
田
石
名
村 昭
﨑 民
貫 利
下 敏
木 章
多
澤 孝
城 正
木 一
林 久
田
嶋 克
本 忠
本 政
山 治
末 正
木 誠
越 威 和
上 豊
井
山 忠
橋 和
沼 厚
野
辺
田
尾
位
山
光
原
夫
雄
夫
男
夫
勝
夫
利
彦
雄
實
巳
義
勝
雄
幸
二
夫
久
勇
夫
子
子
名
幸 宏
悟
正 人
温 己
俊 夫
一 雄
敏 秀
英 明
(2)職員の状況
区
分
平成23年3月31日
正
職
員
パ
ー
ト
合
計
1,293
166
1,459
(単位:人)
平成23年度
平成24年3月31日
増 加
減 少
う ち 男 性 う ち 女 性
計
35
57
807
464
1,271
29
22
31
142
173
64
79
838
606
1,444
(注)期末退職者数は含んでいません。
(役員・職員の報酬について)
当JAの役員報酬(役員退職慰労金を含む)については、報酬総額が毎年総代会で決定され、個人報酬額は、
当JAの役員報酬(役員退職慰労金を含む)については報酬総額が毎年度総代会で決定され、個別報酬額は
経営管理委員会等で決定しています。毎月支払われる報酬は定額で、また役員退職慰労金は一定の基準に従い
支払われますが、いずれも業績により連動する報酬体系とはなっていません。
職員の給与は「職員給与規程」等で規定していますが、年額報酬で当JAの常勤役員報酬の平均を超える職
員はおりません。また、子会社役員・職員も当JAの常勤役員報酬の平均を超えるものはおりません。
89
4.沿革・歩み
平成7年
4月 ●浜松東農協、浜松市中央農協、浜松市南農協、
浜松西農協、浜松市高台農協、浜松市伊和富農
協、浜松市三方原農協、浜松市吉野農協、浜松
市都田農協、浜北市農協、浜松市庄内農協、湖
西農協、細江町農協、引佐町農協の14農協合
併によりとぴあ浜松農協誕生
9月 ●植木市場落成
平成8年
2月 ●JA広報大賞受賞
●植木会館、レストラン落成
3月 ●花き物流センター落成
●茶業センター落成
●西育苗センター落成
5月 ●第1回通常総代会開催
10月 ●第1回女性部フェスタ開催
平成9年
2月 ●百景園、ふれあい広場落成
4月 ●(株)とぴあサービス営業開始
●新規就農者、担い手育成支援講座開講
5月 ●JA共済農林水産大臣賞受賞
6月 ●女性部介護セミナー開講
平成10年
2月 ●本店落成
平成11年
6月 ●柑橘センター落成
7月 ●湖西ライスセンター落成
平成12年
3月 ●トマト選果場落成
4月 ●介護保険制度対応事業開始
●情報ネットワークシステムを全事業所で稼動
6月 ●とぴあ浜松ホームページ開設
8月 ●農機センター(東三方)落成
9月 ●南営農センター落成
平成13年
4月 ●葬祭センター業務開始
12月 ●東中央集出荷場落成
●ファ-マ-ズマ-ケット上石田店オ-プン
平成14年
1月 ●デイサ-ビスセンタ-槙の里オ-プン
6月 ●長上支店、積志支店落成
10月 ●総合育苗センター落成
11月 ●柿・梨選果場落成
平成15年
1月 ●飯田支店落成
4月 ●ローンセンター有玉店オ-プン
●不動産センター有玉店、志都呂店オ-プン
8月 ●花き営農センター荷捌き施設落成
11月 ●やすらぎホール浜北オープン
平成16年
1月 ●全国統一オンラインシステム
(JASTEM)稼動
3月 ●ファーマーズマーケット浜北店オープン
●全国農協中央会「優良農業協同組合」受賞
4月 ●しずおか国際園芸博覧会「浜名湖花博」に
「JAとぴあ浜松館 花とぴあ」出展
平成17年
4月 ●合併10周年記念大会開催
5月 ●ファーマーズマーケット三方原店オープン
平成18年
5月 ●和地支店落成
11月 ●和田支店落成
平成19年
2月 ●オートパル都田、
スズキアリーナ都田新装オープン
3月 ●Aコープいなさ店新装オープン
6月 ●やすらぎホール志都呂オープン
7月 ●細江SSオープン
9月 ●いなさSSオープン
10月 ●三島支店落成
●都田SSオープン
11月 ●中ノ町支店落成
平成20年
2月 ●豊西支店落成
3月 ●芳川支店落成
●やすらぎホール細江オープン
5月 ●馬鈴薯選果場落成
6月 ●入野支店落成
●伊佐見支店落成
11月 ●新居支店落成
平成21年
2月 ●曳馬支店落成
4月 ●ローンセンター志都呂店オ-プン
10月 ●オートパル志都呂、
スズキアリーナとぴあ志都呂新装オープン
11月 ●舘山寺支店落成
●合併15周年記念ふれあい農協祭開催
平成22年
6月 ●やすらぎホール芳川オープン
7月 ●(株)とぴあふぁー夢設立
●芳川サービスステーションオープン
平成23年
2月 ●JA広報大賞受賞
●パッキングセンター落成
3月 ●湖西北支店落成
●湖西営農センター落成
4月 ●とぴあぐり湖西店オープン
●やすらぎホール浜北北館オープン
●鎮玉支店落成
●西ケ崎支店落成
●助信支店落成
7月 ●三方原支店落成
11月 ●ファーマーズマーケット東店移転オープン
平成24年
2月 ●やすらぎホール小池オープン
7月 ●出資証券 電子化
●住吉支店落成
●富塚支店落成
90
5.店舗・地区等の状況
(平成24年 7月23日現在)
○ 地区
当JAは、浜松市、湖西市を地区としています。
○ 店舗一覧
《◆-本店、■-地区支店(7)、●-支店(71)、▲-店(2)、ATM(103)》
店
◆ 本
■ 東
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
■ 中
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
■ 西
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
■ 北
●
●
91
舗
名
南 地 区 支
豊
西
支
笠
井
支
長
上
支
中 ノ 町 支
小
池
支
市
野
支
飯
田
支
芳
川
支
河
輪
支
五
島
支
白
脇
支
三
島
支
央 地 区 支
和
田
支
蒲
支
曳
馬
支
助
信
支
積
志
支
向
宿
支
西 ケ 崎 支
有
玉
支
上
西
支
篠 ケ 瀬 支
早
出
支
住
吉
支
蜆
塚
支
葵
町
支
地
区
支
可
美
支
入
野
支
神 久 呂 支
雄
踏
支
篠
原
支
新
津
支
西
山
支
大 久 保 支
馬
郡
支
小 沢 渡 支
志 都 呂 支
高
塚
支
地
区
支
富
塚
支
伊 佐 見 支
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
店
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
所
東区
南区
東区
東区
東区
東区
東区
東区
南区
南区
南区
南区
南区
南区
中区
東区
東区
中区
中区
東区
中区
東区
東区
東区
東区
中区
中区
中区
中区
西区
南区
西区
西区
西区
西区
南区
西区
西区
西区
南区
西区
南区
西区
中区
西区
在
地
有玉南町 1975
芳川町 365
豊西町 1565
笠井町 883
天王町 1483-1
中野町 1167
小池町 1353
市野町 1766
飯田町 623-2
芳川町 365
東町 691
西島町 242
寺脇町 226
三島町 573-1
曳馬 6-1-22
天龍川町 1116-1
子安町 317-1
曳馬 6-1-22
助信町 48-17
積志町 813
向宿 3-5-5
西ケ崎町 835-1
有玉南町 1299-1
上西町 20-1
篠ケ瀬町 535
早出町 231-6
住吉 2-35-18
蜆塚 1-14-1
葵東 1-6-21
志都呂町 5102-1
若林町 1267
入野町 9378-1
神ケ谷町 9412
雄踏町 宇布見 8304-1
篠原町 20500-1
新橋町 1116
西山町 899
大久保町 4107-1
馬郡町 4455
小沢渡町 769
志都呂町 5102-1
高塚町 167
伊左地町 21
富塚町 1950
伊左地町 21
電 話 番 号
476-3111
426-6011
434-3221
434-1120
421-1475
421-0035
462-1523
422-2311
461-1522
425-4400
425-0006
425-0071
441-0691
441-0686
472-6113
421-0045
461-0369
471-5203
471-8304
434-3131
461-4440
434-0013
435-3155
464-6688
421-7835
466-2111
471-8178
452-5380
436-1260
447-1711
447-3351
447-3231
485-1261
592-1033
447-3121
441-4358
485-8516
485-0184
592-0815
447-1036
448-4628
449-0646
486-4311
471-0297
486-0075
ATM
1
-
1
1
2
1
1
1
2
3
1
2
1
1
-
2
1
2
2
2
1
1
1
2
2
1
1
1
1
-
1
2
1
2
1
1
1
1
1
1
1
1
-
1
2
店
舗
名
所
在
地
電 話 番 号
A
地
支
店
浜松市 西区 和地町 1639-1
486-0103
●和
東
店
浜松市 西区 湖東町 2966
486-0130
▲湖
生
支
店
浜松市 北区 初生町 242-1
437-1101
●初
洗
支
店
浜松市 北区 根洗町 1220-3
437-7411
●根
浜松市 北区 三方原町 666-1
436-1151
●三 方 原 支 店
浜松市 西区 館山寺町 47
487-0006
●舘 山 寺 支 店
櫛
支
店
浜松市 西区 村櫛町 4258-1
489-2830
●村
和
支
店
浜松市 西区 庄和町 1723-2
487-1311
●庄
浜松市 浜北区 新原 2222
585-2011
■浜 北 地 区 支 店
名
支
店
浜松市 浜北区 小松 1600
586-3161
●浜
浜
支
店
浜松市 浜北区 貴布祢 453
586-2017
●北
池
支
店
浜松市 浜北区 上善地 609-1
586-3311
●竜
瀬
支
店
浜松市 浜北区 中瀬 3022-1
588-7221
●中
佐
支
店
浜松市 浜北区 於呂 2756-1
588-7207
●赤
玉
支
店
浜松市 浜北区 宮口1501
582-3111
●麁
浜松市 浜北区 内野台 3-17-8
587-2226
●内 野 台 支 店
原
支
店
浜松市 浜北区 新原 6334
586-2110
●新
浜松市 浜北区 寺島 3265
586-7788
●北 浜 南 支 店
湖西市 新所 5225
576-6411
■湖 西 地 区 支 店
居
支
店
湖西市 新居町 新居 3359-7
594-0077
●新
湖西市 白須賀 3755
579-0711
●白 須 賀 支 店
津
支
店
湖西市 古見 856-7
576-0122
●鷲
湖西市 新所 5202
578-3900
●湖 西 北 支 店
湖西市 新所原 2-6-21
577-0036
●新 所 原 支 店
の
原
店
湖西市 ときわ 3-6-38
572-3089
▲上
浜松市 北区 細江町 中川 7506
523-3611
■湖 北 地 区 支 店
田
支
店
浜松市 北区 都田町 5563-88
428-3111
●都
浜松市 北区 都田町 8649
428-3046
●テ ク ノ 支 店
江
支
店
浜松市 北区 細江町 中川 7506
522-0525
●細
浜松市 北区 細江町 気賀 9738-5
522-0051
●西 気 賀 支 店
台
支
店
浜松市 北区 細江町 中川 7172-174
522-0249
●高
川
支
店
浜松市 北区 細江町 中川 1232-1
523-2821
●中
佐
支
店
浜松市 北区 引佐町 井伊谷 2080-1
542-3111
●引
山
支
店
浜松市 北区 引佐町 奥山 1508-3
543-0004
●奥
平
支
店
浜松市 北区 引佐町 伊平 570-1
544-0007
●伊
玉
支
店
浜松市 北区 引佐町 四方浄 75-1
544-0300
●鎮
※ 鷲津支店改築中のため、湖西地区支店は湖西営農センターで、鷲津支店は仮店舗で営業しております。
TM
1
1
2
2
2
2
1
1
-
1
2
2
2
2
2
1
1
1
-
2
1
1
2
1
1
-
1
1
1
1
1
1
3
1
1
1
○ 店外自動化機器「ATM」設置状況
《◇-6ヶ所》
◇
◇
◇
◇
◇
◇
施
設
名
東 ・ 中 央 営 農 セ ン タ
J A 静 岡 厚 生 連
遠 州 病
ピ ー ワ ン プ ラ ザ
大 人 見
遠
鉄
ス
ト
ア
天
王
な
ゆ
た
浜
プ
レ
葉
ウ
ォ
ー
ク
浜
ー
院
店
店
北
北
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
浜松市
所
在
東区 上石田町 800
中区 中央 1-1-1
西区 大人見町 3367-1
東区 天王町 1982-1
浜北区 貴布祢 3000
浜北区 貴布祢 1200
地
ATM
1
1
1
1
1
1
92
ⅩⅠ.開示項目
「農業協同組合法施行規則」第204条及び第205条に基づく開示項目は、当資料では以下のページに掲載しております。
1.JAの概況及び組織に関する事項
(1)業務の運営の組織…………………………………………………………………………………………………………………………………
P.87
(2)理事、経営管理委員及び監事の氏名及び役職名…………………………………………………………………………………………………
P.89
(3)事務所の名称及び所在地…………………………………………………………………………………………………………………………
P.91
(4)特定信用事業代理業者に関する事項………………………………………………………………………………
該当ありません
2.JAの主要な業務の内容……………………………………………………………………………………………………………………………
P.15
3.JAの主要な業務に関する事項
(1)直近の事業年度における事業の概況………………………………………………………………………………………………………………
P.3
(2)直近の5事業年度における主要な業務の状況を示す次の指標
①経常収益(信用事業、共済事業、農業関連事業、その他の事業ごとの事業収益及びその合計)………………………………………………
P.38
②経常利益又は経常損失………………………………………………………………………………………………………………………………
P.38
③当期剰余金又は当期損失金…………………………………………………………………………………………………………………………
P.38
④出資金及び出資口数…………………………………………………………………………………………………………………………………
P.38
⑤純資産額………………………………………………………………………………………………………………………………………………
P.38
⑥総資産額………………………………………………………………………………………………………………………………………………
P.38
⑦貯金等残高……………………………………………………………………………………………………………………………………………
P.38
⑧貸出金残高……………………………………………………………………………………………………………………………………………
P.38
⑨有価証券残高…………………………………………………………………………………………………………………………………………
P.38
⑩単体自己資本比率……………………………………………………………………………………………………………………………………
P.38
⑪剰余金の配当の金額…………………………………………………………………………………………………………………………………
P.38
⑫職員数…………………………………………………………………………………………………………………………………………………
P.38
⑬信託報酬、信託勘定貸出金残高、信託勘定有価証券残高、信託財産額………………………………………… 該当ありません
(3)直近の2事業年度における事業の状況を示す次の指標
①主要な業務の状況を示す指標
a 事業粗利益及び事業粗利益率……………………………………………………………………………………………………………………
P.38
b 資金運用収支、役務取引等収支及びその他事業収支……………………………………………………………………………………………
P.39
c 資金運用勘定及び資金調達勘定の平均残高、利息、利回り及び総資金利ざや…………………………………………………………………
P.39
d 受取利息及び支払利息の増減………………………………………………………………………………………………………………………
P.40
e 総資産経常利益率及び資本経常利益率……………………………………………………………………………………………………………
P.38
f 総資産当期純利益率及び資本当期純利益率………………………………………………………………………………………………………
P.38
②貯金に関する指標
a 流動性貯金、定期性貯金、譲渡性貯金その他の貯金の平均残高………………………………………………………………………………
P.45
b 固定金利定期貯金、変動金利定期貯金及びその他の区分ごとの定期貯金の残高…………………………………………………
P.45
③貸出金等に関する指標
a 手形貸付、証書貸付、当座貸越及び割引手形の平均残高………………………………………………………………………………………
P.43
b 固定金利及び変動金利の区分ごとの貸出金の残高………………………………………………………………………………………………
P.43
c 担保の種類別(貯金等、有価証券、動産、不動産その他担保物、農業信用基金協会保証その他保証及び
信用の区分をいう。)の貸出金残高及び債務保証見返額…………………………………………………………………………………………
P.44
d 使途別(設備資金及び運転資金の区分をいう。)の貸出金残高…………………………………………………………………………………
P.43
e 主要な農業関係の貸出実績…………………………………………………………………………………………………… P.44
f 業種別の貸出金残高及び当該貸出金残高の貸出金の総額に対する割合………………………………………………………………………
P.43
g 貯貸率の期末値及び期中平均値……………………………………………………………………………………………………………………
P.39
④有価証券に関する指標
a 商品有価証券の種類別(商品国債、商品地方債、商品政府保証債及びその他の商品有価証券の区分をい
う。)の平均残高 …………………………………………………………………………………………………………
P.47
b 有価証券の種類別(国債、地方債、短期社債、社債、株式、外国債券及び外国株式その他の証券の区分
をいう。次号において同じ。)の残存期間別の残高……………………………………………………………………………………………………
P.46
c 有価証券の種類別の平均残高………………………………………………………………………………………………………………………
P.46
d 貯証率の期末値及び期中平均値……………………………………………………………………………………………………………………
P.39
4.JAの業務の運営に関する事項
(1)リスク管理の体制……………………………………………………………………………………………………………………………………
P.8
(2)法令遵守の体制……………………………………………………………………………………………………………………………………
P.7
(3)指定信用事業等紛争解決機関との間で信用事業等に係る手続実施基本契約を締結する契約の相手方である指
定信用事業等紛争解決機関の商号又は名称…………………………………………………………………………………………P.12
93
5.JAの直近の2事業年度における財産の状況に関する事項
(1)貸借対照表、損益計算書及び剰余金処分計算書又は損失金処理計算書………………………………………………………………………
P.25
(2)貸出金のうち次に掲げるものの額及びその合計額
①破綻先債権に該当する貸出金………………………………………………………………………………………………………………………
P.41
②延滞債権に該当する貸出金…………………………………………………………………………………………………………………………
P.41
③3カ月以上延滞債権に該当する貸出金……………………………………………………………………………………………………………
P.41
④貸出条件緩和債権に該当する貸出金………………………………………………………………………………………………………………
P.41
(3)元本補てん契約のある信託に係る貸出金のうち破綻先債権、延滞債権、3カ月以上延滞債権及び貸出条件緩
和債権に該当するものの額並びにその合計額……………………………………………………………………… 該当ありません
(4)自己資本の充実の状況について農林水産大臣及び金融庁長官が別に定める事項……………………………………………………………
P.51
(5)次に掲げるものに関する取得価額又は契約価額、時価及び評価損益
①有価証券………………………………………………………………………………………………………………………………………………
P.47
②金銭の信託……………………………………………………………………………………………………………………………………………
P.47
③デリバティブ取引、金融等デリバティブ取引、有価証券関連店頭デリバティブ取引………………………………………………………
P.47
(6)貸倒引当金の期末残高及び期中の増減額…………………………………………………………………………………………………………
P.55
(7)貸出金償却の額……………………………………………………………………………………………………………………………………
P.55
6.JA及びその子会社等の概況に関する事項
(1)JA及びその子会社等の主要な事業の内容及び組織の構成…………………………………………………………………………………………
P.60
(2)JAの子会社等に関する次に掲げる事項
①名称……………………………………………………………………………………………………………………………………………………
P.60
②主たる営業所又は事務所の所在地…………………………………………………………………………………………………………………………………………
P.60
③資本金又は出資金……………………………………………………………………………………………………………………………………
P.60
④事業の内容……………………………………………………………………………………………………………………………………………
P.60
⑤設立年月日……………………………………………………………………………………………………………………………………………
P.60
⑥JAが有する子会社等の議決権の割合……………………………………………………………………………………………………………
P.60
⑦他の子会社等が有する議決権の割合………………………………………………………………………………………………………………
P.60
7.JA及びその子会社等の主要な業務に関する次の事項を連結したもの
(1)直近の事業年度における事業の概況………………………………………………………………………………………………………………
P.60
(2)直近の5連結会計年度における主要な業務の状況を示す次の指標
①経常収益(信用事業、共済事業、農業関連事業、その他の事業ごとの事業収益及びその合計)………………………………………………
P.76
②経常利益又は経常損失………………………………………………………………………………………………………………………………
P.76
③当期利益又は当期損失………………………………………………………………………………………………………………………………
P.76
④純資産額………………………………………………………………………………………………………………………………………………
P.76
⑤総資産額………………………………………………………………………………………………………………………………………………
P.76
⑥連結自己資本比率……………………………………………………………………………………………………………………………………
P.76
8.JA及びその子会社等の直近の2連結会計年度における財産の状況に関する次の事項を連結したもの
(1)貸借対照表、損益計算書及び剰余金計算書………………………………………………………………………………………………………
P.61
(2)貸出金のうち次に掲げるものの額及びその合計額
①破綻先債権に該当する貸出金………………………………………………………………………………………………………………………
P.77
②延滞債権に該当する貸出金…………………………………………………………………………………………………………………………
P.77
③3カ月以上延滞債権に該当する貸出金……………………………………………………………………………………………………………
P.77
④貸出条件緩和債権に該当する貸出金………………………………………………………………………………………………………………
P.77
(3)自己資本の充実の状況について農林水産大臣及び金融庁長官が別に定める事項……………………………………………………………
P.78
(4)JA及びその子法人等が2以上の異なる種類の事業を営んでいる場合の事業の種類ごとの区分に従い、当該
区分に属する経常収益の額、経常利益又は経常損失の額及び資産の額として算出したもの。(各経常収益等
の総額に占める割合が少ない場合を除く。)………………………………………………………………………………………………………
P.76
94
Fly UP